5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

家紋、紋章、エンブレム、旗印

1 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:47:52 0
ちなみに我が家の家紋は、丸に一文字(つまり晴れの記号)

2 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:48:40 0
2こそ俺の旗印

3 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:48:50 0
だれがてめーの家紋の話なんか聞きたいか!
日本史板でオナってろ!

4 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 22:53:21 0
エリザベス女王の紋章
http://www.afftis.or.jp/bara/eri.htm

5 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 23:12:01 0
小泉首相がプレスルームに立つとき、演台に桐紋があるね。
あれって小泉家の家紋?

6 :世界@名無史さん:2006/01/21(土) 23:20:19 0
戦国時代、ヨーロッパからやって来たひとが日本に家紋があるのをみて驚愕した。
ヨーロッパを出て以来、途中の世界には家紋制度を見かけず、
ヨーロッパ独自のものだと思い込んでいたら、世界の果てに来て突然
家紋を発見し、「うっそー!」と言ったとか。

どの本だったか、詳しく書いた本を失念してしまった。

7 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 00:57:38 O
>>6
気になる

8 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 02:30:01 0
ヨーロッパの紋章と日本の家紋はちょっと性質の違うものだろ。

9 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 02:41:44 0
朝鮮人には家紋がないニダ

10 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 02:49:38 0
普通に部族を示すマークどこにでもありそうな気がするけど

11 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 03:07:05 0
なんで朝鮮人はそこまで必死なの

12 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 03:10:25 0
>>10
天下大将軍、地下女将軍と書かれたトーテムポールのことか

13 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 06:27:53 0
厭離穢土欣求浄土

14 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 09:55:35 0
ビートルズも「カモン、カモーン」と連呼してるな。

15 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 09:59:36 0
紋章院
http://www.infogogo.com/%E7%B4%8B%E7%AB%A0%E9%99%A2.html

16 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 10:02:33 0
過去スレ(dat)

西洋の紋章、その過去と現在について、
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1072534305/l50


17 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 11:05:41 0
モンゴルのタムガは氏族の紋章?

18 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 11:24:06 0
日本の家紋は一つの家で何種類もあるしな。

19 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 17:18:10 0
>>5
wikiの家紋のトコにそれに関連する事が書いてあった気がする。

20 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 18:01:39 0
ウルのスタンダード


21 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/01/22(日) 19:32:58 0
>>5
総理の紋じゃありませんでしたか。確か五三の桐。

22 :世界@名無史さん:2006/01/22(日) 20:14:55 0
http://www.meijijingu.or.jp/japanese/qa/jingu/06.html

23 :世界@名無史さん:2006/01/23(月) 13:04:27 0
森護の本でも読むか

24 :世界@名無史さん:2006/02/02(木) 23:40:31 0
>>21
五七の桐では?

25 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 01:54:46 0
>>17
タムガは突厥かソグド人に起源を持つ紋章だね。
http://www.page.sannet.ne.jp/to-okamo/guwanmi/coin/c-asia/tamuga.html

26 :世界@名無史さん:2006/02/18(土) 23:31:33 0
小泉の紋は「丸に違い鷹羽」だろ。何年か前に靖国参拝した時の
紋付はそうだったぞ。

27 :世界@名無史さん:2006/02/19(日) 13:00:25 0
宣教師が「Ussohhh!」と叫んでる様子、激しく気になるな。
日本の家紋は、デザイン的にもきれいだし…。

イギリスには、キルトの模様でも家を表すんじゃなかったっけ?

28 :世界@名無史さん:2006/02/19(日) 14:33:44 0
スコットランドね。

29 :世界@名無史さん:2006/02/19(日) 14:41:03 O
鷲とハーケンクロイツ

30 :世界@名無史さん:2006/02/24(金) 02:01:43 0
30ゲット

31 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 18:31:04 0
トリノ五輪を見ていたら、
ドイツのユニフォームに、ホーエンツォレルン家の鷲が、
ロシアのユニフォームに、ロマノフ家の双頭の鷲が付いてたんだけど、
今現在でも、国を象徴するような存在なの?


32 :世界@名無史さん:2006/03/07(火) 18:09:35 O
40万部のベストセラー『嫌韓流』の第2弾

『嫌韓流2』発売中

意外とおもしれーぞ

33 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 22:56:02 0
そもそも、ああいう家紋は欧州全域に広まっているの?
封建制が定着した地域のみですかね。

34 :世界@名無史さん:2006/03/11(土) 23:28:41 0
>>21 >>24
五七の桐は法的には定められていない慣習的な日本国の国章
として使われています。
実際には政府関係の紋章として使われていたんですが、近年の
首相会見用の台に付いてるので首相の紋章として理解されるよ
うになってますね。
菊の紋章は皇室の紋であって、日本国の国章ではありませんが、
変形の菊花紋はパスポートなどに使われてます。

35 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 09:42:06 0
何処の家にでも家紋ってあるの?
農民や商人出身の家柄にも家紋ってあるの?
無い場合は紋付着るときどうしているの?

