5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

1 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 23:40:57
青木孝平っていいよなぁ

2 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 23:55:48
働いてから考えろw

3 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 00:13:52
ちゃんこ鍋?

4 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 00:39:58
青木孝平って何者? いいの?

5 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 01:05:47
1953年、三重県津市生まれ。1975年早稲田大学法学部卒、1984年同大学院法学研究科博士課程修了、1994年経済学博士(東北大学)。
現在、鈴鹿医療科学大学助教授。経済理論、法思想、社会哲学の相関理論を研究。著書『資本論と法原理』(論創社、1984年)、
『ポスト・マルクスの所有理論』(社会評論社、1992年)、『コミュニタリアニズムへ――家族・私的所有・国家の社会哲学』(同、2002年)。
編著『天皇制国家の透視』(同、1990年)。共著『法社会学研究』(三嶺書房、1985年)、『クリティーク経済学論争』(社会評論社、1990年)、
『現代法社会学の諸問題』(民事法研究会、1992年)、『法学――人権・暮らし・平和』(敬文堂、1993年)、『ぼくたちの犯罪論』(白順社、1993年)、
『マルクス主義改造講座』(社会評論社、1995年)、『社会と法――法社会学への接近』(法律文化社、1995年)、『エンゲルスと現代』(御茶の水書房、1995年)、
『マルクス・カテゴリー事典』(青木書店、1998年)、『マルクス理論の再構築』(社会評論社、2000年)、『新マルクス学事典』(弘文堂、2000年)。

http://www-h.yamagata-u.ac.jp/~yasuda/furihata70_5.htm

(青木さん)『コミュニタリアニズムへ』(社会評論社,02)は千部刷って100部残ってるんだよね」
900部!凄いじゃないですか「何言ってんだよ。君。『ポスト・マルクスの所有理論』(社会評論社,92)は3000部,
『資本論と法原理』(論創社,84)はさらに売ってんだよ」。

・・・・・・経済学板でやれよな。

6 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 01:18:02
政治哲学と経済哲学、法哲学をクロスオーヴァーさせた
リベラリズム批判。青木孝平『コミュニタリアニズムへ』は
10年に1冊出るか出ないかの名著。いまや古典となった。

7 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 01:19:11
青木孝平っていいよなぁ

8 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:51:30
それなら思いっきり厚くて高い本を買おう!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

9 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:53:33
このひとが柄谷をコテンパンに論破したって本当?

10 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:54:15
それなら思いっきり薄くて安い本を買おう!
柄谷行人『世界共和国へ』なんてどうだ!

11 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:55:33
30日午後1時50分ごろ、秋田県大館市雪沢二ツ屋の山林で、山菜
採りをしていた同市の男性会社員(59)が、体長約140センチの
クマと遭遇した。突進してきたため、とっさに右手でパンチを放つと
顔面にクリーンヒット。クマは男性の一撃でそそくさと退散した。大
館署によると、男性は右手の甲にかすり傷を負ったが、大きなけがは
なかった。「びっくりした。あの時、殴らなければ大変だった」と話
しているという。付近に民家はないが、山菜採りや渓流釣りを楽しむ
人が多いため、同署は注意を呼び掛けている。(共同通信)

12 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:57:26
俳優・児玉清(72)のモノマネで「R-1ぐらんぷり2006」を
制した博多華丸(36)が、本家の児玉と初対面することが29日、
分かった。児玉が司会を務めるABC・テレビ朝日系「アタック25」(日曜、後1・25)の芸能人大会(9月3日放送予定)に相方・博多大吉(35)と解答者として出場するもの。この日、都内で行った「R-1-」DVD発売記念イベントで明かした。
 R-1を制した“児玉清のあいうえお作文”と「アタックチャ〜ン
ス!」のマネで、一気にブレークした華丸。念願の対面が実現すると
あって、早くも気合満々だった。パネルクイズでは有利な四隅をあえ
て取らないと予告。「“なぜカドを取らない”って言わせたい」など
と集まった300人を笑わせた。「児玉さんは大阪の飲み屋でモテて
るみたい。僕に乗っかってる」と自信の発言も飛び出したが、最初に
言いたいことを聞かれると“素”に。「いきなり“アタックチャ〜ン
ス”とはいえない。“お世話になってます”と言うしかないでしょ」
と平身低頭。大吉が「コロッケ-美川憲一の関係以来のダブルブレー
ク」と表現した華丸-児玉。ダブルの“アタックチャ〜ンス!”が実
現するか、見ものだ。(デイリースポーツ)

13 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:58:10
それなら思いっきり厚くて高い本で殴ろう!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

14 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:58:24
タレントの堀ちえみ(39)が29日、都内で昨年9月に行った18
年ぶりのライブを収録したDVD「Chiemi Hori Mem
orial live2005」発売記念イベントを行った。今後も
ソロ活動と並行して、松本伊代(41)&早見優(39)と結成した
「キューティー☆マミー」として歌手活動を続ける堀は、「歌手でデ
ビューしたので、歌える機会があるのは幸せ。50歳くらいまで飛ば
していきたい。ついてきて下さいね!」と24年間見守るファンに呼
びかけた。(デイリースポーツ)


15 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 06:59:54
高知市の高知競馬で30日、7頭立ての第2レース(1300メート
ル)で、すべての着順が馬番と全く逆になる“珍事”があった。高知
県競馬組合によると、確率は5040分の1という。経営の厳しい組
合では、「競馬人気も“尻上がり”に回復してくれれば」と期待して
いる。同競馬では5月にも、7頭出て全着順が馬番通りのレースがあ
ったばかり。組合は「頭数が少なく、たまたま続いたのだろう」と話
している。この日のレースは最後の直線で5番手を走っていた7番の
プレザントボーイが差しきって1着、6番フナバシボンバーと5番ラ
イナーノーツも第3コーナーから追い上げ2、3着に。先頭だった4
番は4着に沈んだ。(読売新聞)

16 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:00:23
それなら思いっきり厚くて高い本を狙おう!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

17 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:01:41

           ∩___∩  .冒  
           | ノ__△_ヽ/⌒) 
          /⌒) 〇   〇  l l
         / /   ( _●_)  /〜ヽ
        .(  ヽ  |∪| / |__|
         \    ヽノ / .||ポサ||
          /      /  .|.l ン.||
         |    _つ /   .|ル_||
         \   UJ / ..  .|__|    
           )  ) )
          (  ) /
           ) /
          ν



18 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:02:21
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ




19 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:02:24
それなら思いっきり厚くて高い本で歌おう!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

20 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:03:37
青木の本は内容からすると高くないだろ。

21 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:03:53
それなら思いっきり厚くて高い本に賭けよう!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

22 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 07:12:51
>>20が100冊お買い上げ決定!
社会評論社からクロネコの代引きで本日発送。
明日中に届きますんでお釣りの無いように。

23 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 08:20:18
私は、前スレに触発されて、青木孝平の『コミュニタリアニズムへ』を読んでみた。
正直いって、マルクスの「資本論」や宇野「経済原論」の細かい議論には十分に付いて
いけなかった。しかし、リベラリズムやアソシエーショニズムに対する批判には
直感的に正当性と説得力を感じた。マルクスをリベラルとコミュニタリアンに
腑分けする論理や、よくは知らないが分析的マルクス主義をリベラリズムの一派と
みなす論理、柄谷への批判は多分あたっているのではないかと感じた。
これまで宇野派の経済学者の科学を気取った論文には辟易してきたが、宇野を
社会哲学(コミュニタリアニズム)として読むというのは新鮮な驚きだった。
とくに労働価値説をロック=ノージックの「自己所有権」にひきつけて
批判する論理は、強引ではあるがユニークだ。あと、エンゲルスの家族論を
リベラリズムとして論破する論理も鋭い。所有論としての価値形態論、
土地所有論としての地代論。このあたりが構造主義的コミュニタリアニズム
(関係論的マルクス主義)なのだろう。宇野理解が不十分な私には正確な理解では
ないが、たぶん宇野以上に価値実体を消極化し、形態論=関係論的純化によって
コミュニタリアン的なのだろう。ただ、日本資本主義論争の国家論はいただけない。
語論の水準が少し古いと感じた。それに、ここの共同体論はあまりに
歴史的実態としての共同体に引き付け過ぎていると思う。哲学的な切れ味が
あまり感じられない。やや残念な部分だ。ともあれ、このスレに集まっている
諸君、とくにリベラル左派や柄谷読者の諸君、君たちのアソシエーション賞賛や
マルクスへの先入観を拭い去るのに最適だと思う。一読のうえ批判をお勧めする。

24 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 08:32:32
また自演か。。。

25 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 08:40:17
>>24  自演じゃなくて、コピペだろ。
誰かが前スレから貼り付けたんだろう。


26 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 08:46:08
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ



27 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 09:11:06
キチガイ経済学博士は経済学板へ。
キチガイなだけでなく板違いです。


28 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 10:58:15
本を読みもしないで、こんなスレ立てて
あることないこと出鱈目書いて、
言うにことかいてキチガイ呼ばわり。
そのうち本人に見つかって
名誉毀損で訴えられても知らんぞ。

29 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 12:00:47
早く経済学板にスレ立てろよ。キチガイ。

30 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 12:06:33
>>23
新聞のインチキ通販広告みたいなことやるな。キチガイ。

何はともあれ、
青木孝平ってつくづくいいよなぁ

31 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 12:11:05
>>27>>29
誰がキチガイなんかもよくわからんが
なんで経済学板なんかもよくわからん。
だって「コミュニタリアニズム」だぜ。
しかも家族・私的所有・国家の「社会哲学」だぜ。
もしかして経済学博士にこだわってるだけか?
あんたはただのコンプ野郎かい?

32 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 13:55:36
>>31
バカ。早く経済学板にスレ立てろや自演キチガイ。板違い。
専門が「経済理論」だとあるだろ。
マルクスを宇野弘蔵の線で解釈したらピカイチなんだろ。
ならジャンルは経済学じゃないか。
マル経の一種にしか見えませんが。
お前ID出るとこ嫌なだけじゃないの?
変態じみた自演やりづらくなるから。
哲学板では宇野理論の解釈論は無理だよ。

しかし、青木孝平ってホントいいよなぁ

33 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 13:57:49
柄谷も専門は「哲学」じゃなく「文芸評論」だろ。
文学板でいいんちゃう?

34 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:04:35
>>33
それは柄谷スレで言え。関係ないだろここでは。
文学板にもあるから棲み分けてんだろ。

にしても、青木孝平って、やっぱいいよなぁ

35 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:07:08
重要性から言ったら哲板のスレが全て青木関連でも、
それはそれで問題ないと思う。

36 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:14:00
拘ってるのはIDと青木信者の卑怯なやり口だけだ。
なんだよあのコピペ感想文(ディレクターズカットエディション)はw

でも、青木孝平っていいよなぁ

37 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:16:46
青木孝平はいいとは思わないが、
青木の重要性は認めざるを得ない。
批判対象としてみんなもっと青木氏の本を買うべきだと思う。
さもなくば不勉強の謗りは免れまいて。

38 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:22:50
早く経済学板に逝け宣伝マン。

しかし、青木孝平って重要性あるよなぁ
買うべきだよなぁ

39 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:52:29
こんな嫌がらせされてかわいそうに
どんだけひどいんだ

40 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:59:07
買ってはいけない。
よくもない。
重要性もない。
このスレは信者(もしくは本人)による巧妙な販売活動、洗脳行為です。
IDの出ないマルクス主義系の板を中心に転々と徘徊し、もう4年は経つのでは? 一体、何スレ目でしょうか。
文章の特徴で分かります。


41 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 14:59:30
青木孝平っていいよなぁ


42 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 15:06:26
やっぱ、青木孝平っていいんだよなぁ

43 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 15:20:31
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ

44 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 15:21:13
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

45 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 15:23:21
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二
養老孟司 茂木健一郎 五木寛之 永六輔 青木雄二

46 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 15:24:25
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常
諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常諸行無常

47 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 15:37:13
青 木 孝 平 っ て い い よ な ぁ


48 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 16:09:08
このスレを立てたりカキコしたりしてるのは
青木関係者とまったく無関係であることを断言します。
いわゆる青木派は、これまでも論理的・思想的・
哲学的・経済学的な内容のあるカキコミしかしていません。
無意味な宣伝やホメゴロシは、まったく無関係で迷惑です。
どうかこんなスレは速やかに閉鎖してください。
スレを開いた方は責任をもって処理してください。
さもなければ青木氏本人に通報して法的措置を検討してもらいます。

49 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 17:02:40
そもそも>>48が過去に自分で播いてきた種が豊かに実ったまでのような。
(過去ログを調べれば分かる。)
自分でやってみればいい。法的手段でも閉鎖でもなんでも。
責任は「2ちゃんねる」という媒体を利用し始めた青木氏本人とその関係者にある。
>>48は本人の関係者だそうだが、あなたの今までの書き込みに、
無関係者・素人を偽装した作為的な演出が皆無であり、
決して青木孝平本人への加害者の一部ではないことを、
あなた自身で法廷でキッパリと証明できる根拠があるのなら、
さあどうぞ、即刻通報して下さい。 

50 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 17:44:13
>>49には誤解がある。
過去に青木氏と無関係な一部の信奉者が悪乗りをして
宣伝まがいに本をやたらと褒めたから、逆に
これまた本を読んでもいない一部の無関係な者が
過剰に反発して、アラシとホメゴロシに走った。
少なくとも私の知人に偽装宣伝をした者はいない。
それはむしろ青木派を装った悪乗りだといえる。
この悪循環が続けば続くほど、迷惑するのは
青木氏本人だ。なぜなら、青木氏は2ちゃんねるで
自分が晒し者にされてるなど、つゆ知らないだろうから。
>>40のような明らかな名誉毀損には警告しておく。




51 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 17:58:11
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ
青木孝平っていいよなぁ 青木孝平っていいよなぁ


52 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 18:16:22
ようやくわかってきたようだな。

53 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 20:22:23
いや、全然わからない。
>>40の不信が何故、名誉毀損なのか。
IDの出ないところで偽装を疑って何が悪い。
なおさら、一人で相変わらず匿名のままカッカしている
>>50が今まで偽装をしていたのではないかと疑いたくなる。
人は真実を突かれるからこそ怒るのだ。
一足飛びに「通報」「法的措置」という脅しに転じる所がなおさら怪しい。
>>50がまずトリップ付けるなり、
経済学板にスレを立てるなりして、真実を明らかにすればよいだけのことだ。

わかるのは、青木孝平っていい、ってことだけ
やっぱ、いいよなぁ

54 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 20:55:27
青木って人そんなに凄いの?
早稲田卒みたいだけど。
誰か青木哲学を分かりやすく紹介できる人はいないのか。

55 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:00:47
それにしても青木孝平の『コミュニタ』は
爆発的ヒットこそなかったが、
じわじわと今でも確実に売れ続けて
静かなブームの様相を呈してる。
これがもっとつづいて欲しい。
日本の読書層も
まだまだ捨てたもんじゃないね。

静かなブームの様相を呈してる。
静かなブームの様相を呈してる。
静かなブームの様相を呈してる。

56 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:02:10
静かなブームって、形容矛盾じゃね?

57 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:03:23
柄谷信者がみんな、ごちゃごちゃ青木批判をしてるけど
昔のコミュニズム信者みたいに、生産力だか市場経済だかの
グローバルな発展の延長に、弁証法的に、自由な個人が自発的に
アソシエーションを作り始めると、本気で信じているのか。
おめでたい馬鹿。柄谷ははじめから冗談。
そうでないなら、今ある共同体を守る以外にないだろべが。
青木はいまでもサヨクのつもりらしから
どうだかしらないけど、オレ、保守派こみゅにたりあん。

58 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:04:35
柄谷が現実感のない夢想バカなのは知ってるけど、
青木はどうなのよ?

