5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

夢と現実の区別

1 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:03:28
夢(幻想)と現実を明確に区別する方法ってあるんでしょうか?

教えてください。

2 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:06:48
夢には匂いがない。現実には匂いがある

3 :1:2006/01/10(火) 18:09:58
>>2
それは明確にそうであると言えることなんでしょうか?
匂いという感覚自体が幻想であるという可能性もあると思います。

4 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:10:59
我思う故に我在りと思う胡蝶の夢

5 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:15:17
>>3は幻想的な女性ですか、どうよ?


6 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:21:04
>>4
くっ…それ言おうとしてたのにorz

7 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:24:17
しゃ〜り〜し〜、しきふ〜い〜くう、くうふ〜い〜しき(ry

8 :1:2006/01/10(火) 18:24:41
>>6
くっ・・・そ の夢見ても現実ではトイレでしてね w


9 :( ´,_ゝ`):2006/01/10(火) 18:24:58
夢から覚める夢から覚める夢が、今まででみた最高だな。
これ以上見ると、どうなるんだろう?

10 :1:2006/01/10(火) 18:25:32
>>4
そういう考えがすでに存在していたなんて知りませんでした…


11 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:29:32
>>10
昔の人には先を越されまくりですよ…

12 :1:2006/01/10(火) 18:35:55
>>11
それなのに何故このような考えが一般に広まってないんでしょうかね。

この考えを知り合いに話したときはそれは屁理屈だって言われてしまったし…


13 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:40:18
>>12は理屈好きな女性ですか、どうよ?


14 :1:2006/01/10(火) 18:49:19
>>13
残念ながら男です。

15 :11:2006/01/10(火) 18:54:05
>>12
分野の問題では?
いくら有名でも自分がやってない分野は分かりません。般若心経が超有名な仏典でも普通の人は(゚Д゚)ポカーンだし…

あと哲学が屁理屈って言われるのはある程度仕方ないと思います。自分も話す場合は相手を選んで話してます。

16 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 18:54:56
とりあえず、もう目覚められない地点が現実じゃないのか?
いや、別に夢を現実だと思って夢世界の住人で居続けてくれてもOKだが。

17 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 19:00:20
>>14
Σ(゚Д゚)驚いた。
>>10>>12の文が結構女性っぽかったから。

18 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 19:04:22
SGだろw

19 :考える名無しさん:2006/01/10(火) 19:15:02
>>18スマソ
SGってどういう略語ですか?


20 :純一:2006/03/22(水) 11:34:34
夢には臭いはある。なんでもある。よって夢はなんでも哲学。

21 :やっと気づいたかw:2006/03/22(水) 13:25:21
                  ________
                 ./||  || \
                 | -====- .|
                [|\||  ||ノ|]
                _! .||  || .|__
         ,,.ィ'''フ''''=、r'"\||____||_/i,, `ヽr''"`ヽ、ヽ、
       ,r'"´ ノ"    )=、 ̄ ̄,,..ィ'"´i       ヽ、
       (       ノ  ´ ̄ `Y"´            i
         )     __,,..         レ      _,,,,、       j、、
      r''ヽ. ,.ィ'''i"        J   ,,.ィ'"~  `'ヲ''ー-、ノ、 ヽ、
     / ,,.イ')'"  人   (●)   ,,l、 (●)     ノt   ) `ヽヽ
    /   /   / `ゝ、       人       ,,イ  jt、 ヽ    i
   f ,   ノ   /、   `ー--;::-ニ"_,ゝ=---‐''"    ノ ヽ、 ヽ  t、、
   )'  f   ノ ヽ、 r  、 f"   `i´ ̄` Y  `ヽ /   ゝ-,ヲ'''   )
.   ( ,.ィ''ーr"~    ヽj  ミi      !    j'   | /       ,r"    ft
   ノ、,ノ   ヽ,     `i  、〉、.__,人,___,..イ、,i" j''       (   ,ノ j


22 :考える名無しさん:2006/03/22(水) 13:30:26
「夢」と「現実」はとりあえず、「あそこ」と「ここ」みたいに使い分けたらいいんじゃね?

