5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

菜食について考える part11

792 :Rail:2007/02/14(水) 04:11:43
なんか異様にスレが進むのが早いね。
最近、親が死んだのもあって書き込みできない日々だ。
亀は許せ。

俺と救急車との間には倫理に対して大きな隔たりがある。
といふぇるにも言われたが、議論をすれば面白いだろうが、長くなりそうなので遠慮する。
具体的な違いとして、俺は実在論の倫理バージョンであり、救急車は観念論の倫理バージョンだ。
だが、どちらもお互いの立場、視点が違うだけで具体的に語っているものは同じようなものだろう。

いくつかお互いの立場がズレるところ、かみ合わないところで疑問を提示したい。

1、救急車は「倫理の創造」という言葉を使用する。
これはマッキーの得意とする表現だが、マッキーは一般的な事実命題から当為命題を導き出すことを
きわめて日常的な言葉の用法として肯定している。(『倫理学』より、引用箇所は後日にでも)
なぜ救急車は「倫理の創造」という言葉を使用しながらこれを頑なに拒否するのか単純に疑問だ。

2、「倫理の探求」「倫理の創造」のどちらの表現だろうとも俺は構わない。
だが、道徳客観主義の立場は道徳主観主義の立場の何らかに反対意見があるからその立場をとる。
それを挙げたい。
「倫理の創造」の立場をとる時、それは彼個人の意思が重要である。
そこでは「その規範はわたしの意志によって選択されていない。従ってその規範の妥当性を思考する必要がない」という答えが可能である。
しかし、このような態度自体が非倫理的な態度ではないだろうか?
わたしが道徳主観主義に反対意見を示すのは、
自らの意思選択の理由付けによってある規範の吟味を拒否することができるという点にある。
これについて救急車はどう考えるのだろうか?
実際、倫理的な態度というのは、
何を選択したかではなく、自らの行動に対して「本当にそれでよいのだろうか?」と問いをもつことである。
「倫理の探求」を否定し「倫理の創造」を掲げることで、この問いをもつ倫理を否定してしまわないのだろうか?
救急車はこれに関しても「問いをもつべき」と意思されることが必須であると考えるのだろうか?

(「救急車」との表記は失礼、もうめんどいんで・・・


383 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)