5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代中国人は白人だった件

1 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 19:03:41 0
↓ソース
http://mbe.oupjournals.org/cgi/content/abstract/17/9/1396

2 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 19:18:27 O
  /⌒⌒⌒⌒⌒⌒))
 (  从   ノノ
  ( / ̄ ̄ ̄ ̄\
  |::: ヽ   丶
  |::____ __)
 (∂: ̄|・ー|=|・ー|
  ( (   ̄)・・( ̄i
 ヘ\  _ )3( _丿<あっそう
/ \ヽ_二__ノ|\
⌒ヽ \_/\i/\_|

3 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 19:46:42 0
First Chinese Were Black(最初の中国人は黒人だった。)
http://www.trinicenter.com/FirstChinese.htm


4 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 19:47:30 0
2500年前は、世界的な文明の中心地であった
中原目指して、中東やその西の欧州そのものから
多くの部族や家族が歩いて移動した痕跡が
最近たくさん見つかっている。

白人だったわけではない。

もう一つの仮説は、
チベット人やアイヌ人(日本人)のような
YAP+を持った「古い形質」のモンゴロイドが
中原や南中国に広く住んでいたのではないかという
可能性だ。

5 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 19:49:55 0
以下の写真はタイのネグリト系民族マニ族です。
http://www.andaman.org/book/chapter36/pic-family.jpg
http://www.andaman.org/book/chapter36/pic-menboys.jpg
どう見ても黒人だが、遺伝子は正真正銘のモンゴロイドである。
Gm血液型遺伝子でもモンゴロイドと同じ遺伝子を持つ。
初期のアジア人は上記のように黒人そっくりだったと推定される。


6 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 19:55:24 0
欧州白人は遺伝的にはモンゴロイドよりずっと黒人に近いよ

それに最大の白人集団であるインド人は日本人よりずっと黒くて背が低いよ

7 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 20:00:13 0
中国の遺跡で発掘された2200年前の夫人のミイラは完全に黄色人種のものであった。

そして、兵馬俑で発掘されたほとんどの兵士の石像の姿は完全に黄色人種のものだった。

よってこのスレは糸冬了しました。。。

8 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 20:07:19 0
>>6
>欧州白人は遺伝的にはモンゴロイドよりずっと黒人に近いよ

遺伝的にもっとも黒人と離れてるのはアボリジニです。

>それに最大の白人集団であるインド人は日本人よりずっと黒くて背が低いよ

インド人はヴェダ人種との混血だろ。純粋なアーリア系ほど背が高く肌が白い。


9 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 20:11:00 0
遺伝子的にもっとも黒人と離れてるのは、
アボリジニ、パプアニューギニア人などのオセアニア人種です。
http://www.goodrumj.com/Tree-1.jpg

上記の分岐図を見てもわかる通り、
フィリピン人、インドネシア人も日本人より黒人と離れてる。


10 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 20:17:25 0
夏(商)あたりならメソポタミアあたりから流れてきたコーカソイドが王朝を建てたとしても過言でなさげ。

11 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 20:17:55 0
>>4
歯のサイズは、チンパンジー>ジャワ原人>弥生人>本土日本人>縄文人>アイヌ人
ttp://www.museum.kyushu-u.ac.jp/WAJIN/132.html

アイヌ人は「古い形質のモンゴロイド」ではない。
縄文人から独自進化した末裔だ。


12 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 21:18:40 0
中国の遺跡で発掘された2500年前の
家族のミイラは完全に欧州白人のものであった。

さらに一緒に埋葬されていた織物を分析すると同時代の
南フランスのものと一致した。

ディスカバリーチャンネルで特番流れてたよ。

13 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 21:20:43 0
>>8
>純粋なアーリア系
そんな概念はナチス以外にはないよ。

最大のコーカソイド民族はインド人。
真っ黒でよりチビなスリランカ人(シンハリ人)は
コーカソイドの特徴がよりはっきりしてているよ。

14 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 21:38:31 0
>>12遼東半島の遺跡だっけか?

15 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 22:00:14 0
>>1
それにしては中国史研究している日本の歴史家の人達は誰もそんな事話題にしていない様だが。

>>3
で?

>>5-6
スレ違いの話題だよ。

>>10
妄想乙

>>12
これは初耳だね。
すいませんが、URLを紹介して大元の出典を紹介してくれませんか?
でなければ、何年何月何日に放送されたディスカバリーチャンネルの特番でそんな事言ってたんですか?

>>14
これも初耳だね。

16 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 22:12:35 0
遺伝子からみた東ユーラシア人
http://www.geog.or.jp/journal/back/pdf111-6/p832-839L.pdf

17 :世界@名無史さん:2006/03/21(火) 23:41:18 0
>>15
>何年何月何日に放送されたディスカバリーチャンネルの特番でそんな事言ってたんですか?
探してみるね。何回も再放送されているよ。

ラストはヨーロッパ人と中国人が古代に仲良く
興隆している再現映像で終わる科学番組だよ。

18 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:07:19 0
政治番組なんじゃねえのw

19 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:19:11 0
その番組なら実際に見たことあるな
>>4みたいなことを言ってた気がする
6000年前だかでもヨーロッパ(ウラル以西)とアジアが交流してたとかそんな内容

20 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:25:48 0
文明の中心地というよりおまんまが食える、って感じで移住してきたんだとヲモ

21 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:42:53 0
これはトンデモではなく真面目な学説ですよ。
ttp://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/japanese/human.html#12


22 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:47:06 0
>>15
>それにしては中国史研究している日本の歴史家の人達は誰もそんな事話題にしていない様だが。

連中は中共が公表した捏造臭い文献からしか研究できないよ。


23 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:48:22 0
そういえば孫権も青い目だったとか、秦の始皇帝も白人説がある。


24 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:56:00 0
南京大虐殺を信じないと支那で発掘調査や史料の共同研究なんて出来ませんよ。

25 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 00:57:49 0
中国目指して歩いて家族で出稼ぎとは…
昔のヨーロッパ人は辛い立場にいたな…

俺も見たよ、その番組。

米国チームの研究だったと思う。

26 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 01:02:43 0
砂漠の墓から発掘された白人娘のミイラ、三つ編み結ってたよな。
タータンチェックの布も一緒に発掘されてた。数体の遺体と共に発掘。

近くには中国人の墓もあった。戦闘による損傷は認められなかった。

白人たちの死因の多くは病死、それもテント内のたき火煤煙による、
一種のケイ肺。

27 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 01:08:36 0
始皇帝は騎馬民族の出じゃん。
いや、秦の血を引いていないという説もあるけど。

28 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:19:52 0
また立ったのか
古代中国人は白人だった。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1118561141/l50
39 名前: 世界@名無史さん 投稿日: 2005/06/14(火) 05:07:35 0
ほらよっと。
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal25.html
中国古人類集団のDNA分析 王瀝 中国科学院遺伝研究所
…… 
 その結果、3つの時代のLinzi人類集団が異なる遺伝的構成を持つことが明らかになった。
地理的分布と同様に、現代Linziの人類集団は東アジア人類集団とクラスターを形成して
現代ヨーロッパ人類集団とは離れた結果を得た。また、現代中央アジア人類集団はヨーロッパと
東アジアの中間に位置する。ところが、2000年前のLinzi古人類集団は、現代東アジア人類集団と
現代ヨーロッパ人類集団の中間に位置しており、現代中央アジア人類集団に近かった。
さらに驚いたことに、2500年前のLinzi古人類集団は、現代東アジア人類集団よりも、
むしろ現代ヨーロッパ人類集団や現代トルコ人集団と近い遺伝的背景を持つことが分かった。
 本研究により、2500年前にユーラシア大陸の東端に現代ヨーロッパ人類集団と遺伝的に近縁な
人類集団が存在していたことが明らかになった。また、2500年前から2000年前の500年間に
Linzi集団に大きな遺伝的変化が生じたことから、過去に人類集団の大規模な移動があったことを示唆している。
……

29 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:23:55 0
    .,Å、
        .r-‐i'''''''''''i''''‐-、
       o| o! .o  i o !o
      .|\__|`‐´`‐/|__/|
       |_, ─''''''''''''─ ,、 /._
     /               `ヽ.
    /    /          i  中国人はどうして白人になりたいのかな?
    |      ● (__人_) ●   |  テラカワイソス
    !                  .ノ
    丶.              ノ
      ``'''‐‐--------‐‐'''~


30 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:37:24 0
Genetic Structure of a 2,500-Year-Old Human Population
in China and Its Spatiotemporal Changes
ttp://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/abstract/17/9/1396

2500年前のLinziは今の山東省にあった斉の国都臨淄だから
白人だったのは孫権や始皇帝ではなくて太公望?

31 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:40:08 0
南京大虐殺がデフォの史学レベルですよ?=支那

32 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:43:37 0
DNAも捏造したしたと?
あ、半島では先例があるなw

33 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:48:26 0
捏造も何も食い詰めた欧州白人たちが徒歩で
上京してきて都周辺に住んでたというだけの話。

34 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:50:55 0
>>29
それはコリアンの発想。
中国人は欧州白人なんか何とも思っていない。
漢字が読み書きできて、中国の礼儀を知っていれば、
中国に来てもイイよ、という感覚で5000年の歴史がある。

35 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 02:55:04 0
甲骨文字や金文から現代までが5300年間位かぁ…

36 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:03:20 0


古代中国人は白骨だった件!!!!!




37 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:05:08 0
でも欧州白人がいまさら支那人になりたいなんて思わん罠

38 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:13:00 0
200年位前までのフランスは
中国文化に憧れてたけどね

欧州においては、
陶器や絵画への憧れから、
易経や農本主義、
高等文官採用試験などで
大きな影響を与えたね。

39 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:25:05 0
200年ってかなり昔じゃん。日本で言えば江戸時代の価値観を今にもってきてどうすんの?

40 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:42:58 0
そこから先は西欧諸国の侵略の餌食になったんだよ。
ロシアへの対抗上、英米は日本をパートナーに選んだ。
だから日本は飼い犬として英米から武器を渡されて
中国への進出を図ったんだが、途中で飼い主を無視した
ために原爆を落とされたんだ。東アジアの辛い時代だ。

今、中国が帝国主義的な軍拡に走るのも
この200年間の歴史があるからだろう。

「武器の近代化と、海軍や空軍の整備を薦めなければ
 欧米やその走狗な日本にまたまた侵略される」という
PTSDな不安神経症。

41 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 03:53:16 0
>>39
ローマ帝国とか漢朝で盛り上がる世界史板レベルでは「近代史」、
ほんのついこのあいだ。

42 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 04:43:58 0
甲骨文字はせいぜい1500BCEくらいだろ(現在までで
せいぜい3500年)。

43 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 04:49:11 0
小学校/中・高学年/国語/漢字/漢字の歴史
甲骨文字から楷書ができるまで
ttp://www1.ttcn.ne.jp/~motokazu.K.home/syougai/kanrekisi.htm

漢字の成立は3500年位前からだね

44 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 05:19:11 0
その内欧米の進んだIT技術を印度や支那が身につけ、欧米への侵略を開始するんだろうね。
そして保守的になるあまり官僚が強大な権限を持ち、硬直化した欧米は清朝の崩壊のごとく・・

45 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 06:47:28 0
>>40なるほどね。明治維新〜敗戦までの日本史を世界史的に見れば
こういうことだったんですねー。
いままた同じことになりそうジャマイカ?


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/22(水) 07:44:43 0
スレ違いかもしれないけど
江戸時代にスペイン、ポルトガル人が日本に来たけど韓国や中国には来なかったの?
マカオは別として

47 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 07:51:25 0
コーカソイド

48 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 09:12:07 0
2002年に山東省で発掘された漢代の兵馬俑の兵士像はどう見ても黄色人種です。ありがとうございました。



           ■■■■■■■■■■終了■■■■■■■■■■

49 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 11:32:26 0
>>17-19
だから何時の話?それは何て言う名前の番組なの?早く紹介してよ?

>>22
仮に百万歩譲ってそうだったとしてもお前みたいな奴の言う事なんかその連中以上に信用できないがな。

>>23
大元の出典紹介してよ。馬鹿みたいに同じ事いろんなスレでキピペすんの見苦しいから止めろ。

>>28
お前は遺伝子の差だけで人種が区分出来るとでも思ってんの?だったらかなりの笑いものだね。
それにそれは中国の論文か?だったら>>22が書いたレスの内容をよ〜く考慮しろよな。

>>36
お前の言う事がこのスレの連中の中では一番まともなカキコだよな。


え?どうだ?解っただろ?お前等がいくら騒いだってお前等が紹介した新説なんか世間一般でも
2chの中国史関連のスレでもお前等除いてだれも相手にされずにスルーされていますwwwwwwwwwwwwwwwwwww
お前等は引き篭ってこんな珍説振り回しているよりも、本屋に行って世界史関連の本でも買って中国史を
もう一回勉強しろよ。そして、そんなに遺伝子の事が気になるなら『98%チンパンジー』と言う本でも読んで
教養付けてこいや。そして>>7>>48のカキコをよ〜〜〜〜〜く見てみろよ。



           これによりこのスレは終了しました。。。。。。

50 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 14:03:58 0
( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄) 
    ( ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)
   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 /             \
/                 ヽ
l:::::::::               |
|::::::::::   (●)    (●)   | フマー
|:::::::::::::::::   \___/    | 
ヽ:::::::::::::::::::.  \/     ノ
  \、        __/
   / __     /´>  )
   (___)   / (_/
    |       /
    |  /\ \
    | /    )  )
    ∪    (  \
          \_)

歴史捏造、それが倭奴クオリティー

51 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 14:32:28 0
本屋に売ってる中国史の本に
3500年前の人種分布みたいなものが書いてあるの?

