5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中川八洋

1 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 21:20:20
毒舌なのはたまに傷だけど、
日本ではあまり伝えられていない
英米保守主義について解説してくれる点は素晴らしいと思う。

2 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 21:37:18
j;;;;;j,. ---一、 `  ―--‐、_ l;;;;;;
 {;;;;;;ゝ T辷iフ i    f'辷jァ  !i;;;;;  中川八洋だけが本物の保守
  ヾ;;;ハ    ノ       .::!lリ;;r゙
   `Z;i   〈.,_..,.      ノ;;;;;;;;>  そんなふうに考えていた時期が
   ,;ぇハ、 、_,.ー-、_',.    ,f゙: Y;;f     俺にもありました
   ~''戈ヽ   `二´    r'´:::. `!

3 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 22:30:22
福田和也に噛み付いた時点で
論壇知識人としての価値はしゅうりょーしますた♪

4 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 21:48:11
age

5 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 21:53:39
産経系文化人が発する「珍説」

中西輝政「大量破壊兵器が見つからないのは米軍の捜索能力が低いから」
中川八洋「近衛文麿・山本五十六はソ連の手先だった」
クライン孝子「田中角栄・真紀子父子が日本人拉致に関与」

クラインのなんかははじめ冗談かと思ったが何度も日記で言及するので本気らしい


6 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 22:02:25
輝政以外とまともだな
もっとひどいかと思ったよ。
まぁ、親米とはいえそこまでアメリカ好きじゃないだろうしな

7 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 22:18:53
>>1に同意。

保守論者としてよりも、むしろ欧米保守思想の紹介者として評価
している。ときどき極論になるけど、いっていることは基本的に
まとも。ちょっと感情的なのが玉に瑕かな。

8 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 22:27:24
こいつとか八木秀次とかを苦痛なしに読めるのってある種の才能だよねw

9 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 22:49:13
中川先生の正当な評価↓

いくら日本の保守反動主義者でも、ここまで低能ではあるまい。
反共主義者を騙ったソビエトの陰謀だと思う。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/1356/SARU/saru43.html#BOOK3

10 :考える名無しさん:2006/01/30(月) 23:16:59
読書猿も書いてるやつが本物のバカだから。
いい年こいてまだ京大あたりに居ついてる
学生運動のキモイ生き残りみたいなやつだよ。

11 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 16:11:07
>>48

サヨにとってはなw

12 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 16:55:00
有識者報告書は共産党が30年かけて準備し、狡智に構成?

一方、『致知』(2006年2月号p.62−p.71)の「なぜ女性・女系天皇ではいけないのか」のテーマの下、
渡部昇一氏と中川八洋氏の特別対談で、中川氏は「天皇制転覆を狙う彼らのこの結論は、
有識者会議が議論してまとめたものではない。
皇統断絶による天皇制自然消滅のシナリオは、共産党が1970年初頭から、30年かけて準備し、
狡智に構成してきたものである。」と言い切っています。

また、中川氏は「吉川弘之氏(「有識者会議」座長):元東大学長は学生時代(昭和27−31)に学生運動をやった。
その頃の学生運動は共産党の学生部組織(民主青年同盟)しかなかった。

ゴリゴリの共産党系の天皇制廃止信奉者だから「新しい歴史をつくる(=天皇・皇室制度を消滅させる)」とか、
「新しい皇室制度の<制度設計>をする(=伝統はすべて破壊・女系天皇を導入する)」とか平然と言ってきた。」
といっています。

http://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-247.html  キャッシュで見てください

13 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 17:30:32
中川さんの本の内容をどう取るかは個々人の判断でいいでしょう。
読書案内として読んで、自分でいろいろと文献にあたってみたらいいのでは?

14 :考える名無しさん:2006/01/31(火) 20:20:25
>>13

中川さんも憂えているけど、保守派の本ってなかなか翻訳されてないんだ
よね。で

15 :考える名無しさん:2006/02/01(水) 19:20:38
保守系の思想が好きな人はジャーナリスティックな論点は好きだけど
学術なところで保守思想を極めようと思う人が少ないんだよね。
それが全て。

16 :考える名無しさん:2006/02/03(金) 22:58:15
>>10
確かにw

17 :考える名無しさん:2006/02/04(土) 00:54:56
>>15
おいおい一度国会図書館いってみれ

18 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 15:56:24
>セクハラ裁判しているのはみな共産党だ。
セクハラで捕まりでもしたのかこのおっさん。やけに女に恨みを持ったご思想だw

19 :考える名無しさん:2006/02/21(火) 13:02:26
age

20 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 13:47:54
この人って進化論否定しているんでしょ?
トンデモ?

21 :考える名無しさん:2006/02/28(火) 22:18:49
UFO研究科が宇宙人信じててもおかしくないのと一緒です

22 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 03:27:30
age

23 :考える名無しさん:2006/03/13(月) 04:35:41
引用が多いよね。
自分の言葉で保守主義の哲理を是非書いてほしい。
西部さんの知性の本(題名は忘れた)みたく哲学的に事・言鼓割ってみる
試みをしてください。


24 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 23:37:28
『知性の構造』ね

25 :考える名無しさん:2006/03/21(火) 17:55:23
なんでもかんでもソ連の手先にする癖があるらしく、
防衛大学元総長の猪木正道をソ連の手先呼ばわりして訴えられ、
ピースボートもソ連から資金援助されてると何の根拠もなく言い切ってた。

何でもありだよ、このおっさん。
思想以前に、全てにおいてキモイ。

26 :考える名無しさん:2006/03/21(火) 19:01:25
でも顔はさわやか。
というか若い。

27 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 19:46:59
『正統の哲学異端の思想』をいまライン引きながら読んでいるけど、
はしばしに「えっ」っていうことが書かれているんだよな……
たとえば社会学は有害なジャンルとか……

でもすごい人には違いない。



28 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 16:32:28
日本の親は躾けも出来なくなった
http://human5.2ch.net/test/read.cgi/ms/1142831363/l50

29 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 16:48:50
西部邁ほどの思想的深みは全くない
右翼が阿呆呼ばわりされるわけだ

30 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 07:04:49
この人すごすぎる。
知識量が半端じゃない。

31 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 12:14:09
「すごい人ってのは、多少はおかしいもんなんだよ」って、オレは思ってる。

だから、いくらすごくても、100%鵜呑みにはしない。

32 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 20:10:27
>>31

だな。偉人ほど変わり者多いし。

33 :考える名無しさん:2006/04/26(水) 04:41:45
「オレはちゃんと調べて書いてるが、鵜呑みはするな。
本のリストをやるから自分で読め」というにおいをプンプンさせている
教育的な意味で良心的なアジテーター。
よく言えば、だが。

ほほうと思うことも書いているが、
変なことも書いている。

よく出来る研究者と飲みながら話をきかせてもらってるような感じ、
というとぴったりくる。

34 :考える名無しさん:2006/04/26(水) 09:32:07
これは酷いw

35 :考える名無しさん:2006/04/29(土) 07:03:52
確かにマッドな奴で面白いことをいう思想家はいる。
でも、コイツの場合は深みもなくて面白くもない。単なる普通のキティ。

36 :考える名無しさん:2006/05/16(火) 01:06:03
中川八洋の学問は、ルソー論や、与謝野晶子論、今回の皇室論など、素晴らしいものがたくさんあると思う。
だからこそ、あの口汚さをやめていただきたい。毒舌などという言葉で済まされない。
品格だとか道徳だとか、語る資格があるのだろうか?
口汚さ、謙虚さの欠如は、中川自身が朝鮮人やシナ人と同じレベルになっている。本人は気付かないのだろうか?
朝鮮人は帰化しても五代までは日本人と認めないというのも、嫌韓“厨”が学者になったようなもので、率直に言って、俺は、中川八洋はパラノイアだと思う。
本当に惜しい。
学問と人格がここまで反比例する人間を、俺は他に知らない。谷沢永一でもここまでひどくない。
2ちゃんねるで極論や差別的なことをしつこく書いていて、違う意見の人間を右翼だの左翼だのチョンだのとレッテルを貼って勝利宣言をする妄想癖がある奴というのは、中川と精神構造がそっくりなのだと最近、気付いた次第。
中川の学問よりも、中川の悪い人格の弟子がたくさん生まれているのは、悲劇としか言い様がない。
下品な言葉を使わずに本を書いてほしい。
それとも、下品な言葉を使わないと中川八洋の学問というのは成り立たないのか?

37 :考える名無しさん:2006/05/16(火) 01:09:57
ジョゼフ・ド・メストルやバルベ・ドールヴィイ、ニーチェのようなもんだと思えばいいじゃん。
こういう激越な感情の持ち主はおれは好きだよ。
激越でいながら結構理詰めな頭の持ち主でもある。
谷沢永一はその点やや軽薄だからあんまり好きじゃない。

38 :考える名無しさん:2006/05/16(火) 01:13:10
まだ生きてたの?

39 :考える名無しさん:2006/05/16(火) 20:38:33
「ルソーは千年に一人くらいの天才の中の天才、狂人の中の狂人」
中川八洋も同じ

40 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 01:12:09
36 同
てか、人格というより、文章、論証、議論の進め方、ってとこかな、問題は。

この人の本のテーマはよいと思う。
他の保守論者なら、そんなことまで‥、とか、そんなあからさまな‥、
って感じで、触れないテーマやってくれるし。

彼の、攻撃対象選定の嗅覚は、いいと思う。

ただ、残念なのは、文章がまったく、学者の文章にも、知識人の文章にもなっていないこと。

いろんな引用もしてるけど、的を射た引用なのかも大いに疑問が残るしね。

昔、彼が保田与重郎を叩いたのを、イタリア人のロマノに批判されたとき、逆ギレ反論してたけど、
言葉じりをとらえた、牽強付会のこじつけっぽかったしな。

ま、でも、ロマノもいっていたが、中川のような保守が保田を危険視する感覚ってのは、
おれにもわかるよ。

とりあえず、八っちゃんの健闘を祈る(検討も祈っておこうか、ついでに)

41 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 20:16:37
中川氏はなぜ保田を危険視するのですか?

42 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:41:00
『保守主義の哲学』より

■日本を益する自由擁護の保守主義系の思想家たち

コーク ○ (1552〜1634年) 『英国法提要』(1628〜41年)*
ヘイル (1609〜1676年) 『英国コモン・ローの歴史』(1713年)*
マンドヴィル (1670〜1733年) 『蜂の寓話』(1714年)
ヒューム (1711〜1776年) 『人間本性論』(1739〜40年)
ブラックストーン (1723〜1780年) 『イギリス法釈義』(1765〜69年)*
A・スミス (1723〜1790年) 『道徳感情論』(1759年)
バーク ○ (1729〜1797年) 『フランス革命の省察』(1790年)
ハミルトン ○ (1755〜1804年) 『ザ・フェデラリスト』(1787〜88年)
ファーガソン (1723〜1816年) 『道徳と政治学の原理』(1792年)*
J・アダムス (1735〜1826年) 『アメリカ諸邦連合憲法の擁護』(1787〜88年)*
マディソン (1751〜1836年) 『ザ・フェデラリスト』(1787〜88年)
トクヴィル (1805〜1859年) 『米国のデモクラシー』(1835〜40年)
サヴィニー (1779〜1861年) 『中世ローマ法史』(1815〜31年)*
バジョット (1826〜1877年) 『イギリス憲政論』(1867年)
B・ディズレーリ (1804〜1881年) 『英国国体の擁護』(1835年)*

43 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:41:35
ドストエフスキー (1821〜1881年) 『カラマーゾフの兄弟』(1879〜80年)
メイン (1822〜1888年) 『古代の法と慣習』(1883年)
ブルクハルト (1818〜1897年) 『世界史的考察』(1905年)
アクトン (1834〜1902年) 『自由の歴史』(1907年)*
ル=ボン (1841〜1931年) 『群集心理』(1895年)
I・バビット (1865〜1933年) 『ルソーと空想主義』(1919年)*
ホイジンガ (1872〜1945年) 『ホモ・ルーデンス』(1938年)
ベルジャーエフ (1874〜1948年) 『歴史の意味』(1923年)
オルテガ (1883〜1955年) 『大衆の反逆』(1930年)
チャーチル (1874〜1965年) 『第二次大戦回顧録』(1948〜53年)
ドーソン (1889〜1970年) 『宗教と近代国家』(1935年)
アーレント (1906〜1975年) 『全体主義の起源』(1951年)
オークショット (1901〜1990年) 『政治における合理主義』(1962年)
ハイエク ○ (1899〜1992年) 『法、立法、自由』(1973〜79年)
ポパー (1902〜1994年) 『開かれた社会とその敵』(1945年)
サッチャー (1925年〜) 『回顧録』(1993年)

備考 順序は没年基準。*印は未邦訳出版。○印はベスト・フォー。

44 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:42:14
■日本を害する人間憎悪・伝統否定・自由破壊の思想家たち

デカルト ● (1596〜1650年) 『方法序説』(1637年)
ホッブス (1588〜1679年) 『リヴァイアサン』(1651年)
ルソー ● (1712〜1778年) 『社会契約論』(1762年)、『エミール』(1762年)
コンドルセ (1743〜1794年) 『人間精神進歩史』(1795年)
ペイン (1737〜1809年) 『人間の権利』(1791年)
サン=シモン (1760〜1825年) 『産業者の教理問答』(1823〜24年)
ヘーゲル ● (1770〜1831年) 『法の哲学』(1821年)、『歴史哲学』(1840年)
ベンサム (1748〜1832年) 『憲法典』(1830年)
シェイエス (1748〜1836年) 『第三階級とは何か』(1789年)
フーリエ (1772〜1837年) 『四つの運動と一般的運命の理論』(1808年)
コント (1798〜1857年) 『社会再組織に必要な科学的作業のプラン』(1822年)
プルードン (1809〜1865年) 『貧困の哲学』(1846年)
フォイエルバッハ (1804〜1872年) 『キリスト教の本質』(1841年)
J・S・ミル (1806〜1873年) 『自由論』(1859年)、『功利主義』(1863年)
バクーニン (1814〜1876年) 『国家性とアナーキー』(1873年)

45 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:42:49
マルクス ● (1818〜1883年) 『共産党宣言』(1848年)、『資本論』(1867年)
エンゲルス (1820〜1895年) 『家族・私有財産・国家の起源』(1884年)
ニーチェ (1844〜1900年) 『善悪の彼岸』(1886年)、『権力への意思』(1901年)
クロポトキン (1842〜1921年) 『近代科学とアナーキズム』(1912年)
レーニン ● (1870〜1924年) 『国家と革命』(1917年)、『帝国主義論』(1916年)
フロイト ● (1856〜1939年) 『自我とエス』(1923年)
ケインズ (1883〜1946年) 『雇用・利子および貨幣の一般理論』(1936年)
マンハイム (1893〜1947年) 『自由・権力・民主的計画』(1951年)
デューイ (1859〜1952年) 『学校と社会』(1915年)、『哲学の改造』(1920年)
ケルゼン (1881〜1973年) 『デモクラシーの本質と価値』(1920年)
ハイデガー (1889〜1976年) 『存在と時間』(1927年)
マルクーゼ (1898〜1979年) 『エロスと文明』(1955年)、『一次的人間』(1964年)
サルトル (1905〜1980年) 『共産主義と平和』(1952〜54年)
フーコー (1926〜1984年) 『狂気の歴史』(1961年)、『性の歴史』(1976〜84年)
C・シュミット (1888〜1985年) 『憲法論』(1928年)
ハーバーマス (1929年〜) 『コミュニケーション的行為の理論』(1982年)

備考 順序は没年基準。●印はワースト・シックス

46 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:43:52
『福田和也と“魔の思想”』中川八洋

ついでに、この『国家と戦争』を例として、和也の、他の、抱腹絶倒の
愉快なトンデモ発言をいくつか拾っておこう。

      「〔フランス革命での〕『サンキュロット』というのはズボンを履
       かないということなんです」(注1)

私は最初、和也が読者を笑わせるためジョークを飛ばしていると、思った。
和也は、慶応大学のフランス文科卒である。 修士号ももらっている。
ドイツ語が全くできないのにハイデガーを原書で読んだと自慢し吹聴してい
たのは知っていたが、 フランス語もできないなどと、誰が想像しようか。
「サンキュロット」とは、キュロット(半ズボン)を履く貴族や上流階級の 人々
でなく、”長ズボンを穿く”下層階級の人々、という意味で、フランス語を知ら
ない中学生でも知っている。 中学二年生のとき歴史の授業で習うからである。
和也は、きっと中学にもいかなかったのだろう。

47 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:45:02
山本七平賞の受賞作品となった『地ひらく』も、無教養と歴史の捏造の
宝庫である。山本七平賞は、いつの間にか”無教養”と”歴史の捏造”の
作品が絶対的な受賞基準になっている。その審査委員には、京都大学
法学部の目立つような劣等性で”京都大学の恥さらし”ともいわれる、
外交史の知見がこれまた中学生以下の、中西輝政がいる(注2)。
教養人であった山本七平が墓の中から怒っている声が聞こえてくる。

   「ベルサイユ条約の孤児であったソビエトと、……」(注3)

歴史教養ゼロの和也は、「ソビエト(ソ連)」と「ドイツ」の区別もできない。
いや、ベルサイユ条約すら、全く知らないのだろう。ベルサイユ条約は
ドイツを対象としたもので、ソ連は関係がない。和也の常識は、小学校
五年生に及ばない。


(注2)中西輝政のような、高飛車な嘘つきは、学者の世界にそうざらには
いない。中西輝政「中国には<歴史>で勝負せよ」『諸君!』2005年7月号の、
旧敵国条項についてのところを紹介しよう。「一般には、<旧敵国>とは日本
やドイツを指すと思われがちだが、これは歴史を知らない明白な誤解だ。
…・・・日本だけを標的とするものだ」(31頁)。
国連憲章第53条第1項後段と第107条が定める「敵国」とは、「第二次大戦中
にいずれかの連合国の敵国であった国」を指し、具体的には日本、ドイツ、
イタリア、フィンランド、ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーの7ヶ国である。
しかし、国際法が皆目理解できない、おそらく条文も読む能力もない中西輝
政は、「日本だけの1ヶ国」との珍説を恥じることもなく開陳する。


(注3)「地ひらく」『諸君』1999年9月号、230頁。単行本化の時、この部分は
削除している。

48 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:45:35
1990年代以降の日本では、アナーキズムの方が、コミュニズムより、
先見力があったような状況がうまれアナーキストたちは全面復権した。
たとえば、次のようなアナーキストたちが縦横無尽に暗躍するようになった。

1、大前研一(コリアン系)
2、宮崎哲弥(コミュニタリズム系)
3、松本健一(民族系、旧来型)
4、福田和也(ポスト・モダン系)
5、浅田彰(ポスト・モダン系)
6、香山リカ(ポスト・モダン系)
7、佐藤優(ロシアを祖国とするマルクス・レーニン主義の変種?)

彼らは、これまでの全共闘系の枠にとらわれず共産党やその革命家たちとも
連携や絆を強めている。

49 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 22:46:04
『愛と幻想の日本主義』で「オレは宮崎さんが好きでしょうがない」(注1)とまで
愛(?)を告白された、当の宮崎哲弥は、福田和也について「右翼、保守反動と
いう芸の熟達者だけど、…・・・」(注2)と、正しく観察している。
「日の丸」を呪い、「君が代」に怒り、天皇を憎悪し、天皇に牙を剥く福田和也が、
どうして「右翼」なのだろう。日本人全員を一人残らず地獄でのたうつ苦しみの
なかで死に至らしめたいという、日本人に対する底なしのルサンチマンと殺意
(テロル)をもつものが、どうして「保守反動」なのだろう。

この意味で、和也の「本籍」を勘違いして「浅田が左翼で福田が右翼」(注3)と
思い込んでいる東浩紀は、人物を表面の言葉だけで観察しており、行間を読む
訓練がまだまだ足りず、余りに未熟である。

「俺は右翼だ」「俺はパンク右翼だ」「俺は保守反動だ」「俺はナショナリストだ」と、
自ら拡声器となって触れ回っている、放蕩文人の言葉をそのまま信じるのは幼
稚園児のレベルであろう。和也が本当にそうなら、決してそんなことを言わない
ぐらい、なぜわからないのだろう。

殺人者は「俺が殺した!」「俺が犯人だ!」と触れ回ることは決してしない。大人
は、誰が殺人者か、誰が「パンク右翼」かは、その人間の自己申告する言葉でな
く、その行動と証拠から判断する。なお、宮崎哲弥が和也の「本籍」を見抜いたか
らといって、宮崎が「大人」だというわけではない。誰にでもまぐれ当りはたまにはある。

また、和也が宮崎哲弥を好きだということは、極端な唯物論者の宮崎の「死体など
<生ゴミ>に決まっている」(『週刊文春』1998年12月10日号、注4)に同意しているの
であり、また宮崎の「死は絶対の無意味であり無価値である」(同)に賛同している
からである。和也が唯物論者であるのは、つとに明らかだが、この宮崎と親密な交
流もその証拠の一つとみなしてよいだろう。


50 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 00:10:16
>>40
36です。
>ただ、残念なのは、文章がまったく、学者の文章にも、知識人の文章にもなっていないこと。
>いろんな引用もしてるけど、的を射た引用なのかも大いに疑問が残るしね。
そうですね。
カッコ内中川、というのが中川オリジナルですが、妄想大爆発というか・・・
自分だけがナンバーワン、オンリーワン。
中川八洋の妄想癖、謙虚さのなさ、悪口雑言の豊富なボキャブラリー、怨念を感じる文章・・・・・
メンタリティが完全に変な朝鮮人と反日左翼、ルソーと同じです。
どうしてあんなふうになっちゃうんですかね。

51 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:25:05
ついでに、和也が傾倒する人々を、その発言通りに、幾人かリスト・アップしておく。
全員極左であり、大江は日本共産党である。

「僕は大杉栄とか幸徳秋水とかが大好きなんです」
「香山リカというのは、ラカン派のすごく優秀な精神分析医……」
「大江健三郎と言う作家が、戦後の文学者の中でとびきりの作家であることは否定
できない…・・・。大江さんが偉大であったのは、日本の文学のモダニズムを継承して
きたという、いわゆる公的な立場があることなんです。…・・・大江健三郎の文章、文学
というのは、近代日本の歴史の公的財産なんです」(注10)

日本の文学者はみな”民間人”だと思っていたが、大江健三郎だけは「公的な立場」
がある政府高官らしい。初耳である。しかも、小説は和也にとって、固有地と同じなの
だろう、「公的財産」らしい。さっぱりわからない。
それはともかく、大杉栄、幸徳秋水、香山リカ、大江健三郎とは、先の大沼保昭や
山口二郎も含め、和也の好きで評価する人は、何ともはや、札付きの極左ばかりでは
ないか。

52 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:25:57
図の中で、佐藤優なる、論壇で余りよくは知られていない人物が登場しているので
怪訝に思う読者もいるかも知れず、多少の説明は必要かも知れない。
あのロシアと異様な利権関係と外交機密情報の大量漏泄の疑いが濃い鈴木宗男
(野中広務の右腕とも言われた元衆議院議員)の側近として、外務省のラスプーチ
ンと怖がられた専門職(ノン・キャリア)の外交官で、現在起訴され休職中である。
その『国家の罠』という、自己弁明書が、背後の何か得体の知れない大きなうごめき
のお陰であろうが、話題になっている。

同志社大学在学中は、黒ヘルメットを被り、ソ連を「わが祖国」として、暴力的アナ
ーキストとして悪名をはせたようである。ロシア語に堪能なだけで、全く外交などでき
ない雑務屋レベルのものが、情報分析で高度な能力がある外交官のごとき、偽りの
イメージが流されている。ロシア大使館の旧KGB組織が全面的に裏で動いたことが
よくわかる。

共産革命雑誌『世界』も佐藤優を全面的にバックアップしているが、ロシアの旧KGB
と無関係ではないだろう。外交のイロハも弁えぬあのサウナでの裸を売り物にした児
戯で世界の失笑を買った1997年のクラスノヤルスクでの橋本龍太郎・エリツィンの
首脳会議は、日本は北方領土の返還をやめて国境線確定だけでよいとの、日本が
ロシアに全面屈服した対露敗北の極みであったが、この日本の固有の領土を敵国
に貢ぐ「反日外交」を暗躍的に誘導した「鈴木宗男機関」の一人が佐藤優であった。

