5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

IQ高い人って

1 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 07:29:05
例えば、IQテストとか急に問題出された時にもそれに高い正答率
で答えるわけだけど、その急な問い以前から似たような問題を自分で
考えついていて、その記憶を取り出しているということはないだろうか?
(勿論その場合、才能がないと言いたいわけではない)
それとも、その様な考えが無かったのにもかかわらず、解いているんだろうか?

2 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 07:37:47
ほとんど後者だと思うよ

3 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 07:45:10
>>2
もし、そうだとすると、例えば計算問題とかだったら、既に習得しているものを
速くそして正確にこなす能力であることになるけど、一見して「何じゃ、こりゃ〜〜!?」みたいな
問題を解く場合、それを解く「発想」が自然に出て来る感じなんだろうか?
しかも、正確で速く・・・
一見凄く神秘的に思えるのは俺だけか・・・

4 :低脳の見本:2007/01/06(土) 08:29:59


904 名前:考える名無しさん :2007/01/06(土) 08:10:08
新年を迎えて一気に糞スレ化も進みましたなぁw
糞コテの阿呆も自分が以下に愚かで無駄で独りよがりのチンカス野郎だったかってことに気が付いたみたいですなw
でてこれないのが惨めで哀れだm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ




5 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 07:03:55
容量の大きいファイルを開くと、フリーズするPCとフリーズしないPCがある。
CPUとメモリが重要。
あとHDDに書き込むスピード、読み込むスピードも重要だね。

6 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 09:30:40
>>5
新年を迎えて一気に糞スレ化も進みましたなぁw
糞コテの阿呆も自分が以下に愚かで無駄で独りよがりのチンカス野郎だったかってことに気が付いたみたいですなw
でてこれないのが惨めで哀れだm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ



7 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 22:50:44
>>1-3 が繋がらないんだが、誰か説明してくれ。


8 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/10(水) 00:21:51
IQと独創性は余り関係ないかもな。

9 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/10(水) 00:45:46
IQが高いだけなら、単にズルイ奴ら。

10 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/10(水) 00:53:18
ホリエモンの想定以上のIQサプリメント
http://www.okaimonoda.net/item.asp?gid=horie

11 :処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2007/01/10(水) 00:54:27
ユータン レーダーストラップ
http://www.okaimonoda.net/item.asp?gid=u-tan

12 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 00:55:24
「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・

13 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 09:00:38
IQが高いと全体から外れた位置に自然にバランスを崩すことになる。
つまりだ、キチガイ科学者のようにIQの高さゆえ本来弱い人間性を
失うわけだ、IQが低いのと高いのは同じで中心帯からみればイノセンス
つまり化け物であって異種である。それでもIQの高さを求めるのならば
おまえに人間性はない。

14 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 20:47:32
人生での成功の指標となるのは、IQではなくてEQである。
IQは、脳トレなどの訓練でかなり上げられる。
IQは、入試問題などの処理能力の指標にはなる。
IQでは、独創性や思考力などをはかれない。
このように、IQでははかれない種類の知能もあるので、別の指標もいくつか考案されている。




15 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 14:31:41
脳の思考配列とか何かしらの適正を図るものでは?
たまに適応者みたいなの出るんです

16 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 23:01:25
IQ高い人は、計算中も脳の血流がさほど増えません。

17 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 00:42:55
IQが高い人ってあれだよ。

独特な発想が出来る人とか、
困難に対して適切な答えを出せる人ってのとは違って、
単に、IQテストに出される問題を解くのが得意な人ってことだよ。

いろんな分野に、いろいろな抜きん出た才能をもってる人がいる。
IQテストを解くのが上手い人って意味で
俺はIQが高い人を尊敬するね。


18 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 00:56:33
>>17
お前に尊敬されてもな。

19 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 01:27:17
ニュートンのIQはいくらぐらいだったとか
死人のIQを勝ってに評価してるキチガイが
岩波新書なんかを書いてるような国は
もうどうしようもなく

アホ


20 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 03:52:10
IQテストなんて簡単じゃないか

21 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 04:33:28
じゃないか。


22 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 11:00:15
IQ高くてすいません (*_ _)ドモドモ

23 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 11:05:15
「最終学歴 東大法学部卒」・・・・・

