5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魔法・呪術の歴史

1 :世界@名無史さん:2005/10/07(金) 21:58:43 0
有史以前からあったであろう、呪術や魔法の概念。今でも地域によっては事実上存在し、
またオカルトを馬鹿にしてる人ですら神社や寺でのお守りや祈りは心の拠り所。
人類あるところ魔術や呪術、占い信仰はある。

2 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 00:38:31 0
ロシア人は人間の脂肪で作った蝋燭をもっていれば気づかれずに盗みができると信じていた。
そのためによその子供を殺して脂肪を抜き取る事件まで実際に起きた。

3 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 00:59:30 0
マンドラゴラ マンドラゴラ
はやくわたしを結婚させて!

4 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 01:34:52 0
キョエエエエエエエエ

5 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 01:50:25 0
文化大革命の時代、中国では、病人が毛沢東の顔写真を見たとたん、
病気が回復に向かったとか、運動選手が『毛沢東語録』を唱えて
最高の記録を樹立した、
といった類の話が信じられていた。

6 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 02:11:41 0
モンゴルの羊の内臓占いは今でもやってるのかな?

7 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 02:16:13 0
5年3組魔法組見てた。
子供のころは魔法使いになるのが夢でした。
でも5年3組にはなれませんでしたw

8 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 02:21:04 0
魔法使いになっても何もいいことなんかないよ。朝松健をみてれば分かる。

9 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 03:35:48 0
>>6
雲南省納西族のトンパ教では今も
鶏の肝臓使って占いやってたね。
古代チベットの鳥の内臓占いを継承している
らしく、なかなか感慨深いものがある。

10 :&rlo;水&lro;( ´,_ゝ`) ◆TCygujgOWY :2005/10/08(土) 03:47:19 0
そういやアステカにも呪術はあったなぁ。
コルテスによく似た人間を連れてきて呪いかけただか生贄にしただかだったが
結局効かなかったんだよな。
コルテスの体が「硬かった」からだとかそんな解釈してたらしいけどなw

11 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 04:59:59 0
アステカ文明の歴史用語て並べると魔法少女の呪文みたいなのな。

アステカ・テパネカ・アウィツォトル、オルメカ・トルテカ・イツコアトル、
マセワル・カルプリ・ポチテカ・マイェッケ、アウィツォトル・モクテスマ・クアウテモク、
テオティワカン・テスココ・テノチティトラ〜ン♪

12 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 09:24:08 0
占星術、俗な言い方をすると、星占いは、日本じゃ血液型性格判定以下の存在で明らかに
オカルト扱いだが、外国では知識人、財界、政界の有力者でもそれなりに利用、信用している。
有名どころで例えばレーガン大統領がそうだったという。

13 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 10:12:06 0
キリスト教は占星術を否定しているのにな。

14 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 11:33:25 O
>>12
アメリカでは新聞等に占いを載せる時は
「科学的根拠はない」
という注意書きが必ずされる。


かつて日本でも占いがらみの裁判で、
「占いなんぞに科学的根拠はない」
という判例が出ている。

15 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 12:13:45 0
アナグマ占いは、今もインディアンがよく使ってる。死んだアナグマの血だまりを見て未来を占う。

16 :世界@名無史さん:2005/10/08(土) 15:43:27 0
>>5
自分が信じるのは勝手だが、他人に信仰を強制するのはよくないね。
十年前に好きだった台詞。
「ジーコさん、わたしの病気を治してくれてありがとう!」

17 :世界@名無史さん:2005/10/09(日) 01:20:46 0
>>12
ホロスコープといえばナチっしょ。

18 :世界@名無史さん:2005/10/09(日) 02:02:54 0
『おカルトと物理は無関係である』
などと冷笑主義ごっこの哲学中学生のようなことを考えたことのある者に対しては、
天才と謳われたかの山本義隆の著書『磁力と重力の発見』の熟読をおすすめするものである。
多くの俗人は、昔の人たちは迷信深い非科学的な連中であったと考えている。
その非科学的な部分、たとえば魔法だの錬金術だのを切り捨てることで、現代科学が成立したのだ、と。

本書『磁力と重力の発見』は、この通念をひっくり返してくれる快著。
本書は説く。科学は魔法を切り捨てたのではない。むしろ科学は魔法の直系の末裔なのだ、と。
それも極端に言えば万有引力というニュートン力学の根幹こそ、魔法の最大の遺産なのだ、と。

19 :世界@名無史さん:2005/10/09(日) 08:35:41 O
何の本だったか、太平洋戦争中、東条首相が呪術師にアメリカに呪い掛けくれと頼んだら、ルーズベルトが速攻であぼんした話が載ってたな。

