5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

    藤井誠二

1 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 05:04

  何がしたいんだ
管理教育でいーやんけ

2 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 05:29


    はげ

3 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 06:02
じゃ、1は来年から東郷学園か戸塚ヨットに入学だな(藁

4 :名無しさん@そうだ選挙にいこう :2000/09/06(水) 06:15
究極的に言って戸塚ヨットが間違っているとは言い切れない
ってとこが悩ましい点なんじゃないだろーか。

5 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 06:41
あれは荒療治だから死人も出たよな〜

6 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 09:14
宮台はあいつのどこが気に入っているんだ?
ふたりとも目が死んでいる

7 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 13:24
壊れた人間同士です。

8 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 14:15
このひとはちゃんと現場行って取材してモノを言ってるからマシなほう。

9 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 15:01
>8

誰が行かないの?

10 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 15:36
ミヤダイも荒療治だから死人も出たよな〜

11 :名無しさん@1周年 :2000/09/06(水) 17:15
ミヤダイの側近の関係者ってみんな、○兄弟ってホント?

12 ::2000/09/07(木) 17:42
宮台真司と藤井誠二はよくセット出てくるが
宮台の最終学歴は東大大学院と記載されてる
しかし藤井はいっつも高校時代にどうのこうので終わってる
奴は高卒か??
管理教育に反発しといて、結局高卒?? ぷぷ

13 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 17:53
>12

君の学歴は?

14 ::2000/09/07(木) 18:00
そいつはシークレットだ

15 :名無しさん@1周年 :2000/09/07(木) 21:29
少年法を擁護する立場にあったわけではないと
最新著書に書いてありました。
本村さんがんばって欲しい。

16 :名無しさん@1周年 :2000/09/08(金) 10:28
>12
高校んときにもう著作物出してるよ

17 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 06:12
予想、次は鶴見済スレだな

18 :名無しさん@1周年 :2000/09/09(土) 06:20
17歳の殺人者 藤井誠二/著 ワニブックス
このひとはちゃんと現場行って取材してモノを言ってるからマシなほう



19 :がrhgwthw :2000/09/09(土) 06:42
藤井誠二も宮台も禿げかかってる(笑)

20 :2厨房 :2000/09/27(水) 03:55
このひとはちゃんと現場行って取材してモノを言ってるからマシなほう
http://saki.2ch.net/test/read.cgi?bbs=youth&key=968428155

21 :あい :2000/09/29(金) 14:04
藤井誠二は京都大学卒です。ちょっと前までは明かしていたんですが。
ライターというのは、実力勝負で肩書きなど関係ないという態度で臨んでいるからこそ、
立派な学歴をわざわざ出さないでやってるんじゃないかなあ。
相当自信がないとそんなことできませんよ。
まあ、複雑な思考をたどった結果なのでしょうけどね。

22 :名無しさん@1周年 :2000/09/30(土) 19:50
>20
なぜにこのスレ引用?

23 :>21 :2000/09/30(土) 20:52
宮台にアイディアつまみ食いされちゃうよ。

24 :あい :2000/10/03(火) 01:34
>23
え?どういう意味ですか?ちょっと噛み砕いて下さいまし。。。

25 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 01:39
京大卒だんて嘘言うな

26 :あい :2000/10/03(火) 11:16
ほんとですよ。

27 :名無しさん@1周年 :2000/10/03(火) 16:30
>21
京大で何を学んでいたの?

28 :あい :2000/10/04(水) 08:16
それは覚えてません。
学校的日常を生き抜けの経歴を見て下さい。
載っていたかも知れません。

29 :平野K :2000/10/04(水) 10:20
>28
載ってなかったよ。
週刊誌のライターやっていたとは聞いたけど。

30 :名無しさん@1周年 :2000/10/18(水) 11:40
あいさん、断言するときはちゃんと調べて書きましょう。
藤井誠二は高校の時から物を書いていてそのままフリーに
なった人だよ。京大卒ではないし、京大卒だけどあえて
それを隠すような屈折した学歴志向の人でもないと思うが。

31 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 03:05
ダ・ヴィンチ載ってましたね。


32 :名無しさん@1周年:2000/11/08(水) 16:46
http://www.person.cbr-j.com/person/50/hu.htm
には高卒と書いてある。

33 :名無しのエリー:2000/11/16(木) 21:16
少年法特集@NEWS23にも出てましたね>>31

34 :名無しさん@1周年:2000/11/18(土) 16:47
>>32
大卒はほぼ全員高卒だが、高卒が全員大卒とは限らない

35 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 13:12
結局学歴しか話題にならないの?

36 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 13:14
アホタレじゃ。

37 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 15:38
宮台の腰巾着って感じだな。
忙しい宮台に代わって、家来になっていろいろ下調べしたりして、
その代償に名前を売って、って感じ。

ロフトとかでも異様に「オレがオレが」って感じで出しゃばっていて、なんかうざい。
結局自分が有名になるために何でも利用してるだけじゃないんかね?

38 :名無しさん@1周年:2000/11/20(月) 22:15
>35 結局学歴と宮台のことしか話題にならないね。



39 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 01:45
女装した宮台の写真見てオナニーしたらしいですが、女装した自分の写真を見て
オナニーした宮台とは、どういう関係?

40 :名無しさん@1周年:2000/11/25(土) 22:30
>39
女装した自分の写真を見て
オナニーした宮台とは、どういう関係?

とはどういう意味?


41 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 03:43
宮台は女装した自分を見て妄想に浸りオナニーしたのです。
藤井誠二は女装した宮台の写真を見てオナニーしたのです。
そんな二人の関係は?

42 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 08:52
彼の著作についてはどうなん?

俺は「17歳の殺人者」読んでオナニーしちゃったよ。
女の子を拉致監禁して性的虐待を加える描写でね。。

実生活ではサドなんだよ、俺(苦笑

43 :名無しさん@1周年:2000/11/26(日) 10:47
性的趣向の問題では?
宮台は妄想に浸りオナニーしたのです。
藤井誠二は宮台の妄想にオナニーしたのです。


44 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 19:05
>>43
あーあ、どうしようもないなぁ〜

45 :名無しさん@1周年:2000/12/06(水) 23:56
84年の新日本プロレス第2回IWGPリーグ決勝戦において、
A猪木vsH.ホーガンの試合中に長州力が無法乱入。結果、
試合をブチこわされたとして大勢のファンによる暴動発生。

この蔵前国技館暴動を収束するべくファン代表として新日プ
ロサイドと交渉にあたったのが藤井誠二氏です。

46 :名無しさん@1周年:2000/12/07(木) 21:31
宮台周辺は自意識過剰な輩が多いなあということがよくわかるスレ

47 :名無しさん@1周年:2000/12/08(金) 00:18
フジイヨシキとはどういうカンケー?

48 :名無しさん@1周年:2000/12/08(金) 00:32
http://piza.2ch.net/test/read.cgi?bbs=gay&key=973671745&ls=50


49 :名無しさん@1周年:2001/01/02(火) 03:37
age

50 :名無しさん@1周年:2001/01/14(日) 09:52
なんであんなに色が黒いんだー

51 :名無しさん@1周年:2001/01/14(日) 16:56
あげんなぼけ。ありゃあうじむしだよ。

52 :名無しさん@1周年:2001/01/15(月) 06:04
全身淫水焼けです。

53 :名無しさん@1周年:2001/01/16(火) 05:46
高卒でがたがた管理教育についていったって、なんの説得力もないっつうの。
三島由紀夫はなぜ東大に入ったかというと「東大の悪口がいえるから」といった。
この三島流の独特なる物言いは極めて説得力がある。外部にいる人間が、偉そう
なことのたまわるのはいい加減にしろ!

54 :名無しさん@1周年:2001/01/16(火) 09:11
>53
だって管理教育って、大学の話じゃないじゃん。
学歴コンプレックスの人多いねー。この板。
大学出てなきゃ何かを語れないという輩と違って、
大学出の肩書きなんか別に必要なかったんじゃないの?

55 :名無しさん@1周年:2001/01/16(火) 12:21
>54
あんたの勝ち。あんたが正しい。
図らずも53はジブンの学歴コンプレクスを露呈しただけだ。
あまりいじめるでない。

56 :名無しさん@1周年:2001/01/21(日) 15:37
ごもっとも

57 :名無しさん:2001/01/21(日) 21:08
ソウルフラワーユニオンが好きらしい

58 :まじれ:2001/01/23(火) 03:42
藤井誠二は愛知県にある私立の東海高校
出身。東海高校はそこそこの進学校
(東大、京大あわせて50人くらい受かる)だが彼は高卒。
東海高校は管理教育で厳しかった愛知の高校の中では
めちゃくちゃに放任主義。私立だから関係ないのは当たり前だが。
だから何故管理主義を目のカタキにするか分からん。


59 :名無しさん@そうだ選挙にいこう:2001/01/23(火) 05:20
先輩なんだよなぁ、実は。

管理教育逝ってよしとおもうようになるよね。そりゃ
高校入試も逝ってよしだ。無意味だ。

60 :ただの名無しさん:2001/04/07(土) 01:39
実は妻子持ち

61 :本屋さん:2001/04/20(金) 18:11
        ★宣伝です★
春秋社より宮崎哲弥・藤井誠二著の『少年の罪と罰論』が出版します。
ISBN 4-393-33195-8 発売予定日 5月2日
アンチ彼らの2ちゃんねるのお兄様方もネタの為にも是非ご一読を!

62 :61:2001/05/02(水) 23:10
2日から24日に変更になりました。ごめんなさいです。

63 :管理課:2001/05/03(木) 06:58
藤井の立場を簡潔にいうと、

@なんでもかんでも社会のせいにする。
or
Aなんでもかんでも個人の甘えのせいにする。

@とAのつかいわけだったら結局、管理教育
でいいじゃんか?と思う。

64 : :2001/05/04(金) 06:50


65 :名無し:2001/05/22(火) 18:10
藤井誠二氏からダイレクトメール来た

66 :     〜〜:2001/05/22(火) 21:08
俺も東海高校出身だけど、何代か上に、当時管理教育でイケイケだった愛知県立東郷高校に潜入した奴が居た(そして捕獲された)という噂があったんだが、こいつなんだろうか。
ソウルフラワーは俺は嫌いだからなんかやな感じだ。

67 :読んでないけど:2001/05/24(木) 21:43
「教師失格」(チクマ)と「少年犯罪の罪と罰論」(春秋社)本日買ったage

68 :新刊age:2001/06/05(火) 17:42
>>63
藤井誠二の本、読んだことないでしょ?
無理するなよ

69 :名無しさん2001:2001/06/08(金) 06:08
藤井は高校卒業後、青年海外協力隊で貧しい国に赴任し
教育に目覚めたそうです
少なくとも京大卒ではありません

70 ::2001/06/11(月) 14:22
>>69

なるほど、要するに弱者を発見して変わったドキュンだね。
低学歴が低学歴を助ける構図

71 : :2001/06/11(月) 18:37
藤井はチョン?

72 :>71:2001/06/11(月) 20:08
残念ながら違います。そうならば必ずそれをウリにしてます

73 :あはは:2001/06/16(土) 00:53
美しい少年を飯のたねにするなら、宅間も飯のたねにするのかな。みやだいが一手もたねにしてほしいね。

74 :@36周年+新刊age:2001/07/04(水) 20:39
★宮台真司・藤井誠二対論集、『「脱社会化」と少年犯罪』発売! って
創出版のHPでみたよ。

75 :名無しです:2001/07/18(水) 22:33
2ちゃんねるって取材力があるんだってね。
宮崎氏との対談本に書いてあった。情報って操作されてるんだね。
匿名を利用しているのは管理者自身なのかもしれないね。
なんだか恐くなっちゃった。

76 :考える名無しさん:2001/07/19(木) 01:08
age

77 :名無しタン:2001/08/20(月) 23:18
犯罪犯したヒトの日記っていつ出版するの?  ワニブックス
おせーよ、そんな犯罪忘れそうだよ

78 :七誌:01/08/31 05:37 ID:7J3.Edno
>77
9・14 だってさ。

79 ::01/09/03 01:09 ID:3zGHFb4c
>75  2ちゃんの取材力ってなに?

80 :難無しさん:01/09/09 20:23
今なにしてんの?