53 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:26:51
スパイ防止法があれば、その容疑筆頭候補で塀のなかに入るかも知れない、そんな
人物の佐藤優に、生き別れた「瞼の双子の兄」(ともに1960年生)に抱きついて再開
したかのように、急ぎ込んで対談を申し込んだのが和也であった。
『現代』2005年6月号のが、それである。幸徳秋水と大杉栄がさも出会ったかのような、
「平成の怪物」ともいわれるアナーキスト同士の不気味な意気投合ぶりがよくわかる
対談であった。

しかも和也は、同志社大学神学部(夜間?)卒の学歴でも明らかのように、外交の分
析も外交交渉もいっさいできない”ならず者”的な佐藤優について、さも陸奥宗光や
小村寿太郎かのごとき、「倫理」的な「大外交官」とばかりの、詐欺的な嘘ラベルを貼っ
た。佐藤優が外務省から消えたことによって、ロシアに通謀する外務省職員が減った
のだから、対露北方領土交渉は、日本にとって、その環境は好転したのである。
現実を逆さにする和也の、その秘めた目的はなんであろう。


   「常に自分の位置と意識に距離を設けて眺め、分析する態度は、佐藤氏の、情報
   の専門家としての倫理によるものでしょう。…・・・佐藤氏が外務省をひいた後、要路
   にこうした人物がどれほどいるでしょうか」(注13)

54 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:27:43
「日本人よ、女衒と詐欺師の末裔よ」と日本人を嘲り、「日本は漂泊者たちの家郷」
と日本国を貶め、ひたすらに日本に唾をはきかけるのが和也である。
かくも異様な、日本人に対する憎悪と日本国に対する呪詛は、狡智な歴史捏造に
よる日本断罪へとエスカレートする。和也の大著『地ひらく』は、その好例で、数々
の歴史の捏造で満載である。

例えば、「南京大虐殺があった」「日本軍は残虐非道」と強弁するために、石川達三
のキワモノ小説『生きてゐる兵隊』から長々と引用したり、素人眼にも創作だと見抜
かれて歴史資料から除外されている、奥宮正武の『私の見た南京大虐殺』をさも学
問的にも耐える史料として引用する(注1)。
小説を「史料」とする慶応大学教授など前代未聞だが、福田和也は学者でないこと
が、そのペンの強みとなっている。『地ひらく』のすべてにわたる、歴史学的に明らか
な歴史の捏造と歪曲は、まとめると優に一冊の本になる。

55 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:28:45
・ところで、浅田彰の『構造と力』も『逃走論』も、ドゥルーズについての「学術的な
説明」の箇所は、翻訳であり、その要約である。浅田には、学者の立場からの「ドゥ
ルーズに関する分析」というものは、何一つもない。つまり、「教祖ドゥルーズの忠実
な伝道師」という姿が、浅田の実体である。
浅田は、独自の思想を構築していくだけのIQをもちあわせていない。

カルト宗教的な教祖と信者の関係に似た、「師ドゥルーズに忠実な、日本の弟子たち」
という特性は、他のドゥルーズ研究者にも共通している。
市倉宏祐、宇野邦一、篠原資明らである。市倉は『現代フランス思想への誘い』などで
ドゥルーズ/ガタリの言説をやたらと長々と「概説」している。そこで、市倉のをケースと
してとりあげ、浅田と同じく、「分析もできない」「考察もできない」、日本の「ドゥルーズ伝
道師たち」の知識水準とその生態を明らかにしておこう。

なお、特攻隊くずれのマルキスト市倉宏祐は、「福田和也の恩師」である。
そして大著『アンチ・オイディプス』を翻訳した。福田和也は、翻訳業者以上には決して
なれない、学者としての素養ゼロの、この市倉を心から尊敬している。

56 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:29:33
・浅田彰の『逃走論』には、独創性がゼロである。それは、このようなドゥルーズの
言説をそのまま「盗作」して、軽快かつ簡潔に表現し直したものだからである。
しかし、この浅田流「盗作」術だけは、一流だから、惜しみなく賛辞をおくれる。

・フーコーの1982年の論文「同性愛の問題化の歴史」も「ゲイ」を乱発する。
しかも内容は浅田のものと酷似している。浅田は、フーコーのこの論文から
アイデアを「盗用」したのだろう。

・浅田には、ドゥルーズらのポスト・モダン思想の紹介者である以上の学問業績が何一つ
ない。その後の浅田は、同じ「ポスト・モダン教の宗教信者」磯崎新や福田和也らと酒を
くみかわしての雑談しかしていない。『批評空間』における柄谷行人との「交流」も、革命
煽動の効果をもつことは認められても、学問としてはいかほどのものもない。
この季刊誌は、汚泥の中で蠢く”赤い蛆虫”たちの雑談集にとどまっている。

そして何よりも、乾いた砂漠の砂のような浅田彰のニヒルな杜撰と無気力は、そのデビュー
作『構造と力』という著作が顕著に漂わせている。モダン(近代)が「クラインの壺」「積分」、
ポスト・モダンが「リゾーム」「微分」、などと浅田が画いたそのダイヤグラムほど、数学の
知識ゼロの浅田らしく、自分の精神の空洞と腐爛をハッタリで誤魔化す、人格的破綻を
示すものはない。

57 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 06:49:04
・「宮台は過激な左翼だが、和也はもっと超過激な極左である」。
これが、唯一正しい冷静な観察であろう。

・浅田彰とフーコーは、ゲイ同士でポスト・モダン革命の同志である。
「浅田彰氏がエイズで死没した」という訃報を、いつまでも聞くことのないよう
皆で祈ってあげよう。

・『狂気の歴史』を日本では大変な学術書のように言うが、その内容は
「俺(フーコー)は狂人だから、正常人よ、俺(フーコー)にぬけづけ」と
いう、支配欲で汚れた雄叫びの扇動文書以上のものではない。狂人で
あるが故に新しい理想社会を作れる「聖なる予言者」だ、と自らを妄想
して、その延長上で、狂人に社会の支配をゆだねるべきだとの、フーコー
の訴えが、『狂気の歴史』の本旨である。また、「真実の人間」について
も「人間の真理」についても、俺(フーコー)のような狂人にしかわからな
い、正常人は狂人の助けなしに真理を手にすることはできないと言いた
くて、フーコーはこの『狂気の歴史』を書いた。

58 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 00:00:06


59 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 00:11:30
『教育を救う保守の哲学』中川八洋 渡部昇一共著

この本は文句を言うだけだけじゃなく参考書も挙げてるとこがいいね。

●倫理・道徳の規範となる本

・『武士道』新渡戸稲造

・『品性論』サミュエル・スマイルズ

『品性論』はサミュエル・スマイルズの「道徳四部作」の一つで、中村正直の訳で
有名な『自助論』(邦訳名は『西国立志編』の続編として出版された。

スマイルズの道徳四部作『自助論』『品性論』『義務論』『節倹論』。
すべて素晴らしい作品ばかり。『武士道』とあわせて、私(中川八洋)は、”日英の
道徳五大古典”と呼んでいます。

・『菜根譚』(洪自誠)
・『美徳の教本』(ウィリアム・ベネット)も良。

ベネットの『美徳の教本』は、広くアメリカの一般家庭において父親が幼稚園児を含めて
十五、六歳までの子供に道徳教育ができるように編纂されたものです。
米国では、父親が寝る前の子供に本を読んで聞かせる習慣がありますが、その時の本と
しても使用できるように配慮された、米国史に残る名著です。

また、ベネットの『美徳の教本』がスマイルズの道徳四部作を綿密に研究した上の、大掛かりな
チームで仕上げた作品であることも、日本としては範とすべきです。

60 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 00:12:07
●躾―言葉遣いと立居振舞―に役立つ本

草柳大蔵(くさやなぎ だいぞう)の躾四部作

・『草柳大蔵の礼儀と作法』
・『日本人のお行儀』
・『礼儀覚え書』
・『きれいな敬語 羞かしい敬語』
は入門書として推薦。

小学校や家庭の躾のテキストでは

・『良い子のエティケット』山室民子、ただし絶版。
・『ふらんすエチケット集』ジャン・セール
・『ミス・マナーズのほんとうのマナー』ジュディス・マーティン

ちょっと専門的な本
・『敬語法の研究』山田孝雄
・『正しい敬語』大石初太郎
・『敬語講座』全十巻、明治書院

●権威

・『伝統と権威』カール・フリードリッヒ
・『共同体の探求』ニスベット

●軍人―武徳の美徳―

・『軍人と国家』ハンチントン
・『剣の刃』ド・ゴール
・『一軍人の思想』ゼークト将軍

61 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 00:36:15
てめえが読んどけ

62 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 09:40:10
すばらしいですね、中川先生

63 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 14:43:23
   Amazonのレビューで集中攻撃されだしたようだから、
  この人も結構知名度が上がってきたのかな?
  

64 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 19:38:17
知名度は10年前のほうが高かったんじゃない?
テレビにも普通に出てたんだから

65 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 20:55:58
>>64
新世紀歓談以外に何か出てたの?

66 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 23:12:56
福田和也の批判本の何がおかしいのかわからない。

67 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 23:36:42
全部がおかしいw

68 :考える名無しさん:2006/05/22(月) 00:31:22
とりあえず人のこと何の根拠もなく共産党の手先だとか
中国共産党のスパイだとか決めつけない方がいいよ。

普通に名誉毀損で絶版回収になってもおかしくないでしょ>福田本

69 :考える名無しさん:2006/05/22(月) 10:38:06
福田批判本は良いね。ワラタよ。
サヨクばかりのメディアの世界でよく頑張ってる。

70 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 07:35:45
はっちゃんの本って売れてるの?

71 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 13:07:12
和也、和也ってファーストネームを連呼しているので
批判しつつも愛情があるのかなと誤解してしまうよ。
何故、福田と書かないのだろうか?

72 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 13:28:16
マサヤー! マサヤー!

73 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 13:43:01
かずや、やつひろと呼び合っていると言う噂があるとかないとか

74 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 15:27:10
実は知り合いとかね。
俺は知り合いだと思うけどともかくそういう仲で批判するとこは批判する姿勢なんじゃないの。

75 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 19:12:16
>>72
沖雅也のマネージャー兼義理の父親ですか。

76 :哲学る名無しさん:2006/05/26(金) 21:29:09
    この人、アメリカ合衆国憲法とハミルトンについて本を出す
   準備をしているようだけどいつ出すのかな?
    この人の論ずる「アメリカ」と「近代」は同じ保守論客とされる
   西部邁氏と180度違うみたいだから真正面から体系的に書いて
   ほしい。じっくり比較したいから。

77 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 22:08:49
>>65
朝生にも出てた

78 :考える名無しさん:2006/05/28(日) 15:12:19
test

79 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 00:49:12
>>71
保守言論界には、故福田恒存大センセがいて、フクダ〜、とは言いにくいんでね?


80 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 14:25:15
俄かに信じ難い感覚だけれど、それ以外には考えられないですね。
保守論壇というのも妙な世界ですね。

81 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 21:07:21
 少し話がずれますが、私には東京大学工学部卒業後、
スタンフォード大学政治学科大学院修了、という学歴
が理解できないのですが。

82 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 00:23:21
出ちゃったんだから、仕方がない。

83 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 23:48:24
理系から文系の分野に研究分野を変えるってのは、ままあること。
理解できない、ってのは、学歴ではなくって、
進路変更にあたっての、中川センセの心境の変化について、だよね。

84 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 10:45:33
小室直樹先生なんかもそうだね、最初は京大の数学科じゃなかった?
その後、いろんな分野を日米の複数の大学、大学院で学んだんだよね

85 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 14:47:22
言ってることの評判についてはともかく
鶴見俊輔や小室直樹は経歴見るとアタマよすぎ
すごすぎ

86 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 06:44:38
>>81
東大工出たのはミサイルの研究の為らしい。

87 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 14:35:21
 なるほど軍事と政治の関係だからですか。

88 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 23:07:29
いや、まことに首尾一貫している。

核ミサイルを作る→工学部

しかし、非核三原則のニホンでは核ミサイル作れない!
そこで、
核ミサイルを作る→軍事政策を変更させる→軍事戦略論で影響を与える
→政治学

うん、首尾一貫。

89 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 01:10:20
この人と全く関係ないが福岡正信翁の哲学は素晴らしいね。
今世界で一番必要とされてる哲学だと思うね。

90 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 12:58:56
助教授になる前に科学技術庁の核なんとか課の課長補佐もしてたらしい
なんでもかんでもKGBのスパイと決めつけてるわけじゃないよ。授業では東郷平八郎もそれかと疑ったらしいが調査した結果ただの「キチガイ(笑)」だと言ってた。これは確定だがこれはまだ仮定とかはっきり区別してたし。

91 :考える名無しさん:2006/07/12(水) 13:21:42


92 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 02:35:32
中川さん、自分で自分のスレを立てて伸ばそうとおもっても限界があることに
気づきました?あたりまえでしょう。だって、あなたが自分でそうおもっているほどに
世の中のひとはあなたのことを知らないし、興味もないんですよ。
いいですか、なかなか世間で評価してもらえないなあ、俺はもっと注目されるべきなのに、
でも目だって自分で広告打つのも、自己顕示欲丸出しでみっともないし、じゃあ2chでスレ立てちゃおう、
これだったら、誰が書き込んでいるかわからないし、と思って、
それを実践してしまうのは、みっともないからおやめなさい。
世間的にはあなたは単なる道行くおっさんです。認めたくないでしょうが、それが現実です。
普通、道行くおっさんのスレが立ちますか?自分が立てる以外に。
ねじれた自己顕示欲を発散させるのは、これっきりにしましょうね。

93 :考える名無しさん:2006/07/13(木) 03:02:10
訂正
×おっさん
○お爺ちゃん

94 :考える名無しさん:2006/07/14(金) 11:53:43
中川先生は残念ながらインターネットやらないよ
携帯すら持ってない

95 :考える名無しさん:2006/07/14(金) 17:34:52
中川さんは大月隆寛や藤原正彦はどう思ってるだろうか?
大月さんは宗教や超常現象を信じないし(無神論者ではないと思うんだが)、藤原さんは中川さんの好きな「自由」は国民を不幸にすると言ってる。
中川さんの十八番、彼らは共産主義じゃ〜い!と吠えないかな!w


96 :考える名無しさん:2006/07/14(金) 19:17:44
アメリカかぶれしすがたから戦後日本は国柄が壊されたと藤原正彦は言ってるな。
アメリカを賛美する中川さんとは対立する。


97 :考える名無しさん:2006/07/14(金) 22:38:19
やや、ここだけ鉄板のなかで知的レベルがかなり低そうだ
窓際族の俺もお邪魔させてもらおう


98 :考える名無しさん:2006/07/16(日) 07:16:24
>>90
科技庁の国際課長補佐だったような気がする。そしてINFCE国際会議
日本側代表団だったのでは。

99 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 15:57:35
中川だけは確信犯。
目の前で日本軍が中国人を虐殺する光景を目撃しても、
「南京大虐殺は捏造だ」としらっと言える人間だと思う。

100 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 12:58:58
東大の数学10分で解けて満点だったらしい

101 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 01:07:52
渡部昇一曰く「(中川氏は)何事でも、人の先を走って、独りで敢然と戦い、しかも、だいたい十年は
早いから、誰も理解できない。損な役回りをされていますね。しかし、本当に立派ですよ。」

102 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 01:22:01
いろんなところにコピペして回っていて、大変ですね。お疲れ様です。
コピペって結構大変なんですよね。私も経験ありますけれど、
まず、原著から打ち込まなくちゃいけない。著者本人でもなければ、
ワープロ原稿なんてありませんからね。このとき、やはり作者の
文章を大事にしなくちゃいけないから、誤字、誤植は禁物。
だって、誤字誤植があったら、コピペを読んだ人が、なーんだこいつ、
たいしたことないじゃん、と思われてしまうかもしれない。
とはいえ、完全に忠実に再現してしまうと、なんだこいつ、
ワープロ原稿持ってる、つまり作者本人じゃん、なーんだ、
作者が自分で自作自演かよ、みっとない、と思われるかもしれない。
ここがポイントですよね。だから、誤字誤植じゃなくて、一部少しだけ、
正確には打ち込まない。たとえば漢字を変換しないとか、読点を打ちかえるとか。
やっぱりあなたもそう思いませんでしたか?中川さんが自分で自分の
著作を打ち込んでいろんなところでコピペしまくって、自分の主張を
2chで浸透させて、影響力を強めようという女々しい人間だと思われちゃいけない、
だからコピペする自分がどういうかたちで、どういうタイミングでコピペするべきか、と。
わかります、よーくわかりますよ。なぜなら、わたしこそその張本人なのですから。

103 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 13:07:01
>>102
つまんない
次いってみよー

104 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 13:17:17
この人と副島種彦は二大基地外だよな
それなりの大学でて学問もあるのに基地外 それで信者を抱えてる
どっちもそっくりだ
こういう統合失調症系の妄想オヤジには必ず一定の信者がつく
弱小新興宗教の教祖に多いタイプ

105 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 14:58:05
近代政治哲学講義ノート

▼ハミルトンとバークとルソーはIQの高さでは世界トップ
ハミルトン・・アメリカ建国をほとんど一人で成し遂げた(未来構想をした点でバークやJ・アダムスよりも天才かも)
バーク・・保守主義の泰斗・美学者としても一流
ルソー・・著作のロジックの巧妙さは凄まじい 数学者なら超一流だったろう ただしキチガイ


106 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 15:51:20
ゴーストでいいからルソー批判本をもっともっと出して欲しい。

107 :考える名無しさん:2006/07/19(水) 21:53:12
>>102
中川八洋が2chに自分の宣伝めいたことするはずがないじゃん。
彼なら2chすら知らないかも。それにそんな労力があれば、他の
ことに費やすと思うが、どう?

108 :102=107:2006/07/19(水) 22:43:54
すみません、自演してしまいました。

109 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 02:52:38
>>105
副島よりは遥かにましでしょ。
山本夏彦がどんな学者にも信者はつくってどこかで書いてた。
話しは飛ぶが福田恆存が晩年に中川君、もう日本はおしまいだよ、って言ってたらしいなぁ。

110 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 06:21:45
>>108
107だが、102ではない。108の勘違い。

111 :110:2006/07/20(木) 11:45:59
うっかり、また自演してしまった・・

112 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 19:18:02
111って人格障害?

113 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 19:23:25
人格障害じゃなくて共産主義者なんじゃん。アナーキストかも

114 :考える名無しさん:2006/07/20(木) 21:13:05
>>109
やっぱり、おしまいですか…。

アホなオレでさえ、そう思うもんな。

115 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 01:41:43
大久保利通もそういっていたよね
夏目漱石もそういっていたし
北一輝もそういっていたし
坂口安吾もそういっていたし
そうそうたる顔ぶれがそういっているよね
これって不幸の手紙みたいなやつかな
ぼくもいってみよっと
日本はおしまいだ

116 :考える名無しさん:2006/07/22(土) 08:59:26
95 名前: 福田 投稿日: 2006/07/14(金) 17:34:52
日本はおしまいだ

96 名前: 福田 投稿日: 2006/07/14(金) 19:17:44
中川君、日本はおしまいなんだよ。
連投スマソ

97 名前: 名無し [sage] 投稿日: 2006/07/14(金) 22:38:19
――-日本終了―――

98 名前: 考える名無しさん 投稿日: 2006/07/16(日) 07:16:24


     日本再開


99 名前: 名無し [sage] 投稿日: 2006/07/17(月) 15:57:35
>>98
再開すんなDQN!


100 名前: 名無し 投稿日: 2006/07/18(火) 12:58:58
100なら日本沈没ワロス

101 名前: 名無し 投稿日: 2006/07/19(水) 01:07:52
この速さなら言える! 
日本をダメにしたのは柳沢。


102 名前: 中川 投稿日: 2006/07/19(水) 01:22:01
>>101
はげどう

117 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 17:09:52
福田和也と“魔の思想”レビュー
http://4860291271.kattayo.com/

118 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 19:14:17
『皇統断絶』より

・「現在の皇室典範は本質的には占領軍が強制によってつくったものですから、
そうした歴史的前提をまったく無視してつくらなかった」(1)。

現・皇室典範は、旧・皇室典範の骨の部分だけになったが、明治皇室典範の精神は
かろうじて堅持されている。そこには、井上毅の叡智はまだ、それなりに匂っている。
だから、旧・典範の「男系男子」(第一条)と「養子の禁止」(第四二条)と「女性宮家の禁止」
(第四四条)の規定が、そのまま引き継がれたのである。
つまり、先の引用文が、限度をこえた嘘偽りであるのは言うまでもない。
ところが、この出鱈目を書いたのは、京都大学教授の中西輝政である。

中西は、京大法学部で目立つほどの劣等生であり、全共闘のゲバ学生であった。
学問業績は劣悪というより皆無に近い。中西輝政は自ら「転向はしていません」と
明言している通り、かつてのマルクス・レーニン主義の暴力革命屋(中核派?)としての
信条を今日もまだ秘めている。だから、現在の皇室典範について、それを破壊させるべく
「GHQがつくった」という嘘偽りを宣伝するのである。

119 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 19:18:40
ごめんタイプミスした。

×「現在の皇室典範は本質的には占領軍が強制によってつくったものですから、
そうした歴史的前提をまったく無視してつくらなかった」(1)。
           ↓
○「現在の皇室典範は本質的には占領軍が強制によってつくったものですから、
そうした歴史的前提をまったく意識してつくらなかった」(1)。

無視→意識ね

120 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 19:25:35
修正版

『皇統断絶』より

「現在の皇室典範は本質的には占領軍が強制によってつくったものですから、
そうした歴史的前提をまったく意識してつくらなかった」(1)。

現・皇室典範は、旧・皇室典範の骨の部分だけになったが、明治皇室典範の精神は
かろうじて堅持されている。そこには、井上毅の叡智はまだ、それなりに匂っている。
だから、旧・典範の「男系男子」(第一条)と「養子の禁止」(第四二条)と「女性宮家の禁止」
(第四四条)の規定が、そのまま引き継がれたのである。
つまり、先の引用文が、限度をこえた嘘偽りであるのは言うまでもない。
ところが、この出鱈目を書いたのは、京都大学教授の中西輝政である。

中西は、京大法学部で目立つほどの劣等生であり、全共闘のゲバ学生であった。
学問業績は劣悪というより皆無に近い。中西輝政は自ら「転向はしていません」と
明言している通り、かつてのマルクス・レーニン主義の暴力革命屋(中核派?)としての
信条を今日もまだ秘めている。だから、現在の皇室典範について、それを破壊させるべく
「GHQがつくった」という嘘偽りを宣伝するのである。

121 :考える名無しさん:2006/07/23(日) 19:36:23
・中西輝政の言説は、鵺(ぬえ)とカメレオンの交配でうまれた”奇妙なカメレオン”に似て、くるくると色が
変わる。一例を紹介しよう。中西は、『諸君!』誌で2003年、「日本国核武装への決断」と題して、日本は
核武装すべきだと16頁の大論文を発表した(2)。専門知識が欠如しているのでその内容はお粗末だが、
中西はほんの十年前までは(土井たか子のグループの一員であって)核武装に反対していた。


・学問の能力を欠き口舌にのみ生きる売文業者の中西輝政は、旧と現の皇室典範も読んだこともない。
またその制定過程の法制史についての知見もない。一般教養は無知に近い。
八代十名の女性天皇が「男系の血筋が途絶えないようにという目的で即位された」(1)などと、
初歩的な歴史事実に関する知見を欠くほど、その歴史知識は中学生以下である。しかし中西は、
現在の皇室典範をダイナマイトで粉砕して、天皇制廃止を実現しようとする策謀には長けている。


・中西輝政は、実は、バークの著作を一頁も読んだことがない。しかし、平然と「いつも議論しています」と
真赤な嘘をつく。学者にあるまじき、その人格には重大な問題がある。

122 :考える名無しさん:2006/07/25(火) 08:46:22
http://www.4mo4.com/biz/2005/02/200510181025_1.php
著者インタビューがあった

123 :考える名無しさん:2006/07/25(火) 22:54:43
哲学板で触れていいものかどうか知らないけど
進化論否定論者で、なんかアメリカのキリスト教保守右翼と同じ
ヤバさを感じるんだが。

あと、以下は古いコピペ。
==============================
188 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 02/01/02 11:23 ID:2OVRekgR

【キティガイ中川八洋筑波大教授語録】

・家庭論
「少子化で日本は滅びる。男は二号、三号に子供を産ませたら良い。」
「相続税などはやめて、昔のような家父長制の家族制度を再建すべきだ。」
「男女は平等ではない。夫婦別姓も共産党が主導しているから家庭崩壊する。」
「社民党の福島瑞穂議員は共産党から派遣されている。」
・教育論
「1パーセントの子供に英才教育をすればよい。わからない子供はほっておけばよい。」
「学力は暗記力、考えることは必要ない。」
・福祉論
「福祉に国の予算は使うな。自分の力で保険をかければよい。」
・社会論
「米国の銃社会はすばらしい。」
・戦争論
「長崎アピール(平和宣言)はキチガイ。長崎市長はうそつき。」
「日本は戦争をしないからダメだ。戦争をしない国は退廃する。」
========================
普通の保守でも一歩引くぞ。このトンデモさは。

124 :考える名無しさん:2006/07/26(水) 01:13:14
>>123
別に普通だがwww

125 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 12:38:42
>だって進化論ってまだ仮説じゃん

126 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 12:46:45
>>123
前後の文脈が判らないから何とも言えんが、まぁ普通じゃないよな。
でも、ニーチェにそっくりだな。

中川氏はニーチェが嫌いみたいだが、皮肉なことに、むやみに似ている。

127 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 14:17:42
>>123
ハイエクやバークも嫌がりそうだな。

128 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 23:36:37
今、先生、街宣右翼に狙われてるみたい

129 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 23:45:17
>128
当然というかなんと云うか。
人権概念(≒言論の自由)を否定してるような御仁なんだから、
自分の言論が力でねじ伏せられるなんて皮肉でもないな。

130 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 23:47:19
次回作予想

世界征服を企むプーチン
ここが変だよ中西輝政

131 :考える名無しさん:2006/07/28(金) 23:57:42
著者紹介に載ってるマジの準備中の本

バーク保守主義の哲学と外交
ハミルトン哲学と米国憲法
丸山真男とフランクフルト学派


132 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 18:42:58
CIAにリクルートされてるんじゃないのかね
官僚時代とかに

133 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 21:57:55
福田和也の批判本読んだけどこの人はすごいね。論理の飛躍と何でも斬るシャープさはあるいみポストモダンw

134 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 22:23:36
>132
そりゃ此奴の主張は権力者にとっては都合が良さそうだよな。


135 :sage:2006/08/02(水) 03:48:14
中川八洋の本を十冊くらい読んだけど、
この人の論理は常に一貫してるね。
原理原則にいつも忠実だから、
ころころと持論を変える今時の知識人よりは信頼できる。
過激な主張は時として論理の飛躍と取られるかもしれないけど、
じっくり読めば結論までの説明を大幅に省いてるだけだしな。
正直めんどいんだろ。

136 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 13:36:36
筑波大生だけど、この人の授業かなりおもしろいし、結構人気だよ。
ただ質問とかでアメリカを少しでも批判するような素振りを見せただけで異常なほど嫌われる。

137 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 16:39:56
>>136
今大学院でゼミとかやってるのかな?

