5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【ロマン】ロシア革命運動史【地獄】

1 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 03:17:04 0
ロシアの革命家達の歴史について語ろう。

同時代の他の国の革命家や思想も含めてね。




2 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 03:23:21 0
ロシア革命そのものについては何故かみんな語りたがらない。謎だ。

3 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 03:28:46 0
この板にいけばいくらでも語ってくれるよ
http://money4.2ch.net/kyousan/

4 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 03:58:25 0
板の主旨を取り違えているな。

5 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 04:05:11 0
まぁ、>>1は腐った肉のボルシチでも喰ってなさいってこった

6 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 04:29:31 0
よし、とりあえず>>1はレーニンの労農民主独裁論について語ってよ。
ロシア革命運動史について語るなら基本中の基本だ。

7 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 04:32:29 0
で、当然皇帝一家に悲劇となるんだよな
プリンセスとして大切に育てられられた深窓の美少女4姉妹が、
獣欲の限りを尽くす鬼畜兵士たちに散々に輪姦されて
泣き叫ぶのを皇帝に見せ付けたりしたんでしよ。
アナスタシアは妊娠させられたわけで・・・

うらやましでつ 当時の兵士が ハァハァハァ

8 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 04:34:55 0
ロシア革命の話は出来ないのに思想厨やエロい妄想だけは湧いてくる。

9 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 19:25:12 0
>>7
皇帝と皇后は殺されて当然だけどな。

10 :皇太子様がこのスレに激怒しておられます:2005/10/16(日) 19:28:55 0
             __,,,,_
  皇            /´      ̄`ヽ,
              / 〃  _,ァ---‐一ヘヽ.
  居          i  /´        リ}       >>1
             |   〉.    -‐   '''ー {!
  ま          |   |    ‐ー  くー |       !
             ヤヽリ  ´゚  ,r "_,,>、 ゚'}
  で      , 、   ヽ_」      ト‐=‐ァ' !        !
         ヽ ヽ.     \   ` `二´' 丿
  来       }  >'´.-! r 、` '' ー--‐f´
          |    −!   \` ー一'´丿 \
  い       ノ    ,二!\   \___/   /`丶、
         /\  /    \   / ̄ト、   /    l \
        / 、 `ソ!      \/l::::|ハ/     l-7 _ヽ
       /\  ,へi    ⊂ニ''ー-ゝ_`ヽ、    |_厂 _゙:、
       ∧   ̄ ,ト|    >‐- ̄`    \.  | .r'´  ヽ、
      ,ヘ \_,. ' | |    丁二_     7\、|イ _/ ̄ \
      i   \   ハ?       |::::|`''ー-、,_/  /\_  _/⌒ヽ



11 :秋篠宮真子内親王殿下がこのスレにお怒りのご様子です:2005/10/16(日) 19:52:08 0
      / / !lヽヽ  \  \ \  }、
    / l l l ヽ ヽ、_弐_ --ヽ _ヽノノ!    、__人_从_人__/し、_人_入
    /! ll__l ヽ-‐' "┴─`  l/rヌ、ノ|   、_) この愚民共!
    !l/fri刀          >'〉} ノ!   _)たわけたことを申すでない!
       l ̄ 、 _      ,Lノノ |    `)
        ',  ヽ'´ヽ    / | 「||l!,|     '´⌒V^'^Y⌒V^V⌒W^Y⌒
         ヽ、  ー'    / .| | | |!|  
         ``ー-ャァ' ´ _」、lLl l!|  
           __ノ /==三三ヽL



12 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 19:54:29 0
日本は革命煽ってたじゃねーか

13 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 19:56:03 0
>>12
そりゃ1905年の第1革命な。
革命成功まではいかさないという最高の出来だ。

14 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 01:25:52 0
        ゴガギーン
             ドッカン
         m    ドッカン
  =====) ))         ☆
      ∧_∧ | |         /          / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     (   )| |_____    ∧_∧   <  おらっ!出てこい>>1
     「 ⌒ ̄ |   |    ||   (´Д` )    \___________
     |   /  ̄   |    |/    「    \
     |   | |    |    ||    ||   /\\
     |    | |    |    |  へ//|  |  | |
     |    | |    ロ|ロ   |/,へ \|  |  | |
     | ∧ | |    |    |/  \  / ( )
     | | | |〈    |    |     | |
     / / / / |  /  |    〈|     | |
    / /  / / |    |    ||      | |
   / / / / =-----=--------     | |



