5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

犬の歴史

1 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 04:24:12 0
いたるところで活躍している彼らについて話しましょう

関連

猫の歴史
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1077457901/

2 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 04:33:11 0
>>1
ここで十分だろ種別に立てるなよペット板じゃないよ。

【家畜】世界史での動物【愛玩】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1125757096/

3 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 04:58:25 0
俺の歴史
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1139846484/ 2006/02/14(火) 01:01:24 0
犬の歴史
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1139858652/ 2006/02/14(火) 04:24:12 0

立てたのは同じヤツか?

4 :世界@名無史さん:2006/02/14(火) 07:45:22 0 ?
一緒にするな

5 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 08:53:51 0
名スレage

6 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 09:05:40 0
モンゴル人は非常に獰猛な犬を番犬にしている。
そのためよそのゲルを訪れたときのあいさつが「犬をなんとかしてくれ」だった。
あのチンギス・ハーンも幼少の頃は犬を恐れていた。

7 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 09:41:10 0
なんだ親米派の歴史じゃないんだ、がっかり

8 :世界@名無史さん:2006/02/28(火) 23:47:43 0
戦闘犬部隊ってどの程度役だったの?

9 :世界@名無史さん:2006/03/01(水) 00:14:26 0
*このスレは重複しています。必要ありません*

現在包茎クリニック社員が2chで包茎スレを乱立させています
仮性は正常で手術の必要はまったくありません。真性も手術しないで治ります
エロ本で宣伝しているようなボッタくり包茎クリニックの詐欺にご注意!

↓元包茎クリニック社員の暴露
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/seikei/1124500331/200-220
真性包茎は手術しないで治る!part11
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/body/1140600615/



10 :世界@名無史さん:2006/03/06(月) 09:53:05 0
ポチあげ

11 :世界@名無史さん:2006/03/06(月) 23:11:16 0
ゾロアスター教では犬は可愛がられていましたが、
イスラム教では、犬は豚と同様、禁忌されているようです。
イスラム治下では、犬に名前をつけることもないそうです。よほどの例外な人以外
(いわゆるものずき)、犬をペットにして、屋内に入れることなどないそうです。
中国、韓国のように、犬を食材とするなど、もっての他。
イランでは、ゾロアスター教徒の集落では、名前をつけられ、可愛がられているそうな。

12 :世界@名無史さん:2006/03/07(火) 00:02:38 0
>>11
ムハンマドは大の猫好きだったので、イスラム教では犬と猫の扱いが天と地ほど違う。
猫は高貴な生き物とされ、飼い主は猫を飼ったらその猫が死ぬまで飼う義務があるとか、
猫を殺すのはもってのほかとか、エジプトではもともと猫好き国家だったのが、
イスラムの教えでさらにパワーアップして猫だらけの国になったとかいろいろ。


13 :世界@名無史さん:2006/03/08(水) 03:04:30 0
米版「南極物語」が首位 週末の北米映画売り上げ

米興行調査会社「ボックス・オフィス・MOJO」によると、週末(17―19日)の
北米映画入場料売り上げ順位で、「エイト・ビロウ」(フランク・マーシャル監督)が
約2000万ドル(約23億7000万円)で1位となった。
同作品は日本の「南極物語」(1983年)のリメーク版。両作品とも1958年に起きた
日本の南極観測隊の体験を基に製作、天候不順のため南極基地に置き去りにされた
犬と、翌年基地に戻り犬と再会する隊員の交流を描いた。エイト・ビロウでは、
米国の観測隊員らが主役。
 売り上げ順位は、「デート・ムービー」が約1900万ドルで2位、「ザ・ピンク・パンサー」が
約1700万ドルで続いた。(共同)
http://www.sankei.co.jp/news/060222/bun057.htm

工エエェェ(´゚д゚`)ェェエエ工

14 :世界@名無史さん:2006/03/19(日) 04:19:18 0
現在南極は犬の立ち入り禁止。
犬のジステンバーウィルスがアザラシの大量死を招いたと考えられており
1994年から犬の持ち込み禁止になっている。

15 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 02:36:34 0
日本は畳の文化で家の中では靴を脱ぐが、
欧米人は家の中でも土足で靴を脱がない。
これは犬を家に入れるからだ。
床が汚れても大丈夫なようにだろう。
欧米は犬との文化なのだ。


16 :世界@名無史さん:2006/03/29(水) 03:59:29 0
>>15
欧米でも昔は家の中には犬を入れなかったと思うが。
ちなみに座敷犬は日本では平安時代からいる。
狆がそうで日本独自の犬種としてジャパニーズ・スパニエルとして
ヨーロッパに輸出され、今でもその子孫が飼われている。
「狆」という漢字は日本だけの漢字の国字で中国にはない。

17 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 09:22:27 0
>>16
昔の日本人は「狆」を犬の一種とは考えていなかったと突っ込みを入れてみる。

18 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 09:32:43 0
>>17 それはない。「中で飼う犬」だから「狆」だろ。

19 :17:2006/03/30(木) 15:45:20 0
>>18
NHKの「道中でござる」で江戸時代研究家のオッサンが
「昔の日本では狆は犬とは別な生き物とされていた」といっていたような記憶が・・・
あいまい+日本史ものでスマソ



20 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/03/31(金) 19:24:46 0
>狆
平安時代の座敷犬というのが、どれの事か分かりませんが、六国史に「矮犬」
と書かれているものの事でしょうか。
狆という品種の起源ははっきりしない様で、『嬉遊笑覧』でも『続山の井』とい
う寛文7年(1667)に出た本の中で「珍花とてあいすべいかの犬ざくら」と
詠まれている「珍花」に狆をかけた歌が早い例とするぐらい。
犬の一種であり、舶来の品種と見られていました。
ベトナム説、オランダ説などがあり、鹿児島経由とした書もあります。

21 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/03/31(金) 19:27:39 0
連投失礼。とはいえ、石川先生のお言葉も無視出来ませんね。
考証家ではない庶民の間では、別物扱いであったのかもしれません。

22 :世界@名無史さん:2006/03/31(金) 23:13:17 0
>>16
日本じゃ家に入れるのは、せいぜい狆や猫ぐらいだろうが、
欧米人はセントバーナードみたいなでかい犬も家の中で飼うよ。
畳の部屋でセントバーナードはないでしょう。


23 :世界@名無史さん:2006/03/31(金) 23:19:38 O
チベットのラサ・アプソ→中国のペキニーズ→日本の狆

24 :世界@名無史さん:2006/03/31(金) 23:34:09 0
>>18
風貌が狗と猫の中間だからとの説もある。


25 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:25:46 0
元日本狆クラブ支部役員の俺様が来ましたよ。
狗と猫の中間だから狆という国字を作ったという説が有力。
ちなみにペキニーズから狆が出来たわけじゃない。
共通の祖先を持つとは思うが。

26 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:32:35 0
ちなみに最高の狆には「東久邇賞」が与えられる。


27 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:32:47 0
犬は最古の家畜と言われるが、犬の先祖はなに?
狼ですかね?それとも野生の犬のようなものがいたのか、はたまた複数いるのか

28 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:38:13 0
ローレンツが言ってた先祖オオカミ説は一旦否定されていたが、
最近はどうなってるのかね?

29 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 00:51:37 0
パブロフの犬
ttp://www.nojimas.com/akinori/pubrov.html
条件反射の立証のため、犬がえさを食べるときにベルを鳴らすようにしていたパブロフ博士だが、
続けるうちにパブロフ博士が犬を見るとベルを鳴らすようになった。


30 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 02:46:03 O
パブロフのチン
便所で毎日エロ写真を見ながらオナニーし続けると、
便所の臭いを嗅いだだけで勃起する。

31 :世界@名無史さん:2006/03/32(土) 03:13:42 0
DNA解析だとイヌはユーラシアオオカミが祖先みたい。
あと家畜化は中東アジアだと言われていたが東アジアで
行われたみたい。
「東アジアから新世界までのイヌの起源 サイエンス誌掲載論文」
ttp://www.eurekalert.org/pub_releases/translations/dogs.releasejp.pdf
>家畜化されたイヌは、まず東アジアにおいて見られ、その後アジアやヨーロッパに広がり、
12,000〜14,000 年前にヒトとともに新世界に渡った。米国科学振興協会(AAAS)発行の
サイエンス誌に掲載される 2 件の論文において、このような説が示されている。
新世界と旧世界におけるイヌの起源をそれぞれ調べた 2 つの研究チームは、
ユーラシアオオカミがイヌの祖先である可能性を発見した。ストックホルムの王立工科大学の
PeterSavolainen は、種々の遺伝的起源ではなく、過去 500 年にわたる飼育により、
大きさと体格の劇的な変化がもたらされ、現代のイヌに至ったとしている

32 :世界@名無史さん:2006/04/02(日) 02:07:24 0
ちょっと前まで犬と狼は別種とされていたが、最近の研究によると犬と狼はこれまで考えられて
いた以上に近縁で、犬は狼の1亜種と考えるべきだ、という報告がでてきているらしい。

33 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 20:20:46 0
イスラム圏でもトルコみたいな世俗的な地域ではけっこう犬飼ってるよ

犬はオオカミの家畜化ということは定説になったが、単系統ではなく、複数の地域で
飼いならされたか、またはその後に各地で狼との再交雑が行われたと考えられる。
犬とオオカミとの分岐は〜1万5千年とされるので、5万年ほど前に分岐した白人と黄色人よりも
年代は新しい。
オーストラリアのディンゴは一度家畜化した犬が再野生化したもの。
>>32
DNAレベルでは同種並とされてるが、学名表記はまだ
Canis familiarisかCanis lupus familiarisにするか統一されてないね。

34 :世界@名無史さん:2006/04/03(月) 20:39:50 0
31の東アジア起源論文
ttp://www.kiz.ac.cn/publication/zhangyp/06.pdf
33のソース元論文はこれね
ttp://www.mnh.si.edu/GeneticsLab/StaffPage/MaldonadoJ/PublicationsCV/Heredity_Dog_Paper_1999.pdf

35 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 00:09:36 0
イギリス人は言う。南極点に最初に到達したのはアムンゼンではない。
アムンゼン隊の犬だ、と。

36 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 01:01:48 0
ロシア人は言う。宇宙に最初に到達したのはガガーリンではない。
ライカ犬だ、と。

37 :世界@名無史さん:2006/04/06(木) 03:05:15 0
ライカ犬という名の種類がいると思ってたけど
「ライカ」という名前だったのね。
ちなみに雌の雑種。

38 :世界@名無史さん:2006/04/09(日) 23:11:20 0
むかし、古代バビロニア王国に、とてつもなく巨大なイヌがいて、
あまりに巨大なので闘技場へ連れて行ってライオンと戦わせたら
イヌのほうが勝ってしまった。なんて伝記をテレビで聞いたことが
あるのですが、誰か知らないでしょうか?


39 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 09:18:43 0
古代ローマでは剣闘士試合の前座に犬と猛獣を戦わせるのがあって
訓練を受けた闘犬は虎やライオンよりも強かったなんて話はあったけど

40 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 09:27:12 0
       ▼-、     
      r‘ ・ ▼     ご主人様の声がきこえる…
    /ヽ ` =='\
  ∠__ノ  |    ヽ
  | ̄|    UUてノ

41 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 10:19:54 0
有名な某社のマークのあれか。
ちなみに今の俺の壁紙もそれ。ただし犬じゃなくて女の子だがな。

42 :世界@名無史さん:2006/04/12(水) 23:55:36 0
犬は単一のオオカミじゃなく地域ごとのオオカミを家畜したものと読んだが
でイヌの中で一番多いのはインドオオカミの子孫らしい
って33に書いてあるか

43 :世界@名無史さん:2006/04/13(木) 01:14:34 0
戦国時代の忍犬ってほんとにいたんですか?


44 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 00:18:50 0
イヌはオオカミのネオテニー(幼形成熟)である。
イヌの頭骨はオオカミの幼形のまま変化せずに成熟し、
チワワは成犬になっても頭蓋骨の縫合が閉鎖しない。
大きな丸い頭、寸詰まりな顔、短い足、垂れた耳、
巻いた尾、ワンワン吼える、牙が短いなど、
驚くほどイヌは子オオカミの特徴と似ている。
明らかにイヌはオオカミのネオテニー(幼形成熟)である。


45 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 00:55:10 0
狼の子供って巻き尾なの?

46 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 17:10:23 0
バター犬って種類もある
わけはない

47 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 17:15:10 0
畑六郎左衛門時能

48 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 21:06:31 0
>>45  私の尻尾は(my tail)巻いている。 (爆

49 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 21:14:59 0
アニマル紳士録
ttp://www.civil-war.nu/civilwar/animal/UntitledFrame-4.htm
大統領のペッツ達

50 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 21:20:39 0
人類は何のネオテニーなのか?

51 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 21:31:26 0
>>50 スターチャイルド

狼に近い種はシベリアンハスキー?

52 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 22:18:25 0
ムツゴウロウ帝の番組で見たが、
狐を何代も飼いつづけ、人を嫌がらない狐同士を掛け合わせつづけた結果、
狐が犬化したという実験をロシアでやっているらしい。
ここでいう犬化というのは、人間大好き、目が狐目じゃない、尻尾を巻き出すなどなど。
いくら実験っていっても50年ぐらいだろ?
狐の寿命は知らないが10年としても、頑張って十数代ぐらいだと思う。
まさかこんなに顕著に性格的、
肉体的に特徴が短い期間で出るなんて思わなかっただろうね。
例えば人間も鉄オタ好きだけで5代くらい交配すれば、
先天的に鉄オタ好きの一族が出来るのかな?
と、ちょっとウルトラダーヴィニズム。

53 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 02:11:01 0
>>52 すごいね、それ!
しかしなぜ例えが鉄オタなのかしらん、

54 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 02:28:56 0
>>53
大島やすいち、川島れいこ夫妻の娘二人がプロの漫画家になったように
ヲタ化は一代で可能。

55 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 02:31:28 0
茶々入れてすまんが、一応、1〜2年もすれば狐は子ども作れるよ。

56 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 02:32:33 0
大島安一の子の漫画家ってダレ?

57 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 13:51:03 0
そもそも大島安一ってダレ?

58 :世界@名無史さん:2006/04/15(土) 23:29:08 0
>>50
「人類ネオテニー説」は、既に日本人の教授によって論理的に否定されています。
井尻正二教授著の『胎児化の話』って本があるからお勧めします。
一部のトンデモ本では「ヒトはサルのネオテニーだ」なんて珍説を出しますが、
サルのネオテニーではヒトは誕生しません。
例えば、S字型の背骨、バスケット型の骨盤、アーチ型の土踏まずは、
人間が二足歩行をするために必要なものだがこれはサルの胎児期には現れていない。
明らかに人間が独自進化させたもので、ネオテニーの産物ではない。


59 :世界@名無史さん:2006/04/16(日) 00:04:55 0
否定するつもりはないが、持ってくるのが猿じゃだめだろ。それじゃ
逆手に取られるよ。

60 :世界@名無史さん:2006/04/16(日) 01:26:45 0
>>57
大島やすいち(父・少年青年漫画家)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E3%82%84%E3%81%99%E3%81%84%E3%81%A1
川島れいこ(母・レデコミ漫画家)
http://www.ebookjapan.jp/shop/title.asp?titleid=3993
大島永遠(長女・青年漫画家)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%B6%E6%B0%B8%E9%81%A0
三島弥生(琴羽あや)(次女・4コマ漫画家)

家族でマンガ家かよ、おめでてえなあ。

61 :世界@名無史さん:2006/04/16(日) 02:13:34 0
アメリカン・ピットブルが土佐犬より強いってほんとうですか?


