5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〔学者子ども〕内藤朝雄3〔シューレ叩き〕

1 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 17:27:37
サヨクから進化してネオコン寄りになった、ユニークな学者さんについて語ろう!

2 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 17:28:38
993 名前:名無しさん@社会人 :2005/11/18(金) 14:45:44
>>986
そりゃそうだよ、おそらくこいつらシューレ本部と現実には無関係。だからこそ書ける。
ある意味シューレとその中の人達が本当にどうかなっても痛くも痒くもない連中。

しかしこんな連中を左翼呼ばわりしたら、たぶん真面目に左側にいる連中が一番怒るぞ(笑)
こんな馬鹿どもと一緒にするなと。


994 名前:名無しさん@社会人 :2005/11/18(金) 15:13:49
そうだとすると、シューレがあなたたちが望むような言論統率可能な組織
ではないことを逆に物語っていることになりますね。

いっぽうでは組織の論理・共同体の論理による言論弾圧だと散々感情的に喚き散らして
おきながら、他方ではその組織の論理・共同体の論理を掲げて個人の言論弾圧を望む。

その二枚舌もいいかげんにしたらどうですか。




3 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 17:31:19
前スレ994に同意。

結局、シューレ叩き房は、シューレがどうしても何を言ってもやっつける。

言論を統制すればしたでダメだと言い、統制していないならいないでいけないと繰り返す。

シューレがイヤならあなたが行かなければいい。賛成できない方針やプログラムがあれば、
個別具体的に批判すればいい。なのに感情的に、シューレから周囲の理解者・協力者までまとめて非難したり、
あからさまな分断統治工作のごときことをやろうとする。

ストレス発散なら別の方法でやるべきだ。

4 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 17:34:15
998 名前:名無しさん@社会人 :2005/11/18(金) 15:37:16
>>995
なにを指して「リンチ」などと表現しているのか明らかにしてください。
そちらこそ、特定の言論を集団の力で有無を言わさず押さえ込ませようと、
まるで「いじめ」を呼びかけているような物言いを繰り返していますね。

もしシューレにリンチやそれに類する行為がなかったとしたら、
これは事実無根の名誉毀損ですね。裁判になったら負けるのは根拠もなく「リンチ」を言い立てた
アンチシューレマニアの方でしょう。


5 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 19:38:54
「シューレはリンチをした」と言い立てている、
>>4が言い立てている文章の原文はこれ。
>>4は、「と同じことです」という日本語がわからないようだ。
東京シューレって読み書きをちゃんと教えているの?
こういう学力低下した人たちを輩出(排出)するようではこまるんだけど。

995 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 15:30:09
>>994
「シューレの側」という立場で書いていると思われてもしかたがない書き方だ。
組織と共同体を混同しているし、
遺憾表明と言論弾圧を混同している。
左翼用語をでたらめに使う馬鹿。
いったいシューレのなかで、こういうやつらはどういう位置を占めているのですか。
これを見ているシューレのメンバーの人、教えてください。
こいつらに代表させていいのですか。
こんど顔を合わせたときに、まじめに「こんなことを、やめろよ」と言ってみませんか。

シューレの人たちに提案します。仲間の中で、こういうやつらをみかけたら、じっくり話しをしてみてください。
なかまが、リンチをしていたら、「やめろよ」と言うのとおなじことです。
シューレのスタッフも、ちゃんと「やめろ」と言うべきです。

6 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 20:37:14
相変わらずの学級委員の言い争い状態。
こんなくだらない話題で何年言いあってるのやら。

7 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 20:38:27
41 :(-_-)さん :2005/11/12(土) 17:24:56 ID:???0
>>26
> >少なくともシューレが批判されているところに彼らは必ず現れる
> 自分が出没を確認した板は、「社会学板」「哲学板」「無職・だめ板」「ヒッキー板」「教育・先生板」。

シューレ厨の書き込みに、いちいちそこまで目を光らせているお前もかなりの粘着厨だな。

俺が見るかぎりシューレ厨といわれる人たちはシューレマンセーではないな。
どちらかというとフリースクールをも学校の一つとして相対化している感じだったぞ。


8 :名無しさん@社会人:2005/11/18(金) 23:58:22
>>7
といいつつシューレ以外の話題を出さないシューレ厨あわれw

9 :名無しさん@社会人:2005/11/19(土) 04:21:21
>>8
たとえば1のスレタイとかな。

10 :名無しさん@社会人:2005/11/19(土) 16:59:17
>>5
リンチに対して「やめろ」というのと同じことだ
という表現は、明らかに、リンチと同等の行為があるかのような物言いだよ

11 :名無しさん@社会人:2005/11/19(土) 17:27:43
だと思う。巧妙な誘導です。情報操作、印象操作といってよい。

12 :名無しさん@社会人:2005/11/19(土) 18:00:45
内藤さんは杉田さんに反論しないんですか?

13 :名無しさん@社会人:2005/11/19(土) 19:45:13
倫理の押しつけ合いは続くよどこまでも
それぞれ「公」についての考え方も違えば

14 :名無しさん@社会人:2005/11/20(日) 02:34:26
>>342
これを貴戸バッシングと言わずに何という?
こんな書き込みは許せない。

「とにかく、貴戸は新しい見せ掛けと古くて保守反動の内容をもつ、
不登校の「敵」ということでFA。 」

奥地圭子さん、これを見なさい。
責任を持って、こういうことをやめさせなさい。
あなたには、やめさせる責任がある。


15 :名無しさん@社会人:2005/11/20(日) 21:56:31
バッシングを許さないと言いながら、シューレやO.K.氏に対する
名誉毀損や信用毀損を意図したような誹謗中傷によるバッシングを
スルーするというのはなぜ?
公的正義、つまり公正な判断基準を欠いたその理屈に、「Kバッシング
をやめろ」とだけ叫ぶ人達の偽善と欺瞞があるように思えるのですが。

16 :名無しさん@社会人:2005/11/21(月) 13:55:51
>>14
ちょっと待った。
ここで奥地圭子の名が出るのはどうして? 
少しでも貴戸を批判するカキコになぜ奥地さんの責任が生じる?

都合の悪いことなら何でも奥地圭子のせいなのか? 奥地さんに依存しているのか。。。

おたくのように貴戸以外の意見を認めたくない人は、いろんな人が来る掲示板にふさわしくない。
東大出身者だけの閉鎖サークルのなかで、永遠に互いに過大評価しあってなれあっていてください。
批判主義とか、独立の気概、反骨精神というものへの理解がめばえたら、
そのときはじめてこちらのスレッドに来て対話をしてください。


17 :名無しさん@社会人:2005/11/21(月) 14:39:04
また学歴コンプレックスの塊が来たよ・・

18 :名無しさん@社会人:2005/11/21(月) 19:21:35
17は意味不明。

19 :名無しさん@社会人:2005/11/21(月) 19:40:58
奥地圭子が仕切ってたわけか。

20 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 06:08:05
この人、2chに書き込まれた誰によるものかも分からない「口汚い罵詈雑言」の類を
まるでシューレの仕業だと断言するかのごとく声高に名指して盛んにキャンペーンを
張っているね。
自作自演の可能性すらざらにあり得る2ch掲示板でそう言い切ることができて、
しかもそのキャンペーンを盛んに繰り広げるというのは、逆の疑惑すら湧いて来ざるを
得ない気がするんだけど。


21 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 06:59:08
と同時に、すぐ内藤本人認定するひともいるようだ

22 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 10:22:16
>>21
内藤さん? という質問を本人認定だとワザと誤認定する輩が約一名いたね。

944 名前:名無しさん@社会人[sage] 投稿日:2005/11/17(木) 02:40:59
>941 内藤さん?

946 名前:名無しさん@社会人[sage] 投稿日:2005/11/17(木) 05:32:26
すぐに内藤認定したがる>>944が常駐しているな

23 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 23:46:15
本人であるかどうかを気にしていることには変わりないじゃないかw

24 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 23:57:56
○○さん?
という軽い質問にすらも「認定するな!」とばかりに過剰反応するほうが気にしすぎだよ。
単に「○○さんなの?」と質問する程度の書き込みにいちいち腹を立てて噛み付くのはなぜ?

25 :名無しさん@社会人:2005/11/23(水) 09:37:29
なんでそんなに誰が書いたかが気になるんだよw

26 :名無しさん@社会人:2005/11/23(水) 11:07:18
>>24
投稿者の主が内藤か否かを認定したいという動機以外に「内藤さん?」と問う理由ってあるのか?
なにが軽くて何が過剰で、誰が腹を立ててるのか知らんけど。

27 :名無しさん@社会人:2005/11/23(水) 11:15:43
この人、2chに書き込まれた誰によるものかも分からない「口汚い罵詈雑言」の類を
まるで内藤の仕業だと断言するかのごとく声高に名指して盛んにキャンペーンを
張っているね。
自作自演の可能性すらざらにあり得る2ch掲示板でそう言い切ることができて、
しかもそのキャンペーンを盛んに繰り広げるというのは、逆の疑惑すら湧いて来ざるを
得ない気がするんだけど。


と固有名詞を入れ換えれば、いかに馬鹿馬鹿しい問いかがわかろうかというもんだが。

28 :名無しさん@社会人:2005/11/23(水) 11:23:58
221 名前:名無しさん@社会人[] 投稿日:2005/11/15(火) 16:13:17
匿名性に安住していないで本名ぐらい明かしてやれや屑どもが。


29 :名無しさん@社会人:2005/11/23(水) 15:48:23
>>19
これは事実無根、名誉毀損で裁判になりかねない。やめなさい。



30 :名無しさん@社会人:2005/11/23(水) 18:24:35
>>29
どう逆立ちしたって無理ですがな(笑)
19には何を仕切ってるのか書かれていない。

麻薬密売人を仕切ってるのなら事実無根だろうが
東京シューレを主宰者として仕切ってるのは事実。

31 :名無しさん@社会人:2005/11/25(金) 00:37:51
>>14
その文のどこがバッシングなのか罵詈雑言なのか意味不明。
保守反動だとか左翼だなどということが罵詈雑言なのかな?


32 :名無しさん@社会人:2005/11/25(金) 17:46:42
>>14
あきれた。アフォか。

33 :名無しさん@社会人:2005/11/25(金) 19:37:42
内藤が上野スレを知って知らずか「上野バッシングをやめろ」と言わないのが不思議

34 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 01:17:27
最近の内藤氏はすごくニーチェ的になっているねえ。

35 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 16:15:25
回想文

昔、近所にウエノ アサオって子がいた。とても賢いんだけど不器用で、非常識で、
性格のよくない子だった。アサオくんの親御さんは文系の学者さんだった。
わたしは、その子とのつきあいを通じて、将来絶対に学者にはなりたくないと思った。


36 :名無しさん@社会人:2005/11/29(火) 14:33:24
>>34 詳しく

37 :名無しさん@社会人:2005/11/29(火) 20:11:12
>>32
保守反動左翼がwww

38 :名無しさん@社会人:2005/11/29(火) 21:11:26
左翼バッシングをやめんかい!w

39 :名無しさん@社会人:2005/11/30(水) 14:30:21
>>37
>保守反動左翼
はじめて見た。具体的にはどんな思想のことですか?

40 :名無しさん@社会人:2005/12/01(木) 14:50:48
ポストモダン, ポストコロニアル?

41 :名無しさん@社会人:2005/12/02(金) 15:49:05
ttp://www.meijigakuin.ac.jp/~inaba/books/bks0412.htm

稲葉氏による『いじめの社会理論』評だけど、この読み方にはちょっと。

「臨床的な提言さえも禁欲し」「マクロレベルの制度構想の提言に自己限定」
して首尾一貫語られた本だと稲葉氏はいうのだが、実際にはその逆ではないか。

この本の姿勢はどちらかといえば、テレビで犯罪心理を分析する犯罪心理分析官
のそれに似ているし、精神分析学系の臨床家が行う社会評論の本に近い。
稲葉氏が「電波ゆんゆん」と感じるのはそのせいであって、行間から漂ってくる
ような神秘的な意味のものではないと思う。

42 :名無しさん@社会人:2005/12/07(水) 15:12:21
根尾保守

43 :名無しさん@社会人:2005/12/08(木) 13:04:19
>>41
この人のいじめの話を見ていると、あまりにミクロに限定した話だとわたしも感じていました。
学校制度じたいが、進学・進級するごとに誰かが落ちこぼれたことを祝う儀式をしているといったことをイリイチは
指摘していますが、そういう視点はないな、と。
つまり、学校そのものが、内藤さんも言及ずみのように@人を閉じ込めるだけではなく、
A上のほうに行けば行くほど多くのおちこぼれを生み、そのうえB失敗者に自分の努力不足だと思わせるという
多面的な意味での壮大ないじめ装置ではないかという視野がないのですよ。
そのなかで、もちろん触法行為でもあるような、あるいは人道上ゆるしがたいいじめを
取り締まるのは結構です。ただ、こういうことは以前保坂展人さんもおっしゃっているのですが、
いじめをやめさせようとすると、ある種の超管理社会を作ることになりはしないか。
子どもたちが苦しい苦しいとサインを出す回路がひとつふさがれ、すべての自主性・自律性の死ぬ
世界ができるんじゃないかということへの危惧はないと思います。
今の社会のなかでの暫定的な改良として、あるいは強いアンチを出すことによって
いじめ犠牲者を助ける効果はあるでしょう。
内藤さんのいじめ議論も神聖視せずに、相対化・客観化しながら読むことが大事ではないでしょうか。



44 :名無しさん@社会人:2005/12/08(木) 13:07:16
>>41
>この本の姿勢はどちらかといえば、テレビで犯罪心理を分析する犯罪心理分析官
>のそれに似ているし、精神分析学系の臨床家が行う社会評論の本に近い。

いい指摘だと思います。精神分析は心理現象を解く道具であって、社会現象を読み解く道具ではない。
その点において彼は、使う道具を間違えてしまったのではないでしょうか。もっともその素人くささが
かえって一般読者の親しみを呼んでいるのかもしれませんが。。。。

それから、近年の脳科学や実験心理学において、フロイト理論の一部は限定や修正をうけていることを
忘れてはならないと考えますが、どうでしょうか。


45 :名無しさん@社会人:2005/12/08(木) 13:09:12
>>41
この人は、客観のかたまりかと思いきや、いきなり思いっきり主観のほうに
ブレるからなあ・・・・

46 :名無しさん@社会人:2005/12/09(金) 02:30:01
思い出

Oさんとわたしはつきあっています。ウエノ アサオはそれをじゃましようとします。
嫉妬です。精神科医のサイヴァンは、2者関係においては羨望が、3者関係においては嫉妬が生ずると
述べています。まさにウエノ アサオが、Oさんとわたしの仲のよさに嫉妬するという図式です。
ウエノ アサオはOさんにわたしの悪口を吹き込みました。だけど、Oさんはわたしのことを嫌いになったりしませんでした。
ウエノ アサオは地団駄を踏みました。ウエノ家の権威・権力をもってしても、Oさんとわたしの深い絆は壊れることなく、
むしろよりいっそう強まったのでした。

47 :名無しさん@社会人:2005/12/09(金) 02:31:13
>>46
すみません、サイヴァン→サリヴァン でした。

48 :名無しさん@社会人:2005/12/10(土) 12:13:22
このニュースどうよ?

【社会】 "いじめ?高校生自殺"記者会見…学校「(自殺生徒の)母親からの中傷FAX、部活に影響」★3
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1134145124/

49 :名無しさん@社会人:2005/12/11(日) 02:47:28
>>48 記事リンク
http://www.shinmai.co.jp/news/20051209/mm051209sha7022.htm

50 :名無しさん@社会人:2005/12/15(木) 17:04:32
パターナリズムが行き過ぎると、家庭内では「過保護過干渉」な親になり、
学校教育内では「管理主義教育」といわれたものになっていくんだよね。
社会的には、「テレビゲームが有害だからゲーム遊びを取り締まれ!」
みたいな「なんでも取り締まれ」型の社会になっていく。

51 :名無しさん@社会人:2005/12/16(金) 13:56:40
>>43
まあね、管理主義教育が少年犯罪の抑止になったんだ
なんていう主張と紙一重だからね
そういう意味では内藤氏は「もっと管理を!」と主張するタイプの
かなり自覚的な管理教育主義者だよ


52 :名無しさん@社会人:2005/12/21(水) 19:56:56
>>43さんのいう学校の暗黙のカリキュラムと、それから、かつて管理教育として批判
されたものと、第三項排除の集団生態学的な環境とは、無意識的な構造として全部
繋がっている気がしますね。
その意味でも、内藤さんによる分析は道具としてたぶん使えると思いますよ。

53 :名無しさん@社会人:2005/12/31(土) 19:48:52
論壇:この1年 目立った「破壊」の手法 格差拡大の中の奇妙な支持
ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/archive/news/2005/12/08/20051208dde014070015000c.html

54 :名無しさん@社会人:2006/01/01(日) 19:36:57
内藤は以前反体制派だった。けれど今ではエスタブリッシュメントの一員だ。
それなのに、以前の意識をひきずっている。いまや客観的には体制派なのに、
主観的には反体制派のつもりでいる。そのへんのズレを本人も意識しないはずはない。
そこで、シューレを叩きさらすなど、そのへんの体制派以上に体制的に見えるポーズをとって、
生き残りを図っているのだろう。

55 :名無しさん@社会人:2006/01/03(火) 10:19:54
勝手に自分のブログに寄せられた書き込みを削除したり、無茶苦茶な奴だよ
都合の悪い批判は黙殺する独善的な奴だよ

56 :名無しさん@社会人:2006/01/03(火) 11:12:03
内藤さんブログやってるの?
ゲイバーでどんぐりころころを熱唱とかすごいウケる

57 :名無しさん@社会人:2006/01/03(火) 11:32:12
>>56
はてなダイアリーというところでブログを作っている
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/

58 :名無しさん@社会人:2006/01/03(火) 11:33:22
2005-12-22 貴戸理恵氏ゲスト

貴戸理恵氏に対する東京シューレ界隈や匿名掲示板の憎悪と攻撃を事例にして、いつも繰り返される社会運動の欠陥について講義をした。

そして次の週、貴戸氏本人にゲスト授業をしていただく。

有意義な時間。学生からは暖かいはげまし。

質疑応答もよかった。

貴戸氏に感謝


59 :名無しさん@社会人:2006/01/03(火) 12:09:20
「社会運動の欠陥」とまるで「他者」の欠陥のごとくそれを憎悪し攻撃するが、
それとまったく同じくある自身の言論運動の欠陥に目を向ける気はあるのだろうか?

自分自身の外部に憎悪すべき「社会運動」という意味を置いて他者批判をすれば、
社会的憎悪・攻撃の問題を客観化できていると信じ込んでいるとしたら、それは矛盾
した偽善と欺瞞に満ちたものにならざるをえないだろう。


60 :& ◆m8MhK2T9zM :2006/01/03(火) 14:24:44
>>59がいいことを言った

61 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 09:23:30
東京シューレ関係以外の議論はこちらで→
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1136299389/

62 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 15:40:24
以前、小室直樹が、日本では反体制をかかげる労働者が労働者のまま貴族になれる。そうして
貴族になった労働者は、自分たちはほかの労働者階級や反体制派とは違うと特権を主張しはじめると
述べていた。

内藤や貴戸らなど、典型的にそのパターンにあてはまる。

63 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 15:43:01
自分では反体制から出発をし、社会の自由や公平や進歩をいちおうは信じている。
しかし、いつしか反体制の論理がそのまま体制の論理となってしまっている!

ま、よくあるパターンなんだが。

もともと東京帝国大学は、大日本帝国の特権階層をつくる目的で設立された大学だ。
そこに行って本人も気がつかないうちにエリート主義、特権主義、権威主義に染まるのも
無理もない。



64 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 15:49:00
>>63
フェミニズムなんてまさに典型だね

65 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 16:05:59
>>64
そうだね。上のほうのわずか数%の女性だけが総合職で、あとは低賃金の
失業だか反失業の使い捨てパート労働でいい、っていうのがフェミだから。
イリイチは、フェミは女性の間の賃金格差を作っていると批判している。
で、片や上野系統のフェミらは、家事労働に賃金をというのは非現実的とか、すべてを賃労働にすればいいというものじゃない
、それは労働をおとしめる行為などといいつのり、女性の中の二極分化を促進する発言を重ねてきた。


66 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 16:08:54
>>65
え?その認識はおかしくないか?

67 :名無しさん@社会人:2006/01/04(水) 16:28:32
>>66
かりにおかしいとすれば、具体的にはどこが・どんな風におかしいの?


