5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本社会をダメにした終身雇用制・年功序列制

1 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 13:12:14
昭和初期の「1940年体制」において、
特に大企業・上場企業の慣行として確立された終身雇用制・年功序列制。
結局、この慣行は、企業サイドにとって都合のいいものである一方で、
従業員サイドにとっては、必然的に「社畜」であることを強要されるものとなっていった。
「安定した収入」と引き替えに「組織のイヌ・奴隷」として一生を捧げる。
結果として、日本人は、西欧人のような「個人主義的精神」を持ち合わせることが困難となった。
はっきり言おう。日本社会をダメにしたのは終身雇用制・年功序列制である。

2 : :2005/10/31(月) 14:51:47
>>1
折れもそう思う。
日本って、社員の若い時の賃金が他の先進国と比べてやたら安いのは
退職金の積み立てのためにかなり差し引かれてるからなんだよな
で、長く働かなきゃ「損をする」システムになってるんだよね。
あるいは転職をしたりすると「損をする」システムになってるんだよ。

新卒採用年齢も24歳までとか採用に年齢制限をやたら設けるのも
転職をスムーズにさせないためだろうし

3 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 14:56:07
大学はどうよ

4 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 15:08:33
日本社会をダメにしたもの

第一位 マスコミ(テレビ・新聞) 記者クラブ
第二位 金融
第三位 教育(リテラシーレベル低すぎ)

5 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 15:26:53
>>1
カレルヴァン・ウォルフレンの本を読んだとき
そんなニュアンスのことが書かかれてたな
ウォルフレンの本って読むとへこむんだけど、
それは、それだけそこに書かれてる事が真実だからなんだよな
K団連の連中をあれだけ怒らせたのも後にも先にも彼ぐらいじゃなかろうか

6 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 16:20:09
軽団連、そんなに怒ったの?

7 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 19:43:19
「和をもって貴しとなす」と聖徳太子が言ってから、日本は集団主義の国となりました。
ウォルフレンを含めて日本人論をいろいろ読みましたが、
この集団主義が日本人を他国と特徴付けるものの根幹にあると思います。
なぜ国家戦略が無いのか。なぜ政治家が蔑まれるのか。なぜ政権交代が無いのか。
なぜ治安が良いのか。なぜ国民が善良なのか。なぜ昔から教育程度が良かったのか。
なぜ他のアジアと違って近代化できたのか。なぜ第二次大戦が避けられなかったのか。
なぜ、戦後、高度成長できたのか。
ほとんどの特徴がそれで説明できます。
集団主義は日本の愚かさの源泉であり、強さの源泉であります。
農村部に残っていた集団主義は、農村部の崩壊で農村からは消えていきましたが、
終身雇用の企業の中に受け継がれました。
平安時代から続いてきた集団主義はバブル以降、終身雇用の崩壊とともに消滅しようとしています。
集団主義がなくなるということは、日本という国が欧米や中国や朝鮮と同じ普通の国になるということです。
それが良いことなのかどうか私にはわかりません。

8 :多岐山やよひ:2005/10/31(月) 20:18:15
子育てなど、金のかかるときに多くの給与を与えるのは
国家の安泰に直結します.
問題なのは、そのためのカネが能力ある若者の賃金から差し引かれてきたという
現実です.

9 :名無しさん@社会人:2005/10/31(月) 21:05:43
終身雇用制・年功序列制を守れ!
と、叫びまくっている中高年左翼が多い件。

10 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 01:11:42
戦前は国 の臣民
戦後は会社の社畜
日本人は常に何かの奴隷になるよう、
自己犠牲的に生きることを強いられてきました
そろそろ国や会社のためじゃなく、自分のために生きるべき時です

11 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 01:55:44
この際だからレスさせてもらいます。

N支店長
2ちゃんツールなんかの予算を申請してくるなら、他のことに使ってほしい!
O部長
それを即時決済して私に設定させるのはやめてくれ!
I殿下
いつもそうやって高見の見物を決め込んで、高笑いしながら、大いにやりなさいというのはやめてくれ!
それでいつも負けてるのでしょうが!
N支店長
昔のあなたはそこそこ尊敬してたけど、今のあなたはただの見栄っぱりにしか映りません!

            〜アイエスガステム株式会社〜

12 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 02:08:16
 トヨタは終身雇用制を事あるごとに強調してる。
世界の名だたる企業は殆ど終身雇用制。
それなくして、どうやって家のローンをくめるの?
これは旨くいけば、社会の繁栄を約束するんだよ。


13 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 11:29:53
>>12
おいおい、家のローンなんて、
まさに人間を社畜にさせるための典型的ツールじゃないか。
いったん、35年ローンを組ませてしまえば、
あとは、会社の奴隷としていくら酷使されても、辞めるに辞められなくなる

14 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 14:18:32
>トヨタは終身雇用制を事あるごとに強調してる。

期間従業員を常に募集しているが?

15 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 14:27:37
【さあ改革だ】お役所の終身雇用【ぶっ壊せ!】
http://money4.2ch.net/test/read.cgi/seiji/1126441760/

自分の考えた制度改革を党に投稿するクマー!
ttp://www.jimin.jp/jimin/main/mono.html

16 :名無しさん@社会人:2005/11/01(火) 14:31:11
>>12 最近はイメージアップのためのただのポーズだよ。
これから業績が悪化したときに、リストラさ

17 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 01:02:28
折れさ、最近ドイツ人とフランス人と最近話す機会があって、ちょろっと
会話したんだけどさ、彼らって日本人よりやっぱ圧倒的に民度高いわ

18 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 14:09:41
じゃあイギリス人はどうなん?
ttp://pws.prserv.net/metha/lflat4.htm

19 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 14:12:12
しかし、そんな脳天気な議論をしている人達(主に、机上の理論しか知らない経済学者と世間知らずのお役人の方々)は、
一体この「素晴らしく流動性の高い労働市場を持つイギリスの現状」をご存知なのでしょうかっ!?

この「気軽に転職できちゃう環境」のもとでは、決してプロフェッショナルな人間など育たないのです!
少しでも高い給料、良い条件のところがあれば、後のことなど考えずさっさと転職するイギリス人。
今の仕事でうまくいかなくなったらさっさと辞めちゃうイギリス人。
やつらはそれを「キャリア・アップ」だなどとのたまっているのです。
自分さえ良ければ後のことなどどうでもよいのです。



20 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 14:56:38
>>19 素晴らしいじゃん>イギリス人

21 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 15:00:44
労働市場の流動性が低いことを喜ぶのは、
企業サイドだけだろうな。

22 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 16:11:54
 欧米のパートタイム労働者の労働条件比較

イギリスでは、パートタイム労働者の労働条件については、労働法上の一般原
則に従うこととされている。ただし、雇用保護法の適用については勤続年数の要件が
存在するため、勤続年数が比較的短いパートタイム労働者、有期雇用労働者等につい
ては適用されないことが多い。アメリカにおいても、パートタイム労働等の賃金等に
ついて特段の法律は無い。
 
 ドイツ、フランス、オランダでは、法律によってパートタイム労働者等につい
ての均等待遇原則があるので、様々な権利をフルタイム労働者と平等に有することと
されている。すなわち、不当解雇からの保護等の労働者の基本的な権利に関しては労
働時間の長さに関わらず保護され、また、賃金、諸手当等については比較しうるフル
タイム労働者と比べ時間比例的な処遇が保障されている。


23 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 19:32:33
ジェフグルメカード

吉野家 神戸らんぷ亭 なか卯

デニーズ ガスト ジョナサン ロイヤルホスト
フォルクス 不二家レストラン バーミヤン

ケンタッキーフライドチキン モスバーガー

安楽亭 和民

24 :名無しさん@社会人:2005/11/03(木) 00:42:25
日本社会をダメにしたkei団連

25 :名無しさん@社会人:2005/11/03(木) 19:53:34
up

26 :名無しさん@社会人:2005/11/06(日) 02:21:27
、、、

27 :名無しさん@社会人:2005/11/06(日) 03:22:18
i::::::::/'" ̄ ̄ヾi
           |:::::::| ,,,,,_  ,,,,,,| 
           |r-==( 。);( 。)   
           ( ヽ  :::__)..:: }  
        ,____/ヽ  ー== ;  ほほう それでそれで?
     r'"ヽ   t、   \___ !
    / 、、i    ヽ__,,/
    / ヽノ  j ,   j |ヽ 
    |⌒`'、__ / /   /r  |
    {     ̄''ー-、,,_,ヘ^ |
    ゝ-,,,_____)--、j
    /  \__       /
    |      "'ー‐‐---''


28 :名無しさん@社会人:2005/11/15(火) 17:30:34
ジェフグルメカード

吉野家 神戸らんぷ亭 なか卯

デニーズ ガスト ジョナサン ロイヤルホスト
フォルクス 不二家レストラン バーミヤン

ケンタッキーフライドチキン モスバーガー

安楽亭 和民


29 :名無しさん@社会人:2005/11/17(木) 00:43:37
イワタニプリムスのP-131。

ちょっと大きめのケトルで30分程超弱火(消えそうなギリギリのとこ)でお湯を暖めてたんだ。

で、使い終わったあと(十分冷めてから)三本あるゴトクの一本目をたたもうとしたんだよ。
その時すぐ気づけばよかったんだけど、いつもより抵抗があった訳。でもその時は気づかなかったから、
そのまま力こめたらたためたの(今思えばその時クニャって感じの変な感触があったんだが…)。