15 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 01:54:39 0
ロシアの革命運動の元祖はデカブリストの乱かな。

16 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 02:41:50 0
俺はこの本を読んだけど涙無くして読めなかったよ。
とりあえず張っておく

ttp://members3.jcom.home.ne.jp/wing-pub/book/book013.html

17 :世界@名無史さん:2005/10/17(月) 22:43:57 0
革命を成功させ、そこそこ自由でそこそこ平等でそこそこ豊かな国を実現させれば
殺した貴族も皇帝も尊い犠牲だけど、出来た国家がアレでは犬死。

当時の革命家の論文も思想も事実上プロパガンダと政略の道具で今じゃ紙くず。

悲しくてむなしいお話しにしかならないよ(T_T)


18 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 01:00:59 0
そんなことはない。
革命家と言ってもレーニン率いるボルシェビキだけではない。
ロシアの革命運動は民主主義者から社会主義者、アナーキストまで幅広い専制打倒の運動だった。
その中で闘った人たちの思想や理想や文化は決して色あせていない。


19 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 01:03:31 0
>>17
>殺した貴族も皇帝も尊い犠牲だけど、出来た国家がアレでは犬死。

皇帝の死は尊い犠牲じゃなくて、当然の報いだろ。
尊い犠牲は社会主義や民主主義の理想を信じて死んでいった革命側の人間達だよ。

20 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 09:25:59 0
とりあえず、戦争を止めて飯が食えるようになれば何でも良かったてのが本音だろ

21 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 19:33:01 0
>>20
それ、わからんのよ。
貴方は戦争に賛成ですか反対ですか?
とかいう世論調査のような物が存在しないから、
個人の日記や新聞記事だけを根拠にして、みんな戦争を嫌がっていたとか、
いや実はあくまでドイツと戦うつもりだったのにボリシェビキが反戦を吹き込んだ、
とか、一部の人間の言動を一般化して語ってるだけなの>ロシア革命研究

22 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 20:06:33 0
>皇帝の死は当然の報い

何で?裁判すら行わずにやった虐殺だろ。
革命側は破壊するだけ破壊し尽くして挙句に自らが
赤い貴族に成り上がった。

23 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 20:20:29 0
ヴォルコゴノフの「レーニンの秘密」読むと
メンシェヴィキというのは良質な人材の集まりだなあと思った
ヘタレのイメージがあったけど、革命が不可避だったのならせめて
ボリシェヴィキのような殺人集団じゃなくてメンシェヴィキが主導権
取れれば良かったのに

24 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 20:32:55 0
>>23
取れたのに取らなかったんだよ。思想的自殺状態。
ここもSR右派も国内戦の時にボリに加担したんだよ。

25 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 22:01:15 0
>>21
ペトログラード暴動

26 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 22:05:17 0
>>25
二月か。それにしたってな、戦争停止の声が上がっていたのは事実だけど、
単に銃後の生活苦の不満を皇帝にぶつけていただけとも考えられるんだよ。

27 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:07:13 0
いやだからその銃後の不満の内容が食糧問題と戦争停止だろ

28 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:17:11 0
皇帝の政府の戦争指導が駄目だからダラダラ長引くんだという不満があった。
革命政府で対ドイツ攻勢をやって、さっさとケリを付けるという思惑。
カデットやケレンスキーはそういう考えだったし、少なくともケレンスキーは大衆的な人気があった。
レーニンが帰国してくる前のボリ党幹部もそれが主流。

29 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:17:54 0
>>22
ボルシェビキ政権で裁判しても当然死刑なるけどな。
当時は内戦の時代だったから裁判してる余裕が無く、白軍に潰されるか分からん状況だった。
だから裁判なしで殺したんだと思う。
皇帝の罪なんてのはいくらでもあるし、無かったとしてもでっち上げられる。



30 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:39:04 0
ウシ

31 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:45:23 0
ボルシェビキ政権は一党独裁になった時点で最悪の政体が出来るのが確実になった。
結局、帝政と変わらない専制政治を敷いただけだ。