68 :名無しさん@社会人:2006/01/05(木) 13:01:48
はじめまして。「東京シューレ」絡みの顛末は凡てをフォローできてないのですが、中間団体(それが会社であれ、学校であれマイノリティ集団であれ)内の抑圧・全体性ということを考えさせられる問題だと考えています。
昨日の非抑圧者が、次の日には突如として際限なき抑圧者と転化するという事例は日本の大衆運動自身に巣くう問題点だと思っております。
抑圧からの解放を唱える者が、立場の相互互換性という「ブルジョワ・イデオロギー」の規定にある精神を十分咀嚼できていない帰結なのでしょうか。
内紛と、相互憎悪を繰り返した挙げ句、衰退していく日本の大衆運動の問題点も、その精神においてリベラルでないということのツケが回っているといえるかもしれません。
「東京シューレ」をめぐる顛末を眺めただけでも、日本社会に伏流するドロドロしたものに触れた気がして暗澹たる気持になりました。

69 :名無しさん@社会人:2006/01/05(木) 19:37:06
>>65
 確かにおっしゃる通りだと思います。
 上野千鶴子を筆頭とするフェミニズム系の論客は圧倒的多数派であるはずのパート労働しているような不安定な労働に従事している女性に無頓着すぎます。

70 :名無しさん@社会人:2006/01/06(金) 14:58:26
社会運動に対する知識人の特権を主張しているだけでしかないなあ>>68
社会運動を裁断すると称するわが身の腐敗という視点がまったくない。

71 :名無しさん@社会人:2006/01/06(金) 17:34:26
>>68
なるほどね。

>昨日の非抑圧者が、次の日には突如として際限なき抑圧者と転化する

そうですね。内藤さんたちの反管理教育も、今では下層の人々にとっては、
階層分化を固定し強化させる抑圧のイデオロギーとして機能しつつあるようですから。

そもそも、東大にロンダリングをして、その権威を利用して社会改良を行うということが、
社会的地位の低い人間にとっては抑圧的な出来事なのかもしれませんね。
もし十代くらいのころに、彼がその点に気がついていなかったのだとしたら、
内藤さんはあまり優秀な人ではないと言わざるをえません。


72 :名無しさん@社会人:2006/01/07(土) 17:53:17
>>71
そもそも、将来、立派な大人になって、実力やコネや権威その他を身につけ、
それを活用して社会改良活動をしよう! という当時の十代の発想にも問題がないとはいえませんね。

なぜならば、彼や彼女がたとえば40代になったころには、その問題は次の世代の子ども・若者にとっては
関係ないのです。また、関連があるとしても、子ども自身による問題提起や解決はかえって抑圧されてしまう。
上の世代の「大人」になっての解放は、次の世代の子どもたちにとっての抑圧になるやもしれない。
そのへんに、子どもの権利擁護の難しさがありますね。

そのへんのところについて、内藤さんはどうお考えなのでしょうか?
一度じっくり話をうかがいたいと思います。


73 :名無しさん@社会人:2006/01/10(火) 20:59:55
ここでシューレに集中砲火をあびせている人たちは、東大の組織防衛のための工作員でつか?

シューレだって法人であり、人権がある。それを侵害するようなことをカキコしていいわけがありません。
今すぐ、やめなさい。

この文書に同意のみなさん、これを片っ端からコピペして宣伝・広告しましょう。

74 :名無しさん@社会人:2006/01/10(火) 21:36:13
人権があるのは自然人だけ。法人にはない。
厨房か? ちゃんと勉強しろよ。

75 :名無しさん@社会人:2006/01/10(火) 23:01:28
東京シューレはこちら

「NPO法人東京シューレ」スレ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1136703959/

76 :名無しさん@社会人:2006/01/11(水) 04:31:48
石原慎太郎に絶賛される斎藤環、斎藤環に近付く藤井たん、シューレ叩きに
走る内藤たん、うーむ、この界隈の人達、急速に右にシフトしていっているね。


77 :名無しさん@社会人:2006/01/11(水) 04:36:02
>>76
ヒント:
保身 予算 出世 ネオコンによる圧力 歳をとって新しい動きにもはやついてゆけない
精神分析の成熟概念に洗脳され 以前の自分たちの問題は今は上の世代の保守的おしつけと化している
なのに気がつかない、あるいは眼をつぶっている 変身願望 サヨ戦線から離脱したのなら文人趣味の世界に遊んでもいいのに
なぜかサヨクたたきという形でサヨにかかわろうとする不思議 
以前の失敗を悔やむあまり過度のサヨぎらいにおちいり

そのほかに何かある?

78 :名無しさん@社会人:2006/01/15(日) 22:06:18
上野スレとか千田とかもかなり荒れているようだけど
上野バッシング、千田バッシングをやめろ!
とはなぜ言わないのが不思議でしょうがない

憎悪の連鎖を生み出している2ちゃんねるは閉鎖すべき?

79 :名無しさん@社会人:2006/01/18(水) 23:21:44
>>58
単位のためかもしれないけれど。そんなに簡単に内藤思想に洗脳されてしまう学生って何よ?

ひとつの異論・反論もないわけ? 内藤思想ファシズム状態?

80 :名無しさん@社会人:2006/01/20(金) 20:58:45
>>68
あなたのおっしゃることにも一理あると思います。でも、ものごとは時系列に沿って見なければなりません。
はじめに東京シューレを憎み、拒否し、排除しようとしたのは誰だったでしょうか?
フリースクールがビルに入ることを憎み追い出す大家。なかなか補助金をつけない行政。
フリースクールがわが町にできることに被害者意識をふくらませる住民。そして、「この世にフリースクールなんてものは、ない!!」
と真顔で叫ぶ一般の登校受容。「フリースクールなんていうのは夢であって現実ではない」と家の中に軟禁状態の子どもにむかって
「ウソも百回いえば本当になる」といわんばかりに何度も繰り返す親。フリースクールの子はみな頭が悪くて下品だとか、フリースクールで知り合った
子どもや大人は友達ではないといいつのる不登校とフリースクールへの事実誤認と誹謗中傷を繰り返す親。
かりにもフリー「スクール」に行っているというのに「どうして学校に行けなくなったのか!」と悲愴感いっぱいに不登校体験者をせめる
親類。白い目による襲撃。街角で出会った昔通っていた学校の友人の同情ーー「今大怪我して入院して学校にこれないってウワサ流しておいてあげたから、
安心して。」とかいう無用のおせっかい。それは尊厳への侮辱である。学校に行かない新しい人生を歩んでいこう、これからは脱学校で行こうと
決意を新たにした人間に対する人格破壊である。
これらの攻撃、憎しみ、恥辱をされたからこそ、一部のフリースクーラーは、そうした視線を内面化し、
人にばらまく調査者を嫌がるわけです。シューレによる抗議にはそういった流れがあることを見逃してはならない。

81 :名無しさん@社会人:2006/01/21(土) 02:26:42
>>55
ここのシューレ系の人間の内藤叩きには同意しない。ただ、内藤さんがコメントで
ズバッと痛い所を突かれると削除してしまうのは事実。
自分も「教育チケット制なんか必要なんですか?」と書いたら消されました。
ま、個人のブログなんで何をやっても自由だとは思いますけど、余りに露骨なので笑ってしまった。

>>79
シューレ批判で意気投合しただけで、貴戸さんと内藤さんってそんなに合わないような気がするんだけどな。
内藤さんの教育チケット構想は危険過ぎる。貴戸さんはチケットに関してはどう思っているのだろう?

その記述に関しては、学生が単位のために教官に調子を合わせるのは当然過ぎるほど当然なので、別に驚きはしませんでした。
むしろ、教官が何を仕掛けても学生がまるでノッてあげない状況が常態化している
現在の一般的な文系学部としては、感動的なゼミ空間が現出していたのではないかとマジで感心します。
恐らくは教師としての内藤さんは優秀な方なのでしょう。あれだけ「精神的な売春」を批
判しているのに、ご本人はこういう稼業で食っているというのも皮肉ではありますが。

82 :名無しさん@社会人:2006/01/21(土) 15:39:02
122キタ━━━(゚∀゚)━━━ッ!

83 :名無しさん@社会人:2006/01/21(土) 17:31:04
>>81
>貴戸さんはチケットに関してはどう思っているのだろう?

わざとらしすぎ ( ´,_ゝ`)

84 :81:2006/01/21(土) 17:43:45
>>83
何がわざとらしいの?

内藤には批判的だが、教育チケット自体には好意的な人間ってそんなに多いの?
なんだか自分の信じていた常識がどんどん覆される気分・・・。

85 :名無しさん@社会人:2006/01/22(日) 06:58:49
122=粘着高齢ヒキ わかりやすすぎw

すぐ数字コテになるところまでパターン通りだ。
そして名無し化も交えつつ自己弁護するんだよな。

86 :81:2006/01/22(日) 16:59:25
>>85
他人をウォッチするのも結構ですが、貴方は内藤さんのチケット構想については
どう思われているのですか?

87 :名無しさん@社会人:2006/01/24(火) 23:31:21
ここいらでコピペをくりかえす人は、実質的な平等ということが分かっていない。
強い勢力をたたいても、その社会的信用、権威、宣伝力などは圧倒的に大きく、
たいした打撃を受けない。
しかし、弱い勢力がひとたび攻撃をこうむれば、それだけで壊滅的な打撃になりやすい。

そのへんのアンバランスを熟慮すれば、ただ形式的に平等にすればよいというものではない。
とりわけ、弱い勢力に対する罵倒、侮辱、詭弁等の類による攻撃がより強く抑制されるように
コントロールする必要がある。これは、J・S・ミルも「自由論」のなかで述べているとおり。

そのことが分からない中途半端な自由主義者が、ここでコピペ荒らしをしている。
本当に程度が低くて迷惑だ。もうそろそろやめなさい。



88 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 11:29:20
>>87
おまえがコピペじゃん。
レッズの人みたいw

89 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 14:52:11
>>87
ともかく,あれらのコピペ荒らしが,業務妨害や信用毀損を明らかにねらって,
あるいはそれを脅迫に使う目的で貼られていることはどうやら確かなようですね.

そう思いたくはないけど,内藤氏も一枚噛んでいるでしょうかね.
コピペの内容がまるで内藤氏のブログでの評をそっくりそのままなぞったような
キーワードで書かれているのが気にかかります.
もしかすると両者の対立を快く思う第三者が憎悪感を煽ろうと企図してやっているのか.


90 :名無しさん@社会人:2006/01/25(水) 16:04:16
>>89
バカかお前は。>>87自体がコピペなんだっつーのw

91 :名無しさん@社会人:2006/01/26(木) 22:20:54
>>89
大胆な推論ですね。興味深いです。

事実、たしかに内藤さんのサイトや著書と酷似したキーワードや文体が用いられた
一連のシューレを侮辱したり揶揄したりするカキコは、疑うに値する。

ひょっとしたら内藤さんやその仲間がやっているのか?
あるいは、内藤とその一党をよそおう勢力がこれをやっているのか?

情報をうのみにしない掲示板リテラシーが問われているのだと思います。

92 :名無しさん@社会人:2006/01/27(金) 22:23:44
憎悪、憎悪と繰り返ししつこく言いまくる人が、実は一番憎悪に満ちているように見えるんだが。。。。

93 :名無しさん@社会人:2006/02/02(木) 23:48:43
実務を無視する革命家たちーー小室

 儒教においては、孟子などのように一度も宮仕えしたことのない人が、いちばんパンチのきいたものを書いているわけでしょう。
マルクスもそうですね。非現実的であればこそ、物凄いものを書くことができたわけでしょう。
 実務をよく知っていたら、「そんなことを言ったって、現実にはそのようにはゆかない」ということが、すぐに分かります。そうすると、
革命家にはなれない。

渡部ーー実務能力の欠けたマルクスの家系

 実務に携わったことにある人ならば、具体的に変えることを考えますからね。その意味では
スペンサーなどのほうが、現実の社会というものをずうっとよく知っていました。
 マルクスの娘が、オックスフォード・イングリッシュ・ディクショナリー(OED)の製作に携わっていたのですが、
いちばん仕事にだらしがなかったと言われています。どうも、実務能力に欠ける家系のようです(笑い)。

(小室直樹・渡部昇一 「自ら国をつぶすのか」ーー「平成の改革」その盲点を衝く 徳間書店1993:285−286

そういや、内藤タンも革命家だったね。



94 :岩淵:2006/02/04(土) 11:00:07
私は内藤さんと同じ東郷高校の出身です。

◎愛知県立東郷高校1978年秋
リンチや体罰などあたり前!!
管理教育の暴虐の嵐が吹き荒れていた東郷高校。
ある2年生がブツブツ言ってるだけではダメだ。
正面から体当たりして変えなければならないと生徒会長に立候補しようとしました。
「みんなが応援してくれるならどうだい」と問いかけたところ「やろう」という事で
始まりました。

時は9月。彼は体調を崩し、それまで休んでた事もあり
それは生徒会長の立候補締め切りの日でした。
東郷で立候補するには40人の署名と2人の推薦人がいります。
(こうやって事前に反対派を把握するわけです)
彼は必死に集めました。


95 :岩淵:2006/02/04(土) 11:01:19
ところが誰かから学校に密告が入りました。
(連帯責任性や密告で生徒をナチスなみに管理するのが管理教育)
彼は担任のN(後に他校で校長に出世)によって
職員室に拉致されます。
学年主任のHや悪名高き数学教師のIらが
数人で取り囲み(これが大の得意技)両肩をつかんで、出られないようにして
「お前みたいなチンピラが生徒会長に立候補すれば退学だぞ!!」
「今まで可愛がってやったが、もう可愛がってやれんぞ!!」と恫喝しました。
その日の放課後。推薦人を探していた彼は再び
数人の教師に拉致・連行され洋裁準備室に連れ込まれます。
階段にしがみつき抵抗したものの無駄でした。
実行したのはNやHやOやSやOらの東郷高校の教師でした。
特にTは頭を窓ガラスにぶつけ2針も縫うほどの暴行をしました。
彼らは彼に殴る、蹴るなどの残忍なリンチを繰りかえし
生徒会長の立候補の締め切りの放送が流れてから
やっと彼を解放しました。

96 :岩淵:2006/02/04(土) 11:02:18
血まみれになった彼はそのまま教育委員会へ行きました。
そこではS(元東郷の教師Sと思われる)が応対して
「先生は君のためを思ってしてるのだ」「生徒と先生は上下関係という事を忘れるな」
と言われました。

そこへ連携よろしく東郷の教師がやって来てSとニコニコ話を始めました。
「こいつは血だらけでやってくるんだから、頭がおかしい」という事で
話がまとまりました。
数日後に担任から電話が入り、「校長はお前を退学にすると言ってる」と言い
手際よく、転向の手続きを始めました。
彼は結局、12月に退学しました。
この勇気ある生徒、その名前を内藤朝雄さんと言います。

97 :名無しさん@社会人:2006/02/04(土) 19:28:07
>>96
何故、そのような権力に抵抗した人間が今は権力を振りかざすように
なってしまったんだろうか?

98 :名無しさん@社会人:2006/02/04(土) 22:31:59
自分のその時々の立場でものを言うのが人間だから
地位が逆転すれば・・・

99 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 04:09:30
ルサンチマン一本槍で生きてきた人間が
ささやかにしろ権力をにぎるとどうなるか。
一転して、他人のルサンチマンを妄想的に読み取り
叩きまくる・・・


100 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 07:56:00
規則の暴力的強制に抵抗した人間が軍隊を賛美するとはな

101 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 10:21:28
>>99
ルサンチマンを他者のうちに読み取りはじめたら、
あらゆるところに読みとれちゃう気がする・・・
一種の投影同一化みたいな効果で。
精神分析学そのものが投影同一化みたいなところがあるし。

102 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 15:44:11
怨念・ルサンチマンは別に悪いことじゃないと思う

103 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 22:51:18
自分が強烈なルサンチマン人間だもんで
他人のあらゆる言動がルサンチマンに基づいてるように見えるのだろう
んなことないのに・・・
こいつみたいな人はそうはいません。
こういうタイプは面倒っすね

104 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 22:56:27
ルサンチマン批判ってのは
克己的な場合にのみ意味がある。
妄想的な他人のルサンチマン批判は無駄。どころか有害。


105 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 23:32:30
>>103
まあそれは、当のニーチェにも言えることだわな

106 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 23:34:37
ルサンチマンをスケープゴートにしちゃっているわけか

107 :名無しさん@社会人:2006/02/05(日) 23:36:11
>>100
市民社会派的な管理教育批判の限界というか共犯性がそこにあるのかもしれない。

108 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 03:14:41
市民社会派ってリアリティないよね。自分たちの特権性にも無自覚な場合がある。

たとえば、公害企業と地域社会の対立。もち、地域社会が近代市民社会の論理で動いていることにして、
市民派はもちあげる。だが、それも地元の名士・名家どうしの争いが一枚かんでいたり、
一見近代的な法や思想の言葉をもって語られるものが実は慣習に基づくものである場合もある。
内藤さんだって、教授の家の子という比較的守られた条件があったから運動できたのだし。
親は反対していても、そこに至る教養、あるいは上流とのつきあいのうまさ、
「教授の子が言うなら仕方が無い」「こういう家の人たちがやっているならあるいは奇跡がありうるかも」
という人々の暗黙の絶望と希望など、バックグラウンドがある。全部内藤ひとりの力でやったのではなく、
少なくとも3割くらいはこういう背景に支えられて自分自身が形作られている。
その点、自覚があるのかどうか。

ハッキリと言明しないかぎり、世間知らずの絵に描いたモチを現実だと思わせる
ほら吹きヨタ話で終わる罠。

109 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 06:42:14
とメタ分析してみせるしか能が無い無業者・・・

110 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 09:34:10
109はメタ・メタ分析なのかな?

111 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 18:28:58
>>93
どうでもいいが、小室や渡部に実務能力がはたしてあるのだろうか?w


112 :名無しさん@社会人:2006/02/06(月) 19:09:41
てすと。

113 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:20:36
>>109 >>110
それだけの能しかないのが学者という家業

114 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:20:53
>>109はメタ・メタ分析するしか能がないわけ?

115 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:21:41
(113のつづき) もちろん小室や渡部もなw

116 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:29:38
>>113
興味深いレスをありがとう。
これまでわたしは2歳のころからずーっと自分は落ちこぼれだ、アホだと思ってきました。
だけど、自分もまた学者だったと気がつきました。
今は中卒ですが、そのうちお金がたまったらどこかの大学院でも受けてみようかな。


117 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:40:39
>>94-96
その東郷高校がマトモだったとは思えません。当時の内藤朝雄さんはよくおやりになった。

だけど、今はどうですか。貴戸理恵を批判する勢力をキチガイよわばりするところなど、
以前の権力乱用者と瓜二つの言論を吐いています。
また、社会調査を通じて人の心を傷つけ特定組織の名誉をおかし、そのことを肯定・糊塗する
学閥主義の権化となっています。
自らの所属組織の人物の悪口を匿名掲示板に書き、メールで人に知らせ、学内の派閥抗争に学外者を巻き込むという
モラルハザードぶり。(以下つづく。)

118 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:41:08
資格制度への皮肉ですかw

119 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 12:46:37
>>117
それに、彼の師匠の上野千鶴子は発達障害児の親、とりわけ女親を激しく公の場で侮辱・愚弄したのに
ちゃんとあやまらず、誠実に話し合いに応じなかったことで功名です。
妹弟子の貴戸理恵も、調査を通じて人権侵害をしたとんでもない学者の卵です。

今はその方はちがった立場・キャラクターになっていますよ。
ここは東郷高校の同窓会ではない。私的な学校関係の話を、公共の場にもちこまないでほしい。


120 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 13:08:12
>>119からつづく。
ちなみに自分は学校に行かないで生き、ということは学校に行かないで死ぬ、という
選択をしています。
それを「学校が一時的におかしくなった。だからかわいそうな登校拒否が出た。学校をなおせ」と
その積極的意義を認めず、お涙頂戴の物語にしたてあげてダシに使う反管理教育活動家にはヘドが出ます。

義務教育の廃止を訴えないで、学校という牢獄のなかで人権を保障してどうなるんですか?
学校・教育・病院・フェミニズムといった、オモテとは別のウラの機能の肥大した制度を
無化・弱体化することこそ必要だと思いますが、どのようにお考えすか。

もし反管理教育運動にプラスがあったとすれば、人々の学校への幻想をほんのわずかでも薄める効果が
あったやもしれない。その点だと思います。自分の立場からすればそういうことです。

あまりよく賛成できなくてごめんなさい。学校のない世界、はムリでも
せめて学校のないコミュニティに住みたいものとしては、忠誠をもてないわけです。
今や形骸化した元反管理の権威を崇拝する儀礼に参加する気は毛頭ありません。

121 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 13:11:14
それから、ひょっとしたら内藤さんって社会主義者じゃでしょうか。
警戒が必要です。というのは、彼の共著「学校が自由になる日」では、
おわりのほうに、子どもが一日2時間労働するという案がもりこまれている。
これは、マルクス・エンゲルスの「労働組合論」に見られる発想です。
今のところ彼が北朝鮮とつながりがああるとか、社共のように旧ソ連から資金援助を受けていたという
証拠はありません。しかし、ジャーナリストはぜひ調査に入ってほしい、
公安も監視をおこたらないでほしいと願ってやみません。


122 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 13:15:11
>>119
うーむたしかに、その学閥界隈には、学者に公然と抗議する親の会や市民運動へ
の怨恨や憎悪の念といったものが激しく渦巻いているのかもな。
まあどうでもいいことだけど。

123 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 18:34:03
上野が内藤の師匠ってw

内藤が上野の「当事者主権」をバッサリ切り捨てていたのを知らない?

124 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 19:04:18
>>123
それは上野の過去を擁護しているようなものだろw

125 :名無しさん@社会人:2006/02/07(火) 19:05:30
>>122
当事者運動への激しい憎悪だろね

126 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 05:56:43
>>117
キドについての言論に内藤も関わっているかどいうかは分からないが・・・
まぁ、内藤のブログを見たところ、軍隊を賛美していたからな・・・
かつて、管理的・軍隊的校則・校風に体を張って抵抗した人間が、今度は
軍隊組織を肯定する・・・しかも、そういう思想に対する反論をコメントに記載されると
削除する・・・

この転向とも思える態度は何なんだろうか

127 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 06:08:07
>>120
なるほど
義務教育の廃止っていうか・・・今の学校制度は極めて硬直化しているとは思う
だから、柔軟に様々な形態で教育がなされることがいいとは思う
ただし、教育制度を無くしてしまうことも、弊害があると思う
絶対に、学校には行きたくないという人間の権利を認めることもいいが、
今のように、「全日制で朝から午後までクラスメイトで一緒に教室で、担任に生活面やその他の
学問以外の要素まで管理された形式」ではない、単位制とか夜間とか、学力試験みたいな形式での
教育とかを導入してもいいと思う

しかし、中卒とのことですが、今はどんな生活をされているのでしょうか?
会社とかに勤めているんですか?自営業ですか?