それで二本目畳もうとしたのさ。これはさっきよりも抵抗があって堅かったんだ。でもさっきのは力こめ
れば畳めたもんだから、同じつもりでグイっとやった訳。

そしたらメリって二本目のゴトクが根元の溶接部分からもげたんですw なんつーかあのショックはなんなんですかね…

三本目を良く見るとなんと説明したら良いんだろうか、多分ゴトクをロックする機構のとこが熱で(それ
以外に考えられない、今のところは)動きが悪くなっていて、本来軽い力で外れるところがかなりの力
をこめても動かない。

んで最初にたたんだ一本目見てみたらwあぁやっぱり根元がぐらついてる。

金属だから変な加熱だとこんなことになるもんなのかな。
軽量化で無駄を省いてるのは分かるけどバーナーのヘッド部分に一点溶接だと強度はこんなもんなのでしょうか。


30 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 12:23:05
11月21日(月)放送
ダルデンヌ兄弟
若者へのまなざし

今年のカンヌ映画祭で最高賞パルムドールを受賞したベルギーの映画監督・ダルデンヌ兄弟。
失業から抜け出そうともがく少女の格闘を描いた「ロゼッタ」。息子を殺された父親と加害少
年との予期せぬ出会いと葛藤を描いた「息子のまなざし」。一貫して社会の底辺に生きる若者
を描き高い評価を得てきた。「ロゼッタ」に続き2度目のパルムドールに輝いた新作「ある子
供」はいわゆるニート青年の虚無と成長を描き、「若者と仕事」という兄弟の最大のモチーフ
を深めた作品。「仕事を抜きにして人間は社会とのつながりを構築し得ない」と言い、それを
大人が子供に伝えることの難しさと大切さを伝えたいというダルデンヌ兄弟。来日の機会を捉
え、そのメッセージをキャスターインタビューで聞く。


31 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 15:38:39
>>1
正論すぎて議論にならんな。

32 :名無しさん@社会人:2005/11/22(火) 18:07:39
「プロジェクトX」のエピソードの大半は日本的雇用システムの賜物

33 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 16:31:07
日本的雇用システムに関しては誤解が多すぎて話にならん。
ウォルフレンにしてもまともに現状を理解せずに
思い込みで書いてるからああなる。
色眼鏡で見てるやつは何を見ても色つきだよ。


34 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 16:34:16
まず、長期的雇用慣行と、年功的賃金制度というのは
国外にもある。しかも国外において非常に競争力のある
「エクセレントカンパニー」に非常に多く見られる。

この時点で「日本特有のシステムでこれこそが日本をダメにした」
などというトンデモな主張はまったく成り立たない。

この分野に関しては経営学の方がまともに、冷静に調査研究してるよ。
なんかもうばからしくて。

35 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 16:47:45
>>31
正論どころかまったくの誤解に基づいてる議論。
話にならん。

長期的雇用慣行と、年功的賃金制度というのは、
できるだけ多くの人間に機会を与えて、できるだけ長い時間を
かけて選抜するシステムと言える。

そりゃ競争も長期にわたって厳しいものになるよ。
とっととエリートとそれ以外の人間を分けるシステムと
どっちがいいかということだよ。


36 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 17:30:30
>>34
>>35

それって、結局、「企業」の側にとって利益になるってだけのことだろ。
「個人」の側にとっての問題をここでは議論してるわけでしょ。
>>1をよく読みなさいよ。日本語能力ありますか?

37 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 17:32:24
>>35
> とっととエリートとそれ以外の人間を分けるシステムと
> どっちがいいかということだよ。

日本の終身雇用制・年功序列制においても、
エリートとそれ以外の人間に分ける仕組みは、厳然と存在してます。
頭悪すぎ。

38 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 20:14:11
>>37
バカ。
そのエリートとそれ以外の人間を分けるシステムの
速度のことを言ってるの。

「とっとと」って書いてあるだろうが、この文盲。

おまえ全く基礎的な知識もないのに飛び込んでくるな、このクズ。

39 :多岐山やよひ:2005/11/26(土) 20:29:30
皆さんがダメ社会人であることは
書きこみを見ただけでわかります.
日雇いがお似合いですね

40 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 21:06:31
>>39
しょうがないよ。
無能・無学のダメ社員は、終身雇用制にしがみついて、
なんとか定年まで生き残るほかない。社畜まるだしで。
いざ会社から追い出されたら、日雇労働者以外に選択肢がなくなる。
必死になるのも当たり前だろうな。

41 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 21:08:13
>>38
終身雇用制の会社でも、入社時には、既にエリート・非エリートの壁ができてるじゃん。
なに言ってんのw おまえ、会社で働いた経験がないだろw

42 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 21:15:13
>>40
終身雇用が存在したというのがまず幻想。
まともな学者は「終身雇用」という用語自体にまず
誤解があることを指摘する。
>>41
バカが。
だから基本的な調査研究をまずは勉強してから来いと言ってるだろうが。
疲れる。
日本の企業における昇進ツリーというのは非常に複雑で
大企業においては入社後、15年ほどたってやっと明確な
差が現れるようになっている。
入社時点では、ホワイトカラーの場合、出世に関しては
横一列なのが一般的。というかMBAやら出身大学やらに
左右されない場合が多い。

あのな、自分とこの会社の自分の状況だけ見て微視的な観点から
ものを言うのはやめろな、バカ。
非常に多くの良質な調査研究が存在するんだから
もうちょっと謙虚になれ、クズ。


43 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 21:15:29
↑壁のうわさにたじろぎ、ひきこもり歴13年。

44 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 21:56:39
>>42
ホントに、戦後の日本企業がそんな平等主義のバラ色組織だと思ってるのか?
おいおい、もうお花畑もいい加減にしろよ。
「15年ほどたってやっと明確な差が現れる」?w
そりゃ、おまえみたいな高卒社員同士における出世争いのことだろw

45 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 21:58:42
>>42
あなたのような低学歴ノンキャリ社員には、
「いいか。頑張れば、どんなヤツだって出世できる。学歴差別なんかしない」
と人事部が言うんですよ。いちおうは。
そうすりゃ、馬鹿な社畜として、馬車馬のごとく働いてくれるからなw

46 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 23:03:11
>>44
だからおまえはバカなんだよ。
平等主義どころか、長期にわたる、非常に厳しい競争がある
システムだといってるだろうが、このバカ。
世間のバカ(おまえらのこと)が思ってるのとは正反対なのが
日本の企業システムなの。

>>45
バカ。
人事部の言うこと聞いてはいそれでおしまいの調査研究が
あるか。
事実でしかものを言ってないっつーの。キャリアツリーに関して
どれだけ綿密な調査があるのかも知らんくせにバカなこと
言うな、この知ったかぶり、ボケ。




47 :名無しさん@社会人:2005/11/26(土) 23:07:51
ちゅうかここって高校生か学部生くらいしかいないだろ。
バカらしくなってきた・・・。

>>「15年ほどたってやっと明確な差が現れる」?w
>>そりゃ、おまえみたいな高卒社員同士における出世争いのことだろw

日本の大卒ホワイトカラーの雇用と昇進システムに関する
調査の結果だ。
頼むから無知をさらけ出すな。
書き込む気がうせる。

本当に何にも知らないバカばっかりなんだな・・・
ちょっとへこんだ・・。


48 :名無しさん@社会人:2005/11/27(日) 01:11:28
>>46-47

一人で興奮して、まだお花畑な寝言言ってるの?
なにか主張したいなら、具体的なデータを提示したら?
それすらもできない高卒は、定年までおとなしく社畜やってなさい(ワラワラ


49 :名無しさん@社会人:2005/11/27(日) 01:27:14
>>48
バカ。

法政の小池先生の研究書ぐらいまず読んでから言え、クズ。
基礎的な知識もなく一般的に言われてることを頭から
信じてるノータリンに何を言っても無駄。

んでまずどの辺が「お花畑」なのか具体的に指摘しろ、バカ。

50 :名無しさん@社会人:2005/11/27(日) 12:02:21
ある意味、終身雇用制・年功序列制は日本の文化だと思う。

でも今は「経済社会では過去の遺物で、流動化こそが是」という
風潮が主流になってます。なんで、流動化がいいのかという認識も
あいまいなままに。

株などの資金移動が活発で、派遣業がある程度の地位と保った現状。
終身雇用制・年功序列制の再導入は無理だろうな。
でも修正されれば、検討する余地もあるかもしれない。

次期経団連会長にキャノンの御手洗氏が決定しました。
彼は日本型の終身雇用制・年功序列制を評価してる人とされてるようです。

はっきり言ってオレは流動化でもいいような気がするがよくわからん。

51 :名無しさん@社会人:2005/11/27(日) 17:16:48
>>50

その認識は完全に間違い。
まず比較経営学において文化決定論的なアプローチはすでに否定されている。
「よくわからんから文化要因のせいにしとけ」ってのはもう通用しない。

それに加えて、日本の社会に流動性がかけていて、アメリカの社会には
それがあるというのが第二の間違い。
実際には日本の大企業においても、ホワイトカラーは若年時には
転職をする。

アメリカにおいては外部から優秀な管理職を招聘するのが
当然のように思われているがこれも間違い。
競争力の高い企業では内部昇進が圧倒的に多い。


52 :名無的発言者:2006/02/03(金) 10:05:45
>>1
お前若いだろ 
だからそんなこと言えるんだよ
今の日本を見て見ろ 勝ち組と言われている人間は
全体の8%程度だぞ 
逆に負け組と言われている人間は63% 残りは終身雇用組
こんな状況下で安心して暮らせるか?
しかも勝ち組から負け組になってしまうヤツも数知れず・・
明日はどうなるか分からないから皆「金、金、金」と
おかしくなる。そして金を掴めなかったヤツは自殺・・
年間で3万人もの人間が自ら命を絶ってるんだぞ
俺はこんな荒んで未来も見えない現代なら
多少年収が下がっても安心して暮らせた方が良いと思う
何でも欧米の真似したって良い結果がでるとは限らない




53 :名無しさん@社会人:2006/02/03(金) 14:13:31
>>50
>彼は日本型の終身雇用制・年功序列制を評価してる人とされてるようです。

上場企業経営者が終身雇用を評価する場合、実際に念頭に置いているのは中枢のエリート・ホワイトカラー
だけですよ。それ以外の人はどうでもいいんじゃないかな?