20 :世界@名無史さん:2005/10/09(日) 10:39:26 0
日本で呪術を完全に否定した人は親鸞以外にいないんじゃないのかな。

21 :世界@名無史さん:2005/10/09(日) 23:12:12 0
ここに私がおりますが。

というのは嘘だが、その言い方だとまるで呪術を信じない日本人は過去はもとより
現在まで一人の例外を除いてまったくいない、と言ってるように聞こえるな。

22 :朱由檢:2005/10/09(日) 23:50:57 0
>>14
占いじゃなくって、丑の刻詣りの判例でしょ。
刑法の不可能犯で必ずと言っていいほど出て来る判例だよね。
ドラマ『トリック』でも取り上げられていたから、
刑法を勉強したことのない人でも知ってる人も多いかな。

魔術師、魔術ネタと言えば、有名なファウストゥスとか。
彼が書いたとされる魔術書のほとんどが偽書なんだけど。

23 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 00:47:09 0
>>21
まあ、UFOにしろ、霊魂にしろ、呪術にしろ、
科学的には、「完全に否定」つうことは難しいんでは。
証明の手順を踏まずに、「絶対に存在しない」といったら、
それこそ非科学的ということになる。
まあ、心情的に「絶対信じない」といった確信を持つのは各個人の自由だけど、
それは主観だよね。

24 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 02:11:10 0
ハリー・フーディニ(フーディーニとも)1874‐1926

20世紀初頭一世を風靡したアメリカの魔術師。特に脱出劇を得意とし、密閉した箱に入り、手枷
をつけたまま水中に没しそこから脱出してみせるというような術を披露しかっさいを博した。



魔術師といってもフーディニは奇術とかいわゆるトリックのあるやつの方なので、このスレの
主旨からずれるかもだが、彼は多くの交霊術、霊媒師などのをインチキと暴くことに熱心
に取り組んだことでも有名なのであげてみる。
ちなみに彼は恨まれるほどに交霊術、魔術、霊媒師の類を暴き、これらの類は大半が
インチキだと断罪する一方、霊や死後の世界の存在は信じていたとも言われる。

25 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 02:55:39 0
トニーカーチスの「魔術の恋」だね。

26 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 04:54:50 0
ニュートンの錬金術やエジソンの霊界通信機は有名だわな。

27 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 05:49:50 O
ダブルフェイスやら帝都物語やら

28 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 06:02:18 0
山本義隆って湯川秀樹の愛弟子だった人か。
すげぇ久し振りに名前聞いたよ。

29 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 12:04:24 0
ファチマの手

30 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 18:32:05 0
ハイチの歴史に燦然と輝く偉大な
デュバリエ様のヴードゥー特高警察「トントン・マクート」出動!
>31〜>1000まで逮捕の上、ゾンビ化せよ!

31 :世界@名無史さん:2005/10/10(月) 18:41:55 0
>>30
ゾンビの口の中には、銀貨が1枚入っているんだっけ?

32 :世界@名無史さん:2005/10/11(火) 14:36:25 0
トントン・マクート・ヨウ

33 :世界@名無史さん:2005/10/11(火) 17:00:48 0
スラヴ諸国では農村の女たちが真夜中に裸、または下着姿になって
泣き声をあげながら鋤をひいて村の周囲を回ることがあった。
疫病や吸血鬼の侵入を防ぐ結界をつくる呪術「オパヒヴァニエ」である。
これに男が出くわすと女たちに滅多打ちにされ、殺されることもあった。

34 :朱由檢:2005/10/11(火) 22:10:52 0
ローマ教皇シルヴェステル2世(位999-1003年)にも悪魔と契約し、
魔法を使ったとかって伝説があったよね。
このことはヴィクトル=ユーゴーの著書、
『諸世紀の伝説』でも紹介されている有名なエピソード。

35 :世界@名無史さん:2005/10/12(水) 16:18:39 0
現代のアラブ社会にも呪医や黒魔術師がいるらしい。

36 :世界@名無史さん:2005/10/12(水) 18:59:09 0
シフル(魔術)の対処法
ttp://islamqa.com/index.php?QR=11290&ln=jpn

37 :世界@名無史さん:2005/10/12(水) 22:53:08 0
アフリカのサッカーの選手代表団に、それぞれ必ず呪術師がついてるのは、国際サッカー界では常識だ。

38 :世界@名無史さん:2005/10/13(木) 19:17:02 0
コリン・ウィルソンの本に載ってた話。
アフリカの工場では事故防止のために機械に生贄をささげる例があるという。
白人の事業主がそれを止めさせると、メンテナンス中に電源の入ってない機械が
勝手に動き出して死者、重傷者がでたとか。

39 :世界@名無史さん:2005/10/13(木) 21:14:12 0
>>37
つまり、サッカーの成績から判断するに
呪術のレベルでは、南米のマクンベーロのほうが優秀というわけだな