128 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 06:10:57
>>121
勤労の経験を学校時代に体験することはマイナスじゃないと思うけど?
ただし、必修じゃなくて選択でね

働いてお金をもらう経験は、いろいろ人生経験を豊かにするよ
今は、アルバイトとかを大学に入ってすることが、初めての勤労体験って
人間が多いかもしれないが、もっと子供時代に、そういう経験をすることは
人生にプラスだと思う



129 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 09:24:36
>>126
違う内藤なんじゃないそれ

130 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 12:36:57
>>129
いや、内藤朝雄のブログで明確に書き込んでいたぞ

131 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:01:49
>>126
生徒指導教官どもをやっつけてくれる人民解放軍が校内に配置されることには
もともと大賛成だった人なんじゃないの?

132 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:06:42
>>128
まるでニート叩き論者みたいだな。ニート予防のために若者に労働体験させよ、みたいな。

133 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:16:57
>>132
え?
だから、選択授業としてだよ?
強制は絶対に反対だ

134 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:19:18
>>131
なるほど
そういう人民解放軍か
彼が想定している軍隊って

・・・しかし、ソ連やキューバ、北朝鮮、ベトナムみたいに
男性のみ徴兵っていう男性差別国家を理想としているのか?
それとも、既存の「社会主義」国家にはない、新しい男女平等の軍隊に
国民皆兵で徴兵するってか?



135 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:20:36
何か、軍隊ってものに幻想を抱いているんじゃないのだろうか?
左翼の人民軍を美化しすぎだ
ソ連の軍隊のイジメを知らないのだろうか?
今の北朝鮮の軍隊の非人間性を知らないのか?

136 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:26:35
だからその人民解放軍を取り締まる別の人民解放軍が必要で、そしてそのまた・・・・・

137 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:30:14
>>133
玄田とか代表的なニート論者も強制しろとは言っていないんじゃないか?
強制したらアウシュビッツの収容所みたいになっちゃうからそこまで露骨には言わない。

138 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 13:42:52
稲葉さんのブログにあるように、内藤さんは単にニートやフリーターが団結するのを
恐れているだけですよ。ニート問題が煽られることによってね。

139 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 15:17:09
>>130
内藤のブログを「軍」で検索してみたが、東郷高校を振り返って
「軍隊のような学校と人間の屑のような教員たち……」と書いているなど、
軍隊を賛美しているような雰囲気はまるでなかったんだが。
どの部分だが具体的に挙げてみてほしい。

140 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 15:42:31
バカには読めないフォントで書いてあるんですよ

141 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 16:57:23
>>139
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20051003
これのことだろう。UPされたときも似たような批判されてたし。
内藤の言っていることは要するに「普通の国」論。
ヨーロッパのようなリベラルで軍備の整った
普通の国になりましょう、ということ。
右翼的な軍隊賛美をしていかのようなミスリードは悪質。

だが、確かに民主的でリベラルな軍隊がありえるのか?
という点では内藤の主張は大いに疑問。
おおむねリベラルな社会でも軍隊は例外的に上下関係に厳しい。
軍隊とは本質的にそういう組織だ。

142 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 17:03:40
「普通の国」論って、ネットウヨが盛んに煽っている物言いちゃうか?

143 :141:2006/02/08(水) 17:25:37
>>142 
そのエントリの内藤の主張は宮台真司と一緒なんだよ。
宮台が小沢一郎賛美を繰り返す小沢信者だから、
それにひっかけて普通の国論と言ったわけ。

もともとは小沢の普通の国論は左右対立を越えた画期的な主張として
受け入れられたんだよ。単純化して言うと、右翼は軍隊を持つのは
国家として当然と「世界の常識日本の非常識」を言いながら、
「人権」「権利」を嫌悪する。左翼は欧米を持ち出して
「人権意識のおくれた日本」を問題にするけど非武装中立という
欧米ではとても常識とはいえないような理想を抱く。
それを普通の国論は自由も、権利も、軍隊も欧米並みに、と主張したってわけ。

144 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 17:52:07
>>126
議論以前の問題だとおもうよ。
内藤は「美しく生きる」ことにこだわっている貴族さまだから、「醜い」2ちゃんねらーとは交際しないってことだろうね。

145 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 19:22:29
>>143
それこそまさにネットウヨが煽っていることそのものだと思うんだが。
小沢自由党はある意味自民よりも右の人だろうし。

146 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 20:24:45
内藤スネオ先生!!次のいじめのターゲットはもう決まってるんですか?


147 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 22:36:39
内藤が啓蒙書とか書くのはいいよ。いろいろ参考になるし、面白い。
だけど、問題は、内藤がもっとも忌み嫌う種族ーー保守とか共同体主義の人たちーー
は、内藤の本を手に取る環境にないってこと。もし誰かがすすめても、読みこなせない。
過度にマニュアル的に扱ったり、理論書なのに小説のように読んでファンタジーだと決めつけたり。

モレの母の故郷は人口十数万の地方都市。そこの駅前の本屋は」ブックオフみたいなところしかない。
で、専門書はほとんどない。社会問題とか社会科学とかいった現状批判的なものなど何も無い。
ニートやヒキコモリは母親が悪いっていう非難書だけがある。
法よりも慣習優先だし、妙なことを押し付けられても被害者も抵抗しない。
周囲もそれが異常事態であると感づかない。加害者の優越感・支配意識が大きいというよりももはや、
無意識に気がついたらいじめや人権侵害や排除・攻撃をやっている。
そういう人たちにどう話せばいい? また思い切って空気にあらがって話そうとしても周囲が必ず横槍を入れて、
主張をあいまい化したり、話のテーマをそらしたり、人をしらけさせたりショックでボーゼンとさせるような
ジャマを入れてくる。たいていはPHP的な通俗道徳の説教入りだ。
すべてがほんわかした和解ムードのもと行われるが、実際にはオブラードに包んだ敵意・征服欲が個人の輪郭を侵食し、
被害者は自分が被害者だという自覚ももてないでいる。それは無気力、絶望、自暴自棄というのではない。
自我がない。だから、家父長のエゴでムリヤリ彼氏と分かれさせられても、職を奪われても、好きなところに住む自由を壊されても
「これもよくあること」という感じでボーッとしている。
たぶんその際、ウソ・デマ・脅しなども使われたと思われるが、
あまりに慣れっこになっているため、加害・被害・周辺ともに気がつかない。
たとえ身分が上の人であっても、その調和を壊すことを発言すれば、どんなしめあげをくらうか分からない怖い雰囲気がある。

148 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 22:40:57
なんだかよくわからん
もっと簡潔に

149 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 22:51:26
>>120
> ちなみに自分は学校に行かないで生き、ということは学校に行かないで死ぬ、という
> 選択をしています。

いわゆる脱学校っての?

150 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 22:55:18
>>148
すみません、感きわまって未整理のカキコになってしまって。
いま時間がないのであとで書き直す予定です。

>>149
120です。レスありがとう。
そう思っていただいて結構です。
世界の痛みというものを知って以降、学校に行くことはわたしの脳裏から消え去りました。
詳しいことはまた今度。




151 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 23:12:29
>>141
軍隊賛美に右翼的も左翼的もないだろう
ヨーロッパ的な軍隊ならいいのか?
中国の軍隊ならいいのか?

152 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 23:24:49
>>143
普通の国っていうのは、要するに今のヨーロッパの国家のまねか?
今のヨーロッパのいい部分は吸収すればいいだろうが、悪い部分(男性に対する強制的な徴兵制度=20世紀の奴隷制度)
まで真似する必要はない
中国やインドは徴兵制は強いていない
どこが画期的なのだろうか?

153 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 23:32:15
>>144
>「美しく生きる」ことにこだわっている貴族さまだから、「醜い」2ちゃんねらーとは交際しない
これはどういう意味だ?
ブログに反論が書き込まれたら、それは「醜い」2ちゃんねらーの交際になるのか?意味不明だ

154 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 23:36:05
>>147
>家父長のエゴでムリヤリ彼氏と分かれさせられても
お前、女か?
女はまだましだろう
男性は女の何倍もキツイ
内藤みたいな人間までも、男性を徴兵しろっていう時代の流れに加担する社会状況だ
ニートやフリーターの男性は死ねばいいとか、徴兵されて根性を叩きなおせとかって暴力的な
人権無視の言論が論壇を席巻している

155 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 23:39:09
>>150
世界の痛みとは?
今何歳なんですか?
ヒキコモリ状態ですか?
仕事とかをしているんでしょうか?

156 :名無しさん@社会人:2006/02/08(水) 23:46:11
>>151
賛美はしてないだろ。持つことで生まれるマイナスは大きいが、
持たないことで生まれるマイナスはさらに大きいので持たざるをえない。
大抵、軍隊ってのはそういう認識の下に保有されているものだと思うが。

>>152
軍保有と徴兵はイコールではないだろ。ましてや内藤は、
「教育」の名目で奉仕活動や共同生活を強制することさえ
「プチ徴兵」と読んで警戒しているよ。

ちなみに、ヨーロッパじゃないがイスラエルでは女も徴兵される
(期間は短いが)。女を徴兵する国は、多分他にもあるのでは。

157 :141:2006/02/09(木) 02:06:48
>>145 
>>152 
ああまとめておいてなんだが、自分も「普通の国」論が
欧米保守の思想と通低しているのとか見て、
こいつらの言う欧米の「普通」ってなんだ?とか思ったりしてる。
小熊の本に書いてあった、つくる会だったかの強い「普通」志向とかな。
自分のような不登校・ニートという「普通じゃない」
人間からしてみればキナ臭い限りだ。

158 :名無しさん@社会人:2006/02/09(木) 03:31:52
>>156
持つことによるマイナスの方が遥かに大きい
今でも日本は「自衛隊」という軍隊をイラクなどに出兵しているんだぞ
正式に軍隊になれば、軍法会議も設置されるだろうし、軍規違反に対する最高刑が死刑になるだろう

軍隊=徴兵じゃないのは当たり前だ
アメリカやカナダ、イギリス、オーストラリア、中国、インド、パキスタン、バングラデシュ、サウジアラビア
フランス、スペイン、イタリア・・・など徴兵制がない国家は急激に増加しているからな

しかし、未だに徴兵制を男性にのみ強制している人権無視の国家は多い
特に、北欧諸国とスイス、ドイツ、韓国、北朝鮮、ベトナム、キューバなどだ
資本主義とか社会主義とか思想の左右は関係ない

イスラエルは女にも徴兵を強制している数少ない国家だが、期間が男性よりも短いし
戦闘職種には付かないじゃないか



159 :名無しさん@社会人:2006/02/09(木) 05:52:27
>>86
以下のようなわざとらしいことをやるってことは、監視して欲しいんだろ?
斎藤信者の粘着高齢ヒキよ。


http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1133802737/

603 名前:81 投稿日:2006/01/22(日) 17:09:16
>>596
>本田の提言はそこに抵抗しようとしている。

本田さんは何の「抵抗」もされていないですよ。他ならぬ神奈川の高校再編こそが
公教育リストラ(高校統廃合)の中で生み出された政策だからです。
総合制か専門高校か、というのは単なる看板の掛け違えに近いと思いますね。
それと、本田さんの仰る専門性の曖昧さについては何度も書いた通り。

>あのおばさんに多くを求めすぎてもしょーがないと思うが。

過剰な期待というより、今年から飛躍的にメディア露出が増えることが容易に予
想される方であるゆえに、あんまり安易なことを言われても困るわけです。

本田構想には良し悪しは別として目新しいものは何もなく、むしろ現行の
政策の徹底化でしかないのですが、そもそも政策PRを為されるなら、
第三者のような顔をなさらずに、向こう側の世界でどうどうとおやりになって欲しいですね。

604 名前:別スレの81=122 投稿日:2006/01/22(日) 17:10:37
>>603
あ〜うっかり別スレのネームを使っちゃったよw バレバレですまんなあ。

160 :名無しさん@社会人:2006/02/09(木) 10:17:05
>>158
「女」という響きに差別的なものを感じて
「男」「女性」と言ってしまう人はよくいるが、
「男性」「女」の組み合わせで使う人はめずらしいな。

161 :名無しさん@社会人:2006/02/09(木) 10:21:10
>>159
>122=81

某板の某スレで763として活躍してるよ

162 :名無しさん@社会人:2006/02/09(木) 10:23:41
>>161
122はメル欄あんげと思われ

163 :122=81 :2006/02/09(木) 10:38:35
>>161-162
すまん、それは本当に知らない。他人と間違えたんでしょ?

164 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 00:20:30
>>143 >>156
その理屈はけっきょくは今の欧米、特に米国のブッシュ政権の理屈に容易に結びつく
危うさをもっている。テロ対策という理由によって自由や人権が制限されても仕方ない
という政治的気風につながる。その考えに従えば近代市民もそれを受け入れてしまう。


165 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 02:12:29
>>160
「男」っていう言葉のほうが差別的な響きを感じるんだが

166 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 17:09:08
最近この人の「ニートって言うな!」読んだ。
若者自立塾などの政策を「幼児プレイ」と切り捨てるのは爽快! ていうか、そういう当たり前の指摘が
これまでTVなどでぜんぜん出されていなかったことのほうがおかしいわけだけど。

そう、ニート対策って、人を3〜6歳児扱いする案だよね。
日本の年功序列に、西洋近代的な進歩主義(生物の進化・社会の進歩・個人の成長がセットにされており、
個人は中世的な暗黒時期をすぎなければ人格形成できないとする発想。後進国・地域・障害者などには
不利かつ侮蔑的)が接木された結果じゃないかな。

天皇がニートの制度化って議論、面白い。この人、単純な進歩主義者じゃなかったと知って、ちょっとビックリだった。


167 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 18:20:08
ころころ評価が変わるんだな

168 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 20:42:24
>>164
内藤も含めて、「軍事には細心の注意を払うべし」という論点では一致してるだろ。
単に、「非武装」って考え方はいくらなんでも極端すぎる、ってだけだよ。

169 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 22:01:12
テロとの闘いを主張しているブッシュ政権も理屈は同じだろ。
テロとの闘いなんだから「やむをえず」みたいな理屈なんだよ。


170 :名無しさん@社会人:2006/02/10(金) 22:02:51
教育の論理も軍事の論理も同じようなもの

171 :名無しさん@社会人:2006/02/12(日) 05:19:39
>>168
非武装はだめなのか?
じゃあ、どうすればいいと考えているんだ?

172 :名無しさん@社会人:2006/02/12(日) 05:24:59
>>170
同意

軍事(徴兵制の強制)も教育(義務教育の強制)も似ている

もちろん、軍事(軍隊)=徴兵じゃない
しかし、この内藤という人間は、おかしなことに
教育という場の、非人間的管理主義を批判していながら、
何故か、軍隊という学校とは比較にならないほどの非人間的な組織
を賛美して、日本も憲法9条を改悪して、軍隊を正式に保持しろと
極右的主張を展開している

更には、こういう主張に異を唱える書き込みを、一方的に削除するという
ナチス顔負けの言論統制を行っている

ニートバッシング批判の論説が鋭かっただけに残念だ




173 :名無しさん@社会人:2006/02/13(月) 16:45:41
>>167

君見ずや 黄河の水は天より来たりて奔流し
地に注ぎて 復た返らず

人の評価も黄河の水のようなもの。
人の評価なんか気にせずにガンガレ!

174 :名無しさん@社会人:2006/02/13(月) 17:14:17
>>172
内藤も大変だな

175 :名無しさん@社会人:2006/02/14(火) 20:27:40
意識はともかく無意識においては、内藤も、上の一割くらいの階層さえよければ、
あとはどうでもいいのよ。自称「貴族」だし。

内藤の本の内容って、ホント、先進国の中産階級でないと実現不可能または困難なことばかり。
「魅力を磨け」ったって、明日のコメやシャンプーを買うのに苦労する層が、
ファッションや立ち居振る舞いなどの中産階級中心の礼儀や美意識にすんなりなじめると思うか?
努力してもなかなか効果が出ないのでは、競争の中で切り捨てられてしまう。
そのへんが彼には見えてないようだ。

176 :名無しさん@社会人:2006/02/14(火) 22:57:29
「ニートって言うな!」共著者の精神年齢

本田>後藤>>>>>>>>>>>>>>>内藤

「諸君!」座談会では、複数人の学者らが、最近かわいがっている赤ん坊内藤を
かわいがりつつ紹介するって感じで、かわゆかった。

>幼児プレイ

って内藤の幼児ぶりっ子のこと? 本田由紀のブログでいっときやっていて、
「いい歳して」ってしらけられていた。。。



177 :名無しさん@社会人:2006/02/14(火) 23:08:14
もう初老といって良い年齢なんだけどねw
幼児退行ってやつか。

178 :名無しさん@社会人:2006/02/15(水) 00:21:46
幼児性は必ずしも悪いことじゃないよ。
幼児性を未発達で退行的なものとして憎悪すべきものとするのが
教育の本質なんだろうけど。

179 :名無しさん@社会人:2006/02/15(水) 04:08:54
>>176
んな差はないだろう。
むしろ本田をそこまで大人扱いしてるおまいの精神年齢は、と問いたい

180 :名無しさん@社会人:2006/02/15(水) 15:50:07
「教育は阿片である」と言いつつ
内藤も"子宮的なもの"を憎悪する点で教育主義的ではないか?


181 :名無しさん@社会人:2006/02/15(水) 20:47:24
内藤は貴戸をかばってから嫌がらせを受けるようになったのさ。

182 :名無しさん@社会人:2006/02/22(水) 12:27:50
そのずっと前からこの過去スレで自著にツッコミ入れられていたのが
気に食わなかったんじゃないの?
それで彼らに憎悪の念を向けるようになったのかもよ。

183 :名無しさん@社会人:2006/03/03(金) 01:16:02
ことあるごとに内藤スレに現れては、「それはすでに内藤の本の何頁に書いてあことだ、
本を精読してからものを言え」などと書き込んでいた説教人がいたけど、あれはやっぱり
ご本人だったのかな?

184 :名無しさん@社会人:2006/03/07(火) 20:34:52
>>178
そうですね。笠原よしみさんも「不安の病理」(岩波新書)のなかで、
レクリエーションには退行の要素もある、退行が絶対にダメと言えるかどうか、
といった意味のことをおっしゃっていますよね。
なお、現代において成熟という概念がはたして妥当性があるか、とも問い直していますよ。

185 :名無しさん@社会人:2006/03/07(火) 20:39:05
>>181
より正確には、貴戸のファシズム的、観念的、差別的談義をおもしろがってヨイイショし、
いやがらせに抗議をするシューレに片っ端からイチャモンをつけたから、の間違い。
そもそも、具体的には、どんないやがらせがあったの? いつ・誰からあったの?

186 :名無しさん@社会人:2006/03/20(月) 21:14:14
このごろ内藤タンはシューレたたきをあまりやらなくなったね。
誠二タンは芹沢一也と仲良しだし。本田由紀は二神能基と好きあっているし。
後藤たんは家族旅行だし。
きっと日曜日には岩淵と会ってイイコトしてるんだろうね。それでホルモンのバランスが整うと
攻撃性が緩和されて、おとなしくなったのかな? 
大人しい学者子どもなんて、笑えないね。

187 :名無しさん@社会人:2006/03/20(月) 21:47:43
181はナイトーたんの自慢話?
活動家出身はヒロイズム/ヒロイニズム愛好者が多くて滑稽だよ。

188 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 06:58:46
>>186
そう叩きを煽るなって。
他人の攻撃性を煽ってどうするつもりよ。

189 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 20:37:43
>>188
精神科医ゴッコができるだろ。
「攻撃性が強すぎる」「敵意・悪意が強すぎる」「拒絶的な態度が強すぎる」
なんていって相手の虚をつき、ショックでとまどったスキに、いくらでもすきなことができる。
同性愛は病気だとか、生活態度がヒキコモリだとか。
それゆえに症状が出れば「だからあなたはおかしい。直さなきゃいけないよ。」
「あなたは反社会的人格障害だと思う」などと侮辱・愚弄しほうだい。


190 :名無しさん@社会人:2006/03/21(火) 23:43:31
http://d.hatena.ne.jp/jun-jun1965/20060320


191 :名無しさん@社会人:2006/03/23(木) 18:20:48
なんかブログ荒れてるね。いきさつを詳細に検討したわけではないが、
小谷野氏が書いているこの一文が気になる。

私が内藤の『いじめの社会理論』に感心したのは、それまでの「教育系」の論者が、
悪いのは大人で、子供は純真である、大人が子供の世界のいじめを作り出すのだ、
などと言ってきたのを駁論し、子供の中にも厳然たる悪がある、と喝破したからである。

「いじめの社会理論」って最も大きな論点としては、「大人が共同体主義的な
理想論を押し付けている結果として、教室では子どもの残虐性が跋扈する」
という指摘をした本だと思うんだが。「子どもは純真である」という論点には
反対しているのだろうが、基本的に「大人が子供の世界のいじめを作り出すのだ」
という論点には賛成の本だろう。読解能力に疑いの余地があるな。
「駁論」とか「喝破」とか、やたらかっこつけた言葉を使っているのも
怪しい感じをかもしだしているし。

192 :名無しさん@社会人:2006/03/23(木) 21:12:19
「子供は野蛮な小悪魔であり、教育的権威による干渉を十分に施されなければ
野蛮な大悪魔に成長してしまう」というのが教育主義の俗流イデオロギーだろう。

それゆえ子供は常に大人によって監督され、導かれ続けなければならない野蛮人
として、教育者(聖職者)の教導下に置かれなければならないものとされる。

果たして内藤はその俗流イデオロギーを補完したのだろうか。


193 :名無しさん@社会人:2006/03/24(金) 00:59:30
>>192
内藤のばあいは、その聖職の位置に警察が入るだけだよ。構図は一緒。

194 :名無しさん@社会人:2006/03/27(月) 20:42:12
内藤は世間知らず。苦情といじめの区別もつかない。もうトラブルがあればなんでも
いじめだと決めてかかるようになっている。

195 :名無しさん@社会人:2006/03/31(金) 20:28:47
内藤は万年子どもw

196 :名無しさん@社会人:2006/03/32(土) 20:02:29
それはいい意味でしょ?
ある意味で大人(成人)は近代の発明品という見方もできるし。


197 :名無しさん@社会人:2006/04/03(月) 21:30:50
最近、内藤朝雄さんがとてもおえらい方であることをうかがう機会がありました。
みなさん、もっとこの人を崇拝する儀礼をしましょう。たとえ彼が間違ったことを言ったとしても
絶対服従しましょう。

198 :名無しさん@社会人:2006/04/03(月) 23:13:44
>>185
斎藤と藤井が組んであの界隈を叩き始めたときから
ある程度予期できたことだけどね。

199 :名無しさん@社会人:2006/04/04(火) 05:41:11
反社会学講座で
パクリを指摘されてますよw

200 :名無しさん@社会人:2006/04/04(火) 10:11:03
ああ、あれね。パクリかどうかは微妙だな〜
自分は例の文章を読んだとき、あ、反社会学講座と被ってる、
とは思ったけどパクリだとは思わなかった。

それよりもこれが

>おっしゃりたいことはわかるのですが、なんかすっきりしないんですよ。
>少なからぬ読者が「それで?」とつぶやいたことでしょう。
>キビシイいいかたになりますけど、結局、ご自分の頭の中に作り上げた
>箱庭的社会観をニート問題にあてはめて満足しているだけなのではありませんか。

やっぱりそう見られてるのかぁ……という何とも言えない気分。

201 :名無しさん@社会人:2006/04/04(火) 11:01:45
内藤による大航海への事前検閲要求事件は結局どうなったの?