>>51
結局は、どこの国でも雇用の流動性・雇用機会の自由化を特権的に行使できるのは「エリート」
だけですよ。普通の大半の労働者にとっては害にしかならない。もしくは初めから関係のない話ですね。
財界が雇用の流動化を訴えるのは、この現実を前提にしているので、ある意味、魂胆は明瞭なのです。

問題は、深く考えずに社畜論を説いたり、老害論を説いて世代間対立を扇動したり、
起業(フリーエージェント化)や雇用機会の自由化を訴える学者や評論家の方ですね。
そういうことをされると、大半の労働者は逆に困ると思うんだけど・・・というか、
今が実際に困ってるわけなんだけどね。
最近は、新卒雇用のパイプラインに漏れた人を救う、という名目で正規⇔非正規の
流動化やインターン的雇用を説く人まで出てきました。これも逆効果にしかならないでしょう。

54 :名無しさん@社会人:2006/02/03(金) 14:38:05
付記
>上場企業経営者が終身雇用を評価する場合、実際に念頭に置いているのは中枢のエリート・ホワイトカラーだけ

実際はメディアも財界もこの論脈で日本的経営をマンセーしているに過ぎず、実際は短期的な経営には
プラスと判断すれば流動化やアウトソースも片方ではバンバン進めるんですけどねw
(長期的には供給の弱体化や労働者の所得減少による消費の減退の要因になるわけですが、背に腹は代えられない)
アカデミズム・ジャーナリズムの日本的経営に関する研究も、このあたりのバイアスを絡めて見るべきかと。

>>42
>「15年ほどたってやっと明確な差が現れる」

仮にほぼ同期同年齢で入社したとして、これは同程度の偏差値学歴間におけるコ
ーホートの問題なのでしょうか? まず、そもそも前提として、一定程度の規模で採用
する組織の場合、どの組織も偏差値的にはそんなに各人はバラけないですよね?
少なくとも大卒新卒採用の場合、大体は似たような偏差値クラスで粒を揃えると思うんですが?

「日本が実は相対的には学歴社会ではなかった(海外各国の方がよほど厳しい側面がある)」とはよく
言われるけれども、現実には広義の学閥は確として存在すると思うけどなあ。
都銀などでよく聞く話としては、その「15年後の差異」が、実は入社時に既に準備されていた
ものに過ぎなかった、と途中で気づいて愕然とする、というネタがよくありますよね?

まあこの点は組織やその時々の事情によって違うとしか言い様がないと思う。
ただその時々のオピニオンで都合よく「安定社畜論」「学閥差別論」「会社は競
争社会論」etcが交互に現れてくるのではないかと。

55 :名無しさん@社会人:2006/02/27(月) 23:11:15
職種・会社によって違うよね。
終身雇用制で無い所は昔から沢山ありますよ。
日本は職業・職種を選ぶ自由があるから 1さんは終身雇用・年功序列
で無い所を選べばよい。作家・芸術家・デザイナー・発明者・日雇い等等。。。
大多数の人々が終身雇用を選んだのだから何か理由が在ったのでしょう。
私はその理由を知りたい。
ちなみに私の勤務している会社の関連会社はアルバイト・パートのみで
成り立っている。ここはすざましい。最悪だ。

56 :名無しさん@社会人:2006/02/27(月) 23:53:08
>>55
個人的には、労働学説など、その時々で都合のいい議論を出した者が勝ち、としか思いませんけどね。

最近は終身雇用の解体と労働者のフリー化・起業化・雇用のジャストインタイム化がトレンドのようです。
95年の「新時代の日本的経営」における雇用の三層論がベースなのでしょう。
それを補強しようと動いているのが玄田有史や本田由紀なんですけどね。
いっけんそうした風潮に反するように見える財界人の終身雇用支持論は、中枢のエグゼクティ
ブ候補生に限っての話ですね。あれを真に受けちゃいかんでしょう。プロジェクトXやプロフェッショナルは、
有能なスペシャリスト・エグゼクティブ候補生に企業に対する忠誠を誓わせるためのプロパガンダ番組、ということかな?

最近は社畜論のバリエーションなのか、ユニオンをベースにした労働者のフリーエージェント化
だのトンデモをいう人までいますね(もちろん、はっきりとそう言ってはいないが、少なくとも私はそう解釈した)
フィールドワークをウリにされている方ですが、そういう労働形態が既に実現さ
れている芸能業界や職人の世界を見学には行かれないのでしょうか?
それで「職場の人権」研究会ですからね。重鎮なので誰も批判はしない。商売サヨクってのはラクでいいな。

57 :名無しさん@社会人:2006/02/28(火) 23:45:27
私の友人に建築デザイナーがいますが終身雇用制では無く、且つ年功序列
でもないです。
自分の力量・感性・営業力が全て。
毀誉褒貶が激しく何時も金が無くてピーピーしています。
儲けるときは儲けているはずなんですが。
フリーの人達は本当に大変だ。
終身雇用・年功序列を廃して労働力の流動性を高くしろ
なんて言うのは容易いがリアルにその立場になったら本当に大変だと思う。
給料はそこそこでもよいが安定した収入が予想出来る事。
これが無ければ来年の計画・予想も出来ない。

来年、子供を作ろうと思っている。

58 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 18:36:41
みんなで考える画期的な雇用政策

http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1142044958/1-100


59 :名無しさん@社会人:2006/03/11(土) 18:51:49
アホなマスコミは終身雇用が日本特有と思ってるようだが、アメリカでもGEをはじめとする多くの
一流企業が終身雇用制を導入しているわけだが。
IBMも90年代末まで終身雇用制だった。それを廃止したことに社員が反発して、今までなかったIBM労組ができた。

60 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:14:21
>>1
たしかに終身雇用はよくないですね。
派遣社員などが問題になっていますが好景気で労働市場が売り手市場であれば問題ありませんし。
終身雇用は安定しているようにみえて転職が不利になります。

61 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:31:49
戦後、村落共同体が崩壊して、
「1940年体制」によって、会社共同体が
その受け皿になって、アノミーを防いだという利点もある。

会社が共同体となっているのは、欧米では少ないな。
もちろん韓国や中国も。

もう一方は日本では古来の古い宗教は壊滅状態で
新興宗教が吸収したけど。

62 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:53:49
公務員の人材養成
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_a614.html#comment-1326347
>日本社会という一つのシステムの中で、それが可能なのか、いささか疑問があり
>ます。もっとも、民間企業にもそういうJOB中心の(政治的に正しい)人事管
>理を押しつけて、日本中その色に染め上げれば、問題はないのかも知れませんが、
>そういう上からの革命が成功した試しはないというのが歴史の教訓です。

今までは、そうですが、最近は民間企業自身が外部的フレキシビリティの活用に
大きくシフトしています。
にもかかわらず、正規雇用者を優遇する社会制度が温存されたままになっていま
す。それもそのはず、社会制度の設計に係る公務員の方々が正規雇用者なんです
から、正規雇用者を優遇する社会制度は自分達に都合がいいんですよね。
だから、私は公務こそが外部フレキシビリティ中心になればいいいのではないか
と思います。同時にそうすれば、政府と民間の壁、公務員と市民の壁が低くなり、
薄くなる。公務員と市民の間の壁が高ければ、公務員と市民の利益が離反しても
なんの不思議もありません。
あと蛇足ですが、内部フレキシビリティ活用が外部フレキシビリティの活用より
有利な社会制度の中で中小企業は不利な立場に置かれてきたのでないでしょうか。

63 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:54:56
鍵は『転職市場』
> 先生と保守親父@労務屋さんの差の原因は、想定している労働市場、
> 雇用慣行の差のように思えます。
http://d.hatena.ne.jp/yukihonda/comment?date=20060519#c

こんな国じゃね。。。

やり直しが許されない国、日本の地獄のワナ

・新卒で正社員にもぐりこめなかったら「職歴なし」と見なされ人生終了
・いくらキャリアを積んでも時代でその業種自体がなくなれば他業種転職は
 許されず人生終了
・長年経験を重ねても自分の業務にとって変わる機械が発明されれば
 人生終了
・入った会社、業種がやがて自分に合わないと感じて転職しようと辞めると
 未経験年齢制限に引っ掛かり人生終了
・会社を辞め心機一転、転職しようと思ってもDQN企業しか募集はなく
 無職期間が長くなればマイナス評価となり人生終了
・一旦会社を辞め学校に通い資格、能力開発をしても「実務経験なし」扱いで
 人生終了
・上司と折り合いが悪くケンカ退職すると運が悪ければ次の会社の前職調査
 に引っ掛かり転職できず人生終了
・正社員でも35歳以上で倒産、リストラされたらかなりの実力者以外人生終了
・かなりのエリートになっても手鏡を悪用すれば人生終了

これらに該当する者は「国、企業の癒着の構図」に逆らった「反逆落伍者」
と見なされ罰則として「一生DQNバイトorホームレス」の地獄の選択肢が
与えられます
現在の日本では夢を持つことは許されずただひたすら会社のイヌとなり
給料を返上してでも会社に尽くしツブれないよう祈る他に道はないのである
再起動不可能!