62 :世界@名無史さん:2006/04/18(火) 00:42:31 0
↑板違いです。

63 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 14:41:11 0
世界史でもっとも有名な名犬はなんですか?
アルプスで40名もの遭難者の命を救った救助犬バリー号かな。


64 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 14:56:50 0
>>63 名犬ラッシー

65 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 15:54:40 O
>>61
日本の闘犬のルールでは鳴き声を立てる負けになるので、
土佐犬にはどんな犬も勝てない。

66 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 18:36:07 0
>>64
それは実在した名犬じゃないでしょ。

67 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 19:45:12 0
>>61
土佐犬の最大は100kgを超えるが、
ピットブルは最大でも30kg程度でしょう。
世界中で現在、体重60kgを超す闘犬は、
土佐犬・シンドマスチフ・ブーリドッグ・オヴァチャルカの
4種だけです。


68 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/04/21(金) 20:20:31 0
>>63
類話が多い伝説(犬祖伝説)の一つですが、盤瓠はどうです。八房のネタ元。

69 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 22:18:27 0
実在した犬じゃないと駄目だって?じゃあラッシーは問題ない。
名俳優ラッシーとしてね。おそらく世界一有名なのも確かだろう。

70 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 22:38:59 0
ラッシー役の犬は何度も変わっているw


71 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 03:10:19 0
つか、犬の寿命より長いからそれは言わずもがな

72 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 12:28:14 0
NHKで午前中に田河水泡ののらくろについて作者本人が話してた。
のらくろが連載中止になった事情について、戦争中に用紙事情がきつくなってきて
掲載誌の少年倶楽部が発行部数が多すぎるから減らすようにせんといかんというので、
その原因である人気漫画を打ち切ってもらうことにしよう、となったのが真相だと
作者本人は語ってました。
よく軍隊をおちょくったので睨まれたとか書いてあったりするけど、間違いらしい。
何でも戦時中は反軍文化は弾圧されたとか言う人がいるけど、作り話も多い。

73 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 12:36:16 0
あと第1回ののらくろの画面が映ってたのみたら、作者名の「田河水泡」に
「たがわみあわ」と読み仮名が振ってあった。ふつう名前を「すいほう」と
読んでるけど、本来はそうじゃなかったみたいだ。
知ってる人も多いと思うが、本名の高見沢という姓から「たかみずあわ」と
いう字を当てたそうだ。

74 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 21:26:03 O
闘犬の土佐犬とそり犬のアラスカン・ハスキーは、
今でも改良の為の交配が行われており、
品種が固定化されていない。

75 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 21:40:38 0
イヌとウマで、世界史に与えた影響はどっちが大きいだろうか?


76 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 21:58:27 0
実用性から言ったら馬でしょ。

77 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 21:59:41 0
犬と猫とでは?

78 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/04/22(土) 22:02:09 0
犬でしょう。汎用性が違いますし、家畜化も犬の方が早い。
どうしても飼わなくてもいけない動物は、馬か犬ぐらいだとは兼好の弁。
物騒な時代に警備要員としての役割を犬に期待してのものでしたが、猫の
場合切羽詰るというほどでは無いでしょう。

79 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 22:05:33 0
「猫の手も借りたい」なんて言うように猫は実用性がないね。

80 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 22:07:53 0
犬は未来じゃターミネーターを見破ってくれるしなw

81 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 22:11:10 0
これを聞いた猫は腹たち紛れにカーテンにおしっこして出て行ったのだった。

82 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 22:34:27 0
今後もますます犬の重要度は増していくだろうな。警察犬や、盲導犬など、これらは
他の動物では代役は難しい。知的レベルが高く、主人に忠実な動物でないと
つとまらないからだ。

83 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 22:53:51 0
犬と日本史といえば生類哀れみの令。まあ生き物を大事にするという発想は多少譲って
いいとしても、人間より犬を大事にするというのはなんぼなんでも正気の沙汰ではない
のだが、よくあんな無茶苦茶がまかり通ったな。いくら将軍や幕府の権威が
絶対とはいえ信じられん。



84 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 23:03:42 0
>>83
イギリスでは普通w

85 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 23:17:46 0
それは綱吉に失礼。

86 :世界@名無史さん:2006/04/23(日) 01:10:38 0
現在、世界には200近い犬種が存在するらしい。
今後も増え続けるのだろうか?
チワワより小さい犬種、セントバーナードより大きい犬種も誕生するのだろうか?


87 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 00:11:21 0
犬は狼を改良したものなの?
秋田犬は日本狼の血が入っているの?

88 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 00:12:29 0
のらくろは何という犬品種のつもりで書かれたのか?
スヌーピーはビーグル犬。

89 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 00:25:36 0
のらくろは雑種だよ。作者の飼い犬がモデル。

90 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 00:27:23 0
>>83
犬といっても、大奥で愛玩された狆はこまやかな愛情があって吠えず、
江戸時代にあってまさに人間並みの扱いだったというな。


91 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 01:02:43 0
>>86
純血種として様々な愛好クラブで血統登録できる種類は数知れず
しかし生物としての分類上は実は「イエイヌ」という一種のバリエーションだったりする

>>87
DNAによる調査だとニホンオオカミと日本原産のイヌには繋がりはないらしい

92 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 02:15:19 0
これほどの違いがあるのにセントバーナードもチワワも同じ犬という、一つの種になるという。
ならば当然交配もできるということになるのだが、仮に受精そのものはうまくいったとしても
はたしてチワワのメスがセントバーナードの子を宿し、無事に産むことができるのであろうか?
仮にやったとしたら、惨い結果になるのでは、などと考えてしまう。

93 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 02:32:18 0
>>87
秋田犬は秋田にいた地犬にグレートデーン、マスチフ、ブルドッグなどの洋犬との交配で作られた犬種です。
甲斐犬、川上犬に日本狼の血が入っているという伝承は聞いたことがあります。

>犬は狼を改良したものなの?
正確にはまだわかっていないと思います。

94 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 02:59:28 0
>>91
DNA考古学シンポジウム
「ニホンオオカミのDNA分析」岐阜大学 石黒 直隆
ttp://homepage.mac.com/azsyano/Personal17.html
>DNA分析は下顎より骨粉を採取後、残存遺伝子を精製し、PCR法にてミトコンドリアDNAの
Dループ領域700bpを増幅した。増幅したミトコンドリアDNAの配列をこれまで報告されている
イヌと大陸系のオオカミの配列と比較したところ、同じ配列を示す個体はみつからなかった。
最も多型を示す領域(232bp)を用いてイヌ、大陸系オオカミ、ニホンオオカミと比較して
系統解析を行ったところ、ニホンオオカミはイヌの大きな集団の中に位置するものも、イヌとは
少し離れた処に位置した。 イヌの中にはニホンオオカミと遺伝的に近い個体も存在した。

ニホンオオカミは大陸オオカミとは離れていて、むしろイヌに近いんだそうな。

95 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 03:13:15 0
>>93
秋田犬は江戸、明治時代に洋犬と混じり絶滅しかけたが
忠犬ハチ公のブームで復元、確立されて独自の犬種として
アメリカ・ケンネルクラブにも登録された。
ついでに言うと逆の例として、イギリスのチャールズ2世の
愛犬として有名なキング・チャールズ・スパニエルは19世紀に
狆など短吻の東洋犬が混じってしまい鼻先が短くなり絶滅しかけたが、
復元されて現代のキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルが生まれたワン。

96 :93:2006/04/25(火) 03:19:37 0
>>95
93の文章なにか間違えあります?

97 :93:2006/04/25(火) 03:30:23 0
>>95
>秋田犬は江戸、明治時代に洋犬と混じり絶滅しかけたが
秋田犬の原種となる大館犬が作られたのが江戸時代だと思いますが・・・
現在の大型犬としての秋田犬になるのは洋犬との交配以降です。

98 :95:2006/04/25(火) 03:47:03 0
>>93
現代の秋田犬は洋犬との交配で作られた犬種だと書いてあると思ったもんで…
違っていたらスマン。謝る。
秋田犬は「大館犬」として呼ばれいてたものが闘犬ブームにより御指摘のとおり
洋犬との交雑が進んだが、近代になり洋犬の影響を取り除くことを第一に作られた
犬種で、それゆえ天然記念物に指定されているが……
とは言っても、御指摘の通り形態はともかく日本犬らしからぬ大型化は洋犬の血が
色濃く残ってるせいなんだろうな……、うーんビミョ

99 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 03:48:53 O
ちなみに分類上イエイヌが一種なのは
形質が人為的に変えられてかつそれが溯れるからと聞いている
オオカミと犬は交配可能で昔は血が濃くなり過ぎて活力を失った血統ラインに、オオカミとのF1を使って活を入れたりしていたらしい

100 :93:2006/04/25(火) 03:59:37 0
いえいえとんでもないです。自分の93での文章は言葉が足りなかった・・・、以後気を付けます。

101 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 04:29:58 0
狐とも交配可能?

102 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 04:33:56 0
高安犬は絶滅?

103 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 11:27:06 0
大東犬は本当に絶滅寸前らしい。


104 :世界@名無史さん:2006/04/25(火) 12:28:50 O
>>101
トゥルムラーによると狐との交配は成功したことは無いそうだ

105 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 00:20:41 0
>>63
パブロフの犬


106 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 11:42:25 O
フランダースの犬はジャイアントシュナウザーか良く似たある犬種(具体的には忘れた)が原作のパトラッシュだそうだ
子供向けのアニメなのでより優しそうに見える架空の犬をデザインしたとのこと
原作に忠実なら感動のラストシーンも違う印象だったかも知れない

107 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 15:37:05 0
パトラッシュはブービエ・デ・フランドルだ。

108 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 15:41:59 O
うん、それだったような気もする

109 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 17:17:07 O
でも遥か昔の先祖は狐なんだろ?
ロシアが狐から犬への進化過程の研究してるじゃん

110 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 21:43:50 0
  。。
 ゚●゜イヌの起源
ttp://www.i-hunted.com/abuotdog/index-dog.html

イヌはキツネよりタヌキの方が近種じゃね?
イヌ科
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8C%E7%A7%91#.E3.82.BF.E3.83.8C.E3.82.AD.E5.B1.9E_Nyctereutes

111 :世界@名無史さん:2006/04/26(水) 22:44:49 0
パトラッシュ、なんだか疲れたよ。
とても眠いんだ・・・・ちょっと眠ってもいいかい

112 :世界@名無史さん:2006/04/27(木) 10:28:26 0
・・・パトラッシュ、ウリはお腹がすいたニダ・・・。
AA省略

113 :世界@名無史さん:2006/04/28(金) 04:16:16 0
犬の原種、野生種というのはあるのか?
豪州のディンゴはアボリジニが太古に持ち込んだ野生化犬だが。

114 :世界@名無史さん:2006/04/28(金) 08:37:47 0
狼じゃねーの

115 :世界@名無史さん:2006/04/28(金) 10:19:41 O
オオカミ説と原犬説があるくらいだからな
原犬はディンゴやコヨーテみたいなもんかな?

116 :世界@名無史さん:2006/04/28(金) 10:28:09 O
ちなみに犬は動物側から人間に近付いた唯一の家畜で
かつ二万年以上前から共生している最古の家畜だったりする
同じく畜肉生産を主な目的ではなく、大変大事にされている馬がせいぜい四千年前に家畜になった事を考えると
やはり犬はとても不思議な動物だ

117 :世界@名無史さん:2006/04/29(土) 15:59:29 0
動物文学の傑作「白い牙」と「野生(荒野)の呼び声」。
犬や狼好きなら読んでみよう。なお白い牙は日本サンライズによりアニメ化もされている。
なお、作者のジャックロンドンは結構人気作家だったが、社会主義者で、後に自殺。
小説には関係ないし、面白さは変わらないけどね。

118 :世界@名無史さん:2006/04/29(土) 16:12:23 0
>>93
絶!天狼抜刀牙!!

119 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 01:34:00 0
柴犬も縄文時代の古墳から骨が出土していたりして現在、残っている純血犬としては歴史のある犬種。

>>115
ディンゴって見た目は雑種犬そのものなんだけどやはり自然繁殖しているという事では
本来の原犬に近いのは雑種犬なんだろうぁ。


120 :119:2006/04/30(日) 01:36:00 0
訂正
>なんだろうぁ
 なんだろうなぁ

121 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 01:36:32 0
まあ犬って言うか、それすなわち狼って話が今は有力なのかな。
ところでバリア犬はどう?

122 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 01:44:23 0
>>117
宮崎駿も社会主義者w


123 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 01:51:27 0
>>117
「白い牙」の主人公は屈強のオオカミ犬だったが、
その強さから見世物の闘犬に使われて最後にブルドックに敗れている。
当時のブルドックは現在よりずっと大きかったらしいが、
オオカミを負かすほど強かったのだろうか。


124 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 02:12:42 0
各国の国犬
ドイツ グレート・デーン
イギリス ブルドック
フランス プードル
スイス セント・バーナード
アイルランド アイリッシュ・ウルフハウンド
アメリカ ボストン・テリア
日本 秋田犬
ロシア ボルゾイ
ハンガリー ビズラ


125 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 02:17:00 0
>>121
ディンゴ(オーストラリア)、パリア犬(インドから地中海沿岸)の野犬あるいは原犬って感じですかね?

126 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 05:51:54 0
>>122
社会主義の話がでたところで思ったんだけど、
狼の群れはトップに立つアルファ(ボス狼)を頂点とする体制だけど、
トップが弱れば下の狼がボスの座につくこともあるよね。
これは人間社会でいうと何主義に近いの?

127 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 16:42:28 0
>>126
全体主義じゃやいか
でも優れたリーダーは弱い個体のフォローを色々やるから
国家社会主義にも似てるかも知れない

128 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 16:57:02 0
>>119
縄文時代は狩猟採集農耕を取り混ぜた生活だったから、犬は多目的に使われた
その後、農耕が主流になるにつれて肥沃で水量に優れた日本では
無畜農業を現代まで続ける事になる
つまり牧羊犬が不要な環境なわけで、犬の役割は一部の猟犬を除き、
番犬に集約されて行った
この辺から、洋犬と日本犬はユーザーニーズや取扱いが、大きく違ってくる
番犬は数が必要なものでは無いから、犬は供給過剰となり結果、
江戸時代までは犬を食べる習慣は珍しくなかったらしい
日本犬が性格がキツイと言われるのも、番犬として繁殖されてきたという
歴史と深い関係にある

129 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 21:28:04 0
http://www.nhk.or.jp/bs/hvsp/
5月11日(木)後9:00〜10:30 放送
こうして人間はペットを作った 

イヌの祖先はオオカミである・・・実はこの仮説がDNA分析によって証明されたのは、つい最近のこと。では、
どうやって人間は獰猛(どうもう)な野生オオカミを飼いならしていったのだろうか? また、ネコや豚、牛はどの
ようにして誕生したのだろうか?
これは、最新の動物考古学研究の成果に基いて、人類による動物の家畜化の壮大な歩みを描く番組。新石器時代の
ヨーロッパでくりひろげられる人間とオオカミとの出会いや古代エジプト社会での神格化されたネコとの暮らしなど、
人と動物のかかわりの歴史を、再現ドラマによって見せていく。また、なぜシマウマは家畜にならなかったのか?や、
象とワニのうちどちらが家畜?などの疑問にも答える、親子一緒に楽しめる知的エンタテインメント番組。  
【出演:語り】林隆三(俳優)  
【解説】増井光子(よこはま動物園ズーラシア園長)
フランスの制作会社、テレイマージュとNHKとの国際共同制作番組

130 :世界@名無史さん:2006/04/30(日) 23:41:03 0
狼は獰猛だ、なんていうと一部のオオカミオタから、文句いわれるぞw
それは人間が作り上げたデッチあげだとな。

131 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 00:07:37 0
犬の研究者の間では、狼はどっちかって言うと臆病な動物ということになっている
特にヨーロッパでは時に家畜を盗む狼を狡猾で、獰猛で非常に危険な動物として
語り継いで来たから、そのあたりが我々が我々が狼に抱くイメージに
強く影響していると言われているね

132 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 00:18:35 0
日本では山の神と扱っていたところもありました。悪鬼のごとくということはなく、
ある程度の敬意と畏怖を持った存在でした。

133 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 00:27:35 0
日本の昔話で、タヌキ、キツネ、クマ、カッパは多く出てくるがオオカミは聞かない。
オオカミってほんとに日本にいたのだろうか?