52 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 15:09:45 0
>>49
>お前は遺伝子の差だけで人種が区分出来るとでも思ってんの?だったらかなりの笑いものだね。

そういう批判とファビヨリはあって当然で>>28の「DNA考古学研究会」では
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Menu1.html
「古代DNA分析の問題点」
植田信太郎 東京大学大学院理学系研究科分子人類学・分子進化学研究室
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal23.html
「モンゴロイドとコーカソイドの区別はどの程度可能か」
梅津和夫・山形大学医学部法医学、湯浅勲・鳥取大医学部法医学
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal18.html
など研究発表されている。ちなみに
>…今回分析した14個のSNPの分析だけでもドイツと日本の集団に限定して考えると
ほぼ両者の所属を識別できた。このような単純な方法によっても、ある集団における
モンゴロイドとコーカソイドの識別および混血率が推定できることが明らかになった。……
だそうな。

53 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 16:06:54 0
確かに>>7>>48の言う通り兵馬俑の兵士の姿はどう見てもモンゴル顔だよな。
また、遺伝子や人種で何たらかんたらで議論しても不毛以外の何者でもないので、


          ■■■■■■■■終了■■■■■■■■

54 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 20:31:33 0
乞食みたいな流入民にスラヴ、欧州、中東、インドの白人がいただけだろ

多くは結婚してもらえないから、その血は絶えてしまうよな

エリートは中国人、奴隷や娼婦に白人もいただけのことだ

55 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 20:46:30 0
日本人と中国人が会話する掲示板でこの話題出てたな。
中国人側は必死に否定してた。

56 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 20:47:20 0
                    このスレの議論に参加する前に言っておくッ!
                    おれは今奴らの知識をほんのちょっぴりだが体験した
               い…いや…体験したというよりはまったく理解を超えていたのだが…
         ,. -‐'''''""¨¨¨ヽ
         (.___,,,... -ァァフ|          あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
          |i i|    }! }} //|
         |l、{   j} /,,ィ//|       >>1の王教授の論文は2500年前の中国山東省の話だ。
        i|:!ヾ、_ノ/ u {:}//ヘ       だが、それに対して>>7は秦の兵馬俑がどうとか、
        |リ u' }  ,ノ _,!V,ハ |       >>48は漢の兵馬俑が黄色人種だとか、あげくに、
       /´fト、_{ル{,ィ'eラ , タ人      >>49にいたってはそれを一番まともなカキコだと、
     /'   ヾ|宀| {´,)⌒`/ |<ヽトiゝ    それを根拠に終了宣言する奴まで出てきた……
    ,゙  / )ヽ iLレ  u' | | ヾlトハ〉     おれも何をいっているのかわからなかった…
     |/_/  ハ !ニ⊇ '/:}  V:::::ヽ    2500年前の中国といったら春秋時代だよな、
    // 二二二7'T'' /u' __ /:::::::/`ヽ   秦とかは2200年前、中学で確かそう習ったよな?
   /'´r -―一ァ‐゙T´ '"´ /::::/-‐  \ 奴らの頭の中では300年位は誤差の範囲なのか?
   / //   广¨´  /'   /:::::/´ ̄`ヽ ⌒ヽ それとも春秋時代に始皇帝が漢朝を建てたの 
  ノ ' /  ノ:::::`ー-、___/::::://       ヽ  } だとでも本気で思っているのか…
_/`丶 /:::::::::::::::::::::::::: ̄`ー-{:::...       イ 
                           学問板なのに…頭がどうにかなりそうだった…
「ゆとり教育」とか「春休み」だとか、そんなチャチな理由じゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…  

57 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 21:33:38 0
あの、質問なんですが、この新説は万人の誰もが認める定説なんですか?



それに古代中国人だけじゃなくて、古代欧州人や北米大陸の先住民も現代と同じ人種に属する集団だったとでも
言い切れるの?なんか古代中国だけを話題にするのも個人的には不自然な感じもするけどなぁ。。。

58 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 21:34:08 0
>>54
中国人か?


59 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 22:37:47 0
>>55
日本の仁徳天皇陵の発掘が許可されないのも、
出てきた人骨が日本人じゃなかったら嫌だからだよ。


60 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:37:10 0
白人至上主義者の妄説


糞スレ終了

61 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:40:52 0
>>60
おいおい。古代エジプト人の黒人説や古代ユダヤ人の黄色人種説はOKで
古代中国人の白人説は「白人至上主義者の妄説」かよ。


62 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:42:12 0
これは白人至上主義者ではなく真面目な学説ですよ。
http://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/japanese/human.html#12


63 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:46:08 0
古代エジプト人の黒人説なんて、
トンデモなのに科学的に否定しようとすると
白人至上主義者と言われるらしい。
古代中国の白人説はちゃんと学術的に根拠があるのに
発表したのは日本人の学者なのに白人至上はないだろ。
ttp://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/japanese/human.html#12


64 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:48:31 0
>>59宮内庁が歴代天皇陵墓を発掘調査させないのは、宮内庁がその結果を知っているから。
要するに天皇は半島か江南あたりから流れてきた渡来人なんでしょ。
>>57支那共産党が政権をとっている以上、まともな「歴史調査」は出来ないと思われ。政権が
崩壊するまで待った方が吉。

65 :世界@名無史さん:2006/03/22(水) 23:53:56 0
>>57
DNA考古学自体がここ10年位に出てきた新しい分野で、
まだ、さまざまな民族・時代の資料や分析が蓄積がされていないし
個人の技量に頼る部分もあったりして問題点も多いのも確か。
なにより歴史学者は遺伝学に疎く、遺伝学者は歴史学に疎い。
なわけでまだ社会的には認められてはいないんだろうね。
将来的には外道といわれながら花形になった量子化学や
分子生物学みたいになるのかも……しれない。
南米マヤ族についても調べられている。
「中米マヤ・コパン遺跡出土人骨のDNA分析」
http://homepage.mac.com/azsyano/Personal36.html
エル・プエンテ遺跡のものは現代マヤ族と類似していたが
古典後期に属するコパン遺跡のものは現代マヤ族とは
関連がなかったそうな。だから何が古典後期マヤに起きたか?
かまではわからんが。

66 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:04:10 0
古代エジプト人黒人説がなんでトンデモになるかわからん。
ブラックファラオ・ビアンキとか知らんのか?
現代のエジプト共和国南部にもスーダン系黒人が多く住んでいるのに。

67 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:09:36 0
スーダンの黒人によるエジプト王朝ってなかったけ?

68 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:15:35 0
インドにコーカソイドが移住してきたんだから
その分派あたりが中国に移住するって話はありえない話じゃない
と思うがな。
で混血しまくって1000年ぐらいで同化とか。

トルコ人とか、すっかり東洋系の顔立ちじゃなくなったし。
ルーシ族もロシア人と同化したし。

69 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:29:57 0
>>66
骨相学や頭髪の調査で古代エジプト人の黒人説は否定されている。
ラムセス2世のミイラの頭髪も白人種特有の波状毛で黒人の頭髪とは違う。


70 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:36:07 0
>>69
つエジプト第25王朝

71 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:41:10 0
>>66
詳細は知らんが黒人説ってのは、
ハム系を否定しているんじゃないの。

72 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:52:18 0
エジプトのファラオミイラに炊いたするDNA調査は
ものすごく制限されているだろう。

黒人だと言われたくないんだよ。

73 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:54:56 0
東アフリカで今も行なわれている開頭手術は
古代エジプトの脳外科手術の起源ニガ!

だそうです。

74 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 00:59:03 0
エジプトの期限はブラックニガ!!

75 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:06:04 0
>>72
それは宮内庁が天皇陵の発掘調査を許可しないのは、
天皇陵からユダヤ人の人骨が出てくるからだと言ってるのと
同じ起源だ。



76 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:07:16 0
ラムセス2世のミイラの頭髪も白人種特有の波状毛で黒人の縮れ毛とは違う。


77 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:09:52 0
支配層と庶民層で人種が異なっていた、という可能性はある?

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/23(木) 01:13:22 0
ソグド人何かが存在していたくらいだから当時白人がいてもおかしくないだろ。
それとも中華至上主義者は都合が悪いのかね?w

79 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:16:04 0
楼蘭のミイラがコーカソイドの風貌だったが、漢代の新疆にはすでに
コーカソイドがいたってことかな。
トカラ語派の集団は謎が多いしね・・・

80 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 01:19:14 0
唐代はアメリカのような他民族&多人種の国際国家だったこともあるんだし、
その前の世代も支那の地政学上、コーカソイドの白い方がいてもおかしくないだろ。
今の極右民族主義国家の支那が政権をとっているからまともな調査させないんじゃないの?

81 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 02:05:03 0
ノルウェーの漁師からも韓国人と同じDNA配列が見つかるのだ。
われわれ人間は、誰もが完璧なる混血なのだ。と同時に、誰もがつながっている。


82 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 02:18:36 0
>>81
北欧にはヨーロッパ先住民族サーメ人がいるから
アジア人と同じDNA配列があっても不思議ではないかも。

83 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 09:04:52 0
今でも白人顔の中国人居るじゃん。
西域のイスラム教徒の遊牧民だけど。

84 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 09:15:09 0
>>81-82
つまり、ヨーロッパの先住民の中にもアジア系の民族がいたと考えてもおかしくない訳なのか?

85 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 11:01:40 0
黄帝は髪の毛が黄色で瞳は碧。

まあ、あくまでも中国での言い伝えなんだが・・・。

86 :世界@名無史さん:2006/03/23(木) 11:28:26 0
ってか板違いだろこれは。そんなに遺伝子やら人種やらを語りたかったら、
生物板か考古学板に行けよ。

で、それよりも前に世界史板や中国板にまで出張して、これと同じスレ立てて、
同じ主張繰り返して、粘着していたのはこのスレ立てた>>1と同一人物なのか?

>>85
それって創作?それとも正史の史料?

87 :世界@名無史さん:2006/03/24(金) 02:02:34 0
>>84
そういう説は大昔からある。
日本語、朝鮮語と同じ膠着語がヨーロッパ辺境の
バスク語、フィン語に見られたりするからね。
異論も多いが、青銅器時代以前の話だから文献もないしよくわからん。
それこそDNA分析の世界だろう。
まあ後世、フン族がフランスまで侵入したり、モンゴル軍がポーランドまで
行ったり、アラブ人がスペインを支配したり、トルコがバルカン・ギリシャを
支配してウィーンを包囲したりしてんだから、太古ヨーロッパにアジア人が
住んでいたとしても俺は別に不思議とは思わん。

88 :世界@名無史さん:2006/03/24(金) 08:16:17 0
ある地域の民族が丸ごと入れ替わってしまうことは世界史上珍しいことではないだろ。

89 :世界@名無史さん:2006/03/24(金) 10:10:28 0
>>1
やっぱり中国人も白人コンプレックスだけはしっかりあるんですね(笑)
これじゃ世界は取れませんね

90 :世界@名無史さん:2006/03/24(金) 12:54:52 0
北海道もアイヌ人がほぼ全滅
オロチョンとかギリヤークなんて…

ひとつの地域の人種が総入れ替えなんてよくあることだよ

91 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 12:46:40 0
にんげん進化考 第12回 春秋戦国時代に欧州人?(2002年6月23日・日本経済新聞 Sunday Nikkeiに掲載)
著者:斎藤成也(国立遺伝学研究所・教授)

 中国古代人のDNA研究からは、当時の人々のダイナミックな動きが浮かび上がった。
 東京大学の植田信太郎さんと中国科学院遺伝研究所の王瀝さんらが調べたのは春秋戦国時代、斉の都「臨シ(りんし)」
があった山東半島の付け根あたりの遺跡の人骨から得た細胞内小器官ミトコンドリアのDNA。私も研究にかかわった。
 研究グループは約二千五百年前の春秋戦国時代中期と、それより約五百年新しい前漢末期、現在、同地に住んでいる人
々のDNAを比較した。
 現在、臨シ跡に住む人々は日本や韓国など現代東アジアの集団と近かった。ユーラシア大陸の人類集団は欧州と中央ア
ジア、東アジアに大きく分かれ、DNAで類似性を見ると、中央アジアの集団が東アジアと欧州の集団との中間に位置する。
こうした全体状況を考えれば、この結果は、各集団がいる地理的な位置と合っており、予想通りだった。
 ところが古代人の方は意外な結果を示した。約二千年前、前漢末期に臨シにいた人々は、中央アジアの人類集団との間
で高い類似性を示した。約二千五百年前の春秋戦国時代の同地の人々と一番近かったのは、なんと欧州の人類集団だった。
 この結果は中国古代、現在とは遺伝的にかなり異なる人々があちこちに移り住んでいた可能性を示している。特に欧州な
ど西ユーラシアからの影響を考える必要がある。
 漢の高祖となった劉邦や項羽が争った約二千二百年前の秦末の戦乱では、おびただしい人命が失われた。こうしてできた
人口空白地帯に周辺の別系統の人間が入りこんだのかもしれない。
 一方、古代から現代に至るまで周辺の少数民族が中国文明を受け入れて社会的に漢民族化する現象は常に生じている。
こうした過程で遺伝子は混ざり合ってゆく。
 一部の遺伝子だけからの結果なので決定的なことは言えない。しかし、この結果が中国の他の地域や他の時代の集団で
も確かめられたなら、中国古代史を担った人々について、新解釈を迫ることになるだろう。
http://sayer.lab.nig.ac.jp/~saitou/japanese/human.html#12


92 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 16:07:29 0
>>91
>中国古代史を担った人々について、新解釈を迫ることになるだろう。
>中国古代史を担った人々について、新解釈を迫ることになるだろう。
>中国古代史を担った人々について、新解釈を迫ることになるだろう。


93 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 17:46:39 0
だからいったろ?
孔子はソクラテスみたいな顔してたってw

94 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 18:17:06 0
紙や火薬、羅針盤ってほんとに漢民族の発明ですか?


95 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 19:31:58 0
でも、これって、北アメリカのケネウィック人の特徴がヨーロッパ人に似ている、と言った新説と同じ類だろ?
それに、個人的な解釈にはなるが、古代エジプト人が黒人だったとは、古代エジプト人の壁画を見た限りでは、
あまりそれらしくは見えないし、同様に、古代中国人が白人だったとは、古代の中国人の壁画や石像の顔つきを
見た限りでは、あまりそれらしくも見えないがな…………

そもそも『純粋な人種』って存在するのか?
中国でこういう結果が出たと言う事以外にも、ノルウェーやアイスランド辺りで、韓国人と同じ遺伝子配列が
見つかった、何て言う結果も出てるみたいだし、最近では、アメリカのある遺伝子学者の研究によると、
チンギスハーンの遺伝子を継いでいる人達がヨーロッパ各地に存在する可能性がある、と言う研究発表が
出されたらしいからな。何とか古代のヨーロッパやインドや中東みたいに中国でもそれらしき古代の記録や文献が
残っていれば、さらに詳しい調査が出来ると思うけどな。

96 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 19:42:16 0
>>94
>紙や火薬、羅針盤ってほんとに漢民族の発明ですか?
中国での発明ではあるな。
漢民族かどうかはどうだろう。
紙と羅針盤とボウガンは2200年前の前漢。
火薬は1400年前の唐。

97 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 19:49:19 0
95だけど、文章の中に間違った部分があったので訂正

×アメリカの遺伝子学者の研究
○イギリスの遺伝子学者の研究

イギリスのオクスフォード大学の学者の研究結果だそうです。

98 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 19:49:19 0
”ノルウェーやアイスランド辺りで、韓国人と同じ遺伝子配列が
見つかった、何て言う結果も出てるみたいだし、最近では、アメリカのある遺伝子学者の研究によると、
チンギスハーンの遺伝子を継いでいる人達がヨーロッパ各地に存在する可能性がある、と言う研究発表が
出されたらしいからな。”


ヨーロッパの白人は否定するだろうな。とくにノルウェー人

99 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 20:25:01 0
>中国古代人

なにこの雑な名称?いつの時代のどこの誰かさっぱり分からん

100 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 20:28:31 0
>>98チンギスハンの遺体って保存してあるのか?なんでチンギスの遺伝子ってわかるんだろ?