138 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 19:16:41
>>136
そんなことが実話だとすれば、明らかに精神を病んでいるとしか言いようがない。
100%の親米も反米も、普通はないよ。
まあ、中川の精神異常は改めて指摘するようなことではないがな。

139 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 23:47:18
・家庭論
「少子化で日本は滅びる。男は二号、三号に子供を産ませたら良い。」
すこし前までは妾を持つことはおかしいことでも何でもなく、法とは別のレベルで認知されてた。

「相続税などはやめて、昔のような家父長制の家族制度を再建すべきだ。」
中韓がそれっぽいけど日本ならもっとおだやかな形でできるだろう。

「男女は平等ではない。夫婦別姓も共産党が主導しているから家庭崩壊する。」
もちろん平等でない。感情のレベルで嫌悪感・不快感があるなら互いにそれを指摘しあえる社会は望ましい。
夫婦別姓はたんなるナンセンス。無意味。

「社民党の福島瑞穂議員は共産党から派遣されている。」
おなじアカだから。

・教育論
「1パーセントの子供に英才教育をすればよい。わからない子供はほっておけばよい。」
学力の個人差など当然。万人白紙説のコメニウスはもっと批判されるべき。

「学力は暗記力、考えることは必要ない。」
大学受験を終えるまでは。



140 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 23:57:13
・福祉論
「福祉に国の予算は使うな。自分の力で保険をかければよい。」
日本は余計なとこにカネつかいすぎ。

・社会論
「米国の銃社会はすばらしい。」
世田谷一家殺害や20年近くも監禁されていた少女のような事件をまたお望みでしょうか?
銃があればそこまで到らなかったのでは?
銃でなくともそもそも我々には「切捨て御免」があったのでは?

・戦争論
「長崎アピール(平和宣言)はキチガイ。長崎市長はうそつき。」
広島のほうがクローズアップされがちだから。

「日本は戦争をしないからダメだ。戦争をしない国は退廃する。」
経済において戦争はしているけども、自衛隊は実戦経験がまるでない。
あれでは消防隊員とどう異なるのか。

141 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 00:00:01
トンデモ思想の信者だらけだな……。
右巻きがカッコよかった時代もそろそろ終わりだぞ。
(まぁ中川を右翼とか保守とは認めたくないが。本当の右翼とか保守に失礼だよ)

>136
頼む。TX乗って秋葉にでも出て真人間になってくれ……。

>139
>「学力は暗記力、考えることは必要ない。」
>大学受験を終えるまでは。
ちゃんと批判できてるじゃん。
受験テクニックという意味では、これはあながち的外れじゃない。
でも、そんなの予備校の先生が言うことで大学の先生が云ったらトンデモ。





142 :136:2006/08/03(木) 10:45:19
>137
院ではありませんが・・


143 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 10:59:40
先生と交流あるからこっちが正確
・家庭論
「少子化で日本は滅びる。男は二号、三号に子供を産ませたら良い。」
→ 日本の少子化は深刻すぎる
「相続税などはやめて、昔のような家父長制の家族制度を再建すべきだ。」
→ 相続税をやっているのは世界でスウェーデンと日本ぐらい・アメリカでは相続税はザル法で実際は2%くらいしか払っていない・国家が家系の紐帯を弱くするのは認められない
「男女は平等ではない。夫婦別姓も共産党が主導しているから家庭崩壊する。」
→共産党主導は事実・スウェーデンは家庭崩壊した結果、犯罪率が半端じゃない
「社民党の福島瑞穂議員は共産党から派遣されている。」
→福島本人に直接確認したそうだ
・教育論
「学力は暗記力、考えることは必要ない。」
→学問で一番大事なのは知識力・知識量が多ければ多いほどそれが互いに符合してひらめきとなる・数学なんて暗記(だからつまらない)
・福祉論
「福祉に国の予算は使うな。自分の力で保険をかければよい。」
→国家による社会主義は自由侵害に繋がる
・社会論
「米国の銃社会はすばらしい。」
→自由の代償としての対価
・戦争論
「長崎アピール(平和宣言)はキチガイ。長崎市長はうそつき。」
→共産主義者だから。ソ連(当時)や中国(今)とつながっているから。
「日本は戦争をしないからダメだ。戦争をしない国は退廃する。」
→まあ歴史を鑑みるとそうですね。戦争放棄した国は退廃しています。

144 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 14:25:59
やはりまともな方ですね。真面目なんですね中川氏は。

145 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 21:03:49
中川先生の御著書を英訳して、世界中を啓蒙すべきですね

146 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 00:40:55
バーク保守主義の哲学と外交
ハミルトン哲学と米国憲法
丸山真男とフランクフルト学派

どこの出版社からでるのかな

147 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 00:55:41
丸山とフランクフルトには一番興味あるなぁ。すっげー痛烈な批判がありそうで。

148 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 03:24:41
>>145
英語圏では常識的な内容なんでしょ。
日本の場合は左翼しかいないから重要だけど。

149 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 06:42:16
 中川先生は、スタンフォード大学留学中の修士論文を丸山真男に
添削を頼んでいる。題名は、「日本政治文化論」だったと思うが。
彼に丸山真男のことを聞いたら、「頭はいいが、ひっちゃかめっち
ゃかだ」と言っていた。


150 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 10:19:46
先生は「丸山は文章力はピカイチ」と言ってました

151 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 13:50:00
中川先生は「共産主義・社会主義」と「自由主義」の二分法で考えてるのかな?

152 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 16:50:16
明治維新が”武士階級つぶし”という過激な革命であったことは、多くの歴史家が忘れている。
明治維新こそは、日本のなかにアナーキズムの大マグマをつくった左翼革命でもあった。

これ名言だね

153 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 00:49:21
中川先生の授業を受けたい!!・・・ハアハア

154 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 17:00:53
学士論文のタイトルは、「飛翔体の姿勢制」
東大工学部の図書室で検索↓
ttp://park.itc.u-tokyo.ac.jp/cllib/aerolib/

写真
ttp://www.seiryupub.co.jp/edit2/0508.html

たしか東大の大学院(工学)中退だったと思う。昔の著作の経歴欄に書いてあった。
東大学部→東大院→科学技術庁→スタンフォード→科学技術庁→筑波大教員

155 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 13:21:00
福田和也を完全に理解したのって結局、中川八洋だけだな。

浅田は福田とプライヴェートでも親交があるみたいだから、それなりに
同類だと思ってるんだろうけど、理解が中途半端だから、どうしても腐したく
なってしまう。

浅田が福田を本当は左翼だと、しかも超極左だと理解してれば、
そんな腐したりしなかっただろう。

156 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 14:24:29
 中川先生の講義はいまはどんな感じなんですか?
 私がいた頃は、核戦略と地政学を絡めて米ソの動向について講義
していましたが、大変新鮮な感じがしました。
 まあ、よく本や研究書を読んでいるなーという印象を受けました。確かに
行き過ぎの部分はあるものの、研究に対する集中力や洞察力はすごいものだな、
とよく友人たちと話していました。

157 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 11:50:58
>153
もぐればいいですよ
>156
「近代政治哲学」では英米系の保守主義と大陸系の政治思想を対比させながら
一見がんじがらめに見える保守主義の政治システムがいかに「自由」を守るか、
大陸系哲学が「自由」ではなく「放縦」につながり、最悪の政治形態である全体主義に向かっていくのか、といった内容です。

「国家安全保障論」では外交、地政学、軍備理論などさまざまな分野を用いて国際政治の表向きだけでなく裏の面についても分析してくれます。
まあ一言で言えばリアリストの授業です。あ、あとロシアの偽情報工作についても講義していますw
ヤクザと在日の関係やKGBのスパイを実名であげたりと、トリビア満載の授業です

158 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 15:53:56
書評
『神々の軍隊−三島由紀夫と国際金融資本の闇』(浜田政彦 著)三五館

ああ、この本を読まなければよかった。この本には、途轍もない「真実」が書かれている。

第1次大戦終結後から第2次大戦の勃発までの日本史の動きを「国際金融資本」という補助線を引っ張って読み解いている。
この補助線なしには、日本が突入したシナ事変と大東亜戦争(太平洋戦争)の泥沼はいかなる世界史的意味を持っていた
のか理解できないだろう。政治家の動きだけを見ていては絶対に分からない。

当時(第1次大戦後)の日本には大略、3つの勢力がいた。一つ目は「皇道派=新興財閥連合」、「統制派=大財閥
(ロックフェラー、ロスチャイルド系)連合」、「日本原理主義者(大本教、日蓮教、浄土宗、国柱会など)」である。

「2.26事件」は、日本原理主義者と皇道派=新興財閥連によって起こされた、反財閥、反国際金融資本のクーデタ
だったのである。この大きな視点が、これまでの日本史解説書では全く欠けている。

皇道派の幹部たちも、本当に国体明徴による天皇の神権国家を作ろうという考えの人々は僅かで多くは、大財閥との
利権争いの一環として、政治闘争を仕掛けただけであった。

ところが、大本教、日蓮教などの宗教的熱情から、天皇中心の国体の明徴を実現しようとした「ラディカル」な、
ある意味では純粋な、日本原理主義者たちは、あくまで純粋に自らの志に従って散った。
筆者はここに三島由紀夫の自決と重なり合うものを見ているのだ
が、現代の日本人の視点から見れば、このあまりにも純粋な日本原理主義者の姿は、イスラム原理主義の
アルカイーダやタリバンとも重なっていく。


159 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 15:55:00
原理主義はそれが「狂気」であるが故に、現実妥当性を持たず、金と権力を握った者たちによって覆滅せしめられるのだ。
原理主義者の、武器は狂気だけであり、戦略を欠いていた。これが、日本があの戦争に負けた最大の原因であろう。

私は彼らの崇高な理念には共感はするが、これは危険なアイデアリズムであり、リアリズムの観点からすれば、
唾棄すべき「国際金融資本」につながりながら、日本の独立をなんとか維持しようとした政治家たちの立場を取る。

この本は、一方に2.26事件に連座した若い日本原理主義者たちに視点を置き、彼らの姿に徹頭徹尾
共感した形で筆を進めている。
その一方で、数々の文献を渉猟した筆者は、ロックフェラー、モルガン、ロスチャイルド、サッスーン財閥などの
国際金融資本の中国政策と、元々「国際金融資本」(判りやすく言えば、ユダヤ金融資本)のひも付きであり、
その限りに置いて自主性を許されていた、日本の三井・三菱などの大財閥たちが、欲を見せて、
「彼らの虎の尾を踏む」さまを存分に描き出している。

昔も今も日本が国際金融資本の強い影響下にあるということは変わらない。
昔は英国の属国として、今はアメリカの属国として。

この本の時代背景は妙に現在に重なっている。三井・三菱は「死の商人」でもあった。
今、アメリカの要求で、武器輸出三原則の見直し、憲法9条の「改正」が行われようとしている。
歴史はくりかえすのか。

本文の内容もさることながら、巻末に乗せられた文献録と人名辞典の資料性を一段と高めている。
天皇家は初めから、日本原理主義者の抱くような理想を体現していなかった、
というあまりに悲惨な現実を、海外の文献まで調べながら立証している。
天皇家のキリスト教改宗運動を進めた、クウェーカー・コネクションについては最近、
YS氏が詳しく調べているが、本書でもYS氏の観点からとは全く正反対の立場から検討が加えられている。

160 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 16:11:13
皇族なのに聖心や白百合に通う神経が分からない

161 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 16:18:55
たしかに、神道を学ぶべきなんだよな。

162 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 16:23:02
つまり皇族ですら「アメリカナイズ(=キリスト教化)」に傾いていたと言うことができる

163 :考える名無しさん:2006/08/07(月) 18:05:28
まあ古くは仏教の時もそうだった

164 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 14:44:51
保守

165 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 16:00:02
中川先生の「富田メモ」に対する手厳しい論評が楽しみです。

166 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 11:19:35
よく細かい点までこの先生は知っとる

167 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 17:45:50
http://www.youtube.com/watch?v=pab7NQ2Q1Pk
動画

168 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 00:03:37
生の授業聴いてみたいな。

169 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 15:53:16
>168
水曜10:10〜11:25(近代政治哲学)
金曜12:15〜13:30まで(国家安全保障論)
授業の最後は質問も受け付けてくれます。もぐるのは可能ですが、先生に一声かけてから授業を受けられてはどうでしょう。


170 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 21:08:45
169さんありがとうございます。大教室ですか?
筑波て人気クラスで規模はどの程度なのでしょう?
私は中大OBなのですが、中大ですと余裕でモグリできましたが
筑波でしたらどうでしょう?

171 :169:2006/08/15(火) 15:30:40
そうです、どちらも大教室です。出席はとりませんので、大丈夫ですよ。
筑波は3学期制なので9月1日から授業再開です。
はっきりいって先生の授業はおもしろいですよ。
教室の場所はどちらも第三学群とだけ言っておきます。
あとは筑波のホームページ等で調べてください。教室の場所はわかりにくいので周りの人に聞いたら親切に教えてくれますよ。

172 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 16:12:29
中川さんは人気あるのか。
俺も受けたいが家が田無だぜ。
ただ谷澤、渡部あたりとはもう絡まないでほしいな。

173 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 15:56:58
中川先生は今はマニア受けだから学生は知らんだろうな

174 :153:2006/08/16(水) 23:56:56
>>169
情報ありがとうございます。九月中はまだ夏休みなんで行ってみますね。
八王子からwww

175 :中大OB:2006/08/17(木) 17:08:56
169さんありがとうございます。(174は私ではありません)
私はちょっと首都圏離れますので先生の講義聴かせていただくのは
来年度になるかと思います。自分は4年前に「歴史を偽造する韓国」を読ま
せていただき、それ以来、先生の本はすべて読ませていただいており
ます。

176 :169:2006/08/18(金) 11:42:18
実は先生は来年度を最後に退官なのでお早めにw

177 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 15:56:58
筑波は63歳定年なの?
中川先生は早生まれだから、来年度が定年なのか。
再就職先の大学はあるのだろうか?

178 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 17:40:48
退官教授が公演する、大学の学期末の最終講義は是非出たいな。

大学出た後は、コメンテーターとして活躍して欲しい。

日本の右翼化は進む一方だから、問題ない。

だって、80年代後半にモスクワで中川を殺せ殺せというラジオが流れて、
ロシアに命を狙われ、10年前には美人の中国人の殺し屋がやってきた中川先生。

ロシアに狙われているから、顔写真は駄目と言った中川先生が、フジテレビの
深夜に番組に出る時代なんだからw

179 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 01:34:11
>>178
>>フジテレビの深夜に番組に出る
どの番組に出ていたのですか?
よろしければ、教えていただけませんか?

180 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 12:05:19
ニュースJapan

181 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 12:53:51
エドマンド・バークより山本常朝の方がすごい。

182 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 15:48:29
>>180
今回の漁船の問題で?

183 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 18:30:03
>180
へー見たいな

184 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 19:14:28
共産主義の大本はルソーだと言ってるけど、キリスト教については指摘してた?
たぶん書いてなかったような気がするが。
あの排他性、虐殺の酷さはキリスト教に酷似しているよ。
共産主義の双子の兄弟はナチズムだけど、そのナチズムはキリスト教と
似ているとヒトラーが語っているよ。
「ナチスの世界観は…進んでキリスト教的であり…」

先住民や異教徒を虐殺しまくったキリスト教の影響力の方が大きいんじゃないの。

185 :中大OB:2006/08/21(月) 21:10:32
ニュースJAPANなんて出演してないだろ!

186 :元ゼミ学生:2006/08/22(火) 18:58:10
6年ほど前まで中川ゼミに所属していましたが、先生は普段なかなか紳士的な方ですよ。

187 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 19:22:53
ニュースジャパンにちらりと出てたよ。
想像してたのと違い普通のしゃべり方と風貌だった。

外見は女子学生にもてそうなオジサマって感じか

188 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 19:25:07
>>186
ゼミではどういうこと勉強してましたか?
保守主義以外もやってましたか?

189 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 19:35:05
>>186
本を書く段になると、心の底にたまってたものがドロドロと出てくるんですかね?

190 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 22:25:59
今の政治界は政教分離について混乱があるから、政教分離について書くように
いっておいて。

191 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 01:49:35
>>177
拓殖大学にでも天下るんじゃね?
でもあそこは高森がいるのかw

192 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 02:21:15
この人の福田和也批判をなぜ笑ってるのか理解できない。
非常に当たってんだけど?

193 :元ゼミ学生:2006/08/23(水) 08:56:30
>>188
基本的にはその日のテーマを(先生が)決めて講義形式で行うのですが、
近代政治哲学、安全保障の他にも外交史や政治史、地政学等バラエティ
に富んだ内容でした。

194 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 09:35:49
>187
いつのニュースジャパン?

195 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 11:19:15
先生はデカルト等を批判するときも人格に言及するからな。
自分が紳士じゃなきゃ。
退官したら早稲田に来て欲しい。

196 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 11:45:36
デカルトのコギトが閉じられた個を表現するとき個は個として意識される。個を個として意識するとき個に外在する個なり個体なりは境界を含み一本の線となる。一本の線は空間のなかで指向を繰り返す。後に線は時間を含み空間は霊気を含み霊気は生成を繰り返す

197 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 15:40:51
age

198 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 11:23:47
>187
そういや先生の授業の真ん中の最前列は女子ばっかりだな

199 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 09:14:34
>>198
な、なにー!?

200 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 15:43:45
ニヒルなデガダンスに陥ってる俺

201 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 15:53:33
鼻唄交じりに指揮棒振る仕草をしながら歩く人
そんな人です

202 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 16:15:04
CIAの人でしょ?

203 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 16:52:07
じつはKGBだった利して・・・

204 :中大OB:2006/08/28(月) 18:54:15
退官されるのは本当ですか?

205 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 22:26:18
こいつって学者なのか?単なるデマゴーグだと思うが。
現に誰もこいつのクズ本引用しているまともな学者なんていやしない。
学説の理解も無茶苦茶。酷いもんだよ。だから全く相手にされていない。

206 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 06:01:32
全否定するのは乱暴だと思うが、中川の人格があまりにも酷いために関わる人がいなくなっちゃったんだよ。
中川自身も他人と関わりたくないんだと思う。自分以外の人間はみんなロクデナシというように斬って捨ててしまう。
渡部昇一のみがほとんど唯一の理解者なのでは?
定年退官後に中川を受け容れる大学はないと思うよ、たぶん。
俺は中川の学問を全否定はしないので、どんどん著書を出してほしい。

207 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 09:08:42
>>192
福田の右翼が実はポーズなんて、何年も前から2ちゃんねらーでさえ知っ
てた。もちろん2ちゃんに良くあるような、この人の言葉をそうと知らずに
引用していたというのとも違う。抗議を受けた学生が、マルクスやドゥルーズや
サン・シモンをテキストに使ってたという話をしていたし。若くて尖っていた頃の
東浩紀だってそれをふまえて役割分担だとかプロレスだとか批判していたのだから。
タイトルを見てこの「タブー」にもっと学術的な方面からの批判を期待したら、
ほとんど2ちゃんレベルと変わらなくてがっかりというのが真相では。

208 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 10:31:00
中途半端でなく、ある意味、極めた視点からの毒舌が小気味良い。

209 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 11:00:32
毒舌と悪口雑言を一緒にするなよ
ありゃあ朝鮮人と同じようなもんだ

210 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 14:59:20
>>206
性格が良ければ安倍のブレーンになってかもしれないな。
中西や八木のように。

211 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 16:01:05
人格よりも著作の内容が実に酷すぎるんだよ。
学術的使用に耐えないわけ。

212 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 18:05:15
>>211
罵詈雑言がなければ、良いんでしょうけどね。

213 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 19:34:18
中川は誰と比べて学術的に劣っているのか、例を挙げてくれ

214 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 19:39:33
『保守主義の哲学』は読むに耐えない

保守主義をまともに日本に紹介する気ないのか

215 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 19:49:41
>>213
クルト・ゲーデルとか

216 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 19:50:19
>>215
日本人の学者では?

217 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 19:52:42
マジで学術的だと思っているアホがいるのか?
学力低下もこりゃ相当だな。

>>213
中川なんかだったら、誰でも優れているんじゃないの?
あいつの著作でまともに取り上げられているものがあるのか?
特に思想に関する著作は読むに耐えないぞ。
ケルゼンは誤読するわ、ルーマンとフランクフルト学派の区別もつかずに
妄想開陳している酷さは、他の人間には見られない。
せいぜい渡部昇一とトンデモ度を張り合えるってな具合じゃないの?

