5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◎◎ 人生相談総合スレッド@哲学板2 ◎◎

1 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/10/22(日) 22:45:35
人生・恋愛・仕事の悩み、家庭の悩み、イジメ・不登校・学校の悩み等
このスレッドで遠慮なく、ぶつけてみましょう。
様々な学的立場から、哲学板住人が親身になってお答えします。

▼前スレ  ◎◎ 人生相談総合スレッド@哲学板 ◎◎
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1096590923/

2 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 23:31:07
哲学で解決できた悩みなんかあるか!


2GET!!!

3 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/10/23(月) 07:19:14
>>1
乙〜

4 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 23:15:31
哲学と関係ない仕事してる人に聞きたいんだけど、
働きはじめる前に、これから仕事に追われて哲学を忘れてしまう、というか、
時間的・精神的な余裕がなくなって哲学ができなくなってしまうのではないか、といった不安はありましたか?
また、実際に働きはじめてどのように感じていますか?

5 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 23:21:44
遠ざかる哲学の残照の中、すがすがしい思いがする。
そこに大人になっていく自分がいるよ。

6 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 23:22:43
哲学の命題については忘れるけれど常に理性は何か(哲学)を確かめながらやってるよ

7 :考える名無しさん:2006/10/23(月) 23:30:58
>>5
一度哲学に足を踏み入れておきながら、どうして遠ざかることができるのか、
実感が湧かないのです。失礼な言い方になってしまってすみません。

>>6
あなたのような人がいると思うと心強いです。
世間的なことに対する違和や不協和、特に物足りなさなどを感じたことはありませんか?

8 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/10/24(火) 00:25:33
>>4
まあ、簡単に忘れられるようなものなら、
覚えておく必要、ないんじゃない?

9 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 01:18:01
娯楽には多かれ、少なかれ中毒性がある。

10 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 01:21:19
>>9
でも、毒は薬になる場合もある。

11 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 08:14:19
どうして遠ざかることができるのか。それが生命力というものかも知れない。

12 :4=7:2006/10/24(火) 15:14:53
将来の自分なんて所詮別人ですからね
哲学から遠ざかりつつうまくやってるならそれはそれで言うことはないんだけど、

本当のこと言うと、社会との違和に対する不安なんですよね。
居場所がないというか、
人が嫌いなわけじゃなくて、人はむしろ好きなんですけど、
集団になっちゃうとどうも萎縮してしまう。とても気持ちが悪い。

13 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 19:43:36
>>12
>集団になっちゃうとどうも萎縮してしまう。とても気持ちが悪い。

社会だの集団だの人を食ったモノの見方してっからオカシナ事になるのよ
人は必ず「一人ずつ」見るよう心掛けよ、それ以外に人の見方はありません

そんな事してると「全体」が見えないだろって?
馬鹿だな、おまえを圧迫し気持ち悪くさせてるのは「それ」だろがw

14 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/10/24(火) 19:50:52
>集団になっちゃうとどうも萎縮してしまう。とても気持ちが悪い。

なんとなくわかります。これって典型的な現代人病ですよね。
たとえば紳助の大感謝祭しってます。日頃、チヤホヤされている有名芸能人が
長時間狭いところに閉じこめられて、全体のうちの一人として扱われる。
あれは不快でしょうね。

現代人は、多かれ少なかれ自尊心が肥大しているので、
集団の中の一部として、没個性的に扱われると、抑圧的に感じてしまいますね。
ラジオ体操させられるだけでも気持ちが悪くなります。

これはまた逆説的な傾向を生むわけでけど。
たとえばマックなどで、企画化されて食事を好むような。

15 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/10/24(火) 21:01:45
>>12
マルクス・アウレリウスの『自省録』を熟読するといい。
皇帝の職務に忙殺され、そこに違和感を覚えながらも、
なんとか正気を保つために書かれた言葉たちだ。
現代人固有のナントカではなく、古代から続く…
なんというか、古臭い問題だな。

16 :12:2006/10/25(水) 23:16:27
>>15
ありがとう。興味があるので本屋で探してみます。
>>13
人を食ったような見方はしていないように思います。
ぼくは個人対個人の関係が好きなのです。人はむしろ好きだというのはそういうことです。
また、>>14のいうように、たしかに自尊心が肥大していることは強く自覚していますし、
没個性的に扱われることにたいして抑圧を感じてしまう節もあると思います。
しかしそのことについては前前から十分に警戒しているつもりですし、
もはや対話によって自我が傷つけられることに恐怖を抱いてはいません。

「集団の中にいると気持ち悪く感じてしまう」と書きましたが、表現に不足があったかもしれません。
ぼくが気持ち悪く感じてしまうのは、集団的な個人達というか、
集団の影を感じさせるような個人に対したときなのです。一概に集団を嫌悪しているとは言えません。
良くない言い方かもしれませんが、
集団的な雰囲気、みんなの一員だという意識にどっぷり浸かって安心しきっている人達、
彼らに対したとき、ぼくは萎縮するのです。
個人対個人ならば、ぼくは自分自身の基準で相手を裁き、意見を言い、それに対する相手の反論を待つことができます。
そしてそれを受け入れる準備もあります。
しかし彼らからはそれを拒絶する雰囲気が感じられるのです。
ぼくの側から対等に語ることをを要求すれば、訝しげにそっぽを向かれるのが関の山です。
そのような雰囲気が感じられない集団に接したとき、とても幸福な気分になります。
ぴかぁ〜さんの視点も間違ってはいないと思いますが、それがすべてではないと思います。
長レス失礼。

17 :ぴかぁ〜 ◆q5y3ccmqnw :2006/10/25(水) 23:49:19
>たとえばマックなどで、企画化されて食事を好むような。

といいかけましたが、自尊心が肥大というのはどこかにかならず根を
持つものなのですね。
集団、あるいはある集団の影を感じさせるような個人への嫌悪は、
しらずしらずになんらかの集団の帰属を元にしているものです。

具体的でなく、イデオロギー的、生理的にあなたが想定するような、
ある正義の集団を・・・それが現代人と言うものです。といってみる・・・


18 :12:2006/10/26(木) 00:20:48
>>17
一理あると思いますが、少し腑に落ちませんね。
ぼくは二年間ほど不安定な時期があったのですが、いまは大分落ち着いています。
いまの安定は「おれは間違っていない」という確信に基づいているように思われます。
だから「こちら側への帰属」というものが背景としてあると言えるかもしれません。
しかし「個人的な確信」というものが根幹にはあるように思います。だから腑に落ちない。
そもそも問題の発端はおそらく「自分は彼らと対等でない」という意識から生じたものです。
その意識への観念的な反抗が身体的な領野に入り込むに至り、しまいにはねじふせてしまったんですね。
この過程は家に引きこもっている間に起こりました。引きこもってても人間変わるんですね。

集団というのは単に人間の集まりに過ぎないのではなくて、
個人の心性として表れるように思うんですね。集団的な人間とそうでない人間。
多少乱暴ですけどね。
おおまかに「集団」と「非集団」に分割できて、自分は「非集団」に属している、
というような意識はあるかもしれません。そしてそれが確信と安定を支えているように思います。

19 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 00:29:34
>>16
やはりオマイはヒトを「社会」だの「集団」だのとして見てしまってる
それがマチガッテルのよw

人は単独だろうが、一見背後に組織や団体や文化を背負って
ようが所詮ひとり一人・・それを見失うから「社会」だの「集団」
だのが「人」より全面に感じられてしまって、威圧ないし気後れ
あるいは不要な構えをオマイに取らせてしまうのよ

この意味がわからぬ限り、一生それが続く
観方を変えられぬとすれば、そういう関係が好きというほかない
死ぬまでやってろw

20 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 00:35:22
>>18
>自分は「非集団」に属している

やっぱ頭悪いなオマイw
選挙になると「無党派層」というありもしない”グル−プ”が
形成されるが、錯覚であり子供だましw

自分は「非集団」に属している・・などという明らかな誤認を
自己の認識に住まわせたら駄目ピョンw

21 :12:2006/10/26(木) 00:48:24
>>19
どうして「やはり」と思ったのかを言ってくれないとわかりませんよ?
あなたの意見は「この意味がわからぬ限り」と言うほどのものではありません。
「萎縮」と書きましたが、威圧や気後れという意味はあまり含んでいません。
感じるのはひたすら「違和」です。
基本的には「他人恐れるに足らず」という態度です。

22 :12:2006/10/26(木) 00:52:11
>>20
すいませんけど、それはそういう表現です。
>集団というのは単に人間の集まりに過ぎないのではなくて、
>個人の心性として表れるように思うんですね。
って言ったでしょ?
あなたは他人がとうに承知していることを指摘して嘲笑う傾向があるみたいです。
>>19にしてもそうです。
気をつけたほうがいいよ。


23 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/10/26(木) 01:21:29
確かに skepticist と believer ってのはいるよ。
会社を頭から信用してるお人好しとか。
会社から金を貰うのはよいことだ。
しかし、信者になる必要はないね。

24 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 21:52:44
>>21-22
どしたんだ、震えてw
できないのに、したがるんだな・・自己主張w

25 :考える名無しさん:2006/10/26(木) 23:23:15
哲学板での短文煽りほどしょうもないものもないよな!な!

26 :考える名無しさん:2006/10/27(金) 19:49:43
>おおまかに「集団」と「非集団」に分割できて、自分は「非集団」に属している、
>というような意識はあるかもしれません。そしてそれが確信と安定を支えているように思います。

「非集団」(という集団)に属している・・・

27 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 16:03:35
行動力のある者のように考え、思考力のある者のように行動せよ。
という言葉があるのですが私には意図を理解することが出来ません…どなたか詳しく説明していただけませんか?


28 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/10/31(火) 23:04:58
>>27
それ、人生相談じゃないよ。
もうちょっと思考力のある者のように書き込みしてくれよ。

29 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 19:14:28
>>27
どうみても「行動が何で、思考が何であるか」を知るのが
先みたいだな・・
それがわかったらまた故意、そしたら教えたるw

30 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 18:34:04
>>27
いえばパーフェクトな人間を意味する事です

31 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 18:34:48
無職に相談して何の意味があるのか?

32 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 18:58:15
有職に相談してどんな意味があるんだ? 