59 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:12:22
著者の展開する徹底的な近代批判の
視角と論理の明快さに較べて、その最終章で提示される新しいコミュニティ
が「町内会」ないし「自治会」の再評価というのはどうであろうか。ここに
欠落しているのは、現代資本主義がすでに国家の域を超えてグローバリゼー
ションをとおしてしか生き残れなくなったという現実と、それが生み出す
世界的な分極と荒廃の構造である。「自治会」的共同体と、国家を超える
アジア的共同体とを、同時に視野に収めるコミュニタリアニズムの構想
をこそ、著者の次の作業目標として望みたい。

60 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:14:31
前スレからずーと理論家を気取ってる青木派って、どうせ
東大の現代哲学研か、いつもその周辺にうろついてる連中だろ。
たぶん50もどうせスガの金魚のフンか、その取り巻きだろ。
自惚れを壊すアラシみたいなカキコがよっぽど気に触ったと見える。
あんたら賢いですね〜。お高く泊まってるんですね〜。
おれたちにしか青木の良さは分からんていう、高慢ちきが気にいらねえんだよ。
だから「青木孝平っていいよなぁ」なんて褒め殺しに合うんだ。いい気味。

61 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:16:54
青木って評価高いなー。。。
そんなにいいのか。
とりあえずamazonで買ってみるか。

62 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:22:29
>>61
お金は大事だよ〜♪

63 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:26:00
本書の特色は、コミュニタリアニズム論を規範的に展開するのみならず、
戦前の国家における擬似共同体や現代の会社における幻想共同体の分析にみられるように、
実証的分析のツールとしても活用している点にある。著者の鋭い分析によれば、こうした
擬似的幻想的共同体は、市場経済化によって社会がアトム化された個人へと解体していく過程で、
これを一時的に避難させる場所、もしくは体制による統合手段にほかならなかった。これに対し
著者は、真に人間存在に帰属を与える共同体関係を構築することを訴える。では真の共同体とは
何か。著者は終章で、「どこまでも人間の自由意志による契約的な社会関係を説くものではなく、
社会関係による主体の構成と創造性を説くロジック」(461頁)とし、一つの身近な例として
家族や町内会をあげている。しかし率直にいって、これだけでは著者の言うコミュニティを
基盤とした社会のポジティブなイメージがいまひとつ伝わってこない。コミュニタリアニズムが
将来社会の一つであるコミュニズムに取って代わるというのであれば、国家、市場、アソシエーション
といった現存するセクターとの関係はどのようになるのかという点など、もう少し具体的に
説明すべきではないだろうか。

64 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:27:12
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/jurisp/1093143090/

青木の評価がメチャ高なのにびびった。

65 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:33:48
市場と国家の両方に対抗する原理としての「共同体主義(コミュニタリアニズム)」を視軸にしつつ、
マルクス派社会哲学の遺産を救出しようと企てた労作。宇野理論の脱科学化、家族論や所有論や
日本資本主義論争の脱進化主義化、会社共同体の批判的検討などを経て、
市場原理主義の思想を批判する理論的観点を再規定する。その議論展開には勢いがあって包括的である。
著者の関心の中心には、自然法思想、古典派経済学、超越的主体論、方法論的個人主義といった
概念装置に対する強い疑念と批判がある。他方では、現代の分析マルクス主義やアソシエーション論に
対しても批判的な立場をとり、家族や自治会や町内会や階級や民族といった、
自由意志に左右されない共同利害性の原理としてのコミュニティを復権しようと呼びかける。



66 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 21:44:55
>青木孝平っていいよなぁ

こればっか書いてる香具師って、
ほめごろしというより
ただのコンプレックスの塊だろw


67 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:01:44
通報マダー?>青木関係者

68 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:33:17
@青木の悪口を書くとボスの青木の耳に入り、書いた奴は一人残らず告訴されるらしい。
 →みんなで青木を誉めよう。悪口はNG。
A青木の本を買ったうえで誉めなきゃ、やはり告訴されるらしい。
 →みんなで数冊ずつ買って青木さんや社会評論社の社員にボーナスをあげよう。(ニートはバイトしろ。)
B似たような文体で同じような主張をする「怒ってる」人がチョクチョク書き込むけど、
 全部別の人間だから「自演」って誤解すると、やはり告訴されるらしい。
 →みんな、文体を特殊な勉強法で一から学んだその道のスペシャリストらしいから丁重に扱おう。
C批評家・柄谷行人を始めとする、マルクス解釈論の話題は慎重に
 →青木孝平自身と宇野弘蔵と広松渉以外は、マルクスを正しく理解しておらず、後は全て間違えているらしい。

青木孝平って最高だよなぁ

青木=ネ申、柄谷=クズ ってことだね要は。(ヒヤヒヤ)

69 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:55:37
青木孝平って最高だよなぁ 青木孝平って最高だよなぁ
青木孝平って最高だよなぁ 青木孝平って最高だよなぁ
青木孝平って最高だよなぁ 青木孝平って最高だよなぁ
青木孝平って最高だよなぁ 青木孝平って最高だよなぁ
青木孝平って最高だよなぁ 青木孝平って最高だよなぁ

70 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:56:42
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ



71 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 23:59:09
               r'゚'=、
               / ̄`''''"'x、
          ,-=''"`i, ,x'''''''v'" ̄`x,__,,,_
      __,,/    i!        i, ̄\ ` 、
  __x-='"    |   /ヽ      /・l, l,   \ ヽ
 /(        1  i・ ノ       く、ノ |    i  i,
 | i,        {,      ニ  ,    .|    |  i,   
 .l,  i,        }   人   ノヽ   |    {   {
  },  '、       T`'''i,  `ー"  \__,/     .}   |
  .} , .,'、       },  `ー--ー'''" /       }   i,
  | ,i_,iJ        `x,    _,,.x="       .|   ,}
  `"            `ー'"          iiJi_,ノ



72 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 00:24:50
329 :山○哲○:06/07/31 16:43
削除対象アドレス:
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154270457/l50

削除理由・詳細・その他:
このスレットは、青木孝平の著書『コミュニタリアニズムへ』を
誹謗し中傷する目的のみで立てられています。したがって
著しく青木の名誉を毀損するものであることは明らかです。

それにしても、
「天はニ物を与えず」と言うが、
天は青木孝平に三物を与えたもうた。
稀代の批評眼、非の打ち所のなき筆力、
そして、真心である。

73 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 07:54:50
「青木孝平っていいよなぁ」「最高だよなぁ}を書いている褒め殺しオトコは
>>27>>29>>32>>36>>38>>40>>49>>53>>68 を全部ひとりで書いてる粘着さんです。
この人物のカキコにはいっさいレスをしないで無視してください。


74 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 08:51:40
青木孝平って、神の真心だよなぁ

75 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 09:36:23
ここで誉め殺しされてるからどんなかと思ったら、
凄いまとも(?)な本だった。。。>「コミュニタリアニズムへ」
何でこんな叩かれてるんだ?

76 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 10:16:57
誰も叩いてないじゃん。被害妄想乙。

にしても、いいよなぁ

77 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 10:21:22
>何でこんな叩かれてるんだ?

たぶん読まずに貶すことに快感を感じてんでしょ。
コンプレックスからくる嫉妬と思われ…。

78 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 12:05:58
同意。
普通の理解力と問題関心のあるひとなら、
ほとんどのひとが普通以上に評価をする筈だ。
「なぁ」で終わる約1名は、読んでいないか、
理解できないか、きっとどっちかだろうな。

79 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 14:00:26
家族って、いいよなぁ
町内会って、最高だよなぁ

やはり青木孝平こそが、ネ申だよなぁ
読めば読むほど、味わい深いんだなぁ
コクがあるのに、キレがあるんだなぁ(ん〜ん)
読んでない奴は、万死に値するなぁ
名誉毀損で、告訴してやりたいなぁ
通報、するしかないなぁ
この優越感は本を買っただけでは味わえないなぁ
僕達みたいなネ申レベルに近づくには、相当程度訓練が必要だなぁ
そうすれば、一人三役ぐらいは朝メシ前なのになぁ
劇団ひとりなんて、まだまだ甘いなぁ

80 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 14:37:07
それなら思いっきり厚くて高い本を買おう!
青木孝平『コミュニタリアニズムへ』なんてどうだ!

81 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 14:53:54
>普通の理解力と問題関心のあるひとなら、
>ほとんどのひとが普通以上に評価をする筈だ。

普通の理解力と問題関心
普通の理解力と問題関心
普通の理解力と問題関心

普通以上に評価
普通以上に評価
普通以上に評価

…普通って、何かねぇ?
「いいよなぁ」は普通未満かねぇ? 以上かねぇ?
今以上それ以上愛されたいのに
あなたはその透き通った瞳のままかねぇ?

青木孝平って、普通以上だよなぁ

82 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 15:06:23
ここでキレてる人って、
早稲田大商学部にお勤めの人?(同姓同名?)
ネ申(もちろん青木孝平ちゃん)とはどういうご関係で?

83 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 15:33:05
要は、青木孝平がいいってこと。
その点に関して、誰も異論はないはずだ。
キレキャラ一人を除いて。

いいよなぁ

84 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 03:32:08
あの〜念のため言っておくとね。
「なぁ」は、あえて自分を特定させるためサービスだから、そこ喜ばれても困るからね。
本も読んだし大体言いたいことは理解した。
劣等感なんてかけらもないからね。
(そう思うのはテメエの浅薄な優越感の仕業だよ)

しかしスレ主とAAと羅列系は俺じゃないから。
俺がやるなら経済学板で立てるけどね。
(プロの関係者がいるようだからどうせ不毛に終わるだろうがな。)

俺の狙いはあくまでも、青木関係者のこれまでの数々の卑怯な自作自演性、特定を避けたチンケなやり口を掃除したいだけ。
マル系のスレ見てて疑念が生じてしまった。
だからそこはハッキリさせたい。
玄人の癖に、名無しのまま正体隠して、
稲葉ブログやマル経スレに参加すりゃ済む話なのに、
いつまでも真っ向勝負で真摯に議論出来ないチキン。
その腐った根性で、長年2ちゃんやアマゾンレヴュー、アソシエHP、あと「マルクスなんとか会」とかに、
居座って他人様の土俵で威張ってオコボレ狙って欲しくないわけ。
「クソ高い本を売らんかな」でやってるだけかなこのオッサン、って疑われてもおかしくないですよ、今の時代は。
格好悪く見えても、新書書いた柄谷や、ネット暦も長く、あえて啓蒙を辞さない稲葉氏の方が、
アマゾン・2ちゃん界隈限定のゲリラ専門学者より数倍も良心的だと思う。
ゲリラが批判すればするほど、そうなる。
素人の俺は。

でも、そんなシャイなところを含めて、青木孝平っていいよなぁ
憎めない奴だよなぁ
やっぱネ申だなぁ

85 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 06:36:23
マジで凄いと思う。

86 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 07:03:33
あの〜念のため言っておくとね。
あんたのいう青木関係者または信者は、
ホントに青木氏の知り合いもいるかもしれんが
読書会その他の純粋のファンが不特定複数いるんよ。

しかしスレ主と宣伝マンは俺たちじゃないから。
俺たちは1度も自分でスレを立てたこともないし、
誰かがコミュニタスレや青木スレを立てると面白いから
知識を見せびらかして遊んでるだけなんよ。

玄人じゃないし少し趣味で勉強してるだけの
素人に毛のはえた程度の読書仲間たちだよ。
経済学板も共産板のマル経スレも関係あるテーマ
になるとよくカキコしてるよ。Jimmy氏とも
方法論的個人主義批判の反山口派で共闘してるし。
よく勉強してるねって誉められるのなら
うれしいけど、卑怯な自作自演といわれると
心外だね。論理には論理で批判してほしいね。

あとアソシエやマルクス主義同志会なんかは、
青木氏本人がたぶん頼まれて実名で書いてるんだから
俺たちに言われてもどうしようもないね。
どっちにせよ妙な誉め殺しによるアラシだけは
やめてほしい。お願いします。



87 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 07:32:24
>>84
青木さんはココなんかじゃなくて、正々堂々とプロ同士
渡り合ってるでしょ。たとえば経済理論学会では松井暁や
松尾匡なんかの分析的マルクス主義者と、法哲学会関係では
森村進なんかのリバタリアンと、社会思想史関係では
田畑稔らのアソシエーショニストと、口頭や論文で散々議論
してますよ。プロの青木さんとアマの2ちゃんねらーを
一緒くたにして、恨みか妬みか書かれても返答に困る。

88 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 07:44:52
そろそろ真性青木関係者の釣りを疑ってかかる必要が、あるなぁ

マジ、侮れないよなぁ
やっぱ、青木孝平ってネ申だよなぁ

89 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 08:01:28
風通しの悪い、ユーモアの無い凝り固まった思想ヲタが、
妙に高踏ぶって今まで面白がって散々粘着してたツケが、
今こうしてネ申の冒涜に到ったんだなぁ
俺のやってることは真摯な宗教批判であるとご理解頂きたいものだなぁ

とは言うものの、やっぱ、青木孝平っていいよなぁ

90 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 08:33:01
都合悪くなるとキレて削除依頼。アラシ批判。
今度は「遊び」。マジ格好悪いなぁ
ションベン臭いなぁ
まさに宗教。「遊び」と称すれば許されると思う根性がなおさら気に食わないなぁ
オウム信者と同様のカルト性。結論ありきの自作自演性。
今まで人をゴミ・道具扱いしながら優等生として生きてきた証拠だなぁ
これでコミュニタリアンとは聴いて呆れるなぁ
幼稚な全能感丸出しじゃなぁ
まさに国家共産主義者的振る舞いの典型だなぁ

つまり、青木孝平ってホント、いいよなぁ

91 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 10:43:41
http://www.suzuka-u.ac.jp/cgi-bin/teacher/index.cgi

>>5の青木の紹介と微妙に違うね。どっちでもいいけど。

92 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 10:54:57
簡単にいえば、マルクスは抽象的人間労働(価値実体)を前提に、
価値形態論を展開したために、左辺(相対的価値形態であるリンネル)と
右辺(等価形態である上着)の関係を、両辺の投下労働の等値として展開した。
そのため「簡単な価値形態」から「拡大された価値形態」を説いた後、
左辺と右辺を逆転させて、一般的価値形態すなわち貨幣形態が成立するものとした。
これは「交換過程」において二つの商品の物々交換の不便から貨幣を導き出すに等しい。
すなわちマルクスにおいては相対的価値形態の商品(リンネル)が貨幣になることになる。
これに対して宇野は、商品論から労働生産過程を外して、価値論をひとまず価値形態論に
純化し、相対的価値形態の商品の価値を等価形態の商品の使用価値によって表現するものと
みなした。言い換えれば価値形態論を左辺から右辺への一方的価値表示関係として
理解して、マルクス的な相互の逆転の論理を封殺した。それゆえ相対的価値形態にたつ
複数の商品の価値表示が単一の商品(一般的等価形態)に収斂してゆく過程によって
貨幣の必然性を説いた。これによって左辺の商品と右辺の貨幣の労働による相互交換性という
マルクス的論理は全面否定され、商品交換はゆいいつ貨幣による商品の購買としてのみ
実現されることが明確にされた。これが商品(売り手)に対する貨幣(買手)の優位論。
したがって商品の価値は労働で計られず、貨幣によってのみ尺度されることになる。



93 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 10:56:54
付け加えれば、宇野はリンネル(相対的価値形態)から上着(等価形態)への
一方的価値表現をいうために、リンネルの側に所有者という人間を導入し、
リンネル商品所有者の上着の使用価値に対する欲望を価値形態論の展開の
動力とみなした。このことが青木氏には気に入らなかったらしい。あらかじめ
人間の欲望を前提として商品経済的関係を展開するのは、論理の逆立ちではないか。
そのような自由な近代的個人の価値表現すなわち意思表示によって、人間が
商品経済的関係に入るという想定は、ロック、ロールズ、ノージック流の
社会契約説と基本的に同じことになるのではないか?という疑問だ。むしろ
逆に資本主義の商品経済という物象的関係が、イデオロギーとしての自由な近代的
個人を作り出していくのではないか。それで青木氏は、商品論から労働主体とともに
商品の所有主体をも消去して、相対的価値形態から等価形態への一方的ベクトル関係
としてのみ価値形態論を設定し、商品所有者が価値表現するのではなく、反対に
価値形態論の展開によって所有主体という「人間」のイデオロギー的構成過程を
明らかにした。これは宇野価値形態論の発展か、それとも後退か、議論の分かれる
ところだ。しかしコミュニタリアンによるリベラルの超越的主体批判の応用である
とはいえるだろう。



94 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 11:47:46
>>92>>93
出た。ゲリラコピペ。
しかもそれどっかで見たぞ。
前もってテキストデータ用意してあるな。
会話になってない。

でも、そんな不器用な信者に愛されてる青木孝平って、
やっぱり、いいよなぁ

95 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 11:51:38

http://www7a.biglobe.ne.jp/~yasui_yutaka/dokusho/aoki.htm

コミュニタリアニズムへ [序章] 自由・平等・友愛を超えて

96 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 11:57:15
>>91
マルクス経済学をメインに持ってこれない「大人の事情」だろう。
>>5は社会評論社の著者プロフィールだ。
スレタイから察すると、出版社の紹介の方が正当だろう。
でさー。青木関係者にリクエストだけど、経済学板に移動しませんか?
どうせマルクスと宇野の話がメインでしょ?
あっちでやれない事情があるんじゃないの〜?、も〜う、ずるいんだからw

そんなズルい所も含めて、青木孝平っていいんだよなぁ

97 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 12:07:22
>>95
やすいゆたかさん、これ、許可取ってるんですか?

青木孝平って太っ腹だよなぁ
やっぱ、ネ申、だよなぁ

98 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 12:07:30
いやそういうことではなく
助教授が教授になり
共著に新著が入ってる
ことですなぁ。

99 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 12:11:57
>インターネットの普及と簡便化が世界を単一の共同体にするなどと語るIT革命運動は、
>多国籍的情報産業のコマーシャル戦略に違いないと疑ってかかったほうが賢明である。

オマエモナァ

>同様に、高邁な理念としての「自由」も「平等」も、一度それぞれの足元にある生活共同体における人々の現実的な暮らし方のなかに
>還元されてしかるべきなのだ。

「友愛」モナァ

100 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 12:19:34
>>98
どっちでもよくないじゃん
「かなり」のこだわりを感じますなぁ

101 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 18:43:15
ここだけの話、青木孝平ってマジ萌えるよなぁ、
俺は青木孝平をオカズに毎晩抜いてるぜ
文体がセクシーだしなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ
俺の年代だと、まだ電車で読むのはさすがに恥ずかしいがなぁ

ほんと、青木孝平っていいよなぁ

102 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 18:46:51
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ

103 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 18:47:45
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ

104 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 18:54:47
社会関係による主体の構成と創造性を説くロジック」(461頁)とし、一つの身近な例として
複数の商品の価値表示が単一の商品(一般的等価形態)に収斂してゆく過程によって
リンネル商品所有者の上着の使用価値に対する欲望を価値形態論の展開の
実現されることが明確にされた。これが商品(売り手)に対する貨幣(買手)の優位論。
逆に資本主義の商品経済という物象的関係が、イデオロギーとしての自由な近代的
価値形態論の展開によって所有主体という「人間」のイデオロギー的構成過程を
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
人間の欲望を前提として商品経済的関係を展開するのは、論理の逆立ちではないか。
右辺(等価形態である上着)の関係を、両辺の投下労働の等値として展開した。
貨幣の必然性を説いた。これによって左辺の商品と右辺の貨幣の労働による相互交換性という
ところだ。しかしコミュニタリアンによるリベラルの超越的主体批判の応用である
多国籍的情報産業のコマーシャル戦略に違いないと疑ってかかったほうが賢明である。
同様に、高邁な理念としての「自由」も「平等」も、一度それぞれの足元にある生活共同体における
まさに宗教。「遊び」と称すれば許されると思う根性がなおさら気に食わないなぁ
したがって商品の価値は労働で計られず、貨幣によってのみ尺度されることになる。

105 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 18:56:36
社会関係による主体の構成と創造性を説くロジック」(461頁)とし、一つの身近な例として
複数の商品の価値表示が単一の商品(一般的等価形態)に収斂してゆく過程によって
リンネル商品所有者の上着の使用価値に対する欲望を価値形態論の展開の
実現されることが明確にされた。これが商品(売り手)に対する貨幣(買手)の優位論。
逆に資本主義の商品経済という物象的関係が、イデオロギーとしての自由な近代的
価値形態論の展開によって所有主体という「人間」のイデオロギー的構成過程を
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
人間の欲望を前提として商品経済的関係を展開するのは、論理の逆立ちではないか。
右辺(等価形態である上着)の関係を、両辺の投下労働の等値として展開した。
貨幣の必然性を説いた。これによって左辺の商品と右辺の貨幣の労働による相互交換性という
ところだ。しかしコミュニタリアンによるリベラルの超越的主体批判の応用である
多国籍的情報産業のコマーシャル戦略に違いないと疑ってかかったほうが賢明である。
同様に、高邁な理念としての「自由」も「平等」も、一度それぞれの足元にある生活共同体における
まさに宗教。「遊び」と称すれば許されると思う根性がなおさら気に食わないなぁ
したがって商品の価値は労働で計られず、貨幣によってのみ尺度されることになる