134 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 00:35:18 0
>>131
知能の発達した動物になるほど臆病(慎重ともいえる)な傾向はあるかも。
たまに野生の狼とピットブルどちらが強いのか?みたいな話題が犬、猫板で話されるんだけど
俺個人が思うにはピットブルは狼にたいして闘志満々で挑みかかろうとするだろうが、狼は極力は戦闘を避けようとすると思う。
基本的に野生では少しの傷が死に直結するので捕食や群れの危機以外は戦闘は避けたいんじゃないかな。

135 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/01(月) 00:52:59 0
>>133
失礼ながら、貴方の調査不足という面もあろうかと。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1125757096/57-58
たまに人里に出て撃ち取られた際、細かい記録がとられていますね。
小さな水かきがあったという事ですが。
昔話では、「真人間と狼」や「ふるやのもり」系に出て来る。

136 :131:2006/05/01(月) 01:09:45 0
>>134
そうなんだよね、闘犬なんかより狼はずっと闘争心自体は少ないと思う
狼は低リスクで狩れる餌を本能と経験で知りっており、それしか襲わないが
闘犬の攻撃性はぐっと過敏に出来ている
トゥルムラーばかり引用してスマンけど「犬の行動学」には次のような
エピソードが書かれていたと思う
狼の群れを徒歩で追って生態を観察しようとした研究者が、
ある晩草原に横になっていると、狼の群れに遠巻きにされていた
研究者はどうしたものか思案した挙句、立ち上がったのだが
それを見た狼達は一目散に逃げ散ったという
狼は寝ている人間を見たことが無かったのだ
それで好奇心で寄ってきたのだが、突然起き上がって人の姿になるという
想定外の事態にビックリしたということらしい

137 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 01:16:25 0
可愛いな、それ

138 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 01:45:26 O
>>123
現在のイングリッシュ・ブルドッグが小型化されたものとは初耳だが。
とにかくイギリスの闘犬禁止例に伴い“改良”される前は、非常に凶悪な性質をしていたらしい。

139 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 01:54:43 0
>>138
以下のサイトにそう書いてあります。
http://www.dogfan.jp/zukan/non_sporting/bulldog/
>もちろん体重が重い方が闘いに有利であり、当時のブルドッグは60kg近くに達していた。


140 :134:2006/05/01(月) 02:16:48 0
>>136
「犬の行動学」は自分も読みました。奇遇ですねw
自分のような一般人にもわかり易い犬の本を書いたローレンツ、トゥルムラーの二人は
人と犬の歴史でも重要な人物だと思います。
トゥルムラーの反骨精神が感じられる文章と訳もよかった
「不潔さは絶対必要である。」
「動物愛護協会の紳士諸君に告ぐ。」みたいなw


141 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 02:35:20 0
英語で犬小屋はケンネル
犬寝る…

142 :136:2006/05/01(月) 02:45:54 0
>>140
あの本は蓄犬、飼育常識に潜む迷信をイロイロと論破してますね
近親交配自体が遺伝疾患を招いているのではないとか
後天的に発生した瑕疵で種犬としての能力を評価するべきではないとか
言われてみれば、「お、そのとおりだ」と思うのだけど
なぜかショードッグの世界とかでは彼らの意見はあまり重視されてないんですね
実はショー中心の繁殖で能力が落ちてしまった血統は多いそうで
エアデールテリアなんかは、その最たるものらしい
獣猟、鳥猟、軍用犬、警察犬、盲導犬まで万能にこなす素晴らしい
作業犬という称号を得ているんだけど、原産地ある英国にはもはや
そういう能力を持ったエアデールがいないとか

143 :134:2006/05/01(月) 03:02:03 0
>>142
狩猟、牧畜自体が機械化によって犬の手を借りる必要が無くなっているからね。
エアデールのような万能職業犬には本来の力を発揮できる場がないんだろうね。
世界史板らしく言うと百戦錬磨の猛将が平和な世になって腕の見せ場がなくなるみたいなさ。
先進国はやっぱり犬の大きな役割はコンパニオンドッグが主流になるのかな。
逆にアフリカの狩猟民族の犬なんかにはまだ現役バリバリな猟犬がいるんだろうね。

144 :世界@名無史さん:2006/05/01(月) 13:36:56 0
BSハイビジョン
5月8日(月) 9:10-11:00 ハイビジョンスペシャル[再]「決定版・いぬ大百科」犬の魅力満載▽世界一の犬▽ハチ公、ラッシーも

145 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 09:04:51 0
太古の昔に人間と犬の祖先は出会ったわけなんだけど、
最初はやはり人間の食べ残し目当てに犬の祖先から近寄ってきたんだろうか?
人間に近寄ってきた者たちが犬となり野生に残った者たちが狼、ジャッカル等になったのか?

146 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 11:14:57 0
>>143
エアデールは英軍の標準的軍用犬だったんだよね
あまり知られていないけど実は日本でも軍用犬として採用されている
旧軍が定めた標準の軍用犬は3種でシェパード、ドーベルマンとこの犬種だった
ところが英国のエアデール(日本も同じだけど)は前述のように
ルックス中心のショー血統に流れてしまったようだ
旧東ドイツには今でもバリバリの訓練血統がいるようで、最近日本も入ってきてて
いて、その中心人物の獣医が「エアデールテリア物語」なんて本を書いたりしている

147 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 11:15:03 0
残ったものと言うか、オオカミの一部がなったという方が正しいような。
あとジャッカルは犬の祖先とは多分関係ないと思う。

148 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 11:22:45 0
西側の犬が見掛け倒しのなまくら犬になってしまった一方で
旧東ドイツに優秀な訓練犬が存在続けたのは、やはり冷戦の存在を抜きに語れないと思う
東側陣営の中で東独はエリート国でそこそこ豊かだったわけだけど
やはり犬を趣味で繁殖、訓練して市場に出すというような商売が成り立った
とは考えにくいわけで、軍、警察といった体制側のニーズで優秀な血統が
残って来たんだろうね

149 :世界@名無史さん:2006/05/02(火) 11:37:05 0
>>145
ヒトの群とイヌの群が行動を共にするようになったいきさつは色々な説がるようだけど
最初は食べ残しを与えた(というか盗み食いした?)あたりから始まって
・狩の時に協働したほうが効率が良い
 犬の感覚器とスピード吠えと人間の道具と器用さのコラボ
・共通の天敵からの防御も強い
 理由は同じ
というようなことで一緒にいるようになったといわれている
そんで、犬がもともとリーダーを中心に群を作る動物で
ヒトの事もリーダーとして認められる珍しい性質を持っていたことで
どんどん関係が親密になっていったんだろうね

150 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 02:48:28 0
朝鮮半島にはトラがいるのに、日本人はオオカミとさえ共存できなかった。


151 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 02:52:58 0
>>150
朝鮮人の方ですか?それとも煽り?

152 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:13:03 0
朝鮮に虎は実際残っているね。白頭山系やDMZを中心に残っているし。
クリル諸島やサハリンでも自然が手づかずで残っているところをみると
動植物にとっては日本帰属にならない方が幸せだと心底思う。
沖縄のやんばるくいなも米軍の演習で次々と死んでいって居るし、
軍隊の存在と美しい自然は両立しないね。

153 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:19:15 0
>>152
>軍隊の存在と美しい自然は両立しないね。

フォークランド諸島のように地雷原がペンギン保護になっている地帯もあるぞ。


154 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:19:17 0
>>150
そういう書き方はどうかと思いますよ。
たしかに日本人は狼とうまく共存出来なくなり今の状態になりました。
だが朝鮮の人たちも環境問題は抱えているでしょう。
150の書き方だとまるで日本人のみが環境破壊してきた様に聞こえます。
もともと日本にいない虎を例えに出すのもおかしいと思います。

155 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:31:40 0
たしかに日本人は狼とうまく共存出来なくなり今の状態になりました。

アイヌ人も絶滅寸前に追い込み、土地を根こそぎ奪ってアイヌの聖地で
ある二風谷も谷底に沈めてしまいました。
誰も来て暮れなどとたのんでいないのいないのに強欲な倭人は
奪い尽くしてしまったのです。

だが朝鮮の人たちも環境問題は抱えているでしょう。

日本人のやってきた事を帳消しにできるはずもないし。

156 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:33:41 0
>>154
昔日本には象が居ましたが、日本列島にやってきた日本人が殺し尽くしました。
日本人の罪は海よりも深く、山よりも高いですよ。

157 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:37:50 0
>>154
>もともと日本にいない虎を例えに出すのもおかしいと思います。

日本に虎がいないのはなぜ?
つい1万年前まで大陸と陸続きだったのに。
日本人の先祖が絶滅させたのだろうか?


158 :154:2006/05/03(水) 03:40:58 0
>>155
あんた達って本当に日本人が嫌いなのは良くわかるんだけどさ
すぐ「日本人のやってきた事を帳消しにできるはずもないし」
って言ってたら議論にならないよ?
ただ単に日本人がなんでも非を認めりゃ納得するんだろ?
朝鮮人が日本人よりかならず正しい事してきた民族だとでも思ってんのか?


159 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:42:40 0
http://www.fukushima-minpo.co.jp/news/kennai/20060228/kennai-20060228100758.html

富岡で大型ネコ科化石/250万年前の地層から/列島に生息裏付け/全国初

前歯の化石は歯根からの長さが44ミリで、歯茎から出た歯の長さは20・5ミリ。
側面にのこぎり状の細かいひだが38個付いていた。二の腕の骨は長さ160・0ミリで、
下部が折れている。かかとの骨は長さ77・4ミリで、摩耗が見られる。推定体長はヒョウ程度。
 現在、生息するネコ科亜目と異なる特徴を備えており、絶滅した種類とみられる。長谷川館長は
この発見だけでは細かな種類を特定するのは難しいとしているが、「当時の日本に大型ネコ科
の動物がいてもおかしくないとされていたが、国内で化石は見つかっていなかった。
この発見が生息の証拠になる」としている。


結論 

日本に大型肉食獣はいたが日本人が虐殺して絶滅させた。




160 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:44:24 0
議論にならないよ?

人間まずは謝罪することから対話がはじまります。
それが現代でも続く民族共存の道でしょう。

161 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:45:57 0
1)堤岩里虐殺事件 1919.4.15 京畿道水原の堤岩里、
    有田俊夫陸軍中尉のいる部隊、運動参加者を教会に閉じこめ放火、虐殺。

2)江西虐殺事件 1919.3.2 平安南道江西、
    日本軍憲兵と憲兵補助員3名が、運動の指導メンバーを刺殺したことに憤激した民衆に殺害され、これを
   日本軍部隊が弾圧、43名射殺、50余名が重軽傷。

3)砂川虐殺事件 1919.3.6 平安南道砂川、
    日本軍憲兵が万歳デモの民衆に対して無差別発砲、73名が虐殺される。憤激した民衆が憲兵駐在所を
   全焼させ、憲兵2名射殺。

4)蜜陽虐殺事件 1919.3月上旬 慶尚南道蜜陽、
    1万3000を超える民衆の万歳デモに対して日本軍が無差別射撃、150名以上を虐殺。

5)孟山虐殺事件 1919.3月上旬 平安南道孟山、
    日本軍憲兵がキリスト教指導者を逮捕、拷問、釈放を求めたキリスト教徒集団を分遣署所内に入れ、
   60余名を銃で虐殺。

6)陝川虐殺事件 1919.3月中旬 慶尚南道陝川
    郡内の各所で行われた万歳デモの群衆に対して、日本の警察が鉄棒や銃剣、拳銃で弾圧、4カ所で
   約50名が虐殺され、数百名が重傷を負った。

7)定州虐殺事件 1919.3月下旬 平安北道定州、
    郡内の5000名以上の民衆が万歳デモ運動を繰り広げると、日本警察は軍隊を動員して群衆を銃撃、
   120名以上を虐殺した。

8)南原虐殺事件 1919.4.3 全羅北道南原、
    郡内19面の面長が一斉に面長職を辞職、数万の民衆を動員して独立運動を起こすと、日本軍憲兵は
   応援隊を呼んで、平和的デモを繰り広げる群衆に向かって発砲、11名殺害、数十名を負傷させた。


162 :154:2006/05/03(水) 03:52:24 0
朝鮮人には本当にビックリするわ!
勝手にコピペでもやっとけよ!!!
犬の話からよくもまぁこんな展開にできるもんだな
俺は一般日本人だけどそんなやり方じゃマトモに話聞く奴は
日本にはいないと思うぞ!
お前も腹立てて主張してんだろうけどコピペも読む気になんねーな!
主張聞いてもらいたいんだろうけど逆効果だぞ
じゃあな

163 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:54:06 0
ここは犬の歴史だ


164 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 03:55:15 0
>>162
>朝鮮人には本当にビックリするわ!

朝鮮人だとなぜわかる。

165 :154:2006/05/03(水) 04:02:45 0
>>164
お前誰だよ?
この板トリップ無いから自分がどのレスしたのかまず言えよ。
それか俺みたいにコテハンで話さんと何がなんだかわかんないぞ?

166 :154:2006/05/03(水) 04:09:53 0
>>164
あんたが朝鮮人と決め付けたのは悪かったな。
俺は一般日本人と明かしたし154とコテハンも付けている。
「なぜわかる」と言うなら答えを言ってくれよ。
あと自分のしたレスも教えてくれよ

167 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 04:26:02 0
おまいら犬の話をしろ、でなきゃ他所でやれ

168 :154:2006/05/03(水) 04:31:55 0
>>167
スレ消費して悪かったな。
やりとりは終わってるよ、多分。返事ないし
164さん、お互い日本、朝鮮の政治的話題や国比べみたいなのはこのスレではやめよう。
でわ

169 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 07:16:20 O
250万年前の地層から見つかった大型の猫科動物の化石。
日本人が滅ぼした。
アホ!250万年前に日本人が存在するか!


此処は犬の歴史について語る場だ。
日常的に犬を食用にしてた鮮人の出る幕じゃない。
反日的な外国人は日本から出て行けばいいだろ。
誰も居てくれと頼んでないし、ウザいしキモいし、マジ出て行け!

170 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 12:46:15 0
日常的に犬を食用にしてた鮮人の出る幕じゃない

日本人も犬を食うし鯨も食う 

反日的な外国人は日本から出て行けばいいだろ。

ほえているだけだな

171 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 13:09:01 0
>反日的な外国人は日本から出て行けばいいだろ。

反米的なアラブ系やアジア系、黒人はアメリカから出て行けと言ってるアメリカ人と同じ次元w


172 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 13:18:35 0
やれやれ。
>>151が「朝鮮人の方ですか?」なんて来るもんだから論点がずれてしまったじゃないか。
やっぱり2ちゃんねるだ。


173 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 14:30:24 0
>>171
朝鮮人と同じ次元じゃなくて良かったよ、ありがとね

174 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 14:31:52 0
犬を食べるとおいしいし、体があったまる。
家で犬をかっていたら是非食べてみてくれ。

175 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 14:41:52 0
>>174
2chは日本人主体のネット掲示板だからそんなこと書いてると
日本にいるお前らの同朋も礼儀のない奴等だと思われるぞ。
お前の馬鹿が回りに迷惑かけることがあるってのも覚えとけよ。
犬を食べる文化を否定してるんじゃなくて、
お前の嫌味たらしいレスについて言っているのであしからず。

176 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 14:49:53 0
>日常的に犬を食用にしてた鮮人の出る幕じゃない。

これは嘘です。韓国でも犬料理は日本のマムシ料理と同じ精力料理の類で一般的なものじゃない。
韓国の若者でも食べたことのない人のほうが多いだろう。
そもそも日本じゃ年間40万匹の犬が引き取り手がいない理由で薬殺処分で殺されてるのに
よその国のことが言えたもんじゃないだろ。


177 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:02:39 0
150 :世界@名無史さん :2006/05/03(水) 02:48:28 0
朝鮮半島にはトラがいるのに、日本人はオオカミとさえ共存できなかった。

最初にこんな書き方しなきゃいいのに。
日本狼が絶滅した事は日本人として反省するべきことだが、
それを他の国を持ち出して批判されたらどこの国の人だって怒るよ。
これ書いた人ってまさか日本人には気を使う必要も無いと思ってる?

178 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:23:05 0
そもそも日本じゃ年間40万匹の犬が引き取り手がいない理由で薬殺処分で殺されてるのに
よその国のことが言えたもんじゃない。

韓国では犬は食用にしているわけで環境に優しい。
食われるだけ犬は幸福。

179 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:24:33 0
それを他の国を持ち出して批判されたらどこの国の人だって怒るよ。
これ書いた人ってまさか日本人には気を使う必要も無いと思ってる?

韓国が客観的にみて日本より優れている以上、
優れているものをたたえるのは当然。

180 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:47:17 O
朝鮮半島に何故中華街が無いか知ってる?
糞チョンの外国人差別は半端じゃないし第一チョン程キモい奴等は居ないので、
さすがのチャンコロも住み着かないんだよ。
笑うしか無いよなWWW

181 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:50:49 0
>>178>>179
あんたが韓国が優れてると思うのは誰も止めないよ、俺はそうわ思わんけど。
俺は韓国に興味ないから詳しくはわかんないけどね、あんたの言ってることが本当か嘘かもさ。

182 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 15:53:40 0
韓国人てみんなこうなの?
>>178>>179が特別に性根が曲がってんだよね?



183 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 16:08:47 O
世界中に進出する中国人やインド人さえも住み着かない、
世界一邪悪でキモい朝鮮半島に住む犬は可哀想だね。

184 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 16:15:31 0
>>1
このスレ立てたスレ主よ、こんだけ荒れてるんだからなんとかするべきなんじゃないのか?