218 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 20:34:49
>>217
とりあえず、批判するだけじゃなく、どんな学者がいいのか何人か推薦してくれ

219 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 21:00:27
>>218
興味あるんで君の境遇を教えてくんない?
嫌ならいいんだけど。中川がえらいなんて思っている哲学徒がもしいるとするなら、
こりゃ相当やばいと思うんでね。

デカルトやりたければ、日本人の学者として古いけど野田又夫や所雄章だったりが
一応のスタンダードテキストじゃないかな。あとは小林道夫とか村上勝三だったり、
要するに現代デカルト論集に載ってる学者の論文を読めばいいし、
ヒュームならヒュームで、カントならカントでいっぱいえらい学者はいるよ。
哲学者だったら大森荘蔵とか廣松渉とか、黒田亘とか石黒ひでとかね。
社会科学者でも丸山真男やら大塚久雄とか川島武宣、中根千枝やら福田歓一とか。
あるいは森嶋道夫やら青木昌彦とか、ごまんといるだろう。

中川なんて論外もいいところだよ。

220 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 21:11:16
中川先生のはそもそも学問ではないですよ
思想というべきです
偏見から入るものを学問とは呼びません
思想として読むならお好きにどうぞ

221 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 10:37:27
>>219
社会科学者の名前の羅列で噴いた。

222 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 11:54:14
>219
人の事はいいから中川に対する学術的な自分の考えを言ってくれ

223 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 14:46:18
こりゃ駄目だな。中川信者は中川じゃなくて、例えば彼が批判している哲学者などの
文献をじかに読みなさいな。
アホ丸出しがわかる一例を挙げて見ると、
彼はルーマンをフランクフルト学派と勘違いしている。もちろんそんな馬鹿な主張は
中川ぐらいにしか見られないのだが。彼はルーマンーハーバーマス論争もろくに知りもせずに、
ルーマンはフランクフルト学派でありけしからん!とか抜かしているわけだよ。
正にお笑い。そりゃ誰にも相手にされないよ。これじゃあ。

224 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 14:47:36
大森荘蔵などが社会科学者か?笑止千万。これだから中川信者は馬鹿なんだよ。

225 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 15:02:26
大森荘蔵は20冊を超える著作を岩波書店から出版してるね。

226 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 15:45:54
廣松渉さんは、マルクス主義哲学者なんだそうです。

「哲学者廣松渉の告白的回想録」
戦後日本を代表するマルクス主義哲学者が生前、病床で語った、その生涯の回想。
その哲学のはじまりとコミュニストとしての青春がはじめて明らかに。
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/4309243746

227 :221:2006/08/30(水) 15:53:11
>>224
>>219

228 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 18:08:20
廣松渉はマルクス主義哲学者でなんか間違いあるの?


229 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 19:17:20
中川先生の読書数は年間1000冊を超えるってさ

230 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 20:00:22
マジレスして馬脚を現した人

231 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 21:55:05
>>229
福田和也も大量に本を読むそうだがw

232 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 01:04:26
いろいろ中川批判あるだろうけど福田はもっとわかってねえぞw

233 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 15:25:30
>>227 GJ!

234 :元ゼミ学生:2006/08/31(木) 17:01:44
>229
俺も本人から聞いたが確かに年間1000冊以上の専門書を読むらしいよ。青山と他にも事務所二つあるけど、
実際お邪魔したら事務所というより図書館だった。仕事用の事務所は別にありますが。

235 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 18:22:27
廣松渉はマルクス主義哲学者でなんか間違いあるの?

236 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 18:30:26
>>230
どのレス?>>219

237 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 23:13:14
偏見で悪いが、年間1000冊の読書量で専門書ばかりということは
かなり「世間知らず」になってるんじゃないのか?

ネットも見ず、テレビも見ず、専門書以外の読書はせず(マンガなんて論外だろうな)
ヘタすりゃ新聞も読まず……ってことはないよな?


238 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 00:59:49
234
そんな施設を維持する費用は、どこから出てるの?
大学教官の給料や研究費なんて、たかがしれてるでしょ?
印税収入がそんなにあるとも思えないし。

239 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 01:04:28
>237
偏見と時代錯誤の塊と言っていいくらい

240 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 15:01:03
芸能・スポーツなどの娯楽関連は「世間知らず」かもね

241 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 15:17:05
本ばっか読んでるってことは自分の頭で考えることを放棄してるようなもんで
自ら洗脳されようとしてることに等しい

242 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 15:34:51
すまん、中川先生は息抜きといいつつかなりテレビに詳しいぞ。
授業中もマジに細木数子の話とか梨花と飯島愛の目付きが怖いですね、とか言ってた。
ロンドンハーツも見てるみたい。昔、芸能関係の仕事(朝まで生テレビの企画とか)もやってたらしいからかなり業界の情報に詳しかった。
読書するスピードがハンパないだけだ。世間の情勢には俺らよりも遥かに詳しい。

243 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 15:35:55
そういや新庄の引退スピーチもベタ褒めしてたな

244 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 19:55:42
安倍のブレーン
http://www.asahi.com/paper/politics.html

◆国家観、歴史観に関する安倍氏の人脈

●論壇
 伊藤哲夫(日本政策研究センター所長)
 中西輝政(京大教授)
 岡崎久彦(外交評論家)
 八木秀次(高崎経済大教授)
 古川薫(作家)

●日本の前途と歴史教育を考える議員の会
 中川昭一(農水相)
 下村博文(衆)
 古屋圭司(衆)
 山谷えり子(参)

●平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会(平和靖国議連)
 高市早苗(衆)

●伝統と創造の会
 稲田朋美(衆)

245 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 05:10:01
>>219
ぷっ

246 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 05:16:52
「真の国益を考え靖国参拝を支持する」って意味不明

247 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 06:01:36
>>246
お前の頭が意味不明。視ね。

248 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 06:13:36
>>247
ぷっ

249 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 11:58:34
チャンネル桜のインターネット放送で中川と渡部の対談が見れるよ。
批判するやつらは見ないと。中川がにくいなら。

250 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 14:01:01
この先生がいなかったら知らずに一生を終えただろうなって事が結構ある。

251 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 17:45:16
でも、この先生は高森名勅氏を「土井たか子の息子」とか言ってるけど、いいすぎじゃないか?

252 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 18:38:16
だから、中川の頭は朝鮮人と同じ回路になっちまってんだよ
こいつを利用していると保守が正常化しないとまで、俺は最近は思ってる
左翼だって増田都子みたいな人格の人間が代表者だと思われたら迷惑なように、こちら側も中川が代表者だと思われると困るんだ

253 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 04:13:39
>>250
バーク、ベルジャーエフ、ハイエク(ハイエクはそうでもないか)……
そういう保守思想家というのが存在するとしって目からうろこだった。
確かに読まなきゃ人生すこし変わってた。

254 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 06:40:30
ベルジャーエフって保守思想家だったのか(笑)

255 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 12:33:25
>250
中川先生経由で知ったことを後悔する日が来るだろう

256 :250:2006/09/04(月) 14:56:39
>>255
後悔先に立たず、だからどう後悔するのかわからないけど、アレグザンダー・ハミルトンとか
他経由では入らなかったであろう知識が増えたのには満足してるし、後悔はしない思います。

257 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 15:24:10
ハミルトンといえば、

htthttp://www.amazon.co.jp/gp/product/4571400152/
ザ・フェデラリスト

258 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 17:13:59
バークはただのイギリスの古き良きオッサン(こういうのを紳士というのかな?)。少し言い訳がましいところ・自己保身に走るところもあり。
日本の自称・保守主義者はバークを神格化しすぎ。
そもそもイギリスの土壌の中で育ったイギリス感覚を日本で「保守だ」と言っても意味ないわな。

あと、日本の自称・保守主義者は釣り師・ネタ職人のチェスタトンに釣られすぎ。

259 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 22:32:16
そうそうチェスタトンて今の日本でいう福田和也にソックリなとこあるんだよな。


260 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 22:51:10
基本的にキリスト教は「国と力と榮とは限りなく汝のものなればなり」で
国家を超えたトコに神がいてそれがまた現実の地上の支配者を支配してる
って構図なの。この地球は神が王様なの。
そう見てるからキリスト教よりの思想家は日本人からしたら「保守」っぽく見えるのも
仕方ない。ただ、カトリック思想家はモロに保守である場合が多い。
ナチス時代カトリック教会ではユダヤ人蔑視と排斥をうながす説教がフツーにされていた。

261 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 23:05:04
素晴らしい洞察ですね

262 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 23:11:14
ユダヤ排斥と保守は関係ないけどな。

ただキリスト教にユダヤ排除傾向があるってだけ。
そりゃ、欧州キリスト社会にとってみれば、ユダヤ教徒は長い間唯一の異教徒であり、領主や教会に金儲け・移動を制限されないため妬みの対象にもなって、さらにキリスト処刑した張本人でもあるわけだからね。
保守思想とかに関係なく、宗教的・社会的事情からユダヤは差別され続けてきた。

「キリスト自身は、異端だったけど一応ユダヤ教徒だよね」は禁句。


263 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 23:14:56
いやマジでカトリックって保守だよ。


264 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 23:37:04
君は中川スレにふさわしい人物のようだね

265 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 23:37:17
そりゃ、カトリックは保守だよ。
というか伝統的キリスト主義(カトリック主義)こそが正統な保守主義だろ。
でも、「神が王様」だとか「ユダヤ排斥」だとかそんなのは全然関係ない。

むしろ、敬虔なキリスト教者の行動様式を保守と呼んだといった方が正確かも。
カトリックと保守思想が親和的なのではなくて、伝統的カトリックのことを保守と呼ぶ。

日本でも、渡部昇一、小堀桂一郎、三浦朱門、曽野綾子、麻生太郎あたりがカトリックでしょ。


266 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 23:51:40
小堀先生、カトリックだったの?

267 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 11:37:13
日本で保守を名乗ってる奴らがカトリックって、なんか終わってるな

268 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 12:06:35
キリストってでもユダヤ人だったんでしょ?
っていうのをユダヤ人排斥をとなえるキリスト教徒にいうのは禁句。

269 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 15:45:59
西村真悟先生もカトリックだよ

270 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 17:04:33
>>269
そういえばそうだったね。
吉田茂とかも。

271 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 19:18:16
>>269
知らなかった。
マジですか。

272 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 19:56:25
こんな間抜けな猿の国滅びてしまえばいいじゃん

273 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 22:03:04
人が住んでいる以上、そう言っていられない。
何とかするしかないんです。

274 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 22:06:46
バカは政治に口出すなってのが保守でしょ

275 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 23:21:11
てか、本来は「馬鹿も天才も何もかも政治に口出すな。古くから伝わるバランス感覚が自然と流れを作っていく」ってことでしょ。

だからこそ保守は経済的には古典的自由主義と結びついて小さな政府(行政の縮小)を求める。

276 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 00:44:15
勿論中川先生は変体仮名くらい読めるんだよね?

277 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 01:11:37
変態かなって失礼だな

278 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 04:05:50
>>275
そのとおり。
なんかかんちがい保守が跋扈しすぎなんだよな

279 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 10:00:36
ケインズ大好き西部邁とかですか?

280 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 10:03:11
保守じゃない奴を保守だと思い込んじゃってんじゃないの?
中川先生も言われてたけど、見抜けなくなってるよ日本人は。

281 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 13:01:05
■女性天皇は皇統断絶につながると論じた著書3冊を相次いで出版した
中川八洋筑波大教授の話

「愛子さまを優先せよとのキャンペーンが展開されるだろうが、
“女性天皇は懐妊しない”という伝統にのっとれば、
お婿さまがいる皇族が天皇に即位されることはない。
そうなれば女性天皇を見ることなく皇室は自然消滅する。
即位しても、
そのお子さまは初の女系天皇となることを辞退されるのではないか。
男系男子主義を堅持した上で男子の旧皇族15人程度の皇籍復帰が急がれる」

http://www.sankei.co.jp/news/060906/sha013.htm

282 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 13:18:54
>275
いまさら夜警国家はないでしょ
古典的自由主義にしてもそれじゃ対処できない問題があるわけで
結局自然の流れで保守は否定されたと言えなくもない

283 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 14:09:14
だから、新保守主義が台頭してるんでしょう。

284 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 14:25:31
台頭って終ってんじゃね?

285 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 15:29:27
現在に生きる者のみの判断で否定するわけにはいかないので保守。

286 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 15:48:45
・個人における理念のバランス感覚と社会における神の見えざる手としての均衡の混同
両者は個別に議論される必要がある
・伝統を取捨選択する基準は任意であること
・歴史的文化的に一過性のもの、また個別的なものとしての思想を一般化しようとする誤り
・価値基準が曖昧
社会的秩序なのか、自然発生的進歩なのか


全体主義的傾向に対する警鐘という意味なら分からないでもないが

287 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 16:32:08
現代の和気清麻呂だよこの人は。

288 :考える名無しさん :2006/09/06(水) 16:34:36
>279
西部邁は保守ではない。その証拠に

「簡略にいうと、アメリカニズムは「歴史不在」の場に「個人主義」の原則
にもとづいて国家を人為的に構築しようとし.....」(戦後日本のけじめ「
別冊正論03」)

と述べているが、アメリカ建国のエリート達は英国の「法の支配」思想をアメリカの
地に移植するがごとく建国したのであって、「個人主義」をむしろ排そうとし
たのだ。建国のエリートの代表であるハミルトンは「すべての人間はごろつき
とみなすべきである。」と言っている。

289 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 16:40:20
左翼が多すぎて保守の方が重用されるから紛れ込んでるんだろ

290 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 16:44:30
つーか「歴史不在」なんてあり得ないだろう。
人間が言語を使用している限りは。


291 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 16:46:07
保守の問題点は「伝統概念」を曖昧のまま放っておいてることじゃないか?

・すべての続いてきた伝統を良しとするのでは、単なる「動かない社会」を創るだけ。
・続いてきた伝統のうち取捨選択するのであれば、それはただの個人的価値判断でしかない。

それに伝統に基礎をおくと、原初の正統性を論証することができない。
例「天皇は125代続いてきた。これは伝統であり尊い」
→それなら、皇室が10代目くらいで滅びたとしたら、それはそれでよかったんですね?
例「続いてきた伝統は守るべきだ」
→それなら15代続いた徳川幕府を倒したのは間違いですね?

292 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 17:50:40
だから結局エリート主義みたいなとこに行くんでしょ

293 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 18:59:41
>288
個人主義と法治主義は対立しないですよ

294 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 19:24:38
>>293
「法治主義」と「法の支配」は別概念ですよ。

295 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 19:39:47
小前提「すべての人間はごろつきとみなすべきである。」
大前提「中川八洋は人間である。」
結論「中川八洋はごろつきとみなすべきである。」 Q.E.D.

296 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 19:48:16
>294
法の支配にしても個人主義と対立しないでしょ
西部が保守か保守でないかなんてどうでもいいのよ
保守主義自体政策的には曖昧なんだから

297 :考える名無しさん:2006/09/06(水) 23:54:40
最近、麻生も靖国非宗教化とか変なこと言い出してるね。
早く叩かないかな。

298 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 02:03:29
靖国なんてどうでもいいよ
神道として維持されるべき理由が分からない

299 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 05:02:18
麻生て案外馬鹿だね。

300 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 05:07:12
その根拠は?

301 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 12:59:03
建国のエリートの代表であるハミルトンは「すべての人間はごろつき
とみなすべきである。」と言っている。

バークは大衆を目先のことばかりに執し行動する「豚」と 呼んだ

302 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 14:20:22
フランス、ロシア、シナなどの革命で証明されたね。

303 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 18:28:24
だから王制が安全装置になるわけだ

304 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 19:09:56
ウェーバーでも読め
中川に洗脳されたごろつき共

305 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 19:11:07
2chこのごろすこしやばすぎないか?


66 名前:名無しさんの主張 :2006/09/07(木) 17:16:46
>58 紀子がエタだろ。川嶋なんて終わってる。これからどうわ天皇そだてたりなんだりドウワが金だしな。そんな天皇なら俺たちはいらない。紀子なんて解放同盟から送りこまれ位が低すぎて皇室に憧れ順応できたんだろ。変なばばあ。


67 名前:名無しさんの主張 :2006/09/07(木) 17:18:19
手配書が出たみたい
http://zaraba.qp.land.to/up/src/1157280443579.jpg




306 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 20:51:25
bakaが多すぎるからね

307 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 21:15:30
>271 西村先生がクリスチャンなのは本当だよ。
ご自身もおっしゃてたし、先生の著書のなかでも書かれてる。
「闘いはまだ続いている」(展転社出版)
周りでは公然の事実だよ。

308 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 21:43:59
ただの西洋かぶれなのかと思ってたけどカトリックが多かったんだね。
たまに日本の伝統を知らないと保守は批判されてるけど、いわゆる確信犯的に
日本の伝統を無視してきたのか保守は。

309 :考える名無しさん:2006/09/07(木) 21:45:51
渡部昇一もやたら動物を下に見ようとしてるし、あんまりキリスト教的な価値観を
日本に持ち込まないでほしいな。

310 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 07:46:57
Q あなたはキリストですか?
A イエス!

311 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 07:50:29
土人の国

312 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 10:10:52
>>304
何ていう著作をどんな理由で読ませたいのか?読んだ君の感想などを一つ披露してみてくれ。

313 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 11:49:27
>312
図書館でも行って探せばいい
思想は学問ではない
それだけのこと

314 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 13:49:18
薦めてはみたが全然知らないってパターンか・・・

315 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 14:04:45
アホか
ググりゃ出てくる程度のこといちいち説明しろってか
保守主義的立場から歴史見て都合いいように解釈して垂れ流すのが学問か?

316 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 14:14:14
知らないからって逆ギレはないよな

317 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 14:38:23
中川教は手強いね

保守主義的立場から歴史見て都合良く解釈して垂れ流すのが学問か否か?

この点はどうなの?

318 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 17:54:06
やたらと学問に拘ってる奴は何なの?

319 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:11:00
そうか雑談だったのね
ならオレの勘違いだわ
失礼

320 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:18:52
掲示板で学問をやりたかったのか・・・

321 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:35:34
どう読めばそうなるんだ
あと掲示板ての逃げ口上にするもんじゃないよ

322 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:41:26
>>319の「雑談」が逃げ口上だったな

323 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:45:50
>>322 カコイイ!

324 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 18:50:00
投げ掛けられた疑問スルーするくせに何なんだよおまえら

325 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 21:05:12
最近、反米屋が跋扈しているな。ウザイからでていってくれ!!!

326 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 21:48:10
全否定などしないでいいとこ取りをすりゃあいいという簡単なことができない人がいる件について

327 :考える名無しさん:2006/09/08(金) 22:01:33
誰が全否定してんの?
反米でもないんだけど
いいとこどりってのは随分ふざけた考えだな
具体的に保守主義の何をどのようなものとしてどこに取り入れるの?

328 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 09:44:55
>>324
図書館でも行って

329 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 10:07:10
下らねぇな

330 :考える名無しさん:2006/09/09(土) 15:10:47
「雑談」て言われても・・・ 掲示板だからね

331 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 06:14:56
俺のキリストの洒落を華麗にスルーしたお前らは殺されるだおる。

332 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 10:39:52
>>304
で、 ウェーバーがどうかしたのかよ?

333 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 10:47:56
とぼけてんのか
アホなのか

334 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 10:54:21
>>332
>>314

335 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 10:57:16
知ってる知らないの話か
ガキの喧嘩だな
このスレにはちょうどいいな

336 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 11:10:43
ウェーバーが話題にもされずにその事実を以って貶められてる件

337 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 11:19:42
このての基地外が教員になれる業界とはw

338 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 11:28:24
そりゃ保守思想残したい連中がいるからだろ

339 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 11:31:40
保守のイメージダウンだからむしろ陰謀かもな

340 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 11:31:45
未だにマル経よりはマシだろ

341 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 15:42:42
中川先生のレベルとみごとに合致した糞スレ

342 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 16:25:57
2chで左翼がよく「お前らは中川八洋を・・・」と書いてくる
迷惑で仕方ない
中川を妄信している奴ばかりじゃありませんので・・・

343 :考える名無しさん:2006/09/10(日) 16:35:24
左翼と決めつけてる時点でかなりやばいね

344 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 10:00:24
日本の保守で中川八洋よりマトモな人いるの?

345 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 12:41:46
思想の内容ですか?
素行ですか?

346 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 15:28:52
出来れば思想の内容で

347 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 16:10:40
浜田幸一

348 :考える名無しさん :2006/09/11(月) 16:11:53
>295
「ごろつき」という表現は少し誤解を招くところがあるが、人間は皆、特にいわゆる大衆は
何をしでかすか分からないという点で、それに対する政治的制度は絶対に不可欠だ、という
意味のことばだと思う。

349 :考える名無しさん:2006/09/11(月) 16:49:05
渡部昇一、谷沢永一は思想的に近い?

350 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 04:15:33
西部邁さんはまともに読んでいる
中川さんは思うところありあえて毒舌で言ってると解釈し差し引いて読んでいる

351 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 10:12:29
反共では第一人者

352 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 10:55:31
しかし、西側が共産党守旧派の巻き返しでゴルバチョフが失脚するのでは、と危惧する中でも
ソ連崩壊直前までゴルバチョフ批判を反共的立場からやり続けてしまったという諸刃の剣。


353 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 15:17:18
失脚しても良かった

354 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 09:58:42
反共かつ反ロシアだからゴルバチョフ批判も当然

355 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 10:57:52
ロシアが冷戦の事実上の勝者となったのはゴルバチョフの功績が大きい

356 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 15:58:11
アメリカは沖縄を返したけど、ソ連は北方領土を返さなかったね。

357 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 17:03:08
だからなに?

358 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 03:37:41
>>354
反ロシアなんて視点はゴルバチョフの時代には無かったし、中川もそういう論点で批判していなかったと思いますが。
今現在の状況から想像していません?

359 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 09:18:24
蘇るロシア帝国

360 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 14:45:55
ソ連が負けたように見えるが勝ったのはロシア

361 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 14:49:44
詩人だね

362 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 15:03:12
賠償金代わりに経済協力金せしめて領土も減ってない現実(北方領土すら返さない)

363 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 15:37:26
日本の政府が無能ってことですか?

364 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 17:13:42
次はエゾ

365 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 17:39:45
政府に限らず、領土意識が浅薄過ぎやしないか日本人は?

366 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 18:29:40
領土には自然がある。

367 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 06:51:16
福島先生と中川先生は面白いキャラしてますねえ

368 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 08:24:00
>>367
福島?副島じゃなくて?
私なんかはどうしても中川&副島がセットに見えてしまうな。


369 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 09:34:22
『正統の哲学 異端の思想』を読んで目から鱗が落ちました

370 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 09:38:38
フロイトを批判してる著作は何ですか?

371 :フロイト学者最高位:2006/09/15(金) 09:46:13
>>370
僕です。

372 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 20:43:43
どうして中川氏はフロイトを批判するんだろう。
理性崇拝を打ち砕いたのだから、逆にいいんじゃないだろうか。

373 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 14:24:50
”抑圧”を言い訳に問題行動を起こすエセ精神障害者やそれを擁護するエセ精神科医の跋扈を許す理論だから?

374 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 17:24:10
でも、フロイトが”トンデモ”だってのはアメリカの学会では確定してるわけで、やっぱりそのあたりでフロイトを誉めることはできないんじゃないの?

375 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 20:47:18
非科学的という点では中川も変わらんだろ

376 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 10:26:45
有害と有益はエライ違いがあるだろ

377 :考える名無しさん :2006/09/17(日) 13:36:43
>>372
理性崇拝を打ち砕いたからといって、単純にいいとは言えないと思います。ホイジンガ
はこういっています。
「フロイト主義は.....本来的には、マルクス主義の道徳理論よりも、はるかに反キリスト教的
 である。なぜならば.....フロイト主義は徳を罪より下に秩序づけ、肉欲性から最高の認識を
 生じせしめているからである。」
たしかに過激な理性信仰は悪だが、ただ本能のままに生きるのは野蛮でしかない、ということを
ホイジンガなどの保守主義者は考えるのです。


378 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:04:24
キリスト教の枠の中で考えてる内は、どう考えてもいい案は生まれそうにない気がする。

379 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:14:28
枠を外れたらいい案が生まれそうな根拠を挙げてみて。

380 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:51:08
最初の問題設定は重要だよ。
最低限キリスト教から離れないと哲学・倫理は語れない。
誰だったかが孫子の兵法を読んで、「私が傾倒したのは、古代の中国人だけだった。」と、
こう言ってるが、精神においては、西洋にも当てはまるね。
古代ギリシャ人以降はキリスト教に汚染されて、程度の低いものしかない。

381 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 15:56:34
どうすればキリスト教の枠の外に出られるんですか?踏み絵でもすれば良いんですか?

