5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

蒋介石の失敗

1 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 15:13:05 0
同じ漢民族である事だけで毛沢東と組んだおかげで
最終的に台湾に逼塞されたおろかな蒋介石をたたくスレ

おとなしく日本と組んどければ華南だけでも確保できたのにな


2 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 16:02:42 0
ファシストだしな

3 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 16:07:32 0
日本を泥沼に引きずり込んでアメリカに日本の背後を突かせ
日本を壊滅に追い込んだ手際は見事だったのだが。

4 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 16:28:54 0
中共軍を温存させたことが敗因
中共軍を日本軍と潰しあっていたら
現在でも国民党は大陸に残っていた。

5 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 17:16:46 0
中国英雄
http://hobby9.2ch.net/chinahero/

6 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 18:55:32 0
世界で唯一の本物のファシスト

7 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 19:17:28 0
毛沢東=大きなファシスト

蒋介石=小物ファシスト

8 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 19:59:02 O
ファシスト以前に国粋主義者なので「おとなしく日本と組」めないんじゃないかな
日本と組んでも国を乗っ取られることは変わらないでしょうし
また、共産党を病的に嫌っていたので西安で張学良に軟禁されなければ国共合作もありませんでした
まあ関東軍もファシストなので蒋介石ばかり責めるのは公平さを欠くでしょう

とう小平は戦後「日本のことをそんなに恨んではいません。日本軍が国民党軍と戦ってくれたおかげで、北伐で死に体の共産党は持ち直すことができたのです」という皮肉を言っていますね

9 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 20:15:46 0
フランコがファシストなら蒋介石も十二分にファシスト。
最後のファシストが、ともに1975年に亡くなったのも偶然とはいえ、面白い。

10 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 00:26:41 O
滿洲だけならまだしもと思ってた矢先に華北分離工作だからねえ
日本とは組めない罠

11 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 03:16:44 0
陸士で石原莞爾と同期なんだっけ。

12 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 09:06:05 0
>>1
日本が北支工作で抗日気運を煽ったから抗日一致に繋がったんだろ。
最終的に日本を馬鹿にしたいの?

13 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 09:34:39 0
徳王担ぎ出しての綏遠事件とか、日中戦争前の華北分離工作なんか知らん
低脳だらけなんだろうな

14 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 09:51:07 0
>>13
>毛沢東と組んだおかげで

これも日中戦争前だから知らん事か?
スレの意味自体が無くなるな。

>低脳だらけなんだろうな

スレ主自体が(ry


15 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 00:24:03 0
敗北を糊塗する理由が>3みたいな事なんだろうが。
最初から狙って補給続かなくなる遠隔地まで引き込んで殲滅したとか、日本軍の最終的駆逐と統一め

ぐる最終決戦を慮って逃亡に見せかけて大事な軍を温存していたとかなら賞賛してよいだろうが、事実は正反対。

最新装備の精鋭でもって日本軍を撃滅すると豪語し、何度も攻撃しかけたが、その度に壊滅させられて逃亡の連続。
焦土戦術や縦深陣に引き込むといった策略からは程遠く、決戦や撃退するつもりがボロ負けで
主要都市ほとんど陥落させられたのが実情じゃんw

アメリカの決戦に引き込んだといっても、蒋介石の手腕じゃなくて、日本軍の上層部が内部の拡大派抑えられずに戦線広げまくって
アメリカと対立し、統帥が乱れてて反米派抑えられず開戦したって棚ボタみたいなもん。

結局日本軍に対する敗北で虎の子の精鋭もボロボロにされてしまってて、共産党にも敗北して台湾に逃亡。
こんなのを深慮遠謀みたいに言ってもなあ・・・

16 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 07:11:53 O
張学良に意地悪されたり、コミンテルの狗にも撤しきれず
共産党(毛)をあまりに軽んじていて征長で空爆しまくればよかったのに
そんな時に日本と戦うお茶目さん。
顔は渋くて好みだが彼も例に漏れず単なる親バカ  高砂族から見たらユダヤ人すか(笑)

17 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 07:52:07 O
息子の方が凄かった

18 :何日君再来:2007/02/18(日) 10:43:02 O
[◎] ≦@ ̄>
  G\(^し^ ワ 抗日戦徹底的貫徹!
   \ <!>曲\
  ∠ ̄◎ゝ ∠ ̄◎ゝ ∠ ̄◎ゝ
G\(^∀^ G\(^∀^ G\(^∀^ ク

女というものは、いかに聡明な女であっても、
こと政治に関しては理性と感情とを切り離して考えられないものだ。
これは歴史が証明している。
ここで恐ろしいのは女の憎悪だ。
日本軍の上海占領後、日本は蒋介石政府に次のような条件を提示して撤退を求めた。

(a)上海の国際祖借地内の守備隊駐屯を認める。

(b)通商条約における最恵国待遇。

当初、支那の全将軍は蒋介石にこの条件の受け入れを勧めた。
ところが、日本に対する憎悪の念にこり固まった蒋介石夫人[宋美麗]が
ひとたび意見を述べるや、将軍の多くは前言を撤回してしまった。