81 :吾輩は名無しである:01/09/15 15:43
「殺人を予告した少年の日記」ワニブックス 1700円 買ってみた。
少年に感情移入してしまいそうで怖いです〜
暗い気持ちです・・・

82 :名なし:01/09/16 18:11
今回の戦争によって、また少年犯罪が増えるのかなーーー

83 :ちびねこ:01/09/24 23:03
藤井さんの連載みーっけ
http://www.mammo.tv/column/mon/

84 :ちびぎこ:01/10/02 23:39

       ∧ ∧      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (,,・∀・)    < あげ
       @_)      \_______

85 :ちびねこ:01/10/17 23:24
藤井さんのことでもスキ

86 :   :01/10/18 11:12
藤井誠二のとる立場がわからん。
結局、社会をどうしたいんだ。

87 :名無し:01/10/18 21:32
またの名をジャーナリスト
またの名をルポライター
またの名を市民活動家
最近では犯罪被害者の会相談役

88 :ちびねこ:01/10/18 22:13
この本11月発売

●大反響連載 ノンフィクション&グラビア
愛知・豊川市主婦殺人事件−最終回・課題
17歳の殺意〜愛知・豊川市主婦殺人事件〜



89 :gv:01/10/18 22:35
なぜ藤井さんが「社会学」?

90 :ч:01/11/12 21:36
поднять!

91 :池袋で:01/12/02 16:00
著書『人を殺してみたかった〜豊川市主婦殺人事件〜』(双葉社)今日買ってみた。
作者はこんな取材の毎日でどうして闇に引き込まれないで帰ってくることが
出来るんだろう・・・って事件もさることながら感じてしまった。

92 :吾輩は名無しである:02/01/07 22:33
ダ・ヴィンチに宮台さんと出てたね age てみる

93 :グローバリー:02/01/08 23:09

巨額詐欺の疑いのある、グローバリーについて

掲示板を拝見されてるの皆様、新年あけましておめでとうございます。
掲示板の趣旨とは直接関係ない話で申し訳ないのですが、この世の中では許せない事があります。

http://www.max.hi-ho.ne.jp/sakimono/index.htm

この会社はありもしない儲け話をでっち上げ、巧みに客の財産を聞き出し、全財産を巻き上げます。

2002年になりましたが、一向に改善する気配すらなく、悪質化は進む一方です。
この会社の営業は世間の皆様の迷惑になっています。

それだけではなく、殺人事件なども実際に発生し、新聞ザタになっています。

みなさんもこちらの掲示板に投稿し、悪徳会社に騙される不幸な人が増えないようご協力お願いしま
す。


http://messages.yahoo.co.jp/bbs?action=q&board=8745

また、この書き込みを見て賛同頂ける方はこの内容をコピーしていろんな掲示板に書き込みをお願いします。

94 :名無し:02/02/17 12:21
age

95 :厨房真司:02/03/16 13:16
僕のお友達です

96 :また:02/03/16 16:25
一緒に本出しましょう!

97 :少年:02/08/17 20:22
少年に奪われた人生―犯罪被害者遺族の闘い
ISBN:4022577592

--------------------------------------------------------------------------------
246p 19cm(B6)
朝日新聞社 (2002-08-9出版)

山口県光市・母子殺害、茨城県牛久市・中学生傷害致死、
兵庫県稲美町・高校生リンチ死事件ほか、少年凶悪犯罪によって家族を奪われた人々の悲痛な叫び。
渾身のルポルタージュ。

第1章 奪われた左目―歯科技工士襲撃事件
第2章 「猛末期頽死」に奪われた少女―女子高校生ストーカー殺人事件
第3章 ずさんな捜査と地域からの孤立―男子中学生傷害致死事件
第4章 加害少年とその親の責任―少年リンチ死事件
第5章 妻と娘を殺した少年に死刑を―山口県光市母子殺害事件
第6章 少年事件の背景―取材ノートから
第7章 少年院で少年は更生するか
第8章 「少年と暴力」論


98 : :02/08/18 16:02
罪を犯したヤシは少年だろうと(以下略

99 :浪子:02/08/18 20:01
むかし、宮台の仲間で藤井っていうチビクロ豚みたいなのいなかったっけ?
かわいい声のひと。
能面みたいな顔じゃないから、スレタイの人じゃないと思うんだけど。。
名前だれかしってる?

100 :(^^:02/08/18 20:33
>99
藤井良樹氏ですね。宮台氏との共著で「新世紀のリアル」なんてのもあった
ように思います。たまにテレビタックルとか出てたように記憶しています。

101 :浪子:02/08/18 21:02
>>100
早速おしえてくれてありがとうございました(♥
じゃ画像さがしてきます(藁

102 :ぼくちゃん:02/08/18 23:05
藤井さんの本を読むと不安になるぼくちゃんは逝ってよしでしょうか?
怖いよ。

103 : :02/08/19 17:25
>>97この本について宮台はなんか言ってるの?

104 :2チャンねるで超有名サイト:02/08/19 17:33
http://book-i.net/sswab/

  ヌキヌキ部屋へ

女子高生とHな出会い
今女子高生が!!!

2チャンネルで超有名サイト
が復活パワ−アップして
帰ってきたサイト




105 : :02/08/26 15:24


106 : :02/08/29 14:42


107 :DQS:02/08/30 10:11
>>102はどうして不安になるんだ?俺なんか、あっそう。知らねぇよって思うが。
社会ってのは赤の他人どもの集まり、自分がカネに困って路頭に迷っても誰も
暴力以外、何も手を差し伸べない薄情者の集まり。俺はそう考えている。ケッコン
する気なんてさらさらない。自分のカネは自分のためだけに使う。
だから、赤の他人であるガキが天の上の赤の他人である文部官僚や教育委員どもに
イヂめられていても、

         知ったこっちゃねーんだYO、ヴォケ。

どうよ?どーせレスなんかないだろうがな。要は、自分と赤の他人どもがつなが
っている、とか他人に依存して生きていこうとか考えてるアマちゃんが藤井
誠二ごとき高卒の煽り本で逝くってコト。

108 :じじん:02/08/30 16:56
俺らにとっては一番仲間になってほしくないタイプ。
しかし一番つきまとってきて、集団を締めるタイプ

109 ::02/09/02 12:08
意味不明。

110 :藤井誠ニ:02/09/21 10:22
>>45
僕は今まで管理教育の被害者として、少年たちの取材をしてきました。
最近報道される凶悪な少年犯罪に接して考えを変え、加害者としての少年と
被害者の心情をエグり出して社会にブツけたくなったのです。とにかく少年法
云々を論じる前に現実を見てそれから考えてほしいと思い、僕自身もかなり
精神的にまいりながらも、こうして取材活動・執筆活動を続けているのです。

111 :宮台:02/10/31 06:13
ルーザー!!

112 :山崎渉:03/01/17 16:34
(^^)

113 : :03/02/18 20:05
>>111
何?

114 : :03/03/04 09:38
なんだろう。

115 : :03/03/06 10:03
最近とんと見かけんねー

116 : :03/03/07 00:10
所沢高校の講師でもしてるんじゃン?

117 :山崎渉:03/03/13 12:52
(^^)

118 :山崎渉:03/04/17 10:01
(^^)

119 :山崎渉:03/04/20 04:29
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

120 :山崎渉:03/05/21 22:16
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

121 :山崎渉:03/05/21 23:50
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

122 :山崎渉:03/05/28 15:04
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

123 :山崎 渉:03/07/15 12:50

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

124 : :03/08/02 02:19
あげとくか

125 :朝生で:03/08/02 02:56
久しぶりに姿を見たよ。

126 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:13
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

127 : :03/08/02 03:27
ウホッ!あっという間に下げられたな…

128 : :03/08/02 19:06
今回の出演で好感度あっぷしたかな?

129 : :03/08/02 22:45
>>128
藤井さんにはだれも注目してくれないね。

130 : :03/08/03 00:26
2ちゃんで注目されないのはある意味いいこった。

131 :一尺八寸 尽:03/08/13 09:35
頭良いよね。この人

132 :akuma:03/08/13 14:56
imaiti da to omoware

133 : :03/08/13 15:11
堤さやかちゃんの引退記念作です。
これは絶対見るしかないでしょう。
甘えたしゃべりかた、小さな身体に大きなオッパイ、そしてこの顔。
どれをとっても特A級!こんな子がAV女優だったなんて信じられませんね。
無料ムービー観てちょ
http://www.exciteroom.com/


134 :3:03/08/13 15:27
スレンダーなロリ体形ながらもオマンコ方はしっかり発達しちゃってます。
大きなオチンチンを喉の奥までくわえ込んでのフェラは大人顔負けですぞ。
挿入シーンは少ないながらも小さなオマンコにしっかり挿入されているシーンが勃起モノ!
若い娘はいいですな。

無料ムービーはこちら!
http://www.cappuchinko.com/


135 :マリーナの夏:03/08/13 16:25
http://life.fam.cx/a011/




136 :山崎 渉:03/08/15 18:07
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

137 :_:03/10/06 18:17
山崎渉
って誰?

新築おめでとう誠二ちゃん

138 : :03/12/16 01:35
宮台って社会科学の訓練を受けてない奴はものを語るなと言ってたのになんで
高卒の人とつるんでるの?

(このスレ僕が高校一年の時にたったスレなんだぁ・・・)
(高校時代が懐かしい・・・             )

139 :??:03/12/16 01:42
藤井良樹と藤井誠二の違いが見える人はオタだなw(折れ?)

140 : しょうゆ:03/12/22 00:07


同じ女子高生問題をとりあげる場合でも、藤井良樹氏と藤井誠二氏は
アプローチの仕方(というより捉え方の次元)が違っていて、面白かったな。

今は藤井総裁に女子高生問題を語っていただきたい。




141 :そーす:04/03/27 16:14
||| BATTLE TALK RADIO・アクセス Part12 |||
http://tv4.2ch.net/test/read.cgi/am/1080311941/
・長峰由紀(月・火)
・伊藤聡子(水・木)
・麻木久仁子(金)
・田中康夫/えのきどいちろう(隔 月曜交代)
・宮崎哲弥(火)
・神足裕司(水)
・二木啓孝(木)
・藤井誠二(金)





142 :名無しさん@社会人:04/05/10 11:48

漫画アクション
ttp://www.futabasha.co.jp/new/action_latest.html

女子高生監禁殺人「17歳。」藤井誠二×鎌田洋次
少女が1人、少年が5人。そして悲劇のトビラが開かれる。




143 :名無しさん@社会人:04/05/10 18:54
宮台が将来こいつとか尾木直樹のキチガイ部分を叩く方に回るのはいつかな。
楽しみだ。

144 :名無しさん@社会人:04/05/10 23:34
143>基地概の部分はオブラートに包んで発言するように 社会学者は精神医学者より下品だということが分かるじゃないですか!

145 :名無しさん@社会人:04/05/17 07:11
いづこもおなじ

146 :名無しさん@社会人:04/05/19 14:42
   ∧_∧
  (  ^^ )< 能面ぽ(^^)

147 :名無しさん@社会人:04/05/19 20:19
管理主義教育イデオロギーを批判していたつもりが
けっきょく
管理主義教育イデオロギーに加担する側に取り込まれてしまった人

148 :名無しさん@社会人:04/07/05 16:39
誠二、最近何やってる?

149 :名無しさん@社会人:04/07/06 00:07
誠二の出番なのに
なんで書き込みないの?

150 :名無しさん@社会人:04/07/06 00:58
>>147
そうだね。管理主義教育が社会システム全体の反映物である
点を見落としていた証拠だね。
管理主義教育は近代社会システムが学校システムの全体主義化
を通じて要請した権力構造に過ぎなかったのに。

151 :名無しさn@社会人:04/09/05 23:38
「学校が自由になる日」よかった。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4876721041/qid%3D1094394983/250-5178967-6326641

152 :名無しさn@社会人:04/09/05 23:41
こっちが藤井さんの最高傑作だよ。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022613912/qid=1094395190/sr=1-7/ref=sr_1_10_7/250-5178967-6326641

153 :名無しさん@社会人:04/09/06 17:21
藤井さんは、社会学版でいいの?