40 :世界@名無史さん:2005/10/13(木) 21:57:41 0
>>37
FIFAの公式ルールでもアフリカブロックだけわざわざ
「ピッチ内への呪物持込禁止」を条文に盛り込んであるとか聞いたがw
それでも違反者は後を絶たないわけで。

41 :世界@名無史さん:2005/10/13(木) 22:10:45 0
コリン・ウィルソンの本なんてガセネタだらけだろw
中岡俊哉と同レベル。

42 :世界@名無史さん:2005/10/14(金) 01:09:36 0
未開部族社会に必ず見られる呪術師。
彼らは雨を降らせ、獲物を増やし、病気を治す。
部族構成員から敬われ王(呪王)になっているものまでいる。

卑弥呼の「鬼道」が呪術卜占の類であったことは間違いないだろう。
そして彼女もまた王であった。

君主制の始まりは呪術にあったと考えられる。
農耕社会の発達により宗教観念が強まり、村のまじない師は神官王となった。
神の代弁者と目されることもあった彼らには必然的に「村の戦士」(軍事力)
「村の長者」(経済力)も追従し、王権は強められていったのである。

ちなみに本邦室町期の土豪地侍の類は貴族領の荘官であり、
武力と経済力だけで在地を支配したのであって、いわゆる未開社会の王とは異なる。

43 :世界@名無史さん:2005/10/14(金) 01:24:05 0
シャーマニズム社会においてシャーマンの社会的地位は高い。
琉球王妃は聞得大君(きこえおおきみ)といわれ琉球全島のノロを支配した。
朝鮮でもよく似た制度があったらしい。

ではシャーマンの能力とは?その多くは神との交信である。
戦後直後の爾宇教教祖、長岡良子は妄想性分裂病であったし、
天理教教祖中山みきも分裂症の患者であった。
彼らがトランス状態に陥ったときに説く終末預言は
不安からの脱却を望む大衆を巻き込み、大きなうねりとなった。

近年の新興宗教はシャーマン型が多く、世相不安に乗じて勢力を拡大した。
彼らは国家神道の弾圧に抗し、信者は熱狂的に教祖に心酔した。
「自らも信じた嘘」に民衆は容易に取り込まれてしまう。
古代の王も特に奇跡を起こす必要はなかったのだろう。
ただ本人も信じる嘘とその嘘を盲目的に信じる圧倒的多数があれば良かったのだ。

44 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 15:30:58 0
風水・気の歴史
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1093697764/l50

なんか荒らされてまつ・・・

45 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 15:32:48 0
マレーのシャーマンの呪文

オーム! 純潔の女神、マハーデーウィーよ! オーム!
我は強大な虎の子なり!
我はアリーの後裔なり!
我が声は唸る雷鳴なり・・・
アリーより得られし我が呪文により
そしてイスラームの信仰告白により

46 :世界@名無史さん:2005/10/15(土) 17:17:31 0
>マレーのシャーマン

ドゥクンといったっけ。呪医のような仕事も受け持つんだよね。
厳格なムスリムはどう見ているんだろうな。

47 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 09:17:33 0
実質オカルト系雑談スレみたいになっとるな。まあその方がスレとしては面白いかな。

48 :世界@名無史さん:2005/10/16(日) 12:43:53 0
>>45
アルカイダに通報しますた

49 :世界@名無史さん:2005/10/18(火) 16:37:35 0
>>45
これ、オサマおじさんが聞いたら卒倒しそうだ(笑)

50 :世界@名無史さん:2005/10/27(木) 00:38:36 0
どうして魔法には宝石がつきものらしいけど、どうしてそうなのか、
また魔力を込めるのに向いている宝石とかある?

51 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 00:56:48 0
アーサー王には一応モデルとなる人物がいたそうだが、マーリンにもそんなのいたの?

52 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 15:30:23 0
>>50
オカ板で尋ねれば一発で教えてもらえるよ。

53 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 17:52:05 0
>51
「ブリテン列王史」には一応出てくるらしい。
もともとはケルトの伝説の登場人物だそうだけど。

54 :世界@名無史さん:2005/10/29(土) 21:32:06 0
子供の頃、魔法使いになる心算で研鑽を積んでいたお陰で、
今ようやくにして一流の「魔法使い」となった。
何なりと問うて下さい。

アポッローニオス


55 :世界@名無史さん:2005/11/07(月) 21:46:31 0
>>45
改めて読むとすごい章句だなw
原理主義者が聞いたらえらいことになりそうw

56 :世界@名無史さん:2005/11/08(火) 01:29:10 0
タロットの今一番古いものはフランス国王の命令で作られたんだっけ
当時宮廷に出入りしていた魔術師?ってどんな仕事してたんだろう
文化人扱いだったのかな?