64 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:56:14
転職すると間接的に罰金を取られる仕組みだから…

転職すると間接的に罰金を取られる仕組みだから…

転職すると間接的に罰金を取られる仕組みだから…

65 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:56:59
元凶=「転職すると政府が罰金」

元凶=「転職すると政府が罰金」

元凶=「転職すると政府が罰金」

66 :名無しさん@社会人:2006/05/24(水) 09:57:49
定年制廃止!定年制廃止!定年制廃止!

定年制廃止!定年制廃止!定年制廃止!

定年制廃止!定年制廃止!定年制廃止!

67 :名無しさん@社会人:2006/05/27(土) 14:25:46

昔は働くことなら誰でもできた
日本のデフォルト美徳のひとつとして、能力なりの職について一生頑張るというプランが示された
学歴が能力のモノサシになっているということに疑問が呈されもしたが、基本的には公平な競争ができた
ところが時代が変わって人間が余りだした
ここで認識をパッと切り替えることができれば良かったんだが、日本人はそういうとこ真剣にバカだ
「マジメなら働ける。おかしな怠け者だけがいつまでもブラブラしてる」という伝統的な考え方を、時代の変化を顧みずそのまま当てはめやがった
かくしてやることやって子供なりに頑張って結果出したのに、どこも受け入れてくれないという状況が産まれた
どうしても働きたければ人間なら何でもいいという職場、それが嫌なら無職で叩かれろという選択を迫られた
従来から働いていてて役職ついてるヤツは医者で弁護士でMBA持っててTOEIC900オーバーだったのか?
違う。ただマジメに頑張ってきてたという「だけ」。とりあえず会社は回せるので現状維持で雇われた
さて、これがどのような結果になるだろうか。
@中高年の勘違いは温存されたままで不景気に導いた無能っぷりの反省は無用なままで増長しまくる
A氷河期は何を頑張っても無駄という強烈な経験でヤル気を無くしまくる
Bゆとり世代は頑張らなくても結果が出せるので世の中をなめまくる
最悪。誰に言えばいい文句なのかもわからん。ジャーナリストがその時々で言うべきことをしっかり言ってればもう少しマシだったかもしれない
でも奴らはただの勘違い野郎でしかなく氷河期の病巣をえぐる力なんて持ってなかったんだ


68 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 12:37:33
稲葉にコメント消されてやんのw
http://d.hatena.ne.jp/shinichiroinaba/20060527

445 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 02:41:39
「今の学生には信じられないだろうが、今の小泉・竹中改革は政治思想的には90年代初めのサヨクが生み出したシミン主義のなれの果てなんだ。」
そーなんだよな。どこのアホがアメリカのイデオロギーだとか
小泉支持層はノータリンとか、ぬけぬけとぬかせるんだろ

446 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 08:07:11
[コメントを書く] # 比ヤング
>多くは結構なご託並べてた「リベラル」に
>裏切られてウヨク化してきた
騙された(あるいは、勝手に期待して)裏切ら
れて一つ賢くなった結果ということなんだから。
結構なことじゃないんでしょうかね
前と変わらず騙し続けようという方も一部には
いらっしゃるんでしょうが

69 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 14:18:48
「終身雇用制=弱者保護、労働者保護」なんてアホなことを信じてる低学歴がいまだに多いので笑える。
終身雇用制・年功序列制とは、一つの集団に忠誠を誓い、奴隷として働くことを奨励するシステムなだけ。
その集団からはみ出れば、フリーターやホームレスが関の山、というとんでもない社会慣行なんだよ。

70 :名無しさん@社会人:2006/05/28(日) 14:21:55
>一つの集団に忠誠を誓い、奴隷として働くことを奨励するシステム

それが日本の経済発展を支えてきたんだが…
弱者保護ではないわな…

71 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 02:47:44
社会経済生産性本部が、たしか98年に上場企業を対象にアンケート調査
した結果では、回答した企業中、5割強が今後も終身雇用制を維持したいと
考えていると答えたそうな。
長期雇用制度が果たす企業側の経営上の効用を大木島巖氏も主張していた。

72 :名無しさん@社会人:2006/05/29(月) 04:10:15
夫馬さん

リベラル右派

政治的な右・左度(保守・リベラル度):−5.2
経済的な右・左度(市場信頼派・政府介入派):2.96

http://d.hatena.ne.jp/totoTOTO/

73 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 02:01:40
ttp://www1.ocn.ne.jp/~ojama-y/fukada.htm
『年功序列制・終身雇用制』は、実は、日本の独特の風土
に自然発生的に生まれたものでは無い。
エリート達の日本社会の支配管理の目的で、
意図的に日本社会に埋め込まれたもので有る。
これらの制度の、日本社会における意味は、何か?
「転職の自由が禁じられる。」と、言う効果をもたらす事ですね?
無理に転職しても、給料は、ぐっと下がる。
これ、実質的には、転職を禁じられた事に等しい。
そして、この事は、次の意味を持つ。
サラリーマンは、会社内において、上司に逆らえない。
と、言う事ですね。企業内において、上司は部下に対して
、絶対的な権力を持つ。上司は、部下を徹底支配管理する
事ができると言うことです。この事は、後で徹底的に論じます。
今は、さわりで取りあげてみました。
私が、ここで強調しておきたい事は、日本社会の人々が、日本独特の
伝統的風土に自然発生的に生まれたものと信じて疑わない
、日本独特の社会的特長なるものの相当なものが、
実は、一握りのエリート達の利益の為に、日本社会のシステムの中に、
意図的に埋め込まれたもので有る。と、言う事です。



74 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 02:30:40
>>71 大木島巖といえばトヨタの元副社長か。そのエピソードたしか有名だな。
雇用の流動化は財界の思惑だなんて言っていた奴はだれだ?

75 :多岐山やよひ:2006/05/30(火) 05:49:52
転職する奴は能力があるのか、裏切り者か

76 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 14:32:00

やっぱ夫馬は凄いよ、ほとんど伝説の領域に達してるw

でも、やっぱスレ違い

77 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 14:33:05
高原基彰blog
http://takahara.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/20011997_7a60.html

>政府は、経済分野で人的資源を開発するだけでなく、人々がより
>柔軟な対応ができるよう、法律や税制の柔軟性を高めなかればな
>らない。たとえば、終身雇用が望めなくなり、職を渡り歩いたり、
>失業したり、自営業に転じたり、はては外国に移住せざるをえな
>くなると分かっているのなら、税当局は、それによって不利な扱
>いを受ける人が出ないようにすべきである。また地位や場所が変
>わっても年金や社会保障の受給資格が不利にならない仕組みが必
>要である

>抵抗は特定集団の特権を他の集団の犠牲によって擁護することに
>ほかならない。つまり、雇用形態が固まっていない若者や女性を
>犠牲にして、既存産業でフルタイムの仕事を持つ中年男性の擁護
>し、移民を犠牲にして定住者を擁護し、第三世界を犠牲にして先
>進国を擁護することになる

78 :名無しさん@社会人:2006/05/30(火) 15:09:45
従順な社畜として生きるか、さむなくば底辺労働で我慢しろ
という二者択一・二重拘束を労働者に迫るのが日本の雇用慣行。

79 :名無しさん@社会人:2006/06/03(土) 23:15:45
しかも「社畜」として生きられるのは一部のエリートだけというオチつき

80 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/03(土) 23:42:24
>大企業・上場企業の慣行として確立された終身雇用制・年功序列制

どうなんでしょうね?
 そんなこと、定款や会社の規則にうたっている企業があるとも思えませんが。。。

  何によって年功序列の会社と、そうでない会社を客観的に見分けるのですか?

   「結果論」だと思うのですが。。。


81 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/03(土) 23:51:14
間違いがないのは、
 実力のある社員は、どんな会社風土であっても昇進して行くし、
  終身雇用だと言われている会社も、自由意志で飛び出していきますよね?

   そして、ダメな学生は、どこに行っても就職できない。

    「制度」の問題ではなく、「個人」の問題だと思うのです。

82 :1940年体制粉砕!:2006/06/04(日) 00:55:19
「今こそマルクスは重要。」スレより
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1144789408/l50

303 :名無しさん@社会人:2006/06/02(金) 20:16:29
昭和13年に総動員法(ファシズム法)ができて以来の銀行主導の
統制資本主義だからね。ファシズム法の根幹はナチスの銀行法ライヒバンカ法を
真似た銀行法。市場の評価を通じて企業価値がジャッジされる株式にストップをかけ
長期融資を通じて企業を支配する銀行融資に替えさせ、その銀行は中央銀行を通じて国家が
支配する。この指摘をしてるのは野口悠紀雄だけ。それを評価してるのは松原だけ。

83 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 01:14:10
>>80
企業は銀行の融資を受けるときにできるだけ長期の業務計画を立てなければいけないので、
人件費がブレないようにします。それには社員の長期定着率がものをいいます。

ですから
「大企業・上場企業の慣行として確立された終身雇用制・年功序列制」は
銀行の要請によると考えられます。企業の長期の固定費が明確でないと融資枠を
設定できないからです。

84 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 22:39:26
>>80
規約に書いてないと慣行にならないの?
頭悪そー

85 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/04(日) 22:51:14
>>83>>84

「慣行」って、具体的に何?
 何によって、「この会社は終身雇用制だ」と判定するの?