24 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 23:53:07
学部止まりか

25 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 00:02:19
IQテストの問題って、記憶に頼るか、解き方や見通しってのはすぐに立つけど、
変数や計算量が多くてめんどくさい感じのが多いでしょ。

26 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 02:15:48
いやむしろ答えがぱっとひらめいて終わりの問題が多いよ

27 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 02:33:07
大体ぱっと見で見通しつくけど、答えは精密に演算して1意に落とさないと逝けないから嫌だ。
誰が誰より背が高く・・・の問題なんか、自動的に連立方程式に書き下せるけど、100マス計算の
類いが苦手な俺は、そこで速度が遅くなる。

28 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 02:43:13
図形に図形含んで類似度や、順序組み合わせのパターンの変化で法則性を見つけさせるようなやつ、
瞬時に回転反転置き換えの透過パターンが見えるんだが、精密化して当てはめて検証する速度が急速
に落ちる。

問題が文章で説明されると、聞き流しながら、同時に微分方程式に書き直してしまえるが、厳密に解
くのが苦手。

なわけで、IQは130止まりだ。

29 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 02:44:27
典型的な馬鹿だなw

30 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 04:38:08
解答に合理性のないいい加減な問題が多い

31 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 20:35:00
ルービックキューブ、実物で早解きではなく、群論使って一般解法示した香具師がいた。
さすがに凄いと思ったな。

32 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 14:24:45
IQテストを民族間で比較するとトップに東アジアの諸民族が並ぶ、
という統計的事実がある。
これは、漢字を読む時に使う脳のパターン認識回路が、
IQテストの問題傾向に適しているかららしい。
職業ごとだとプログラマがいちばん平均IQが高いらしい。
これも、日常生活の脳の使い方がIQテストの問題傾向に近いから。
IQテストの問題傾向が違っていたら、また別の結果になるだろう。

>>31
その人は、その後は何する人になったの?

33 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 20:51:28
数学の先生やってるよ

34 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 22:50:07
日本人の平均IQは世界でも最高クラスだそうだが、
万人に対する、画一的な、暗記・詰め込み・反復重視の教育=日本式教育の成果だろう。

とはいっても、もう日本式教育を手放しで褒めるわけにはいかない。
日本式教育は、これからの時代に要求される能力を育成するのに適した教育ではないからだ。

35 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 23:20:16
そういう主張の結果がバカ量産のゆとり教育なわけだが。詰め込めるときに詰め込んどくのが一番なんだよ。
さらに『追加で』アメリカ式にディベートやったり自分の意見を主張する練習したりするのが良い。

36 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 00:04:23
>>35
詰め込み教育にもよさはあるが、
詰め込み教育しないと学力が下がる、詰め込み教育しかない、とは言えない。
たとえば、今平均学力世界一のデンマークは、詰め込み教育ではない。日本式とは全然違うようだ。



37 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 02:14:56
詰め込みからパターン認識を発達させられる者はいいのだが、暗記でも試験パス出来るから、
無駄が多い。

38 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 02:38:07
ここでIQ300の典型的平凡な天才の自分が来ましたよ。

39 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 04:38:13
>>1
それは無いと思う。
俺は勉強しないのにいつも高い。
もちろんIQ的なトレーニングなどしていない。

ワイズアールだけれど、IQなんて偏向した評価基準のひとつ。
あんまり意味ない。

40 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 08:21:21
>>38
IQ300は、測る方法がないと言っても過言ではない件について

41 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 10:18:11
電子分布が頭でっかちになると、絶対温度では負になという事で。

42 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 16:42:56
IQが高い=コンピュータそのものになる。
周波数みたいなもの。
つまりハードウエア=硬い、
柔軟性がなく、単純処理がお得意
単純繰り返し性能だけ測っても無駄だろ、気がつけ。
Pentium4とPentiumMを比較するようなもの。

かっとなって怒りまくり、冷めやすいタイプ、おまえだw m9
そういう奴は自分が頭が良いと勘違いしている。
学習をして再生するだけ、そんなのはgoogleで検索して答えをみるような
試験と同じ。
試験だけで評価されてエロイと言われつづけたDQN君は自分が愚かなのに
気がつかない。

