5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 【白人】動物絶滅の歴史【大活躍】 

1 :世界@名無史さん:2006/10/06(金) 07:48:44 0
食料や皮革製品を得るために大量に捕獲され、絶滅していった動物たち、
そしてそれにまつわる人間たちの抗争や戦争などについて語りましょう。

311 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 20:22:15 0
そろそろスレ違いなので、先住民虐殺の歴史スレでも作りましょうか。

312 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 21:11:58 0
生体解剖:フィリピンでも 大戦末期 元衛生兵が証言
第二次大戦末期、フィリピン・ミンダナオ島で、負傷兵の治療などに当たっていた
元上等衛生兵曹の牧野明さん(84)=大阪府枚方市=が、仕えていた軍医とともに
現地住民を生きたまま解剖したことがあると証言、その体験を基に、近く語り部活動を
始める。解剖は軍医が衛生兵の医療実習として個人裁量で行ったとみられる。戦時中の
生体解剖は旧満州(現中国東北部)の生物戦部隊「関東軍731部隊」が中国人に
行った例が知られているが、専門家によるとフィリピンに関する証言は初めてという。
牧野さんは海軍第33警備隊の医務隊に所属。1944年8月から同島西部のサンボアンガ
航空基地で負傷兵の治療などに当たった。医務隊は30代の軍医(大尉)を筆頭に、補佐役の
牧野さんら三十数人がいた。
牧野さんによると、解剖は同年12月から、米軍のスパイと疑われた住民(捕虜)に対し、
基地内の病院で行われた。軍医の指示を受けながら2人で執刀。麻酔をかけた上で、
10分〜3時間かけて、手足の切断や血管縫合、開腹手術などをした。解剖中は部下が
助手や見張りをした。
米軍上陸直前の45年2月まで3日〜2週間ごとに行われ、犠牲者は30〜50人に上るという。
遺体は部下が医務隊以外に知られないように運び出して埋めた。牧野さんの部下だった
80代の男性は「かわいそうで解剖には立ち会わなかったが、(何が行われていたかは)仲間に
聞いて知っていた。遺体も見た」と話している。
解剖が始まる2カ月前には、レイテ沖海戦で日本海軍が壊滅的な打撃を受け、サンボアンガも
空襲されるなど戦局は厳しさを増していた。軍医は牧野さんに「おれが死んだら、おまえが
治療を担当しなければならないから」と解剖の理由を説明したという。
45年3月に米軍が同島西部に上陸後、日本兵はジャングルを敗走。病気や飢えなどで
医務隊も大半が死亡し、軍医は自決したという。牧野さんは「命令に逆らえず、むごいことを
した。戦争体験者が減りつつある今、自分には戦争の真実を伝える責任がある」と話している。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061019k0000m040119000c.html


313 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 11:14:35 0
>309
別に煽るつもりはないけど
当時の新大陸の文明レベルで人口8000万支えるのは無理だと思うよ
中国の秦の時代でようやく人口2000万を養えた
当時のインカやアステカは秦よりはるかに劣った殷よりちょっと下ぐらいのレベルで
高山地帯ということも含めて考えると
この二つの文明合わせて人口1000万いくかどうか
そして当時はこの地域に圧倒的に人口が集中してたわけだから
人口を百万養うにはかなりの文明が進んでいないと無理だと思うけど
カリブ海域の狭い地域で人口300万も養うだけの文明があったと考えるのはかなり無理があるし
メキシコの2500万もはるかに進んでいた当時の日本より人口が多くて信じられないな
そのソースが果たして科学的統計に基づいてるのか疑問だ
被害者意識が数値を増大させて日中戦争で3500万人が日本軍に殺されたとか
南京大虐殺やホロコーストのユダヤ人犠牲者の過大計上と同種のものだろうと思う
ただスペインが先住民を虐殺してかなりえぐいことをしたのは事実だけどね

314 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 11:41:13 0
まだ言ってるのか、この朝鮮人は
わざわざ蒸し返しに来るなんて余程悔しかったんだろうね
文章を変えて他人のフリしても、言ってることがまったく同じだからバレバレだよ