  どうも、ハッキリしないね。


86 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/04(日) 22:56:14
「終身雇用」

広辞苑を引いてみたよ。
『通常、定年時までの長期の雇用関係を前提とした雇用形態』

 ・・・具体的に、どういう雇用形態なのだろう?
  たとえば、社員全員、野球選手みたいに「○年契約」にすることかな?
   とても長期の住宅ローンを組めそうもないな(苦笑)。。。



87 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/04(日) 22:59:05
>>1
はっきり言えるのは、
「年功序列」の中ですら評価されない人間が、
 「実力主義・成果主義」の中で勝ち上がる目など、無いということだ。



88 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 23:01:37
>>87
どういう根拠から?

89 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/04(日) 23:11:33
>>88
年功序列も、実は、もともと実力主義だ。
 100人の新入社員が、20年後に100人部長になるわけではない。
  それでも、それなりならば、差がつきながら、それなりに上がっていく。

   そこですら報われず、「実力主義になれば」と夢想しているものは、
    本当に実力主義になったとき、真っ先に切られる対象になるでしょう。

     実力主義は、若者救済にはならないよ。むしろ逆に働く。


90 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/04(日) 23:17:04
「実力主義・成果主義」は企業の人件費抑制策でしかない。

  1.新入社員が頑張るのはあたりまえ=22万円あげよう。
  2.翌年頑張って一年前より標準的に成績が上がった
     =企業が期待したとおりだから、昨年と同じ22万円あげよう。

   これが実力主義・成果主義の正体だよ。
    この制度に変えたことで全体の人件費が上がった、という企業を俺は知らない。


91 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 23:36:00
>>89
言ってることは分かるが、
そこから「年功序列の中で評価されない人間が成果主義の中で勝ち上がる目などない」
という結論に論理的に導けないと思うけどw

92 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 23:39:39
>>89
さっき初めて「終身雇用」の意味を知ったガキが、
いきなり机上の空論で、会社制度のことを語られても困るんだけど。
いい加減、実社会に出ようぜ。
そうしたら少しは、現実の企業社会の厳しさが分かるよ。

93 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 23:43:24
年功序列制の下でも、熾烈な競争があるんだよね。厳しい社会ですよ。
ただその競争においては「キミの我が社に対する忠誠心の度合い」が重要な基準となっているわけです。
上司に嫌われた社員は、とんどもない過酷な職場に左遷され、生き地獄が続くってこと。

94 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 23:48:02
>>93
そうそう。
終身雇用制でも成果主義制でも、どっちも利潤追求の企業なんだから、
その中で、社員同士のハゲしい競争があるのは当たり前。
「終身雇用制=社員に優しい」「成果主義制=社員にとってつらい」みたいな
アホ丸出しの考え方をしてるのは、一流企業に入れないただのニートでしょう。
ニートは、企業のことなど、妄想のレベルでしか分からないからねw

95 :名無しさん@社会人:2006/06/04(日) 23:54:33
年功序列制の慣行とってる企業だって、
いらない人間だと判断すれば、さっさと事実上の解雇しちゃうしね。
「年功序列制は成果主義制より従業員に優しい仕組み」なんてのは、
実社会で働いたことのないひとの勝手な思いこみでしょう(笑)

96 :名無しさん@社会人:2006/06/06(火) 00:17:49
終身雇用制で固定費がほんとに長期に固定するので、
キャッシュの弾力的な運用ができない、というのが
「1940年体制」での野口悠紀雄の指摘だったけ?
つまり終身雇用制は企業そのものからも柔軟性を奪ってると。
「分断する経済」で松原隆一郎が指摘してたと思う。

97 :名無しさん@社会人:2006/06/06(火) 01:00:26
終身雇用に守られてこなかった高卒、中卒、女性、在日、中途採用者のうち、能力ややる気のある奴はむくわれなかった。たとえば、阪大工学部で博士とったのに就職先ゼロの人がいる。理由は彼が在日だから。

98 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/06(火) 07:20:51
株主利益を意識しすぎるあまり、
 まず、年間の人件費の総額の枠が決まる。

  その限られたパイの奪い合いになるというわけだ。
   それは年功序列であろうが、成果主義であろうが変わらない。

    いずれにせよ、仕事が好きで、仕事に打ち込んでいる社員にとっては、
     どちらでも良い事だ。そんな社員には、居場所が必ずある。

      外的要因ばかり意識している者は、居場所が限られる。


99 :名無しさん@社会人:2006/06/06(火) 14:30:53
>>97
在日の就職差別は、近年は緩和している。その人はたぶん、理系「博士」という
嫌われるキャリアゆえに就職がなかったのだろう。

100 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/06(火) 19:30:33
終身雇用か、成果主義かなんて言っている時点で、
 競争から落ちこぼれつつあると知るべきだ。

  ×「終身雇用⇔成果主義・実力主義」×

   もともと対立概念ではない。
    能力ある社員にとっては、どちらでも関係の無いことだ。


101 :名無しさん@社会人:2006/06/07(水) 19:23:06
年功序列はどうでもいいが、
日本はやたら新卒にこだわりますよね。
なんででしょ。

102 :ほのぼの家庭・子沢山な家族 ◆4QKFONePJ. :2006/06/07(水) 20:34:25
>>101
23歳の2年目の社員の後輩に32歳の新入社員では、
 指揮命令系統が運営しにくいからでしょう。
  そのあたり、ちょっと部活に似ていなくもないですね。。。

   こだわる、というより、ごく自然な感覚です。

    新卒を押さえた上で、ちゃんと優秀な中途採用も行います。
     どちらか、ではないです。どちらも、です。


103 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 07:20:19
上司に対するゴマすりが激しいのはアメリカ。日本では、上司に
嫌われても左遷されるだけで済むが、アメリカでは、上司に嫌われたら
クビになる。なにせ、現場の人事権は現場の上司が握っているから。

アメリカでも一流企業の社長は大体50代。もちろん、30代や70代もいるが、
平均すると50代。仕事は、どうしても「経験」を積まないと、分からない
部分がある。単に若ければ良いという発想は、アメリカでもほとんどない。

104 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 09:07:59
>>101
年功序列・長期雇用を行う企業側の利害を考えれば、
新卒にこだわる理由が分かりますよ。

>>102
大卒後輩が高卒先輩の上司になることは、従来の日本型雇用システム
においても当たり前のようにあったはずだけど。

ごく自然な感覚というけど、昔の封建的な若者組においても、先に若者組
に入った奴のほうが、たとえ年齢的に下であっても先輩になったらしい。
それは不自然なことだったのかな?

105 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 14:58:00
>>103
左遷どころか、事実上退職せざるを得ないような状況に追い込まれるわけだが・・・

106 :名無しさん@社会人:2006/06/08(木) 23:58:18
>>104
>年功序列・長期雇用を行う企業側の利害を考えれば、
>新卒にこだわる理由が分かりますよ

年功序列はわかりますが、長期雇用するなら、
中途採用した方が支払う給与の総額が減るから、
企業にとってメリットが大きいのでは?

107 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 14:07:56
実績主義にして、実績をあげられない新卒他若い社員の報酬が軒並み減った
という日経の記事を読んだことがある。どの道もキビシイよねえ・・

108 :名無しさん@社会人:2006/06/09(金) 19:58:07
今年社会学部を卒業して人事に配属されたものですが、何か質問有る?

109 :多岐山やよひ:2006/06/09(金) 20:02:13
年功序列、終身雇用、談合、
一見、非合理的でありながら、見事に理に適っている日本が誇るべき文化です.


110 :名無しさん@社会人:2006/06/09(金) 23:27:39
>>108
東京一早慶卒業者を落とすと社長に怒られるって本当ですか?

111 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 00:59:32
 5日のベン・バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長に
続き、セントルイス連銀のウィリアム・プール総裁もインフレに
強い警戒感を示したと報道され、ダウ平均の下げ幅が一時、12
0ドルを超え、1万1000ドルを大きく割り込む場面があった。

112 :108:2006/06/10(土) 07:39:10
落とすのはかまわないです。
実際、役員面接で普通の大学の学生が一流大学出身者より高い評価を得るのは日常的にあることです。

ただ、選考の結果としてそういう大学の出身者が内定者の中にいればまあOKかなと。
理系の場合は大学名にはそんなにこだわらないけど。

113 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 10:58:00
大量の北朝鮮難民の定住を許可し、税金で養おうとする仰天法案成立寸前です
民主党、長島議員のブログ炎上中
ttp://blog.g oo.ne.jp/nagashima21
空欄を削除

【日本終了】朝鮮人を日本に大量移住 反対 OFF
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1149833514/l50
【 日本終了 】 朝鮮人を日本に大量移住させる法案・・民主党案がほぼ採用か★4
http://news20.2ch.net/test/read.cgi/news/1149831542/l50
【政治】"「脱北者」支援などを加える" 「北朝鮮人権法案」を一本化…自民、民主が基本合意
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1149771959/l50
【政治】 北朝鮮人権法案修正で合意 今国会成立の可能性 [06/07]
http://news18.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1149682193/l50
【日本終了】朝鮮人を日本に大量移住 反対 OFF
http://off3.2ch.net/test/read.cgi/offmatrix/1149833514/l50

114 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 11:47:27
25〜34歳、氷河期世代で顕著

