5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

資源に恵まれない日本がなぜ豊かな生活をできるのか

1 :非通知さん:03/12/13 17:51
鉱産資源などに恵まれない日本がなぜ豊かな生活をできるように
なったのか

2 :ちゃんと通知してください:03/12/13 17:54
非通知の場合私はでませんよ。

3 : :03/12/13 21:41
「京」というのは天皇が住んでいるところ、という意味です。
 そして、天皇が住んでいる都、京、に近づく方向を上り、遠ざかる方向を下り、といいます。
だから、天皇が住んでいる場所に行くのは、常に上京なのです。
都(京)の場所については、現在の京都(平城京)までは、ちゃんと天皇の遷都の詔(首都移転宣言書)が出ているのですが、
明治維新の時に天皇が江戸に移動したときには詔が出ていません。
(だから西暦794年、1207年ばかり前の平城京遷都のやつが最新の詔)
それで京都は形式的には、いまだに京であるという解釈が可能なのです。
また、東京は実質的な天皇の住まうところなわけですから、実質的な京なわけですね。
それで、「上京」という言葉が使われるのです。
 江戸時代だと、 近畿地方から関東地方へ向かうのを「東下り(あずまくだり)」と読んでいました。
畿内が「上方(かみがた)」と呼ばれるのも、京に近いからですね。
 また、文化は京からというので、京に源を発しない流行ものは馬鹿にされたのです。
京から伝わってきたものが「下り物(くだりもの)」で、そうでないものが「くだらない」。
現在でも「くだらない」という語は使われていますが、語源はこのあたりにあります。



4 :大学芋:03/12/13 22:21
教科書をちゃんと読まないから・・

5 : :03/12/13 22:37
資源を買って、それを加工して、売りさばいてるから。
畑を持たないのに、何故八百屋が儲かるのか。とか、そういう類の疑問になるなのかね。




6 : :03/12/13 22:38
<丶`∀´> ウリ達からシャクチュしたからニダ!!

7 :日章丸之助:03/12/13 22:41
ブッシュ政権は、“テロとの戦い”の名の下にテロを故意に激化させ、
対米隷属を拒み自由を希求するイラク国民の弾圧を正当化している。
イスラム教徒抑圧と石油利権確保を優先するCPA統治下において
イラク復興はなし得ない。

民主党
「イラクへの自衛隊派遣に反対するインターネット署名」
http://www.dpj.or.jp/signatures/
・署名簿は、民主党が責任をもって首相官邸に提出します。


8 ::03/12/20 07:52
資源がある国が今日本がやっている仕事をやり始めたら日本はそれでもだいじょぶなの?

9 : :03/12/29 19:09
>>8
実際、中国に圧迫されてるわけで

10 :寺嶋眞一:03/12/30 02:41
細工物作りは、我が国の伝統。現実構文の内容で十分やって行ける。
日本人には、「今ある姿」に関する考えは十分にある。
「あるべき姿」に関する考えがないので、「あるべき姿」を「今ある姿」に移行させる筋道を明らかにすることができない。
したがって、創造力がない。
技術は「今ある姿」であり、金になる。
科学・哲学は、「あるべき姿」であり、必ずしも金につながらない。
英米には、「あるべき姿」に関する考えがある。
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/






11 : :04/01/02 14:40
世界の総人口が増えたら、食料自給率の低い日本はあぼーんだよ。

12 : :04/01/04 20:06
>>8-10
海外に工場を移しまくった結果、技術をパクられ、
「精緻な技術が日本のウリ」というのも危うくなっているらしいね。

13 :寺嶋眞一:04/01/04 21:30
英米流の思考形式を我が国に導入すれば,科学・哲学の分野でも発展を遂げる可能性が出てくる.
You can read more at http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/