33 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 06:42:13

哲学に興味を抱き
好奇心は向上しましたが興味をそそられないものには全く無関心になってしまいました
近づいたのに遠退いた気がします
答えのない答え、と言うものに自己満足したかったのに
今はそれに反したい気持ちがつよいのですが考え方が定着してしまいました・・・
無知に戻りたい(今は無知ではないが全知ではない)

34 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/04(土) 06:51:10
>>33
楽天思考とニヒリズム的ユーモアも混ぜて楽しめば
楽しさ二倍だよ

35 :33:2006/11/04(土) 08:25:56
>>34さん
優しいお言葉ありがとうございます・・・。
参考にして、頑張ります。

36 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 09:52:16
>>33
>好奇心は向上しましたが興味をそそられないものには全く無関心になってしまいました

それ↑って向上させるもんか?
それと、前は「興味をそそられないものに関心があった」のか?
あと、6行目だけど「もう十分達成してる」とおもう

37 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 21:40:08
一生働かず楽に生きて永遠に楽しみたいと願ってる者ですが、そもそも自分が生まれた原因は何か?とか
なぜ痛みを感じるのか?なぜ面倒という感覚があるのか?とか
なぜ人間は快楽や幸福だけではなく不幸や苦痛という感覚まであるのか?とか
死んだら無にならず永遠に楽しめて楽になれるには
どうすればいいか?とかを毎日考えて生きてます。

哲学ではこの問いは誰のテーマに一番近いでしょうか?
自分ではそもそもの感覚や自我を問うデカルトや永井や
快苦・幸不幸を扱ったベンサム、あとは苦の仕組みを理解し
永遠に苦の無い世界を目指した仏陀とかが近いと思いますが、
人間の感覚や快苦の仕組みを理解し完全に自由にして
永遠にあらゆる欲求を得られるようになりたいんですが
どのような方法が近いでしょうか?

現実的にはデカルトや永井のように感覚と自我を探るのが一番だと思うんですが、
どうしても確実的なことが見つからず、なぜ感覚や我が存在してるのかも分からず
そこでずっと止まっています。

38 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 22:16:11




てか2ちゃんって終わったよな

もう潰していいぞ どぶゆき






39 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 17:18:51
>哲学ではこの問いは誰のテーマに一番近いでしょうか?
近いものはない。
>一生働かず楽に生きて永遠に楽しみたいと願ってる者ですが、
この前提が間違っている。働け。

40 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 17:23:46
>>37
哲学なんかやめてバスケに汗を流せ。どう考えたってそのほうが楽しい。
哲学は、普通の考えをわざわざややこしく解説して分からなくしたがる
マゾヒストのものだ。

41 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 17:29:05
働くのは当然だ。人生の時間の大半は労働だから。人間は型を調えるため生きている。生きるために労働はある。型を調えるとは社会と自身だ。死ぬということも同じ型を調えて死ぬ。そのための労働だ。

42 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 17:57:36
まあ、マルクーゼとか読んでみるといいかもね。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4314000090/

43 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 18:07:29
一次元的人間か。まあ自殺はないが今人生に死の陰があるのは確だな。何にしても真剣でありたいね

44 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 18:43:29
いや、大事な本を忘れてた。
働きたくないんだったら、これがいちばん役に立つ…かなあ?
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4883203050/

45 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 18:51:14
>>44
カスタマーレビューより

とにかく内容の薄さとつまらなさに辟易する本です。
無知なオヤジが戯言をわめいているだけ。
大酒を飲んで、腐った魚とか牡蠣とか食いながら書くと、
こんな内容になるのでしょうか?。
トンデモ本としてみてもまるで面白くなく、
言い回しがクドイ上に傲慢で心の底からイライラさせてくれます。
面白そうだと期待して購入したのですが、残念です。



46 :37:2006/11/05(日) 20:10:14
皆さんの意見を総合すると
諦めろという事になると思います。
しかし、そもそも人間に生まれたのが仕事をする原因と思い
生まれた理由を探ってるんです。
どうすれば意識や感覚や苦痛のメカニズムが分かりますか?
それが分かればすぐにでも感覚を自由にして
快楽や幸福だけを永遠に味わえると思うんですが。

労働に捉われない書き方だったらなぜ人間は痛みや疲れやストレスを
感じるのか?という問いです。

47 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 21:45:33
そうゆうふうになっているから(構造が生む機能)


48 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 22:12:37
>>46
前スレでもお勧めしましたが、瞑想を行ってください。

49 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 22:26:57
瞑想のヒント。
なんで君は仕事をしたくないんだ?
苦痛だから?
では、何故それが苦痛なんだ?
そんな風に考えろ。

50 :37:2006/11/05(日) 23:02:34
>>47
その構造の根源的な理由を探るのが哲学ではないでしょうか?
科学では脳のどこがどうなると人間は何を感じる、ということしか分からず
意識、心、痛み、疲れ、暑さ寒さ、快不快の感覚の発生源
については分かってないし今後も分からないと思うんです
そもそも脳で意識が発生する理由が分からない。
これが分かれば感覚をコントロールし不快の感覚だけ
遮断できそうなんです。

>>48
瞑想ですか。なぜかというのは分かるんですよ。
痛みと疲れとストレスといった不快な感覚が
様々な事で発生する。
いや、こういう事を書くと鬱とか言われそうなんですが、そもそも
何故、人間には苦という感覚があるのか?
全てが快の感覚では成立しないのか?
という事にひらめいたんです。なぜ痛覚で脳で痛みが発生するか
分からない。

51 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 23:04:22
>>50
だから、「人間は何故」「宇宙は何故」じゃなくて、
「僕は何故」と考えてみろといってるんだ。

52 :37:2006/11/05(日) 23:12:32
>>51
デカルトの段階で止まってしまいます。
僕は何故仕事をしたくないか?答えは苦痛だから。
なぜそれが苦痛なのか?答えは何か分からないけど苦痛なんです。
何故か理由は無いけど痛みや熱さやストレスは
苦痛と感じる。
それで苦痛というのは自我と同じくなぜか
気付いたときから存在し存在する理由も分からない。
なぜ僕は苦痛を感じるのか、全く分かりません。
なぜか自我と同じく苦痛という感覚があることは分かるんですが
自我と共に全く理解不能なことです。

53 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 23:20:27
>>52
わからないから瞑想してみろといってるんだ。
よほど血の巡りが悪いらしいな。
身体を動かしてないからだ。
デカルトが君の何だってんだ? マブダチか?

54 :37:2006/11/05(日) 23:28:00
体は職場で動かしています。
それで仕事中もいつも思うのがこの問題です。
なぜ体を動かすと疲れを感じぶつけると痛いのか?

休日に一人静かに考えても寝る前にいくら考えても
もう十年以上考えてますが一向に分かりません。
ただ苦痛は苦痛だ、ということしか分からない。
それとも瞑想にもなってないのでしょうか?

デカルトという人名を挙げたのは彼の
唯一確実なのは何かを感じてる私(我)が存在する
という事と似てると思ったかです。
痛みや不快の感覚について何が何だか分からない。理由も分からない。
ただ、今痛みを感じてるこの痛みや疲れという感覚があるというのは
確実なんです。実際に痛いとか疲れたとかを感じてるから。
ここで止まってしまいます。

55 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/05(日) 23:55:43
>>54
「就職、いやだなあ」なんて考えてるニートではないわけね。
なるほど。とりあえず職場、変えてみたら?

>それとも瞑想にもなってないのでしょうか?
なってないよ、これは。

56 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:14:57
瞑想ってなにも考えないことですよね。
なにも考えないようにするといろんなものが湧き出てきそうで怖いですね。
ひとはいろんなものを無意識に蓋をして生きていますから。

57 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/06(月) 00:38:19
>>56
何も考えないだけじゃダメだよ。
背骨をまっすぐにして、呼吸を調える。

>なにも考えないようにするといろんなものが湧き出てきそうで怖いですね。
これは、その通りだね。いろんなものが出てくる。
終いには神やら菩薩やら登場する。
まあ、そういうのは放っておけばいいのさ。

58 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 00:45:23
神とかでる人は幸せでは。
極端な例でいえば、過去に人を殺したことがある人は、
迷走することで、その経験がトラウマのように回帰するのではないでしょうか。
殺人までいかないでしょうが、だれもが思い出したくない過去を持ち、これを無意識に閉じこめている。
それが回帰する怖さというか。

59 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/06(月) 00:55:57
>神とかでる人は幸せでは。
そんなものは神でも何でもないから、放っておいた方がいいんだ。
下手すりゃ、神を見た気になって「私はグルだ」とかいい出しかねない。

閉じ込めてあったものから自由になるために瞑想があるんだよ。

60 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 01:18:33
酔っぱらってる?話がとっちらかってるけど大丈夫?

61 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/07(火) 21:34:28
世の中には1の苦痛を10と感じる人と、10の苦痛を1と感じる人がいるみたいです。
自殺に至るような人は前者で、ハンちゃんの様な人は後者だと思います。
人それぞれの感じ方なので、苦痛に対して悩んでいる人には、
苦痛に対して鈍感になれとしか言い様がありません。

そして、その人それぞれの苦痛の感じ方を和らげてくれるのが、宗教であり、
精神的な修行だと、ぼくは思います。

次から次へとやってくる苦痛(もしくは人生のハードル)に対して、
「あ〜なんでオレばっかり」と、思うのと、
「神の試練だ。甘んじてお受けしよう」と、思うのとでは、
苦痛に対する感じ方は大きく違ってきます。

苦痛を人の何倍も感じる人に限って、無神論者のように思います。
神がいるとか、いないとか、そんな事を考えるよりもむしろ、
いてもいなくても、神を信じるという事は大切な事だと思います。

62 :37:2006/11/07(火) 23:08:07
37です。56と58は私ではありません。
>瞑想ってなにも考えないこと
物理的にいつもできれば幸せな事この上ないんですが、病気や寒さや飢えや痛みと
いった感覚・苦しみは精神的にどうにかなるのでしょうか?

もう少し疑問を科学的に書きますが、前から考えていた事なんですが、なぜ
自分はこの大脳で様々な苦しみを感じるのか?
なぜ宇宙がいつの間にかできて自分もなぜか存在し
なぜか知らないけど脳や物理法則に支配され五感を強制的に
感じさせられている・・と思うと、この自分を支配する
感覚とは何だ?感覚は強制的に感じているようなもので
自分は何故痛みや寒さを感じるのか?なぜ脳の動きで様々な感覚を
感じなくてはならないのか?と、脳で五感を感じるという
強制的な法則に何か自然や神のようなことへの不条理を感じるんです。

>>61
せっかくのレスに対し申し訳ないのですが私は苦しみが存在する根本的な理由が知りたいんです。
脳の働きといいますが、ではなぜ物質の運動で精神が、感覚が、快不快の感覚が発生するのか?
この今もつきまとう疲れや寒さを感じさせてるのは脳のように思えるが
では何故脳という特定の物質の運動でそれらを感じるのか?
と疑問に思っています。
それで、この問いは哲学者で誰が近いか?どこまで分かってるか?などを調べようとしました。

63 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 00:04:56
それが解明できればノーベル賞
苦を感じなくなったら苦を感じるという自由が一つ無くなり人間らしくなく幸福が色あせるような感じがする
無駄な機能は進化するなかで退化する
全ての謎が解明されても実存はかわらない

64 :37:2006/11/08(水) 00:24:53
解明できれば苦だけではなく人間の欲求の方向もなんとかなりそうに思えるんです。
例えば主観時間や記憶を自由にし幸福の飽きを防ぐとか。

しかし解明とか自由という事自体も実際にはよく分かってないように思えるんです。
AなのはBだから、BなのはCだから…というのが無限に続くと。
自由というのも、なぜか体の一部は自由に動き一部は半永久的に不自由に動く。
それともこの手の話は理論で解明するのは無理なのでしょうか?
検証の対象が物理的には存在しない事なので
結局は理論は信仰だという所に行き着き
信仰になるのでしょうか?