景気回復に伴って雇用環境が改善する中で、この1年で増えた雇用者のうち、9割以上が
非正社員であることが3日、総務省の調査でわかった。この結果、雇用者全体に占める
非正社員の割合は3分の1にまで拡大し、とくに25〜34歳層の増加が顕著になっている。
企業は固定費の増加につながる正社員の増員には依然として慎重な姿勢を示している格好であり、
厚生労働省では企業に対して中途採用を含め、新卒以外にも若者層の正規雇用を求めていく方針だ。

総務省が四半期ごとにまとめる労働力調査詳細結果の18年1〜3月期平均によると、
就業者のうち、雇用者(役員を除く)は5002万人で、前年同期に比べて79万人増加した。
正社員は5四半期ぶりに増加に転じたとはいえ、増加幅は7万人にとどまった。

一方、パート・アルバイトや派遣社員、契約社員などの非正社員は、72万人増え、この1年で
増加した雇用者の9割以上を占めた。完全失業率は3年前の5・5%をピークに改善を続け、今年
2月以降は4・1%に低下しているが、非正社員を中心に改善している実態が裏付けられた。とくに
25〜34歳の増加が目立ち、前年同期比で30万人も増えた。就職氷河期に高校や大学を卒業し、
正社員になれずにパートやアルバイトなど非正社員のまま、高年齢化していることをうかがわせた。

非正社員の賃金は正社員の6割程度と低く、税金や社会保険料の納付も低水準にとどまる傾向がある。
また、雇用形態も不安定で、結婚や出産をためらう傾向が指摘されている。少子高齢化で国の財政が
逼迫(ひっぱく)する中で正規雇用の拡大は大きな課題といえる。


115 :にこにこ家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/10(土) 11:54:38

派遣は3ヶ月ごとに更新時期が来るから、
ある意味、ありがたい存在だよね。

いつでも胸張って「切れる」というのは、部門予算も守りやすい。
人件費が年間予算をオーバーしそうなら、切ればいいんだ。

ある意味、外資の年棒制度の会社もそうなんだろうね。
優秀だろうとなんだろうと、会社にとって、人間は「コスト」だから。


116 :にこにこ家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/10(土) 12:01:04
プロ野球選手でも、年棒が高いと、切られるよね。
優秀でも。


117 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 12:02:00
朝日新聞の記事は他新聞と比べて
一番 まともではないだろうか?
日本が右傾化 しないように社説
で繰り返し述べている。 はき違
えた愛国心を煽るようなマスコミ
を信じてはいけない。売れさえすればいい
という軽薄な商魂の論説ばかりが、
国を危うくするのは太平洋戦争で
懲りたであろう。 機会ある毎に
日本の過去の過ちに対する反省を
促し、 関係諸国との友好を深め
ようとしているのが朝日新聞であ
る。なまじ知った歴史の一部で全
てがわかった顔をすると恥をかく
だけだ。のうのうと生きていられ
るのは平和憲法のおかげであるこ
とは間違いない。できもしない自
主防衛を唱えていては過去の過ち
を繰り返すだけである。不利なこ
とがわかっていながら、国民を煽
って戦争に突入し、買い物も切符
が無ければ買えもしないような生
活をさせながら、運用される資金
はすべて軍事行動向け。動力にな
るべき燃料もなく、資源も無い日
本が何の大義もない戦争を推し進
めるのは狂気の沙汰としか言い様
が無い。進軍ラッパをもう一度聞
きたいのか?



118 :多岐山やよひ:2006/06/10(土) 16:49:50
115
人を人とも思わない会社は在職中に必ず潰してやる.

119 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 16:55:40
昨日、実家に帰って兄から聞いて驚き、怒りと悲しみに震えました。
社会問題研究家の方には是非知ってもらいたくてインターネットの
書き込みを転記して送りました。

「女子高生コンクリート詰め殺人事件」/転記
 足立区綾瀬の少年らは、夜8時過ぎ帰宅中の女子高生を拉致し、自宅2階に
40日間監禁、殺害した。遺体はドラム缶に入れコンクリートで固め、江東区の
空き地に棄てた。監禁中、手足に揮発性油を塗りライターで火を付け、被害者が
熱がるのを見て笑い転げた。肛門に瓶を蹴り込んだり、性器を灰皿代わりに
したりと陵辱の限りを尽くした。監禁場所は木造家屋2階であったが、階下に
同居する少年の両親は、「知らなかった」と主張し逮捕さえされなかった。
事件詳細:http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/lynch.htm

実際は「事件詳細」に書いてあるより何倍も惨いそうです。 許せない!


120 :にこにこ家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/10(土) 22:57:13
>>118
どこの会社も同じことでしょう。
上場会社には、必ず、「年間予算」があります。

その遵守に重きを置けば、当然、人件費を削減すべき時はあります。
正社員は組合もあって、簡単には切れませんから、
あらかじめ派遣社員を増やしておくのです。「いつでも切れる要員」として。

近年の派遣社員の増加は、その実態の一端を示しています。
道義上の問題でもなく、良い悪いの問題でもありません。


121 :にこにこ家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/10(土) 23:02:57
ある意味、一つの会社で2つの制度が働いているんだね。。。
「終身雇用」が嫌な人は、どこかの会社の派遣社員になればいいんだよ。


122 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 23:29:43
アメリカ型の会社を良しとしているんだるけど...
雇われる側と資本に余裕のある大企業だけが得をするシステムなんだよね。

アメリカが「実力主義」ってのも実は大嘘ってことも知らない人の
妄言でだよなぁ。
アメリカも上司に気に入られた奴が出世するシステムなんだよ。

123 :名無しさん@社会人:2006/06/10(土) 23:36:38
要するに…

時代は鈴木健
http://www.picsy.org/

124 :にこにこ家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/11(日) 07:27:27
>>122
そう、アメリカもそうなんだよね。
「第8の習慣」にDVDが付いているんだけど、
休日まで上司に振り回される若い社員の悲哀が描かれていましたね。

ともかく、
年棒制であろうと、終身雇用制であろうと、
企業が制度を決めている以上、「企業運営に都合が良く運営される」ということは変わらない。

もしかして
「終身雇用制でなくなれば、自分の活躍する場ができて、頑張った分だけ給料がもらえる」
という妄想を持っている人がいるかもしれないけれど、
間違いなく、そんなことはありえない、ということだよ。


125 :名無しさん@社会人:2006/06/11(日) 13:08:19
そもそも日本は世界で最も成功した社会主義国家であり、
一億総中流とも言われたように貧富の差が少ない国である反面、そのために
飛びぬけた才能ある人たちを冷遇してきたことや終身雇用制などがあるために
経済の活力が損なわれ、その結果日本経済が停滞したのだという解釈が支配的に
なったことから、改革が必要だということになっただろ?

日本国民自身が
「これまでの日本のような悪平等ではいけない、多少は格差が出ても活力ある経済社会」
を自ら望み、その結果改革路線を掲げる小泉首相に熱狂的支持が
集まってきたということは確認しておく必要がある。

つまり日本人は「格差社会を望んでいた」わけで、それなのに「その結果が出た」
今頃になって「格差が拡がって困るんですけど?」ではあまりにも勝手なのではないか。

おそらく国民の多くは何か勘違いしていたのだろう。

真面目に努力する自分は改革によって恩恵を受ける側、誰か知らない他の奴らは
残念ながら淘汰される側、ざまあみろプゲラ、ぐらいに思っていたんだろう。

ところが蓋を開けてみると一向に自分にお鉢が回ってこないわけで・・・(藁。
自分だけは大丈夫とか自分だけは事故に遭わないとか考えるのと同じ
バイアスがかかってたに過ぎないんじゃないだろうか?


126 :名無しさん@社会人:2006/06/11(日) 14:49:02
リフレ派ちゃんの主張

>景気が良いときと悪いときとを比べると
>景気の良い方が必ずインフレ!

>景気が良いときと悪いときとを比べると
>景気の良い方が必ずインフレ!

>景気が良いときと悪いときとを比べると
>景気の良い方が必ずインフレ!

127 :多岐山やよひ:2006/06/11(日) 16:22:10
120
そうそう、道義上の問題ではなく、憎しみの問題なのです.
どこの会社でも同じことですが、そういう会社を一つでも潰せれば本望です.
付言しておくと、私は恩恵を程好く受けている正社員様です

128 :名無しさん@社会人:2006/06/11(日) 19:17:51
ダメ大学教員の典型、宮台真司を任期満了解雇しよう!!

129 :にこにこ家族・男女を育てている家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/11(日) 23:15:46
>>127
御社では、派遣社員は使っていないのですか?
派遣社員こそまさに「終身雇用制」から離脱した存在ですけれども。

>>1は、要するに正社員を全員、「派遣社員」に切り替えれば満足なのでは?


130 :多岐山やよひ:2006/06/12(月) 07:25:44
派遣社員を入れると社内秘密が流出するといい、使いません.
私はお友達がいないので、秘密が洩れないということで採用されたのです.
社長サンは2ちゃんねるを未だに知りません

131 :名無しさん@社会人:2006/06/12(月) 21:50:52
この人も、終身雇用制の廃止を提唱しています。
http://www.nagaitosiya.com/a/efficiency.html



132 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 00:51:32
リフレ派ちゃん、賃金の下方硬直性はどこへいったの?
相対価格が変わらなければ何も問題はない、ってことも
分かってないの?