106 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 19:05:00
リンネル商品所有者の上着の使用価値に対する欲望を価値形態論の展開の
人間の脳を構成する千億個の神経細胞は軸索を伸ばし、突端から
多国籍的情報産業のコマーシャル戦略に違いないと疑ってかかったほうが賢明である。
量子論の「不確定性」は意識には何の関係もない「単なる観測問題」です。
価値形態論の展開によって所有主体という「人間」のイデオロギー的構成過程を
分子生物学と生理学の対象分野「分子レベルの現象」が全てです
右辺(等価形態である上着)の関係を、両辺の投下労働の等値として展開した。
まさに宗教。「遊び」と称すれば許されると思う根性がなおさら気に食わないなぁ
しかし、脳内には物質以外の「何か」がある(筈)と考える人が居ます。
同様に、高邁な理念としての「自由」も「平等」も、一度それぞれの足元にある生活共同体
・・それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」です
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
「何を思うか何を意志するか」は、あらかじめ物理・化学法則により
しかしコミュニタリアンによるリベラルの超越的主体批判の応用である
したがって商品の価値は労働で計られず、貨幣によってのみ尺度されることになる

107 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 19:21:34
>>105
>多国籍的情報産業のコマーシャル戦略に違いないと疑ってかかったほうが賢明である
EPRパラドックスは数学的にクオンタム・ポンテンシャルという概念でわざわざ多世界解釈を
リンネル商品所有者の上着の使用価値に対する欲望を価値形態論の展開の
入れなくとも解けるという事を言う人がいる。クオンタム・ポンテンシャルには数学的に距離の
読んでて勃起してくるんだよなぁ 読んでて勃起してくるんだよなぁ
概念は入っていないのだという。距離という概念が入っていないのだから、A粒子、B粒子 間で超光速で
情報が伝わった様に見える。ではそのクオンタム・ポンテンシャル(量子ポンテンシャル)とは
・・それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」です
具体的に何かと聞かれても、私は解からない。でも数学方程式内部に距離の概念が格納されていない、
右辺(等価形態である上着)の関係を、両辺の投下労働の等値として展開した。
数学的概念としか言い様が無いものらしい。結果、距離の概念は無い為、情報は瞬時に伝わるのだ。
したがって商品の価値は労働で計られず、貨幣によってのみ尺度されることになる

108 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 19:28:52
>>107
>具体的に何かと聞かれても、私は解からない

でもね、根本的な量子領域の不可解な現象の説明は何も出来ていません
デリダはたとえば自然の恵みのような見返りのない贈与を「純粋贈与」と読んだ
EPRパラドックスは数学的にクオンタム・ポンテンシャルという概念でわざわざ多世界解釈を
偶然性というトラウマ的外部環境から内部(社会)を守りながら
数学方程式内部に距離の概念が格納されていない、右辺(等価形態である上着)の関係を、両辺の
投下労働の等値として展開した。数学的概念としか言い様が無いものらしい。
今後、資源の枯渇はより厳しいコントロール社会を生むかも知れないが、それに対抗する野蛮な
外部が回帰する。・・それは願望思考・自己欺瞞という「観念論的誤謬」です
したがって商品の価値は労働で計られず、貨幣によってのみ尺度されることになる



109 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 20:00:28
勃起したよ\(^o^)/

110 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 21:00:04
>>102>>109見てると誰がアラシだか。
俺なんか良心的な方だと思わんかね>青木関係者

青木孝平っていいよなぁ

111 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 22:51:29
さてと、そろそろ今日も握るかなぁ

ハァハァ
いい、いいよ〜やっぱ、っす〜、すっごくいいよなぁ
ッンフ、ッンヌウウウフッ、
『コミュニタリアニズムへ――家族・私的所有・国家の社会哲学』なんてどうだ!

112 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 01:22:19
リバータリアニズムを簡単に言うと、反共産主義・反過剰福祉・反官僚制・反税金・反国家・反統制経済・反ヒューマニズム・
(反グローバリズム?)を、唱える超個人主義的自由主義者、自由放任資本主義者の事です。
古典的自由主義者の継承者、本物の自由主義だと思います。日本のリベラル派と言うのはアメリカでは、モダン・リベラルと
言われる部類らしく、社会主義的な共同体主義の似非リベラルらしいです。

元となる思想は、ロシアで起きた共産主義革命を嫌ってアメリカに来たアイン・ランドと言ロシア系ユダヤ人が書いた『水源』
や『肩をすくめるアトラス』やその他によってだんだんと作られていきました。ハイエクやフリードマンや
ロバート・ノージックも元を作ったと言われています。
ランドが作った客観主義と呼ばれる超自由原理主義思想がとても大事です。

リバータリアンは一枚岩ではなく、人定法派と自然権派・右派リバータリアンと左派リバータリアンに分かれていますが
基本的には、反ナショナリズムで反国家宗教的で中絶賛成で反道徳心なので右とも左とも言えません。


113 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 01:53:03
ここ見てたら、
『○○○○○へ――○○・○○・○○○○○○』
みたいなタイトルの本は全て嫌になりました。

114 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 04:11:57
マジで凄いと思う。

115 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 05:56:55
通報マダー? 削除マダー?

116 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 06:16:04
     ヤー!!
  γ⌒ヽ__   ,,,,,,,,,,,,,  ノノハヾ
  ( ´Д`)  (´∀` )(・∀・ )
  / ⊃ ⊃  ⊂ ⊂ | と と .)
  しーJ     し-J  し-J 

押すなよ絶対押すなよ!
    _γ⌒ヽ  
    (´Д`*) 
     U Uヽ  ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
     しーJ (´∀` )(・∀・ ) ンーッ
|〜〜〜| ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
|___|    ̄ し-J  し-J

アッ
 _γ⌒ヽ
Σ(´Д`*)
  と ⊂ヾ    ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
   ヽ,ーJ   (´∀` )(・∀・ ) ンーッ
|〜〜〜| ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
|___|    ̄ し-J  し-J


117 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 06:17:07
押してないよ青木孝平ちゃん
アチ!アチチッ!!     ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
  γ⌒ヽ_     (´∀` )(・∀・ ) 押してない押してない
|∩(;`Д`)| ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
|と_Oノ :|    ̄ し-J  し-J
 ̄ ̄ ̄ ̄
   γ⌒ヽ_ こっ、殺す気かぁ!!
    (#`Д`)  ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
    /U U  (´∀` )(・∀・ ) ンーッ
|〜〜し | ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
|___|    ̄ し-J  し-J


  γ⌒ヽ__ 
  ( ´Д`)  すいません、取り乱しました
  / ⊃ ⊃  
  しーJ     

118 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 13:18:02
お前らほんとうに根性がないな。早くリアルの商業出版で勝負しろよ。そしたら今度はそいつらがこういうところで餌食になるんだぜ。当然著作権の侵害だし、名誉毀損だけどな。

119 :対向すまん:2006/08/03(木) 13:27:34
     ヤー!!
  γ⌒ヽ__   ,,,,,,,,,,,,,  ノノハヾ
  ( ´Д`)  (´∀` )(・∀・ )
  / ⊃ ⊃  ⊂ ⊂ | と と .)
  しーJ     し-J  し-J 

押すなよ絶対押すなよ! 絶対だぞ!
    _γ⌒ヽ  
    (´Д`*) 
     U Uヽ  ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
     しーJ (´∀` )(・∀・ ) ンーッ
|〜〜〜| ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
|___|    ̄ し-J  し-J



     ,へ、        /^i
     | \〉`ヽ-―ー--< 〈\ |
     7   , -- 、, --- 、  ヽ
    /  /  \、i, ,ノ    ヽ  ヽ
    |  (-=・=-  -=・=-  )  |
   /  <  / ▼ ヽ    >   、
  く彡彡 ( _/\__)  ミミミ ヽ   ボリボリボリ・・・
   `<   |  u/   ミミ彳ヘ
      >  | /| |    /   \
     /  // | | ))  7      \

       ンーッ  ,,,,,,,,,,,,, ノノハヾ
           (´∀` )(・∀・ ) グッドテイスト!
  |〜〜〜| ̄ ̄|⊂| ⊂ | と と .)
  |___|    ̄ し-J  し-J

120 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:02:19
青木孝平ってコミュニタリアンという名の、
ケチなエゴイストだよなぁ
人一倍、自己所有権や人権を主張しそうだよなぁ

いいよなぁ

121 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:02:57
『宇野弘蔵著作集』(岩波書店)を読んで勉強しよう

122 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:04:58
『家族・私有財産・国家の起源』エンゲルス著(岩波文庫)を読む

123 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:14:50
今さら宇野やエンゲルスを読んで何がしたいの?
2ちゃんで遊んで終わり?

124 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:17:11
それなら思いっきり薄くて安い本を買おう!
柄谷行人『世界共和国へ』なんてどうだ!

125 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:20:37
『資本論 第1巻』マルクス著(岩波文庫)を読む

126 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:37:23
『帝国主義』レーニン著(岩波文庫)も読む

127 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:56:54
『資本蓄積論』ルクセンブルク著(岩波文庫)も読む

128 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 20:58:17
『金融資本論』ヒルファディング著(岩波文庫)も読む

129 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 21:57:08
で、なんで哲学板?
なんで経済学板じゃないの?

削除マダー?
告訴マダー?


130 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:04:34
このスレットは、青木孝平の著書『コミュニタリアニズムへ』を 誹謗し中傷する目的のみで立てられていないんだなぁ
したがって 著しく青木の名誉を毀損するものであることは明らかではないなぁ
青木孝平っていいよなぁ

131 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:15:43
>>129
マルクス主義なんてもはや経済学じゃないから。
一応、経済学板に○経スレは立ってはいるが。

132 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:25:41
レーニンなんて恥ずかしくてもう読めないよ

133 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:29:56
勝手に決めるな。
アナ○、ラディカル派、レギュラシオン派は経済学だ。
その辺を批判したのがネ申の本だ。
経済学から逃げることで、何を延命するというのだ。
ネ申自身の幸福か?
信者のロマンか?


134 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:36:20
家の宗派とは一切関係ないが日蓮宗系では顕本法華な気がある。絡ましておくかをきいてそこを去った記憶があるがその後はわからない。正直日蓮宗系は問題多いな。自戒してもらわなければ困る

135 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:36:22
『森嶋通夫著作集』(岩波書店)も読む

136 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:36:54
経済学でなければ何で読むの?
ヲタクのお遊び?
やっぱ宗教?
内ゲバ趣味?
論争のための論争?

137 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:38:15
歴史も経済も実証的手法がもはや主流。

138 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:39:09
『現代資本主義分析』置塩信雄編著(岩波書店)も読む

139 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:40:07
森嶋通夫は完全に経済学だぞ。
つーかアラシだろ「読む」の人

140 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:44:50
岩波多いね。
岩波のページからの
コピペアラシか?

141 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 00:07:08
青木信者がなんで経済学板に現れないか。
IDが出るから。以上。

142 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 00:57:02
青木氏の「コミュニタリアニズム」は青木氏の独創ですか
それとも欧米のコミュニタリアンの議論も踏まえた上で
彼なりの独自の理論を築いたのでしょうか。
著作を読まれた方の降臨希望

143 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 01:11:27
独創的こじつけ

144 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 08:54:56
青木氏の独創とはなにか

145 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 08:56:20
>>142
西部邁のただの焼き直し

146 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 11:13:52
>>141
経済学板のマルクス経済学スレで、
Jimmyさんと青木派が絡んでるよ。。
青木派はあっちに移動した模様。。。

147 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 11:48:07
西部邁と青木氏の親近性とは何か?

148 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 11:57:51
夢とロマン

149 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 15:40:19
一応「家族・私的所有・国家の社会哲学」という副題が
ついているのだから、社会哲学ということで哲学板で
いいんじゃないか

150 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 15:43:02
『市民社会とレギュラシオン』平田清明著(岩波書店)こんなの見つけた

151 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 15:44:24
『人間のための経済学』西川潤著(岩波書店)誰?

152 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 15:48:54
『所得と富』石川経夫著(岩波書店)
労働市場の実証分析に裏づけられた力作であるそうだ

153 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 15:53:36
青木派のいない青木氏のスレ…

154 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 15:56:57
>>149
だめ。大事なのは看板じゃなくて内容。
内容は経済学(の方法論、の哲学、の批判)
だから、経済学。

155 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 16:01:41
つーか、ほとんどがID出すの嫌なチキンばっかだろ。
青木派もアンチ青木派も。
経済学板でやれば?っつってるだろ。何回言わせんだよ。

156 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 21:13:42
(       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人        ,,l、        ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j
  ( t、    l      i  ヽf     Y    ,j,.  ,/      ) ,.イ´ ノ
  fヽ ヽ、   l      l ヽ、    .|   ノ ,. /     ,.イ '"ノ   ノ
  t i   l、.  t      l  、j`ー‐‐'`ー="レ' j'     // / ,/
  ヽ、 i、   i      l  ヽ  -ニ-  ノ  l     /,,,,ノ ,ィ/ 
    ヽ、`i  `i、     l   `i     /  ,l    /-,=、ヽv
′   ヽ ヽ、 'i,     人  ヽ    /   ノヽ   ノ''"Y,..ト-、
      `i、,,..=,i、   / ヽ、       /=ィ''i'i''j"  .`=(i-/、
       ヽ ,f`i-、   /   ヽ      /.`ー=''''"t.___  (,,ノ=、
       r-l =f,,ノゝ-''`=''フ  i、:' " ゛ ` ,i' :.    .l、  `ー=''=t_,i
      ,,.j-;t,ノ ,人r'''''''" ,:'         :.   !
     (_,.="f /,=ィ     :' 青木孝平って :.   l
      fヽ-''ー'" ,i' /   :  いいよなぁ  :   l i
           l '"    ':.          .:'   | .i,     
           j     '::.        ,::'    l l
           f     /  ':::..   ..:::''  i.   l l


157 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 08:47:02
『共同体の基礎理論』大塚久雄著(岩波現代文庫)読んどくか

158 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 08:50:48
『貨幣システムの世界史』黒田明伸著(岩波書店)
古代から現代まで、グローバルな視野のもとに提示される
新しい歴史=貨幣論。「〈非対称性〉をよむ」そうだ

159 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 08:54:09
『共生の大地 新しい経済がはじまる』内橋克人著(岩波新書)
「使命共同体」のパラダイム/「多元的経済社会」への道標


160 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 10:49:21
144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 11:02:18 ID:dz0XimOH
>>131
>宇野理論の内部で山口派以外にも色々あるのはもちろん承知していますが、
>原理論研究に限れば、それ以外で宇野原理論から大きく踏み出している論者は
>皆無でしょう。青木孝平氏にしても、「解釈」については色々述べていますが、
>原理論の構成そのものを変更しようとは決してしていないでしょう。
>それが資本主義システムの
>生成・分化を論理的に追跡しうると主張する限りにおいて。 それが
>集中的に現れているのが、宇野理論のコア中のコアである「価値形態論」
>だと言うこと、このことは決して見逃すわけにはいかないのです。

Jimmyさん
降旗退官記念論文集『市場経済と共同体』(社会評論社、2006)は
お読みになられましたか?全体に降旗氏の私的研究会の会員論文
ですから、あまりおもしろくありませんが、青木孝平氏の論文
「資本主義批判―その批判スタンスの転換」は、ある意味で
このJimmyさんの主張とほとんど同じ見解だと思います。
原理論から生成・分化の論理を徹底的に放逐しよう、その典型
として貨幣の発生論としての価値形態論を全面批判するという
趣旨のようです。ご参考までに。

161 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 10:53:47
146 :Jimmy:2006/08/04(金) 12:23:51 ID:LliqAYkC
>>144
青木孝平氏は「価値形態論」のテクストそのものを、廃棄しようとされているのか
それとも生成論的な解釈の批判をされているのか。ご指摘の論文を読む機会が
なかったのでお聞きしていますが「コミュニタ」では構造論的に解釈すべきである
と主張されるにとどまっていたような感想を持っています。



162 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 11:01:46
147 :144:2006/08/04(金) 13:21:21 ID:dz0XimOH
新論文を読んだかぎりでは、青木氏も限りなく廃棄説に接近しているような
印象を受けました。「貨幣は商品世界というカオスの内部ではなく、
あらかじめその外部に前提するしかない」などと述べています。
全体に、内的な生成・分化の論理を全面否定して、資本主義システムは
偶発的な外部のインパクトによってのみ変化しうるということのようです。

163 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 11:10:38
ほんとに青木派は経済板にいっちゃったのね。

164 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 13:57:58
経済板じゃなくて経済学板のマル経スレな。
それでいいんじゃない? 宇野派の降旗系の人だし。
哲学者としては全然相手にされてなし、経済学者としても相手にされてないよ。
(というか学会に出てちゃんとガチンコしてないからすれ違いのみで傍目には
相手にされてないように見うけられる。それは青木氏の怠慢であって怒ったって仕方がない。)
宇野派の周辺でヲタク的陰口合戦して終わり。素人にはどうでもいい話だ。
政策論や、実証研究にも発展してないから、なおさら「で、なにがしたいの?」。
アナマル・ラディカルズ・レギュラシオンの方が数倍マシ。

165 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 14:48:02
>アナマル・ラディカルズ・レギュラシオンの方が数倍マシ。

そうかねえ??これら全部、リベラル左派に過ぎないでしょ??
青木コミュニタは、良くも悪くもマルクスとリベラルの癒着を
ひっぺがして、マルクスを使ってリベラル批判をやった。
その点だけは漏れは個人的に評価してるけどね。




166 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 15:02:22
>>164
私は青木派ではないが、この評価は事実に反するんでないですか?
かなりの学会誌や雑誌に書評や批判が出てるし、青木氏の反論も
出てますよ。東大や神戸大の大学院でテキストにもなってるし、
ああいう大部の学術書としては異例の売れ行きでロングセラー
だと思います?哲学思想系の本に「で、なにがしたいの?」って
訊く方がヤボじゃないんですか?私はマジ凄いと思いますよ。

