5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中国がアメリカ並みの先進超大国になってる歴史

1 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 20:21:54 0
どこあたりから中国の歴史をいじくればアメリカ並みの
先進超大国になってる中国が現在に出現するんでしょうか?
俺は宋帝国〜元帝国あたりから中国の歴史が変わったと思うんですが

2 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 20:22:46 0
世界史板も中国人が増えたなw


3 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 20:28:42 0
中國は世界中で掃共作戦を展開しているからな。頼もしい限りだ。

4 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 21:03:16 0
中国がアメリカ並みの先進超大国になっていたら?
世界中をただただ喰い尽くして、
人類の歴史が終わっているだろうな。

5 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 21:14:54 0
中国って国はできてから60年足らずだろ?あん?

6 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 21:51:15 0
アンドレ・グンダー・フランクは、そもそもヨーロッパには中国が
欲しいものなど銀以外には何も無く、ヨーロッパ人はそれを南北
アメリカからアジアへと輸出することで、自分がほしいたくさんの
中国産品をようやく手に入れることができたと主張している。
したがってウォーラーステインは、ヨーロッパ的「世界経済」が
すでに17世紀の時点で存在していたとする点であまりにヨーロッパ
中心的であると。

7 :世界@名無しさん:2006/05/14(日) 22:30:41 0
>>1
スレ主さんは、もしかしたら、
下記のTV番組に影響されたのですか?

NHKの番組
偉大なる旅人・鄭和 第一部「運命の航海」
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/21-05353.html

第二部「見果てぬ夢」
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p/001/21-05359.html

上記の番組の種本の一つになったと思われるんが下記の本。

「中国が海を支配したとき 鄭和とその時代」
Shinshokan history book series

(著者/訳者名 ルイーズ・リヴァシーズ/著 
君野隆久/訳 出版社名 新書館)


もしも鄭和の航海が継続されていたらとの
ルイーズ・リヴァシーズ氏の仮定ですけど
「もしかしたら私たちは英語ではなく(中国が世界を支配していて)
中国語を使っていたかもしれません」との意見は、少し乱暴です。

なぜなら鄭和の航海は、経費がかかりすぎ、財政を圧迫していました。
継続は困難だったでしょう。

8 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 22:35:42 0
そう指摘されると耳が痛えわ。

9 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 22:44:08 0
1、人口爆発しない
2、夜郎自大じゃない
3、砂漠とか高山地帯とか、無駄に領土を広げない。

10 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:01:11 0
「ローマは凄く遠くて2年かかるぜ」
こう言ったシリアの商人に騙されず、ローマに行って直接の交易路ができればだいぶ違ったと思われ


11 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:10:41 0
そもそも外国産の品物で、中国人がぜひとも欲しいものは何だったんだ?
銀なら欧州経由だけでなく日本からも流入していたはずだし。

12 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:14:23 0
日本はこうなっていたでしょうw
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1137054827459.wmv
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1146895227603.wmv


13 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:16:44 0
>>11
やっぱり・・・新手の食材か漢方薬だろうか。


14 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:16:58 0
ttp://blog.goo.ne.jp/maya18_2006/e/a1561a58e33d002cd62926221d53941b
昨年600周年記念に「ナショナル・ジェオグラフィック」誌が特集していたが、
明の鄭和(Zheng He)の大航海、つまり。コロンブスの航海に先立つ半世紀
以上も前、マジェランの船の十倍も大きな宝船など数百隻の大艦隊を従え、
東南アジアからスリランカ、インド、アラビア、アフリカと七回にわたって
航行し、平和裏に交易ルートを開拓した鄭和を描いたNHKの番組が放映され
(5月3日)、堪能した。ルイーズ・リヴァシーズという女性ジャーナリストが、
鄭和の艦隊は、中国の発明であった大砲などで武装していたにもかかわらず、
互恵平等の平和な大航海であったのに、その最後の航海の40年後に行われた
ヴァスコ・ダ・ガマをはじめとするヨーロッパのそれは、暴力による征服と
植民地化であると批判していたのが、深く印象に残った。

15 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:17:51 0
金髪美女にきまってるだろ

16 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:19:58 0
日本はこうなっていたでしょうw
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1137054827459.wmv
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1146895227603.wmv


17 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:22:27 0
>>14
ヴァスコ・ダ・ガマのポルトガルはさんざんアジアから侵略されてるんだがな。


18 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:23:10 0
オマーン攻撃!

19 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:31:36 0
天子が贅沢しない

20 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:32:36 0
567 :世界@名無史さん :2006/05/09(火) 19:34:59 0
>>565
同時期に、豊臣秀吉の遠征のように日本人も海外へ出て行こうとしたのだが、
秀吉は30万人もの大軍を大陸へ送り込みながらアジア侵略に失敗している。
逆にピサロの軍勢はたった200人足らずの軍勢で南米最大のインカ帝国を征服した。
やろうとしていたことはどちらも同じなのだが、違ったのは力の均衡の問題だ。
鄭和の艦隊はたしかに巨大だったが実用的な大砲が発明されていなかった。
明もベトナムを侵略したりしているわけで、平和的だったから侵略しなかったわけじゃない。
ヨーロッパの植民地主義は力の均衡が崩れてしまったことにある。

21 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2006/05/14(日) 23:34:41 0
「チュンクオ風雲録」ですか。

日本は核で早々と焼き払われていたような…。

22 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:42:24 0
>>1
海禁政策をとらなければよかったのでは?

23 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:48:10 0
「中国」なんて考え方をしない

24 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:48:29 0
必ずしも海外進出は「アメリカ並みの先進国」になるのに
必要な条件じゃないんじゃないの?

25 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:58:41 0
ttp://home.att.ne.jp/blue/holland/vries3.html
19世紀末に中国の一人当たり所得はイギリスの七分の一に過ぎませんでした。
しかし、だからといって、いつもそうだったわけでありません。中国の一人
当たり所得は18世紀の段階でイギリスにそれほど見劣りしてなかったとする
推定がいろいろと出ています。中国とイギリスのもっとも豊かな地域を比較
すると、「一般の人々」の生活水準が同じくらい高かったという意味で、繁栄
に差が見られなかったようです。これはポメランツの意見で、支持者の数を
増やしています。相対的にみてイギリスには中国より「一般的でない」人々が
多かったという事実を、ポメランツとその支持者たちは−私見によれば−
あまりにも簡単に無視してしまっているように思いますが、「大きな分岐」が
19世紀になって生じたということを示唆するような有力な手がかりはもちろん
いくつもあります。

26 :世界@名無史さん:2006/05/14(日) 23:59:38 0
一人当たり国民総生産や生活水準で差異が小さかったということは、
生産性の差も小さかったということです。近年の研究によれば実際、
差異は大きくなかったようです。中国の農業は非常に生産的でした。
灌漑稲作農地では1ヘクターあたりの食料生産がイギリスの何倍も
ありました。工業もイギリスに引けを取っておりません。商業は非常に
大規模であり、また効率的に組織されておりました。18世紀の時点で
中国がイギリスに比べて(非常に)貧しかったわけではなく、中国経済に
発展の立ち後れが特に目立っていたわけでもないのだとすれば、中国が
イギリスとまったく異なる存在だったとするこれまでの通説に疑問符が
つくことになるわけです。

27 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:07:13 0
中国はむしろ幸運に恵まれていた。中国はヨーロッパより1000年も先に紙を発明したのだが、
この1000年のリードを守りきれずに科学の発展でヨーロッパに逆転された。
もしヨーロッパ人のほうが先に紙や火薬を発明していたら世界史はどう変わっただろうか。


28 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:16:19 0
元代からは騎馬民族の統治に変わったからなあ・・

29 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:18:40 0
アメリカはむしろ幸運に恵まれていた。アメリカは印度・支那より1000年も先にコンピューターを発明したのだが、
この1000年のリードを守りきれずに科学の発展で印度・支那に逆転された。
もし印度・支那人のほうが先にコンピューターや電子機器を発明していたら世界史はどう変わっただろうか。


君はもっと歴史を学びなはれ


30 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:25:01 0
>>29
なにこいつは支離滅裂なこと言ってるんだw


31 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:28:29 0
>>27は史実だが、>>29は妄想だな。コンピューター技術はリアルタイムに世界中に広まったからね。


32 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:32:14 0
116 :世界@名無史さん :2006/04/21(金) 00:00:15 0
>>112
まずアヘン戦争が起こった当時イギリスは完全に世界の制海権を握るに至っていない。
普通の列強の内のひとつにすぎなかったということがある。各国の力が均衡している状態においては
普通に貿易黒字を追い求めざるを得ないという事情がある。
こういう場合貿易の決済手段は自国の製品とのバーターとか貴金属で行われる
ことが多い。自国が発行している通貨を外国が受け取る場合というのは、その国が
圧倒的に強い場合だけ。

中国は英国の製品を買わず銀決済を求めた。その結果貴金属が一方的に中国に流出し、
しかも中国はいくらイギリスが頼んでもイギリス製品を買おうともしないし、イギリスの
国債を買ってもくれない。だからアヘンを密輸して貴金属の回収をはじめたわけ。
イギリスの言う自由貿易とは、世界中で自由に製品のやり取りをできるようにし、その決済を
ポンドを使えという意味なんだな。確かにそのほうが世界全体が豊かになれるんだけどね。

33 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:39:18 0
清朝のころの中国人の人口大爆発の影には南米からヨーロッパを経由して伝来した
ジャガイモやトウモロコシ、サツマイモの恩恵がある。
これらの農産物が伝来してから中国人の人口は倍々で増加している。
日本の北海道開拓もジャガイモなしには考えられない。
ヨーロッパの殖民地主義を批判する人が多いけど、
中国人もヨーロッパ人の植民地主義の恩恵を多大に受けていたのだ。


34 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:40:55 0
イギリスやアメリカのいう「自由」ってのは、「俺たちのみが自由に振舞える世界を要求する」ってことだろ。
なんてことはない、ジャイアンが「俺のコンサートに来ればトリップできる」って言うのと同じ。要はヤクザの理屈。

35 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:43:05 0
>>33「俺が見ず知らずの女にレイプして産ませたガキをお前にやって、それでお前は毎晩楽しかったろ?
俺の神聖なる行いに感謝しろよ?」っていうお話と同じだな

36 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 00:54:07 0
日本のお陰で韓国は文明化できただろうというのと同じだよね。

37 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:00:33 0
まてよw韓国の場合内から大日本帝国に呼応した奴もいたじゃねえかwミンピ殺害のときのww
さりげなく日韓併合を悪にするレス工作乙wwwwwwwwww

38 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:00:41 0
日本のお陰で、アジアが独立できたんだ。感謝しろ。

39 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:07:03 0
西洋のお陰で、アジアに鉄道ができたんだ。感謝しろ。

40 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:24:24 0
アトランティス人のおかげでサルは文明を持ったのだよ。
感謝したまへ。

41 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:25:17 0
「CB感。」というコミックでは、近未来の地球を中国政府が支配している。

42 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:28:15 0
>>41
近未来、日本はこうなっているでしょう。
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1137054827459.wmv
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1146895227603.wmv


43 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:33:45 0
鄭和個人は宦官だったからレイプが嫌いだったのだろう。
明はベトナムを侵略しているし、侵略を否定していたわけじゃない。
ヨーロッパはポルトガル、スペイン、オランダ、ベルギーと競争になってしまったので
植民地争奪に歯止めがかからなくなったことが大きい。
オランダは莫大な利益を上げたが、これじゃ他のヨーロッパ諸国が黙ってるはずがない。


44 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 01:47:17 0
明朝だって本土に資源がなくライバルが大勢いたら朝貢貿易だなんて
おおらかなことは言ってられなかっただろう。
侵略は遺憾だが、敵に取られるくらいならと考えるのが人間の性だ。


45 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 05:13:58 0
・中国社会科学院は1月5日、国際情勢を分析した年度報告を発表では、
中国は第6位だから。あと、
 第1位は米国、第2位はイギリス、第3位はロシア、第4位はフランス、
第5位はドイツを抜くだけだねw。

46 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 05:23:55 0
購買力平価GDPでは、
アメリカ>中国>>>>>日本>インド>ドイツ
時間の問題か?

47 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 08:17:35 0
このスレの住人は、>>6で紹介されている《アジア修正主義》についてどう思う?
ヨーロッパがアジアを追い越すことができたのは、
イギリスは中国と違ってたまたまその近くに石炭があったことと、
ヨーロッパが獲得したアメリカ大陸が砂糖・木材・綿花・銀の産地
だったためであり、ヨーロッパに根の深い原動力があったためではない。
また、中国は成長阻止的で反資本主義的な官僚制だったこと、あるいは
私的国内市場を抑制していたとは認めない。中国はおそらく、ヨーロッパの
諸国家よりも自由に通商させていた。ヨーロッパの多重国家システムは
それなりの非効率を抱えていたとする説。

48 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 08:47:32 0
>>45-46
90年代に世界銀行チーフ・エコノミストのラリー・サマーズが、彼の父の
ロバート・サマーズが考案したPPP(購買力平価)と呼ばれる基準を
採用して、公式に発表されている中国のGNPは、元−ドルの為替レート
によってひどく歪められていると主張した。
中国の実際の経済力は、、公式に発表されているドル建て数字の7倍
程度であると。
これが《エコノミスト》《ニューズウィーク》《タイム》などに紹介され、
世界各国で中国ブームが巻き起こった。
実際には中国の購買力予測のもとになっていたのは、サマーズとその
同僚が独自に集めたデータか、中国政府の公式統計だったのだが。

49 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 12:14:26 0
近未来、日本はこうなっているでしょう。
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1137054827459.wmv
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1146895227603.wmv


50 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 12:18:13 0
>中国がアメリカ並みの先進超大国になってる歴史
首都は広島?それとも岡山?

51 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 13:33:27 0
広島といえばケンジンじゃけん

52 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 14:54:34 0
>>7
ルイーズ・リヴァシーズはジャーナリストであって、歴史学者じゃないからな。

それとなぜ欧米人は近代以前の中国を過大評価したがるのかねえ?
オスマン帝国やムガール帝国に対するこういう過大評価は寡聞にして知らない。


53 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 15:13:23 0
>>52
>それとなぜ欧米人は近代以前の中国を過大評価したがるのかねえ?
>オスマン帝国やムガール帝国に対するこういう過大評価は寡聞にして知らない。

それはNHKや一部の日本の文化人が好んで紹介したがるから、そう錯覚するのだ。
欧米人が西洋と東洋を比較し、西洋の偉大な発明や優秀性を主張すれば
白人至上主義者のレッテルを貼られるだけだし、日本でもほとんど紹介されない。
それに日本人が西洋と東洋を比較し中国の歴史を賞賛すれば、アジア人優越論者の
本性を暴露してしまうが、欧米人の意見を借りて代弁させればカモフラージュできる。
だからNHKもそんな人物を探し出して紹介したがる。


54 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 15:25:52 0
鄭和の壊血病の予防策にしても、西洋人は知らなかったと判で押したように強調したがる。
この辺も西洋コンプレックスの現れだろうか。
西洋人の偉大な発明も日本の偉人伝で紹介されるが、東洋と比較したりはしない。
いちいち中国人は知らなかったなどと言ったりはしないだろう。


55 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 15:43:38 0
中国がアメリカ並みの先進超大国に?
もともと中国が目指してたのはアメリカ型の民主主義でも軍事科学大国でも産業大国でもないんだし、「王道」という儒教イデオロギーにのっとった徳治世界なんだから、あるわけないよ。
いまさらこんなこと言い出すなんて、西欧に毒されすぎw

56 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:10:05 0
ttp://www.china.org.cn/japanese/183264.htm
鄭和の遠洋航海には、二つの顕著な特徴が見られる。まず、鄭和の遠洋航海は
平和と交流を旨とする航海モデルの代表格と言える。中国は三国・唐・宋の
時代から、すでに南中国海の海路を通じて東南アジア・南アジア・西アジアを
カバーする海上通商網の構築を始めた。明代の初頭、南中国海の海域では海賊
が頻繁に出没し、明王朝の周辺の安定と貿易の展開が大きく脅かされていた。
海賊の略奪行為を取り締まり、諸国との矛盾を緩和させ、紛争を平定し、
東南アジアと南アジア地域の安定と海のルートの安全を確保することは、
鄭和の遠洋航海の主な目的であった。28年に及ぶ鄭和の航海家としての生涯に
おいて、自衛のための短期の戦闘が3回あっただけで、一寸の他国の国土を
侵略したこともなかった。これはまさに中華民族の「万国との協調をはかる」
という人文的伝統を具現したものであるといえる。鄭和の遠洋航海のいま一つの
目的は政府間貿易であり、商品の価格は双方の話し合いで決めることにして
いたので、平等・自主・公平の貿易原則を具現したものであった。

57 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:12:07 0
鄭和の遠洋航海のモデルにつづいて現れたのは西洋の植民地航海の
モデルである。その特徴は、貴金属・土地の略奪と殖民統治を目標とし、
武力による征服を手段とし、地元の住民の信仰を無理やりに変えさせ、
地元の固有の文化を壊滅してしまうことなどであった。イギリスの著名な
歴史学者ジョセフ・ニーダム氏の論証によると、鄭和の船団は当時の
世界で最も強大なものであった。だが、征服と破壊を目的とする西洋の
航海モデルとはまったく異なって、鄭和の船団が伝えようとしたのは
平和・友情・互恵貿易と相互尊重の精神である。 (中略)
鄭和の遠洋航海は、中華民族の畏れを知らぬ探検精神、開放・包容の
人文精神の表れであり、隣国と仲良くし、世界大同、平和の共有などの
中国古来の社会意識の象徴でもある。これは、今日の中国が平和的な
発展の道を確固不動の姿勢で歩んでいることの歴史的な根源とも言えよう。
鄭和の遠洋航海は、人類の歴史において、西側の社会ダービニズムが
唱える弱肉強食のモデルのほかに、平等で互いに尊重しあい、調和を
共有するという東方のモデルも存在することを物語っている。

58 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:15:44 0
現中国がアメリカ並みの先進国になると言っている人は内陸部
(特に雲南省辺り)を見てから発言してくれ。

59 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:30:18 0
近未来、日本はこうなっているでしょう。
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1137054827459.wmv
http://dolby.dyndns.org/upfoo2/mov/1146895227603.wmv


60 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:38:23 0
>>53は18世紀シノワズリ以来の欧米における中国学の伝統を全く知らないから、こういう無知な発言ができるわけだ。イデオロギーによる先入見で目が曇っている好例。

61 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:50:30 0
>>60
改行ぐらいしろよw

62 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 18:59:44 0
>>58
1がいってるのは今後の中国がアメリカ並みになるのではなく
何時の時点で歴史が変わってればアメリカにとって変わるような
歴史になってただろうか・・ってことじゃないのか・

63 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 19:05:49 0
中国が今のアメリカの位置になっていた時代は元のフビライの頃か?

64 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:04:12 0
>>63
唐代もかなり発展していたように思うけどな。
異民族も唐の宮廷で出世できたし、わりと開放的な文化だった。

65 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:10:33 0
唐代が国際的だったのは太宗〜玄宗の安史の乱までで
後期以降は仏教が弾圧されるほど排他的社会だぞ。

江南は政治とは無関係にアラブと海上交易していたけど。

66 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:11:08 0
>>63
元は中国じゃないだろ。
中国なら元寇の謝罪は中国人がするべきだ。


67 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:18:58 0
>>1
やっぱり南宋で朱子学(華夷思想)が出てきたのが致命的だったように思う。
南宋が国力で金や遼に劣っていると言う現実を直視せず、華夷思想に逃避した。
おまけに商工業を否定的にとらえる傾向がますます強まって、発展を妨げる
ようになってしまった。

68 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:27:52 0
蜀漢正統論とか、やたらに「自分ら南宋(漢民族)が中華の本流である」と
公言していた朱子学だが、それが後にモンゴルの元で広く学ばれたのは
歴史の皮肉だな。

南宋に限らず、中華王朝は内向的になる例が多い。
その顕著な例が朱元璋の明。

69 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 20:37:13 0
従属理論(資本主義世界経済は中枢と周辺から成り立っており、周辺の国々は
中枢の国々に従属し、さまざまな資源の搾取を受けているという理論)に近い
立場をとるポール・バランという学者によれば、日本は西欧から見て極東の
最果てにあって、国土が狭く、資源に乏しく、植民地としての魅力に欠ける
存在であったがゆえに、衛星経済として組み込まれるインセンティヴが生じず、
そのために自立的な発展が可能だったのだとか。

逆にいえば、中国は植民地としての魅力がある存在だったがゆえに、
近代化・西洋化に失敗し、世界システムの「周辺」として組み込まれて
しまったのだろう。


70 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 21:47:30 0
ttp://homewww.osaka-gaidai.ac.jp/~c-forum/symposium/comment.htm
1820年代の中国のGDP規模は世界の20%を占め、紛れもなく東アジアの
覇主たる蓄えでもって世界最大の経済大国であった。同時期の日本は3%
程度であった。しかし、その後の中国の凋落ぶりは激しいものであり、
1930年代後期の1%未満という最低水準の落ち込みを経て、高成長の模範
と評価される現在でもなお4%程度である。一方、日本の経済地位は
日清戦争以降ひたすら成長路線を歩み、第二次大戦直後の混乱があった
ものの、概して高い水準を維持してきつつ、人口減少時代を迎えた現在
でも、世界の15%、アジアの55%を占めている。このような日中の経済
地位の交代劇は、なにも日中間の関係の変化だけによってもたらされた
ものではない。アヘン戦争、日露戦争、太平洋戦争、朝鮮戦争、
ベトナム戦争など数々の世紀的「事件」に代表される日本と中国の
それぞれの、東アジアを巻き込んだグローバリゼーションの衝撃と対応
の累積的因果関係の現れでもある。かくして日中関係を長期的に捉える
場合、グローバリゼーションの波動と関連付けた視点はきわめて有効である。

71 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 21:59:05 0
コピペ厨ウザイ


72 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 22:07:07 0
この間の鄭和特集番組のせいで、この手のスレが増えたな。
鄭和本人には関係ないだろうが迷惑な話だ。

そもそも鄭和の航海ルートは後漢時代、既にローマ帝国が開発していたし
中国という概念もそんな古い物じゃない。

73 :世界@名無史さん:2006/05/15(月) 22:08:57 0
>>69
日本以外の地域―たとえば沿海州、ベトナム、カンボジアなどは
欧米諸国から見てそんなに魅力のある地域だったのか?

74 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 00:00:46 0
19世紀の世界の国力情勢にもどるだけ。

75 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 12:50:25 0
日本も明治維新が起こらなかったら
中国と似たような状況になっていたと思うけどね


76 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 13:53:45 0
>>75
遅ればせながら中国でも辛亥革命が起こりましたが、何か?

77 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 21:19:49 0
乾隆帝はマカートニー卿から望遠鏡・地球儀・気圧計・レンズ・時計・空気銃・
剣・馬車などを献上されると、それらの品を「子供のおもちゃ」と一蹴した。

中国の歴代皇帝で、外国の事物に関心があった人物はいないの?

78 :世界@名無史さん:2006/05/16(火) 21:47:59 0
雍正帝

79 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 05:59:14 0
アヘン戦争で負けた道光帝。林則徐にエゲレスの大砲の構造なんかを調べさせているが、ときすでに遅し。
日本もあわてて革命を起こしたが、結局儒から始まった朱子学なんかに嵌って西洋の強さの所以を捉え間違い、清朝の
崩壊をみて何も学べなったバカ民族なので、支那と一緒に白人に親子丼レイプされホロン部。
アジアはバカばっか。

80 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 06:30:38 0
ハァ?

81 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 07:13:33 0
イギリスが清朝の間で締結された停戦条約に

イギリス兵が犯した罪は清朝の官憲ではなく、イギリスがこれを管理する

という一文があるが、これってどこかの極東の植民地でも聞いたことあるな


82 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 07:24:24 0
そんな事書き込んで、虚しくならないか?

83 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 09:19:41 0
だって在日コリアンだもん

84 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 10:45:01 0
>>77-78
雍正帝の父の康熙帝も西洋学術に深い関心を持ってたらしいね。
しかも典礼問題でイエズス会を擁護してローマ教皇と渡り合ったりしてるから、
神学に関する素養もあったようだ。(もちろんキリスト教を信仰したわけではないが)

康煕・雍正帝の時代にイギリスが来たとしたら、阿片戦争のような事態は事前に阻止され、
イギリスは中国で、江戸時代日本におけるオランダ並みの扱いに甘んじることになってたかも。

85 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 10:53:20 0
どうかな?イギリス並みの高性能の大砲をそんなにすぐに作れるとは当時の中華思想からして無理そうだし(武器は西洋なんてのは
中華思想が根本から崩れる)やはりイギリスの侵略に内応する漢奸が現れて、結局滅んだと思うな。
むしろ明代で滅んでいないのが不思議だったのでは?=支那

86 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 10:55:24 0
>>1
清朝の西洋の学問に対する扱いは(徳川幕府もそうだったけれど)、
西洋の実用的な知識は活用するが、その思想や信仰は受け入れないという
ものだったから、アメリカ並みの先進超大国になるのは無理だったと思われ。


87 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:04:10 0
ん?それでいいんでないかい?燕尾服やステッキを身に着けたからといって
イギリスのように強くなれるわけではあるまい。自然科学の尊重とそれの軍事面への応用、
それが出来ればなにも儒だろうが神道だろうが、害でありはしないだろう。
西洋に学問が発達したからといって、彼らはキリスト教を捨てたかね?

88 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:09:54 0
>武器は西洋なんてのは中華思想が根本から崩れる

んなこたぁーない。
清より中華思想の強かった明ではマッチロック銃や西洋式大砲をスムーズに受容している。
日本刀も大量に輸入していたし、「武備志」には陰流の伝書までコピーされている。
そもそもシナの伝統的武具には中央アジアから伝来したものが非常に多い。

89 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:12:34 0
>>85
>むしろ明代で滅んでいないのが不思議だったのでは?=支那

この時代のロジスティクスの技術では、極東まで大軍を連れて来るのは
無理だったと思われ。
アヘン戦争のときでさえ、もし清朝が内陸部にイギリス軍を引き込んで
持久戦に持ち込めばイギリス側の敗北に終わっただろうといわれている。
(清朝は異民族王朝だったからそれができなかった)

90 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:14:21 0
まさに海の騎馬民族だな=イギリス

91 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:16:19 0
>>89黄河や長江と、支那人が開発した内陸水路を活用するんじゃないか?

92 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:29:13 0
中国がアメリカ並みの先進超大国になるとすれば、これからなのでは?


93 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:48:50 0
歴史はどう転ぶかわからん
全盛期のイギリスやソ連を見て現在のそれを想像できる奴は少ない

94 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 11:53:37 0
>>90
海とステップと砂漠は、そこに住むことはできないが、移動や通商
にはきわめて適している。

95 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 12:06:59 0
遊牧民に勝利して中華マンセー状態になったと思ったら
海の方から敵が来る。

いやぁ、よく出来てますね。

96 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 12:08:29 0
遊牧民の力を借りた王朝に支配されるの間違いじゃなかとか


97 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 12:25:15 0
>海とステップと砂漠は、そこに住むことはできないが

中華史観乙

98 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 12:59:31 0
>>1
いままでの歴史からいうと、中国人は
生活がみたされると、すぐに慢心して
内向きになる。

自然国家で、周辺に覇をとなえ侵略
するときも、国内事情の場合がおおく、
アメリカとかローマのように、理念
として、安全の保障が国家の存在理由
ではない。

すくなくとも、アメリカのような先進国には
ならないと思われ。
フランスが大きくなった程度の先進国
になるとおもう。

99 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 13:37:47 0
>>95満州族は騎馬民族の一支族じゃないの?

100 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 13:47:08 O
満州族=女真族
騎馬遊牧民でなく、半遊牧半狩猟民

101 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 13:49:37 0
分裂して各省が中国を名乗れば
どれか一つはなるんじゃね

102 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 13:51:28 0
どう考えても中国が世界の王になるよ。あと30年かからんだろう。
世界史上何度も何度も隆盛を繰り返せるのは中国だけ(必ずしも中華民族に限らない、あの地域にできる国がということ)。
多くの地域・民族が有史上1度は世界トップレベルになれるが、世界最高レベルの隆盛を何度も繰り返せるのは中国だけ。

ローマ帝国しかり、オスマントルコしかり、古代エジプトしかり、ソビエト連邦しかり、モンゴル帝国しかり、
アッバース朝しかり、大英帝国しかり、大航海時代のスペインしかり、こないだまでの日本しかり、ね。
このことは世界史上最大の謎といわれています。なぜ1度だけか?なぜ中国だけ例外なのか?
ちなみに日本史上最大の謎は、@あの天皇一家がなんで延々滅びもせず続いてきたかというのと、
A鎌倉時代になぜ新興宗教が一気に勃興したかの2点だそうです。

・・・中国が再び世界のトップになるのは歴史の必然です。おかしいことでもなんでもない。
日本が再びJAPANアズNO1になるのが希望薄なのも、同様に煽りぬきで歴史の宿命です。別に悪あがきもいいけどw
石原慎太郎とかって歴史に詳しいらしいけど、アホだよね。こういうダイナミックな長期の視点を知らずに、
わずかここ100年かそこらの短絡で中国を見下してる真性アフォ。
日本がここ100年だけ特に勃興した事がむしろ「異常事態」であって、中国中心できたアジアの歴史的な秩序を壊し、
この100年間の各種不幸や軋轢を招いているという見方の方がむしろ真をついているんです。
日本はたった一度の機会を使い切ってしまったorz アーメン†〜

※GDP世界2位は、既に日本ではなく中国です。
米CIAの各国経済力ランキングも、購買力平価GDPの方を採用しており、中国が2位。一方日本は3位で半分。
http://www.cia.gov/cia/publications/factbook/rankorder/2001rank.html  (内容は2005年の最新数値)
ページトップに「GDP」と明記されているのに注目。(purchasing power parity 購買力平価PPP)
今どき名目GDPの方を拝んでいるのは、日本ぐらいです。アメリカと欧州は購買力平価GDPが基準です。(wikipediaのGDPも参照)
数百年のスパンで大隆盛と、それがゆえの沈降・混乱期を繰り返す中国が、再び隆盛の時期に入ってきましたにょ。

103 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 13:52:44 0
>>76
最初に侵略されたら意味ないだろ

104 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 13:55:28 0
>>102
中国に帰れ

105 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 18:31:24 0
>>88
でも明で日本刀や西洋式大砲を輸入したのはいいけど、
自国で生産できるまでになったの?

106 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 18:50:30 0
>>102
ちょっとまて。無茶苦茶矛盾してるぞおひ。
>>世界史上何度も何度も隆盛を繰り返せる
中東だって何度も興亡してるぞ。
>>多くの地域・民族が有史上1度は世界トップレベルになれるが、
>>世界最高レベルの隆盛を何度も繰り返せるのは中国だけ。
民族と地域を都合よくごっちゃに書いてるだけのような・・
>>中国が再び世界のトップになるのは歴史の必然です。
問題山積していると思うのだが・・


107 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 19:47:18 0
北米と並んで変態的豊かさを誇る、中原の土壌があれば豊かなのは当たり前。
しかし、増えすぎた人口が「貴様!俺の豊かな中原をどうする気だ!」状態に。

人口5億以下になったときが中国が世界一に躍り出る危機だ。

108 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 20:14:06 0
>>105
大砲はよく知らんが火縄銃は自国で生産してたよ。16世紀末まで銃身が鋳銅という恐ろしいものを使ってたが。
刀も鋳造が一般的だったらしいから日本刀は作ってなかったと思うね。
「苗刀」のようにフォルムとしては残ってるんだけど。

109 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 20:26:45 0
インドでも製鉄は盛んだったらしいね。
「ウーツ」と呼ばれる有名な鋼があって、非常に良質だった。

110 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 20:43:12 0
>>107中共が政権握ってからは母なる黄河は枯渇が進み、国土が恐ろしい勢いで砂漠になってるじゃん

111 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 22:26:41 0
中国は超大国どころか環境破壊のせいで過酷な未来が待ってるよ
まあ、中国だけの話しじゃないけどね、最もヤバイのは中国


112 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 22:15:48 0
>>102
中国はというより中国共産党は内から崩れてくだろ
騙し騙しの膨張発展政策だからな
環境問題・貧富の格差・エネルギー・水不足・・・
時限爆弾に近いよ

日本は爆発に巻き込まれないように対処しないといけないんだが
そのためにはチャイナスクールやらパンダハガーやら中共マンセーマスゴミをなんとかしないと

113 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 22:29:53 0
もう手遅れだよ
日本のダメダメな外交を見てる限り、日本は間違いなく巻き込まれるよ


114 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 23:09:25 0
中国は分裂する。

これはウヨの悲願。

115 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 23:53:13 0
現在の中国の原始資本主義は共産主義に至る前の手段。

日教組の悲願

116 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 01:36:02 0
なんだかんだで、先に科学を発達させて宇宙まで飛び出していったのは白人だ。
自然科学の法則や物理の公式なんかほとんど西洋側じゃないか。
火薬や羅針盤なんて科学じゃないよ。


117 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 02:39:23 0
>>102
ローマ帝国、オスマントルコ、古代エジプトは同じ地域なのでは?

118 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 02:47:55 0
ソビエトとモンゴルも被ってるっちゃー被ってる

119 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 03:04:05 0
116の三行目が意味不明なのはいちおうスルーしとく

120 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 03:05:25 0
>>116でも君は日本人じゃん

121 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 03:27:14 0
中国人の人間の資質をどうやって改良するのかを考えると、絶望的だな。

122 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 04:16:10 0
欧州人にキリスト教を捨てろというも同じ。
だけど欧州が発展したのは欧州人が立派というより、
自然科学とそれの軍事への応用であって、
資質がどうの、肌の色がどうの、って話じゃないんだけどな。

123 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 07:52:08 0
いまの中華人民共和国は清を引き継いだものではない
清を引き継いだのは中華民国


124 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 10:05:34 O
戦後のごたごたで民国倒しただけだからな

125 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 10:15:31 0
まだ中華民国の残ってるし。
将来は台湾に名称変えるかもしれないが。

126 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 19:04:53 0
中世のあたりまでは中国の方がヨーロッパより文明進んでたわけだ
中世ヨーロッパみたいな野蛮な国に遅れをとったのは地理的要因もあるかも
黄河や長江みたいな広大な川があるから水車だけで産業がまかなえたのが運の尽きかも
ヨーロッパは広大な運河がなかったから水車で可能な産業がたかが知れてて
もっと別の回転装置を造ろうってニーズが発生してニューディールとワットが蒸気機関を開発して産業革命
他にも中世ヨーロッパでは廃れてたギリシャ学問を受け継いで更に洗練させていたイスラム教徒の本を十字軍がヨーロッパに持ち帰ったのも大きい
十字軍遠征の時代はイスラムが世界一文明進んでいてイスラム教徒が火炎放射機使ってるのにヨーロッパは剣と弓で戦ってたりする
あと中国って前漢のあたりまでは文明がどんどん進歩したのに儒教が普及してからはめっきりなんだよね
新しい学問を作ってはいけないって孔子さまの教えを忠実に守った結果だけど
孔子さまにとっては後の世にアインシュタインとかニュートンとか自分より凄い奴が現れるのが面白くなかったんだろうな
殷の青銅器はダマスカスの剣と並ぶ現代の技術じゃ作れないロストテクノロジーの産物だったりする
昔の中国は現代日本でも作れないどうやって作ったかわからない産物を作ってたわけだ、今の中国も殷の青銅器は普通に作れない

127 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 07:22:43 0
まあ専制統一国家というのは民百姓が賢くなるのを好まないからね。
そこには進歩がない。
中華思想も裏を返せば中国文化が他のものを許容する普遍性を失った証拠ともとれる。

128 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 10:29:57 0
超大国になるには、中国が豊かで発展していた世界だったというのがハンデか。
何でもあるから貿易の必要性がない、的な思考はもちろん中華的自己過大評価
もあるにせよ、ある程度は事実だ。

逆に中国が寒くて一年の半分は雨と霧に覆われていて、ワインもろくに作れず、
住居は狭くてジメジメした石造りの家ばかりで、食物がマズくてフィッシュ&
チップスしかなかったら、一丁海外に出かけてインドでも植民地にしてしまお
うか、とか考えたんじゃなかろうか。

129 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 22:10:05 0
料理がまずから海外に出ていったというのはおかしい。
単純な話、それならば英国は料理が美味しくなっている
はずだ。

130 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 22:37:40 0
海賊の類が近代文明を持ったのが中国の不幸のはじまり。
西の海賊=イギリスと東の倭寇。

131 :世界@名無史さん:2006/05/29(月) 23:21:34 0
>>126
頭悪そうw


132 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 01:39:53 0
北宋までは文化的にも世界性があったと思われるので金・元にやられていなければ
中国で産業革命が起こった可能性は排除出来ないような気がす
もっとも経済力では18世紀まで超大国のままだけど

133 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 20:55:17 0
個人的な意見だが、元はもっと評価されてもいいと思うよ。
むしろ北宋から南宋になった時点で古来の漢民族文化が
普遍性を失ったと考えた方がしっくりくると思う。

134 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 22:00:46 0
千年後の世界だと何か普通に超大国だったぞ、銀河の時代だけど。
ttp://nw.ume-labo.com/dynamic/novel/a/n1089a/
しかしまあ、それでも変わらんのね、彼等。

135 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 20:13:36 0
元から明にかけて中国の国粋主義というか閉鎖性が高まった気がする。
一時的に永楽帝など元の後継者としての自負で行動する君主もいたが「
 全体的に見てモンゴル世界帝国のグローバリズムへの反動から
一気に閉鎖した安定にむかってしまってる。

136 :世界@名無史さん:2006/06/01(木) 00:52:02 0
そういえば、宋のあたりって、別に柵封(木へんが無い「柵」になぜか変換できない)
されなくても貿易できてたよな、確か。

137 :世界@名無史さん:2006/06/01(木) 16:27:20 0
ネタか否かが判断できないからマジレスする

さつ

138 :世界@名無史さん:2006/06/01(木) 17:04:10 0
冊封、册封

【 册 】
正しくは「さく」。 
一冊(いっさつ)という場合の「さつ」は日本で誤った読み方が定着し、慣用読みとなったもの。

139 :世界@名無史さん:2006/06/02(金) 12:04:39 0
>>135宋が南宋になったときに悔し紛れに考えた国粋主義(君主主義)思想「朱子学」によって大日本帝国も滅んだからな。
この思想は現代支那と南北朝鮮の精神的支柱になってるけどw


140 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 20:05:39 0
>>135
アダム・スミスは『国富論』で、中国の停滞の原因を重農主義的政策・
商業に対する軽視・海禁政策に求めている。

141 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 20:13:20 0
>>140
中国の重農主義的政策は儒教を第一とする士大夫=官僚の基本的思想だから
必然的な物だった。
歴代中国王朝で重商主義を取ったのはモンゴル支配下の元王朝だが
元を北方に追放した明によって従来の重農主義に戻り
同時に民間貿易を制限(建前上では禁止)した海禁政策が取られる。

142 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 21:37:40 0
>>141
資本主義とリベラル・デモクラシーの発達には深い関係があるとよくいわれるが、
資本主義が未発達な国は民主主義も未発達?