202 :名無しさん@社会人:2006/04/04(火) 11:57:08
小谷野スレでは「これは小谷野のほうが正しい」ということになってる

203 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 03:22:02
>おっしゃりたいことはわかるのですが、なんかすっきりしないんですよ。
>少なからぬ読者が「それで?」とつぶやいたことでしょう。
>キビシイいいかたになりますけど、結局、ご自分の頭の中に作り上げた
>箱庭的社会観をニート問題にあてはめて満足しているだけなのではありませんか。

はげしく同意。内藤の独特のクセの強い言葉の使い方って、モレもかなり違和感がある。
この人のなかの時間は、東郷高校で止まってるんだと思う。

まるですべての人付き合いやコミュニティがいけない、といわんばかりの書き方、
少なくとも誤解されやすい言い方もヘンだし。

近代市民社会の論理(法、感覚、常識)によれば〜なんて言うのも、
反管理の運動家がかのようにふるまうという自覚もなく使っていたクリシェだろ。

そのへんがなんだかおかしいんだよね。

いじめる側は必ず悪意をもってやるとかいうのもいかにも主観主義というか、
信念主義みたいに見える。そりゃ、「人の痛みがわからないからいじめる」という言論が猛威をふるい
いじめられる側は損ばかりというのはおかしい。被害者側に際限ない寛容を求めるのも横暴だ。
それを指摘・批判したのはよかった。
しかしその言論には、かのようにふるまうことによって、物理的・金銭的損害がない場合や、
小さな子どもの場合本当に悪いと確信せずにやった場合に問題を収める機能もあった。
そのことを指摘しないのはアンフェアじゃない?







204 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 06:14:08
この人、独特のエキセントリックなレトリックだけがウリじゃないの?



205 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 06:21:04
今度は内藤は他のフリースクールやホームルクールネットワークにも攻撃をしかけるのかな?

206 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 06:39:26
>>204 
違う。
もっとも(いじめの社会理論を読んでないと思われる)
反社会学講座の内藤評といい、今の内藤だったら
そう思われても仕方なくなってきているな……。

207 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 06:57:54
その「エキセントリックなレトリック」に関しては、
一応すでに読者から疑問を呈されている。
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20060113#c1137644753

208 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 07:03:29
ああ、このエントリも一応。コメント欄も含めて。
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20060123

209 :名無しさん@社会人:2006/04/05(水) 07:19:56
しかしこれらが政治的煽りに過ぎないというなら、
その政治感覚がバランスを失していると言える。
ウェーバーだったかが言ったように
政治は結果責任なんだから、とにかく結果として
「引かれた」ら政治的には失敗だろう。
もちろん、論理的には(小谷野への応答のように)
「よく読め、そうは書いてない」と言えるが。

210 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 01:53:01
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1128513143/

「貴戸バッシング」を非難して、なぜかシューレにその責任を負わせるかの
ようなキャンペーンを散々張ったのに、上のようなのは放置するんだね。
内藤さんのその理屈からすると、上のスレの誹謗中傷書き込みをやめさせる
責任が貴戸さんや内藤さんらにあるってことにならない?

211 :468:2006/04/15(土) 10:50:32
直接書き込んでたずねてみてくれ

212 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 11:05:54
>>210
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050806

内藤は別に責任があるとは一言も書いていない。
「好意」で「忠告」してるだけ。

213 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 11:49:16
他、参考
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20050808

214 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 13:44:20
>>212
210は責任があると内藤が言っているとは一言も書いてない。
「忠告」に名を借りて、いかにもシューレの仕業であるかのように仄めかし、
責任を負わせるかのようなキャンペーンを張っていたと書いている。


215 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 13:56:43
>>212
ですから、こちらも好意で忠告することにします。

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/hikky/1128513143/
のような誹謗中傷の書き込みを貴戸さんや内藤さんらが行っているとは信じたくありませんが、
内藤さんのその理屈からすれば、このようなシューレバッシングをやめてほしいという声明を
貴戸さんや内藤さんは即刻出すべきではありませんか。
それともこのまま放置するつもりでしょうかね?

>>213
好意は撤回したとありますね。

216 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 20:46:33
>>212
いい歳して片思いだったんだな。


217 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 21:44:11
自分のブログでどう書こうと勝手だけどさぁ…。
他人のブログに出張ってまでくどいレトリック使って
だらだらと書き込みするのやめてくれよって思う。
そういう人に現代国語がどうした
小論文の書き方がどうした言われたくないね。

218 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 22:02:42
>>213
常野くんはタテマエに対するホンネを、きれいごとに対する実態を描いたにすぎない。

その精神がなければ常野・貴戸ともに、シューレ批判などやらなかったにちがいない。

貴戸がきれいごと主義ではなくシューレをたたけばヨイショする。

常野が同じ動機によってシューレを擁護すればけなしまくる。

内藤が、シューレたたければなんでもよしの攻撃屋であることは明らかだ。

>>217
同意。このひとの長文ずき、引っ掛け問題まがいのまぎらわしい書き方は、いい文章の見本とは程遠い。
おどろおどろしくてねちっこい文体には腰がひける。

219 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 22:20:53
某スレよりコピペ
>ひょっとして内藤さんのように、自分の過去の辛い経験のみを
>反映させて粘着しているのではないですか。なんとなくですが。

この人、このへんがイタイんだよね。



220 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 23:10:58
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20051112
重要なのは、怒りに狂う“当事者”が論争に参加する際、目の前
の論敵は「かつての(あるいは現在進行形の)凶暴な理不尽感を
再活性化させる契機(トリガー)」なのではないか、ということです。
▼今の私は、たしかに目の前の人物に怒っている。しかしそれは、
かつて経験した“あのアレ”の再体験でしかない(だから《現在》の
論敵にとっては、「何を過激に怒ってるんだ?」と感じられる)。
――精神分析で言う「転移」の問題です。かつての理不尽感の
「代理体験」というよりも、その理不尽感が目の前でそのままリアル
に再体験されている、そこで導火線に火がつき、激昂している。

221 :名無しさん@社会人:2006/04/15(土) 23:24:26
>>216
最初から好意なんて抱いていなかったんだよ。
抱いていたとしても、独占的な親が、自分の子を思い通りにしたい
と一方的に好意を抱く自己満足型愛情と同じ。

222 :名無しさん@社会人:2006/04/16(日) 04:23:00
>>215
貴戸さんのスレッドで、シューレがそういう「声明」を出さないのは、シューレが
貴戸さんへの誹謗中傷の書き込みを公認しているからだ、といったふうな理屈で
もってシューレの信用毀損を意図した書き込みが繰り返しアップされていたよね。
2chの削除人によって結局あぼーんされたけど。
あれも内藤さんや貴戸さんらの仕業だとは信じたくはないんだけど・・・

223 :名無しさん@社会人:2006/04/16(日) 04:25:20
なぜ、ああいった書込みが繰り返されていたときに内藤さんらは放置していたんだろ。
シューレに対しては声明を出すべきだと忠告しておきながら自らは・・・

224 :名無しさん@社会人:2006/04/17(月) 16:40:21
>>212
キツいけど当たっている。

>>223
ロンダリング組みだからこそ過剰な特権意識が育ったのかな。
人の話もきけない内藤さんの硬直性ってすさまじいよね。
自称貴族であっても、実際には中産階級だと思う。


225 :名無しさん@社会人:2006/04/20(木) 00:36:24
貴戸や近代市民社会という特殊西洋的なものを普遍的と言い募る内藤らは、
韓国ならぬシューレはこれほど遅れた国(コミュニティ)だとする単線的な進歩主義図式を脱していないのです。

これらの言動に対して、シューレが抗議したり、シューレファンが苦情を言ったりするのは当然のことでしょう。


226 :名無しさん@社会人:2006/04/20(木) 05:22:54
その苦情を言う権利さえないかのようにふるまう内藤や上山らって、
政治的には危ないね。

227 :名無しさん@社会人:2006/04/20(木) 06:02:32
それじゃまるで
当事者は黙って内藤先生や上山先生のおっしゃる(ご批判)お言葉
を有り難がって受けとることしか許されない
みたいじゃんw

228 :名無しさん@社会人:2006/04/21(金) 18:57:29
内藤は吸血鬼。イケメン大学生あんちゃんは、内藤と接するときには
トマトジュースを貢物として用意しようね。

229 :名無しさん@社会人:2006/04/23(日) 16:05:36
「俗流○○論」批判と包摂のメディア
ttp://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20060419

本田由紀・内藤朝雄・後藤和智『「ニート」って言うな!』について内藤氏と後藤氏を招き宮崎哲弥氏と議論しました
ttp://www.miyadai.com/index.php?itemid=337

230 :名無しさん@社会人:2006/04/26(水) 06:27:48
>>218
同感です。

ただし常野さんについてだけ言うと、彼はアイリス・ヤングさんの言葉を引用しながら奥地さんの言説を「学校的価値を賞賛し、学校制を正当化する」ものだと逆に批判し、故稲村博さんや斎藤環さんはそのことを暴いたと称賛するわけだけれども、
私はむしろ、そういう常野さんの物言いこそが、「学校的価値を賞賛し、学校制を正当化する」代理表象的当事者の役回りを見事に演じてしまっているように思えるんですよねえ。
アイリス・ヤングさんの喩法を借りれば、当事者の体内にとり憑いて当事者を不幸に陥れる疫病神として、当事者に「吐き気」をもよおさせる元凶として、不登校それ自体(登校を拒否する自分)を当事者の意志(選択)から排除する言説。
しかし当事者はサバルタンなどではなく、むしろエイジェンシーなわけで。

231 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 18:37:29
ttp://www.asahi-net.or.jp/~cn1s-fkd/toiawase/checklist/type/74.html
「明るい不登校」、安易な肯定、「見守りましょう」は問題の放置だ!等々。
この手の言説が目立ってきています。スクールカウンセラーから教育行政まで、
同じようなことを口を揃えたように言うようになってきています。
そうです。これらの言説は、貴戸さんらによる奥地さん批判の言説にそっくり
そのままであることが見て取れます。
一見したところ、もっともだと頷きたくなる面もある批判内容にも思えますが、
よくよく読んでいくと、こうした言説が向かっているのはむしろ、常野さんら
が批判しているはずの「学校的価値を賞賛し、学校制を正当化する」方向性を
もっていることが分かります。しかも「当事者のため」という言い方でもって。

上記ウェブのカウンセラーの方もやはり、「いくら明るくても不登校は不登校。
これを人生の危機としてとらえる必要があります」と、一見柔らかい言い回しですが、
不登校を浄化する「再登校サポート」の目的化を強く謳っていらっしゃるわけです。

昨今の現象のように書きましたが、こうした流れは実際には昔から一貫してあり
ましたし、主流派を占めてきました。高岡さんや奥地さんもその意味では自分たち
がずっと少数派だと認めていらっしゃいますね。私もそう思います。
いまさら、学校化社会の主流派の不登校言説と声を並べて、その戦略に便乗し、
それらと結託して奥地さんらの言説を叩く意図に、私は同意しかねますね。

貴戸さんの言説が、上述のカウンセラーさんのそれと同種の不登校観に立つ例えば
cookeさんらの賛同を得ている事実を、どう捉えておられるのかと思うわけです。
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1136620719/869-870

232 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 18:40:01
>>230 つづき
イリイチやライマーが言っていたように、スクーリング植民地主義の社会システム
(学校歴社会)は、皮肉なことに、そのスクーリング社会制度が排除した被抑圧者
によって、逆にむしろ強く崇拝され、イデオロギー的に補完され、その儀礼的強度
を増し、動的に再生産され(延命し)つづける構造にある。

そう、つまり、常野さんが引用しているアイリス・ヤングさんの言葉を再び借りれば、
学校帝国主義の抑圧対象となる集団の構成員(不登校当事者)自身が、「自分自身の
集団や他の被抑圧集団の構成員に対して、しばしば恐怖や嫌悪を示したり、彼らの
価値を否定したりすることがある。」

これはまさに、元不登校児が不登校の価値を否定したり、不登校コミュニティに対して
恐怖や嫌悪を示す構造と重なるのではないでしょうか。

233 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 19:53:36
>>231
>登校を浄化する「再登校サポート」の目的化を強く謳っていらっしゃるわけです。

民族浄化にも似た、潔癖主義の暴力だね。

>いまさら、学校化社会の主流派の不登校言説と声を並べて、その戦略に便乗し、
それらと結託して奥地さんらの言説を叩く意図に、私は同意しかねますね。

おっしゃることの背景がよく見通せるご説明ですね。
ただし、それとは別の立場からの批判なりチェック機能も必要ではないかと思うのですよ。
私自身は元・登校拒否であり、今も複数の親の会やフリースクール等と連絡をとる立場にあります。
んでもって、奥地さんらの方法や思想にもいささか問題があり、批判的に検討する機会を内輪でもちたいと願っております。
いきなりオープンでは困るでしょう。差別的な視線はあいかわらずですし、学校化社会の支配戦略は年々巧妙化していることを鑑みるに、
時期が悪い。
で、ここでチラっとだけ話の内容を明かしますと、奥地さんらのやり口も、
時代のうつりかわりとともに古びてきた部分もある。あるいは、ある種のゆきすぎ、やりすぎ、ミスマッチもある。
それを「暗い」とか「不幸な結婚」と言い切ってしまうのは単純すぎますが、「複雑な結婚(家庭事情)」というべきものは存在する。
なおかつてイリイチらが言った「逆生産性」が奥地方式にも出てきているのは確かだと思いますが、どうですか?
ちょっと、これ以上はここでは言えないので、よろしければ個人宛にメールくださいますか?
instabiliat[at]hotmail.co.jp
今とあるOFFの幹事としてバタバタしているのでお返事はおそくなりますが、
ちゃんと読ませてもらい、遅れてもお返事さしあげますので。

>>232
大事な指摘だと思います。いい情報をありがとう。








234 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 20:07:40
>>231
> http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1136620719/869-870
> 学校に行けないから休む、というのは単に無理なことをしない
> という点にのみ価値があるので、

このクックさんの立場は、常野さんらの立場と千里の隔たりを感じるのです。
むしろ奥地さんや渡辺位さんらのほうが常野さんに近い立場にいると感じら
れるのですが、その常野さんとその引用にある考え方をもつクックさんとが同じ
貴戸さんの立場を支持している、という構図を解きほぐす必要がありますね。

235 :名無しさん@社会人:2006/04/27(木) 21:30:53
勝手な印象論だが、貴戸も常野も自分の立場を
(シューレら)少数派の中の少数派だと思っていて、
不登校を取り巻く多数派の主張とつながっている事に
無自覚なんじゃないのか?

236 :名無しさん@社会人:2006/04/28(金) 04:26:22
イリイチらが影のカリキュラムと言っていた学校化を、単に制度化でなく、
内藤さんは、学校内の集団形成の制度生態学的力学というか、そういう
角度からかなり踏み込んで動態的に見事に抽出なさっている気がして、
そこから学ばさせていただく点が多いですね。

237 :名無しさん@社会人:2006/04/28(金) 07:53:06
>>218
常野氏のブログを読むと、なんだか、『注目すべき人物』のころ
の外山恒一氏を読んでいるような気がしてダブるね。

238 :名無しさん@社会人:2006/04/28(金) 22:16:00
>>237
自意識過剰なだけでしょW


239 :名無しさん@社会人:2006/04/28(金) 22:29:57
>>231
「いくら明るくても不登校は不登校。
これを人生の危機としてとらえる必要があります」

ひどい差別発言ですね。なんとしても人を病理化しようとする専門家集団の利害エゴ
むきだしです。前半部分なんて、ラベリング効果で人が悪化するのを推奨しているような、
あるいはただ身分差別や排除をうながすような“悪意”と“攻撃性”に満ちた物言いですね。

240 :名無しさん@社会人:2006/04/29(土) 13:22:55
>>239
ちなみに、その種の見解の代表的主唱者は、小林正幸(臨床心理学)、森田洋司(社会学)、
斎藤環(精神科)といった、文部科学省が主宰する会議や委託研究の協力識者の面々です。
こうした面々が言っていることのほどんどキャッチコピーでしかないのでご確認ください。

241 :名無しさん@社会人:2006/04/29(土) 14:33:46
書き忘れましたが、小林正幸氏は、小野昌彦氏と並んで、不登校半減計画、不登校ゼロ達成
プロジェクトで著名な人物です。ちなみにお二人とも筑波大出身の方ですね。w 

こうした人たちの合言葉は、不登校(問題)の原因を求めるのは無意味、それより学校及び
社会への再適応をどう促すかを考えるべきだ、です。
↓では露骨に「再登校行動形成の為の行動論的支援」なんて言葉が使われていたりしますね。
http://gauge.u-gakugei.ac.jp/cerd/cerd03/rinsyo_bumon/ono2.pdf


242 :名無しさん@社会人:2006/04/29(土) 20:47:16
>>238
そう思わない? でも書いていることがそっくりでしょ?w

243 :名無しさん@社会人:2006/04/30(日) 02:04:38
学校化社会の多数派による言葉のいじめに
少数派として抵抗するのもしんどいですね

244 :名無しさん@社会人:2006/05/02(火) 21:12:44
>>243
ホントにそうだね。
だけどめげずにやっていきましょうよ。
成瀬さんみたいなカッコいい人もいるし。
今日の少数派は明日の多数派ですよ。

245 :名無しさん@社会人:2006/05/03(水) 17:29:24
>>244
成瀬って誰?

246 :名無しさん@社会人:2006/05/03(水) 21:10:07
>>245
モレのホレてる人

247 :名無しさん@社会人:2006/05/03(水) 23:01:42
ひさびさに内藤さんのブログを見た。誠二さんに遊ばれているって。
いいのかな。自ら自分が誰の遊び道具かを告白しちゃって。
なんか著書を読むとうっすらと女性嫌悪を感じるんだけど、
この人そっちのソーシャル? それともセクシャル?

248 :名無しさん@社会人:2006/05/11(木) 21:39:20
http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/20051207#c1147212448

2.国家が民間セクターに均等待遇を強制するのは反対です。
しかし、今、現に行われていることは

・国家が正規と非正規の不均等待遇を強制している

ことです(解雇規制、年金、健康保険等)。これを止める
べきでしょう。急激にやると副作用が大きいかもしれまん
けど。


http://www.meijigakuin.ac.jp/~inaba/books/books.htm?04261400

http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20051111


# toto 『・国家が正規と非正規の不均等待遇を強制している

リフレ派の人は、これについはどうなのですかねえ?
メールの人が気にしてるのもこれだと思うんだけど…

http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/20051206#p2

249 :名無しさん@社会人:2006/05/12(金) 05:38:16
たとえば>>147とか、ほかでもポツポツたまに書き込まれてるけど
地方はいまだひどいらしいね。
教育学者の佐藤学なんかは地方の学校を絶賛してやまないけど。
宮台の言うとおりこんな奴らが教育基本法の改悪を許すなとか
日の丸・君が代の押し付けがどーたらとか言ってるんだから
ほんとお笑いぐさだよね。

中央公論読んだ。

田舎の体育会系単細胞教師への批判としてはこれで十分だと思うけど、
プロ教師の会的な「子供に理解を示そうとしたら
逆に手が付けられなくなった」というルサンチマンを抱える
エリート転向教師に対してはどうだろう?
ブログに書き込んでたずねてみようか

250 :名無しさん@社会人:2006/05/12(金) 06:04:07
山形浩生について語るスレ(その6)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/books/1139648323/525-534

530 :無名草子さん :2006/05/12(金) 05:43:04
これは「少々」アンフェアです。

>内藤氏自身が自分の給料を半減させることに同意したり、
>自分の所得の半分をどっかの若者の雇用にまわしたりする
>ことを実践してるのでない限り

>教育機会が平等化されなら税金40%とられていいというなら、
>所得の40%(のいまの税金との差額)を自主的に教育機会の
>少ない人にあげてはいかがでしょうか。多くの人が内藤さん
>の活動および議論に感じ入ってそのひそみに倣えば、そのと
>き制度はすでに変わってるんです。

なぜなら、逆の主張を考えてみよう。すなわち、

・税金、減らせ。この野郎!

じゃ、この人は脱税しろってこと。いやいや、
脱税しても許されると。いやいや、

・そういうなら、国家に頼るな!