それなのに少なくない知識人がソ連の支持者になったのは今から考えると不可解だ。
いくら資本主義が醜いからといっても、全体主義よりはマシだとどうして分からなかったのだろうか。


32 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:54:14 0
>>28
ペトログラード暴動のスローガンは「パンをよこせ」→「戦争停止」「専制反対」だし
後に兵士もストライキに合流している。
そもそもケレンスキーがデモやストライキを指導していたわけじゃないし。

33 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 23:58:56 0
>>32
だから、そのスローガンの何%が何だったかとかわからんのだよ。

34 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 00:08:03 0
>>31
確実じゃなかった。
SR右派もメンシェビキも反革命よりボリの方が話がわかると信じて疑わなかった。
SR右派と白衛コルチャークが組んだこともあったのに、
わざわざそれを引き裂いたイギリスに代表される帝国主義諸国を信頼しろというのは無理。

35 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 00:31:52 0
20世紀の社会主義の大失敗の本質的な原因は、ソ連型の一党独裁にあるんだよな。

36 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 00:32:53 0
そんなんで良い社会が出来るはずがない。
権力のチェックアンドバランスが働かないんだから。
ソ連型社会主義は全体主義だっただけだ。

37 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 00:34:39 0
戦時なんだから仕方あるまい。

38 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 00:40:06 0
せめて今のイランぐらいに民主主義があればなー。
イランはイスラム原理主義国家だが、それでも国民の投票で代表が決まる。
社会主義以外は認めないがその中での公正な選挙が行われるシステムだったらいくらかマシだっただろうに。

39 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 01:01:08 0
レーニンは選挙やったらSRが躍進してぶちきれて一党独裁に。
幼稚な野郎だ。


40 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 01:25:37 0
それに何の抵抗もしなかったSRってorz

41 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 14:22:02 0
               ,,,,,,,,,,,_
            ,,.''´ ̄ '''  ` 、、
          /          ヾ、_,,
.          /,,_           ミ  ';
         l _ `ヽ  '' 二 '''‐   ミ  リ
         l´てテ,l ⌒'l´tテ-)   キ  ,シ
          lー‐'/  ヽ‐ニ ''    ''/‐ヽ
.        |  (  _ ,ゝ、       ,/‐ ,リ
          l ;;' ``,, ´ ヽ        ソ〃
.         l  -,,三-‐-    ,,,  ^r-''
          ヽ、 _,,r_ ,,,  '''  ,l
          ,ー--   _ニ  - ヽ
    _ ,,.‐-'、  `l/´    _ ノ ゝ_ ̄ 7、、
   , '--― '    ̄ /´ ¨  ̄  _      ̄   ヽ
  /          l {O}    「,,_ ,,]         ',
 l           |       ☆           l


42 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 15:46:02 0
>>33
ロシア革命は専門じゃないから詳しくは無いんだけど、
食糧問題解決と戦争停止以外のスローガンがデモやストの多数派だっていう学説があるの?

43 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 20:34:21 0
ステファヌ・クルトワ、ニコラ・ヴェルト共著『共産主義黒書 ソ連編』より


独裁とテロという政権についた共産主義の現象の
この重要な現実を分析することは、容易なことではなかった。
ジャン・エランステイン[現代フランスの歴史家、社会主義の歴史、
スターリン主義について多くの著作がある]は、スターリン現象を
ギリシア的暴政と東洋的専制の融合と定義した。
この定義は魅力的だが、独裁政治として知られる以前の形態と
比べるなら、その全体主義が及ぶ範囲からしても、この経験の
現代的性格を理解することはできない。よりよく理解するために、
ざっとその違いを一瞥してみよう。