57 :世界@名無史さん:2005/11/08(火) 02:40:01 0
フィクションだけど、酒見賢一『陋巷に在り』は、孔子の弟子・
顔回をめぐる呪術合戦小説。

白川静の中国古代史観の影響をもろに受けてるがおもしろい。
ただ陰湿な呪術合戦が延々続くので、辟易して途中で投げ出す人も多い。

58 :世界@名無史さん:2005/12/03(土) 12:50:48 0
ハリー・ポッターの路線でタンキーものでも作れないだろうかw
「霊幻道士と秘密の道観」とかw

59 :世界@名無史さん:2005/12/07(水) 19:14:51 0
英印軍の司令官はインパールとコヒマに日本軍が現れるという占い師の予言に従って防衛体制を整えた

バチカンはヒトラーに取り付いた悪魔を祓う儀式を何度か行ったが効果は無かった

リベリア内戦において、民兵たちは女装をすれば銃弾が嫌がって避けていくと信じ、奇抜な格好でカラシニコフを乱射していた。

アンゴラやコンゴでは数年前から魔女狩りが行われている。

今年の夏、極右のユダヤ教徒たちはガザを放棄したシャロン首相に対し、死の呪いの儀式を執り行った。効果は今のところ現れていない。

60 :世界@名無史さん:2005/12/07(水) 21:38:00 0
シャロン自身が悪魔の化身だもんなあ

61 :世界@名無史さん:2005/12/11(日) 11:34:39 0
元寇の時も呪術をやってたけど、いわゆる神風はわれらのおかげ、と報酬を要求したらしいね。
そういや、太平洋戦争のときもやってたらしいが…ルーズベルト病死はそのせいだとか
なんとかあったのかな?

62 :世界@名無史さん:2005/12/20(火) 00:24:56 0
>>59
あなたの仕業ですか?

シャロン首相が入院 軽い脳卒中、回復と医師

 【エルサレム19日共同】イスラエルのシャロン首相(77)が18日、体調不良を訴え、エルサレム市内の
病院に入院した。AP通信は担当医の話として、首相は軽い脳卒中の発作に見舞われたが、間もなく回復し、
後遺症はないと述べた。側近によると、数日間入院する見通し。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20051219-00000056-kyodo-int

63 :世界@名無史さん:2005/12/20(火) 00:29:57 0
むしろ60だったかも。

64 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 23:41:02 0
>>61
そんなときのための鎮護仏教ですよw

65 :世界@名無史さん:2006/01/05(木) 23:45:02 0
>>59
小康状態から再び危篤、首相復帰は絶望的だって。効いてるなw

66 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 02:29:33 0
>>59
>英印軍の司令官はインパールとコヒマに日本軍が現れるという占い師の予言に従って防衛体制を整えた

牟田口閣下の作戦は凡人の理解の範疇を超えているからな。
もう占い師の手を借りるしかなかったんだろう。

>死の呪いの儀式を執り行った。

ユダヤ教だけにゴーレムとか使ったのかな?


67 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 02:42:35 0
>>65
このまま死んだら、呪殺された大統領として歴史に名を残すのかな。>シャロン
2ちゃんとかで。

68 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 05:55:10 0
首相だろ

69 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 17:01:47 0
でもあの体型だからなw
いつ循環器系の発作を起こしてもおかしくないw
呪殺、ってたって説得力に乏しいわな。

70 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 23:08:18 0
パレスチナ人の子供達は、病気になってもシャロンの人種隔離壁のせいで、医者にもかかれず
何人も死んでいる。シャロンは最高クラスの医者に診てもらえて幸せ者だよ。

71 :世界@名無史さん:2006/01/06(金) 23:23:46 0
子供たちの祈りをアッラーが聞き入れたとしか思えん。

72 :世界@名無史さん:2006/01/07(土) 10:42:31 0
シャロン首相が重篤なのがよほど嬉しいらしいな。世界史板って反イスラエルって多いのかね。
パレスチナ寄りの人間ですら、まともな見識を持つ人なら、彼はろくでもないこともしたが、今は
生きて政務に戻ってくれる方が、そのパレスチナのため、と言ってるんだが。


73 :世界@名無史さん:2006/01/07(土) 11:37:16 0
とりあえずシャロンが死んでも、あの残酷な隔離壁は拡張され続けるのかな。


74 :世界@名無史さん:2006/01/12(木) 21:58:37 0
ttp://www.asahi.com/international/update/0112/003.html

≪アイスマンの呪い? 伊の凍結ミイラ、関係者7人死亡≫

現代欧州に蘇る、ミイラの呪い伝説。 なんか興味深いね

75 :世界@名無史さん:2006/01/13(金) 01:24:55 0
asahi.com

76 :世界@名無史さん:2006/01/13(金) 02:08:04 0
ttp://news.bbc.co.uk/2/low/europe/4409512.stm

77 :(((((((;゚д゚)))))):2006/01/13(金) 23:59:30 0
13日の金曜日が過ぎてゆく。。。

78 :世界@名無史さん:2006/01/30(月) 02:00:09 0
錬金術スレを知りませんか
世界史板にあったはずなんだが

79 :世界@名無史さん:2006/01/31(火) 00:51:54 0
>>78
検索したけどないね。俺も錬金術大好きなんだけどな。

ここでやれば良くない?