14 :  :04/01/04 21:57
 >>1
 戦前と戦後の日本を比較すればわかる。
 戦前の日本が何故貧しかったのか?英米を始め世界がブロック経済体制と
高い関税を取って日本製品が世界市場から締め出されたためだ。
 石油、鉄、多くの資源がABCD包囲陣とかで自由に手に入れられないから。

 戦後の日本は英米を始め世界市場にアクセスできるようになった。石油や
希少資源、多くの物資を世界から自由に手に入れられる。

 これに勤勉な頭の良い国民性、起業精神などが組み合えば発展していくだろ



15 : :04/01/04 22:20
>>14
発展していくというかもう飽和。
前3段落は正しい。満州との経済流通で
世界で1番早く恐慌を脱したしな。

16 : :04/01/05 07:29
今後、石油、鉱物などの資源は枯渇していくよ・・・

17 :テリーばか:04/01/05 12:05
南北問題の入門書として『バナナと日本人』を勧められたが
買ったきりまだ読んでない。『ゾマホンのほん』を読んでみた。
これは面白い。

18 : :04/01/07 10:28
今は借金で派手に生活してるだけで、
ある日突然あぼーんする時がきますよ。

国債残高(国の借金)660兆円。1億円がいくつ分か、わかりますか?
この借金をチャラにするため、
預金封鎖+新円切り替えを行おうとしている、というのが
巷ではもっぱらの話題です。

ちなみに国にお金を貸しているのは、あなたも含めた国民の皆様です。
自分では「銀行に預けた」つもりでも、そのお金を銀行が国に融資して、
さらに回収不能となれば、「出資した」預金者にツケが回ります。
あわてて銀行から預金を引き出しても、上記の政策のもとでは
もう手遅れです。銀行と政府を見張ってこなかったツケなので。

日本にはもう売りネタがないので、飢え死にしたくなければ
アメリカの後ろにのこのこついて行って、おこぼれ頂戴、
これしか道はないのでイラクでもなんでも行きます。

19 : :04/01/09 14:24
>>18
歳入の半分が国債ですしね。

20 : :04/01/10 04:05
原油が輸入できなくなるだけで日本はあぼーんですよ。

21 : :04/01/13 03:21
「物を輸出できなくなれば(外国に物を買ってもらえなければ)」
日本は終わりである。

22 : :04/01/14 11:41
政府は「ものづくり」に力を入れているというけど、安価なものを、ある程度の量生産できないと
どうしようもない。

23 : :04/01/18 00:04
かつては、日本以外のアジアなどは「ほぼ、原材料を生産するのみの国」が多く、
日本がそれを輸入して質の高い加工製品を作る、といった感じでした。

しかし、現在では原材料生産国のうちの複数の国が、自国で加工製品も多く作るようになりました。
世界の資源がなくなるよりも前に、日本は思うように原材料を入手できなくなるかもしれません。

24 : ◆DQNDQN8ptc :04/10/16 09:00:54
n

25 :あげ:04/10/21 10:19:17
9ヶ月も前の、20しかレス付いてないスレが残ってるんだな。
社会学板って存在意義あるの?

26 :to:05/03/01 11:21:25
少し考えてみる。
まず、工業に適しているのは温暖で水が豊かな国。
そう多くはない。

27 :to:05/03/04 22:06:55
資源がないことは輸入が自由に出来る状況なら制約にはならない。
戦争であれば、とても不利だが。

28 :to:05/03/07 22:28:15
では鉱産資源がないことが制約にならなくても、ないよりはあった方がましなのだろうか。
それも経済にとっては一概には言えない。
例えば日本が資源産出国から資源を買うことによって、それらの国は日本製品を買うための
外貨を稼いでいたとも考えられる。

29 :to:05/03/12 10:32:47
ゲーム理論のように
資源のみ産出するA国、
工業のみのB国、
資源を産出し工業もさかんなC国、
を想定すればそれぞれどんな戦略をとるだろうか。