65 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 00:35:25
>快不快の感覚が発生するのか?
進化生物学的見地からすれば、答えははっきりしているんじゃないのか?
アメとムチによって、個体の行動を生存繁殖に有利なように誘導するための機制だ、と。

66 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 20:17:21
>>64
自分が何を言ってるのか分かってないだろw
なぜ書いてるのかも、、、

67 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 22:01:02
立て看板 設置させてください、<(_"_)>ペコリ

『  ☆彡 目も見えず、耳も聞こえぬお人が、桜の木に抱きついている。
桜を、見たい、聞きたい、と言う。
さて、どうやって?

☆彡 坐禅と見性 四十六章 公案見性
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1161444933/

二ではない(不二、ふに)、一の如し(一如、いちにょ)、それは、ほとけさま(さとり)のことです、どうですか、参禅していきませんか?
問う。
『 この場に坐したままで、30メートル先のローソクの炎を吹き消せ。 』
答える。     ・・・と。

☆彡沢木興道老師のなぞなぞ?

アメリカに 「我が妻は我が父の母なり、我が父は我が子なり、我が妹は我が孫なり」 という言葉があったそうな。

☆彡碧巌録(へきがんろく)第45則 趙州布衫(じょうしゅうふさん)

【本則】
禅僧「万法は一に帰す。では、一はどこに帰しますか」

趙州「私は若い頃、青州に住み、一領の布衫(実務着、サラリーマンなら背広と言うことかと)を作った。    その重さは7斤(4.2kg)もあった」

また、あるひと(ジャック、ラカン) 曰く(いわく)
「世界をキリストは支えている。キリストを聖クリストファーが支えている。では、その聖クリストファーを支えているのは何?」という謎々と同じかと。

‥‥……━★ 友好スレ

精神世界で癒される第15章  仙界の癒し大混浴場(バトルなし)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/healing/1156683671/

68 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/08(水) 22:59:01
>>67
それさあ…前スレだよなorz

69 :37:2006/11/08(水) 23:36:42
>>65
生物の体は科学的に説明がつくと思うんですが
脳で心が発生した理由は分からないのではないでしょうか。
アメとムチにしても危険や捕食を快不快と感じるのではなく
知識として理解するという構造でも成立した、もっと言えば
生物に心や意識が無くても生存できたと思うんですが
なぜ自然というか宇宙というか物理法則は心を発生させたのか疑問です。
人間の自分たちからすると、生存の為に感覚を脳が作るなら、感覚を自由にしたいと
願うのではないでしょうか?

>>66
説明しずらいんですが五感といったあらゆる感覚を自由にしたいのだと思います。
考えていくと人生で求めるのは喜びや安楽だと思うんですが、仮に
物理的に体や脳が特定の状態にならなくても、精神だけは
自由にできれば、死なない限り人間は幸福だと思うんです。
例えば心臓が勝手に動くように、自分で考えなくても勝手に体が動き
働きながら自分は寝てるような快楽や
音楽を聴いてるような喜びを感じられるという具合に。
それで五感について考えたのですが、そもそも特定の物理現象や物質ではない
感覚をどうやって調べ自由にするのか?分かってるのは感覚が存在するという事だけではないか?
というところで止まり、デカルトや永井といった哲学者の
テーマに近いと思いました。

70 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 23:50:38
>>69
自分が「デカルトや永井といった哲学者」と同次元のテーマを論じてる・・
と信じたいのかw

71 :37:2006/11/09(木) 00:08:47
レベルは全然違うと思います。
しかし、我や意識や感覚の存在という謎は
感覚を自由にするという事のヒントになると思うんです。
例えば病気を治したいなら
そもそも病気とはなんだろうか?なぜ存在するか?を解明して治すように。
痛み、疲れ、快楽、喜び、快不快といった様々な感覚を自由にするには
そもそもの我や私や意識や心の存在が分かれば
なんとかできるのではないかと考えてます。
これさえ分かり感覚が自由になれば人生は物理的にはただ生きてるだけで
あらゆる喜びや快楽を感じられると思うんです。

未だに心がなぜ脳から発生するのかを解明した人はいませんよね?
どうすれば解明できますかね?例え脳科学が進んでも
では何で化学反応で発生するのか、という問いになると思うんですが…

72 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 04:13:02
何度かできるだけ感覚的刺激を遮断してみれば? 考えるだけじゃ駄目だ。
まあ個人で実験するのは難しいだろうけど。
大学行って研究してみなよ。
もちろん自分を実験台にしてさ。
実験結果は是非公開してほしい。


73 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 11:45:10
>>71
生存している現実を無視しないでよく考えろよ。
なぜ?という疑問を持つのは当然のことだろうが、きみが今生存している事実
から生存するために必要な事柄、食うとか出すとか呼吸するとか、そういった
必然性がなぜ生じるのかと考えているのか?

理由は後付でいくらでも考えられる。
科学的に解明できる日が来るかも知らんが、それもどのように現実として見える
現象をもっともらしいことで納得できるかもしれん程度のものだろう。

>痛み、疲れ、快楽、喜び、快不快といった様々な感覚を自由にするには
薬をやらないで自由にした感じが得たければ、からだを自由にする努力をしたらどうだ?
疲労物質を取り除き、地球上の重力に抗して余りある体力を身につけるなどの。

きみが考える以上にわれわれは体全体で生きている。脳だけで生きているわけではない。
脳だけでどうにかしたいなら現存の肉体を保持したままではかなりの肉体と精神の鍛錬が
必要だろうな。昔はやった宇宙人みたいなコンパクトできわめて細身の体を身につけ
重力などもコントロールできる文明を待つほかあるまい。


74 :37:2006/11/10(金) 01:40:23
>>72
難しいですね…今から大学ですか。洗脳や暗示から始めようと思います。
例えばクオリアの問題で、りんごを赤と感じても今までの赤ではなく
今まで青と感じてたクオリアのように感じられないか?
といった具合に。

>>73
その生存というのはもう既に脳が今の物理的現象を
特定の概念のように捉えている事ではないでしょうか?
厳密に言えば化学反応、もっと言えば一定の分子・原子の物理的状態を
脳がただ生きてると感じているだけで、排出や捕食を脳が感じなくても
ただ一定の物質の運動が起こってれば生きている事と等しいと思います。
要はこの五感や心が無くても動いてさえいれば、人間は物理的に生きてるのと等しく
脳が感じることは全く必要が無い、と。

>薬をやらないで自由にした感じが得たければ、からだを自由にする努力をしたらどうだ?
それで人生の苦痛が解決すれば簡単なんですが、なかなか物理的には上手くいかないもので…
私が目を付けたのは、脳の心の発生する根本的な原因は
解明されておらず、しかも哲学的には唯物論から魂がある説からリアルな錯覚という説まで
様々あるので、今の常識的な唯物論的な考えではない方法でなにかできないか?
と思ったんです。
例えば空を飛びたいとして、物理的に飛行機を作り飛ぶのではなく、そもそも
重力とは何か?なぜ重力が存在するか?重力は変わらないのか?物質を動かすこの法則とは何なのか?
という事を調べ解明し、重力自体をコントロールし空を飛ぶという感じです。
だから、脳を物理的にどうこうせず、直接意識や五感そのものを解明し
自由にできないかと考えています。

75 :73:2006/11/10(金) 09:13:01
>だから、脳を物理的にどうこうせず、直接意識や五感そのものを解明し
>自由にできないかと考えています。

少しは努力をしたらどうだね。
ここでいう努力とは、考えるきみの行為を含めて体を使うことだ。
きみが引用したおれの文には体を自由にする努力と書いてあるが、きみは無視している。
五感を解明とはどのようにするつもりだね?
試しに呼吸を止めてみたらどうかな?どのくらい止められるかも検証に値するが
そのときに五感がどうなるかを実体験してみると、人の可能性や見えていない能力
既存の五感というものに対する概念などが変わるかもしれない。
ただ考えるのではなく、具体的に試行してみたら?

76 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/10(金) 19:53:44
>>74
好きなことをやるのがいいと思うよ。
重力の研究でも何でもさあ。
人に相談する内容じゃないが、な。

77 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 20:03:03
人生相談でも哲学でもないんじゃないの・・・?
前もこんな人いたね、記憶がどうとか言ってた人・・・。

78 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/10(金) 22:43:33
という訳で、お次の方。
相談待ち。

79 :37:2006/11/11(土) 03:46:29
では相談の仕方を変えます。いまいち難しいのですが。

私は現実的な様々な人生の問題を突き詰めていったら全ては五感だという結論になったんです。
例えば喜びなら喜びを感じる対象を求めるのではなく
喜びというこの感覚を求めていると。
で、この五感というのが解明され完全に自由にできれば
人生は極めて幸福で楽になり、もし物質が無くても五感が存在できるなら
死んだ後という問題も同時に解決できると思ったんです。
それで必死に五感の研究をしようと思いクオリアや永井均やデカルトといった事を
勉強したんですが我やら私やら心という(内容は同じですが)ものは
全く理解できませんしどうやって解明すればいいかも分からない状態なんです。
それで、この手の問いは意識や時間の謎を問う哲学という分野に近いと思い
ここで聞きました。

もし今までの哲学者でこの手のテーマを考えてる人がいなかったら、人生の問題を
物理的なことを変えて解決するのではなく
五感そのものを変えて解決するという方法は新しく画期的ではないでしょうか?
私はやってみる価値があると思うので必死なんですが、どうすれば解明に
近づけますか?未だに我やら私がなぜ存在するのか全くわかりません。

80 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 04:57:59
>>37
心を脳に帰着させるのは我々の生活習慣です。
読んだこと無ければ大森荘蔵とかお勧め。
あと、美学も勉強してみれば?
”美”の検索結果
あなたが美しいと思うもの −3
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1117973755/
美学・芸術学・表象文化論@哲学板
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1105074787/
世界は本当は美しいものなのか?
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1158735971/
哲学って現代美術みたいなもんだろ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1162094423/
【芸術】人類はなぜ美に心引かれるのか?U【美人】
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1079025537/
美意識の生成
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1090632751/
哲学やってる女ってなんで美人がいないの???
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1115048957/

81 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 09:28:24
>>79
「聞きたい事は何か?」・・それだけを「1行」に書いてごらん

82 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/11(土) 12:01:26
オカルトじみた話にはなるんだけど……

ぼくは霊の存在や、生まれ変わりを信じてる。
それは仏教思想的にという訳ではなくて、
真理としてそういうものだと思ってる。
そして、なぜぼくたちがこの世で辛い目に遭うのかといえば、
それは魂の修行だと思ってる。
ぼくの中では、わざわざ辛い目に遭いに現世に出て来てるのに、
楽したいというのが間違ってるような気がするんだけど……

>>79
>未だに我やら私がなぜ存在するのか全くわかりません。
たぶん、こういう答えでは満足しないのはわかってるし、
あなたには到底理解しえない考え方だと思う。
でも、とりあえず、なぜぼくたちが存在するのか、確証を得られないまでも、
自分自身に納得のいく答えを用意しておいてもいいんじゃないかと思う。

確証のある答えなんて、この世の中には何も無いのに、
確証のある事だけを信じようとしながら生きるのは、
ナンセンスだと思うよ。

83 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/11(土) 23:41:39
まあ、自分がこうだと思えば、それが確証になっちゃうんだけどね。
もしも、科学に確証を求めているのであれば、それは間違いだ。
科学から導き出されるものは「近似値」であって「確証」ではない。

84 :37:2006/11/12(日) 01:40:58
とすると理論で解決しようとする科学・哲学ではこの手の問題は扱えず
宗教の方になるのでしょうか?