101 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 20:29:55 0
>>99
>>91のことを言ってるなら、文中にあるだろ。

102 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 20:34:03 0
>>100
Genghis super-Y - the gene for a true alpha male
http://www.timesonline.co.uk/printFriendly/0,,1-523-1143457,00.html

103 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 21:44:26 0
>>98
ここは古代中国人のスレッド。朝鮮人のことは論じていない。

104 :世界@名無史さん:2006/03/26(日) 22:05:01 0
>>102ご丁寧にどうも。しかし私にはなんと書いてあるのか分からんが

105 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 01:01:39 0
NHKのシルクロード見てて思ったんだが
殷代の楼蘭付近で白人のミイラが発見。
僧侶のクマラジュウはインドと白人のハーフ。

遊牧文化は黒海北から草原の道をたどり東へ広まっていったという。
ならば遊牧騎馬民族はもともと白人種で、
馬のおかげで速いスピードと距離を移動し、東アジアまで到達。
遼等半島近くまできたとしてもおかしくない。

106 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 01:18:40 0
>>105
>インドと白人のハーフ。
インド人自体が元々白人だろう。

107 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 01:33:23 0
わかった アジア人は死ぬと白人になるんら

108 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 01:44:30 0
キモすぎ。白人コンプレックスの集まりだな。ゴキブリどもめwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwww

109 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 01:45:44 0
ここにもムスカがいる

110 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 01:57:06 0
楼蘭王国人口1万程度の小国家だった
その中で兵士が2000人という軍事国家であった


111 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 02:40:26 0
>108
ホロン部乙

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/03/27(月) 03:22:26 0
中華主義者が一向に事実を認めないから糞スレになったな。

113 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 04:27:53 0
だいたい、この説を発表したのは中国科学院遺伝研究所なのに

114 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 07:47:12 0
英文ソースが理解できないんじゃ話しにならんな。

115 :世界@名無史さん:2006/03/27(月) 12:05:36 0
世界の流行語の英語を解せない原始人でスマソ

116 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 12:40:08 0
古代の聖人が、白人なんだよ。
白人が絶滅した後、劣等な東洋人は殺し合いの螺旋に入って
春秋戦国時代になった。
諸子百家が、古代の聖人を例に出すのはそのため。


117 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 15:08:13 0
中国古代の聖人は、今の漢族大膨張に駆逐される前の
古い中国人の血筋だったりして。今、チベットとか雲南、
広西、沖縄や日本に残っているYAP+を持っている
古い東アジア人。その後に強欲で冷酷なYAP+を
持たない、爬虫類のような東アジア人に追いやられた人々。

118 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 15:35:06 0
さすがにそこまでいくとデムパだろ。

119 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 15:39:08 0
始皇帝は金髪だったそうだな!

毛髪を染めるはしりか?

120 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 16:09:50 0
>>1
ちょwwwwww
それなんてトンデモ?wwwwwww

121 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 16:18:21 0
ソース見てみたけど
どこの遺跡で、何体のサンプルがあるのかぜんぜん書いてなくないか?

場所は臨淄ってだけじゃなぁ
漠然としすぎ

122 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 17:47:57 0
>>121
書いてあるけど。

Sample Collection
All three populations were sampled in Linzi, which is now part of the city of Zibo in Shandong Province of China. In a previous
study (Oota et al. 1999b ), we examined DNA from human remains found at the 2,000-year-old Yixi site of Linzi. In the present
study, DNA was extracted from bone samples of 63 individuals collected at the 2,500-year-old Liangchun site of Linzi, after
receiving authorization from the Cultural Relics Bureau of the People's Republic of China. These sites have been dated to the
Spring?Autumn (770 B.C.?403 B.C.) and the Han era (206 B.C.?A.D. 220) in China, respectively, on the basis of the archaeological
finds (earthenwares) excavated. To examine the present-day population, we collected blood samples from 50 Han Chinese
individuals living in Linzi whose parents were both born there.

http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/content/full/17/9/1396

123 :世界@名無史さん:2006/03/28(火) 18:32:35 0
>>122
すまんかった・・・
>>1の記事はabstractだったのね・・・


124 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 22:26:38 0
古来から様々な民族や人種が移動しているわけだから中国の歴史上
白人系の人物がいたとしても不思議じゃないって話だろ?
三国志の登場人物の一人も目が青かったとか言うし。

125 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 12:55:58 0

■弥生人中国説の容疑を厳しく追及するスレ■
1 :出土地不明 :2006/02/15(水) 22:30:31 ID:nevCGQAC

江南説にしろ華北説にしろ、弥生人が本当に中国から来たのなら、

何で当時の中国の主流だった灰釉陶や印文硬陶が伝わってないのかね?

最低でも何で粗悪な灰陶くらい伝わっていないのかね?

何で漢字の前身である金石文も伝わっていないのかね?

何で青銅貨などの金属貨幣くらい伝わっていないのかね?

何で木製車輪のような便利な良いものが伝わっていないのかね?

何で当時の中国で主流だった土とん墓が主流にならないのかね?

何で弥生文化は紅陶文化と支石墓文化なのかね?

これらは当時の朝鮮から満州にかけての文化ですよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/archeology/1140010231/

126 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 01:32:36 0
>>106,  インド人が白人扱いされる場所は世界中どこへ行っても
存在しない。黒人とは肌の黒い人間のことであるから、
インド人は黒人である。インド人が白人であったならガンジーが
南アフリカ共和国で白人専用車両に座っていたときに
白人車掌に力ずくで次の駅で外に放り出されたりしない。

127 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 01:42:35 0
初代インド首相のネールなんか白黒だとイギリス人と区別できない。
ttp://contest.thinkquest.gr.jp/tqj2001/40497/content/people.html#nehru


128 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 01:50:20 0
インド初代首相のネルー
http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Discovery_of_india.jpg


129 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 01:52:17 0
>>128
インド人が黒人や黄人じゃないことは確かだ。


130 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 03:49:47 0
インド人は明らかにコーカソイドだよ

真っ黒なスリランカ人も同じ

131 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 05:09:20 0
コーカソイド=白人ではありません。
白人は混血を嫌います。特に黒いのを嫌います。

イタリア人やスペイン人など、インド人よりはずっと白い
人達ですら、お情けで白人にしてもらっている位です。

インド人なんて論外。ジプシー以下。ジプシーはヨーロッパ人と
混血してるからずっと白人に近い。それでも差別されている。
バスクなんかは白いから人種として差別されているわけではない。
もっと別の理由だ。

132 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 09:41:00 0
卑劣で残虐な侵略を経て成り上がった国は、どうしてこうも傲慢になるのだろう。


133 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 12:44:38 0
コーカソイド=白人です。
白人は混血が大好きです。だから中南米は
赤黒かったり黒くなった白人混血で溢れています。
彼らの人口は合衆国のWASPなどよりはるかに多くて、
増え続けています。ブッシュが既成事実だから
一部認めちゃおう発言をして、共和党内部からさえ
批判されている不法入国移民労働者問題もそこから起きています。
あと数十年〜2百年で北米も赤黒と黒色の白人混血で溢れます。

北欧や中欧の白人の肌が白いのは、彼らの経済活動水準が
モンゴル軍の欧州襲来までの間に低すぎて、大好きな
有色人種相手のレイプが出来なかったせいです。
中国文明から火薬、羅針盤、世界海図を手に入れた
ユーラシアの僻地に住んでいた蛮人たちが、
その後の500年間、世界にどれほどの殺戮と収奪の嵐を
起こしたのかと、皆さんがご存じの通りです。

134 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 13:00:24 0
一般的な意味での白人=コーカソイド=欧州人って考えるから、ややこしくなる。
そもそもアーリア人がヨーロッパに移住したのは何時だとか
コーカソイドだからといって肌が当然に白い訳ではないとか、
その辺をわきまえておけば白人至上主義云々なんて出てこないはずなんだけどねぇ。


135 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 13:13:43 0
白人ってゲルマン国家のことだろ。エゲレスとかフランス、ドイツ、オランダなど。
この民族が栄えたのって本当にこの300年くらいの間だよね。


136 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 13:15:38 0
>>133こんどは核、コンピューター、インターネットを手に入れた支那などの蛮族が
欧米を倒すのでしょうね。歴史は繰り返す

137 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 13:53:46 0
>>135
>白人ってゲルマン国家のことだろ。
じゃあ奴らの先祖に
襲われて滅びたローマ帝国は
黒人の国かよ

138 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 13:55:50 0
ローマはラテンだよね?白人からすればラテンは黒人だよ

139 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:04:37 0
ユーラシア大陸

モンゴロイドらしいモンゴロイド
1.髪と体毛は黒色、目は茶色
2.体毛は少ない
3.前歯の裏が凹んでる
4.目頭に蒙古襞、尻に蒙古斑、一重まぶたのある者が同族にいる
5.先祖霊や英雄人霊の崇拝をし、一神教を信じる者がひどく少ない
6.肌色は薄い桃色か明るい黄褐色


それ以外は、全部白人か白人もどきといっていい気がする。
欧州、中東、スラヴ、インド、スリランカ、パキスタン、
バングラデシュ、中国西部の金髪碧眼の連中…。全部白人。

低緯度、赤道近くの肌が黒い東南アジアの人はまた別の範疇だろ。

140 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:16:47 0
>>139
>2.体毛は少ない

世界でもっとも毛深い民族はアイヌ人らしいが、アイヌ人は縄文人の末裔であることが
証明されている。そして縄文系も毛深い。むかしは日本中に毛人が大勢いた。
それにカリブ系の黒人は日本人より体毛が薄い。

>5.先祖霊や英雄人霊の崇拝をし、一神教を信じる者がひどく少ない

これは人種の特性ではない。むかしは世界中が多神教だった。
ようするにモンゴロイドに原始宗教が多いだけだろ。


141 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:26:39 0
>>139
>5.先祖霊や英雄人霊の崇拝をし、一神教を信じる者がひどく少ない

世界でもっともイスラムが多いのはインドネシアだが、インドネシアもモンゴロイドだ。
ペルー、ボリビア、フィリピン、朝鮮半島の多くはキリスト教だ。
一神教は人種に関係なく世界中に広まっている。
日本に一神教が広まらなかったのは弾圧と、既に葬式仏教が地域に幅を利かせたからだ。


142 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:28:34 0
白人の特性としてEラインから口が引っ込んでいることがあげられる。
Eラインからの口の突出ぐあいは、
白人>日本人>黒人
ttp://www.azabu.or.jp/beauty/whats/
ttp://www.azabu.or.jp/beauty/whats/image/kuti3.gif

Eラインから口が出る民族は白人じゃない。


143 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:39:38 0
コーカソイドとモンゴロイドは歯の形も違う。
日本人と比べて、白人は歯冠が小さく歯根が長い。
日本人の歯はずんぐりしていて、白人の歯は細くすんなりしている。
シャベル状切歯といって黄人の歯は裏が窪んでいる。


144 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:44:42 0
よく古モンゴロイドとコーカソイドが似ていると主張するアホがいるが、
概して古モンゴロイドは歯冠が非常に大きい。間違える人類学者はいないだろう。


145 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 14:50:34 0
>>142
>Eラインから口が出る民族は白人じゃない。
ロシア人の多くは顎が引っ込んでるよ
横顔はキツツキみたいな顔が多い
北欧人にも結構いる

最近の分かりやすい映像だと、
「マッチ工場の少女」、「さよならレーニン」とか
下層の娘や庶民な女の子が出てくる映画を見てみなよ。

146 :139:2006/04/02(日) 14:53:47 0
俺は低緯度地域を除くユーラシア大陸に限定して話したよ

>>141
>世界でもっともイスラムが多いのはインドネシアだが、インドネシアもモンゴロイドだ。
>ペルー、ボリビア、フィリピン、朝鮮半島の多くはキリスト教だ。

低緯度の東南アジアの話なんかしていない
南米の話もしてていない

朝鮮半島は例外的なキチガイゾーンだから議論の対象にならない

147 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:01:17 0
>>145
一部例外を引き合いにだすなよ。

148 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:03:34 0
>>143
白人と俺たち東アジア人の派の形は違う。
前歯の裏が引っ込んでいるのも俺たちの特徴。
白人の歯の裏は義歯のようにべたっとしている。

俺たちと比べて、白人は歯が小さく貧相で見窄らしい。

俺たちが笑うと、リスのように大きく白い前歯が
きらめくが、白人の場合は歯欠け魔女のような
みそっ歯がのぞくだけだ。

俺たちの恋人や娘の美しさや愛らしさを形容するのに
明眸皓歯という言葉がある。くりっとした明るい
瞳にキラキラの前歯ということだ。

白人でもロリータ系のアイドルには
大きな前歯が求められてるのは周知の通り。



149 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:04:22 0
>>147
>一部例外を引き合いにだすなよ。
ロシア人バレリーナの写真集とかを見ろよ
キツツキ顔はザラにいるよ

150 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:07:37 0
>>146
>俺は低緯度地域を除くユーラシア大陸に限定して話したよ
>朝鮮半島は例外的なキチガイゾーンだから議論の対象にならない

それは恣意的だな。緯度で限定する理由が恣意的だ。
地理的に言うなら、朝鮮人より日本人のほうが東南アジアに近いんだぞ。
人種的にも朝鮮人のほうが新モンゴロイド的だろうし。


151 :ad:2006/04/02(日) 15:09:27 0
実は、たったの24時間で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたの今後のネット収益を倍増するスキルがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それを知りたい方は、他にいませんか?

アフィリエイトを使わずにホームページとEメールだけで3,000万以上稼いだ
インターネット・マーケッターの宮川さんが、

巨大な現金の山を作り出す門外不出の一生涯使えるノウハウを
下記のサイトで公開しています。

その内容をお知りになりたい方は、下記をクリックしてください。

【たったの24時間で あなたの今後のネット収益を倍増するスキルとは? 】
http://infostore.jp/dp.do?af=moneyclick&ip=successpreneur&pd=01

152 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:10:29 0
スペース・バンパイアで
絶世の美女を演じた
マチルダ・メイもキツツキ顔
ttp://membres.lycos.fr/morbide666/VHS/Lifeforce/life15.jpg

153 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:12:13 0
>>150
>朝鮮人のほうが新モンゴロイド
新モンゴロイドの隔離病棟だろ

154 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:13:22 0
>>148
>前歯の裏が引っ込んでいるのも俺たちの特徴。
>白人の歯の裏は義歯のようにべたっとしている。

北京原人も前歯の裏が凹状に引っ込んでるんだよな。

>俺たちと比べて、白人は歯が小さく貧相で見窄らしい。

文明生活の長い人種ほど歯が小さいんだよ。
実際に白人より黄人のほうが未開人は多い。


155 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:16:48 0
>>154
>実際に白人より黄人のほうが未開人は多い。
過去2000年の時間積でユーラシア限定で考えても、
現在の東アジア国家とそれ以外の
ユーラシア全体(東南アジアを除く)で
考えても、白人の人口と生活程度は東アジア以下。

156 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:17:56 0
>>155
>白人の人口と生活程度は東アジア以下。
ごめん、誤記。

白人の貧困人口の方が遙かに多くて、東アジアの平均以下だよ。

157 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:31:27 0
西暦以前は世界中が多神教だった。
アッシリアも古代ギリシャも多神教だった。
東洋に一神教が少ないのは、既に儒教、仏教が広まってたことと、
三大一神教の発祥地イスラエルと距離的に離れてただけだろう。
宗教を人種の特性であるかのように説明するなんてバカだよ。


158 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:34:04 0
>>156
>白人の貧困人口の方が遙かに多くて、東アジアの平均以下だよ。

またまた恣意的な線を引いているね。
北朝鮮、モンゴル、ブータンも新モンゴロイドなんだぞ。


159 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 15:37:07 0
>>155
東南アジアを除くのが恣意的だね。
香港などの南中国人は東南アジア人と遺伝子が大差ないのに。

160 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 16:27:23 0
>>141
朝鮮半島は「多くがキリスト教」ってほどでもないだろう。

>>150
地図上の見た目の距離感と実際の人種の移動は違う。
東南アジア人は東シナ海沿岸伝いに北上し、更に朝鮮半島を南下していったから、
DNAでは日本人より朝鮮人のほうが若干東南アジア人の割合が多いそうだ。

161 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:01:03 0
>>158
>北朝鮮、モンゴル、ブータン
三つの国の人口を足して
インド、バングラデシュ、アフガンと
比べてみなよ

162 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:06:14 0
>>160
>DNAでは日本人より朝鮮人のほうが若干東南アジア人の割合が多いそうだ。
東南アジアというか沖縄とか奄美みたいなコリアン(TOP IDOL)
ttp://www.hf.rim.or.jp/~t-sanjin/image/mungunyon_p.jpg

麻原の娘に似てたり、池脇千鶴に似ている。

163 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:10:30 0
>>161
中国は13億人いるぞ。大部分は東南アジア並だ。


164 :ad:2006/04/02(日) 17:11:12 0
実は、たったの24時間で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
あなたの今後のネット収益を倍増するスキルがあります。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
それを知りたい方は、他にいませんか?