382 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 16:03:02
>>381
無理。
今の西洋人は古代ギリシャ人よりも中国人の方に近い。
ソクラテスの時代とは完全に断絶してるんだよね。
哲学、倫理、精神は普通の人が考えるべし。

383 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 16:12:03
考えるベースから完全にキリスト教的概念を排除する事は可能か?また排除できたと判断できるか?

384 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 22:10:08
そーいえば中川先生は何か宗教を信じてるのか?
普通の日本人のように葬式、法事だけの仏教徒?

385 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 22:17:35
バークを信仰してるんじゃないの?

386 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 14:08:19
神道を宗教の範疇に入れるなら神道

387 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 16:17:50
無神論者ではないことだけはガチ

388 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 10:35:04
修猷館出身者としての玄洋社評論を読みたい。

389 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 22:21:08
ハイエクが、フロイトとマルクスを批判してる。
ハイエクもユダヤ人。

390 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 08:46:55
>>377

サンクス。結局、正常な理性をもてないところが問題なのかも知れません
ね。狂気の理性と、極端な動物性の中間が保守のねがう正常なのかも。

391 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 10:07:46
小林よしのりと絡んだ事はありますか?

392 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 14:18:15
誰が好んで狂気の理性や極端な動物性を願うの?

393 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 15:37:43
トートロジーになるが、正常じゃない人。

394 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 12:55:05
福田和也論はどない?

395 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 13:46:22
いい、すごくいい。でもこのネタひろげると福田信者が
やってきて荒らされるよ

396 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 15:38:16
くせえくせえぜこのスレからマーチ以下の臭いがぷんぷんしやがるぜ!

397 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 15:44:38
>>394
2chでの福田批判のが面白い

398 :中大OB:2006/09/24(日) 09:27:21
>396
マーチ「以下」てやめてくれよな。「未満」て言ってくれよ。

399 :慶大OB:2006/09/24(日) 10:36:31
↑ 中大は含まれてるな。ついでに早慶以下に変わったから。

400 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 15:14:41
中川先生は東大卒だから東大以下ですね。

401 :考える名無しさん:2006/09/24(日) 16:16:59
『皇統断絶』

「福田は極左だ!」の噂が論壇で広く流れた二〇〇〇年、この噂に
対抗して急いでつくった偽情報宣伝本『余は如何にしてナショナリスト
となりし乎』(二〇〇〇年刊)では、「十八歳のときにアナーキストから
ナショナリストになった」と言っている。
だが、ネーション(国家)否定の先の引用文は、三十九歳のときの発言
である。しかも、三十九歳のとき「再びアナーキストに転向した」とは、
福田は言っていない。福田の釈明は、齟齬をきたしている。自らの
”大嘘つき”を白状している。

402 :396:2006/09/26(火) 14:53:43
>400
俺も東大卒さ。さみしくてたまに書き込みたくなるが
俺は学歴差別ネタしかないんだ。

403 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 15:43:01
死ねば?

404 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 04:17:47
学部卒は屁みたいなもんだ

405 :考える名無しさん:2006/09/28(木) 13:48:48
スタンフォード

406 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 13:55:07
『皇統断絶』

ポスト・モダン思想とは、フーコーであれデリダであれ、ボードリヤールや
リオタールであれ、科学的に真理である「知」を含め、伝統や慣習に裏付
けされた「祖先の叡智」であれ、それらを粉塵のごとくに破壊して、人間か
ら常識レベルの「知」までことごとく奪うことにある。
当然に、その方法として、自分の信条に従った言説にこだわる必要がなく、
あらゆる嘘、あらゆるトリックが正当化される。それがポスト・モダン文芸で
ある。読者がもしポスト・モダン思想で創られた言説(ヴィールス)をそのま
ま「受信」するならば、この読者の人格と思考は、このヴィールスに冒され
て錯乱が始まり正常でありえない。

407 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 12:53:38
フロイトはポスト・モダン思想の母胎であるから批判の対象

408 :考える名無しさん:2006/10/03(火) 05:51:33
>>406
そこは中川先生が自己批判しているところですか?


409 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 10:30:10
準備中の著書はいつ出版されんだろ??

410 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 17:54:40
英米法のやつね

411 :409:2006/10/18(水) 17:58:05
そうです。
『バーク保守主義の哲学と外交』『ハミルトン哲学と米国憲法』『丸山真男とフランクフルト学派』です。
あと、著書の中で皇位継承に関する三作目を執筆中と述べられてたのですがこれもいつなのでしょう??


412 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 21:35:11
うーん年明けには出るんじゃないかな

413 :考える名無しさん:2006/10/29(日) 14:10:15
自費出版とか???

414 :考える名無しさん:2006/10/31(火) 15:17:56
どうでもいいことだけど、「24」のシーズン3見てると
ウィルスはヴァイルスって発音だね。ヴィールスでもない。

415 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 19:12:52
4チャンで今から中川先生が核武装論議するから見ろよ〜

416 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 19:40:22
太田と対決か?

417 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 20:06:52
はじめてお顔を拝見。あの激しい本を書いたとはちょっと思えない落ち着いた
人だな。

418 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 20:24:30
結構授業では紳士的ですよ。でも時々ヒートアップするけどW

419 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 20:42:45
中川はいつ核武装否定論者に転向したの?

420 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 20:45:58
違う、バカ大村の声で遮られたが、中国とロシアに対しては核武装すべきで、北朝鮮に対してはする必要は薄いと言ったんだ

421 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 20:58:30
中川先生「あんた頭悪いんですね」
大村秀直「£▲☆∈※!」マジでうけたw

422 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 21:57:25
見逃した。ショーック。

423 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 00:09:37
http://www.youtube.com/watch?v=9WOJEnWgaq8

424 :考える名無しさん:2006/11/11(土) 00:30:51
ワロタ しゃべったのってこのシーンくらいですか?

425 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 00:51:00
中川氏は、北に対して、先制核攻撃をすべきだって、どっかの本で言ってなかったか?
それのみが、拉致被害者を救出する手段だって。
しかし、オオムラはヴァカだね。あんな感情的になる奴、政治家にしとくべきじゃないね。
三流干潮出身ゆえのコンプレックスか?

426 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 01:18:17
大村のアホさ加減が目立ったなwww
あおりにピクリともしない石破は一枚も二枚も上手だ
さすが大臣経験者だね

427 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 22:00:43
この人ってアーレント好きなんだね
およそ自由主義的で人間主義的な
アーレントと思想的に相容れるものはないと
思うんだが…
「記憶」とか「見守り」とかいう概念があるから
勘違いしてんのかな…
アーレントもこんなのに好かれちゃいい迷惑だな・・
そういえば中川に限らず保守派ってアーレント好きなやつ
多いな 「伝統」とか「慣習」とか「民族」
とか全然好きでないのにね アーレントは

428 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 09:17:43
著書の「保守主義の哲学」の、
「保守主義と反・保守主義の間ー揺れるアーレント」のところで、
いろいろ分析してるよ。

429 :考える名無しさん:2006/11/13(月) 20:30:55
>425
「日本核武装の選択」p10

  ノドン・ミサイルの基地や備蓄庫が日本の核トマホークで灰燼に帰すとき,
  金正日は直ちに自殺をするか,反乱の騒然の中で虐殺される。
  拉致被害者は,体制が崩壊した敗者「北朝鮮」にとって,最高の取引価値を持つ以上,
  ひとり残らず丁重に保護され,全員が無事に日本に帰還する。

430 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:03:23
あのテレビ見た他大の女子にあの先生結構有名な人なんだよ、って言ったら
「あのおじ様、って感じの人?おしゃれだったね。毒舌だけど」と言ってた

431 :考える名無しさん:2006/11/14(火) 19:44:44
大村氏ねw

432 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 16:06:09
大村はムネムネ会だからw

433 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 22:47:19
アーレントが好きだったのは、伝統でも慣習でも民族でもなく、ハイデッガー
中川センセイはハイデッガーはお嫌い?

434 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 04:29:18
大村は議員になる前に鼻を高くする整形ぐらいはしてほしかった。
彼と山本一太の顔の貧相さは放送禁止にしたほうがいいくらいだ。

435 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 18:29:30
今日の講義受けた人、先週の放送について先生何か話してた?

436 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 23:10:02
なにも話してませんでした。
授業開始前、テレビでの先生の発言のモノマネしてる学生がいたくらいかな

2年ぶりに講義聞きに言ってみたが、本より実物のほうがいいなやっぱり
普通におもろい先生でもあるし 今日ぽろっとロシアを露助って言っててワロタ

437 :名無し:2006/11/19(日) 02:02:06
これで中川先生の授業が最後かと思うと涙がこぼれてくる。


438 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 05:51:20
ぇ? 来年からはもうないの???

439 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 18:55:36
>>438
定年じゃ?
でも私立から御呼び立てがあるんじゃないかな?

440 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 20:25:20
中川先生って自分の息子を訴えたって本当ですか?

441 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 23:02:57
>>423
大村、これは酷いな…ケビン・クローン以下じゃん。

とはいえ、主張の妥当性はおいても、同じことを繰り返しで
止められることもなくしゃべってる中川もたいがいだな。

442 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:31:05
皇国史観研究会 『日本核武装の選択』
http://shikisima.exblog.jp/339450/

しかし、この本の基調となっているものは、あまりにも激越な親米主義と反共主義である。
どれぐらい反共主義が強いかと言うと、僕が読んでいて「あれ、僕って共産主義者の極左だっけ?」と思ってしまうぐらい強烈である。
そして、どれほど親米主義が強いかと言うと、もはや親米主義どころではなく日本がアメリカの五十一州になっているのではないかと錯覚するぐらいである。

443 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:33:04
皇国史観研究会 「愛国」を疑え!
http://shikisima.exblog.jp/423740/

中川八洋氏など、現在「保守」と分類されている者は確かに「反共」と「愛国」を口にするが、
自分は中川氏に思想的共鳴を持つ事は無い。

では、一体何を思想の踏み絵、リトマス紙とするかというと、自分は一に尊皇精神、二に歴史観であると思う。
先の日本共産党、京浜安保共闘、某壷売り教団、中川八洋氏的保守主義者、またはサッカーワールドカップで騒ぐ者達には、
この「尊皇精神」と「歴史観」というリトマス紙をつけてみれば、たちまち化けの皮が剥がれるであろう。
こうした事から、愛国を疑えと言ったのである。

444 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:36:34
皇国史観研究会 『皇統断絶』
http://shikisima.exblog.jp/2052134/

大体、氏の説く所には勉強になるところも、同意するところもあるが、全体的に突っ込みどころ満載であり、はっきり言って「トンでも本」の仲間であるように思えてならない。
笑える箇所、トンでもない箇所に傍線を引いていたら本が真っ赤っかになってしまった。

そして極めつけの台詞は「高森は皇位継承問題の専門家ではない。ズブの素人である。」と言い切っていることだ。
高森氏は皇室に関する著作が何作もあるが、中川氏は今回の『皇統断絶』と、そのあとに時局便乗的に出した二作しかない。
奥付の著者略歴にも「専門は、エドマンド・バークを主に英米系保守主義の政治哲学・憲法思想。フェミニズム、フランクフルト学派、ポスト・モダンなど、現代思想にも取り組む。」とあるように、
「ズブの素人」は中川氏自身である。

これを読んだ時は冗談かと思ってしまった。どうして日本の国体を研究するにあたって、記紀や律令、昔から繰り広げられた国体論を一切かえりみないで、
英米系の政治哲学を研究するのだろうか。自らが皇位継承問題に対して「ズブの素人」で「在日の外国人」ではないのか。

この『皇統断絶』の中で、中川氏は日本共産党とコミンテルンが創作した「天皇制」という言葉を使っているし、
元号は書かれず、西暦ばかりが使われている。それだけではなく「昭和大帝」という言葉を使っている。
これは君主が偉いか偉くないか品定めする西洋の習慣である。
この言葉は裏を返せば、“大”ではない、大した事のない天皇がおられた、という発想につながる。
そんな事も知らない中川氏自身が「無知無学」の上に「不敬」ではないか。

445 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:38:43
皇国史観研究会 日の丸を持って悪いのか!?
http://shikisima.exblog.jp/2365765/

ところが、世間を見てみれば、中川八洋先生や古森義久先生の大好きな、星条旗やユニオンジャックを服にあしらった連中が、お咎めなしでウロウロしている。
片や日の丸の扇子を持っていただけで、非生産的会話を強要されなければならない。
この差は一体何か。

446 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:40:17
皇国史観研究会 7月14日、皇国史観研究会定例会
http://shikisima.exblog.jp/2803755/

特に中川八洋などは『皇統断絶』で昭和天皇、明治天皇に大帝という呼称をつけていますが、中川八洋は病的なまでにアングロサクソン的思想に毒された学者であるのは言うまでもありません。
こうした国民が天皇陛下に対して“品定め”をすることこそが、革命の萌芽であるとも言えます。

447 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:42:32
皇国史観研究会 『皇室消滅』
http://shikisima.exblog.jp/3322469/

中川氏は憂国・尊皇の装いをしているが、他にも『皇統断絶』『女性天皇は皇室廃絶』など、おどろおどろしい不吉なタイトルの人目を引くような本を売らんがため商魂丸出しで出版している。
本当に保守を自認するならばこうした題名は避けるのが常識だろう。

この対談を読んでいて気付いたのは、渡部昇一氏は楠木正成や和気清麻呂などの名前を出して話をするが、中川氏の口からはガンダム以外には、マルクス、レーニン、スターリンとエドマンド・バークが何とかの一つ覚えのようにしか出てこない。
田中康夫なみにカタカナ語が好きな人だ。これが二人の歴史感覚と根ざした思想の違いを物語っているかのようだった。

448 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:44:19
皇国史観研究会 ポチ保守度診断
http://shikisima.exblog.jp/3363250/

あなたはどれだけ親米か?ということで今回、「ポチ保守度診断」をつくってみました。
やり方は簡単。設問の回答に「はい」ならば2、「どちらともいえない」ならば1、「いいえ」ならば0を選んで、合計25問の質問に答えながら数値を足していってください。

尚、今回の設問の作成にあたっては、“ポチ保守”の代表格である岡崎久彦先生と中川八洋先生、ならびに田久保忠衛先生、古森義久先生らの著書と雑誌・新聞への寄稿を参考にさせていただきました。
 さて、気になるポチ保守度ですが、

5以下…生粋の国士
10以下…日本人
20以下…やや親米(渡部昇一レベル)
30以下…かなり親米(田久保忠衛、古森義久レベル)
40以下…アメリカ人(岡崎久彦レベル)
41〜50点満点…生粋のアメリカ人(中川八洋レベル)

 この診断で30以上となった方は以下のサイトを参考の上、崇敬してやまないアメリカの永住権と市民権を獲得して、速やかに日本から退去していただきたいものです。

449 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 21:39:34
>>442-448
おいおい、中川もおかしいが、批判の仕方も低レベルだが

450 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 22:04:56
>>449
コピベにレス、イクナイ

451 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 01:44:55
そんな法律いつできた

452 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 01:49:34
俺、最近の本しか読んだこと無いから、そこまで親米という情報は驚いたな。

453 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 05:33:56
実際アングロサクソンの思想に頼らざるを得ない。
だったらまた朱子学陽明学に戻るか?
ただ天皇の評価をどうするかってのは確かに問題。
馬鹿な天皇も天皇として拝するのか、日本についてまわる問題。

454 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 18:06:43
狂信的親米主義者のスレはここですか?

455 :450:2006/11/28(火) 21:34:27
>>451
初心者かもしれないから、注意してやったんだよ
違ったか
スマンスマン

456 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 01:03:51
新書や文庫はあまり出されないのですね。『福田和也と“魔の思想”』を読みました。毒舌が心地よかった。
他の著書は政治思想でしょうか。書店で手に入りやすいオススメの1冊を教えてください。。

457 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 10:44:14
近くの書店で手に入るのは皇統関係のだけだな

458 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 11:48:14
>>456
『正統の憲法バークの哲学』(中央公論新社)ですね。
英米憲法の入門書みたいな感じです。また帝国憲法への誤解も本書で解けますよ。

>>454
反米唱えるなら対案示せ!大アジア主義でも言うのかい?極左君!!

459 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 11:57:06
>>36
>朝鮮人は帰化しても五代までは日本人と認めないというのも、嫌韓“厨”が学者になったようなもので、率直に言って、俺は、中川八洋はパラノイアだと思う。

大分、前のレスだが中川先生の上記の発言のどこが偏執狂(パラノイア)なんだ?
先生は帰化人は公安上問題あるから朝鮮人の帰化に果敢にも反対されていらっしゃるんだよ。
こういう批判する輩は実は本人が帰化した日本国籍の在日朝鮮人なのではと勘ぐってしまうね。

460 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 19:57:38
離婚で女房を訴え息子を訴え
通常の人間でないことは間違いない

461 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 20:47:03
>460
変わり者なんだ。>>423を見たら、お洒落なおじさまでしたね。

462 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 21:45:13
>456
「大東亜戦争と開戦責任」の特に後編部分がおすすめ。地政学についてだが、これまでのとは趣向が違うがかなり楽しかった。

463 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 22:02:25
>>458
>反米唱えるなら対案示せ!大アジア主義でも言うのかい?極左君!!

私は反米を唱えてはいませんよ。早とちりもいいところです。
中川を狂信的親米主義者と言えば、即、反米=大アジア主義=極左とは、君のような典型的な脊髄反射は久しぶりに見ました。
中川の如き狂信的親米は事大主義でしかないでしょう。私が唱えるのは反米ではなく、狂信的ではない親米・事大主義ではない親米です。
まあ、脊髄反射で人を反米極左呼ばわりする狂信者の君にこんなことを言っても無駄でしょうな。
キチガイ中川を崇拝するキチガイをこれ以上相手にしてもしょうがないので、これで失敬させてもらいますよ。
まあせいぜい、一生中川センセイをありがたがってなさい、事大主義者君。

464 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 22:17:41
>>463
こうやって中川も中川信者も自分から理解者を減らし、敵ばかり作って、孤立していくんだろうな
何だかかわいそうだ

465 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 22:55:42
>>449
低レベルだと思うなら、こんなところに書いてないで、ブログにコメントしてきてね
右翼は怖いから無理?

466 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 11:26:33
中川先生は『右翼』に狙われて大変そうですね。

467 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 21:05:12
で、結局、中川信者は右翼が怖くてコメントできず、2chで文句たれていましたとさ。へたれ信者物語、終わり。

468 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 22:19:23
あのよう
ブログってどこだ?
誰のブログだ?

469 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 22:38:32
>>468
最後はおとぼけか。かっこ悪いなあ。

470 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 01:36:55
【正統の政治哲学】中川八洋を語るスレ【保守思想】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1158293698/


471 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 09:34:23
>>467
山口組の五代目が左翼の故遠藤誠弁護士(暴対法は違憲だと主張、山口組の弁護をした)
と本家で対談した際、五代目、渡辺芳則組長が大東亜戦争は侵略戦争だと発言したんだよ
(元兵庫県警のマル暴刑事の手記より)。『右翼』なら山口組総本部に街宣車で抗議しに
行ったら?まあ生きて帰れないと思うけど。

472 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 11:12:12
ここの中川信者ってよ・・・

中川以上に気違いか?

キングオブキチガイだな

473 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 20:35:22
>>471
お前も随分と単純バカだなあ。俺はそもそも右翼じゃないから抗議に行かないし、右翼の中でも大東亜戦争の評価は決定してないから、右翼が抗議に行く必要はないかもしれないぞ。
それにもう五代目は引退しているから、山口組に対する抗議ではなく、五代目に対する抗議で十分じゃないのか。
中川の弟子はコイツみたいな単細胞ばっかなのか。

474 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 20:42:46
中川は筑波大の恥
逝ってよし

そういえば、もう退官するんだったネ。

475 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 21:34:16
>>471
これか?

渡辺「遠藤先生は左翼だから、弁護団長を頼んでいると山口組も左翼にされてしまうのではないかと心配するものがいる。そこでお尋ねするんですが、共産主義諸国が崩壊した現在、左翼と右翼とはどこが違うんですか?」
遠藤「太平洋戦争の見方が一つの分かれ目で、侵略戦争と見るのが左翼で正義の戦争と見るのが右翼となっています。」
渡辺「そりゃ、あの戦争は侵略戦争に決まってますよ。だって、日本の軍隊が中国や東南アジアというほかの国に攻め込んだわけでしょう。ほかの国の縄張りを荒らしたら、侵略になるのは決まってますわな。」
遠藤「そしたら渡辺さんも左翼だということになりますよ。」
渡辺「それが左翼だというなら、私も左翼ですなあ。」
(「月刊レコンキスタ」94.10.1号)

しかし、ひどい会話だ。それなら、日本国民のほとんどが左翼になってしまう。もうアホかと。

476 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:05:33
ぇ、退官するのか・・・
来年の講義見に行こうと思ってたんだけどなぁ

477 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:32:10
中川にしても、けっきょくアンチ左翼でしかないのよね。
主体性ゼロ。
とにかく共産主義の陰謀ということですべておしまいのインチキ学者。
筑波もあんなの雇ってるようじゃダメだよね。

478 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 00:46:13
>>477
その通り。中川八洋を一言で表せば、親米反共、これに尽きる。結局、それだけのオッサン。
退官した後の身の処し方に興味ある。どうせ渡部昇一や谷沢永一なんかとつるむことになるだろうな。
ジジイ三人で反共党やってればいい。

479 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 02:12:36
親米とはいうけど、あんなじゃアメリカも迷惑だろう。

480 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 04:32:57
たしかに共産主義の陰謀だとはいうけど、それですべておしまいってのはいいすぎですお
主体性ゼロってこともないし・・・
こういう人が日本に何人もいればなぁ

481 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 12:42:40
>>475
それだね。私の情報源は週刊誌アサヒ芸能だった。元兵庫県警暴対課のマル暴の刑事
さんが手記を連載していてその中で五代目侵略戦争発言について言及していた。
「右翼」からの抗議はゼロのようだな。ヘタレだもんな、ヤクザだもんな「右翼」な
んてさ。巨悪には弱い!

482 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 18:06:56
ところで、速水由紀子っていうキチガイがいるのだが、中川氏にボロカスに叩いて欲しいと思うのだが。

483 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 21:42:31
>>480
何人もいられたんじゃ迷惑だ。一人だけでもじゅうぶん鬱陶しいというのに。
共産主義の陰謀だ、あれもこれもルソー主義だ、的なレッテル貼りと、
妄想・願望にもとづく事実誤認以外の芸風があるとは思わんね。

484 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 21:53:22
漏れが思うに、中川は、「つまみ食い」のうまい学者だ。

「正統の憲法」だったかで、H・L・A・ハートの文章を引用している箇所は、
ハート自身がベンサムに、敵意を抱いているかのように記述しているが、
該当箇所は、単なる反対学説の紹介に過ぎず、ハート自身は、人格批判まで
していない。確か、2、3年前の正論でも、ヘルダーリンに関する論争で、
ロマノ・ヴルピッタにその事を指摘され、逆上してファビョっていたように
記憶している。

というかですね、シュミット批判は、妥当であるとしても、イェリネックと
ケルゼンという、犬猿の仲の学者同士を十把一からげに「ルソー主義者」と
言ってみたり、ハーバーマスのコミュニケーション論に対する稚拙な批判を
したりと、専門外の事に噛み付いて読者の失笑を買っているのではないかと、
不安に思う。

ルソーに対する批判、バークの賞賛は、確かにいいんだけれども、同じく
「善玉」のトクヴィルによる、バーク批判も、しっかりと注目して欲しいし、
バーク前とバーク後、スミス前とスミス後で、保守主義は、どう展開したか、
言い換えればどういう変化を見出したのか、という事を真摯に紹介するのが、
真に「偉人」の業績を評価することになるんじゃないかと思う。

485 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 22:12:42
>>484
それって「うまい」って言うのか?