154 :藤井誠二:04/09/06 17:43
教育版がベタスギだから
社会学版に来たんだ

155 :名無しさん@社会人:04/12/01 09:43:27
10年前に管理教育批判をしていた藤井氏は、まったく政治的に転向して、
管理教育主義の家庭化を積極的にすすめる考え方になっているね。


156 :名無しさん@社会人:04/12/01 09:46:28
けっきょく、藤井氏の考えるリベラルの意味が狭いんだよね。自分が保守的なのに保守的で
あることにさえ気づいていない自称リベラルというのが、団塊の世代や藤井氏なんだろうな。

157 :名無しさん@社会人:04/12/05 11:23:46
革命家を気取っていた団塊世代が、社会人になったら企業戦士になっているのとほとんどかわらん。
ミニ団塊世代。


158 :名無しさん@社会人:04/12/05 11:48:23
>>155
言ってることが、よくわからん。
もう少し詳しく説明してくれ。

159 :名無しさん@社会人:04/12/05 11:53:04
155ではないけど、
直接管理教育とは関係ないかもしれないが、
最近の彼の発言は「厳罰主義」になっている。

160 :名無しさん@社会人:04/12/05 12:26:24
ヨーロッパでは、人権主義の立場からの厳罰主義が普通なんだよ。
そのあたりの事情は、藤井誠二『わが子を被害者にも加害者にもしない

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198617791/qid=1102216750/sr=1-5/ref=sr_1_10_5/250-5271194-0460269
のなかに、内藤朝雄の「普遍的な人権の原理を忘れていないか」という日弁連批判の文章(『教職研修』2002年12月号)を引用した箇所があるから読んでみな。
宮台や内藤のような社会学者との交流で、藤井誠二は単なる「進歩系」のジャーナリストから進化してきたようだ。

161 :名無しさん@社会人:04/12/05 15:00:07
子供も居ない藤井に「わが子を・・・・」なんてタイトルをつけられるのもなんだなw


162 :名無しさん@社会人:04/12/05 16:00:20
子どもがいないやつは子どもについて語る資格なし。
癌になったことがないやつは癌について研究する資格なし。
日本がんセンターの医師全員解雇→がん患者がたがいに「手を当てあって」治療をするあらたな「当事者主義」へ。



163 :名無しさん@社会人:04/12/05 19:25:48
>>160
内藤朝雄は「いじめ研究」で多少知っているけど、「いじめ問題」への彼の独自の
アプローチは鋭く、根本的で、うなずくところが多い。
ところで、その彼も俗にいうところの「厳罰主義」論者なのだろうか。
厳罰化や取締りや介入などの統制の強化が「いじめ」への根本的な解決策だという
立場なのか?



164 :名無しさん@社会人:04/12/05 22:09:05
>>160
>ヨーロッパでは、人権主義の立場からの厳罰主義が普通なんだよ。

でもヨーロッパは死刑が無い国が多いな。
死刑の無い厳罰なんて大したことは無い。


165 :名無しさん@社会人:04/12/05 22:22:55
本読む限りでは根本的な解決策とは思っていなさそう。
『教職研修』12月号を読む限りでは、価値と価値の綱引きの政治的構図を考えているみたいだった。
強姦の量刑が人間の尊厳という観点から重くなるのと同じ、といった論理だった。
強烈な人権主義の観点から厳罰化を主張する論理は、斬新で面白かった。
人権派のバージョンアップを促すためにきついこと言ってるみたいだけど、
頭固まってる人たちには通じなさそう。その後の『教職研修』で日弁連の偉い人が書評のやり直しをしていたけど、
これまでのステレオタイプをオウム返し。ここまで頭がわるい人たちが人権派勢力を担っているとすれば、これから日本はどうなってしまうんだろうと心配になった。
きっとこれからはタカ派の独り勝ちだね。人権派は負けの一方だよ。
石原慎太郎がめちゃくちゃやってるし、右派主導の憲法改正をされそうだし、ほんと内藤氏のような人に議論の立て方の改革をやってほしいね。
彼は問題の立て方のコーチとしてはいいよ。右派と戦う勢力のブレインにすべきだよ。
彼に時事問題をやらせると面白いかも。

166 :名無しさん@社会人:04/12/05 22:36:30
>>164
日本の無期懲役は笑えるほど刑期が短い。
無期と死刑は天国と地獄。
それは何人殺したかの問題。
女性を殺して赤ん坊を殺して死姦しても無期懲役。終身刑はない。
藤井氏が描いているけど、ひでー。これで模範囚でサクッと出てきたら人間の尊厳はどうなるの?
刑務所の予算をけちるなよ。
死刑を廃止して終身刑を新設しろよ。

167 :名無しさん@社会人:04/12/06 02:37:30
フジイってナニ? カニ?

168 :名無しさん@社会人:04/12/06 03:02:48
ふにゃふにゃのカニでつ

169 :名無しさん@社会人:04/12/06 03:16:10
大きければいいというものではないぞ。
硬ければいいというものではないぞ。
カニはしらないうちに襟首から入り込み、ブラザーのひもを
ちょき
ちょき

ああ

こそばい こそばい ええカニじゃぁ

170 :名無しさん@社会人:04/12/06 04:47:40
いやらしい。

171 :名無しさん@社会人:04/12/27 08:58:30
藤井誠二ってどうよ。

172 :名無しさん@社会人:04/12/27 10:46:50
>>163
「市民社会」的な「法」の論理の徹底化が解決策だと言っているね。

173 :名無しさん@社会人:04/12/27 11:02:11
>>172
「市民社会」的な「法」の論理の徹底化が、重要な解決策のうちのひとつであると言っていると思ったが。
 その他、いくつか(独自の諸秩序の生態学的布置モデルに基づく)制度・政策的な環境の整備とかを打ち出していて、それとコンビネーションだった気がする。
 内藤スレの話題だけどね。

174 :名無しさん@社会人:04/12/27 14:43:36
>>172
しかし市民社会的な法の徹底化には管理主義的な側面もあって、
それは同時に学校のなかで正統化された管理教育的な方法と
結び付く可能性を否定できない。
「市民社会」的な「法」の論理の徹底化が解決案は、当時の管理
教育批判論者が主張していたことであるが、しかしそれは同時に
管理教育を暗に正当化していた市民社会の裏の側面を無視している。
それへの批判的考察が不十分であると思える。

175 :名無しさん@社会人:04/12/27 14:45:03
>>172
しかし市民社会的な法の徹底化には管理主義的な側面もあって、
それが同時に学校のなかで正統化された管理教育的な方法と
結び付く可能性を否定できない。
「市民社会」的な「法」の論理の徹底化という解決案は、当時の管理
教育批判論者が主張していたことであったが、しかしそれは同時に
管理教育を暗に正当化していた市民社会の裏の側面とも対応している。
それへの批判的考察が不十分であると思える。

176 :名無しさん@社会人:04/12/27 17:03:48
人を殴ったら警察につかまって裁判にかけられる。あたりまえじゃない。
法が機能するから市民的自由が可能になるんだよ。
治外法権をやめろ、というのはあたりまえじゃない。
「結びつく可能性」意味不明
「市民社会の裏の側面」意味不明

177 :名無しさん@社会人:04/12/27 17:27:40
法で暴力を禁止するのはあたりまえだろう。
それまで「管理」というのは何なんだ。
それから市民社会の論理が建前になった社会に存在する、それと矛盾する側面を何でも「裏の側面」と言えば言えないことはない。
ほとんど無意味なレトリックだ。
「結びつく可能性」といえば、警察に通報したり裁判を起こしたりすることができなくなる。
なぜならば、可能性としては警察も裁判所も、「結びつく可能性」を有しているからだ。
2ちゃんねるも「結びつく」可能性がかなりある。
なんでもそういえる。
しかし、治外法権よりははるかに良い。
治外法権が中間集団全体主義を支えるひとつの地盤であった。
それを公共領域の法にさらすのが、大切な戦い方。
当然である。

178 :名無しさん@社会人:04/12/27 17:33:17
20年前は教員は暴力をふるい放題だった。
今では刑事罰を科せられる傾向が大きくなった。
この傾向によって、人々は暴力から守られる。
治外法権の共同体の自治は暴力支配を生み、法が暴力支配から人民を守る。
ところで今でも大学に警察を入れるのを自治に反するというバカな左翼どもがいるおかげで、
革マル派が暴力をちらつかせて一般学生を脅かし続けることができている。
警察をじゃんじゃん入れればいいのだ。
警察をきびしくチェックするシステムで、警察をコントロールすることが重要になる。
警察の不正をきびしく処分しながら、警察をつかう。

179 :名無しさん@社会人:05/01/03 14:05:37
>>176
> 人を殴ったら警察につかまって裁判にかけられる。あたりまえじゃない。

その「市民(社会)」が教師の体罰を合法化する「裏の側面」をもっているということだろ。
近代学校は、体罰を禁じながらもそれを実際的に必要(不可欠)としてきたようなところが多々ある。

180 :名無しさん@社会人:05/01/03 14:10:35
>>177
> 法で暴力を禁止するのはあたりまえだろう。

体罰は暴力ではなく教育の一貫と解釈される場合がある。
管理教育もその意味で合理化されてきた側面を否定できない。
学校が治外法権になっているから云々(校則の非常識など)というのは、
80年代の管理主義教育批判運動が素朴にとってきた認識だが、
その批判だけでは十分でないと思う。
「市民社会」がパノプティコン的な「近代学校」を必要とした側面と
パノプティコン的な制度が体罰などを現実に合理化した側面を見ないと。


181 :名無しさん@社会人:05/01/03 14:16:46
>>178
その論理がまさに「警察化」なのだが。
一望監視体制が正しく運用されれば一望監視体制化こそが
問題の解決という立場なのだろう。
その理屈でいけば、その役割を教師がやるか警察がやるかの違いに
すぎないわけであって、管理主義教育それ自体は正しいという話になる。
体罰もそれが少年非行を取り締まるための手段として利用されるなら合理化される。

182 :名無しさん@社会人:05/01/03 14:21:18
体罰によって殺された生徒は、殺人被害者ではなく、単なる過失致死ということになる。
そして教師は、警察権力としての役割に忠実で熱心であったために、その熱意のあまり
この事件ではなく事故を起こしてしまったにすぎないとして市民の同情を得るというわけだ。

183 :名無しさん@社会人:05/01/03 14:47:54
「(生徒の校内暴力などによって)荒れた学校」が「体罰をも持さない管理主義教育」
によって改善されたのだという主張する市民社会の理屈が、突出した「体罰事故」を
例外とみて、「体罰をも持さない管理主義教育」それ自体を正当化するというところに
中間集団ファシズムがあると思う。

184 :名無しさん@社会人:05/01/03 16:21:01
ま、内藤朝雄氏辺りは、こうした点についても考慮して中間集団ファシズムの問題を
提示しているとは思うのだが。

185 :名無しさん@社会人:05/01/30 13:36:45
朝生で久々にみたけど、すっかり垢抜けちゃったねー

186 :名無しさん@社会人:05/01/30 14:07:27
若乃花おにいちゃんのできそこないが、金髪にしたみたいだったな。

187 :名無しさん@社会人:05/01/30 15:18:44
>>185
毛がヌけちゃった?

188 :名無しさん@社会人:05/01/30 16:36:28
「教師=権力=悪vs生徒=弱者=善」という図式で生徒の肩を持つという
旧来型のサヨク日教組的発想で物を考えるのはいい加減やめたらどうだ。
何が「中間集団ファシズム」だか…。

189 :名無しさん@社会人:05/01/30 16:42:13
>>188
 生徒同士の中間集団ファシズムも考えているとおもうよ。こういうところで、いじめ学者の内藤なんかとつるんでいる。最近は少年犯罪やってるしね。

190 :名無しさん@社会人:05/01/30 18:20:50
>>189
「いじめっ子=権力=悪vsいじめられっ子=弱者=善」という図式で・・・
と188やその種の考え方の持ち主が言い出しそうな予感。

191 :名無しさん@社会人:05/01/30 20:54:45
藤井はそんなことを書いていない。ルポをちゃんと読んだか。いつもルポルタージュを構造的な問題とからませているぞ。

192 :名無しさん@社会人:05/01/30 22:57:33
>>191
どの書き込みに対して言っているの? >>190は188のような考え方の持ち主が言い出しそうな予感
だと書いているわけだから、藤井のことではないと思うよ。

193 :名無しさん@社会人:05/01/31 03:44:21
藤井って高卒なんだよね。それでこれだけの仕事が出来るのはすごいね

194 :名無しさん@社会人:05/01/31 03:50:44
あんた一度、旧帝か早慶の文系でも出てみな。
仕事の能力と学歴がぜんぜん関係ないことがわかるよ。
理系は知らんが。

藤井はチョー有能だよ。若手世代のルポライターで、トップを走っている。

195 :名無しさん@社会人:05/01/31 05:06:48
>>194
こいつの文章しらんのか?