167 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 15:39:43
やっぱ、経済学板へ逝くのはをかしーぃすっ。タネは宇野でもハナはアソシエーション批判がウリっすからっ。これでいいのだっ。

168 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:37:24
アナ○・ラディカルズ・レギュラシオンによる政策提言や
実証研究を「リベラル左派にすぎない」と言っても、
その「すぎない」
という価値判断の取捨選択はどこから来るのかな。
むしろチンケなプライド、自己保身じゃねーの?
マジであなたの家族・地域ですか?
わたしの家族(わたしの祖父母・親・兄弟・子供)にとって、
リベラル左派やアソシエーションは実践面では、
コミュニタリアンによる「掛け声」よりも、
数倍マシで有益な方策を提言しており、現実的ですが。

169 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:43:24
宇野派以外の経済学をちゃんと読めてない。青木は宇野派の「井の中の蛙」。

170 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:52:52
つーか青木の反論って「俺の本読め」ばかり。
会話が出来ないDQN。
だから一生すれ違い、言いっ放しの人なんだよ。
論争・議論にしてくれればいいんだけど、
その技術がないんだろうな。
(これは信者の書き込みにも言える)

171 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 16:54:14
マジで凄いと思う

172 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 17:13:26
使い道がないなら、「政治」「経済」「社会」
「相関社会」「マルクス」といった偽看板はさっさと仕舞いたまえ。
少なくとも「相関社会学」という偽看板による営業行為については、
鈴鹿の学生や東京大学から告訴される可能性もあるぞ。
専門は「哲学(言葉遊び、2ちゃん向け)」と改めよ。
日本も世界も、野暮とか粋とか、言葉遊びに興じている状況ではない。


173 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 17:46:13
>>170
>つーか青木の反論って「俺の本読め」ばかり。

マジで青木の反論とか講演を聞いてみたい。
どこで聞いたの?どこへ行ったら聞けるの?鈴鹿じゃなくってよ。

>>172 これもマジで素朴な質問。
「相関社会科学」って、東大しか使えないの?
方法論とか体系が確立された学問分野なの?専門家は誰か教えて。

174 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 18:41:13
相関社会科学は、
ルーツは村上泰亮と西部ススム。
近代経済学の一潮流。
(中沢新一の事でもめてやめた人たち)
弟子は「社会経済学」の松原隆一郎とか、
京大の佐伯啓思。
今は公文俊平のGLOCOMが直系かもね。
青木は「マル経」を名乗ったら食ってけなくなるから、
勝手に名乗ってるだけだろ。
早稲田にも東北大にもそんなの無い。
やってることは宇野理論と広松理論、
マルクス解釈論から一歩も出てないけど。

175 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 19:00:24
村上も公文ももともと宇野理論から変形した社会科学じゃないの?
それにマル経の正統派は、みんな社会経済学を名乗ってるよ。
それから昔、川島武宜が、法社会学は相関社会科学ですとか言ってた。
宇野も東大社研の所長のとき、社研は経済学・法学・政治学を統合した
社会科学の相関理論をめざすとか言ってたけど、ダメなのかな?

176 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 19:08:23
要するに、超ドマイナーな四流学者の癖に、
世間的にも学者世間的にもヒキコモリ同然、
何を言ってるのか全然見えてこないから、
「どうだ!」「読め!」だけじゃ困るわけよ。
「おまえは不勉強」と罵る資格があるのは、風通しがいい物書きだけ。
お得意の自演だろ、こんなスレ。
青木孝平って詐欺だよなぁ

177 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 19:25:57
本人が2chなんて見るはずがない。

178 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 19:38:16
2chを見ないことを知っているのは本人だけ。
周りに内緒で見ることだってできる。
ねぇ、青木さん。
そろそろブッチャケないと、人気落ちますよ。

179 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 19:56:50
そうですなぁ。ワタスが青木孝平ですなぁ。なぁだよなぁ。

180 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 20:24:19
なぁは、自分でこのスレ立てといて、青木の自演だ詐欺だなんて、よく言うよなぁ。恥を知らないのかなぁ。


181 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 20:27:07
なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁ
なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁ
なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁ
なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁ
なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁ
なぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁなぁ

182 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 20:41:03
『コミュニタリアニズムへ』って本はよっぽど恨まれるような内容なわけ?

183 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 21:02:23
なぜか知りませんが、約1名、粘着的に執拗に
恨んでいる人がいるみたいですなぁ。

184 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 21:46:12
>>176
客観的にみて青木氏が超ドマイナーな四流大学に
ヒキコモっているのは事実だろうな
まー、何かワケあって意図的に選んでるんだろうが

185 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 22:20:33
恨んでるというより、呆れてるんですけど。特に信者に。
アンチは俺一人じゃないだろ。他にもいるっぽい。
あと、スレ立てたのも俺じゃねっつの。何回言わせるんだよ。
俺は最初から「経済学板でやれ」派。
そしたら、信者が何人で、アンチが何人かはっきりするし。

青木孝平って最高だよなぁ
(俺の場合「なぁ」はこうやって一行置いて書いてるけどなぁ)

186 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 22:51:52
あとさー、意味わかんないんだけど、岩波厨は何者?
「読む」「読む」って。勝手に読めよ。病的で怖いよ。

187 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 23:19:52
ウソつくなw  だってこのスレの>>1から「なぁ」だもんなぁw
呆れているというより妬んでるだろうなぁw

なぁって最低だよなぁ  とっとと消えて欲しいよなぁ
(ちゃんと一行明けてやったからなぁw)

188 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 23:38:20
>>187
そんなつまらんウソつくほど当方も暇じゃないんで。

189 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:14:20
あとさー、なかなか削除されませんねこのスレ>山○哲○さん
もう一回依頼してみたら? 俺は削除されてしかるべきだと思う。
アラシ君と自演君と青木さんは、
経済学板の中心で「なぁ」「どうだ!」「読む」を叫べばよい。
俺もちゃんと参加するからさー。
ここでやっても自演君があの手この手で粘着するだけだと思うんだ。
(アラシ君もね。)

190 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:17:12
>>188
このスレの>>1が動かぬ証拠だ。
暇じゃないんなら、二度とここに来るな。
もう二度とおまえにはレスをつけない。あばよ。

191 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:26:34
>>1は俺じゃないですよ。ネ申に誓って。誰よ?マジで。
(スレ主は羅列系のアラシの人じゃないかなと思う。)
早く消しちゃってくれよ。こんなスレ。

192 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:33:52
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。

193 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:45:26
>>1って『【共同体】コミュニタリアニズム【Communitarian】』スレのこいつだろ?
日時からして。

 920 :考える名無しさん :2006/07/30(日) 23:44:01
 http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1154270457/l50
 青木スレ立ったな。

俺はそれに反応して「id出るとこでやれっつったろ」と言った者ですが。

194 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 00:49:50
>>190が立てたんだろ、自分でw
それがバレそうになってきたから逃げるんだなぁ

195 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 06:29:15
>>194
おれじゃあないよ。だいたい誰が逃げると言った?
おれは「なぁ」のホメゴロシに二度とレスしないと言ったまで。
もう青木派の理論屋がいないから、こんなスレ面白くもなんともない。

196 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 08:38:24
『競争と商業資本』山口重克著(岩波書店)

197 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 08:41:29
『経済学批判への方法叙説』平田清明著(岩波書店)

198 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 09:24:15
今度は岩波信者かよw
しかも学派も視点も何の一貫性もない。
あんた、何のためにアトランダムな羅列してるの。
キモイからやめてくんない?

199 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 10:03:40
旧ソ連型マルクス主義は完全に崩壊した。
資本主義の生産力だか市場経済だかの
グローバルな発展の延長に、弁証法的に、
自由な個人が自発的にアソシエーションを作る
などという可能性もまったくない。そこで

200 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 10:24:46
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。あばよ。
なぁ

201 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 14:11:28
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
もう青木派の理論屋がいないから、もう青木派の理論屋がいないから、
なぁ

202 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 18:11:27
青木孝平はキチガイの決め付け詐欺師。
身分詐称教条的マルクス主義者風、隠れ国家主義者。
内ゲバ趣味。
要するに馬鹿。信者も然り。
ほとんどがNAM残党の転向組、要は精神疾患。
相手にするだけ時間の無駄。
こいつらあと5年はここで、こうやって粘着してる
つもりだろうな。


203 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 18:30:09
↑ 柄谷とその周辺の青木に対する怨念は身の毛も弥立つほど
もの凄いものがあるな。なにしろNAM残党が根こそぎ反柄谷で
親青木に転向したもんな。あと5年はこうやってアンチ青木の
恨みつらみをカキコし続けるんだろうな。南無。。。。。

204 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:15:57
>NAM残党が根こそぎ反柄谷で
>親青木に転向したもんな。

これ本当ですか? 詳しい人詳細求む。

205 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:26:37
反柄谷になった人は多いだろうけど青木氏へ流れたのは少数だろう
統計とってるわけじゃなし、真相はわからん

206 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:28:07
青木氏の唱える共同体は構造主義の成果を踏まえているそうだ

207 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:28:45
共同体といっても実体のない、関係としての共同体だそうだ

208 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:29:37
だから保守主義者が唱えるような伝統的共同体へ回帰するわけじゃない

209 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:30:08
では関係としての共同体とはなんだろうか

210 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:30:55
なんだろうか

211 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:33:10
『思考のフロンティア 資本』崎山政毅著(岩波書店)
俺←岩波信者キモスw

212 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:35:24
『社会思想の歴史 ヘーゲル・マルクス・ウェーバー』生松敬三著
(岩波現代文庫)
みすず書房、文庫出さないかなぁ

213 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:37:02
>>212
それ読んだ。1968年(7年だったっけな?忘れた)
の本にしちゃあハイレベル。良いよ。

214 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:50:27
っつーことは>>203はデマを言ってるのだな。
嘘つき見っけ。


215 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 23:54:23
岩波厨はせめて読んだ本を書き込んでよ。
岩波のHP見れば分かるんだからその仕事は時間の無駄のような。

216 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 07:42:28
>>209
答え:自我に帰属を与える前提としての関係性。

217 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 08:12:12
超越的主体の想定を否定するために持ってこられる共同体

218 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 08:14:22
要するに無知のベールの個人や自己所有権の主体をアプリオリに
設定して、彼らが契約によって社会をつくるという、ロールズ〜
ノージックを、サンデルらのコミュニタリアンは負荷なき自我と
批判した。青木氏はこれをさらに進めて、社会契約論をひっくり
返して、近代的な超越論的主体そのものの構成過程を説いた。
つまり個人が契約を結んで社会をつくるのではなく、資本主義と
いう社会関係そのものが常に自立的個人を実体的に錯認させ、
社会契約というフィクションを正当化していくという訳だ。
このプロセスは実は「資本論」の価値論をひっくり返した宇野
原論によってたどれる。だから宇野をアソシエーショニズム
として読む柄谷はマユツバで、宇野の読解はアソシエーション
(社会契約論)の批判としてのコミュニタリアニズムという
ことになる。

219 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 08:25:08
青木理論でよく分からないのは、超越的主体を資本主義関係の構成物と
認定するのは認識論として正しいとしても、そこから超越的個人を
埋め込む共同体を規範的に主張するには、まだもう一歩距離がある
ような気がすること。だから超越的個人の論理的批判と規範的批判が
もうひとつストンと胸に落ちない。これを繋ぐコードは青木氏の本の
中に十分に説かれてないような気がする。

220 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 10:11:50
人間は共同体的に構成された存在である、というザインと
人間は共同体に帰属すべきである、というゾルレンの
関係をどう整理するかという問題に行き着くのではないか?
青木氏はこれに説得的に答えていないのではないか?

221 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 10:16:20
カントじゃあるまいし
存在論は同時に規範論にならざるをえない。
存在と当為の分離論は今どき通じないよ。

222 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 11:00:51
私たちは誰もが、特定の社会的アイデンティティの担い手として
環境に接する。私は誰かの息子あるいは娘であり、また誰かの従兄弟
あるいは叔父である。私は特定の都市の市民であり、特定のギルドや
職業団体の一員である。私は、ある一族、ある種族、ある民族に属して
いる。それゆえ私にとっての善とは、これらのさまざまの役割を担う者
としての善にほかならない。私はそのような人間として、私の家族、
私の都市、私の種族、私の民族の過去から、さまざまな負債・遺産・
期待・責務を相続している。それらが私の生活の前提となり私の道徳の
出発点となっている。それらこそが私の生に一定の倫理的性格を付与
している。 →(自我の前提としての関係性ってこういうことです)

223 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 12:01:51
いつもの例の一人芝居が始まりましたなぁ

224 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 12:04:36
>>222
>私は、ある一族、ある種族、ある民族に属している

そうは言っても共同体(共同性?)は実体概念じゃないんでしょ
あくまで関係概念なんでしょ。かなりきわどい表現だね

225 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 12:10:10
構造主義で超越的主体を末梢したいのなら実体としての主体概念を
関係体系の効果(幻想)に過ぎない、と言って、共同体自体は
実体概念として保持しても構わないように思えるけどね

226 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 12:14:44
青木信者は「超越的」と「超越論的」の違い分かってます?

227 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 12:23:06
誰もが多様で多層的な複数の共同体に属するのであって
その組み合わせの束がアイデンティティってことで、
どうでしょ?なにしろ同じ組み合わせは二つとないんで。
共同体の多様性と多層性をいえば、その関係的構造が
「実体」かどうかは、私もあまり意味がないと思います。

228 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 12:31:28
>>226
本来、社会契約の主体は「超越的主体」でしょうね。
でもサンデルがロールズの主体をカントの「超越論的主体」に
アナロジーさせて批判したもんだから、話がややこしく
なったみたいです。コミュニタリアンの文脈ではどっちが
いいんですか?むしろ教えてほしいです。

229 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 14:07:49
>>228はバカ丸出しだな。
「コミュニタリアンの文脈ではどっちがいいんですか?」ってw
どっちがいいとか悪いとかじゃなくて、どっちもあるの。
「超越的」と「超越論的」を区別したカント、それに依拠するロールズや柄谷
の、ごくごく基礎的な話が分かってないようだ。駄目だこりゃ。

230 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 15:56:03
>>229
そうなんですか?私はてっきりデカルト的二元論を超える
自然法の「超越」概念に対して「超越的」と「超越論的」の
区別を提起したのはフッサールに始まる現象学派だと思って
いました。カントの独自の概念は世界を超越してそれ自体で
アプリオリな対象認識を可能にする「超越論的主体」だけだと
思っていました。だからロールズの無知のベールの主体は
素直に読めば「超越的主体」でいいのに、サンデルがそれに
大仰に経験的認識を超絶したアプリオリな意味を読み込んで
負荷なき自我(カント的超越論的主体)などと批判したのだと
思い込んでいました。渡辺幹雄さんなんかは、これはサンデル
の間違いでロールズの主体はカント的じゃないらしいですね。
それで素人の恥知らずでお聞きしたいのですが、カントの使う
超越論的ではない「超越的主体」ってどういう意味ですか?
すみませんが勉強になるんで教えてください。

231 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 17:25:40
>>230
あばよ、青木派

232 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 18:25:17
224 名前:Jimmy :2006/08/07(月) 13:01:04 ID:/tcHEqwH
 一つ付言しておけば、青木孝平氏は、宇野価値形態論の先に見たような
循環構造に言及して、それこそが宇野が弁証法や概念の自己展開論を取っていない
証左であると主張しているのだが、これはひいきの引き倒しとでのも言うべきで、
むしろ弁証法とか概念の自己展開論とは、こうした循環論証の密輸なしには
成り立たない擬似論証法でしかないこと、そのことに気づくべきなのである。
 宇野自身がげーゲル論理学に深く魅入られていたことを傍証するような
発言は至る所にあるし、原理論の章立て一つとってもそれは明らかではないか。
宇野がもし仮に弁証法から逃れているというなら、鈴木=岩田もそうでなくては
ならなくなる。

マル経スレに青木派がいるのかどうか知らんが、
Jimmyさんは青木派を凄い挑発してるね。青木派の皆さん、
哲板も経済板もやっとマトモな議論になってきてよかったね。
           

233 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 18:39:05
置塩スレにまで進出して、無理矢理自分のフィールドに
持っていこうとしてるところが必死だなぁ
見苦しいよなぁ

青木孝平っていいよなぁ

234 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 23:05:59
>>229>>231は同じ方でしょうか?
>>231>>230への回答でしょうか?