単に断片だけを自分の都合のいいように解釈して、
他人の意見を捏造しては叩いてるってことだぜ?
ただのトンデモ学者というのが正しい評価だろうよ。

ルソーの批判にしても、俺が読んだかぎりじゃあほとんど言いがかりと
言ったほうがいい代物だったが。
奴の「保守」は、保守論者の権威を借りるべく看板として使っているだけ。
その実体は単なる左翼への怨念だけ。


486 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 22:34:15
ここにいる中川信者、中川みたいな真正基地外を崇拝するなんてどういう頭してんだ?
きっと致命的なほど知能が低いんだろうね。


かわいそうな子。

487 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 22:40:44
>>484
なるほどー。

488 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 22:43:44
中川に客がついてるというのもまた事実。

中川の論説が、そういう連中の妄想というか欲求というかに、何やら学術的思
想的な裏づけがあると思いこませるのに成功してるとかいう話だったり
するんじゃなかろうか。


489 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 02:13:17
>>488
ゴメン、頭悪いんでもう少し具体的に!言いたいことはなんとなくわかるが・・

490 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 03:02:09
いやいや、是々非々で評価すりゃいいのよ、中川のここは正しいと俺は思うとか、俺は中川のここの主張はは違うんじゃないかと思うとか
全否定とか全肯定をしようとするから話がややこしくなる

491 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 03:56:10
正しいところが見当たりません

492 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 08:21:20
速水由紀子っていうキチガイがいるんですが

493 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 08:45:27
>>490
正当な議論とそうでない議論が相半ばするというのであれば
それもいいんだろうが、そもそも本人の論調がアレだからなあ。
諸々の思想に対する奴の無差別攻撃のうち、たまたままともっぽい
ものもあった、みたいな議論に意味があるとは思わん。


494 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 13:24:57
そう言ってしまったら実も蓋もないけどな

495 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 01:49:53
白い雪が街を 染める頃にも 君の側にいさせて
私これからも 困らせてばかりかもしれないけど

496 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 10:43:07
新刊書の情報ございましたら教えていただきたく思います。

497 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 17:02:44
英米法

498 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 13:21:06
http://www.ultracyzo.com/cyzo/contents/0612/owabi.html

**以下、125P 4段目後半から******************

宮台 社会から共通前提が脱落すれば、知識人が凋落してエキスパートへと
代替されるのは必然だけど、右翼対左翼の図式がまったく通用しなくなったのは、
冷戦体制後どころか2000年期に入ってから。日本では、いまだにハイブローな
方々がインチキ左翼でいらっしゃり、アンチ・ナショナリズムの立場取りがカッコいいと
勘違いしてるけど、もう無理だよね。

宮崎 インチキ左翼の残像に引きずられている人が多いから、『靖国問題』(ちくま新書)
みたいな本がバカみたいに高く評価されるんだよ。どうして「高橋哲哉は似非左翼だ!」と
いう告発が左翼内部から上がらないのか。「福田和也や宮崎哲弥は似非保守だ!」という
正当な告発は保守内部からちゃんと上がっているのに(中川八洋『福田和也と《魔の思想》』清流出版)。

宮台 小室直樹風に言えば、社会が傾いている時こそ、分析する人や行動する人が輝く。
社会観察をネタにして表現する人間にとっては、今の状況は追い風であるはずだよ。
なぜなら、能天気に人畜無害なことを書いている奴らが自動的にかき消されていくからね。
--------------------------------------------------------
こんなのあったよw

499 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 09:30:57
>>498
本当は保守が真っ先に評価しておかなければならない
関岡英之の評価を森田神にやられてしまったので、おあいこだ。


500 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 10:10:59
もう左翼なんてものはとっくに解体しているのに、それを「保守」が
一生懸命たたいているというのが「右翼対左翼の図式」の本質なんだがな。

自称保守(中川とか)や自称似非保守(宮崎とか)もそろそろ
目をさましたほうがいい。60年代に左翼イジメられた
怨念をいつまでもひきずっているのは無様の一言。

ネットウヨ? 論外w

501 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 10:11:49
>>498
宮台の(インチキ)左翼批判もなあ。左翼は(事実上)終わったんならこういう言い方も無効だと思うのだが。
ポストモダニズムが(事実上)死滅した後に必死にポストモダニズム批判を繰り広げているみたいな滑稽。

まあこの年代以下の論者にみられる、例の「あらかじめ自分の立ち位置を相手より優位に置く為の身振り」
なんだろうけど。

こんな幻影を撃つやり方をする奴は、具体的に「共産党のスパイ」を見抜いてドンキホーテよろしく突撃していく
中川氏の爪の垢を煎じて飲むべきじゃないの。


502 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 10:14:35
>>501
>こんな幻影を撃つやり方をする奴は、具体的に「共産党のスパイ」を見抜いて
>ドンキホーテよろしく突撃していく
>中川氏の爪の垢を煎じて飲むべきじゃないの。

中川の「共産党のスパイ」も幻影だろ。
「爪の垢を煎じて飲む」のではなく「他山の石とする」のが日本語として
正しいと思うぞ。

503 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 10:18:48
つ「ドンキホーテ」

504 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 12:15:50
>>500
今でもウジャウジャ左翼がいるのでしょうがない。

505 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 12:22:54
>>504
気にくわないやつをあれもこれもいっしょくたに「左翼」と
レッテル付けして罵倒しているだけ。
実際には集団としての一体性はまったくない。

むしろ敵としての左翼がいないと存在意義ごと失ってしまう
「保守」連中の都合で「まだ左翼がいる」ことになっているにすぎない。



506 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 13:32:22
中川信者の筑波大生、必死だな
そこの筑波大生よ、お前はもう、死んでいる

507 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 23:05:33
中川八洋先生・副島隆彦先生・八木秀次先生といった諸先生の御高著を拝読し
国際政治・政治哲学・政治思想などをいつも勉強させて頂いております。

508 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 23:28:59
>>507
そいつら読むとおまえみたいな真性のアホになってしまうんだな

509 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 23:54:19
中川、副島ときて、八木を入れる>>507のセンスを疑う

510 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:10:35
中川は八木を厳しく批判している。だから中川を八木を一緒くたにする>>507は中川の本を読んでいないか、読んでも理解できない厨房。

511 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:48:14
みんなキチガイ中川信者に釣られるな。キチガイを見て黙ってニヤニヤするのがこのスレの正しい楽しみ方だ。

512 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:06:01
馬鹿な共産主義者が集まってるね。死ね。

513 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:04:10
>>512
( ´,_ゝ`)プッ

514 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 20:29:20
<丶`∀´>偉大なる中川大先生を非難する者は全員共産主義者ニダ!!
<丶`∀´>共産主義者は全員死ぬべきニダ!!

515 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:30:04
中川先生の思想を理解できないというコンプレックスを持った共産主義者が
その救い難いルサンチマンを解消しようと中川先生や先生の愛読者に対して
的外れな誹謗中傷を繰る広げる姿を見ていると、不愉快や憤りを通り越して
思わず笑い出してしまいそうになる程の滑稽な印象を持ってしまう。

これは悲劇を越えて喜劇、いや悲喜劇だろう。

516 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:15:18
釣れますか?

517 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:35:16
>>516
釣れるよ。かわいそうな子が。

518 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 14:26:49
このスレ中川ひとりで書いてんじゃないか

519 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 15:57:18
1 名前: 右や左の名無し様 投稿日: 02/05/08 15:25 ID:UkSusHPm

スレ立ち上げたから初っ端テーマとして
まずは昭和天皇ヨイショしすぎな個所をプリーズ。
今手元に資料が無くて須馬祖。
でも近衛文麿まで共産主義者だそうだから、
絶対、妄想書き連ねているぞ!
草葉の陰で裕仁氏も苦笑しているだろう、よくぞここまで持ち上げた!
ってのが絶対あるはず!!

520 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 15:57:56
2 名前: 右や左の名無し様 投稿日: 02/05/09 10:54 ID:/W6zSVGG

この人はペレストロイカ末期で沈没寸前の
ソ連の軍事的脅威が大々的に復活するように
フカシテ赤っ恥をかいてますね。

521 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 15:59:05
4 名前: 右や左の名無し様 投稿日: 02/05/09 13:01 ID:TvqeaSYX

40過ぎた女は肉の塊と講演でのたまったそうな。



5 名前: 2 投稿日: 02/05/09 13:11 ID:/W6zSVGG

>3
厨房は嫌いだから。厨房に成田区内から。

>4
左翼系のサイトで騒いでますよね。
20代の漏れにとっても
正直、40過ぎの玉露の方が芳紀18の番茶より
よっぽどお近づきになりたいのに。
彼の講演会には保守オバタリアンなんぞ
ほとんど姿を見せないから、のたまったのかな。

522 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 16:00:45
1 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/18(金) 09:16

筑波大国際総合学類で教官の人事異動の調整が難航し、四月から欠員が
生じたり、選択できる授業が少なくなったりする恐れがあることが、十七
日に分かった。同大総務部によると、同学類の教授や助教授ら教官六人
が三月未で退官したりはかの大学への異動が決まったりしているが、そ
の補充がいまだに決まっていないという。原因について、北原学長は「
(後任人事をめぐって)意見の対立があるからだ」としている。
 北原学長は「対立」について詳しくは触れなかったが、昨年夏、同学
類の教授が学外の会合で「セクハラ発言」をしたとして、十一月の教員
会議で教授に対する非難決議をした。これを不当とした教授が十二月、
同学類を統括する第三学群長に損害賠償などを求める訴訟を起こしたほ
か、今伴一月には、学類長らを名会費損で告訴する事態となっている。

これって、8月25日長崎県町村議会議長会主催の研修会での中川センセ
の、「長崎市長が作った長崎アピール(平和宣言)は正気とは思えない」
「日の丸・君が代(の法制化)に反対した者は非国民。共産党の議員に
税金で金を払う必要はない。」「女は40(歳)過ぎたら肉のかたまり」
「日本は戦争をしないからだめ。戦争をしない民族は退廃する。」等の
ことですよね。さすがここの右翼の皆さん御用達の中川センセだけのことは
ありますね。

523 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 16:03:04
【キティガイ中川八洋筑波大教授語録】
1 名前: 精神病院24時! 投稿日: 2000/02/18(金) 18:24


・家庭論
「少子化で日本は滅びる。男は二号、三号に子供を産ませたら良い。」
「相続税などはやめて、昔のような家父長制の家族制度を再建すべきだ。」
「男女は平等ではない。夫婦別姓も共産党が主導しているから家庭崩壊する。」
「社民党の福島瑞穂議員は共産党から派遣されている。」

・教育論
「1パーセントの子供に英才教育をすればよい。わからない子供はほっておけばよい。」
「学力は暗記力、考えることは必要ない。」

・福祉論
「福祉に国の予算は使うな。自分の力で保険をかければよい。」

・社会論
「米国の銃社会はすばらしい。」

・戦争論
「長崎アピール(平和宣言)はキチガイ。長崎市長はうそつき。」
「日本は戦争をしないからダメだ。戦争をしない国は退廃する。」

524 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 16:07:36
18 名前: 名無しさん 投稿日: 2000/02/19(土) 09:37

レーニン時代の大量粛清について、
「いやー、レーニンはいいことしましたね。なんたって
ロシア人が減るってことは人類にとって素晴らしいことですから」
なんて言ってたな。

525 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 16:09:35
23 名前: >1 投稿日: 2000/02/19(土) 12:33

他にも

・朝鮮なんかに謝罪する必要はない。中国は2005年に台湾を攻撃する。日本の無血占
領をねらっている。北朝鮮はテポドンでグアムを攻撃する。ガイドラインはそのため
のものだ。
・女性は四十過ぎたら肉の塊だ。道徳教育、社会規範の教育は女性にはでき
ない。
・日の丸、君が代に反対したものは非国民だ。日本共産党の議員に税金で給料を払う
必要はない。セクハラ裁判しているのはみな共産党だ
・今の子供はきつね目をしている。父親は子
供をスパルタ教育すべきだ。
・社会保障制度などは官僚の中に日本共産党がが入り込みつくらせている。年金はいらない。自分のことは自
分ですべき。死ぬときには家で死ねばよい。
・NHKの受信料は、その労組が共産党だから、共産党に金を払うようなもの。
・スイスはどの家庭でもライフル銃をもっているので恐
くて犯罪がない。

などと御発言なされたそうです。
この発言をどのようにくみたてれば
背景のある意味ある公園になるのか
いかんせん厨房で大人ではないのでわかりましぇん。

526 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 16:11:03
29 名前: >27 投稿日: 2000/02/20(日) 05:27

1氏が書いた内容の元ネタはココ。
http://www.jca.ax.apc.org/aml/9909/13938.html

長崎市長と長崎市議会議長が中川に発言の真意を質しましたが、
中川は質問書の受け取りを拒否します。

しかし、講演会の主催者側は、報道された中川の発言内容を、
事実と認めたものの、証拠となる講演の録音テープは、今もな
お隠匿されている模様です。
http://www.jca.ax.apc.org/aml/9909/14012.html

さらに、この発言が学内で問題視されると、逆ギレした中川は、
追及者を名誉毀損で告訴するという挙に出ました。
http://www.jca.ax.apc.org/aml/200001/16176.html
http://www.jca.ax.apc.org/aml/200002/16287.html

#この成り行きから察するに、私は「1他は誇張歪曲されている
#可能性」は微塵も感じませんね。

> 彼の専門研究テーマってナンですか?
私も中川が授業で実際に何を喋っているのか興味あります。>25

527 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 17:42:11
中川八洋氏のトンデモ主張を楽しもう
http://tmp.2ch.net/sisou/kako/1020/10208/1020839153.html

うん国際情報誌「さぴ」
http://piza.2ch.net/log/sisou/kako/945/945706468.html

中川八洋先生ご活躍っ!
http://piza.2ch.net/log/sisou/kako/950/950832964.html

【キティガイ中川八洋筑波大教授語録】
http://piza.2ch.net/log/sisou/kako/950/950865872.html

中川八洋スレ(パート2)
http://ebi.2ch.net/sisou/kako/967/967176622.html

2ちゃんねらーはなぜ【中川八洋】をいじらないか
http://tmp.2ch.net/sisou/kako/1010/10108/1010837145.html

Subject: [aml 13938] 中川発言
http://www1.jca.apc.org/aml/9909/13938.html

528 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 18:58:31
ここって電波ウヨの中川と馬鹿信者をヲチするスレだよね???

529 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 20:25:04
とりあえず熟女板住人の俺は中川を嫌いになった

530 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 00:18:07
ここまで正論を吐けるところはエライ
問題なのは、貫き通せないところ
北朝鮮には先制核攻撃しかないんじゃなかったのか
テレビだからって遠慮しないで
貫通、貫通

531 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 11:03:33
正論って威勢だけむやみにいい電波のこと?

532 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 13:11:16
この人、鳥肌実みたいなお笑い芸人?

533 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 19:56:26
それはお笑い芸人に失礼じゃないかな。

534 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 22:56:26
いいや、
ここは、反日クズサヨクやクソフェミが中川先生を
どの程度意識・認識せざるを得ないかヲチするスレだよ

中川先生の本のタイトル見るだけでムカつく香具師とか、
本の目次の言葉見てるだけで身の毛もよだつような香具師が
まだまだいるんだろうな
中川先生、ガンガレ

535 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 23:29:56
夜釣りとは風流ですな。それにしても今夜は冷えますね。

536 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 23:52:02
なんでこのスレ哲板にあるの?

537 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 08:20:44
弟子が立てたから

538 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 01:05:28
そうそう、
先生の本読んでると、
たってくるんだよ、ギンギンに

539 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 16:52:35
アレグザンダー・ハミルトン伝(上)(中)(下)

http://bpstore.nikkeibp.co.jp/item/main/148222447330.html
http://bpstore.nikkeibp.co.jp/item/main/148222447410.html
http://bpstore.nikkeibp.co.jp/item/main/1482224475X0.html

540 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 00:57:42
ハミルトンの自伝、amazonで買ったよ。上はつまらんけど中、下は内ゲバが面白いな。

541 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 05:53:05
「撃論」でアンケートをやってますね。

http://www.oakla.com/gekironweb/gekiron_anketop.htm

「撃論」で世論調査を定期的に実施します。
そのために、準備段階として以下のアンケートを募集します。


安倍首相の靖国参拝について
日本は核を持つべきか
日本は核保有議論は続けるべきか
在日韓国・朝鮮人問題はどうすべきか
「撃論」vol.2で結果発表!

ご意見も募集しております。
編集部にメッセージをお送りください。
・在日問題はどうしたら、解消するか?
・私たちの声は、 どうしたらマスメディアに届くのか?
・拉致問題は、どうしたら解決するのか?
・こんなアンケート、「撃論」でやってほしい
・こんなテーマ、「撃論」で原作にしてほしい





542 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 11:25:41
アメリカについて沈黙している。
生粋のアメリカ人と言われる岡崎久彦は醜態を晒しているというのに
意外としたたかだな。

543 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 12:06:37
ヘタレなだけでは。

544 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 15:08:32
書籍名
悠仁天皇と皇室典範
著者名
中川 八洋 著
出版社名
清流出版
発行年月
2007年1月
価格(税込)
2,100円
ISBNコード
4-86029-190-5



545 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 18:18:20
ついに3部作完結編か

546 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 18:57:16
ついに商売保守の時局便乗三部作、完結か

547 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 22:48:35
先日古本屋で中川先生の「日本政治文化論」を見つけ買いました。
その中に中川先生直筆の手紙が入っていました。
どうやら高校時代の恩師あてみたいです。
いったいどのような学生生活を送られたんでしょうかね?


548 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 23:31:55
表現は全く不適切だと思うが、「時局便乗」はまあいいとしても、
なんで「商売保守」なんだ?
「商売」優先なら、核武装だのと言ったりせんだろ?


549 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 00:26:09
>>548
お前ははっきりいって頭が悪い。核武装論が盛り上がっているんだから、核武装言えば儲かるだろ?
違うか? だから商売保守って言ったんだよ、馬鹿。

550 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 01:31:22
中川先生はずっと前から核武装って言ってるよ。核議論に便乗しているわけじゃない。

551 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 04:50:00
>>547
事実か?


商売保守・・・んなわけないじゃん。
本気で考えているんだよ。
厨を理論化・・・すらしてないな。
中川をいいとこ取りすればいいじゃないかとずっと思ってきたが、あまりにもマイナスがひどすぎる・・・ううむ。

552 :547:2006/12/25(月) 09:22:49
>>551
事実です。

その中で自分の本を皇太子殿下、妃殿下に御進講したということを、
嬉しげに書いておられました。その当時から皇室を大事に思われていたと
思います。

553 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 17:28:14
基地外につきまとわれる皇族もいい迷惑だな。

554 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 18:15:50
まさに田吾作による天皇の政治利用

555 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 20:38:20
中川八洋って、毒舌じゃなくて、たんなるアフォでしょ。


556 :天ノ川 創:2006/12/25(月) 20:41:40
アマテラス降臨!

557 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 00:14:36
教え子がくれた本を売るなんて・・・

ちょっとかわいそう・・・

558 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 14:43:13
死んでから家族が処分したという可能性もあるし。
代々家宝にするようなもんでもなかんべ。

559 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 23:32:31
>>549
お前は、はっきり言うまでもなく、頭が悪い。
中川は、核武装論なんてタブーの時代から言ってんだよ。
国語の読めんチョーセン人参か? お前?
おっと、ついつい中川口調になりかけてしまった。
とにかく、中川先生なんて、批判のしどころはいくらでもあるんだから、
的を射た批判をしたまえよ、きみ。

560 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 16:37:18
中川教授はイラクについては何て言ってるの?

561 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 19:38:35
>>549
>>559
みえみえの掛け合いだな

562 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 21:41:56
核武装は中川よりも清水幾太郎の方が先じゃないのか

563 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:02:48
>>557
OBの書いた本をブックオフに売る自衛隊の施設部隊もいるから仕方ない
本を置けるスペースは限られているんだから家宝でもない限りは売ってしまうのも手だ
渡部昇一とか谷沢永一のように図書館並みの書庫を持っている人のほうが珍しいんだ

564 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:16:36
爆笑太田の番組で中川センセイ大活躍だぜ

565 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 20:22:31
>>564
大して喋ってない

566 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 02:17:00
でてたのかぁ 見たかったな
どんな感じだったんすか?

567 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 10:55:06
>>566
http://www.youtube.com/results?search_query=%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%85%AB%E6%B4%8B

568 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 19:40:23
>>567
その映像での発言とは、別に2006年12月29日放送の『憲法9条を世界遺産に』
というテーマでの中川先生の名セリフがこちらだ。

中川八洋「日米が合作で作った憲法と称すること自体がおかしい」
中川八洋「軍人というのは自分の生命より国家の方が上位にある。国防というようなものを
貶めるということは日本人としての品格とかその倫理道徳性を貶めるということに通じる」

569 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 23:50:41
>>498
> どうして「高橋哲哉は似非左翼だ!」という告発が左翼内部から上がらないのか。
浅田彰がやっている。

570 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 23:59:00
中川先生は筑波やめたら上記の太田総理やTVタックルのようなお笑い系政治番組のコメンテーターになられるのでしょうか?
どのようにされるのでしょうか?

個人的には本来の専門である比較政治学と国際政治学の本をたくさん出して欲しいですね。。

思想関係は・・・全て共産主義の陰謀で終りなのでもういいです・・・(笑)



571 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 17:52:44
いや、誰か保守側の人間が、中川八洋の研究などという本を出して、中川の最低の人間性をぶった斬ってほしい。
左翼じゃなくて、保守側の人間にお願いしたい。
中川八洋の精神こそが朝鮮人の暗部に酷似していると!
中川は、どう反論するだろうか?

572 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:32:54
>>571
中川に研究するほどの存在価値はありません

573 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 01:57:58
>>570
>個人的には本来の専門である比較政治学と国際政治学の本をたくさん出して欲しいですね。。
もう時代に遅れすぎてるので、ポリサイの最新のところに追いつくことはできません。
かといって歴史家としても史料を読んだりまともに史料批判する能力なんてまるでなさそうなので
そっちで仕事をするのも無理でしょう。

保守論壇で吼え続ける以外彼の進む道はないのです。そっちの方が儲かるし

574 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 11:51:21
どっちかというと政治思想板の人なんでは?

575 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 20:00:09
>>571
>いや、誰か保守側の人間が、中川八洋の研究などという本を出して、中川の最低の人間性をぶった斬ってほしい。
左翼じゃなくて、保守側の人間にお願いしたい。
中川八洋の精神こそが朝鮮人の暗部に酷似していると!