185 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 16:33:57 0
いやそもそも1が。

はさておきだ。
犬科は狼、狸、狐、の類以外で有名どころはリカオン、ジャッカル、ドール、ハイエナ。
あとなにかいたっけ。

186 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 16:47:28 0
>>185
南米のヤブイヌ(ブッシュドッグ)とか密林に適応したイヌ科だろう。

あとハイエナはハイエナ科でイヌ科じゃない。
むしろマングースに違い動物でイヌ科とはまったく別の動物。


187 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 16:57:27 0
ブッシュマンやアボリジニ、イヌイットも犬を飼っている。
古代のアステカ帝国にもチワワがいたし、日本列島も縄文時代から柴犬がいた。
犬の歴史はほんとに単一起源なのだろうか?


188 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 17:39:57 0
そういや柴犬ってどっかの国の大統領がペットとして飼ってたな

189 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 18:10:01 0
>>187
>>33

190 :世界@名無史さん:2006/05/03(水) 23:33:32 0
法的に犯罪者の本名を隠すことが義務つけられるのは
例えば加害者が未成年や精神障害者の場合であるが、
それは責任能力が無いということが理由である。

つまり加害者が、自分の行動に責任が取れない未熟な人格であると
認定されることが前提である。

成人している在日朝鮮人犯罪者の本名を隠蔽して
一部マスゴミが通名のみ報道しているが、
それでは、まるで在日朝鮮人が自分の行動に責任が取れないみたいだ。

本名隠蔽報道というのは、在日朝鮮人を見下しているわけだから、
もし 在日朝鮮人に人間としての誇りがあるならば、
断固として抗議し、本名の報道を強く求めるべきだろう。

191 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 00:24:44 0
         rt((し)ゝ)m
       __ (シイ(((イト、 ⌒)、
     (从Y  ̄    ミ;(  ⌒ヽ
     (y/         (ソ((jし))
     / __,   、__    乂リソそ)
    _i_/_ソ_  Tへ\、__  从(の))
    .T ,.ィrj lー|〃ぃヽ、T \(シ(r)))
   / 'ー ' /   'ー──'   j)ソル);)   礼儀の正しさで韓国人の
   {   fc っ )       Yルしノ )  
   l   / _,_,__  ヽ       tl } ))    右に出る民族はいないわ
   .l Y ィニニ ≧ 〉}     、ノソノ
    !    ̄    ノノ   y'シノ
    Y 'ー─        ハ⌒ヽ
   /  \-----     / |  )⌒)
 / |   ム____/  /  ノ   )\
   ,.イ ̄ ̄        /  ノ  )
 /           /  ノ  イ
『笑えるジョークは何度も言わないほうがいい。』   アインシュタイン                            

192 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 00:41:58 0
竹島の次は対馬ニダ。

193 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 10:13:08 0
>>192
うざい             

>>145
イタリアの野良犬を調査した研究によればある地域の野良犬が、ゴミ捨て場などの重要なエサ場を占領すると、
その地域の狼を寄せ付けないようにするらしい。
原始犬が狼と分かれたごく初期の段階で、縄張りの持ち方、摂食行動にわずかな差が生じ、
これがますます犬と狼の間の障壁を高くしたという見方もある。

194 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 15:23:44 0
イタリアにも野良犬いるのか、
旅行にいったときは街で犬(飼い犬)は1匹しかみなかったしな
綱吉の生類憐れみの令以上の過激な動物愛護国だと思っていたよ

195 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 16:47:57 0
>>194
ヨーロッパでも南部の方は動物愛護ってのは英国ほど浸透してないらしいぞ。
過激な動物愛護国なら逆に街に飼い犬が溢れてそうだけどな。


196 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 17:09:58 0
綱吉以上ってあんたw

197 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 17:17:54 0
>>196
しーーーーーっ!
そっとしといてやろうぜ、人の痛みをわかってやるのが日本男児の粋ってもんだよ。

198 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 18:01:19 0
>195
>過激な動物愛護国なら逆に街に飼い犬が溢れてそうだけどな。

いや犬の場合1日3回の散歩しないと罰則とか
日本の感覚からすると超厳しいから
逆に気軽にはかえないのかなってこと

199 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 21:53:14 0
日本男子の本懐って年間40万匹も犬を薬殺することですかw

200 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 00:26:37 0
200ゲット

201 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 00:59:06 0
東北では食用犬がいたんだよな

202 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:09:15 0
>>201
食物スレかトリビアスレのどっちかだったと思うけど、
日本でも昔は普通に犬食ってたけど、
綱吉の生類憐みの令の影響でその習慣がなくなったという話題が出てたような。
江戸から離れた地域では憐みの令の影響を受けなかったとも考えられるな。

203 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:18:04 0
>>199
今や日本のペット産業は一兆円産業だからな。
ペットショップで売っているのは子犬ばかり。
子犬のうちに売れなかった犬はマクドナルドのハンバーガー並みにポイ捨てだ。


204 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:19:25 0
犬の殺処分数は年々減少していて現在は20万頭前後でさらに減少中だ
因みにこの殺処分数は人口、蓄犬頭数などを勘案した場合、他の先進国に
比較し、特に多い数字では無い
殺処分の方法は炭酸ガス殺であって、薬殺では無い
他人を非難するなら相手の事をそれなりに学んでからにしないと
とんだ恥をかく
ここには、その見本が降臨中だ

205 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:26:22 0
過去に南極物語のヒットでシベリアン・ハスキーがブームになったが、
ブームが過ぎるとハスキーが捨てられる。
「どうする?アイフル!」のCMでチワワがブームになったが、
アイフルの不祥事で今度はチワワ受難の時代が到来だ。


206 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:37:37 0
>>84
以前イギリスで、どこぞの飼い犬がよその子供を噛んで半死半生の目にあわせる事件が起こった。
幸いにもすぐ警官が駆けつけて犬はその場で射殺され、子供は一命をとりとめた。
ところがその後すぐ、その子供と両親のもとに「もうすぐ子供は死ぬだろう。死ねばいい」
とかいった内容の脅迫状が大量に届くようになったという……。

漏れ的には、イギリスおよび欧米の動物愛護論者って
動物のためなら人間はどうなってもいいというような、価値観の歪んだ既知外という印象がある。

207 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:39:07 0
>>204
>犬の殺処分数は年々減少していて現在は20万頭前後でさらに減少中だ

その20万頭は食ったほうがいいんじゃねえか?
犬死は痛ましい。


208 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:47:43 0
>>205
そうやって捨てられたチワワがある日突然家の前に集まってきて
リアルで「どうする?アイフル!」みたいになったらどうしようw

209 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 01:55:20 0
遺伝仕組みかえ技術で子犬の期間が長く、成長が遅く。
大人になるころに死ぬようにする技術が開発されるに
違いない。

210 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 02:13:48 0
一生子犬のままの形態を保つ方が簡単だと思うが

211 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 02:19:24 0
>>206
それを欧米に限った事と考えるのは偏見だな。
感情移入は恐ろしい。
日本だって少子化で、犬を自分の息子代わりにしてる家庭が増えている。


212 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 02:24:32 0
形だけ子犬のまま図体だけは大型化するってのも想像すると何だかキモイなあ。
だいたい可愛いのがよかったら小型犬飼えばいいだけの話でわ。

213 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 03:13:37 0
いや、図体も子犬のままでしょ。
最近は何代も取捨選択して世代重ねて一生子犬の形態になるようにした
ミニペット犬がいるそうな。

214 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 03:15:24 0
>>201
薩摩でもえのころ飯というのがあって、
子犬の腹を割いて、仲に穀類をつめこみ、あとなにか香のにおいがする
食物をいれたそうだが、何だったかおぼえてはいないが、ともかくそれを
ぬいあわせ火にくべて、頃合いをみはからって腹を割くと肉の臭いが
香ばしい飯ができたとか。
時期はいつ頃までのものか知らない。
在日朝鮮人との犬食の論争の時に彼らが日本人も犬を食っていると
反論してきたときの話だから。

215 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 03:35:37 0
>212
子犬好きには小型犬はかわいくないだろ、グロテスクなキモカワみたいのばっかだし
子犬の体に比例して大きな頭と太くて短い四肢に同じほ乳動物として本能的にひかれるんだろう

216 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 04:35:42 0
おフランスの犬料理店うp
ttp://wolf.ok.ac.kr/~annyg/japan/image/pic_5.gif
 ↑
「犬肉を食べるフランス人」
ttp://wolf.ok.ac.kr/~annyg/japan/j6.htm
ベトナムの犬料理「犬がうまい!」
ttp://www.kousakusha.co.jp/KEC/mp014.html
タイのサコンナコン県名物犬料理
ttp://www.manji.com/archives/2004/10/post_56.html

愛玩犬チャウチャウも、もともとは食用犬。
    __,,,,,..--――-、,,--―- ..、_
  //;;ーr       、   ,- ヽフ
  /;;_ t( _;イ     "   l :i、   ヽ
 / 、;;ノ-          ヽ l  、 i、
/_ノ-、_/  、   _,..、,.::   i、イ_ 、__〉
   /       ,,-'、゚ノ::_,,..-'^_`ー、ト゚'i
  /  ::        `"/ _,/::;,::,ヽ、 ヽ_
/   i        / _, ".  : i :: _ヽ: \
    ,| ::      //: ・ :   ,/^T ヽ:: i
    | :::::  ::Y 、..《   _,,../:: ̄ ̄::`i'' |
    ,| ::、 :::〈 .::i|   イ:::::::::::::::::i:::::::: i' 7
     ヽ  ,,::..ヽ \...___,,ノノ-_,,- "
      ヽ..__,,,../--ー"ー-、_,,_ノ  i、
                         |

セカイデハ・ヨク・アルコト(1988〜2001 ブルドック)

217 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 05:07:12 0
たまに必死さの感じられるレスがあるのは何故?
誰も食犬の文化については否定してないのに・・・
あらゆる国、民族で歴史上、飢饉なり戦争なりはあったわけだから多少の食犬の文化は、大小のちがいはあれどあるだろう。
それともどうしても犬料理を一般的な料理として認めてほしい奴がこのスレにいるんだろうか?

218 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 05:30:30 0
朝の5時に嫌韓レスをつけようと必死ながいるのはここですか?

219 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 05:40:49 0
>>218
嫌日レスを必死につける奴もいるしバランスとれてていいじゃんw
あと日本語でちゃんと書いてくれよな「必死ながいる」って何よ?

220 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 05:51:19 0
>>217が嫌韓レスには見えない件について

221 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 05:56:06 0
朝5時から朝鮮人に粘着する人って生きててたのしいの?

222 :粘着日本人:2006/05/05(金) 06:00:03 0
>>221
そんなに楽しくない、君はどうだ?

223 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 06:02:59 0
朝鮮人に粘着する暇人などどうでもいい
せっかくの連休に朝から半島を必死に
考えている人って実は半島が好きで好きで
しょうがないんだと思いはするが。

224 :粘着日本人:2006/05/05(金) 06:08:49 0
>>223
マジレスします。
半島には興味ありません。
粘着ってここ一時間の話じゃん?
俺は韓国が嫌いとかじゃなく>>218みたいな被害妄想のアホが嫌い。
あんたも連休の朝に俺の相手してごくろうさんですな。暇なんじゃん自分も

225 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 07:38:38 0
>>215
子犬好きには小型犬はかわいくない??
なにか勘違いしてやいませんか。

226 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/05(金) 18:07:05 0
>>214
蜀山人の『一話一言補遺』にあるそうですが、どんな文脈で出て来たのかは不明。

227 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 22:55:20 0
>>223
俺は韓国嫌いだけどなにか?

228 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 23:23:09 0
「羊頭狗肉」って言葉があるけど
中国で犬の肉ってのは羊肉より安物の肉扱いなの?

229 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 03:24:58 0
犬や熊の肉は臭くてかたくてまずいと聞いたことがある。
精力料理の類で常食はしていない。
特に牛や豚の肉を常食している先進国の人には食えたもんじゃないとか。


230 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 03:34:07 0
熊はおいしいよ
まずいのはワニとかウサギだな、特にワニは硬くてぱさぱさしてた


犬は食べたことないが、ソウルでは若い層に数年前からポシンタン(犬鍋)が流行っている

231 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 07:15:56 0
熊は手のひらがおいしいとされているんだっけ
ハチミツがついているからというのが理由だそうだが、
あれ本当かどうかあやすいな。
ハチミツが手について手にうまみがつくなら、
ケンタッキーすきな俺の手の肉は鳥の味が
するのか?しねーだろと

232 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 07:34:02 0
>>231
人間は手を洗う習慣があるからな。
熊は蜂蜜を手でしょちゅう触るのなら多少皮膚から吸収してるかもよ?

233 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 09:18:20 0
熊の肉は臭いし固いから、上手に料理しない限り不味い。
なお韓国の若者にとって犬肉はそろそろゲテモノ扱い。

234 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 09:27:54 0
熊掌は乾物にしてから10日くらいかけて戻して食べる。
味というよりは(いかにも中華で珍重されそうな)濃縮されたコラーゲンの歯ごたえ(ぷりぷり感)を楽しむもの。
フカひれと同じ(味を出すための食材ではなく、食感のための食材)で味はスープなどで足すもの。


235 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 12:50:24 0
ほんまかいな。
ウサギもワニも国や地域によってはよく食べられ、かつ美味いとされてるが。
特にウサギはフランス料理でも有名なのにな。

236 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 14:54:11 0
>>232
でもさ、鮭とったりするときに手洗うと同じ効果なくはないか。
ハチミツはたしかに好物だが、そればかりくっているわけでもないし。


237 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 17:38:06 0
>>230
>まずいのはワニとかウサギだな、特にワニは硬くてぱさぱさしてた

「ウサギ美味し彼の山〜♪」って歌があったけど、あれは嘘なのか?


238 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 17:39:22 0
イギリスで唯一うまいと思ったのは
農家のおばちゃんが作ってくれたウサギパイだった。
やや淡白で鶏肉っぽい感じだったが
コンソメスープで煮込んで野菜と一緒に刻まれて入ってた。
煮込むぐらいだから本来はちょっと臭いのかも。

ちなみにそのウサギを取ってきたのは雑種のビーグル犬と10歳ぐらいの女の子。
「このウサギはピーターラビットのモデルなのよ♪」
とか言われて、残された子ウサギのことを思いました。

239 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 17:45:07 0
>>237 わっはっは

240 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 17:54:42 0
>>237
あの「おいし」は“追いし”。
折れも厨房まではそう思ってたけど・・・・。

241 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 19:57:00 0
>>238
親子仲良く胃袋ニダ

242 :世界@名無史さん:2006/05/06(土) 21:01:41 0
>>237
そこまでベタなボケだとかえって面白いな。

243 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 00:32:11 0
渋谷のハチ公は実は駅前の焼き鳥が目当てだったというのはホントでつか?

244 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 04:26:32 0
>>243
その可能性もあるわなw
ハチからすれば群れの仲間は帰ってくるわ、焼き鳥は貰えるわで駅前はヘブンだったんじゃないか?