30 :to:05/03/18 21:34:26
とはいえ、資源がなければ最初に産業を興し、拡大していくときの資金には困るかな。
しかし、これは日本にとって戦後の課題ではなく、明治から終戦までに
ほとんど終えていたことと言えるだろう。

31 :to:2005/03/22(火) 23:11:14
その戦前の日本経済で最大の出来事は第一次世界大戦である。
この時の大戦特需で日本は爆発的な成長をとげた。
それまで生糸等しか輸出品がなかった日本だが、造船・重工業をはじめ
あらゆる産業が、輸出競争力をつけ欧米製品に対抗できるようになった。
周知の通り、大戦が終わると日本は不況に入るわけだが元に戻ったわけではない。
大戦前と大戦後では経済規模も産業構造も全く違う。

32 :to:2005/03/27(日) 20:31:09
WW2で日本は大きな被害をうけたが壊滅はしていない。
工業生産力はざっと半減した。残ったものが復興の原動力となった。
終戦直後、日本に残った生産設備を連合国が戦時賠償として
持ち去ろうとする動きがあった。
これが実行されてれば日本はとどめをされていたが
幸い、立ち消えになった。

33 :to:2005/03/31(木) 21:38:27
戦後しばらくは復興は金がなく、進まなかった。
そこに朝鮮戦争特需。この時、一気に日本経済は戦前水準以上にまで回復する。
WW1と朝鮮戦争の特需はともに、技術面でなく資金面の問題で、
壁にあたっていた日本を大きく前進させた点に意味がある。

34 :to:皇紀2665/04/01(金) 22:31:32
生産設備が復活し、資源を自由に輸入できるようになった。
あと経済成長に必要なのものは需要の確保である。
当時は世界全体が戦争からの復興期であり、後に途上国の開発もはじまる。
需要があふれていた。よく言われる「モノを作れば売れる」時代である。

35 :to:2005/04/03(日) 00:00:50
当時の日本はアジア唯一の工業国であり、東アジア市場で
欧米よりも距離的に極めて有利であった。
これは明治から一貫している。
同じように西欧はアフリカ、アメリカは南米の市場で強いが
どちらも市場規模ではアジアの比ではない。

36 :to:2005/04/08(金) 00:35:00
もう一つ日本の特徴は国内市場が巨大だったことである。
アメリカには劣るが日本は西欧のどの国よりも人口が多い。
国内で安定した需要を確保できることは国外の競争でも有利になる。
また人口が多ければ当然、労働力の供給にも困らない。

37 :to:2005/04/16(土) 22:04:56
周辺にライバルがいなく、かつ大きな市場を確保したことは
日本一国内に全ての分野の産業を抱えこむということを可能にした。
さらに一つの産業に数多くの企業があるという日本の特徴にもなっている。
ヨーロッパがそれぞれの国で得意分野の産業を持ち相互依存しているのとは違う。
韓国や台湾なども人口が少ないために国内で全ての産業を育成するわけにいかず
特定の産業に力を集中させている。それでもその産業の企業数は少ない。

38 :to:2005/04/30(土) 13:01:12
ここで言っとくけど
>資源に恵まれない日本がなぜ豊かな生活をできるのか

技術や政治でなく、地理や時代背景など人間の努力では
どうにもできない部分という点で考えている。
あやふやな部分も多いけどね。

39 :to:2005/05/01(日) 21:35:28
資源についてもう少しみてみよう。資源が産出しても、単純にそれを売ってウハウハという国ばかりではない。
そこにも価格競争はある。また、同じ資源でも産地によって品質は様々である。
資源を産出する工業国は、たとえ高コストで低品質でも、自国の資源を利用しなくてはならない。
逆に資源を産出しない国は、世界中から最も安くて高品質の資源を自由に輸入できる点で有利である。