とでも?でもさこの人は、他の人と比べて平均的に
相対的に国家に頼っていない、と自分で思っている
から「税金減らせ」って言うんだよね。

251 :名無しさん@社会人:2006/05/13(土) 23:59:27
>>249
たぶん田舎の教師には、プロ教師の会的なひねくれはないと思いますよ。

田舎の文化環境自体が、東京や大阪といった都会からすれば信じられないほど
体育会系でマッチョで保守反動です。本屋といってもコンビニに毛の生えた品揃え。
そもそも、家に本があるうちが珍しい。それも漢詩はあっても英書はない。
つまり、西洋的・近代的なものをはねのける力が都会の数倍大きい。
受験指導もおそまつ。というのは、ちゃんと教えられる先生がいませんから。
結局、カネがある人の子が、東京・大阪の予備校に行ったり、子どもが小さいころは
夏休みだけ帰省した東京の大学に行った人を東京の相場で家庭教師に雇ったりして、
なんとか地方脱出を図っているんですよ。


252 :名無しさん@社会人:2006/05/14(日) 00:07:11
251よりつづく。
結局、教員になった当初、リベラルな理念に燃えて、という人は田舎にはいません。
はじめから、「弱い、ろくでもない子どもをたたきなおしてやろう」というノリで学校にのりこみます。
中学とか高校の段階で地域で1,2を争う進学校に入ると話が別です。
そこでは田舎にしてはそこそこリベラルで自治的だったりしますので。
親にも社長、医師、弁護士、大企業の管理職など社会的地位の高い人が多い、というのは公然の秘密です。

だけど、運悪くそういったルートにのれなかったりすると、もう悲惨ですね。
大学時代にはようやく少しはリベラルなサークルに出入りしたりするものの、
周囲から浮いてしまいますし。まだバブルのころなら就職は東京で、というルートもありえたんですが、
こうも不況がつづくとダメですね。

田舎の学校教員のダメさというのは、地域の文化がそれを容認しているところがあると思います。
東京とか大都会を礼賛するわけにもいきませんが、山の手中産階級の文化、下町の文化など
いずれも田舎に比べれば合理的・開放的だと思いますよ。



253 :名無しさん@社会人:2006/05/14(日) 02:16:48
昨今、リベラルは人気ないですからね。
格差社会とか下流化とか、リベラルな選択の物語が逆に社会悪を
もたらしていると喧伝される風潮が右からも左からも目立ってきている。

254 :名無しさん@社会人:2006/05/14(日) 04:37:37
>>253
それは一般にリベラルとリバタニアリズムの区別がついていないからではないでしょうか。
岩波文庫に入っている古典ならミルとかロックとか見てもらうと分かるのですが、
リベラルは少数派は尊重するし、福祉を否定しないし、自由とわがまま(放縦)の区別もしています。
自由は自律にもとづくというのもリベラリズムの大前提です。
そのへんが忘れられている/誤解されているきらいはあると思います。

255 :名無しさん@社会人:2006/05/14(日) 17:37:53
右派と左派という区別が先ずあって、自分が反対の立場と誤解されることを恐れて沈黙するケースが最近目立つ
例えば本来人権には厳しい右派が、北朝鮮問題では、
北朝鮮の国民の人権を守るために、圧力をかけなければいけない、と言い
本来人権を守る立場の左派が北朝鮮の人権問題には沈黙するという状況
自分が右派に属するか、左派に属するか、過度に意識して、言うべきことが言えないような
情けない状況を克服しなければいけない
特にひどい場合だと、過度に左派であることを意識して、
イラクには独裁などなかった、平和な社会だった、とアメリカを批判するような意見だ
この場合アメリカとイラクをそれぞれ批判すればいいだけの話
左派と右派の対立がまともな意見を言いにくくしている現状はどうにかならぬか

256 :名無しさん@社会人:2006/05/14(日) 23:36:46
需要の喚起という点からも「公務のワークシェアリング」を
すればいいだろ。公務員は全員、非正規にしろ!

終身雇用ども、ふざけるな

257 :名無しさん@社会人:2006/05/14(日) 23:44:37
>>255
だから、いまは、右派と左派がリベラルという共通の敵に向かって結束しているわけでw

258 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 00:03:42
>>237
外山さんは、それを境に一時、プロ教師の会にかなり接近したよね。
共著も出していたし。

259 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 02:52:18
文化人類学の半族の応用が、この人の十八番みたいだね。

260 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 06:31:10
>>257
ネオリベと闘う右派と左派は結託してるけど、リフレ派という新たな境界が出来たわけで

261 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 11:54:17
新たなというか、ようするにケインズ派でしょう?

262 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 13:34:35
反ネオリベの右派と左派はどうも政府の経済政策がターゲットなんだね
構造改革は欺瞞だとか、国民が騙されたとか、アメリカの年次要望改革書が裏にあるとか、そんな感じ
反米、反小泉で結託してるんだな
リフレ派の批判は主に日銀だね

263 :29日の三省堂と12日の保坂:2006/05/16(火) 02:39:24
レポートしてくださるかたはおられるでしょうか。

264 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 12:45:23
828 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 12:09:44
大抵の労働者は、同時に資本を持ってる資本家だろ。
それに消費者でもある。賃金が減っても資産価値が
上がり物価が下がれば、文句はないが。ま、同時に
流動性トラップに落ち入らないようにしなきゃなら
んが。雇用のミスマッチは社会全体のパイを減らす。


829 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 12:14:34
因みに、非正規雇用者に関しては規制がかなり緩和されて、
正規雇用者に関しては規制はほとんど緩和されなかった。
これは、すなわち規制緩和による蜜は正規雇用者に渡って
いるということだ。その代表は正規の公務員であることに
注意

265 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 16:09:12
>>260
それもまたリフレか反リフレかという人類学で言う「半族」の構造をなしている。

ちなみに「半族」構造について。もともと文化人類学の言葉。ひとつの民族のなかに
ふたつの相反する氏族があることを指す。たとえば北と南、男と女、善と悪、右と左、天と地、上と下など。
世界のどの民族にもこの構造が見出せると文化人類学は言う。

ヤンキーとまじめ、右と左、リフレと反リフレというのも半族構造と言える。

問題は、それをなくせるかどうか。なくするのがいいかどうか。
そこが文化の揺籃だとすれば、全部否定するのはいかがなものか。


266 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 20:35:27
803 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 21:42:55
モリタク

・普通であれば、人の嫌がる仕事には高い賃金を払わなければならない。
しかし、そうした職種にしか就けない労働者を作ることによって、低賃金で使うことができる。
フランスが高度成長期に大量の移民労働者を受け入れたのは、それが分かっていたからだ。

・イラク戦争で前線に配置されている米軍最下層の兵士が得ている年収は200万円に満たない。
それでも何故彼らが命をかけて戦地に赴くのかといえば、彼らの元々の年収が100万円程度にすぎないことが多いからだ。
給料は倍増、大学にも通えるというのは、彼らにとって魅力的な条件なのだ。
逆に言えば、命をかけなければ「都合のよい労働層」を脱出できないということだ。

804 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 21:44:00
労働市場から犠牲者を救出せよ!

805 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 21:51:07
>>803
>人の嫌がる仕事にしか就けない労働者を作ることによって
そうだ。それこそ、規制や政策によってなされていることだ
デフレだけが問題ではない

806 :名無しさん@社会人:2006/05/15(月) 21:55:02
>>803
規制が、一部の者たちに既得権として「それほど嫌でなく
そこそこ給与のいい仕事」ができるよう保護しているんだ
から、そこからもれた人間は犠牲者になる。

267 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 23:00:57
http://makimo.to/2ch/academy4_sociology/1111/1111168004.html

268 :名無しさん@社会人:2006/05/16(火) 23:26:55
http://makimo.to/2ch/academy4_sociology/1111/1111168004.html
内藤は杉山との対立で、したらばなどいくつかの掲示板において
自作自演をやった疑いがもたれています。

269 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 09:22:05
せーじさーんの前では女役しているみたいだね。

270 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 09:48:03
229 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 08:54:58
田中先生:
>簡単にいうと名目賃金の下方硬直性を経済不安定時に「既得権撃破!」と
>いって切り下げれば経済の不安定さはますかもね。逆に名目賃金の下方硬
>直性をそれこそ『現時点においての(←引用者挿入)』アンカーとあきら
>めたほうがこの種の経済変動に対処できるでしょうよ。

(↑)と言いつつ、これだもん(↓)

田中先生:
>時間の長さ(現状だとか少しづつやる政策だとか)は私
>や大竹さんの議論している問題にまったくといっていい
>ほど無縁です。

上で『経済不安定時』、『経済変動』って言ってるじゃん。
それはいいのよ、別に。で、これがどう時間と関係ないと
言うんだい?答え:先生の議論は『不況対策』と関係ない。

http://reflation.bblog.jp/entry/296310/


230 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 08:57:13
>>229
『専門的な知識への尊重』云々は、自分の頭の悪さを誤魔化す
ための脅しとして使われてるんでしょう。この先生方にとって

リフレ派(←?)田中組:田中秀臣、山形浩生、稲葉振一郎w

271 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 17:11:38
>>266
こういう視点は日本にも必要だろうね。
若者を虐げてフリーター以外に道がない状態を作る
という面では、まさにそのとおりだ。

272 :名無しさん@社会人:2006/05/17(水) 17:14:56
そしてそれを拒否するならニートになるしかないという罠。

273 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 01:05:14
せーじさーんになかだしされているかもな

274 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 01:39:56
田中秀臣先生の学問的誠実を考える会
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1147863235/

本田由紀、内藤朝雄、後藤和智
大竹文雄、森永卓郎、宮崎哲弥
山形浩生、稲葉振一郎、黒木玄

275 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 08:40:28
これもネオコン??
http://www.mainichi-msn.co.jp/kurashi/women/shirokuro/news/20060516ddm013070084000c.html

276 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 09:02:58
>>275 それほど悪くないよ。でも、構造問題を見てないね

277 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 12:15:49
310 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 11:24:27
公務員の人材養成
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_a614.html#comment-1326347
>日本社会という一つのシステムの中で、それが可能なのか、いささか疑問があり
>ます。もっとも、民間企業にもそういうJOB中心の(政治的に正しい)人事管
>理を押しつけて、日本中その色に染め上げれば、問題はないのかも知れませんが、
>そういう上からの革命が成功した試しはないというのが歴史の教訓です

今までは、そうですが、最近は民間企業自身が外部的フレキシビリティの活用に
大きくシフトしています。
にもかかわらず、正規雇用者を優遇する社会制度が温存されたままになっていま
す。それもそのはず、社会制度の設計に係る公務員の方々が正規雇用者なんです
から、正規雇用者を優遇する社会制度は自分達に都合がいいんですよね。
だから、私は公務こそが外部フレキシビリティ中心になればいいいのではないか
と思います。同時にそうすれば、政府と民間の壁、公務員と市民の壁が低くなり、
薄くなる。公務員と市民の間の壁が高ければ、公務員と市民の利益が離反しても
なんの不思議もありません。
あと蛇足ですが、内部フレキシビリティ活用が外部フレキシビリティの活用より
有利な社会制度の中で中小企業は不利な立場に置かれてきたのでないでしょうか。

311 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 11:49:31
いやむしろ、下からの革命が成功した試しはないといったほうが正しいのでは?
ウォーラステインも言うように、下からのブルジョワ革命なるものは存在せず、
起こったのは上からの旧支配層自身による管理(官僚)型革命だった。
革新的なブルジョワ層の役割がなかったというのではないが。

312 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 11:51:53
そうだね。『下だけからの革命』は成功しないかも

278 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 12:59:43
>>275
その種の単純な二者択一図式で切るのも馬鹿げているね。
見出しが「白黒つけます」にしても、あまり面白い切り込み方じゃない。
「分かり易さ」というのは下手に求めるとかえって有害。

279 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 21:38:53
ttp://web.soshisha.com/archives/world/2006_0427.php

ttp://www.journalism.jp/t-akagi/2006/04/post_113.html
>こうした格差要因を、こうして被差別者(ニート&フリーター)の
>内部要因として語る言説は、それが好意的であろうと批判的であろうと、
>その根底は同じものだからです。

280 :名無しさん@社会人:2006/05/19(金) 00:22:05
>>279
そのトラックバック先の文章は、ニート・フリーターを内部要因として語って
いるようには全く読めないけどなあ。
その人が言おうとしているのは、経済のグローバル化とかなんとかで国民の市場
への総動員体制を要請するムードがつくられ、それが若者にスケープゴートされて
いる社会または政治への批判的視点であって、断じてニートの自己責任論じゃない。

むしろ疑念を感じるのは、そのトラックバックを書いて抗議メールを送った人こそ、
たとえば「非希望型ニート」といった存在についてどう語るんだろうか。
それこそ内部要因(自己責任)として語るか、さもなくばそれを医学用語で言い替え
たにすぎない無気力病とか人格障害として個人の健康上の欠損=障害の問題として
語るのではないか、という疑問をもつのだけれど。

281 :名無しさん@社会人:2006/05/19(金) 20:41:22
>>279
トラックバック先の文書は、ニートたたきではない。わりとリベラルな方面からの
「ニートでもいいじゃないか」論だね。

だけど、深夜のシマネコさんが言いたい状況というか立場というのもイメージてきる気がする。
じっさい、アルバイトはそれほど楽じゃないよ、とか、ファンタステイックなフィクショナルなイメージだけで語られると
現実の一面を見落とすことになる。たぶん、荒っぽい書き方のなかで訴えたかったことはそのあたりかと推論サレ。


282 :名無しさん@社会人:2006/05/19(金) 20:46:58
↓ 確か内藤さんも以前代ゼミみいた。そして、予備校の教育はイイ!ってオススメしていたよね。
大丈夫なのかなあ。↓

法案bU  立案者●吉野敬介(39歳カリスマ予備校古文講師)

激増する少年の凶悪犯罪は、『体罰解禁・少年法』で解決!!
暴走族の特攻隊長を経て、15年間にわたって大手予備校代々木ゼミナールのナンバーワン
人気講師の座を守り続ける吉野敬介氏。ド派手なアロハシャツ、文字盤に隕石が使われている
世界に3本しかないロレックス、そしてリーゼント姿でビシッと語る「激増する少年凶悪犯罪」
の解決策とは?

何よりも大切なのは体罰だね。(中略)迷惑な生徒相手でも「殴るのは人権侵害だ」って騒いだり
する人もいるけど、そんなガキに人権なんかないよ。(中略)人権ていうのは、毎年何千万円も
払ってるオレみたいなのを含めて、ちゃんと税金払って自立してる人が言うことなんだよ。
だけどオレの若い頃を振り返ると、ケンカにもいいこともあったんだよ。暴力受けりゃ痛いんだ、
ってわかるでしょ。今の子って、ゲームではバンバン人殺ししてるくせに、自分では殴られたこと
ないから痛みや限度がわからない。だから、一気に人殺しになっちゃう。その点、オレなんか、
ちゃんと手加減しながら鉄パイプとか振り回しててたからね。教育界ではさ、「愛の力」でこそ
本当の更生は可能だとかいう主張も強いけども、バカかと思うね、そんな理想論。もっと具体的に
対応しないと、社会はもっと悪くなるだけだよ。@悪ガキは殴ってもよし。Aそれで直んなければ
悪ガキだけの別クラスを作って、徹底的に調教。B凶悪犯罪を犯したガキは実名も写真も公表。
懲役も最低20年。Cその親は必ず記者会見で晒される。それがイヤなら本気で子に関わるはず。
これがオレの考える「少年法」だけど今の日本ってこういうこと言ったらダメな空気があるよね。でも、
多くの人が思ってることでしょ?えっ?悪ガキにとっては、かなりキビシイ法案じゃないかって。
でもさ、これがヤだったら結局そういう悪いことしなきゃいいんだからさ。悪ガキどもよ、甘えんなよ。
週刊プレイボーイ「ワイド特集 これが私の世直し法案」5,22号より。


283 :名無しさん@社会人:2006/05/19(金) 21:16:38
>>282
みたいな魅力的な教員が公教育にも増えればいいというのが内藤さんの主張でしたっけ。

284 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 01:23:58
晒しあげ

285 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 09:35:39
>>281
> トラックバック先の文書は、ニートたたきではない。わりとリベラルな方面からの
> 「ニートでもいいじゃないか」論だね。

というよりは、「ニート」問題なるものが、実は経済のグローバル化に対応するというかたち
で労働力の総動員体制を画策する財界の思惑によって、それを煽るスケープゴートとして
選ばれているという、ネオリベラリズム批判の趣旨に立った「ニート」って言うな論であると
読めるんですよ。
その文章の論旨は、「ニートでもいいじゃないか」ではなく、労働力市場競争への参入意欲
を煽り立てるネオリベイデオロギー批判にこそあるんじゃないでしょうかね。

深夜のシマネコさん的観点に対して逆に警戒するのは、「ニート」問題を煽り立てて労働者
を司祭権力のオブジェクトに仕立て上げる玄田さんらの言説の両義性を想起させるからです。
それは一見、「ニート」や「フリーター」を「救済すべき哀れな迷える子羊」と見なしている点で、
当事者や大衆に訴える耳ざわりはむしろ玄田さんらの言説のほうがいい。
しかしそこにある罠をも見抜いておかないと・・・


286 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 11:35:10
鍵は『転職市場』
> 先生と保守親父@労務屋さんの差の原因は、想定している労働市場、
> 雇用慣行の差のように思えます。
http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/comment?date=20060519#c

こんな国じゃね。。。

やり直しが許されない国、日本の地獄のワナ

・新卒で正社員にもぐりこめなかったら「職歴なし」と見なされ人生終了
・いくらキャリアを積んでも時代でその業種自体がなくなれば他業種転職は
 許されず人生終了
・長年経験を重ねても自分の業務にとって変わる機械が発明されれば
 人生終了
・入った会社、業種がやがて自分に合わないと感じて転職しようと辞めると
 未経験年齢制限に引っ掛かり人生終了
・会社を辞め心機一転、転職しようと思ってもDQN企業しか募集はなく
 無職期間が長くなればマイナス評価となり人生終了
・一旦会社を辞め学校に通い資格、能力開発をしても「実務経験なし」扱いで
 人生終了
・上司と折り合いが悪くケンカ退職すると運が悪ければ次の会社の前職調査
 に引っ掛かり転職できず人生終了
・正社員でも35歳以上で倒産、リストラされたらかなりの実力者以外人生終了
・かなりのエリートになっても手鏡を悪用すれば人生終了

これらに該当する者は「国、企業の癒着の構図」に逆らった「反逆落伍者」
と見なされ罰則として「一生DQNバイトorホームレス」の地獄の選択肢が
与えられます
現在の日本では夢を持つことは許されずただひたすら会社のイヌとなり
給料を返上してでも会社に尽くしツブれないよう祈る他に道はないのである
再起動不可能!

287 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 17:45:42
退化する若者たち 〜歯が予言する日本人の崩壊〜
丸橋 賢(歯科医)PHP新書

おいおい、今度は歯科医かよ。

もう下流社会以来新書の世界ではこの手の本を出版すればヒットするものだから次々と出してきますよね。

このような土壌を構築した某三浦の罪は非常に重いと思います。

まあいい加減な言説をいとも簡単に信じてしまう日本人(特に中高年)にも問題があると思いますが・・・。

ttp://www.php.co.jp/bookstore/detail.php?isbn=4-569-64725-1

学者子どもよ、反撃してください。



288 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 18:00:07
>>287
生活習慣病での自滅が後を絶たない中高年は、
命すらなくなっているのだからとんでもない退化だなw

289 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 18:36:32
>>288
レスありがとう。学者子どもの本領発揮だね♪

そう、中高年男性がわけのわからない世界を作り出した。
夫を立てるために失業か半失業に甘んじ、家の中で囚人の拘禁反応一歩手前の専業主婦。
だらだら長々残業し、早朝出勤し、休日出勤する「家」としての会社と役所。
それゆえの過労死・過労自殺、胃潰瘍にうつ。

だいたい、ヘテロの女は子どもを産み・育てる。レズとゲイの男女は、芸術家などになり、
姪や甥の面倒を見てやる。それができないヘテロの男が、わけのわからない「高尚な文化」を作り出した。
誰が自分の子どもか確信がもてず、高度な芸術センスもない。それが、数百年にわたる進化の歴史の中で、
霊長類から人にかけての文化だ。
といっても程度問題じゃない? 歯科医がなんで個人の歯とか健康じゃなくて、
日本人とかいう国体を心配してんのよ?
ホント男性って生物的に情けないな。子育てが理解できず参加できないからって、
男だけのクラブ作って、自分たちに有利なルールを公平だとかいって女・子どもにおしつける。
いいかげんにしろ! 生物としてイタイのはお前らなんだよ! もっと女性や子ども、レズやゲイを尊重しろ!


290 :名無しさん@社会人:2006/05/20(土) 20:28:59
下流化するニート脳の恐怖

291 :名無しさん@社会人:2006/05/22(月) 11:38:06
ニートでもいいじゃないか!

292 :名無しさん@社会人:2006/05/22(月) 13:17:12
本田由紀の子の血を吸おうとして、必殺熊パンチをくらうナイトウ。

293 :名無しさん@社会人:2006/05/22(月) 13:41:41
>>282
典型的DQNだな

294 :名無しさん@社会人:2006/05/22(月) 16:47:49
>>293
悪ではあるが構わずにやるDQNより、
善だと信じてやるそいつの方が
さらにタチが悪いかと。

295 :名無しさん@社会人:2006/05/23(火) 22:26:41
>>294
まるで常野、貴戸、そして貴戸をかばう内藤・稲葉らのようだな。


296 :名無しさん@社会人:2006/05/23(火) 22:40:45
定年制廃止!定年制廃止!定年制廃止!

定年制廃止!定年制廃止!定年制廃止!

定年制廃止!定年制廃止!定年制廃止!

297 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 02:18:50
内藤のブログにまさにイケメン大学生兄ちゃんの写真があったね。
ハメどりのも持っているのかな?