245 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 12:25:32 0
>>238
あんたが食わされたのは実はウナギパイなんじゃよ

246 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 12:29:34 0
おれは舟木の高校3年生の文句の「クラス仲間はいつまでも」を「暮らす仲間」と
思い込んで、「東京の高校生はませてるな、3年生がもう同棲かよ」と驚いてた。

247 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 12:56:55 0
それはウナギイヌ

248 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 13:12:15 0
♪裏の畑でポチが鳴く      
 正直爺さん掘ったらば
 大判小判がざーくざくざっくざく
っていう花咲爺さんの歌、裏の畑を掘ったらざくざく? ハァ?
誰にも許可を取らないで掘れるのは自分家の畑だろ?
ってことは、裏の畑は自分の畑、つまり先祖が埋めといた大判小判じゃないか!
それを善行のおかげだという話にするのは、自作自演もほどほどにしろ!
(バン! ト、マイクヲ タタキツケル)

249 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 14:09:52 0
>>248
そういえばポチというのは、
外人がよく犬の名前につけたフランス語の petit がなまったものなので、
幕末の開港以前の犬にはまずあり得ない名前らしい。

250 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 21:45:41 0
今NHK見てたんだが、リカオン頭いーのな。人間以外であんなチームプレーできる動物は
おそらくおらんだろう。ちと怖い気がするぐらいだw狼もあんな感じなんだろうか。

251 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 22:22:16 0
じゃあ花さかじいさんのポチってのは明治以降の脚色変え

252 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 22:46:10 0
まとめて失礼する。
ウサギはジビエ料理の得意な大使館勤務経験のあるシェフの
ところで食べたが淡泊すぎてちょっと。
カエルが好きならおいしく感じるかも、おれはカエルもダメ。

熊は割烹などでたまにあるが、味噌つけた石焼とか鍋料理なので
本来は臭みのある肉なんだろうね。

ワニはインドネシア料理で食べたが、見た目、食感とも硬い豚肉という感じ。
現地で新鮮なものを食べればおいしいのかも知れない。

253 :世界@名無史さん:2006/05/07(日) 22:46:16 0
>>249
英語のspotted「ぶち/まだら」が語源と聞いたが。
今は見かけないが、明治期には「カメ」も多かったそうな。
飼い主が犬に「come here!(こっちおいで)」と呼びかけるのを見た日本人が
その犬の名前だと思ったところから広まったそうな。

254 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 00:55:37 0
グク゜ったら出てきた。
道浦俊彦の平成ことば事情◆ことばの話1619「ポチ」
ttp://www.ytv.co.jp/announce/kotoba/back/1601-1700/1616.html

昔(明治19年)の国語の教科書が
「ポチハ  スナホナ イヌナリ。ポチヨ、コイコイ、ダンゴヲヤルゾ。パンモヤルゾ。」
と西洋教科書直訳で書いたのが始まり。

『日本国語大辞典』

(3)犬につける名。特に明治三、四十年代(1897〜1907)に流行した。

明治34(1901)年6月に出た『幼年唱歌(初ノ下)』「はなさかじじい」にポチの名がでる。

……ということらすい。

255 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 01:28:44 0
うーん、みんなのレスを見ると
日本人にとって、犬が単なる番をする家畜(でしかも食べたりする)から
伴侶動物になっていく過程には欧州の文化が強く影響していることは間違いなさそうだな

256 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 01:54:34 0
今でも日本人の半分以上は犬畜生の感覚だろ

257 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 04:08:38 0
本音や心の奥底ではそうかもしれんが、表面上は偽善的なこと語るやつ多いと思う。
しかも状況によって使い分けそうw

258 : 株価【65】 ◆TCygujgOWY :2006/05/08(月) 04:14:29 0 株主優待
ウサギもカエルもまあまあ美味いと思うなぁ。
俺が食ったウサギはスモークにしたやつだったな。
カエルはカエルだとわかってから一切口にしなくなったけどw

ワニはフライみたいなやつで食べた事があるがそんなに美味いとは
思わなかった。

なんというか調理法でまた変わってくると思う。

259 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 04:23:01 0
なんだか食物と酒スレと勘違いしそうな話題が多いなw

260 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 05:04:00 0
>>257
それは犬というより猫か狐狸のたぐいジャマイカ。
犬は「犬馬の労」、「忠狗」、「犬は三日の恩を三年忘れず」と忠義のシンボルでもある。

世人軽以狗置人、遇者逢之生怒嗔
辜負背徳狗所耻、人耶狗耶豈其倫
大意・世の中の人は、よく犬にたとえて相手を罵り、犬に出会うと怒り出すが、
人に背いたり、徳に背いたりすることは犬だって恥とする。悪いのは犬より人間の方だ。
という言葉もある。

261 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 08:23:17 0
>>258
カエルって鶏肉のアジににてないか

262 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/08(月) 08:38:31 0
エセとかつまらないものという意味で「犬」とつけた例は多いですが、幼名
に付けた例も男女を問わず多く(幼名は悪くつけろという意味ではなかった
と思います)、>260の様な肯定的な例も多い。八犬士もある。
平安時代から、犬・猫・馬の法事をした人がいましたが、理由がはっきりして
いるものでは、馬は戦場での長年の友であったとか。
犬も飼い主と一体となって狩りや戦の場で活躍した例が多い。
良くも悪くも引き合いに出されるほど、身近な存在だったという事では。
愛玩もすれば、番や狩りで共に生きもし、食べたり鷹の餌にしたりもした。
狩猟用の犬を可愛がりながら、同じく狩猟用の鷹の餌にする犬を飼ってい
た人もいた訳ですし。別腹でしょう。

263 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 09:56:53 0
台湾の高雄(カオシュン)はもともと打狗(タークオ)といったが、
大谷光瑞が日本語で音のよく似た高雄(たかお)という字を当てた。

確か「たとえ地名でもイヌ(狗)を打つなんてかわいそうだ」とかいう理由だったと思う。

264 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 13:07:41 0
>261
カエルは鶏の味のしない鶏肉だがソースにからまない肉質
西洋料理より天ぷら、炭焼きみたいな和食系の方があうのかも

265 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 13:10:36 0
東京セレブわん子という番組見てたら、犬飼うおばさん達は疑似子育てだな
成長しない従順な子供が欲しいのだろう
番組でもそれとなくほのめかしてたし

266 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/08(月) 20:17:56 0
>>214の例
・薩摩にて狗を食する事
薩摩にては、狗の子をとらへて腹を裂き、臓腑をとり出し、其跡をよくよく
水にて洗ひすまして後、米をかしぎて腹内へ入納、針金にて堅くくくりをし
て其まま竈の焚火に押入焼なり、初は焼け兼ぬるやうなれども、暫く有れば
狗の膏火に和して、よく焚て眞黒になる、其時引き出して針金をとき、腹を
明け見れば、納置きたる米よくむして飯となり、其色黄赤なり、それをそは
切料理にて、汁をかけて食す、味甚美なりとぞ、是を方言にはゑのころ飯と
いふよし、高貴の人食するのみならず、薩摩侯へも進む、但侯の食に充るは、
赤犬斗を用る事といへり。

文化頃の話。江戸での犬食は、これより百年余り前に廃れていました。

267 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 21:56:51 0
メコン圏と日本(地域・人)との繋がりを辿る「南総里見八犬伝」とヤオ族の始祖伝説
ttp://www.mekong.ne.jp/linkage/hakkenden.htm
 この伏姫と八房の異類婚交の話は、実は中国の古代伝説「槃瓠伝説」に由来している。
馬琴が「八犬伝」執筆に直接種本としたのは、「太平記」の巻22にある犬戎国の話だと言われているが、
この伝説は、史書の「後漢書」や六朝志怪の祖とされる「捜神記」、宋の欧陽脩の
「五代史記」などに記されてきた。
 そしてこの「槃瓠伝説」と同じ内容の始祖伝説を持ち、犬を神聖視してきたのが、かつて古代中国の
楚の国あたりに勢威を奮い、現在は広東省、広西壮族自治区、雲南省、湖南省、海南島、ベトナム北部、
ラオス北部、北タイ(主にチェンマイ県、チェンライ県、パヤオ県、ナーン県)に居住している
ヤオ族(自称ミェン)である。このヤオ族の始祖伝説とは、「中国の皇帝パンは、長年にわたってカオ王と
争っていたが、ついに従えることができなかった。ある日、宿敵の首をもたらしたものには姫をつかわす
であろうと布告した。この言葉を、槃瓠という犬が聞いた。槃瓠はカオ王の陣営に赴いて、王を噛み首を
中国の皇帝に持っていった。皇帝は約束にそむくわけにもゆかず、姫を槃瓠に与えた。彼らのあいだに
6人の男子と6人の女子が生まれた。その子孫がヤオ族になった。」というものである。


268 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 07:02:14 0
NHK・BShi ハイビジョン特集
こうして人間はペットを作った 
5月11日(木)後9:00〜10:30

イヌの祖先はオオカミである・・・実はこの仮説がDNA分析によって証明されたのは、つい最近
のこと。では、どうやって人間は獰猛(どうもう)な野生オオカミを飼いならしていったのだろうか?
また、ネコや豚、牛はどのようにして誕生したのだろうか?
これは、最新の動物考古学研究の成果に基いて、人類による動物の家畜化の壮大な歩みを描く番組。
新石器時代のヨーロッパでくりひろげられる人間とオオカミとの出会いや古代エジプト社会での神
格化されたネコとの暮らしなど、人と動物のかかわりの歴史を、再現ドラマによって見せていく。
また、なぜシマウマは家畜にならなかったのか?や、象とワニのうちどちらが家畜?などの疑問に
も答える、親子一緒に楽しめる知的エンタテインメント番組。  
【出演:語り】林隆三(俳優)  
【解説】増井光子(よこはま動物園ズーラシア園長)
フランスの制作会社、テレイマージュとNHKとの国際共同制作番組

269 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 13:13:25 0
狼から犬に移行したのはなぜなんだろうね

270 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 13:33:09 0
それは明日の放送で

271 :世界@名無史さん:2006/05/10(水) 16:13:24 0
赤犬はうまいという話はよく聞く。
あるサイトにも下記のようなカキコを見つけた。

「そんなにうまいもではないが赤犬は夜尿症に効くといわれました。

犬の味の等級があります、北海道では 1白、2赤、
3黒、4斑 です
私の経験では「赤犬」がまあまあでした。
今でも品物があれば食べます。」


272 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 02:23:53 0
これは単なる個人的な思いつきで根拠を調べたことも無いのだけど
赤犬が旨いという伝承は食用犬「チャウチャウ」の毛色と
密接な関係があるのではないかと思っている
犬種や飼養環境が同じであれば、毛色で味覚に大きな差が出るとは考えにくく
むしろ、犬種や血統に類する違いを指していると考えたほうが合点がいく
そして食べるために改良された赤毛のチャウチャウが他の犬より旨いで
あろうことは想像に難くない
チャウチャウの食味がについて大陸から伝えられる過程で毛色の話になった
のではないかと類推するのだが・・・どうなんだろ

273 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 03:48:18 0
フィリピンやベトナムでも犬食文化あるけど、これは中国系が食しているのか?
それともまったく別にキン族やフィリピンの諸民族が島ごとに独自に犬食っているの?
そうだとしたら、食っている犬は何?

274 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 03:51:30 0
気になったので、自分でぐぐってみた。

http://tacchy-al.cocolog-nifty.com/tacchyal/

食中毒や犬食のことのところをみてみれ。

犬にあたるということがあるみたいだ。

ちなみに狂犬病の犬って食っても大丈夫なのかねぇ

275 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 06:08:47 0
火を通せば大丈夫だろう。もっとも食えと言われても餓死寸前でもない限り断るけども。

276 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 12:13:57 0
>274
そのHPに狂犬病の犬は食うとあたると書いてあるが。

277 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 12:39:53 0
いや、当たるのはわかるけど、この「あたるとは単なる食中毒じゃなくて、
狂犬病に感染するという意味なんかな

278 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 13:35:13 O
縄文人の遺跡からは犬食の痕跡が見られないが、
弥生人の遺跡からは出てくる。
先祖が食料の乏しい氷河期を経験した彼等は何でも食うようになったのかな?

279 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 13:36:29 0
弥生人が半島からの渡来人である証拠?

280 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 13:39:33 0
http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2006/05/10/20060510000007.html

愛犬の首輪が隣家に…

 犬を盗んで「補身湯(ポシンタン、犬肉の鍋)」にして食べた40代の男性が、
犬の首輪のために御用となった。

 3日午前7時、キム某さん(57)=女性=は自分が経営するソウル九老区航洞の
某食堂の庭で飼っていた時価30万ウォン(約3万6千円)相当の犬がいなくなって
いるのに気が付いた。犬を探して町中を歩き回ったキムさんは、この日午前11時、
隣のソン某容疑者(44)=古物商=が住んでいるビニールハウスの出入り口前で
見慣れた「ある物」を発見した。それはいなくなった犬の「首輪」だった。

 キムさんはソン容疑者を犬泥棒として警察に通報、ソン容疑者は8日午後6時、
自宅で警察に逮捕された。ソウル九老警察署の関係者は「ソン容疑者は補身湯が
好きで、その犬があまりにもおいしそうだったので盗んで食べてしまったと陳述した」
とし、「犬の首輪のために捕まるとは思っていなかっただろう」と話した。


281 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 19:25:36 0
>277
他人に頼る前に 狂犬病ウィルス 滅菌でググれ。


と言いつつ
ttp://www.city.kochi.kochi.jp/hokenjo/kansensyou/toriinfru_manual_bessi03.pdf
ttp://kanpoken.pref.yamaguchi.lg.jp/jyoho/page5/syoudoku_5.html

どうやら狂犬病ウィルスはエンベロープとか言うものを持っているタイプなので
加熱やアルコール消毒で容易に無力化できるようだ。
”56℃・30 分でウイルスのカプシド(殻蛋白)が変性して不活性化される”

56℃・30 分よりも1ランク効果の高い条件は70度・5分、
どんなウィルスにも効力をもたすなら98度20分。

とあるので、グツグツと鍋で20分以上煮込めば大丈夫っぽい。
心配せずに犬鍋を賞味してくれ。


282 :世界@名無史さん:2006/05/11(木) 22:58:46 0
朝鮮人は出て行けよ。

283 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 03:33:06 0
日本は江戸時代初期まで犬追物でワンちゃん殺しまくっていたような
ちなみに犬追物は、柵の中にワンちゃんをいれて、馬上から弓で射るもの
文弱で知られる朝倉義景も犬追物でワンちゃんを殺しまくった

284 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 03:56:41 0
>>283
俺は近代史ヲタの犬飼なんだが
たのむから歴史板でまでワンちゃんとか言うの是非やめて欲しい
犬猫板の擬人化、愛誤馬鹿飼主のキモさには辟易してるんだよ
ここは半島と嫌半島がウザいかわりに大人モードで犬の話が出来る貴重な場所なんよ

285 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 04:20:33 0
>>267
楚の王と争っていた皇帝パンって、漢の始祖の劉邦のことか?
カオ王は項羽だな。

286 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 09:04:45 0
イスラム圏では一般的に犬は汚れた動物と見なされて嫌われているが、
なぜかアラブの王侯の間では狩猟用の犬が珍重されていると聞いたことがある。

アラブ人にとってそこらの犬と特別に育てられた猟犬とは別物なんだろうな。

287 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 11:34:37 0
>>284
同意
嫌韓、嫌日の議論(口喧嘩のレベルにしか見えんが)も悪いとは思わんがここでする必要ないのでは?
犬の話題でそういう流れになるのはスレに沿っていていいが、
感情的なやり取りになると犬の歴史からどんどん離れてるよ。

>>286
サルーキという犬種はアラブ圏でも神聖として家屋にもあげるらしい。
ttp://www.jkc.or.jp/world_dog/group10/7.html

288 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 16:21:58 0
>>283
犬追物は明治時代まで行われていました。
天覧の犬追物が何度も行われている。
http://www.ogasawara-ryu.gr.jp/lessons/kisha/inuoimono/inuoimono.html
http://www.tabiken.com/history/doc/B/B116C100.HTM

その後、動物愛護団体の反対で廃止に追い込まれている。


289 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 17:48:40 0
>>285
一瞬なるほど!と思ってしまったが、「項」の音は「カオ」じゃなくxiangだから、
不成立。

290 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:02:58 0
昔、じこった犬に食い殺されかけた俺がきましたよ。

291 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/13(土) 18:18:20 0
>283
>288
(288の下の方にも書かれていますが)
厳密に言えば、おおかたは応仁・文明の乱で絶えたものが、朝倉家でかろうじ
て存続して、同じく旧家の島津家で元和8年に再興されたものです。
犬追物の再興と同時にその書まで成立させた島津家は武芸の復興に熱心であり、
やはり騎射の訓練であったが応仁以降絶えていた流鏑馬も復興しています。

犬追物の起源については、『吾妻鏡』に実朝の時代に行われた事が見えており、
それ以前から存在した様ですが、はっきりしません。
俗説として、神功皇后説、対玉藻前説など。
平安中期に牛追物が行われた例を13世紀中葉に成立した『古今著聞集』が記
していますが、これが犬追物に先行するという説もあります。

断絶前の犬追物が耀きを放ったのは、長禄3年(1459)4月19日。
細川勝元が450頭を集めさせて行ったもので、一大イベントでした。
戦国期には、元々騎射の訓練用であって実際の戦闘法からは離れつつあった
こうした見物は行われなくなっています。
朝倉や島津の行動は、旧家の自己同一性の為に出たものでしょう。

なお、犬狩の発祥は平安時代の内裏の縁の下などから犬を追い出して外に放
つという行事に見られる様ですが、この頃には被差別民の管轄でした。
かみつかれたり逃げられたりで、素人では困難が多かった。
『洛中洛外図屏風』の中に、犬を招き寄せている男が後手に棍棒をかまえてい
ると思われる場面が描かれています。

292 :世界@名無史さん:2006/05/13(土) 18:22:49 0
>>283
正式な犬追物では、犬は死なない。
使う矢の矢じりが普通の矢と違い、大きく丸くなっていて突き刺さらないようになっている。
>>288 の画像でも容易に確認できる。

293 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/13(土) 18:33:48 0
>使う矢の矢じりが
蟇目と言い、拷問や捕獲用に用いられたものです。
(一旦集められたものが、無事に放たれたとも思えませんが)
なお、正式な犬追物では150頭が必要とされました。
戦乱の時代に廃れたのも当然か。こうした事に費用を費やした義景もやはり
実際的な武芸よりは儀礼に専念していた様です。

294 :世界@名無史さん:2006/05/17(水) 16:54:00 0
>>269
狼から2つ本能を取り除けば、犬になるよ。
一つは、下克上をする本能。実力の劣ってきた群れの上位個体に対してケンカを挑んで
群内の序列の交代をすること。
これは、野生で有能なボス個体を戴く群が生存に有利となるが、家畜化した犬では、
主人(飼い主)に反抗する性質となる。
序列に従う狼の本能を残し、且つ、一度ついた序列をひっくり返そうとする本能を
奪うことで、従順で飼い易くする。

もう一つは、郡内の仲間に、指示を発する本能。これは、集団で狩猟をするときには
必須のものなんだが、残してあると犬どうしで群れて人間から扱いにくくなる。
犬(狼)の指示を無視し人間の指示に従うという改良は無理だったので、犬が群内の
他個体に指示を発しないという改良で代用した。
人間の指示に従い応答はするが、犬からは応答以外の群内情報の伝達は無い。
広州なんかで、街の市場で犬を肉に捌いたりしているときに、目の前で別の犬が
屠殺されていても他個体は平気でいるだろ。これは、殺される犬が危険な状況を
仲間に報せる指示的な情報が発せられないため。

295 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 03:53:37 0
ユダヤ人が次々にドイツ人に屠殺されたのも本能の欠如かもしれないね。

296 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 11:26:12 0
>>294
なるほどね、
そうなるとアルファ気質の犬ってのは個体差や飼主の扱いのせいで
一つ目の本能が抑制されない状態なんだろうね


297 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 11:33:13 0
犬は飼っていれば分かるが、表現力があって人間に意思伝達可能だよ。
まあ人間の意志を読み取る量の方が格段に多いのだろうが。

これは推論になるが、他の犬は他の群れにいる犬と認識しているのだろう。
自分は人間側の群れの者だと考えて。

298 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 13:12:39 0
人間に近づいてきた頃はまだ狼と同一視されて追いやられたろうけど
なんかのきっかけでグッと近づいたんだろうな

299 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 14:01:25 0
犬に意志なんてものはないだろ
その時の気分みたいなものがあるだけで

300 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 16:08:52 0
>>297
人間側の犬だと自分で安心していたら、いきなり殺されて食われる犬ってかわいそう。
特に半島の犬。

301 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 16:21:08 0
またこういう流れか

302 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 16:37:42 0
よほど在日に都合悪いようだな。
そんなに都合わるければ半島にかえれば?