80 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 16:37:43 0
「徹子の部屋」放送中に転倒し髪型が崩壊★2(画像あり)
編集をせず生放送と変わらないスタイルで続けていた長寿番組「徹子の部屋」
収録中に黒柳徹子が転倒し、あの30年間維持していた髪形が乱れ、ゲストも驚きを隠せなかった
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news7/1139117247/

81 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 18:11:21 0
陰陽道は日本と中国に関係があると聞いたけど、
実際の歴史はどうなってるんですか?


82 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 18:37:32 0
陰陽道は中国と関係ない
その証拠に、一条戻り橋から清明神社にかけて、
中国料理店は一軒もない。
ユニクロまで行くと一軒ある。

83 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/02/05(日) 18:39:56 0
陰陽思想とは別に、「陰陽道」という大系を指す用語が成立したのは日本で
十世紀に成立したものです。陰陽寮は他の多くの外来技術と共に、天武朝
に導入・成立していましたが。
>実際の歴史はどうなってるんですか?
これも曖昧で分りかねますが、平安時代に限って職掌を述べると、有名な
安倍晴明の様な官僚であった陰陽師のやった事は、難を避け、やり過ごし、
延命を図る様なもので、呪詛は民間の法師陰陽師が行っていました。
式神(識神)を使うと言われていたのは事実ですし、陰は分かりませんが。
主にやっていた事は、現世利益の祈り、お祓い、占い、守護です。
病人の為に「医陰の輩」が呼ばれたと史書にもある通り、医師と一対になる
技術者と見なされていました。
『今昔物語集』で、藤原道長の周囲にいた陰陽師と密教僧と医師と武士が共
に活躍して道長を守っているのは、当時の社会の縮図を現したものです。

84 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 18:44:43 O
暗殺は行われているかもしれない


85 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 18:50:41 0
大陸では方術がそれに相当するのかな?

86 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/02/05(日) 19:08:09 0
なお、陰陽博士と同時期に呪禁博士も歴史に登場していますが、こち
らはすぐに歴史から姿を消しています。記録も少ない。
陰陽師の方は明治3年に禁止され、歴史から姿を消しました。
今でも、それ系の在野の宗教者はいる様ですが、どこまで信用出来る
かと言えば、微妙なところです。
前年には神仏分離が行われ、社僧が神職にさせられたりしていました
が、陰陽師もこの後神職になったりしたものの、陰陽師としての存続
は認められませんでした。
そして、社僧も陰陽師も復活する事は無かった。

イデオロギー面の問題もさることながら、僧侶も陰陽師も旧幕時代に
は時の権力と結びついて特権を持っていたのが余計に否定に結びつい
た様です(特に後者は思想面で否定されたとは廃止令に出ていない)。

明治5年に僧侶への弾圧を取り止め、修験者も僧侶扱いで復職させた
上、話芸を事とする人々や神職と共に教導職に任命する案が出された
翌年、宗教的色彩の薄かった官僚が陰陽師をも教導職として復活させ
る案を提出しましたが、取り下げられました。
この時採用されていれば、今も町中に陰陽師がいたかもしれません。

87 :世界@名無史さん:2006/02/05(日) 19:08:21 0
古代ギリシャには泥や青銅で出来た呪人形があったね

88 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/02/05(日) 19:15:19 0
李暹による『千字文』注の中に、太公が草人形を射て呪詛する話がありました。
人形を利用して呪詛や治病を祈る事は日本では奈良時代には存在しており、
土器に人面を描いたものもありましたが、中国に由来する様です。

89 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 01:09:45 0
そこで前漢の巫蠱の乱ですよ。

90 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 02:42:57 0
「30歳まで童貞を守れば魔法が使えるようになる」みたいなのって
どの程度普遍性があるんだろう

91 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 03:03:46 0
元は妖精に生まれ変わるって形だったと思うんだよな。

92 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 08:27:01 0
>>82
中華料理店は関係ないだろw

93 :世界@名無史さん:2006/02/06(月) 13:00:35 0
>>90
女が近寄らなくなる魔法だったらかなり普遍的な気が。

94 :世界@名無史さん:2006/02/07(火) 12:56:03 0
西洋中世の魔術って、ギリシャローマ系統のと
ケルト・ゲルマン系統のとどっちが多いんだろう?