アフィリエイトを使わずにホームページとEメールだけで3,000万以上稼いだ
インターネット・マーケッターの宮川さんが、

巨大な現金の山を作り出す門外不出の一生涯使えるノウハウを
下記のサイトで公開しています。

その内容をお知りになりたい方は、下記をクリックしてください。

【たったの24時間で あなたの今後のネット収益を倍増するスキルとは? 】
http://infostore.jp/dp.do?af=moneyclick&ip=successpreneur&pd=01

165 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:11:55 0
>>157
中国文明圏には「天」という抽象化の進んだ概念がある。
予言者や人格神の時代は春秋戦国時代以前に終焉している。

高い崖の上に大きな血袋を吊し、
国軍のビッグボウガンでそれを破砕、
血の雨を降らせることで
「神を殺した、神は死んだ」宣言を
したのはニーチェよりも2千数百年前の時代だ。

166 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:14:46 0
ヨーロッパ人種でもっとも大柄なオランダ人でも日本人より歯冠が小さい。
だがこれは単なる体型の違いだろう。コリーとブルドックが体型が違うように。


167 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 17:22:14 0
>>165
2千数百年なんて人類の歴史からは一瞬だよ。
それを人種の特性とするのはバカですよ。
そもそも北京じゃ未だに「ニーハオ・トイレ」が残ってるが、
これをもって中国人は恥の概念がないと、あたかも生物的に説明するのと同じ詭弁だ。


168 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 18:00:07 0
中国浙江省の某観光地、旅館兼レストランのトイレ、
男子小用が3コ、男女大用が3コ、隔壁もドアも無し。
上海からバスで観光に来た、日本ならトップアイドル級の
美少女が横でオシッコしてたんでジ〜ンと幸福感が来たよ。

ミッションインパッシブル3のロケ地だったレストランだよ。
壁にトムクルーズとレストラン親父の写真が掛かってた。

169 :168:2006/04/02(日) 18:01:08 0
先月の話ね。

170 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 18:09:07 0
>>167
>2千数百年なんて人類の歴史からは一瞬だよ。
ポスト氷河時代の歴史1万年
文字が使われるようになって4千年
世界最初の皇帝・始皇帝が生まれて2千3百年

そんなに一瞬ではないよ


171 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 18:28:35 0
中国人は白人より1000年先に紙を発明したが、
コンピューターの発明は欧米人のほうが先だった。
1000年など一瞬である。

172 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 18:30:58 0
二進数の元は易教の研究だよ

陰陽二値で世界を表現する事へのチャレンジ

微積分発見の基の考えにもなったんだよ

173 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 19:52:31 0
>>154の文明生活って欧米式の生活全般のことを言うんだろ。それに昔ならいざ知らず、
現代で「文明」なんて言葉を使ってる時点で頭悪すぎ。

174 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 11:19:19 0
>そんなに一瞬ではないよ

サヘラントロプス・チャデンシスが誕生してから七百万年。
二千数百年なぞ人類の歴史から見て一瞬だ。

175 :世界@名無史さん:2006/04/05(水) 13:58:44 0
氷河期が終わって今の人類が増え始めて数千年、
有史4千年の人類史の中では一瞬ではない。

176 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 16:11:51 0
ボツワナのニカウさんの顔と間寛平さんの顔が似ているのは何故だろう?氷河時代にはインド洋も浅い海で
インドネシアのスンダ海も小舟で渡れたようですね。

177 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 16:44:57 0
黄河文明った、ほかの三つから2000年遅れで始まっているんだよね。
西から大麦の栽培と羊や牛の飼育法や銅器の製造法が伝わって、ようやく、文明化した。
象形文字のようなものは、コミュニティがある程度大きくなれば自然発生するものだから
漢字が独自のものであったところで大した意味は無い。
黄河文明自体、単に、西方の模倣なだけだ。

178 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 12:52:30 0
戦時中、中国東北部にいくつもアイヌの村があったって話だよ。
城壁で囲まれた村の中は全員アイヌだったって。
日本軍の中にもアイヌがいて,そいつらとアイヌ語で喋ってたって。

179 :世界@名無史さん:2006/05/09(火) 21:05:54 0
北からの元寇を日本を守るべく迎撃して戦い抜き、
全滅玉砕したのは北日本人であるアイヌ軍
その戦いの場は黒竜江省

180 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 19:09:19 0
   

181 :世界@名無史さん:2006/06/28(水) 21:44:44 O
まじ!?

182 :世界@名無史さん:2006/06/28(水) 22:12:05 0
>>9
日本人とチベタンの遺伝子距離が一番近くなっているな。
韓国人よりも近くなっているぞ。
驚きだ。

183 :世界@名無史さん:2006/06/28(水) 22:17:19 0
>>23
青い目は孫権じゃなくて、曹操だ。

184 :世界@名無史さん:2006/06/28(水) 22:59:34 0
>>182
>日本人とチベタンの遺伝子距離が一番近くなっているな。
>韓国人よりも近くなっているぞ。
>驚きだ。
当たり前。YAP+が無いのがモンゴル人、華北人、満州人、朝鮮人、韓国人。

YAP+があるのはアイヌ人、日本人、沖縄人、台湾高山族の一部、
広西省・雲南省・四川省の山岳高地民族、シーサンパンナ地区の人、
チベット人、ブータン人、イヌイット(北極エスキモー)だよ。

185 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 06:25:12 0
>>184
>台湾高山族の一部

具体的には、何族?


186 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 06:29:47 0
あれだな、今まで韓国人や中国人ばかり詳しく調べていたのが、
最近になって急に、チベットをはじめ、西南高知の少数民族の
遺伝子調査を行うようになって、実はもっと近いのがいるという
ことに気がついたんだな。

187 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 08:04:26 0
中国人&韓国人と日本人の性質は明らかに異なるし、
むしろ、ベット人やヒマラヤの穏健さ、素朴さと通じる所があるから
この結果は当然だろうな。
中国韓国への親近感は、明らかに地理的先入観による誤解だった訳だ。
彼らと日本人は全く相異なるよ。



188 :世界@名無史さん:2006/06/29(木) 13:55:23 0
真面目に遺伝子調べれば、チベット人よりもナシ族の方が近いかも知れんね。
チベット人は、YAP+が36%だけど、ナシは37・5%〜と高い。

ナシ族は、雲南の少数民族の中でも際立って一重瞼比率が高く、容貌も日本人
によく似ているような気がする。
ナシ族にありがちな一重瞼は、日本人にしばしば見られる一重瞼に似ている、
切れ長の一重瞼かパッチリとした一重瞼(ヤナギサワやヒロミチお兄さんのような)
が多いと思った。
雲南の麗江市なんかに行くと、だんだん気持ちが悪くなってくるぞ…イヤ、妙な気分
になってくるよ。
もっとも、ナシ族はチベット系らしいが。。。

189 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 02:53:38 0
>>188
>雲南の麗江市
高倉健主演の映画「単騎、千里を走る」の舞台だ。
一昨日、新宿シアターアップルで観てきた。
秋田の老漁師が雲南の山奥を彷徨う映画だ、泣けた。

190 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 04:13:11 O
なぜ、この板で否定されているのかわかりませんが、
朝鮮人と日本人、モンゴル人は兄弟民族です…
モンゴル人・日本人・朝鮮人・満州人のほとんどは蒙古斑がありますが
チベット人・アイヌ人・中国人には蒙古斑はほとんどみられません、

基地外なのは貧しさのせいだと思います、
どうか感情で真実を曲げないでいただきたいです。


191 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 08:10:07 0
>>190

>チベット人・アイヌ人・中国人には蒙古斑はほとんどみられません、

残念ながら、「見られない」という事を聞いた事がありません。
蒙古斑は非常に広い地域で確認され、東・北欧でも確認されます。

>なぜこの板で否定されているのかわかりませんが、

否定はして無いでしょう。
遺伝子ツリーを見てください。
日本人とチベット人が一番近くなっていますが、その次に韓国人が
近くなっています。モンゴル人は、少し離れています。

192 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 08:19:02 0
全体の傾向として、東アジア人の遺伝子距離は非常に近くなっています。
これは、古代において、活発な移動や混血が繰り返された事を物語って
います。
文献によると、半島南部に倭人がいたようですから、南部の人は特に
日本人との遺伝子距離が近くなっているのかも知れませんね。

193 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 09:40:09 0
>>190
いかにも釣り臭いレスだが、蒙古斑は多くの民族にあり
「存在しない」のではなく、「見えにくい」民族があるだけ。

194 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 14:17:39 0
>>193
もちろん肉眼で見ても見分けがつかないが、
黒人にも蒙古斑があるとは何かで読んだことがあるな。

皮膚のメラニン色素の分布を調べるとわかるとかだったような。

195 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 14:56:09 0
ホイ族はアラブ人を祖先に持つんだよな

196 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 15:09:59 0
今じゃ殆ど華北人かモンゴル人にしか見えないけどな。

197 :世界@名無史さん:2006/07/01(土) 15:08:23 0
>>193
>蒙古斑は多くの民族にあり
>「存在しない」のではなく、「見えにくい」民族があるだけ。
入浴しないとオケツが汚くて見えにくいかもね

198 :世界@名無史さん:2006/07/02(日) 23:32:12 0
秦時代の墓から欧州系の人骨 学説より1世紀早く交流か
http://www.asahi.com/international/update/0702/005.html

199 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 00:39:59 0
>>192そりゃそうだ。古代においては任那日本府だのあったし、渡来人などあったし、つい最近まで
朝鮮半島は大日本帝国だったのだから、人種的にも民族的にも似通うのは当たり前。
ただ惜しむらくは朝鮮半島は戦後、アンチ日本国家として人工的に戦勝国連合に独立させられ、
さらに劣化中華思想まで持っていて、現在ではまともな話が出来なくなっている。まあ日本も
そういった朝鮮人の与太話(ウリナラ起源等)にだんまりしなければならないのも悲しいことだが。

200 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 10:55:27 0
別に、黙らなくてもいいんじゃないの?
おかしいと思ったら、どんどん主張すれば?

201 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 11:05:30 0
ただの2ちゃんねらーがか?

202 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 11:51:28 0
>>198
>秦時代の墓から欧州系の人骨
貧しかった欧州白人が
奴隷や人足としてやって来て
中華文明の建設に従事していた跡だ

203 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 12:51:32 0
匈奴(トルコ系?)などの戦争捕虜なんじゃね?

204 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 13:27:15 0
と言うより、秦はコーカソイド系の国家だったいう方が自然じゃない?
始皇帝=白人説なんてよく聞くじゃないの。
山東省からも紀元前の多数のコーカソイド人骨が見つかってるし、
事実、燕、斉、衛、普といった北方諸国は白人系の国家だった可能性もあるとか・・
だからこそ、中国大陸を席捲できたんじゃないかと
(漢民族は、どちらかと言えば劣った支配される側だろ)

205 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 17:28:28 0
コーカソイドつってもインド人から北欧人まで肌の色が幅広いよね。
で、秦の支配階層がモンゴル帝国のようにペルシア系の民族で、支配される側が兵馬俑なんかに
現されているようにモンゴロイドだった。それが後漢〜隋あたりの異民族同化政策によって
殆どモンゴロイド人種になりつつあり、それが元代以降の騎馬民族政権によって決定的に成った=支那の人種
こんな感じ?

206 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 21:16:45 0
>>204
燕は北狄だから、匈奴・韃靼を含んだ可能性がある。匈奴は、モンゴル系かトルコ系。

207 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 20:04:20 0
中国。

208 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 22:06:57 0
>始皇帝=白人説なんてよく聞くじゃないの。

これの根拠は、どの史書に載ってるのか?という
問いに答えてくれる人は誰もいないんだよな。

209 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 22:18:40 0
今は何千万と移民がいるけど、仮に何千年前だとしても陸路なら移民が少なくとも数万いても可笑しくないのでは?
大体、欧州は土地が悪いから他の地を求めるのは当然で、何時の時代も移民の心理は一緒だと思います。

210 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 10:00:24 0
白人つうより、トルコ系とかじゃないの〜?

211 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 10:28:11 0
目が青いっていう記述があったんだっけ=始皇帝
だけど支那の人物評は「偉大な人物は一般人とはその姿かたちからして違うのだ」
という考え方があって、それが「碧眼」だの「胴が長い」だのと記述されるだとか

212 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 11:58:41 0
そうだね。中国語映画最大のヒット作
映画「グリーンディスティニー」中の
最大の悪役、碧眼孤という婆さんも
全然碧眼じゃない。
ttp://ezine.kungfumagazine.com/images/ezine/JadeFOX.jpg
ttp://cine-hk.chez-alice.fr/Hkcine/IMAGESJ_L/Tigres-de-la-SB/chengpeipei2.JPG

「碧眼」という形容は、異様な悪役とかに使われがち。

213 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 12:55:49 0
ってことは支那の歴史記述はその手の粉飾が多いということでもある

214 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 12:59:53 0
でも夏王朝や殷・周あたりはイラン系の人種の勢力だったかもしれない。
なぜなら世界の文明はまずメソポタミアから同心円状に広がっているからだ。
メソポタミアの住人はやっぱりコーカソイド系だったのだろう。んだからして
それがまずは中原に到達し、支那文明を形作りつつあり、それからモンゴロイド系の
人種による勢力に徐々に取って代わられた・・その手の発掘調査はやっぱり
太古から中原の人種はモンゴロイドだったという結果だったっけ?