36 :世界@名無史さん:2006/03/12(日) 13:37:11 0
>>35
あるよ。琉球、蝦夷にだってあるし。
「無い場合」は、自分で付ける。

37 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 14:31:06 0
>>36
> 「無い場合」は、自分で付ける。

じゃあ、農民やエタヒニンだった人も
『源平藤橘』系の家紋を付ける事が出来たのか・・・・・

38 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 16:27:54 0
我が家は紋章ではなくダイモンと呼んでいる

39 :ベンゼン中尉 ◆DYfZNhP6fc :2006/03/13(月) 18:32:55 0
まあ、特定の家紋、姓が彼らを差別化していたのは事実だが。
近年でも山奥に行くと残ってるらしいが。

40 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:51:36 0
>>37
明治時代、菊の紋は「流石にまずいだろう」ということで別に変えた家もあるよ。
夏目漱石の夏目家とか。

明治維新後、表面上は四民平等をうたったから、名字と一緒に家紋は一斉に増えた。

41 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:56:11 0
菊の紋は菊の弁数が少ないバージョンなら臣民でもまずくない。

42 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 21:59:28 0
右翼が菊花御紋章を乱用しているのは、無知のなせる業。
超弩級不敬行為。おそらく中は朝鮮人と疑うべき。

43 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 22:00:10 0
日本の家紋の話題は板違いなので、移動汁。

>>33
欧州全域という意味合いが難しいが、戦争の褒賞が重要だった地域には大抵ある。
ついでにいうと一般的な貴族の紋章は父系と母系の要素を取り入れてアレンジするので
非常にバリエーションがあるね。

44 :世界@名無史さん:2006/03/13(月) 22:49:12 0
家紋や紋章って日本と欧州以外にはないんですか?

45 :世界@名無史さん:2006/03/14(火) 00:51:51 0
欧州以外って言うと、中韓アジアか、アフリカ、南米、北米か。
朝鮮は家系を気にかけてるんだったらありそうなんだけどなあ。

46 :世界@名無史さん:2006/03/14(火) 03:47:17 0
欧州の「百合の花」「双頭の鷲」「立てる獅子」の意匠は
もともとイスラム諸侯の紋章だったりする。

47 :世界@名無史さん:2006/03/14(火) 17:47:56 0
>>46
いや、違うから・・・。
どこの与太話を引っ張ってきたんだか。

48 :世界@名無史さん:2006/03/17(金) 21:06:33 0
西洋でも12〜13世紀頃まで紋章の規則もハッキリせず、
旗じゃなく盾に書いていたんでしょ?

49 :世界@名無史さん:2006/03/18(土) 01:54:58 0
>48
いやそもそも盾に書くところから始まったから
ああいう形なんだが…。

50 :世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:41:43 0
>>44
中央アジアのタムガなどは?

51 :世界@名無史さん:2006/03/18(土) 22:44:19 0
>>46
百合の花はそもそも百合かどうかすらわからないってホント?

つか双頭の鷲はローマの鷲の流れだと思ってたんだが

52 :世界@名無史さん:2006/03/19(日) 10:05:58 0
>>46
>>51
キリスト教で百合の花は聖母マリアの象徴だったはず。

【双頭の鷲】はビザンツ帝国のパレオロゴス朝から使われていた。
【鷲】はローマ皇帝の象徴。

53 :世界@名無史さん:2006/03/19(日) 16:24:21 0
>52
>キリスト教で百合の花は聖母マリアの象徴だったはず。

そういう問題ではなく、紋章で使われている百合の花の
意匠は本来百合の花を表していたものではなく、後代に
なってそう言われるようになったということ。

54 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 19:09:51 0
後代?

55 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 00:57:11 O
>>53
その通り。はじめに形ありきらしい。
日本の家紋の唐花が実際には何の花の事か分からないのと同じだな。

56 :世界@名無史さん:2006/03/30(木) 12:59:07 0
御発展を祈る

57 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 19:05:09 0
>>45
中韓は全然聞いたことないな。
旗印などで姓一字を図案化したものを見かけるが、あれが代わりのような存在だろうか?

58 :世界@名無史さん:2006/04/10(月) 21:54:13 O
うちは、丸に九曜。
スレチですかそうですか。

59 :世界@名無史さん:2006/04/11(火) 22:28:40 0
はい。もう二度とこないで下さいね

60 :世界@名無史さん:2006/04/14(金) 01:16:30 0
>>57
中韓は、
家紋がない代わりに指紋のデータがなぜか豊富です。

61 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 15:02:35 0
良スレになりますように−人ー

62 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 15:19:08 O
家紋は封建制とセットだろ
封建制のない中韓にはあるわけない

63 :世界@名無史さん:2006/05/04(木) 16:39:38 O
じゃぁ、封建制だった春秋戦国時代には家紋があったのか?