235 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 02:39:14
「青木孝平っていいよなぁ」との評判をあちこちで拝見し、ここにたどり着きました。
どのようにいいのか、私のような初心者にも分かるようにご教授頂ければ幸いです。
「コミュニタリアニズム」というのは、やはり共産主義の一派でしょうか?
この方は、文芸評論家:柄谷行人氏のお仲間か何かでしょうか? だとすれば、大変興味があります。
先般、柄谷行人氏の『世界共和国へ』(岩波新書)を拝読いたしました。
普段哲学・思想に疎い私のような者にも大変分かりやすく書かれており、
昨今の世界情勢を深く捉え直さなければいかんなと、気付かされた次第です。

236 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 11:11:08
>>235
このカキコミは「いいよなぁ」の意味を分かっている方の
ジョークでしょうか?それとも真摯で良心的なご質問でしょうか?
真意を図りかねております。善意のカキコミと信じてレスさせて
いただきます。青木氏はマルクスをベースにしている点では
柄谷氏と共通する面もありますが、その理解は鋭角的に対立し、
むしろ青木氏の『コミュニタリアニズムへ』には柄谷氏の
アソシエーショニズムに対する全面的な批判も含まれています。
私には、青木コミュニタリアニズムを簡単に紹介できる力量も
才能もありませんが、さいわいこの著書の序章部分が、
このスレの>>95に掲載されております。まずは、これを
ご覧になっていただければ、この著書の一端に触れる
ことができると存じます。ご検討ください。

237 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 11:28:44
95 :考える名無しさん :2006/08/02(水) 11:51:38

http://www7a.biglobe.ne.jp/~yasui_yutaka/dokusho/aoki.htm

コミュニタリアニズムへ [序章] 自由・平等・友愛を超えて

238 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 15:40:47
>>236>>237
早速のレス、ご丁寧に有り難うございました。
私の書き込みにジョークと受け取られかねない要素があったのかどうか、少々不安に思えてきましたが、
もちろん、真摯な興味からの善意の書き込みのつもりでございます。
早速、序章部分を読ませていただきましたが、どうやらキチガイじみたアンチ柄谷本、
反動にすぎないようですなぁ やっぱ、いいよなぁ
私も機会がありましたら「いいよなぁ」とあちこちで宣伝させて頂きたいと存じます。
それでは御機嫌よう。

239 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 16:18:23
↑ ネットウヨの謀略的アラシです。無視してください。

240 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 17:21:45
↑ 青木信者の謀略的宣伝活動です。
無視してください。

ネットウヨてw
こちらはネット世界共和派です

241 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 20:35:14
ウヨは青木孝平だろ

242 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 23:31:56
右翼/左翼、保守/革新といった
旧来の二分法を越えた地平に
青木コミュニタはある。

243 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 00:57:16
>>242
そういう地平に立てるという認識こそが
「負荷なき自我」のもたらす誤謬ではないのかなぁ

244 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 01:00:58
人民とか平等とか言いながら要するに堂々とテロやりたいだけだろうがw

245 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 09:41:40
>>243
「負荷なき自我」は自然法的社会契約の主体のこと。
ここでいいたいのは、旧来の左/右と全く異なった分節、
たとえばリベラル/コミュニタリアンも可能ということ。

>>244 完全な誤解。我々は人民とか平等とかいう普遍主義
そのものに反対している。家族や地域や日本人の一員という
アイデンティティの根拠を尊重している。誤解なきよう
付け加えれば私たちは国家主義、全体主義ではない。
愛郷主義(パトリオット)である。


246 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 10:08:21
我々だってプゲラw

247 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 11:30:21
それを右翼と呼ぶのだよ。

248 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 12:00:11
青木孝平って、サヨの中の自分探し系・
癒されたい系のニーズを満たしてるわけね。
いいよなぁ

249 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 17:17:20
↓ 青木孝平信者の決め付け詐欺商法(その3)

250 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 22:20:39
  ↑ なぁなあ教信者の予言詐欺商法(その3)

251 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 22:47:22
青木孝平信者が柄谷スレ荒らしてるってホント?

252 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 01:30:33
http://bundpro2.fc2web.com/Sehen/sub13.htm
↑この論争って続きないの?

253 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 09:57:46
>>252
アソシエ21のニューズレターに青木の再反論があるよ。

http://www007.upp.so-net.ne.jp/associe21/

2003年9月号(53号)→10月号(54号)→12月号(57号)

254 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 10:09:47
>>251
ウソです。柄谷スレをはじめ至る所で青木派を装って
「青木っていいよなぁ」を乱発しているのは、
青木を貶めることだけを目的として、いつも登場する
ホメゴロシ野郎です。相手にしないでください。


255 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 10:52:53
↑約4年前から2ちゃんねる上を徘徊し、
芝居がかった手法で布教活動に勤しむ、
元NAM会員の青木孝平信者。

256 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 11:33:49
このスレに登場する青木マンセーは、
NS、YH、TS、HM、FH、TM
その他、東大現代哲学研にたむろする
元NAMの会員と推測される。

257 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 11:36:19
>>253
この論争はおもしろいね。
連続して読むと流れがよく
理解できる。でも12月号で
けっきょく青木の勝ちだね。

258 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 12:48:20
俺たちは柄谷に騙されていた。俺たちは柄谷に騙されていた。俺たちは柄谷に騙されていた。
俺たちは柄谷に騙されていた。俺たちは柄谷に騙されていた。俺たちは柄谷に騙されていた。
俺たちは柄谷に騙されていた。俺たちは柄谷に騙されていた。俺たちは柄谷に騙されていた。
今青木ブームなのだと思われ。今青木ブームなのだと思われ。今青木ブームなのだと思われ。
今青木ブームなのだと思われ。今青木ブームなのだと思われ。今青木ブームなのだと思われ。
今青木ブームなのだと思われ。今青木ブームなのだと思われ。今青木ブームなのだと思われ。
嫉妬してもしょうがねぇべ。嫉妬してもしょうがねぇべ。嫉妬してもしょうがねぇべ。
嫉妬してもしょうがねぇべ。嫉妬してもしょうがねぇべ。嫉妬してもしょうがねぇべ。
嫉妬してもしょうがねぇべ。嫉妬してもしょうがねぇべ。嫉妬してもしょうがねぇべ。
けっきょく青木の勝ちだね。けっきょく青木の勝ちだね。けっきょく青木の勝ちだね。
けっきょく青木の勝ちだね。けっきょく青木の勝ちだね。けっきょく青木の勝ちだね。
けっきょく青木の勝ちだね。けっきょく青木の勝ちだね。けっきょく青木の勝ちだね。

259 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 13:14:53
さすが東大の現代哲学研で鍛えた頭脳だけのことはあるなぁ
いいよなぁ

260 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 13:40:20
この「いいよなぁ」は真に迫ってていいよ。
ホメゴロシには嫁ん。マジでコンプレックスだよな。

261 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 14:26:18
さすがぁ、東大現代哲学研っていいよなぁ 女にも金にも不自由しなさそう
まさに「摂理」だなぁ
真のコミュニタリアニズムは
「東大現代哲学研」から始まる。
ネ申のチンチンシュッシュッ

262 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 14:42:53
ホメゴロシオトコも、たまにはマジで論理的な批判をしてみろよ。
そうすれば単なるアラシじゃないアンチ青木派として
認められるんだが。今のままじゃ柄谷派からも嘲笑と侮蔑のマトだよ。




263 :ホメゴロシオトコ:2006/08/10(木) 17:08:39
セクト的集団の論理
1)グル(セクト的集団指導者)の典型的な心理的プロフィール
あらゆる全体主義的セクト的集団の指導者を彼らの客観的な略歴、実際の行動、著作物から研究した結果、さまざまな違いは認められたにせよ、常にいくつかの特徴があげられる。
その特徴は、精神医学の領域で指摘される「ヒステリー性境界状態」(精神病と神経病の境界にある状態)において見いだされる。
主要な特徴は以下の通りである。
広範囲にわたってこれらの指導者たちは、ほとんどもっぱら「第1次操作」によるプロセスに従って、作動している。
第1次操作とは「投影」(他人が〜である)、「取り込み」(私が〜であって、他人が〜ではない)、「同類扱い」(ある部分の類似だけで全く同じものであると信じ込むこと)、「現実否認」(私はそれを見たくないし、知りたくない)という4種類の操作である。
これらのプロセスはひたすら「類似」という現象を追求する。「類似」においては、あらゆる差異は現実否認によって消し去られる。また、似ていること、同じであることを拒否するものも常に現実否認によって排除される。
これらの指導者たちが生活の中で広く優先的に行うことは、「行動する」そして「感じる」ということである。
たとえ彼らが自らのことを神秘主義者であるとか、感傷的理想主義者であるとかを主張したとしても、彼らは決してそうではなく、実際のところは物質主義者であり、享楽家である。
倫理的なあらゆることは彼らにとっていかなる現実的な意味をもたない。
彼らは権力や支配に限りなく貪欲である。
彼らは誇大妄想狂、虚言症であり、そして自ら誘惑的な嘘を本当であると信じ込んでしまう最初の人間であり、そのことが自分自身に厚顔さと、ある種のカリスマ性を与えているのである。
かなり多くの場合に、彼らの誘惑の欲求は物質的な享楽の欲望に結びついており、それらは彼らの表面的な嘘の背後に巧妙に隠された性的異常となって現れる。
彼らはまた、注目を浴びたい、脚光を浴びたいという押さえがたい願望、広い意味での露出性をもっている。
それは言い換えれば、衣服、儀式や住居(様々な「神殿」、城、邸宅)への関心であって、セクト的集団の(そして指導者の)富を野心的に拡大するという意図に基づいている。
そして最後に彼らは扇動的であるという特徴をもっている。

264 :ホメゴロシオトコ:2006/08/10(木) 17:09:12
2)マインドコントロール
マインドコントロールとは、第1過程の原理である直接性と類似性を自分のために用いることで、一人の人間をそこに閉じ込め、自分の思うように彼を導くことが目的である。
類似性
・あなたは私たちと同じであり、同じ関心を持ち、同じ理想を持っている、と信じ込ませること。
・あなたのことを私たちは理解している、またあなたがなりたい理想の人間像に対して、私たちは賛成していると信じ込ませること。
・現実の多様性を部分的なイメージの単純性にすり替えること。
・人工的なイメージで現実を遮断し、すり替えること。
直接性
・人を直接性の中に閉じ込め、距離を置いて据えることを不可能にすること。従っていかなる質問も不可能となる。
直接性は次のことと関わっている。
・空間:集団における雑居性
・時間:恒常的な緊急性、同じことの繰り返し(読書、詩、礼拝、その他)
・時空:現実的、人工的な過度の忙しさ
用いられる論理はもっぱら第1の操作でありプロセスである。
・一時的な類似性によって同類扱いにすること
・世界を絶対的な善(集団と指導者)と絶対的な悪(外部の者)に分けるために同一化の作業を行う(投影と取り込み)
・スケープゴートを作り出す(うまくいかないことは全て、外部かもしくは「裏切り者」の責任にする)
・あらゆる反論及び不都合なことを消すために現実否認を用いる。

265 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 19:12:19
↑なんだ、これ?コミュニタリアニズムと何の関係があるんだ?

266 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 19:32:04
しかし約4年間も「東大現代哲学研」が、
毎日布教活動してきた割りには、
浸透してないローカルな内輪ブームだな。
しかも議論は浅薄な水掛け論に留まっている。
そもそも担ぎ廻ってる奴らが青木の主張を要約すらせずに
もったい付けて密教化してるだけでしょう。
本人と高望み氏との論争も平行線で、
決着が付いてるわけではないだろう。冷静に読めば。

267 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 20:31:20
講釈は緻密そうなんだけど、(ちょっとサバン症候群っぽいけどねW)
その緻密な認識でレバノン紛争とか分析しないのかね。
そういった現実との接点が無いからいくら布教してもオウムほどにもならないんだろなあ。
現実との照応に怯えるのは精神病っぽけどね。青木信者ってさ。

268 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 20:42:57
四年間も?毎日布教?いったい誰のことを言ってるのか?
漏れは週に1日くらいしかカキコしてないぞ。
だいたい布教なんてしようとも思ってない。
訳の分からんカキコがあったとき反論してるだけ。
それでも哲学板の中では最もマトモなスレだと
思うけどね。それから漏れは現代哲学研なんかじゃ
ないぞ。ただ青木氏の本がおもしろいと思ったから
自分なりの理解を書いているだけだ。だいたい
青木氏の主張はリベラル/コミュニタリアン論争から
マルクスに対する宇野的批判、ドイツ古典哲学から
イギリス自然法思想まで幅が広いから、そう簡単に
要約できるわけないだろ。せめて「やすいゆたか」の
コピペした「序章」とアソシエの論争あたりに即して
具体的に疑問でもだしてくれなければ、素人が
手際よくまとめられる訳ないだろう。そんなこと
柄谷スレを見たってわかるだろ。だれも「もったい
付けて」るわけじゃないよ。

269 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 20:56:09
>>267
青木氏の関心の中心は、自然法思想、古典派経済学、超越的主体論、方法論的個人主義といった
概念装置に対する疑念であり、分析マルクス主義やアソシエーション論に対する批判だろ?
もともと具体的な問題に興味などないんじゃないか?これで具体的な問題を論じたら
それこそ宗教信者になっちゃうよ。社会哲学なんて直接なんの役にも立たないからいいんじゃないの?


270 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 22:36:16
>>266
わたしは青木派ではないが、新田と青木のアソシエ論争に関するかぎり
少なくとも青木の方が読者に親切で、論旨が明快だと思う。とくに市場を
ガン細胞に喩える進歩史観批判は納得できる。新田には通俗的なサヨクを
超えるものが感じられない。彼は世界資本主義派かな?歴史主義だな。

271 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 23:38:59
>社会哲学なんて直接なんの役にも立たないからいいんじゃないの?

いきなり納得した。でもそれじゃ一定以上の読者が生まれないだろなあ。

272 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 23:40:48
社会哲学でもコミュニタリアニズムなんかは何の役にも立たないだろうけど
リベラリズムは役に立ちまくりだお

273 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:31:50
だからリベラリズムはだめなんだ。
それはアプリオリな個人を肯定し、しかる後に契約的に社会を理解する。
自由な個人の自己決定と自由意志による他者との関係、それを合意と
いおうとアソシエーションといおうと、しょせん資本主義市場経済の
正当化という、あまりに役に立ち過ぎるイデオロギーなのだ。

274 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:41:59
dousitesoregaikenaino?

275 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 10:39:03
これかな?

団体名 東京大学現代哲学研究会
ふりがな げんだいてつがくけんきゅうかい
サークルオリ 1号館2階東:'.149教室
団体名通称 現代哲学研究会
インカレ インカレである
部室 キャンパスプラザB309
主な活動場所 キャンパスプラザB309
サークル分類 文化系:人文社会科学
構成人数 10〜20人
東大生割合 2〜3割
活動頻度1 平日が中心
活動頻度2 月2〜3回
初期費用(円) 10000
年間活動費用 10000

紹介文:
最新の現代思想テクストを中心に、哲学の現在を考えます。

講師:すが秀実氏(近畿大学国際人文化学研究所教授・文藝批評家)
最近取り上げたテクスト:
青木孝平『コミュニタリアニズムヘ』
G・C・スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』
A・ジュパンチッチ『リアルの倫理 カントとラカン』


276 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 16:51:08
まったく事情はしらないけどこのアオキって人は相当恨まれてるみたいだね。


277 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:51:38
そんなこたあない。青木氏を恨むというより妬んでいるのは
たったの1人だけですがなぁw

278 :ホメゴロシオトコ:2006/08/11(金) 18:37:16
>>277
呼んだ? 何か用かな?

279 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 20:51:50
リプライ
松井暁氏より拙著に対して丁寧な書評をいただいた。著者と評者とでは根本的に
スタンスが異なるにもかかわらず、冷静かつ公正な視点にたって率直な評価を
いただいたことに、まずなによりも敬意を表したい。
コミュニタリアニズムの意義、それとマルクス主義およびマルクス経済学との
関係については、その倫理的・規範的な側面も含めて、きわめて的確に拙著の
書評をしていただいたので、紙幅の関係上、ここでは評者から提起された二つの
根本的な問題点に的を絞って、取り急ぎリプライを試みることにしたい。
第1に、たしかに拙著は、マルクスのテキストの中にリベラリズムとコミュニタ
リアニズムというべき両立不可能な志向が並存することを指摘し、マルクスの
コミュニズムは結局この両者に分岐していかざるを得ないと述べた。これに対して
評者は、両者を分割して後者を取り出すのではなく、あくまでも二つの方向性を
「生産的」に「統一」することの必要を強調されている。そして評者はマルクスの
搾取論を擁護し、自己所有権というリベラリズムの主体概念を前提としてこそ、
生産手段の不平等に由来する搾取という資本主義の矛盾を内在的に克服できると
いう。こうした議論にかつての「領有法則の転回」や「否定の否定」を想い出し、
分析哲学的な論理実証主義よりもなお弁証法的思考のなごりを感じてしまうのは、
私の誤解であろうか。弁証法的ロジックを伝統的形而上学ゆずりの曖昧で両義的な
議論として厳しく斥けたのが、ほかでもない評者の依拠する分析的マルクス主義
ではなかったか。


280 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 21:06:30
私が本書でなによりも批判しようとしたのは、自由な主体の存在をあらかじめ前提
とし、そのミクロ的行為の集積から現実の経済的関係を構成しようとする方法論的
個人主義、およびそこから平等な社会システムへの接近を展望する倫理的個人主義
であった。こんにち分析的マルクス主義のみならず宇野学派の主潮流までもが、
新古典派や新制度派をまねたこうした「主体の行動」というアプリオリな前提を
共有しており、マルクス経済学の危機は深い。この前提そのものを「負荷なき自我」
と呼んで批判したのがコミュニタリアニズムであり、そしてまたこうした主体観の
転倒性を「人間は社会関係の総体である」という視点から批判したのがマルクス
理論の原点であったと思うのである。
第2に、評者は、私のコミュニタリアニズム論について、国家・市場・アソシエー
ションなど諸セクターとの関係が具体的に説明されておらず、新しい社会としての
ポジティブなイメージが十分に伝わってこないと批判しておられる。たしかに
コミュニタリアニズムを将来社会の設計図として理解するならば至極もっともな
指摘であり、評者の批判を甘受すべきかもしれない。だが私は、家族から始まり
近隣・地域集団・階級や民族をへて国際社会にいたる社会関係の総体を、
個々人が人為的目的によってつくり任意に加入・離脱できるアソシエーションと
してではなく、そこで共同的生活世界が営まれ、重層的で複合的な人間の
アイデンティティそのものを構成していくコミュニティとして理解している。
拙著のコミュニタリアニズム論は、個人が設計的につくりだす将来社会の
見取り図ではなく、市場が生み出したアトム的個人を再び現実の社会関係の
中に埋め込む経済学のベクトル転換のための社会哲学=倫理学である。

281 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 21:23:38
このことは、評者が指摘するコミュニタリアニズムの「負の側面」にも当てはまる
だろう。評者は、かつての共産主義が失敗した原因の一つを伝統的共同体の非合理性
や閉鎖性に求め、コミュニタリアニズムの抱える保守主義という負の側面を直視し、
その克服方向性を検討すべきことを要請している。だがリベラル/コミュニタリアン
論争というプロブレマティクは、評者がなお思想の区分基準とする進歩/保守、
左/右という対立図式が無効になったという共通了解のもとに開始されたのである。
共産主義の失敗といわれるものも、私は共同体的な保守主義に起因するものではなく、
むしろ逆に、人間が社会を人工的で理想的に編成できるとする設計主義的な計画経済
社会の破綻を意味するのではないかと考えている。それは一見アメリカン・
デモクラシーと対極にあるように見えながら、じつは同根の傲慢な普遍主義という
近代イデオロギーの所産だったのではないか。
仮に評者がいうように、私たちが追い求めるべき「新しい」社会の構想なるものが
ありうるとすれば、それはリベラル・デモクラシーによって世界を一元的に
塗り尽くすグローバルな普遍主義ではなく、それぞれに異なる文化の棲み分けと
相互の尊重に基づく多文化主義なのではないだろうか。