臭くてよめたもんじゃない。

196 :名無しさん@社会人:05/01/31 05:17:19
>>194
> 仕事の能力と学歴がぜんぜん関係ないことがわかるよ。

そんなこと言ったら逆に藤井がキレると思うよ。実際、キレてたし。
学歴がないせいで俺がどれほどハンディを抱えてきたと思ってんだって。

197 :名無しさん@社会人:05/01/31 05:44:04
共同体(中間集団)に属さずフリーでやることが
どれほどのハンディキャップか分かってんのかってね。

198 :名無しさん@社会人:05/01/31 05:53:50
だから自分の弱さを自覚している個人ほど共同体に屈服してまですがりつこうとするんだね。

199 :名無しさん@社会人:05/01/31 12:17:37
>194
”ライターとしての”仕事の能力と学歴がぜんぜん関係ないことがわかるよ
だね。

200 :名無しさん@社会人:05/01/31 21:09:26
「○○としての」は、大部分の仕事に当てはまりそうだけど。
田中角栄の国会議員や大臣としての能力はぴかいちだったようだね。

201 :名無しさん@社会人:05/01/31 23:32:26
高卒っていっても地元のエリート校だし
学校と衝突しなきゃ早稲田くらいなら
楽勝で入れてたよ。

202 :名無しさん@社会人:05/02/03 22:18:50
藤井誠二は偉大で高貴でしかも謙虚だ!
「大学を出ていないのは服着てないも同じ」「大学出ていない奴は文字の読み書きもできない」
という世間の常識をくつがえす立派なライター。これからも応援しています。

203 :名無しさん@社会人:05/02/04 09:25:57
必死に藤井を褒めるスレ

204 :名無しさん@社会人:05/02/04 16:02:10
いまどき庶民感覚もあって、しかもリベラルな論者は希少価値。
世の底辺から頂点までつきあえる器量の広いライターは
藤井誠二しかいない!

205 :名無しさん@社会人:05/02/04 16:03:57
「大学出てないのは雑談もできない」「大学出ていないのはあいさつもできない」
「大学を出ていない人は反省能力がない」「大学を出ていないのは言語を持っていない」
とか何とか言っている“世間の常識”を疑えない陰湿ないじめヤローは
藤井の本を3冊以上読んでから意見を言い直しなさい!

206 :名無しさん@社会人:05/02/04 16:39:11
藤井さんはヒキ出し屋と同じ共同体主義者だから嫌い

207 :名無しさん@社会人:05/02/04 22:24:35
>>206
『暴力の学校・倒錯の街』を読んでも、そう言えるかい。
読んでないだろう。

208 :名無しさん@社会人:05/02/04 23:54:35
>>207
藤井さんがテレビでヒキ出し屋と同じコメントをしていることを知らないの?

209 :名無しさん@社会人:05/02/05 00:03:45
>>208
具体的にはどういうニュアンスで言っていたの?

210 :名無しさん@社会人:05/02/05 01:09:02
ヒキ出し屋ってなんですか。教えてください。

211 :名無しさん@社会人:05/02/05 01:23:25
>>210
学校や会社に所属しない個人をそれらの共同体(なんらかの共同体)に
順応させるべく介入し、集団生活を課して矯正しようとする人たちのこと。

212 :名無しさん@社会人:05/02/06 18:53:02
原作をてがけているアクションコミックス『17歳。』の
17歳。←この部分はモー娘にあやかったんですか?w

213 :名無しさん@社会人:05/02/06 19:28:37
ピースボート

214 :名無しさん@社会人:05/02/18 15:32:54
やってることが卑怯。金になればなんでもいい。

時代をよみ人権屋→犯罪被害者の会に鞍替え

在でもないのに在に近づいてコネ作り

宮台捨てて某に寄生虫
コンなんたらと同類

215 :名無しさん@社会人:05/02/24 17:33:48
>>214
 某って誰よ?

216 :名無しさん@社会人:05/03/01 17:17:49
>>214
結局デマじゃないか。
そんな某はどこにもいない。
口から出まかせのクズめ。

217 :名無しさん@社会人:05/03/01 20:53:02
>>216
負け犬のオマエにタダで教えてやる必要はないのでね。

218 :名無しさん@社会人:05/03/02 15:07:17
デマだから煙に巻いてる。


219 :名無しさん@社会人:05/03/02 15:32:06
500万で家を建てるって本は面白かった

220 :216:05/03/02 17:49:30
>>217
ごめんね、オレ年収千万は稼いでるんだわ。

221 :名無しさん@社会人:05/03/03 01:48:54
>>217が負け犬。
藤井さんはすごい。
おわり。

222 :名無しさん@社会人:05/03/03 03:05:08
何がどうなってるんだ。

223 :名無しさん@社会人:05/03/03 03:39:00
藤井さんの話を聞いていると、「共同体」「中間集団」の所属から離れる
ことがいかにリスクになるか、ハンディか、ということが分かるね。
共同体主義、中間集団ファシズムとか言ったって、けっきょく弱い個人は
そういう集団に順応する道を選ぶしかないんだよ。

224 :名無しさん@社会人:05/03/03 04:08:23
藤井さんの話しって、どういう話しだ?
宮台や内藤ならそういった議論をしているが、藤井さんはもっぱら現場のルポだぞ。
「道を選ぶしかない」社会状態が、宮台・内藤的な告発の対象としての囲い込みだろ。
そういうシステムを変えましょうという話しだから、何も問題ないと思うよ。

225 :名無しさん@社会人:05/03/06 20:47:51
>>221事実をしらないって凄いね

226 :名無しさん@社会人:2005/04/24(日) 16:29:20
この前の朝生で写真をみせてショックを与えるのも方法
と言ってたがこんな例も↓

ハンマー殴打 逮捕少年、中3秋に計画 「焼死体写真見て興奮」
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050424-00000021-san-soci

227 :名無しさん@社会人:2005/05/25(水) 15:40:42
藤井に洗脳される麻木

228 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 22:31:29
今となっては数十年おくれの反管理教育のクリシェ見せられても、今の大方の
学校や子どもの問題とはズレているんだと思う。

229 :名無しさん@社会人:2005/05/28(土) 22:53:03
悔しいが齋藤孝の方にリアリティを感じる

230 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 02:50:05
>>228
クリシェなんてシャレた言葉を使うね。

>>229
齋藤孝ってもしかして
管理強化ならぬ身体強化での教育の再生なんてのを謳っている人のことかな?

231 :名無しさん@社会人:2005/05/29(日) 03:37:28
齋藤孝という人は、管理教育の時代に活躍していた法則化運動の主唱者
向山洋一の最新版、焼き直し、という感じだね。

232 :名無しさん@社会人:2005/05/31(火) 18:50:20
よく取材対象者から脅迫されてるんですってね。

233 :名無しさん@社会人:2005/06/01(水) 00:31:12
>>231

法則化女教師仕事にかけるロマン
法則化女教師実践で勝負

…ちゅう書名をみたとき教育の危機を感じますた。

234 :名無しさん@社会人:2005/06/08(水) 19:00:19
何で犀から藤井になったんだ

235 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 15:04:49
金曜アクセスそろそろ別の人にすれば〜

236 :名無しさん@社会人:2005/06/11(土) 16:18:40
反管理主義教育運動家の行き着くところは決まっている。

237 :名無しさん@社会人:2005/06/15(水) 15:22:44
そのこころは

238 :名無しさん@社会人:2005/06/18(土) 13:36:55
コギャル

239 :名無しさん@社会人:2005/06/25(土) 07:20:00
この人も大変だね。結局ライターなんて学者のオマケ。せいぜいアシスタントどまり。
それも、象牙の塔のアカデミズムではないとか、学歴・学閥だけで論者を選んでいないと
いいわけするためのキャラとしてお呼びが「かかる。
情けないよね。

240 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 05:12:26
>>12
> しかし藤井はいっつも高校時代にどうのこうので終わってる
> 奴は高卒か??
> 管理教育に反発しといて、結局高卒?? ぷぷ

その点に本人はものすごいコンプレックスをもっているみたいだよ。

241 :名無しさん@社会人:2005/06/26(日) 05:23:34
>>239
> この人も大変だね。結局ライターなんて学者のオマケ。せいぜいアシスタントどまり。

それは藤井さんに関しては言えることかもしれないけど、ライター(ジャーナリスト)が
みんな学者のオマケ役にはなっていないよ。
ただ、ジャーナリストの大多数には、あるいはまたジャーナリズムなるものには、起こった
事に対する世間に流通しやすい紋切り型の分析しか期待できないことは事実だけどね。

242 :名無しさん@社会人:2005/06/30(木) 22:00:25
TBSラジオ、アクセス、7/1(金)は
明川哲也(元・ドリアン助川)さんを迎えてオールバトルでお送りします。




243 :名無しさん@社会人:2005/07/06(水) 13:39:12
わからない

244 :名無しさん@社会人:2005/07/06(水) 22:19:15
何で

245 :名無しさん@社会人:2005/07/09(土) 17:22:22
児童虐待の本書いてよ

246 :名無しさん@社会人:2005/07/09(土) 21:25:22
>>240
そ。世の中は甘くないことに気づいて、途中から若造に説教するようになった。
確かに不登校・反管理教育界隈はバカが多いから別にいいけどさ。

ライターとして努力して、いちおうはそれで食えるようになった(?)のは凄いと思うよ。
あの業界も苦労が多いからな。だけど、基本的にはカッコ悪い人だと思う。
人権派に見切りをつけて(?)犯罪被害者の会に肩入れしているけど、
なんか底が浅いんだよな。言いたいことはわかるんだけど。

内藤も宮台も所詮はぼんぼんだし、安全圏からもっともらしいことを吹いてる
だけ。内藤なんかいまだにバウチャー制信じてるんだもん。あほか。

勝手に予言しよう。いまだに仲良くしているらしいが、いずれ完全に決裂するでしょう。

247 :名無しさん@社会人:2005/07/10(日) 05:19:53
>>223
藤井さんは学者よりも実践・実務を知っているからね。
それに、いわゆる組織の中にいる人は、組織の後ろ盾がなければ肩書き社会、
ムラ社会の日本では何かと不便だと分かっていない。分からずしてフリーランスに
過剰な幻想を抱き、礼賛すれば差別も格差もないと思い込んでいる。
自分にとって即座に分からない差別状況を訴えると「嫉妬」「被害妄想」として侮辱し
切捨て、隠蔽する。
藤井さんもミヤダイやナイトーらといっしょにいて抑圧を感じながら、ガマンしてやっているっぽい。
どちらかといえば保守とか右にあたる犯罪被害者の会に接近しているのも、ミヤダイをはじめとする
お坊ちゃんリベラルの偏狭な自己中心性と頑迷さに反発しているのが絡んでいるのかも。
もちろん、根はまじめなところがあるみたいだから、これまでの取材をふりかえって、
内面的に納得できる方向性を見出そうとしているのだろう。単に商売だけじゃないと思う。
なんだかんだといいながら、権威主義で他律的な宮台・内藤に比べて、一番ファシズムに抵抗力のある人かもしれないよ。
多分、もっともリベラルなのはこの人だと思う。それも偏狭なエリート趣味じゃなくて、
草の根リベラルとでもいうか。
だからモレはこの人には好感もっているYO

248 :名無しさん@社会人:2005/07/10(日) 05:31:02
>途中から若造に説教するようになった。
ただ偉ぶってみたかっただけじゃねーの?

>内藤も宮台も所詮はぼんぼんだし、安全圏からもっともらしいことを吹いてる
だけ

確かにこの二人の話は、十四、五、六歳ご用達、って感じだね。それも大都会の優等生以外には当てはまらない。
男性中心主義とかヨーロッパ中心主義も反省したくなさそうな気配だし。

>いまだに仲良くしているらしいが、いずれ完全に決裂するでしょう。

実はわたしもそう思っています。今は惰性というか馴れ合いでいっしょにやっているのでは?
もう少し内藤が出世するころには完璧に住む世界が違って、話がかみあわなくなっているでしょう。
それにしても一方的に藤井さんがガマンしてあわす形になっているのは大変ですね。
宮台や内藤のような世間知らずで人の気持ちが分からない人たちの、みせかけの平等主義につきあうのは、
生活のためとか、以前の同志だからといっても並大抵の苦労ではないと思う。
それでも、つぶされずにもっと活躍してほしい。




249 :名無しさん@社会人:2005/07/10(日) 05:39:07
この人って、一昔前の文壇の中の女性のような立場にいるんだよ。
一昔前の男尊女卑が今よりも数倍キツかった時期の文壇は、女性は
男性と男性をつなぐ媒介者。だから、飽きると師匠から弟子へ、あるいは、
つきあいのある男性Aから男性Bへと渡される。そのことによって男たちの絆を
確認する道具だった。そういう役回りがイヤで自殺した人や、自ら進んで男尊女卑の発言を口にして
名誉男性化して道具になるのを回避した人もいた。そのくらい相手の事情や人格を無視していた。

確かミヤダイにナイトーを紹介したのは藤井だったよね。
結局、二人の社会学者の絆を確認する道具みたいに使われているんじゃないの?
おまけにややこしい現場に直行して、自分たちにとって都合のよいデータを採取して
くれるのじゃ、優秀な助手か共同研究者をかかえているようなもので、なおさら好都合だし。
それでも、なんとか生き残って! 50代くらいになって、宮台や内藤が保守化しても、
この人は変わらないと思う。




250 :名無しさん@社会人:2005/07/13(水) 14:44:56
ふ〜ん

251 :名無しさん@社会人:2005/07/13(水) 15:01:11
>>249
藤井さんがもうすでにいちばん最初に保守化してるじゃん。

252 :名無しさん@社会人:2005/07/15(金) 15:47:49
>>251
ううん、ちがうと思う。
ミヤダイ、ナイトーらは派手なラディカルさを振りまくけれど、いざとなると
簡単にネオリベに鞍替えする。そして真の改革派を、左にいるときには「生ぬるい、中途半端」とけなすが、
ひとたび右につけば、改革派を「急進的すぎる」「そういうやり方では理解を得られない」として侮辱する。
藤井はずっと改革派でいてほしい。でも、立場が不安定すぎてダメぽ?