ロウシさんが仰る自分なりの解釈はありますが、それも
もしも唯物論的に脳と身体があるから成立するものだと
様々な要因で脳と身体が変化してしまったら
考えも信念も悪い方へ変化する可能性があるので
何か確証を探したいんです。

それとも人間は五感に支配されるのでしょうか。
ある程度は自由でもどれほど自由にできるかいつまで自由かも分からず
生きてる間や死んだ後のことも全く分からず
死んでも永遠に存在するのか死んだら永遠に無になるかも永遠に分からず
って感じでしょうか。

自分ではどっかの哲学者の言った「広大な宇宙の永遠の沈黙は私を恐怖させる」のように
不可思議に存在する五感という絶対的なものが永遠に回答を語らず自分をただ支配する感じで
極めて不快なんですが……
何か確証を得られ五感の存在について理解し自由にできる方法はないですかね。

85 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/12(日) 02:13:55
>>84
じゃ、確証を探してくださいってことで。

86 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/12(日) 07:32:14
>>84
ぼくの知りうる限り、確証のある事なんて世の中にありません。
しかしながら、あなたが確証を探し求めるのはあなたの勝手です。
どうぞ無駄な時間を費やして確証を探して下さい。

お次の方、相談どうぞ。

87 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 09:44:26
>>37
「物理的」な痛みや苦痛から逃れるには
その苦痛の原因から遠ざかるしかないのよ

思考の仕方や評価方法などが生む「精神的」苦痛も同様で
それらの「自己の採用してきた考え方」から逃れる・・つまり捨てて
「苦痛をもたらさない思考評価システム」を新たに採用するしかないのよ

オマイのアホなとこは「避ければ解決する」苦痛なのにそうせずに
あろうことか「苦痛の相手をしてしまう」点にある

例えば「仕事のもたらす苦痛」は「仕事を辞めれば終わる」のよw
辞めりゃいいのさ、それを「仕事は辞めちゃいけない」とか考えてるだろ
そう考えてるのはオマイ自身であって他の誰かじゃないんだが、わかるか?

できもしない「既に在って消せない」五感の一部を殺すという
五感を敵にまわすやり方じゃなく
五感の機能を活かし味方につけるのが合理的で賢いやり方だぞw

88 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 09:52:47
日ごろいろいろ考えています
ーーーヤフー検索:生老病死とお釈迦さま
検討してください
悩みは尽きません

89 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 10:15:34
>>88
>悩みは尽きません 

そりゃそうだろ
悩みを探し回ってりゃ尽きね〜よw

90 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 17:03:00

父 「お前は働きもせず、いったい何がしたいんだ?」

俺 「・・・。」




母 「禿げワロスwww」



91 :37:2006/11/14(火) 00:07:18
人生に関しては諦めて欲も捨てて無気力ですが
五感を完全に自由にしたいという不老不死とか神になるといった
歴史上の人々の追った夢のような事を狙ってます。

それとも不老不死や錬金術のようなことは無理というのが結論でしょうか?
人生には妥協し働いて生きて自殺するならある程度の苦しみは我慢し
欲望はほどほどにしか満たされないのが人生でしょうか?
死んだ後についても誰もが解釈以外の解を持たないっていうのが真理で
誰もが諦めるから自分も諦めるっていうのが結論でしょうか?

しかし唯物論ではなく独我論や唯識論も仮説としては成立すると考えると、諦めるよりは
もしかしたら本当に独我論で自分が設定した事というSFじみた人生観で生きたり
唯識論の可能性にかけて自由意志で五感をコントロールする努力を
するのは賢いと思うんですが、こういった話はもはや
人に聞く事でも哲学でも宗教でもなくMY哲学や独我論者の話でしょうか?

理論も信仰も確実ではないからいっそ独我論で生きようと思うんですが……

92 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/14(火) 02:09:54
>>91
身体的修行の話になると思うよ。

93 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/14(火) 02:20:05
まあ、あと、なぜ快のみが得られないのか、もしくは、
快のみを追求するのが、なぜ間違いかって話については、
人は、ひとつの快を得てしまうと、さらに大きな快を、
手に入れにくい快を手に入れたくなる、つまり、
快が苦の種になってしまうから、という理由が考えられる。
伝統的な仏教の考え方であるけれども。

94 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/14(火) 07:54:50
楽ばかりしてると、地獄に落ちるよりも辛い目に遭うよ。
ぼくはそんな人をイヤというほど見てきた。

>>91
霊も来世も信じないで、その考え方を貫こうとするなら、
この先の人生が辛いものになるでしょうね。
一度、霊感の強い人と話す機会があれば、
少しは人生観が変わると思うんだけど。

あと、あなたが人の声に耳を傾けるかどうか。
人の人生は、人の声に耳を傾けるかどうかにかかってる。

95 :73:2006/11/14(火) 10:35:05
こいつ(37)は同じところをぐるぐる回って思考しているので解決の糸口が見えん。
>>92が書いているように、おれが書いたように体を使って体感することできっかけをつかむしかないだろう。

肉体を所持してないなら別だが、そうでないならその肉体から苦がきていることも考慮に入れろよ。
馬鹿は空想と妄想を不連続に繰り返して解決が見えない。馬鹿から脱しろ。

96 :37:2006/11/14(火) 21:34:49
>>93
その
>人は、ひとつの快を得てしまうと、さらに大きな快を手に入れにくい快を手に入れたくなる
というのは五感を自由にできれば解決すると思ったんです。
例えば美味しさだったら飽きるという感覚を遮断し
感動や味の感覚を持続できるように。
歯医者で歯の痛みなどは持続することの反対に快も持続できると思うのです。

>>94
霊や来世については肯定も否定もしていないんですが、科学も宗教も
結局は突き詰めていくと原因結果が無限に続くと思うので、
生まれ変わりとかは「では生まれ変わる一番最初?魂はなぜ存在するの?」といった
問いに行き着いたのであまり考えないようにしました。

>人の人生は、人の声に耳を傾けるかどうかにかかってる。
しかし声が無数にあるので悩んでます。唯物論的な人から宗教者から因果のような考えから
SFっぽい考えから誰もが天国にいけるような明るい考えから様々で
仮説としてはどれも成立するので独我論の方向に走ってしまいます。
しかし独我論だと感覚と記憶による思考のみなのでそれらは間違ってる可能性もあるので
あまりいいと思えず悩んでます。

97 :37:2006/11/14(火) 21:43:21
>>95
走るとかストーブを触るとか体を使ったら
やはり熱さや痛みは遮断できないということを感じました。
それでどうすれば永遠に苦痛を感じないで済むか?と余計真剣に考えました。
で、肉体から苦がきているという事ですが
それについて二つの良い可能性
・この世について、もしかしたら唯物論ではなく唯識論かもしれず
 肉体についても見えて触れるなどと有るように感じてるだけで
 物質(肉体)は存在しないかもしれないので、自由になるかもしれない
・例え肉体が存在しても、なぜ脳で五感が発生するかの
 根源的な謎は分かってないので、もしかしたら
 肉体自体は自由にならなくても
 感覚・クオリア・心という事については自由になるかもしれない
と考えました。

哲学的ゾンビといったように物理的に肉体が有れば感覚はどうあっても
物理法則にも何にも影響しないのではないか?だから別に自分の感覚は
自由になってもいいのではないか?どうすれば自由になるか?
と考えて方法を調べてます。

98 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/14(火) 23:05:57
>>97
いや、だから調べて下さいってw

99 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 23:07:27
調べるって具体的にどうやってんだろ?

100 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/14(火) 23:20:01
>>99
そうねえ…
アンケートをとってみるとか?

101 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 01:01:32
あと興信所とか。

でもその場合は調べるのは調査員だから「調べてます」とは言えないか。

102 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/15(水) 06:57:43
次の方、相談どうぞ。

103 :37:2006/11/16(木) 00:03:09
説明が難しいので世俗的に感情を中心に相談します。
自分がなぜか存在し生きる為に働き死ぬのも様々な苦痛がつきまとうという
今のこの訳の分からない苦痛だらけの人生やら肉体やらこの世の存在に
非常に怒りを感じてます。
それでどうすればいいかも分からないんですが、おそらく肉体が苦痛の原因と考え
肉体と脳が心を生むと考えました。
しかしそれでも全く何も変わらず確証も無く時間だけが経ちます。

どうすれば死んだあとが分かったり五感や意識を自由にできますかね?
今はこの宇宙や地球の存在や五感を支配する法則に絶望を感じ生きてます。

104 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/16(木) 00:16:51
>>103
どうにか人生相談らしい質問になってきました。
でも、答えるのも苦痛であり、その苦痛に腹が立ちます。
とりあえず、笠井潔『テロルの現象学』でも読んでみてください。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4480080694/

105 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:22:06
>>103
死ぬ気か。状況を変えるなり、医者いくなりしろ。

106 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:27:01
>>103
だったら薬物投与じゃないかね。
一発決めりゃ、夢は現実に変るよ。

107 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:30:17
人は、人がどのように歩いているのか、さえわからないんだよ。
子供でさえ普通に歩いているというのに。
人はほんとになにもわからない。

ハイデガーは歴史上でも比べものにならないぐらいの大天才だとしても、
なにもわかっていない。知とはその程度のものだ。

108 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:36:21
>>107
逆に、解らないから、知らないから知ろうと思えるし、
理解しようとも思える。だから歩ける。
それが“知”なんじゃないかと。
「無知は知なり」