40 :to:2005/05/04(水) 23:44:42
西欧は石炭や鉄鉱で発展してきたが、戦後それらの鉱山は
安い輸入品に押され縮小し続けてきた。
資源の輸入への転換に伴い、それまでの、鉱山に近い内陸の工場は、
海岸部に移転しなくてはならなかった。
最初から資源のない日本は、その点では身軽だった。
むしろ戦後の日本の鉄鋼業の発展などは、安くて高品質な
オーストラリア産の鉄鉱石の輸入なしには考えられないものである。

41 :to:2005/05/14(土) 22:06:10
今は撤廃しているが、最近まで中国は、国内の資源産業保護のため
石油や石炭などの輸入に10〜15%の関税をかけていた。
また日本は農林水産の資源などは、無いわけではないが、
切捨てられてきた。
経済にとっては競争力のない資源は、あるよりない方が
マシだったというわけである。
もちろん、安全保障の面では、どんな資源でも無いよりあった方がよいけどね。

42 :to:2005/06/11(土) 17:19:53
つまり戦後の日本にとっては、資源の無いことは、むしろ有利なことだった。
ただ、これは後からいえる結果論かな。
例えば、その時代にオイルショックを体験した人は、日本が石油を輸入できなく
なって滅亡するような危機感を、本当に持ったんだろうね。
現在でも尖閣諸島や資源枯渇が大きな問題だしね。

43 :abc:2005/06/17(金) 11:19:21
toさんのおっしゃる通りでしょうね。もし下手に日本に資源があったら、日本の
産業はここまで成功できなかったでしょう。もし日本でコメがとれなかったら、
我々は今頃、はるかに安く食べられているはず。味はともかくとして。もし下手に
石油なんか出たら、「油は一滴たりとも入れない」なんてことになって、バカ高い
エネルギーを使わなくてはいけないハメになっていたことでしょう。
 日本は、資源がなかったから、ここまで豊かになれた。旧コンゴは、地面を掘ると
金やダイヤモンドが出てくる。あそこは現在、世界で最も貧しい地域の一つです。
偶然ではないでしょう。

44 :abc:2005/06/17(金) 11:20:31
自由貿易に感謝。

45 :名無しさん@社会人:2005/07/20(水) 14:52:05
>>43
基本的に、資源というものは政府の所有であって、国民の所有ではない。
資源を売って得た金をどう使うかは、その国の指導者の考えしだい、ってことかな。
税金なら、あまり無駄使いしたら国民が怒りだすよねw

46 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 00:12:09
 ★ 中国、韓国 以外のアジアの日本観 ★
 今から十五年ほど前、アジア各国の軍部代表がマニラに集ったときのことだ。
 韓国軍の代表が、戦争当時の日本軍と日本民族と現在の日本企業を罵倒する
演説を行った。
 
 列席のアジアの親日家たちは「韓国代表の演説は痛烈で聞くに耐えなかった。
 だが列席の日本の自衛官はひと言も発しなかった。 
 そこで、列席していたインドネシアのアリ・ムルトブ准将は韓国の軍人に
 向かって次のように日本を擁護した。
 彼はASEAN結成の仕掛け人である。
 
 『日本はアジアの光である。大東亜戦争は欧米人にアジア人の勇敢さを
 示したもので、チンギス・ハーンとともにアジア人の誇りである。
 ここで、インドネシアの日本の価値について申し上げる。
 今、忽然として日本民族がこの地球上から消えたら、アジアとアフリカは
 非常に困る。その時に韓国が一番困ると思う。韓国は工業大国の日本と競争
 したから、立派な工業国になれたのである。
 近くに強力な競争相手がいることは素晴らしいことだ。
 つまり日本の近くに位置していることは幸運なのだ。経済的支援を連続的に
 受けているといってよいくらいだ。インドネシアが日本に近ければ今のような
 貧弱な国ではないだろう。