282 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 10:09:44
高望み(新田)と青木の論争はアソシエ以外でも
季刊経済理論でもやってるみたいだけど、
これはまた別の論争だよね?
松井暁ってたしかアナマルの人だよね?
松井vs青木論争ってのもあるの?
どこの雑誌でやってんのか教えて。

283 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 12:28:14
これも季刊経済理論。


284 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 17:34:38
>>279>>281
この青木氏による松井氏への反論は、そのまま柄谷批判に転用できる。
つまり自立した個人の恣意的な選択社会としてのアソシエーション
そのグローバルな拡大を展望する普遍主義としての世界共和国

そうした理念は、この青木氏の簡単なリプライで既に論破されている。

285 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 17:53:28
青木本大枚叩いて買ってみたが下らん本だね
特にロールズ批判はこの人反省的均衡を全く理解しとらんようだ
ロールズが普遍主義でカント的超越論的主観とはちゃんちゃらおかしくて臍で茶を沸かすわい


286 :ホメゴロシオトコ:2006/08/12(土) 17:57:45
だとすると随分安っぽい論破だなぁ

>だが私は(中略)社会関係の総体を、
>個々人が人為的目的によってつくり任意に加入・離脱できる
>アソシエーションとしてではなく(中略)コミュニティとして理解している。
>拙著のコミュニタリアニズム論は(中略)
>市場が生み出したアトム的個人を再び現実の社会関係の中に埋め込む
>経済学のベクトル転換のための社会哲学=倫理学である。
>共産主義の失敗といわれるものも、私は(中略)人間が社会を人工的で理想的に
>編成できるとする設計主義的な計画経済社会の破綻を意味するのではないかと考えている。
>私たちが追い求めるべき「新しい」社会の構想なるものがありうるとすれば、
>それはリベラル・デモクラシーによって世界を一元的に塗り尽くすグローバルな普遍主義ではなく、
>それぞれに異なる文化の棲み分けと相互の尊重に基づく多文化主義なのではないだろうか。

ただの「掛け声」、反措定的な一方的主張じゃないですか。
これは論破ではないよ。

287 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 17:59:09
青木孝平っていいよなぁ

288 :ホメゴロシオトコ:2006/08/12(土) 18:00:44
↑おっと、これ俺じゃねーぞ!!>青木信者

289 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 18:42:36
>>285
ロールズの反省的均衡と無知のベールの関係については
議論がある。青木氏の依拠するサンデルは反省的均衡を
そもそも認めずいっさい言及がない。わが国では
渡辺幹夫氏などは反省的均衡を強調するが
逆に無知のベールによる原初状態の意味が
あいまいになってしまう。ロールズがカント的か
どうかはそれはそれで一つの論争点だ。
サンデル=青木のロールズ解釈が自分と異なるからと
いって切り捨てるのはあまりにも安易だ。
ましてや青木本は欧米コミュニタリアニズムの
紹介ではなく、あくまでもマルクス=宇野を
ベースとする独自の共同体論だ。
コミュニズムのコミュニタリアニズム的転換に
興味のない人にはたぶん面白くないだろうな。

290 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 18:53:24
>渡辺幹夫氏などは反省的均衡を強調するが
>逆に無知のベールによる原初状態の意味が
>あいまいになってしまう。
ここんとこkwsk

291 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 21:17:13
>>290
ロールズ自体反省的均衡を厳密に定義しておらず
論者によってさまざまな解釈が存在する。
もし反省というのがカント的理性の内的倫理でないなら
なんらかの他者との関係性を介在させざるをえない。
そうすれば原初状態は古典的自然法の自然状態と異なり
厳密な意味での「無知」=アプリオリな自存的自我では
なくなる。反省が関係性に規定されるなら、主体に
先行する規範を容認することになり、事実上、共同体論
と変わらなくなる。それではリベラリズムの前提そのもの
が崩れることになろう。ロールズがサンデルの「負荷なき
自我」という批判を全面的に受け入れたのも、反省的均衡
が、がんらい関係(共同体)的自我を意味するからなのでは
ないか。


292 :ホメゴロシオトコ:2006/08/12(土) 22:28:18
共同体も捨てがたいよなぁ

293 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 09:43:25
という訳で晩年のロールズは、無知のベールを放棄し
より自我の前提に反省的均衡を重視するようになった
ようです。それで晩年のロールズはもはやリベラルではなく
コミュニタリアン・リベラルとまでいわれるように
なったのです。なお、青木氏の本は、リベラルに
対するコミュニタリアンの差異を強調することに
主眼を置いているので、ロールズの転向については
少ししか触れていません。

294 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 10:43:05
ということは主体の関係被拘束性を言うだけの青木より、そこから一歩進めて
そうした位置付けられた自我にとっての正義原理を具体的に描き出している
ロールズの圧倒的勝利ということですね!

295 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 11:04:31
青木氏は単に主体の関係被拘束性を言ったというより
資本主義という関係から「主体」が構成される過程を暴いて、
主体を前提とする社会契約という正義原理そのものの
イデオロギー性を確認したというべきでしょう。
いいかえれば普遍主義的な「正義」の倒錯性を明らかにして、
特殊的な共同体に埋め込まれた善の優位を導きだした訳です。
ロールズが普遍的正義という倫理になおこだわるかぎり、
残念ながら圧倒的勝利ということはできないと思います。

296 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 11:10:19
ロールズは「普遍的正義」なんてことまったく言ってないじゃん
まともに読みもしないで適当なこと言うなよ

297 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 13:38:12
だから反省的均衡をいうかぎりでは一種の相対主義ともいえるでしょう。
しかし反省的均衡と無知のベールは、どう読んでも整合的ではありえない。
そもそも登場人物に無知のベールをかぶせたのは、正義の公正性すなわち
普遍性を担保するためでしょ。それは自然法的普遍性をもつ正義の構成手続き
です。私は正義の自然法的超越性を普遍的正義と呼んだまでです。

298 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 13:51:08
>>296
ロールズはもちろんリベラリズムは
コミュニタリアニズムと違って
地域・文化・歴史を超えた
正義の原理を追求する。
これを普遍的正義と言って
何が悪いんか?

299 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 13:52:49
>>298
お前ロールズ読んだことないだろ?


300 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:03:36
私は>>297ですが、専門的ではないにしろロールズに目を通しています。
>>298さんのことは分かりかねますが、別に一般論として間違ってない
と思いますよ。どうして読んでないと決め付けられるんですか?

301 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:03:45
>>297
>>297
「反省的均衡」を全然理解していないね
「無知のヴェール」というのは、「我々リベラルな市民」の「正義原理」を導出するために
「我々リベラルな市民」のもつ「直感的な道徳判断」を「原初状態」に形式化したものであって
「普遍的正義」を導出するための装置ではない
アホ木派はロールズ批判するんなら渡辺のロールズ本とローティ本くらい最低嫁

302 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:20:03
反省的均衡という方法論自体は、様々な地域・文化・歴史に普遍的に適用可能かもしれない
その結果、様々な地域・文化・歴史に応じた様々な初期状態の記述(原初状態)と
様々な正義原理が得られるだろう
しかしそれは、地域・文化・歴史を超えた普遍的正義の追究とはまったく違うことだ


303 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:34:38
だからやはり反省的均衡が分からない。
その結果、さまざまな原初状態とさまざまな正義原理が
得られるなら、どうしてロールズはそれを正義の二原理として
「形式化」すなわち一般化(普遍化?)できたのか?教えてほしい。

304 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:41:59
「「形式化」すなわち一般化(普遍化?)」って意味不明
知りたかったら自分で勉強しろや


305 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:44:11
それから「正義の二原理」はあくまで「我々リベラル」にとっての正義にすぎないから


306 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 14:51:29
そもそもロールズ自身が無知のベールの原初状態の説明は
あっても、それと反省的均衡の関係なんてちっとも説明して
ないじゃないか?反省的均衡と原初状態の想定がホントに
整合的なのかどうかも分からない。渡辺幹雄さんの解釈も
かなり強引な気がする。少なくともサンデルは自然法的
社会契約論の系譜にロールズを読み込んで、反省的均衡を
無視した。コミュニタリアニズムからの批判としては当然だろう。
私は原初状態の論理は理解できたが、正直なところ、なぜ
反省的均衡なるものが必要なのか理解できない。そもそも
「反省的均衡」の正確な意味さえ正確に理解できない。
>>301さんでも>>302さんでもよいから、厳密に定義してほしい。

307 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 15:53:20
無知のベールって結局、統計学導入のための前提でしかない。

308 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 16:58:54
それじゃあ言うが、反省的均衡なんて結局、自然法的契約論を
オブラートで包んで希釈するための言い訳でしかないんじゃないか?

309 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 22:46:27
https://qir.kyushu-u.ac.jp/dspace/bitstream/2324/1044/1/KJ00000656822.pdf

青木孝平氏の分析的マルクス主義・柄谷行人への批判論文

310 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 22:54:07
カラヤンからも完全スルーされてるよなw

311 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 00:18:32
アナマルと宇野派の山口、柄谷をいっぺんに批判するのは
ちょっと乱暴ではあるが、知的にインスパイアされた。
これとコミュニタリアニズムがどう結びつくのか、
『コミュニタ』を読めば少しは理解できるのか。


312 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 09:03:59
>>309
これって九州大学の経済学研究の論文だろ。
だったら『コミュニタリアニズムへ』の1章4節に収録されてるだろ。
要するにマルクスをリベラリズム的に継承した連中を批判した部分ていう位置づけかな?
単独論文というより、やっぱ本の流れの中で読んだ方が頭がすっきり整理できるね。

313 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 09:06:11
おもしろいことは素直にみとめる。

314 :ホメゴロシオトコ:2006/08/14(月) 14:34:23
おもしろくないことも素直にみとめる。

315 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 15:44:48
誉めるにしても貶すにしても、もう少し内容のある理論的批評ができんのか?
ちなみにオレには少々能力にあまるので、誰か頼むw

316 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 16:18:34
アホ木の批判は藁人形叩きだから誰からも相手にされてないなんてことはありませんよね?

317 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 17:33:47
ま、ぐたぐた言うなら2〜3日かけてゆっくり読むことだな。

318 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 17:43:42
コミュニタリアニズムについての具体的な展望はないし
柄谷やリベラリズムに対する批判は藁人形叩きだし
一体何を読み取れと?

319 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 18:10:18
これだけでもあらゆる既成の学問分野を超えてるから
そうそう簡単に読みこなせるはずないでしょ。
だから2〜3日はかかると言ってるでしょ。
しかも、これは「コミュニタ」の1章4節部分です。
1章だけでも構成を紹介しておけば、1、2節で
英米のリベラルとコミュニタリアンのそれぞれの
主張が紹介・検討され、3節でマルクスのテキストを
リベラルとコミュニタリアンに腑分けする作業が
なされる。次の4節がこの部分で、ここでマルクスの
リベラリズム化の典型としてアナマルおよび山口・柄谷が
検討批判される。そしてつづく5節で宇野のテキストを
コミュニタリアニズムに読み替える方法が提起される。
つまりこの部分は「コミュニタリアニズムとしての
宇野理論」の前振り。この部分を読むにしても、
せめて1章全体の文脈に置いて理解してもらわないと
青木氏の真意は伝わらないと思うね。


320 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 20:36:54
なんといっても学術論文だから、2ちゃんねらーで
理解できる椰子がそんなにたくさんいるとは思えない。
興味のある椰子は、たとえレスしなくても
プリントアウトしてじっくり読んでるんじゃないの。

321 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 20:49:38
久々にわろたwww

322 :ホメゴロシオトコ:2006/08/14(月) 21:28:25
青木の真意とは何かねぇ
分かってるなら早くそれを書けばいいのになぁ
格好付けてる割に歯切れが悪いなぁ

323 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 21:47:36
いくら読んでもクズ本という評価は変わりません

324 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 21:55:43
ネコにコバン。ブタにシンジュ。というより百聞は一見にしかずダナ。

325 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 22:00:57
いつまでも狐に化かされて糞の塊をおはぎと思って貪ってるといいよ


326 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 22:10:27
↑なんだ、柄谷のことか?柄谷スレでも同じ結論に至ったようだ。

327 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 07:26:47
まさに柄谷はキツネに化かされて糞をおはぎと思い貪るようなクズ本。
宇野でアソシエーションを基礎づけるのが無理と判明したら
今度は丸山かよw 次はいよいよ大塚あたりかな。
やっぱり青木の批判は正解だったな。アソシエーショニズムは
マルクスの市民社会(小商品生産)論的解釈の所産だからな。
そこでは生産(労働)と交換(流通)を直接に合体させなければならない。
それは大塚的な独立自衛農民の世界だ。そこに買い手の優位はない。
もともと宇野的な生産を消去した価値形態=流通形態論とは
二律背反だったんだよ。
それなのにいまだに宇野をまねて、生産様式じゃなく交換様式だなんて
言ってるんだから、どうしようもないね、このオトコ。
アソシエーションなんて、けっきょく宇野から丸山そして大塚へと
どんどんマルクスを俗流化させて、市民主義の海へ埋没していく運命だ。
・・・・・・・・・南無・・・・・・・・・

328 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 10:41:13
柄谷の批評よ、怨念の淵に荒ぶるまま沈んだ無数のNAMの亡霊たちの呻き声を聴け。お前の仕打ちの卑劣さとともに、論理の出鱈目を決して許しはしない。NAMの破滅と同時に、お前は結社の思想の破綻を潔く承認し捨て去るべきだったのだ。
だがもう遅い。遅すぎる。お前は論理の破綻を居直り隠蔽し糊塗し、単なる凡庸な市民主義者で地球主義者に落魄れ果てた。哀れよのう。

329 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 11:17:01
育児板【独りで】虐待をやめたいと思う人 5【悩むな】
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/baby/1151998845/

21 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2006/07/06(木) 17:15:49 ID:C9eIZrXF
さっき、オムツ替えてる時に吐いたりしたからイライラが一気に爆発してかなり強くお尻と太ももの後ろ側を叩きました
ベビは物凄く泣いて真っ赤になって声が擦れて出にくいのに、泣きまくっています。
それに、またイライラして頬を力任せにつねりました。ベビは泣きまずにずっといます。

28 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:2006/07/06(木) 19:26:34 ID:ZMKP+FEy
毎日一緒にいると疲れてイライラしてひどい罵声とともに叩いてしまう。
外では優しいいいお母さんのところに生まれて幸せだね、何て息子に声をかけてくれる人がたくさんいる。
でもそれは外だけ、私は鬼母です。最近は息子はおびえています。さっきも頬が真っ赤になるまで叩いてしまった。

32 すぐカンシャクを起こし、ごはんを食べない一歳二ヶ月の赤を怒鳴りながらビンタしてしまいました。

61 赤のほっぺをつねってバタバタもがきながら泣いてる姿を見たら楽しくてスカッとした。
お尻もつねって青く腫れた。腫れた赤のお尻をまた指で弾く。
ギャン泣き通り越してひきつけ起こすかってくらい絶叫泣き。このまま、ひきつけ起こしてほしいよ。

78 赤は、叩いたりつねったりしたり眠らせなかったのでひきつけ?みたいな(過呼吸みたいなの)を起こし、
唇が紫っぽくなり顔が青白くなったので一時預かってもらえました。今は赤と離れてホッとしています。

149 夜旦那が仕事でいない間気持ちのコントロール出来ないで子供を蹴ったり殴ったりしてしまいます。

276 まだ産まれて12日目なのにイライラして叩いてスッキリしてしまった。あたしは心の病気?それとも育児疲れ?

既婚女性板【心の】旦那には絶対言えない過去【奥に】
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1154259322/
・援、風呂、整形、堕胎。言ってない   ・経験人数40人以上
・中学の頃円光・整形・家出・乱交やりまくり・風俗・家庭内暴力  他多数

330 :ホメゴロシオトコ:2006/08/15(火) 11:39:43
青木信者ってこのままだと
マジみっともないよなぁ
おまえら匿名だからはた目には何人いるか分からないぜ
個人的な恨みつらみなら、まず個体として何か名乗って堂々とやれよ
(柄谷さんに配達記録付内容証明でも送ればいいじゃない)
あと「NAM被害者の会」とかないの?
対抗ガンとしてのアソシエーションへの
対抗アソシエーション=ガンw
そこまでやる気あるの?
参加者から金取って始めた結社だから、
堂々とやってもいいんじゃない?
(すでにやってたらゴメン)

331 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 13:36:02
私たちはあなたの呼ぶところの「青木信者」です。
ここで少し誤解を解いておきたいと思い久しぶりに
レスを差し上げています。
まず第一に、私たちのうちの誰もかつてNAMなる
団体に所属したことはないと思います。したがって
柄谷氏にいかなる個人的な感情も持つものではあり
ません。
第二に、私たちにうちの誰も、最近数日このスレに
書き込みをしていないはずです。それゆえ上記の
柄谷氏への恨みがましい記載は私たちとは何の
かかわりもないことです。
第三に、私たちは青木さんの提唱するマルクスの
コミュニタリアニズム的解読に興味をもち、研究・
読書会を開催しています。そのうちの何人かが
このスレを見つけて、理論的な発見や疑問を
書き込んでいますが、決して組織的な活動では
ありません。
以上で「青木信者」なるものの弁明とします。

332 :ホメゴロシオトコ:2006/08/15(火) 15:04:34
>>311
>私たちにうちの誰も、最近数日このスレに書き込みをしていないはずで
す。

何の弁明にもなってません。あなたは何も明らかにしてません。
「名誉毀損」だとスレ削除依頼まで出ている状況です。
私はIDの出る経済学板でやるべきだと思いますので削除に賛成です。
そもそも>>1の立て方はマズイでしょう。しかし、あなた方が反感を買うのには
理由があると思います。

私が「なぁなぁ作戦」にノッてきたのには、自分の立場をあえて分かりや
するためであり、単純なアラシ目的でも、青木孝平を貶めるためでもあり
ません。ホメゴロシ的賛辞を他スレにも書き、衆目に晒すことにより、あ
なた方の卑怯な作戦(サクラ的な賞賛行為etc)を相対化するため、より多
くの人の雑多な視線に晒すためです。
鬱陶しいでしょうが、他のマルクス系や思想系スレでのあなた方
(じゃないかも知れませんが青木孝平を褒める人)のやり口は、サクラ的で
非常に鬱陶しかったので、それを無力化した上で、青木孝平の真価を問うには
やむを得なかったのです。また、公衆便所的な鬱陶しさの中で耐えるだけの
ものがあるかどうか、それが2ちゃんねる内で真面目に議論することの
意味ではないでしょうか。
ローカルにまったりと議論を進めたいのなら、他(苺BBS、ブログ等)で
やるべきです。