23 :考える名無しさん:2006/03/22(水) 14:54:48
このスレが夢なんだよ

24 :我武者羅:2006/03/27(月) 02:42:53
魅せられた者にしか見る事のできない夢を
君に見せる事はできないけれど
だからこそ君に
どうこう言われる権利なんてない

さよならなんかは意味していない
後に光が射す事を予言していた。

25 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 05:55:52
インディアンて夢こそ現実以上の現実だと説明してないか?

26 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 10:35:52
こういうのは哲学的に説明すると堂々巡りになるか、非生産的オカルト的
世界観に行き着くしかない。

夢と現実が区別できないのは結局は脳の病気だから。それを意識の
哲学でねじ曲げようとすることに意味を感じない。

27 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 12:36:58
と夢の中で語る男

28 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 13:40:47
>>1
自分としては独り善がりな妄想や願望が入ったものは睡眠中で無くとも夢と考える

29 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 13:16:22
「夢から覚める」ことはできるが、「現実から覚める」ことはできない。
現実の中で「夢みる」ことはできるが、夢の中で「現実みる(?)」ことはできない。
〈外部〉が外在するのが夢で、〈外部〉を内在するのが現実。

30 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 14:03:54
夢の中で眠って夢を見る夢を見ることが出来たら、夢と現実の区別がつかなくなるかもね。
そういう夢って見れない、よね?

31 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 22:32:01
夢と現実の違いは
現象の継続性の有無

逆に言うなら、夢が継続的な内容であるなら
現実との差異が無いと考えます。

32 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 22:52:53
起きている時、現実は自明。夢を見てる時は曖昧。

33 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 22:56:01
>>32
>>夢を見てる時は曖昧。
だから夢の時のアレはモザイクかかってるのか・・・

34 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 22:59:52
アレって何かな?

35 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 23:12:46
>>34
(*/∇\*)キャ

36 :誰か教えてくれ:2006/06/01(木) 01:15:09
胡蝶の夢の話は有名だが、莊子は結局どういう結論で締めたんだっけ?

37 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 01:19:57
夢を見てるときは、触覚を感じることができないから、気持ち悪くなっておきるときがある。

38 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 03:46:19
常に考えてるのが現実


気が付くと終わるのが夢





現実が続く夢だとも考えられるから現実だと認識する







だから夢なんじゃないか

39 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:25:21
映画監督のヒッチコックが
アンダルシアの犬

と言う作品で夢を視覚化したい
という意図で作った




きっかけは スペインの画家サルバドル ダリの絵を見たから



ダリ展がやってるだよね

40 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:32:16
ダリ、面白くない。
マグリットの54年作の『光の帝国』は面白いけど。

41 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:39:21
光の帝国って何?

42 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 10:29:03
童貞の頃は、夢の中では女性のアソコにキバが生えてました。

43 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 02:21:57
現実の倉庫の荷物は重くて自分じゃ持てない、天井に運搬機が付いていると
重すぎる荷物が運べるから、後は場所の確保と方向を調整するくらい。
夢の倉庫は寂しげなたたずまいで、ぼくは思うだけでどこにでも行ける。
異なるってことはわかるようだ。

44 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 02:37:25
>>43
明晰夢ってやつか?

45 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 09:26:23
>>36どうだっけなあ…
疑問提起で終わってた気もするが

46 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 11:10:35
現実は夢で、夢こそ現実である。これが理解できないのなら哲学をやっても無駄。

47 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 11:21:43
生は死の始まり。 死は現実の続き。 そして再生は、夢の終わり。

48 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 13:25:26
“今”が夢なのかもしれない、というのは意味をなさない。

過去の体験の、今と時空的につながっているものを「現実」と呼び、
時空的につながりのないものを「夢」と分類する。

49 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 13:59:26
【在日】「私は徴兵で日本に来たんだよ」と嘘をつく母と、「その時代に徴兵なんかないの」と嘘を暴く息子

「私は徴兵で日本に来たんだよ」と主張する母親と、「嘘を言うな」とたしなめる息子。
ずーっと探していた動画なんですが、YouTubeで見つかったのでリンクを貼っておきます。


http://www.youtube.com/watch?v=lCbB1BAcN3w&search=korea


事実もなんでも「思想教育」の賜物です。





50 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 16:49:55
現実においては、例えば、ブッシュ大統領が今着ている服の色は青か青でない
かは決まっていて、我々が知らないだけだが
夢においては、そのどちらでもなく真か偽か決まらない。
この夢の方が隙間がある感じを、世界の事実について「極大的」ではないという。
信念論理にも関わってくる話なのです。現実は極大的である。

あと一つ違いを言うとしたら、無矛盾性についてかなあ。でもちょっとこれは
まだ考え中です。

51 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 16:54:52
>>50
それは「想像」と「現実」の違いではないのか。

52 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 19:10:44
おもしろいことに、ある人の信念と現実の違いは、夢と現実の違いに重なるところ
があると思うのですよ。

53 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 19:14:06
>>50
千葉大生?