253 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 09:42:20
>>252
ミヤダイはともかく、ナイトウを一緒にしないでくれ。
しかも、言っていることに[根拠]がないぞ。

●●の理由で(●●と書いていたから)のところをすっぽ抜け
させてなに言ってるんだか。

254 :名無しさん@社会人:2005/07/16(土) 13:25:05
2ちゃんねるの書き込みに学術論文みたいなことを求めるなよ。w

255 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 00:29:39
>いわゆる「凶悪犯罪」は、「少年」「精神障害」「外国人」「被害者感情」などを キイワードに、「厳罰化」が はかられてきた。
>司法・警察官僚たちは、統計データの真意に気づいているらしい。なのに、事実を直視しない。
安易な「厳罰化」キャンペーンをはるメディアの姿勢を放置して、
>存在感や予算獲得を たくらんでいるようにしかみえない。
>たとえば、昨年処刑された吉岡(旧姓「詫間」)死刑囚なども、利用されたのだろう。

藤井さんが肩入れしている犯罪被害者の権利って、結局こういう大きな政治的な動きに流されているだけなのかな?

256 :名無しさん@社会人:2005/07/17(日) 06:12:28
既出だけど

インタヴュー
http://www.mammo.tv/column/FujiiS/interview_1.html

257 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 05:57:26
>>255
>藤井さんが肩入れしている犯罪被害者の権利って、結局こういう大きな政治的な動きに流されているだけなのかな?

それ、どこからのコピペ? 当事者の心情を思うと安易なことも言いにくいけど、犯罪
被害者が昨今の政治的な流れの中で利用されている側面はあると思いますよ。
そこにジャーナリズムが群がってきている。藤井さんとか日垣隆とかね。

2、3年前、Nステを見ていたら、犯罪被害者の窮状を訴えるルポを放送していた。
それはいいんだけど、その後で久米宏が「日本は被害者よりも加害者の権利の
方が守られている。おかしなことになってます」とかコメントしていた。

2ちゃんでこういうことを言うとすぐにサヨ扱いされるけど、こういう言い方はまずい
よね。「加害者だけでなく被害者の権利擁護にも力を入れましょう」と言うべき。
藤井さんもやはり保守化したのは事実だと思うよ。

258 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 06:20:51
>>256
結局、自由なお坊ちゃん高校(東海だっけ?)の生徒が勘違いして市民運動に走って道を間違
えただけでしょ? そのインタビューでも「うちの学校はそれほどひどくはなかった」とか言ってるし。

内心では学歴を得られなかったことも、先走って運動に走ったことも後悔しているし、
反管理教育や不登校運動界隈のくだらなさも知り尽くしてしまった。
だからといって今さら生き方は変えられない。ライターから転職もできない。そこ
で保守に走って辻褄合わせしているとか思えないですね。
シューレ系に厳しいのは近親憎悪だよね。まあシューレはバカだからどうでもいいけどさ。

ちなみに内藤はもっと屈折していて、大学教授だかのリベラルな家庭に生まれた
人間が、間違って東郷みたいな管理教育による労働者養成学校に入っただけでしょう?
内藤さんは行く学校を間違えたのでしょう。それだけのことですよ。内藤さんの
提唱する「選択の自由」って要するにバウチャー制のことです。
そんなことを本気でやったら、情報の非対称性や地域・経済格差の問題から階層
格差が開いて大変なことになるよ。内藤さんは自分が過不足なく「選択の自由」を
行使できる立場として育ったから、そこまで想像力が働かないのですよ。

259 :名無しさん@社会人:2005/07/18(月) 06:26:32
自分も当時、友人に連れられてそういう界隈に顔を出したことがあるけど、見事に
エリート校の勘違い坊ちゃんか(周囲の環境がそれを許しているだけなのに、何か
やったつもりになってる奴)、実生活で屈折(学校が合わないとか、まあいろいろ)
を抱え込んだ人しかいなかったですね。
自分は深入りしませんでしたが、挫折(あるいは転向)してカタギになれた
人は運が良かったと思います。

ズルズルやってた連中は、フリーターにしかなれなかったりピースボートに騙されたり
した奴が本当に多い。友人は象牙の塔に深入りして博士課程に進んで大変に苦しい人生を歩んでいましたが、
運良くどこかのアカポスに潜り込めたので「成功」した方かな?

それと悲しい話だが、様々な軋轢から心を病んだ人間や自殺者も珍しくないんだよね・・・。合掌。

260 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 12:07:52
当時、自分もフリースクールを通じて反管理とか子どもの人権の業界に出入りしていました。
実際には、工業高校で高卒後就職するけれど丸刈り強制反対とか、単親家庭の子もいました。
なかには、暴走族やっている人も。子どもの権利の会議に顔を出すなど、多彩な顔ぶれでしたよ。
自営業や会社員の子で私服通学を通している子もいた。
何もエリート校の、人を仕切りたいだけのヤシばかりじゃなかったよ。

バウチャーがなくても格差はあるし、それは税・福祉の面から、日本一国だけではなくアジア連合や国連単位の福祉・経済政策を通して
解決するべき課題でしょう。


261 :名無しさん@社会人:2005/07/19(火) 15:44:28
>>260
>バウチャーがなくても格差はあるし

バウチャーはもっと格差を広げます。

>税・福祉の面から、日本一国だけではなくアジア連合や国連単位の福祉・経済政策を通して
>解決するべき課題でしょう。

具体的に何ですかそれ? まさか経済のグローバル化とかいうヤツ?(苦笑)

262 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 12:03:52
>>261 >具体的に何ですかそれ?

たとえば、トービン税、国際的な航空移動への課税、国連・アジア連合単位で徴収する炭素税などなど。
経済のグローバル化といっても、市場原理主義型と、国際福祉重視型などいろいろと考えられる。
わたしは、よりマシなグローバル化を求めている。

263 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 12:15:20
>>261
またか
じゃあお前がでDQNと机並べてろ


264 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 12:33:27
>>261
>バウチャーはもっと格差を広げます。

どこの国や地域の実例があるのですか? あなたは自由になることを恐れているのではないですか?
実際には、やってみないと分からないでしょう。
それに、今のバウチャーなしよりも、バウチャーができたほうがいいですよ。
なかには母子家庭でお母さんはパートでーー男性の正社員の半分ほどの賃金でーー家計を支えながら、
必死にホームスクーリングをしている家庭もある。お父さんの賃金が低いこともあって、内職ーーパートよりも賃金が安いーー
をやりながら一生懸命フリースペースの主催者をやっている親御さんもいるのですよ。
その人たちのためにも、ぜひバウチャーを導入すべし。


265 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 12:35:06
>>261
お前みたいなのと同化される位なら
階層化社会のほうがマシ


266 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 12:59:19
>>261
格差社会うんぬんは、苅谷剛彦や山田昌弘あたりが近頃盛んに
マスコミを動員してキャンペーン していることだな。

267 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 13:19:35
>格差社会うんぬんは、苅谷剛彦や山田昌弘あたりが近頃盛んに
>マスコミを動員してキャンペーン していることだな。

そうですね。
ただ、そういう格差社会にハンタイするサハの運動団体とのつきあいが少々あるのですが。
みなさん自由・オープン・ユニーク・プライバシー等に、意識的には賛成だが、無意識的には反対、という人たちが大半じゃないでしょうか?
有名な論者だと、たとえば高橋哲也さんの「安楽への全体主義」なんてエロスなき禁欲主義っぽくてついてゆけない。
斉藤貴夫さんの「生活保守主義」も、私生活を犠牲にして反戦・反ファシズム運動に滅私奉公しろといわんばかりの雰囲気がウケているのかも。

ちなみに、市場原理主義に抵抗する主張を、全部把握しているわけではありませんが、
最近読んだ情報のなかでは、経済学者の宇沢博文さんの「社会的共通資本」という岩波新書が一番腑に落ちました。
わたしはベタに近代市民社会の論理を信じるものではありません。しかし、彼の学校や道路に関する意見は拝聴に値すると思う。
とりわけ、再生産論者のボウルズとギンティスの訳者として、フリースクールやオ^−プンクラスルームなどの
試みを肯定しつつ、資本主義のハイアラーキーのなかでせっかくの教育改革がゆがめられてゆくことへの批判は
秀逸でした。



268 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 13:20:34
(267からのつづき)
で、ここで強引に藤井さんに話をつなげますと、いいと思うんですよ。たとえエリート校の子が中心であっても、
親が医者・弁護士であっても、動きやすい人から反管理主義とか人権無視とかフリースクールの建設に着手すれば。
それはそれで見落としてはならない動きだと思います。

最近、90年代半ばに出た森たかし の19世紀のアメリカの職人の歴史の本を読んでいて、面白かったのが、
19世紀の労働運動高揚期であっても、組合や政党などに参加したのは、全労働人口の2〜3%だったそうです。
だけど、その数パーセントが成果を勝ち取ってきたのですね。教育市民運動もそんなものじゃないかな。
それから、藤井さんの、管理主義学校を支える地域社会批判は有効だと思いますよ。
前出の本によると、ストライキが成功するときは、地域ぐるみの闘争だったそうです。
たとえば商店主が食料をカンパし、地元の新聞がスト支持の情熱的な記事を書き、女性軍はレールに油を塗る、
といった具合です。もし、地域社会が、フリースクールや反管理・子どもの権利関係の事務所に食料をカンパし、
地元紙が熱烈な応援キャンペーンをはったら、結果は違ってきたでしょう。
くりかえしになるけれど、そういう意味で彼の取材による地域批判は卓越していると思いますよ。








269 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 13:27:47
>>268
訂正です。
>人権無視→子どもの人権擁護

まぎらわしくてスミマセン。



270 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 14:49:46
>>266
「ニート」問題喧伝家・玄田有史や「ひきこもり」問題喧伝家・斎藤環とかも
その尾っぽに繋がっているイデオローグのようだね。

271 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 15:21:42
>>267
ご教示、どうも有難う!!
宇沢弘文氏のその本、機会があれば読んでみようと思います。

272 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 09:08:34
>>267
教育の再生産構造におけるその辺りの「矛盾」をアップルらも論じていたね。
がちがちの再生産論ではなく、相対的な矛盾をはらんだものとして。

273 :名無しさん@社会人:2005/07/21(木) 17:20:09
>>266
> 格差社会うんぬんは、苅谷剛彦や山田昌弘あたりが近頃盛んに
> マスコミを動員してキャンペーン していることだな。

苅谷の論法がブルデューやバーンスティンらと違うのは、ブルデューの理論を
とり入れているように見せかけつつも、その大事な論点をずらして、結局のところ
学校以前に蓄積され担保される階層間格差を「意欲格差」などいうふうな精神論
にすりかえて誤魔化そうとしている点なんだよね。

274 :名無しさん@社会人:2005/07/24(日) 13:44:18
靖国にある展示館を子供に見学させる事がそんなに悪影響か

275 :名無しさん@社会人:2005/07/25(月) 01:20:56
たかが一宗教法人


276 :名無しさん@社会人:2005/07/26(火) 22:58:52
>>273
あの人たちは、多分本気でネオコンに反対する気はないのではないでしょうか?
ただ、新しい下層階級(派遣・フリーター・ニート・ヒキコモリなどなど)叩きのために、反ネオコンをよそおっているだけという気がする。
欧米の文脈では明らかに移民排斥、少なくとも不寛容に当たるでしょう。
藤井さんもそちらに巻き込まれつつあるのかな?
もう少し地位が高ければ、しっかり抵抗できるのに。



277 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 04:40:24
>>273
すべて意思の力しだいだ、とする発想は権威主義の傾向が高いと
アドルノらは言っているね。

それにしても、希望なんて宗教家でもないのに言わないでもらいたいよ。
イリイチさんが語る希望はオリーブ油の香りでした。
いっぽう、文系学者が国体主義のにおいのする文脈で語ると、さすがに鼻につきますね。