19 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 19:39:52 0
>>1
中華思想で動く漢民族には一旦反日という大義名分が出来てしまったら
反日運動をやらないと政治生命が危うかったという事だったようです。
蒋介石自身は日本で軍人教育を受けた人間だから日本の事は熟知してたので
本当は日本と和平交渉をしてたようですよ。



20 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 23:24:25 0
またコヴァや史観かw

21 :世界@名無史さん:2007/02/18(日) 23:34:14 0
ハルノートは蒋介石が仕込んだ。


22 :世界@名無史さん:2007/02/19(月) 00:29:50 0
ハゲという印象しかない

23 :世界@名無史さん:2007/02/19(月) 01:14:08 0
蒋介石は王大人に命を救われた。


24 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 07:33:34 0
アメリカって中国より戦闘機関は短かったのに
日本軍の戦い方研究して、ある程度は把握できてたんだよな。

蒋介石って日本が士官学校に受け入れてやってんだから、
日本人の考え方、組織、戦術とか全部教えてやってるようなもんなのに、
ワンパータンに連戦連敗ってほんとに鈍将もいいところだな。

25 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 09:49:04 0
>>19
同意。
蒋介石としては、日本軍の自滅行動に巻き込まれて
共倒れにされたってとこだろう。

>>24
笛ふけど踊らずではねえ。

26 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 12:49:05 0
南京に都を置いた事。

秦の始皇帝が、他に都になりそうなところを徹底的に破壊。
建業(建康)は特に。 確か、蒋介石の腹心も
ここは止めた方がいいとか言ってなかったけ>忌み的に

27 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 14:25:03 0
>>24
>ほんとに鈍将もいいところだな。

全戦力を兵站で有利な上海でぶつける。
その後は拠点を変えながら、潰されない戦い方。
ある意味理にかなった戦術では?

戦力の分散投入は愚の骨頂だから、分のある時に全力で攻め、
失敗しても玉砕ではなく、持久戦に持ち込む。
他の利口な戦術って?


28 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 14:38:14 0
無能じゃないと思うんだけどな・・。

29 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 14:52:59 0
むしろ、内戦の続く隣国に露骨に介入して結束させたり
(国共がと言う事じゃないよ、混乱する民衆が抗日で結束したので、進歩派かつ現実派の蒋介石も日本とは
 組めなくなり、おまけに抗日の受け皿が全て共産党に流れた)
自ら最も話が出来るはずの蒋介石を「相手にせず」と声明出して自縄自縛

挙げ句の果てに、張作霖爆殺→張学良→西安事件→国共合作
と自爆としか言えないアホな事してるし。
外交や取引なんてお互いがお互いをいかに利用するかだけなのに、キレて爆殺なんて愚策中の愚策


30 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 21:49:00 0
なんだかんだいって、台湾に移ってからもずっと独裁者であり続けた蒋介石は立派。
天寿を全うした最後のファシズム的独裁者としてはフランコに匹敵する。

31 :世界@名無史さん:2007/02/22(木) 22:11:53 0
王兆銘の足下にも及ばない小物。

32 :釣られてみる:2007/02/23(金) 11:16:48 0
孫文>毛沢東=李登輝>>>蒋介石>>ケ小平>>>>∞>>>王兆銘

王兆銘だけ変換しないし

33 :世界@名無史さん:2007/02/23(金) 11:22:28 0
赤旗のサイト見ると未だに(05年の記事だけど)こんな事書いてんだな

日中全面戦争のきっかけ/盧溝橋(ろこうきょう)事件から68年/歴史の真実はどこに─
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-07-07/2005070725_01_0.html

■発端 日本軍が軍事挑発
 しかし事件がおきたのは、日本の国内でも日中の国境地帯でもなく、北京の近郊、いわば中国の中心部です。そこで日本軍は通告なしで夜間軍事演習を強行していたのです。
<中略>
■中国支配を狙い全面侵略を計画
 中国への全面侵略も、中国側が日本軍を「疲弊」させるために引きずり込んだからではありません。もともとの目的が、そのことを示しています。
<中略>
■反戦貫いた日本共産党
 日本共産党は、当時の天皇制政府による過酷な弾圧のなか、日本の中国侵略に対し、一貫して反対を掲げて、たたかいました。
 1931年の中国東北部への侵略を開始した翌日に、「一切の占領地から、即時軍隊を撤退せよ!」と声明を発表しました。
 盧溝橋事件の当時、党中央は弾圧で獄中にありましたが、屈することなく、反戦の旗を掲げ続けました。



34 :世界@名無史さん:2007/02/23(金) 12:05:12 0
日本共産党は元幹部が内情を暴露した本読んだけどありゃもう消えた方がいいね。


35 :世界@名無史さん:2007/02/23(金) 14:38:12 0
共産党は内政は悪くないんだがな
実績は全くないが、官僚天国役人天国JASRACなど天下り団体特殊法人に手を付けられるのって共産党ぐらいだろ

いかんせん外交が・・・・


36 :世界@名無史さん:2007/02/23(金) 17:25:11 0
>>35
後、宗教法人課税、K察とパチ屋癒着
コレに全部メスを入れたら神

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)