251 :金持ち名無しさん、貧乏名無しさん :2006/06/12(月) 01:10:33
>>247
デフレだと不景気になる理由をコピペした。
すべからくデフレは不況となる。

>まず社会全体で、購買力を無視した供給過多や、需要の極端な減少が起こって
>1)商品価格が引き下げられる。商品価格が引き下げられると
>2)作り手・売り手の利益が減り、利益が減った分だけ
>3)従業員の賃金が減る。従業員と家族は減った賃金で生活をやりくりしようとするため、なるべく
>4)商品を買わなくしようと努める(購買力の低下)。
>その結果商品は売れなくなり、売り手は
>1)商品価格を引き下げなければならなくなる。(また企業の利益が減ると雇用水準を下げようとするので失業者が増え、購買力が低下するとの見方もある。)

133 :ほのぼの家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/13(火) 22:51:09
>>131
終身雇用制を無くすメリットは何だと考えるのかい?
俺が社員の首を切りまくると、日本社会が良くなるとでも?

「終身雇用制」って、大学の教授なんてそうじゃないの?
 大学は確かに、教授の首は毎年切って、毎年マトモなのを雇用した方が良いな。



134 :名無しさん@社会人:2006/06/13(火) 23:56:25
(`´)ゞ軍曹殿のおっしゃるとおりであります!

135 :名無しさん@社会人:2006/06/14(水) 00:21:44
大竹文雄

136 :名無しさん@社会人:2006/06/14(水) 03:27:01
>>133
> 終身雇用制を無くすメリットは何だと考えるのかい?

リンク先の文章に書いてあるからちゃんと読んでからそれに反論すれば?
不明なことがある、そのリンク先のページで質問ができるみたいだよ。
そこにその考えを書いてみれば? それとも2chで愚痴ることしかできないの?w

137 :名無しさん@社会人:2006/06/14(水) 03:53:08
>>133
今は大学も厳しいですよ。非常勤から上に上がれない人も多いし、常勤でも
任期付だったりする。大学によっては非常勤すらリストラしている。テニュアの人は
それを手放すまいと必死の攻防戦の渦中ですね。仮にテニュアでも例えば国公立
などは給与ベースそのものが上がらなくなりつつあります。
ちなみにこの生き残りに際し、その教授本人の教育・研究が「マトモ」か否かは
実際はほとんど関係が無うわ何をするやめくぁwせdrftgyh

138 :多岐山やよひ:2006/06/14(水) 07:05:05
文章は最後まできちんとtgjd)4>

139 :名無しさん@社会人:2006/06/15(木) 19:18:45

バーナンキの背理と政府債務

飯田泰之先生のコメント
>長期的に貨幣が中立でない(紙幣を刷っても
>いつまでも物価が変わらない)としたならば,
>インフレ課税の弊害無しに貨幣発行益を享受
>できてしまう.極端に言えば札刷っていれば
>税金無しに国家が運営できてしまう

ここで飯田泰之先生が説明されいる政府発行の
貨幣の中には「国債」も含まれると思います。
もちろん、国債を発行しても、市中から集めた
現金を政府が使わなければ、政府による貨幣の
追加発行には当たりませんが、使うために発行
するのですし、現にそうしています

そこで疑問があります。現在のところ、日本は
政府の借金がかなり嵩んでいますが、なかなか
インフレにならないのはどうしてなのでしょう

評論家・山崎元の「王様の耳はロバの耳!」:
『リフレ派を批判した山崎元氏のその後』より

140 :名無しさん@社会人:2006/06/19(月) 16:10:44

デノミとデフレの違い:

デノミは所得移転無し、

デフレは所得移転有り。

141 :ほのぼの家族・子沢山な家庭 ◆4QKFONePJ. :2006/06/19(月) 22:31:17
>>137
大学も大変なんだね。
 まあ、これからは子供も減ってくるし、大学も淘汰の時代なのでしょう。

  費用対効果を考えれば、「社会学」もバブリーな存在だから、
   消えていくしかないでしょうね(笑)。

    少なくとも、赤字の国が税金使ってやることではない。趣味の世界だ。


142 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 12:53:51
わるいもんじゃないと思うけどな

143 :名無しさん@社会人:2006/08/10(木) 21:01:58
 
厚生労働省は8日、2006年版労働経済の分析(労働経済白書)を公表した。

パート、アルバイトや派遣など非正規雇用の比率が20歳代で高まり、「将来の所得格差
が広がる可能性がある」などと懸念を表明。婚姻率の低下や少子化にも影響があるとみて
おり、正社員への移行や職業能力訓練の機会を増やし、「格差の固定化を招かない」
ことが重要と指摘した。

企業などに勤める雇用者のうち、非正規雇用の割合は20―24歳で最も高く、最新調査(2002年)
では31.8%と前回(1997年)よりほぼ倍増した。白書は「収入の低い労働者の割合が増え、
若年層で収入格差の拡大の動きが見られる」と分析した。34歳以下の男性の場合、正規雇用者で
結婚している人は39.9%だったのに対し、非正規雇用者では13.5%にすぎない。

収入の低さと不安定な雇用が結婚をためらわせ、少子化の一因となっていること
をうかがわせた。

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20060808AT3S0701H08082006.html


144 :名無しさん@社会人:2006/09/17(日) 02:29:40
雇用が流動性を持つのはいいとは思うけど、35歳で大体転職出来なくなるから
実際には、流動性なんて機能してないのが現実だし、
滅私奉公してれば、定年まで勤められた会社員が、リストラや
倒産の憂き目にあったり、過酷な残業で健康を肉体、精神の両面で
害したりしているのが現状だと思う。
終身雇用制度は、戦後の高度成長期時代には成立したけど、今のように
ビジネスモデルの寿命が短くなると、会社は存続するために、業態をどんどん
儲かるものに変えていけないと、経営を維持出来なくなってきている。
これは、政府の政策もあるけど、資本主義自体がグローバル化して、
宿命的な不可抗力で向かっていく必然的変化だとも思う。
そして、資本主義はクラッシュして二度と回復しないと思う。
そうなると、また戦争が始まって需要創造するんだろうと思うが
それでもやはり、限界が来て、資本主義も共産主義同様、破綻するんだろうと
思うよ。
そもそも、資本主義は資源を使い果たすまで突っ走るしかない宿命の
システムで、政府がコントロールする力を失って制御不能で今は暴走している
状態に入ったと考えるのが妥当だと思う。

145 :名無しさん@社会人:2006/09/17(日) 19:44:56
「格差が出ることは悪いとは思わない。成功者をねたんだり、能力のある者の足を引っ張ったりする
 風潮を慎まないと社会は発展しない」
  (小泉純一郎  第89代内閣総理大臣 世襲3世)

「競争が進むとみんなが豊かになっていく」
  (竹中平蔵  第3次小泉改造内閣総務大臣)

「格差があるにしても、差を付けられた方が凍死したり餓死したりはしていない」
  (奥田 碩  元日本経団連会長 元トヨタ自動車会長)

「パートタイマーと無職のどちらがいいか、ということ」
  (宮内義彦  規制改革・民間開放推進会議議長 オリックス会長)

「非才、無才には、せめて実直な精神だけを養っておいてもらえばいいんです」
  (三浦朱門  元教育課程審議会会長)

「格差論は甘えです」
  (奥谷禮子  人材派遣会社ザ・アール社長 日本郵政株式会社社外取締役 アムウェイ諮問委員)

「フリーターこそ終身雇用」
  (南部靖之  人材派遣会社パソナ社長)

「業界ナンバー1になるには違法行為が許される」
  (林 純一  人材派遣会社クリスタル社長)

146 :名無しさん@社会人:2006/09/17(日) 21:53:40
>>144
> 終身雇用制度は、戦後の高度成長期時代には成立したけど

終身雇用制は、昭和10年代の国家総動員体制の中で産まれたものだが・・・・
事実誤謬も甚だしいので、半年ROMってなさい。

147 :名無しさん@社会人:2006/09/24(日) 19:48:48

> いやいややっぱりコアの人材はしっかり会社で賄わなくちゃ、という方向に
> シフトする可能性が高いと見るわけです。もともと経団連はそういう発想が
> 強いですし、御手洗会長の考え方もそちらに近いですから、

正規と非正規をきっちり分けて、会社は正規職員の利益向上を最重要課題として
経営するという路線ですね。
正規職員とその正規家族にとってはいい流れなんでしょうけれど…

経営するだけじゃなくて、政府にも「正規職員とその正規家族を優遇」
するように要求する…
問題は『そうじゃない人がどうなるか?』ですが、その際に非正規から
正規へというスローガンを利用して非正規の人を食い散らかす、という
ことが行われるんだろうな、と悪い予想をしています
例えば、御手洗会長の会社ではどうなるか、見守りたいと思います

正規職員と非正規職員をキッチリ区別して扱う、という路線は例えばワーク・シェア
リングと真正面から衝突するように思う。
本当にソーシャルなのだろうかと。いや、「正規職員同士の間」ではソーシャルです

http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_16bc.html
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2006/09/post_b331.html

148 :名無しさん@社会人:2006/09/25(月) 01:09:04
巷間の見方や国民の格差意識とは裏腹に、聖域なき構造改革、
規制緩和の推進を掲げた2001年4月以降の小泉政権下では、
むしろ所得格差は縮小に転じている

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/4663.html

このように近年の所得格差は、家計調査によれば、国民意識とは逆に、
賃金カーブのフラット化や社会保障による低所得層の所得低下抑制機能によって、縮小している。
冒頭に引用したように小泉政権の政策が格差拡大を目指しているとしたら、
政策は失敗に終わっている、あるいはこれから効果があらわれる類のものであると結論できよう。