 我々インドネシア人は「日本は何もしてくれなくてもよい。」
 と考えている。日本は欧米と肩を並べているだけでアジア・アフリカに尽くして
 いる。


47 :名無しさん@社会人:2005/11/02(水) 00:41:08
地理を勉強したことないのか?
資源に恵まれていても貧しい国はあるよ。


48 :名無しさん@社会人:2005/11/04(金) 02:38:55
インフレ時代は、モノ(土地でも労働者でも)を持っていたら得だった。
デフレ時代は、それらを持っていると、下手をすると重荷になる。
モノが余っていて、どこからでも調達できる時は、頭脳やセンスだけあって、モノは欲しいときに手に入れる。
個人にたとえれば、部屋になんでも置いておく必要はない。日用品がなくなったらいつでも100円ショップに行けばよい。
中国など低賃金国は、日本の100円ショップの役割を果たしている。必要な時だけ買う。必要ない時は買わない。

49 :名無しさん@社会人:2005/11/04(金) 19:36:17
日本が豊かなのは、国が借金をしてくれてるからだよ。
誰が返すんだろうね。

50 :名無しさん@社会人:2005/11/04(金) 22:16:14
>>49日本国の借金は国内で賄っているから何の説明にもなっていない

51 :名無しさん@社会人:2005/11/04(金) 23:50:01
アフリカが典型だが、資源が豊富な最貧国(LLDC)って多いぞ。

そもそも、開発経済学がすでに何十年も前に明らかにしているように、
経済発展の源泉は全要素生産性の持続的上昇を伴う技術進歩であり、
それをささえる人的資本である。

数学ルサンチマンな社会学ばかりしてないで、もっと経済学を学べ!このDQSども!



52 :名無しさん@社会人:2005/11/05(土) 00:02:07
>>全要素生産性

先生、詳しくお願いします。

53 :名無しさん@社会人:2005/11/05(土) 00:03:08
>>51
39,43,48あたりを別の言葉で言ってるだけ、だよね

54 :名無しさん@社会人:2005/11/05(土) 09:37:47
>>52
読んで字の如しだ、、
書いた香具師 説明すろ!

55 :名無しさん@社会人:2005/11/05(土) 21:26:04
オレね。社会科学って、議論ができる素質って、大事だと思うんだよね。そこが自然科学と違うところ。自然科学は一人で計算とかしてればよさそうだけど。
で、なんでこの板にはこんなクソみたいな言い方しかできない奴ばかり集うんだろう、と。
自分の意見があったら言えばいいのに。ドキュンとか言ってないで、とオレは思う。

56 :名無しさん@社会人:2005/11/06(日) 10:53:18
>>50
郵便貯金が国家予算の資金源になっているのは知っているが、
それじゃ郵便貯金は税金なのかということになる。

57 :to:2006/01/01(日) 10:25:51
鉱産資源以外の天然資源は、どうだろうか。
昔から日本は農林水産などの自然資源が豊かで、
多くの人口を養ってきた大国である。
これらは、豊富な水資源によるところが大きい。
そして、この水資源の豊かさこそ、近代でも日本が、
外国より恵まれていた大きな点であった。

58 :to:2006/01/05(木) 22:59:49
水は生活用水・農業用水として、労働者を養う。
さらに冷却・洗浄などの工業用水として、全ての産業に
必要なものである。
また、直接に輸入できず、近くになければならないという性質をもつ。


59 :to:2006/01/10(火) 22:45:39
中国などは、水質汚染と砂漠化による水不足が、年々深刻になっている。
水がなければ、いかなる産業も成り立たない。
中国の発展は、水資源の枯渇により、行き詰まるという見方もある。
では、なぜ日本は水が豊か、といえるのか。
降水量だけでみるなら、日本より多い国はたくさんある。

60 :to:2006/01/24(火) 18:23:41
まず単純に、日本は面積あたりの降水量が多く、水を集めやすい。
広い平野に降る雨は、河川にいく前に蒸発し、利用しにくく、
また水の量の地域差が大きくなる。