315 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 12:25:13 0
普通に別人だし
論理的に反論してくれよ
どうして当時のメキシコ先住民の数が日本の人口より多いんだよ
インディオの滅亡の原因はもともと少なかったってこともある
ただしペルー、メキシコと文明があった地域はいまだにインディオ色が濃く
最近の遺伝子調査であきらかになってきたけど
だいたい半分ぐらいはインディオの血をひいている


316 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 12:29:53 0
白人国家といわれるアルゼンチンもインディオが多かったラプラタ地域の人は
統計によると平均で25%の割合でインディオの血が混じってる
チリもだいたいそれくらいで、ウルグアイだと3割の割合でインディオが混じってる
ブラジルも人種では黒人と白人に分かれるけど、
遺伝子では黒人の割合よりインディオの方がちょっと多いぐらい
そういうわけで文化的には滅んだけど、血は結構残ってる
ただ父系の子孫はとても少ない
つまり白人男性がハーレム作って原住民との間にたくさん子孫を残したってことがわかる
だからまぁ男性は奴隷になってほとんど子孫残さずに死んだんだな


317 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 14:21:31 0
215 名前: 世界@名無史さん [sage] 投稿日: 2006/10/13(金) 13:47:36 0
>>207
語彙や文章の言い回し、レスのタイミングからして十中八九
182=190=207だな、とぼけるのが上手いな

318 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 15:09:18 0
>>315
論理的も何も、秦より文明が劣ってる「筈」の新大陸は
秦より人口が少ない筈などと、憶測で物を語ってるアンタのほうがずっと信憑性に欠けるんだけど
文明が違うとは言えど、秦の時代と白人が新大陸で先住民を虐殺した時代では実に1700年以上も時代が離れてるのに
相変わらず都合の良い解釈ばかりしてるよな、アンタのほうこそ論理的になれよ

つーか、またこの話題を一から始めるつもりかよ
もうコイツの下らない見栄の為に、これ以上勘弁して欲しいんだが


319 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 00:02:15 0
>>318
お前もソースがいい加減と言う意味では50歩100歩

320 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 06:13:43 0
スレ違いだけど、アジア象って殷周時代の中国にも居たんですよね?

321 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 11:01:19 0
別にスレ違いじゃないから

322 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 02:48:29 0
NHK見れ。モーリシャス島のドードーのことやっている。

323 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 08:25:56 0
ところで新大陸に到達したポルトバルやイスパニアの人々は、先住民を人間と見做していたのだろうか?
よく先住民を虐殺した後に女を嗜好した(強姦して楽しんだ)というような記述があるけど、どうなんでしょうかね?
つい最近まで白人は黒人を人間だと認識していなかったというし。それだと獣姦になってしまい、仲間からケーベツされるような
気がするのですが。

324 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 13:50:30 0
>>322
タスマニアタイガーもやってたぞ

325 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 01:07:25 0
野生の肉食動物は家畜を襲う憎い奴とされて殆ど絶滅させられてるよね。

326 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 02:03:05 0
当時の白人からして見れば家畜や自分を襲ったり、自分達の役に立たない動物なんか殺すなり絶滅してもしょうがないと思ってたんだろうよ。

327 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 03:15:30 0
>>326
それは白人に限らず狩猟生活以外の形式の文明なら
何処でも起きていた話だと思うが。

基本的に人間の産業の利害関係に直接的に関わったり、
生活圏が重複する事になった大型動物は
その数を著しく減らしたり、最悪絶滅している。

328 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 21:52:33 0
リョコウバトは羽毛が綺麗だったのが災いしたのね・・・

329 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 22:41:15 0
ところで北海道に到達した和人は、先住民を人間と見做していたのだろうか?
よく先住民を虐殺した後に女を嗜好した(強姦して楽しんだ)というような記述があるけど、どうなんでしょうかね?