333 :ホメゴロシオトコ:2006/08/15(火) 15:06:23
失礼。上は>>331へのレスです。(以下続き)

>そのうちの何人かがこのスレを見つけて、理論的な発見や疑問を書き込
>んでいますが、決して組織的な活動ではありません。

まず、「私たち」とは何人ですか? あなたがそう把握しているのなら、
傍目にはなおさら組織的な活動です。匿名掲示板では利害を抜きにした
個人的な書き込みの方がよっぽど信用に値するのです。
私も個人として特定化のリスクをあえて負っているのです。おかげで、
私が現れるだけですっかり馬鹿者扱いです。
(私は確かに馬鹿ですが、匿名人に馬鹿と言い逃げされる筋合いは
ありません。)
柄谷関係スレではすっかりサンドバッグ化です。

誤解を解きたい、真摯に議論したいなら、ゲリラ的な自演行為をまず
やめて(やめさせて)、グループで参加してるのなら、なおさらコテハン、
何らかの特定化をした上で、書いてください。
もっと青木孝平に興味があるが、そこまで詳しくもない、私や他の人のよ
うな第三者に分かりやすく活動して下さい。
その方が、話が早いと思います。ご検討ください。

334 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 18:34:41
>>331は真正の青木派、ホメゴロシじゃ太刀打ちできんわな

団体名 東京大学現代哲学研究会
ふりがな げんだいてつがくけんきゅうかい
サークルオリ 1号館2階東:'.149教室
団体名通称 現代哲学研究会
インカレ インカレである
部室 キャンパスプラザB309
主な活動場所 キャンパスプラザB309
サークル分類 文化系:人文社会科学
構成人数 10〜20人
東大生割合 2〜3割
活動頻度1 平日が中心
活動頻度2 月2〜3回
初期費用(円) 10000
年間活動費用 10000
紹介文: 最新の現代思想テクストを中心に哲学の現在を考えます。
講師:すが秀実氏(近畿大学国際人文化学研究所教授・文藝批評家)
最近取り上げたテクスト:
青木孝平『コミュニタリアニズムヘ』
G・C・スピヴァク『ポストコロニアル理性批判』
A・ジュパンチッチ『リアルの倫理 カントとラカン』

335 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 18:46:15
まだ未来のある若い子を誑かしてアホ木なんか読ませちゃ駄目だよ


336 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 08:54:56
きっとこういう研究会から、
次世代の日本の思想界・批評界を背負う
人材が輩出されるんだろうな。

337 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 09:03:16
いや、柄谷みたいな哲学コンプレックスだけ持った、学者くずれしか
しか出てこないだろ。せめて浅田程度の頭は欲しいけどな。

338 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 09:26:26
きっとこういう研究会から、
次世代の日本の思想界・批評界へと
青木コミュニタリアニズムが
広まっていくんだろうね。

339 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 11:03:53
真性青木派に告ぐ

>>336 >>337 >>338

この脳内対話を繰り返す稚拙な劇団ひとりをなんとかせい。

340 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 11:43:41
青木氏は柄谷を完全論破したんだから、
柄谷は青木氏にコロンビア大学客員教授
の地位を譲るべきだと思う。もし、そうしない
のなら、柄谷は青木氏に損害を与えている
に等しいから、これは訴訟ものだろう。

341 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 12:21:41
その裁判傍聴したい。早くやれ。
お前が率先して原告団代表になれ。
コミュニタリアニズムが、コロンビア大学と
いう学術コミュニティの良識に基づき下した
判断よりも、一個人の権利や名誉を司法によ
る解決に委ねることを主張する矛盾した思想
であることを世界に示す格好のサンプルにな
る。

342 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 12:39:16
>>340
同意。柄谷なんて法の裁きでも受けないかぎり、青木さんにコロンビア大の地位を
譲るわけないもんな。どうせコロンビア大学の地位にいるのもコネか賄賂
を使ったからなんでしょ。でなかったら、宇野理論を誤読して憚らない似非が
コロンビア大の教授になんてなれるわけないよ。その点、青木さんは宇野理論を
極めて正確に理解し、発展もさせているのだから、青木さんこそコロンビア大の
教授にふさわしいよね。柄谷は青木さんがコロンビア大の地位に就くの
を以前から妨害していたようなものだな。

343 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 12:46:15
340〜342
ホメゴロシオトコの劇団一人芝居です。
文字通りの誉め殺しですねw さすが。

344 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 13:06:11
>>343
お前の言うことなんてもはや誰も信じないよ。
俺のホメゴロシ作戦は誠意と真心で溢れているから、
後からじわじわ効いてくるんだよ。

345 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 13:09:59
>>340>>342も早く裁判やれよ。楽しみだなぁ
支持者がどんどん増えている。

346 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 13:45:32
>>342
そもそもさ、何故コロンビア大に拘るのさw
青木孝平って日本文学教えられるの?
どうせなら、サンデル教授のいる現代コミュニタリアニズムの本場、
ハーヴァード大に逝けよwww

347 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 14:27:15
このスレで馬鹿信者がもがけばもがくほど、青木孝平と東大現代哲学研究会の威信が、確実に地に堕ちていくのは明らかだな。

348 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 16:07:43
青木って亀田親子みたいだなw
インチキばれてるのに引っ込みつかなくなって「勝った勝った」って自分たちだけ盛り上がってるのw

349 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 16:15:13
>>348
その通り!!正解!www

350 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 16:19:10
俺はやくみつるの立場なわけだなぁ

351 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 16:28:46
某スレの発言より。

亀田に哲学があるとすれば、それはコミュニタリアニズム
というものでしょう。亀田は某テレビ番組で「自分は家族の
ため"だけ"に闘っている」といったそうだが、こういう思想を
コミュニタリアニズムといいます。自分の家族、もしくは自分に関係
のある者たち(この場合、協栄ジムやTBS)だけがよければそれで
いいという思想が、コミュニタリアニズムであり、亀田とその陣営はその忠実な体現者だということです。

352 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 16:33:16
わろすw青木派は亀田親子だったのかw

353 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 18:55:24
本の内容に無関係な書き込みは慎んでください。
書き込みはあくまでも本を読んだうえで
その論理展開・思想・疑問点に限定してくだい。
本の内容に即していない書き込みはスレが荒れるだけです。

354 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 19:57:58
考える名無しさん、ホメゴロシオトコ氏と掲示板で大げんか!

「表でろや!」。WBA世界ライトフライ級王者の青木孝平(53=協栄
)のトレーナーで父親の考える名無し氏(41)が、掲示板でマジ切れ
した。16日、掲示板の「2ちゃんねる」に生出演。以前から青木親子の
態度に批判的だった会社員ホメゴロシオトコ氏(28)の「青木流」挑発
行為に激高した。青木が練習を再開したこの日、11日の世界戦の「微妙
判定」が新たな場外戦を巻き起こした。

討論の領域を超えていた。青木のおやじが対峙(たいじ)したのは、厳し
いバッシングを続けてきた、ホメゴロシ氏。世界戦直後から「若いのに口
の利き方を知らない青木選手を正当化されてたまるかと思い、相手選手を
応援した」「最後まで安いドラマを見させられた気がする」「礼儀を知ら
ない選手を受け入れる世界の風潮にも問題があると思う」…。青木の言動
に批判的な発言を続けてきた急先鋒(せんぽう)の挑発に耐えられなか
った。サングラス、黒い柄シャツに胸をはだけ、大きなネックレスを身に
着けたホメゴロシ氏に「土産がある。金亀印のしつけ糸や。これで青木を
縛っとき」と手渡された。討論番組で青木流パフォーマンスで挑発された
。年上とはいえ、初対面でケンカ腰の態度にボルテージが上がった。

ホメゴロシ氏「腹立つやろ。腹立つやろ。あんたの息子はこれをやっとる
。今日はオッサンの教育に来たんや。パフォーマンスをダラダラ4年間も
見せられるのが嫌。オレは挑発に来た」

名無し氏「嫌やったら見んでええよ! オレは話し合いに来とんねん。そ
の態度で孝平に教育っていうことないやろ。ケンカするならするで。勝負
の世界は命懸け。挑発も駆け引きや。オレはあんた、許さへんからな。手
本にならない人間に言われたないな!」

355 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 19:58:42
エキサイトした気持ちは止まらない。ホメゴロシ氏から言葉遣いなどの教
育不足を厳しく指摘されると、堂々と青木流の持論を展開した。

ホメゴロシ氏「自分のスタイルを貫くという風潮があまりにも世間にまん
延している。コンビニ前に居座ったり、壁に落書きしたり…。少なくとも
言葉の使い方は、孝平選手というよりおやっさんがミスリードしている」

名無し氏「青春時代やから別にええやろ。まじめに過ごすのもええけど、
悪いことしても世間に迷惑かけなければええ。人間、おとなしくなった時
は引退の時。情けをもろうたら引退や。オレが引退さすよ。嫌われている
うちが華や。この人のやってることは子供のやること。この人が手本にな
っとるのか! あとでオモテでろや」

ホメゴロシ氏は前日に出演を聞いてパフォーマンスを準備した。掲示板の
管理人にも相談せず、独断で衣装も決めた。同氏は「物静かに語り始めて
も無理だと思ったので、青木家と同じパフォーマンスをすれば、教育方針
のおかしさに気付かせられるのではないかという意図でした。火に油を注
ぐ一番まずいケースになっちゃいました。キューピーとオムツを交換する
センスがあれば、分かってもらえると思ったんですけどね」と皮肉交じり
に話した。

しょっちゅう掲示板出演する名無し氏が、あえて登場したのは息子の孝平
を守るためにほかならない。関係者には「あれだけ子供のことを言われ、
親として言わんとな。最初で最後」と説明。青木の世界戦後に、批判的な
報道をしてきた掲示板にあえて生出演した。「微妙な判定」が引き起こ
した、青木家への「賛否両論」論争は、まだしばらく続きそうだ。

356 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 21:38:27
↑なんにもおもしろくない、ただのアラシ。やめなよ。

357 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 22:23:08
あれ、削除したいんじゃなかったっけ? はっきりしろよ。
どうせ、自分で始めたんだろ。このスレも。
予定狂ったからってコロコロ方針変えんなや。
有象無象の青木派の匙加減一つじゃねーか。

358 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 22:31:21
>>1
このスレ始めたのは、ホメゴロシ、あんたのことは衆目の事実。
いくら今頃ヒトのせいしようとしても、当時のなぁは隠せませんよ、ザンネン。

359 :ホメゴロシオトコ:2006/08/16(水) 23:33:54
俺にはアリバイも逆の動機もある。
>>193を嫁。
俺は前スレでここを知り、まず>>5を書き込んだ。
その時経済学板でやれと書いた。
そもそも前スレ(正確には社会学板の前前スレ)
の時から青木派のサクラ行為・自演行為に
憤りを感じ、疑い続けていた俺は、
人一倍自演防止に拘っており、前スレから「ID出る所でやれ」
と主張し続けていた。
その俺、しかも反青木派(反共同体主義というイミではない)の俺が、
わざわざこのIDの出ない、
しかも一番気に食わない
「青木派のインチキ自演・サクラ・八百長行為」
にとって有利な、
この「哲学板」に自らスレを立てて、
俺に何のメリットがあろうか?
その後俺はコテハン化し、マル経スレ等にも堂々と書いている。
俺は逃げも隠れもしない。
何故なら始めからコソコソする必要性も、後ろめたさも、
自演するメリットも、しがらみも、信仰も、青木本人や共同体主義に対する恨みもないからだ。
よって身分と年齢と苗字の一部も
他スレと合われば判明するように晒した。
ここまでしているこの俺が、
>>1のようなスレの立て方をするわけがないだろう?
何度も言うが前スレで「ID出る所でやれって言ったろ?」
って突っ込んだのが俺なのだよ?
ここで真面目に反発しても、最初から不利・無意味だから、
散々「なぁなぁ」ホメゴロシて、サクラ相対化に撤してたのだよ。
こんな疲れることやるために、スレ主やっても俺はナンも得しない。
以上。

360 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 10:41:16
↑ こいつ、いつも何をグタグタ書いてんの?
こいつの素性や正体なんか誰も興味ないよ。
ひとりでコテハンやっていきがってろ。
ホメゴロシオトコかイヤガラセオトコか知らんが、
正直ウザイ!なんかこのスレ、こいつ一人で全部
自作自演にみえてくる。とにかくウザイ!氏ね!

361 :ホメゴロシオトコ:2006/08/17(木) 12:12:20
やれやれ。
実践において青木派≒亀田一家であることはやはり間違いないようだ。

362 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 12:30:41
   ∧  ∧
            |1/ |1/
          / ̄ ̄ ̄`ヽ、
         /        ヽ
        /,.==、、_  ,__,,,..、、 |
        | _ィェァ了 (ェoヮ、   ホメゴロシテマスナァ
                      クサイオナラ プーーww
        /   ´!| |!`       
       /    /u__,ゝ    |     
      (    /_二 _、〉_  |
      (ヽ、  ´  ̄  /  )|
       | ``ー――‐''"|  ヽ|
       ゝ ノ       ヽ  ノ



363 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 14:30:04
↑ホメゴロシオトコはフマの自演

364 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 14:33:59
      /   ノノ ノノノ ヾヽ、ヽ
               /   ノj.-=・=-:',.:-=・= i |
               i    {   ` , ,-,、´  i |
              {    i     )-―-'(  i | 
                 ヽ   i     ⌒   } |_,,,. -‐- 、  
              __)), ,ノ人   、_,  ノ''"´   ,      \ 
                /       ` ー--,. '´   . : :`(      ゝ、

       ボロボロの木造アバラ屋の上に白い看板 営業マンはあそこの家でホメゴロシ




365 :ホメゴロシオトコ:2006/08/17(木) 14:42:12
見苦しいぞフマ。
正体バレたら暴れんのか?
このスレ立てたのはお前という事も間違いない!

あーくだらない。何が青木孝平だよ。
俺はいつまでも構ってられん。
謎が解けたので、ミッション終了とする。

366 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 15:11:26
ホメゴロシオトコっていいよなぁ
営業マンって最高だよなぁ
オレはフマじゃないよなぁ

367 :ホメゴロシオトコ:2006/08/17(木) 15:31:24
>>366
どうぞどうぞ、未来永劫、お好きなだけ病状を晒し続けてて下さい。
もう終わります。このコテハンも、「なぁ」も。
俺は金輪際あなたの邪魔はしません。
相手にするだけ無駄だということがよーく理解できました。

368 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 17:54:58
要するに方法論的個人主義と進化論がウザイと思いました

369 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 18:02:49
またホメゴロシを呼び込むようなカキコはしないでよ。

370 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 18:54:50
青木氏の『コミュニタ』の 価値形態論はどう評価しますか? それから降旗退官記念の『市場経済と共同体』は 読みましたか?降旗と青木が根本的対立を 始めたみたいだけど、どのように評価しますか?

371 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 19:56:57
降旗氏の最新の価値形態論理解は
渡辺寛追悼論文集『現代の資本主義を読む』(批評社)に
収録されてるよ。渡辺批判の形をとってるけど
実質的に山口批判。価値形態論に商品所有者は
要らないという論旨で、基本的に青木の模倣だが
あいかわらず形態の転換に弁証法を導入するところが
青木との決定的違い。しかしこの違いは大きい。
青木は最近さらに反弁証法の構造論を強調してる。
実質的に価値形態論の解体論。貨幣の必然性は
説けない前提。

372 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 14:10:38
↑ マルクス経済学スレのコピペだろ。ホメゴロシか?

373 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:15:29
志村〜ッ!、後ろッ!、後ろ〜ッ!!!

374 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:18:21
町内会っていいよなぁ
これぞ日本のコミュニティだよなぁ

375 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:20:34
w志村〜ッ!、後ろだよ!、後ろ〜ッ!ww

376 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:42:10
そういえば最近リバータリアンの森村進が青木を目の敵にして
あちこちで批判して回ってるね。今度読んでみようかな。

377 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:43:58
kwsk!
でも、森村馬鹿っぽいしあんまり期待できないかなあ・・・
イノタツさんはアホ木なんかいちいち相手にしなさそうだし

378 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:46:53
たしかにアナマルなんて、数式という目隠しを取り払えば
単純なリベラリズムに毛も生えとらん。アナマル幻想の
正体をあばいた好い論文だ。おもしろい。

379 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:52:37
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4784508503/249-0039191-0886709?v=glance&n=465392

青木孝平『コミュニタリアニズムへ―家族・私的所有・国家の社会哲学』

今はこれでしょ。この板のマルクスのスレでも注目の書だよ。
マルクスをコミュニタリアニズムに読み替えるって本らしいね。
分厚くて高い本なのに、よく売れてるね。

380 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 09:59:42
↑古い大昔のコピペを何度も貼らないでください。

381 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/08/19(土) 12:11:14
>金亀印

まだ気付かないの? 
「志村、後ろ後ろ〜!」ってヒント出してるのに。メアド欄の後ろだよw
再放送の続きはお前の立てた柄谷読解スレで。
このスレでは精々、柄谷を告訴してコロンビア大学でアホ木に日本文学教
えさせる詳細なプランでも考えときゃいいんだよwww
それと、AAをうまくコピペする練習用にでも取っておけば?

382 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/08/19(土) 12:40:44
金亀印は、俺にやくみつるだけでなくガッツ石松までやらせる気かよ・・・・。

383 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/08/19(土) 18:16:28
ところで、
告訴マダ〜?
スレ削除マダ〜?
コロンビア大学教授マダ〜?

384 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/08/19(土) 18:32:16
マルクスその可能性の中心は、
町内会費・寄付金の集金と、
明るい家族無計画にあり!
盆踊りと中出し!
餅つき大会と中出し!防災訓練と中だし!
お父さん、頑張って!