44 :世界@名無史さん:2005/10/19(水) 20:34:58 0
まずロシアの抑圧の伝統を思い起こしてみよう。ロシアの共産主義者は
皇帝の恐怖体制と戦ったが、旧体制といっても、権力を掌握した共産主義者の
恐怖政治の前では顔色なしだろう。皇帝は政治犯を本物の裁判にかけた。
そこでは弁護人は、検察官以上ではないとしても、同じほど意見を述べることが
できたし、共産主義体制には存在しない世論、とりわけ国際世論に証言して
もらうこともできた。囚人と受刑者は獄中では規則の恩恵に浴し、流刑制度や
拘禁制度も比較的軽いものだった。流刑囚は家族と一緒に流刑地に行って、
好きなように読み書きしたり、猟をしたり、魚釣りをしたり、「同じ不幸な」仲間と
十分な時間会ったりすることもできた。
レーニンとスターリンはこのような個人的体験をしている。
出版されたときあれほど世論を驚かせたドストエフスキーの『死の家の記録』でさえも、
共産主義の恐怖政治の前では取るに足りないように見える。
たしかに1880年から1914年までの期間、ロシアでは暴動や一揆が
起こって、昔ながらの政治組織によって厳しく弾圧された。
しかし1825年から1917年までの間、ロシアで言論や政治活動によって
死刑の判決を受けたのは6360人で、そのうち実際に処刑されたのは3932人
であった。この数は政権を取ってからわずか四ヵ月後の1918年3月までに
共産主義者によって処刑された数より少ない。
したがって帝政の抑圧は、共産主義のテロとは比べものにならないのである。


45 :世界@名無史さん:2005/10/20(木) 02:49:29 0
>>42
リチャード・パイプスによれば、
3月頃には対独講和なんて言えそうな雰囲気ではなかったそうだ。
ただ、それにしたってアンケートとかが存在する訳ではない。

46 :世界@名無史さん:2005/10/20(木) 20:52:08 0
>>43
なんか「資本主義黒書」ってのまで出てるらしいね。

47 :世界@名無史さん:2005/10/21(金) 00:38:45 0
専制政府を打倒するための革命というのは少なからず流血が伴うものだ。
しかし、その後の粛正などは弁解の余地は無いがな。


48 :世界@名無史さん:2005/10/21(金) 20:21:52 0
メンシェヴィキとボリシェヴィキ
同じ党の右派と左派かと思えば
メンシェヴィキは言論の自由や法の支配の重要性をわかってるし
赤色テロに断固として反対するし非常に穏健
マルトフやダン、プレハーノフをレーニン、トロツキー、スターリンらの基地外から
区別してもっと評価すべきだなと思った

49 :世界@名無史さん:2005/10/21(金) 22:17:04 0
メンシェビキが権力を握れば、イラン並みの民主主義は確立されたかもしれない。

50 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 02:48:14 0
>>49
阿呆か。馬鹿か。ウンコさんか。
「メンシェビキが」権力をとろうとしなかったの。
こういう思想的自殺集団に足をひっぱられたケレンスキーは本当に気の毒だ。

51 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 02:53:09 0
>>48
あのねぇ。
「法の支配」なんて二月以降は完全に終わってたんだよ。

52 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:08:15 0
なんでメンシェビキは権力をとろうとしなかったのか?

53 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:20:42 0
>>52
そういう理論だったから。
メンシェビキ理論においては、ロシア帝国は封建制だから、
ブルジョア革命たる二月革命の後に権力を握るのはブルジョア政党であるカデットでなければならない。
労働者の党であるメンシェビキが権力を握るのはカデット様が資本主義を深化させた後でなければならない。

54 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:25:12 0
ちなみに、レーニン理論では労働者と農民がブルジョア革命を完遂して資本主義を深化させることになっていた。
レーニンはそもそも1917年のロシア一国で社会主義なんかやるつもりはなかったんだ。

でも二月以降の無政府状態の中で現場の労働者が勝手に工場を占拠してしまったから、
これを「国家資本主義」という名目で追認してやることにしたんだ。
でも季節工みたいな連中が工場まわせる訳ないからたちまち生産壊滅、
しょうがないから戦時共産主義で力づくで元に戻したんだ。
これの何が悪いってんだよ。そんときゃ戦時だぜ。
言論の自由なんてふやけたこと言ってられねーんだぜ。

こういう状況でメンシェビキのヘタレに何が出来るてんだよ

55 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:32:29 0
>>54
本当にそうなのか?
レーニンが起こしたことは戦争と革命の混乱に乗じた暴力革命としか思えないが。
2月革命で帝政が崩壊した。
ロシアは民主主義国家になった。
その政府を暴力で打ち倒したのがレーニンの10月革命だろ。
言論の自由と民主主義認められている社会で暴力革命を起こすのはキチガイ。
つまり、ボルシェビキはキチガイ。