143 :世界@名無史さん:2006/06/05(月) 23:02:36 0
明や清は皇帝の独裁的な権力、恐怖政治がひどすぎた。
朱元璋ではなく、張士誠が天下を取っていたら、
或いは朱元璋が大規模な粛清を行わなかったら、
中国が停滞せず、欧州以上の学問や産業の発展が見られたかもしれないと
思うのは素人考えだろうか。

144 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 20:21:24 0
うん、その通り。
素人考え。

145 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 20:22:26 0
この先、何がどうなるのか解らないけど
どっちにせよ中国が死ぬときは、ロクな終わり方しないのだけは確かだな



146 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 22:02:30 0
せめて滅ぶっていったほうがいいんでないの?
でも、このままでは21世紀中にろくでもない破局を迎える
可能性は大だよな。
危ない綱渡りで国を運営してるし過去の負の遺産が結構
便秘のようにたまっているし。

147 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 23:02:56 0
人口が半減するくらい、中国史ではよくある事。

148 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 23:10:50 0
中国は、結局、しぶとく生き残っているわけだが。

149 :世界@名無史さん:2006/06/06(火) 23:35:34 0
>>148
今回は今までとは訳が違う

既に環境破壊で国土の半分は砂漠なんだから
しかも、待ってるのは国土の砂漠化だけじゃない、水も空も土地も汚染されてる


150 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 00:30:36 0
大丈夫、始皇帝と朱元璋と毛沢東を併せたような英雄が瓦解しかかった中華帝国を
再建してくれるさ。
スターリンくらいの豪腕で環境問題も何のそので片付けてくれるに違いありません

人民をこき使って木を植えたり、過労死した人民を肥やしにして土をならして、将
来邪魔になる男人口を奴隷にして輸出するとかすればきっと

……人口しか減りませんね

151 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 02:06:45 0
アメリカが世界一の超大国に発展したのは、過去に誇るべき歴史がなかったからだよ。
歴史を自慢する国民は、それ以上の進歩はなくなり衰退に向かう。


152 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 02:51:56 0
というか負の遺産が積もり積もるんだよなぁ
日本でもある程度似たようなことが言えるけども
しかし古代文明のように砂漠化で蝕まれていってるところがアワレ

153 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 03:23:02 0
砂漠化は世界史板住民にとって文明崩壊へのお約束だからな。
逆に、オリエント、エジプトと異なり、よく今まで砂漠化しなかったか不思議なくらいw

154 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 04:34:15 0
この国も環境的に巻き込まれることに誰も気にしてない。

まずくねえ。

155 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 08:57:19 0
まぁ中華が繁栄してもまずいんだけどな

156 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 10:59:09 0
>>141
日本でも、田沼意次は重商主義的な政策をとったが、彼が挫折していなかった
ならば、幕末に日本はもっと楽に対応できたはずだといわれている。

157 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:35:09 0
支那が「同時代に存在する国家と比べて」先進国だったのは秦・漢・宋・元くらいだったんじゃね?
漢以後、中原の民族が大幅に変わり、大混乱が続き、そこに続いた唐は戦争に弱いし、明は海禁で鎖国、
大幅に国力が低下し、清朝では惰眠を貪りイギリスの餌食になるだけだし、辛亥革命から後も混乱続きだし。

158 :陽之助:2006/06/07(水) 13:51:48 0
>>141 >>135 のいう、元を中国史の転換点、異質性と見るのは、おもしろい。

豊田有恒という作家Fに「モンゴルの残光」というSFがある。
いわゆる「if」もので、元の世界征服が、そのまま続いたら、という想定だ。

昔の作品なので、通商政策や経済産業面はあまり描かれていないが、
元勃興時のイスラム、ヨーロッパとの関係(当然イスラムの方が先進地帯だった)や、
その後の世界史への影響が要領よく描かれていておもしろい。

その後の発展は、極東アジアと西欧が入れ替わったような感じで、
日本がイギリスの役割をして、インド、新大陸を殖民化、
カリフォルニアに植民地を築き、「東部」フロンティアに進出し、日本から独立、
といった話が進んでいく。

元は、岡田英弘氏も書いているように、東洋と西洋をつないだ「世界史」の創出者。
可能性としては、より早い近代史が始まった可能性はあるかも知れない。


159 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:54:55 0
ですよねー

160 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:56:43 O
おちんちちん

161 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:57:42 0
>>18
は?
本気でいってんのか?

162 :ユダ:2006/06/07(水) 13:57:55 0
他板のスレにマジレス!!
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1149654644/

163 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:58:05 0
>>18
おもしろい

164 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:58:34 O
>>160
禿同

165 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:58:52 O
>>18
オマーンを攻撃するという意味ととって良いんだな?
おまえが個人的に攻撃するのか?
スレタイに沿って中国が攻撃するのか?
それともどちらでもないのか詳しく教えてくれ

166 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 13:59:20 0
またvipのクソどもか

167 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 14:00:19 0
他板のスレにマジレス!!
http://ex14.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1149654644/

1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2006/06/07(水) 13:30:44.26 ID:OgXPZYJBO
>>5が指定したスレの
>>15が指定したレスにマジレス!!

27 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2006/06/07(水) 13:53:14.47 ID:OgXPZYJBO
もー!仕切り直し!
>>30
>>35

30 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2006/06/07(水) 13:54:24.04 ID:eUR4fFBY0
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1147605714/

168 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 14:02:56 0
まあ中東に拠点があれば確かにいいかもしれませんね
更に運河も出来ていれば世界の中心になれたかも

169 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 14:02:59 0
おまんこ〜

170 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 18:50:50 0
>>158
「モンゴルの残光」では、
 ヨーロッパ世界がキリスト教の倫理と規律のもとで安易な夢を貪り、
科学の暗黒時代を経験しているうちに
 激動を迎えていたアジア世界がモンゴル帝国が
ギリシャ科学の伝統を受け継ぐイスラム世界、
優れた集団戦闘技術を持つモンゴル世界、
そして古い伝統や思想に支えられ、高度に集約化された農耕技術を持つ
中華世界、
という3つの世界を融和同化させることが可能であり、その実現によって
東方アジアから近代がつむぎだされるとしてたが・・
 漏れは懐疑的だ・
モンゴル、アラビア、中国の結合なんて土台無理だとおもう。

171 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 19:15:58 0
科学と宗教は否定しあうものではなく、相助け合うものだからな。

こんな事を言うと「はぁ?」とか言う日本人は多い。
だが、ノーベル賞を受賞した欧米、そしてユダヤの数多くの科学者が異口同音にこう言っている事を知らない。
「私は、神が実在するという事を科学的に証明する為に科学の道を選んだ」と。

というわけで、宗教観の大きな違いにより、俺もモンゴル、アラビア、中国の結合なんて土台無理だとおもう。


172 :世界@名無史さん:2006/06/07(水) 21:36:54 0
>>171
啓蒙思想のような、「進歩=善」とする考え方もユダヤ=キリスト教文化圏
でなければ生まれなかったのでは?

ユダヤ=キリスト教の直線的な時間意識(ある時、神が「この世」を創った
ときに時間は経過を始め、「この世」の終末に向かってまっすぐに進む)が
なければこういう思想はでてこないように思う。
インド人・中国人・日本人のような多神教徒の時間意識は円環的。

173 :世界@名無史さん:2006/06/08(木) 06:01:51 0
儒教に限らず、中国人のそれは「昔は良かった」だからなぁ。

今時「理想の政治は周公旦」とか言う人はいないんじゃないかな〜、と思ったらそうでもないみたいだしw

174 :世界@名無史さん:2006/06/08(木) 14:15:57 0
中国に限ってはそれは正しいんじゃないかって気がしなくもない。
漢民族の作る国って近代に行くほど弱くなってるというか、
異民族が統治してる方が安定してる印象がある。

175 :世界@名無史さん:2006/06/09(金) 01:11:01 0
そうだよな。中国人民の平和と安全のために、
偉大なる神の国日本が統治してあげるべきだよ。

176 :世界@名無史さん:2006/06/09(金) 01:42:18 0
>>173
本当に理想なんだから、何か問題ある?

177 :世界@名無史さん:2006/06/09(金) 23:00:15 0
唐の頃の中国はアメリカよりもっと凄かった

178 :世界@名無史さん:2006/06/09(金) 23:25:52 O
唐の長安も凄かったらしいがバグダードも凄いぞ
150万人位の人口らしい

179 :世界@名無史さん:2006/06/10(土) 06:13:51 0
>>174
異民族が侵入して統治、また漢民族と異民族が融合するたびに
屈折していってる気がするけどなぁ

180 :世界@名無史さん:2006/06/10(土) 18:09:49 0
唐とサラセン帝国は当時の世界の2大中心だったもんな
逆に考えれば、その残照が悪影響をあたえているとも思える。
 自分たちの価値観と異質な価値観から生じてきた
西欧の近代科学技術文明を前にして時代遅れになった時点で
衰亡の運命は避けられなかったわけで・・

 今後欧米が衰退をしていけば今の中東やひところの中国のような
ぐだぐだの明日無き低迷と混沌に突入するんだろうな。

181 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 11:10:26 0
>>179>>200
モンゴルウルスの時代が転換期じゃないの、やっぱり。
中国やサラセンにも多大な影響を受けているし、中国では
文字どおりモンゴルのコンプレックスから生まれたような
中華思想に未だ囚われている。
また今まで先進文明に従属するだけで満足していた遊牧民だけでなく
またユーラシアの西の僻地ヨーロッパや東の孤立国日本なんかにも
強大な敵と対峙する事で強烈な自我意識を与えたと思う。

182 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 22:53:34 0
バグダードは100万だったはずだが、いつのまにか増えてるよw

183 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 02:10:40 0
唐って一般的に開放的なイメージがあるけど、庶民は結構外国人嫌いだったって
本当ですか?
760年に揚州で反乱が起きたときには外国人商人が大量に虐殺され、
879年に広州でも同じような事件が起きたとか。

184 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 09:12:56 0
黄巣の乱

185 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 15:39:56 0
>>180
近代イギリス史研究者の見市雅俊氏が、イギリス留学時代の体験談として、
エジプト人学生が、現在の西洋文明の優秀さというものは、かつてイスラムの
文明から略奪したものを土台にしており、われわれはそれを奪い返しにきたと
発言したエピソードを紹介している。

186 :日本@名無史たん:2006/08/14(月) 17:19:47 0
 中国があらゆる面で世界最高の国になる機会は始皇帝の新帝国の崩壊による
法治国家制度の消失と儒教の国教化によって消え去った。


187 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 20:39:54 0
歴代皇帝で、儒教以外のものを国教にしようとした者は現れなかったのか?

188 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 20:41:35 0
仏教とか道教とか変人一杯いたじゃん。

189 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 20:51:57 0
>>188
でも結局は儒教に戻っちゃうんだよね。
現代の共産党が支配する中国でも“儒教の復興”なんていわれている。

ttp://www.pekinshuho.com/04-48/48-luntan1.htm
儒教の思想は人類の現代文明を前へ推し進めることができるのか? 

190 :世界@名無史さん:2006/08/14(月) 21:27:16 0
>>1
それより、清朝がなんとかアヘン戦争を避けて、近代化を進めることが
できなかったのかな。
あるいは、辛亥革命後に強力な統一政権が出来るとか。
清朝末期の対応如何では中国の歴史も相当変わっていたとオモ。

191 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 00:30:29 0
>>189
儒教も少数エリートの徳による万民支配を肯定し、共産主義の
国家制度とイデオロギー的に親和性があるからな。
>>190
 難しいと思う。
清朝が近代工業国家に脱皮しうる可能性は相当低い。
列強の利害衝突の最前線みたいになっているからな。
とても自力での国家近代化は難しいと思う。

可能性としては元の後退の時期に明が統一できず諸国並立してしまっていたとか
じゃまいか。
これなら西欧や日本と交流して近代発展に追いつける場所が数カ国くらいは
登場してたかも知れず、当然日本の鎖国も違っていたので
清のような統一した超巨大帝国の出現は18世紀くらいになるであろうが
やがて進歩した国が帝国主義的植民地政策として中国および東アジア統一
統一した頃には近代産業を身に付けた数億の巨大帝国が18・19世紀に
世界史に登場してたと思う。

192 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 00:39:31 0
でも近代化に成功できた清帝国というと
ちょっとまえのソ連邦をイメージしてしまう。
ソビエト連邦=近代化したモンゴル帝国
もっといえば現代版モンゴル帝国のことを別称ソ連圏と呼んでた
というイメージしかわかない。

193 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 00:43:09 0
>>192
清朝やムガル帝国やオスマン帝国も、ロシアのピョートル大帝のような
人物がいれば歴史は変わっていたかもしれないが、アジアの三大帝国の
場合、過去の栄光に対する自負が強すぎたからなあ。

194 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 00:58:13 0
 モンゴル帝国というのはしてみれば凄い復元力があるのか・・
帝国としちゃローマが結構ブランドだけは長続きしてたが
北元&ティムール→清、ムガール、帝政ロシア、→ソ連圏という具合に
類似した版図を継承してるしな。
 いまや現代版モンゴル帝国が登場しつつあるしな。
中国がロシア、東南アジア、インド、イラン、中東から今やアフリカにまで
手を伸ばしてきてる。
先進じゃないかも知れんが
漏れらは明らかに数百年のときを越えモンゴル帝国が蘇る様を目の当たりにしているようだ。

195 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 01:12:39 0
>北元&ティムール→清、ムガール、帝政ロシア、→ソ連圏という具合に
>類似した版図を継承してるしな。

帝政ロシアとソ連以外はあまり類似してないな。

196 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 01:16:23 0
もし現在の共産党政権が倒壊した後、中国がいくつもの国に分裂すれば
近代化の可能性があるかもしれん。
問題は、中国人がそういう発想を受け入れられるか。

197 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 17:59:14 0
中東(旧オスマン帝国の領域)は、欧米列強によっていくつもの国に分けられて
しまったけど、いまだに近代化できてない。
中国が諸国並立していても、欧米諸国なみになれたかどうか疑問。

198 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 22:15:50 0
何で統合しないの?
何で団結しないの?
何で近代化しないの?

199 :世界@名無史さん:2006/08/15(火) 23:38:09 0
アメリカ並の大国になれても先進になれないだろうな。人口が多すぎて。

200 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 00:03:45 0
 というか中国がアメリカ並みの超大国になってる姿を想像すると
逆に怖い。
よく考えると
16〜17億の国民を抱えて世界最大の経済、科学技術、軍事力、文化エトセトラ
を誇る超大国
資源もなにもかも到底持ちません。
どうにかなったとしても
アメリカ・最盛期のソ連・全欧州・日本を足したのとおなじスケールのスーパーパワー
がお隣にあるわけで日本がどうなっていることやら・・


201 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 00:06:30 0
いまのアメリカの軍事力は、
ソ連・全欧州・日本を足したのとおなじスケールのスーパーパワー
じゃないのか?

202 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 05:38:50 0
アメリカ並みのナンバーワンになる中国を想像するのは難しいな。
歴史がどっか違って産業革命が中国で始まったりしたら、
人口ベースの違いで、中国はあっさり世界を征服し、
オンリーワンになってしまうはずだから。


203 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 07:38:36 0
中国がもしそんな強大な力を持ったとしても、資源の枯渇か周辺の反発から
急激な没落が待っていると思う。専制国家が倒れるのは以外と早いよ。
強いて言うならナポレオンのフランス帝国みたいにある限界点で急速に
萎んでいくだろう。ナポレオンの将軍たちも一枚岩ではなく、けっこう
内ゲバがすごかった。これは人民解放軍の構造と似ていると思う。
少なくともローマ帝国みたいに徐々に衰退って事はない。

204 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 11:50:26 0
>>203
ローマ帝国って、古代と近代という時代の違いがあったとはいえ、滅亡するまで
あれだけ時間がかかったというのがすごい。
アケメネス朝、パルティア、サーサーン朝は一度の敗北であっさり滅亡。
大英帝国も、最盛期のヴィクトリア朝から解体まで100年ももたなかった。

205 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 12:04:09 0
確かにカエサルが出てこなかったら内戦で分裂→滅亡
でもおかしくなかったからな。

206 :世界@名無史さん:2006/08/16(水) 20:07:57 0
辛亥革命後、中国に強力な統一政権ができていたらどうだろうか?
そしたら日本も中国侵略ができず、歴史はそうとう変わっていたかもしれん。

207 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 07:45:35 0
果たして辛亥革命から強大な政権ができあがるのか大いに疑問だが、
変法が成功するなりして、清朝が勢力を保持していたら、ロシアの
南進を食い止める牽制になって日露戦争みたいな大規模な戦闘は
なかったかもしれん。
ただ明治の優秀な人材がいなくなりつつある時代だったから何とも言えない。
西園寺公望公が存命だから何とかできた余地はあったかもしれんが。

208 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 08:35:18 0
そして当然の如く世界の汚職の4分の3を独占する大国でもある。

209 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 13:08:08 0
既に米・EUに次ぐ経済力を持ち始めている。
貿易額では米・EU双方にとって中国が最大の貿易相手国になっている。
科学技術分野での進歩も目覚しいものがある。
何せ世界人口の1/4近くが中国人、あらゆる分野の科学論文で中国人研究者
の数は急増して日本など遙かに凌ぎつつある。
また米の研究ももはや中国系研究者を抜きには成立しないところまで来ている。
軍事力においてもあと2〜3年で日本の軍事費を抜き、
金額上では世界第2位の軍事大国になる。
沿海部では購買平価から見た所得水準は東京に匹敵する。

210 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 13:12:25 0
そうして都市はますます富み、一方で農村は疲弊の度を増す。

211 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 14:01:25 0
問題は研究者が中国に帰らないんだよ
インドもそうだけどね
アメリカのほうが自由があるし設備もいいし給料もいいし

中国の弱点は国として一つにまとまりきれないところだ

212 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 14:59:19 0
だからこそ一党独裁でまとめようとしているのですよ

213 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 14:59:33 0
最近は研究者が中国に帰る事も多いみたいだけどね。

P反転の非対称性を発見して、人類の世界観を覆す重大性から発見翌年の
ノーベル物理学賞受賞という異例の快挙を成し遂げたのも中国人。
そういう優秀な中国人研究者が続々とノウハウを学んで本国に戻っている。

214 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 15:30:58 0
いい機会だから、省エネで力を発揮して欲しい。

黄砂とか越前クラゲとか、アサリやウナギからダイオキシンなんて、
たまったもんじゃない。

215 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 16:34:24 0
エネルギーの確保で必至だから、当然省エネの運動もおこるだろう。

216 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 16:54:01 0
省エネはするけど公害防止はコストがかかるので後回し。

217 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 17:18:08 0
省支配はするけど老害防止は自分に災いがかかるので後回し。

218 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 17:19:57 0
なんつーか、まずは個々(の企業)のモラルがなんとかならないとなぁ
急激に資源を食いつぶしてるいってる感がある
中国人はIQっていうか頭の回転自体は多分悪くないと思うからよりそう思う

219 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 17:38:15 0
ま、「正直者が馬鹿を見る」を国是とする国だからなぁ

220 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 18:49:26 0
>>216
省エネは広東が一番進んでいて、他はアウトだって聞いたが。
まじですか?

221 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 19:41:54 0
ttp://www.worldtimes.co.jp/
農民4000万人超が農地を奪われ失業−中国
 
農地を工業用地に無許可で転用する土地の強制収用。中国では、不動産事業を
通じて巨額の財政収入や地域開発をもくろむ地方政府が土地使用権を業者に
転売することが横行している。土地を奪われた「失地農民」たちは命懸けの
抗議を続けるが、土地転用の手段が巧妙化し、政府の対応に不満が高まっている。
(中略)
中国では土地はすべて国有地。実際は、市や県、鎮が所有し、管理運用している。
不動産バブルが続く地方では、地方政府がわずかな補償金を住民に支払い、
老朽化したアパートから立ち退かせ、土地使用権をマンション開発業者などに
高く転売してする汚職が頻発している。
不動産価格が急騰するほど地方政府の財政が潤う仕組みが出来上がり、不動産
の乱開発や投資目的の購入が増え「地価高騰の受益者が地方政府、犠牲者が
農民」というゆがんだ構図になっている。

222 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 19:43:04 0
中国国土資源省の調査結果によると、二〇〇四年九月までの一年間で新規建設
用地全体に占める違法な土地利用は件数で63・8%、面積では52・8%に
上っている。〇六年一月から五月までの五カ月間で違法土地取引は二万五千百五十件、
一九九九年から二〇〇五年まででは百万件を超え、四千万人以上の農民が農地
を失ったり、農地を削減されたりした。そのうち約15%が完全に農地を奪われた
失地農民や完全失業者となっている。また、中国労働社会保障省によると、
〇六年から一〇年までの五年間で失地農民は毎年三百万人ずつ増加、全体で
一千五百万人増となると予想している。

223 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 19:46:41 0
4000万人分の農地を取り上げて、マンション開発の土地にする
よく考えると嘘くさいな

224 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 19:50:32 0
ttp://dailynews.yahoo.co.jp/photograph/pickup/?1155787991
酷暑・干ばつの中国、川が干上がり農地も大きな被害
写真説明
8月16日、中国では、酷暑と長引く干ばつで、1億ヘクタール以上の
農地に被害が出ている(2006年 ロイター/China Daily)
(ロイター)14時6分更新

225 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 19:59:24 0
中国の数字ってフツー考えられんくらい大きな数字を
良い事にも悪い事にも出してくるな。
これが本当ならかなり不安定な社会だと言えるし、本当でないなら
信頼性に足らない社会とも言える。

226 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 20:06:23 0
何せ白髪三千丈がモットーですからね。

それらの失地農民が都市に流入して犯罪に走る可能性も強そうだし
或いは中国史のパターンで言うと農民反乱かな?
どちらにしろ不安定な砂上の楼閣の現代中国。

227 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 20:46:11 0
日本でも「豊作」「不作」は微妙な変化で出てしまう。
作況指数が100を越えただけで「豊作」扱い。
世間一般のイメージだと、「豊作」とは、150とか200とか
なんだろうけど。
「作柄の良否」で「良」「やや良」などは、より適切であろうが、
世間一般に普及しているとも思えん。

228 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 20:55:50 0
何せ八百万の神の国

229 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 20:59:21 0
あるビジネスマンが上海で現地の人に聞いた話によると
沿海部の高層ビル、元は沼地だった所に建てたから
震度5前後の地震であぼーんだそうだ。

230 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 21:29:01 0
明後期ぐらいから開けたんだっけ>上海

231 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 22:51:24 0
そんな話は日本でも良くあったな。埋め立て地だから、大震災がきたら
アボーンだそうだw。

232 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 22:53:50 0
そうゆう藻前も恐らく日本在住なわけだが。

233 :世界@名無史さん:2006/08/17(木) 23:08:31 0
地震でアボーン。復興建設で特需。経済活性化。建築技術向上。

234 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 16:35:40 0
特車二課

235 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 18:20:18 0
関東大震災
震災に強い街づくりを計画
地主の反対
そのまま
関東大震災
震災に強い街づくりを計画
地主の反対
そのまま

236 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 18:50:16 0
日本も大震災がくれば、違法建築と手抜き工事でアボーンだから。

237 :世界@名無史さん:2006/08/18(金) 23:11:28 0
>>229
上海って、鯰が何かに踏み付けらてるから、地震が起こらないっていう
言い伝えがなかった?
どこかの寺の何とか言う仏像だったっけ??

気になって仕方がないので、マジレス求む。

238 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 02:38:53 0
清が異民族王朝でなければ、中国の近代史はかなり変わっていたんじゃないかな。

例えば、アヘン戦争で、イギリス軍を内陸部に引き込んで長期戦に持ち込むとか。


239 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 08:47:06 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/news/20060820k0000m030042000c.html
中国:猛暑で干ばつ 重慶…10万人出稼ぎ兼ねて緊急避難

中国は今夏、50年に1度の干ばつに見舞われている。被害の大きい重慶市
では、綿花摘みの出稼ぎを兼ねて西部の新疆ウイグル自治区へ農民を緊急避難
させる政策が打ち出された。新華社通信などによると、18日には最初の
グループ約1700人が出発した。最終的には農民10万人が同自治区に
送り込まれる。

240 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 11:41:20 0
>>238
無理だろうな。清朝を支える官僚機構は漢人中心だったし、その意味において政治中枢はなんら古代の漢人王朝と変わる
ところはないだろう。妙な中華思想も同様だったし。

241 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 11:54:34 0
>>240 トップも満人だし漢人官僚がいくらがんばっても無理だな。

242 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:12:58 0
>>239
実際には新疆ウイグルの分離運動への対抗策として送り込まれ、
結局、誰も帰れない、に500ペリカ

243 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:17:05 0
>>239
その後さらに越境してカザフスタン、ウズベキスタンに雪崩れ込み、
現地ローカルと軋轢を繰り返し、時には虐殺されながらも
最終的には中央アジアを黄色く染めてしまう、に500ニュー台湾ドル

244 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 14:49:40 0
中国の地理を知っていれば重慶から東部・北部へは標高数千Mの大山脈があって
西部へ避難するしかない事くらい分かるってのに。
ほんとネットウヨは馬鹿だな。

245 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:05:47 0
ttp://japanese.china.org.cn/japanese/jp-shuzi2004/zr/dltz-pd.htm
四川盆地 
四川・重慶地区に位置し、巫山、大巴山などの山脈に囲まれて閉ざされた
地形を形づくっている。面積は20万平方キロ、盆地底部の海抜は300〜800
メートル、北が高く南が低い。盆地の北西部は成都平原で、中央部と
東部は丘陵、低山地帯である。盆地内に紫がかった深紅色の岩石が多い
ことから、「紫色の盆地」と呼ばれている。

246 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:20:46 0
244は誰に言ってるの?


247 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:34:18 0
>>245
四川はいいよ。一度は〜おいで〜♪

248 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:40:55 0
作況指数が「99」でも不作。

249 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 14:09:38 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20060821k0000e030021000c.html
中国:路上生活の未成年者15万人
【上海・大谷麻由美】

新華社通信によると、中国民政省は19日、同国内で路上生活をする未成年者が
15万人に上ることを明らかにした。そのうち85%は文字を知らないか、
小学校以下の教育程度だという。新疆ウイグル自治区ウルムチ市で同日開かれた
教育問題に関する会議で発表された。
しかし、農村から都市に出てきた流動人口を含めた場合、路上生活をする未成年者
は30万人に達するとも言われる。
中国政府は03年に「都市で生活する路上生活者の救助管理方法」を公布し、
対策を講じてきた。しかし、路上生活をする未成年者は増え続けている。

250 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 15:45:14 0
中国では砂漠化の進行で、莫高窟などの遺跡にも被害が出ているらすぃ。
砂嵐が洞窟内の彫像や壁画に吹きつけ、サンドペーパーのように表面を
削っていく。
砂塵に付着した最近や化学物質が壁画の顔料を変質させるほか、砂塵が
壁画の裂け目から入り込んで亀裂を広げる。また、砂塵が降り積もると、
その圧力で壁画が剥落することもある。

251 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 18:20:59 0
>>250
万里の長城はまた凄いぞ。

風雨に晒されているうえに、地元住民が建築用資材として
長城の一部を壊して持ち帰っているらしい。

252 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 22:01:29 0
ttp://www.asahi.com/international/update/0821/013.html
中国都市部、男子4人に1人が肥満 20年前の125倍
 
中国の都市部に住む男の子のうち4人に1人が肥満で、20年前の100倍
以上に急増していることが分かった。学校の宿題やオンラインゲームなどの
影響で家にいる時間が長くなり、運動量が不足していることが原因との指摘が
出ており、中国教育省は全国の小中学校で体育の授業を増やす方針を明らかにした。

253 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 01:53:55 0
まるで、先進国みたいだな。

254 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 12:08:08 0
ttp://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0821&f=column_0821_001.shtml
過去20年で小学校が半減、教育機会の格差が生む弊害

持続的な経済発展を実現するため、日米欧に対抗しうる技術力の獲得を重要
目標に掲げる中国。しかしその一方、厳しい財政状況を緩和するため、義務
教育に対する予算が削減され、農村部の小学校の数は20年前の半分以下に
まで減っている。基礎教育の崩壊は、次代の発展を担う人材の育成を根底から
脅かしかねない。
また、中国企業のほとんどは企業内教育を実践しておらず、日本企業のような
現場からのボトムアップによる生産性向上が望めないことも大きな問題だ。
今までは、海外企業から得た技術を応用するだけでも発展が可能だったが、
独自の技術力を持たない発展の先には、「超えられない壁」が待ち受けている。

255 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 12:10:52 0
まず懸念されるのが、地方における義務教育機会の減少です。意外に
知られていない事実ですが、中国の小学校の数は、1985年を100
とした推移で見ると、04年は50以下になりました。つまり、わずか
20年足らずで半分以下に減ってしまったのです。過疎地の小学校を
統廃合したのが主な原因ですが、その結果、農村地域の小学校は激減
してしまいました。
(中略)
ただでさえ所得の低い農村部の人々が、より大きな学校教育負担を
強いられれば、生活がますます困窮し、それで結局は今でも頻発して
いる暴動が更に増える可能性もあります。それだけでなく、基礎教育が
おろそかになることで、都市部と農村部、言い換えれば沿海部と内陸部
の経済格差がますます広がる恐れがあります。人的資源の農村部から
都市部への移動が加速し、所得の低い内陸部には二度と戻って来なく
なりますから、農村部が慢性的な人材不足となり、発展からますます
取り残される構図です。

256 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 12:33:53 0
イギリスの産業革命でも農村→都市の急激な移動というのがあったけど、
中国の場合はなぜ問題になるの?

257 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 12:41:04 0
>>256
有能な人材が農村から出て行くからじゃないの?

258 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 14:38:31 0
それもあるけど都市の民度が急激に悪化し、治安が低下してる。
ちょっと前まで北京のそういう地区に住んでたのでちょっと書く。

まず衛生面が悪化している。
生ゴミは道端に投げ捨てて知らんぷりだし収集もしない。
農村の出稼ぎ労働者は都会人より大きな音を立てて痰を吐き、放屁する。
歩きタバコは罰金だからおおっぴらではないが吸殻は多い。
急速に増えたスラムには下水もないので尿は洗面器に出して道路に撒く。

出稼ぎ人は信用もないから職が見つけられず、入浴もしないので
顔と服が真っ黒だ。男の稼ぎ頭は工事現場の日雇い労働、若い女は売春婦。
ほかに違法VCD・DVDの路上販売、身分証や運転免許証の偽造など。
詐欺、強盗殺人、強姦などあらゆる犯罪がおこっているが報道されるのは
ごくわずか。工事現場は政府の計画で意図的に作られているが、
空きビルが増えて問題となっている。

引用と照らし合わせると、単純労働力ははいてすてるほどあるが、
技術者不足、人材不足は慢性化どころか悪化する一方ってこと。

259 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 16:41:30 0
>>258
現在の北京の状況は産業革命初期のロンドンに似ているけど、
ひとつだけ分からない事がある。
普通、農村→都市への民衆の流動があれば「工事現場は政府の計画で
意図的に作られているが、 空きビルが増えて問題となっている」事は
ないんだけど、なんでだろう?

260 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 17:01:56 0
ttp://www.melma.com/backnumber_256_2333921/
いままで「自給自足+お小遣いていどの現金収入」で暮らしてきた、
都市に出ても飯場暮らしていどのことしかできなかった、
都市民としての仕事の技をもたぬ農民たちが、
高層ビルマンションの家賃を払えるような収入の得られる企業労働者に、
今後5年間のうちにウン千万人単位で変身をとげるなんてこと、
できるわけがないと思いますが。

7,500万人に新たな都市生活を始めさせるには、少なくとも
2,000万人分ていどの雇用創出が必要だ。
建設工事の労務者としての雇用なら、さらにビルを建て続ければよい。
しかし、今回の課題は重いのだ。
高層マンションの家賃が払えるような給料を出すことのできる
雇用を 2,000万人分創出しなければならない。しかも、5年間で。

261 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 17:03:09 0
中国製品の輸出攻勢をさらにかけますか?もう、限界に近づいてますが。
マネーゲームをしますか?これもすでにやりつくしている。
新規に工場を建てますか?水不足、原油・鋼材高騰の世の中に。
かくして、「7,500万人の農民の都市部への移住」
は、文字通り絵に描いた餅となり、中国諸都市の新開発地区のかなりの
部分は、「高層ビルの林立するゴーストタウン」と化するのです。

262 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 17:05:34 0
>>258
>生ゴミは道端に投げ捨てて知らんぷりだし収集もしない。

シンガポールでゴミのポイ捨てに罰金が導入されたのもこれが原因
なんだよな。


263 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 17:38:22 0
中国の農村部の人口が未だに中国の主流を占めるというのに、その義務教育が疎かになっているというのは・・・・・・・・
日本が高度成長期をキャッチアップ出来たのは、質の高い義務教育があったからこそだ。
いくら労働集約的な産業だったら馬鹿でもOKとは言え、最低限の読み書き(そろばん)が出来なければ使い物にならない
場合が多い。

逆にそれらの使えない無知蒙昧な農民籍の出身者は益々資本主義社会において取り残されてしまうのがオチだ。

今中国では使える人間(外国語が出来、高い教養を持つ人々)の求人は極めて旺盛だが、大学を卒業する新人であっても
求人は無いというケースが多発し始めている。
盲流と呼ばれる低辺層などは論外だ。

それに輪を掛けて問題なのが、党幹部の腐敗が深刻だということだな。

そりゃ、あれだけ暴動が発生したりするのも無理からぬ事といえるな

264 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 18:45:42 O
>>239
10万人の入植者追加かよ…
ウイグル人には本当にご愁傷様と言う他ない。

265 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 19:06:44 O
北方民族(モンゴル、満洲)と支那人は潰し合って共倒れした感があるな
で、漁夫の利を得たのは日本。

266 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 19:39:32 0
二つの国民、その間には何の往来も共感もない。彼らはあたかも寒帯と熱帯に
住むかのごとく、また全然別の遊星人であるかのごとく、おたがいの習慣・
思想・感情を理解しない。そのぞれに違った躾で育てられ、まったく違った
食物を食べている。おたがいに別個のしきたりがあって別々の定めの中に
生きている。この富める者と貧しき者。

by ベンジャミン・ディズレーリ

267 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 21:48:28 0
ttp://ime.nu/www.people.ne.jp/2006/08/24/jp20060824_62482.html
中国共産党中央文明委員会が定めた「中国公民の旅行時におけるマナー向上計画」のなかで、
「海外で良好な国民イメージを樹立する問題」が提起され、大きな反響を呼んだ。
人民網がウェブ上で「中国人が旅行時にする非文明的な行動」を募集した結果、
何十種類にものぼる典型的な悪習が寄せられ、
これらの悪習が「中国人の全体的なイメージをひどく壊した」と憤慨する書き込みもあった。

海外旅行に出かける中国人が増加していることはもとより、
中国の「走出去(海外進出)」戦略の実施によって、海外の労働市場が日に日に拡大し、
各種技術者から農民にいたるまで皆、「海外進出」の機会に恵まれたことを考えれば、
より良い国民イメージを作ることは差し迫ったテーマである。改革開放前と比べれば、
海外はすでに夢物語ではない。今や世界中で人の集まるところに行けば必ず中国人がいるという。
これは中国の対外開放の結果であり、社会の進歩の表れだ。しかし残念なことに、
中国人のいるところには、往々にして見るものが恥ずかしくなるような行為が横行する。

268 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 21:49:37 0
道徳は一朝一夕では身につかない。礼儀を知らない人が、外国に出たとたん
謙虚な君子のように振舞うことができるだろうか?文化的資質を高め、
より良い国民イメージを作り上げ、より多くの一般大衆が「イメージ大使」
となるには、 国内における教育がカギとなる。
これから道徳、礼儀の教育は社会の各方面において重視すべきものに
なるだろう。
両親が老人に優しくできないなら、その子供が海外でお年寄りを尊重
できるだろうか?
国内のバスに席を譲り合う雰囲気がなくて、海外で礼儀よく席を譲る
ことができるだろうか?
国内で誠実に商売ができない商人が、海外で信頼のある契約が結べる
だろうか?
国内できちんとした身なりをしていない労働者が、海外できちんとした
服装をすることができるだろうか?

