5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ササン朝滅亡〜モンゴル侵入前夜のイラン

1 :世界@名無史さん:2006/08/11(金) 00:44:52 0
カリフの権威が蔓延ったイラン史
アッバース朝、ブワイ朝、セルジューク朝、ホラズムシャー朝
このへんすかね?

2 :世界@名無史さん:2006/08/11(金) 01:51:59 0
2ゲット

3 :世界@名無史さん:2006/08/11(金) 08:43:10 0
アッバース朝、ウマイヤ朝のスレがすごい閑散としてるんですけど・・・

4 :世界@名無史さん:2006/08/11(金) 21:50:06 0
隻眼の武将ターヒルとか鍛冶屋のヤークーブとかが王朝を建てた経緯
無学なので全然分かりません

5 :世界@名無史さん:2006/08/11(金) 21:53:45 0
>鍛冶屋のヤークーブ

ハワーリジュ派に対抗して自警団を組織したんだっけ? うろ覚え

6 :世界@名無史さん:2006/08/11(金) 22:38:03 0
マイナーなイラン史の上に更にマイナーな時代を選んだな。
過疎化しないように>>1自身が盛んに話題を振らないといけないよ。

7 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 01:23:05 0
イランと中国くらいかねぇ。年代まんべんなくスレが立つ傾向があるのって?

8 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 01:29:40 0
ロシアとドイツも一応全時代カバーされてると思った。

9 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 02:03:18 0
ドイツとロシア史って、イランと中国の1/3くらいの長さだからねぇ全時代といっても。

10 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 12:30:30 0
この世の全ての美しいものはイランに発する

と、故・本多実信氏が仰っておられます。(『モンゴル時代史研究』序説)

11 :世界@名無史さん:2006/08/13(日) 12:38:38 0
wikiのマームーンの頁
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%83%B3

アッバース朝はもうぼろぼろ

12 :世界@名無史さん:2006/08/13(日) 14:59:56 0

北朝鮮をなめてると痛い目にあうからね。

土曜日も世界最強だったイスラエル軍がヒズボラの前にボコボコ。

【最新情報】
イスラエル紙ハアレツ
http://www.haaretz.com/hasen/spages/749479.html
IDF(イスラエル国防軍)発表で土曜日に兵士24人死亡。
撃墜されたヘリ搭乗の5人も全員死亡確認。

-----------------
自慢だったメルカバ最新戦車も、連日ロシア製ATMメチスMでズタズタのボコボコ。
Anti-tank missiles were a key tool used against the IDF, claiming lives of soldiers.
* Three fighters of the Armor Corps' Battalion 9 were killed after an anti-tank missile hit a Merkava tank in which they were riding in Wadi Sluki on the eastern region.........
↑↓土曜日の戦車被害が並んでるけど多すぎて以下省略。
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-3290185,00.html

[これが恐怖の携行ATMメチスMだ→]http://www.shipunov.com/eng/atgw/metis.htm

13 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 19:40:28 0
取り敢えず、この時代のイラン史を扱った本を紹介してくれ。

14 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 09:50:55 0
アイヤール

15 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 22:24:35 0
アイヤールってゾロアスター教徒なの?

16 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 01:50:51 0
もっと昔の「ジャヴァーンマルド」とかだったらそうかもしれないですね。

17 :世界@名無史さん:2006/08/19(土) 21:08:41 0
【Parthia】中世ペルシア諸王朝史【Sasan】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1105356309/
アケメネス朝ペルシャ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1079357659/


18 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 02:04:06 0
イスマイール1世が出て来るまでシャーの称号を使う人は居なかったんでしょうか?
また、それは何故なんでしょう?

19 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 14:28:31 0
シャー使われてたよ。そもそもオスマン朝もシャーだったりする。

20 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 14:54:21 0
オスマン朝は「シャー」と言うより、「パードシャー」だと思うがな。
ブワイフ(ブーヤ)朝とかセルジューク朝とかホラズム・「シャー」朝とか
普通に「シャー」って使ってると思うのにサファヴィー朝の時だけ特別視するのは何故?