303 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 16:52:22 0
どうせもいいことだが北欧の王家にも飼い犬食べちゃう人いるみたいだね
彼の場合幼少の頃過ごしたベトナムで味を覚えたみたいだが

http://www.telegraph.co.uk/news/main.jhtml?xml=/news/2006/05/03/wdog03.xml&sSheet=/news/2006/05/03/ixworld.html

304 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 16:56:17 0
ネット嫌韓厨おかげで和気藹々のスレが粉微塵

305 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 17:28:44 0
ま、居ぬものと思え

306 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 17:31:29 0
>>303
既出の話題を蒸し返してわだいそらしの朝鮮人乙
祖国にかえりたまえ

307 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 17:59:11 0
ウンコ食ってろチョンコロwwwwwwwwww

308 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 18:09:00 0
以後犬を食う話は自粛ってことで桶?

309 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 18:18:52 0
犬に食われる話なら桶

310 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 20:49:06 0
食犬については歴史を語る上では場合により避けて通れないと思う
おいらとしてはタブー化は賛成しかねるな
半島に煽られたり煽ったりせず、スルーが吉じゃないかな


311 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 20:58:45 0
犬はとってもおいしくて・・・・^^;

312 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 22:17:15 0
犬の来歴って面白いよね。
ペキニーズが作られ、西洋人に発見される過程とか面白い。

313 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 22:17:54 0
そりゃ、不味い物を食い続ける筈ないしな。
煮ても焼いても食えないものはあるらしいし。

314 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 00:22:26 0
残飯を漁ってるのを見て「もしかして飼えるんじゃねえか」と思ったのだろう。
で、捕まえて手懐けてみると、番犬として使えることが判明した。
家畜を襲いに来る動物は多いので、とても便利な存在になった。

殺して肉を食うことも出来る事が判明する。しかし肉は臭くて不味い事も分かり
どうせ食うなら羊の方がいいやとなる。(羊頭狗肉の言葉も生まれる)

315 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 01:52:02 0
>>314
番犬より猟犬としての役割の方が古いだろう
人間が狩猟採集→農耕牧畜って流れだから
対人番犬は食料備蓄が定常化した農耕以降、家畜を守る牧羊犬は畜産農業以降
もっとも猟犬主流時代にも害獣の接近を知らせたりはしたと思うけどね

316 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 02:48:43 0
別に犬なんて食ってみようと思わんけど
うまけりゃ犬でも何でもいいと思うんだよな。
掃いてい捨てるほどいるような動物だし
ガラパゴスやオーストラリアでは人間の持ち込んだ犬が、絶滅危惧種食いまくっているんだろ

317 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 02:59:16 0
残飯をわざと残して古代朝鮮人が犬っていたんだろーな
ずるがしこい朝鮮人が残飯あさりにくる子犬を殺して
かっくらっていたわけだ

318 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 07:29:42 0
もっとも古いままで残ってる犬種って何なんですか?

319 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 09:45:51 0
バリア犬、ディンゴ。もっともそもそも狼が祖先という点を取るなら、狼はほぼ初期の
犬と同様であろうし、狼に似た形態と特性の犬は古いままで残ったと言う言い方もできる。
飼い犬でなければと言うなら、狼に似たシェパードとかシベリアンハスキーとか樺太犬とかね。
ああ、あと日本犬は全般的に古い形質を残してると言われる。

320 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 21:48:37 0
>>319
>飼い犬でなければと言うなら、狼に似たシェパードとかシベリアンハスキーとか樺太犬とかね。

2年前に米国の研究チームが犬とオオカミのDNAを比較したところ、
オオカミと外見が似ているシェパードはかなり遠縁で、むしろ柴犬や、
チャウチャウ、秋田犬の方がオオカミに近いことが判明しています。
http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/3/animsci/040521_dog_DNA.html


321 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 22:18:23 O
シェパードはオオカミから人間に不都合な遺伝因子を除き、有用な因子を強化したオオカミ犬だと個人的には思ってる
分化が早い時期だから血統的に遠いが
ルックスが似てるのはこの辺に秘密があるのでは?

322 :世界@名無史さん:2006/05/19(金) 23:01:29 0
>>318
アフリカにも古い形質を残した犬がいるよ。
バセンジー、サルーキ、スルーギなどハウンド系の犬が多い。

323 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:08:43 0
手塚治虫の漫画ブラックジャックに、
オーストラリア大陸の野生犬ディンゴは
白人が持ち込んだみたいに書いてあるが、これは嘘だ。
アボリジニが持ち込んだらしく、白人が来航したときはすでにいたらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B4

手塚治虫もどこでこんな嘘を教わったのだろうか?


324 :世界@名無史さん:2006/05/21(日) 23:58:30 0
>>323
それも嘘みたいだな

http://contest.thinkquest.jp/tqj2000/30068/animal/dingo.html

ディンゴの出所は?☆

 ディンゴは実は元々オーストラリアで生まれ育った犬ではないのです。
 最近まで、ディンゴは何万年も前にアボリジニがオーストラリアに持ちこんだと信じられていましたが、
科学的研究によると、4000年ほど前に東南アジアの海上交易人か漁師によって連れてこられた可能
性が高いと言われています。犬の中で最も古い種類のうちの1つでインド狼から進化したものと考えられています。



325 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 00:26:23 0
ある研究によれば可能性が高いといわれてるだけでアボリジニ説が嘘というわけでも無かろう

326 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 00:28:03 0
でもwikiも何所の馬の骨でも編集できるサイトだしな。
野生動物板にいって最近の研究のトレンドをだれがきいてきてくれ。

327 :世界@名無史さん:2006/05/22(月) 01:47:30 0
アボリジニは寒い日などはディンゴを毛布代わりに抱いて眠ることもあるらしい。
おそらくは数万年前、ごく初期の犬と人間も同様の事が行われていたのだろう。

328 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 00:27:53 0
>>323
確信犯だろう。文明批判的なオチになっているから、
土人ではなく文明人の白人が持ち込んだとしたほうが
ストーリーが書きやすかったからだろう。


329 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 00:32:17 0
手塚ならそういう意図があったとしてもおかしかないが、本当に知らなかった、そう思ってた
と思うがなあ。おれも昔ディンゴはもともとオーストラリアにいなかったのを
後でやってきた人間が持ち込んでそれがやせいかしたとよく

330 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 00:33:23 0
×>後でやってきた人間が持ち込んでそれがやせいかしたとよく

○後でやってきた人間が持ち込んでそれが野生化したとよく聞いたし。

331 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 01:20:07 0
328のいうとおり説話っぽいラストにするため脚色したんだろう
あの人は自分が目立つためなら何でもやる人だから

332 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 01:26:55 0
>>331は水木しげる

333 :世界@名無史さん:2006/05/23(火) 06:56:10 0
「確信犯だろう」という言葉を無視すると一連のレスは意味が通じるのだが。

334 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 21:42:24 0
犬を飼う習慣のない民族っているんですか?
アイヌ人はアイヌ犬を飼う、エスキモー人はエスキモー犬を飼う。
犬を飼わない民族などいないように思う。


335 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 21:48:00 0
なんだノムヒョンのスレじゃなかったのか。

336 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 23:26:21 0
>>334
犬がいない島があれば飼いたくても飼えないんじゃないか
だれか犬のいない島があるか知ってる?

337 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 23:41:03 0
犬のいない島などいくらでもあるだろ。沖ノ鳥島とかw

338 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 23:44:57 0
つーかさ、それなり人が沢山住んでるとこな
ガラパゴスとかどうなの?

339 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 23:47:17 0
マルタ島のような小さな島からもマルチーズのような犬種を出している。
一説にはマルチーズの歴史は3000年とか。

340 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 23:54:18 0
>>338
ガラパゴスはスペイン人が発見するまで無人島だった。


341 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 00:17:35 0
>>340
わぁ、知らなかった恥ずかしいね
じゃあビスマルク諸島やギルバート諸島あたりはどうだろう

342 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 13:30:17 0
>>336
犬を飼ってはいけない島ってのはきいたことがある。

343 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 13:49:09 0
エスキモーの中でもポーラーイヌイト(グリーンランド北西部)はかつていた犬の飼育が廃れてしまった例。
他にはアンダマン諸島、タスマニア島なども犬を知らなかった。

ポリネシアもハワイやイースター島などへ移住する際はイヌを連れてかなかったらしいが。


344 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 15:09:36 0
>>342

ネコは聞いたことあるなぁ。伊豆七島のどこかでなかったっけ。
ネコ媒介の病気が被害を及ぼしたんでネコを排除したっての。


あれ?犬だっけ??

345 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 17:05:10 0
犬なんていらね。うざい

346 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 21:54:28 0
上のほうに犬のいない島候補があるぞ移住しろw
しかし345のようなヤシにも間接的に貢献している犬はエライね

347 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 23:15:08 0
そうでは無い。
犬飼ってる奴らの殆どが、自分が動物を理解してると思い込みたいだけで、
ろくな世話なんぞしてねーって話。

348 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 23:21:01 0
確かに服着せてみたり、心があるといってみたり勝手に擬人化してるだけのが多いな
欧州の過激な動物愛護法それ自体が動物愛護に対するアンチテーゼ化してるのか

349 :世界@名無史さん:2006/05/25(木) 23:43:23 0
そーだなぁ、近頃そこらにいる犬は過保護な駄犬
能書きばかり立派なショー血統のバカ犬ばっかりだ
犬がバカなんじゃなくて飼主がバカなんだけどな


350 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 00:17:52 0
>>334
ムスリムの大半は犬を飼わない。
インドネシアのうちジャワやスマトラでは食用目的でかっているそうだが。

351 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 00:43:43 0
>>14にあるが、意外にも南極大陸は現在犬の持ち込み禁止。

352 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 00:54:42 0
回教徒は遊牧にも犬を使わないの?
結構しんどいと思うんだが

353 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 01:30:47 0
パキスタンでは闘犬が盛んらしいが。


354 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 01:37:39 0
トルコ人もけっこう犬好きな印象がある。


355 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 02:52:26 0
戒律の緩いところでは普通に飼ってるよ。

356 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 02:53:47 0
>>350
ムスリムにとって犬を口に入れることは豚と同様ありえない。

357 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 03:45:49 0
ムスリムは食ってないようだな。 食っているのはムスリムのジャワ人でなく、マナド人他が食べているようだ
>>356 マナド料理
http://www.jakartashimbun.com/pages/makanan04.html

イスラム教では犬は悪魔の手先とされている。特に犬のなき声が嫌われているので番犬は
少ない。その代りジャカルタではちょっとした邸宅はガードマンを雇い深夜の警備を行ってい
る。仮に番犬が導入されると多くの失業者が発生する。犬は悪いということにしておいた方が
雇用問題からも無難なようだ。

 犬猿の仲ではないだろうが、インドネシアでは猿に人気のある分だけ犬は分が悪い。ジャカ
ルタの高級住宅街でも人と犬が散歩を楽しむという風景は一般的でない。

アチェ戦争(→281)の直接のきっかけは無知なオランダ人がモスクに犬を連れて入ったことと
伝えられている。

 ところがイスラム教徒でないマナド人(→620)、バタック人(→607)、トラジャ人(→618)は犬を食
用(注)にする。イスラム教徒からは信じられない行為である。「犬を食べる奴」というのがマナ
ド人やバタック人に対する最大の蔑称である。食生活をも規範する宗教は豚や犬といえど民
族対立問題にもなりうる。
中略

アンジン(Anjing=犬)はインドネシアの罵声である。「ばか野郎」と怒鳴る感じで使用される。
植民地時代にマナド人は“オランダの犬”と陰口をいわれた。 1998年5月のスハルト退陣の契
機となった連日のデモのプラカードに「スハルトは犬だ」というのがあった。豚よりましであろう
が、為政者に対する最大限の軽蔑であろう。








358 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 03:46:43 0
>>357の後半のURLを張り忘れ

http://www.jttk.zaq.ne.jp/bachw308/page012.html

359 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 14:07:34 0
>イスラム教では犬は悪魔の手先とされている

これってムハンマドが猫好きってのと関係あるのかな?

360 :世界@名無史さん:2006/05/26(金) 16:54:14 0
ムスリムは毎日のサラートでラジオ体操を済ますからね。
必然的に世話のかかる犬コロの散歩まで日課義務にしてちゃ礼拝がおろそかになる。

361 :世界@名無史さん:2006/05/27(土) 16:32:28 0
ゾロアスター教では犬は聖獣
セム系一神教は概して動物に冷淡だよ。

イスラム圏でもトルコのように世俗的な国では普通に犬がいたりする。
ttp://www.inetmie.or.jp/~kawagita/picture2/p2index.html

362 :世界@名無史さん:2006/05/30(火) 17:46:20 0
http://www.new-akiba.com/archives/2006/05/post_1501.html
韓国の既習

まあこれがなんなのか全然わからないわけだが。

363 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 02:16:28 0
残念だが、歴史的にも犬は不名誉な動物らしい。
かつて列強の租界があった上海の公園には
「犬と中国人は入るべからず」なんて看板があった。
いいイメージでは使われていない。


364 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/05/31(水) 02:31:57 0
イメージとかいう以前に、うろついて入って来るのが犬ぐらいだったのでは。
猫もいたでしょうが、何でも食らって生きる順応性は、都市部だと犬の方が
あると思います(ゴミ箱から死体まで)。
実際に入ってくれば、危険性は猫の比ではありませんし。

365 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 02:47:54 0
世界史なんでも質問スレッド10
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/whis/1067392193/
397 名前:世界@名無史さん 本日のレス 投稿日:03/12/11 11:10
上海の租界に「犬と中国人は入るべからず」という看板があったという話について調べていて、グーグルのキャッシュに
こういうログがあったのを見つけました。こういう論争は本当にあったのですが?この件について紹介している文献なり
サイトなりがあれば教えていただきたいのですが。
検索結果

403 名前:Krt 本日のレス 投稿日:03/12/11 21:46
>>397 <<この問題について以前書いたものを再掲しておく>>

黄浦公園(Public Garden)における「犬と支那人は入るべからず」なる表札の有無の問題だが、
確かに、こういう表札があった、と言うこと自体は、いわゆる都市伝説の類だったらしい。
だがこの話は以下の点で単なるネタとして片づけるわけにはいかない要素がある。即ち、
(1)この伝説は決して日本だけに存在したものではなく世界的普遍性のあるものだったこと
(2)さらに現実においても、これに準ずる規則が存在したことは事実だったこと
(3)ただその規則による公園への入園制限は、より広範囲の存在に対し適用されたのであり
 「犬と支那人」だけが閉め出されたのではなかった、といった点においてである。

この事情について Leo Ou-fan Lee は SHANGHAI MODERN: The Flowering of a New Urban
Culture in China, 1930-1945: Harvard UP: 1999 において以下のように述べている。

A humiliating reminder of the Western imperialist presence was, of course, the
notorious sign of exclusion that reportedly hung at the gate of the Public Garden
in the International Settlement: "No Chinese or Dogs Allowed."