269 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 21:50:37 0
喜ぶべきことに、関係機関はすでに責任を認め、事態改善に向け動き出している。
ある旅行会社では旅行客への教育を強化し、中国のイメージを損なわない
よう注意を呼びかけるとともに、外国の風俗習慣を紹介しているという。
また、杭州の建築現場では、数百箇所の「農民工(農村出身の出稼ぎ労働者)
学校」が設立され、 技術だけでなく、礼儀、道徳、法律も教えているという。
中国は礼儀の国である。中華民族の歴史が始まったばかりの頃、
礼儀はすでに人の活動とともに生まれた。
戦国時代の思想家・管子は「礼儀廉恥(礼・義・廉・恥の四つの道徳)」を
「国之四維(国家を維持するのに必要な四つの大綱)」として掲げている。
儒教学者によって編纂された礼儀学についての専門書「周礼」「儀礼」「礼記」は、
漢の時代以降の二千年以上の歴史の中で「礼経」としてつねに重視され、
人々の言葉遣いや振る舞いはいつでも礼儀正しかった。
そして今、公民の文化的資質を向上するというこの課題は、
我々中国人を中華の伝統に立ち戻らせるものなのだ。

270 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 03:47:08 0
ttp://www.janjan.jp/world/0608/0608189730/1.php
動き出す親日派子孫財産没収法

この法律には重大な欠陥がある。第一に遡及法である点である。60年以上前の
出来事について法律を制定し、遡って処罰を与えるのは法治国家の原則から
逸脱している。第二に処罰を与えられるのが当事者ではないことである。
既に当事者はほとんどが鬼籍に入っており、その資産は子孫へと受け継がれて
いる。子孫は、先祖が親日派であったという理由で財産を没収されるのである。
このような問題点を内包しているのにも拘わらず、法律専門家である弁護士
出身のノムヒョン大統領をはじめ現政権は強力にこの法律を推進している。
しかし、韓国国民の大多数はこの法律に賛成している。週間社会指標調査
「風向計」(http://research.joins.com)の世論調査によると78%が財産
調査に賛成し、反対しているのは15%にすぎない。

↑こういうニュースを読むにつけ、儒教圏で法治主義や民主主義を定着させる
のはなかなか難しいのではないかと思えてくる。

271 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 10:00:34 0
揚子江の上流は干魃、下流は洪水。
せっかく世界一のダムを造ったのに機能しませんな。


272 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 11:13:55 0
ttp://www.rengo-soken.or.jp/dio/no178/kikou.htm
国内の格差を糧に成長する中国

内陸部の農村は生産力が低くて多くの労働力を抱えられないにも関わらず、
労働市場の分断があるためにそこに余剰労働力が滞留している。そうした
人たちに沿海部の労働市場を開放すれば、彼らは低廉な賃金でも内陸農村
よりはましだと考えて喜んで出稼ぎする。こうして香港から車でわずか30分
ぐらいの距離にある、電力、通信、交通などの基盤施設も完備した地域で、
内陸並みの月額60米ドルぐらいの賃金で労働者が雇えるという奇妙な現象が
起きる。月60ドルで働く労働者というのは何も中国の専売特許ではないのだが、
高度なインフラと月60ドルの労働者とが同居する地域となると中国以外には
ないだろう。

273 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 12:48:33 0
>>1
宋元以前になってしまっているんじゃないのか?
隋唐世界帝国に比べたらアメリカなどゴミ

274 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 13:29:59 O
半世紀も持たずに滅んだ隋だの
異民族に蹂躙されまくった唐だの
アメと比べたらゴミでさえないw

275 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 13:54:07 0
アメリカなんぞ所詮は欧州の出来そこないよ

276 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 13:57:36 0
「アメリカは欧州と同じで、ただあらゆるものを巨大にしただけである」
とか書いたのはトインビーだったか。

277 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 23:34:04 0
>>272
全人代では、経済成長率を5%に抑えて、
環境問題と地方との格差の是正を行なう
ことを掲げている。

278 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 00:29:12 O
>>275
その欧州の出来損ないの足元にも届かない支那って何なの?

279 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 01:00:43 0
>>278
しかし中国ってのは国内に南北問題そのまま抱え込んでいるなあ。
先進国ですら、国内または世界の富の不均衡を調停できないのに、中国が
できるか、チト疑問。

280 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 01:26:21 0
日本の経済格差はさらに大きくなっている。
総務省の発表では、
派遣・パート数は2006年で1663万人
平均収入は300万以下

281 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 01:49:01 0
中国はアメリカの5倍以上の超超大国になる。
対する日本は小小日本になる。


282 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 02:08:33 0
そこまではならない。
中国政府はGDPを2030年で2倍を目指している。2050年でも
4倍ぐらいだろう。
日本は2050年で労働者人口が2/3のため国力はせいぜい2/3で
とまる。
アメリカは横ばい。

283 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 04:40:19 0
沿岸部の経済的発展の恩恵を受けている地域の子供のお小遣い
の方が
内陸部の経済発展から取り残された農村地域の農民の年収
より多いんだよね。
こんな状態を続けられるのかな。中共には頑張ってもらわないと。


284 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 07:11:41 0
そこまで格差がひどいと人民の移動の自由がさらに制限されかねんな。

285 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 10:31:27 0
>>284 中国は国内の汚職問題を解決しない限り、発展厳しいと思うな。

286 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 10:58:50 0
>>285
中国の場合、社会構造を変えない限り汚職問題の解決は難しいように思える。
発展途上国はたいていそうだけど、官職につくと親戚一同がたかってくる。

287 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 11:15:11 0
>>283-284
格差といえば、インドでも、電気のない産業化以前の社会に暮らす人々と、
21世紀のアメリカ人と変わらない生活を送る人々が同一国内に存在する。


288 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 11:41:05 0
インドでは民衆の移動の制限とか聞かないけど、中国では聞くな。
この両者の違いは何だろう?

インドでは意思疎通できる言語が地域ごとに別れているからだろうか?

289 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 11:46:29 0
インドは一応民主主義。中国は違う。

つか、昔からあそこは農民が貧しい地域から
豊かな地域へ流れる現象の対処に苦慮しており、
住民の移動制限はもうデフォみたいなものだ。

「戸籍」制度の発祥も、
人口の把握プラス土地への固定という目的があったはず。

290 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 11:56:08 0
>>289
>農民が貧しい地域から豊かな地域へ流れる現象

パール・バックの『大地』でも、主人公の王龍は、飢饉に襲われた故郷の
村から、大都市へ出て行く。王龍は人力車を引き、家族は物乞いをして
くいつなぐ。
ある日、大富豪の屋敷が民衆に襲撃されたとき、一緒に屋敷に入り込んで
金や宝石を手に入れて、故郷に帰って土地を買って大地主になる。

291 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 12:06:25 0
>>288
カルカッタは独立前後の混乱で大量の難民が流入して、現在のような
雑踏と汚物にまみれ、乞食や遊行僧やストリート・チルドレンの群がる
雑然とした都市になった。

292 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 12:31:11 0
日本ももし制限してたらいま言われてる地方の過疎化もひどくなかったんだろうか。

293 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 12:42:32 0
>>292
地方の過疎化より、物流が制限される事により蒙る経済的打撃のほうが大きいだろ。
そんなに大きくない日本をさらに細分化させたら、ほんとに弱小自治体の寄り合い所帯になるぞ。

294 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 12:43:21 0
>>292
江戸時代に「人返しの法」を発して百姓の出稼ぎを禁じて、江戸に流入した
貧民の帰郷を強制したりしているが、それでも都市の膨張は止まらなかった
らすぃ。

295 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 12:51:28 0
インドはカースト制が大きく作用していると思う。
職業がカーストにつながっているから、転職も容易ではないし
そもそも、転職しようとも思わないんじゃないかな
最近話題のインドIT産業も新たにIT関連のカーストが出来ただけで
そのまま、階級的に固定されるでしょう。
差別の温床のカーストが、身分や職業の自由をある程度制限して
国全体としては、安定させる力の一つになっているかと。

翻って中国は、少し前でも、皇帝以外は天下万民、平等だという考えであったし
共産主義は人民の平等・自由が建前だから、各自がとにかく豊かになろうと
必死で活動しているわけで、各個人のバイタリティが国全体でみると
制御が困難なほどになっているのが現状ではないかと思います。


296 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 13:07:19 0
>>292-293
水野忠邦は天保の改革で、物価騰貴をを抑えるために株仲間の解散を
命じたが、かえって江戸への商品輸送量をとぼしくして、逆効果になった。
(そもそも物価騰貴の実際の原因は、生産地から上方市場への商品の
流通量が減少したために起こったものだった)

株仲間が解散したせいで、生産地から上方市場に届く前に、下関や瀬戸内海の
他の場所で商品が売買されてしまうことがあったが、これは商品流通の
基本ルートが破壊され、機能しなくなったため。
そのため10年後には株仲間を再興しなければならなくなった。

だいたい復古的な政策というのはこういう結果に終わることが
多いんだよな。

297 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 15:49:12 0
>>287
21世紀のアメリカ人と変わらない生活>

なあ、それって凄いことなのか?

298 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 16:29:19 0
いや実はアメリカにも貧しすぎてテレビすら見た事のない奴がいるんだ。
(アーミッシュじゃないぞ)

知人がカリフォルニアに留学した時、
南部人がテレビを彼に見せて「ホラ、どうだ」と言ってきたそうな。
どうやら日本人はテレビなんぞ見た事のない土人だと思っていたようだ。
「箱の中に人がー!」という反応をしないのでややガッカリ。
「テレビは日本のどこにでもあるよ」と話すと、さっぱり信じなかったとか。
それよりも問題は、どうやら話をしていると薄々分かった事には
その南部人がまずテレビというものを都会に出て初めて目にしたらしい…と。

もちろんハッキリ聞き出したわけじゃないが、
(ユナイテッドステイツの一部である俺の故郷にもないのに)
何で日本のどこにでもテレビがあるんだよ!という苛立ちを感じたそうだ。

299 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 16:42:40 0
>>297
アメリカの中産階級という意味だと思われ。

郊外の住宅に核家族で住み、ショッピング・モールで買い物をし、
女性もビジネス界で仕事をし、自動車・DVDプレイヤー・冷蔵庫・
電子レンジなどの家電製品を揃え、息子を名門進学校に通わせ、
食生活も多様化し、健康志向・清潔志向が強い。

インドのニュー・リッチはそんな生活をしている。

300 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 20:37:47 0
ttp://sri.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2006&d=0807&f=column_0807_001.shtml&mb=searchina
――労働力の流出入からみえてくるものは。

農村の生活条件などをみると、大きく二極化してきています。つまり、農村近郊の
都市部で働き口をみつけることができた人や大都市へ出稼ぎに行ける人たち、
それらのいわば兼業農家と、そうではない専業農家とでは生活レベルが全く
違うんですね。兼業農家の家庭には大きなテレビがあったり、家を建て替えたりと
比較的豊かな暮らしぶりがうかがえます。一方、専業農家の場合、裸電球を
吊り下げただけのような、本当に悲惨な生活を送っているような家庭も存在
するというのが現状です。
これは農村における所得格差が急速に拡大していることを意味しています。
都市と農村の格差、都市内の格差に加えて、農村における格差の拡大も目立って
きています。農村における都市化、あるいは近代化が理想的な形で進んでいない、
いびつな形態になってしまっているためでしょう。

301 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 20:45:25 0
――農村部は大きな矛盾を抱える結果になっていると。

中国全体や都市部の成長に目隠しされてあまり目立ちませんが、農村部
を中心とした社会矛盾は非常に大きなものがあります。農村に滞留する
余剰労働力を吸収するために今中国では各地で都市化が進められています。
ただ、そのためには土地を確保しなければなりません。中国では用地買収
で難航することはありませんが、農民は非常に安い値段で土地を買い上げられ、
立ち退きを余儀なくされています。
そこに大きな不満が残ることになります。それが例えば本当の意味での
都市化につながり、土地を手放した農民が都市部で雇用され、所得稼得
機会が増えて生活水準が向上していけばいいのでしょうが、現実にはそうは
なっていないことが多いですね。土地にからむ地方政府とデベロッパーの
間での汚職は後を絶ちません。肥えるのはそうした一部の人のみで、
農民は恩恵を受けることができません。

302 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 20:45:51 0
中共のままで先進国になれる道理がナイ!!!

巨大なる後進国として世界中に迷惑をかけ散らして回るのが関の山サッ!







303 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 21:18:24 0
最近のインドでも東アジア諸国と同じように“受験戦争”が存在する。
塾や予備校が乱立し、日本の「公文」もインドに進出した。
名門進学校に子供を通わせるために親が転職や引越しをするケースが頻繁にある。
このような過酷な受験戦争が子供たちのノイローゼやストレスを増大させ、
受験を苦にして自殺する子供も増加している。

304 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 21:59:51 0
ここらへんがアジア的、というか産業革命期のイギリスでは
見られなかったところだな。
基本的に子供の教育に感心なかった。また教育を受けても活かせる
メリットもなかった。
これが今後どう変わるか?
全体の教育レベルを底上げするのか、それとも頭でっかちなエリート層
を生み出すだけなのか?

305 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 22:42:28 0
微妙なところでしょうね・・・教育の成果が出てくるまでには
タイムラグがあるし・・
日本とかでも中産階級が育って、彼らが子供の教育に熱をいれ
歪も出たものの知的水準は一応上がった(ただ加熱しすぎだが)。
そして結果として言える事は
頭でっかちな子供が教養ある大人になるとは限らない。
 ただある程度知的エリート、教養ある中産階級、と
その他の何も考えん大衆という格差も生じるものの
 一定の知的関心のある国民が相当数になったことで
前近代的な開発独裁とか世襲独裁を是正する効果はあるとおもう。


306 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 23:08:10 0
>>304-305
現在、インドで一番人気のある大学は、全国に七校あるIIT(国家的な
プロジェクトとして、アメリカのMITをモデルに造られた大学で、
インドのIT産業を下支えしている)。

ただ、インドは若者人口が多い国なので、大学を出ても就職先が
見つからないことも多い。彼らはなまじ学歴があるため、就職先や
職種にこだわり、教育水準が低い下層民よりも職業選択の幅が狭く、
失業率が高くなる。企業側にとっても、技術者を除けば、中途半端な
学歴で経験や特殊技能のない学生は、魅力的な存在ではない。
失業中の若者の中には、うつ病やアルコール依存症にかかる者が多く
出てきており、中には自殺する者もいて、社会不安が漂い始めている。

307 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 23:14:11 0
インドで子供たちに将来の夢を聞くと、きまって「プログラマーになりたい」
という答えが返ってくるそうだ。
高度成長期の日本の場合、「パイロットになりたい」「スチュワーデスに
なりたい」「看護婦さんになりたい」と将来の夢も多様だったが、
インドでは将来の夢が「プログラマー」に画一化されている。

中国の状況はどうなんだろうか?

308 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 23:14:18 0
>>304
受験戦争はないが、就学率は非常に上がった。

309 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 23:37:36 0
イギリスでは1980年に5歳から10歳の全児童の就学が義務づけられて、義務教育の
法制がほぼ確立。就学率も急上昇して90年代には都市部では9割を超えた。
さらに識字率も伸び、1900年には男女とも95%を超えた。
ちなみに大衆向けの日刊紙『デイリー・メール』が発行されたのは1896年。

日本では1872年にフランスの学校制度にならった統一的な学制が公布され、
小学校教育の普及に力が入れられた。その結果義務教育の就学率は高まったが、
地方の実情を無視した画一的な強制に批判が高まり、1879年に新しく教育令が
公布された。
最終的には1886年に学校令が公布され、尋常小学校3〜4年間が義務教育とされた。
まあ、日本の場合寺子屋のおかげで江戸時代から識字率は高かったけどね。

中国・インドの場合、社会の底辺に属する人々への教育はまだまだ…

310 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 00:29:36 0
>>304
教育の話だけどさ、中国やシンガポールといった国々が古典(漢籍)を学校で
ほとんど教えなくなったのは大きな損失のように思えてならない。
日本でさえ「漢文」の科目で中国の古典について少しは習うのに。

ヨーロッパでもエリートはラテン語や古典古代の歴史を習うしね。

311 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 00:49:37 0
多分、後々の世代に大きな損失となって帰ってくるような気がする。
将来自国の古典や書籍を読むのに他国に留学の必要がでてくるとか・・
まあそれならいいがもっと恐ろしい事態も予想できる。

 祖先から受け継いできた中華文明の一番誇りとする
文字や漢詩、古典(漢籍)を経済的効率の美名のもとに急速に失い
 経済的効率と共産党の正当性を証明する為だけの歪んだ愛国イデオロギー
が人々の情熱を自国のよきものを探求するより他国を妬み攻撃する方向に費やされ
 
 巷間に言われるような中国崩壊も共産党政権の転覆も
中国が巨大であることが安全保障になるというメリットがあるうちは皆無だろうが
歪な成長のツケで自国民に水や資源をすら保証できなくなる段階では
逆に全ての歪と矛盾が一気に火山のように噴出し、中国を崩壊ではない
“無秩序”の混沌に落とし込むと思うのだが・・
その混沌の中で中国を再建するに必須の柱となると思われる
「中国らしさ」「漢民族アイデンティティ」を今の時点で急速に
掘り崩し、次世代に伝える義務を怠ったツケが・・そこに回ってきたら
数千年続いた分裂崩壊再統一という中華のサイクルがいよいよ
混沌という泥沼でジエンドとなる可能性が・・
 
 清朝崩壊後日本軍も介入せず国民党や共産党も登場しないまま
続いたらこうなってたんじゃないかというような前近代的なグダグダ
の泥沼の人の海と沿岸に時折怪しいオアシスのように浮かぶ
魔都があって・・全体を統括する国という概念も民族という括りも
なく、文明の退化した野蛮な東洋の暗黒大陸と化した中国

まあ悲観しすぎか・・そこまではなるまいか・・

312 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 00:54:30 0
【次は】漢服を語れ【漢流だ】
ttp://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1152790938/

185 :三禮 :2006/08/06(日) 01:34:20 0
>>184
漢服ファンにとっては「テレビに出演する」こと自体が布教の
絶好の機会ですから、周りの反応なんてどうだっていいんです。
なお、中国の小・中・高の国語教科書を入手する機会が
あったので読んでみたところ、小学生の時に現代文に加え
唐詩や故事成語も学習しているのに、
中・高では赤っぽい文章ばかり読ませて漢文学習が皆無で
あることが判明。
これじゃあ古代中国の人たちがどんな格好をしていたか
なんて忘れますよ。

186 :世界@名無史さん :2006/08/06(日) 08:26:49 0
>>185
日本の中学生だって、春眠暁を覚えず・・・ぐらいは読むのにね。
普通古典の授業は、幼い小学生よりも、読解力の進んだ中・高生向き
だと思うのだけど、、

313 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 01:10:13 0
ttp://www.p.u-tokyo.ac.jp/coe/workingpaper/Vol.9.pdf#search=%22%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%AE%E6%95%99%E8%82%B2%E6%94%B9%E9%9D%A9%22
シンガポールの教育改革:現行制度の誕生と英語・道徳・エリート教育について

このレポートを読むと、シンガポールではかなり早い時期に成績優秀な
生徒とそうでない生徒が振り分けられてしまうようだな。
さらに、IQや遺伝子論にも影響されているらしい。

「大器晩成」というのは中国の古典からきているんだが、こういう諺は
忘れられてしまっているということか。
それと現在のアジア諸国は、欧米諸国以上に、奇妙な科学万能の風潮に
染まっているようにみえる。

314 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 03:38:23 0
中国の中学高校教育の教科書で古代漢語のやつ見たけどなあ。
小学校だけでも日本の中・高の倍以上は分量あったし、
中高も考えさせる教材って感じだ。
そりゃ台湾と比べたらずっと少ないが、
文革時代から見たら考えられないくらい多い。
なによりそんなんじゃないと日本の何倍も新聞に出てくる
厖大な四字熟語が理解不能になる。
まあそれでも教育の大衆化が進んで、昔より新聞も雑誌も映画も
全般的に80年代(たぶん文革の反動か、けっこう読みにくい文章が
多かった)より易しい言葉を使うようにはなったが。


315 :314:2006/08/27(日) 06:29:32 0
一方ではこんな動きもある。
http://big5.xinhuanet.com/gate/big5/news.xinhuanet.com/overseas/2006-08/09/content_4940058.htm
ただこれは、たしかに中国も詰め込み→ゆとり教育の流れがあって、それを不満に感じる
親たちのニーズに合わせて出版社がピンイン付四書五経を売ったり、
愛国的教育運動家がこんなイベントをやったりしてるって感じだと思います。

316 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 10:12:40 0
>>314-315
古典を排斥したのは、文化大革命の時期だけの特殊な現象ということですか。
最近儒教の復興とか叫ばれてるぐらいだから、古典教育も復活するかな。

317 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 13:46:37 0
>>315のリンク先でも子供たちが「漢服」を着てる。
「漢学」という言葉もこういう文脈でよく使われるようになった。


318 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 15:54:57 0
>>316
ただし復活しても一回断絶してるせいでかなり別の物になってる印象


319 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 22:10:56 0
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2006082701003565.html
中国、新破産法を来年施行 国有企業破たんも市場原理
【北京27日共同】

中国の全国人民代表大会(全人代=国会)常務委員会は27日、1986年に
制定された現行の破産法に代わる新しい企業破産法案を可決した。2007年
6月1日から施行、現行破産法は廃止する。
現行の破産法は国有企業破たんによる雇用不安を抑えることを優先、債権者の
利益を重視していないとの批判が出ており、中国政府も改正作業を急いでいた。
企業破産法では、これまで行われていた破たん国有企業への特別扱いをやめ、
基本的に市場原理に従って処理する方向になるが、破たん企業従業員の未払い
給与などを優先的に支払うなどの条項を盛り込んだ。

320 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 18:37:46 0
>>316
古典復活も行き過ぎると反共に向かいかねないから、そのうち
潰そうとするんじゃないの?今は大丈夫みたいだけど。

321 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 21:27:30 0
最近、欧米人がアジアの勃興について書いた本が出回るようになったが、
恐ろしく薄っぺらな内容のものが多い。
例えばジョン・ネズビッツ『メガトレンド・アジア』(早川書房、1996)では

・華人ネットワークはインターネットによく似ており、新しいパラダイムであり、
世界経済の新しい公式である。
・日本のビジネスマンはどこへ行こうが、つねに日本人で、閉鎖的な日本人社会に
閉じこもりがちで、英語を喋る機会も少ない。それに対して東南アジアに住む
中国人は、現地で使われている言葉をいくつも操り、英語も上手に話す。
・ペルーのアルベルト・フジモリ大統領は日系人だが、国民から中国人と思われて
おり、「チノ(中国人)」の愛称で呼ばれている。
・日本では明治維新以後、学校のカリキュラムから東洋医学、中国文学、日本の
古典、仏教までが姿を消した。
・文化が主として模倣的で非常に島国的な日本と違い、特にインドと中国は自国の
文明にプライドを持っているので、日本人のように西洋の美術品を買い漁ったりは
しないだろう。
・中国が新しい世界の超大国になるのは、仮定の問題ではなく、時間の問題である。

などと書かれている。

322 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 21:48:42 0
>>321
最近といっても10年前だからけっこう古いと思うよ。
たぶんクリントン政権の時の政府の態度にあやかった本なのだろう。
まあ売れる本というのは一寸先の事書けばいいからね。10年はもう
一寸先ではなくなってきている。

現在TIMEもようやく中国国内で起こっている軋轢不調和にスポットを
当てているが、これもブッシュ政権の態度に呼応してメディアが
スポットライトを当てた結果だろうと思う。

一番いいのは今でも読み続けられている本を読んでそこから自分で
考える事なんだろうけど。



323 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 22:09:48 0
>>321
>文化が主として模倣的で非常に島国的な日本と違い、特にインドと中国は自国の
文明にプライドを持っているので、
 ↑
大嘘。中国は誇り高き中華文明とやらを誇りきれないでいる。


後それから、中国人がよく「日本が中国文化を模倣した」とか「漢字を(好き好んで)導入した」
だのと自慢するのを聞くと、かなり微妙だ。
日本の朝廷で古墳時代以降漢文が公用語になり、当初は中国語の発音で読まれた事は、地政学上、
外交上の理由が大きいと思っている。単なる異国趣味で、日本語の五割以上が漢語とそこから
派生した言葉になるわけがない。
飛鳥〜奈良時代に服装から何から中国風に変貌を遂げてしまったのは、白村江海戦での敗北後、
唐の報復を恐れ、それを防ぐ(恭順の意を示す)目的が大きかったのではなかろうか。
要するに、政治の都合により必要に迫られて中国風になってしまった面もあると思うのだが・・・

324 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 22:10:45 0
20世紀中期の微妙なところで、毛沢東が政権を取り損ない、
大陸中国全土を国民党政権が掌握して、史実の台湾でやったような開発独裁をやる……
という程度の微調整でも、21世紀初頭の時点ではGDP総額で中国が世界1のはず。

325 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 22:31:20 0
中国共産党はその国民党式の開発独裁から民主主義へと移行したいのかね?
台湾に比べて、図体デカ杉だけど。

326 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 22:35:55 0
>>322
この本は古いけど、最近はロバート・ロイド・ジョージ『東西の振り子』
(コンシャスプレス)というタイトルの本が出ている。中国はもはや西洋や
日本のノウハウを流用することなく、電子回路やコンピュータ、医学や
バイオテクノロジーに至るまで、世界の頂点を目指しだしたそうでw

>>323
その他にも、日本の社会は長い年月をかけて外国のものをすべて日本化
したが、その理由は日本人は英語などの外国語能力に限界があり、また
日本が閉ざされた厳しい封建社会だったからだというトンデモ説を披露しているw



327 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 22:38:52 0
>>326
>トンデモ説

ぷっ…w

328 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 23:09:44 0
>>325
多党制に将来的には移行すべき、という議論は党内でもあるみたい。

329 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 23:12:18 0
>>326
まあ、数多いそれは可能性のひとつという事でw
一寸先見て書く事は祖父の演説方法に似ているw

どうも、この人は英語が外交を始め世界で使われるようになったのは
第一次世界大戦後のアメリカの影響が大きい事を理解していないようだ。

イギリスに数年いて気付いたのは日本で英語が根付かないのは
社会制度上民衆が英語を必要としていないからだ。
ネトウヨみたいな物言いは好きではないけど、これは日本が他の自己完結
した孤立しても生きていける社会という証拠ではなあいかと思う。
孤立といっても必ずしも悪い事じゃあない。イギリスなんか「名誉ある孤立」
なんてウソぶいていたし。

330 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 23:22:28 0
>>323
青木保が「日本文化論」の変容を、第1期「否定的特殊性の認識」
(1945〜54)、第2期「歴史的相対性の認識」(1955〜63)、
第3期「肯定的特殊性の認識」(1964〜83)、第4期は「特殊から
普遍へ」(1984〜)の四つの時期に分けているが、今のアジア諸国は
第3期の「肯定的特殊性の認識」の時代にさしかかっているのかもな。
経済発展で自信をつけて、“アジア的価値観の優秀性”とか言い出した
ところなどが共通する。

あるいは、第一次世界大戦後に「一等国」意識を持ったころの日本かも
しれない。こういう時期というのは、思春期のティーンエイジャーみたいに
自己主張したくなる。その反面、不安感も抱えているんだが。

331 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 23:23:51 0
>>328
看板は中国共産党の一党独裁でも内部は○○派××派に分かれてて
事実上の多党制という形は……無理かな。

実は日本の自民党の長期政権維持の秘密をこっそり研究してたりってことはないかねぇ>中国共産党

332 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 23:45:25 0
>>329
大部分のアジア・アフリカ諸国では英語やフランス語ができないと
日常生活を営むことが出来ない。
日本の場合、明治時代に西周や福沢諭吉などの知識人が翻訳語を
つくってくれたおかげで母国語で高等教育が受けられる。

>>328>>331
経済発展と民主化は不可分の関係にあるということ?外見はどうあれ、
何らかの形で民意を汲み上げるようなシステムができれば、案外中国
共産党も長持ちするかもな。

333 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 06:18:44 0
>>331
ベトナムは日本の自民党政治を学ぶために視察に来ていたりしたけどね、
1〜2年前かな?

中国は、派閥争いというよりも体当たり勝負に近い壮絶さが感じられるw

334 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 09:09:01 0
752 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/08/28(月) 19:20:13 ID:ei68RyFy
ttp://today.reuters.com/news/articleinvesting.aspx?view=CN&symbol=&storyID=2006-08-27T141253Z_01_L27811676_RTRIDST_0_ENERGY-CHAD-NATIONALISM.XML&pageNumber=0&WTModLoc=InvArt-C1-ArticlePage3&sz=13
ロイター:チャドがペトロナスとシェブロンに国外退去命令
無遠慮な資源ナショナリズムは逆効果かも。あるいは中国の影が?

チャドの大統領Idriss Debyは土曜日に、同国の石油コンソーシアムの
メンバーであるシェブロンとペトロナスに国外退去命令を出した。税金
の支払い義務を果たしていないとの理由という。
突然の発表は外交官や石油会社を戸惑わせている。ペトロナスはコンソー
シアムの40%シェブロンは25%の権益を保有しエクソンが残りの40%を保有
している。ペトロナスとシェブロンは法人税の支払い義務に応じていないと
されるが、シェブロンは税金はきちんと支払っているという。
チャドのDeby大統領は3期目の5年間の任期が始まったばかりであるが、
東部の反乱派と戦っており、5月の選挙では野党が投票ボイコットをしている。
大統領はチャドの石油会社との契約を「愚か者の契約」と批判した過去があり、
資源の取り分を増加させる狙いがあるのでは、との観測もある。
しかし、今の時期のような石油価格高騰の時期はともかく、長期的に見た場合
の石油会社との紛争は投資の手控えなどを生み逆効果になりかねないとの
批判がある。
チャドは国連のまとめた汚職・腐敗インデックスで最低ランクに属し、石油収入
の支配層一族による私物化や軍事費への乱用などが言われている。
世界銀行はチャド政府とコンソーシアムに会計の透明性の向上を求めている。
8月初めにチャドは突然台湾との国交を断絶し、中国と国交を結んだ。
アナリストにはシェブロンなどとの争いは、チャドが中国との石油契約を考えて
起こした行動ではと推測する向きがある。

335 :世界@名無史さん:2006/08/29(火) 21:38:32 0
759 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2006/08/29(火) 19:40:15 ID:VvYTMDmz
ttp://online.wsj.com/article/SB115680919898047872.html?mod=opinion_main_europe_asia
REVIEW & OUTLOOK August 29, 2006
Broke, Now Fixed?

WSJ:中国の会社破産法制定、問題点は修正されたのか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

中国が日曜日に通過させた会社破産法の評価を行なうもの。この法律で
中国の企業の破産処理が、スムースに合理的に行なわれると考えるわけ
にはゆかず、そうした中国国内の企業破産の処理は、何年も、あるいは
10年も早いだろうという。

WSJがこの法律の制定にもかかわらず、中国の企業破産の処理が
合理的で西欧的な手続きに程遠いとする理由は、国営企業が特別扱い
される別枠になっている為。さらに中国では外資企業の破産は別の法律、
金融機関の企業の破産は別の法律、外資の投資を受けた企業の破産は
べつの法律という調子で、一貫性のない恣意的な処理が目立つとする。

根本的に、中国では未だに国営企業が地方都市などの多くの雇用を
まかなっている現状があリ、その破産は多数の失業者を生むので
実際問題として、雇用や失業の問題の解決策無しには国営企業を
破産させられない。さもなければ社会不安や暴動が起こると書いている。
その意味で、こうした破産処理の法律が制定されても、現実にその処理が
アメリカのようにスムースに行なわれると期待するのは誤りであるという。

しかし、企業破産の法的処理を明確にしようという「概念」は評価できる、という。

336 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 00:02:05 0
「あいつはいろいろ事情があるから、実際にはそれをやれないだろうけど、
 しかし、やろうとしてる気持ちだけは評価してやりたいと思う」ということか。

337 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 02:31:33 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/china/news/20060829ddm007030043000c.html
上海群像:第3部・この街に根付く/1 満員の老人ホーム 

しかし、経営4年目に入ると、定員はいつも満員になった。顧さんは
「中華民族は特に家庭を重視するが、この2、3年で人々の考え方が
大きく変わった」と感じている。
中国の総人口13億人に占める65歳以上の割合は、05年末で7・69%。
だが上海は79年に7・2%と、いち早く高齢化社会に突入し、05年末
には14・97%に達した。日本の21%よりは低いが、高齢化が急速に
進んでいる。
拍車をかけたのは、80年代から本格的に始まった一人っ子政策だ。
今では、祖父母4人と両親2人を子供1人が養う「421家庭」が
典型的なパターンだ。
市場経済化を突き進む中国では、職場での競争が年々厳しくなっている。
親の介護に費やす時間、精神的ゆとり、住宅環境の余裕はなくなりつつある。
「若い人が、こんなに大勢の老人の面倒を見るのは無理」。顧さんは、
国が生活を保障してくれた昔との違いを指摘した。

338 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 00:14:55 0
中国の高齢社会を取り上げると必ず「一人っ子政策」が取り上げられる。
しかし、実際には一人っ子でないことが多いことは誰でも知っている。
また、日本より平均寿命が短いため、日本より高齢者の比率が上回る
ことはない。

339 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 00:31:26 0
中国の平均貯蓄率は、かなり高い事で知られているが、日本の
平均貯蓄率は、数年内にアメリカを下回ると予想されているほど
低い。かってはあれほど高かったのにいったいどこに消えてしまった
のだろうか。

340 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 00:51:35 0
中国は老いた親は子が世話をするのが当たり前だから高齢化に関してはそれほど問題ではないじゃないか?
最近まだそうなのかはしらんけど。

341 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 03:42:22 0
もしかしたら少子化を機に儒教の思想が崩壊したりして

342 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 04:24:30 0
先進国?

【法律】 14〜16歳の男子は、幼女と性行為してもOK(条件つき)…中国最高裁が新解釈
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1156568889/

343 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 07:36:08 0
その法律があると先進国じゃなくなるのか?
アホ?

344 :Ryuju ◆RlujhF6VrA :2006/08/31(木) 09:50:49 0
>>337
介護は誰がやってるんだろうね。


345 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 10:56:00 0
ょぅι゛ょ!ょぅι゛ょ!

346 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 12:05:39 0
>>343
正気か?