43 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 17:19:42
IQテストの過去問をいくつも解いて解答パターンを身につけても、
IQテストの成績は目覚ましく高くならない。平均的なIQの人はいくら
訓練して頑張っても、残念ながらIQ140とか150になる事はない。
受験勉強はIQテストと異なり、過去問をいくつも解いていれば成績は上
がっていくようになっている。IQが平凡であっても各種資格試験は
突破できるので、みんなに開かれた公平な世界といえる。問題を
いくつ解いてきたか量で全てが決まるのでほとんどの資格試験に
IQの高さは必要ない。

44 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 17:49:17
>43
所謂、一流私立大学の3科目受験なんてのも、その典型事例だね。
過去問のパターンは科目を問わず、最大で数百だから、親に私立高校や予備校通わすだけの経済力さえあれば、おおかたは、突破できる。

45 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 23:53:44
>>43
IQテストに出る問題は類似しているので。その辺の問題をIQじゃなくて得意
としている香具師ならIQが低くても直感的に答えをだすだろう。
応答速度みたいなものや処理速度みたいなものは経験で変わるもので
先天的なものではなく、慣れの問題。
答えが決まってなく新たなる物を創造する力について問うべきで。
問題解決能力にはIQはあまり関係しない。
人の下で働くのならば、単純能力が重要だろうけど、能力の無い人を使い
効率を出すには問題解決能力の高さが重要になり。DQN程度の知能では
解決できねーな。
映画で宮崎監督の父と息子の関係だろw
息子はIQ高そうだが、父はIQ低そうだ、だが根本的に乗り越えられない壁が
ある。DQNには理解できない壁だ。

46 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 00:30:29
本当にIQ120ある俺がきましたよ

47 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 01:54:35
あるときは106、またあるときは123、最高記録は150の俺が来ましたよ。
分散でか過ぎて自分でもようわからん。

48 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 04:05:14
10歳くらいのときに計ったら174だったらしい
結果が書いた紙を高校生くらいのときに見せられてたまげた

49 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 04:54:02
IQの数値は関係無いか感じます
例、
東大生がIQ130の数式を解く
パズルマニアがIQ130のパズルを解く
こうしてみると個人個人の職業、趣味によって解けるIQ130の問題は無限と出てくる、つまり誰でもIQ170とか高数値の問題は出来るのでは?
実際IQテストの問題の数値は過去に受けた人達の平均だから、150がいたら90もいる平均120となる
まぁ高い数値の問題が分かった時は最高だけどね

50 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 06:43:52
>>49
取りあえずお前のIQが90くらいってことはよくわかった

51 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 08:44:19
>>50
かかったなw
取りあえずお前のIQが70くらいってことは明白になった




52 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 10:04:12
↑このやり取りが相当痛い件についてどう思う?

53 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 10:07:19
そんな事よりマルクスのIQがめちゃ低いってオチのジョーク誰か知らね?
確かカントとかミルも出てたな。

54 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 10:07:50
IQって、精神年齢/実年齢で子供の知能の発育を計るものだろ?
ってことは、例えば40歳でIQ200だと80歳並の精神年齢、
つまり認知症ぎみってことか?

55 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 10:21:17
>>53
あれは、100年くらい前の知能指数の研究者が、目分量でテキトーに割り出した
数字らしいな。
だいたい、マルクス・カント・ミルが生きていた時代には、知能指数をはかるテスト
なんて無かったんだから。

…ってなことが、吉成真由美(著)『やわらかな脳のつくり方』って本に書いてあっ
たよ。
この人は、利根川進教授の奥さんで、マサチューセッツ工科大学とハーバード大学
で脳の勉強をした人なんだわ。

56 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 10:28:56
ウィキの「知能指数」の記事にも、いろいろ書いてあるな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9F%A5%E8%83%BD%E6%8C%87%E6%95%B0

57 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 10:57:52
ふつうに考えて、人間の知的能力のような複雑な対象について、
優劣のリニアオーダーが簡単に決まると信じている香具師って、
池沼だけだろ?