109 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:48:42
>>103
よく読んだら君は、欲を捨てたみたいなことを言ってるね。
でも、答えを知りたがってる。
それは欲ではないの?
悟りを開きたいなら禅寺に行く、じゃないかね。
ぶつぶつ言ってても、悟りは開けない、らしいよ。
俺?俺は悟り開いてない。
でも今は亡きハイロウズで甲本ヒロトが、
滝に打たれなくても日々の中にしっかり確かな手ごたえが在るって歌ってて、
その歌にひどく共感を覚えるよ。
仏陀だって「私の言葉を疑え」って言ってる。
悟れなかったんじゃないのかね。
悟れないと知ることこそが、逆に言えば悟りだったりして。
だったら答えなんて、人間にはおそらく知りえないんだろ。
出ない答えをつらつらと考えることが好きなら、それもいい。
それはそれで、快楽でしょ。
君は苦しそうな顔して、ちゃっかり人生を楽しんじゃってるんだよきっと。



110 :73:2006/11/16(木) 14:39:01
>どうすれば死んだあとが分かったり五感や意識を自由にできますかね?
死んだ後のことはわからない。
まず死んでみろよ。生きていて死んだことが知りたいという欲求は誰しも持ってる。
いまだなしえていないのは不可能だから。おまえは誰かの御伽噺的なものを信じられるか?
死んだ丹波哲郎は霊界から帰った様子がない。宣伝マンに出来ないことがおまえに出来ようはずもなかろう。

五感や意識はおまえが自由だと思い込むしか自由にする方法はない。
理由は自由の定義はおまえのもので、おまえ自身が納得すれば終わる話だから。

うだうだ解決しないことを語るのが哲学かも知れんが、おまえの悩みは多くの人が
抱えて解決できないことを悟っているもの。
解明の道をあきらめるかどうかはおまえの自由だが、全ては自分自身の納得が得られれば済む話。
納得できるようせいぜいもっともらしいものを探すしかないか・・・
死ぬか薬が嫌ならね。


111 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 00:16:43
>>103
おまえオツム悪過ぎw

苦痛は・・避けようと思えば避けられるものがほとんどだ
どの苦痛が実際「避けれない」と言ってるんだ?
それを書いてみろ、すぐに答が出るから

死んだあとが分かりたかったら・・ゴキブリの死ぬとこを観察しろ
おまえの死もゴキの死とナンモ変わらないから

五感や意識を自由にできますかね・・とオマイは聞くが
では自由とな何だ?何の事だ?書いてみろ

112 :考える名無しさん:2006/11/18(土) 20:43:46
現代は自尊心が肥大している。去勢されない全能感。

しかし社会は体系として存在する。ジグソーパズルのピースとなることが強制される。
これは単に企業に就職し、歯車になるということではない。

大海に漂う小舟は現前の波に漂い、また地球規模の海流に流される。
海流は宇宙規模の重力の影響を受けている。
しかし小舟にはわからない。



113 :37:2006/11/19(日) 02:50:02
人生相談らしくない質問ばかりですみません。
レスを読んでいったら更に疑問が増えたのでここ数日考え込んでました。

質問を分かり易く書きます。
知るという事が何なのか知りたいです。
先の事について確証を得たいです。得られないならなぜ確証を得られないのか知りたいです。
せめて感覚だけでも自由にしたいので方法が知りたいです。

人生相談らしく書くと、前から
まず不老不死になってあらゆる物事を自由にして記憶や感覚も自由にして
確実にずっと好きな事やって快楽を得て生きたい
と願ってたのです。

それで、自由とか確実とかそういうことを知りたく、そういうのは
哲学の範疇だと思ったので延々と調べてます。

しかし今は可能な事はなぜ可能なのか?不可能なことはなぜ不可能なのか?
なぜ物理法則の不変だけは確実なのか?
という事すら分からず一人で悩んでる状態です、どうか教えてください。

114 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 09:08:02
>まず不老不死になってあらゆる物事を自由にして記憶や感覚も自由にして確実にずっと好きな事やって快楽を得て生きたい
幼稚な万能感への憧憬は捨てて、早く大人になりなさい。

115 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 10:03:23
>>113
>知るという事が何なのか知りたい
知り「たい」事があって「知る」があるのよ
水虫を治したいのに、ムカデの足の本数知っても始まらないだろw

>先の事について確証を得たい
ではまず、先の「何」について確証を得たいのか書き出せ

>得られないならなぜ確証を得られないのか知りたい
「何」について確証を得たいのかが分かってない時は確証も得られない

>感覚だけでも自由にしたいので方法が知りたい
感覚を不自由にしたい←そう言ってるワケだがw
この意味が分からなければ、質問を別の言葉に置き換えてもう一度せよ

116 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/19(日) 12:10:51
>それで、自由とか確実とかそういうことを知りたく、そういうのは
>哲学の範疇だと思ったので延々と調べてます。
哲学の範疇ではなく、身体的修行の範疇です。
何度でもいいますが。

117 :37:2006/11/20(月) 00:09:12
>>114
逆に人生の娯楽と欲は捨てるようにしてます。あまり関係の無い話ですが
この謎を解く以外には興味が無く、一生独身で無趣味で時間に余裕を増やし考えるつもりです。

>>115
>ではまず、先の「何」について確証を得たいのか書き出せ
とりあえず一つに絞り「死んだ後」です。
ロウシさんの仰るように信仰すれば楽なんですが、信仰だと確証が見つからないんですよ。
死んだら天国だのように思えて生きれば楽なんですが
果たして本当にそうなるのか?脳が分解されて宇宙が存在して自分の意識だけは
宇宙から外れて天国という場所にいけるのか?疑問です。確証が見つからない・・・

>この意味が分からなければ、質問を別の言葉に置き換えてもう一度せよ
私は、生物や自分が訳も分からず生まれて本能など様々な感覚に支配され動き
強制的に不快や苦痛を感じて存在する事に怒りを感じています。
それで、この訳の分からない宇宙や自分や感覚の存在の謎を知りたがってましたが
なかなか難しいので、せめて、知るのは無理でも
感覚を自由にして不快や苦痛という極めて嫌なもともと何故か存在する感覚を消したいんです。
それにはどうすればいいでしょうか?
薬や脳手術がどうこうというのは、金や仕事をしないといった物理的なことと同じで
物理法則の支配下にあるので嫌なんですよ。それに癌で死ぬときの痛みなどは
薬で完璧に消せるとは思えないし。

生物に痛みや疲れの感覚はいらないですよね?ただ生物が存在するだけなら
機械のように物理法則に従って動けばいいだけの話で
自分という意識や感覚は全く必要ないはず。
しかし何故か自分や痛みや疲れという感覚があるんで、苦痛という感覚を消して
快楽だけを感じたいんですよ。

>>116
身体的修行をすれば苦痛や疲れが消せるのでしょうか?
幽体離脱のように体は物理的に変化が無いけど意識は変化するといった話ですか?

118 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/20(月) 01:26:06
>>117
瞑想してもみないうちから聞くな、ヴォケ。

119 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 01:32:33
相談…美人とSEXするにはどうしたら?

120 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/20(月) 01:42:54
>>119
結婚しろ。
ハイ、次の相談。

121 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 01:49:14
1は
3年前は慎み深さを持っていたのに、
どうして最近は調子に乗った書き込みをするのですか?

122 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 02:28:25
>>37
不快と感じるから不快なだけだろ。
お前にとって不快なだけであってそれが本当は不快じゃないかもしれない。
だから受ける感覚全てを不快じゃなく快感と思えば全て解決。
あと死んだら脳細胞が動かなくなって思考が停止するだけ。

123 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/20(月) 21:54:16
37は、自分でスレ立てたらどうだ?
そもそもが人生相談じゃないわけだし。

>>121
よけいなお世話だ。

124 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 00:10:32
>>37
俺とは正反対だね
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1103720144/431-499
人は快苦に曳き回されているという人間観は”不快”だけどなあ。。。

125 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/21(火) 00:27:17
>>124

1 名前: 名無し先生 投稿日: 04/12/22 21:55:44
人が生まれる理由や
存在する理由など考える必要はない
私達が知るべきなのは
今、私達がいかにして生きるべきかということだ
人は犠牲の上に生きるのか?
人は犠牲となるべく生きるのか?



ああ、いいじゃない。
37は、こっち移れば?

126 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 09:12:44
 私は25m競泳の選手です。競泳中の経過が頭をよぎります。
 泳ぎ始めるところに来ると、泳ぎ始めることよりも25m先のことを考え
るべきだと思うようになりました。ゴールまでたどり着けないんじゃないか、
足が縺れるんじゃないか、照り返しが強いんじゃないか、泳ぎ始めるのをや
めようかと考え始めます。
 ノイローゼ気味の気分転換をしたいと思います。何か、いいアドバイスを
お願いします。

127 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 18:45:58
>>126
気分転換にはスポーツで汗を流すのがいいでしょう。
水泳などいかが?

128 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 19:24:15
>>117
>先の「何」について確証を得たいのか→とりあえず一つに絞り「死んだ後」です

ほんとボケナスだねオマイw 死んだ後の「何に」ついて確証を得たいんだよ?