21 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 16:33:56 0
ブワイフ朝は「シャーハンシャー」か「アミール・アル=ウマラー」が一般的で、
セルジューク朝は「スルターン」か「シャーハンシャー」。「シャー」単独は
称号と言うよりは王族の人名要素。ホラズムシャー朝も基本的に同じで、君主は
「ホラズムシャーであるスルターン・だれそれ」という形式。王族は「マリク」号。

王号として「シャー・なになに」で呼ばれるのは意外にもサファヴィー朝以前には
あまり大きな王朝ではなかったので、それで「シャー」といえばサファヴィー朝なのかも。

22 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 16:52:32 0
>19
そういやオスマン朝の王宮ではペルシャ語使ってたんだな
セルジューク朝なんかでもそうだったんだろうか?

23 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 22:02:29 0
文学はみんなペルシア語

24 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 00:24:00 0
支配者がアラブ人からトルコ人に変わったンで遠慮なくペルシア語を記せるようになったと言うが…

25 :世界@名無史さん:2006/09/14(木) 00:29:29 0
>アラブ人からトルコ人に変わったンで

小池一夫?

26 :世界@名無史さん:2006/09/18(月) 22:13:16 0
>>13
見当たりません
誰か教えて下さい

27 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 01:10:39 0
>>26、13
どうぞ
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4634413906

28 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 16:07:24 0
age

29 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 22:22:04 0
チンギスハンとジャラールの戦いは英雄的な物語として語り継がれたが
耶律大石とサンジャルの戦いなどはイラン人にとってどう言う扱いなんでしょう?


30 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 22:24:53 0
東洋文庫の「王書」は高いけどお薦め。

31 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 23:03:41 0
今のイラン人にどう捉えられているかは知らないけど、
スルタン・サンジャルの敗北は東方イスラーム世界にとって、かなりの痛手だったことは確か。
サンジャルのお蔭で取り敢えず纏まりかけていたイラン地域の支配が、この敗戦をきっかけに
群雄割拠状態に逆戻りした。特にセルジューク本家の内紛は歯止めが効かなくなり、しかも
マーワラーアンナフルにオグズ系の諸集団が大量に流入するようになった。

サンジャルは敗戦の後もホラズムやゴール朝との戦闘で威信の回復に努めたけど、兄弟の
スルターン・ムハンマドの一族が支配するイラン西部へは殆ど手が付けられなくなったし、
東部ではオグズ集団との戦争で掛かり切りになった。結局この混乱を収束出来ないうちに、
配下のオグズ集団の反乱にあって捕虜となることに。

耶律大石とサンジャルの戦いは、セルジューク朝崩壊の遠因と理解されていると思う。

32 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 18:50:50 0
ルームセルジューク
イラークセルジューク
ケルマーンセルジューク
に分裂

33 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 02:45:56 0
暗殺教団の時代ですよね?

34 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 13:17:10 0
まあ後半は・・・

35 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 22:07:12 0
「フワダーイナーマグ」って日本語に訳すとどう言う意味?

36 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 04:12:15 0
直訳すると『主の書』だが、要は『シャーナーメ』の前身みたいなもんだと思えば良いかと。

37 :世界@名無史さん:2006/11/19(日) 14:55:46 0
>>33
セルジューク朝に抗うのもイラン人の反チュルク感情が産み出したものとも
でもホラズムシャー朝には従うわけで

38 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 08:56:29 0
age

39 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 11:54:11 0
「フワダーイナーマグ」についての論考は、伊藤義教「古代ペルシア」(岩波)に
出てるよ。図書館にしか置いてないと思うが。

40 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:37:36 0
ルリスターン王国について書かれているお奨めの邦語文献・HPを
ご存知でしたら、教えていただけないでしょうか?

モンゴル侵入前後の君主の事跡が分かると嬉しいです。

41 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 17:47:49 0
ここで聞いたら数ヶ月待つことですな

42 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 00:39:38 0
age

43 :世界@名無史さん:2007/01/16(火) 05:31:37 0
age

44 :世界@名無史さん:2007/01/16(火) 05:33:35 0
age

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)