あのう・・・。保守側の人間で「最低の人間性」でない人、「精神が朝鮮人の暗部に酷似」していない人なんているんですか・・・。
中川と似たり寄ったりの人しかいないような気がしますが・・・。

576 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 20:08:39
中川から見ればエセ保守なんだろうが、福田和也は違うといえるんでは。
人間性はともかく、コンプから来る仮想敵叩きみたいなものはないとおもう。

577 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 21:40:14
最強の反動思想家 ドノソ・コルテス

(貼り付け開始)

ドノソ・コルテス
19世紀で最も強力な反動思想家、カトリシズムの守護者。マルクスもバクーニンも彼を最強の敵だと認識していた。
かのカール・シュミットは唯一にして、最高の師として彼の名をあげ、「彼に比較すればエドムント・バーグの論の
ごときは参照にも値しない」と言っている。この著作の邦訳の全くない、謎の反動思想家について語り合ってみよう。

このコルテスにかぎらず、同じく有名な反動思想家のジョセフ・ド・メーストルの著作についても邦訳は全くない。
一体何かを畏れているのか?ドノソ・コルテスについてとりあえず知りたければまずはカール・シュミットの著作を
読むこと。あらゆる統治権力はそれが「統治権力」だというだけで、絶対悪である。バクーニンやプルードンのよう
な真のアナーキストはそのように考える。それならばだ!あらゆる統治権力はそれが「統治権力」だというだけで
問答無用の絶対善、正統なものである(!!)とまで考えない限り、彼らアナーキストに本当の意味で対抗すること
などできない。そしてまさにそこにまで到達する真の「反動思想家」がコルテスなのである。


578 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 21:43:43
ここの住民は中川が統一教会の信者って事は知ってるのかな?
あの韓国のキリスト教系カルトの信者なんですよ。

579 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 21:45:48
日本の保守は何を守ろうとしてるのか誰か教えて

580 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 22:47:48
>>574
中川さんが政治思想の本を出すようになったのはソ連崩壊後です。





581 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 23:44:45
>>578
だから渡部昇一と仲が良いのか。納得。

>>579
簡単でしょ。論壇での自分の地位w

582 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 00:06:23
魁!清谷防衛経済研究所 ブログ分室
http://kiyotani.at.webry.info/

筑波大学中川八洋教授、異議あり その@
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_39.html
筑波大学中川八洋教授、異議あり そのA
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_47.html
筑波大学中川八洋教授、異議あり そのB
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_48.html
筑波大学中川八洋教授、異議あり そのC
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_50.html
筑波大学中川八洋教授、異議あり そのD
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_51.html
筑波大学中川八洋教授、異議あり そのE
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_53.html
筑波大学中川八洋教授、異議あり。F
http://kiyotani.at.webry.info/200503/article_58.html

583 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 02:38:35
>>575
とりあえず貴殿が中川の人間性と似たり寄ったりだということは分かった

584 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 07:20:44
マッカーサーが連れてきたニューディーラーの正体

日本の戦後は、アメリカの政界の最も悪質な部分である「ニューディーラー」たちによってつくられた。彼らニューディーラーたちは、
1930年代のアメリカのリベラル勢力である。彼らの代表がフランクリン・ルーズベルト大統領であった。この一部が敗戦直後に
マッカーサー元師の取り巻きとして日本にも上陸した。この者たちによって私たち日本人は、敗戦直後から現在までずっと管理・教育
されてきた。この事を英文で書くと次のようになる。
The‘New Dealers'(i.e the prototypical globalists)brought int japan with their ideeas that brainwashed the japanese people
during the Occupation years.As a result,japan has led a sheltered existence for the past half-century from the rest of
the world in terms of prevailing political thoughts,thus creating a one- domineted ruling class. This ruling class then
intentionally isolated the country from the outside, in order to maintain control over the japanese people.
上の英文の訳
ニューディーラー(すなわち、グローバリストの初期の形態)が、占領時代に日本に彼らの思想を植えつけた。その後、それらの
意図的な思想が、日本国民の思考の中に根づいた。だから日本は、この半世紀の間ずっと、世界中で通用している本物の政治思想
や考え方から壁を作られて遮られてきた。そして国内に専制的なひとつの支配階級をつくった。この支配層は日本国内の支配を
維持するために、日本を外側世界と意思が通じない状態に置く原因をつくった。この英文を、自分の友人や知人のアメリカ人や
イギリス人その他の英語圏国民に見せてみとよい政治問題に関心のある少し知的な英米人であれば、必ずそれなりの興味深い反応
を示すだろう。もし、本当に頭の良い賢明なアメリカ人であったら、「どうして、お前は、このことを知っているのだ?」と驚
かれたあとに、さらに多くの恐るべき真実をあれこれ語ってくれるだろう。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P33〜34


585 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 07:22:02
「戦後民主主義万歳」みたいなことを長年書いてきた知識人たちは、このことに自覚がない。
欧米では、戦後の日本社会のことを「ニューディーラーが植えつけて育てた日本体制」と呼んでいる。
これを英語では、‘New Dealr ingrained japan system.'(ニューディーラー・イングレインド・ジャパン・システム)と言う。
引用は副島隆彦「日本の危機の本質」P296

社会党や日教組、それから戦後日本共産党という「反戦平和・護憲、再軍備反対、海外派兵阻止」を主張する勢力は、
ソビエト・ロシアによって作られた勢力ではない。
これらの勢力は、実はマッカーサーが憲法典と共に予め意図的に日本の戦後体制の中に仕組んだ装置であった。
引用は「日本の秘密」副島隆彦 P22


586 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 08:43:57
副島隆彦は中川の事を国際勝共連合の賛同者であり、CIAのインフォマート(情報提供者)と名指しで指摘しています。
そして中川の近衛文麿研究やルーズベルト理解にもそのうち鉄槌を下すと宣言している。
「属国日本論を超えて」P121〜122


587 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 10:39:51
副島と中川ってキャラクターが被る。

588 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 11:33:44
つか、全員キャラ被ってるだろ>保守屋


589 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 12:38:15
キャラが被らない保守
北岡伸一とか御厨貴とかイオキベマコトとか
まあ2chだとイオキベ先生はサヨ扱いかな?

590 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 00:45:40
ところでみなさんは昨年末の旧KGB暗殺事件を中川先生は予測されていたと思いますか?

最近の皇室関係の本でやたらいつも以上に人をKGBの手先扱いしてたし。
ニュースによると最近プーチン政権下で旧KGBの勢いが増しているそうですが、
もし中川先生がこのような事件が起こることを見越して書いていたならすごい・・・



591 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 03:49:35
>>589
みんな歴史学者ね。
それにその辺の人は、中川・渡部・中西輝政あたりの「本業保守評論家・副業大学教授」な人たちと違って
「本業教授の副業評論家/政府ブレーン」みたいなキャラの人たちだと思う。学者としての業績もあるし。

ちなみに、下の本によると五百旗頭・北岡ぐらいじゃ、論壇保守的には「エセ愛国者」らしい。
渡部昇一・新田均・八木秀次『日本を貶める人々――「愛国の徒」を装う「売国の輩」を撃つ』(PHP研究所、2004年)

592 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 17:28:35
>渡部昇一・新田均・八木秀次
いやあ、なんと香ばしいトリオだろうw
本も題名もアレだし
中西教授も思った以上にアッチの世界の住人だと最近しったよ

593 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 17:44:14
保守言論人で残ったのが
渡部昇一、小林よしのり、西部邁、長谷川三千子、櫻井よしこ。

ダメなのが
中西輝政、岡崎久彦、福田和也、田久保忠衛、古森義久。

微妙なのが
八木秀次

イラク関連で沈黙しているため助かった?のが
中川八洋

今はこんな感じの構図

594 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 18:11:21
統一教会の下僕・中川八洋。中川こそが反日・朝鮮人だということが露見したな。

595 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 22:57:52
>>593
碌なのいねぇw

596 :考える名無しさん:2007/01/07(日) 22:13:49
>>130
最新作「悠仁天皇と皇室典範」で中西輝政さんの核武装論を自分の
「日本核武装の選択」の盗作と怒り心頭です。

597 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 02:03:33
熟女板住人による中川八洋観

20 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/01/06(土) 16:42:56 ID:???0
>>18
あまりにも電波なので保守言論人の多くにも呆れられている中川八洋筑波大教授が
「女は四十過ぎたら肉の塊」
だっけ、そんなことを言っているらしいが、本当かね。
コピペがあるが・・・中川なら言いかねないね。

21 名前:名無しさん@ピンキー[sage] 投稿日:2007/01/07(日) 02:45:49 ID:???0
>>20
そりゃきっと若い女に振られて熟女ならと思ってまた振られたんだよw

598 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 21:39:53
中川さんを見てるとドラゴンボールの鳥山明さんを思い浮かべるよ。。。

ドラゴンボールは次々に強い敵が出てきてそれを倒しての繰り返しのまんねりで。

中川さんも次々に「左翼」「共産主義者」が出てきてはそれをたたいて。。

本当は中川さん自身こんな左翼たたきやめたいんじゃないかな。。
自分は会ったこと無いけど本当はいい人ってきくし。。



599 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 22:30:18
>>598
そりゃあ、どんな人間だって、いいところは一つくらいあると思うぞ。
何から何まで目茶目茶な人間というのは、、、、、、いるかも知れないがな。

600 :考える名無しさん:2007/01/08(月) 23:57:48
>>165

「悠仁天皇と皇室典範」では富田さんの父親が「コミュニスト」と
決め付けてるだけでした。

中川センセイは以後このような事態が起きないよう宮内庁を解体し
皇室の職員を全て皇室財産で運用するよう提案されています。
(現在は霞ヶ関の普通の役人がやってる)

そうすれば徹底したイデオロギー検査が行えるとのことです。

601 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 05:17:25
皇室も民営化かw

602 :600:2007/01/09(火) 16:57:22
すいません。間違えました

中川センセイが提案したのは
@現在の宮内庁長官(羽毛田伸吾)次長(風岡典之)をただちに解任すること。
A今後の宮内庁長官と次長は、旧堂上公家から任用し、霞ヶ関官僚の天下りポスト
 にさせないこと。宮内庁人事は天皇・皇族のご意向を重視すること。

603 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 18:05:42
中川先生の新刊今読んでる
準備中に丸山とフランクフルト学派にバーク保守主義の哲学と外交、
ハミルトン哲学と米国憲法が追加されてました。
英米系の保守主義みたいなの個別にこれからやっていくみたいです。


604 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 18:21:21
ttp://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1168319432/
>「政府も党も軍も財閥も一つにまとまって
>いる中国人社会の怖さを知るべきだ」と主張する。

この市長さんは諸君や正論で中川さんや八木さんの文章を
読みすぎたのかしらん


605 :考える名無しさん:2007/01/09(火) 20:43:43
方向性は賛成だけど、知ったかぶりして言ってる感じだね。

606 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 19:34:39
>>596
中西輝政を「オレオレ詐欺師」呼ばわりワロタ

607 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 04:27:45
『悠仁天皇と皇室典範』

八木ら民族系論客は、本を全く読まない。いわんや研究など決してしない。
学的能力は何もない。しかも、彼らの日常と本性は、左翼人士と同じく、やたらに
徒党を組む運動家である。学者ではない。このため、極度に知的水準が低く、
自分たちの言動の半分が天皇制廃止に直結していることを自覚できない。
彼らの女性宮家論や養子論は、この典型である。
-------------------------------------------
相変わらず飛ばしてます。

608 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 00:52:37
>>607
俺は中川八洋なる言論人を知って、十年ほどになると思う。
段々と精神異常度がupしてきていると思うのだが、いかがだろうか。

609 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 23:52:48
>>608
そうですね。。10年ほど前といえば「近衛文麿と・・・」「正統の哲学・・・」
の頃ですよね?

確かにあのときが最盛期だったかもしれませんね。なんか最近の皇室論や
福田本見てもマンネリ状態になってただ罵詈雑言投げつけてるだけって感じ
ですよね。。

あの時はあまり売れてなくてしっかり研究できる時間もあったんでしょうが。。
最近は準備中の本が何冊もあって一冊一冊がやっつけ仕事になってる気がします。

個人的に「近衛文麿と・・・」の後半部分にはぞくぞくしながら読んだ
覚えがあるのであれに匹敵するような作品をたまには出してほしい。。


610 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 02:59:36
いや、15年ぐらい前なら、テレビにもよくでてたよ、深夜だったけど
当時はあまり売れてなくてって、何を根拠に?
雑誌論文も、純保守系の正論とかだけじゃなく、中央公論なんかにも載せてたしね
ただ、方向性は、当時は、反共・反ソの外交軍事専門家って感じだったけど

611 :609:2007/01/13(土) 14:04:15
>>610
自分が書いたのは「15年ぐらい前」ではなく「10年ほど前」です。

これは自分の印象論ですが中川先生って80年代と2000年以降によく売れてて
90年代はあまり本を出していないという感じですがどうでしょうか?

612 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 21:33:52
お前ら中川先生のことをバカにするけれど
中川相手い訴訟起こして大恥かいた猪木正道のほうがバカだし
猪木氏を防衛大学の校長にした親方日の丸もバカなんですよ

613 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 21:43:56
反共だから何でも共産主義者のせいにするのは理解できる
しかし同じ保守勢力の人間とわざわざ内ゲバするのは理解できない
誰が得するんだよこの本は、ってのが多すぎ
似たようなことをするなら頭数は多い方がよいに決まってるってのに、頭おかしいのか?

614 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 23:28:54
>>613
中川さんは自分が目立ちたいだけです。
大体中川本の論法は「左翼」「共産主義者」は巨悪、狂える天才。
そして「保守」は阿呆ばっかで巨悪に立ち向かえるのは自分だけという構図
がパターンになってる。

615 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 23:32:31
まだ副島ほどには突き抜けていない。

616 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 02:25:17
>>607
>八木ら民族系論客は、本を全く読まない。いわんや研究など決してしない。
>学的能力は何もない。しかも、彼らの日常と本性は、左翼人士と同じく、やたらに
>徒党を組む運動家である。学者ではない。このため、極度に知的水準が低く、
>自分たちの言動の半分が天皇制廃止に直結していることを自覚できない。

あれ つばが じぶんに かかっているよ

617 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 10:06:45
日本と自由世界の安全保障研究会
http://www5d.biglobe.ne.jp/~anpoken/


618 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 17:14:04
中川先生の影響でバーク読んでみたけど、それ以外だとあんまり見つからないんだが
英国の憲法学みたいな本、誰か薦めるください。

619 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 22:43:30
自分も中川先生の影響で地政学を少しばかりかじっています。
中川先生の本に出会わなかったら今頃手に取ることもなかったと思います。
中川先生感謝です。

あと自分がもう一人影響を受けた在野の研究者として匠雅音先生を
2チャンネルでも紹介しときます。

「匠研究室」http://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/


620 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 23:05:14
確かに「近衛・・」の地政学の後編部分は見事でした。おもしろくて自分が地政学にも興味を持つようにもなりました。
だが八木のような親交のあった同じ保守論客にまで人格否定を行なうのには背筋が凍りますな。ここまで罵倒するとは・・ 共産主義者とはいえ旧友だったハリウッドの人間を売るような真似はしなかったレーガンとは大違いだ。

621 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 23:35:50
>>620
私はリアルタイムで見たわけでもないし、赤狩りとレーガンに
ついて深く調べたわけではないのですがwikipediaにはこう書かれて
います。

レーガンは、映画俳優組合(SAG)の委員長の立場でありながら上院議員
ジョセフ・マッカーシーやリチャード・ニクソン率いる下院非米活動委員会
に協力し、「ハリウッドの赤狩り」(=マッカーシズム)に手を貸した。

ただ中川さんのあの他人に対する人格否定は
おっしゃるとおり背筋が凍る感じがするのは確かですね。
いったい何のつもりなんでしょうかね。
あれをそのまま出版社の良識も疑いますね。

622 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 23:44:45
>>612
俺は中川の全てを否定なんかしてないよ。
人格に問題があると主張しているだけだ、精神異常者であると。
学問的に合ってるか間違ってるかまで、俺が検討できる分野は少ないよ。

猪木なんて名前を出すなよ、中川とは別のタイプでおかしい人なんだから。

>>613
だから、頭がおかしいんだって。
俺が俺が、なんだよ。
自分が最高なんだよ。

皇室問題を発言し始めたとき、高森攻撃で、高森は皇室の専門家じゃない、皇室の専門家というのは、著書、論文、うんぬんと書いていたが、
中川はどうだったかねえ?
高森より、著書も論文も少なかったのでは?
(もちろん、皇室問題の発言の中身は、高森より中川のほうが正しいけど)

>>616
中川の言ってることって、全部、自分に跳ね返るんだよ。
朝鮮人を批判するけど、お前の人格が、朝鮮人の暗部とそっくりなんだっつーの。
保守言論界の恥だね、これ以上、放置はできないと思ったので、俺は、中川を叩き始めた。

623 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 23:45:33
622ですが、皇室問題の著書、論文という意味ですよ。

624 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 23:55:39
〉621
ウィキはちょっと怪しいのがありますね。よく言われるマッカッシーと下院非米活動委員会とは本来無関係です。彼はどっちの議会議員でしたか? まぁ様々な文献を調べてみたらいろいろ分かりますよ〜

625 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 00:21:26
中川センセイって昔はそれほど口汚く無かったですよね?少なくとも本では。
あんなんで科学技術庁の官僚なんて務まったのか不思議です。

確信犯なのでしょうか?それとも素なのでしょうか?

626 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 08:22:25
>>621
結局ね、人格は朝鮮人の暗部と同じなんだよ。
汚いボキャブラリーとか、朝鮮人に一切の例外を認めないとかね。日本人のメンタリティじゃないよ。
自分が朝鮮民族の欠点と同じメンタリティだということを、おめでたいことに中川本人は全く自覚していない。
人のふりみて我がふり直せってことだよ、でも、限界を超えてる。
中川は、俺は、重度の人格障害、精神異常者であると思う。

出版社は、中川の学問を評価しているんだと思う。
中川の学問は、いいと言う人もいれば、悪いと思う人もいる。それでいい。
当たり前の話だよ。

>>625
俺は、悪口でなく、本当に中川を精神異常者だと考えています。
人格障害が悪化していったのだと推定します。

中川の学問に対しては、是々非々で判断すればよろしいと思います。
私は、賛成できる分野は幾つもあるし、反対する分野もあるし、自分が評価できる分野じゃないものもあります。

627 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 09:41:56
>>618
バークでなくハミルトンですが、下の本は、ザ・フェデラリストが書かれたときの
時代背景を膨大な資料を元に書いてくれてますので、ハミルトンのことのみならず、
ザ・フェデラリストの理解もしやすくなると思います。ザ・フェデラリストの
読者には必携の本です。

アレグザンダー・ハミルトン伝~アメリカを近代国家につくり上げた天才政治家
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822244741/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4822244733/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482224475X/


628 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 17:56:24
>>619
の紹介してる匠雅音さんは「核家族から単家族へ」という本を書いている
方ですね。自分も勧めます。

中川八洋さんはその本を「悪書」としています。

「教育を救う保守の哲学」P57
中川:この福島瑞穂氏のプロパカンダに続くのが「非婚のすすめ」「核家族から単家族へ」
などの悪書です。 

ちなみにこの「核家族・・・」は自分の中では5本の指に入る名著です。
そのうちの1本は中川さんの「日本核武装の選択」です。
男性フェミニストの方ですがそこらのフェミニストとは全然格が違います。
ここにいる中川「信者」の方も解毒?に一度読まれては
いかがでしょうか?

http://www.amazon.co.jp/%E6%A0%B8%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E5%8D%98%E5%AE%B6%E6%97%8F%E3%81%B8-%E5%8C%A0-%E9%9B%85%E9%9F%B3/dp/4621052292/sr=1-2/qid=1168851147/ref=sr_1_2/503-9434818-0638368?ie=UTF8&s=books




629 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 21:56:44
中川先生の学問を自分の独断と偏見で順位をつけました。

核戦略>地政学>>英米哲学>歴史認識>周辺国脅威論>国内時事

皆さんはどうですか?

630 :考える名無しさん:2007/01/16(火) 22:43:51
八洋はいい先生だと思うよ
彼の著書はブックガイドとしては優秀だ
八洋の言う良書も悪書も読むようにすればけっこうな知識が身につくし、
大体の人間は本文を読んで八洋の人格を疑うだろうから
小林よしのりのように崇拝の対象にはならない
本当にね、八洋が処世術や自分を客観的に見ることを知っていたら
今頃は保守派の有力者になっていたと思うよ

631 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 18:26:00
中川八洋著「中国の核戦争計画」読みました。

P257
第T部の第1〜3章については、米国の対中政策の転換を訴えるなど、
米国と台湾においても読まれることを念頭において執筆されている。

中川先生は海外で有名なんですか?


632 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 20:22:15
>>631
多分、知られていないと思う。

633 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 21:20:25
「日本核武装の選択」

P170
だが、イスラエルは自衛権を大義名分にして一九八一年六月、イラクの
オシラック原子炉をこの理由において空爆し破壊した。私はすぐに、
(私の仮説を実行してくれた)イスラエルを支持する論考を「中央公論」
一九八一年八月号に発表した。

これは中川センセイが思いこんでるんじゃなくて。。
本当だったら結構すごい。。


634 :考える名無しさん:2007/01/19(金) 11:23:00
>630
その通りだと思う。他の学者とはレベルが違うと思う。
だが、あの批判の仕方もレベルが違うのであんま認められないんだろーな。
実に惜しい

635 :考える名無しさん:2007/01/19(金) 13:30:33
「816」崎谷博征(さきたに・ひろゆき) SNSI研究員 の 新刊 『グズな大脳思考 デキる内臓思考』 を紹介します。
浅薄な「合理主義的思考」に代わる新しい思考法は、現実の生活にも大いに役立つ思考法です。2006.12.24
副島隆彦が文末に加筆しました。2006・12・26
http://snsi-j.jp/boyakif/wd200612.html#2401

この日本の土人の知識人階級の人間たちには、この「ネイティヴズム 対 ビヘイビアリズム」という、
ヨーロッパ近代思想の土台 ( 基礎、岩盤、インフラ、基本枠組み)が分かっていない。この基本の
土台のところの、思想用語は、今、日本全国で、合計500人も理解していない。この国は、その程度
の土人の国なのです。そのくせに、高度情報社会で、高度技術大国だとまだ、勝手に信じ込んでいる。
もうすぐ同じ東アジア土人国である、中国にも、韓国にも追い抜かれるだろう。
日本の全国の大学知識人のうちの、社会学・政治学・政治思想あるいは「哲学」などの 専攻 の大学
教授たちであっても、この Nativism (ネイティブズム、人間の知能の生来決定主義)と、Behaviorism
(ビヘイビアリズム、人間は学習で知能が増す主義 ジョン・ロック主義) の巨大な対立軸のことを
知らない。かすかにも知らない。本当だよ。彼らと話してみるとよい。だから副島隆彦の本を自ら進んで
読んで、粗(あら)っぽくでも、西欧の近代学問の枠組みを知った君たちは、日本の国内水準は、軽く
抜いたのだ。
(中略)
私の書いた主著の『世界覇権国アメリカを動かす政治家と知識人たち』(講談社プラスアルファ文庫刊、
2000年)をしっかり読んで震えるような感動を味わった者たちだけが、共有できる、日本における
世界政治思想理解の、素朴な基本段階の、初歩ではあるか、荒削りの世界水準に、何とか到達している
段階だ。
この思想勉強の作業が出来ていない者が、いくら、この学問道場に近寄ってきても、どうせ、土人
(原住民とも言う)だから、何も分からない。 分からないものは、分からない。分かったふりさえ
も出来はしない。私に、堂々と対論を申し込む人間もいない。臆病者どもの、卑屈な人間たちだ。

636 :考える名無しさん:2007/01/19(金) 14:05:46
やっぱり副島が一番笑えるな。

637 :英語できない人:2007/01/19(金) 18:35:05
中川さんにはもうあちこちの専門外の分野に手を広げる余裕があるなら、
自分の専門に関して重要だけど翻訳されてない文献や入手しにくい
文献を翻訳していってほしい。


638 :考える名無しさん:2007/01/20(土) 00:49:03
前から気になっていたんですけど・・・
中川八洋の専門って何ですか?

639 :考える名無しさん:2007/01/20(土) 14:02:22
>>638
70年代 科学技術(科学技術庁時代)
80年代 比較政治学・国際政治学
90年代 近代保守思想
00年代 皇室論

お好きなところをどうぞ

640 :考える名無しさん:2007/01/20(土) 14:34:38
会ったことないけどきっと熱しやすく冷めやすい人なんでしょうね〜
普段や授業でも本のようなノリなんでしょうか?

もし教え子が天皇制廃止論者・共産党員・非武装中立論者等の
自分と意見が合わない場合どのような接し方をしてるんでしょうか?

641 :考える名無しさん:2007/01/20(土) 22:08:21
〉640
授業の時は毒舌を交えながらにこやかに説明してますよ。だけど授業の最後には質問や意見wを必ず求めていますし、学生相手にも真摯に取り組んでる気がします。
意見が合わない場合?
ニコニコしながら「この子は共産主義者か〜」って思うらしいです。

642 :考える名無しさん:2007/01/20(土) 22:57:27
>ニコニコしながら「この子は共産主義者か〜」って思うらしいです。
なんかコワいよw

643 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 00:20:19
なんか中川先生の本を読んでると普通に大学で授業している光景が想像できん。
「教育を救う保守の哲学」読んでも自分が筑波大でどのような教育を
実践しているかとか不思議なほどでてこない。
それに授業どころか生活臭って言うのかそういうものも感じ無いし。

一回中川八洋先生の自伝を読んでみたい。書きそうにないけど。。

644 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 06:54:45
>>640
講義は真剣そのものだったですよ。変なシャレを言いながらですが。
「モドロウは共産主義に戻ろうとしている」とか。「朝日新聞はちょうに
ち新聞と言うのだ」とか。ただ、講義前の予習は相当やっていたようだ。
参考文献もけっこう良い本が多かった。たとえばマッキンダー、コリン・グ
レイ、スパイクマン、アダム・B・ウラムとか。
 本の内容の過激さと講義は別ものみたいな感じがした。
 ただ、本人は本を書くことは、画家が絵を書くようなもので、一種の芸術
活動たとも言っていました。
 
 

645 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 09:55:51
>>641
>授業の時は毒舌を交えながら・・・

毒舌って「土○たか子の息子」とかですか?