95 :世界@名無史さん:2006/02/07(火) 15:35:52 0
知識人階級→ギリシア・ローマ(エジプトルーツのヘルメス的伝統)
魔女として迫害された女呪医→ケルト・ゲルマンって印象
無論知識人の中にもパラケルススのように薬草の知識を求めて
女呪医と交流のあった人もいるし一概には言えないんだろうけど

96 :世界@名無史さん:2006/02/19(日) 13:03:33 0
「千夜一夜物語」の世界の魔術はイスラム以前のセム系魔術の名残なんでしょうか?
ランプの精、岩戸を開く「開けゴマ」の呪文等々。
怪鳥ロックは明らかに古代セム神話を受け継いだものだそうですが。

ジンはイスラム時代になっても廃れることなく残った不思議な存在ですな。

97 :世界@名無史さん:2006/02/19(日) 21:39:27 0
>>96
「アリババと40人の盗賊」はイランの話だとか

98 :世界@名無史さん:2006/03/02(木) 00:58:29 0
イスラム以前のイランの呪術についてのまとまった研究はまだ存在していないらしい。

99 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 11:26:57 0
もしやゾロアスター教の流れを汲んでいるんだろうか?

100 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 14:17:43 0
>>24
フーディーニは、最愛の母が亡くなったとき、相当ショックを受けた。
だから、「死後の世界があるのなら」母と交信しようと当時欧米で大流行してた交霊会へ
行ったが、どれも奇術のトリックで解明できるインチキばかりだったので、落胆したそう。
当時はヒュームとかダベンポートブラザーズとか、霊媒師の全盛期だったから興味深い。

マジックの語源は、トルコのマギ族だとか、ギリシャ語のマギーだとかいろいろ言われてるけど、どうなんだろう。
Wikipediaの奇術の項目は、呪術も少しカバーしていて面白いよ。いつごろから呪術と魔術と奇術に分かれたか書かれてる。

101 :世界@名無史さん:2006/03/05(日) 20:58:43 0
マギがトルコ語だという説ははじめて聞いた。
普通は古代ギリシア語でメディア人の祭司階級を意味するマゴス(ヘロドトス『歴史』)じゃないの?
でマゴス自体は古代イラン語。

102 :まるこ:2006/03/22(水) 01:04:05 0
呪術の代行を実際にお願いしたことがある人はいますか?

103 :世界@名無史さん:2006/03/25(土) 15:22:09 0
フィリピンでいわゆるゴッドハンドに肝臓から毛を取り出してもらったことはある。
ま、ぶっちゃけあきらかに手品だったんだが、
エンターテイメントとしては楽しめた。

104 :世界@名無史さん:2006/04/04(火) 22:59:28 0
「黒魔術で殺す」売春強要 タイ人の女ら3人再逮捕

 「逃げたら黒魔術でのろい殺す」と脅してインドネシアの山間部出身の女性に売春させていたと
して、宇都宮東署は4日までに、人身売買や強要の疑いでタイ国籍の宇都宮市平松本町、風俗
店経営サトウ・プラパポーン容疑者(39)ら外国籍の女3人を再逮捕した。
 調べでは、3人は昨年9月と11月、インドネシア国籍の19歳と20歳の女性を売春させる目的
で180万円ずつで売買。インドネシアの一部で呪術(じゅじゅつ)の一種である黒魔術が信じられ
ていることを悪用して、女性のつめや髪の毛を採取し「命令に従わなかったり逃げた場合は、
つめや髪を使った黒魔術でのろって殺す」と脅していた疑い。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060404-00000157-kyodo-soci


105 :世界@名無史さん:2006/04/19(水) 00:58:06 0
回教国の呪術って一体・・・
インドネシアのは有名だから、地元の原理主義者だって知らないはずはないだろうにな。
ジンの加護でも仰ぐのだろうか?

106 :世界@名無史さん:2006/04/20(木) 00:57:27 0
「アリー・ポッターと賢者の黒石」

107 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 03:27:32 0
>>19
仏教・神道を問わず呪殺行イベントを盛大に行い、果たしてルーズベルトは頓死。
しかしほぼ同時に本土空襲が激化、神社仏閣がバカスカ焼けてしまい
「本当に呪殺できたにしたところで、うちらは攻撃されっぱなしの状態って何?意味ないじゃん」
と意気阻喪してしまったらしいですね。


108 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 04:04:38 0
大統領狙うよりもB29の故障を祈った方がよかったんじゃね?