298 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 02:25:11
ある日、街の中。献血車を見つける内藤。
車に乗っているほうが人はやさしくなれる、とつぶやく。
さらに、もし自分が輸血が必要な状態になったなら。と脳内シュミレーション。
リベラリストなら自分と相手が入れ替わってもいいと思わなきゃ。
その条件を作るために献血をしよう。いつも大学生兄ちゃんから血をもらっているんだから。
意を決して献血する吸血鬼・内藤。

299 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 02:30:25
200ccにするか40ccにするかをたずねられ、400ccと答えるいい人・内藤。
もちろんこれにはウラがあって、少々多めに血を抜かれても、あとで大学生兄ちゃんから補給できるから。


300 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 02:34:20
これまで野性的に、無造作に大学生兄ちゃんや茶髪の女の血を吸ってきた内藤。
しかし、リベラリストとしてこれでよいのかと自問自答する。
200cc吸血と400cc吸血を選べる選択制吸血鬼をめざす内藤。
そして、吸血カードを発行し、血液供給者に健康情報を提供する内藤。


301 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 02:36:04
今日はセージさんが家にやってくる日。
朝早く起きて掃除をし、ピンクリボンとフリルエプロンの萌えスタイルで
セイジさんの訪れを待つ朝雄。

302 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 04:01:20
いいかげん吐き気がしてきた。
もう二度と書き込まないでくれる?

303 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 22:13:47
あなたが嫌だと思うものをいいと思う人もいる。嫌ならスルーすればいい。排除はよくない。

304 :302:2006/05/25(木) 01:54:14
へーー
相手にせずスルーしてる奴はいるだろうが、
こんな内容空疎で醜悪な駄レスを「いい」と
思うような奴いるのかね。書き込んだ当人以外に。

305 :名無しさん@社会人:2006/05/25(木) 21:46:34
まあまあ、ケンカ腰にならないで。

学者子どもがイタくてかわいい存在だってことは、みんな知っているから。

306 :名無しさん@社会人:2006/05/26(金) 00:52:07
>>287
歯医者であろうと、社会の病理に眼を向けても、いいのだが、この人自身は

保守主義が若者の退化を防いでくれると信じ込んでいるんでしょ。

グローバル経済で、アメリカ仕込みの調理済み食品を、家庭に持ち込んだのは

それこそ、保守主義者じゃねえか。

ホント、言いたい放題よくほざくよな。

307 :名無しさん@社会人:2006/05/26(金) 14:06:50
>>306
まぁ、医者や歯医者はお坊ちゃん・お嬢ちゃんばかりだからな

308 :名無しさん@社会人:2006/05/27(土) 20:47:43
>>301のつづき

セージさんが来る前に近所のコンビニにひとっ走りしてコンドームを3ダースも買ってきた
アサヲ。

309 :名無しさん@社会人:2006/05/27(土) 21:18:27
>>307
そういう問題じゃないでしょ。お坊ちゃんやお嬢さんでも聡明な人はいくらでもいますよ。
おうちの経済状態や職業にかかわらず、丸橋はイっちゃっているんです。

310 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 12:36:09
稲葉にコメント消されてやんのw
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20060527

445 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 02:41:39
「今の学生には信じられないだろうが、今の小泉・竹中改革は政治思想的には90年代初めのサヨクが生み出したシミン主義のなれの果てなんだ。」
そーなんだよな。どこのアホがアメリカのイデオロギーだとか
小泉支持層はノータリンとか、ぬけぬけとぬかせるんだろ

446 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 08:07:11
[コメントを書く] # 比ヤング
>多くは結構なご託並べてた「リベラル」に
>裏切られてウヨク化してきた
騙された(あるいは、勝手に期待して)裏切ら
れて一つ賢くなった結果ということなんだから。
結構なことじゃないんでしょうかね
前と変わらず騙し続けようという方も一部には
いらっしゃるんでしょうが

311 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 01:56:49
>>309
後藤和智が丸橋に公開質問状を送ったな。
ttp://kgotoworks.cocolog-nifty.com/youthjournalism/

312 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 01:59:20
エブロンの下はすっぽんぽんで買い物に行った朝雄。

313 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 07:53:05
>>309
いや、何の苦労もしていないお坊ちゃん、お嬢ちゃんには弱者に対する共感力が根本的に欠如している
「コミュニケーション能力の欠如した性的弱者は死ね」と言い切る東大教授の上野千鶴子にしても、
「不細工は生きる価値がない」と放言する外科医の西川史子にしてもな

314 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 12:09:38
なるほど。小熊と仲よしで貴戸の師匠の上野はそんなことを言っていたのか。発達障害児の擁護をしている高岡、副島らとは対立する立場だね。

315 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 13:46:29
>>282
元暴走族のおまえが言うなよって感じだな。
それを読むと、まったく反省も更生もしていないDQNだ。
自分の若いころの罪の償いを一生しろ。


316 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 14:59:47
>>314
上野は自閉症患者の原因を「母子癒着」に短絡させたからな
『マザコン少年の末路』っていう非科学的な自閉症を馬鹿にした本を書いて
謝罪も未だにしていないくらいの人間だから

317 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 16:22:29
>『マザコン少年の末路』

この本は完全にパロディでしょ?W
保守派を茶化しているだけの

318 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 16:43:30
>>317
パロディって?どの辺が?

全くそういう風には読み取れなかったんだが・・・

319 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 18:22:37
今の子ども・若者たたきみたいに、相手が生物的または文化的に劣った存在だとわけもなく決めつけ、侮辱した本だろ。とりあえずたたきやすい自閉症や不登校をターゲットにした。社会的排除に協力する本だよ。

320 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 19:31:25
夫馬さん

リベラル右派

政治的な右・左度(保守・リベラル度):−5.2
経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派):2.96

http://d.hatena.ne.jp/totoTOTO/

321 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 20:55:53
>>318
>パロディって?どの辺が?

全体が。
父権(家父長)主義者にありがちなマザコン叩き、母原病論といった理屈をあえて用いる
ことによって、それが父権主義の投影であり所産でもあるという構造を諷刺するという。

まあ仮にそうだとしても、「社会的排除に協力する本だよ」という批判は免れない。
学者としての、言論人としての社会的責任は充分に問われるべきでしょうが。


322 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 23:57:03
>>321
そんなしゃれたものかなあ。実際には、自分の母親へのうらみを公的な問題ととりちがえる
デムパオヤジの言論を批判できない上野のヘタレっぷりがあらわになっただけなんじゃ。

323 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 00:29:42
せいじさーんがフードつきの服を着ているのは、内藤にかまれた跡を隠すためだよ。
吸血鬼ナイトウの犬歯は3センチもあるからね。だけど、ある種の毒蛇と同じように、えものにかみつくのと同時に
相手をしびれておとなしくさせる液が注入されるので、痛みはほとんどない。
さらにナイトウの前足、じゃなかった手と胴体のあいだには薄い膜がある。
これを使って飛行もできる。それに、手下のコウモリたちと連絡をとるために
超音波通信もできる。


324 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 08:13:45
>>321
父権(家父長)主義者を風刺・批判したいならば、彼らの論理をそのまま使用して
今の子ども・若者たたきみたいに、相手が生物的または文化的に劣った存在だとわけもなく決めつけ、侮辱し、
とりあえずたたきやすい自閉症や不登校、NEETをターゲットにした社会的排除に協力する本を書くべきじゃない

風刺のために、弱いものイジメをするのは間違っている

・・・というより、風刺とすら見えないんだけど
風刺のために、ああいう自閉症患者を、父権(家父長)主義者にありがちなマザコン叩き、母原病論といった理屈をあえて用いて
叩く必要が理解できない



325 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 08:14:53
>>322
>自分の母親へのうらみを公的な問題ととりちがえる
デムパオヤジの言論を批判できない上野のヘタレっぷりがあらわになった

よくわからない
詳しく

326 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 15:00:48
自閉症親の会団体等から抗議を受けたことへの反感が、そうした団体を「運動系」
の論理と称して敵視・愚弄する、この学閥の生態学的秩序になっているのかもな。
某所の見解表明に対する過剰反応ぶりからもたしかにそれは読みとれる気がする。

327 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 18:18:10

高原基彰blog
http://takahara.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/20011997_7a60.html

 政府は、経済分野で人的資源を開発するだけでなく、人々がより
柔軟な対応ができるよう、法律や税制の柔軟性を高めなかればなら
ない。たとえば、終身雇用が望めなくなり、職を渡り歩いたり、失
業したり、自営業に転じたり、はては外国に移住せざるをえなくな
ると分かっているのなら、税当局は、それによって不利な扱いを受
ける人が出ないようにすべきである。また地位や場所が変わっても
年金や社会保障の受給資格が不利にならない仕組みが必要である。
 抵抗は特定集団の特権を他の集団の犠牲によって擁護することに
ほかならない。つまり、雇用形態が固まっていない若者や女性を犠
牲にして、既存産業でフルタイムの仕事を持つ中年男性の擁護し、
移民を犠牲にして定住者を擁護し、第三世界を犠牲にして先進国を
擁護することになる。

328 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 18:19:21

なんで、この人達は「リフレ、リフレ」って言うのかねぇ?

円高は、やばいんじゃねぇ〜の

って言えばいいのに…。お前達は言い方が悪いんだよ、アホ
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20060530

>日本経済は果たして円高に耐えられる状態にあるのだろうか?
>いま起こっている株安が、アメリカの株安の一時的な影響によ
>るものではなく、2003年(ここ2004年ですが修正)の大規模介
>入の理由であった 110円割れ寸前の円高が起こっているのだと
>すれば、構造改革による流動性の罠からの脱出という筋書きは
>画餅である。
あと、『一時的脱出』というのは正しいと思うぜ。問題は円高で
『また嵌りそう』ってことだろ!

329 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 23:17:22
リフレ派が根本的に駄目なところは、『消費者物価指数』を
主要なベンチマークにするところです

『資産価格の(名目)価格』の変化にこそ注目すべきなのよ

330 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 23:18:01
リフレ派、かく語りき!

・ CPIがもっともリアルタイムに実体経済の状態を反映している

http://money4.2ch.net/test/read.cgi/eco/1146551055/809
>CPIがもっともリアルタイムに実体経済の状態を反映している
>から。 目配りで政策が決められたらたまらん。資産は、実需
>と投機がまざっているから、実体経済をどこまで反映している
>かわからん。

331 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 20:13:40
375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/05/31(水) 14:15:30 ID:AcctF5bo
>>372
インタゲに2種類あるって話だろ。
「金融政策をルールで縛って期待の安定を図ろう」っていうタイプのインフレターゲットと
「積極的不況対策として金融緩和なり財政支出しろ」っていうの。
後者は本当はインフレターゲットではない。用語の誤用だ。ごく普通のケインズ主義。というか、主流派経済学のごく当たり前の主張だ。
ところが、馬鹿政治家と馬鹿マスコミが誤用を一般化しやがった。そこであえて、誤用の方をリフレ政策と呼ぶことで区別するようになったわけ。
インフレターゲットは好景気だろうが不景気だろうが関係ない制度導入の問題。
2002年頃の経済情勢だとインタゲだけじゃなくて、リフレ政策も併用した方が良いだろうねというのが、一般的な見解だと思っている。
その際に、日銀懲罰論みたいなのや、単純に公共事業万歳みたいなのも絡んできて話がややこしくなるわけだ。

332 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 20:14:22
> インフレターゲットは好景気だろうが不景気だろうが
> 関係ない制度導入の問題。
それはよく分かった。

> 2002年頃の経済情勢だとインタゲだけじゃなくて、
> リフレ政策も併用した方が良いだろうねというのが、
> 一般的な見解だと思っている。
当時はそうだろうね。今は状況が変わって、リフレ政策は
もういいんじゃね、という感じになった。リフレとは別に、
制度論としてインタゲが必要だ、という議論は了解できる。

333 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 20:15:00
>インタゲ=景気に関らずインタゲ

>主流派=不況のときには金融緩和(or財政出動など)

>リフレ派のアホ=「デフレ不況」だからインタゲだ〜

334 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 22:23:29
ピンクリボンにふりふりエプロンのアサオに萌えるせいじさん。
愛撫に入るが感じないナイトウ。そこでムチ・ローソク・瀉血ナイフの出番。

335 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 22:24:33
今日はムチとローソクだけでコーフンしてきたので、その後挿入するせいじさん。
ブリッコ言葉で応じるナイトウ。

336 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 22:25:40
だんだんと幼児化してゆくアサオ。保父さんになったつもりでアサオをあやすセイジさん。

337 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 22:49:29
イケメン大学生あんちゃんにフラれて悲しいと訴えるナイトウ。
なぐさめてあげるセイジさん。

338 :名無しさん@社会人:2006/05/31(水) 23:56:47
人肌にあたためた乳児用粉ミルクをナイトウに与えるセイジさん。
ごくごくと人工乳を飲むナイトウ。

339 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 00:29:43
あらナイトウさん、かわいそうね。○○○チンしゃぶってあげるから
元気出して>自称当事者学の研究者

340 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 01:52:24
>自称当事者学の研究者

キョドリュエのことだね。


341 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 08:32:43
ナイトウにおしゃぶりをくわえさせるセイジさん。

342 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 11:52:40
夫馬だよ〜ん♪

元ちゃんにコメント連発、決めてやったぜ!ふへへへっ

量的緩和政策に対する評価など(山崎元)
http://blog.goo.ne.jp/yamazaki_hajime/e/58137b39139daf7cfe57a7d4db95ac69

343 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 16:19:59
フリルエプロン一枚で出勤するナイトウ。白い目で見る周囲。

344 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 16:22:26
女子学生にやめてくださいと抗議されるナイトウ。憲法に定められた表現の自由だと言いはるアサオくん。

345 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 16:25:08
さらに、これは新しい文体を開発するための修業だ、学問の自由に反対するのかと言うナイトウ。あぜーんとする学生たち。

346 :名無しさん@社会人:2006/06/01(木) 22:52:07
おまえらは、自由に行動できる教員に嫉妬してるだろ? 嫉妬はやめてもれの天才的独創性を尊敬しろ、と言うフリルエプロン一枚のナイトウ。あきれてものも言えない学生。自分の演説が人に感銘を与えたと思い満足するアサオ。

347 :名無しさん@社会人:2006/06/02(金) 03:03:17
ナイトウの誕生祝いによだれかけを贈るせいじさん。ハイになり喜ぶナイトウ。

348 :名無しさん@社会人:2006/06/02(金) 08:09:03
★男性差別社会における人口減少・・・現在のロシアに見る「男性寿命の異常な低さ」!
<<主要各国の男女別平均寿命>>
   日 伊 仏 米 英 独 露
男  77 75 74 74 74 73 58(←余りにも酷すぎる!)
女  84 81 82 79 79 70 71
差  7  6  8  5  5  3 13
主要先進国の男性の寿命が70台で並ぶ中、なんとロシアの男性は戦時中並みの衝撃の「50代」。
男女の寿命差も「13歳」・・・。ロシアの出生率は日本をさらに下回る「1,17」。
さらに年間自殺者が「5万人」、交通事故死が3万人に上る。・・・なぜこんなことになるのだろうか。
交通事故に関しては、もちろんインフラや交通マナーに起因するものだが、
それ以外の点で、極めて深刻な「男性が置かれた厳しい環境」つまり「男性差別」が存在する。
ロシアには1000万の就労女性が存在するが、 しかし男性に目を向けると、2000万の労働可能男性のうち、
100万人は刑務所に収監されており、400万人は軍役に就かされており、500万人が失業中であるのだ。
ここから読み解けるのは、「男性ばかりが早死にする・自殺したくなるような厳しい世界で生きることを余儀なくされてる」という現実だ。
さらには日本同様、女に社会進出の権利を与えたのに、 女は男性子供を養う義務は果たさないため、
男性は権利を一方的に奪われると言う形になり、女性に職を奪われたのに主夫として養われない
→結婚できない→女性も結婚できない→子供産めないの悪循環になっている。
ロシアは深刻な出生率の低さに追い討ちをかける形で この男性寿命の低さがあるため、ついに昨年1年間で人口が
「マイナス73万5000人」と言う驚異的な減り幅を記録した。これはさらに急速に拡大する。
「男性差別型社会」と言うのがいかに社会を破壊するかがよく分かるだろう。
しかしさらに問題なのは、どの国でも「男性差別」が原因だと言うことまで、 男性差別・女優遇でメディアや政府が口にできないことだ。
日本もロシアと似た男性差別型社会を構築しており、 ロシアに次いで女性と男性の寿命格差が大きいことからも、
社会が急速に歪んでいっているのがよく分かるだろう。



349 :名無しさん@社会人:2006/06/02(金) 15:11:42
すっかり育児疲れでやつれたセイジさん。ナイトウに体中の精液、血液、精力を吸い取られそうだと恐怖するセイジさん。そんな相手の事情も知らず、セイジサンにおむつをかえてもらうアサオ。

350 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 02:51:04
ナイトウに感化され、おそろいのピンクリボンとフリルエプロンでキメるせいじさん。

351 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 02:52:13
手をつないで登校するエプロン一枚のふたり。

352 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 02:54:32
このままではヤバいと感じ、京都の芹沢一也のところに緊急逃避行するセイジさん。とりのこされるアサオ。

353 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 02:55:54
キョドを呼び出し、幼児プレイの相手をさせるナイトウ。

354 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 05:52:21
>>348
その数字編集中にミスしたんだよ。
ドイツも正しくは73.79で女のほうが高寿命。
証拠(最初にこの文章が出たスレッド)
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149183762/

355 :名無しさん@社会人:2006/06/05(月) 16:37:31
疲れたので木戸は常野を呼んだ。反対ばかりして常野を追い払うナイトー。ひとり奉仕するキド。

356 :名無しさん@社会人:2006/06/05(月) 23:58:59
おむつをかえるついでにアサヲのセミナルを飲み干すキョド。

357 :名無しさん@社会人:2006/06/06(火) 02:52:35
キョドに何回しゃぶってもらったんやろ?

358 :名無しさん@社会人:2006/06/06(火) 17:33:41
リフレ派が、とうとう主張を弱めました。

リフレ派さん曰く:
>他にもやることは沢山あるが、それを
>うまくやるにも、そして当面の問題を
>解決するにも、まずリフレして、マイ
>ルドインフレに持っていくことが重要
>だと言っていた『だけ』
それなら、いいんだけど。

あと、マイルドインフレには賛成だけど、
デフレだからって、他のことに手を付け
てはならない、ってことにはならんだろ。
何某かの制約はあり得るが。

359 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 03:44:22
モレはセイジさんのオモチャ、キョドの遊び道具じゃねえ!!

と言い放ち、貴戸の世話を拒むナイトー。途方にくれるキョド。

セイジさんを追ってキョートに出かけるアサオ。

360 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 03:45:49
京都の芹沢宅にホームステイしながら、内藤に奪われた静止を一也に補給してもらっているセイジさん。
その最中に芹沢宅に乗り込むアサオ。

361 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 03:46:46
案外、芹沢がイケメンだったので、彼の血を吸おうとするアサオ。
止めに入るセイジさん。



362 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 03:53:21
セイジさんに介入されればあれ不思議、まったくいいなりになってしまうナイトー。
セイジさんのおもちゃであることに誇りをいだきつつ、どんどん幼児化してゆくナイトー。
純粋ぶってセイジさんの精液や血液をねらっているだけなのに、だまされてしまうセイジさん。
ビクーリしている一也。

363 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 07:31:51
 5日のベン・バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長に
続き、セントルイス連銀のウィリアム・プール総裁もインフレに
強い警戒感を示したと報道され、ダウ平均の下げ幅が一時、12
0ドルを超え、1万1000ドルを大きく割り込む場面があった。

364 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 11:40:12
やっぱりいっしょに東京で暮らそう、と再びフリルエプロン一枚に着替え、芹沢宅をあとにするセイジとアサオ。
ボーゼンとしている一也。

365 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 11:40:44
列車の中で白い目で見られながらも、見詰め合うふたり。

366 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 17:59:36
山形のような馬鹿とは、レベルが違いすぎるんだな。
これが、ハハハハハハハ

第四回「オープン・ソサエティ」
「生態系としての社会」
http://www.ntticc.or.jp/Exhibition/2006/OpeningSymposium/symposium04_j.html

池上高志(複雑系システム論/東京大学大学院総合文化研究科助教授)
佐藤哲(生態学/長野大学産業社会学部教授)
安冨歩(理論経済学,複雑系システム論/東京大学大学院情報学環助教授)
司会:芹沢高志(アート・プロデューサー,P3 art and environment主宰)

367 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 20:19:41
シューレにはきちがいしかいないな

368 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 20:30:00
>>367はヒステリックな共産主義者。

369 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 20:32:14
>>1 ネオコンとは違わん?
内藤ってリバタリアンかな?


370 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 20:33:07
ひさびさに明治大学に出勤する二人。
しかし、そこにはナイトウとセイジさんのソックリさんが勤めていた。
「なんですか、あなたたちはニセモノでしょう!」
「いや、わたしがホンモノのナイトウだ。ニセモノはモマエだ!」
「あれ、そっくりの人がいるもんですね。学生さんですか?」
「ちがう! わたしは本当のセイジさんです!」
はてしない口論をはじめるふたり二組の4人。
さあ、どちらがホンモノのナイトウで、誰が本当のセイジさんなのか?!

371 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 21:43:12
誰か、2ちゃん脳をなんとかしてくれないかな

372 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 21:43:47
↑ ん? これってホンモノの内藤さん?

373 :愛知の”管理”教育は存在しない組合とマスコミが構築したと論じた:2006/06/11(日) 03:01:02
『戦後世相の経験史』(桜井厚 編、せりか書房)の塚田守論文どうよ

374 :名無しさん@社会人:2006/06/11(日) 10:16:16
要するに…

時代は鈴木健
http://www.picsy.org/

375 :名無しさん@社会人:2006/06/11(日) 10:21:03
ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50
ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50

ウヨどもを完全に論破してやる!! 逃げるなウヨども!! 叩いてやる!!
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1146053626/l50


376 :名無しさん@社会人:2006/06/11(日) 14:48:04
リフレ派ちゃんの主張

>景気が良いときと悪いときとを比べると
>景気の良い方が必ずインフレ!

>景気が良いときと悪いときとを比べると
>景気の良い方が必ずインフレ!

>景気が良いときと悪いときとを比べると
>景気の良い方が必ずインフレ!