278 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 11:43:08
>>259
それらの運動も、もうひとつの組織をつくって個人を圧殺する傾向が強かったり、
反対するうちにミイラとりがミイラになったりすることもあるからね。
むろん、周囲の環境条件もあったが、子ども期のおわりの大人ゴッコというのはむつかしいものだね。
「ひとつの時代を生き切ったものは、次の時代に生きるのがむつかしい」って中井久雄は「治療文化論」で言っているけれど。
とくにそのなかで、あまりに早い時期に小さな「成功」をつかんだ場合、その後が大変のようだね。
また、安直にそうするようにあおる周りの大人もレベルが低いと思うね。

最悪の場合、ドストエフスキーが「悪霊」で描いたのとまったく同じじゃないけれど、
集団自決にむかってすすむレミングの群れ状態になりかねない危なさはありますね。










 







279 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 11:44:00
そういえば、お隣の子ども解放とでもいいますか、フリースクールとかに関わったことがあるのですが。
偏見をあおることになるため、タブー扱いですが、実は霊感商法、新興宗教、自己啓発セミナーにひっかかったり、
自分たちの組織が事実上そういう機能をはたすように進化してしまった例もままあるのですよ。
それに、自分たちのあいだでの軽蔑のしあいや、つぶしあいも激しく、
賢い人、各種のネットワークからの支援のある人たちから「一ぬけた」しています。
残ったのはオルガナイズマニア、活動オタクみたいなヤシと、よくわからないので
はじめの数ヶ月ほどはやってくる初心者ばかり。当然、組織運営の技術など伝えられず、
元のボスが君臨して、古い話を教条的に初心者に注ぎ込むようになっています。
また、自分自身は教員だったり、そこそこは学歴や職歴が高かったりする人が仕切っている場合も目立ち、
いわゆる下層のものほど、そこで傷つけられたり絶望や混乱を深め、退散して泣き寝入りです。

おそらく反管理業界にも同じような構図があったのでしょうね。やっぱり、エキスパートになって、
中に入らなければ何もできないということか。もっとも、解放とか権利とかいうのも、
あくまでもネタであって、ベタにとるものではないのでしょうね。

自分的には、家に閉じ込められる状況と、女性差別や集団主義がひどくなさすぎない土地にすんでいたならば、
関わらなかったという気がします。
いまは、もう学校には行けない体質になってしまいました。個人的には一生学校に行かずに教育を受けずに死ねれば幸せなんです。
酔生夢死の人生なんて、あまりほめられたものではないけれど。学校を拒否するだけで
生きるためにエネルギーのうち90%を費やしてしまって、あとは余生だと思います。


280 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 12:53:42
>>279
素直に治療を受けておけばよかったんだよ。

281 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 19:26:27
>>280
不登校は病気じゃないよ。

誠二さんが保守化しているったって、個人の処世術から見ると、おもしろいよ。
革新→保守 という転職(?)をしてもなんとかやっていけるってことだから。
人生、周囲の環境をながめつつ柔軟にやっていけるということが分かる。
何も保守系だからといって悪者扱いしなくてもいいだろう。



282 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 20:30:18
なんとかやっていくために保守に転向したんじゃねーの?
保守論壇が支配的な時代に革新やってたんじゃ商売なりたたないでしょ。

283 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 22:03:04
>>266
格差社会化がすすんでいるという説に対しては異論が出されているので、
格差社会化についてはそれをそのまま真に受けるわけにはいきませんね。

>>276
> あの人たちは、多分本気でネオコンに反対する気はないのではないでしょうか?
> ただ、新しい下層階級(派遣・フリーター・ニート・ヒキコモリなどなど)叩きのために、反ネオコンを
> よそおっているだけという気がする。

同意します。実は私もそう見ているんです。


284 :名無しさん@社会人:2005/07/27(水) 22:26:27
>>283
いろんな調査のデータがあって、ひとつのデータも解釈によって描く像は
人それぞれ、ってことだろうね。

もし本気でネオコンに反対するのなら、レイバーネットのやっている「責任とってよ中曽根さん」キャンペーンとか、
ATTAC-JAPANの呼びかけている、ジョゼ・ボヴェ釈放キャンペーンに協力するだろうからね。
大阪府の不登校半減キャンペーンも、ネオコン政権のしわざだけど、それへの批判声明ひとつないようです。

ちなみに、ジョゼ・ボヴェは、ユネスコのシンポジウムで故イバン・イリイチの横にパネリストとして座っていた人。
フランスの農民運動の指導者で、グローバリズムに反対し、マクドナルドを非暴力的に解体したり、
遺伝子組み換え食品に反対したりしている。

285 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 15:48:15
>>278
>子ども期のおわりの大人ゴッコというのはむつかしいものだね。
>「ひとつの時代を生き切ったものは、次の時代に生きるのがむつかしい」って中井久雄は「治療文化論」で言っているけれど。

残酷な表現になるけれど、管理反対運動などで、体や心がボロボロになる人がいたり、
自殺者さえ出たりするのは、十代半ば〜二十代初頭くらいの大きな子ども/若い大人にとっては、入会儀礼なんでしょうね。

人生や社会には残酷なものがあると人生の初期に自我にきざみこまれるのは、衝撃的です。
そのあと、ヘンになる人がいても当然でしょう。
社会とか自我とかいうものに入ってゆくのはたいへんなことで、それもまた慣れたり受け入れたりしなければ
生きてゆけないのが、個人と社会にとっての限界なのかもしれません。
だからといって、傷つくこと・失敗することを恐れるゆえにニヒルやシニカルに走っても、うるものは少ない。
安易に「中途半端なロマンティシズム(ミヤダイ)」にも流されずに、長じてからは単なるノスタルジーにのまれることもなく
やってゆくにはどうすればよいのでしょう?
(モレの知り合いには、ロマンテイックな恋愛・同棲生活に救いを求めて、
勉強も友達づきあいも何も捨ててしまい、ふたりの世界で崩壊していったヤシもいる。それに、ノスタルジーにのみこまれて、
骨董品や古典芸能などの世界にひたって浮世離れした美意識のなかに癒しを求めたヤシも。)

何も子どもの権利とか、自由・個性・選択・開放といった理念すべてが悪ではありません。
現実と理想の落差をしりつつ、少しずつでもマシな状態にするべく不断の努力と工夫をしてゆくしかないのでしょう。
妙につるんでばかりではなく、各自が自分のテーマを深めることも求められるのでしょう。
そういったことを、死者に敬意を払いつつ、考えてゆきたいですね。





286 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 15:52:03
285のつづき。教育とか入会儀礼とかいうものは、どうしても人を傷つけ、混乱させ、
ゆがめてしまう性質を、宿命的にもっているのかもしれない。
ならば、小学校高学年〜高校まで、いわゆる管理教育的な環境に子どもを閉じ込めるのは、
あまりにリスクが大きすぎる。そのあとの自殺・肉体や精神の故障などを考えれば、「社会的費用」が高すぎる。
ならば、ゆるやかな自由のなかーーもちろん、自由の中にはむつかしさも厳しさも含まれるーー
のなかで、なるべく傷や混乱を小さく入会してゆく方法を編み出さねばならない。

その意味では入会していく大人社会の民主化も、子どもの権利のために
求められるのだろうね。

287 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 16:10:14
>(モレの知り合いには、ロマンテイックな恋愛・同棲生活に救いを求めて、
>勉強も友達づきあいも何も捨ててしまい、ふたりの世界で崩壊していったヤシもいる。それに、ノスタルジーにのみこまれて、
>骨董品や古典芸能などの世界にひたって浮世離れした美意識のなかに癒しを求めたヤシも。)

そのほか、家出、心中、リストカット、バイクで暴走して大怪我、売春と麻薬などなど、
子どもと大人のはざまでホルモンのバランスから社会的な立場・アイデンティティまで、
宙ぶらりんの時期は本当に息苦しいですね。学校教育なんてところで、さらに管理主義なぞやれば
ますます窒息しますよね。


288 :283:2005/07/28(木) 16:54:02
>>284
> いろんな調査のデータがあって、ひとつのデータも解釈によって描く像は
> 人それぞれ、ってことだろうね。

ええ、それに、データを出す段階での問題が絡んだ統計上のトリックもありますからね。

(258-259は私ではありません。念のため)

>>285
> 残酷な表現になるけれど、管理反対運動などで、体や心がボロボロになる人がいたり、

そうした運動に加わる人の多くは、それまでに学校などの体験を通じて、すでに心身ともに
ボロボロになったことのある経験の持ち主ではないでしょうか。多かれ少なかれ傷を負った人
であると思います。
そのままボロボロの状態で学校や会社に適応していれば自殺を免れたとは思えないです。
学校や会社に順応しつづけ、一見スムースなレールの上を歩んできていたように見えた人達が、
突如としてバタバタと自殺していく現実も、いっぽうで多く知っていますし・・・

> 安易に「中途半端なロマンティシズム(ミヤダイ)」にも流されずに、長じてからは単なるノスタ
> ルジーにのまれることもなくやってゆくにはどうすればよいのでしょう?

反対運動の世界はロマンティシズムではないですよ。むしろそうした運動に携わるということは、
それまでは避けてきたような見えなかった壁に自らすすんでぶつかっていくことですし、それまで
以上に心身の強靭さが求められると思いますから。

宮台氏のような人は、おそらく、旧来の左翼運動にみられた純潔主義的・潔癖主義的な活動家タイプ
とは180度違って、積極的に敵の陣内に入っていって、場合によっては敵の一部とタッグを組むこと
さえ憚らないないような戦略家なんでしょうね。
社会学者である彼ならば、ウォーラーステイン氏が『史的システムとしての資本主義』で、「ブルジョワ
革命」について史的に実証したことについても、当然知っているでしょうし。
ブルデュー氏がハーケ氏の政治戦略的な文化活動に対して直接言っていたことを想起させます。

289 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 22:07:33
一言言わせて貰う。

誠二はハゲてる。

290 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 23:26:38
>そうした運動に加わる人の多くは、それまでに学校などの体験を通じて、すでに心身ともに
>ボロボロになったことのある経験の持ち主ではないでしょうか。多かれ少なかれ傷を負った人
>であると思います。
>そのままボロボロの状態で学校や会社に適応していれば自殺を免れたとは思えないです。
>学校や会社に順応しつづけ、一見スムースなレールの上を歩んできていたように見えた人達が、
>突如としてバタバタと自殺していく現実も、いっぽうで多く知っていますし・・・

言われてみれば、そうですね。ありがとう。認識のバランスを取り戻すことができました。
確かに、知り合いにもいわゆる優等生コースを歩んでいるように見えても、会社の権威主義に
やられてうつ病とか心身症になったり、自意識過剰ですっかりアビューシブな性格になってしまって
職場で総スカンをくらっている人もいますよ。
今は不況・リストラばやり、組合弱体化の時代。抵抗するやり方や自信がなければ、
ますます生きづらくなるでしょうね。
わたしももっと強くなって、会社の横暴に抵抗しなくっちゃ。

>反対運動の世界はロマンティシズムではないですよ。むしろそうした運動に携わるということは、
>それまでは避けてきたような見えなかった壁に自らすすんでぶつかっていくことですし、それまで
>以上に心身の強靭さが求められると思いますから。

そうですとも。激しく同意します。

>宮台氏のような人は、おそらく、旧来の左翼運動にみられた純潔主義的・潔癖主義的な活動家タイプ
>とは180度違って、積極的に敵の陣内に入っていって、場合によっては敵の一部とタッグを組むこと
>さえ憚らないないような戦略家なんでしょうね。
>社会学者である彼ならば、ウォーラーステイン氏が『史的システムとしての資本主義』で、「ブルジョワ
>革命」について史的に実証したことについても、当然知っているでしょうし。
>ブルデュー氏がハーケ氏の政治戦略的な文化活動に対して直接言っていたことを想起させます

そうね、本当にそうですね。
ハーケとの共著を読んでいる人と出会えてうれしい! 実はリアル世界には
そういう知り合いっていないから。


291 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 23:43:02
青年の積極性どう引き出す

ーー組合の側からは、若者の参加・積極性をどう引き出すかも大問題です。
労働組合の役員の口からは、「若い人は意見を求められても何も言わない」というグチがよく
聞かれます。

宮本 若い人が簡単に意見をいわなくなっているのは事実です。まず、警戒心が強い。
「これを言ったらどうなるか」を自然と考えてしまう。小さいころから、自由にものを言って、
それがみんなに受け入れられ、切磋琢磨してゆくという環境がなくなった中で育ってきた世代ですから。
下手にものを言えばいじめの対象になる。まじめなことを言えば浮いてしまう。

(労働大学調査研究所編集 月間労働組合【特集】青年が生き生き働きつづけるために 青年を社会的弱者にしない
ーー社会・経済の変化に対応した雇用・育成計画を 宮本みち子へのインタビューよりーー 2004.4:14)

ちゃんと主体的に労働組合にとりくんだり意見を言ったりするのは、
当然反管理とか、フリースクールとかをやってきた子どもたちのほうが
上手でしょうね。
わたしも、労働組合のイベントに参加したとき、同じ世代のフリーターがなかなか
口を開かないので「どうして?」と思ったのですが。フリースクールとかスペースで育ち、
決してパーフェクトではないけれど意見を言う練習のチャンスを与えられたのは幸いだということなのかな?
あ、職場で自分が浮いているわけがわかった気がする。
自由教育ありがとう! 自由万歳!