56 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:33:24 0
まぁなんだ。一言でいえばだ、ヘタレスキー・メンシェビキさんは、
自分が「たしかな野党」であるためにはボリシェビキ一党独裁も仕方が無いと思ったんだwwwwww

57 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:34:41 0
ボルシェビキって中核派みたいな連中だよ

58 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:43:04 0
>>55
その指摘は確かに正しい。少なくとも間違いではない。
ボリがキチガイというのなら、ドイツのスパルタクス団のように断乎鎮圧すればよかった。
機会はいくらでもあった。メンシェビキの頭のいい先生方ならコルニーロフ軍を乗っ取ることも不可能ではなかったろう。
なのにそれをしなかったメンシェビキはいくらヘタレ呼ばわりしてもしすぎることはない。

59 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:47:53 0
1917年の革命期は「二重権力構造」でソヴィエト政府と臨時政府が並立していた。
2月革命時点では臨時政府=カデットVSソヴィエト=SR・メンシェヴィキ
4月にレーニン帰国、「4月テーゼ発表」以降は
臨時政府=カデット・SR・メンシェヴィキ=ケレンスキー政権VSソヴィエト政府=ボリシェヴィキ
という認識で間違いない?

60 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:49:33 0
>>57
だからね、「良質な人材」の集まりで「非常に穏健な」メンシェビキ様が、
その中核派をコルニーロフよりは信頼出来ると判断したんだよ。

61 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 03:54:22 0
>>59
まぁそんな感じだ。
メンシェビキは途中から臨時政府に参画することにしたけど、
これは嫌々、カデットやケレンスキーの政略に負けて取り込まれたんだよな。

62 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 04:04:09 0
しかし、ケレンスキーもメンシェビキがあそこまでヘタレだとは思わなかっただろう。
カデットとメンシェビキの上にうまいこと乗っかってロシアを動かすつもりだったんだろうが、
メンシェビキがあまりにもヘタレなために右の足だけが異常に高くなって、
そこをボリにすくわれたというのが十月革命なのサ。

63 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 04:08:18 0
ロシアでソヴィエト革命が成功した一方でドイツのレーテ革命は失敗した。
ロシア2月革命の臨時政府とドイツ、ワイマール政府の対応を比較するのも面白そうだ。

64 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 04:10:31 0
>>63
@ソヴィエト・ボルシェヴィキに軍事力があった
Aノスケに権力欲がなかった

65 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 05:27:26 0
>>55
そうそう、これを忘れてた。

>言論の自由と民主主義認められている社会で暴力革命を起こすのはキチガイ。

その栄冠はまずコルニーロフに贈ってちょんまげ。
それから、確かに二月以降は完全無欠の民主主義だったのだぴょん。
選挙で選んだ指揮官の率いる軍隊でドイツに喧嘩売ってボロ負けする素晴らしい民主国家wwwwwww

66 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 08:56:10 0
頭の悪い2チャネラーに贈る言葉。
「時代状況が異なっていた」
ここにいる誰もが、18〜21年のレーニンの細かい論文を読んでいないものと確信する。
邦訳でも読めるのに。


67 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 11:18:36 0
レーニンが間違っていたのは結果から自明。
論文など読んだのは時間の無駄でしたね。
共産主義は20世紀を使った壮大な無駄な実験だった。
ドイツ、フランスなどはやる前から駄目だと解っていたのに。
中国とロシアというのは今後もまともな国からみるとくだらない
と自明なことをやる可能性の国ですね。

68 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 11:27:18 0
>>66
そんなんやってれるか。
レーニンがそんなに偉いというんならアンタが懇切丁寧にみんなを啓蒙すればいい。
それが出来ない単なるオタクが「こんな難しい論文を読んだ俺様は偉い」を連呼してるだけだ。

69 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 12:30:27 0
帝政ロシアとソヴィエト全体主義との連続性を主張する
パイプスとかは非常におかしい
被抑圧民族のロシアに対する偏見を感じる
過去の専制統治とボリシェヴィキ支配の異質性を強調する
マーティン・メイリアや>>43 >>44の方が正しい

70 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 13:49:59 0
ジョン・グレイ『アル・カーイダと西欧』(阪急コミュニケーションズ)