54 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 19:21:25
>>36
荘子なら現実と夢は存在論的に「区別がない」だろうな。
認識論ではなくて。

ちなみにサルトルは
何かを見ているときに見ているということ自体を疑えるのが夢で、疑えないのが現実
みたいなことを言ってたね

55 :48:2006/06/03(土) 19:32:05
夢と現実は相対的だと思う。
夢からみれば、この「現実」は夢。

それでも、夢と現実に区別があるように感じるのは、
「夢」と呼んでいる夢は普通もやもやしていて、
「現実」と呼んでいる夢は、はっきりしているから。

この現実のようにはっきりした夢を見ることは論理的に可能だし、
実際見た人もいるかもしれない。

56 :56:2006/06/03(土) 20:18:12
理的に物事を観察するのが現実。
抽象的に物事を観察するのが夢。

現実は解釈の仕方で価値観が変わる、自分の価値観でしか見れない
夢がその場のみで結果を生まないとコジツケする点が愚か。

夢は思考をまとめ、芯にある要素を浮かび上がらせ行動の基本となる
現実よりもはるかに重要な物だ。

57 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 20:56:08
夢見てる時って、「これは今現実なんだ」って確かめなくても、
勝手に脳が「現実」って認識してる場合があるよね。
その後目が覚めて、「ああ、夢だったんだ」って再認識する。
ってことは、夢中では夢が現実となり得る…とも言えるのかな??
結局は脳の問題になってしまうような気が。

58 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 21:01:30
脳の問題は物の問題でしょう。こういうものがあったなら、どのような状態になる
ってことがわかるのでしょう。物が再構築されると、蛋白質をくみ上げていく作業
になると思うのです。

59 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 21:07:58
>>55
そりゃあ自分だけのことならそうでしょうよ。
でもね、他者の問題はどうするよ。
夢を見ている他者はなにをしているわけ?


60 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 21:13:40
57です。
ごめん、私の文何か矛盾してる。
夢中では夢が現実となり得るっての。夢中って書いちゃってるね。
夢を見てる状態をXとした場合、
現実をXの一部とみなすか、Xを現実の一部とみなすかという問題かな。
私達が認識している現実=Xという式が成り立つ場合にのみだけど。

61 :55:2006/06/03(土) 21:43:04
>>59
私から見れば「夢を見ている」としか言いようがないw

他者と関わりあうためには両者に対してパブリックに存在している
ものが必要で、彼が夢を「夢」だと認めなければ言語が成立しない。

夢の中に他者が現われたら、その他者と共有できるパブリックなものが
夢の中に存在する。

62 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:57:44
>>1は病人かw

63 :36:2006/06/04(日) 03:00:00
>>54
サンクス。そうだった。思い出した。


いわゆる「夢」と、普通の人が確かだと考えるこの現実。
この二つの間に虚実、真偽の別を付けない荘子の考えは
仏教の色即是空 空即是色に通じるものがある。

64 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 05:20:27
夢は、全く見ないか、面白い夢を見るか、どちらかだ。起きている時も同じだ、全く起きていないか、面白く起きているか。

65 :59:2006/06/04(日) 09:24:21
>>61
その「夢を見ている彼」っていうのは
1、私が見ている夢の中の「夢を見ている彼」なの?
2、彼の夢の中の私が見ている「夢を見ている彼」なの?