61 :to:2006/02/05(日) 21:15:04
第二に、産業は水資源の総量でなく、最低の時の量に制約される。
例えば、工場は水がないからといって、休むことはない。そのため、
他の時期にどんなに水があっても、一年で最も水が少ない時に
あわせて、規模が決まる。

そして日本は、年間を通して雨がよく降り、取水量はわりと安定してる。
多くの国は、雨期と乾期ははっきりしていて、日本のような国は
むしろ稀である。

62 :to:2006/02/17(金) 00:16:24
取水量の最低値を底上げし、規模を拡大したい時はどうするか?
もちろん、ダムをつくる。水が多いときに貯め、少ないときにつかう。
幸い、山がちな日本は多くのダムの適地があった。

63 :to:2006/02/19(日) 01:53:33
山がちと言ったが、日本が降水量が多いのは、南北に連なる山脈が一因である。
また利用しにくい山は豊かな山林を残した。
日本は世界有数の森林国だ。これは保水と洪水防止の能力をもつ。
平地では森林は伐採され農地にされる。
米・欧・中国、中東さえ、かっては緑だったが、今ではほとんど
森林は残っていない。

64 :to:2006/03/12(日) 22:17:50
日本列島が一面の平野だったらどうなっていたか。
雨は少なく森林は拓かれ、かなり乾燥し、とても、
今のような繁栄は望めなかったことだろう。
不便なこともあるが、我々日本人は、山がちな日本の国土には、
感謝しなくてはならない。

65 :名無しさん@社会人:2006/05/18(木) 23:20:54
>>64
そう 山地に住めない日本人が狭い平地に住む。それで人口密度は世界一だ。
よくオランダ、ベルギーが日本より人口密度が高いと言われるが、この2国は
全くの平地の国。
あの国々に行けばわかるが、東京や大阪のような人口稠密な地域はどこにも
見当たらない。

この都市の密集が、工業化に貢献したし、サービス産業の効率化にも
メリットがあった。

ただ地形的なデメリットをメリットに転じることができたのは、全国的な
鉄道網の整備であり、それを支えた教育や公システムがあった。

こういうプラスの部分を語れば

66 :名無しさん@社会人:2006/07/07(金) 15:11:58
何故か

67 :to:2006/07/30(日) 21:13:34
>>65
プラス面を語ってるよ。
ただ>>8のような疑問もあるので、人為的な面でなく、
地理面で考えている。

68 :to:2006/08/01(火) 01:43:25
水の運用には排水も大事。
日本は水質のいい、川の上流部で取水し、汚れた排水を
下流から海に流している。
当たり前のことのようだが、他の国ではこんなことはできない。
海から離れた「内陸」があるからだ。

69 :名無しさん@社会人:2007/01/09(火) 14:25:42
歴史のめぐり合わせで、たまたま豊かになっただけだ。
今後は、これを維持してゆくのは大変だが、日本人が真に聡明なら、それは
可能だろう。

日本の地理的プラス面・・・・ 太陽と水 ⇒ これだけ!

日本の地理的マイナス面・・・山国、島国、資源不足、地震多発、亜熱帯的気候
              積雪による雪害多、台風被害多、多雨による水害多、  
              酸性土、火山列島、平地狭小、欧米から遠い、孤立国家 

日本の人的プラス面・・・・・勤勉、手先器用、学習力(模倣性)やや敏捷、
              技術的改善力は優

日本の人的マイナス面・・・・人多すぎ、押出し弱い、折衝力弱い、見栄っ張り、戦略的視野欠 
              体力普通以下、創造性並以下、語学力劣等、
              技術的発明力中程度、

総じて言うと、将来的にも安心できる大国になる可能性なんて、ほとんどない。
んで、それを自覚して、分に応じた国造りをすれば、まぁまぁそこそこの
国家として持続はできるだろう。

高きを望ます(望んだってムリだし、それが有利でもない)
低きに甘んぜず(他国の依存しっぱなしにならに自立性を保持)


              

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)