109 :世界@名無史さん:2006/04/21(金) 12:40:13 0
何千機も祈るのは無理があるのでは。1機や2機を故障に追い込んだところで・・・

110 :世界@名無史さん:2006/04/22(土) 04:21:50 0
しかし、広島、長崎の人にはキツイ言い方かもしれんが
敗戦後の日本にとってはルーズベルトが生きているより
トルーマンが大統領である方がよかったわけで。

111 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/04/22(土) 18:00:18 0
>>107
>仏教・神道を問わず
「神道」に呪殺儀礼などありましたか。叡山がやったという話は小耳に挟ん
だ事がありますし、多分東寺もやったでしょうが。

112 :世界@名無史さん:2006/04/24(月) 01:22:27 0
陰陽道のことなんじゃないの

113 :世界@名無史さん:2006/05/08(月) 17:41:29 0
陰陽道の起源は朝鮮二ダースミダ、とほざいてたよ

114 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 13:13:51 0
魔術、まじない、マジック、マギ
マの付く事って・・・・・・全くwww

115 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 14:56:50 0
マジックとマギは同語源だから2つ出すのは狡い

116 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 15:57:37 0
マンマミーア

マイムマイム

…まぁ…

117 :世界@名無史さん:2006/05/24(水) 17:47:48 0
まんこ

118 :世界@名無史さん:2006/05/31(水) 23:57:34 0
かぱく

119 :世界@名無史さん:2006/06/11(日) 17:23:12 0
義和団も弾丸よけの護符を身につけてたっけな。

120 :世界@名無史さん:2006/06/15(木) 23:56:19 0
皆は魔法や呪術の類をしんじるかい?
と聞いたら、信じない、って意見が多そうだ。少なくとも口では。
でもさ、もし戦地に赴くとき、家族や恋人にお守りを託されたら、
一笑に付して受け取らないってことをする人は少ないよね。それは
もちろん、家族や恋人を思って受け取る部分も大きいだろうけど、それだけではなく、
自分の心の支え、その人とのつながり、そしてそれ以上のなにか
を信じたくなる気分になるはず。日本人なら。

121 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 14:43:13 0
スレの流れ的に、

恋人の陰毛を一束持っていると敵の弾に当たらない

という言い伝えを思い出した。

122 :世界@名無史さん:2006/06/30(金) 22:39:00 0
一束って結構な量だな。とっても薄い娘はどうなる?
あとパイパンの娘はどうしようもw

123 :世界@名無史さん:2006/07/04(火) 23:46:13 0
スラブ系社会で魔術師・呪術師に相当する存在はいたの?

124 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 01:07:07 0
>>122
両親に手伝ってもらう。

125 :世界@名無史さん:2006/07/05(水) 09:19:25 0
>123
ロシアでは近代までいた。
結婚式で新婦がひきつけを起こして倒れると
村の呪術師がリンチにあった。

126 :世界@名無史さん:2006/07/10(月) 16:20:02 0
スラブ系魔女っていうとババ・ヤーガ
名前の響が素敵

127 :世界@名無史さん:2006/07/12(水) 06:46:51 0
ラスプーチン

128 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 21:49:58 0
>>125
教会とはどういう関係にあったんだろうな。
住み分けてたのかな。

129 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/07/22(土) 22:01:31 0
>>126
ロシアでは、伝説(ありうる事)ではなく、昔話(空想事)の妖怪に分類される様です。
また、人間の民間呪術師ではなく、森の奥に住む非人。
ロシアでは、今でも伝説系妖怪が市民権を得ているそうです。
ヴォジャノーイやドモヴォーイなど、信じている人が多いとか。
今でもモスクワなどの都会も含めて「魔女」がいるそうですが、前世紀初期に記録され
た様なものの流れをくんでいるのかは分かりません。

130 :世界@名無史さん:2006/07/22(土) 23:53:45 0
○ーチン大統領はラス○ーチンと血縁という噂があるそうな。
まあ嘘だろうけど、内心本当だといいなと考える俺w

131 :世界@名無史さん:2006/07/23(日) 00:21:39 0
むかし戦記漫画家の小林源文(2ちゃんねるでは自営業のHNで有名)が
インタビューで「ソ連兵が、魔女の婆さんの呪いだ、魔女の婆さんに誓って、
まるで魔女の大釜だ、て言うのはネタでしょ?」と聞かれて
「独ソ戦の頃のソ連軍の無線記録を調べると本当に、しょっちゅう出てきますよ」
と言ってた。

132 :世界@名無史さん:2006/07/25(火) 09:01:02 0
>>129
ネット上でロシアの人が書いてたけど、ロシアのフォークロアには
「森のバーバ・ヤーガ」と「草原のバーバ・ヤーガ」の二種類が登場するとの事。
「草原のバーバ・ヤーガ」は南方にある海辺の草原で、先端を尖らせた丸太
(その一つ一つに人間の首が刺さっている)で作った防壁の砦に住み、
女だけからなる軍団を従え、馬の群を飼っていると。
伝説のアマゾン族やサルマタイの女戦士と関係があるとか無いとか。

133 :世界@名無史さん:2006/08/06(日) 01:58:09 0
後世の人々に一番大きな影響を与えた錬金術師はアルノー・ド・ヴィルヌーヴと言うことになるかな?