385 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 14:47:22
MC孝平いんざはーぅす
(いぇぁ いぇぁ)
鮭なべいべなーぅ
(鮭鮭鮭)
鮭っていいよなぅ
(鮭鮭鮭)
アホ木は八百長なぅ
(亀亀亀)
八百長でコロンビアぅ(くらっぴょへん)
勝訴かなぅ敗訴かなぅ関係主義には関係なぅ(いぇぁ)
個人主義ってウザイよなーぅ(なんだろね)
こみゅにけぇしょんぶれぃけだぁぅん
おれのうまれたちょぅないかぃ
あぃされるよりあぃしたぃ
あぃせなぃのはほっとけなーぃ
(亀亀亀)
だから八百長やめれなーぃ
しつけ糸でもキレやすーぃ
よぅちぇきらぅ


386 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 17:34:41
>>63
>著者は、真に人間存在に帰属を与える共同体関係を構築することを訴える。では真の共同体とは
>何か。著者は終章で、「どこまでも人間の自由意志による契約的な社会関係を説くものではなく、
>社会関係による主体の構成と創造性を説くロジック」(461頁)とし、一つの身近な例として
>家族や町内会をあげている。しかし率直にいって、これだけでは著者の言うコミュニティを
>基盤とした社会のポジティブなイメージがいまひとつ伝わってこない。コミュニタリアニズムが
>将来社会の一つであるコミュニズムに取って代わるというのであれば、国家、市場、
>アソシエーションといった現存するセクターとの関係はどのようになるのかという点など、もう少し具体的に
>説明すべきではないだろうか。

これではロマン主義だな・・・

387 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 11:05:49
書評 橋本努(北海道大学経済学部 社会思想)
市場と国家の両方に対抗する原理としての「共同体主義(コミュニタリアニズム)」を視軸にしつつ、
マルクス派社会哲学の遺産を救出しようと企てた労作。宇野理論の脱科学化、家族論や所有論や
日本資本主義論争の脱進化主義化、会社共同体の批判的検討などを経て、
市場原理主義の思想を批判する理論的観点を再規定する。その議論展開には勢いがあって包括的である。
著者の関心の中心には、自然法思想、古典派経済学、超越的主体論、方法論的個人主義といった
概念装置に対する強い疑念と批判がある。他方では、現代の分析マルクス主義やアソシエーション論に
対しても批判的な立場をとり、家族や地域社会や階級や民族といった、
自由意志に左右されない共同利害性の原理としてのコミュニティを復権しようと呼びかける。


388 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 13:16:41
このスレ、アソシエーショニズムのスレと合体させましょうか。
仮題「アソシエーショニズムvs.コミュニタリアニズム」

389 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 14:27:50
リバタリアンは?
リベラルは?

青木孝平ヨイショの不毛な八百長行為のためならもう結構。
どうせスレ主同じだろ?何スレ目?何年目?
あんたの最終目標は何?
裁判?コロンビア大?そりゃあんたの勝手だけど。もっと効率よく動員しろよwww
それともただの趣味ですか。そうですか。

390 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/02(土) 21:28:44
「コミュニタリアニズム」って言葉で連想する名前は宮崎哲哉だな

彼は「保守主義」から出発してるけど、なかなか読ませるし、彼が影響を受けてる
西部邁の「伝統」って概念は柄谷の「超越論的統覚X」と近似性が高い

でも、宮崎も西部もマルクス主義批判なんだな

では何故、青木はマルクス経済学から「コミュニタリアニズム」を連結させるのだろうか?
理論的飛躍があるんじゃなのか?

391 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 23:26:29
しょせん決め付け詐欺師だから。青木は。
マルクスはマルクスだ。
コミュニタリアンでも構造主義主義者でも宇野弘蔵でも広松渉でもない。
マルクス主義者でもない。
コミュニストだよ。
しかし、宇野弘蔵や広松渉が今日のコミュニタリアンと相性がいいというのは理解できる。
だがそれも、それが今さらどうした、という話ではないか?

392 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 11:47:49
いまどき本を書いたり、読んだりしたら、世界が変わると思っているんですかね。
ナイーブな人たちです。

393 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/05(火) 22:51:53
ここは、これで終わりか?

394 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 02:42:35
もう終わりだろう。
以下の結果がそれを示しているよ。

世界共和国へ
Amazon.co.jp ランキング: 本で15,805位

コミュニタリアニズムへ
Amazon.co.jp ランキング: 本で277,075位

グーグルでの検索件数。ネット世界でも人気なし。

柄谷行人 257,000
青木孝平 1,410

ダメだこりゃ。


395 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 02:53:12
地域なんていってるようじゃダメだね。


396 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 03:00:21
プチブルのくだらん発想に過ぎない。

397 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 03:14:11
宇野派というのも宗派性の強い集団だったが、
それの亜種である青木派に至っては、それを
通り越して文字通りのカルト集団になっている様相だ。

さしずめ、連中が嘆いてみせる共同体の危機とやらは、
宇野派という共同体の解体のことなんだろう。

しかし、宇野派が解体したところで、その当事者以外は
誰も困らないわけ。批判ばかりするしか能がなく、建設的
提言をできない連中はやがて相手にされなくなるのは
当然のこと。惰眠を貪っていた罰が下ったというだけ。

せいぜい、他人を批判するまえに、自己批判から始めたら
よかろう。

398 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 22:44:55
インチキ本決定。

399 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 07:35:59
柄谷は最初から青木など眼中にないし、その存在も認知してはいないだろう。柄谷
がマルクスに関心を持つのは基本は左翼であるとしても人類のユートピアを、仮象としてではあるが
想定しているからだ。ユートピアをもの自体として想定することにより、統制的理念としての働き
を考えているのだ。その思想の核心を柄谷はマルクスその可能性の中心と名づけたにすぎない。

400 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 09:11:07
400

401 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/09/09(土) 15:45:15
何故アソシエスレで暴れてるんだい?

402 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 00:45:13
ここはキティガイ隔離スレということで。

403 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 13:35:04
http://snsi-j.jp/boards/bbs.cgi?room=sample1 (気軽にではなく重たい気持ちで書く掲示板)

やはり、あの1991年8月の「八月クーデター」失敗によるソビエト・ロシア(ソビエト共産主義)の崩壊という
ことがなければ、この仕事は完成させることはできなかったと思う。ソビエトの崩壊と冷戦構造の終焉によって、
それまで曇っていた自分の頭がすっきりした。「やっと分かったゾ」という気になったのはこの時期である。
自分もまた、ほとんどの日本知識人たちと同じく、頭の幾分かを、ずっと引きずるようにして、ソビエト型とは
違うのだが別種の社会主義=政治的理想主義に長く囚われていて、この呪縛から開放されなかった。
一九九四年から一九九五年にかけてやっと、この本を書きあげ完成させたときに、私は世界を一極的に
支配する世界覇権国となったアメリカ合衆国の諸思想がどうのようになってできているのかを知ったのである。
(中略)
このとき私は、アメリカの現代アメリカ政治思想の各派を、日本語でコンパクトにまとめて、全体的に
性格描写することで、自分が悩み苦しんできた二十年来の政治イデオロギー遍歴からも開放されたのである。
私は、今や、右(保守)でもなければ、左(リベラル)でもない。
私は、ただ、それらの全体像を大きく眺めつくすものである、ということになった。
私は左右の大きな価値対立に於いて、どちらにも組するものでは自分を発見した。
私は、ただそれらの思想の諸価値の対立点を記述する者である。
(中略)
私は日本知識人層の貧弱な土俵の上に「現代アメリカ政治政治思想の全体像」を植えつけるという大きな
仕事を先駆者としてなしとげた。今や日本知識人全てを足元に見下すほどの地位を、私は自力で
築いたのである。しかし、このことは、私が大秀才である、と自惚れているのではない。
私程度は、アメリカでは頭のいい大学院生程度だということである。ということは、日本の大半の
文科系の知識人の知能水準は、アメリカに持ち出せば、頭のいい高校生程度だ、ということである。
副島隆彦「日本の秘密」


404 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 13:46:37
ソエジマwww

405 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 21:00:15
ポストモダンっていいよなぁ

406 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 23:38:32
金返せよ青木孝平。詐欺だこの本は。

407 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 02:42:12
ホメオ、名無しになってまた昔のホメゴロシ路線に戻ったの?
青木信者を挑発して、またケンカ売ってんの?

408 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 03:04:40
ホメオ、アカネの店のオモテヘ出ろ。白黒つけたろやんけ。

409 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 03:10:05
むしろ柄谷が青木さんに怯えて逃げ回っているのが現状だ。
その証拠に『世界共和国へ』でも青木さんへの言及が
一つもない。柄谷は2chの存在を知っているので、柄谷スレッドなどで
展開されたアソシエーショニズム批判も知っているはずだ。
それに脅威を感じ、こっそり青木さんの『コミュニタリアニズムへ』
を読んだはずだ。そして、柄谷にまともな論理的思考力がある
なら、自分のアソシエーション論が完全に論破されたことを
悟ったはずだ。でも、柄谷は印税を得たいがために『世界共和国へ』
の発売を強行した。これは青木さんのアソシエーショニズム批判を黙殺して
逃げたに等しい行為だ。このような卑怯者は絶対に許せない。
柄谷批判、アソシエーショニズム批判を決して緩てはならないのだ。


410 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 13:23:59
だめだめだよなぁ

411 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 14:42:55
ウィキで「青木孝平」で検索したんだが、記事がないんだよな。

ウィキに「青木孝平」の記事を書いたらどうだ?

412 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 16:59:24
ウィキはコスモポリタンなアソシエーショニズム

413 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 17:11:33
これじゃねーの?

http://www2.atwiki.jp/momo777/pages/14.html

414 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 17:54:43
プッ

415 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 21:59:11
青木はインチキ。柄谷を論破していない。
よって2ちゃん上の自演的賞賛の嵐(荒らし)も全てはインチキ。

416 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/20(水) 22:06:23
>>409
だからさ〜

マルクスー宇野のどこを、どう読んだら「コミュニタリアニズム」が出て来るのよ?
理論の手品芸やってるようにしか見えないのよ

417 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 06:27:31
だからさ〜

青木の本のどこを、どう読んでも「コミュニタリアニズム」が出てきてる
じゃないかよ。
芸術的な理論展開やってるではないかよ。読まずに言わないでよ。

418 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:30:18
解体委員会氏は青木本を読んでいないと判定します。
今後は読まずにカキコしないでください。

419 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 12:39:31
↑早速インチキ登場。

420 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 13:02:48
↑真正のインチキ登場。

421 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:08:23
読んだことがあり理解能力があるのでインチキだとわかる。
その逆はありえない。よって>>420がインチキである。

422 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 16:32:00
↑傲慢さだけ一丁前のインチキ登場。

423 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/21(木) 19:30:08
2ちゃんの青木派こそ「コミュニタリアニズムへ」しか読んでないことが判明

「資本論」も「宇野原論」も読んでない
ちなみに新古典派総合、ケインズ、ハイエクなどマルクス経済学以外の経済学にも暗いようだ
宇野が「現状分析」をやったら近経のペースに巻き込まれるから「原理論」にこだわった理由が解ってない

「原理論」は「原理論」で良いんだよ、無理矢理「現状分析」を
コミュニタリアニズムで埋め合わせようとしたのが青木の間違い

それからコミュニタリアニズムについても2ちゃんの青木派は解ってない
この言葉は青木派の用語ではない、もともと「合理的期待形成」を言うハイエクとか
それを文化論的に言い換えた西部とかの立場、マルクス主義の正反対
まあ、「伝統」って言われてるけれどもね

「プロレタリアに祖国無し」ってマルクスの言葉を思い起こされたし
共同体を括弧に括ってこそのコミュニズムだ




424 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 19:49:08
そんなあたりまえのことを、今更いうなよ。
そこいらの青木信者は知らないけど、おれたちは
マルクスを左翼から解放しようとしてるのだ。
左翼の進歩主義、個人主義を批判してるのさ。
だからおれたちゃリベラルやフェミが大嫌い。
はじめから西部にも小林にも何の違和感もないよ。
マルクスを保守の視点から読むのが
青木の「コミュニタリアニズムへ」だよ〜ん。

425 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:42:41
だよ〜ん。

426 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:43:27
悔しかったら東大現代哲学研

427 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/21(木) 20:47:28
まあ、マルクスを「左翼」から「解放」してみせろや

アナーキスト諸君!

428 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:52:52
だよ〜ん。

429 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:58:42
グローバリズムが要求するフラットさこそマルクス主義が前提とするべきものだと思う。

430 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 20:59:19
>>426
さながら白痴の集まりだナッ!

431 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:20:31
アナーキストはリバタリアン。
おれらはそうした負荷のない自由に反対してんのだよ〜ん。
グローバリズムは市場原理主義にすぎない。。
おれらはマルクスは利用するが、マルクス主義には前提どころか
反対するんだよ〜ん。
グローバリズムに抗するマルチカルチュラリズムこそ前提さ。

432 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 21:25:51
>>430
さながら東大コンプの固まりだナッ!

433 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/21(木) 21:42:14
>>431
お前は「あかね」で飲んでろw

434 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:03:59
アナーキストはコミュニタリアンでもある。
コミュニタリアンも市場原理にすぎない。(主義ではない)
負荷のある自由も市場原理にすぎない。(主義ではない)
マルクスも市場原理にすぎない。(主義ではない)
グローバリズムに抗するマルチカルチュラリズムも市場原理にすぎない。(主義ではない)
それがイデオロギー。

435 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 22:13:13
さすがアホ木はアホ揃いだナッ!

436 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 11:14:17
アハハ、青木派はもうとっくに、このスレ撤退していないのに。
キチガイのデタラメカキコも、青木派のカキコに見えてくる。
これじゃワラ人形も青木派にみえるか。ひどい脅迫神経症だな。
はやいとこメンヘルにいってこいよw ノイローゼくんw

437 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 13:06:24
↑一匹いる。

438 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 13:07:57
悔しかったら東大現代哲学研

439 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 13:10:01
悔しかったら東大現代インチキ保守マル研

440 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 13:39:55
↑どうしようもない東大コンプレックスw

どうぞいつでも部室に来てください。
懇切丁寧に宇野でもコミュニタでも
教えて差し上げますヨ。なんなら
スガさんでも青木さんでもお呼びしますよ。

441 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 14:54:46
確かに、東大現代インチキ保守マル研コンプレックスはこの上なくどうしようもないな。
東大現代インチキ保守マル研は、宇野・コミュニタ・スガ・青木を懇切丁寧に教えることが、
この上なく格好良いと、心の底から、何の疑問も抱かずに思ってるんだろうな。
どうしようもないな。

442 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 14:56:31
そんなあたりまえのことを、今更いうなよ。
そこいらの青木信者は知らないけど、おれたちは
マルクスを左翼から解放しようとしてるのだ。
左翼の進歩主義、個人主義を批判してるのさ。
だからおれたちゃリベラルやフェミが大嫌い。
はじめから西部にも小林にも何の違和感もないよ。
マルクスを保守の視点から読むのが
青木の「コミュニタリアニズムへ」だよ〜ん。

443 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 14:58:55
悔しかったら、スガだよ〜ん。

444 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 17:57:39
青木孝平さん、柄谷行人への告訴はいつですか?

445 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 20:46:55
いいよなぁ

446 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/25(月) 21:30:34
宇野派の恥部!青木派!

右翼にでもなれやw

447 :ホメオ ◆N8n1ZThgrI :2006/09/29(金) 21:59:14
青木さんのふかふかな負荷って、心地好いよなぁ

(俺?もちろん不快なので不可)

448 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 15:28:12
青木信者はもうNAMには入るなよ。

449 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 17:33:46
まだNAMでママmゴト遊びなんかする物好き、いるわきゃないよw

450 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 18:34:21
いや、マジであんたの真意が分からない。
↑がジョークであることは分かるし、非常に見事なジョークだ。
しかし誰に対するジョーク(アイロニー)かが分からない。
これはNAMのアソシエーショニズムに対する皮肉か、
それとも青木氏のコミュニタリアニズムに対する皮肉か、
いずれか分からないが、しかしみごとなアイロニーだ。


451 :コミュニタスレ解体委員会:2006/09/30(土) 23:35:13
ほい、俺はここだ!

452 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 00:32:56
↑あんたは、お呼びでないよ?

453 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 14:11:21
ムラムラのフカフカで盆踊りで中だし

愛っていいよなぁ

コミュニタリアニズムっていいよなぁ

454 :考える名無しさん:2006/10/09(月) 15:21:45
ムラの娘にムラムラしてパンツを脱いだ青木孝平

455 :考える名無しさん:2006/10/10(火) 09:03:27
青木孝平「ムッシュ村村へ」

456 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 18:17:31
ムラムラのフカフカ 娘宿で夜這い乱交だよ〜ん
ムラムラのフカフカ 赤ん坊の間引きだよ〜ん

コミュニタリアニズムっていいよなぁ


457 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 16:05:28
2ちゃんが静かになってから、不思議なことに
反対に青木のコミュニタリアニズムが
着々と売れてるね。5年近く売れ続ける本って
そうはないんじゃないの?
2ちゃんの落書きよりも、ホントの読者の口コミの力って
すごいね。本物の静かなブームに驚いてる。


458 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 18:27:35
たしかに一時の流行り物でなかったのは認める。
こんなにしぶとく売れ続ける本だとは思わなかった。

459 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 21:55:41
>おれたちはマルクスを左翼から解放しようとしてるのだ。

そのことで同時に、左翼をマルクスから解放もしてくれるなら、大歓迎だ。
マルクスなんか、西部や小林にくれてやればいい。
もともと同じ穴のムジナ。ろくなもんじゃないんだから。
そういう意味では、青木の仕事は評価できる。

460 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 00:13:19
宮台真司・上野千鶴子 対談 (朝日新聞社『論座』1998年8月号)にて発言:

上野千鶴子:「コミュニケーション・スキルを磨け」

(そういうスキルが学習できない男は・・・)

上野千鶴子:「マスターベーションしながら死んでいただければいいと思います。冷たいでしょうか」

出典: 小谷野敦『もてない男』(ちくま新書)66-67ページ




461 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:36:09
やらせ決定。

462 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 02:59:51
2ちゃんが静かになってから、不思議なことに
反対に青木のコミュニタリアニズムが
着々と売れてるね。5年近く売れ続ける本って
そうはないんじゃないの?
2ちゃんの落書きよりも、ホントの読者の口コミの力って
すごいね。本物の静かなブームに驚いてる。

463 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 20:55:30
5年もたって二千部も売れてない本を「着々と売れてる」とは!

464 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 00:06:32
青木孝平っていいよなぁ

465 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 00:09:17
本物の静かなブームに驚いてる。

466 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 00:12:19
着々と売れてるなぁ

159 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)