215 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:35:04 0
魏の曹操が金髪碧眼だったという話はよく聞く。


216 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:42:57 0
西キョウの元帥の何とかは黄色のヒゲと青い目をしていると読んで
「おお!やはり古代中国の西域には白人、しかも金髪碧眼がいたのか」と
感動したのだけど、実は演義だけの創作というオチだった。。。。

217 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:44:17 0
始皇帝とかが白人だったって話は、義経伝説にそっくりだな。

218 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:45:14 0
ソグド人とかは白いよね…

219 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:46:15 0
>>215
どこで聞いたんだw
曹操は他の群雄と違って容姿の描写がなく、しかも異民族の使者が来た時に
自分じゃ舐められるからと部下を替え玉にした位だから、
平均以下の貧相な容姿だったようだぞ。

220 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:48:14 0
>>217
白人と言うか、イラン系のコーカソイドならそんなトンデモでもない。

221 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:56:41 0
イランかトルコ系のコーカソイドだろう。
浅黒いが、コーカソイドではある。遺伝子レベルでは。

222 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 14:26:55 0
>>219
>どこで聞いたんだw
ゲイ劇画家の池上遼一の変態な中国ものコミックあたりだろ

223 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 14:47:19 0
>>221
中国人じゃなきゃ義経伝説って言われても仕方ないだろ

224 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 15:30:09 0
イランもインドもアーリア人だ。アーリア人が中国まで来ていても不思議はない。


225 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 15:36:33 0
モンゴルも支那もモンゴロイドだ。モンゴロイドがメソポタミアまで来ていても不思議はない。

226 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 15:58:36 0
>>224-225
来るのが問題なんじゃなくて、その人らが天下取る事に対してだよ。

227 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 16:24:54 0
>>223
義経伝説なんじゃないのか?

228 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 16:34:44 0
>>224
>アーリア人が中国まで来ていても不思議はない。
太古から来ているというか、
中華の奴隷人種が白人だろ。

229 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 16:38:31 0
モンゴル帝国がルーシを占領した際、スラブ人はやっぱ奴隷になったのだろうか?

230 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 16:38:54 0
中国人、最近頭がおかしくなっちゃったアルよ…

231 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 16:49:55 0
元帝国がスラヴを占領してた間、
王侯貴族が蒙古人、官僚は漢族。
モスコ汗国の都がモスクワ市のはじまり。
東欧やインド、中東の多くは元帝国の支配下にあったね。
イラクの古都バグダッドも占領されてた。

232 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 17:22:15 0
アーリア人=白人ではありません。
あなたたちはナチですか? それとも単なるバカですか?

233 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:01:53 0
誰も白人なんて言ってないが。コーカソイドとはレスしたけど

234 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:14:49 0
>>231
元なんて、随分と新しい時代の話じゃないの?
古代の話だよ!
モンゴルは騎馬戦が強くて、ユーラシア大陸を縦横無尽に
走り回ったけど、漢民族が白人を支配したというソースは
あるの?
せいぜい、西域などのソグド人などじゃないのかなぁ?
だって、聞いた事無いもん。

235 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:23:21 0
彼らの心の中に「中華思想」としてあるじゃないかw

236 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:26:44 0
>>233
アーリア人=コーカソイドではありません。
aryenは人種を指す言葉ではありません。
あなたはナチですか? それとも単なるバカですか?

237 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:36:18 0
スマソ。アーリア人(民族名)とコーカソイド(人種名)を厳重に区別せずに使っていたよ。
中国人と支那人の違いみたいなものか。

238 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:40:33 0
>>235
中国人は歴史を記す事においては大真面目だったから(←過去形)、
本当に、先祖の書いたものによって真相がすぐバレちゃうんだよw


239 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:45:29 0
支那人の歴史記述なんて信用できるかよw南京大虐殺なんて30万→60万→200万→5000万人まで
最近は増えてるぜw

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/10(月) 18:46:36 0
とりあえずシナ人は今も昔も馬鹿。

241 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:47:19 0
>>239
だから、、“過去の栄光”だってば。
古代の中国人は偉大な民族だったんだよ。

242 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:50:17 0
どうだか。白髪三千丈なんじゃないの?

243 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:51:21 0
>>239
『史記』とか『三国志』とかも怪しいのかなぁ…
漏れ、邪馬台国ヲタなんですけど。
戦後の愚民化政策のせいだと思いたい。

244 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:52:23 0
邪馬台国って大和のことだろ

245 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:59:12 0
で日本の歴史学者なんかに南京大虐殺に不利な証拠が出されると(写真の真贋など)、今度は
アメリカ国内なんかで情報工作をしだす。支那の歴史は「負け惜しみの歴史」でしかない。

246 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 18:59:20 0
山門、山人のことだろう。

247 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 19:00:27 0
>>245
あれは、共産党の陰謀だから中国人の責任じゃないずらよ。

248 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 19:03:56 0
支那が負け惜しみを言い出したのは南宋の「朱子学(中華思想)」になってから?

249 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 19:12:34 0
>>245
写真の真贋なんてアポロ疑惑並みだよ。
南京大虐殺なんて日本人の歴史学者同士でも決着がついていないのだ。


250 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 19:13:11 0
そりゃ共産主義者と自由主義者で決着がつくわけないもんなw

251 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 20:47:35 0
>>250
中国の新聞が韓国の歴史書を非難してた時に、「中国で最も残虐行為を働いたのは、
朝鮮人だった」ていうレスが高い支持を得ただろ。
みんな海外に出るようになって、なんとなく事実を知るようにはなってるわけよ。
だけど、あえて外国人に指摘されたくないんだよね。プライドが傷つくから。

252 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 21:13:47 0
南京事件が出るとは、完全なスレ違い。


253 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 21:31:38 0
確かにwww

254 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 21:37:45 0
>>245>>249
南京虐殺否定論者に日本近代史(または中国近代史)を専攻している学者はひとりもいないよ。
否定論者は畑違いの専攻のやつらばっかり。まともな歴史学者は全員南京虐殺肯定。あたりまえだけどね。

255 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 21:43:13 0
>>254
共産党の提示する写真の怪しさについて話してたんじゃないの?

256 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 21:54:18 0
これからの人類は読解力をつけなきゃ駄目だ。

257 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 23:26:16 0
>>234
>漢民族が白人を支配したというソースは
>あるの?
>せいぜい、西域などのソグド人などじゃないのかなぁ?
宋、元、明、清、中華人民共和国と漢民族は
白人の住む地域を支配してきたよ。

漢、唐、元帝国が膨張したときにも、たくさんの
白人国は支配下にあったのは歴史を学べば判るだろ。

258 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 06:22:23 0
コーカソイドって言え。

259 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 06:40:17 0
>>254
>>254
>>254
>>254

260 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 06:41:37 0
元はヨーロッパまで征服したけど、漢、唐は中央アジアまでだろ?
それに元はモンゴルだし、漢民族が白人国を支配下に置いたとはいえないと思うんだが
唐も北方系みたいだけど、とりあえずそれは置くとして、漢、唐が支配下に置いた白人国ってどこだ?

261 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 06:46:22 0
ヨーロッパまで征服したのは、元というよりモンゴル帝国だな
元はモンゴル帝国の中国自治区のようなものだ
元自体の支配領域はヨーロッパまで広がってはいない

262 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 06:52:10 0
初めて聞いたよ、そんな珍説。

263 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 06:58:52 0
元だと漢民族は支配された側だもんなあ

264 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 07:23:35 0
ってか漢民族ってここ100年くらいの支那に住む民族の仮の名称だろ。
支那人(中原に住んだ人々、民族、人種の歴史的地理的総称)は有史以来
様々な民族&人種に支配されたりしたりしている。漢民族ってのは実におかしな名称。

265 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 10:56:56 0
元も清も中国だよ

王族が蒙古族や満州族だっただけ

秀吉が中国王朝を作ることも可能

中国文明の主であることに
皇帝一族の地は無関係

266 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 11:00:06 0
そういうのを支那という。「中国」すら理解できないバカは氏ねよ

267 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 11:03:19 0
世界のミッドランド、中原に文明の花が咲き誇る、中華の国、万歳!

268 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 13:51:18 0
ここは遺伝学的・考古学的な学問スレじゃなかったのかよw


269 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 14:57:39 0
歴史時代あたりの黄河・長江流域はモンゴロイドの骨しか出てこないの?

270 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 02:47:14 0
>>264
漢民族ってのは漢王朝時代に同族と見なされた人間のことだろ
その子孫、もしくは言語文化風習を継いだ人間は今でも漢民族
別の文化を保ってる人間はシナに住んでいても今でも漢民族じゃない
それ以前の時代だと楚の国の人は楚人、秦の国の人は秦人
秦王朝が長く続いていれば漢民族は秦民族ってことになっていたはず


271 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 07:08:38 0
>>270
うんにゃ。

漢王朝以降に漢化した人間も当然含みます。

272 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 07:35:57 0
戦前の右翼や軍部政界の一部には、天皇を中華皇帝にして日本人や朝鮮人を漢化させようなどと考えていたのが結構いたようで。

273 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 08:00:11 0
現人神じゃなくて中華皇帝??

天皇姫氏説とかは、平安時代より前からあったんじゃないか?
古代の皇室は公式に否定しているけど。天照大明神が女神だ
から姫氏(ひめうじ)国と呼ぶ、という理由で。

274 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 10:42:46 0
長安あたりを都にしていた王朝にコーカソイドが混じるのは
まったく不思議では無いでしょう。

10世紀以前は現在のウイグル自治区(いわゆる西域)は
ペルシャ語(ソグド語)コーカソイドの居住区であった。
この地域のモンゴロイドとの混血が本格的に始まるのは、
トルコ系のウイグル遊牧帝国(モンゴロイドが中心)崩壊→
その遺民が西域のオアシス都市を支配から始まる。

ウイグルを崩壊させたのは、キルギスであり、中国の史書に金髪、碧眼、長大
と(中国の史書には珍しく)身体的特徴が描かれている。

あと、有名なところでは、匈奴の羯族はコーカソイド系であるのは
史書から確認できる。(後趙末の民族浄化の記述から)

275 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 11:09:12 0
>>272
>戦前の右翼や軍部政界の一部には、
>天皇を中華皇帝にして日本人や朝鮮人を
>漢化させようなどと考えていたのが結構いたようで。

いたね。五族(漢族、満州族、蒙古族、回族、チベット族)協和の
考え+日本人というコンセプトだ。


276 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 14:38:14 0
>>270それは支那共産党が政権を奪取してから55の民族に人工的に分けてからの考え方なのでは?
漢民族ってのはいわゆるメイン18省に住んでいる人間のことだろ。だから特に地域名称の支那を
つかって「支那人」としたほうが区別しやすい。欧州の人々をその国籍に関わらずに「欧州人」と
呼ぶのと同じ。言語が同の、文化がどうの、なんて曖昧な概念を持ち出すよりよっぽど理解しやすい。

277 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 21:00:22 0
>>271
>>270の2行目は当然漢王朝以降の時代についても含んでいるわけだが


278 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 21:14:38 0
>>276
じゃあ在日朝鮮人も大和民族ってことにするかい
そっちのほうがわかりやすいだろうね、日本人と朝鮮人以外にとっては
欧州人はヨーロピアンの和訳じゃないの
シナに「欧州人」に相当するような概念がなければ勝手に呼んでも
日本人を東アジア人と呼ぶようなもん

279 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 22:27:02 0
>>275
“中華の皇帝”になるという発想は無かったぞ。
五族協和とか八紘一宇とかいうのは、反乱や暴動を起こされない為の
方便に過ぎないであろう。

280 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 22:34:57 0
そんなのアメリカがいう「〜国に民主化と人権思想を」ってのや
支那の「〜国の人民を資本化による搾取から開放する」ってのと
同じ、政治の方便だろ。そんなのをそのまま信じてるほうがバカ

281 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 22:37:36 0
五族協和ってもとは清朝のキャッチフレーズだぞ

282 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 22:46:56 0
中国の民族制度は「自主申告制」、漢族として申告すれば漢族で登録される。
現在では漢族=中国人と殆ど同じ意味になってしまってる。
大和民族=日本人みたいなもの。

また日本では中国では漢族同士でも地域毎に言語も違って別物だ、いずれ分裂
するだの妄想が多いが、中国の実情とはかけ離れている。
中国人に話しを聞けば分かるが、中国ではどこでも同じ中国語が通用するし
当事者は皆普通に同じ中国人としか思っていない。
地域によって言葉が違うなんて真剣に中国人に聞くと笑われるよ。
「沖縄では日本語が通用しないって本当ですか?」
「北海道に住んでる人は蝦夷で日本人とは別物って聞きましたけど?」
て外国人が質問するようなものだからね。

283 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 22:53:44 0
でも君が支持する政党は一議席しか獲得できていないよ?

284 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 23:16:15 0
>>281
>五族協和ってもとは清朝のキャッチフレーズだぞ
中華民国もそうだし、日本の反欧米右翼もそう。

285 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 23:25:44 0
>日本の反欧米右翼

それって、純粋に日本人の右翼の事…?

286 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 23:28:27 0
>>282
案外分裂したがってるのは、地方(広東)とかの香具師じゃないの?

いずれにしても難民お断り。

287 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 00:01:42 0
>>282
>地域によって言葉が違うなんて真剣に中国人に聞くと笑われるよ。
釣られないぞw

>「沖縄では日本語が通用しないって本当ですか?」
本当じゃん。テレビで沖縄や青森、秋田のジジババが喋るときは
字幕スーパでるだろw日本でさえそうなんだからww

288 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 00:55:40 0
>>285
>純粋に日本人の右翼の事…?
そうだよ。

たくさんいたし、今も絶対数はたくさんいる。
反米愛国の日本人はたくさんいるよ。
八紘一宇や大東亜共栄圏の理想を胸に掲げている人は多い。

イラク戦争の時に、一水会も人間の盾に参加してるだろ。
米英に泣かされる民族主義者のいるところ、
日本の右翼の志士は助太刀に立つ(立ちたい)らしい。

289 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 01:41:02 0
>>288
>イラク戦争の時に、一水会も人間の盾に参加してるだろ。

実際はイラクの民衆には不評だったらしいがな。


290 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 06:27:09 0
>>288
ちょっとまった!
一水会とか鉄扇会とかって、韓国系じゃなかった?!
日本の某右寄りの会からも追い出されてなかったっけ??