134 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 21:28:41 0
魔法少女の歴史もお願い★

135 :世界@名無史さん:2006/08/20(日) 23:03:46 0
是非あなたが解説してください。

136 :世界@名無史さん:2006/08/21(月) 22:04:56 0
<"`∀´,>  <摸倣つかいウリーちゃんよ〜

137 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 19:30:42 O
ミヒャイエル・スケーレ(マイケル・スコット)やグイド・ボルレナッティ(レは小文字)を知っている方はいますか?

138 :世界@名無史さん:2006/08/22(火) 19:33:40 0
>(レは小文字)
こういうところにこだわる意味はありますか?


139 :137:2006/08/23(水) 10:10:39 O
>>138
イタリア語の発音に則るとそうなるようなので。
日本語表記に従っただけです。
古風な綴りですが。

140 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/08/23(水) 10:35:48 O
魔法と呪術をいっしょにされても…

141 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 17:15:57 O
>>140
スレタイが魔法を含めているので書き込みしたのですが、スレ違いでしたか?
だとしたら申し訳ありません。

142 :世界@名無史さん:2006/08/23(水) 22:18:17 0
いや、スレ違いじゃないから。

143 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 22:51:28 0
世界にない日本だけにある陰陽道は世界最強ですね。
日本の陰陽道は世界の魔法・呪術を圧倒するでしょう。

144 :世界@名無史さん:2006/08/24(木) 23:09:11 0
日本のみ?んんんんんんん?

145 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2006/08/24(木) 23:12:17 0
>>144
>>83

146 :世界@名無史さん:2006/08/25(金) 00:17:46 0
>>143
ナーワリズムは南米のネイティブアメリカンだけにある思想だから
世界最強ですって理屈も成り立ってしまいます。

147 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 02:29:19 0
陰陽道って風水でしょ

148 :世界@名無史さん:2006/09/10(日) 10:03:04 0
風水って他のオカルトとは一線を引いてるというか、特に中国系中心に信じてる人多いよね。
ほんとに効果とか意味とかあんの?

149 :世界@名無史さん:2006/09/12(火) 03:52:12 0
>>148
てか中国起源だから。

150 :世界@名無史さん:2006/09/16(土) 05:45:55 0
地磁気とか遠赤外線で説明付くのかな?

151 :世界@名無史さん:2006/09/23(土) 13:18:39 0
〓■金槌を持ってマリヤ像を一瞥する■〓
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1148106206/1

152 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 22:14:41 0
祝一周年!

153 :世界@名無史さん:2006/10/18(水) 22:31:10 0
戦国時代
http://hobby8.2ch.net/sengoku/

154 :世界@名無史さん:2006/10/21(土) 00:57:36 0
1年でたった150かよ

155 :世界@名無史さん:2006/10/24(火) 03:53:07 0
この板には5年ぐらいかかって500行かないスレとかあるから。

156 :世界@名無史さん:2006/11/09(木) 01:11:10 0
いや6年を超えてるよ

157 :世界@名無史さん:2006/11/22(水) 23:19:33 0
どこかに2001年開始のスレがあったはず。

158 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 14:11:06 0
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/980065632/

五年十ヶ月で176

159 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 14:13:38 0
世界史板で最長寿スレはどこだろう。

160 :世界@名無史さん:2006/11/26(日) 14:27:27 0
2chブラウザでdat番号順にソートすれば一発でわかるだろ

161 :世界@名無史さん:2006/12/27(水) 23:14:24 0
ゲド戦記はどの国でつか?

162 :世界@名無史さん:2007/01/07(日) 17:11:46 0
インドネシアのドゥクンがウラマーと共存しているのが信じられん・・・

163 :世界@名無史さん:2007/01/10(水) 10:24:38 0
中央アジアのシャーマンもイスラムの聖人に守護を求めたりするという

164 :世界@名無史さん:2007/01/23(火) 22:05:41 0
スーフィズムが土着信仰との架け橋になって在来宗教を全滅から守っている観があるね。
シーク教もスーフィズムの要素がヒンドゥー教の「悟り」の概念とマッチしたことが
教義成立の土壌となっているらしいね。

165 :世界@名無史さん:2007/01/24(水) 10:30:14 0
そういえば中央アジアの民話なんかでは
カシミールが魔術師の国として言及されたりしてるような

166 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 11:16:44 0
イスラム教が伝来してから完全にイスラム化するまでに
数世紀かかった地域が多いもんな <中央アジア

167 :世界@名無史さん:2007/01/27(土) 11:30:59 0
エメラルドタブレットには徳川埋蔵金のありかが記されているらしい

35 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)