330 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 00:42:01 0
>>329
クナシリ・メナシの戦い、コシャマインの戦い、
シャクシャインの戦い等でググッてみよう。

但しアイヌに対する本州の人の扱いが本格的に酷くなったのは
江戸時代以降で、それ以前はコシャマインの戦いとかがあったけど
、小規模な交易を除けば余り関係が無かったと言うのが実態らしい。
アイヌに対する記述が殆ど残っていないのも交流があまり無かった証拠。

明治期になると、明治政府の政策で移民が進んでマスマス酷くなった
面もあるけど、この時代になると西洋社会も含めて
余り露骨な異民族虐殺が軍隊によって行われると言う事は無くなっている。
(強制移民等で消滅したアイヌ民族もあるけど)

ま、草の根レベルでは貴方の言う様な強姦沙汰はそれなりにあったと
考えるのが自然だろうね。

331 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 13:16:35 0
アイヌの指導者って和睦の席で騙まし討ちってパターンが多すぎる気がするんだが
学習しないのかな…

332 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 23:46:37 0
>>331
シャクシャインの戦い以外、そう言う結末は余り聞かないが…
それにシャクシャイン自身謀殺に近い行為も行っている。

>ttp://www.k3.dion.ne.jp/~kamishin/Ainurran.htm

333 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 14:42:47 0
アメリカのバッファローも白人に絶滅近くに追いやられた。
白人が西部開拓するにあたって、邪魔な西部の大平原で暮らす
先住民のネイティブアメリカンの人たちを排除するために、
彼らの生活の源として狩っていたバッファローを殺しまくったから。

334 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 15:55:01 0
強いものが弱いものを殺して食べたりするのは
当たり前の事だと思うけどね
動物や植物を大切にしようなんて考え方はつい最近の事

確かに古代の人間も動物や植物を大切にするけど
それはあくまでも「食料」として大切にしていただけ

335 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/12/08(金) 23:14:18 0
>>329
コシャマインの乱については、実は和人とアイヌの戦争というよりは、和
人とアイヌが手を結んでお互いに邪魔な勢力を駆逐しようとしていたもの
ではないかという説が出されています。
陥落・炎上した館(たて)がある一方で、明らかに危険な場所にありなが
ら被害を蒙っていなかった館もあった。

>動物や植物を大切にしようなんて考え方はつい最近の事
しいて言うなら、天台本覚論に基づく「悉皆成仏」や「蛇でも前世の親か
もしれず、牛馬もうかつにこき使えない」でしょうか。
ただ、動物を動物として保護しようというのは、確かに新しいはず。

336 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 01:21:05 0
江戸時代、熊本藩の法令で、百姓は女子供を質奉公に出しても
牛馬を持つことが大切だとしていたな。おそらく、大切に
育てたんだろうな。

337 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 17:13:08 0
>>333
別に白人に限らず牧畜や、大規模な土地改良を必要とする文明が余所の
土地に入れば、その手の話はソコラ中で起きていたよな。
砂漠化したサハラ砂漠でも相当数の固有種が絶滅しただろうし、
大規模化した焼畑、伐採が行われるようになったアフリカやアジア、
南米でも固有の生物の絶滅は大きな問題になっている。

山野氏が言う通り、動物を動物として保護しようなんて、自然保護の
思想はかなり経済的に余裕がある文明の状態にならないと実践はおろか、
概念さえ登場したかも疑わしい。

>>336
そりゃ道具として、換えが効く人間様よか大事だと思っただけでは?
子供はある意味タダでも作れるが、農作業が出来る体格を持った
牛や馬を育成するのには手間がかかるからな(w

338 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:17:21 0
滅ぼされたフクロオオカミはクローンで蘇えれるのか?

339 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:23:55 0
>>337が正論だ。

340 :世界@名無史さん:2007/01/17(水) 01:10:51 0
アメリカのオオカミ

341 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 21:27:00 0
>>336
今でいう耕運機やトラックに相当する存在だったからか?