366 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 02:48:26 0
404 名前:Krt 本日のレス 投稿日:03/12/11 21:46
The real sign, though no less humiliating to the Chinese, did not exactly read
this way. It was a bulletin listing five regulations first decreed in 1916.
The first regulation reserved parks for the use of foreign residents.
The second stipulated that "dogs and bicycles are not admitted," and was followed
by the third: "Chinese are not admitted" except "in the case of native servants
accompanying their white employers." The fourth and fifth regulations excluded
Indians (except for those in dignified attire) and Japanese (except for those
wearing Western clothing).(p.29)

つまりこの規則は原則として人間は白人オンリー、自転車や犬もだめ、ということであり
日本人すら洋服を着ていなければ入ることは出来なかったし、逆に中国人であっても、
召使いとして主人と一緒になら入れた。確かに人種差別的ではあり特に中国人には屈辱的
だったろうが、それでも元ネタの「犬と支那人は入るべからず」とはニュアンスが異なる
ことは認めなくてはならない。即ち「犬」は「自転車」と対で入園禁止なのであり、
別に中国人を犬並みの存在と見なし、かつ扱った訳ではなかったのである。
なお、この規則は1927に蒋介石派が上海の実権を掌握したとき廃棄されたという。

367 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 03:01:33 0
「豚とフルシチョフ(右側)」みたいなもんだからな


368 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 04:07:23 0
映画「ドラゴン怒りの鉄拳」に出てくる「狗與華人 不得内進」の看板のせいで
世界中に広まったな、この都市伝説w

369 :世界@名無史さん:2006/06/14(水) 20:38:13 0
エジプトに暮らす あらゆる動物は聖獣として大切にされている。すべての種類の動物には
それに仕える 人間がつく。彼らは動物の飼育を任務とし、この仕事は名誉職で、父から息子へと
受け継がれる。もし誰かが わざと聖獣を殺したとすると その者は死をもって罰せられる。
飼い主は犬が自然死をとげると 頭を含めて身体全体の毛剃る。そして聖棺に入れて埋葬される
ヘロドトス

370 :世界@名無史さん:2006/06/14(水) 21:17:22 0

       /  ̄ ̄ ̄ ̄ \               / \
      /          \            /    /
     /λ            \        /    /
   / / \            ヽ      /    /
  / /     \            |   /    /         /\
  / /        `ー 、       |   \    \        /    \
  | .|           ー―-、   |    \    \      /       \
  |  |               |   |      \   \ /    /\   \
  |  |        l        \ |        \        /   \    \
 ,^ヽ.|  ,;;_llliiillli_iJ   ,;;iiillIIii_   |/=          \     /       \   ,`
 |i^.| |  ,彳てフ’   气.てフ'   | i | \       /      \       \/
 ヽ | |  ヽ  ̄'/   【   ̄ ,   |_//  \   /    /\   \
  | ||     ̄    ┃  ̄     |_l\   \/    /    \   \
  `-|      /  ┃       |   \       /       \   \
    |      | _,__i )     .|     \   /        /   /
     l      i| ||;|||||||i     |.      \/        /   /
    ヽ、   |||||:|||||||||ll  (  /                /   /
     |\   ̄ ̄二 ̄ ̄ |//^\             /   /
_ ,――|  \       / /   \          \  /
 /    |\  ー――一  /    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  ` '
/     |  \ _/    /    /           \
     |  /  入   /    /              \

    愛犬家に悪い人はいないよ。


371 :世界@名無史さん:2006/06/21(水) 23:24:56 0
>>361
現在のバグダッドでも夜はあちこちで飼い犬の遠吠えが響くそうな。


372 :世界@名無史さん:2006/07/01(土) 07:44:08 0
現在なら米軍の軍用犬だったりしてな。そういや自衛隊にも軍用犬っているの?

373 :世界@名無史さん:2006/07/02(日) 12:11:03 0
被災地救助のときに災害救助犬は見かけるけどね。

374 :世界@名無史さん:2006/07/02(日) 21:49:25 0
昨今、動物虐待と凶悪犯罪の因果関係が専門家などによって指摘されています。
東京・埼玉「連続幼女誘拐殺人事件」の宮崎勤、神戸「連続幼児殺傷事件」の14歳の少年、
佐賀「バスジャック事件」の17歳の少年、大阪「校内児童殺傷事件」の宅間守など、
凶悪犯罪の犯人が過去に動物虐待を行っていることが次つぎと明らかにされました。
「命の教育」をめぐる論議が活発になっていますが、動物愛護を普及することは、
「命はかけがえのないもの」という生命倫理観を普遍のものとすることにもつながります。
具体的には「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)の見直しは緊急課題です。
マハトマ・ガンジーいわく「国家が偉大であり、道徳的に進歩しているかどうかは、
動物の取り扱い方によって判断される」。
ttp://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/nporiji.htm

375 :世界@名無史さん:2006/07/03(月) 19:37:18 0
>>372
海自が警備犬、空自が歩哨犬という名称で基地の警備や災害救助に使ってる。
何故か陸自にはいない。

376 :世界@名無史さん:2006/07/04(火) 01:19:48 0
へえ。普通まず陸自だと想うんだがな。海自で警備犬がいるなら陸自の方がなあ。
たとえばイラクとかでも、警備犬とか役に立ちそうだが。

377 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 18:15:57 0
陸自と犬といやどっかの基地に野良犬が住み着いて
自主的に警備している(部外者に吠える)話は真実なのか?

378 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 19:14:04 0
>>377
香川の善通寺駐屯地の話らしい。本当かどうかはわからん。
以下軍板からコピペ

234 :名無し三等兵 :05/02/08 23:30:09 ID:???
陸上自衛隊第2混成団の名犬「x石」の話はアリか?

235 :名無し三等兵 :05/02/08 23:32:26 ID:lh7nszEV
>>234
なんですヵ?それ?
興味あるので教えて下さいw

236 :名無し三等兵 :05/02/09 00:41:15 ID:???
>>235
他スレに何度か書かれたネタなので、総合すると・・・。

駐屯地から離れた弾薬庫に、ある時、一匹の野良犬が迷い込んだ。
弾薬庫警備の隊員が残飯などやっているうちに、いつの間にか住み着き、
交替の隊員とメシを載せたトラックがやってくると、
しばらくして残飯をもらえることも覚え、
トラックが来ると、尻尾を振って喜ぶようになった。

379 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 19:14:31 0
そのうち、迷彩戦闘服を着た隊員にはじゃれつくが、
私服の人間が弾薬庫に近づくと激しく吠える「私設警備犬」になり、
隊員に重宝されて、ますます可愛がってもらえるようになった。
「x石」と命名されたのもこの頃で、当時の警務隊幹部の名前から取ったもの。

さて、この「x石」号、やがて「昇任」し、
弾薬庫のある山を降りて駐屯地で「勤務」することになり、
駐屯地には雨風がしのげる犬舎と、手厚く面倒を見てくれる隊員が待っていた。
生年は不明ながら「x石」号、老犬になっても、
一宿一飯の恩義もここに、永く「陸上自衛犬」であったという。


380 :世界@名無史さん:2006/07/06(木) 01:53:57 0
ちょっといい話だね。

381 :世界@名無史さん:2006/07/08(土) 09:19:37 0
これまでの人類の歴史は奴隷の歴史である。
歴史書は、王朝の変遷など支配階級の歴史を描くのが通例であるが
考えてもみよ、人類の大半は、
文明発祥のときから今日に至るまで奴隷階級にあったし、
今日においても依然として奴隷階級にある。
数千年の奴隷の歴史、これが人類の大半にとっての歴史である。
おまえのほんの数世代前の先祖たちは農奴であった。
いまのおまえは、自由民のような顔をして暮らしているが
資本家に身売りしなければ生きていけない奴隷の身分であることに
かわりはない。売春婦の生活である。
現代の資本家は、むかしのいかなる王権ももちえなかった
巨大な富と権力を握っているが彼らは沈黙の中にいる。
昔の王たちは、自分は王だと名乗るぐらいの正直さは
もっていた。
現代世界ほど、名称と内実が遠く無縁な世界はかつてない。


382 : ↑:2006/07/09(日) 05:25:40 0
以上、負け犬の遠吠えですた。

383 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 15:10:41 0
>>370
そういえば、ブロンディはミュンヘン一揆のころにはすでに飼っていたから、
1940年代には結構老犬だよね。

敗戦時にもブロンディって生きていたの?

384 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/07/09(日) 15:17:09 0
自殺する時に、毒殺していませんでしたか。

385 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 22:54:37 0
ブロンディって英語っぽいんだけど
本当にその名前で呼ばれてたんだろうか?

386 :世界@名無史さん:2006/07/09(日) 23:09:42 0
幕府の犬めが!!

387 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:03:55 0
こういうスレには
体制側のニートがはりついているんだね

388 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 13:29:32 0
歴史上
貧民のために立ちあがったのは
例外なく中産階級以上の富裕層の子弟だった

貧民救済のために運動する彼らに
石をなげつけたのは他ならぬ貧民どもであった

民衆の大半は、助ける価値のない馬鹿の集団だということに
なぜ、彼らは気づかなかったのか

よって、いまだに貧乏人は奴隷状態にとどまっている
自分がついていくべき主人をいつも間違っている馬鹿犬の集団
それが国民だ


389 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 00:34:46 O
なんかスレのトーン変わったな

390 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 08:18:08 0
ムハンマドが犬にかまれたから
イスラム教徒は犬に冷たいんだってね。

391 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 18:03:01 0
ネズミにかじられたドラえもんですかw

392 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 18:07:05 0
そうです

393 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 21:56:36 0
今でも稽古三味線は犬皮が多いけどどこから調達してるんだろうな。
三味線の皮というと猫を思い出す人が多いかも知れないが
猫皮は音はいいものの高価な上薄くて破けやすいのでいい三味線にしか使わない。
消費量は犬のが多い気がする。

そういえば犬猫の皮張った楽器って日本以外にあるのかな?
三味線屋は今でもたくさんあるけど洋楽が入る前は一番ポピュラーな楽器だったわけで
これほど犬猫の皮になじんできた国も珍しいと思う。

394 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 22:54:36 0
沖縄の三線(三味線?)は蛇皮線ともいい、ニシキヘビや(あるいはハブも?)の皮
を使っているそうだが。

395 :世界@名無史さん:2006/07/20(木) 23:06:19 0
いぬかわいいよいぬ

396 :世界@名無史さん:2006/07/21(金) 00:22:29 0
三味線を治なおしにいったとき、安かったので犬の皮を張ってもらった
猫のは乳首があるが、犬のは乳首が書いてある

397 :世界@名無史さん:2006/07/21(金) 11:53:59 0
>>394
沖縄と奄美では昔から輸入のニシキヘビを使う。
ハブでは皮の面積が小さいので使えない。
蛇皮線と言うのは本土側が区別するためにそう呼んだのが始まりで
現地では三線とか三味線と呼んでる。

三味線の伝播は中国?→琉球→本土ということになっているけど
楽器の大型化、蛇→犬猫への変化や音楽的な変化、演奏法の変化等
文献があまり残っていないため過程があまりわかってない。

それはさておき、身近な動物なので楽器以外にも皮を利用する地域が
日本以外にあっておかしくないと思う。
このスレでは皮の話はまだ出てないみたいだけど、なんかそういう話ない?

398 :世界@名無史さん:2006/07/21(金) 14:46:17 0
一般的に犬を多く使う地域の目的は狩猟か牧畜、農産がメインでも畜産農業ということになる
より大型の獣皮が容易に手に入る、そん地域では犬の能力は重宝されるが
皮や肉を用いる習慣は少ないと思う
日本では、犬は結構喰われていたし、身近で一番大きな獣が犬だった
から犬皮を利用するという話ではなかろうか


399 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 01:00:30 0
昨今、動物虐待と凶悪犯罪の因果関係が専門家などによって指摘されています。
東京・埼玉「連続幼女誘拐殺人事件」の宮崎勤、神戸「連続幼児殺傷事件」の14歳の少年、
佐賀「バスジャック事件」の17歳の少年、大阪「校内児童殺傷事件」の宅間守など、
凶悪犯罪の犯人が過去に動物虐待を行っていることが次つぎと明らかにされました。
「命の教育」をめぐる論議が活発になっていますが、動物愛護を普及することは、
「命はかけがえのないもの」という生命倫理観を普遍のものとすることにもつながります。
具体的には「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)の見直しは緊急課題です。
マハトマ・ガンジーいわく「国家が偉大であり、道徳的に進歩しているかどうかは、
動物の取り扱い方によって判断される」。
ttp://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/nporiji.htm


400 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 11:06:06 0
400フント

401 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 12:21:08 0
欧米でも結構犬皮のコートやら手袋やらあって普通に皮革獣だけれどな。
高級品ではないけれど。

402 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 15:21:34 0
>>398
なるほど。
三味線の材料の木材(紅木等)、撥や駒に使う象牙、鼈甲などは昔から輸入品なので
破けたら張り替える必要のある消耗品の皮だけ入手しやすいものにしたのかも。
>>401
するとあくまで高級品の代用品という感じ?

403 :398:2006/07/22(土) 16:59:46 0
>>401
なるほど、犬の皮はそれなりに用いられているわけだね
どこから供給されてるのか興味があるところだけど、あちらは愛護法が厳しい一方で
かなりの安楽死容認文化だからその辺からかな
>>高級品ではない
というのは皮質の問題もあるだろうが、欧州の貴族達にとって
犬と馬はステータスで他の畜産動物よりも大切にされているから
犬皮→野蛮という流れで上流階級から敬遠されてるんじゃないかと想像  

もっとも、馬皮の方は毛皮状態で高級品に良く使われてるけどね

404 :世界@名無史さん:2006/07/23(日) 23:07:03 0
欧米での犬猫皮は近年になって禁止されてきている。
中国からの輸入だったらしいが、狐とか兎と偽って使っていたらしい。

405 :世界@名無史さん:2006/08/05(土) 19:55:28 0
ふと思ったが、殺生禁止のヒンドゥー社会では太鼓などの楽器は
獣皮以外の材料を使っているのだろうか?

406 :世界@名無史さん:2006/08/05(土) 20:11:26 0
>>397
胡弓がワシントン条約に引っかかるそうで、輸入禁制品のリストに入っていた。

407 :世界@名無史さん:2006/08/10(木) 13:10:40 0
>>405
殺生禁止なのはジャイナ教徒だけでしょ。
ヒンドゥーでも屠殺や太鼓作りのカーストは最下層に置かれているが。


408 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 04:22:43 0
 犬5万匹近くを一斉処分 狂犬病対策で中国

 【北京31日共同】中国雲南省の牟定県政府は31日までに、狂犬病対策で軍用犬を除く県内の
 犬約5万匹の一斉処分に乗り出し、90%以上を殺したことを明らかにした。中国各紙が同日報じた。
 雲南省の地元紙「生活新報」によると、同県当局は4月以降、県内で住民3人が狂犬病で死亡した
 事態を重視。公安局長をトップとした犬退治専門のチームを組織、処分に着手した。飼い主への
 補償金は1匹当たり5元(約72円)。当局者は「適切な措置だ」と話している。
 同チームは飼い主が散歩に連れ出した犬やマイカーに乗せられた犬などを徹底的に“摘発”。
 「この犬は家族の一員。見逃して」と泣きながら哀願する女性飼い主の前で、愛犬がこん棒で
 殴り殺される様子などを各紙は伝えている。
 (共同通信) - 8月1日0時2分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060801-00000000-kyodo-int

犬の文革大粛清ただいま進行中……クーン(;ω;) 

409 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 22:30:49 0
昨今、動物虐待と凶悪犯罪の因果関係が専門家などによって指摘されています。
東京・埼玉「連続幼女誘拐殺人事件」の宮崎勤、神戸「連続幼児殺傷事件」の14歳の少年、
佐賀「バスジャック事件」の17歳の少年、大阪「校内児童殺傷事件」の宅間守など、
凶悪犯罪の犯人が過去に動物虐待を行っていることが次つぎと明らかにされました。
「命の教育」をめぐる論議が活発になっていますが、動物愛護を普及することは、
「命はかけがえのないもの」という生命倫理観を普遍のものとすることにもつながります。
具体的には「動物の愛護及び管理に関する法律」(動物愛護法)の見直しは緊急課題です。
マハトマ・ガンジーいわく「国家が偉大であり、道徳的に進歩しているかどうかは、
動物の取り扱い方によって判断される」。
ttp://members.jcom.home.ne.jp/doubutusimin/nporiji.htm


410 :世界@名無史さん:2006/08/12(土) 22:49:10 0
コピペする前に要約して自分の言葉で語れ。

411 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 13:44:45 0
犬を用途別に分け、古い順に並べると、

番犬
狩猟犬
ネズミ捕り
愛玩犬
食用犬
皮革・毛採取用
供犠用
軍用犬
伝令犬
芸当・大道芸用
生物実験用(パブロフとか)
警察犬
盲導犬
介護犬
バター犬
聴導犬
麻薬探知犬
災害救助犬
宇宙飛行犬(ライカ)

こんな感じ?