それにうっかり騙されるところだったが、日本はそもそも中国
との全面戦争を望んでいなかったはずだ。

291 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 06:29:15 0
一水会だか、鉄扇会だか忘れたけど、サダム会ってたって
話も無かったか?北とも関わりがあると聞いたんだけど…
某ブログにて。

292 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 07:13:20 0
一水会ってのは共産右翼みたいな人道右翼みたいな農本右翼というか、なんというか「穏やかな右翼」というイメージがあるな。

293 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 17:21:11 0
>>290
>一水会とか鉄扇会とかって、韓国系じゃなかった?!
一水会は朝鮮系ではないよ。
世界基督教統一神霊協会、創価学会、オウムなどコリアン系宗教と
距離を置き、企業からの献金についても一線を引いている。

294 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 19:07:03 0
>>288
>日本はそもそも中国との全面戦争を望んでいなかったはずだ。

どういう意味で言ってるのかなあ。この場合の「日本」が何を指しているものやら。
当時の日本政府や外交当局が「事変」の拡大を望んでいなかったのは事実。
旧軍内でも、拡大派と非拡大派がせめぎ合って、拡大派が押し切ったのも事実。
国民世論はマスコミに煽られて戦争をおおむね支持していたのも事実。
当時の日本も一枚岩ではないわけでさ。

295 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 21:54:32 0
>>294
ようするに、“中華の皇帝”っつうのが意味不明なんだよ。

296 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 00:10:09 O
当時は日本の天皇から大東亜の天皇へ
という考え方で中華皇帝はなんかの勘違いじゃないか?

297 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 00:59:23 0
>>295
>“中華の皇帝”っつうのが意味不明なんだよ。
普通の発想だろ、日王が天皇と言っていきがってるより
天壇での儀式を経て、紫禁城の中の玉座で
新しい中華皇帝として、世界を支配する方が
よりメジャーな感じがする。天皇をその座に
座らせたいと考えることは、普通の感覚だと思う。

298 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 01:13:49 0
> 日王が天皇と言っていきがってるより

どこの国の人が書いてるかすぐわかる表現ですなw


299 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 06:54:30 0
>>297
政治家も含めて中国人で“日王”と呼ぶ香具師は殆どいない。

300 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 08:01:09 0
>>297
そんなのは支那人か朝鮮人くらいのもんだろ

301 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 09:33:04 0
憤青も「天皇」と表現しているが…
「日王」と書くのは、韓国の新聞と一般庶民だけだろうな。

302 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 10:15:14 0
大体なんで「紫禁城」なんだろ?元代からの使い古し宮廷よりも、支那(中原)を制したら、
まず真っ先に東京か京都あたりに遷都して新しい宮殿を建造すると思いますよ。なんていうか
支那の歴史のパターンもしらんのかこの朝鮮人は。

303 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 14:07:52 0
そもそも、戦前の国粋主義者だったら…

太陽の女神の後裔>>>>>>>>>>>>>>>>>>中華の皇帝

だ罠。

304 :世界@名無史さん:2006/07/14(金) 15:38:59 0
>>302
応天府の存在も知らん貴様は凌遅三千刀滅九族!!!

305 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 04:30:14 0
まあ天皇てのは三皇五帝の三皇の中でもそんなに偉くはない訳で。
一応は「日王」なりに配慮した称号なんじゃないの?w
それに中国から日本国王に封じて貰ったりもしてたし。

306 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 08:29:19 0
>>305
もう飛鳥時代以降は「日本国王」の印璽をもらった思えはないわけだがw
日本国王を自称したのは懐良親王と足利義満だけだし

307 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 09:29:46 0
うむ、足利将軍で「日本国王」を自称したのは義満だけらしい。
義教や義政は貿易の都合上、冊封はされたが、自分からは名乗ってない。

308 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 10:18:09 0
自ら望んで冊封体制下に復帰したのであり、もちろん貿易上の旨味を得るためであり、
所謂大人の決断というヤツである。エッヘン。

309 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 20:31:17 0
>>297
”メジャーな感じがする”にはワロタ

310 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 22:00:54 0
徳川秀忠は李氏朝鮮への親書で日本国大君と称したが、これは
朝鮮国王を格上と認めざる得なかったからだ。



311 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 22:13:13 0
唐の皇族は青い目の白人だったらしいな。
隋もそうだったっけ?

312 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 22:44:42 0
>>310
朝鮮の使者は、江戸城の裏口から入場していたらしいですね。
珍しい土産物持参で。

313 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 23:48:34 0
蛮族だからな

314 :世界@名無史さん:2006/07/15(土) 23:51:47 0
なんかここは半島人が「朝鮮半島は支那の属国だったから、日本列島もそうだったニダ!」って
笑える主張をする工作員が多いな。なんか哀れ。

315 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 07:21:47 0
兵馬俑坑から出土した人骨は、やはりペルシャ系だったそうだな。

NHKの昨晩の番組によると。

316 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 07:25:40 0
( `ハ´ ) <始皇帝陵内部は既に発掘済だが
        <我が中華民族の体面を覆す人種が秦を築いたことが判明したので
        <未発掘ということにしとくアル


・・・なんて状態かも知れないw

317 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 07:50:18 0
兵馬俑自体も西方のリアリズムの影響だろう、どう見ても。
ギリシャ彫刻にはかなわないが、ガンダーラの仏様や中東の彫像ぽい雰囲気が漂っている。
漢の時代になると、一気に写実がヘボヘボになる。

318 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 07:56:22 0
>>316
始皇帝の墓だけはまだ調査していないらしい。

一般人骨のDNA解析は行ったそうだから、次は地下を掘って、
始皇帝本人の鑑定を待つだけだな。

319 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:07:40 0
あのさぁ。
中国やモンゴルのモンゴロイドと、コーカソイドであるトルコ人やアラブ人を一括して「アジア系」「アジア人」とやらの括りで語っている人がいるが、この括りにどんな意味があるわけ?
「アジア系」の共通項は?ごったにする意味は?
トルコやアラブなんて東アジア人よりはヨーロッパとの方がよっぽど近縁でしょ。
「アジア人」なんて、ヨーロッパ人がめんどくせーから自分ら以外のユーラシア諸文明を一まとめにして呼んだ呼称にすぎず、それ以上でも以下でもないでしょ。
頭悪すぎ。

320 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:08:16 0
あのさぁ。
中国やモンゴルのモンゴロイドと、コーカソイドであるトルコ人やアラブ人を一括して「アジア系」「アジア人」とやらの括りで語っている人がいるが、この括りにどんな意味があるわけ?
「アジア系」の共通項は?ごったにする意味は?
トルコやアラブなんて東アジア人よりはヨーロッパとの方がよっぽど近縁でしょ。
「アジア人」なんて、ヨーロッパ人がめんどくせーから自分ら以外のユーラシア諸文明を一まとめにして呼んだ呼称にすぎず、それ以上でも以下でもないでしょ。
頭悪すぎ。

321 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 12:10:34 0
>>315
だけど兵馬俑自体もジッパー・アイズなんだよな。
現実に最近のイランでは、鼻をペチャンコにする整形が流行っているというし、
人類というのはどうもよく分からん。

322 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 16:34:12 0
>>317
時代的に兵馬俑のほうがガンダーラ仏教美術の発展時期より全然古いのだが
兵馬俑の兵士の顔もどう見てもペルシャ人とは程遠い
漢の時期に衰退したのは殷の青銅器が周代になって以後衰退したのと大体同じ理由だろう

323 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 19:27:02 0
やっぱ中華文明の最大の象徴は円明園だろ。円明園が今頃存在していれば、
ヨーロッパの宮殿なんか目も鼻もなかったぞ。だから、嫉妬して破壊したん
だろうけどね。

324 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 22:18:36 0
だったら、なんで紫禁城を破壊しなかった?

325 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 21:21:44 0
紫禁城は皇帝の正宮、円明園は離宮。円明園のほうが規模が大きく、
財宝もいっぱーいあってなおロココ式の建築もあるから嫉妬したんだろ。
特にフランスが

326 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 02:54:18 0
>>321
違う。何体かの人骨のDNA鑑定の結果、鑑定人骨がペルシャなどのコーカソイド系だということが
判明したんだろう。すべてがそうだと言う事ではない。確かそういう展開だったはずだ。

中国は、今も昔も多民族国家だからおかしくはない。トルコ系のウイグル族や、カザフ族もいるので、
コーカソイド遺伝子を持つ人間が王朝に仕えていてもおかしくはない、というだけだ。

327 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 13:06:36 0
>>315あれは培葬された奴隷あたりじゃないか?

328 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 19:14:01 0
民族言語が別だと諸子百家が各国を渡り歩くなんてことは難しいし

329 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 19:07:51 0
方言だけを使って各国を渡り歩くのは、今でも不可能だが。

通訳はいただろうね。

330 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 19:24:59 0
ダメHKで「兵馬俑」やってたけど、あの辺りにあの時代の地層からペルシア系の骨が
出たらしいね。秦の始皇帝はやっぱコーカソイドだったんでは?彼は幼少期「異人」と呼ばれていたし、
秦は一番西方に位置しているし、儒教的な価値観を理解せず法家で統治してダメな支那人を
押さえて中原を統一できたのも、支那に住むモンゴロイドじゃなかったからなのでは?

331 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 19:26:14 0
あ、支配人種はペルシア系のコーカソイドってことな

332 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 20:32:16 0
単なる捕虜の可能性も。
物珍しさで西域から連れてきた奴隷だったとか。

333 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 20:49:45 0
>>330 支配層にしてはあの骨みると扱い雑すぎだろ
あの量みるとどうみても何人分、支配層が何人分も一緒に埋められるのはありえるのか?
むしろ奴隷あたりの方が説明できると思うよ。あの時代は殉葬あるしな。

334 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 20:52:38 0
>>333
秦のちょっと前までは「食ってた」しな

335 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 21:18:48 0
始皇帝が碧眼だった、っていう文献は「当時の偉い人は人とは違う風貌を持っているのだ」という
解釈以外に本当に青い瞳だったっていう意味はないのかな?

336 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 21:33:26 0
>>332
兵馬俑坑から出土するんだから、下層階級か、捕虜とかじゃないのか?
支配層なら、もう少しましな葬られ方をしただろう。


337 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 22:23:26 0
現にペルシャ系の骨が出てきたことを軽視すべきじゃないだろう。
捕虜と主張するならどこの国の捕虜か具体的に言えよ。
それと、当時の下層階級をペルシャ系が形成していた証拠も出して欲しいね。
下層はどうみてもモンゴロイドの連中だと思うが。
ずっと後代に成立した国でもよくあることだしね、漢民族が被支配階級というのは。

338 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 22:32:53 0
兵士俑は一重瞼のモンゴロイド面ばかりではなく、ホリの深い西域の顔
をした俑や、丸顔の巴蜀の兵士俑もあった。

所謂多民族国家だったんじゃないか?

ところで、支配層がペルシャ系だという確固たる証拠はある?

339 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 22:34:02 0
>>337 君がそのペルシャ系が支配層のソースをいっぱい出せばいいじゃない?
少なくとも世の中の印象は始皇帝は黒髪の中国人なんだから。

340 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:15:13 0
つうか「漢民族」とか「中国人」なんていうインチキ名称やめろや。世界史板なんだからさ。

341 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:30:51 0
>>340
インチキ名称かどうかはともかく、国際的には一応通用していると思うが?
漢民族(Han Chinese)という呼び名は、ごく一般的なものだ。

混血著しいという点で言えば、「漢民族」と「大和民族」、どちらもインチキくさい
名称だと言える。

342 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:46:04 0
混血で呼べないとしたら世の中に純血の民族なんているのか?どこもいつかは混ざっていたんだろう。
インチキか・・

343 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:46:13 0
>>340-341
一応「漢族(Han)」は世界史的にもおkと言えるだろうよ。
人種的にはともかく、一つの明確な文明のプロトタイプを共有しているからね。
漢族は亜熱帯湿潤の広東省でも、塗り壁の土間の家(高床式ではない)に住み、
水虫になっても靴を履き、麦もとれないのに代替材料で必死で餃子や麺類を作り、
大して寒くも無く季節感も無いのに春節(旧正月)を祝う。
大和民族も、極寒の冷帯となる北海道でも、高床式の家に住み、家の中では靴を脱ぎ、
伝統衣装を着る時は下駄や草履を履き、道東でも米を食べ、正月には餅をつき、
神社には道央から取り寄せた稲縄で注連縄をはる。

中国において明らかなイカサマなのは「漢族」という観念ではなく
「中華民族」という観念だよ。

344 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:51:14 0
ときに靴の発祥はどこですか?

345 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:53:49 0
>>343その国がなんと呼ぼうがいいじゃないか?
別にあなたの迷惑になるわけでもないと思いますが。

346 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 23:58:17 0
race、ethnic、nation の区別ぐらいした方がいいと思うの

347 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 01:37:11 O
政治と学問の衝突、かな。
先進国なら学問を優先すべし。
政治を優先するのは自由がない国。

348 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 06:16:23 0
>>343
>中国において明らかなイカサマなのは「漢族」という観念ではなく、「中華民族」
という観念だよ。

そうだね。現在「中華民族」というと、漢族以外のその他大勢の少数民族も含める事
があるな?その考え方は、戦前の日本に近いような気がするが。

349 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 09:05:08 0
今年は中国でも「中華民族の英雄チンギスハーン800周年記念祭」を
催しているそうですが。

ウリナラ認定をパクったニダ! ファビョーン<# >=3 ポッポー

350 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 10:41:18 0
白人かどうかはraceの問題だと思うの。ある特定の文化や言語を共有する集団の話なら
ethnicの問題だと思うの。近代国民国家が擬制するところの「民族」の話ならnationの
問題だと思うの。区別しないから話が混乱するし、厨が涌くと思うの。

351 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 11:00:47 0
>>349
中国版「八紘一宇」だな。

日本はこの思想の下に戦って、痛い目に遭ってしまったが。
中国政府は、まだまだ頑張るようだ。

352 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 11:10:04 0
古代中国人は白人だった件

♪どうでもい〜ですよ♪

353 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 12:27:48 0
そのどうでもいい事について、糞まじめに論じるスレなのだが

354 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 12:04:28 0
>>330
そりゃ秦王政は幼少期別の国にいたからな
史記を鵜呑みにすれば秦王政は商人とその遊女の子供
商鞅、韓非、李斯とかの秦における法家思想の実行者もみんな秦以外の出身
てか法家思想って秦以降の中原王朝にもかなり取り入れられてる思想だと思うが

355 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 12:21:34 0
秦が勝ったのは、後背地が一番広かったからだと思うんだが。

秦以外の政治制度だのなんだのは、
ちゃんと研究されているのかな?

356 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 12:32:09 0
そういや春秋時代だと蜀も中国の領域じゃなくて
秦が滅ぼしてから枠に入ったんだっけ
ああいうのってどうなんだろうな

本当に別の民族だったのか
単に田舎モノだから蛮族視されていたのか
大和民族と琉球民族のように祖は同じだけど長い間、隔絶していて言語風俗に違いが出て蛮族視されたのか

多分一番下なんじゃないかなぁと思うけど

357 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 14:19:37 O
今でいう雲南みたいな感じだったんじゃないか?