347 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 12:26:43 0
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/asia/china/news/20060830ddm007030139000c.html
上海群像:第3部・この街に根付く/2 発展で翻弄、風水に依存
 
99年に全線開通した自動車専用の高架道路は、上海の古い呼び名である
「申」の字を描くように市内を縦横に走る。この文字の中心地点に「9匹
の竜」が装飾された1本の支柱が立つ。その支柱は高架道路の建設中に、
どうやっても地面に打ち込むことができなかった。ところが、柱に竜を
施した途端、地中へ潜り込んでいった。「9匹の竜」は風水師の提言だと、
上海市民はうわさする。
中国はマルクス主義の立場から、迷信を非科学的で遅れた文化と否定
してきた。中国5000年の歴史を持つとも言われる風水は、明確に
否定されていないが「迷信の一種」として長らく中国社会の表舞台から
姿を消していた。しかし、風水は脈々と伝わり、不動産業界では今、
風水ブームが再燃している。

348 :世界@名無史さん:2006/08/31(木) 12:27:51 0
中国ではかつて、住宅は国営企業から分配される福利厚生の一部だった。
それが不動産として価格がつき、経済の発展と共に高騰した。人々は
新たな価値観に翻弄されていった。
金もうけに成功した人、破産した人、夫や妻に逃げられた人。「家を
めぐって、人々はさまざまな問題を抱えるようになった。風水という
中国の伝統文化を使って原因を見つけ出そうとするのは、中国人に
とって自然な流れだった」と李さんは解説する。

349 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 13:11:54 0
ttp://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060901AT2M3100431082006.html
「中国が天然資源を鯨飲」UNCTAD報告
 
国連貿易開発会議(UNCTAD)は8月31日発表した2006年の貿易開発報告で、
原油や金属など一次産品価格高騰の背景には高成長の糧として天然資源を消費
する中国の存在があるとの分析を示した。中国の主な一次産品消費量は05年
までの3年間で軒並み3―6割増加し、世界全体の綿花消費の4割、銅や天然ゴム
の2割を占めたと指摘している。

350 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 09:50:04 0
ttp://www.pekinshuho.com/jp2005/2005-wj/2006-35/2006.35-shehui-1.htm
海外逃亡の汚職官僚の逮捕を強化

ここ数年来、官僚が職権を乱用して私腹を肥やし、発覚後に大金を持って海外
に逃げる事件がたびたび起きているが、こうした問題をいかに解決して当事者
を処罰するかが社会の焦点となっている。
(中略)
公安部経済犯罪捜査局の高峰副局長によると、海外に逃亡中の経済犯罪の容疑者
は現在800人、そのうち320人がここ数年の間に相次いで逮捕されている。事件に
かかわる金額は約700億元に達した。
暫定統計によると、2003〜2005年、国家会計検査署(出先機関も含む)が公安
機関に送検した事件は計212件、関係金額は421億5100万元と5645万ドル、容疑者
は502人と、事件の件数は増加の傾向にある。とくに金融や経済貿易分野で多発
しており、金額は会計検査署が摘発した事件の総額の86%以上を占める。

351 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 11:15:30 0
ttp://www.worldtimes.co.jp/
中国経済がハードランディングする可能性排除できず=米FRB議長

米連邦準備理事会(FRB)のバーナンキ議長は、中国経済が危機に
陥る確率は低いものの、ハードランディングする可能性は排除できない、
との認識を示した。
米上院銀行住宅都市委員会のシェルビー委員長にあてた8月30日付の
書簡で明らかになった。
バーナンキ議長は、この書簡で「中国経済が予見可能な将来、危機に
陥る確率は非常に低いと信じている。銀行セクターは、高水準でさらに
増え続けているとみられる問題融資を抱えているが、中国政府には多大
なリソースがあり、銀行システムを破たんさせることはなさそうだ」と指摘。
ただその一方で「中国当局が現在の高い投資の伸びを弱めようとしている
状況下でもあり、成長が急減速する形の『ハードランディング』が起こる
可能性を完全に割り引いてはいない」とした。
議長は、中国の高い投資の伸びは、一部産業に能力過剰をもたらしており、
銀行の不良債権をさらに増やす可能性が大きい、と指摘するものの
「広範囲にわたる過熱を示す材料は比較的少なく、インフレは、まだ
非常に低水準だ」と評価した。
すでに中国政府が投資支出のペースを抑え、輸出主導型の成長に依存する
度合いを減らそうとする姿勢を示していることを挙げた。
「中国はこれまでにいくつかの消費促進策を打ち出している。しかし、
中国経済の不均衡是正に最も有効と多くのアナリストが指摘する人民元
相場の大幅上昇は認めていない」としている。

352 :世界@名無史さん:2006/09/04(月) 11:18:50 0
中国が今後100年以上超大国になる可能性は限りなく高いと思う。
たとえ暴動がおきようと経済が一時的に混乱しようとね。
短期視点で見て大きな誤りを犯さないよう注意したいもんだ。

353 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 00:50:18 0
2050年ぐらいで横ばいになるから。せいぜい半世紀。

354 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 22:12:33 0
ttp://www.asahi.com/international/update/0905/012.html
中国人の4割「普通話」話せず 英字紙報道

5日付の中国の英字紙チャイナ・デーリーは、中国人の4割以上が「普通話」
と呼ばれる標準語を話せないと報じた。方言が多様なうえ、地方の貧しい農村
に教育が行き渡らない実態が背景にはある。同じ中国人でありながら国民の
半数近くが対話に不自由するという現実に、経済発展への悪影響を懸念する声もある。
教育省当局者が同紙に明らかにした。04年の段階で、中国の約13億人の
うち普通話ができる割合は53%にとどまった。当局者は「政府の取り組みで
状況は改善されているが、いまも40%以上は標準的な普通話ができない」と
語った。

355 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 22:13:11 0
同紙によると、中国では有力な方言だけで約80もある。「普通話」は
北京などの北方語を基礎にしている。中国政府は「共通の言葉が徹底
されないと、経済成長の障害にもなる」と、9月第3週を普通話の推進
週間にしている。
一方、海外では中国の経済力や影響力の拡大につれて「普通話」の学習
熱は高まり、約3千万人が勉強していると教育省は推計している。

356 :世界@名無史さん:2006/09/05(火) 23:06:04 0
4割「普通話」が話せないで、いまの経済成長だから、
義務教育の普及が生じれば、「普通話」が増えて、
いままで以上の発展が望めるわけだ。

357 :世界@名無史さん:2006/09/06(水) 10:16:56 0
まあ、長期的に見ればそうなんだけど、教育の普及は時間がかかるからね。
膨張する経済にはまずついていけんだろう。たぶん恩恵を受ける以前に
何らかの弊害は出るだろう。

358 :世界@名無史さん:2006/09/06(水) 16:59:02 0
教育の量は拡充してるけど質は低下する一方だな。
無内容な愛国一辺倒+ゆとり教育みたいな矛盾する事やってるし。
脳のカラッポなヲタ憤青がこれからも量産されるよ。


359 :世界@名無史さん:2006/09/07(木) 15:10:47 0
ttp://www.worldtimes.co.jp/
中国 60歳定年制が新たな腐敗生む

最高指導者が終身雇用制ではなく、十年の任期が設けられたということは一つの
進歩だが、マイナスの要素も出てきた。地方の役人は六十歳定年制ということで、
定年まで余計なことはせずに金を稼ぐだけ稼ぎたいと思うようになり、党最高
指導者は十年が任期なので、自分の時代に卓越した巨大プロジェクトを
成し遂げるようなことはしなくなった。十年間を終えたら引退するからだ。
こういう事なかれ主義的な官僚体質が地方から中央政府中枢まで蔓延している。
(中略)
六十歳定年を前にした五十八歳、五十九歳前後の老幹部が中国国内でいろいろな
汚職で摘発されるケースが続出している。彼ら地方役人だけが汚職に走っている
のではなく、江沢民前総書記も胡錦濤総書記も同じような傾向を持つ可能性が
大いにある。六十歳で定年になると何の権力も権限もなくなるので、定年退職
する前に自分の息のかかった人物たちをいろいろなポストに配置することに
躍起になっているわけで、重要な国家プロジェクトを真剣に考えるような暇も
余裕もない。

360 :世界@名無史さん:2006/09/07(木) 19:14:19 0
ttp://www.janjan.jp/world/0609/0609060746/1.php
干ばつの原因は巨大ダムとする論の否定に躍起の中国政府

しかし今夏の長引く干ばつに対し、巨大ダムによって自然の均衡が破られ、
降雨量が減少したのではないかとの憶測が起きている。ダム建設反対派は長年
にわたり、ダムは無数の生態影響をもたらし、地域全域に及ぶ気候変動を
引き起こすと警告していた。
さらに、運河を掘って比較的水資源の豊富な南部の河川から水不足に苦しむ
北京を含む北部および北東部に水を送る大規模な国家戦略である「南北水調」
事業を巡って、水供給に関する新たな懸念も巻き起きている。

361 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 20:13:40 0
中国の歴代王朝にとって治水はつねに重要な問題だったけど、もし長江の水が
干上がった場合、大地にはどんな影響がでるんだろうか。

362 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:11:23 0
>>1
唐以降、支那大陸の文明は停滞衰退してるので、どうやったらアメリカ並みになれるか分かりません

話は変わりますが、今我々は古代文明の終焉を見ている貴重な時代に居るのではないでしょうか?
朱子学だかなんだか知らんが、教条主義の言葉遊びに終始し道徳を失った様は、
文明の終焉という物がどういう物かと教示していて興味深いです

363 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:18:17 0
>362
唐まで停滞してなかったという根拠は?

364 :世界@名無史さん:2006/09/27(水) 23:19:02 0
上のほうにあったけど
「普通の中国語」を話せるのがほんの一部の中国人と外人ばっかになっちゃったりしてねww

365 :世界@名無史さん:2006/09/28(木) 13:58:18 0
【中国】《知財》なんとインドに敗北、中国の国際競争力
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060928-00000002-nna-int
 スイスに本部を置く世界経済フォーラムがこのほど発表した「2006年版世界競争力報告」で、中国の順位が昨年の48位から54位に後退していたことが分かった。
同じアジアで経済面でのライバルとみなされるインドの43位より11もランクを落とした。

366 :世界@名無史さん:2006/10/08(日) 21:50:16 0
中国のここのところの躍進は国内の人的リソースを凄まじい勢いで食いつぶし
周辺諸国の不信を買いまくって築いてるものだから
歴史的に見れば繁栄は短いだろうし、後遺症は重いのではないかと

367 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 23:59:24 0
中国の歴史に関する娯楽・文学は三戦板のご利用を

http://hobby8.2ch.net/warhis/


368 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 04:41:18 0
中国がアメリカを抜くのも時間の問題だろ。現実を見れば別に大げさなことではない。
アメリカの4倍以上の人口を抱えるからな中国は。
技術面はまだ中国は低い分野があるかもしれんが、それもまた何年かしたらアメリカ
に追い着くと思う。


369 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 06:13:04 0
俺は中国が米国と肩を並べるのは不可能だと考えるな。
米国と肩を並べられるのは後にも先にもソ連だけだよ。
劣化版ソ連でしかない中国が米国と肩を並べるなんて不可能。
ナチスや日本帝国の方が米国に肩を並べられる力があった。
ナチスと日本帝国以下の中国には無理。

370 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 06:32:27 0
現状からいけばどう考えても中国がアメリカを抜くのも時間の問題だとおもうがな


371 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 06:40:35 0
一体、中国が米国の何を抜くんだよ。

国力を推し量るには経済、軍事、国土、人口などの比較があるが、
中国には国土、人口、資源はあるが、
経済、軍事、技術、科学力が無い。

米国は上に上げた全てを持っている。
中国には経済、軍事、技術、科学力がない。

372 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 06:41:43 0
それと中国には有力なポチ国家がないんだよ。
米国には日英と言う有力なポチ国家が居る。
中国のポチなんて戦力にもならない韓国,北朝鮮だけだろ。

373 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 06:47:02 0
>中国のポチなんて戦力にもならない韓国,北朝鮮だけだろ

東アジアの近隣諸国すべてが中国の属国

374 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 07:01:57 0
>>373

中国が日本を同盟国なり衛生国に代えたのならば、
中国に有力な家臣をつける事ができるだろう。
しかしながら残念。日本は米国の家臣団の一国なのだ。

375 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 07:06:16 0
中国の宇宙開発なんて失笑もの。
ソ連の方が何十倍と偉大だった。

376 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 07:11:49 0
と言うか中国って大国なの?
人口は世界一かも知れんが軍事力と経済力なんてないし、
強くも無い。
清と中華民国なんて列強に叩かれ続けていたし。

377 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 07:14:07 0
>軍事力と経済力なんてないし、強くも無い

あんたバカですか?



378 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 07:41:24 0
負:アヘン戦争
負:アロー戦争
負:清仏戦争
負:日清戦争
負:日華事変
△:国共内戦(どちらが勝っても中国の勝ち)
△:朝鮮戦争
負:中越戦争

結論:弱い。それに米軍と中国軍なんて天と地ほどの開きがあるし。

379 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 07:53:58 0
中国軍の戦闘機
http://www.avions-militaires.net/images/photos/j10.jpg

米軍の戦闘機
http://ivizlab.sfu.ca/arya/Fighters/F15.jpg
http://home.pon.net/hunnicutt/images/F22.jpg

米軍のステルス爆撃機
http://www.edwards.af.mil/archive/2003/images/b2.jpg
http://www.ae.utexas.edu/~aiaa/oldsite/webgraphics/f117(2).gif

中国の宇宙開発
http://www.youtube.com/watch?v=P815JVWS_8w

米国の宇宙開発
http://www.youtube.com/watch?v=y2Pq_L3jcc4

380 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 08:03:20 0
中国の宇宙船
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e3/Shenzhou5-3.JPG/300px-Shenzhou5-3.JPG

米国のスペースシャトル
http://www.youtube.com/watch?v=B0TPpFEV8_g&mode=related&search=

381 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 08:11:50 0
ロシアのロケット
http://www.youtube.com/watch?v=4fiwsfTcIXk

因みに日本
http://www.youtube.com/watch?v=gfcBd4l2_p8&mode=related&search=

382 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 08:19:48 0
>>377

>経済力

List of countries by GDP (nominal)
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_countries_by_GDP_%28nominal%29

1 United States
12,485,725

4 People's Republic of China
2,224,811



383 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 10:57:36 0
>>371
ちなみに資源と国土は環境破壊により激減中
つまり残されたのは無駄に増殖された人口だけ


384 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 23:13:28 0
経済:米国が上
軍事:米国が上
資源:米国が上
地政学的優位:米国が上

正直、中国が勝っているのは今現在の経済成長の速度だけ
軍事的にも米国を凌ぐほど右肩上がりで経済成長が続くと思うのはちょっとファンタジー過ぎる
国内需要を満たせるだけのエネルギーを国内で産出できるのも米国
そしてどうあがいても絶対に叶わない要素が…
二つの大洋に挟まれ、対立的な外国と国境を接しないという地政学的強み

中国は米国と比べて国内問題が多すぎる

385 :世界@名無史さん:2006/10/11(水) 23:20:24 0
そりゃ中国は弱くは無いよ、まだまだ伸びる国だろう。
しかし米国と比べると…なぁ

人口の多さを強みに数えてる奴がいるけど
いまアメリカ人って3億人いるんだよな。
で、中国人は12億人だっけ。

ちょっと考えて欲しい。
イラクで米国人1人と中国人4人がそれぞれテロリストに捕まったとする。そのとき、
米国人1人を助けるために動く世界中の人・モノ・カネの数と、
中国人4人を助けるために動く世界中の人・モノ・カネの数。
どっちが多いだろうか?

おまけに中国人は30年近く続く一人っ子政策で必死に人を減らしている。
来るべき超高齢化社会に耐えられるのか?という状況だ。
アメリカ人の「質(価値)」を考えるとまだまだ中国の「量」は匹敵していない、
それどころか差が広がる可能性すらありうるのだ。

386 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 04:13:36 0
イギリスの通貨専門家であるアビナッシュ・パーサウド教授(Avinash
Persaud)は「今後20年で、中国の経済規模はアメリカを抜き、ドルに代わっ
て人民元が国際的な備蓄通貨(基軸通貨)になるだろう」と予測している。
http://business.timesonline.co.uk/article/0,,16849-1303426,00.html
http://www.thisislondon.co.uk/news/business/articles/timid83280

 歴史的に見ると中国は、1600年代までは欧州より一人当たりの経済生産
が大きく、その後はしだいに衰退しつつも、1820年時点でも世界経済の
30%を占めていた。その後、欧米が産業革命によって急発展するのと反比例
して中国は縮小混乱し、中国共産党が政権をとった直後の1950年には世界
経済に占める割合は5%以下になっていた。中国が弱い国だったのは、人類の
長い歴史の中で、わずかにこの200年間のことにすぎない。
http://www.economist.com/printedition/displayStory.cfm?Story_ID=3219418

 多くの日本人にとって、世界を認識するための「歴史」は黒船来航以降の
150年間だけで、この間ずっと中国は弱い国だった。しかも日本人は60年
前にアメリカに惨敗したため、アメリカが無限の強さを持っていると考える傾
向が強い。近隣国の住人として「中国には巨大になってほしくない」という潜
在的な願望もある。だから読者の中にも「中国がアメリカを抜くはずがない」
と思う人が多いかもしれない。ところが欧米の知識界では、中国が今後再び勃
興しそうだということが、半ば常識的な予測となっている。



387 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 04:24:45 0
まあ今すぐ中国がアメリカを抜くとは言わない。ただ今後50年後は抜くと
いうのが世界の常識だ。まず人口は中国がアメリカより遥かに多い。
問題点は技術だ。だがその技術とやらも年数が経てばアメリカに追い着くと思う。
かつての日本がそうだったように。だが日本は所詮アメリカを抜く素質がなかった。
どうしても経済と人口は結びつくからな。日本とは違い多くの労働資源に
恵まれている中国が発展したらどれほどのものか?日本とは国の規模からして
違う中国は発展すれば相当な国力を有することになるだろう。

388 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 04:57:52 O
夜更けの妄想ターイム!

389 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 05:13:35 0
ほんと日本人の先見性の無さには呆れ返るな
だからインド進出も外国より10年20年遅れたんだよ
今のことしか考えてないやつ多すぎ
こんなやつらが多いからアメリカと戦争する気になれたんだろうな

390 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 20:02:50 0
>>387
問題点は技術じゃなくて資源

391 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 20:33:43 0
中国は経済的にも強くなるが、かなりの無理を強いられるだろう。
12億もの人間が先進国並みの生活を行おうとすると、資源やエネルギー
が足りない。統計的な経済成長も日々暮らしている生活が成り立った上での
こそ。自国内が消費者市場になるには資源やエネルギーが不足、消費者市場
になるのを拒否する道を選ぶ事は経済が発展すると生活レベルも向上すると
いう事実を前には不可能。
民衆の生活が向上する前に何らかの問題が浮上してくるものと思う。

392 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 20:46:40 0
>>384
地政学的に中国は日本(太平洋)を欲しいだろうね。日本を手に入れたとしても
米国には敵わないけど。あの米国のローケーションは史上最強。

393 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 20:52:36 0
現代全体主義国家が存続した例はない。
ナチス,ファシストイタリア,日本帝国,ソ連…全て滅亡した。

近代専制国家も全て滅亡した。
帝政ロシア,帝政ドイツ,墺洪帝国,オスマン家,清朝

専制and全体主義国家中国がどうやって米国を抜くのだろうか。
何十年か後には米国を抜くと言うが、
抜く前に中国は滅亡するのではないか。

専制and全体主義国家が存続した例はないし、
また米国は地勢的な優位性を持っているから、
どう考えても中国は辛いと思うけど。

394 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 20:57:00 0
アメリカに喧嘩を売るような国は絶対に滅亡するからな。

WWT同盟国、枢軸国、ソ連…。中国も滅亡だな。悲しいが。
中華ファンには悪いけどアメリカに喧嘩を売ったら最後、滅亡するよ。

どうもがいて滅亡するのか見物だけどww

395 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 21:00:42 0
アメリカの強さは
政治,外交,諜報,経済,軍事,技術,科学力,医療,現代文化,工学,国土,人口,資源,地勢的優位だけではない。

アメリカ国民の愛国心の高さも強さの理由だ。
どうあれ、国外に移民するような連中の多い国など、持った例はなかろう。

396 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 21:28:27 0
イギリスの通貨専門家であるアビナッシュ・パーサウド教授(Avinash
Persaud)は「今後20年で、中国の経済規模はアメリカを抜き、ドルに代わっ
て人民元が国際的な備蓄通貨(基軸通貨)になるだろう」と予測している。
http://business.timesonline.co.uk/article/0,,16849-1303426,00.html
http://www.thisislondon.co.uk/news/business/articles/timid83280

 歴史的に見ると中国は、1600年代までは欧州より一人当たりの経済生産
が大きく、その後はしだいに衰退しつつも、1820年時点でも世界経済の
30%を占めていた。その後、欧米が産業革命によって急発展するのと反比例
して中国は縮小混乱し、中国共産党が政権をとった直後の1950年には世界
経済に占める割合は5%以下になっていた。中国が弱い国だったのは、人類の
長い歴史の中で、わずかにこの200年間のことにすぎない。
http://www.economist.com/printedition/displayStory.cfm?Story_ID=3219418

 多くの日本人にとって、世界を認識するための「歴史」は黒船来航以降の
150年間だけで、この間ずっと中国は弱い国だった。しかも日本人は60年
前にアメリカに惨敗したため、アメリカが無限の強さを持っていると考える傾
向が強い。近隣国の住人として「中国には巨大になってほしくない」という潜
在的な願望もある。だから読者の中にも「中国がアメリカを抜くはずがない」
と思う人が多いかもしれない。ところが欧米の知識界では、中国が今後再び勃
興しそうだということが、半ば常識的な予測となっている。




397 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 21:37:04 0
>>389
激しく同意。例え資源が足らないとかで中国全土が発展しなくてもその半分でもよい。
それでも6億5千万人だ。アメリカの人口の倍以上だ。
それが発展してみろ、普通に考えたらアメリカの倍以上の経済力を有する国になるだろ。
何度も言うように今すぐ中国が米国を抜くとは言わない。でも、もうすぐだ。あと1世紀もかからないよ。
それと中国の資源が足らないという問題だがあと何十年で地球の原油は枯渇するとか言われているけど、
しょっちゅう新しい油田が見つかっているし、採掘技術もこれから進歩すると言われている。
よって資源も大丈夫だと思う。



398 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 21:43:51 0
1820年までずっと長い間世界一の超大国であった中国がナンバー1に返り咲きだろ。
たかだか誕生して300年足らずのアメリカとは格が違うわな。中国は超大国にはなってほしく
ないがこれからのことを考えると時間の問題というのが現実のところ。アメリカの中国に
対する外交姿勢はまさに先輩(中国)と後輩(米国)という空気がもう漂っている。



399 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:16:05 0
人口が多いからな。

400 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:26:54 0
懸念の食糧自給はソイ(ry

401 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:35:45 0
>>400
食糧の話しもでると思った。しかし年々中国の農村人口が減ってきているのにここ5年で
食糧生産量が5倍になった。それはなぜか?
農作物の収穫を手作業から現代の最新鋭の機械を導入したとか。

402 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:44:12 0
中国が米国を抜くと言っている奴は何を根拠に言っているんだ。
是は歴史の法則と言うが掟だが、一度、世界的文明国になった国は二度と繁栄を手にできない。
過去に置いて文明的な歴史を有している中国がもう一度、手にする事は極めて難しい。

403 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:49:42 0
都市化や都市への人口集中は、多くの国で共通の過程。

404 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 22:49:43 0
>>401
だけど、中国って、農地にできる土地が限られた地域でしょ
一度の飢饉が数年続いて流民があふれる歴史パターンも、それが一因。

5倍の生産量でも、大丈夫か不安になる。

おまけに黄河の水源は枯れかけている。
大昔に、食料の主要供給源は、長江以南に移行してはいるけど。

405 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 23:08:27 0
>>397
>激しく同意。例え資源が足らないとかで中国全土が発展しなくてもその半分でもよい。
>それでも6億5千万人だ。アメリカの人口の倍以上だ。

ガチンコで2国がやりあった場合、基礎的な工業力の差を人口で覆した例ってのは独ソ戦くらいしかない。
さらに実際的な話をすれば、国内の移動を制限して農村部の安い労働力を都市部で使うという
「一国内植民地制」みたいな事をやってるのが中国の経済発展の正体なわけだが、
大量の民衆がすべて豊かに発展する→安く使える労働力の枯渇、なわけだけど
それについて今の中国政府が明確なビジョンを持って対処を考えてるとでもいうのかねぇ。
あと、このテの論者はよく「○年後は〜」と言うが、
その時にはアメリカも同じようにそれなりに進歩しているだろうという事を
まったく無視してるのなw

>よって資源も大丈夫だと思う。

それで足りないと見込まれてるから必死でアフリカとかに利権を張り込んでるんでしょ?
いざとなったら今からでも何とか自国領土内の資源だけでやっていけるアメリカと、
「採掘技術もこれから進歩すると言われている」なんて
暢気な楽観論に頼らざるを得ない国とじゃ勝負が見えてる。

あー、そうそう、ちなみに、中国の食糧生産量が5倍になっていたとしてもだ、
今現在、中国が原材料および飼料として大量の穀物(トウモロコシ、小麦)を輸入しており
年々それは飛躍的に増加してるのだが、その輸入元は知ってるか?

アメリカだよw

406 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 23:10:39 0
>>398
>1820年までずっと長い間世界一の超大国であった中国がナンバー1に返り咲きだろ。

技術的には、大分以前から抜かれていたぞ

407 :世界@名無史さん:2006/10/12(木) 23:13:49 0
>>398
>アメリカの中国に
>対する外交姿勢はまさに先輩(中国)と後輩(米国)という空気がもう漂っている。

意味不明

408 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 01:27:42 0
中国の場合、今までは最低水準の食い物を食っていたけど、豊かになるにつれて肉や魚介類を食うようになったのが痛いな。
只でさえ人口が多いのに肉を食うとなると穀物を餌にするから穀物消費量が等比数級的に増大してしまう。
正に鉱物資源だけでなく全ての資源を鯨飲する国へと変貌しつつある。
また生産性は確かに上がっただろうが、土地(地力)の収奪も激しく不毛化する土地が年々砂漠化しているというのも不安要素だな。
中国の場合、年代毎に穀物生産地域が変動しているが、それも長年による人間の土地収奪のせい。
いつまでそれらが続くか、正に正念場を迎えるだろうな。

中国のみならず、日本としても正に新たな脅威だろう。

409 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 01:31:28 O
中国のイデオロギーとはどういう意味ですか?教えてください。お願いします。

410 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 01:46:43 0
>世界的文明国になった国は二度と繁栄を手にできない

中国とインドだけは例外

411 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 01:56:48 0
イギリスの通貨専門家であるアビナッシュ・パーサウド教授(Avinash
Persaud)は「今後20年で、中国の経済規模はアメリカを抜き、ドルに代わっ
て人民元が国際的な備蓄通貨(基軸通貨)になるだろう」と予測している。
http://business.timesonline.co.uk/article/0,,16849-1303426,00.html
http://www.thisislondon.co.uk/news/business/articles/timid83280

 歴史的に見ると中国は、1600年代までは欧州より一人当たりの経済生産
が大きく、その後はしだいに衰退しつつも、1820年時点でも世界経済の
30%を占めていた。その後、欧米が産業革命によって急発展するのと反比例
して中国は縮小混乱し、中国共産党が政権をとった直後の1950年には世界
経済に占める割合は5%以下になっていた。中国が弱い国だったのは、人類の
長い歴史の中で、わずかにこの200年間のことにすぎない。
http://www.economist.com/printedition/displayStory.cfm?Story_ID=3219418

 多くの日本人にとって、世界を認識するための「歴史」は黒船来航以降の
150年間だけで、この間ずっと中国は弱い国だった。しかも日本人は60年
前にアメリカに惨敗したため、アメリカが無限の強さを持っていると考える傾
向が強い。近隣国の住人として「中国には巨大になってほしくない」という潜
在的な願望もある。だから読者の中にも「中国がアメリカを抜くはずがない」
と思う人が多いかもしれない。ところが欧米の知識界では、中国が今後再び勃
興しそうだということが、半ば常識的な予測となっている。



412 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:01:36 0
>>405(あと、このテの論者はよく「○年後は〜」と言うが、 その時にはアメリカも
同じようにそれなりに進歩しているだろうという事を まったく無視してるのな)

アメリカは経済規模が毎年10%以上で成長していません。

413 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:02:38 0
「中国がアメリカを抜くはずがない」
これは日本人の願い
でも現実は無慈悲だよww

414 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:06:06 0
>>406(技術的には、大分以前から抜かれていたぞ)

そこが重要だ。技術的に抜かれたとしてもその当時はまだ世界一の超大国だった。
裏を返して言えばアメリカに例え技術で追い着けなくても人口でそれをカバーできる
力があるということだ。なんだかんだ言っても人口と経済は関係するって。
俺経済学者じゃないけど普通に考えればわかることだが。

415 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:07:45 0
>>413
そうそうこのスレ自体がそれを言い表しているね。

416 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:12:50 0
>>407
要するにそれほどアメリカの外交姿勢が中国に対して弱腰だと言うことだ。
300年足らずの歴史が短いシンマイ国家は4000年の歴史を誇る先輩国家
に頭が上がらないということだ。

417 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:14:55 0
ムダに4000年の歴史がある先輩国家ですから

418 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:17:05 0
>>417
4000年ー200年=3800年だ。
この3800年間世界一であり続けた中国。これが現実。

419 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:28:21 0
>この3800年間世界一であり続けた中国

そりゃあ資源もあるしだだっ広いからな
4000年もムダに歴史があるくせに西洋のように近代化できず
人類に何の貢献もしていない
あれだけ人が居てノーベル賞が異常に少ないしね

420 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:41:22 0
>>419だから中国が弱い国家なのは今だけだって。現実を見ろ。過去においては長い間
中国が世界一の超大国だったわけだし、今度は未来に視点を向けてみよう。

中国は2002年から新たな拡張期に入っています。この新たな拡張期の特徴の1つに経済規模の拡大が加速状態に
入っているということが挙げられます。
過去4年間、中国の経済規模は5割も拡大し、昨年時点では既に2兆2,400億ドルになり世界第4位でした。
2010年まで中国の経済成長率を8%、人民元の切り上げ幅を15%で計算すれば、中国の経済規模は2010年時点
では3.5兆円になり、
ドイツを抜き世界第3位になる可能性が高い。2016年に中国の経済規模は5兆ドルで日本を抜いて世界第
2位の経済大国になる可能性も十分あり得ます。
アメリカの投資会社、ゴールドマン・サックスのレポートは、2050年中国の経済規模は44兆ドルで、
アメリカの35兆ドルを大幅に上回り、
世界最大規模の経済大国になると予測しています。



421 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 02:43:30 0
つまりさらに近代化が進む未来でも中国は世界一でした。

422 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 03:06:21 0
中国が過去2000年東アジアで抜きん出た力を持つ国だったのは認めるが
人類に対して貢献したか?
ここ200年の西洋のほうがよほど偉大だった
これから中国が超大国になってもおそらく誰も尊敬してくれないよ

423 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 03:14:28 0
>>420
何かのスレで見たが、中国の世界に占めるGDPの割合は
紀元ゼロ年ごろの60%くらいから一貫して低下してたぞ。

424 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 04:01:31 0
中国人は俺は嫌いだけど中国自体はすごいと評価してもいいんじゃないか。過去
長い間に渡って世界一の超大国に君臨してたから。それを過去が土田舎国家だからと今の発展具合を持ち出されて
も負け犬の遠吠えしか聞こえないからやめときなって。

425 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 04:11:31 0
>>422
どの歴史においても古今東西世界一の座に居座れた国家はその恩恵
として世界のどの国もついて行かざるをえない。自らの国益を考えれば
尊敬とかそんな綺麗事なんて言ってられねーだろ。ついて行かざるをえないんだよ。
今の時代で言えばアメリカのイラク戦争は正しくないし、大量破壊兵器も未だに見つかって
いない。それでも世界はアメリカを止められなかっただろう。それと一緒さ。世界一の座が米国から中国に
変わるだけだよ。世界一の座に居座ることができた国家は好き勝手にできるし、ましてや一番強い国家には攻めてくる
敵国もいない。世界の歴史がそれを証明している。

426 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 12:54:21 0
http://home.hiroshima-u.ac.jp/cato/jinkou996.html

このサイトはなかなか面白いよ

427 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 13:00:24 0
中国ってただ強いだけ
それ以外何もない
尊敬もされないしね

428 :世界@名無史さん:2006/10/13(金) 20:42:05 0
地政学的な弱みは覆しようがありません…………

429 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 03:20:26 0
>>426
面白いが、浅い。
矛盾点も多いし、一方的な解釈が目につく。

430 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 03:33:54 0
煩悩の限りだ

431 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 08:41:13 0
確かに人口も多いし、鉱産資源もあり、食料だって自給可能かもしれない。
でも、人間の質の悪さはどうにもならん。
資源も食料も買えばどうにかなるよ。でも、人間はどうする?
アメリカは人間を買いあさるようなことしてきたけれども、中国はそれが可能か?
どちらかと言うと、既にダメな人間で溢れ返っていて他所から呼んでくる余力も無いし
大体呼ばれても支那なんかに良い人材は行きたがらないよ。溢れ返ったダメ人間どもを
どうするよ? 才能がある人も精神が近代化していないから、世の中腐りまくりだ。


432 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 09:46:13 0
食料は既に自給不可能になってるじゃん

433 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 10:17:45 0
ttp://www.randomhouse-kodansha.co.jp/books/details.php?id=228
中国がアメリカを越える日

感情論抜き、渾身のルポルタージュ。
日本人には書けない中国脅威論。

靖国問題で感情的になるあまり、
日本人は中国経済の実力を見誤っていないか!?
もはや、好き嫌いの問題ではない。
隣の超経済大国、その招待を見よ。
米中、欧米から孤立しないために
日本が今、学ぶべき現代中国経済の実力

かつて、「ニッポン株式会社」ということばが流行したことがあった。国家が
一丸となって猪突猛進するときの不気味さを表した流行語だった。アメリカを
はじめ、いまや世界全体が中国に対してその不気味さを感じているに違いない。
日本も、ラディカルな思考の転換が求められているのかもしれない。

■著者: テッド・C・フィッシュマン
■訳者: 仙名紀
■ISBN: 4-270-00146-1
■定価: 2940円(税込)
■刊行日: 2006/09/21
■ページ数: 479ページ

434 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 11:14:11 0
>>431-432
ソイレント(ry

435 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 12:06:56 0
中国の最大の貿易相手がアメリカで、
中国はアメリカ無しだとやっていけないが
アメリカは中国無しでもやっていけるという時点で

もう子供でもわかります

436 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 13:52:48 0
>>432
んなこたーねえ!

437 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 13:58:28 0
>>429
どこら辺が矛盾しているの?

438 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 14:12:45 0
中国の人口が半分だったらありえたかもしれない
余りにも多すぎる人口が足枷になっている

439 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 16:09:25 0
>>432
一般的には自給自足率が100%であればその国家は自分で食糧を完全に賄える
と言われています。中国の今の自給自足率って90%台じゃなかったっけ。しかも年々上がってきています。
自分の国ぐらい自分で賄えるだろ、中国は。


440 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 16:14:55 0
>>435(アメリカは中国無しでもやっていけるという時点で)

アメリカのブッシュ大統領は中国はかけがえのないパートナーだと口調を強めて言っています。
アメリカこそ中国抜きにはやっていけないはずです。
アメリカが中国との貿易で赤字が多いのになぜ中国製品に関税をかけないか?
それによって中国が報復措置をしてきたらアメリカにとってめちゃくちゃ痛いからです。
もうこの時点でどちらが強いか子供でもわかります。



441 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 16:48:19 0
中国の場合、食料自給率を上げようとすると、こちら側では考えられないことをする。
ともかく輸入しない。足らなければ食わせない。死んでも仕方ない。場合によっては
共食い。
沢山死んで食料そのももの需要が無くなると完成。
実際に何度かやってるよ。
改革開放以降はやってないけれど、その直前までは、平気で。

442 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:23:13 0
>>439
トラクターやビニールハウスを使用するには燃料が必要だが
その燃料も中国は自給できるのか?
農作業機がなければ食料の生産率は激減するけど。

443 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:24:08 0
中国が産業革命以前のような超大国に返り咲けるなら
遊牧民族が再びモンゴル帝国のような世界帝国を築けるね

444 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:25:27 0
燃料が必須だと思ってるのかい

445 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:48:31 0
>>444
動力エネルギー源は、必要不可欠。

要らないという根拠こそ挙げていただきたいですなw

446 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 17:51:05 0
燃料はほどほどで十分

447 :小学生:2006/10/14(土) 19:08:33 0
中国って本当に全土が発展すればどうなるんですか?
世界に与える影響を教えてください。

448 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 19:13:03 0
>>447
まず全土に発展を定義したまえ

449 :小学生:2006/10/14(土) 21:07:48 0
>>448
例えばの話しです。
市場がすごいらしいから人々の暮らしがゆたかになればなんでも飲み込んでしまうと思うのですが
地球の資源とか食料とかだいじょうぶですか?足らなくなったりしませんか?

450 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 21:59:58 0
喩え中国が伸びなくても、世界人口は膨れあがっている以上、
資源や食糧問題は常につきまとう。

451 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:12:00 0
中国人全員がハンバーガーを食べる習慣を持つ

牛肉が大量に必要となる

牛の餌である小麦などの大量消費

大飢饉発生

452 :小学生:2006/10/14(土) 22:17:13 0
子供を作らなかったらいいんだけどな。
セックスやめればいいのに。
全世界で性の禁欲ほうりつを作ればいいのに。


453 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:26:22 0
昔インドでそれやってエライ反撥が

中国の「ひとりっこ」は全体主義だから可能に
日本でも「ひとりっこ」導入しようとすると逆に意地で作ろうとするやつが

454 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:36:45 0
高等教育進学率向上・女性の社会進出が進めば、
晩婚化するので人口は抑制されるので、経済が
伸びれば伸びるほど抑制される。

455 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:39:42 0
>>453
スワジランドw
まああっちはエイズ対策でだが。

>>454
そして超少子高齢社会が中国にも押し寄せる。

456 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:48:16 0
中国の平均寿命は、急速に延びると予想されているが、
それでも日本には追いつけないため、2030年予測で、
日本   35%(世界一)
イタリア 30%弱
英国、中国 25%
といったところ。

457 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:52:23 0
食糧・資源の貿易を禁止すればよい。

458 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 22:57:42 0
FAOのAgriculture towards 2015/30の予測では、世界の栄養不足
の人口は1997-1999年800万弱から2015年約600万に減少するとしている。
アフリカは微増だが、アジアで減少するとされているからだ。

459 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 23:40:17 0
近代化ってのは後発国ほど不利になるというか、近代化にともなう
「負の側面」が強烈に出るんじゃないのかな。
現在の中国やインドを見ていると、欧米諸国や日本が何十年もかけた
ことを、ほんの10年ぐらいで後追いしているように思える。
で、その分、近代工業文明にともなう病も強烈に発症していると。

460 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 03:45:49 O
文明史を書き換えるような新しいパラダイムを21世紀の中国が作れるかな?