教えたろ↓ もうわすれたかw
【「何」について確証を得たいのかが分かってない時は確証も得られない】←と

何について知りたいのか、確証を得たいのか、それを明確にせよ、ボケw




129 :37:2006/11/21(火) 23:56:40
>>123
必死な人生相談です。こうも感覚やクオリアに執着するのも
人生は生まれが全てだと考えてるからです。
それで人生には見切りをつけまあ過労死しなければいいやと考えてますが
何故にこうも人間は生まれ付いて差があるのか幼少の頃から
ずっと考えてたんですよ。
そこで行き着いたのが脳からなぜか理由は分からないけど意識が発生するということで
それでクオリアや唯識論という方向を調べるようになりました。
表現するのが難しいんですが、もし『今のこの時代この国のこの私に』生まれた理由が分かれば
人生の困難にも納得しますし、死んだあと自分はどうなって何を感じるのかも分かれば
今からあらゆる事に努力します。
しかし問題な事に何故にこうも苦しい社会に生まれてしまったのか
理由が全く分からない。世界中に五十億ちょっといる人間のうち何故に
今のこの37が「この私」なのか、こういうのを考えていったら
永井均やデカルトのテーマに行き着いて、それで調べてます。

>37は、こっち移れば?
いかにして生きるべきかが決まっても、物理的な体は不自由でも五感は自由にしたいので
やはり唯識論やクオリアの方向に走ります。

>>128
>死んだ後の「何に」ついて確証を得たいんだよ?
死んだらまずこの私という意識や今感じてる五感はどうなるか?
というのや、死んだあとの感覚は今の人生の行動に影響されるのかどうか?
という事です。

130 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 23:58:34
誰かこの哲学スレに突っ込みをhttp://www.i-gainax.jp/index.php?uid=NULLGWDOCOMO&mmmsid=gainax&actype=bbs&mode=view&ctgid=eva_0&ppg=1&cpg=&itemid=193243

131 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/22(水) 00:08:52
>>129
うん。だから実際に瞑想なりを数ヶ月、試してから書き込んでね。

132 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 00:15:09
>>127
 あの・・、もっとあるんじゃないでしょうか。
手に人を書いて、飲み込むとか。

133 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/22(水) 00:50:33
>いかにして生きるべきかが決まっても、物理的な体は不自由でも五感は自由にしたいので
>やはり唯識論やクオリアの方向に走ります。
どこをどう読んでるんだか…orz
124にあるスレッドに移ったらどうだ、といってるんだ。
じゃなかったら唯識論とクオリアのスレッド、自分で立てろ。

唯識学派は、別名「瑜伽行派」とも呼ばれている。
瑜伽ってのは、つまりヨガのことだな。
まあ、瞑想ぐらい始めなきゃ話にもならんてことだ。

134 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 01:11:09
>>126
「ドン・キホーテ」を読みなさい。勇気が出てくるよ。

>>129
デカルトなんて読んでないで、まずは一般常識を。
ドクサを知らずにパラドックスを語るのはちゃんちゃらおかしいよ。

ドラえもんの25巻、「ヘソリンガスでしあわせに」を読みなさい。

135 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 01:25:08
>>126
水泳大会で選手が失敗する最大の理由は「ゴジラに邪魔される」です。
会場付近にゴジラが居なければOKです。
もし万が一ゴジラが現れたら君は必ず大失敗します。
その時は男or女らしく笑って現実を受け入れてみればどうかな?



136 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 02:59:16
俺って優れてると感じた誰かの真似をしだすんだよね。考え方とか喋り方とかをさ。
あ、芸能人とかじゃなくて身近な友人や知人とかでなんだけど。
で、真似しまくってるうちに気づいたんだけど、元々俺ってどんなやつだった?っていう(´・ω・`)
厨臭くて大変申し訳ないが何かないですかね?

137 :37:2006/11/22(水) 19:29:37
哲学的な部分はこの
『何故か存在し感覚がある』という一点だけなので
専門的なテーマが全く分かりません。だからスレを立てようにも
題名から悩みます。。

ただ、この強制的に感じる痛みや疲れやストレスは
何か意味や神秘的な何かがないと
こんな物質以外の変な感覚なんていうのが生まれないのではないか?
と思って哲学にこだわってます。

宇宙が出来て生命ができても
それが意思を持って苦しみ、その中の一つが何故か自分であり実際に今こう苦しむって
かなり不条理で変じゃないですかね?
それとも人間はそんな感覚や苦痛がある原因すら分からず従うだけでしょうか。

一応、http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1086705931/l50
生まれてこない方が幸せだったというテーマが近いと思うんですが
自分のように「だからクオリアや心の発生原因を探り完全に自由にして永遠に快楽を得よう」
という発想にはなってないのでこっちも違うと思うんですね。。

ちなみにwikiで宇宙の終焉を見たら、宇宙の時間が有限でも主観時間を無限に引き伸ばせるならば
人間は永遠に文明を持ち楽しめることと同じだという内容があったので、やはり
クオリアや感覚の追求は永遠の快楽への方法だと思うんですが。。。どうすればいいか分からないです。

138 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 20:39:12
>>136
「本質ってなに?」ってのはイデア論だな。プラトン先生に学べ。

>>137
だから君はドラえもんでも読んでろっつーのに。

139 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 21:00:52
>>137
あなたが問うているのは人生相談ではなく、まさに哲学そのものです。
そのような問いに対して、哲学は様々な深遠な解を用意しています。
だからあなたに必要なのは解ではなく、以下に問うていくか、ということでしょう。

>永井均やデカルトのテーマに行き着いて、それで調べてます。

そしてすでにそれをスタートしているなら、なぜ人生相談スレに舞い戻るのか
わかりません。怖いのですか?さびしいのですか?かまってほしいのですか?
さあ、お逝きなさい。


140 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/22(水) 21:34:34
>>137
で、瞑想は? もちろん、試してみたんだよね?
だったら、もう何ヶ月か続けてみること。

141 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 22:01:25
>>126
うまいこと泳ごうと思い過ぎるから、スランプに陥る。
とりあえず順位・勝敗や自分の技能を度外視して、ただ単に泳げばよいのです。最後までたどり着けなくても良いのです。

142 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 23:31:22
>>129
>死んだらまずこの私という意識や今感じてる五感はどうなるか? 

とっくに教えたろw
お前の死はゴキブリの死と同じよ・・ちゃんと観察したかw?
肉体は地に還り、五感は機能を停止して意識は消滅する

それだけだ・・ゴキやお前の死にあるのはそれだけ
たとえ寂しくても不満でもだw

>死んだあとの感覚は今の人生の行動に影響されるのかどうか? 

死んだあとの感覚なんか 「無い !! 」 のよ
わかったらもう寝ろ

143 :37:2006/11/23(木) 00:49:08
>>139
>そしてすでにそれをスタートしているなら、なぜ人生相談スレに舞い戻るのかわかりません。
私と同じように
「人生は苦痛だ、地獄だ、生まれない方が良かった。
 何故こうも苦しい世の中や自分が存在するんだろう?
 死んだら楽になれるのか?死んだらどうなるのか?
 死んだら天国のような世界に行くにはどうすればいいか?」
と考えた哲学者を知りたかったからです。

単に個別のクオリアや唯識スレだと人生の苦しみよりも
学術的な事だけに重点が置かれそうで、また
上の生まれてない方が幸せだったスレは主観と感情論になりそうで
それで両方を兼ねそうな人生相談スレに居ます。

人生の苦痛の原因を、そもそもの生まれた事や人間の心身の構造と位置づけ
そこから苦痛の回避する方法を探すという思想は
まさに昔の釈迦という人だと思い、そこから
仏教や唯識やデカルトの「我」から永井均の「この私」まで飛び火してるんですが
苦痛の根源的な第一原因を探るのって誰でどういう分野なんでしょうか?
脳科学や心理学とも違うと思うんですが、哲学以外に何かありますか?

>>142
しかしゴキブリからは「この私」という意識は発生してませんが
この体からは何故か「この私」という意識や感覚が発生しちゃってます。だから特別だと思います。

144 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 00:49:32
ハルカはもういい加減いなくなってくれよ。

145 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 01:08:00
死んだ後に意識や感覚が無いのは有難い事だ。
狂死した後、狂った心のまま存在することを考えてみろ。

146 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 01:25:27
>私と同じように
>「人生は苦痛だ、地獄だ、生まれない方が良かった。
> 何故こうも苦しい世の中や自分が存在するんだろう?
> 死んだら楽になれるのか?死んだらどうなるのか?
> 死んだら天国のような世界に行くにはどうすればいいか?」
>と考えた哲学者を知りたかったからです。

これと人生相談がどう繋がるか意味不明だ。
もっとはっきりと、このスレでやっとかまってもらえたから。
特にHannibalの必死さはうれしい。と素直にいった方がよいだろう。

147 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 01:48:52
>>37
シオラン読めばいいとおもうよ。

148 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 02:18:44
>>143
>「人生は苦痛だ、地獄だ、生まれない方が良かった。
> 何故こうも苦しい世の中や自分が存在するんだろう?
> 死んだら楽になれるのか?死んだらどうなるのか?
> 死んだら天国のような世界に行くにはどうすればいいか?」

君自身は気付いていないのかもしれんが、
この文章はどこからどう読んでも主観的な感情論だよ。

149 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 02:51:37
>>143
ゴキブリの反射神経も人間の知性も、個体を生存させる為の道具に過ぎないのでは。
人間の場合その本来の用途からはみ出すほどの性能の道具を持っているけど、
種族全体は繁栄しているから問題は個人的なものに限られているのかも。
まあ、私が言いたいのは、個体の道具なのだからその死と共に無になるのは、
当たり前で、人間の知性がいかに精巧で例えば宇宙の誕生の謎を解き明かすことが
できたとしても、その死に際して他の生物には無い特権としての天国、解脱、等が
与えられる理由はないと思う。

150 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 03:03:21
>>37
苦痛や苦しみがいやなのは分かるけれども、実際にはその方が都合がいいからです。
麻薬をずっとやっていれば、気持ちがいいかもしれませんし
ずっと眠っていても構いません。あまり長く続けられないだけです。
それでも、もっと長く続けたければ、頭を使うしかありませんし
体も使うことになるでしょう。

151 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/23(木) 08:30:01
もう、いいんじゃないかな。
次の方どうぞ。

152 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 14:28:26
>>143
>ゴキブリからは「この私」という意識は発生してません

発生してるだろw
ゴキは、「この私」という「言語」を用いないだけであって
この私←という語の「指すところのもの」は意識してる
つまり、お前はゴキとなにも変わらないのよw

153 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 16:39:06
死ぬのが怖いです。
死ぬときの痛みも怖いですが、自分がいなくなることも怖いです。
自分がいなくなるって考えられないです。

僕の周りの人はほとんど、幽霊とか天国とかあの世とか
転生とかは存在しているものと思っている人ばかりだから
この質問をすると、「生」だったものが「死」の状態で「移動」するというようなことを答えます。
僕の考える「死」とは違います。
自分がいなくなるっていうことは「無」になることに近いと思っているんですが、
「無」が想像できません。
自分がいなくなるってどういうことだと思いますか?


154 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 16:41:28
↑この質問といっているのは、「死ぬとどうなるか」という質問です。

155 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 16:47:42
>>153-154
お前、入院して長いだろw

156 :37:2006/11/23(木) 23:53:06
分かりました。クオリアといった問いは専門スレだけで聞きます。
人生相談中心にします。

妥協するのが嫌なんですがどうにか楽になれませんかね?
仕事は嫌だし生活保護や自殺も嫌だし死ぬのも苦しいだろうし
こう相談して鬱とだけ言われるのも見当違いでいやだし
何でこうも苦しい社会や人間がいるのか分からないのも嫌だし
死んだらどうなるか分からないのも嫌だし
この先何がどうなってどんな苦痛を感じるか分からないのも嫌だし
永遠に無で何も感じないのも嫌だけど苦痛を感じてまで存在するのも嫌です。

心から願ってるんですが、寝て起きたら
「はい明日から君だけの好きな宇宙で自由にずっと好きな事だけできますよー」
となってたいんですがどうやったら現実や日常から逃れられますかね。
ドラえもんの世界のようなあんな便利な道具や世界に行きたいです。
それともこういう願いや問いは他人にしても全く無意味でどうしても叶えたいなら
一人で考えて実行しかないですかね??