古くから西欧の学者たちは、ソビエト体制は専制と野蛮というモスクワ
的伝統への回帰だと説明してきた。事実は、ほとんどその逆に近い。
帝政ロシアに欠陥は多かった。忌まわしい行いも数々あった。だが、
完璧な人類を生み出すために大虐殺を行うなどという罪悪は、歴代の
皇帝の誰一人として犯さなかった。ロシアで最初にそれをやったのは
レーニンだ。しかもレーニンは、自分がジャコバンに起源を持つ
革命的暴力の伝統に属することを正しくわきまえていた。
ソビエト体制が、専制支配というロシア的伝統を利用した点に疑いはない。
だがその体制は東方正教会の修道院が生んだものではなく、ロシアの大地に
西欧の統治機構を移植しようとした―決して最初でもなく最後でもない―
試みだった。

71 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 14:05:26 0
ロシアのユダヤ人が深く関与したロシア革命
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb200.html
元ソ連外交官が語る
「ロシア−ユダヤ闘争史」の全貌
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhb500.html


72 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 14:28:04 0
ttp://www.seibunsha.net/essay/essay31.html
リチャード・パイプスのロシア革命論

73 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 16:57:05 0
>>69
ごめん、俺がパイプスを持ち出したのはそういう文脈では全くないんだけど。
レーニンが帰国した頃に戦争停止という主張がどのようにとらえられていたかという一例をあげただけ。

74 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 17:17:14 0
>>70
あの、このスレのどこにレーニンと帝政の連続性を強調するレスがあるの?
パイプスという名前だけに反応してレッテル貼りしてるレスならあるが。
それって「ロシア」「レーニン」という名前だけに反応して「専制の伝統」というレッテル貼りをするのと同じだね。

75 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 18:39:30 0
>>73
いや、別にあなたに反応して書いたわけではないと思うが

76 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 18:47:36 0
>>75
そうか?
パイプスを出したのは俺だけだからさ。
スレの流れも無視していきなりそんなこと書くから。

何の意味も無い単なるコピペか?

77 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 18:59:44 0
>>76
流れを無視というか、別の話題出しただけじゃないですか?
ちょっと自意識過剰じゃないですか?

78 :世界@名無史さん:2005/10/22(土) 19:08:31 0
そりゃ失礼。慎みます。

79 :世界@名無史さん:2005/10/23(日) 02:56:18 0
団塊の世代あたりにはロシア革命マニアがごろごろいるはずだ。

80 :世界@名無史さん:2005/10/23(日) 13:00:37 0
>>69
43、44は間抜な人権主義で書かれた駄作だなw
人権馬鹿が統計だけ調べたような意見だな。
専制の継承と言う視点が正しい。
>>70
西欧ではなくて古代ローマからビザンチンの伝統の継承だな。
その本も多分カトリシズム史観から脱却できていない浅薄なものだろうな。


81 :世界@名無史さん:2005/10/23(日) 13:04:48 0
>>80
>カトリシズム史観から脱却できていない

???

82 :世界@名無史さん:2005/10/24(月) 03:40:23 0
ロシアの革命家の中でもネチャーエフが好きだ。
ドストエフスキーの悪霊のモデルになった人物。
有言実行で、最後は獄死した。

83 :世界@名無史さん:2005/10/24(月) 09:38:08 0
ソ連体制擁護の論文など山のようにある。
何年に書かれたものかが問題だ。
ロシアの遅れていると弱点を述べるとと差別だと野中広務の背後組織みたい
なことを言うなよ。遅れてないならその根拠をのべるのが正しい論理。