461 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 07:09:15 0
近代化ってのは後発国ほど不利になる。環境問題とかも考慮しないと
いけないからな。当時は知らなかったが、いまでは弊害があることが
知られていたりする。

462 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 08:34:24 0
シナ・チョンは、商標・特許・著作権マルムシの泥棒国家だからな。
日本の技術・芸術等財産はすべて盗まれるよ

463 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 12:37:23 0
>>456
あの国の平均寿命は公表されてるより低そうだけどな

農村部だと寿命がアフリカ並みらしいし

464 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 13:26:56 0
インドは世界一セクロスしてない国
なぜ人口が増えるかというと避妊してないからww

465 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 14:07:46 0
なんでしてないの?

466 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 14:40:18 0
ワカンネ
避妊技術が発達してない、というか避妊する気もないのかも

467 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 14:58:16 0
いやなんでセクロスしてないの?

468 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 21:14:01 0
中国は、人口が増加しているなかでも、食糧自給率は安定して確保しつづけて
きている。収穫率も、最低備蓄率も平均を上回っている(量ではない)。
中国人口の増加は鈍化しているので、むしろ人口の量としての問題はインド
に移っている。
また、食糧の偏りという点では、世界一の食糧輸入国である日本や、輸入量が多い、
イギリス、韓国などの国の方が問題である。フード・マイレージでは、イギリスは
ヨーロッパからの輸入が多いので順位を落とし、日本と韓国が目立つ。

469 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 21:25:22 0
>>392
>あの米国のローケーションは史上最強。

どうしてそう思うの?ロシアよりも?


470 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 21:31:43 0
中国の食糧自給率は95−100%を維持し続けているもんな。

471 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 22:10:27 0
>>395
>アメリカ国民の愛国心の高さも強さの理由だ。

そりゃ、国土は広くて様々な気候の土地もあり
ハリウッドを始め現代文化の中心で、西洋文明の集大成でもあるからね
これだけ良いとこ尽くめなら、愛国心も湧くし、わざわざ国外に出たいとも思わないだろうよ

古代のローマ帝国みたいなもんか


472 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 22:39:21 0
日本人が一日二食にすれば、自給自足でまかなえるらしい。

473 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 22:42:13 0
インド人はベジタリアンが多いから食料は何とかなるだろ。
中国は両脚羊がいるからこれまた大丈夫。

474 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 23:18:40 0
>>460
恐らく中国では困難でしょう。
やはりお隣に位置して一番迷惑を蒙る日本が
ガンガらないと。

475 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 23:40:12 0
インドは牛を食べればだいじょうぶ

476 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 09:54:59 0
>>468
でも水不足もあるし、最近食料の生産量が伸び悩んでいるよ

477 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 12:03:35 0
>>461
技術や資本を他国から借りられる、失敗例も成功例も参照できるという
すげー有利な部分があるじゃん。

478 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 14:07:02 0
>>469
太平洋と大西洋に隔てられ、食料もあふれるほど取れて、資源も豊富な大きな島国。
反則です。

479 :世界@名無史さん:2006/10/16(月) 21:16:53 0
「食料自給率の高さ」と「経済成長」を中国の強みに挙げてるヤツがいるが、
それぜんぜん強みになってない。

なぜなら、そもそもその「経済成長」それ自体が
豊富な食料を輸出する事により稼いでいる外貨によって成し遂げられているからだ。
それは年々増加する中国の食料輸入量に現れている。
そう、もう中国は自前でやっていける体質ではないのだ。

480 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 02:00:14 O
中国は統計の数字もいい加減だしな。どこまで信じられるやら。


>>467
インド人はけっこうお堅いらしいよ。

481 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 02:02:44 0
>>467
カーストが違う相手とはまずしない、という事情もある。

482 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 02:38:33 0
>>480
イギリスの大手コンドーム会社の調査によると
インドは世界一性に慎重らしい
ちなみに世界一セクシーな国はフランス

483 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 02:52:35 0
日本は、もう自前ではやっていけない体質だよな。

484 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 07:22:41 0
日本は自前では何もできない体質なんだよ。
仮名文字も漢字がなければ作れなかった訳で、
全てを他所に依存する奴隷体質。それが日本鬼子さ。

485 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 09:38:27 0
中国にはアメリカのような資本主義国には絶対なれないから
どんな時期にどんなに弄っても、欧米の特にプロテスタントが主流の国には負けると思う

486 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 09:58:24 0
欧米と違って、中国には自発的に資本主義を起こす力はないからね
発明とかは結構中国でもあるんだけどそれが経済発展に繋がらない

欧米だけが、資本主義と産業革命と国民国家形成に成功して
世界の人口が爆発的に増えても維持できるような経済力を身につけることができた

せいぜい日本よりちょっと早く欧米の近代社会システムを
ちゃんとパクれればなんとかって感じかな

487 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 10:04:58 0
近代化とはいわば西洋化ってことだから

為政者が今までの社会システムを捨て
社会が抵抗なくキリスト教を中心としている
西洋化を受け入れられる土壌が大事

イスラム圏では、イスラム教が邪魔して
なかなか近代化しにくい

488 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 10:07:52 0
日本は、以外にあっさりと西洋化を
受け入れられることが出来たから強国になれた
色々問題はあったにせよ

489 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 11:50:17 0
>近代化とはいわば西洋化ってことだから

これはNO
イスラムにせよ中国にせよインドにせよ
自国の文化に合うよう変容させながら近代化している
日本は西洋化による近代化をしてきたから
今自国の文化が著しく傷つけられている


490 :世界@名無史さん:2006/10/17(火) 12:23:04 0
★チベット問題★

チベット独立派、インドで抗議活動
http://www.youtube.com/watch?v=tp202J0uj30
アメリカでも法輪功同様に各種報道有り

虐殺
http://www.youtube.com/watch?v=td9h5FsBYp8
他 写真集有り

胡錦濤はチベット虐殺の張本人だった!
http://www.youtube.com/watch?v=pab7NQ2Q1Pk&mode=related&search=
本当らしい


491 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 00:08:10 0
>>489
いや近代化できていないから、あの体たらくなのでは?と燃料を注入してみる。

492 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 01:31:35 0
>>485
>欧米の特にプロテスタントが主流の国には負けると思う
M.ウェーバーな説だね。
日本は禅宗と浄土宗という
プロテスタンチズム類似の
宗教風土があったから、
欧米に追いついたと。

禅宗も浄土宗も中国で生まれ育ち、民衆に根付いた宗教。

493 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 02:04:56 0
>>492
浄土真宗は?

494 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 02:10:27 O
支那はキリスト教徒の数も日本より多いんじゃないか?

495 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 05:15:27 0
>>493
>浄土真宗は?
中国から浄土宗が日本に伝来。
浄土宗の法然の弟子が親鸞。
親鸞が浄土真宗を開く。

496 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 18:34:29 0
>>481
妻に淫売をさせるカーストとかいうのもあるんだけれど。

497 :世界@名無史さん:2006/10/19(木) 18:41:02 0
http://www.youtube.com/watch?v=cZgG-bORZHM&mode=related&search=

498 :世界@名無史さん:2006/10/20(金) 01:53:17 0
上海協力機構でロシア、中央アジア諸国、インド、イランと関係強化
アフリカ諸国への接近
貿易協定での半島および東南アジア諸国の囲い込み・・・

かつてEUの欧州統合を指してローマ帝国の復活と揶揄するものが多かったけど
今日では蘇りつつあるのはモンゴル帝国だと思う。
現代版モンゴル帝国という超巨大帝国の復活に対して
 
日本は最終的には勝つというか挑戦を退けると思うが
当分厳しい状況が続くだろうな。




499 :世界@名無史さん:2006/10/20(金) 03:03:18 0
禅宗はともかく浄土系のどこがプロテスタンティズムなんだよ

500 :世界@名無史さん:2006/10/20(金) 11:27:16 0
>>499
>浄土系のどこがプロテスタンティズムなんだよ
庶民や勤労者がお祈りするだけで救済される。
寺院(教会)や僧侶(神父)の介在が不要。

501 :世界@名無史さん:2006/10/20(金) 11:29:18 0
一向一揆は浄土真宗が有ってのものだ

502 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 14:04:27 0
【米国】米への留学生が2年連続減、米国離れ進む - 危機感強めた米政府、留学生集めのミッションを各国に派遣へ[061022]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1161488560/

【中国】中国、和諧と逆行 思想・民族弾圧強める[10/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1161476478/

503 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 14:07:56 0
「パクリ王国」中国、ブランド価値への認識は「幼児並み」  @朝鮮日報
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1161487096/

台湾】台湾高速鉄道 再び開業延期 −仏独の技術取入れで日本側の支援が得られなくなった[10/22]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1161487401/

504 :世界@名無史さん:2006/10/22(日) 16:37:43 0
大国の食事
http://www.tcnweb.ne.jp/~perfect/china.htm

505 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 16:53:46 0
【中国】「公務員なりたい」が7割超、安定や「特権」が人気 「汚職」も役得? [10/23]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1161584369/
【中国】「公務員なりたい」が7割超、安定や「特権」 役得で人気[10/23]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1161587898/

>問題になるのは、優遇策が庶民の感覚からあまりにも離れて
>いたり、職責を果たさなかったり不正を働く公務員を淘汰する制度が機能しないことだ。

>「医療や退職後の保障」を挙げた人が多かった背景には、医療費の高騰や社会保障の不備が、
>大きな問題になっていることだと考えられる。また、「実際的な利益の獲得」を挙げた人が5割を
>超えたことは、公務員が特権階級であると考えている人が多いことを示している。



506 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 20:05:09 0
>>505
中国は建前とはいえ共産主義国なのだから
国民みんな公務員ではないのかと思うが。

507 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 20:15:36 0
>>506
>中国は建前とはいえ共産主義国なのだから
>国民みんな公務員ではないのかと思うが。
共産主義はお題目。

貧富の差はすさまじい、日本の方が社会主義国に見える。

飢え死にや農民暴動は全国で毎日起こっているよ。

上海でも下層庶民は病院にもかかれないし、
まだ家屋内にトイレが無くて
壺やカメにウンコしてる住人が4割もいるよ。

508 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 11:40:31 0
>>395
アメリカの強さの秘密は、アングロサクソンが政治を行い、ドイツ人が軍を統括し、ユダヤ人が経済を担当する。
この三本柱に世界一恵まれた広大な領土、そりゃ誰も勝てっこないし強いわけだよな

むしろ、中国なんかよりスラブ人だけでアメリカとガチで対抗してたロシアに敬意を評したいよ


509 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 12:13:57 0
この10年で中国のGDPは1兆ドルから2兆ドルに倍増したし、農民の所得も倍増したのだが
地方の生活は苦しくなっているという事らしい。
日本で昭和中期にそんな現象あったっけ?過疎化が進んだ事はあっただろうが。

510 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 12:21:27 0
中国すげー
http://ja.wikipedia.org/wiki/BRICS

511 :世界@名無史さん:2006/10/25(水) 21:20:21 0
高度成長期前半に格差が広がり、後半に縮まる。

512 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 00:38:18 0
ttp://www.diplo.jp/articles06/0610-3.html
今日、中国の書店には「中華精神」にちなんだ本が多数ならんでいる。「要は
こういうことだ。あなたがた西洋の論理というやつもあるが、それとは別に
『我々の思想』もまた存在する」という主張を聞くことも稀ではない。平行線的
な見方が強まり、中国とヨーロッパの隔たりが広がる。10年前の中国はまだ、
西洋文化をくぐり抜けるという屈辱を忍ぶほかなく、黙して受け入れるという
風潮があった。それが現在では、「あなたがたヨーロッパの規範は、もう過去
のものだ」という言説が広まりつつある。
ヨーロッパの絶頂期は過ぎ去ったと多くの中国人が考えている。その時期の
ヨーロッパの多産性は、一定の拡大条件に支えられていた。しかし、それらの
条件はもはや存在しない。中国が「静かな変革」によって世界の新たなリーダー
のひとつになりつつあるのは、必然の結果である。しかも中国は、派手な
(逆に言えば制しやすい)立ち回りによって存在感を増そうとはしていない。
独自の流儀で、淡く、茫洋と、徐々に、見たところ力の入らない形で、存在感
を増している。中国人の観点からすれば、要は世界史が正常な展開に立ち戻った
だけのことにすぎないのだ。彼らの見るところ、長期にわたったヨーロッパ
文化の暴走期という歴史上の括弧が閉じられるだけのことで、それ以前の歴史
を続行する潮時である。

513 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 13:24:30 0
>>508
アングロサクソン系の狡猾な政治力にたいこうできるのは・・不在だな。
ドイツ系の軍事的パワーと才能に対抗できるのは・・個々の民族では不在だな。
ユダヤ人の経済的パワーに対抗できるのは・・総合的には不在だな。(華僑では力不足)

たしかに不在といえば不在・・
そして地政学的に絶対有利の新大陸
世界中の英知と才能を引き寄せ統括してもいる。

アメリカにとって変わる存在など想定もつかないなww

514 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 19:46:37 0
【中国抗日アニメ】「帽儿山的鬼子兵」2006年10月1日(国慶節)から中国中央電視台で放送開始
http://anime.2ch.net/test/read.cgi/comicnews/1161325679/1

515 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 23:32:19 0
チャンコロはもとは宗族社会で、土地私有や私有財産の原理があまり発達しなかった。
村は巨大な親類同士の集まりで、土地は村の共有、農具なども村の持ち寄りで共同所有。
こういう社会だから、中国に共産主義がはびこるのは無理もなかったと言える。
かつて太平天国の洪秀全が共産的な原理を唱え、農民に支持されたのも、宗族社会だったからだろう。


516 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 23:46:47 0
>>515
中国に限らず、農村社会(あるいは農本主義的な社会)は、共産主義と
親和性があると思わないか?

517 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 00:25:25 0
あるでしょうね。

ただ、太閤検地以後の日本の農村は一地一作人で、親族の集まりではないし、土地が
共有だったわけじゃないよね。
この辺が他のアジアと違うところだろうか。イラクやアフガンの農村も、部族の集まりにすぎず、
やはり土地私有の観念は希薄だよね。

518 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 20:37:05 0
儒学者でもあるアメリカ・ハーバード大学の杜維明教授はこのほど
中国の杭州で、当面、西側以外の地方では、現代化が比較的良く実現
されているのは東アジアであり、その中で儒学の文化がこの地区の
発展を促してきたとの見解を示しました。

 杜維明教授は儒学の研究では権威的な人物ですが、これは浙江大学
で述べたもので、杜教授は、「ここでいう東アジアとは日本、韓国、中国
大陸と台湾、香港、マカオ地区、および東アジアの一部の中国人社会の
ことである。この地区は儒家文化圏とも呼ばれており、儒学と儒家の
伝統的文化はこの地区の発展で建設的役割を果たしてきた。儒学は
今では、封建社会、農民経済、家族制と権威的政治を主な制度とした
考えだけではなくなり、まったく新しい姿となっている」と述べました。

ソース(CRI)ttp://jp.chinabroadcast.cn/151/2006/10/28/1@77041.htm

519 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 08:52:03 0
【中国】結婚式ブームに続き、今度は空前のベビーブーム 上海の産婦人科がベッド不足状態 過去20年間で最高の出生数か
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162069015/

19 :名無しさん@七周年:2006/10/29(日) 06:25:46 ID:OFXrADyX0
日本は産科医が減ってるおかげで中国人の日本国内繁殖もできません
向こうで生まれた後流れ込んで来ますが

35 :名無しさん@七周年:2006/10/29(日) 08:10:11 ID:EQPEMFLJ0
中国は、間違いなく人口爆発で崩壊する。
資源は乏しい、大地は痩せて、人口は都市部に集中
賃金が高騰して、各メーカーは、東南アジアにシフト
残るは、工場廃液の川だけ


520 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 10:18:45 0
>>517
>ただ、太閤検地以後の日本の農村は一地一作人で、親族の集まりではないし、
>土地が共有だったわけじゃないよね。
よくわからん。農村では土地所有がはっきりとしていたとでも

521 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 12:35:57 0
検地以降はっきりしていたのは当たり前

522 :世界@名無史さん:2006/10/29(日) 18:33:59 0
日本人種のYAP+と東南アジア辺りのYAP+は別種。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

ゆえに日本人種は中国南部や東南アジアとは無関係。

残念でした(嘲笑)

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

523 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 21:15:45 0
アイヌとエスキモーとの中間に位置するハーフっていうことで
場所的に考えても関連には整合性があると説明されてしまうだけだと思うがw

524 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:39:02 0
中国単身赴任者集まれ! Part2
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/world/1142004846/l50

142 :名無しさん :2006/09/11(月) 22:40:50 ID:vjHEyC/v
この間中国旅行に行ってきたけど、子供のズボンのお尻の辺りが丸くくり抜かれていた。
そう排便がしやすいようにだと。
中国恐るべし・・・

149 :名無しさん :2006/09/20(水) 15:45:21 ID:WrrEQaVO
上海ですら、たまに股開きズボンはお目にかかるよ。
なんてったって母親は仕事して姑あたりが養育してるんだから
昔のものを平気で使う。
あれでびっくりしてたらいかん。
道路で排便でびびれW


525 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:40:23 0
155 :名無しさん :2006/09/24(日) 00:49:22 ID:pZK/gK0H
中国で日本の規格の野菜を作ろうかなと思いまして、技術指導しながらですけど、近々 見学と視察に行くんですが 何を作れば売れるのかな?と思いまして


156 :チャイナ01:2006/09/24(日) 01:37:12 ID:kPIJXsNM
>>155
すでに、日本野菜を多量に輸出していますよ・・・
中国式の野業ではなく、温室や減農薬、一部の地域では無農薬に近いものもあります。

中国の残留農薬にことを考えているのなら、中国も手を打ち始めています。

中国の野菜を中国に売る場合、大都市、それも上海、北京辺りの近郊農業でしかメリットはありません。
中国の農業政策は農家に重税、都市住民より高い電気代、土地の委譲や移譲を認めないまど
農業で設けることはほぼ不可能と思います・・・

現在、なぜ農薬まみれの野菜が多量に中国で消費されているか知っていますか・・・
そうでもしないと、農業が立ち行かないのです。
今でも、広州とシンセンの中間、長安あたりの最低限の工場労働者の賃金は手取り400元/月程度です。
実際、おいらがいた会社、700人の作業者の内、給料は680人は700元以下です・・・




526 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 20:41:14 0
184 :名無しさん :2006/10/26(木) 13:30:04 ID:JO5Rer9z
>>183
私も赴任期間が3年だったのに延長確定だよw

赴任期間を書類で決めてても
意味ないって。

早く帰ってケコーンしたいなぁ

と20代毒女より


185 :名無しさん :2006/10/28(土) 10:44:49 ID:uT1OGp9t
20代ならやり直しできるじゃん。
33歳毒男。
帰る頃には37歳くらいかな。
この国で身に付いた事なんて帰国しても何の役にも立たないし。
俺の人生オワタ\(^o^)/




527 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 22:04:15 0
>>525
単位面積当たりの農薬使用量世界一の日本にはかなわない。


528 :世界@名無史さん:2006/11/01(水) 23:52:02 0
使用量と残留量は違うだろ

529 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 08:15:58 0
【経済】 著作権は日本側にあるのに、商標権を中国側にまんまと握られるケース続発…双葉社など業界団体でタッグも
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162259040/l50

対中進出した日本企業が、中国企業に先回りされて商標権を取得されていたり、自社の商標権を
 中国側から高値で売りつけられる悪質商法に巻き込まれるケースが後を絶たない。
 「クレヨンしんちゃん」のコミック版権やキャラクター権利を持つ双葉社は、中国企業が先行取得
 した中国名「蝋筆小新」をめぐって北京市高等人民法院(高等裁判所)で係争中で、キャラクター
 展開では「Shinchan」ブランドへの変更を余儀なくされている。日本貿易振興機構(ジェトロ)では
 中国市場で販売を計画している企業や団体などに注意を呼びかけている。

ニセモノの生産や販売の現場を摘発して商品を押収することで、一定の効果があがる模倣品問題に
 比べ、 商標権の侵害問題は解決が難しい。
 被害にあった日本企業側が、中国企業側の悪意や登録当時の中国での商標の知名度を立証
 しなければならず、資本力や知財対策のノウハウの乏しい中堅企業には不利に働くしくみだからだ。

 例えばクレヨンしんちゃんの場合には、中国企業が商標権取得当時、海賊版で人気はあったが
 正規版が投入されていなかったことから立証が難しいという悩みも抱える。
 商標権をめぐるトラブルは、製造業でも手口が巧妙化している。従来の生産委託先に騙され、
 ブランドを維持するため、泣く泣く億円単位で自社の商標権を買い戻さざるを得ないケースもあるという。

 だからといって日本企業が手をこまぬいているわけではない。2005年の日本企業の中国での
 商標申請件数は1万2305件と米国に次いで第2位。だが、中国での商標申請件数は83万8千件
 (前年比約10%増)にのぼる。商標を売買するブローカーも含め、いかに中国企業の申請が多い
 かが分かる。(一部略)
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061031-00000010-fsi-bus_all


530 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 08:47:50 0
【調査】 「中韓と仲良く"しなくていい"が圧倒的多数だが、サイレントマジョリティを考慮し"したほうがいい"に決定」…毎日新聞★9
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162346778/l50

531 :世界@名無史さん:2006/11/02(木) 13:34:11 0
財産・生産手段の国有化・公有化が社会主義・共産主義の定義だとしても、決定に参与することの
できる人を制限し固定化するという、近代以降の社会主義国家の殆どのやったことって、東洋が
中古の時期にやった、公地公民、民に口分田を均等に貸すとかいう律令制度と結局は同じだよな。
貴族の名称が共産党員に取って代わっただけだよ。


532 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 11:40:57 0
【強盗】上海市当局が突如、日本企業テナントに退去命令【接収】
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1162437344/l50
上海郊外の有利な立地を売り物に外資企業を中心に誘致した上海嘉定工業区で、
入居したばかりの上海ハウス食品など日本企業10社が都市計画を理由に立ち退き
を非公式に通告されていることがわかった。今回は第1期分で今後さらに多くの日本
企業が立ち退かされる可能性があり、外務省は在上海日本総領事館を通じ同市嘉
定区政府に説明を求めた。上海進出を考えている企業の間でチャイナ・リスク論議
が再燃する恐れもある。
立ち退き通告文書は「上海市嘉定新城(街)建設管理委員会弁公室」の第10号文書
(10月17日付)で、「都市計画の実現のため第1期分の立ち退き企業は次の通り」と
して24社が記され、その中にハウス食品▽野尻光学▽神鋼圧縮機製造−など日本
企業10社が含まれていた。
この文書は全企業に突然配布されており、台湾系企業などが立ち退きに応じる動きを見
せる中で日本企業側では「このままでは操業を停止せざるを得ない」と、総領事館や日
本貿易振興会を交え説明を上海市側に求めるなど対応を急いでいる。
http://www.sankei.co.jp/news/061102/kok004.htm

89 :番組の途中ですが名無しです:2006/11/02(木) 18:08:05 ID:nlJaUSr40
なにを言ってるんだ?
中国って、こういう国なんだから進出する企業が悪い
前もって、わかることだろうが 進出するまえに勉強したのか?
マスコミに踊らされて進出するからだボケが
まあ、どうでもいいけど 税金を無駄に使うなよ
外務省の役人を動かすにも金かかるんだし
リスクマネジメントがなってないな日本企業は




533 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 11:43:36 0
68 :番組の途中ですが名無しです :2006/11/02(木) 17:22:24 ID:A9V0AZLY0
なぜここまで日本は嫌われてるんだよ
アメリカの企業でもこういうことするのか?
69 :あばれんぼう将軍:2006/11/02(木) 17:27:58 ID:gl0wsqwC0
>>68みたいな馬鹿がいるからだよw

あのな、アメリカは企業も、そして企業をバックアップするかのように国も文句を言う。
日本は文句を言わない。 だから『つけ込まれていた』ただそれだけ。
これからは企業も国もキッチリ文句を言うべき。
大声を上げるべき。 それだけで他国と同じになれる。

81 :番組の途中ですが名無しです :2006/11/02(木) 17:55:34 ID:A9V0AZLY0
>>69
え?たったそれだけ?
核と歴史問題がネックだと思ってたけど・・・・
もしや、靖国問題は表面的なことで、本当は外交官や政治家の下半身スキャンダルばらすぞ! って意味なのかな?
91 :おつかいの途中ですが幼女です:2006/11/02(木) 18:09:19 ID:AdcY+nhE0
>>81
基本的に中国は金が最終目的だからな。
そのためには日本の政治家や外交官まで巻き込んでどんな汚い手でも使う。
そこが韓国とは大きく違うところ。


534 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 18:32:28 0
ウヨ必殺コピペ

535 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 18:42:41 0
【中国】「花のように美しい男になりたい」…美容整形手術を受ける人の10%が男性
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1162632611/

 「現在、中性化審美感が流行っているため、各種のショーで、花の
ような美しい男が人気だ。女性化の男性審美はブームになっている。
だが、若者は模倣しすぎて、自身に長く続く成功をもたらしておらず、
若者は盲目的に、そうしたことを追求しないほうがいい」と心理学家の
単懐海氏は話している。

 専門家によると、時代によって、審美観が違い、若者は人生の生きがい
として外面だけを追求すべきではない。個人の努力、社交などを通して、
自分の魅力を見せるわようにすべきだという。

ソース(東方ネット) http://jp.eastday.com/node2/node3/node11/userobject1ai26110.html



536 :世界@名無史さん:2006/11/04(土) 18:52:14 0
100万ドル以上の資産をもつ、富豪が50万人以上いるからな。
あるところにはあるんだろう。

537 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 06:51:14 0
【中国】 立ち退き迫られた日系企業の中国人従業員、退職金増求め邦人管理者に暴行、公安は見てるだけ [11/04]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162663808/

立ち退きを命じられた日本企業4社のうち愛知県の衣服加工業者の場合、従業員60人のうち約30人が
仲間とともに退職金増額を要求して3日間にわたって工場で暴れ回っており、日本人管理者が殴る蹴るの
暴行を受ける騒ぎになっている。現場の公安警察員は遠巻きに傍観しているだけだったという。
 日本企業4社は移転先を見つけても補償金が約束の半分しか払われないなどの事情から移転がスムーズ
にいっていないのが現状だ。このため在上海総領事館では上海市当局に説明を求めているが、いまのところ
返答はないという。
 中国は日本企業の誘致を積極的に進めてきたが、1988年に日中間で「日中投資保護協定」が調印されている。
この協定によれば、日本企業は中国の国有化決定や土地収用決定で被害を受けてはならないとされ、さらに立ち
退く場合は相応の補償が受けられることなっている。
ソース:産経新聞(11/04 23:57) http://www.sankei.co.jp/news/061105/kok000.htm


538 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 07:00:24 0
120、000、000えん

539 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 10:27:25 0
さすがだね。
10万人立ち退きの中で、日系企業が4社たまたまあった部分は載せない。
あたかも日本企業のみが不当な扱いを受けたかのように見せかけるところが
素晴らしい。

540 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 19:42:53 0
120、000、000えん 500、000人?

541 :世界@名無史さん:2006/11/05(日) 20:58:52 0
「小沢一郎ほど米国の言いなりになった人はいない」
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1147263320/l50

160 :真冬のソナタ:2006/10/21(土) 15:00:49 ID:/ihhhrAI
小沢は北朝鮮。石原は南朝鮮。
朝鮮人の伝統的な骨肉の争い。
161 :無党派さん :2006/10/23(月) 22:36:28 ID:KRbYn3Fl
>>159
思えば、田中角栄もアメリカに楯突いて、CIAに汚職暴露されて逮捕されたとか。
これはいい外圧だから弟子の小沢も逮捕して欲しい。
162 :無党派さん :2006/10/23(月) 23:37:38 ID:qwaSmhyf
ノリエガ将軍の麻薬ビジネスに関して、オザワ・ノートがある筈。
そのコネクションを辿れば、学会も、大変。
163 :無党派さん :2006/11/04(土) 19:04:20 ID:6GjrRIUq
>>138
小沢、米国の次は中国からキックバック利権狙いか。
外交キックバック利権は宗男の得意技らしいから、
宗男との連携もその布石だろうな。
164 :無党派さん :2006/11/04(土) 19:25:51 ID:i5yjx7ud
金丸の北朝鮮訪問のときに土下座外交を指揮した本人が
小沢であった。
だから小沢は北朝鮮問題については、うやむやなことしか言わない。
こんな人物をいまだに持ち上げている小沢信者がいるのは
バカとしかいいようがない。




542 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 22:45:21 0
中国】"超エリート校"北京大学が宝くじの専門コースを開設
中国の最高学府・北京大学は、今年からMPA(行政管理学修士)コースに「宝くじ課程」を設置、
学問的裏づけを持った宝くじの管理者育成に着手した。
中国本土では賭博は禁止だが、宝くじは盛んだ。売り上げは過去20年で1000万元(約1.5億円)から700億元まで増加、
国の貴重な財源となっている。
難関を突破し今年入学したのはわずか2人。来年度の募集も始まっている。
瞭望東方週刊(中国)より
http://blog.moura.jp/courrier_news/2006/10/post_852b.html

543 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 22:53:53 0
【中国アニメ】「5年で日本に追いつく あとは手塚治虫か宮崎駿が出れば」★2 [11/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162818963/l50

119 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/06(月) 22:34:06 ID:1XnxyAMf
そう言えば、日本では公害とか汚職とかで世相が暗かった時代に、
アニメや特撮で社会風刺めいた作品が登場していたけど、中国じゃ
それが期待できませんしねぇ……。
181 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/06(月) 22:41:45 ID:yN6LLpCu
ただでさえ中共の検閲・言論弾圧がある上に
中国人自体が異様にメンツにこだわるから、社会風刺なんて出来るのかって思うよな・・
普通の炭鉱事故すら、報道するなってメディアに圧力かけて隠してるし。


【中国】 今後3−5年はアニメ産業の発展最盛期、1000億元市場に [11/06]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162746165/l50



544 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 22:58:16 0
214 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/06(月) 22:45:56 ID:kECcC8wl
中国に言わせるとあと10年で日本はなくなるらしい。
1995年に誰か中国の要人が言ってた。
219 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/06(月) 22:46:35 ID:NRiVLrlM
>>214
よく勘定しろよ。

日本は、もう去年無くなっているぞ。w

225 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/06(月) 22:47:37 ID:yN6LLpCu
>>167
発展しないと思うぞ。
牽引力は日本アニメーションの作品群だったり
魔女っ子や巨大ロボットなんてジャンルを生み出す発想力だったり
地味な継続つーか


545 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 23:39:04 0
今の流行は、中国は滅ぶ。崩壊する。分裂する。
ウヨによれば、10年で中国はなくなるらしい。

546 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 14:27:49 0
595 名前:名無しさん名無しさん@腹打て腹。 :2006/09/20(水) 23:42:31
          竹石圭佑

「竹石圭佑」、1986年に名古屋の肥溜めにて湧いて出た蛆虫。
小学校高学年から万引きを繰り返し
学校内では好みの女子に嫌と言う程ちょっかいを出しまくる。
当時のクラスメートが「お前って何で女子ばっか苛めるんだ?」という様な
質問をしたところ、竹石は「女を苛めても仕返しとか怖くねぇもん。
だって俺のほうが腕っ節が強いからな。いざとなったらツラァ殴って
やればいいし。」と言ったそうだ。
弱い物に対しては恐ろしいほど高圧的になる竹石、万引きで警察に
補導された事を自慢げに話す竹石、自分が世界の中心だと言って憚らない竹石…
数々の犯罪行為も在日中国人の両親から産まれた自分に後ろめたさがあっての
反発心からの行動だろうか…
ともあれ、竹石はまさに肥溜めから産声を上げた蛆虫である。

547 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 21:26:27 0
【中国】エジプト外相、アフリカの発展を支援する中国を高く評価 [11/7]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162898018/l50

24 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:31:59 ID:d1GFnqDF
日本のアフリカへのODAは日本のメリットになるだけのものらしいね
中国はそうではないらしい
これがアフリカに支持される理由だ
日本と差別化はかってる中国の戦略
お金は日本より少ないが質では中国が有利


25 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:33:51 ID:qKXl+N/P
>>24
中国のは骨までしゃぶられるぜ( ´_ゝ`)


26 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:35:02 ID:JmT9D6V2
支援するのは構わないからてめえが支援されるなと
はやくODAカットしようよ


27 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:35:15 ID:a08Allfv
>>24

中国のしたたかさを知らんのか?


28 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:35:18 ID:+EEdVcZj
>>24
ザンビアで暴動が起きてますが?


548 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 21:27:10 0
29 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:35:33 ID:zdedxHYx
資金が潤沢なうちにめちゃくちゃ投資しといて、仮に現在の中国投資熱が沈静化しても
今度は借金してる側が貸してる側を脅すやり方で、更に日欧米から搾り取るという作戦じゃないかな。

仮に投資の大部分が計画の途中で終わっちゃったとしても、
今から大人しくしてるよりは遥かに経済発展した形で収束させられる。
既に大都市になってるところは別として。

借金も残るけど、大人しくやってても借金は出来るもんだしね。
それまでに世界経済に食い込む度合いによって、
蓋を開けてみると普通にやるより少ない借金が残ったなんて可能性も十分ある。
大部分どころか全額免除する形で収めることも絶対不可能という訳ではないかと。



30 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/07(火) 20:35:34 ID:chDa7AbD
「中国のアフリカ政策」は「戦前日本のアジア政策」と非常に似てるように思う。
被搾取国にとっては「資源を独占する白人から解放されるかも…」という
一抹の希望がそこにあるんだよ。

背景として資源確保を通じた中国の国益確保は当然あるけれども
それは戦前日本も同じなんだよね。
白人国家と伍していくにはこれ以外に筋道がない。

つまりは二面性がある。
中国憎しの感情で「資源横取り」という側面だけ見ることはバランスを欠くことになろう。
それは戦前日本を「侵略」の側面でしか見ないこととあまり変わらんよ。

549 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 00:03:11 0
対中ODAは、平成16年には償還額が供与額を上回ってるよな。

550 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 06:31:29 0
安徽省で農民の男性が冤罪で8年間服役したのち今年7月に無罪判決が出て
釈放されたが未だに何の補償も受けていない。
この男性は、1998年8月に起きた17歳の少女殺人事件で犯人として逮捕された。
当時無実を主張していたが、現場に残されていたTシャツがこの男性のものであったため、
警察からの厳しい追求に耐えられず嘘の自白をした。
後の現場に残された毛髪から鑑定された血液型がこの男性と一致せず、また村人の
証言でこの男性ではない隣村の男の犯行の可能性が出てきたものの裁判では
証拠不十分でこの男性に死刑の判決が言い渡された。
2004年別の事件で隣村の男が逮捕され再度取調べが行なわれた結果以前の
少女殺人事件の真犯人であることが確定した。
今年7月に死刑判決が出ていた男性に無罪判決が出たが男性に対して何の補償も
未だになされておらず男性は不満を感じている。
当時の判決を下した裁判所の責任者は、当時上部からの事件の早期解決をするように
圧力がありそれが誤りの一番の原因だったことを認めている。

http://www.tokkai.com/a-column/data/news/1162871761.html


551 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 06:34:29 0
【国際】世界のエネルギー需要、中国・インドが牽引し2030年までに53%増へ 先進国はエネルギー安全保障政策を強化すべき[1107]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1162909392/l50

552 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 20:29:27 0
外貨準備高がついに世界一になったな。

553 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 22:56:35 0
日本は人口が減少だし・・・・

554 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:21:01 0
>>553
極端な一人っ子政策による男女比の不均衡、それに追い討ちをかける高齢化など中国も問題山積なんだが?
無論、農村部などでは戸籍に乗らない闇っ子って問題も噴出しており、これらの問題をほっておくと深刻な内部矛盾は
日本等より、早晩中国で起こってくるだろう。

555 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:25:00 0
中米同盟が結ばれる

556 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:29:09 0
コスタリカを盟主とする中米同盟の存在を知ってるとは、
お前は何者だ!

557 :世界@名無史さん:2006/11/10(金) 23:40:22 0
美中同盟、といえばいいの?