292 :名無しさん@社会人:2005/07/28(木) 23:54:17
>>291
>ちゃんと主体的に労働組合にとりくんだり意見を言ったりするのは、
>当然反管理とか、フリースクールとかをやってきた子どもたちのほうが
>上手でしょうね。

それ以前に反管理運動だのフリースクールに出入りしていた連中のうち、
ほとんどはカタギの職場には入れませんから・・・残念。

293 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 21:57:24
>>292
うちの知り合いにヤクザになったやしなんていないよ。
単なる偏見・中傷でしょう。

また、そういったムラ社会的な同調圧力にわたしたちは反対しているわけですよ。


294 :名無しさん@社会人:2005/07/29(金) 23:50:25
>>292
そんな都市伝説信じてるの?
面接で赤旗購読してるか聞かれるとかw


295 :292 :2005/07/30(土) 02:24:42
>>293-294
単純に、往々にして大半は社会的には低学歴(無学歴)になりますから、
高次のジョブ・マーケット入場券を得られませんので。
何か間違ったことを言ってますでしょうか? 

またとくに現在はデフレ不況と雇用のアウトソース化で、高偏差値から順番に入場券
を得たが大手中小の正規雇用には乗車できなかった人間が溢れている状態ですね。
これを「学歴社会の崩壊」と誤解する人もいるわけです。崩壊してませんから。
確かに学歴を得ても安泰ではない時代になったのは事実ですが、学歴を得られなかった
人間はもっともっと大変ですから・・・残念。

296 :292:2005/07/30(土) 02:30:02
個人的経験ですが、自分の周囲でそういった場所に出入りしていた人間の大半はフリーターや
派遣・季節工程度にしかなれませんでした。中堅程度の大学に行った人間で
中小のカタギのリーマンや公務員になった人はいたでしょうか?
メンヘルになって何も出来なくなった人や自殺者も数人出ました。女性は主婦
やってたりしますが、奇妙なことにあの界隈は男性に比べて女性って少なくないですか?
何らかのコンプレックスや鬱屈が強い自己陶酔的な男の子たちの溜り場だったという印象。

元々の成績や地頭は良かった人間、自分自身はエリート高に通っていたり、家が裕福な人
たちは概して何とかなってますけどね。色んな大検コースやいい大学に行かせて
もらったり留学させてもらったりね。
(ここでも世間の空気が読めない人はそのまま院生になって駄目になっちゃったりとかw)
こういう界隈でも能力差・階層差はあるんだなあ、と痛感します。

あー、それとも派遣や季節工にしかなれなかった人たちに労働現場からの戦いを担え、
とアジテーションされているのでしょうか? 決して労働運動を否定するものではなく、
今こそ強い運動は必要だとは思いますが、ここまで来ると僕にはちょっと分からない価値観ですね。

297 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 06:10:19
何時の話ですか?
今年に入ってから雇用状況は
かなり改善されてますし
公務員なんて昔から低学歴でも
比較的公平な採用や待遇の
カテゴリーは探せば
幾らでもありますよ。
私怨からの脅しですか?
みっともない。


298 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 06:32:22
>>295-256
貴戸さんかな?

299 :292:2005/07/30(土) 07:06:25
>>297
>今年に入ってから雇用状況はかなり改善されてますし

言うまでもなく非正規雇用は常態化している。また労働力人口の縮小をどう考えるかも難しい。
求職自体を諦めている者が増えている(よって皮肉にも結果的に失業率が下がっている)可能性も考慮せねばならない。
有効求人倍率はもはや粉飾が横行しているようだ(役所が企業に多目に出すように要請)
このあたりは数字に強い人の解釈が欲しいところ。

また仮に百歩譲って好況だとしても、それは金融政策における量的緩和(リフレ)が功を
奏したに過ぎない。だが何しろ財政・金融政策における政財官の足並みは揃っていない(全体としては
縮小均衡政策を志向)状況なので、今後にどれだけ期待できるかは・・・。
またマスコミが煽る07年ショックにどれだけ期待できるかもまだ分からない。求人が増えたといっても、
非正規雇用増と退職者の再雇用・定年延長でしのぐのが主流か?

300 :292:2005/07/30(土) 07:08:52
>公務員なんて昔から低学歴でも比較的公平な採用や待遇のカテゴリーは探せば
>幾らでもありますよ。

現在、これだけ右も左も「小さな政府にせよ」と大合唱しているのに? 民活や外注化・PPP、
指定管理者制度や市場化テスト等で官業のアウトソースがどんどん進んでいるのに?

何が言いたいのかわけわかんね。

>>298
批判者が誰でも貴戸さんに見えるのか? キミたちは病んでるよ・・・。

301 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 07:14:49
自分で足使って捜したのか?
大文字の知識ひけらかしたところで
現状とは全然違う
そのくらいも認識できない
不安神経症のようだね。

302 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 07:32:25
また佐藤信者か


303 :292:2005/07/30(土) 07:41:04
>>301
いったい何のことだ? >>299 に疑義があるのか? そりゃ、あんたが仮に愛知あた
りに住んでいるとすれば実感としても景気は悪くないだろうよ。奥田天皇のお膝元で、万博と
セントレアにカネを突っ込んでまさに「穴を掘って埋める」景気浮揚策を打ってるからな。

大卒新卒に限れば「改善」説もあり何とも言えん。ただ非正規雇用の常態化、正規雇用を
増やしている企業は有名上場企業が多い、大手中小どこであれ仮に正規雇用されても
離職率は依然高い(好況時なら有利な条件で転職していると解釈できるが、現状では単
純に先が見えない精神的なキツさが主因では?)と楽観的要素は余りない。

まさか大新聞のアナウンス(就職氷河期は終わった)を間に受けてるのか?
高卒の場合、就職希望の人間まで専門や大学に送ることで問題を先送りしている
(結果的に就職率を上げている)に過ぎない。以上。

304 :292:2005/07/30(土) 07:43:40
>>302
佐藤ってどの佐藤だよ? 知らんよそんな奴。

305 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 07:59:05
>>304
またとぼけて。( ゚Д゚)y─┛~~
あんた、内藤スレにご登場されてた人だろ?

306 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 08:16:31
大マスコミだのエコノミストせんせいの話を
鵜呑みにしてるのはそっち
君個人が身の丈にあった生活をしてないだけじゃないの?
新自由主義批判以前の問題。

307 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 08:19:16
>>292
知識は有るけど知恵が全然無い
それじゃあ生き辛いだろうね


308 :292:2005/07/30(土) 08:30:19
>>306
労働者はワガママを言わずに身の丈にあった生活をしろ? お前は財界の回し者か?

個人個人が生活信条の中で質素倹約を楽しむのは自由。だが世間一般に「もう経済成長はいいから
身の丈でいこう」とか言う人間は余りにも楽天的に過ぎる。奥田も大喜びだろう。

309 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 08:44:04
身の丈にあった生活でも十分豊かじゃねえか
そっちこそ個人的なコンプレックスからくる
化石左翼みたいな階級闘争に他人を
巻き込まないで貰える?


310 :名無しさん@社会人:2005/07/30(土) 09:53:22
>>300
> >>298
> 批判者が誰でも貴戸さんに見えるのか? キミたちは病んでるよ・・・。

単に「かな?」と質問しているだけの書き込みに、そこまでムキになって反応
する必要がなぜあるの? 誹謗中傷までして。

311 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 11:04:21
>>308
経済成長経済成長…なんて念仏のように唱えている香具師が財界のまわし者だろ。

312 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 17:58:15
>>288
レスありがとう。いい補足だった。
それから、どこが予算を出しているかというのも大事ですね。
ダイムラー・ベンツか、ジョージソロスか。


313 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 21:18:51
>>292
あら、最近では、派遣とかパートでも、ひとりから入れる労働組合がポピュラーになっていますよ。
また、連合などの大手の組合も、雇用の底割れを防ぐために、アルバイトの相談窓口も設けるなど、
非正規雇用者の権利のためにここ数年ほど、力を入れ始めているんですよ。


314 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 21:21:56
>>299
>求人が増えたといっても、
>非正規雇用増と退職者の再雇用・定年延長でしのぐのが主流か?

誰も米英の完全雇用の神話なんて信じちゃいませんが、何か?


315 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 21:53:04
>>296

>こういう界隈でも能力差・階層差はあるんだなあ、と痛感します

何か過剰な幻想があったようだね。十代の半ばくらいにもなってそんなことも理解できなかった
のだとしたら、あなたは相当鈍感か、世間知らずだったんだね。

当時から、わたしと自分の知る限りの人間は、そういうことはわかったうえで運動にとりくんでいましたよ。

>奇妙なことにあの界隈は男性に比べて女性って少なくないですか?
>何らかのコンプレックスや鬱屈が強い自己陶酔的な男の子たちの溜り場だったという印象。

女の子もいましたよ。女の子は、女性と子どもという二重の抑圧にさらされて、疲れ果てながらも
必死に運動をやろうとがんばっている努力家タイプが多かったと思います。
うちは田舎にいたせいで、田舎の因習的な権威主義におしつぶされそうになりながらも、
なんとか権利や尊厳を手に入れようと試行錯誤していた女の子を知っています。
彼女たちの偏差値とかは言いたくないですが、多分、そこそこ以上には有能なのに、
女の子ということで訓練を受けられなかったり、過小評価されたり、知的であることじたいが罪悪視されたりして、
絶望ゆえに表面的には明るさや社交性や器用さを発揮しているが、内面はそのへんの男の子の同じかそれ以上に
鬱屈していたのだと思いますよ。
もっとも、あなたのような鈍感な方に向かって、自分で認めるのもつらいホンネの苦しみを語るマヌケな
女の子もいなかっただろうと察せられますが。



316 :292:2005/07/31(日) 22:36:31
>>315
>当時から、わたしと自分の知る限りの人間は、そういうことはわかったうえで運動にとりくんでいましたよ。

そんで、自分は運動内の上層エリートを気取ってたわけかい?

そら、今から振り返れば何とでも言えるわな。

317 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 22:50:50
独りよがりの階級闘争


318 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 23:04:41
>>292
宅間守が憑依してますね


319 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 23:13:04
>>292
ドミナントでしか人間関係が量れないんだね


320 :名無しさん@社会人:2005/07/31(日) 23:31:10
>>316
>そんで、自分は運動内の上層エリートを気取ってたわけかい?

いいえ。家はお金持ちじゃなかったし、自分の場合は公立の中学で
成績は下からかぞえたほうが早かった。
いちおう、あるフリースクールで学んだパイオニア精神で子どもの権利グループを作ったのは
いいけれど、不良とか暴走族系の人と接するのが大変だったり、親にも強く反対されたり、
男の子たちが、女の子がリーダーなのが気にくわないのか、いろいろと嫌がらせをしてきたりと、
それなりに苦労はあったけれどね。
それに関してカミソリ入りのお手紙が舞い込んだこともあったし、嫌がらせの電話も受け取ったし、
地元の反管理の上の世代には、人生を急ぎすぎだと説教をくらったりと、すったもんだしながらやっていたわけです。


321 :名無しさん@社会人:2005/08/01(月) 01:03:43
吉本隆明あたりが、「グループ」とか「集団」ではなく「ひとり」とか「個人」と
いうのをけっきょく強調するのは、そういうことなのかもなあ。

322 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 02:11:07
長田の真骨頂は朝生出演時。
発言の糞ぶりに、ゲスト+田原に呆れられてシカトされる中、
唯一、藤井誠二だけが長田の発言を拾い上げて
大幅に補足、カバーしてあげる状況。毎回こう。



323 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 13:49:40
>>321
いい意見だと思います。ただね、まったく個人で何かをやるとなると、また別の不便があるのですよ。
たとえ小さくても、伝統が浅くても、グループになるというのはひとつの力なんです。
正式の組織ができると、誰かが抜けてもかわりがいるし、運動の歴史なども時代を超えて伝えられる面もありますから。
規模の経済ってこともありますしね。また、共同体主義の怖さも。ちょうどそのころ知り合った脱原発関連で知り合った
市民運動家が、福祉のことで個人で役所に訴えようとしたら、冷たくあしらわれた。ところが、知り合い数人に声をかけ、
適当に「○○を考える市民の会」みたいな名前をつけて、3人で役所に行くと、
まったく同じ訴えであるにもかかわらず、ソファのある部屋に通されてお茶を出され、
管理職クラスの人が応対に出て、ていねいに欲求を聞いたと話してくれたことを今でも覚えています。

自分たちも、会の代表という形で近所の日教組の事務所に行くと、なんと委員長さんが出迎えてくださり、
権利条約や典型的な大人・子どものイメージや役割について、お茶も飲ませてくれて話がはずんだのはビックリでした。
やはり、徒党を組んでいないとどこのムラのもんかわからないのはつきあいにくい、
あるいは不審者と思われたり、本気でやる気がないように見られる傾向はある。
その対策として、組織を作ることは、必要悪みたいなところもあると思います。



324 :名無しさん@社会人:2005/08/02(火) 14:20:33
組織でも団体でもなく、緩やかなネットワーク関係というのが理想なのかもね。

325 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 09:02:56
>>302
佐藤俊樹? 佐藤学?