358 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 15:58:39 0
別の民族だろう。同じと考えるほうが不自然だ。
ヨーロッパみたいに多くの国に分かれてたほうが幸せだったと思うね。

359 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 22:50:13 0
そうだよなあ。文化大革命なんかを起こして「支那大陸の本当の継承者は台湾に逃れた国民党なのでは?」っていう
疑惑や疑念を払拭したりごまかしたりするために、現在大陸に居座っているダメな政党が苦し紛れに「我々は漢民族アル!」なんて
沸け分からん民族概念を打ち出して、これまたバカな日本人なんかが「漢民族は古代から連綿と続いた民族だ」なんて
勘違いするもんだから、さらにややこしくなるんだよな。

360 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 23:28:10 0
>>350
格好つけているようで中途半端だな。「民族」という概念は
実は近代日本語の発明品で、raceでもethnicityでもnationでもないんだよ。
西欧諸語で一番近いのはドイツ語のVolkなんだが、それでもかなり違う。
だから民族という概念は西欧語では決して定義できないんだよ。
そして日本語の「民族」という概念が中国語や朝鮮語などに輸出されたことになる。
こんなことはあの朝鮮日報の記者でさえ知っていることなんだがねえ…w

361 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 14:37:20 0
>>350
近代国民国家が擬制するところの「国民」の話ならnation
「民族」のはなしならethnicity
「人種」のはなしはrace
cranは「氏族」
volkは「民俗」

決して定義できないなどと出鱈目を述べているのは似非文化人の馬鹿ウヨだけ。
馬鹿ウヨは、マイアミ・バイスでも見て鞏鯉がアイリッシュにおっぱい揉まれるとこで興奮してりゃいいんだよ。


362 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 15:55:59 0
>>361
アホだなあ。馬鹿ウヨとか言っている左翼?は本当にこのレベルなのかねw
ドイツ語のVolkとわざわざ書いてあるのに英語のvolkとしか読めないのか。
どうやら漢字はおろか「ドイツ」というカタカナさえ読めないようだな。
「ドイツ」。にほんごの はつおんでは [doitsu]。えいごでは Germanyだ。
その くにの げんごで ある 「どいつご」、つまりGermanだ。
そーせーじと びーるの くに、
ことし さっかーの わーるどかっぷを かいさいした 
くにの ことばだ。わかったなww


nationは「国民」、raceは「人種」だが、
ethnicityは日本語には一対一では翻訳不能だ。
だから「エスニック・グループ」とそのままカタカナ語扱いになるんだろ。
ethnic groupを「民族集団」と直訳して英文翻訳してみろ。
指している概念がずれてしまうから何がなんだか分からなくなる。

363 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 18:59:26 0
【ふしぎ劇場】
英語のvolkを入れて変換してもドイツ語のvolkにしかならないが、
ドイツ語のvolkを入れて英語に変換するとpeopleになる

364 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 19:13:13 0
>>362
エセ科学を信仰する馬鹿ウヨ学歴詐称インテリは、peopleの意味も知らないと見えるな。
peopleは「人民」だよ、ナシオナルなウヨ諸君は決して使ってはいけない言葉だ。
ウヨ諸君は誇りを持って堂々と使いたまえ、「国民」nationalityという美しい言葉を。
まさか、ウヨを気取って、日本国籍持ってないわけじゃないんだろう?

365 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 19:16:40 0
>>362
この美しい廿一世紀的メタフレーズのセンスは、ウヨには分からないだろうよw

Deutschland in Japan 2005/2006
http://www.doitsu-nen.jp/index_JA.html

366 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 19:25:12 0
英語のethnic groupはtribe「部族」の言い換えだからおかしいんじゃないか?
「民族性」の意味でethnicityを使い続けるのは、正しい。コレクトでなくグッドセンスの意味で。

このへん、日本社会で、citizen「市民」のように見せかけて実はnationality「国籍」がない一部のウヨは必死に否定するんだよな。
馬鹿だから仕方ないけど、やはり真実が捻じ曲げられるのはいかがかと思うね。

367 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 09:19:39 0
やはり馬鹿ウヨはcitizenでもなければcommon peopleでもないのだな。

368 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 15:01:53 0
2500年前のモンゴル人兵士の冷凍ミイラを発見、ブロンドの白人と確認【画像有】

 雪を頂いたモンゴルのアルタイ山脈で、2500年前のものと思われる
スキタイ人兵士の冷凍ミイラを発見された。世界各国から集まった
28人の考古学者からなるグループの功績で、ブロンドヘア、入れ墨、
フェルト帽を確認できる非常に状態のよいミイラだという。

ソースと画像はこちら
ttp://www.afpbb.com/article/823801

369 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 17:40:04 0
モンゴル人兵士じゃないじゃん

370 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 18:27:26 0
>>368
しかし何か妙な話だな。ブロンドになる理由は、
気候的なものだったはず。スカンディナヴィア半島に
一旦定住してから、金髪化してそれから
アルタイ山脈まで来たのか?

1.漏れらが考えているよりも民族移動は頻繁だった
2.金髪化の理由が違う(性淘汰?)

371 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 20:14:37 0
>>370
たぶん、どっちも正解。

372 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 20:27:01 0
おまいら落ち着け。
「金髪にみえるが死後変色したのだろう」
と博士がおっしゃってますよ

373 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 10:34:41 0
>>367
こんげな学問カテゴリで、ウヨもサヨもないと思うがな?

374 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 10:46:01 0
サヨは今劣勢だからコンプなんだろうな。だからバカみたいにすぐウヨを連呼する。

375 :世界@名無史さん:2006/08/28(月) 19:38:40 0
どっちでもいいが
過去を現代に当てはめるのならまだしも
現代を過去に当てはめるのはやめてくれよ

376 :世界@名無史さん:2006/08/30(水) 18:20:45 0
age

377 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 21:53:12 0
age

378 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 16:17:31 0
ttp://sawadaspecial.com/mt/log/000075.html
曹操がラオウにしか見えない

379 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 18:30:00 0
>>378
ものすごい昔のじゃない?
しかも、孔明がカマ臭い…(アイシャドー入り)

380 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 19:55:47 0
>>370
金髪はあと200年で居なくなると言われてるらしいですね。
他に絶滅しそうな目の色や髪の色はあるのでしょうか?
赤い髪も居なくなりそうな気がするけど。

381 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 21:22:03 0
>>380
>金髪はあと200年で居なくなると言われてるらしいですね。

町に金髪が氾濫してるじゃないか。



382 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 22:54:38 0
>>378
北斗の拳は中国拳法だろうに登場人物は白人顔ばかり。


383 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 22:56:44 0
>>382
中国拳法なのに倭人の霞家が継承してたりするわけだが。

384 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 16:26:45 0
>>381
染めてる人じゃなくてナチュラルの人が200年後には居なくなるみたいですよ。

385 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 20:23:59 0
「ローマ人が白んぼじゃ無かった件」の方が面白いと思うぞ
ついでに、「キリストがアラブ系だった件」も一緒にどうぞ

386 :世界@名無史さん:2006/09/11(月) 21:56:47 0
>>378于禁が女性になってるわ、曹操が金髪碧眼の白人になってるわ、ホウトウに至っては最初からいないことになっているわ、
もう本当にすげえな。本宮ひろ志の天地を喰らう並みじゃねえか

387 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 00:32:56 0
>>385アレクサンドロスの顔つきってアラブ人に似てるよなあ

388 :世界@名無史さん:2006/09/13(水) 04:59:01 0
>>383
史学的考察によると最初に北斗宗家があって
日本→北斗神拳
中国→北斗琉拳(北斗劉家拳)
じゃなかったっけ?

389 :世界@名無史さん:2006/09/15(金) 23:58:23 0
北斗宗家はどうやら印度あたりが発祥みたいだよ。で支那において、宗家から発展進化した北斗神拳をシュケンが
完成創始、伝承者争いに席を譲ったリュウオウ(の母)の流派が琉拳。
で、蒼天の拳あたりから設定が混乱しだし(歴史の事象も混乱してるけどw)、三国時代の劉備を守護していた北斗が
北斗劉家拳に、曹ヒを守護していたのが北斗曹家拳に、孫権のが北斗孫家拳に、それぞれなる。
南斗水鳥拳は北斗劉家拳からの派生。で、北斗琉拳=北斗劉家拳で、北斗神拳の伝承者は劉家拳から認められないと
伝承者になれない。北斗神拳の伝承者が出なかった場合は劉家拳から出すことになる。徳川家かっつーのw

390 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 01:35:28 0
> 南斗水鳥拳は北斗劉家拳からの派生

南斗は北斗から分かれたってこと?
元斗は?

391 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 01:59:49 O
コーカソイドとか有色人種をごっちゃにしてる奴がいるな

392 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 10:17:55 0
>>390北斗劉家拳から天才拳法家が出て、そいつが水鳥拳を編み出す。元斗は言及なし。

393 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 00:18:56 0
>>389
ウソを書くな!
三国志を絡めてるのは、数年前からアンタがあちこちで勝手に書いてる創作話だろ!

修羅の国は沖縄で、北斗琉拳はその琉球に由来してるんだよ。

394 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 01:00:50 0
シン、レイ、ユダ、リョウガ、サウザー、ファルコ、ハン、カイオウは白人だろ。


395 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 01:03:54 0
トキ、ラオウ、ジュウザ、フドウ、ヒョウ、コウケツは日本人だ。

396 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 01:04:38 0
フドウ、リハク、ジュウケイ、リュウケンあたりが黄人か。
アレフのようなネグロイド入ってるのもいたが。

397 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 02:06:04 0
ケンシロウ、ヒョウ、シン、シュウ = 日本人

カイオウ、ラオウ、トキ、ハン = 中国人

シャチ、ファルコ = 台湾人

アイン、レイ、サウザー、カーネル = 在日アメリカ人(在日米軍)

ジャギ、アミバ、牙一族 = 韓国人or在日コリアン


398 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 02:08:59 0
コウケツ、ジャギ、アミバ = 日本人

399 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 02:20:04 0
>>396
ジュウケイはスターウォーズのオビワンそっくりだから白人だろ。


400 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 09:04:46 0
どうでもいいが北斗の拳はラオウが倒される時点で終了する予定だった。がジャンプのダメな経営姿勢によって
ストーリーが混乱していく・・


でラオウってどうみてもドイツかオーストリア人だよなあ。ターミネーターみたいじゃん。

401 :世界@名無史さん:2006/09/19(火) 22:23:51 0
やっぱり、黄人や黒人より白人顔のほうが迫力がある。


402 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 06:57:45 0
おまえゴツイ黒人って超こわいぞ。ファイトは弱いけど、ボブ・サップってゴリラが体毛剃って直立不動になったみたいで、
とっても恐ろしいんですけど。失礼だが。

403 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 07:15:28 0
>>402
黒人は間が抜けた感じがするので悪役には不向きだ。
現代の悪役は凛々しい顔をしていなければならない。


404 :世界@名無史さん:2006/09/20(水) 08:45:18 0
>>403ヨハネスブルグやナイロビで強盗に逢った事の無い人や
キングストンでマリファナを売りつけられたり、ギャングの抗争に
巻き込まれたりしない人はみんなそう言います。

405 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:02:26 0
言わずとしれた主人公・劉備、声は井上和彦。

原作を完全無視した豪快な死にっぷりを見せる関羽。

建物探訪・渡辺篤史が声をやっている張飛。最後は曹操にトドメを刺され死ぬ!

ケツアゴ&金髪で完全にラオウ化した曹操。声は中山仁。やたら劉備と一騎打ち
しまくたり、孫権妹の唇を奪うなど漢気爆発キャラに。

なぜか女キャラになっている于禁(有名)。声は山田栄子。原作ではチョビ髭なのに…。
「敵方に女キャラがいねえから適当につくっちまえ」という、
ある意味OVAジャイアントロボ的なアレンジである。


なぜかアイシャドウ入りの諸葛亮。声はなんと富山敬。いきなり入浴シーンを披露。

ヒロインの麗花姫(孫夫人)。
1巻では入浴中の孔明にハダカでせまったり&グライダーに
乗ってパンチラしまくったり、曹操にキスされたりと、サービスシーン全開。
声は平野文。
横山ファンにとってパンチラ三国志といえば「一騎当千」ではなくこのアニメ
のことである。


いきなり「野盗の頭」として劉備一行を襲う趙雲。ドカベン顔の名残すらねえ。
声はGIブルース佐々木功!ちなみに長坂の戦いには出てきません。

ほかにも周瑜の声がシャア・アズナブルだったり、張松の声が八奈見乗児だったり、
ホウトウの存在が消されてたり、司馬懿の声がラコックこと仁内達之だったりで、
三国志ファンなら見所&つっこみどころ満載でかなり楽しめる作品じゃないかと
思います。

406 :405:2006/09/29(金) 19:04:02 0
>>378
ソース
ttp://sawadaspecial.com/mt/log/000075.html


407 :世界@名無史さん:2006/09/29(金) 19:10:38 0
ケツアゴ&金髪で完全にラオウ化した曹操。
なぜか女キャラになっている于禁(有名)。
なぜかアイシャドウ入りの諸葛亮。
ヒロインの麗花姫(孫夫人)。1巻では入浴中の孔明にハダカでせまったり
いきなり「野盗の頭」として劉備一行を襲う趙雲。


どうしたらいいんだべ。

408 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 02:21:51 0
黒人や黄色人種にケツアゴがいないのはなぜ?


409 :世界@名無史さん:2006/09/30(土) 03:56:44 0
ケツアゴといえばドイツ人

410 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 07:41:14 0
なんでそんな話になっちゃったのかよくわからんが
中国の土着は黄色人種、そこにアラブ・インド系の連中が入ってきて
住民を支配、やがて国になった、夏とか兎とか舜とかがこれだ
現在の漢民族はこの土着被支配民族
兵馬ようの模型は奴隷兵士だから漢民族なのでモンゴロイドで埋葬されてる始皇帝はアラブ系
中国の「なんだこりゃ?」っていう城下町丸焼きとか、わけわからん残虐処刑方法とかあるじゃん
あれって支配層のアラブ・インド系からみて漢人は異民族なので良心の呵責とかないからできたの
その後におとずれる元時代までアラブ・インド系支配は続いてたのですよ


411 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 07:51:40 0
>>410
ということは、隋の煬帝とかも、インド・アラブ系?

