5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

木田元

1 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 12:13:58
木田元

2 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 12:17:21
現象学の入門でお世話になりますた

3 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 13:00:53
きだげん

4 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 13:15:39
比較的、好意的に捕らえられてる日本の哲学者だな。
木田元さん、岩波文庫からフッサールのイデーンとか論理学研究とか出してくれ。

5 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 13:22:30
訳が正確だし、読みやすい。
日本の哲学への貢献度は大きいです。

6 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 17:59:12
そう〜か?ハイデガーについてコイツの考察は糞だぜ

7 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 18:06:49
ハイデガー信者になるのは良くない、って書いておいてこいつの主張は
ハイデガー信者としか思えん。5の言うような意味では功績がデカイのかもしれん。

8 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 18:10:58
おゲンキダすか?

9 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 20:09:17
現象学に関しても、新田先生にはお世話になりましたが、木田はバカだよ。

10 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 21:58:09
新田先生は、木田先生より文献学者としては優秀だと思うけど、
文章が下手なのが残念。


11 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 22:04:35
>>8
ゲン・キダ
というわけではないようで、入院されてるらしいですよ

12 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 22:09:50
闇屋時代に人コロシたって本当ですか?

13 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 06:04:13
この人以外に訳が正確な哲学書の翻訳者を教えてほしい。

14 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 10:35:50
>>13
細谷貞雄

15 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 12:01:30
「お世話になりました」とだけは伝えておきたい人。

16 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 12:12:52
キダ・タローの従兄弟だっけ

17 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 16:16:42
専門外の人が一般教養としてフッサールなりハイデガーなり知るには
木田元の解説や訳もいいだろうけどそれ以上の物ではないと思う

古色蒼然たるハイデガー理解をとても分かりやすい日本語で訳や解説
してるって感じでそれが正確かどうかっていうと意見も分かれるだろうし

基本的に新書やエッセイ書きであってこの人に新たなトピックを開拓する
学術書みたいなのを求めるべきじゃないし

監訳やアンソロジーの編者みたいな仕事も木田自身の理解が古すぎて
ちょい老害化してる気もする

18 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 23:50:59
木田が端正な日本語でハイデガーの解説(いささか凡庸でも)
を書いたり翻訳をしていたのは、日本のハイデガー読者
にとって救いだったと思う。

これまでの「ハイデッガー全集」邦訳は、日本語感覚が
狂った古色蒼然たるハイデゲリアンの連中が
訳してるので一般人には殆ど読めないものも多い。

木田元の存在は日本の哲学界にとって一種の涼風だ。

19 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 01:05:08
木田さんは読者を引っ張るのが巧かったね。素人でも興味を持って入り込めるよう導入部を書いてたと思う。著述家としての巧さがあったよね。

20 :通行人:2006/04/04(火) 00:35:13
木田、瀧浦、新田は皆三宅の優秀な弟子だ。文章も思考も分かり易い。

21 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 00:55:31
しかし三宅剛一っていまや殆ど読まれてないな。
そういう自分も読んでないわけだが。
何から読めばよいかも分からんし、
そもそも新刊ではもう三宅の本は売ってないようだ。


22 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 01:44:29


23 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 01:59:15
三宅剛一の息子の日独協定研究も政治学の実証ながら、
ドイツ語の読みは三島慶一や木田レヴェルらしいよ。

24 :通行人:2006/04/07(金) 15:24:31
23>三島憲一や木田レヴェルと云ふのは優秀だと云ふこと?
木田にはドイツ人の弟子もゐるけど、彼は日本語がぺらぺらだ、ドイツの新聞に寄稿できる三島とは大分差がありさう。細谷恒夫もお忘れなく。


25 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 19:34:44


26 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 19:55:41
木田元も三島憲一もドイツ語すごいよ

27 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 02:52:31
やあ(´・ω・`)

28 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 00:02:09
細谷貞雄訳は桑木訳より読み易い

29 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 00:35:45
出身高校がウド鈴木と同じらしいという情報を入手しました

30 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 22:35:43
中公クラシックスとちくま文庫の「存在と時間」はどっちが良い訳文ですか?

31 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 23:05:05
>>30
ちくまのが評判は良かったような。わかりやすいってことで。
中公クラシックスのやつも割りといい評価だったような。

32 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 01:00:05
 辻村訳は2ch.では評判悪いんだよな、俺は好きなんだが。ちなみに渡辺二郎は『ハイデガー「存在と時間」入門』(有斐閣選書)の中で、Sein「有」訳、「存在」訳の双方に一定の意義を認めている。彼自身は「存在」訳だけども。

33 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 12:47:57
渡邊痔瘻「しかし、京都の人ってのは、何考えてんでしょうかね〜。『性起』なんて言ったって、意味がわかりませんね〜。もっとわかる言葉で訳してくれないと困りますね〜。」
(一九九〇年代半ば)

34 :哲学万歳。:2006/08/14(月) 19:27:02
木田元、教授には、大学時代、習っていました。現象学はわからなかったけれど、授業中に笑わして、遊んでいました。
今となっては、良い思いでです。「偶然性と運命」どうもありがとう。
ところで、闇屋時代、ひとをぶっ殺したって聞いたけれど、本当ですか。
確かに、おっかない性格ではありますけれど。

35 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 19:39:33
はだしのゲンですね

36 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 07:30:27
              \ `\   |ヽ |
               \  \ /  |
                 ヽ  `´   ノ
                /      ノ
               / l`、  ノ  ノ
           ,...-‐''"  _.l::::`ー,=-'(
         /     ´ ,.!_;;;:r''..   ` 、
      ,...-‐'   _,....-‐'"  `'-、::    ` 、
     /..  ,....―'"        `ー、__  `l


37 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 01:28:47
sage

38 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 14:47:16
やあ(´・ω・`)

39 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 12:15:07
あけおめ

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)