377 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 02:17:05
リフレ派ちゃん、賃金の下方硬直性はどこへいったの?
相対価格が変わらなければ何も問題はない、ってことも
分かってないの?

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/06/12(月) 01:10:33
>>247
デフレだと不景気になる理由をコピペした。
すべからくデフレは不況となる。

>まず社会全体で、購買力を無視した供給過多や、需要の極端な減少が起こって
>1)商品価格が引き下げられる。商品価格が引き下げられると
>2)作り手・売り手の利益が減り、利益が減った分だけ
>3)従業員の賃金が減る。従業員と家族は減った賃金で生活をやりくりしようとするため、なるべく
>4)商品を買わなくしようと努める(購買力の低下)。
>その結果商品は売れなくなり、売り手は
>1)商品価格を引き下げなければならなくなる。(また企業の利益が減ると雇用水準を下げようとするので失業者が増え、購買力が低下するとの見方もある。)

378 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 02:24:05
リフレ派ちゃん、曰く。

ある種のモデルで成り立つ

・デフレであればあるほど不況

という命題は、現実の経済でも
いつも成り立ってるそうだよw

379 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 03:39:02
ヘルスで働こうと思ってます・・・ http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/nuki/1145170052/184
184 名前: ヘル嬢志望子 投稿日: 2006/06/13(火) 03:10:03 ID:OeQV5qQxO
いろいろなアドバイス…ありがとうございます(´・ω・`) あの…少し自己紹介しても良いですか…?
私の両親は離婚していて、 父は障害者の手当てと生活保護をもらっており、 母親は無職の52才です。
私はスナックで月7〜10万円稼ぎながら奨学金(10万)で学費を払っています。
先日、久しぶりに母親に会ったのですが、ボロボロの服を着て、痩せこけていて、『奨学金…少しわけてもらえるかしら…』
と、奨学金の振り込まれる通帳を渡して欲しいと言われました。 もう、通帳はあげようと思います。 あのお金で母が楽できるなら本望。
なんか…もう、命が絶えそうなくらい弱っていて… 早く楽な生活をさせてあげたいんです… じゃないと栄養失調や、過労で倒れそうだから…
弱っている母を見て泣きそうになった。 でも学校には行きたい。 だから、風俗で働こうと思ったんです… 学費の…480万稼ぎたい… せめて240万…

380 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 18:40:33
ホンモノの証拠として、ホンモノのナイトウは自らの犬歯を見せた。3.5センチある。
それは、ホンモノのセイジさんの首の付け根にあるかみ跡とぴったり合った。
ニセモノのナイトウとニセモノのセイジさんには、3.5センチの牙もかみ跡もなかった。
周囲の人々は、ニセモノを非難し、ホンモノのナイトウおよびセイジさんを受け入れた!
ホっと胸をなでおろしたついでに幼児がえりするナイトウ。それを世話するセイジさん。

381 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 21:02:33
ニセモノを見事論破し追い払った記念に、2ダースのコンドームを消費するセイジとアサオ。
その後、ナイトウは乳児がえり。セイジさんはふたたび、精液・血液・精力をナイトウに吸い取られる日々。
そこに日常のおちつきを見出す二人。

382 :名無しさん@社会人:2006/06/14(水) 09:16:17
野口旭先生の言う通りね

------
>えっ?デフレで長期にわたってメリットを受け続けられる人なんているの?
それはいますよ。

o 現金たくさん持ってて借金がない人
o 給与が固定されていてクビになる心配のない人(公務員)
o 年金生活者。年金はインフレには連動して上がるのにデフレになっても下がらなかった

だからこそ、民主主義ではデフレから抜けるのがむずかしいわけで。
日銀が民意をくみとって「マイルドデフレを維持しまーす」なんてやっちゃあ
いけないわけです。今の審議委員はバカだからそんな感じで政策決めてるんですよ。

383 :名無しさん@社会人:2006/06/15(木) 20:30:13

バーナンキの背理と政府債務

飯田泰之先生のコメント
>長期的に貨幣が中立でない(紙幣を刷っても
>いつまでも物価が変わらない)としたならば,
>インフレ課税の弊害無しに貨幣発行益を享受
>できてしまう.極端に言えば札刷っていれば
>税金無しに国家が運営できてしまう

ここで飯田泰之先生が説明されいる政府発行の
貨幣の中には「国債」も含まれると思います。
もちろん、国債を発行しても、市中から集めた
現金を政府が使わなければ、政府による貨幣の
追加発行には当たりませんが、使うために発行
するのですし、現にそうしています

そこで疑問があります。現在のところ、日本は
政府の借金がかなり嵩んでいますが、なかなか
インフレにならないのはどうしてなのでしょう

評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」:
『リフレ派を批判した山崎元氏のその後』より

384 :安倍晋三が統一協会の合同結婚式に祝電を送りました:2006/06/17(土) 15:32:36
http://www.kobunsha.com/CGI/magazine/hyoji.cgi?sw=index&id=007&date=20060619
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2006-06-13/2006061314_01_0.html
http://espio.air-nifty.com/espio/2006/06/post_3aee.html
http://hamnidak.exblog.jp/
http://d.hatena.ne.jp/kamayan/
これでも稲葉スネ夫(公明民社)振一郎、とleleleは、
仲正昌樹に対する批判に対し「誹謗中傷だ」とのレッテルを張り付け、
てめえこそ誹謗中傷をし続ける、のですか?

385 :名無しさん@社会人:2006/06/20(火) 00:45:51
せーじさーんに中だし依頼するアサオ。コトの途中でドームをはずすせーじさーん。

386 :名無しさん@社会人:2006/06/20(火) 19:09:27
セージさんは自分のザーメンを哺乳瓶につめた。アサオくんに飲ませるためだ。
セージさんのザーメンのたっぷりはいった哺乳びんをうれしそうに飲み干すアサオ。
ニッコリしつつ、アサオに搾取されているイメージがちらつくセージさん。

387 :名無しさん@社会人:2006/06/20(火) 19:11:39
いやらしいのはイクナイと思ったので、フリルエプロンの下にピンクパンツと
ピンクブラジャーを身につけるセイジとアサオ。
以前よりももっといやらしくなったと嫌がる周囲。

388 :名無しさん@社会人:2006/06/26(月) 00:07:42
セイジさんにたくさん掘られてユルくなったアサオ

389 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 11:27:09
なるほど

390 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 12:58:27
この人、核つんだテポドンが海で爆破したとか書いてるけど、大丈夫?

391 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 22:15:11
>>390
核爆発の後には死の灰の入った黒い雨が降るはず。また、海に大量の魚の死体が浮かぶなどの現象をともなうだろう。

そういった情報のない段階で、核使用があったと決めるのは早すぎる。

安易にパニックをうながす情報を流さないほうがいい。

392 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 22:51:23
>>390-391
>これが核爆発かどうか、調査する必要がある。いずれにせよ、ここまで放置した者たちの責任を問う。
>(この時点から、今の時点までで、新しい情報がでていないので大丈夫そうだ。そうであった確率は、新しい情報が続かなければ、時間と共に低下する。しかしモニターし続ける必要はある)

一応はフォローしている。しかし、内藤の床屋政談はもはや読むに耐えんな。

393 :名無しさん@社会人:2006/07/15(土) 22:57:49
>>392
この人、こんなにいいかげんな人だなんて知らなかったよ。
そりゃ、トーゴーみたいなところにあわないはずだ。

>>391
変わった朝焼けというのは、単なる気象現象かもしれないもんね。

394 :名無しさん@社会人:2006/07/16(日) 08:03:39
核ミサイルの危険性もそうだが、青少年犯罪の危険性についても
もっと煽るべきだな。

395 :名無しさん@社会人:2006/07/16(日) 16:00:36
もっと政治的な発言をたくさんして「業界」から煙たがられて欲しい(^^)

396 :名無しさん@社会人:2006/07/22(土) 01:31:55
>そりゃ、トーゴーみたいなところにあわないはずだ

?どういうこと

397 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 10:39:27
あわないものはあわない。

398 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 11:34:22
経済学的に言ったら単に情報の非対称性で片付く問題でしかないな

399 :名無しさん@社会人:2006/08/11(金) 14:11:01
内藤のアンテナに、なぜニート・フリーターの若者叩きをくり返す
内田樹のブログや、2ch嫌いを公言してるのに(貴戸VSシューレ騒動に
絡んでスレの質が落ちる前とはいえ)2chのスレが?

400 :名無しさん@社会人:2006/08/12(土) 00:38:13
>>399
申し訳ないけど、正直
なにを言っているのか読み取れない文。

401 :399:2006/08/12(土) 01:21:06
>>400 
これは失礼。要は内藤のブログのアンテナを見てくれ。
内田樹のブログや2chの内藤スレが入ってる。
内田は上記のように普段リベラルぶってるけど、
こと若者論になると保守オヤジまがいの若者バッシングを
はじめる相当問題のある奴。そんな奴のブログをなぜアンテナに?
という事が一つ。
自身のブログでくりかえし「2ch風の書き込みは削除します」
と書いたり、常野を「2ちゃんねる風の利口ぶり馬鹿の論理」と
罵倒しながら、2chの(とっくに落ちた)内藤スレを
わざわざアンテナに入れているという謎。これが二つ目。

402 :名無しさん@社会人:2006/08/16(水) 05:23:31
お仕置きするため、もしくは情報収集

403 :名無しさん@社会人:2006/08/16(水) 18:06:35
えっ?!?
金融政策が実質金利にどう影響するって?

えっ?!?
金融政策が実質金利にどう影響するって?

えっ?!?
金融政策が実質金利にどう影響するって?

404 :名無しさん@社会人:2006/08/16(水) 18:46:11
>>403 言い換え

短期金利の将来経路に対する期待の変化が、
物価指数連動国債の利回りにどう影響すん
のよ?www

短期金利の将来経路に対する期待の変化が、
物価指数連動国債の利回りにどう影響すん
のよ?www

短期金利の将来経路に対する期待の変化が、
物価指数連動国債の利回りにどう影響すん
のよ?www

リフレ派、終わったな

405 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 02:55:53
この人の地域社会や友達を基本的にマイナス視する点は、優れて学校化されていると思う。

406 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 03:37:38
ドイツ賛美www

407 :名無しさん@社会人:2006/08/18(金) 15:34:09
>>405 
はぁ?どこが?

408 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2006/08/18(金) 15:43:15

             ∩      ∩
            //Λ_Λ  | |
            | |( ´Д`)//
            \      |
             |   /
       .ハ_ハ   /   /    ハ_ハ
      _('(  ∩   |__|    (  _)')
    / .ノ .ノ ̄ ̄ ̄ハ_ハ ̄ ̄ ̄(_,  (
   /  ノノ∪    ('(   )、_     \ヽ_)
  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヽ  ヽ  ̄ ̄ ̄ ̄|
    ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∪∪ ̄ ̄| ̄| ̄

409 :名無しさん@社会人:2006/08/29(火) 17:26:27
稲葉先生の冤罪

> なぜ、内藤さんは私を正面から攻撃しようとしないのでしょうか。
> 最初からヤマハの人事方針を知った上で本田先生を問いつめて
> いったのは私なんですよ。それに堪えかねてブログを閉鎖したのは
> 明らかでしょう。下手人は私です。稲葉先生ではない。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/08/post_2cf7.html

410 :名無しさん@社会人:2006/08/29(火) 17:27:26
443 :名無しさん@社会人:2006/08/29(火) 11:56:57

フマウォッチャー的には、どうな訳?今回のキャスト

稲葉:
濱口:
飯田:
フマ:
本田:
内藤:


444 :名無しさん@社会人:2006/08/29(火) 11:58:59

由紀が好きだ   by 夫馬

411 :名無しさん@社会人:2006/08/31(木) 22:08:12
なんかさあ、この人って、オタク好みの萌えキャラの男性版って感じだと思わない?

身長130センチでランドセルしょっていて、幼児体型のキャラ、みたいな。
ただし年齢42歳てのがすさまじい幼形成熟ぶりなんだがwwww

412 :名無しさん@社会人:2006/09/02(土) 22:15:26
意味不明

413 :名無しさん@社会人:2006/09/13(水) 10:25:30
【社会学】北欧礼賛の愚【男女不平等】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1157248456/

414 :名無しさん@社会人:2006/09/15(金) 23:25:37
内藤ってときどきとっても女の子っぽくてかわゆくない?

415 :名無しさん@社会人:2006/09/16(土) 02:30:12
意外にも熱し易い闘魂系の人だったんだね。もっとクールな人かと勝手に思ってたww

416 :名無しさん@社会人:2006/09/18(月) 20:38:49
S.Sのスレで女子高生ぶったカキコしてのはこの人?

417 :名無しさん@社会人:2006/09/20(水) 12:45:41
階段から転げ落ちた拍子にせいじさんと体が入れ替わってしまったアサオ

418 :名無しさん@社会人:2006/09/20(水) 13:20:35
>>417
ワラタ

419 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 20:40:49
>>418
キミにはアニメの教養があるね。

420 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 20:48:54
>>417のつづき。

元に戻ろうとしても戻れない。セイジさんとして振舞おうとするが、なかなかしっくりこないナイトウ。

421 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 20:49:47
どうしても、非常勤講師でフリーライターのわりには世慣れないで、子どもっぽくて、
えらそうにみえてしまうセイジさんの体のなかのナイトウ

422 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 20:50:29
かたや、落ち着いて謙虚ないい人になってしまうナイトウの体をまとったセイジさん

423 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 20:51:12
>>421
ゆえに白い目で見られたり、周囲の反発をくらうセイジ体のナイトウ

424 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 21:25:01
>>422
の長所もあるものの、地位のわりに威厳が足りないナイトウ体のセイジさん

425 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 21:35:45
なんとか元に戻ろうとするものの、どうしたらいいかわからない入れ替わったセイジさんとナイトウ

426 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 21:37:23
困ったので、ミヤダイに相談するいれかわりのセイジさんとナイトウ

427 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 21:38:05
二人の訴えを聞き、ふところから羊皮紙を取り出すミヤダイ

428 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 21:39:40
この羊皮紙に血でサインしろと言うミヤダイ。サインの内容は、
「イレカエカノウセイニビンカンニナル」
とにもかくにも試してみるナイトウ体のセイジさん、
セイジ体のナイトウ。

429 :名無しさん@社会人:2006/09/26(火) 21:40:18
そうしてようやくナイトウの心はナイトウの体に、
セイジさんの心はセイジさんの体に
戻りましたとさ。

430 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 16:46:04
渋谷で女子高生に抱きついて階段を転がり落ちて、入れ替え可能性を試すナイトウ

431 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 16:46:42
実験は失敗した。いきなり巻き込まれた女子高生にののしられるナイトウ

432 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 19:43:37
おわびの印にワンカップ大関を女子高生にすすめるナイトウ。
侮蔑的な目でアサオをにらんで立ち去る女子高生。

433 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 19:44:16
オレはエライと女子高生の背中にむかって叫ぶナイトウ

434 :名無しさん@社会人:2006/10/04(水) 19:45:51
コネをつかってアキヒトさんに連絡をし、ワンカップ大関を皇室御用達品にしてくれと頼みこむアサオ。
わたしひとりではどうにもならない。もしでききるとしても、根回しに最低1年はかかると返事するアキヒトさん。

435 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 11:48:22
>>390
情報操作に惑わされて、過剰反応したんだね。
ミサイル演習なんて北朝鮮だけではなく、米日合同演習もやっているし、フランス、イギリスなども
やっている。
それを、日米がミサイル演習をすると「実験成功」と報ずる。他の国については無視か小さな扱い。
だけど北朝鮮についてだけは大騒ぎして、北朝鮮をやっつけるノリを醸成している。そうしたマスコミのイメージ操作にこの人も乗せられたね。


436 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 12:34:50
ネガティブキャンペーンによるイメージ操作に気を付けろ

437 :名無しさん@社会人:2006/10/05(木) 18:01:20
>>436
そうだね。むつかしいことだけれど。
いろんな方面からの情報を手に入れて、多角的に検討することが必要だね。

でなきゃ、今度の首相なんてアメリカのいいなりになって北に何かしそうだもん。
もしアジアでアメリカのための戦争が始まってしまえば、若年失業者が軍隊に志願せざるをえない
状況が作られてしまうだろう。
モレは、市民団体や労働団体主催の勉強会、ナショナル・ジオグラフィックの英語版のイラクの記事
(日本語版ではこれは削られている)、英会話学校と古本屋主催の国際公務員の方の話を聞く集いなどで
、それに信頼できる国際旅行好きの友人など、大手メディア以外の情報源から、>>435の考えに至ったよ。

大事なのは乗せられることじゃない。なぜ乗せられたのか探ること。
それじゃあどうすれば乗せられないですむか考えること。
だから、学者っ子のナイトウは悪くないよ。


438 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 07:53:08
とはいっても、内藤がパニックをあおる情報をブログにUPしたのは事実だろ。

439 :名無しさん@社会人:2006/10/09(月) 08:23:24
今度はミヤダイと入れ替え可能性を試す内藤。
ミヤダイと一緒に階段の上から転がり落ちる。

440 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 23:55:02
子供の主体性や権利の尊重という美名の下で行われた戦後教育
で学級崩壊が起こっている。
実はこれは日本だけのことではない。
かつてはアメリカでも左翼系の学者が唱える
「生徒が悪いのではない、制度が悪いのである」
「すべての規制から解放すれば、生徒は生き生きと甦る」
「個人個人のニーズに合致させる教育」
「学年や教材や、時間割に縛られることなく自由に」
「従来のような画一的な学校体制を強いるのはよくない」
というような理念の下で行われた非管理教育だった。
その結果誕生したのは、アメリカ映画「暴力教室」に見られるような学校だ。
日本では銃は普通手に入らないし、覚醒剤もそう簡単には手に入らないから
、アメリカほど酷くはならないが、学級崩壊が起こっている。
で、1990年にブッシュ大統領は国家教育目標六項目を発表し、翌年には
「アメリカ2000教育戦略」として、「我が国を本来あるべき姿に戻すために」
というキャッチフレーズで2000年までに国家教育目標を達成するための戦略
を打ち出した。
それが、非管理教育を完全に否定したゼロトレランス政策(非寛容の政策)。
これをクリントン大統領が引継ぎ、「各学校は、規則を強化し、ゼロトレランス
方式を確立すること」を全国民に呼びかけた(クリントンコール)。

441 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 23:55:51
それによって数年のうちに学校の規律は回復し、見事に立ち直った。
少年の犯罪も減少し、最初に導入したワシントンのタコマ市では91年に殺人を含め二百件
あった暴力事件が92年には百件を下回った。
この年にさらにゼロトレランスを強化したところ、93年にはたったの4件、94年
3件と暴力事件が激減し、ほとんど皆無の状態になった。
この「ゼロトレランス」方式の方法と理念はこういったもの。

1、地区教育委員会は、細かい生徒行動綱領を示す。
各学校は、それに則り、その学校に適合するさらに細かい規則を整備し、その
ディシプリン(規律や罰則)をあらかじめ生徒、父母、コミュニティーに
周知し、徹底しておく。
2、自らの行動に責任がとれる年齢(小学校高学年以上)に達した生徒は、自ら
の行動に対し責任を持たせる。
もし規律・規則違反があれば直ちに罰を受ける。
その罰を体験し自分の犯した行為を反省し、自らで立ち直る。
3、ゼロトレランスの適用に関しては、厳正に、平等に行う。
日常の学業成績とか、特別の状況、理由、個人的な環境などによって適用が
偏向されないことが特に留意される。

442 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 23:56:51
で、ゼロトレランス政策は、生徒の問題行為に対しては、早期に指導し
、生徒に大きな過ちを犯させないことを最大の目的としている。

1、細かい規則に従って、プログレッシブに規律指導を行う。
すなわち、小さな規則違反のうちに軽い罰を与えて、早期に立ち直らせる。
決して大きな問題非行行為を起こさせるまで放置しないという配慮である。
2、この指導法は、大多数の善良な生徒に対しては、何の痛痒も感じさせていない。
事実、多くの善良な生徒にとっては、何の拘束感も持つことなく、明るく
学校生活をエンジョイできる環境となったているのである。
3、規則の制限内で個人の行動と自由が保障されるという、自由と民主主義
社会の原則を、学校生活の中で体験させるのである。

443 :名無しさん@社会人:2006/10/14(土) 23:57:21
現在のアメリカではロッカー検査を行う規定があり、管理職の教師は生徒の
ロッカーの鍵を持っていて、自由に開けられる。
朝の登校時に、通学バスを利用する場合は、待つときに必ず規律正しく
整列させる。
小・中学校においては、放課に子供が水を飲むときにおいても教師が監督し
て、きちっと整列させている。
ランチタイムに食堂へ入るときも、必ず教師の監督のもとに、廊下で座って
順番を待っている。
マーティンルーサーキング高校においては、登校時に、玄関の入り口に設置
されている金属探知機の前で監督の教師のもとに整然と並んで待っている。
特筆すべきは、廊下の壁面、天井の梁、ロビーなど生徒の目につく至るところ
に、人格的徳目や、道徳的フレーズが書かれている。
人格的徳目としては、自己規律、思いやり、責任、友情、勉強、勇気、忍耐、
正直、忠誠、秩序と規律、信仰など。

444 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:05:03
宮台信者絶滅祈願(^o^)=V

445 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:09:13
犯罪や虐めを「社会への抗議」みたいに主張するのはリベラルな人
の常套句だけど。

かつてのアメリカは、犯罪の理由の最大のものは、貧困という社会的な問題
だ、という考えが主流でした。
スラム環境や貧困の産物だと考えられていました。
しかし、1959年にデヴェール財団の三人の医師が調査をして公表した
「上流社会経済集団出身の青少年の反社会的行動」という報告書では、
たとえば少年犯罪一つとってみても上流社会の人間であろうが、スラム
の人間であろうが、犯罪率においても、犯す犯罪の種類においても違い
はなかった、上流社会の少年の場合、親が損害賠償金を払ったり、子供
を「私立学校」---実は私立の救護院---へ追いやったりするので、表
沙汰にはならずにすんでいるだけのこと、という結論でした。
また、リベラルの政治家が死刑を廃止し、犯罪が急増している時期にも
犯罪とは社会的圧力が欲求不満を生み、捌け口として犯罪や反抗が
行われる、という考えにもとづいていました。
しかし、1959年の報告書からすれば、この考えは疑わしい。