58 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 14:54:42
んじゃ、別教科別科目の単純和で偏差値出してる今の教育関係の連中は全員池沼だな。

59 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 15:18:05
IQが高くて頭の回転が速い人と、反射的に速く返答できるとか早口だけの
人とは違うよ。

60 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 15:44:27
反射的に速く正答できれば、下手にIQ高いよりいいんじゃまいか?

61 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 15:54:14
歴史年表を反射的に速く正答できるだけならパブロフの犬。ぐぐれば一発。
IQに知識が加われば鬼に金棒。知識だけならグーグル先生のほうが偉大。

62 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 18:07:09
反射的でも正答だからな。
口から出任せやよだれじゃ駄目だよ。

63 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 19:31:34
反射的にトンチンカンな事を言う友人がいる。彼はバカ。

64 :りくーつ・こねりー ◆Cgc5LCr8co :2007/01/23(火) 19:56:41
>>63
でも、その辺の人たちが会話しているのを観察していると「トンチンカンなこといってるよ、おまえ」とかいってる人が、
ハタからみてると、実はいってる本人がトンチンカンなことをいってるように思えることもあったりする

相手の主張が理解できない場合、トンチンカンなこといってるように感じることもあるのじゃなかろうか、
とか思ったりする

65 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 23:42:21
良くIQ高い人は頭の回転が速いだけで、自由な発想、独創的なことができるわけではないって言う人がいるけど、それは嘘だと思う。
IQテストって、隠された法則性を読み取る能力が試されるものなので、そういうのが苦手な人はいくら時間をかけたって解けない。単なる頭の回転の差ではない。
IQ高い人は初めて見る問題でも、法則を見つけ出せることが多い。
理解力が高いく思考が柔軟だからね。
現実世界でも理解力が高いから、表面だけじゃなくちゃんと本質を理解できているので、応用も得意だ。
また、何が真理で何が単なる既成概念かを見分けることができるので、思考にブレーキがかからず、独創性の高い自由な発想ができる。
そして頭の回転も速いって感じだろね。

66 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 01:18:23
>>65
隠れた法則とやらの有る問題にはお目にかかった事がない。
類似性とか対称性とか、明らかに見え見えで、その中の組み合わせを試して拾いだすだけ。
100マス計算が速ければいいだけの話にしか見えないが。

67 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 01:49:36
100マス計算なんか公式より先に答え出るじゃんw

でないからIQ低いっつーんだyo

68 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 01:51:55
俺は日本語の問題読むのと同時に微分方程式立てられるが、解くのが遅い。

69 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 01:52:58
>>67
直情型の単純計算苦手なんだyo、w

70 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 01:59:58
IQだけを知能の指標にすることは時代遅れ。
IQが知能の一面の指標にすぎないということは、研究者の間ではすでに共通認識。
独創性とIQとに密接な関係がないことは、芸術家や学者などを見れば分かる。
ただし、IQが高ければペーパテスト処理能力が高い、ということは証明されている。確かなデータがある。

71 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 02:13:23
IQ150で、東大通らないのは、どういう馬鹿?

72 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 02:34:37
>>71
東大がレベル低いだけだろう。


73 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 04:33:10
>>66
お前頭良いの?
それとも僻んでるの?

74 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 05:03:04
法則性は単純で、組み合わせで煩雑になる類いの下らない問題が多すぎるんだもん。
単純計算や短期記憶が得意なら速く解けるのが見え見え。

75 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 05:40:19
IQ高くても高卒の奴っているよ。俺の同僚はIQ130なのに高卒。法律や
経理の知識が全然なくてどうしようもない無知な奴なんだが、要領が
良くて仕事が速い。そいつ勘だけはいいみたいだ。性格はかなり悪い。
電卓使わないで暗算で見積もりの長い計算ができるから、それはスゲーと
思った。高卒の奴に負けてるオレ情けね。

76 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:19:49
>>70
誰かIQだけを知能の指標にしたかい?
別にIQを知能の指標の一つにすれば良いんだろ?
大体知能自体が頭の良さの一つに過ぎないんじゃないかい?

