5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

菜食について考える part10

1 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 09:56:50
哲学板はアカデミックな哲学に関する掲示板であって、人生哲学の話題を強要するところではない。
したがって、食肉の善悪、倫理、こうした観点から菜食を考察することではないか。
くわえて、社会や日々の生活の安定を脅かすものという判断がなされる限り、
倫理的に敬遠されるものであるから被害という側面を見積もることも必要であろう。

ほかには、
・屠殺の正義とは?
・ペットと食肉の違い
・植物は苦痛を感じるのか?

ちょこちょこいろんな話が出てくることは免れないだろうが、
社会制度やカント哲学や仏教について”延々と議論を展開させること”はスレ違いであり、該当の場所へ移動すべきである。
頻繁に今日の予定や日記を書き込みたければ、夢・独り言掲示板で行ってほしい。頻繁に自己語りをしたければ自己紹介板でどうぞ。

前スレ
菜食について考える part9
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/philo/1167715721/l50

65 :479:2007/01/12(金) 22:58:13
>虫に聞けさん
>前スレ960
仏教が「悟り」を規定するならば、それは「仏陀の悟り」が基準となるわけですよね。
経典の中に、仏陀に「悟った者」らしからぬ言動があり矛盾している。
という場合、
・仏陀が実際には経の内容通りには悟っていないのに、悟った者とした。
・仏陀は実際に経の内容通りの悟りを得たが、誤った言動が記述された。
の2つが考えられますが、
いずれにせよ矛盾が存在している時点で「全て真実」は不可能です。
「仏陀が悟っていない」としても、仏陀を悟った者としている以上「全て真実」は貫けない。
ですから、
仏教が阿含経を「全て真実」として扱うがために
「仏陀の悟った者らしからぬ言動」→「仏陀の悟りは誤り」というのは、
仏教が阿含経を「全て真実」として扱うがために
「仏陀の悟り」→「仏陀の悟った者らしからぬ言動は誤り」と同様の矛盾を孕んでいます。





66 :479:2007/01/12(金) 22:59:54
虫に聞けさんの論理から導かれるのは「仏陀が悟っていない」ではなくて、
阿含経を「全て真実」として扱うことの矛盾です。

阿含経の「全て真実」自体が破綻している以上、その内容に部分的であれ何らかの誤りが含まれている可能性を考えなければならない。
で、阿含経の上記2つの誤りの内2番目の可能性が残ります。

ですから、「仏陀が悟っていない」は未だ論証されていません。

また、たとえ阿含経が矛盾していようが、
仏教ではそれを「全て真実」として扱わなければならないとしても、
そこから導かれるのは「仏陀が悟っていない」ではなくて、「仏教の矛盾」です。
また、うまく矛盾のない解釈をするという「第3の可能性」もあるかもしれません。

発現や行動の記録は第三者の検証が可能な事であるためにそちらを事実として採択したくなるような雰囲気をもちますけどね。それだけです。

「仏陀が悟っていない」は未だ論証されていません。



340 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)