558 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:07:33 0
>>554
高齢化は日本に比べれば低い

559 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:16:24 0
>>558
今までを考えればねw そうはいっても人口比やその政策の内部矛盾は非常に激しく噴出しているのも事実。
その内嫁を求めて大挙して中華男が日本にやって(せめて)きそうだなw

560 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:20:40 0
>>554
一人っ子政策といっても、農村や少数民族に対しては比較的寛容だし、
そもそも把握できなかったもんな。

一人っ子政策ができるんなら、二人っ子政策でも三人っ子政策でも
できるんだろ。きっと。

561 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 00:48:10 0
>>560
イナゴ並に人口が増えんのに、そんな呑気なこといってられんぞ。マルサス理論を考えなくとも中国の人口はマジヤバイ
水準まで来ている。その上経済発展でエネルギーを馬鹿食いし始めている。
もう地球ダメポ。 てかウイルス並に人間増えすぎ。マジ地球病気に罹っている状態。

562 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 01:34:33 0
中国はすさまじい脅威か、それとも取るに足らぬ存在か、
皆どっちか極端かつ感情的な捉え方しか出来ないのが問題だ

あの国が10年前と今とを比べてどのように変化したか
シビアに見積もって今どれだけの力を持ち、どこへ行こうとしているのか
それを見て合理的な判断を下そうとしないのが気にかかる

563 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:23:20 0
>>562
誰かいないのかな?
そういうことする人

日本だけでなく、欧州の対応も変な気がするくらいだ

564 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:27:04 0
【国際】中国で映画館経営から撤退・・・突然の規制強化で決断 - 米ワーナー
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163201207/

米メディア大手タイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザース国際映画は9日までに、中国での映画館経営事業から
撤退すると発表した。世界最大のエンターテインメント企業が、ビジネス上のルールや規制の突然の変更という
“チャイナ・リスク”に直面した形だ。
(中略)
ところが昨年、中国政府による外資に対する規制が強化され、合弁企業の経営権を中国側に委譲しなければ
ならないことになった。ワーナーは中国政府と交渉を続けてきたが、進展がなく、このほど全面撤退を決断したという。
米メディア大手タイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザース国際映画は9日までに、中国での映画館経営事業から
撤退すると発表した。世界最大のエンターテインメント企業が、ビジネス上のルールや規制の突然の変更という
“チャイナ・リスク”に直面した形だ。
(中略)
ところが昨年、中国政府による外資に対する規制が強化され、合弁企業の経営権を中国側に委譲しなければ
ならないことになった。ワーナーは中国政府と交渉を続けてきたが、進展がなく、このほど全面撤退を決断したという。
米メディア大手タイム・ワーナー傘下のワーナー・ブラザース国際映画は9日までに、中国での映画館経営事業から
撤退すると発表した。世界最大のエンターテインメント企業が、ビジネス上のルールや規制の突然の変更という
“チャイナ・リスク”に直面した形だ。
(中略)
ところが昨年、中国政府による外資に対する規制が強化され、合弁企業の経営権を中国側に委譲しなければ
ならないことになった。ワーナーは中国政府と交渉を続けてきたが、進展がなく、このほど全面撤退を決断したという。
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163201207/l50

>> Business i 2006/11/11[07:05] <<
http://www.business-i.jp/news/world-page/news/200611110008a.nwc


24 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:19:46 ID:xZMS0Qt90
さすが中国。
日本がアメリカにこんなことしたら、とんでもないことになるね。


565 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:28:47 0


37 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:40:25 ID:rmJVXi2/0
昔の父親の会社もこれと同じ事やられてたな、映画じゃないけど
機械のメンテは日本側が抑えてたから、撤退後に機械が動いた補償はない
部品抜いたって言ってたしねw


38 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:42:13 ID:wQzJOlPgO
ワーナーの判断は正しい。
国際的なビジネスルールが守れない国とビジネスしちゃいかん。損するだけ。


39 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:43:09 ID:QW9S9ft20
中国のポリティカルリスクは恐ろしいものがあるからな。
ゲームのルールって要するに関係各所への献金不足ってだけだろ。
なにが徐々にだ。


566 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:34:14 0
11 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 08:42:43 ID:vYAiNBuL0
リスク管理にうるさい米企業が、
いまだに中国で商売してたこと
のほうが驚きなんだが
40 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:44:47 ID:RqUyxtkcO
>>11
バッサリ手を切って帰るのもリスク管理。
まあ、アメリカにはゴールドラッシュで一か八かの伝統もあるし
元々開拓民だからな。想定内の悪い方が出たってなもんでサバサバしたもんだろ。
「中国に投資する際は全てを失う覚悟がいる」とは彼らの言葉。
中国にしてみりゃ想定外の現実に悲劇ぶってる殴られ女みたいな日本企業はいいカモ。

44 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:47:25 ID:pTV7AY9Q0
昔うちの会社も似たようなことをやられたと聞いた。
合弁で事業を立ち上げ、苦労して軌道に乗せたところで
いろんな嫌がらせをされて結局撤退。
地方政府や公安とグルだから、「もうどうしようもない」と。

>>42
どんなに賄賂を渡してもキリがないといってた
44 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 09:47:25 ID:pTV7AY9Q0
昔うちの会社も似たようなことをやられたと聞いた。
合弁で事業を立ち上げ、苦労して軌道に乗せたところで
いろんな嫌がらせをされて結局撤退。
地方政府や公安とグルだから、「もうどうしようもない」と。

>>42
どんなに賄賂を渡してもキリがないといってた。

567 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:35:59 0
59 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 10:12:47 ID:FOBWgcL70
こうやって著作権でも何でも、他人の物を盗むのは平気で、
ちょっと文句を言われれば差別だと騒ぐ。

こんな中国が、自分のブランドで物なんか売り出せる訳ない。
それこそ中国が何かブランドを作ったら、笑い者にされて
晒されるだけだと分らないんだろか?
ちょっとは他人の物に敬意を示さないと、何時までたっても自分は
工場の奴隷労働者以外にはなれない、と理解できないんだろうかね。
61 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 10:16:16 ID:iBlDJuZ00
>>59
んだ、日本のAV嬢の写真を政府が使っちゃう国だもんな。
日本のAV嬢、中国政府の広告塔に
http://news4vip.livedoor.biz/archives/50839881.html
71 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 10:23:51 ID:8B/l7yRh0
>>61
自分のコレクションビデオからコピペしたのかよ。
それぐらい自分とこで作れんのかな。


568 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 10:36:52 0


72 :名無しさん@七周年:2006/11/11(土) 10:25:32 ID:MOca0Z7w0
>>44
そんな中国企業に白物家電資本提携を申し込んだとされる三洋電機の末路は・・・

三洋は電池事業はいいと聞いてるがそんな部門も中国に掻っ攫われるわけだ

569 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 12:28:14 0
>>563
いるも何も、有力なシンクタンクや確かな評論家などはすでにやっている。
ただ両極端なマスコミは取り上げないし、
2chのような煽り無制限な場所ではさらに話題にならない。

570 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 21:59:09 0
>>561
人類が滅びても地球はなくならないから問題ない

571 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 22:31:50 0
>>561
>イナゴ並に人口が増えんのに

2030年前後でとまる。
むしろ、人口の問題は、インドに移っている。

572 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 23:07:03 0
中国製品を日本の企業が世界に売り出すモデルから、
中国製品を中国の企業が世界に売り出すモデルに切り替わるだろうな。

573 :世界@名無史さん:2006/11/11(土) 23:13:22 0
>>572
この人10年以上前から書き込んでる?

574 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 02:19:09 O
>>569
君のお勧めのシンクタンクや評論家を紹介しる

575 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 05:47:24 0
>>561
この人10年以上前から書き込んでる?


576 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 07:16:47 0
【中国】 肥満人口6000万人、栄養不良も2400万人 [11/11]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163273849/

577 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 07:57:54 0
日本
人口1億3000万
肥満人口2300万
日本の方がはるかに豊か。

578 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 08:07:26 0
「人民網日本語版」2004年10月18日によれば、
中国の貧困人口、2億5千万人から2900万人に減少


579 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 16:22:07 0
中国製品を日本の企業が世界に売り出すモデルから、
ベトナムやインドで製造した製品を日本の企業が
世界に売り出すモデルに切り替わるだろうな。

580 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 16:23:56 0
>>578
>中国の貧困人口、2億5千万人から2900万人に減少
統計データの転記ミスだろ
中国の貧困人口、2億5千万人から12億9千万人に現実を追認…

581 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 16:35:33 0
「大本営発表」によれば、
中国の貧困人口、2億5千万人から12億9000万人に増大

582 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 16:40:35 0

Yahoo!投票で、総数6万票以上の投票が集まり、
その結果、核爆弾発言を繰り返す麻生が罷免されました。
投票は既に締切られていますが、その結果のまとめサイト。

質問:野党に罷免を要求された麻生の核武装発言について
   【投票総数63681票】
 ☆1位・問題ある30141票
   2位・問題ない28747票
   3位・わからない4793票
http://www.geocities.jp/sikeidai247/index.htm


583 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 18:50:40 0
>>574
いまこの瞬間で最も手っ取り早くアクセスできるものとして
http://mltr.e-city.tv/faq18s.html#01911
では田中明彦(国際関係論博士)、古森義久(産経新聞論説員)、
山崎養世(シンクタンク代表)、五百旗頭真(防衛大学校長)の論が紹介されている

あと外務省の中国情勢報告な
それと防衛庁の「わが国の防衛政策」も最低限必要
どうも2chのウヨやサヨはここらへんの情報を頭ごなしに軽視してたり
そもそも存在すらスルーしてたりして困るけどな

584 :世界@名無史さん:2006/11/12(日) 20:18:15 0
北國新聞/コラム】知的財産権保護 見えぬ中国の改善努力[11/6]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162752275/l50

【中国】 日本企業、中国への特許出願拡大〜模造・模倣が後を絶たない現状で、技術流出の懸念も [10/31]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162310332/l50

585 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 05:57:59 0
中国 14億:3000万
日本 1億3000万:100万世帯(生活保護)
日本も凄いなw

586 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 06:35:19 0
北京五輪
http://kisou-d.sakura.ne.jp/


587 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 06:37:14 0
じゃなくてこちら
http://www.youtube.com/watch?v=O1EBex6ExgM


588 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 06:40:24 0
これ、かなり大事だよな?
放送した局はあっぱれだが、
放送しなかった局は吊るし上げたほうがいいな

589 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 06:42:25 0
■アジアカップ2004
1 日本の組だけ過密日程
2 ナイター設備のない練習場
3 日本の組だけ死の組
4 しかも日本イラン戦を最終におかれ決勝Tが1試合多い状態
5 日本の組だけ重慶という高温&高湿度な場所
6 スタジアムは建設中(ペンキ臭い&コーナー付近はコンクリで危険)
7 重慶は中国でも有名な反日の都市、サッカーやるとこじゃない
8 ホテルでは謎のエレベーター故障で21階まで階段を強制される
9 試合会場の設備(シャワー・トイレ等)がなぜか使用禁止。会場の関係者に理由を問うと「俺達、明日休みだから」
10 北京に向かった飛行機が2時間遅れで到着。(同時刻に出発したバーレーンは定刻)
11 空港ではVIP用通用口でなく一般客用の通用口を通らされる。(バーレーンはVIP用通用口)


590 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 07:03:48 0
今日もコピペ空襲。北京陥落までもう少しだ。

591 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 22:44:55 0
【中国】アフリカに監査官を養成
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1163421716/

592 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 22:48:42 0
【国内】技能実習の中国人3女性、労基署に「劣悪労働」訴え[11/13]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163423986/
13 :(´・ω・`) ◆2tPdxjo/wc :2006/11/13(月) 22:27:02 ID:cv3UvLxa
…そのサービス残業の扱い、中国人だけ…?
最近、下手すると有り得るが…
つーか、基本給(?残業以外分)は貰ってるんだろ…?
14 :(  ̄□ ̄) <イワンのばか ◆51JBbCj6bM :2006/11/13(月) 22:27:30 ID:7CaHReD1
研修制度なんて止めればいいなのですよ。
端から出稼ぎ受け入れにしか使われて無いし、
だからこそ国内でもこんな扱われ方しかしないのです。
15 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/13(月) 22:28:52 ID:Rch0hdVx
実技研修だと相場いくらなんだろ?
これは残業ひどすぎるが
16 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/13(月) 22:30:32 ID:jmN1HBr7
日本の労働時間は異常だぜ?
この中国人の方が正常だよ
日本人は、どこまで奴隷気質なんだよ
いい加減に気がつけよ

訴えて当たり前の労働時間だと思うぜ?



593 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 23:50:34 0
【安倍内閣メールマガジン 第5号】
APECと日本の深い関係(外務大臣 麻生太郎)より

近年米国も、APECに新たな関心を向けています。米国が4%ずつ4年
成長すると、中国が1国分できます。日本が2.5%成長するとシンガポール
1国分ができ、それが4年続くと、タイとインドネシアを加えた分ができます。


594 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 00:00:24 0
どういう計算方法なんだろう?

595 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 01:05:21 0
>>593
いまはこうやって慰めるしかない。超高齢社会、多額の国債、
それらから目をそらすためには。

596 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 01:24:28 0
カワイソス・・・

597 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 01:57:30 0
カワウソス・・・

598 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 07:33:28 0
>>592
いやなら中国にカエレ

599 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 11:55:21 0
>>595
国債は平成17年度の590兆円をピークに減ってるよ。
国全体としての債務は微増だけど。

600 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 20:06:26 0
で景気は大幅回復と。

あと、あれだけ国を滅ぼすと言われていた不良債権が消えてなくなったのも大きいぞ。

601 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 21:45:39 0
くりるまんとるバーミアン

602 :世界@名無史さん:2006/11/14(火) 22:52:39 0
>>599
>国債は平成17年度の590兆円をピークに減ってるよ。
そうなんだ減ってるんだ。ん・・・・今年はよく考えると平成18年度
っっっっっっw

603 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 07:37:28 0
>>592
「ホワイトカラー・イグゼンプション」制度が導入されれば、
全員同じような状況になるかも。

604 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 12:35:43 0
>あれだけ国を滅ぼすと言われていた不良債権が消えてなくなったのも大きいぞ。

これってどういうこと・・・?何で消えたの?

605 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 13:20:06 0
>>602
世の中には予算ってものがあるんだよw

国債 平成18年度末(予算) 542兆円
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20061102k0000m010160000c.html

平成19年度末(予算案) 536兆円
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/seiji/gyousei/news/20061102k0000m010160000c.html

606 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 13:22:47 0
>>604
公的資金注入で過去の不良債権に片がついて、
景気回復で新規の不良債権が減ったから。

中国なんて物凄い額の公的資金注入してジャンジャン処理したから
「不良債権?たいした事ないアルよwwwww」って態度だぜ。
「ゾンビ銀行は潰せ」とか言ってた電波学者にだまされた日本哀れwwwwwwww

607 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 13:41:02 0
ゾンビ銀行って中国の銀行だろ

608 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 20:22:52 0
中国の統制経済と一緒にされてもなぁ

609 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 20:41:54 0
統制がないとエライことになります!

610 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 23:25:44 0
現実

平成18年3月末
国債 670兆5794億円
借入金 59兆2737億円

平成17年3月末
国債 626兆3633億円
借入金 59兆1122億円

平成16年3月末
国債 556兆4163億円
借入金 60兆6057億円

財務省
ttp://www.mof.go.jp/1c020.htm

611 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 12:46:58 0
>>608
中国は、むしろ無秩序な自由市場だろ。

612 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 13:18:37 0
一部だけ見るから、急増してるようにも微減してるようにも見える。
政府の債務はGDP比で見るのが正解。
http://www.mof.go.jp/jouhou/syuzei/siryou/007.htm
新聞で書かれてるように「最悪期は脱し」伸び率は鈍化してる。

やはり消費税増税直後が酷いな。

613 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 21:52:26 0
【中国】強制収容した飼い犬を殺処分?猛抗議に当局「デマだ」[11/16]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163671124/

614 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 21:53:53 0
勃起したチンコには統制が必要

615 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 22:19:09 0
>>612
>「最悪期は脱し」伸び率は鈍化してる。
言葉は言いようだな。常に増加し続けている。
これ以上借金すると崩壊するから借金できなくなってしまった
という状況だが。

616 :世界@名無史さん:2006/11/16(木) 23:44:28 0
中国がアメリカ並みの国になったら世界がほろぶってw
エネルギーも資源も食い尽くしそこは地獄とかすw

617 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 00:14:06 0
中国は軍事大国には成れたとしても、アメリカのように世界が羨むような超大国には絶対成れないと思う。



618 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 00:20:30 0
だれもアメリカをうらやんでない件

619 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 01:14:50 0
中国って軍事大国ですらないよ。
中国はソ連より劣っている国だから、米国と対等に渡り合うのは不可能。
自らで戦闘機すら作られない。ロシアから輸入するばかり。

ソ連はワルシャワ条約機構で米国と対決したけど、
中国なんて自国を盟主とする同盟国すら作られていないのが現状だからね。

620 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 01:17:15 0
日本ですら枢軸国の中では脇役でしかなく
ドイツの付添い人でしかなかった。
ソ連はワルシャワ条約機構を設立して東側陣営を作って米国と対立した。
しかし中国なんて自らの陣営すら作れていない。

米国には同盟国も多いし中国のような三等国と心中するような奴なんて
居ないだろうから中国も早晩、滅亡かな。

621 :世界@名無史さん:2006/11/17(金) 02:54:02 0
>>615
こんな関係ないスレで、破綻厨が財政改善中ということを認められずに暴れてるwwww

622 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 01:06:41 0
中国のお陰で改善中だもんな。

623 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 19:37:06 0
国債買いオペのおかげだよ。

624 :世界@名無史さん:2006/11/18(土) 21:31:21 0
中国売りオペがいい

625 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 14:57:46 0
【日中】大学サバイバル、主戦場は中国 学生確保へ現地入試盛ん [11/20]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1163998754/

【超少子化】 "日本の大学へ来て!" 中国人留学生ら確保でバトル…東大など各地の大学がサバイバル
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164000119/

626 :世界@名無史さん:2006/11/20(月) 14:58:53 0
【社会】中学校の階段で靴ひも結ぼうと1人がしゃがみ 生徒100人次々転倒6人死亡…中国
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163999062/

【国際】 靴ひも結びで1人しゃがむ→中学生100人超が転倒、6人死亡…中国
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1163995257/



627 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 22:51:26 0
>>620
>日本ですら枢軸国の中では脇役でしかなく
そりゃそうだ。同盟関係でも何でもないんだし。

628 :現実は厳しい:2006/11/21(火) 23:11:19 0
【経済】国の借金は827兆円、1人あたり647万円 6月末時点で過去最高を更新[06/09/25]
1 :おーよφ ★ :2006/09/25(月) 21:56:20 ID:???
財務省は25日、国債や借入金などを合計した国の借金残高が、今年6月末時点で
前年同期比4.0%増の827兆7948億円に達し、過去最高を更新したと発表した。
赤ちゃんからお年寄りまで含めた1人あたりの借金は約647万円となる。ただ同省は
06年度から国債の買い入れ消却額を増やし、国債残高の増加を抑制しているため、
借金残高の伸び率は鈍化した。

国の借金の内訳は国債が同4.4%増の668兆8199億円。金融機関などからの
借入金が同0.4%増の58兆5279億円、一時的な資金のやりくりなどに使われる
政府短期証券が同3.3%増の100兆4470億円。地方の借金は今年3月末時点で
約170兆円あり、国との合計は約997兆円に膨らむ。

財務省は、小渕内閣時代に景気対策で大量発行した国債の償還期限が集中する
「08年度問題」を解消するため、06年度内に前年度の3.4倍の12兆8000億円の
国債を買い入れ消却する予定だ。

国の借金とは別に、特殊法人の借入金などを国が保証する政府保証債務もあり、
6月末時点の残高は同9.3%減の52兆4275億円となった。

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/keizai/20060925/K2006092503660.html

629 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 22:06:39 0
経済発展が進む中国の都市部で、子供に物ごいをさせて収入を増やす大人が急増し、社会問題
となっている。出稼ぎで建設労働などのアルバイトをするよりも収入が多いためだ。しかし物ご
いをさせられた子供たちは心に傷を残し、健全な成長にも悪影響を及ぼしている。中国誌「遼望東方」が報じた。
 都会で物ごいをした場合、1日の収入は約80元(約1200円)。建設労働やファストフード店
のアルバイトの日給40〜50元(約600〜750円)に比べて非常に高い。
 同誌によると、中国内陸部の陝西省西安市は、物ごいを目的として都市部に移動する人々の中継地
となっている。西安市で04年に保護された物ごいをする路上生活者は約600人だった。今年1〜
6月の保護人数は6000人に達し、うち約1000人が6〜16歳の子供だった。大人が子供を雇
い組織的に物ごいをさせるケースが多かった。
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20061123k0000m030004000c.html

 甘粛省岷県中寨鎮には、全国でも有名な「物ごい村」がある。地元公安当局の調査では、四つの
小村で、約300人の子供らに都会での物ごいの経験があった。自分の娘と隣家の子供に物ごいを
させている30歳代の男性の家には、オートバイやテレビもあり、生活は貧しくない。物ごいによ
る収入は年間1万元(約15万円)超で、都市部で建設労働に従事するより高収入が得られるという。
 物ごいの経験を持つ子供は、保護された後も勉強への意欲を失ったり、学校の管理下に置かれる
ことを嫌がる傾向が強いという。



630 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 07:30:43 0
<ネット仮想通貨を資格外売買 容疑で中国人留学生逮捕>
http://www.asahi.com/digital/internet/SEB200611220017.html
熊本県警などは22日、オンラインゲームの中で使われる「仮想通貨」などを売り、現金収入
を得たとして、熊本市内の私立大学に通う中国人留学生、王悦偲容疑者(23)=熊本市渡
鹿6丁目=を出入国管理法違反(資格外活動)の疑いで逮捕した。容疑を認めているという。
こうした取引は「リアル・マネー・トレード(RMT)」と呼ばれており、資格外活動として摘発す
るのは九州で初めてという。

調べでは、王容疑者は「留学」の在留資格しかないのに、今年4月14日から5月23日にかけ
て、オンラインゲーム「リネージュII」で仮想通貨や武器、道具を集めて現金で販売し、約600
万円を売り上げた疑い。インターネット・オークションで買い手をみつけ、現金の振り込みを確
認した後、ゲーム内で落札者に仮想通貨などを渡していたという。

王容疑者は04年4月、中国・桂林から交換留学生として入国、1年後から自費で滞在してい
た。入国以来、RMTで約1億5000万円を稼ぎ、1億円以上が中国に送金された疑いがあると
いう。県警は今後、送金の目的や背後関係についても調べる。 (以下略)


631 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 07:31:29 0
【中国】 北京五輪用に国を挙げて開発してきた通信衛星、打ち上げ10日で電波が途絶える
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1164224497/

632 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 20:47:35 0
>>630
一億五千万も稼げるのか。俺もやってみようかな。

633 :世界@名無史さん:2006/11/23(木) 22:56:34 0
【『生活の原資という意味での賃金 =時給換算の購買力平価』による比較】
[時給 内外価格差 物価指数(時給/内外価格差)=時給換算の購買力平価] (物価指数100=OECDの平均値)

▽アメリカ 2130 110 19.4
▽ニュージーランド 1427 75 19.0
▽スイス 2432 128 19.0
▽デンマーク 2176 118 18.4
▽韓国 1111 69 16.1
▽日本 1654 126  13.1 ←現時点ここ
▽日本WE 1091 126(?) 8.66※1 ←※1(日本がホワイトカラー・イグゼンプションを導入し、年収120万円減+月残業20時間UPした場合)
▽トルコ 300 44 6.81


634 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 00:51:22 0
>>632
まず行列に割り込んでPS3をゲットするところからdfskhlがえおいtgfy

635 :外貨準備高世界一:2006/11/24(金) 08:17:39 O
支那はアメリカに偏って輸出してるせいでjが余っている。
ただ、この資本は迂闊な使い方をするとアメリカを怒らせることになる、使い方の難しい資本だ。
だから、実際のところ使い道がなく、現在はずっとその資本で米国債を買っている。
それが全て外貨準備高にカウントされているのだ。

お陰でアメリカは安心して超低利の米国債が発行でき、ただ同然で資金を得られる。
アメリカはその資金を使って、世界中から様々な経済政策を行う。

今や、支那の対米輸出はインフレなしでjを生み出す打ち出の小槌なのだ。
つまり支那は既にアメリカの経済植民地ということ。
これが最恵国待遇の実体だ。


1990年には、2010年までに、といわれていた。
1995年には、2015年までに、といわれていた。
2006年には、2025年までに、といわれていた。

「20年間で米国を抜く」、
という単純なイメージ広告で次々と世界中の間抜け外資をカモる詐欺師が羨ましい。

支那の経済発展を喧伝し続けるモルガンスタンレー銀行のアジア太平洋本店は、
北京にある。

韓国に「永遠の対日10年神話」があるように、
支那には「永遠の対米20年神話」がある。

これは客観的事実ではなく、単に話術による錯覚なのだ。

636 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 13:01:56 0
中国はGDPもう世界4位だぜ
来年ごろにはドイツ、
2010年あたりには日本を追い越すんじゃないのかな
アメリカは202〜30年あたりだろうけど

637 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 18:21:47 0
「就職できない」「結婚できない」を苦に飛び降り自殺−中国
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1164357897/


彼女にふられ絶望、ペニスの切断手術を希望する男性−中国
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1164358722/


638 :世界@名無史さん:2006/11/24(金) 22:46:12 0
そういえば、ここ10年で韓国のGDPも急成長したな。

639 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 01:39:45 0
支那はホロンブ

1990年には、2010年までに、といわれていた。
1995年には、2015年までに、といわれていた。
2006年には、2025年までに、といわれていた。

崩壊する、分裂する、滅ぶ、消滅するといわれてきたが、いまだに存在する。

640 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 04:50:13 O
1990年には、2010年までに、といわれていた。
1995年には、2015年までに、といわれていた。
2006年には、2025年までに、といわれていた。

「20年間で米国を抜く」、
という単純なイメージ広告で次々と世界中の間抜け外資をカモる詐欺師が羨ましい。

支那の経済発展を喧伝し続けるモルガンスタンレー銀行のアジア太平洋本店は、
北京にある。

韓国に「永遠の対日10年神話」があるように、
支那には「永遠の対米20年神話」がある。

これは客観的事実ではなく、単に話術による錯覚なのだ。

 ━━━━━━━━━

全体主義国家の国家経営は容易く粉飾が可能。

そして、永遠に続く経済発展など無い。

今の支那はドーピングだらけのマラソン状態。

いずれ薬が切れるか本人が壊れる。

その時は内部分裂状態になる。

経済問題ではなく、政治問題となるのだ。

641 :世界@名無史さん:2006/11/25(土) 12:16:06 0
** 日本企業の中国進出顛末 ** 結局損するだけ

中国進出して失敗した中小企業の話を読んだ。
有能な中国人を、副社長にまでして、家族ぐるみでつきあってたのに
やり方を覚えたら、部下を連れて突然やめて新しい会社を作り、
結局、自分の会社は撤退することになった。
実は、同じような目にあう日本企業が続出している。

日本にそういう情報が入りにくいのは、当事者が失敗を世間にうち
明けないからだが、昨今は少しづつ中国人の狡猾なやり方が日本にも
理解されだした。


642 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 15:55:45 0
http://youtube.com/watch?v=RJ6-c5dB4OY

643 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 16:28:35 0
http://550909.com/?f4345251
1.まず、上記サイトで無料会員登録をしてください。
受信拒否の解除をお忘れなく。

2.登録後、トップページからログインしてください。
メンバー専用のページのメニューに 「アフィリエイト」
というところがありますのでそこでアフィリエイトの申し込みをしてください。
すると、あなた専用の『紹介用URLアドレス』を貰えます。

あとは簡単です。
誰かがこのあなた専用の紹介用URLから会員登録すると、あなたに報酬が発生します。
報酬額は、1人が登録しただけで、1000円もらえます。
@ 参加費、登録費は一切無料です。
A あとでお金がかかることはございません。
B インターネットが出来る環境、銀行口座をお持ちであれば参加できます。
C 人に会わなくてはならない、講習会への参加等一切ありません。
D 電話応対などもありません。
E 自宅で自分の好きな時間に一人で出来ます。


644 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 16:32:38 0
>>636
景気って循環するもんだから
絶えず成長の可能性は薄いでは?

645 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 16:57:04 0
ハードランディングの余波で日韓もホロンブ

646 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 17:08:34 0
【ゲーム】プレステ3の列に目立つ中国人、転売狙い動員 福岡
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1163290689/
1 :焼きめされ(070111)φ ★ :2006/11/12(日) 09:18:09.50 ID:???
 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の次世代家庭用ゲーム機「プレイステーション3
(PS3)」の販売が11日朝、始まった。各地の家電量販店などには、待ちわびたゲームファンらが
長い列を作ったが、中には中国人客が集団で買い占めを図る姿も見られ、店やソニー側を困惑させた。
一方、ネットオークションには早くもPS3の出品が相次ぎ、高値で取引されている。
福岡市博多区の「ヨドバシカメラ マルチメディア博多」。200台の販売数に対し、前夜から400人が
押しかけた。店によると、その大半が中国人とみられた。午前7時の販売開始とともに入店すると、
「元締」らしき男性の指示を受け、PS3を次々に購入。買ったばかりの商品を袋に入ったまま店内の一角
に置き、「元締」からアルバイト代とみられる金を受け取って立ち去っていった。
 同店の担当者は「中国人が多数来店してゲーム機を買っていくことは前にもあった。買った商品を
どうするのかはわからない。ネットワークがあるのだろう。大きなトラブルはなかったが、何らかの対策
を考えなければ」と話した。
 SCEにはこの日午前、各地の店から完売報告とともに「中国人が組織的に来店してPS3を買っていった」
との連絡が寄せられたという。同社広報部の担当者は「転売目的の購入だと思う。純粋に商品を楽しむ
お客様に対して迷惑な行為で、ご遠慮いただきたい。だが、転売目的かどうかを判別するのは難しく、
対応の取りようがない」と話した。
 インターネットの競売サイト「ヤフーオークション」にはこの日午前10時すぎ、PS3の本体と予約券など
を合わせて1500件以上が出品されていた。PS3は2機種あり、安い型は希望小売価格4万9980円、高い
型はオープン価格で6万円前後。ハードディスク駆動装置(HDD)の容量が大きい高い型がすでに20万円
以上で落札されたケースもある。 (一部省略) (朝日新聞 2006年11月12日07時28分)
http://www.asahi.com/business/update/1112/001.html

647 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 17:09:07 0
27 :名前をあたえないでください :2006/11/14(火) 18:37:39.43 ID:wadSs98h
>>22
元々PSは北へは輸出禁止
高スペックすぎて軍事コンピューターになるから


648 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 17:26:08 0
>>641
>有能な中国人を、副社長にまでして、家族ぐるみでつきあってたのに
>やり方を覚えたら、部下を連れて突然やめて新しい会社を作り、
>結局、自分の会社は撤退することになった。

それはその中国人の勝手でしょう。恩着せがましく言う日本人のほうが間違ってるよ。
アメリカなんかもっと企業家精神が旺盛で、会社の幹部クラスが部下まで引き連れて
出て行ってしまうなんて当たり前だよ。


649 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 17:26:57 0
それはNIKEのことか

650 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 18:43:06 O
儒教世界は泥棒が生き生きしてそうな世界ですな。

進駐した日本軍を憎む訳だ。

651 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 22:59:51 0
江湖の英雄には敵が必要なんだろ

652 :世界@名無史さん:2006/11/27(月) 07:28:45 O
だから蒋介石は、内心で日本に縋りたかったのに日本と袂をわかった訳だね。

653 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 08:24:57 0
【中国】人民元、対米ドルで最高値更新 香港ドルと等価に
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1164647587/

654 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 20:23:25 O
バーボンかと思った。

655 :世界@名無史さん:2006/11/28(火) 20:35:00 0
>>648
日本人は恩着せがましい文化だよな。
選手の権利で獲得していったFAの歴史なのに
小笠原パッシングなんかひどいものだ。
ま、2ちゃんの書き込みなんか小笠原にはいたくもかゆくもないけど。

656 :過去:2006/11/29(水) 00:07:18 0
ゴールドマンサックス社によれば、2005年には
日本はアメリカのGDPを追い抜く。

657 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 01:06:56 0
まあ、アメリカが10年くらい停滞して
日本が順調に成長してればそうなってただろうな。

実際にはまったく逆だったわけだが。

658 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 13:44:39 O
育ち盛りの子供を調べて、「この子は十年後には7メートルを越すでしょう」って言ってるようなもんだ。

659 :世界@名無史さん:2006/11/29(水) 21:34:11 0
比例定数で一国の経済を予想できたら世の中簡単すぎるよな

660 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 18:45:54 0
【アジア開銀】 アジア開発銀行、中国の鉄道建設に3億元を投資 [11/30]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164877370/

アジア開発銀行中国駐在事務所によると、この鉄道は今年の2月に着工され、
中国の山西省、陝西省それに寧夏回族自治区を結ぶ最初の東西方向の鉄道である。
この鉄道の建設は、沿線の650万人の住民に利便性や恩恵をもたらすに違いない。

「CRIより2006年11月30日」
ソース チャイナネット
http://japanese.china.org.cn/japanese/277769.htm
関連
【アジア開発銀行】 東アジア版G7を提唱 アジア開発銀総裁 [02/08]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1139388892/

4 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/30(木) 18:03:57 ID:gJ4TAbNt
チベット鉄道に続く民族浄化鉄道でつか?
5 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/30(木) 18:04:25 ID:sCSMXdeO
アジア開発銀行の資金源はどこかね?かね?
6 :エ)・) ◆lWYtn5MZ2k :2006/11/30(木) 18:04:34 ID:jpyP26jx
( ´∀`);・ ブツッ くーーーーろぉだぁあああぁぁぁぁ!!!!!
( ´∀`)ノ 良い子にも良く解るアジア開銀の説明
( ´∀`)ノ 財務省が外務省からODA利権を強奪して新たに作った日本の金と技術を流す存在 首謀者は小泉
7 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/11/30(木) 18:05:47 ID:4MPcJ2m/
減らされた中国向けODAがアジア開発銀行経由で融資の名目で流れてるって話を聞いたんだが・・・





661 :世界@名無史さん:2006/11/30(木) 20:14:22 O
外貨準備高世界一のまま反日暴動から派生した暴力革命で崩壊する政権ってのは


乙なもんだね。

662 :世界@名無史さん:2006/12/01(金) 01:06:56 0
丙〜

663 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 16:50:55 0
【中国】売春婦ら「公開裁判」…客も含む約100人[12/02]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1165044971/

664 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 16:51:43 0
30日付の香港各紙によると、香港に隣接する中国広東省の深センで29日、
公安当局に拘束された売春婦や買春客ら計約100人が繁華街での「公開裁判」に
掛けられた。深センのような大都市でこうした大規模な見せしめが行われるのは異例。

報道によれば、見せしめは「風俗犯罪公開処分大会」と称され、
香港との境界近くにある飲食店街2カ所で、道路を封鎖して実施。
大勢のやじ馬が見守る中、公安当局幹部が氏名や生年月日を読み上げて
本人確認をした上で、全員に15日間の拘留処分を言い渡した。
香港の男性10人程度も含まれていたという。

香港紙は、2日からの呉邦国・中国全国人民代表大会(全人代)常務委員長による
香港訪問に合わせた取り締まり強化の一環と伝えている。
香港を訪れる中央政府の指導者は通常、深センから陸路で入る。(香港=時事)

ZAKZAK 2006/12/01
http://www.zakzak.co.jp/top/2006_12/t2006120102.html




665 :世界@名無史さん:2006/12/02(土) 16:57:23 0
【中加】カナダ主要企業の約7割、ハーパー首相の対中人権外交を支持[12/02]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1165041542/

666 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 02:16:42 0
666ゲット

667 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 17:48:11 0
脱北して中国に入り2年ほど過ごし
現在モンゴルの施設に入った男と娘が
中国にいる知人の協力で
娘は中国の中学校に通うことが出来たが
その間、同級生にくり返し強姦されていた
と語っていた

668 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 20:02:19 0
今の小皇帝どもは本当に甘やかされてるな
まず師である教師が味見するのが筋だと思うが

669 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 20:03:57 0
今日もコピペ爆撃!!!!!!!

670 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 20:47:01 0
825 名前:名無的発言者 :2006/12/03(日) 19:02:23
アジア系の外国人男性が「私にも渡せよ。暴動起きてもいいですか?」と警備員に詰め寄った。
http://www.asahi.com/business/update/1202/031.html
またおまえらか

671 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 19:31:43 0
【経営難】「節約しなくちゃ、いけないんです」「搭乗前にトイレ行って」支那航空会社、乗客に異例の呼びかけ
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1165226449/

日本の航空会社も見習って欲しい考え方だな。

672 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 19:37:23 0
大阪鶴見区 中国人違法露天商が大暴れ 地域住民の苦悩 1
http://www.youtube.com/watch?v=YnvAgzKCwmk

大阪鶴見区 中国人違法露天商が大暴れ 地域住民の苦悩 2
http://www.youtube.com/watch?v=qvF3mz8Du2Q


(∀) アハーヨ!