84 :世界@名無史さん:2005/10/24(月) 13:38:02 0
↑帝国主義者の妄言に耳を貸しては成らない。

85 :世界@名無史さん:2005/10/25(火) 02:05:42 0
くだらん釣りスレに成り下がったな。

86 :世界@名無史さん:2005/10/25(火) 02:34:33 0
ネチャーエフ(セルゲイ・ゲナディエヴィチ)1847-82
モスクワ郊外の町イヴァーノヴォに生まれる。父は薄給の労働者、母は解放農民の娘。6歳で母を失う。
ペテルブルクの教会学校に教師として赴任。1868-69年、ペテルブルク大学で大学紛争に加わり、ラディカル少数派に立つ。
69年3月スイスへ脱出、バクーニンやオガリョフに接近、特にバクーニンと共に完成させた『革命家のカテキズム』 では「革命のためにはもっとも卑劣な手段(テロリズム)も肯定される」とし、
「革命のマキアベリズム」「革命のイエズス主義」と揶揄された。
9月帰国、秘密結社「人民の裁き」を結成するが内部に対立が起こり、メンバーの一人イワノフを殺害。
この事件をきっかけに当局は300名を逮捕、ネチャーエフ自身はスイスへ逃亡。同事件はドストエフスキー『悪霊』のモデルとなった。
70年に『コロコル』『人民の裁き』刊行。72年8月14日逮捕、ペトロパヴロフスク要塞にて服役中に見張りの兵士20名余りをオルグ。
脱獄の計画を立てるが、ツァー暗殺計画を優先させて見送る。
その後、政府による革命運動弾圧激化のあおりと、囚人仲間のミルスキーの密告により不可能となり、壊血病と水腫により35歳で獄死。
獄中の著作に『生き埋め』『ロンドンからの手紙』小説『未来は誰のものか』『昔なじみ』『ジョルゼット』があるが、その殆どは日の目を見ぬまま破棄された。



87 :世界@名無史さん:2005/10/25(火) 22:54:02 0
ペトロパブロフスクの監獄の入り口毎に、顔と名前が出ていますが
だれが誰なのかわからない。予習してメモでも持っていく必要がありそう。

88 :世界@名無史さん:2005/10/26(水) 06:02:54 0
革命家殉教者列伝

89 :世界@名無史さん:2005/10/26(水) 09:01:35 0
革命は成就までは輝く未来への希望だ。
達成後は地獄。

90 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 00:25:29 0
ロシア革命に関してはその通り。
ただし、東欧革命とかは違うよ。

91 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 00:31:14 0
http://vladimir.mine.nu/military-red2.mp3

92 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 09:13:12 0
>>74
専制の伝統はレーニンよりスターリンに顕著だよ。
ほぼ確実に歴代ツァーリの政策を意識して利用している。
現在でもスターリン人気が衰えないのもこういった理由から。
プーチンもそうだな。円卓会議に公然と総主教を列席させているのもそう。
エリチンもしていたことだけど、プーチンは更に露骨に利用している。
政治に影響するような事件があると必ず総主教の下に訪れている。
プーチンはフセイン同様スターリンと似ている点が多々ある。
フセイン体制も一応は社会主義体制だね。
もともと中東から来た専制体制が里帰りしたわけだw

「革命を成したと思うものはそれが本来あるべき革命と如何に
違うかを見ることになる」

エンゲルスの含蓄ある言葉だな。スターリンは教会を破壊する映像を流しながら
東方教会の最高権威に君臨するクレムリンの教会はしっかり保全していた。
宗教政策調べて味噌。わかるから。

93 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 14:01:45 0
レーニンはまだ合議制を守っている。

94 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 14:03:31 0
>>92
プーチンとスターリンが似てるって言ったらプーチンに失礼だろ。
スターリンは前世紀最悪の圧制者だ。
プーチンはチェチェン人にとっては圧制者だが、一般のロシア人にとっては経済マフィアを取り締まってる英雄だ。



95 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 14:37:35 0
じゃムッソリーニ

96 :世界@名無史さん:2005/10/28(金) 01:29:50 0
人民の意志党の復活を日本で希望。


97 :世界@名無史さん:2005/10/28(金) 16:20:15 0
>94
そこがプーチンの評価の一番難しい所ですね。
共産主義を止めた時にロシアの国有財産のかなりを要領のいい奴に
かすみとられた。プーチンはそれを取り返してるようにも見える
けれど、その手段が合法的とも言えなそうなので、法治主義の面から
問題がある。ロシアが汚職も言論の自由もランキングが悪いことと
の関係でもプーチンのやってることが良いのか悪いのか解らない。


98 :世界@名無史さん:2005/10/28(金) 22:24:24 0
>>97
ロシアの新興財閥は悪どいことをたくさんしてるので、ほじくればいくらでも犯罪は出てくる。
実際に脱税等は行っていたしね。
それを取り締まることはいいことだよ。

99 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 03:58:03 0
SL党が発車いたしま〜す

100 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 13:02:50 0
ボリのやったことが人類史上例の無いほど酷かったから
コルニーロフが勝ってたほうが良かったんじゃないかと思う

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)