412 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 08:24:09 0
信じるなよ
てか奴隷兵士って・・

413 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 21:47:25 0
>>1のソースによると、斉の最初の人々は現在の欧米人に近いDNAの人、次は中央アジア、次は現在の中国人というように
時代によって入れ替わってるらしいけど。

414 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 22:36:33 0
当時の中国の国家は、城塞都市同士を線で結んで、その影響範囲を
領域としていた。塞外には、空白地帯が存在し、その隣接地域に塞
外の集団(遊牧民)が生息していた。
また中国の国民と見なされるには農耕民族であることが重要で、人
種自体は、大きなウェイトを占めていなかった。ただし、人種のる
つぼであったと言うのは容易に想像できる。
斉の領域内でも中国に属さない塞外の集団(遊牧民)が、斉国に属
することなく、移動を繰り返しながらも国内を移動していたものと
思われる。
今回、発見されたのも、西域に起源を持つ人種のそれでありましょう。

415 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 22:40:30 0
>>413
>斉の最初の人々は現在の欧米人に近いDNAの人、
見た目は弥生人にそっくりなんだが、DNAだけが西洋人というのが出ているというのは
たぶん広く知られた事実。しかしそれは、古代中国が白人だらけであったことではないようだ。
大部分はモンゴロイドだが、他民族が入り乱れ、混血を繰り返す大陸国家ゆえに、そういう香具師も
少しはいた、という事。

416 :世界@名無史さん:2006/10/09(月) 22:43:08 0
>>414
斉のすぐ北の燕国は、北狄遊牧民主体の国じゃなかった?確か。
だから色々混じってるという気はする。

417 :414:2006/10/09(月) 23:08:39 0
>>416
すいません。燕国の成り立ちは知らないのですが、北辺であると
いう地理関係から、熟狄が人種構成に占めるウェートは、南方
の諸国よりは多かったと思われますよね。
そうすっと燕人張飛ってのは、燕の出身ってことっすか。
(スレ違いスマリ)

418 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 10:07:31 0
>>413そりゃどこの地域も最初は「プロトタイプ・コーカソイド」だったんでしょ。メソもエジプトも支那も印度も。
それが支那の場合北方モンゴロイドが徐々に中原に南下、モンゴル帝国辺りで極まり、今に至るという感じなんじゃないの?

419 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 10:08:54 0
古代中国は今のアメリカみたいな感じだったのかね?

420 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 10:15:34 0
最も高位だったのがペルシア人みたいな風貌で、
兵隊がモンゴロイドだったんだろ。
ローマ帝国も、ラテン白人が支配人種でゲルマン人種は傭兵だった。
それが後にゲルマン人に侵入されてローマはホロン部。
支那帝国もモンゴロイドに幾度も幾度も侵入されて、モンゴル帝国でホロン部。
まあ支那の人種の推移って五胡十六国やその前からも徐々に進んでいたらしいけどね。
「純血種支那人」っていたら面白いよな。

421 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 20:27:26 0
根拠がいい加減過ぎる
甲骨文字の文章や古代中国の文がペルシャ語に近いわけでもない限り
そんなもん認められるか

422 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 21:27:22 0
風貌がコーカソイドだ、とは言ったが「支那はペルシア帝国の亜種」なんて誰も言ってないだろ

423 :世界@名無史さん:2006/10/10(火) 21:46:48 0
語尾が「〜だろ」の香具師は十中八九ソース提示できない件について。

424 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 11:43:28 0
まあなんだ、揚げとくよ

425 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 15:44:30 0
まあ、だろのやつは中華がむかつくから否定したいがために書き込んでる人だろうからな。

426 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 15:45:31 0
おおおおおお

427 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 16:07:55 0
そういや、中国人は蒙古斑ないらしいね。なんだ、いまでも白人じゃん。

428 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 16:39:12 0
ttp://abcdane.net/misc/nomake/nomake.htm

429 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 17:15:41 0
wwwwww

430 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 19:16:45 0
>>427
シニーデ(シナ人種、中央モンゴロイド)は蒙古班じゃなくて、
蒙古襞が弱く、アイヌのように目に蒙古襞が無い人が多いの。

よーく間違えられるので注意。

431 :世界@名無史さん:2006/10/26(木) 19:50:47 0
蒙古襞ってなんですか?

432 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 19:00:43 0
日本人種のYAP+と東南アジア辺りのYAP+は別種。

日本人種のYAP+はht1。
東南アジア・中国南部あたりに微かに残るYAP+はht2。
白人や黒人のYAP+はht3。

ゆえに日本人種は中国南部や東南アジアとは無関係。

残念でした(嘲笑)

◎YAP+マップ

http://www.geocities.com/londonross1/china3.png
http://native.way-nifty.com/./native_heart/images/y_chromosome.jpg

433 :世界@名無史さん:2006/10/27(金) 19:25:03 0
>>431
確か目頭のところを覆っている皮膚のこと。
白人には目頭が丸出しで切れたみたいになっている人が多いけど、アジア人は目頭がチラッとしか見えないの。

434 :世界@名無史さん:2006/10/28(土) 07:36:50 0
なんやよう分からんな。モンゴロイドは目頭が厚く、コーカソイドは上まぶたが薄い(すぐ下に眼球)ということなの?

435 :世界@名無史さん:2006/10/30(月) 06:35:08 O
違う
指の間のヒレみたいなもん
大きいヒレのカッパ→アジア人
ほとんどヒレがない人間→白人

436 :世界@名無史さん:2006/11/13(月) 11:11:22 0
上瞼の皮膚は目頭に被さるようになってるだろ。それを蒙古襞といって
大抵の日本人はそんな感じだな。目頭がはっきり見えるように出ている
やつは少数派、それか整形したかだな。

437 :世界@名無史さん:2006/11/15(水) 13:39:55 0
アーリア人の祖先が中国東北部に出現したのが1万年ぐらい前ですか?

438 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 16:26:59 0
ここで秦の話ばかりで、楚の話をする人がいないのが面白いな。
楚は人口が多く、住民は背が低かったとされる。

周王朝のなかで完全な異民族をとなえており、「われは蛮夷なり。中国の法にしたがわず」
といって、戦国7雄のうちでさいしょに王号をとなえた。
南方は水が多く、稲作もさかんだから人口が多かった。タイ系民族といってもいいだろう。
かれら楚人の子孫がいまの中国人ではないだろうか?

現在でも北中国は背が高く、南中国は背が低く(言語も異なる)ほとんど別民族だが
長い時間をかけて混血した場合、やはり稲作で人口の多い南方のほうが血として優勢となる。


周王朝は、さきの殷朝においても西伯(西方の支配者)の家である。
本拠地はいまの長安よりもっと西にあった。
その故地にたてた国が秦、やはり蛮族とされたが、いちおう周の官爵を拝命していて
楚のように完全独立の気分ではない。
周王は天下を取り都は洛陽などはるか東方にうつっていったが、血筋としては西方の遊牧民だろう。

だから貴族階級がインド・アラブの特徴を持っていてもおかしくない。
かれら周の貴族は羊の毛皮をまとい肉しか食わなかったといわれる。(おそらく羊の肉だろう)
先祖が羊飼いだったのだ。この点でも現代中国人と大きく異なる。

典型的な楚人である項羽が、稲作さかんな南方でないと王者になる意味がない
といったのは有名だが、食文化ベースで大きく違う。

439 :世界@名無史さん:2006/12/03(日) 16:28:16 0
漢民族といっても、この周王朝がすべての中国文化の原点となってる
孔子は周の古い礼法や道徳をまとめた人だ。
さて、漢帝国は北方の周をもとにしていたわけだが、
三国志のあと普が成立し、遊牧民に普が滅ぼされたあとはめちゃくちゃだ。
その意味で当時の漢民族は北方の戦乱でほぼ滅んだと見ていいだろう。

この戦いに勝利したのは鮮卑族の貴族であったらしい。トルコ系民族だ。
隋唐などは鮮卑族の貴族の建てた国だ。

だから血筋としては漢民族は北方においてほぼ断絶してるわけだ。

といっても遊牧民は人口が少ないので
北方の虐殺→新王朝成立→南方の独立温存→政治的統合の後人を増やすために殖民
がくりかえされたあげく、インド・アラブの特徴を持っていた古代中国人がほろんだのだろう。

つまりトルコ民族と南方人にサンドイッチになり、真の中国人はすりつぶされたのだ。
そしてのこったのはタイ系民族とトルコ系民族のみ
現時点では9割がタイ系とみてよい
歴史では北の王朝が南を併呑するパターンが多いが、血の侵略としては逆だった。
おもしろいことに中国共産党支配者も湖南出身(楚の故地)が多い。

440 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 18:20:56 0
「中国人」とは誰か

2.中国語
 以前にも書いたが、漢民族が西方から渡来したとする説がある。体型、埋葬法、文法、
発語法、古代文字の比較、考古学的発掘調査などによる、漢族の西来説である。
 中国語と英語の文法が、その語順の類似など、少なくとも日本語と中国語より遙かに
似通っていると感じる人は多いと思う。もちろんこの二つの言葉は互いに異なる「語族」に
属す別系統の言語とされているのであるが、アンダーソン(1874〜1960)は、漢民族は
人種的にもメソポタミアの古代民族に起源すると説いた。

6.臨シLinziの住民の遺伝学的研究
 2000年、東京大学の植田信太郎、国立遺伝学研究所の斎藤成也、中国科学院遺伝
研究所の王瀝 WANG Liらは、約2500年前の春秋時代、2000年前の漢代の
臨シ(中国山東省、黄河下流にある春秋戦国時代の斉の都)遺跡から出土した人骨、
及び現代の臨シ住民から得たミトコンドリアDNAの比較研究の結果を発表した。
それによると、三つの時代の臨シ人類集団が異なる遺伝的構成を持つことが明らかに
なった。約2500年前の春秋戦国時代の臨シ住民の遺伝子は現代ヨーロッパ人の遺伝子と、
約2000年前の前漢末の臨シ住民の遺伝子は現代の中央アジアの人々の遺伝子と非常に
近く、現代の臨シ住民の遺伝子は、現代東アジア人の遺伝子と変わらないものであった。
 この研究により、2500年前にユーラシア大陸の東端に現代ヨーロッパ人類集団と遺伝的に
近縁な人類集団が存在していたことが明らかになった。また、2500年前から2000年前の
500年間に臨シ集団に大きな遺伝的変化が生じたことから、過去に人類集団の大規模な
移動があったことを示唆している。
       (続く)

441 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 18:22:29 0
       (続き)
7.結論
一方、ミトコンドリアDNAの研究が示しているのはユーラシア西部に起源を持つ人々が
黄河文明の南端付近にいたがその後現代のような「黄色人種」である漢民族に徐々に
置き換わっていったという事実である。これらの諸事実を統一的に説明する仮説は以下の
ようになろう。

「長江流域にモンゴロイドが稲作を基礎とする文明を築いていた。一方、西から移動してきた
麦作と牧畜を基礎とした文化を携えたコーカソイドが黄河流域に定住した。武力に勝る
北方黄河文明の支配者は、人口においては優勢な長江文明の人々と戦い勝利した。
人口に勝るモンゴロイドは政治的軍事的文化的には敗者であったが、遺伝子的には
黄河文明の人々をしのいで現代漢民族は『黄色』になった。」
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-61.htm

442 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 20:26:44 0
>>34 シナ人にも白人崇拝はあるようだが。アジア人には横柄で欧米人には弱腰と
いう定評がある。


443 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 20:50:42 0
シニーデ(シナ人種、中央蒙古人種、中央モンゴロイド)、
つまり華北人は形質的は日本の弥生人骨に近いのだが、
眼裂があまり細くない上、蒙古襞が弱くて一重まぶたが少なく、
鼻が突出しているなどの点で、日本の弥生系とは顔面的には
かなり相違がある。

華北人は土着の中央モンゴロイドに北方モンゴロイドが混成して
生じた人種だと思われるが、日本人よりも北方モンゴロイドの影響は
はるかに弱い。

そこから考えてみても、シニーデが弥生人ではありえないのである。

444 :世界@名無史さん:2006/12/06(水) 21:13:35 0
>>439
国民党軍、朱元璋軍以外に南から北への人口移動があったのか?

445 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 14:01:28 0
現在のイギリス人と類似の遺伝因子を持った約3,000年前の人骨が国内青銅器時代のドルメ
ンから発掘されて考古学界の注目を集めている。
江原(カンウォン)文化財研究所は4日「江原旌善(チョンソン)郡北面アウラジ遺跡で去
年出土した人骨を1次分析した結果、イギリス人の遺伝子とよく似ているという結果を得た」
と明らかにした。

江原文化財研究所側は「ソウル大解剖学教室シン・ドンフン教授チームがDNA塩基配列
を分析した結果、ヨーロッパ系統の白人、特に現在のイギリス人の遺伝子とよく似ている
という1次分析結果が出た」「国際的に具体的な確認のために、イギリスと日本にこの人骨
の分析を依頼した」と言った。
この人骨は去年10月アウラジ遺跡内四基のドルメンの一カ所から土器片と出土した。チ・
ヒョンビョン発掘調査団長は「当時の頭蓋骨、骨盤、顎骨、大腿骨、肋骨などの一部が発
掘された」「人骨とともに出土した副葬品の量が少なくて人骨出土遺跡の正確な年代確認
は難しい」と報じた。
チ団長は「近隣の遺跡・遺物と比べる時、調査団の立場は約紀元前970年位の遺跡と見る」
「国内ではまだ先史時代ヨーロッパ系人骨に対する具体的な研究成果がなく、今後の考古
学界の研究が期待される」と付け加えた。
キム・ビョンモ文化財委員(漢陽大名誉教授)は「アウラジ人骨は韓半島の青銅器時代研究
に画期的な資料」と言い「個人的に見る時、ヨーロッパ系遺伝因子を持ったこの人骨の主
人公は稲作伝来経路に沿って東南アジアを経て韓半島に入って来たと推測する」と明らか
にした。

国内青銅器時代遺跡で西洋人と見える人骨が出土したのは1965年忠北提川黄石里遺跡以後
二番目だ。‘黄石里人骨’は解剖学的には西洋人と推定されるが、DNA塩基配列分析な
どのもっと正確な科学的研究結果がいまだになくて、学界では西洋人可否をめぐって論争
が続いている。
http://img.khan.co.kr/news/2006/12/05/6l0501b.jpg

京郷新聞(韓国語)旌善青銅器遺跡地‘西洋人遺骨’出た  より

446 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 16:15:08 0
高度の文化は都市においてうまれる。
ギリシャ文化もポリス(城塞都市)の住民が数千年かけて築き上げたものである。

死者を墓にほうむりそれを守ることは定住民、つまり農耕を主とした者にしかできない。
「文化」の文という漢字は、死者の胸にいれずみした絵がもとになってる。

遊牧民は、墓をつくってもそれを定住して守ることはできない。
したがって遊牧民は墓の場所をかくす風習がある。

ジンギス汗はもちろん、モンゴル帝国の歴代支配者の墓はすべて秘密とされ、いまだ不明である。
もちろんモンゴルにかぎらず西のフン族、ゴート族の王も墓所は秘密とされてる。
「ジンギス汗を葬るとき、出会った者をすべて殺した」というのは、墓所の秘密を守るためだ。

さて、遊牧民は死者の墓を祭れない。つまり古代風にいえば「文」がない。

農耕の結果として、食料の備蓄、富の増大、城塞都市ができた。
これにより支配者階級、余暇のある人間をうんだ。これから絵や文字などに専従する余裕が
うまれてきた。

447 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 16:25:37 0
もし高度の文明を誇る都市があっても、戦闘力の高い異民族が押し寄せてくれば
すべて破壊されてしまう。
中国はもとより、ヨーロッパでもそんな例は多い。

その意味で日本やイギリスのような島国は、いわば国全体が城壁のようなもので
古い文化を守っていきやすい。
大陸ですべて破棄された古文書が日本にだけ残っていたり
イギリスで犬の品種改良が継続されたのも島国の利点であろう。

448 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 16:40:58 0
いや、イギリスは蹂躙されまくりだろ

127 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)