77 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:25:35
>>66
それはおまいのIQが高すぎて、隠れた法則が全然隠されてないだけじゃないのか?
そうか、IQ問題をあんまり見てないかのどっちかかな?
少なくともIQが普通の人にとっては、明らかに見え見えの法則すら拾えないのは確かだが。

78 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:30:22
が、IQ高くても頭悪いっていうのはあまり聞かないな。
性格悪いとか、倫理観に欠けるってのはあるけど。

79 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:32:38
>>78
確かに。

80 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:36:12
>>77
それはない。
せいぜい120台前半だ。
実際、具体的に拾うのに時間かかってポイントが上がらない。
時間かけてもわからない問題というのはあまりお目にかからないというだけ。

81 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:52:37
問題がほとんど重ね合わせ、線型なんだよな。
変数が増えれば当然煩雑にはなるから、時間切られるとやりにくくはなる。
しかし、大抵変数の自由度は独立か、従属の順序がはっきりしているから、面倒なだけで
解けない種類のものじゃない。
その種の問題を手際良く整理して数をこなせるのが頭がいいという事なのかな?
そこら辺がよくわからないんだ。

82 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 06:56:09
>>80
時間かければほとんど全部わかるってだけでも、相当なレベルだと思うが。
少なくともIQで125有れば人類の5%以内だしな。
2チャンでは、「何日考えてもこれらの問題が解けません。誰か教えて」って書き込みが多いけどな。

まあそういう人がいるということと、IQは時間内に処理する能力に過ぎないという意見の人の、一つの根拠を知ることができただけでもありがたい。
ありがd。

83 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 07:00:02
>>81
IQテストを線形なり変数なりで理解できるのは凄いな。
そんなこと考えたことも無かった。
俺は法則性や共通性を洗い出して、そっから論理展開させる解き方しかわかんね。

84 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 07:48:30
>>52
またかかったなw
取りあえずお前のIQが67くらいってことは明白になった



85 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 07:50:21
まぁ晶子です池沼が必死になって噛み付いたところでこんなもんw
そろそろ出してくるかぁ?九級君のキチガイ発言をwwwwwwwwwww




86 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 07:53:10
>>84

m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
匿名掲示板で非IDを利用した姑息な馬鹿w
過去スレ過去ログ読んでから
そのいちいちに反論しろやバーカw
できねーだろw
二度と出てこれねーだろw




87 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 08:27:44
>>84
IQ 117ですが何か?

88 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 10:46:17
IQとか血液型占いとか、非科学的なものを信じてはいけない。

89 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 15:48:22
血液型占いは、血液型がなんなのか知らないDQNの間でまだ流行る。

90 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 17:33:28
IQって、学校の授業についていけない子供を発見するためのテストだと思って
たんだが…。

91 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:03:21
このスレ読んで一般教養がないヤツばかりとわかった。
ピークの母集団を100として、15ずつの増減で34%,14%,2%の上下
あわせた偏差だ。つまりIQ130超える人は2%しかいない。
そして、IQ70以下(2%)は知的障害とさだめている。
本当のIQがしりたければ、
集団の記述式ではなく一対一の対話式の検査をオススメする。


92 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:05:10
70以下の振りをしてみる

93 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:07:47
>>90
一斉記述式は、軍隊が徴兵時にアフォを見つけるために採用したんだろ。
わざと悪い点出したら、徴兵免除だったか、弾よけだったかは知らないが。

94 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:09:42
>>92
キミなら振りをしなくてもイケル

95 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:20:04
アインシュタインのIQは、平均では中の上くらいだと思われるが、
ある特定の能力だけはすごく高かった。
語学に関する記憶力はかなり低かったそうだが。
あと、想像力がすごいことは言うまでもない。



96 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:24:19
頭のいい人は、いろいろとうるさくてめんどうだから、虚勢してから、お国のために尽くしてもらいます、というのが、東大を頂点とした、国策としての今の学歴主義社会。

97 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:43:29
ある学者は、
大業績を残す者は、学校で超優秀だった人か落ちこぼれだった人、と言っている。

98 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:45:54
ガウス分布の両端ってことか。
真ん中は役立たず、じゃなくて、役にしか立たず。

99 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:47:32
>>91
>集団の記述式ではなく一対一の対話式の検査をオススメする。
どこでどうやったら受けれるの?
受けてみたいな。

100 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 18:50:51
そこで標準以下の太鼓判押されたら、東大卒以外立ち直れんぞw

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)