157 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:02:15
>>156
>それともこういう願いや問いは他人にしても全く無意味でどうしても叶えたいなら
>一人で考えて実行しかないですかね??

そうでもないだろう。
子供が自分でも叶えられないと良くわかってあえて質問するときは、
ようするに駄々をこねるときは、コンスタティブに質問の答えを求めているわけでなく、
パフォーマティブに、裏に意味がある。
ようするに、かまってほしい、ということで、レスする目的は果たされていると思うぞ。

158 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/24(金) 00:11:18
>>156
>妥協するのが嫌なんですがどうにか楽になれませんかね?
なれません。

次の方、どうぞ。

159 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:19:30
>>156
>この先何がどうなってどんな苦痛を感じるか分からないのも嫌だ

そうやって悩みを探し回ってりゃ苦痛の種は尽きね〜よw 
とっとと寝ろ

160 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 03:07:01
>>156
>となってたいんですがどうやったら現実や日常から逃れられますかね。
>ドラえもんの世界のようなあんな便利な道具や世界に行きたいです。
のび太はドラえもんの道具で何度も痛い目に遭っているわけだが。
ドラえもんからも学べない奴が哲学書から何か学ぼうったって、そりゃ無理だわな。

161 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 03:08:46
損害何億円くらいですか?
72 :[名無し]さん(bin+cue).rar:2006/11/21(火) 22:31:45 ID:D/sdCqCP0
[殺人] TT(20061119-115041)のキンタマ.zip 357,634,948 961edc4964b67a4bb8bfc7d0a2f78ee57c254e78
Felica関係の開発資料や顧客企業(ヨドバシカメラ等)への請求書とかが2000点以上ある
フェリカネットワークス株式会社が流出元?


73 :[名無し]さん(bin+cue).rar:2006/11/21(火) 22:36:26 ID:uHshTpUQ0
>フェリカネットワークス
ウチの取引先じゃないか…orz


74 :[名無し]さん(bin+cue).rar:2006/11/21(火) 22:39:02 ID:sVmCGFUk0
>>72
漏らしたのはユニシステムの社員
で、なんか面白いファイルあった?


75 :[名無し]さん(bin+cue).rar:2006/11/21(火) 23:02:10 ID:sVmCGFUk0
ほう、課金システムの設計書やお財布ケータイのログらしきものまであるな
なんかこうフェリカネットワークスのファイル鯖全部ぶちまけた感じだ
これはもしかしたら宝の山かもしれんな

162 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 05:56:57
人間って何でしょう。どんな人間が人間らしいのでしょう。
人間の特徴って何でしょう。
人間の在るべき姿とはどんなでしょう。
私は人間ですか。本当に人間ですか。
私は本来在るべき姿の人間ですか。
人間の言葉や表情は感情を伝えるため。
なぜ感情を伝えわかりあおうとするのか。
それは生きるために必要な事なのか。
それをやらなきゃどうなるのか。
人間はなぜランク付けや昇格があるのか。
上にいかなきゃならないのか。
上にいかなきゃどうなるのか。
いつまでも下の人間は価値がないと言うことか、それとも向上心を煽るためだけなのか。
認められなきゃ生きていちゃいけないのか。
皆いつ死ぬかわからない。
それでも死ぬまで一生懸命生きようとするのはなぜか。
産まれたから生きるのか、生きたいから生きるのか。
人間の手で造り上げられた今の世の中、お金に困る人間、職に困る人間、愚かだと思わないか。
人間の作ったもので人間が困る。傑作だ。人間は何がしたいのか。
8才から15年人間の事を考えてきた。
でもやはり人間とは愚かです汚い低脳な生き物としか思えない。
これはあくまでも私の考えであって断言しているわけではない。
他の意見も聞いてみたい。

163 :運命愛:2006/11/24(金) 20:35:35
>>162
人の活動に選択の余地があるとは思わないので愚かだとは思いません

164 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/24(金) 21:27:40
>>162
なんで「人間は」なんて、高所に立ったもののいい方ができるんだろう。
大丈夫。低脳で薄汚いのは君だけだ。安心しろ。

ところで「す汚い」って何? 単なる脱字か?

165 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 21:32:19
絵本でも読んだらどうだ。

馬鹿は馬鹿なりに。

166 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 22:39:42
>>162
>人間って何でしょう

  おまえのことよ



167 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 02:18:22
「す汚い」
ただの誤字です
私人間なら生きていたくないです

168 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 12:10:55
>>167
「生きていたくない」 ←が本当ならお前はまもなく死ぬ
自ら選ぶ死は他人に依頼しての死と違い、誰にも止められない
こんなところでウダウダやってないで、し残した事をしたほがいい

もし死なないで生きてるとすれば「生きていたくない」←は嘘
「何が本当(真実)か」は結果で観るしかなく他に判定方法は無い

169 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/26(日) 01:17:18
>>167
君が人間かどうかは正直よくわからんが、
愚かで薄汚いのは間違いない。

170 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/26(日) 11:54:53
みなさん、神が居るとか居ないとか、
どんな神論を唱えてもご自由にしてくれって感じなんですが、
神にもらった体を指して「愚か」だとか「楽したい」とか、
思っちゃうと、それそのものが神に対する挑戦ですよ。
神に挑戦すれば、当然試練を課せられます。

人間のメカニズムとして、ネガティブな思考は不幸の元です。
逆に言えばポジティブな思考は幸福への架け橋になります。
人生、ポジティブな考えで不幸になった人は居ないと思います。
ネガティブな考えは、もうやめにしませんか?

近代における科学技術の発達で、宗教に対する不信感が常識化されている昨今ですが、
心理的なメカニズムとして、宗教は人類に多大な恩恵をもたらします。
病気でネガティブな考えしか出来ない人はそれなりに、
そうでない人は、まず、宗教を勉強する事から始めてみても良いのではないでしょうか。

171 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 12:23:30
宗教て勉強するものなの?
信じるものじゃなくて

172 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/26(日) 15:17:30
>>170
イエス・キリストだって「蝮の裔」とか、
けっこう酷い言葉、使ってるぜw
まあ、いいたいことはわかる。

173 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/26(日) 15:53:18
>>171
「信じる」と言うとカルト臭くなるからあえて「勉強」で。
つまりは宗教を信じるという形で利用するのではなくて、
教養として利用すれば幸せになりますよ、という意味で。
別に宗教を「信じる」でも構わないんだけど、
無信心が蔓延してる今の日本では、若い人には少し抵抗あるかと思って、
「信じる」よりは「勉強」という言葉を使ったの。

>>172
言いたい事が伝わったなら、何でもいいよ。

174 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 19:19:53
>>170
この世を地獄と考えてるんですが、これはどうでしょうか?
地獄に居る理由は人によって様々と定義しておいて、まあ自分は
何らかの処罰でも運が悪かった事でも何でもいいんですが
この世を地獄と思い死んだら楽になって少しマシな世界に生まれる、と考えれば
かなり楽だと思うんですよ。
いざとなったら自殺という逃げ道があるし人生の目的=なるべく苦しまず死ぬことだし。

ただ、信仰というのは100%妄想と同じだと思うんです。
それで確率論に走ってるんですが厳密に言うと
物理法則すら変わるかもしれなく、確率もてんで当てにならないですよね?
どうすればいいでしょうか?信じる事とこの自由意志に全力を尽くす事のみで
いいのでしょうか?

175 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/26(日) 19:44:12
>この世を地獄と考えてるんですが、これはどうでしょうか?
考えるのは自由だが、100%妄想だ。

176 :龍宮:2006/11/26(日) 19:53:32
呪われていただけだった

177 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 20:43:31
私たちって本当に生きているんですか?

178 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 20:51:56
長い年月を経て草木は実を結び花を咲かせ種を土に落とし生命を繋いでいく。生命の恩寵の因果には陰陽に潜む不思議がある。なんとか正常を保ったが宗教者は生命の騙しにあうことがあるんだろうな

179 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:38:12
>>177
私たち・・だと? いっしょにするなw
で、本当に生きてないとしたら・・なに、なんなのよ?

180 :龍宮:2006/11/26(日) 21:42:57
世界の中心にはシュミセンという山がある。みんなこの山に登ってるんだよ。五十六億四千万年後にはマートレーヤが降り立つ。我々をみて目下待機中だそうだ

181 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/26(日) 21:54:09
>>174
>この世を地獄と考えてるんですが、これはどうでしょうか?
妄想だと思います。
というか、ネガティブな思考に囚われると、この世が地獄に思えますね。

それと、自殺はやめましょう。
自殺をしても来世で同じ苦しみを味わう事になります。
決して楽にはなりませんよ。
信じないなら、止めはしませんが。

>ただ、信仰というのは100%妄想と同じだと思うんです。
少しでも感受性があれば、その様な事は言わないと思います。
信仰を妄想と同じだと思うのは結構ですが、
信仰心を持った事も無いのに、そんな事を言える方が妄想だと思いますが。

182 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:55:42
>>180
降り立ちゃいいだろ、待機してりゃいいじゃんよw
そんな糞みたいのはどうでもいい

183 :174:2006/11/27(月) 00:02:36
>>181
特定の宗教を勧めるわけでもないのに宗教にお詳しそうなので相談します。

>自殺をしても来世で同じ苦しみを味わう事になります。
これについて、前から思ってましたが、
「では何故自分は現世、来世の輪廻のシステムに置かれてるのか?」です。
輪廻は無限に過去にさかのぼるのでしょうか?
それともアダムとイブの話のように、ある時期まで遡ると
「はい、神様が創った世界から追い出されたのが輪廻のスタートですよ」
といったスタート地点があるのでしょうか?
永遠に輪廻の過去があるというのは納得できないので
生まれる前の前の前・・・に自分が何かして輪廻が始まったというのなら納得するんですが
この辺は宗教や神学ではどうなってますか?