326 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 15:54:16
>>285
自己レスですが。
通過儀礼という語は、ある種のロマンティシズムとともに、それを通じて戦争やファシズム、
ならびに男尊女卑などの諸悪を合理化し美化する機能をもっています。たとえば、男は軍隊に入り
戦争に行って一人前になる、それが通過儀礼だというように。それは、子どもを人間扱いせず野蛮扱いする
子ども差別的な発想であり、戦争や軍隊を美化・肯定する言説です。
日本がイラク戦争に参戦している時期に、それをうかつにも無批判に用いたことをわびたいと思います。_(__)_


327 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 16:06:08
>>324
いいまとめレスをありがとう。

補足をしますと、そういった社会を再生産するのに最適なのはおそらく、ホームスクーリングでしょうね。
元フリースクーラーでホームスクーラーになった人の一部は、フリースクールにも見られる
官僚制、俗物根性、集団心理の幼稚さなどを嫌ったのがきっかけではじめたと、
たとえばホルトの「なんで学校へやるの?」(一光社)などにも載っていましたっけ。



328 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 16:22:17
>死者に敬意を払いつつ

もうすぐ風の子学園で殺された子どもたちの命日がやってくる。
ちゃんと覚えていてあげようね。
学校に行かないからって治療と教育をするために、命をもてあそばれ、奪われた子らのことを。

329 :名無しさん@社会人:2005/08/03(水) 23:42:40
>>322
藤井さんって長田塾シンパなの?

330 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 00:05:22
まさか

331 :名無しさん@社会人:2005/08/04(木) 00:45:46
テレビでのコメントをいくらか知るかぎりでは、
どっちかというと、引き出し屋に近い意見だったよ。

332 :名無しさん@社会人:2005/08/07(日) 01:17:38
>>331
そうなんですか?うわぁ見てみたかったなぁ。再放送しないですよね?
おれも引きこもりだったけど、テレビであのオバハン見たとき、もし、あんなの
が家に来てたら何してたか分からなかった。と、同時によくあんな説教されて
ガマンできるなと。

333 :名無しさん@社会人:2005/08/17(水) 14:37:07
昨日のアクセスで宮崎哲弥と、つくる会歴史教科書について討論してたが
案の定、ドイツの教科書は反省うんぬんと...

334 :名無しさん@社会人:2005/08/24(水) 09:02:14
高校野球の甲子園優勝校での体罰(=暴行)事件をめぐる問題で被害者家族が心配です。
藤井さんが「暴力の学校 倒錯の街」でルポしたようなことが、この事件でも起きていなければいいのですが。

335 :名無しさん@社会人:2005/08/24(水) 13:03:26
宮台と共通してるのが
ストレスからくるハゲってところ。

336 :名無しさん@社会人:2005/08/26(金) 10:24:00
>>322
藤井氏は引き出し屋にシンパシーを感じているようだったね。
実際、他の番組内でも引き出し屋的発言を盛んに繰り返していたし。

その辺り、なんというか、学校内の管理主義を藤井氏は批判するけど、地域の学校化というか、
地域への管理主義化ということには無頓着というか、好意的なものを感じてしまう。

学校の管理主義教育を批判するときにも、犯罪だという大衆的コンセンサスが得られやすい法的に
明確に事件化できるケースを素材として挙げて、そこから批判するという手法は分かり易いんだけど、
でも微妙なところで、管理主義教育擁護論者がいう「善い管理教育は必要なんだ」「事件化したもの
は悪い部分であって、管理教育の運営面での問題にすぎないんだ」というロジックに吸い取られて
しまう危うさが残る。それが藤井氏自身の考えにも上述のような形で出てきているのかもな、と。

337 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 20:40:19
もともと自分のほうがエライ、上だ。
そうでなきゃ気がすまないタチなんだろ、この人。
管理教育批判もルサンチマンだけ。途中からは商売というよりも惰性でやっていた。
それで今は保守化。だって、自分のほうがエラくないと、おさまらないタイプじゃん。




338 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 21:40:04
管理教育批判じたいからして自らが敵とするイデオロギーに半分以上取り込まれ
ちゃっているようなところをもっていたから、当時からずっと違和感があったんだよね。

閉鎖系の共同体を地域や社会に開けばいいっていう単純な話ではないんだよね。
藤井さんも実は>>334のルポでその問題の根の深さを語ってはいるんだけどね。


339 :名無しさん@社会人:2005/08/30(火) 21:53:50
>管理教育批判じたいからして自らが敵とするイデオロギーに半分以上取り込まれ
>ちゃっているようなところをもっていたから、当時からずっと違和感があったんだよね。

そうですね。法律(手続き)至上主義、ベタに近代市民社会を信奉する点、
よりよい学校幻想への抵抗の弱さなどを当初からはらんでいましたものね。
日本の知識人の庶民の実生活から遊離した極端に観念的な反体制運動という悪しき伝統から
距離をおいていないと思いますね。なぜならば、そうした法律や近代市民社会を当然のことと
みなすのは、旧七帝大や旧制高等学校を中心とする文化にひたって、実践的というよりも
純理論的に身に着ける教養だったからです。




340 :名無しさん@社会人:2005/09/01(木) 21:34:54
脱学校論には脱文明論としてのスケールの大きさ、片っ端から常識をひっくりかえしてゆく
大胆さと面白さがある。反管理教育論にはそれがない。
学校の中の多様性と、広く学校の外での多様性を求める立場の違いだ。
どのみち学校の中での多様性を求めたって、限界がある。
外の多様性のほうが魅力的だ。
反管理はプールの監視をゆるめろとする主張。
脱学校は海や山で遊ぼうという呼びかけ。
どちらがいいかはあなたしだい。

341 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 03:27:57
>>336
> 藤井氏は引き出し屋にシンパシーを感じているようだったね。
> 実際、他の番組内でも引き出し屋的発言を盛んに繰り返していたし。

斎藤環-藤井誠二の線は『子ども論』(クレヨンハウス)時から明らかだよ

342 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 13:14:25
講談社新書

タイトル
 高卒、藤井誠二(笑)

343 :名無しさん@社会人:2005/09/16(金) 18:07:22
スパモニに出てたよ。
音声消してたから何言ってたかわかんないけど。

344 :名無しさん@社会人:2005/09/24(土) 17:49:47
>>340 例えに沿っていうなら、プールでも海でも山でもどれでもいいんだ
という風にしていくのが一番良い思うけどな。つまり、既存の学校でも
良いし、フリースクールなどでも良いと。

345 :名無しさん@社会人:2005/09/29(木) 12:24:52
石原慎太郎に絶賛される斎藤環、斎藤環に近付く藤井たん、シューレ叩きに
走る内藤たん、うーむ、この界隈の人達、急速に右にシフトしていっているね。

346 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 21:44:11
TBSラジオの「アクセス」という番組のインターネット対談で吉岡忍と話してる。
tp://tbs954.cocolog-nifty.com/954/

347 :名無しさん@社会人:2006/04/17(月) 19:13:07
思想塾公開イベント/『若者の現在』トークセッション

348 :名無しさん@社会人:2006/04/17(月) 19:30:20
この人内藤朝雄の職場妻なんでしょ。

349 :名無しさん@社会人:2006/04/20(木) 00:21:16
内藤はゆっくりと後藤を念弟にするつもりだよ。
サイゾー見たら下半身はくっつけていないから、まだ手をつけていないみたい。

350 :名無しさん@社会人:2006/06/27(火) 11:12:41
この人(藤井誠二)には少年時代がなかったのかなと思う。
こんな、何にもわかってないヤツをいちいち呼んでコメントさせるテレビが許せない。

351 :名無しさん@社会人:2006/06/28(水) 08:08:37
>>350
コメントってどんなことを言っていたの?

352 :名無しさん@社会人:2006/07/03(月) 15:11:49
>>349
アッー!

353 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 11:01:54
haiyo

354 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 19:29:47
>>353
何?

355 :名無しさん@社会人:2006/08/04(金) 12:41:30
http://www.mammo.tv/column/FujiiS/interview_1.html

↑ここの藤井さんのインタビューのなかで、

>僕は大学に推薦入学し、単身東京へ行った。とはいっても大学には3日くらいしか行かず

と書いてあるのだが、
藤井さんが3日で辞めた大学ってどこか、知ってる人いる?

356 :名無しさん@社会人:2006/09/06(水) 17:31:15
藤井って、こんな素朴な人だったっけ?

357 :名無しさん@社会人:2006/09/21(木) 12:48:50
藤井さんと、ライブドア元副社長で、宇宙に行きそこなった人が似てます。
見分けがつきません。

358 :名無しさん@社会人:2007/01/03(水) 04:53:16

似すぎ藤井誠二とマキタスポーツ
http://www.youtube.com/watch?v=tcMqKzfYQ1Y

たけしがみのもんたをパロディ
http://www.youtube.com/watch?v=udazxZiehCE

359 :名無しさん@社会人:2007/01/03(水) 05:29:08
似すぎ藤井誠二とマキタスポーツ
http://www.youtube.com/watch?v=tcMqKzfYQ1Y

360 :名無しさん@社会人:2007/01/07(日) 07:56:30
こいつがミヤダイと組むと最低のものができあがる。

361 :名無しさん@社会人:2007/01/07(日) 07:57:08
つまらない、スケールの小さな業界人

362 :名無しさん@社会人:2007/01/07(日) 11:24:27
こいつ不勉強だし、あんまり頭よくないと思う

363 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 02:10:52
>>338
日本の場合、各都道府県・市町村ごとの隔離、それに業界・会社・職場単位での隔離が強い。
そしてそれぞれの閉鎖的共同体が、横並び主義によって、ファシズム的慣習を作り上げている。
よそでは到底通用しない慣習、方法論、方針が幅をきかす。
それが外の世界に不明瞭でありすぎる。
結果として、個々の共同体の自治とかカラーを尊重する論理をとると、
かえって個人への圧殺が尊重されるという事態を招く。
これが転校生いじめへの宿命論をまねき、大人においては新卒以外への抵抗となる。
企業から企業へと転職すると、おおむね最低の待遇を受け続けることになる。
同じ業界でも会社によって、同じ会社でも部署によって仕事のやり方が違う。
なので小さいせまい世界でうまくいかないと、他には行けない。行ったとしても
見下され、同情され、疑いの目でみられる。
学校がおかしいからといって、その他のコミュニティが市民社会の論理とやらで
まわっているという論理はどこからきたのだろう?
日本の場合、職業人が社会運動に参加できず、排除された女性・外国人・若者らだけが
運動やそれに関する言説を担っている悪影響が出たわけだ。
そう、くわえると、日本は国籍・ジェンダー・世代による分割統治もはげしいところだ。
もちろんそれで利益を得るのはいちに旧財閥・旧華族といったエスタブリッシュメント層。
第二に、資源の配分を企業や家で仕切り、自分たちさえよければ他の世代やジェンダーはどうなってもいい政策によって
優越感を満足させ金をほとんど不当に手に入れている上の世代の男性(今の5−60代)だ。









364 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 13:22:20
せいじさんはナイトウの前立スポットを知っている。
けれどミヤダイは知らない。

ミヤダイは数、せいじさんは質。

365 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 13:34:47
>>363
外に出ろ。
いいから働け。

366 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 20:49:10
>>365
いえ、>>364は単なる仮説ですので。

367 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 20:52:56
アサヲってばミキスィでも腰布一枚の誘惑的な絵を使っちゃって。
魅力的なのって罪なことなのねw。

368 :名無しさん@社会人:2007/01/11(木) 13:58:17
腰布ってフリルエプロンよりもおおってくれる面積が小さくて、
しかもひもでくくっていないから何かの拍子にポロっととれやすいね。
内藤さんはエプロンスタイルよりも腰布スタイルのほうが好きなの?

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)