342 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 21:34:09 0
イギリスのプランター・ハンターが世界中の植物を集めまくった
お陰で、絶滅せずに済んだ植物もあっただろうな。
そのいっぽうで、剥製にして博物館に飾ろうとして、借りまくって
絶滅した動物もいるだろう。


343 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 21:50:36 0

 必見
 ↓
ttp://www.d5.dion.ne.jp/~naw/mitsuyu.htm
コピペ推奨


344 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 22:00:17 0
日本は、中国からトキを輸入してまで残そうとしている。
韓国は、北朝鮮から熊を輸入してまで残そうとしている。

345 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 22:08:34 0
しかしどう見てもチョンチョン連呼してた奴の方が頭悪そうだったな。
反論出来なければ「日本語がおかしい」「チョン」としか言えず出すソースも殆どがソースと呼べないトンデモサイトやウィキペディアばかり。
まるで知性を感じませんよ。

346 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 22:14:44 0
だいたい「白人の罪」って何?
人種に罪があるワケねえだろ、レイシストが。
しかも過去の出来事を現在の価値観と道徳で断罪すると言う愚をおかしてる。
善を無邪気に信じてる大衆根性丸出し。
まるで知性を感じませんよ。

347 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 22:24:25 0
ヨーロッパ人によりアメリカの原住民が犠牲になった。
日本人によりアイヌの人々が犠牲になった。
しかし、犠牲者数ではヨーロッパ>>>>>>>>日本
なので、ヨーロッパのほうが悪なのだという。
ところで、もし被害者数が逆だったらどうなるのだろうか?
アイヌ人>>>>>>アメリカの原住民

348 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 22:27:30 0
歴史を善悪で語る程愚かな事は無いという初歩的な事も理解出来ない奴に何を言っても無駄。
こいつの脳内では
日本人=絶対善
白人=絶対悪
がスタンダードでそれに反論する者は朝鮮人みたいだから。
先住民虐殺も白人を絶対悪にする為の道具にすぎない。

349 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 23:19:39 0
街をきれいにするために動物を殺しまくるのは日本人だけだろ。
アメリカの犬猫は場合人間を何回も攻撃して初めて処分が考慮される。
ヨーロッパでもかなりどこそこ放し飼い。
日本場合通りかかっただけで殺される。
中国ですらここまでやらない。コキントーにやめさせられたし。

350 :世界@名無史さん:2007/01/21(日) 23:26:06 0
>>349
中国人がすんなり法律を守るとでも?

351 :世界@名無史さん:2007/01/23(火) 23:11:35 0
競馬で馬に鞭を打つ回数に制限がある国もあったな。

352 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 15:58:56 0
ヨウスコウカワイルカが絶滅したそうです。

353 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 23:01:27 0
美味かったアル(ゲプー

354 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 23:29:47 0
ま、かく言うインディアンやアボリジニも、その大陸の大型哺乳類たちを絶滅に追い込んでったりしてるしな。

355 :世界@名無史さん:2007/01/29(月) 00:34:15 0
逆に今までよく生き残ってたな。

356 :世界@名無史さん:2007/02/06(火) 16:35:16 0
このスレにもいたけど
西洋型近代文明、近代科学の恩恵にどっぷり浸かっておきながら、
自分の事は棚上げして一方的にそれらを攻撃しても全く説得力が無い。
狩猟採集生活を送る未開人が言うならまだ納得できるけど。

357 :世界@名無史さん:2007/02/06(火) 23:54:01 0
>>356
つーかモアやマンモス、オオナマケモノだって結局未開人、原始人の
狩猟によって絶滅しているんだから
狩猟生活だろうが、農耕生活だろうが自然に何らかの影響を
及ぼしている点では変わらない

所詮人間だって自然の一部である以上絶滅に加担する事もあれば、
自然からしっぺ返しを喰らう事もある。
地球の中で長く生存させて頂く程度に自然を保護するって観点が
一番無理がないんでないのか?

358 :世界@名無史さん:2007/02/07(水) 00:07:49 0
http://www.d5.dion.ne.jp/~naw/mitsuyu.htm


359 :世界@名無史さん:2007/02/07(水) 00:23:03 0
新人になってから動物が絶滅に追い込まれている。
氷河期時代には、人類は数十万から数万人まで減り、絶滅寸前だった。

360 :世界@名無史さん:2007/02/08(木) 18:18:10 0
>>3
あー知ってる。
学研の科学で漫画化されてたの読んだ。
ステラーカイギュウか、懐かしいな。

143 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)