>少しでも感受性があれば、その様な事は言わないと思います。
説明が足らずに申し訳なかったです。
宗教と自分独自の世界観の違いは厳密には存在しないと思ったので
宗教も妄想も全て同じと思って書いたのです。
例えば、理論的にはこの世はマトリクスで真実(イデア界)は世界は機械が支配する世界というのも
一応は信仰になると思うんですよ。
唯物論も、決定論も、独我論も、世界五分前想像説も、全て理論上は成立し
どれも信仰の対象になると思うんですが、どれが正解かは全く分からないので
神とかの話も全く分からず、信仰はMY哲学でも妄想でも
何でも変わらないと思うんです。

184 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/27(月) 00:33:15
>>183
>「では何故自分は現世、来世の輪廻のシステムに置かれてるのか?」です。
>輪廻は無限に過去にさかのぼるのでしょうか?
これについては、ぼくとしては、そう「感じる」のであって、
そこまで確かな事を確認する手立てはありません。
ただ、ポイントはフラクタルな構造という事です。
ぼくたちは、普段から小さな問題を解決しようとしています。
小さい問題の集まりが大きい問題になり、その問題を解決する努力の積み重ねが、
人生の大きな問題を解決する事に繋がるのです。
そう考えて、魂の不変を前提に置くと、ぼくたちは魂を磨く為に現世にいるのであり、
恐らくそれは無限に近い数の転生が繰り返されるでしょう。
始まりがどこで、終わりがどこか、それはぼくも知りません。
ただ言えるのは、ぼくたちは神の一部であって、ほかの何者でもないという事です。

>この辺は宗教や神学ではどうなってますか?
ビンドゥー教や仏教などが、輪廻と転生を説いていますね。

>何でも変わらないと思うんです。
そう、何でも妄想だと言えるので、この世に確証のある事なんて無いのです。






185 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/11/27(月) 02:04:51
>>183
アダムとイブとかいってるが、ユダヤ教、キリスト教は、
輪廻を否定している。
仏教は、となると、これは少々難しい。諸説ある。
一切は空だから、輪廻する主体もない。
いや、やはり輪廻する主体はある。
輪廻はあるが、やはり一切は空である、等々。
釈尊自身が、どういっているかというと、
「どこから毒矢が飛んできたか、なんて考える前に、
さっさと毒矢を抜け」だ。

>>184
>そう、何でも妄想だと言えるので、この世に確証のある事なんて無いのです。
これはロウシと違う意見だ。
禅の言葉に「莫妄想」、妄想するなかれというのがあるが、
一切の妄想を絶つのが、まともな(カルトではない)宗教の目的である。

186 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 03:59:49
小さき者よ。不幸なそして同時に幸福なお前たちの父と母との祝福を胸にしめて人の世の旅に登れ。前途は遠い。そして暗い。然し恐れてはならぬ。恐れない者の前に道は開ける。行け。勇んで。小さき者よ。(有島武郎「小さき者よ」)


187 :龍宮:2006/11/27(月) 08:19:09
なんなんだろうか?なんだとおもう

188 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 22:54:32
>>184-185
なるほど。毒矢の例えですね。
つまり、考えるなら輪廻や神ではなく
仕事のことや人生の生き方を考えなさい、というのが
もし現代に釈迦が居た場合の答えって事でしょうか。

しかし一つだけ、死んだ後については、
「では、死んだ後の為に今からやっておく事はなんですか?」
という興味本位ではない、先に備える気持ちゆえの問いが生じると思うんです。
魂やクオリアや宇宙については問う意味が無いとしても
死んだ後の為に今は何をすべきか?というのは
非常に意味のある質問ではないでしょうか。
仮に、100%流れるままで全ては自然にまかせなさい、
例えば明日風邪を引くか否か、癌になるかならないかは
体に任せなさい、というのと同様に
ある程度は死んだ後の為にロウシさんのような「魂を磨く努力」をして、
後はまあ、自然に任せていなさいって感じなのでしょうか。

でも毒矢の例えだと、物事の根源的なことや人間の心や非現実的な欲望を叶えるのは
『諦めなさい』と同じニュアンスだと思うんですよ。
科学なんかも諦めでは無く無理と思っても調べたから進歩していったのであって
輪廻やクオリアや確証についても諦めるのはちょっと違和感があるんですが
これについてはどう考えるべきでしょうか?諦めなのか、それとも知るのは
100%無理だから身近な有益そうな事に尽くしたほうがいいのか。

189 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/27(月) 23:08:26
>>188
不幸は突然やってくるものではなく、感受するものであり、
快く受け入れ、乗り越えるものです。
自ら苦労を駆って出、荊の道を歩むのがいいでしょう。
自然に任せるのではなく、努力し続けるのがいいでしょう。

下り坂の楽な道か、上り坂の荊の道かの

190 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/11/27(月) 23:11:33
すいません、書きかけで投稿しました。

下り坂の楽な道か、上り坂の荊の道かの選択肢があるなら、
迷わず、あなたにとって辛く苦しい道を選択するのがいいでしょう。

191 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 23:04:18
毒矢の例えについてまた相談させてください。

まさに真理だとは思ったんですが、やはり自分の欲求や苦痛への嫌悪から
「いつまで飛んできては矢を抜く作業を続けるのですか?
 死ぬまでですか?では何でこんな人生があるのですか?死んだらどうなるのですか?」
という疑問ややりきれない気持ちを抱いてしまいます。
死ぬまで仕事や義務といった事をして、死んで、その後は?何の為に生まれたのか?
その答えが分からないとイマイチ人生を真面目に生きる意欲がうせます・・・。

それとも、放置記のように、釈尊自身もそれは分からず
ある種の原理主義のように毒矢の例えのみを絶対的に崇めて
ただ死ぬまで日常生活におけるルールを守って仕事に励むのでしょうか。

それとも、「生まれた理由や死んだ後といった事は人間は誰も分からず信仰の問題だ」
という事のみが確証のある答えで、いわゆる絶対的なことなのでしょうか。

192 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 03:41:41
http://www.google.com/search?hl=ja&client=opera&rls=ja&q=%E7%A2%BA%E8%A8%BC%E3%80%80%E5%B8%B0%E7%B4%8D%E3%80%80%E7%A2%BA%E7%8E%87%E3%80%80%E8%B3%AD%E3%81%91&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja
ぐぐってみたけどむずそうだな
>>191
矢を抜かざるを得ない内は矢を抜くために生きてんじゃね?
苦痛に意味を求めることが滑稽なのは確かだ

193 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/12/03(日) 14:58:24
>>191
君はまだ毒矢を抜かないまんまでいるわけだから、
まず1本、抜いてから書き込んでください。

194 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 15:44:29
死なないためにはどうすればいいですか?

195 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 15:50:04
凡人とニートが質問にこたえるスレ?

196 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 17:00:40
>>194
>死なないためにはどうすればいいですか? 

心配すんな
オマイ自身は「自己の死を」感知できない

生きてる間、感知できないのはわかるな?
なんせ生きてるんだからw 生しか感知できないわけよ

次に死んだ瞬間以降だが、これまた死を感知できない
なぜならもう死んでるからよw
死体が死を「感じる」わけないだろ

つまりオマイの人生に死が感知される事は生涯1度もないわけで
その感知し得ないものを「ある」かのごとく扱うべき理由も
必要も無いわけよ

わかったら、もう寝ろw

197 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2006/12/03(日) 22:14:45
>>195
たぶん、凡人が一行レスで茶々いれるスレだよ。

198 :37:2006/12/05(火) 21:07:08
37=191です。学校でも職場でも友達がなく阻害されてましたが
ついに人生の『精神的苦痛』だけなら快楽に転化できる真理を見つけました。

独我論と解釈問題の応用です。感想を下さい。
世界五分前創造説や、この世は夢や錯覚という説や、自分が感じてるだけという説や
実はゲームの中の世界でしたという説など、様々な
日常に無理やりに意味を作る説を心から信じられるようにするんです。
死んだら天国だ、という説も可能で、なんなら
この世は実はSFやゲームや映画のような世界で
強大な敵が地獄のような地球に自分を落とした、とかそういう風に考えれば今の苦しみも納得できます。
むしろ難しいゲームをやってると有意義に思えます。

どう思いますか?どうせ、確実な事は無く、全ては信仰で多数決ならば、独我論や解釈問題を応用し
このように自分独自の世界観で生きれば最高だと思うんですが・・・

199 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 21:25:35
>198 しかし夢の世界観で生きていくと不思議と現実と離れていくものだ。実際の意味で現実にある潮流が止まり無くなるものがある。やはり今現在に乗っかっている何かを夢のあるものとして考えていくことが吉だと思うよ

200 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 12:34:31
時間は刻一刻と過ぎ去らなければならない。今だ。今の上に重ねていこう

201 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 12:57:17
みみず腫れ

202 :37=191:2006/12/06(水) 21:59:56
「苦しみ」の哲学
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1094334766/l50

ロウシさんやHannibalさんお世話になりました
丁度良いスレッドを見つける事ができました。
表現方法も見つけました。快楽と苦痛ということこそが人間を支配する絶対的な事だと思うんです。
なんせ自分で感じてるから確証が有る。物質よりも。
宇宙の謎や死後とか生きる意味や全てのことはやはり
「快楽を得たい」「苦痛を味わいたくない」
この二つから着てると思います。

で、それでクオリアとか言ってたんですが上に貼ったスレの方がテーマが近く
探りやすいと思いました。知性に富む皆様
クオリアや苦痛という感覚の発生源を探る事にどうか知恵をお貸しください。
この苦痛という感覚こそがあらゆる問題の根源で、これさえ解明でき意識的に自由に消せれば
今までの歴史上のあらゆる発明や発見より大きいほど画期的で良い事だと思うんです。

203 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:19:42
>>202
>これさえ解明でき意識的に自由に消せれば 

「れば」←オマイらしい結論?が出たよ〜だなw
すべてのかん違いは「れば」「たら」「なら」を起点としている

そしてかん違いも人間の自由のうちで、オマイにもかん違い
する資格はたっぷりあるわけで、遠慮など要らないと思う
存分に、、、心ゆくまで、、、、が、コツだw


204 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:24:26
>>202
苦痛は悲観から生まれる。楽観的に行けばオケー。

205 :37=191:2006/12/10(日) 16:34:43
ここ数日は他のスレでクオリアについて調べていました。
しかし、全く謎が解明されないまま時間だけが過ぎてしまいました。

人生の苦痛を避ける&死んだ後を良くする、という二つの目標を達成するには
どうすればいいでしょうか?考えてるのは三つ
1)苦痛そのものやクオリアの解明か 2)現実的に仕事に励み後はカウンセリングをしてもらうか
3)人生は魂の牢獄と捉えて死んだ後のみに希望を抱くか。

このうち、2は死んだ後に対して無抵抗主義というか全て自然に任せる幹事で極めて危険だと
思うんです。
しかし1のクオリアの解明は全く進まないし3の方法だと人生あと何十年も地獄なので
どうすればいいか分からないです。

歯を磨くのも面倒で、一日中ゲームや食っちゃねしながら長生きして楽に死んで死んだら
天国に確実に行きたいんですが、こういうのを叶える方法となると
やはり極めて非日常的な方法しかないと思うんですがどう思いますか?

現実的に考えると物事はある程度は自由にできますが
かなり決まってて個人の力では無理な事が多いと思うんです。
だから、神を信じるとか自由意志を信じるとかこの世は錯覚と信じるとか
そういうのを信じるのが良いと思うんですが、それでも
物理的なことは変わらず肉体の疲れが溜まり金は働かないと得られず苦しいです

206 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2006/12/27(水) 23:06:58
保守

207 :ロウシ ◆SRBroushi6 :2007/01/22(月) 23:30:29
保守&相談待ち

91 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)