 統計データは大量観察に特徴がある。国民意識は、特徴的な事件や出来事をとらえて動く。
勝ち組や負け組、ニート・フリーターの増加、大儲けする六本木ヒルズの入居企業、
生活保護世帯の増加などは、格差拡大に結びつく社会現象である。

 しかし、大量観察の結果は、むしろ、年齢別賃金カーブや社会保障の充実といった
もっと大きな変化を反映しているのだと考えられよう。

149 :名無しさん@社会人:2006/10/30(月) 16:23:45

週刊エコノミスト 11月7日号  10月30日(月)発売 630円

■【特集】娘、息子の悲惨な職場 Part 5 果てしなき低賃金

 ・正社員になっても逃れられない低賃金   
 ・日本経団連会長のお膝元キヤノンで正社員化が進むが…

 ・データで見る労働条件の悪化@ 
   伸びない賃金 人件費の変動費化が進み 正社員の月給も4カ月連続ダウン     
 ・データで見る労働条件の悪化A
   「正社員化」への幻想 若手正社員の待遇は悪化 減る役職、延びる労働時間  
 ・中途採用の道 正社員へ「25歳の壁」 フリーター経験はマイナス    
 ・パートの正社員化 掛け声かかれど同じ仕事で報われない現実    

 ・インタビュー 福島瑞穂・社会民主党党首  
   「再チャレンジでは救われない 同一価値労働同一賃金の実現を」
 ・安倍政権「再チャレンジ」政策の中身 正規・非正規社員ともに厳しい時代    
 ・大学4年生の就職は「楽」でした 採用は増えたが大学は「離職率が高い」と警戒    
 ・インタビュー 派遣会社の社会的責務
    篠原欣子・テンプスタッフ社長 「格差は能力の差 正社員望むなら紹介予定派遣」
    南部靖之・パソナ社長 「派遣の問題は業界にも責任 単なる正社員化では解決しない」

http://www.mainichi.co.jp/syuppan/economist/


150 :名無しさん@社会人:2006/10/31(火) 20:37:31
>>149
てすと

151 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 18:50:20
団塊の世代が管理職クラスになった時点で
年齢的な階層がおかしくなったからね
年功序列にこだわったせいで
現場の平社員より管理職のほうが多いとか頭の悪い会社もあるぐらいで


152 :名無しさん@社会人:2006/11/25(土) 21:03:06
若者収奪の制度、早くやめれ!
悪質すぎる、不平等すぎる。人を奴隷にするんじゃない!

153 :名無しさん@社会人:2006/11/27(月) 22:34:51
【ネット】 「就職できない人は欠陥品」「ニート等になると人生台無し」…近畿大HPをめぐり議論
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1164631439

日本の雇用制度の下では昔からそうだったんでは?

154 :名無しさん@社会人:2006/12/03(日) 19:39:02
新卒を重視するメリットは以下。

(1) 平均的に優秀な社員を長期間雇用するため
 社会全体が長期雇用前提だと転職のコストが高いので
 新卒で入った人が留まりやすい。
 結果的に最初に優秀な人を雇うのがベストな方法になる。

(2) 企業内でしか通用しない独自のスキルがある
 スキルの習得に長い期間がかかり、転職者では得られない独自のスキルが
 必要な仕事であれば、最初にできるだけ優秀な人を雇う必要がある。

(3) シグナリング
 「うちは、これだけ新卒にお金をかけられますよ=もうかってる、
 良い会社ですよ」とアピールすることでより優秀な社員を集められる。

(4) 若い人間を入れることで組織の活性化を図る。
 できるだけ若くて優秀な方がいいので、結局学歴と新卒を重視。

(5) 教育コストの低減
 ある程度まとめて採用する時に、中途半端なスキルの持ち主が
 一番教育にお金が掛かるため、結局新卒で揃え集合教育した方がコストが安く済む。

155 :堤のいぬ:2006/12/03(日) 21:26:40
(4)は悪い冗談だろうがそれ以外はなかなか説得力あるね

156 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 21:04:38
今の日本の成果主義って富士通がアメリカシリコンバレーから持ち込んだ物が始まりなんですか?
それともオイルショック後に推進された能力主義の延長なんでしょうか?

157 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 21:27:40
学歴による選別機能がかなり飽和状態に達している現在、学歴だけの選別では
人材を十分選別できなくなってきて、これまで学校内に留まっていた選別機能が
企業内にまで拡張される時代になってきているんだろうな。
受験勉強が幼稚園まで低年齢化される一方で、企業内にまで進出してきている。

158 :名無しさん@社会人:2006/12/09(土) 21:29:05
受験勉強じゃなくて受験戦争に改め

159 :名無しさん@社会人:2006/12/11(月) 20:59:46
【社会】 「ホワイトカラー・エグゼンプションで、過労死・自殺増える」 過労死・過労自殺の遺族ら、労基法改正反対
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1165831472/l50

160 :名無しさん@社会人:2007/01/07(日) 01:58:35
さすが労働者の味方、連合(民主党の支持母体になってる労働組合)だな。 労働者にとってとても頼りになる存在! ↓
-------------------------------------------------------------
▼2006年08月06日 朝日新聞
偽装請負の内部告発者を隔離 松下子会社
  ↓  ↓  ↓

▼2006年8月7日
「製造業における偽装請負」に関するマスコミ報道についての見解
電機連合 中央執行委員長 中村 正武
  一部新聞において「製造業における偽装請負」に関する報道がなされましたが、「違法行為はなかった」ことが確認されています。
  ↓  ↓  ↓

▼2006年08月09日 連合(高木剛会長)への朝日新聞インタビュー
――偽装請負の現状をどうみるか。
 「蔓延(まんえん)している。各労働組合も問題の指摘は機会をとらえてやってきたと思うが、責任を十分に果たせたとは言えない」
――なぜ、蔓延?
 「バブル崩壊後、コスト削減でこういう雇用形態の人が製造現場にも入ってくるのを知りながら(労組は)目をつぶっていた。
 言葉が過ぎるかもしれないが、消極的な幇助(ほうじょ)。働くルールがゆがむことへの感度が弱かったと言われてもしょうがない」
――見過ごした理由は。
 「会社の利益が改善すれば、例えばボーナスで配分を受ける正社員が、配分にあずかれない偽装請負の人をほったらかした
 ということだ。経営者から『余計なこと言うな』と言われ、『しょうがない』とする弱さを労組が持っていた」
  ↓  ↓  ↓

▼労働組合 Wikipedia
 5 最近の日本の労働組合
  5.6 偽装請負の黙認
  近年蔓延してきた偽装請負については、労働組合は事実上黙認している状態であり、連合の高木剛会長もこの事を認めている。
  理由としては経営側の方針に労働組合側が反発し辛くなっている事と、偽装請負を解消した場合、解消にかかったコストを組合員である
  正社員の給与削減で賄う必要が出てくるため、結果的に(組合員である)正社員側が不利益を蒙る事になりかねない点が挙げられる。
-------------------------------------------------------------

(松下の偽装請負告発者が加入していた労働組合は日本共産党系)

161 :名無しさん@社会人:2007/01/07(日) 02:59:54

   これが日本の伝統文化【和をもって尊しと成せ】だ!!

○我慢が美徳・・・
   正しいか間違っているかは問題とせず、組織や平穏を保つ為には、
   どれだけ酷い仕打ちを受けても、どれだけ理不尽な扱いをされても
   「仕方がない」と言って耐える事。それが大人の姿である。
   抗議をしたり反抗するのは子供じみた振る舞いであり、
   社会人としての自覚が足らない証拠だ。

○協調性の重視・・・
   正しいか間違っているかは問題とせず、黙って周囲と同じ行動をしろ。
   自分の考えで行動する奴は我侭な人間である。

○上下関係の重視・・・
   正しいか間違っているかは問題とせず、目上を常に敬い、
   目上の者に口答えは厳禁、返事は常に「はい」だ。
   親〜子、先輩〜後輩、上司〜部下、教師〜生徒、姑〜嫁、全て同じだ。

○組織や世間の重視・・・
   「家」「職場」など、個人の人格よりも組織や世間を大事にしろ。
   組織や世間の為には「幸せに生きて生きたい」という
   人間として当然の欲求も捧げろ。それが大人の姿だ。

○自由と個人の否定・・・
   自由や個人を主張する者は、我侭な人間、
   大人としての自覚や社会人としての自覚が足らない人間だ。


162 :名無しさん@社会人:2007/01/08(月) 00:17:47
終身雇用だと、膨大な時間を技術の習得に使える。
しかし、派遣社員だと単純労働のロボット

163 :名無しさん@社会人:2007/01/08(月) 01:09:20
学校と一緒だね

164 :名無しさん@社会人:2007/01/17(水) 22:02:42
求人の年齢制限禁止を自民検討 再チャレンジ促進の一環

 自民党は17日、企業が労働者を募集・採用する際に、年齢による
制限を原則禁止する方向で検討に入った。現行の雇用対策法では、年
齢制限をしないように努めるとの努力義務にとどまっているが、これ
を禁止事項にする。就職氷河期に希望の職につけなかった年長フリー
ター(25〜34歳)や定年を迎えつつある団塊世代を念頭に、安倍
首相の「再チャレンジ」促進策の一環として、年齢差別による門前払
いをなくすのが狙いだ。経済界は難色を示すとみられ、今後調整を本
格化させる。(後略)

 ttp://www.asahi.com/life/update/0117/006.html

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)