64 :世界@名無史さん:2006/05/05(金) 13:03:13 0
封建制の性格が全く別。名前が同じだからって(訳名なんだし)実質を混同してはいけない。

65 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 01:27:44 0
奄美・沖縄はないんだっけ?

66 :Caesar ◆CaesarBk/Q :2006/05/18(木) 01:35:48 0
神聖ローマ帝国諸邦の紋章を見ていると、
領邦間における関係がわかりやすい。
ダールベルクの紋章などちらほらと目立つ。

67 :世界@名無史さん:2006/05/18(木) 03:29:24 0
俺んちは牡丹だぜww
ダセーったらありゃしない
人には言うなよ恥ずかしいからw

68 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 22:35:07 0
在日外国人も帰化したら家紋を作る人もいるんだろうか?

69 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 22:44:06 0
ウチは鶴丸だ。一応「JAL」とは入ってないらすぃ。

70 :世界@名無史さん:2006/05/28(日) 23:13:50 0
おれの家の墓がある某霊園には在日の墓も多いけど
姓+○ってのが多かったな。あとはクリスチャンと思しき十字架の紋

71 :世界@名無史さん:2006/06/25(日) 00:28:30 0
>姓+○

おお、知らなかったな。今度墓参りするときによく探してみよう。

72 :世界@名無史さん:2006/07/11(火) 23:12:50 0
家紋ばかりはウリもいまだ朴れずにいるニダ・・・

73 :世界@名無史さん:2006/07/13(木) 07:03:48 0
ぼくれず・・・?

74 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 21:25:16 0
. ▲
▲▲

75 :世界@名無史さん:2006/07/16(日) 21:27:43 0
↑ジャムの明治屋ですかw

76 :世界@名無史さん:2006/08/05(土) 18:55:55 0
>>72
そのうち「ヒデヨシが奪ったニダ」とか言い出すほうに500変造ウォン硬貨

77 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:18:11 0
いや元寇で博多に落としてきたんだよきっと

78 :世界@名無史さん:2006/09/09(土) 23:28:33 0
日本とか欧州は、戦争の時に敵味方区別しやすいように家紋が発達した
と思うが、その他の国は家紋とか無くても、戦争の時に困らなかったの
かな??

79 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 01:03:58 0
欧州の家紋はそういう由来だけど、日本の家紋は戦争と関係ないよ


80 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 03:57:28 0
だから盾の形をした家紋が多いのかな。 <西欧の

81 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 17:46:51 0
そうだよ

敵味方の区別というより、敵を殺したのは誰の手柄か実証するため
各個人紋章を覚えてる紋章官が戦場で必死に誰が誰を殺したか覚えたりしてた
ここでもどうぞ
ttp://ww2.enjoy.ne.jp/~tteraoka/heraldry/heraldry1.htm

82 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 18:54:06 0
ほう西洋では戦目付を紋章官というのか

83 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 18:04:54 0
>>82
そうだよ

84 :世界@名無史さん:2006/10/15(日) 14:48:40 0
そういや現代の軍隊の階級章も盾形をしたのが多いね。
場合によっては警察官も。

85 :世界@名無史さん:2006/11/08(水) 22:39:31 0
日本でもどっかの学校のワッペンが・・・・・

86 :世界@名無史さん:2006/11/21(火) 21:39:25 0
>>79
>日本の家紋は戦争と関係ないよ
そんなこたあない。旗印は軍功の目安だった。


87 :独身ホモ貴族:2006/11/21(火) 21:43:26 0
日本政府は桐紋だってさ。

88 :世界@名無史さん:2006/12/12(火) 00:28:07 0
モンゴルのタムガは部族単位の紋章だったのですか?

89 :世界@名無史さん:2006/12/28(木) 23:16:56 0
沖縄系の友人は家に家紋がないとかで家紋を作るに当たり、
ターボ車が好きってことで、セラミックタービンなる紋を
提案したのだが、一族に却下されたそうだ
ちなみにその紋は菊の紋にそっくりだった

90 :世界@名無史さん:2007/01/08(月) 04:02:24 0
八重山なら家判(ダーパン)などを家紋に使うんだろうな。

91 :世界@名無史さん:2007/01/11(木) 21:53:25 0
さすがの韓国人も家門はウリナラ起源認定できずにいる様子。

92 :世界@名無史さん:2007/01/23(火) 22:02:04 0
>>88
おおもとは家畜の所有印として
焼印を押したりしたのが起源らしい。

93 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 00:53:27 O
政府専用機は日の丸だけど
桐紋にしたらビューティフルだべや。

94 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 21:13:04 0
>>91
さすがに家紋の起源には手を付けられずにいるみたいだねw

95 :世界@名無史さん:2007/02/11(日) 22:20:58 0
>>93
鶴紋なら最近まで…

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)