412 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 13:46:29 0
闘犬
競走犬(ドッグレース)を忘れてた・・・

413 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 13:58:25 0
あと犬ぞり用のそり犬


414 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 14:00:47 0
サッカーのフーリガン鎮圧犬とかもいたな。

415 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 14:03:48 0
パトラッシュは配達犬?w

416 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 14:29:45 0
昔旭川の資料館(何の資料館かは失念)で、人(おばあさんだったような)の
乗った車を引く樺太犬の写真を見たことがあるよ。

417 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 15:24:24 0
>>413
あと忍犬


418 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 18:37:17 0
パトラッシュは救助犬じゃねーのか

419 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 23:01:27 0
だってネロと毎日一緒に荷車で牛乳配達を・・・

420 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 23:40:59 0
>>419
当時のベルギーでは荷車を引かせるのは特に珍しくなかったんだと
あと牧羊犬抜けてる。

421 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 00:48:53 0
>>411
一番古い犬の用途は、寒い時の懐炉や湯たんぽの代わりだろう。


422 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 01:26:55 0
まあ、同時とも言えるが番犬より猟犬が先だろう
犬の方からおこぼれ頂戴にやってきて、一緒に巻き狩りをやるようになったのが
人と犬の出会いでしょ
この当時から、番犬の機能も果たしていたことは恐らく間違いないが
純粋な番犬が必要になったのは、農耕から後の食料備蓄とか財産観念が
発達してからじゃなかろうか

423 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 02:08:58 0
狩猟で留守中の家を警護する役目もあったかも。

>>412
202X年 ターミネーター探知犬

424 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 07:31:18 O
赤目

425 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 16:37:42 0
日本はあまり畜肉を食べないといわれているが、これは誤り。

日本の昔話や仏教説話なんかをよんでいると、狸汁という食べ物の話
がよく出てくる。もっとも、中世の「狸」というのは今でいうところの
「たぬき」のことをいっているのかどうかはよく解らないけれども。
(イタチ、テンの類も含めていた可能性が高い)

肉類を食べない価値観が世間一般に広まったのは、江戸時代になってから。
室町以前の日本人は、肉類を結構食べていた。もちろん、犬も食った。

426 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 16:55:51 0
いわゆる「生類哀れみの令」の効果だな

427 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 22:07:08 0
>>425
野生動物は禁忌が薄かったのかも。
これが家畜だとニワトリのほかは九州・沖縄のブタ以外聞かないね。

428 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 20:22:20 0
単純なペットが起源だろ。
狩猟の獲物やら、競合相手の排除として、狼やジャッカルの類を殺すと、オマケとして、
仔が生け捕りにできることがあり、かわいいから飼ってしまう。
そのうち大きくなって邪魔になったり美味そうに育ったりすると殺して食ってしまうんだが
中にはよく慣れて役に立つヤツも出てくる。
そういう経験を積んでいるうちに、繁殖する大きさまで飼う、資質のよいものを手元に残す
というようなことをやっていて、徐々に家畜化された集団が形成される。
野放しに近い形で飼っていると、人間の庇護の下にある慣れやすいものの遺伝子が付近の
野生集団に拡散してゆくことにもなるから、生け捕りにした野生個体も飼いやすいものの比率が
高まってくるということにもなるわな。


429 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 02:53:39 0
>>428
ネタしては面白くないし
釣りにしてはエサが美味そうじゃない

430 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 16:40:54 0
>>428
海の生き物については肉食タブーはないも同然だったしな。

431 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 22:20:08 0
ダックスフント、プードルは猟犬だった。


432 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/08/25(金) 23:49:48 0
前者は穴熊狩り用(ミニチュアは穴兎)、後者は水禽狩り用でしたか。

433 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 23:51:35 0
洋犬は多くが現・元狩猟犬だよね

434 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 23:59:58 0
わん

435 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 09:40:59 0
ダックス=アナグマで獣猟犬だよね、キツネ狩りとか穴を掘る動物全般に使える
洋犬はいろんな犬がいるでしょう、牧羊犬、愛玩犬のグループは日本犬にはいないよね
日本の伝統的な犬はほぼ漏れなく番犬か猟犬、ま、土佐闘犬というのもあるけど

436 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 13:55:56 0
現在知られている犬種の圧倒的多数がヨーロッパ原産かもね。
他の地域からは
中東・・・アフガンハウンド(アフガニスタン)、サルーキ(イラン)
中国・・・チャウチャウ、シーズー、ちん
朝鮮・・・珍島犬、サプサリ
メキシコ・・・チワワ

こんな感じか。
ただしマスチフ系の原種はチベットが原産と聞いた覚えが。

437 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 14:17:31 0
>>436
つけたすならば

シベリア→スピッツ、ハスキー
アラスカ→マラミュート

けどインドや東南アジアやアフリカや新大陸からは
有名な犬って聞かないな、確かに。



438 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 14:25:34 0
>愛玩犬のグループは日本犬にはいないよね
ミスター狆

439 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 14:29:48 0
>>438
その狆も貴州省原産・・・

440 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 18:04:45 0
>>437
チワワはメキシコのチワワ州が原産で先住民がかっていた。


441 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 18:41:02 0
>>438-439 たけし軍団・・・

442 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 21:58:23 0
>>439
狆はスペイン系だとか。
ワールドドック図鑑
ttp://www.dogfan.jp/zukan/japanese/chin/index.html
あと国際的には「秋田犬」が日本原産種として登録されている。
秋田犬はアメリカにおいて人気で、向こうで繁殖された
「アメリカンアキタ」(変な名前だ)という犬種もある。

ついでに、日本犬の原種の縄文犬は大陸系ではなく東南アジア系なんだそうな。

443 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 22:07:13 0
そういえばお袋の友人が真っ白な秋田を飼っているが、
セラピー犬といっていたな

444 :世界@名無史さん:2006/08/26(土) 22:53:08 0
シッシッシッ!と444ゲット

445 :世界@名無史さん:2006/08/27(日) 03:11:55 0
>アフリカ

ローデシアンリッジバックとかいう、猛獣狩りに使う犬がいたと思う
たしか埼玉の愛犬家連続殺人事件で殺された人が、犯人から買わされてたはず

446 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 20:29:13 0
考えてみると「盲導犬」ておかしな言葉だよな。「メクラが導く犬」という意味になっちゃうもん。
そこで想像だが、最初は「導盲犬」って命名だったんじゃまいか。しかし発音からの印象では
「ドーモーケン」=「獰猛犬」と聞こえちゃうんで、ムリメを押し切って「モードーケン」にしちゃった。
こんな経緯かと思うんだが、どうかな?

447 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 20:32:06 0
中国や台湾だと「導盲犬」。

448 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 21:25:50 0
獰猛で思い出したが和文モールス符号では「ネ」は――-―だ。これを
「獰猛だろう」で記憶させる。つまり獰猛をネイモウと誤読しているわけだ。

449 :世界@名無史さん:2006/09/01(金) 21:28:55 0
――-―は長長短長、ツーツーツツーだよ、念の為。

450 :世界@名無史さん:2006/09/02(土) 03:33:10 0
めくらみちびくいぬ

451 :世界@名無史さん:2006/09/08(金) 23:42:05 0
レトリーバー犬は名前のとおり「回収犬」。
漁船に乗り込み、網からこぼれた魚を拾いに海へ入ったり、
沖へ流された漁具を取り戻しに行ったりするガテン犬だった。

452 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 00:04:38 0
レトリーバーも今じゃ盲導犬のほうが有名だろ。


453 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 00:32:19 O
我が家のラブも水面に何か浮いていると、とにかく気になって仕方がナイらしい
泳がせてるとどうでもイイもんバンバン回収してくるし
教えてないし、オカでは物品持来得意じゃないのにね
血のなせるワザだなぁと思う

454 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 00:43:04 0
ところで野生の狼は水を恐れないんでしたっけ?
水に平気で入る犬は、人間が選別+訓練した賜物なのでしょうか。

狼でも、渡河したり水辺の獲物を狩ることはありえるとは思いますが。

455 :世界@名無史さん:2006/09/17(日) 09:08:57 0
浅い水なら平気で歩くよ
http://www.wolftrust.org.uk/pic-waterwolf-lindayoung.jpg

456 :世界@名無史さん:2006/10/14(土) 11:59:49 0
>>453
ハスキーを飼っていた人から聞いたが、ハスキー犬は
散歩の時になぜかグイグイ引っ張って歩くんだそうな。
どこか急いで行きたがっているのかと思っていたが、あてもないまま引っ張っている様子。
ためしに綱を離してみるが、疾走するでもなく、どこかへ行きたがっている様子もない。
家に帰り着くまでこんな調子だったと。

実はこれ、かつてソリ犬だったころの習性の名残で、重いものをグイグイ引っ張って進むことそれ自体が快感なんだそうな。
チュクチ犬は長い年月をかけて選別交配されてきたというからスゴス
ロシア+コサック連合軍を返り討ちにして独立を貫いたチュクチ人の影の殊勲者なだけのことはある。


457 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 00:18:00 0
あげわん

458 :世界@名無史さん:2006/10/23(月) 07:13:11 0
じゃあマルチースは今でもスカートの中にもぐりこんでアレするのか?

459 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 03:10:54 0
くさかりやま

460 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 03:32:38 0
ミニチュアダックスフンドはいかにして小型化されたか?

461 :世界@名無史さん:2006/11/06(月) 23:58:20 0
スモールライト

462 :世界@名無史さん:2006/11/07(火) 05:07:12 0
縄文系の柴犬のガチ度はステキ
一般的な柴犬とまったく違うしなやかな猟犬体型が古い犬種であることを示しているね

まあうちの馬鹿柴が一番かわいいけど(*´д`*)

463 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 03:15:53 0
日本犬は一般的に古い犬の形質を備える。

464 :世界@名無史さん:2006/12/04(月) 01:44:14 0
保守ついでに
グレートデンというのはデカいデンマーク人という意味らしいけど
あれはドイツの犬だよね、なんだってそんな名前なんだろうな

465 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 21:33:19 0
age

466 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 21:38:18 0
はじめまして
どなたか、成犬とは、
どの位でなるのですか?

467 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 23:36:37 0
>>466
犬種によってずいぶん違うらしい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8A%AC


468 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 23:37:40 0
聖書では犬は不浄な動物とされているのに、
なぜ欧米人は犬を愛するのだろう。


469 :世界@名無史さん:2006/12/07(木) 23:46:46 0
聖書がすべてじゃないから。一部の馬鹿や思い込みの激しい人はそう思ってる人が多いようだが。
ロボットの事で法王庁にいちいちどうでもいい事をたずねたのは日本人だけ、という話を思い出す。

470 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 02:32:49 0
たとえ大きな犬と小さな犬をかけ合わせても、産めないほど大きくはならないらしい。
まあ、難産かもしれないけど。
ちなみにブルドッグは肩幅が広いので難産だとか。

471 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 12:25:24 0
するとセントとチワワでも無事生まれると?

472 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 19:07:17 0
チワワのちんこがセントのまんこの奥までとどくのかまた逆に
セントのちんこチワワのまんこに入るのか。。。。

473 :世界@名無史さん:2006/12/11(月) 23:11:19 0
某研究団体の調査だと、人間は自分と似た体型の犬種を選ぶ傾向があるそうだ。
そして、日本の飼い犬の登録頭数は、ダックスフントがダントツの1位だという。
これは偶然だろうか?


474 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 00:19:04 0
まずソース

475 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 16:44:04 0
(ポチたま)まさお君がガンで死去
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/dog/1165922776/

476 :世界@名無史さん:2006/12/13(水) 22:26:37 0
狂犬病予防の犬処分、胡錦濤主席の指示で中止…香港紙
12月13日20時46分配信 読売新聞
 【香港=吉田健一】香港の英字紙サウスチャイナ・モーニングポストは13日、中国各地で
行われている犬の処分や管理強化などの狂犬病対策キャンペーンが、胡錦濤国家主席の指示で
中止になった、と報じた。
 胡氏は愛犬家からの嘆願書を読み、キャンペーン中止を指示したという。
 同紙によると、キャンペーン中止を求める愛犬家ら6万人以上の署名を添えて嘆願書2通を
出した女性のもとに、胡主席が嘆願書を読み、11月末にキャンペーンを中止させたと、主席の
筆頭秘書から連絡があったという。この女性は、嘆願書に加え、犬の処分を含む中国の狂犬病対策が
海外メディアで取り上げられたことも胡主席の判断に影響したと指摘した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061213-00000111-yom-int


477 :世界@名無史さん:2006/12/14(木) 02:27:49 0
ブルガリアでも野犬化した捨て犬が大問題だと
数年前行ったとき現地のニュースで論じてた。
狂犬病になってたらリアル狼男ができちゃうな。

478 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 01:52:59 0
高橋よしひろ氏の漫画では、
グレートデンやマスチフ、ウルフハウンドの野良犬が
ゾロゾロ出てくるぞ。


479 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 03:05:46 0
リーダーの影武者するクマとかでてくるしな

480 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 18:48:43 0
朝日新聞本日朝刊23面のテレビ番組葉書通信欄
 「芋たこなんきん」を毎日見ている。町子の戦中戦後の思い出には共感を覚える。
 特に町子の愛犬と当時のうちの飼い犬がそっくりで、悲しい記憶がよみがえった。
 昭和19年ころの東京では、空襲時に危険だからと飼い犬を没収された。
 かわいがっていた犬を泣く泣く差し出した。大阪ではそんなことはなかったのだろうか。
 今も動物たちに人間の愚かさを謝っている。
     東京都・真田礼子・主婦・76歳
ほんとかな??
話の持って行き方が不自然だし、反戦市民のアサヒ読者の典型みたい。
兵隊の服にするため特高だか憲兵だかが、強制供出させたってゆう絵本もあるらしい。

481 :世界@名無史さん:2006/12/19(火) 18:53:40 0
ソ連の地雷犬が有名ですね。
バカすぎて味方に人外な被害をもたらしましたが(w

482 :世界@名無史さん:2006/12/21(木) 21:48:10 0
中国では、文化大革命後に犬の飼育が禁止され、
多くの犬種が絶滅したと聞いたのですが。


483 :とてた ◆0Ot7ihccMU :2006/12/21(木) 23:08:43 0
>>480
犬の供出そのものはあったような。

484 :世界@名無史さん:2006/12/22(金) 23:33:57 O
セントバーナードの雌とチワワの雄の交配なら可能
セントバーナードの雄とチワワの雌の交配は母体に危険を及ぼし、死産となる確率が高いからオススメ出来ない
亀レスだがまぁ、あくまでも理論上はね

485 :世界@名無史さん:2007/01/20(土) 11:28:57 0
ところで、みんなは犬飼ってるの?

486 :世界@名無史さん:2007/01/20(土) 22:24:20 0
実家ではシッパーキっていう黒いクマみたいなの飼ってる。
頭よくて冷蔵庫空けて頼んだもの取ってきてくれたりするんだが、
タッパが歯型だらけになっちゃうのと
柴犬と大して体格は変わらないのにやたら体力あるから散歩が大変だった。
最近あってないけど元気かな……。

487 :世界@名無史さん:2007/02/14(水) 10:04:00 0
フジテレビ:「トリビアの泉」で犬の飼い主を「偽装」
http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070214k0000m040157000c.html
 フジテレビのバラエティー番組「トリビアの泉」の企画コーナー「雑種犬の能力検証」で飼い主ではない動物プロダクションの社長を、飼い主であるかのように放送していたことが13日、分かった。

134 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)