446 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:19:27
それが、その人間の持つ良心、というものになり、パーソナリティーの根幹となる。
これは何を言っているのかというと、要するにどこの国でも伝統的に子供に
対して行っている躾であり、理屈ではなく、悪いことは悪いと叱りつける
ことによって、理屈ではなく、その「悪い行為」と、 親の愛を失うかもしれない
という恐怖感、あるいは折檻への恐怖を結びつけて記憶させ定着させる、というもの。
叱られたこと自体は忘れてしまうかもしれないが、ある行為と結び付けられた恐怖
のイメージは残る。
だから、理屈でどう考えようとも、ある行為について実行することを考えただけでも
不快感、不愉快な感情が起こる、というわけだ。
セルフコントロールの能力はというと、まずこう考えてほしい。
人格ができあがっていない時期に子供の権利だとか個人の尊重だと称して箍をはずして
しまうとどうなるか。
生じる結果は二つで、公共性をもたない自己中心的な人間の誕生と、ルールに
沿うということを免れることで、感情の激発を抑制する能力が欠如した人間が
生まれるということだ。
言い換えるとこれは「ブチキレ」る人間を生むということ。
なぜかというと、人間というのはある行為を強いられると、ストレスが生じる。
ストレスが生じたときに人間の脳は抗ストレス性のホルモン分泌を促す。
このホルモンは、分泌作業が繰り返されるほどに、器官機能が向上してより多くの
ホルモンを分泌するようになる。

447 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:20:00
つまり、適度なストレスを与えてやることによって、ストレスに耐性を持った子供
、セルフコントロールできる子供になるというわけ。
これを加味して考えると、子供の権利だ、平等だとして、ルールをはずし、強制
することを悪だとして排除していけばどうなるのかが、より明確になるはず。
ストレスに耐性を持たない子供が、よりストレスのかかる社会に出た場合、そして
もし、それまで経験したことのないような大きなストレスに直面したらどうなるか
ということを考えれば、人格の形成されていない子供たちを、権利だ自由だと野放し
にすることの具がわかるはず。
授業中に歩き回ったりする子供、おしゃべりをやめない子供の発生というのは
その結果かもしれないし、そのような状態で教師が注意しないということが、自分を
抑制できない子供を生んでいるともいえる。
またこれは、社会性の最大の要素、プライベートとパブリックの区別を子供たちに
認識させることを教師が放棄しているとも言える。
自分を抑制する能力が未熟で、公のルール意識が希薄、自分以外の者のことを考えず
欲求のまま行動する子供。
このような傾向が犯罪率に大きく関わってくるのは普通に考えてもわかるが、以前
毎日新聞の科学欄で、裏づけになるような記事があった。
人間のIQには何種類か存在するが、それらを束ねる要のIQというのがあるそうだ。
これは人間の前頭葉の発達に関わっている。

448 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:20:38
そしてこのIQと、犯罪率や一つのこと(仕事など)を根気よく続けられるか否か
、ということが深く関わっているのだという、IQと社会性の関係についての研究を
紹介したものだった。
で、問題のIQが低いと、反社会的になるというのだが、前頭葉の特定部分の成長を
促し、問題のIQを育てることに重要なのが、幼児期の親の躾、ルールに適応させる
訓練である、という内容のものだった。
前頭葉と社会性の関連でもう一つ言うと、最近の少年犯罪などを見ていると、被害者
の心に対する想像力の欠如というものを感じるが、前頭葉はその能力を担っていると
いうこと。
理屈で道徳を諭しても「他人の心に対する想像力が欠如した人間になっている可能性もある」
と先に書いたが、そういった人間になるのを避けるためにも、このことは重要だろう。
もちろん、このような教育的な問題だけで、社会がバラ色になる、などと能天気なこと
は考えていないが、良い社会を生み出すために最低限必要な一つの要素だと思う。

449 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:26:40
人間は人間として生まれるというよりも、教え躾けることで人間となる。
それが人間的社会性を持つ、ということ。
社会性のある人間に育てるのに一番大切なのは、幼児期の親の対応。
次に始めての社会ともいえる学校での教育。
こういった過程で鍵になるのがセルフコントロールの能力を養うということ。
もう一つは、道徳観、その人間の良心と言ってもいいが、これは幼児期の
親の育て方が決定的に大切だと、心理学的にもいえるし、セルフコントロール
の能力を養うことも同様だということが、大脳生理学なんかの知見や、最近の
IQと社会性の関係についての研究でも言えそう。
道徳を教える、といっても、裏打ちとなる信仰のない日本人にはどう教えていい
のか戸惑う面があるかもしれないが、ただ標語的に人を傷つけては
いけないだとか、理屈で教えてもあまり意味がないように思う。
自分がやられて嫌なことは他人にするな、と諭してその時には子供を納得
させられても、成長するにつれて、嫌だと思う感性が人とズレるかもしれず、
他人の心に対する想像力が欠如した人間になっている可能性もある。
心理学では、幼少期に育まれる道徳的な観念、これを「超自我」という

450 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:48:21
今度はミヤダイ、せいじさんと3人で入れ替え可能性を試すナイトウ

451 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 00:49:58
3人はいっせいに呪文を唱えた。
「チェインジング・ポシビリティ」
ナイトウはミヤダイに、ミヤダイはせいじさんに、せいじさんはナイトウに
体が入れ替わった!


452 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 01:27:36
極端になるが、左翼教育の象徴として。

小林秀雄は「考えるヒント」(新潮社)で某中学教師の手記にある次のような事件
を紹介している。
クラス討議の時間、先生が議題の「教室であばれないやうに」について、「教室
で、あばれては、何故いけないのか」と生徒に問う。
生徒は「教室は勉強するところだからです」「あばれたければ、校庭に出れば、よい」
と答える。
先生は「校庭では、無論、あばれてもよい。しかし、教室では何故あばれてはいけない
のか」と重ねて問う。
生徒は混乱して騒然とし、一人が「常識ぢゃないか」と言ったのを聞きつけた先生は
続ける。
「常識?常識って何だね。そんなわかったやうな、わからないやうな、いいかげんな
ものは信じられないね」
「議長ッ!」と手をあげた生徒が言う。
「教室で、あばれると、窓ガラスや机や椅子をこはすからいけないのです」。
これに対して先生はこう答えた。
「うん、なるほど。だが、何故、窓ガラスや机や椅子をこはしてはいけないのか。
君たちはあばれたい。それなら、ちょっとあばれるとこはれるやうな安物のガラス
を、何故入れて置くか、と考えないか」先生は窓ガラスを指で弾いて言う。
「こんなやくざなガラスを入れたのは誰か。やくざな政治家だ。政治が、なっていないのだ」
それ以降、生徒は教室で暴れ放題に暴れることを、決して止めなかったという。
「「悪魔祓い」の戦後史」稲垣武

453 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 02:00:42
極論すると教育改革で今必要なのはスパルタ手前の躾だよ
どう論を並べたところでとりあえず恐怖で縛らない限りガキは従わない
これが現実、理を並べたところでガキには聞く耳も解する頭も尊重する気も
ないんだからね

454 :名無しさん@社会人:2006/10/15(日) 08:26:31
集団・全体・封建主義的体質が目立つ日本の教育
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1160808380/l50

元ネタ

455 :名無しさん@社会人:2006/11/04(土) 17:51:49
このごろ歳のせいかナイトウはうるおいが足りない。
処女の生き血を飲むとよいと小耳にはさみ、キドの血を吸ったが改善されない。
せいじさんは棒の先に透明のスライム状の物体・潤滑用ゼリーをてんこもりにした。
そうするとスムーズに挿入できた。

456 :名無しさん@社会人:2006/11/05(日) 04:53:46
情事の後、ジェルのかたまりが目をつくり、口を描き、言葉をしゃべった。
「ミルクちょうだい」
せいじさんとナイトウとの間にできた子どもは、スライムだった!!

457 :名無しさん@社会人:2006/11/12(日) 14:01:39
菊の門でせいじさんをくわえつつ、スライムに乳を飲ませるアサオ

458 :名無しさん@社会人:2006/11/16(木) 16:24:24
キドの菊門に入れてしまうナイトウ

459 :名無しさん@社会人:2006/11/19(日) 23:45:57
ホームレス系ファッションにも、スーツ系ファッションにも飽きたアサオ。
次はくさった死体風ファッションでキメるナイトウww

460 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 05:36:36
mixiの某コミュで見当違いなコメントしてたのにワロタwwwwwwwwwwww

461 :名無しさん@社会人:2006/11/20(月) 22:11:40
>>460
まあそこが“学者子ども”のかわいいところですよ。


462 :名無しさん@社会人:2006/11/21(火) 17:51:45
>11月17日(金)日本経済新聞夕刊 夕&Eye
>学校で今何が   STOP! いじめ
>八谷信夫(悪役商会代表) いじめるヤツほど弱い
>矢部美穂(タレント) 苦しさ理解し減らして
>多賀谷篤子(東京都教育相談センター主任教育相談員) いじめた子の心も知る
>内藤朝雄(明治大学文学部助教授) 2つに大別 それぞれ対処

読み逃してしまった。どなたか日経とっている人いますか?
感想お願いします。

463 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 07:34:37
>462

ここに出ています
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/

464 :名無しさん@社会人:2006/11/22(水) 12:42:15
【いじめ】「加害者」からの相談も急増
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20061121k0000e040065000c.html

>「本当はいじめをやめたい」
まず嘘を付くのをやめるべきだ

>「悪いと思うがやめられない」
精神鑑定が必要だ

>「相手が自分より弱いと思うと安心する」
矮小な存在である証だ

>「以前いじめられた仕返し」
チンピラと同じレベル

>「仲直りの仕方が分からない」
悩む前に振り上げたこぶしを降ろせ

465 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 00:26:27
で?

466 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 07:59:46
モレならこう答えるな。

>いじめる理由は「悪いと思うがやめられない」

それじゃあ学校をやめなはれ。せめて2,3日でも休んでみては?

>「相手が自分より弱いと思うと安心する」

次にやられるのはオマエだ。迷信や共同幻想など振り捨てて連帯しろ。

>「以前いじめられた仕返し」など。
腹が立つのもわかるが筋違いだ。直接いじめたヤツにやりかえせ。
それも合法的に。弁護士・警察に相談しろ。

>「仲直りの仕方が分からない」と関係修復の方法を尋ねるケースもあるという。
相性が悪いのはどうしようもない。離れたほうがいい。
そもそもそれほど仲がよかったのか? いったん悪い印象与えたり信用なくすと
あとにひびくぞ。互いに生理的嫌悪感・根底的違和感・反感が強いときに近づけば、一触即発。
とにかく離れなさい。孤独に耐えるか別の人とつきあいなさい。



467 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 12:09:41
>>466
さっぱりしてていいね。
集団から一端離れてみると、集団の中で人間関係にあくせくして
我を失っていたことに気づくことがあるもんね。

468 :名無しさん@社会人:2006/11/28(火) 12:28:32
↓ 単位制高校の教員さんがいじめについてブログでとりあげておられる
http://blog.goo.ne.jp/kmasaji/e/40811683db75f8699a7ade3f092f78cd

このへんも参考になるのでは? 定時制・通信制・単位制などに勤務経験のある教員は、
今の言葉で言う「社会的排除」をされている人々との接し方がうまい。
それとも関連して、いじめの問題についても、セントラルなスタイルの学校から距離をおいてこそ見えるものがあるようだ。


469 :名無しさん@社会人:2006/12/14(木) 13:45:19
自由と解放を主張して独裁政府と闘って弾圧され、生活の自由を失うより、
独裁政府に媚びたほうがその恩恵に与って出世し、特権を得ることができ、
生活も楽になり、民主解放化運動に与するよりも結果自由を手にできる。

個人の効用としては独裁政府に媚びるほうを選択させるのが現実的であり、
個人に民主主義思想を吹き込む反体制活動は、個人から生活の自由を奪う
無責任な理想主義思想であるとして罵る。こういう論陣を張って民主化運動
を徹底的に叩く独裁政府下の御用知識人がいてもなんら不思議ではない。

470 :名無しさん@社会人:2006/12/23(土) 12:35:41
内藤さんが今度「いじめと現代社会」って本出すらしいね

471 :名無しさん@社会人:2006/12/23(土) 23:04:40
このあいだの丸劇無料放送をちらっと見た。
内藤はやはり思ったとおりの学者子どもタイプだった。
おまけに万能系でもあった。

だけど、いいんじゃないか。子どもっぽい頭のやわらかさもないと研究できないだろうし。
世の中はヴァージンぽさや自信・ヤル気・積極性などを求めるものだ。
そうした性質を表に出していけないということもないだろう。
だいたい、適度に自信過剰だったり、上手な方法で万能感かもし出すのも処世術のうち、ってところあるし。
そうでないとこなせない仕事も社交もあるんだろうよ。

472 :名無しさん@社会人:2006/12/24(日) 17:47:32
内藤さんはどんなイヴを過ごすの?
奥さんと燃えるの?

473 :名無しさん@社会人:2006/12/24(日) 21:36:01
奥さんの名はせいじさん? それとも岩淵さん?

474 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 08:00:11
あのヴィージンみたいなナイトウに奥さんがいるとわ驚きだな

475 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 08:00:50
ヴィルジネな伊藤w

476 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 12:39:47
まさか奥さんも学者子どもタイプだったりしてww

477 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 15:39:11
そして二人の子も……?

478 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 15:45:34
嫁・婿も?

479 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 15:48:02
孫も?

480 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 16:55:18
こどもなんているのか?

481 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 17:38:42
こどもがこどもを産めるのか?

482 :名無しさん@社会人:2006/12/25(月) 17:49:20
学者子どもっぽい別の家と閨閥を形成してしまう内藤

483 :名無しさん@社会人:2006/12/26(火) 14:00:34
奥さんに服を着せてもらい、くつのひもを結んでもらっている内藤

484 :名無しさん@社会人:2006/12/26(火) 14:03:35
「知らないおじさんについていっちゃダメよ」と奥さんに言われるアサオくん

485 :名無しさん@社会人:2006/12/27(水) 20:19:30
内藤のブログって・:・・

486 :名無しさん@社会人:2006/12/28(木) 12:06:24
映画の趣味がとてもいいね。

487 :名無しさん@社会人:2006/12/28(木) 13:22:16
内藤って映画好きなの?

488 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 00:10:56
ロリータみたいなのが?

489 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 12:23:37
幼児プレイは大嫌い

490 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 12:26:08
京風大学生あんちゃんの血を吸ったあとは沖縄で何をするの?

491 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 17:06:44
なんかコメント消されてるんだがw

492 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 21:08:21
今日本の西南の辺境地帯に滞在中の方かな?
関東弁ベースのときどきリズム崩しの京言葉がおかしい人でしょ? 吉田さんちのお孫さんの。

せっかく書いてくれはったのに、ごめんなさい。あの記事、いったんは取り下げなければ炎上されると大変なので、
記事を消すついでにコメントも保留にしてあるの。
赤木タンが言ったことについて話されているのかどうか、すぐに確認できないし、
複数の問題がタコ足配線になっているのをほぐすのもめんどうくさくてイヤになっちゃって。
それに、別のブログのコメント欄で、要約や解釈の微妙な違いとはいえ、
わたしが言っていないことが言ったことにされてレスされたコメントさえあって、
頭がパニックになりそうだった。だから冷却期間置こう、そのあいだに議論の立場とか、
過去の赤木の議論を見直して整理しようかとも思って。
それから、組合の話を〆なきゃならない。単に不満で終わるとよくないから、
最後はなんとか前向きの話にする予定。

別にペリフェたんにうらみがあるとかいうのじゃないので、心配ご無用。
長いつきあい(?)だからペリフェたんのだけは残してもよかったんだけど、
そうすると別の保留したカキコと不公平になるから。




493 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 22:56:27
>>492
>>492
>>492

494 :名無しさん@社会人:2006/12/29(金) 23:56:04
たん とかマジきめぇしww

495 :名無しさん@社会人:2006/12/30(土) 06:45:35
スマソ。だけど、別にペリフェラルさんの舌を抜いて焼いて食べるわけじゃないよw


496 :名無しさん@社会人:2006/12/30(土) 10:02:19
本人?

497 :名無しさん@社会人:2006/12/30(土) 11:14:19
さあ?
くさった死体が腐ったビーフンソースを食べた日記は見たけどw

498 :名無しさん@社会人:2007/01/01(月) 00:13:01
あけましておめでとう

499 :名無しさん@社会人:2007/01/01(月) 00:25:01
あけましておめでとう。
今年もアサオくんが歳をとらない年になりますように。



500 :名無しさん@社会人:2007/01/01(月) 00:30:13
あけまして、宮台真司刺殺祈願(^o^)=V

501 :名無しさん@社会人:2007/01/01(月) 06:44:44
永遠の子ども的なもの! この肯定的なものよ!!
今年も内藤が永遠に子どもらしくありますように。

502 :名無しさん@社会人:2007/01/01(月) 06:47:01
ない党予報

今年のない党地方にはたくさんの子どもが降るでしょう。
ない党が政権をとった自治体では、たくさんの子どもが死なずにすみ、
もっとたくさんの子らが生まれてくるでしょう。

503 :名無しさん@社会人:2007/01/02(火) 08:04:39
せいじさんと同じおふとんで寝てプラトニックな関係している内藤

504 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 16:06:34
せいじさんといっしょにドライブする内藤

505 :名無しさん@社会人:2007/01/10(水) 21:06:57
せいじさんなら知っているおじさんだから奥さんの指令にそむいたことにならないと
胸をなでおろすナイトウ

506 :名無しさん@社会人:2007/01/12(金) 13:15:23
>カンヅメ生活はとうぜん独りなのだが、途中から客人がくることになりそうだ。悪友の某大学助教授。
>「正月にどこもいくところがないから、行っていい?」とさびしげな声で電話してきたので、友としては断わる理由はない。

さびしげにせいじさんに甘えてしまう内藤



507 :名無しさん@社会人:2007/01/12(金) 20:59:10
年末年始はせいじさんと那覇で同棲。
奥さんに重婚罪で訴えられない?w

508 :名無しさん@社会人:2007/01/12(金) 21:57:54
奥さんも居場所じゃない。
正月どこにも行くところのない内藤。

内藤の居場所はせいじさんだけ。


509 :名無しさん@社会人:2007/01/12(金) 21:59:11
あれほどたくさんの大学生あんちゃんとつきあいながら、
誰も居場所ではないーー後藤さんさえも!!

これは驚き。後藤さんなんてミキシーのメッセージの文体がほとんど内藤みたいに
なってるの送ってきたりするほどなのに。

やっぱりほかにやることがあるから??

510 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 07:13:14
ナハでこしぬの一枚ですごすナイトウ

511 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 11:09:42
自分で腰布を上手に結べない。そのためせいじさんに結んでもらうために
さびしげな声を出す内藤。
友として断る理由はないので、いかにもはらりと落ちそうに見えるけれど墜ちないように
ゆわえてあげるせいじさん。

512 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 11:10:29
せいじさんはナイトウよりも長生きしないといけないね。
でないとナイトウさん、居場所がなくなって死んじゃうよ。

513 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 11:12:03
スモールライトで3歳児のサイズに縮めてもらうナイトウ

514 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 11:12:46
その後、本田さんの養子になりたいと申し込むアサオくん

515 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 11:13:34
由紀タンに養子の件を断られて居場所のないナイトウ

516 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 11:14:26
さびしげな声で「居場所がない」と訴えるナイトウ。
友として断る理由はないため家にナイトウが来るのを許すセイジさん。


517 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 15:01:16
さびしげな声で「せいじさんがお父さんだったらよかったのに……」
と言ってしまうアサオくん。
「いいよ、それじゃ養子縁組する?」
と答えるせいじさん。

518 :名無しさん@社会人:2007/01/14(日) 15:02:17
「ボクがかわゆくて魅力的だから、自分の子や自分のものだっていやらしいことしたりしない?」
とたずねる内藤。
「しない。絶対しない」
と言うせいじさん。

519 :名無しさん@社会人:2007/01/15(月) 05:03:42
安心して気がゆるむとそのままカクーンと寝入ってしまう内藤。
おふとんをひいてそのなかに入れてあげるせいじさん。

520 :名無しさん@社会人:2007/01/16(火) 10:09:58
そのうち大きくなって12歳サイズの体になったナイトウ。
色っぽいものを感じて赤面するせいじパパ。

521 :名無しさん@社会人:2007/01/16(火) 10:11:58
「もう大きくなってきたんだからこれから腰布を自分で結びなさい」
というせいじパパ。
「第二次性徴だから?」
とききかえすアサオくん

522 :名無しさん@社会人:2007/01/16(火) 10:14:02
おませのアサオに戸惑うセイジさん。
「育て上げじゃなかったら、色づいていい?」
と聞いてしまう学者っ子・ナイトウ。

523 :名無しさん@社会人:2007/01/17(水) 06:23:03
mixiの画像、地味に変わっちゃったね。
あれは大人っぽく見える。

524 :名無しさん@社会人:2007/01/17(水) 10:18:44
>>523
上半身だけのショットでしょ。禁欲修行のイメージがよく出ているw

525 :名無しさん@社会人:2007/01/18(木) 00:44:53
ここに書くことじゃないと気づいた。これからは別の場所で書くことにするか。

526 :名無しさん@社会人:2007/01/18(木) 21:12:29
このスレは終了!

527 :名無しさん@社会人:2007/02/21(水) 14:22:20
本スレ落ちたん? 岩淵さんのカキコが見れんもんでさみしぃ

178 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)