673 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 12:32:43 0
ttp://www.worldtimes.co.jp/
中国青年報(中国) 2006年12月5日
竜と中国の国家イメージ
 
上海外国語大学党委員会書記の呉友富氏は最近、あるシンポジウムで驚くべき
発言を行った。「竜」の英語訳「ドラゴン」は西側世界では覇気と攻撃性に
満ちた非常に巨大な物と見なされている。「竜」のイメージは、中国の歴史や
文化を理解しない外国人に対し、現実に合わない独断的な連想を与えている。
したがって、「竜」の限界性を考慮し、国家のイメージブランドを再構築
しなければならないと。
呉氏はもともと、「世界に向かって中国の国家イメージブランドを再構築する」
ことに関する上海市の重要研究の筆頭に名を連ねている人物である。いったん
研究が完成すれば、呉氏が作った中国の新たな国家イメージシンボルが関係部門
に採択される可能性が大きい。
言い伝えられるところによれば、竜は今日まですでに8000年の歴史をもって
いる。竜は中華民族大融合の証人であり、歴史的に見ると漢族、あるいは少数
民族が中国を統一する際、「竜」は終始そのシンボルとして伝承されてきた。
「竜」以外に、中華民族の内在的な感情と信念を凝集できるものは考えられない。

674 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 12:33:17 0
「竜の子孫」であるわれわれの目からすれば、竜は縁起がいい、末永く
睦まじいことの象徴である。西洋人に迎合するために、われわれは根源を
忘れなければならないのか。それは典型的な弱国の心理である。
英国人のトーテム(国家イメージシンボル)は獅子であり、米国は白頭ワシ、
ロシアは双頭ワシである。中国人の観点からすれば、獅子は「狂暴な動物」
であり、白頭ワシは必ずしも縁起がいいと言えないし、双頭ワシはなおさら
益鳥などではない。だが彼らはこのために自らの「崇拝の対象」を変えなければ
ならないのか。
西側諸国の「竜」に対する曲解の根源は中華民族に対する曲解にある。
こうした曲解は、過去百数十年来の屈辱の歴史や経済の発展水準と切り
離せないもので、標識を交換するだけで絶対に変えられるものではない。
必要なのは、国家のブランド標識を再構築し、良好な国際イメージを
つくることであり、元からある民族文化の基礎の上に宣伝を展開し、
他の国の人々に竜の寓意を理解してもらうべきである。民族的なもの
こそ世界的なものである。国際化、グローバル化の道をどんどん進む
あまり、家に帰る道を忘れないよう、あの「世界主義者」たちに忠告したい。

675 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 14:14:52 0
×西側諸国の「竜」に対する曲解の根源は中華民族に対する曲解にある。
○西側諸国の「竜」に対する悪いイメージの根源は中国が周辺を侵略しまくったせい。

676 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 21:30:57 0
>西側諸国の「竜」に対する悪いイメージの根源は中国が周辺を侵略しまくったせい

それは明らかに違う。
西洋におけるドラゴンのシンボリズムは、中国についての知見が普及するより以前からの
古い伝統がある。

677 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 23:23:29 0
>>674
>「竜の子孫」
肘の内側に漢族シワがあるのが竜の子孫。

678 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 23:35:05 0
旧約聖書に登場する「古き竜」からして、もうダークのイメージがあるんじゃないの。


679 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 09:10:44 0
Wikipediaのモンゴル帝国やクビライの項目から、英語版にたどってみると、
元って中国じゃないようにみえる。
チンギス・ハーンの頃はいまのモンゴルにいたし、
北条時宗とたたかったクビライの頃は、いまの中国の内蒙古自治区にいたけど、
それでも当時はモンゴルだったように読める。
実際、元とは統治上の戦略で中国風の名前をとっただけじゃないだろうか。
満州族も漢族の文化と文字をこわさなかったように。

なので、中国が世界に君臨したというイメージが拾えないのですが。

680 :世界@名無史さん:2006/12/08(金) 09:13:09 0
つまり、英語版ではMongolをChinaに言い換えて説明しておらず、
Mongolで統一し、モンゴル民族の支配と闘争の流れで説明しているということです。

681 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 00:06:56 0
>>673
カルト機関紙のトップページに誘導するのはやめようよ

682 :世界@名無史さん:2006/12/09(土) 18:18:31 0
【米国】対中戦略対話で知的財産保護など3分野を要求、取り組みの強化を求める
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165648714/

683 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 00:47:53 0
        /   ヽ ヽ ノ                   ヽ
        |     〉 V              |   |
        |    /  /       \       ヽ、 |
        |    / / /|       ヽ       \
        .!   / { ヽ|    ...     ゙、        ヽ
        |  {  ゙i   ヽ  ::r.;:.     l         ::_)
        .!  \ ト、 |   `゙"     /          /     ちょっとオッパイ置いときますね
         |    ト| | ∧       /           /        
            |  / / /|| ゙ヽ、 __ ,. -'"    ` ーr┬ '′
          | / / | ヽ、               | /

684 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 01:38:48 O
始皇帝が事故死か病死して、
さらにその後が乱世ではなく、ある程度の規模の国が均衡して文化と経済を熟成させておれば、
漢字は口語体で発達し、民衆のうち豊かな者が庶民文化をリードしていたのかも知れない。

いや、やっぱりそんなの不可能だ。

685 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 18:24:22 0
【北京春秋】 走りの美学(11/24)
http://www.sankei.co.jp/databox/tokuhain/0611/061124m_int_48_1.htm
 
昨年に中国でブレークした日本漫画原作の香港映画「頭文字(イニシャル)D」をDVDで見た。
青春B級映画と思いきや、実はこれ、日本車が主役。映画はRX−7やスカイラインGTR、
ランサーエボリューションなど90年代に人気があった日本の名車がただ走っているだけだが、
コンパクトながら走りの美学を緻密(ちみつ)に追求した職人かたぎの日本車の走行姿は実に華麗で、
懐かしかった。あの時代はきっと日本車の青春時代。この映画が昨年の日本車人気をあおったという説もある。
ああいう映画は中国車では作れない。模倣の寄せ集めでできた車には映画で語られるに足る美学やこだわり、
物語性に欠ける。そもそも、安売り競争に流れる中国車は購入半年以内の故障率が77%。
そんな性能でドリフト演技などできまい。今年の北京国際モーターショーでは中国民族ブランドが目立ち、
中国車も技術開発に本腰を入れ始めているらしい。しかし、北京の渋滞の中、至る所でエンストや接触事故を起こし、
クラクションをブウブウ鳴らしている車の群は走りの美学どころか醜悪でさえある。
中国車に青春時代は来るのだろうかとため息をつきつつ、最近はもっぱら地下鉄通勤だ。
(福島香織)



686 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 19:42:30 0
【朝日】エジプトでの中国ブーム 中国人の浸透力と中東のルック・イースト−「米国の世紀の終わりと中国の台頭」とも [06 11/30]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1164936941/l50

257 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/12/10(日) 05:42:01 ID:4ZNtECma
朝日がパラノイアと感じる記事ですねw
なんで、ニーハオが多くなったら米国の終わりなのか?
中国製が世界中に溢れているのは先進国企業がコスト削減の為に
中国で製造している所為だし、別に中国企業のオリジナル製品が溢れているわけじゃないし。
258 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/12/10(日) 05:47:38 ID:sJDLE/JW
中国製品はメイドインジャパンと同じ扱いされてる訳じゃないし、
今後そうなることもないだろう。メンタリティが違い過ぎる。
259 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/12/10(日) 05:48:30 ID:JhmTZjea
朝日だから本当かあやしい
別のメディアが同じ視点で報道してくれないかな
260 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん :2006/12/10(日) 06:40:11 ID:eSjHa6wk
いま世界中でチャイナタウン襲撃や華僑排斥が起こってるから
朝日は華僑ホルホル記事でバランスとってるつもりなんだろう

687 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 19:46:32 0
【韓国】中国リスク顕在化、韓国経済は追い抜かれる可能性[12/10]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1165735128/

688 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 21:36:56 0
650 名前:世界@名無史さん :2006/12/09(土) 22:58:15 0
1974年から82年までドイツ連邦共和国の首相を務め、知日派としても知られる
ヘルムート・シュミット(Helmut Schmidt,1918-)は、1989年末にドイツの高級紙
『ディー・ツァイト』が主催した座談会で次のように語っている。

「ヨーロッパ的概念は中国のような国では全く使いものになりません……
中国人を民主主義の概念によって救うことは、あまり期待できないと思われます。
彼らは何百年も上から下される儒教的伝統の中で育ってきています。これは
周恩来やケ小平において支配的な観念になっており、天安門事件での大量虐殺
の歴史的背景になっています。……日本も民主主義ではありません。外見上は
民主主義に見えていますし、日本人自身は民主主義だと信じています。彼らの
信心深いこの信仰を壊すべきではないかも知れませんが、日本は民主国家には
なりません」
(「東欧革命の原因と結果」石田勇治訳、『世界』1990年4月臨時増刊号、155頁)

         
         『アジアは〈アジア的〉か』(植村邦彦、ナカニシヤ出版)


689 :世界@名無史さん:2006/12/10(日) 21:39:03 0
651 :世界@名無史さん :2006/12/09(土) 23:11:08 0
日本鬼子よ、なぜ中国を恐れる? その1
http://hannichi.seesaa.net/article/5082971.html
ドイツの元首相シュミットはある取材で話した。「私は日本の友人に聞いたことが
ある。君はなにを恐れているのだと。彼は中国を恐れていると言った。私はさらに
彼に聞いた、この2000年の歴史で、中国は日本の領土を侵略したことがあるかい?
彼は無いと答えた。それならなぜそんな風に考えるんだい。彼は答えられなかった。」
そうだ!我々中国人も聞いてやればいい:中国の発展を君ら日本はなぜ恐れるんだ?
中国の富国が君ら日本に何の威嚇になるんだ?
大唐朝で、君らは初めて人道を知り、直ぐに黒い手を朝鮮に伸ばした。結果
白村江の戦いで大唐朝の威風を味わい、恐れおののいた君たち日本は、謙虚に
学ぼうとしたので、我々は君たちが刀を下ろせばやりなおせると思い、君たちに
衣服と礼儀を与えた。

↑この文章の最初の箇所はシュミットの『大国の明日』からの引用なんだけどさ、
シュミットの書いた本を読んで喜んでいる中国人が哀れに思えてくる…
実際は>>650でわかるように、シュミットは本心では中国人を蔑視していて、
母国(語)と外国(語)で言論を使い分けているんだが…


690 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:16:09 0
【中国】汚職根絶政策推進派、相次ぐ殺害…反発する企業や関係者に雇われた暴力組織が殺害の可能性〔12/15〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166182851/

中国でこのほど地方行政のトップと裁判官の一家が惨殺される事件が相次いで発生した。
双方とも胡錦濤政権が標榜する汚職根絶を強く推進しており、懸念を抱いた企業や
関係者側が暴力組織と癒着、殺害した可能性がある。

「調和社会構築」を最優先に掲げ、社会問題を重視する胡政権が、
反腐敗闘争の中で激しい抵抗に遭う実態が浮き彫りになっている。

中国各紙によると、今月11日、甘粛省臨夏回族自治州で中級人民法院(地裁)の
陳義明・裁判長(58)と妻、孫(7)、16歳の家政婦4人が自宅で銃殺された。
陳裁判長は、共産党・政府幹部による職務犯罪や麻薬関連の犯罪などを担当していた。
同裁判長は「法に厳正な勤務態度が目立った」(14日付新京報)とされ、
逆恨みによる報復措置を受けた可能性が指摘されている。
http://www.sankei.co.jp/kokusai/china/061215/chn061215001.htm

なんで企業関係者やねん? おかしいやろ。
賄賂要求してた方がやったほうが警察当局を押さえられて効率的
やろぉ〜〜〜自分の罪も隠せて。恐ろしいな中国共産党。
人殺してあいつがやったでつかまえて。マッチポンプ、マッチポンプ

691 :世界@名無史さん:2006/12/15(金) 21:18:55 0
【中国】中国では下水溝に溜まった油を原料として食用ラードが作られる…大量の農薬も含まれ人体への悪影響必至〔12/15〕
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166165470/

それがコンビにの弁当に使われ
我々の口に入るのであった
( `ハ´)中国は地球に優しいアル! 人間の死体だって無駄にしないエコ先進国!

2006年12月3日、中国国営テレビ局である「中央電視台」は、その人気番組である「毎週品質報告」で
上述した繁昌油脂廠事件を特集した。
この放送の反響は大きく、主要販売先の1つとされた山東省では、各地で市場調査が行われ、
問題の繁昌油脂廠の食用ラードは見つからなかったとして、調査結果を踏まえた安全宣言が次々と行われている。
しかしながら、繁昌油脂廠が100トン以上の「食用ラード」を出荷したことは事実であり、
それらが発見されないということは、既に調理に使用されてしまったことを意味するのだろう。

繁昌油脂廠の事件が公表されて間もない2006年8月31日、中国衛生部は緊急通知を発し、
全国の衛生部門に中小レストランが低品質油を使用していないか至急調査するよう命じ、
違反に対しては刑事責任の追及も含めて厳正に対処するよう指示を出した。
なお、現在までのところ、繁昌油脂廠製の食用ラードによって健康被害が発生したという報告はないようだ。

写真:食用ラードの優良製品
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20061214/115674/px250_ph4.jpg





692 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 06:45:28 0
>>674
>英国人のトーテム(国家イメージシンボル)は獅子であり、米国は白頭ワシ、

なんで今どき英国を筆頭に持ってくるのかと思ったが、
やっぱり英国にはよっぽどコンプレクスてゆーかトラウマがあるんだな。


693 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 07:13:31 0
中国人とは友人になれる。
中国が日本を侵略したことがないのはただしい。

日本を侵略するのは中国ではなくて朝鮮と韓国。
中国は日本を侵略しないが、朝鮮と韓国は日本を侵略する野蛮な国

694 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 08:37:11 0
志村ー、元寇、元寇

695 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 10:52:57 0
もうすぐ世界の中心に復活する、大中華になる
広い道、高いビル、飛行船、巨大な列車、すばらしい時代がくる

696 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 14:17:14 0
>>694
日本の昭和の中国侵略はまじりっけなしの100%で日本人が
やったと言い切れるだろうけど、元寇は100%中国人がやったとは
言い切れないような。



697 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 15:13:19 0
元は中国王朝でしょ

698 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 16:07:40 0
元は日本王朝でしょ

699 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 16:08:39 0
清は日本王朝でしょ

700 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 16:19:34 0
700

701 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 20:55:44 0
>696
別に日本だけが一方的に悪いわけじゃない

702 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 21:47:11 0
中国は地球の資源食い尽くすだろ ブルブル

マジ怖い

703 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 21:48:25 0
アメリカが中国並の人口になるよりは、いい

704 :世界@名無史さん:2006/12/16(土) 22:45:32 O
清の官僚が、当時最先端の時計技術や水力紡績機の技術を禁止せず、鎖国もせず、むしろ積極的に海外渡航を支援し、なおかつ豊富な石炭を簡単に掘り当てることができたら、今頃中国は……イギリス?

705 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 00:09:17 0
豊富なだけじゃなくて質のいい無煙炭じゃないと。

706 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 00:59:54 0
アメリカは中国をもっと調教すべき

707 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 08:45:41 0
中国・揚子江のヨウスコウカワイルカが絶滅
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1166304511/

708 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 14:17:38 0
>>696
何言ってるんだ、上海の租界に侵略して日華事変をはじめたのは中国じゃんか。

709 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 16:59:40 0
中国、45年後には3人に1人が高齢者に
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1166337960/


710 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 17:00:56 0
【米中】 中国製品への相殺関税を課すべきか、業界からの声受け調査続行へ…アメリカ政府 [12/16]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166337405/

711 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 19:46:58 0
さすが、三流国家、日本はあと25年後には3人に一人が高齢者。
しかも、高齢者の基準は65歳以上。日本を超えることはできない。

712 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 20:17:17 0
支那はホロン部。だから問題ない。

713 :世界@名無史さん:2006/12/17(日) 21:00:00 0
中国とアメリカの間をうまく漂えば日本最強
日本が中国についた瞬間に中国>米国になる悪寒

714 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 00:17:53 0
 兵役は、日本人ならみんな行く、明く樂しい青春道場。
 納税、教育と共に憲法に明記された三大義務だ。
 非國民なこと言つてちやひかんよ。 
 それともあんだは朝鮮人か?

 男子は二十歳になると本籍地で徴兵檢査を受驗する。
 落ると恥かしい。
 生れてこの方採用試驗など受けたことの無い者が、生涯に一度だけ受ける國家試驗で落第し、心身操行不良の役立たずでは縁談にも就職にも響く。
 甲種合格一番で、國家が太鼓判押す健康青年。
 翌年正月郷土部隊へ編入。
 宮城縣民は多く歩兵第四聯隊。

 一部は砲兵、騎兵、工兵、輜重兵第二聯隊。
 歩四はほぼ全員、宮城縣の壯丁で編成された、まさに郷土の精鋭部隊。
 千葉縣民なら多く歩兵五十七聯隊。
 臺北なら臺灣歩兵第一聯隊。以下略。
 どこの中隊に配屬になつても、必ず大量の栗原郡民が居り、そして同村者もゐて、何かと庇つてくれる。
 村の道は兵營と繋がつてるし、情報も屆く。

 平時だと翌年十一月に滿期除隊。
 その時、上等兵になつて歸るのが庶民の夢。
 貧農の小倅が生涯に唯一度、 天皇陛下の武官となつて周圍の感謝と尊敬を集める、夢のやうな二年間。
 學歴も資格も無い者に、上等兵の階級は生涯の寶と成る。
 村へ歸つても在郷軍人會で地主樣より上席を與へられるなど、扱ひが違ふ。
 村を出ても陸軍發行の就職推薦状みたいなもの。
 他所の家さ行つだら、注意して見てけれ。
「上等兵適任者證」が額縁に入れて飾られてたりする。
 上等兵に成つたんぢやねんだもの。
 ただ適性を認められたに過ぎなくても、七十年先まで嬉しんだもの。

      軍隊は 貧乏人の パラダイス


715 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 06:38:08 0
【国内】池袋の中国人留学生暴行死、中国人の「ゴト師」グループ4人逮捕[12/18]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166383825/

716 :世界@名無史さん:2006/12/18(月) 06:42:23 0
【米中】米国の「深部」にまで浸透してきた中国パワー 中国製海賊版に打撃を受けた映画音楽業界などは不満も
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166374612/

717 :世界@名無史さん:2006/12/21(木) 23:37:50 0
【東京】交際相手の女ら2人を詐欺容疑などで逮捕 コンクリ遺体事件
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1166705257/

【中国】入管法違法容疑の中国人留学生、RMTで1億5000万円荒稼ぎ [12/21]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166706727/
熊本学園大にも責任を取らせろ。
残りの留学生もどうせ碌な連中じゃないんだろうよ。
それより、こんな無名大学、存在価値ないだろ。
私学補助を打ち切れ。

今は中国人留学生受け入れれば補助金でる制度だからな・・・
アホとしか思えん


718 :世界@名無史さん:2006/12/21(木) 23:45:35 0
もう日本は中国とチョンに好きなだけ貢ぎ続けてなさい、一生やってろマゾ民族w

719 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 01:33:23 0
アベちゃんが最初に中国を訪問したのは間違いだったと今週の週刊新潮に書いてあった。
同誌の福田和也のコラムではアベちゃん外交ほめてるのにな。おかしな雑誌。
そして桜井ヨシコは麻生外務大臣を叩いているのであったwwwwwwwwwwwww

720 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 01:37:24 0
実は、現在政界、財界の中に自分は中国人…朝鮮人であると本気で考えてる連中がいる。
彼らは日本国の中枢に浸透し、できるかぎりの工作活動を展開。
あらゆる日本を陥れる事業を全力で成す事を最大重要事項とする。
日本の富を食い、搾取し、日本人の抹殺すら根底思想として根幹とす。
そんな連中がいる。

721 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 01:44:00 0
大同団結万歳

722 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 01:45:45 0
ほめて叩いて盛り上げる。
マッチ・ポンプ。

723 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 01:58:46 0
チャッカマン・ポンプの時代でそ

724 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 23:14:59 0
日本がアジアの植民地支配を開放したって嘘でしょ?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1165799089/

323 名前:世界@名無史さん 投稿日:2006/12/22(金) 20:53:10 0
俺に言わせればなんでアジア解放と言う主張が成り立つのか疑問。
是はウヨ・サヨ関係なく対中戦が含まれている時点で、
アジアの解放なんて成り立たないと思うけどね。

太平洋戦争の動機は南方資源地帯の獲得と言う帝国主義的目的である訳だし、
仮にアジア解放が成立したとしてもそれは戦争の一面にしか過ぎず、
帝国主義戦争である事を無視ってアジア解放を強調するのは
とてもじゃないがオーバーすぎるような・・・・。

725 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 23:37:08 0
べつだん変わった意見でもないだろ

726 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 00:41:48 0
インスリン 夫に大量投与の中国人女に懲役18年求刑 千葉地裁
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1166797542/

727 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 04:43:19 0
インスリンがインリンに見えた...

728 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 12:45:05 0
【中国】胡錦濤政権批判は「国家転覆罪」 弁護士に有罪判決
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1166834769/

729 :世界@名無史さん:2006/12/23(土) 23:57:15 0
>>709
2055年、日本は高齢者人口(65歳以上)は40%。
日本>>>>>>>中国

730 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 12:27:38 0
民家物色の中国人作業員逮捕、男性もみ合い軽傷…茨城
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1167016538/

731 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 20:31:05 0
【中国】中国、外資の法人税率引き上げへ[12/25]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167042919/

【中国】中国、国内企業・外資系企業の所得税率 一律25%へ【12/25】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167036748/
そろそろ中国で生産するメリットがなくなって来る頃かね?
マジ北京五輪後はやばいかも分からんね

いよいよ来たね。昔、第一次大戦で稼いだ金を
根こそぎ中国に取られた手が。
前回は結局、日本は泥沼の日中戦争に
引き釣りこまれたわけだが。
今度は、日本だけじゃないから、世界がどう動くかな?

732 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 20:52:13 0
>>729
シナは日本や欧米のように経済が十分に成熟しないまま高齢化社会に突入しちゃうからね・・・

733 :世界@名無史さん:2006/12/25(月) 23:08:08 0
今後、50年間成長し続けるとでもw

734 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 07:25:34 0
【中国】社会問題置き去りの胡錦濤政権 初の全国調査で浮き彫り[12/26]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1167064871/

医療費高騰が大問題だね。治療を受けるために高利貸しに借金して、大変な事になっているらしい>田舎
政治が上層部の保身以外に役に立ってないじゃん

日本共産党と日本社会党は、よその共産党とよその社会党とは別です。
といつも言い訳しますね。たしかに、能無しという意味ではソ連とも支那とも別だし
住民のためにならんことをやるという意味ではヨーロッパのそれとも別だし



735 :世界@名無史さん:2006/12/26(火) 23:24:00 0
今日もコピペ攻撃。

736 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 00:45:24 0
【政治】 "国民一人あたり648万円" 国の借金、過去最大の828兆円に★3
ttp://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167130567/l50

737 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 01:00:06 0
>>1
過去を弄らなくても、そのうちそうなるよ。
勿論、広大な中国国内ではさまざまな矛盾が最高潮に達し、
一種のカオス状態になるだろうが、
膨大な人的物的資源を背景に、対外的には強大な力を発揮するだろう。

738 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 01:14:48 0
しかし、すぐにインドに抜かれる

739 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 02:05:02 O
>>1
秦・漢以降も思想的発展が続いていたら変わってたかもね。

740 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 17:09:47 0
【中国】病院で男性患者が死亡後、「親族」約100人が押しかけて損害賠償を求める騒ぎに 医師らが警戒 [12/27]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167203188/
いやいや、日本でもちょっと都心を離れるとこういう家族はいるよ。
10代の珍走が事故って病院搬入。親戚一同30数名が一気に押し寄せて来て、頸椎
骨折で即死だったのに「今朝までは元気だった。死んだのは医療ミスだ!」などと
集団で怒鳴っているのをたまたま行った病院で見た事がある。

一般人なら例え医療ミスで死んだとしても、その親族が100人も押しかけたり
しないだろうし、警察や公安を呼べば簡単に鎮圧できるのに、それをしないという事は
この一族は警察と言えども簡単に手出しの出来ない連中なのかもしれないし。


741 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 17:17:49 0
現在の支那のままで先進国にはなれないだろうけど、
次の政権が「まとも」な政権になったら、
日本は正直やばいだろうね。
イギリスのごとく「大陸分断工作」のような戦略もまったく打ち出していないし、
すべては「アメリカのチンコをしゃぶっていればなんとかなる」だもの。
支那は現在旭日のごとき発展を遂げているが、共産党ではもう限界だろうね。

742 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 05:24:35 0
>>740
>親戚一同30数名
在日コリアンだろ

743 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 06:40:49 0
>>741
まあ、民主体制でもインドがどうにか持ちこたえてる。
もっとも、それ以前にパキスタンが分離独立していたわけだが。

中国だと、どこが分離するかな?


744 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 19:42:54 0
>>740
そもそも珍走している時点でDQNだし、その家族もDQNなんだろ?
となるとB臭くなるが、連中金になるとみるや集団で押しかけて
以下ry

745 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 21:34:42 O
中国の不安要因である内陸部の貧農は、
日本との戦争で処分される予定ですから心配は要りません。
日本側としても、日本の不安要因である就職氷河期世代のワーキングプアを
体よく処分できるいい機会ですので、
中共と日本の政府・財界は相思相愛でして、
北京五輪後にでもテキトーに理由作って戦争をおっぱじめます。

746 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 22:05:02 0
中国は崩壊する。
そういわれてきたが、今年は崩壊しなかった。
来年こそ崩壊するだろう。

747 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 23:53:14 0
来年こそウヨの願いが叶うといいな

748 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 01:01:29 0
ああいう大国は「今日で崩壊しました、あしたから新しい政治体制が新規スタート!!」
という風にはいかないよ。そうなったら周辺諸国が大迷惑だしね。

749 :p10056-adsan02yokonib1-acca.kanagawa.ocn.ne.jp1号:2006/12/29(金) 01:05:34 0
だから 分割統治だろ

中共がつぶれたら 4つ位にわけて 大国が格ブロックに取り込んで終わり 

750 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 01:17:34 0
中国って巨大なうんこ製造機みたいな国だからな

751 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 13:10:17 0
【中国】 臓器移植、来月から外国人困難に・・・死刑執行減少、国内向けを優先 [12/29]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167351423/


>中国で日本人を含めた外国人に幅広く実施されてきた臓器移植手術が、来年1月から極めて困難になることが
>28日までに分かった。死刑制度の厳格化により、1月から死刑判決の是非に最高人民法院(最高裁)が一括し
>て許可を出す制度が始まり、ドナー(臓器提供者)の大半を占めてきた死刑囚が大幅に減少するほか、経済的
>に豊かになった国内患者への移植の急増も背景にある。


752 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 13:11:08 0
大紀元】中国臓器狩り:カナダ人調査員二人、香港で記者会見、14日に来日予定[10/11]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1160580643/
【中国】 臓器移植待ちの韓国人患者であふれる中国の病院…韓国人専用の病棟があるほど [09/29]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1159513539/
【国際】 "中国の実態" 死刑囚臓器提供のやり取り、BBCが報道…国慶節前は死刑執行増
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1159430822/


753 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 13:20:49 0
【日中】中国企業に「割り切って」技術移転・市場参入のチャンス狙う――三菱重工業の江川豪雄常務[12/29]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167357928/

割り切ってとか言ったつもりが、全部奪い取られるんだろうが。
向こうは国ぐるみ、しかも国内のことは法律など無視して共産党が好きなように
できる超独裁国家だぞ。 いい加減に教訓を学べ。
信用ならない相手とは商売は出来ない。
てーかそういう相手と商売すれば破滅する。
三菱はまだ財閥意識が抜けてないのか?

戦前戦中の日中史を勉強するのは、国民より財界人だな。
上海への陸戦隊の派遣は誰のためだよ。
北海道か沖縄に拠点遷すといいよ。
人件費を安く抑えたいの分るけど、
中国でやると最後は全部接収されるよ。

技術がどうのこうのじゃないんだよね。
約束を守ると言う頭がはなからないから、
仕事が軌道にのった時点で、 すぐにのっとられて、追い出される。
国ぐるみで、部品を盗んでそれを売り付けたり、儲からないうちは、手を出さないけど
利益がでたらそこで、即効奪いに来る。




754 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 13:22:20 0
>>753
その内、元軍事部門の開発も手がけていた技術者あたりが、金と女で囲い込まれて
重要な技術をタダで売り渡すことになりそうなだ。
イスラエルが中国に軍事技術の支援をやって、それがヒズボラなど
半イスラエル勢力に回されている。
同じような事が、あちこちで散見されているのに。

重工の電気部門といってもなぁ。
重工が傾けば国防に影響が…。
だれかエライ人がやめさせられないのか?

755 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 13:23:23 0
コマツのリースが中国で成功している理由は、

 『金を払わなくなったり、盗難されると動かなくなる仕組み』を導入しているからだ、と聞いた。

756 :世界@名無史さん:2006/12/29(金) 13:29:05 0
地道に東欧とかに進出した方がいいよ。
中国で商売しようと思ったら共産党幹部とか安企部の幹部を会社のTOPにしないとな。
結局裏切られるけど。
すぐ撤退とか出来る業界じゃないと、飲食業ぐらいが効率いいんじゃね?

こういう技術軽視の馬鹿が会社を潰すんだろうなぁ
目ぇ覚ませよ・・・ 日本人と日本企業である限り、特亜はな・・・
莫迦は死ななきゃ直らないが、苦労するのは現場や下っ端。やりきれん
経営者というのは、悪意にうといのかね?
国家を相手にした場合には商道徳もモラルも意味が無い事を理解していない。

朝ピーとかのプロパガンダが成功しているってことなんだろうね。
戦前中国人にやられたことは、すっかり水に流され、中国側の捏造された被害だけが宣伝されてるから。

三菱株売りだな。売り。 日経はまだ中国の宣伝してるのか
団塊世代の経営者ってこんなもんだろ 使えねぇのばっか




757 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 09:48:58 0
無理だな「世界の工場」だもの。

758 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:35:43 0
新華社電によると、中国初の産業投資ファンドが30日、天津市に設立された。

当初の資金は60億元(約900億円)で、先進技術を持ちながら資金が不足
している中規模メーカーなどを支援する。
 
このファンドは「渤海産業投資基金」。
中銀国際、中国人寿保険など国内6社が10億元ずつ出資した。

将来は200億元まで拡大する方針という。


ニュースソース
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2006123000147


759 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 15:55:30 0
>>755
当たり前のことが出来なくなった日本人が如何に多くなったかということか

760 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:30:52 0
【中国】 世界知的財産権機関の2条約に加盟 [12/30]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167442685/
加盟したところで守らない
支那クオリチーw

761 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:35:03 0
>>759
中国の話をしてるのに、なんで日本がでてくるのか

762 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:39:21 0
【自動車】クライスラー、中国の自動車大手・奇瑞汽車と提携へ[12/30]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167445872/
以前NHK特集で見たけど奇瑞汽車は侮れないぞ。
奇瑞(チェリー)って、AVLとの共同開発とはいえ自社エンジン持ってるからなあ。
オートチャイナではV8エンジンも披露してたし、後には自社製CVTも控えている。
シャシーはロータス・エンジニアリングと三菱自動車エンジニアリングの協力を
受けていたっけな。で、デザインはピニンファリーナとかIAT(元ベルトーネの
人達が作ったデザインスタジオ)。

クライスラーって中南米ではこんなのも売ってるけど、この辺は全部
中国車に置き換わるんかねえ?
http://www.dodge.com.mx/frGen2Hoja.asp?Hoja=_dcn/dcn_fr_modelo.asp?ClaveGen=ATTI
http://www.dodge.com.ve/espec_brisa2006.html

763 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:41:08 0
>>761
中国にカモにされる日本人や日本企業が多いから

764 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:46:38 0
【流通】イオン、中国に初のショッピングセンター[12/30]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167455333/

イオンに技術なんてあるのか?
つ 自転車操業

深センに既にジャスコあるけど。それに大規模SCと言っても、中国のカルフール
なんかダイヤモンドシティのイオンなんか比較にならんぐらい大きい。

確か暴動騒ぎのときに、他店は普通の警官が様子見だったのに
ジャスコだけは武装警官が警護してたとか・・。
わかりやすいよなぁ・・。



765 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 16:52:51 0
>>763
カモにするほうが悪い。
日本企業の海外進出経験は豊富だが、欧米、東南アジア、韓国、台湾、
どこに行っても支那共産党のような国家ぐるみ、地方幹部ぐるみの悪辣な詐欺や恐喝はなかった。
さらに日本政府が法人企業を守ることを二の次にして、対中関係の調整に腐心するような現状では、
先行きは暗い。
中国への直接投資は控えて、中国に直接投資している台湾企業と契約を結ぶほうが得策ではないだろうか?

766 :世界@名無史さん:2006/12/30(土) 23:25:36 0
台湾企業がカモってくる可能性は無視?

767 :世界@名無史さん:2006/12/31(日) 01:34:23 0
中国の工場で働いてる人はほとんど女性。
男は基本的に採用しない。なぜなら、働かないから。
アジアは全般的にそういう傾向があります。わたしのいる会社は
東南アジアなどにも進出してますが、基本的に工場労働者として
採用するのは女性だけです。
もちろん技術者など、教育のある人は違います。

男でまじめに労働する工場労働者なんて、日本、台湾、韓国くらいでしか
お目にかかれません。エンジニアなどの頭脳階級は別。
アジアの男は仕事が出来ない。頑迷、無知蒙昧といった感じです。

日本の男と違い、アジアの男はダメダメです。
いかに日本の男が優秀なのか、アジアにくればよくわかります。

768 :世界@名無史さん:2006/12/31(日) 01:36:15 0
しかし、アジアの女性は素直でよく言うことを聞き、教育すれば優秀な労働者に
なりますし、会社に忠誠心も持ってくれます。わたしのいる会社では
管理職に現地の労働者あがりの女性もいます。
工場で時給いくらで採用したんですが、熱心に働き、休日には
数学や物理などの勉強を自分で行ってました。これはすごいと
引き上げたところ、めきめき伸びていき、ついには管理職クラスに
までなりました。稀にいる男の労働者でこんな人はまずいません。

なんでアジアは男がダメなのか?男尊女卑で甘やかされてるうちに、
こうなっちゃうのでしょうか?とにかく男は言うことを聞きません。

769 :世界@名無史さん:2006/12/31(日) 01:57:33 0
どうでもいいが中国とインドが戦争すれば
一応世界の人口の2割から3割が巻き込まれるわけですね

770 :世界@名無史さん:2007/01/01(月) 18:14:25 0
2007年1月1日から、中国三大都市の1つ広東(かんとん)省広州(こうしゅう)市では、
軍・警察の保有するバイクを除き、市内の全ての公道で、バイクの使用が禁止になった。
昨日まで走っていた26万台のバイクは、ほとんど廃棄処分になる。

1990年代から、広州市ではバイクを利用した、強盗事件が多く発生しており、
死亡に至る交通事故も頻繁に起きていた。
こうしたことから、市民の安全を守るため広州市は、2007年からのバイクの使用禁止を決め、
経過措置として、1998年から広州市政府は新しいバイクにナンバー・プレートを
発行しないなどの方法で、バイクの量を抑えてきた。
広州市政府は3月31日まで、バイクの持ち主に対してある程度の補償をする予定。


写真:処分場に集められた大量のバイク。環境に配慮したリサイクル処理を望む声も多い。
http://ca.c.yimg.jp/news/20070101125751/img.news.yahoo.co.jp/images/20070101/rcdc/20070101-00000009-rcdc-cn-view-000.jpg

Yahoo! ニュース(Record China)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070101-00000009-rcdc-cn




771 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 08:10:52 0
【仙台】 横浜の中田宏市長 治安悪化理由「些末な議論」/仙台中華街構想凍結で [09/03]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1157278648/1

「自国文化に誇りを持つ過ち」のスレに「孔子は尊敬出来る対象でも誇りに思うのは間違い」と言い切るのが今の中共人。
だから今も矛盾に満ち自分良けりゃの勝手が横行するんだろ。大昔の中国とは違う。
大阪の朝市のシナーめちゃめちゃ攻撃的じゃん。
周辺住民迷惑してるし、今の状態でもほとんど取り締まれてないし
こんな連中が中華街作ったらと思うとゾッとする。
反日民族を入れても欧州のように、イスラムとキリスト教対立のような
治安の悪化につながるだけ。
後々の社会的コストを考えたら大赤字だよ。
さらに華僑は歴史的に諸外国でも住民との軋轢を起こしまくりだろ。
簡単に移民受け入れを考えずに出生率を上げることを考えろよ。

地元がいやだというなら、なしでいいじゃん。
横浜くんだりが口出すなよ。
治安悪化を懸念するのは住民として当然だろ。
長町のあたりって住宅街なんだからそんなとこに繁華街ができたらたまったもんじゃない。
週刊新潮で女性スキャンダルで不機嫌しきりのN君だからね。
自分の私生活に責任すら持てないヤツに、仙台のことを言われたくないね。
ふざけんな、N

772 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 08:12:26 0
196 名前: ななしやねん 投稿日: 2006/07/26(水) 03:02:23 ID:R1n8wcnU

テレビで鶴見区で毎週日曜に開かれる中国人屋台の話題を見てびっくり!
私は鴫野ですけど鶴見区近いし、あんなんあるなんてすごいですね!!
節度を持ってやってほしいものです。人様の庭や他店舗の駐車場を
無許可で使用し、苦情を言うと家に火をつける、などと脅すなど
モラルに欠けます。私自身、中国料理の店で働いてますし、
中国好きですが、きちんとマナーを守ってほしいです。
ここは中国ではなく日本です!!!!!!!!!