なんかこの言葉妙に印象に残ってる。。

646 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 11:02:06
授業でポツリとダイアナは地雷埋設した野郎の愛人だったくせに地雷撤去をやったりしてとんでもない偽善者だ。
死んでもよかった、とおっしゃっていました

647 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 18:36:26
>>646
あの本で他人の人格を否定するような言葉使いは、何か哲学・理由が
あるのでしょうか?

648 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 19:10:17
いいえ、全くないと思います。強いて言えば有名な学者を批判することにより後に中川先生の言説がピックアップされるのを狙っているかと。
まぁ本とは違い普段は品のある方ですよ。

649 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 20:35:05
そんなじゃますますピックアップされるわけないのにね・・・

しかも大物というならもっと世界的な大物や、自分の東大・スタンフォード
大学院時代の恩師を批判すればいいのになにかチンピラにしか見えん。

今まで自分は中川は何か借金をかかえてどうしても本を売るために
注目されるためにあんな言葉使いをしてるんだと思ってた。


650 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 23:58:31
これから丸山眞男を批判するみたいだし、リデル・ハートを「近衛〜」の地政学の部分で批判してたからいいんでは?
まぁハート批判はなかなか的を射ていたのは確か

651 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 20:35:01
東大の宇宙工学出てスタンフォード大学院卒業して、
科学技術庁で何かの国連関連の日本政府代表をやった・・・

こんな輝かしい過去があるのに今は保守論壇で内ゲバを繰り返して、
キチガイ扱い。

おそらく世界で通用する頭脳や判断力を持っていたんだと思うけど
人って変わるもんですね(悪い意味で)
そういう自分は中川センセイの本10冊以上持ってるんだけど。。あのキチガイ
じみた言葉使いが残念でなりません。

>>648
ところで自分は>>631
だけど結局「中国の核戦争計画」は外国語訳されたんでしょうか?
今でも国内の一般人にはあまり知られて無いところ(海外)で
すごい仕事してるのかと。。

652 :648:2007/01/23(火) 23:08:45
〉651
うーんわからんです。訳されてないんじゃないですかねぇ。

日経サイエンスに核兵器関連の寄稿していた時には元科学技術庁の核〜課課長補佐、って記載されていましたし、IAEAの日本政府代表、すごい肩書きですな。

653 :考える名無しさん:2007/01/23(火) 23:24:33
>>651
>今でも国内の一般人にはあまり知られて無いところ(海外)ですごい仕事してるのかと。。
なんでそう思うのかわからないけど、一冊もまともに翻訳された業績はないよ。

アメリカの研究を見てると、日本政治研究の人がいわゆる「先行研究一覧」として、
"Japan, the Welfare Super-Power"を載せることぐらいはあるけど
(元々『中央公論』に載った「日本こそ世界一の福祉超大国だ」を自分で英文化した奴)。
これは>>639の80年代に核戦略とか論じだす前の、70年代の末に書いた奴だね。

後は日本の「新興ナショナリスト」としてその後の姿を石原あたりと一緒に紹介されたりするくらい。

>何かの国連関連の日本政府代表
これも勘違いじゃなかろか。10年ちょっとのお役所勤めじゃ課長補佐が席の山だよ

筑波今年で退官だけど、紀要でも退職記念号とかなさそうだなあ。

654 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 00:12:46
英語wikiに中川八洋の項目は?

655 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 00:42:52
>>654
http://en.wikipedia.org/w/index.php?title=Special%3ASearch&search=yatsuhiro
にゃー

656 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 09:30:19
>653
いやキャリアで入庁して課長補佐やれば十分すごいだろ・・
お前民間企業の課長補佐と勘違いしてないか?w

IAEAでかなり物議を醸し出した発言したのは著書にも書いてあったな

657 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 11:21:50
>>656
ましてや技官も対等の科技庁なら
キャリアで課長までは当たり前。その上になるとまた別という話

ノンキャリで課長補佐なら「十分すごい」になるけどさ


658 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 11:51:40
ましてやが意味不明になっちゃった
ごめん

659 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 14:22:52
いや意味不明なんかじゃないって

い い よ い い よ

660 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 15:26:44
なんで八洋さんは科技庁の官僚やめて筑波の教授になったんですか?


661 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 20:55:01
>>654-655
ここには中川信者がたくさんいるみたいだから、誰か、英語のwikiに中川の項目書いてやれよ

アッ

褒め殺しだったのか

662 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 21:48:42
>>660
筑波大学の設立準備委員になったから。彼は米国に留学したかった
らしい。それで旧文部省から設立準備委員になるなら、スタンフォード
に留学してもいい、というようになった。
 ただ、本人は、筑波の教授より、官庁の局長や大会社の社長のほうが
魅力も感じるし、これこそ男子の本懐だとも言っていた。

663 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 23:15:48
もともと学者になるつもり無かったわけですね。たしかに本を読む限り
学者って感じまったくないですね。

社長になりたいなら山本七平さんの山本書店みたく、中川書店でも
立ち上げたらいいのにね。保守主義と核戦略関連書籍専門の。

宇宙工学専攻したということはやっぱり小さい頃の夢は宇宙飛行士
だったのかな〜〜

664 :考える名無しさん:2007/01/25(木) 00:47:06
そういや授業中にポツリと「今だったら外資金融にでも行くんですけどねぇ」と呟いていたが、かなりそっちの方が向いてそうだな。あの性格といい英語力といい

665 :考える名無しさん:2007/01/25(木) 10:49:55
わしズム読んできたけど、八木秀次って愛郷心があんまりないらしいね。
自分の生まれ育った故郷より親の故郷の方に思い入れがあるんだって。
こいつダメだわwwww朝鮮人かよwwww

666 :考える名無しさん:2007/01/25(木) 18:00:25
>「今だったら外資金融にでも行くんですけどねぇ」
中川センセイの金融論を読みたい。
国際共産主義の陰謀から国際資本主義の陰謀に作風を変えればいい。

普段の中川センセイはいわゆる「外資金融」のイメージにぴったり来るような
性格なんでしょうか?さばさばって言うか。。

667 :考える名無しさん:2007/01/25(木) 22:21:15
>>665
いや、それは叩きすぎじゃないか?
親の田舎で子供の頃に遊んだ素敵な思い出があるかも知れんじゃないか、わしズム読んでないからわからんが

668 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 17:14:42
〉666
サバサバというよりもモーレツに働けそうだし、超が付くほど親アングロサクソンだからかなりイメージが重なる・・本人も日本人と話すよりアメリカ人の方が話が合う、って言ってたし

669 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 17:36:50
ここの人たちの中川氏への評価がよくわからん。意外といい評価だったりする?

670 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 18:03:13
>>667
なにその好意的な解釈w
>>665なんて、中川先生に比べれば叩きでもなんでもないぞw

671 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 18:44:01
>本人も日本人と話すよりアメリカ人の方が話が合う、って言ってたし

悪口じゃなくて本当にアメリカに行けば良いのに。。。無理は禁物ということ。
特に最近の皇室論などで日本の民族派ぶってるのは無理してるのがミエミエで
読んでてつらい。

アメリカ行っても日本で本は出せるんだから、「反共」の本場アメリカで
対露中北戦略練ってほしい。

片岡鉄哉みたいにスタンフォード戻ればいい。

672 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 08:15:41
そんな力あったら最初から・・・

673 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 10:17:20
>>670
中川先生と他の人を比べるなよ、中川先生は朝鮮人以下の人間なんだから(失笑

674 :考える名無しさん:2007/01/27(土) 19:44:37
筑波やめたらどうするつもりなのかな〜?

675 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 07:43:02
中川を雇う大学があると思うのか?

676 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 08:40:36
渡部昇一くらい印税、蓄えがあれば大学にいなくてもいいんだろうけど
名誉教授じゃ給金もらえないだろうし、なるなら客員教授か…
ま、無理だろうな

677 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 09:27:58
実家が金持ちなんじゃないの?しらないけど。。

678 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 13:27:08
でも世間一般の大学教授よりは金持ってるはずだろ?
ごく普通の大学教授は自著を出版することすら稀だろうし
女に貢いでたり、海外の貴重な文献を買いあさってるなら別だけど
谷沢永一と仲がいいみたいだから国内の本は氏から借りられそうだ
マルキスト文献は鷲田小彌太が谷沢死亡後に貰う約束してるが

679 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 17:30:56
そもそもアカデミックな世界で相手されてないんだから、一般向けの商売で稼ぐしかない。
でも学術本なんて売れないし、商売のことを考えたら正解かもしれない。今なら需要もあるだろうし。

680 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 19:35:33
だいたい中川八洋の本は一冊につき何冊ぐらい売れて、いくら
くらいの印税が入っているのか?

681 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 21:35:27
超先進国日本はなかなかのベストセラーになったらしいけど
最近は売れているかどうか疑わしい
ニュース極東板にスレが立ってもすぐに沈むから知名度は低いだろうし
これは詳しい人に聞かないとわからんね

682 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 21:39:48
超先進国日本はなかなかのベストセラーになったらしいけど
最近は売れているかどうか疑わしい
ニュース極東板にスレが立ってもすぐに沈むから知名度は低いだろうし
これは詳しい人に聞かないとわからんね

683 :考える名無しさん:2007/01/28(日) 23:31:01
アカデミズムから相手にされてないってのは褒め言葉ですか?
貶し言葉ですか?

684 :考える名無しさん:2007/01/29(月) 07:05:06
貶し言葉です。しかし、人によっては褒め言葉とみることもあるだろう。

685 :考える名無しさん:2007/01/30(火) 22:59:25
デンパ学者age

686 :考える名無しさん:2007/01/30(火) 23:42:39
それ以前の問題として、褒め殺しじゃなく、本気で中川を擁護する人は、英語ウィキに中川の項目を書いてやんなよ。

687 :考える名無しさん:2007/01/30(火) 23:59:11
>>686
海外に日本の恥部を曝すことを勧めるな

688 :考える名無しさん:2007/01/31(水) 10:11:57
>>687
中川八洋(1945年1月20日-)は、日本の考古学者。筑波大学教授。
1998年、イギリスのベーコンズフィールドにて、秘匿されてきた
英国の保守思想家エドマンド・バークの墓を発見したことで知られる。
日本語による多数の著作がある。

これなら恥部を晒すことにもなるまい。

689 :考える名無しさん:2007/01/31(水) 11:27:10
バークもこんなのに墓を見つけられてかわいそう

690 :考える名無しさん:2007/01/31(水) 18:02:25
本当に中川が発見したのはバークのなの?
バークのものだと証明されたの?
自分で言ってるだけじゃ・・・

691 :考える名無しさん:2007/01/31(水) 23:54:56
中川先生ぼろ糞に言われてるなw
しかたないか・・

692 :考える名無しさん:2007/02/01(木) 04:01:36
>>690
中川八洋(1945年1月20日-)は、日本の考古学者。筑波大学教授。
1998年に、イギリスのベーコンズフィールドにて、秘匿されてきた
英国の保守思想家エドマンド・バークの墓を発見したとを主張している。
日本語による多数の著作がある。

693 :考える名無しさん:2007/02/01(木) 04:22:47
前はもっと中川先生の擁護者がいたと思うんだが・・どうした?

694 :考える名無しさん:2007/02/01(木) 11:47:01
最近の中川先生の本はは内ゲバばっかして全然内容がないからじゃないの?
恐らくスランプ期なんでしょう。


695 :考える名無しさん:2007/02/01(木) 20:39:53
アンチもファンのうち


696 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 18:03:23
中川先生を雇っている筑波大学の他の同僚さんたちは
中川先生のことどう思っているのだろう?

697 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 18:05:41
中川先生を雇っている筑波大学の他の同僚さんたちは
中川先生のことどう思っているのだろう?

698 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 21:02:06
そういや筑波の他の教授を訴えたんだよね・・
http://www.jca.apc.org/fem/news/alerts/69.html

699 :考える名無しさん:2007/02/03(土) 16:13:27
よく筑波に残るね。。

700 :考える名無しさん:2007/02/04(日) 22:02:35
中川八洋って中国とかの人権問題〜チベットetc〜を批判する立場ですよね?しかもその国の人権を守るためには外国〜アメリカetc〜の介入を認める立場ですよね?
なんか政治思想関係の著書との内容と矛盾してないか〜?どうなんだろ〜

701 :考える名無しさん:2007/02/04(日) 23:16:54
中川先生の本スタンフォード大学の図書館にありました。
http://jenson.stanford.edu/uhtbin/cgisirsi/PrTUDG6zqf/GREEN/282100021/18/X100/XAUTHOR/Nakagawa,+Yatsuhiro,+1945-
これは翻訳されたものなんだろうか?

702 :考える名無しさん:2007/02/05(月) 00:22:40
>>700
オポチュニスト中川先生の主張に一貫性を求めてはならない。

703 :考える名無しさん:2007/02/05(月) 22:28:29
中川八洋って何がきっかけで反共になったの?何故あそこまで左翼を恨んでいるか全く意味不明。。何かそこらあたり書いてある著書ありますか?

704 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 10:07:57
反共に宗教的情熱をかけている人はいるよね。ほんとに宗教関係で反共やっているなら分かるけど。

ある人(中川先生ではない)が冷戦が終わった後に、「まだだ、まだ南アのマンデラがいる。
共産主義者の大陰謀はまだ終わっちゃいねえ!」と言っていて、ああ、宗教なんだなと思った。

705 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 13:52:14
共産主義教と反共産主義教の宗教戦争

706 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 16:48:50
http://d.hatena.ne.jp/seijotcp/20070206/p1

707 :考える名無しさん:2007/02/06(火) 20:02:11
左翼と同じ体質だよね。
左翼(外国・故人含む)で中川八洋と同じキャラと言うか、
ポジョションというかが一番似ている思想家・運動家は
だれかな?

708 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 01:50:02
>>707
ウヨサヨとかのイデオロギーの問題と言うより、人間性の問題だろう。
中川先生はイデオロギー云々の前に、人格が破綻しているからな。
他の陣営にもこういう人はいるだろうが、いかんせん左は今、全体的に弱体化してるからな。
中川先生的な人間は埋もれてしまって、表舞台になかなか出てこれない。

他陣営の不景気な連中の話より、中川先生の面白エピソードのほうが楽しいな。
まあ、基地外思想家たちの話をし始めてみても、中川先生は輝きを失わないだろうがw

709 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 20:03:49
中川八洋の共産主義の定義は何?


710 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 21:05:43
中川先生は銃が扱えると聞きました。
ぜひ準備中の「ハミルトン哲学と米国憲法」では
中川先生の銃論を読みたい。きっと御本人も天皇論は
日本での商売向けで、本心では銃とかのアメリカ文化の
方が好きなんでしょうね。

711 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 22:37:44
あっちに帰化して、二度と日本に帰ってこなければいいのにね

712 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 08:02:40
>>707
>中川八洋と同じキャラと言うか、
ポジョションというかが一番似ている
>>708
>中川先生はイデオロギー云々の前に、人格が破綻しているからな。
多用な悪口のヴォキャブラリーを駆使する、とことん人間が腐っているという点「だけ」で言えば雁屋哲かな。
雁屋はほとんどの左翼から相手にされていないからな。
>>711
> あっちに帰化して、二度と日本に帰ってこなければいいのにね
中川を帰化させる国ってどこなんだろうw

713 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 16:33:01
>>712
たぶん、帰化するならアメリカを選ぶんじゃね。

714 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 17:47:39
本心からアメリカが好きで、仕事でもアメリカ研究者ならもっと
アメリカの映画評などのアメリカ文化論書いてほしいですね。

ちなみに「日本核武装・・・」では「13DAYS」が、
「皇統断絶」では「ロボコップ」が、「悠仁天皇・・・」
では「バックトゥザヒューチャー」の名前がちょっと出て来てますが。

715 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 23:06:20
中川先生によれば、アメリカ映画には母と子の親子愛はほとんど描かれずに父と子の親子愛ばかり(「宇宙戦争」、「クレイマークレイマー」、など)なのはアメリカでは父親が家庭の中心である表れだそうです。

716 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 05:51:53
中川の書く文化論なんてww
ネタとしての価値しかない

717 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 07:25:27
〜クレイマークレイマー〜って確かフェミニズムの映画ですよね?女性の自立映画ですよ。まぁ人それぞれだけど。

中川先生はアメリカが日本と比較して離婚や同棲婚が多いのはどう考えていらっしゃるのかな?
どうみても日本よりフェミニズの影響が強そうだけど・・・

718 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 07:36:27
アメリカはそういう進んだところもあるけど、それ以上に保守的な空気が強いからな。
中川先生もそういう保守の部分だけにしか興味ないんだろ。

719 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 08:42:01
中川八洋は元々反共反ソ主義者だから「アメリカ=善玉、共産主義=悪玉」という図式があるんでしょ。
だからソ連崩壊後に伝統重視の保守主義者に論調を変えても「アメリカ=善玉」の固定観念があって意識的にか無意識的にかアメリカの都合のいい部分だけ見てる感じがする。

アメリカ人が日本の伝統「歌舞伎etc」を研究してこれこそ日本だ!って言ってるようなもんでしよ。

720 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 11:12:31
「フォレスト・ガンプ」のヒロインが死んだのは
性にいい加減な女はエイズで死ねというアメリカのメッセージだという
中川先生のご意見には大笑いました。

721 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 14:11:46
中川八洋はアメリカの学者政治家知識人文化人で交流している人いるの?
単に片思い?

722 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 15:26:15
ネオコンは人格的に嫌いとおっしゃってました

723 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 18:08:59
人格じゃなくて思想・論理を批判しろよ。
自分の人格が疑われるよ。

中川は自分の人格については如何なる分析をしているのだろう?

724 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 20:42:48
>>723
中川先生に、哲学板で論じるに値する思想なんてあるのか。
そっちのほうが驚きだ。

725 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 21:16:57
>>724
心理学板とかメンヘル板みたいなところがいいかもね。
個人のスレを建てていいのかな、ガイドライン違反じゃなければスレ建てようか?

726 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 22:03:17
>>724
まああまりあちらに迷惑かけるのもあれかもしれないけど、、、
でも、中川先生の著作から、メンヘル的な文章をピックアップして、心理学的にどうなのかってのを検討してもらえるかもね。

727 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 22:52:39
スターリンと同じかもね

728 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 23:00:53
>>727
>>707の質問の答えがでたな。すごい大物だがww

729 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 23:47:43
心理学板にスレッド立てたよ。

中川八洋筑波大学教授を心理分析するスッドレ
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1171118830/

730 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 23:51:31
中川八洋の思想=スターリンもどき的反共主義者

731 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 02:52:32
もうこの人おわりだからいいよ

732 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 08:12:21
中川八洋って「日本政治文化論」を1977年にだしてから今年は論壇デビュー30周年だね。けっこうしぶといね。

10年後まだいるかな?

733 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 11:13:27
また新しい「専門」を見つけるのだろうか?


734 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 12:05:06
〉〉717
アメリカのフェミニズムは中川先生の好きな与謝野晶子系の国家に依存しない自由主義的だからいいんじゃない。
一方日本のフェミニズムは国家依存の社会主義的だから批判的なんだと思う。

735 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 20:53:02
中国やロシアの脅威論が存在していれば10年後も中川八洋はいると思う。

736 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 01:10:16
今まで中川八洋に共産主義者扱いされた人の総数は何名?

737 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 12:35:58
三桁はいくだろう

738 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 20:16:30
中川自身は共産主義者?

739 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 21:30:56
中川はなぜ自分の専門外の分野に首を突っ込んで、しかも
その分野の専門家に一方的に罵声を浴びせて・・・
恥ずかしくないの?

740 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 22:11:41
普通一般の人は世間に対して恥じたりするものだろうけど、一部の人は自己の信念(中川の場合は反共)に対して恥じるって話じゃないかな。
中川からしたら大量殺人の共産主義に対して戦わない方が恥だと思ってるんじゃないの。

741 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 23:43:24
つい最近の赤旗(親が共産党員)によるとロシアが例年の四倍の弾道ミサイルを調達したそうだ。
どうせ政治思想に手をだしたのは再びロシア帝国が蘇るまでのツナギ程度だろうから、またガンガンロシアの脅威と謀略について語って欲しい。
ソ連崩壊直後にロシアは2010年頃に蘇ると予言が当たったな。
中川先生にとったらロシアは日本・アメリカにつぐ第3の故郷?

742 :考える名無しさん:2007/02/13(火) 08:13:17
日本核武装の選択

743 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 17:59:06
最近の中川先生は確信犯的に「左翼」に塩を送ってる
感じがする。

744 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 20:56:07
左翼がいなくなると一番困るのは中川八洋。
やくざと警察の関係のようなもの。ちがうかな?

745 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 21:25:21
>>744
その通り。
サヨクがなくなれば思想としての保守主義は必要なくなる。
幸か不幸かサヨクがなくなることもない。

746 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 22:28:22
保守主義って要するに新しい時代に対する「いちゃもん」でしょ?

747 :考える名無しさん:2007/02/16(金) 13:29:02
サヨクって要するに政府に対する「いちゃもん」でしょ?

748 :考える名無しさん:2007/02/16(金) 18:43:27
後中川が必要にしているのは中共・北朝鮮・ロシア。。
東アジアに冷戦構造が残って(あるのか?)よかったね。。

749 :考える名無しさん:2007/02/18(日) 21:47:32
中川八洋の学者としての代表作を教えてください。


750 :考える名無しさん:2007/02/18(日) 22:01:55
著作はたくさんあるが、「学者」として評価に値するものってあるのか?
そもそも学術書を出してるのだろうか。共産主義・ソ連警戒論と、英米保守主義への片思いの本しかないんじゃないか。

751 :考える名無しさん:2007/02/18(日) 22:17:24
自分は政治思想の分野では中川先生の著作の内容は素人目にも胡散臭いと思っています。
ただ核戦略の話では真に受けてしまいそうです。「日本核武装の選択」の〔日本核武装の戦略理論〕や「現代核戦略論」を中心に学術的に致命的な所ありますか?また核戦略に関する信頼出来る学術書はどんなのがありますか?

752 :考える名無しさん:2007/02/18(日) 22:20:42
なんで国立大学の教授になれたの?

753 :考える名無しさん:2007/02/19(月) 21:16:21
授業では何を教えてるんですか?
一度生で受けたいな。。

754 :考える名無しさん:2007/02/19(月) 21:20:59
                  三   /⌒⌒⌒⌒⌒ヽ  三
   東先生・・・       .  三  / ノノノノノノノハヽ  ヾ  三
   /::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ  . 三 < /  ━   ━ \ >  三
  /::::::::;;ミミ、::::::::::::::::::::::::゙:  三 ノ /   <・>, 、<・>  ヽ;  三
  |:::::;ノノ  `゙゙゙゙''''ー-、:::::::;!  三  )|   ,,ノ(、_, )ヽ,,  |ノ  三
  ,!::::/' -━''" ゙''━-ヾ;:::;!   三   |   )トェェェイ(    |  三
  'i^;;i. <―>;; i'<―> i!^i'   三   \  ヽニソ  ,/  三
.  ヾ;|   ∪; ::ヾU  |;ノ    三     `ー----一'   三
   ;|.    ,(、_;,)    |;;      三  三  三  三 三
.   ;|     _____    |;'        三  三  三  三
     \  ´  `  /
.      ゙ ー---‐''"

755 :考える名無しさん:2007/02/21(水) 01:49:13
核武装なんて唱えるヤツはただの軍事オタクであることは間違いない

756 :考える名無しさん:2007/02/22(木) 10:21:39
中川先生の保守主義に関する書籍は好きなのだが、先生の歴史観がねえ・・・。

『大東亜戦争の目的は共産革命だった』なんて言ってるからね

757 :考える名無しさん:2007/02/22(木) 17:22:57
〉756
貴方の大東亜戦争観は?

758 :考える名無しさん:2007/02/23(金) 04:53:36
>>757
見事な負け戦

759 :考える名無しさん:2007/02/23(金) 07:20:46
>>757
聖戦としかいいようがない


198 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)