198 名前: ななしやねん 投稿日: 2006/07/26(水) 07:38:50 ID:Oun/Rhak
286 名前: ななしやねん 投稿日: 2006/03/26(日) 19:35:53 ID:j1hhK0Zc
鶴見の中国朝市。中国人パワーに脱帽。
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192140.jpg
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192322.jpg
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192340.jpg
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192457.jpg

773 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 08:15:27 0
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192604.jpg
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192623.jpg
http://dc-ita.dyndns.tv/~machibbs/cgi-bin/imgboard/img-box/img20060326192709.jpg




774 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 08:17:30 0
日本では、何かと理由を付けて支那人を呼び込もうとしてるが、
ロシアは追い出しにかかりましたねえ。
インドネシア、ソロモン、トンガもまたしかり。
南アフリカ大統領も、支那に植民地にされるんじゃないかと、
懸念を表明してるしね。

南アフリカ在住の日本女性が、HPのコラムで書いていたが、
南アフリカでは中国人への反発がひどくて、日本人社会は
いつとばっちりをうけないかとヒヤヒヤだそうだ。

ロシア → 中国商人を市場から締め出し

大阪  → 関帝廟移設設置。中国人の更なる商売繁盛を願う。




775 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 08:18:24 0
中華街なんてのはさ 世界中何処へ 行っても 治安が悪くて、汚くて、臭くて、地元民でも表通り
しか 立ち入らないところなんだよ。
唯一の例外が 横浜の中華街。 本家支那の上海や北京より にぎやかで、きれいで 大きい
横浜の中華街に 中国人の観光客が多いのは、 立派な中華街を見て ホルホルできて 日本風中華を食うのが
支那人に受けるから。


最近は横浜も朝鮮人がウザイ。
川崎か鶴見、新子安、東神奈川の 15号線の海側へ行くと ガラッと雰囲気が変わる
し焼肉や ハングルの看板が 目に付く

大口の商店街なんか 完全にコレアン タウン化している。
シャッター商店街に ハングルがあふれ 焼肉、パチンコ、キーセンパブ
キムチ屋、韓国家庭料理と称する怪しげな店でいっぱい。

776 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 08:48:39 0
【中国】 去年大使館などが処理した中国人が関わる事件3万件…外交部がマナー面で注意事項を発表 [01/01]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167649526/

【中国】中国の月刊誌編集長を解任 汚職や農民の強制立ち退きなどに誌面を割き当局から反発を買う[01/01]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1167654524/



12 :名前をあたえないでください :2007/01/01(月) 22:01:22.85 ID:kOJVSFV8
日本のマスコミもこの編集者を見習ったらw
弾圧にも挫けることなくジャーナリストの氏名を全うするこの姿

日本でスポンサーに日和り、圧力団体に日和り、
自らタブーを作り現実さえも見ない
永遠のお花畑で遊び、思想で真実さえ捻じ曲げる

日本のマスコミは世界の3流、
いや、ジャーナリストの名にすら値しないんじゃないの


13 :名前をあたえないでください :2007/01/01(月) 22:24:02.88 ID:mX0hWOXC
>>12
日本の例

実は放送禁止歌なんて有りませんでした
放送に当たって注意すべき曲のリストがあっただけでした
でも何時の間にか放送してはいけない歌とされ
そのリストに載っていない曲でも少しでも差別と取られかねない
単語が入っていると放送されなくなりました。

マスゴミ市ね。

777 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 10:30:13 0
戦後現代史を観れば分ることだが、世界の中で発展できたのは日本企業の進出
した地域のみ。
もし中国の不正が続いて日本企業が中国から撤退すれば欧米企業も撤退して
す簡単に中国も衰退するよ

778 :世界@名無史さん:2007/01/02(火) 14:35:00 0
いや、それって、世界の中で発展した地域に日本企業が進出したんじゃね?w

779 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 17:05:12 0
【日中】日本のODAは操られている…北京空港、2度目の上場〔12/21〕
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1166743583/l50
こんなに馬鹿にされながら、まだ環境関係は別物と言うことで

まだまだ支援金を外務省は出すそうです。

これって 外務省にバックマージンが入っているような悪寒


780 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:12:33 0
ODAは、日本の利権と日本企業の利益のために存在するんだが。

781 :世界@名無史さん:2007/01/03(水) 21:14:30 0
大阪の鶴見と横浜の鶴見をごっちゃにしてるやつがいるな

782 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 02:36:39 0
>>777
ウヨの願望は理解できたよ

783 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 02:43:57 0
英語でしゃべらナイトであってた上海凄かった・・
摩天楼だね

784 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 13:08:23 0
【国内】中国人ディスコ店摘発 従業員ら18人逮捕〔01/04〕
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167881991/
人間本能をくすぐり金儲けは多かれ少なかれ有るものだが、日本では商売にならない事を自覚させる為にも徹底して取り締まれ。
アメリカで商売にならなくなれば日本へ来る。いや世界中にか。

【中国・北京】粗悪なにせ胡椒を製造していた工場を摘発【工業製品だけでなく食品まで偽物】
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1167839604/

【日中友好】中国の胡錦濤国家主席、秋来日を打診 安倍政権の「親中化」を狙っているとの見方も
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167875002/

785 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 13:10:01 0
ウヨによるコピペ攻撃。

786 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 19:43:04 0
【ニセモノ被害9兆円にも】中国の模倣犯罪 日本ブランド製品 中東へ
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1167902727/

787 :世界@名無史さん:2007/01/04(木) 20:10:31 0
左翼にコピペのこといわれちゃおしまい

788 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 19:11:51 0
【知的財産保護】中国製の模倣「日本ブランド」中東へ 被害9兆円にも
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1167897756/l50

【知的財産】中国が知的財産権に関する苦情サービスセンターを50カ所設立[01/05]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1167983499/
パテント法作られて何年たってんだよ

789 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 22:23:45 0
要約して自分の言葉で語れ、低脳

790 :日本=Japanese:2007/01/05(金) 22:51:07 0
北京しかねー国ってのは事実だろ
北京が陥落したら
すぐ中国は降伏する国だよ

791 :世界@名無史さん:2007/01/05(金) 23:14:45 0
>>788
昔の日本の様だな。

792 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 01:00:26 0
>>756
東欧は、EU拡大で西欧が手を伸ばしている。関税・輸送コストを考えれば
無理。日本は東・東南アジアしかない。もっとも中国はルーマニアで自動車
を売ろうとしているが無理だろう。

793 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 06:15:16 0
>>790
あんた、戦中の中華民国がいかにしぶとかったか知らないの?

794 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 18:20:07 0


【中国】ネット中毒諸君、軍隊で鍛えよ! 軍事訓練で「治療」[01/06]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168070189/
http://www.asahi.com/international/update/0106/010.html
■画像:軍服を着て教官の指導を受ける少年たち=北京市郊外で
http://www.asahi.com/international/update/0106/image/TKY200701060080.jpg

>外部との接触は一切禁止。毎朝6時起床、40分間の体操。朝食後、2時間の軍事訓練
>がある。午後は心理カウンセリングなどを受ける。重度の中毒者には薬物の投与も。



795 :世界@名無史さん:2007/01/06(土) 19:00:03 0
>>792

現地に工場を建てればいいだけのこと。関税も輸送コストも掛からんぞw
おまけに現地の経済に貢献する事も出来、相手国からも感謝される。

現に進出している日本企業がちらほら現れているしな。

796 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 11:32:52 0
ルーマニア;直接投資統計 対内直接投資累計
(国・地域別、実行ベース、2005年時点)
1991-2005年累計、100万ドル
EU 9075
米国 660
日本 61
中国 164

ちらほら現れているが・・・

797 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 14:42:27 0
日本すくねえ

798 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 19:04:25 0
【中国】暴動や暴力的な抗議行動に危機感 中国最高裁長官[01/08]
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1168243150/

へー、これはやばいとこまで来たな
お偉いさんが、言うだけでも驚いたけど
報道される事に、もっと驚いたよ
もう、隠しようが無いとこまで来たって事だよね

反日麻薬が切れかかってるから当然だろ
中国っていつ見ても矛盾だらけでグロテスクで楽しい国だな〜 
住むのはゴメンだけど・・・
官製デモでなんとなく合流した市民は、
反政府デモだって思っていたらしい。
嘘の様な本当の話

799 :また朝日の宣伝ね…:2007/01/08(月) 19:21:40 O
文書は旧満州に展開していた関東軍総司令部が43年7月に作成した「関東軍特種工人取扱規程」。
通則、輸送、使役、管理、監視及警戒、経理、報告の7章32項目と二つの付則からなり、
表紙には「極秘」 の印が押されている。
 冒頭の第1項では、中国北部戦線で捕虜にした国民党軍や共産党軍の兵士、
匪賊(ひぞく)と称していた反日武装勢力を「特種(特殊)工人」と定義。
軍の管理下にある飛行場や鉄道などの建設現場で使役する場合の必要事項を定めている。
 処遇については、特種工人の配属を受けた部隊長がその使役や管理を直接担当する…



800 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 19:26:21 O


(゚∀゚)つ〃∩ キタ━━ キタ━━ キタ━━


つ『嘘八百』げっと




801 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 21:57:31 0
[特ア] またまた汚職 中国 薬品認可でトップが汚職
http://live14.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1168258436/

こりゃ信用ならんな

802 :世界@名無史さん:2007/01/10(水) 00:42:49 0
今日もコピペ攻撃ウヨ。
支那崩壊も近いな。

803 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 04:44:10 0
>>796
ルーマニア一国が東欧の全てかよ・・・・・・・・
典型的なミスリード手法だなw

804 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 19:03:34 0
支那が共産主義と中華思想を捨てられたらアメリカ並みの大国になるだろうと思われる

805 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 22:43:27 0
チェコ:
2005年度、100万ドル
EU25 10342
米国 107
日本 138

806 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 23:17:23 0
チェコは中欧だろ

807 :世界@名無史さん:2007/01/12(金) 00:04:58 0
中国民政省の李立国次官は11日の記者会見で、昨年1年間に
保護した都市部のホームレスが延べ70万人余り、
うち児童が10万人以上を占めたことを明らかにした。
李次官は実際のホームレスの数は明らかにしなかったが、
経済発展の影で、都市部の就業問題が深刻化していることが示された。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007011100991


2 :Ψ :2007/01/11(木) 23:57:38 ID:JrkcSa+M0
残念だなぁー dat落ちしたネタ
3 :Ψ :2007/01/11(木) 23:59:41 ID:rlxcLjTZ0
これからもっと大変だろう
ホームレス予備軍が何人いるんだか
4 :Ψ :2007/01/12(金) 00:01:22 ID:lzv1jjeG0
保護じゃなくて捕獲だろ。


808 :世界@名無史さん:2007/01/12(金) 00:49:28 0
ハンガリー:
2005年度、100万ドル
EU25 2968
米国 29
日本 132

オーストリア:
2005年度、100万ドル
EU25 6317
米国 273
日本 4


809 :世界@名無史さん:2007/01/12(金) 01:02:00 0
だからオーストリアは中欧

810 :世界@名無史さん:2007/01/12(金) 17:17:22 0
中国とインドはとりあえず人減らせって
資源食い尽くして地球自体崩壊するぞ

811 :世界@名無史さん:2007/01/13(土) 22:09:38 0
【中国】教育・医療費負担が深刻、07年は消費低迷が顕在化[01/13]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168687398/l50

>市民の所得上昇のスピードの遅さに問題がある」と指摘している。
賃金を上げたら生産拠点として価値がなくなって外貨獲得が厳しくなるべ。
エネルギーにしても食料にしても海外からの輸入に頼ってる上、
対策として元の切り上げを実行すればさらに輸出が厳しくなる。
中国の国内消費改善は具体的に打つ手がないかもな。

医療教育分野は成金が熱心に通うのでインフレ
分野によって違うんかな

【中国】中国経済の難問と政府の責任[01/10]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168439746/
【中国】中国、貧富の差さらに拡大 8割が要改善と認識:中国世論調査【12/25】
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1167036575/
【中国】21省60都市での健康教育費がほぼゼロ。農民に対する健康知識の普及は急務[01/06]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168111138/

シナは社会主義時代の「公費医療制度」が崩壊後、それに変わる社会保障システムが、
まったく再建されてない状況だからね

ある政府筋の調査によると、上海では一人が一回の診察ごとに払う平均医療費は5百元
前後で、そして上海市統計局の発表では現在の上海市では一人当たりの可処分所得は月
千6百元程度。
つまりシナ国内で経済が一番発展している上海でさえ上海市民が一度病院へ行って診察
するだけで月給の三分の一程度がブッ飛ぶって様な状況では全国の平均的状況がどれだ
け厳しいものであるか想像すれば・・・・・・・・・


812 :世界@名無史さん:2007/01/13(土) 22:12:18 0
【中国】毛沢東時代に根絶されたとされる梅毒が再び猛威を奮い始める[01/13]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168689354/

China becoming "like Africa" with Aids scourge
http://www.iolhivaids.co.za/index.php?fSectionId=1591&fArticleId=3490519

エイズもアフリカ並みw




813 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 07:57:39 0
国家権力がババアフェミ学者に乗っ取られ(内閣府男女共同参画局99〜◆全官庁にも大量出向)
無茶苦茶になってるからな。
結婚する奴は完全に負け組。夫婦に関係する法律(執行法、破産法、年金関係法、DV法・・・)だけでも
一体この6年でどれほどズタズタに改正されたか・・・

おまえらな、日本の総殺人事件は年1200件だ、外国人のも全部入れて。
そのうち220件もが実は夫婦間殺人だ。妻の夫殺しが(子供殺しも)10年くらい前から急増して
殆ど夫の妻殺しと変わらなくなってる真実がある。

そういうわけで以上よく覚えとけ。★自分のためだぞ。
国家権力もマスゴミも既にフェミに完全汚染され、真実を伝えない。
女だとキチガイじみて軽い求刑と判決&天文学的予算で完成したホテルを凌ぐ天国のような女専用刑務所。
「女男」という表記に徹する文科省検定教科書。今や国家のフェミ支配予算は年10兆円を超えた。
      .     ... H8 .. H9... .H10  H11 H12  H13 ..H14 .H15 ..H16  H17
■全殺人事件総数 1118.. 1142 1222 1098 1219 1157 1238 1258 1224 .1224 ←(h17=h16) 
■夫が妻を殺害   112 101 129 105 134 116 120 133 127 126 ←(横這い)
■妻が夫を殺害    43  54  60  65  63  75  77  82  79  92 ←((((゚Д゚;)))ガクガクブルブル

(解説)全て未遂含む。国内全殺人事件総数は年約1200件で、うち600件が未遂で半数を占めます。
また夫婦間殺人ですがご覧の通り。若い夫婦に限ると殺害件数は妻>夫になってる可能性大です。

【Q&A】中国人妻が原因で増えてんじゃね?
⇒H17年の国内総殺人事件1224件中、来日+在日合計の全中国人の犯行は20件です。
来日+在日全韓国・朝鮮人の犯行が18件です。もういい加減フェミの真実を直視しなきゃ・・・

これに加え、激増する嬰児殺害・児童虐待殺害の主格犯も殆どが母親。しかもフェミニズムの圧力で野放しになっています。

  女  を  見  た  ら  人  殺  し  と  思  え  。

(真実から目を背けたい奴は、この投稿全てを脳内消去してくれて結構です)


814 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 08:23:20 0
【中国経済】社会科学院「日本の不動産バブルの教訓を忘れずに、歴史を繰り返してはいけない」[01/12]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1168781307/l50

マジレスすれば、中国の経済運営は共産主義のくせに、資本主義のアメリカよりも理論に基づいた実践的な資本主義運営を最近はしている。

明らかに中国は、科学、経済、工業などの分野に優秀な人材が豊富にいる証拠。

優秀な人材を移民に依存するアメリカは、共産主義ゆえに自国内ですべてをまかない、また優秀な人材を育成していきた、ロシア(今は資本主義だが)や中国(まだ共産主義)に数年後には追い抜かれるだろう。




815 :世界@名無史さん:2007/01/15(月) 08:25:54 0
【中仏】フランス「空母をタダであげる…」 中国「要りません」[01/14]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1168781760/l50x

816 :世界@名無史さん:2007/01/16(火) 00:55:07 0
10兆円w

数字も読めんバカが国家を語る時代なんだな
いや昔からいるかそんなの

817 :世界@名無史さん:2007/01/18(木) 20:03:03 0
【海外】ミス・ユニバース予選でGカップ巨乳の「G妹児(ジーメイアル)」が注目浴びる (画像あり)
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1169088966/l50x

818 :世界@名無史さん:2007/01/18(木) 20:06:10 0
中国には金融資産1億ドル以上の富豪が30万人いるらしい。
富豪の数だけは先進国並みです。

819 :世界@名無史さん:2007/01/19(金) 18:09:05 0
政府は、中国が先週、弾道ミサイルによって宇宙空間の人工衛星を撃ち
落とす実験を行なったことについて中国側に説明を求めたところ、中国側
から「宇宙の平和利用に留意している」という回答があったことを明らか
にしました。中国は、先週、地上発射型の中距離弾道ミサイルを発射し
て宇宙空間の古い人工衛星を撃ち落とす実験を行い、日本政府は、この
実験についてアメリカ政府から報告を受けました。これについて、塩崎官
房長官は、午前の記者会見で「日本は、弾道ミサイルによる人工衛星の
破壊は宇宙の平和利用や安全保障の観点から当然ながら懸念を持って
いる」と述べ、外交ルートを通じて中国側に事実関係と実験の意図を説
明するよう求めたことを明らかにしました。NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/2007/01/19/d20070119000115.html



これに対し、中国側からは「宇宙の平和利用には留意している」という回
答があったということです。こうした中国側の対応について、麻生外務大
臣は、記者会見で「今回は中国側から事前通報もなかったことから、い
かがなものかと思う」と述べ、批判しました。

820 :世界@名無史さん:2007/01/19(金) 18:13:34 0
>>816
バカはお前じゃんw

821 :世界@名無史さん:2007/01/19(金) 18:42:12 0
【PC】中国では数百万台が被害 英ではほとんど無し・・・ウィルス「お祈りパンダ」の被害は?
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1169197237/

822 :世界@名無史さん:2007/01/19(金) 19:56:36 0
【中国】上海、輸入衣類の検査でシャネルやアルマーニなどを「品質不合格」に[01/19]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1169203652/

つまり



シナ製>>>>>>越えられない壁>>>>>>>シャネル・アルマーニ




って事?
なにこれ? 本物を不合格?
ありえね〜〜〜〜〜〜


823 :世界@名無史さん:2007/01/19(金) 22:44:02 0
>>820
足し算ってわかりますか

824 :世界@名無史さん:2007/01/20(土) 01:33:26 0
>>819
このニュース見て思ったけど中国人ってほんと見栄っ張りだよなw


825 :世界@名無史さん:2007/01/20(土) 03:26:26 0
世界最強の詐欺国家(中国共産党の陰謀)
櫻井よしこ 「悪夢のような中国進出の実例」
http://blog.yoshiko-sakurai.jp/2006/12/post_494.html





中国国家が詐欺を先導しており、北京オリンピックもすでに陰謀工作が開始されています。
中国への株の投資や資金投資などは100%危険、自殺行為です。
早いうちに中国から撤退するのが、最大限の安全策です。


<(参考)清水建、「マイカル大連」工事費訴訟で敗訴確定 >

清水&中国 「154億円で契約しましょう」
清水 「今のところ115億5000万しか払ってもらってません。
      残りも38億5000万円支払って下さい」
中国 「うるせーばかおめーが払え」
清水 「え?いや訳わかんないっすよ。契約書もあるんだから払って下さい」
中国 「20億円で許してやんよ」
清水 「駄目だこれ…裁判所に訴えよう」
裁判所 「んーこの建物、95億あれば造れちゃうなあ。中国は払いすぎだよもう。
       え?154億円で契約書を交わしてる?契約書って何?
        清水はちゃんと20億円支払ってね」

これが中国経済の本質
http://www.nikkei.co.jp/china/news/20070117d1d1708m17.html



826 :世界@名無史さん:2007/01/22(月) 08:57:53 0
普通の中国人は共産党が大嫌い。
今は出世のために入党する人だけしかいない。
祖父や祖母は共産化で財産を奪われ、強制移住
父や母は文革で強制労働させられたり殺されたり
そんな人たちが今、現役世代。だから反日で洗脳
してまとめないと共産党に牙を剥いてくる。
旧満州の地方で民主化テロが度々勃発、
その規模は年々確実に大きくなっている
一方人民解放軍は・・・
天安門以来最大規模の掃討作戦を模索中だとさ。
最近よく暴動の原因になってるのが、土地の接収
オリンピック施設や発電所みたいな施設を作るために
農地を接収してるんだが、その補償金を共産党幹部
が横領して払わず、抗議した地元農民を反乱分子
扱いして処刑または労働改造(僻地で強制労働、
裁判無しで共産党幹部の裁量で執行できる)という
外道な事を国中でやっている。

そりゃ〜反乱も起きるわなw
http://jun.2chan.net/b/src/1169423256121.jpg

827 :世界@名無史さん:2007/01/22(月) 22:51:59 0
コピペ思想はウヨ文化の極みです

828 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 06:44:49 0
【軍事】台湾、ミサイル基地増設へ 中国の軍事力脅威で防衛力強化[01/23]
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1169576714/

829 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 10:35:22 0
>>827
サヨクもコピペばっか貼ってるじゃん

830 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 01:02:23 0
例えば

831 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 07:49:11 0
【中国】中国、07年の国債発行を削減する方針 国家発展改革委 新華社[01/25]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1169676339/l50

【国際】中国が米国を抜いて対EU最大輸出国に 2006年、確実な情勢
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1169677094/

832 :世界@名無史さん:2007/01/25(木) 20:49:56 O
コピペバイトよ、日当は何円なんだ?

833 :世界@名無史さん:2007/01/26(金) 06:19:51 0
中国はお金を持ち出すのがすごく難しいよ。
投資をして配当としてなら何とかなるが(当然、税金が引かれる)
単に資金を移動するのは厳禁。
日本で立て替え払いしたのを中国に請求するにも、本当に
立て替えたのか証明するエビデンスがいる。
これでも中国に透視が集まるのだから、不思議だ。




834 :世界@名無史さん:2007/01/26(金) 06:26:41 0
【中国】胡錦濤主席「ネット世論を掌握せよ」 管理強化を指示 [01/26]
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1169747257/

【中韓】 「南京大虐殺で軍令に日本の違反して中国女性へ強姦を始めたのは韓国軍」〜中韓のけんかで中国が反撃★2[01/23]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169750938/

835 :世界@名無史さん:2007/01/26(金) 09:28:28 0
【東京新聞】患者激増 売血政策の中国『エイズ村』ルポ [01/26]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169770607/

>、「売血」時の不衛生な採血により感染が拡大し、人口約三千人の
>同村で既に約二百人が病死、約三百人の感染者が発病の不安におびえて暮らす悲惨な実態が明らかになった。

> ただ、規制緩和のもとでも、実際には村の当局者に一時取材を制止されるなど、中央政府の方針が



エイズ村に個人的に取材にいったら即中国公安の女が餃子持って宿にきて
エイズ報道は捏造だからといい含められてフィルムとられた人のサイトあったよね


836 :世界@名無史さん:2007/01/26(金) 15:14:52 0
>>833
共産党の子弟は海外に国の金をじゃんじゃん持ち出してるのと
外国人が中国で稼いだ金を持ち出せないってのは変よね。


837 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 03:40:47 0
外国人が中国人を使ってお金を持ち出せばよい。

そう中国人に持ちかけられてお金を騙し取られた外国人もいるかもね。

838 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 04:08:22 0
結局、中国の衛星撃墜実験で驚いたのは、櫻井よしこだけだったということか。

839 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 15:53:21 0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
('A`)何故彼女が出来ないのか考えるスレPart80 [独身男性]


840 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:24:01 0
【鉄道】日本の技術で製造した“中国版新幹線”営業運転開始(動画あり) [07/01/28]

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1169964482/l50

5 :名刺は切らしておりまして :2007/01/28(日) 15:12:37 ID:sBo5CvnP
これ、日本は技術提供したの?


6 :名刺は切らしておりまして :2007/01/28(日) 15:12:53 ID:EyoKjnMy
試験車両を騙し取られて、早速コピーされたわけね…


7 :名刺は切らしておりまして :2007/01/28(日) 15:15:08 ID:W6l7cnPh
脱線事故おこしたら真っ先に
日本のせいにされるだろうな、、


8 :名刺は切らしておりまして :2007/01/28(日) 15:16:42 ID:b7l/9AWi

TV放送してないんだよ。
日本って馬鹿みたい。




841 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:26:25 0
中国高速鉄道CRH2型電車
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E9%AB%98%E9%80%9F%E9%89%84%E9%81%93CRH2%E5%9E%8B%E9%9B%BB%E8%BB%8A
CRH2型電車は日本のE2系新幹線がベースになっている。4M4T構成であることから
最高営業速度は日本のE2系新幹線(6M2T)に比べて低い200km/hとなっている。
日本から購入するに当たって中国側は(中略)JR東日本や日本車輌製造、日立製作所は反対したが
話し合いの末、E2系新幹線の車両と技術は中国に提供されることになった。(後略)
220km/h試験のビデオ (YouTube)
http://youtube.com/watch?v=3VBH8tgx3WI
ソース:エクスプロア上海
http://www2.explore.ne.jp/news/article.php?id=5461&r=sh
上海鉄路局の劉漣清局長は『新聞晩報』などメディアのインタビューに対して、
今回のCRH2型列車は、中国が自国で生産し、知的財産権をもつ、国際的にも先進的な列車であり
                   ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^最高時速は時速200キロ〜250キロに達する性能をもつと答えた。

>話し合いの末、E2系新幹線の車両と技術は中国に提供されることになった。
またチャイナスクールか

日本の鉄鋼業が潤うなんて言った奴、何処のどいつだよ
マジでJR東海以外は腐ってる。
新幹線技術を格安でよこさないと
東海道新幹線のレールのボルトを外すという脅しがあったとかなかったとか




842 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:27:47 0
日本から購入するに当たって中国側は当初700系新幹線と800系新幹線の技術を持っている
日本車輌製造と日立製作所に協議を持ちかけた。
しかし日本車両製造と日立製作所は車両と技術の提供を拒否。
その後中国側はE2系新幹線を製造する川崎重工業に協議を持ちかけることとなる。
当時川崎重工業は業績が芳しくなく、E2系新幹線の提供を了承。
JR東日本や日本車輌製造、日立製作所は反対したが、話し合いの末、
E2系新幹線の車両と技術は中国に提供されることになった。
台湾では新幹線が完成した時に式典が行われたが、中国では式典を挙げることはなかった。
また車両を引き渡す際も中国ではあまり報道されなかった。
中国政府の報道の規制が入ったとみられる。
日本オワタ

中国が知的財産権を持つ国産最新型新感染
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/06/html/d86586.html
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/06/html/d66867.html
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/05/html/d37714.html
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/06/html/d48211.html
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/07/html/d54745.html
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/10/html/d15746.html
http://jp.epochtimes.com/jp/2005/11/html/d21887.html

日本の研究者技術者は中国人に気おつけなあかんよ。

↓週刊ポスト 2005年10月7日号

産業スパイ活動が横行!
http://www.globe-walkers.com/ohno/interview/chin.html
中国と関わるとろくなことにならない。
技術と金と知財と人材と名誉を強奪されるだけ。


843 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:45:30 0
【韓国】 夜逃げ同然で撤退も 中国進出企業、人件費高騰などで撤退相次ぐ [01/28]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169968570/

駐中韓国大使館が広州、青島、東莞など5都市に進出した韓国企業50社を訪問調査した結果によると、
昨年末から中国の投資環境が悪化し、清算手続きもしないまま
夜逃げ同然で撤退する企業が出ているケースが相次いでいる。
皮革企業は相当数がすでに倒産、あるいは中国企業に工場を売却しており、
縫製・衣服・おもちゃ・アクセサリーなどの生活用品を扱う企業も利益が激減している。
東莞市の場合40社ほどあった韓国企業は15社まで減っている。

中国経済の急激な発展に伴い人件費が上昇し、人材確保が難しくなったこと、
中国政府が韓国企業の締め出しを目的に厳しい法規制を行ったことなどが影響している。
特に中国政府は最近土地管理を強化し、それまで市政府当局者に安い郊外への入居を黙認されていた
韓国企業が入居不可能となった事も問題視されている。

 韓国政府はこうした状況への対策として、生産拠点を西部や内陸に移転させるように促すほか、
税務、労務、技術などに関するコンサルティングを拡大する考えだ。

ソース 聯合ニュース
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=832007012800100




844 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:46:41 0
       ∧_,,∧ 
       < `∀´ > -3 ウリナラ製造業は世界一ニダ!
       (    )     ウリは大儲けニダ!ホルホルホル!
III   し―-J  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今月の原材料費ニダ!
       ∧_,,∧         (Z三三)
       < `∀´> -3      (・∀・ ) マイドアリー
       (    つI      (    )    
 II    し―-J          し―-J  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今月の技術ロイヤリティニダ!
       ∧_,,∧           ∧_∧
       < `∀´> -3       (´∀` ) ゴクロウサマモナー    
       (    つI       ( ●  )
   I    し―-J           し―-J 
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 今月のウォン高の差額ニダ!  | ̄ ̄|
       ∧_,,∧         _☆禿☆_
       < `∀´> -3       (´⊂_` ) ゴクロウナコッタ     
       (    つI       (    )
         し―-J           し―-J  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ⇒ ここに中国人がくわわる
 ホルホルホル・・・って、あれ? ウリのIは?
       ∧,,_∧ 
       <Д´  >
       (    )    
         し―-J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


845 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:49:04 0
>>843
そう悲観することもない。韓国だけじゃなく、世界中の企業が同じ目にあっているよ。w
日本も攻撃されてるよ。
【中国】「このままでは操業停止せざるを得ない」日本企業に立ち退き通告 上海工業区、ハウスなど10社
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1162438680/

外資を追い出すのは良いけど 国内産業がそこまで急成長する程中国企業が伸びたとは思えないんだけどなぁ
無論、ハイアール等が世界的な企業ではある事を認めない訳では無いけど
今の中国共産党政府のやり方は両極端すぎるよね。
ま 別にどうでも良い事だけどね

中国は土地の使用量を今年3倍にしました。 優遇税制も廃止しました
外国から技術・資金を奪ったら追放するのが中国のやり方です
日本企業も資金・技術を奪われて撤退する企業が次々と出てきています
そろそろ中国が本心を出してきました。強盗国家中国に気をつけるべし




846 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:50:08 0
「夜逃げ・脱税…青島でひんしゅく買う韓国企業 イメージ最悪」
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/06/03/20060603000028.html


 ホルホルホル・・・って、あれ? ウリのIは?
       ∧,,_∧ 
       <Д´  >
       (    )    
         し―-J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もうないニダ             ∧∧
       ∧_,,∧           /金 \
       < `∀´>          (`ハ´; ) 税金の値上げ分     
       (    )         (    )
         し―-J           し―-J  
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

                 ̄ ̄ ̄ ̄-----________ \ | /  -- ̄
      ---------------------------------  。 アイゴー
           _______----------- ̄ ̄ ̄ ̄ ̄     
                     ∧ ∧    / / |  \   イ
                    (   )  /  ./  |    \ /
                 _ /    )/   /  |     /|
                 ぅ/ /   //    /   |    / .|
                ノ  ,/   /'    /       /|
 _____      ,./ //    |     /    
(_____二二二二)  ノ ( (.  |    /  
              ^^^'  ヽ, |  |    



847 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 17:51:34 0
最近の外資(含む台港)ローテク系製造業への締め付け、嫌がらせは凄いからね。
深圳の開発区なんて、輸出工場は車(社用車)を買えないなんて言い出してる。

まぁ、そんな中でも韓国系企業や韓国人は色んな方面から嫌われ出しているのも事実。
一昨年中韓同時に反日で盛り上がったり、寒流ドラマ等で一時的に韓国のイメージが
上がっていたけれど落ちるのも早かった。

企業は仕入れ代金・税金・光熱費・給与等を踏み倒して逃げるし、個人でもカラオケや
サウナの女の子に、人民元が無いからと1万ウオン札渡して騙そうとする輩が続出する
わで、最近は中国のローカル企業でさえ韓国系は三星等大企業以外怖くて取引出来ない
と言い出すしまつ。

さすが中国だな
チョンは厳しくしつけないといけない事を熟知している
日本も小泉以前は相当に危なかった


848 :世界@名無史さん:2007/01/28(日) 18:08:13 0
【中国】個人所得税の自主申告、北京の手続終了者はわずか1万人 [01/28]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1169962595/

税金払うという概念は中国人にはないアルヨ
清朝まではみかじめ料があったけど
共産主義なんだから政府の金が私の財布にあって当然


849 :世界@名無史さん:2007/02/04(日) 23:52:06 0
なんだ、このスレも白頭山を長白山と書く連中しか集まってないのか?

850 :世界@名無史さん:2007/02/09(金) 17:29:34 0
ロンドン合宿中の中国五輪代表、練習試合で乱闘騒ぎ
http://sports.msn.co.jp/article/article.aspx/articleid=48812/
 現地時間8日(以下現地時間)、ロンドンで合宿中の中国五輪代表が7日に行なわれたQPR(イングランド2部相当)との練習試合で乱闘騒ぎを起こし、選手が失神するなどの事態となっていたことが分かった。ロイター通信が報じている。

851 :世界@名無史さん:2007/02/13(火) 00:51:41 0
麗水出入国管理事務所火災、放火の可能性で捜査
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070212-00000001-yonh-kr
【麗水12日聯合】11日午前に法務部麗水出入国管理事務所で発生した火災
で、不法滞在者など保護下におかれていた9人が死亡、18人が負傷した。火元
は中国人不法滞在者らが収容されていた3階の部屋で、死亡者は中国人8人と
ウズベキスタン人1人のいずれも男性だった。
 警察は調査の結果、火災発生5〜8分前に中国人男性がティッシュのような
もので監視カメラを覆い、その後火元の部屋付近の天井から煙が出たことが
確認されたと明らかにした。収容中の中国人らが火災の混乱に乗じた集団逃
走を狙い放火した可能性があるとして調査を進めているが、監視カメラには
実際に放火をする様子は映っていないことから、漏電や失火などの可能性も
念頭に入れ、火災原因の究明に全力を挙げている。

852 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 23:06:14 0
圧倒的にウヨのコピペが多いな。

853 :世界@名無史さん:2007/02/15(木) 11:47:37 0
>>852
つうか中国ってネタの宝庫じゃん。
「世界一バカ、 決定戦!!」という世界の笑えるニュースを紹介するブログがあるんだけど
中国のネタがかなり多いし馬鹿馬鹿しくていつも笑ってます。

http://sekaiichi.seesaa.net/

854 :世界@名無史さん:2007/02/20(火) 08:49:56 0
ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20070219i516.htm
はげ山をペンキで「緑化」?…中国・雲南省

中国南西部・雲南省富民県の当局が、“はげ山”の山肌数千平方メートルに
緑色のペンキを塗りつけ“緑化”していたことが国内報道で判明し、中国社会
をあぜんとさせている。
中国紙・新京報などによると、同県当局は昨夏、農村住民の年平均収入の
約140倍に当たる47万元(約750万円)を投じ、採石場跡地などが
あった山肌にペンキを吹き付けた。住民側は「この金で苗木を買えば、いくつ
もの山に植林できる」と批判している。
事業を行った同県農林局は詳細な説明を拒んでいるが、“はげ山”の真向かい
に建設している中国共産党同県委員会の新庁舎の「風水」を良くするのが目的
と指摘されているという。

855 :世界@名無史さん:2007/02/20(火) 10:14:33 0
>>854
宗教を否定してるはずの共産党が「風水」には拘るのってなんか変だよね?


856 :世界@名無史さん:2007/02/20(火) 10:51:22 0
神様 は信じなくても運勢は仕信じる
のさ

857 :世界@名無史さん:2007/02/20(火) 13:41:31 0
風水って宗教なのか?

858 :世界@名無史さん:2007/02/20(火) 17:51:03 0
>>857
迷信ってとこでは?
宗教よりもっと土俗的で科学的根拠の無いもの


306 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)