1だと言うのなら私の夢が彼の夢に対して優位になるし、
2をとるならその逆になる。

>>55
の主張は1と同じ私の(夢の)優位を前提としているよね。

>>61 の主張は
夢の中で共有できるパブリックなもの(デイヴィッドソンみたいだな)
である「夢」とそれをそもそも成り立たせている「大きな夢」とが
あってその大きな夢は「私の夢」である、ということだよね。

やっぱり私の夢を優位に考えているんだね。
その根拠はどこに?コギトですかね。

66 :61:2006/06/04(日) 17:02:32
>夢の中で共有できるパブリックなもの(デイヴィッドソンみたいだな)
>である「夢」とそれをそもそも成り立たせている「大きな夢」とが
>あってその大きな夢は「私の夢」である、ということだよね。

「大きな夢」とは「現実」も「夢」も含んだ上での「夢」ということですか?
そこまで行けば「私の」という言い方は(正しいけど)無意味なのではないでしょうか?

体験しているのは誰か? ―私である。 ―どの「私」なのか?

67 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 22:22:02
要するに「私」という語は他者との関係でしか成り立たないということだな。

68 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 23:51:58
「夢」は現実世界によって「夢」と分類されることによって夢である。

69 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 00:46:05
>>68
全くもってその通りだね。
つまり、現実の存在無くして夢はあり得ないわけだね。

70 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 00:50:51
現実は人と人との関係が入り込んでくる、
夢は理由なんて尋ねない。

71 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 01:17:10
>>70
はたしてそうかな?
その考えにこそとらわれているんじゃないのかな?

72 :59:2006/06/05(月) 20:13:39
>>66

>>65を言い直すよ。

私の夢の中でのBの夢は私の夢の構成要素になると考えるのに、
私の夢がBの夢の構成要素にはならないと考えていますよね。
そこが問題だと言っているのです。

いや、問題はもっと単純化できる。

夢と現実が相対的とおっしゃいますが、
Bが今夢を見ているとします。その夢は何と相対的なのですか?

73 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 06:38:05
夢が何種類かあって「夢」と「現実」がどちらも「夢」である可能性もある


74 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 08:04:44
夢と現実の明確な区別はできない。

何で自転車に乗れてるのか考えると途端に転ぶのと同じように、
「現実」と「夢」を区別しようとすると「現実」感が希薄になる。
>>1 の教えてくれってのは、そんな状態から出たのかなと思った。
勝手な想像だけど。

できないと分かった上で話すなら多少面白い話題なのかもなあ。

75 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 08:37:30
簡単だろ、夢で哲学は出来ない

76 :66:2006/06/06(火) 13:51:37
>>72
>私の夢がBの夢の構成要素にはならないと考えていますよね。

すまん、よくわからない。私が夢を見ているのをBが見れば、Bは私のことを
夢を見ていると判断しますよね。

>Bが今夢を見ているとします。その夢は何と相対的なのですか?

その夢の中の夢。それはこの現実かもしれない。

77 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 13:58:18
夢の中で夢みてる夢みたときはビビったよ

78 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 15:36:01
>>75
哲学をしている夢を見るのは可能。
哲学ができたかどうかは各自の哲学による。

79 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 15:51:48
>>77
そこでビビらずに、さらに眠って夢を見ればよかったのに。

80 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 16:27:33
>>78
ただの屁理屈だな。
意識した時点で目が覚める。

81 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 17:17:08
>>80
明晰夢はどうなる?

82 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 20:18:11
>>81
区別出来ているなら問題ない。
さて、恣意的に発言したのを反省しつつ。
このやり取りもアホなので終わる。

83 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 04:26:43
なんか終わっちゃったみたいだから書くけど

今4時でこれから寝て夢を見るつもりなんだよ

そんでぇ気付いて起きて現実を見るわけ

確かに視覚として機能するのは起きて目が開いた時だよ

目が開いてるから現実として認識する


だけどね
夢を見るのも現実を見るのも脳なんだよね



いやいや別に現実が夢だ なんて言ってる訳じゃなくてさ

というか区別できてるよ それぐらい

それにもし夢だったらマトリックス見たいに空飛べてるよ

ただね 朝のニュースで 昨日は とか言うのが気持ち悪いわけ まだ寝てねぇつーの

84 :59:2006/06/08(木) 06:24:38
>>76
ちょっと議論がかみ合わないので質問の仕方を変えます。

あなたは存在論と認識論をごっちゃにしていると思うのですよ。
あなたの言う相対的というのは、どう相対的なのですか?
区別がない(存在論)ってこと?区別ができない(認識論)ってこと?

85 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 16:38:22
こうゆうのが元になった。物語ないの?

86 :66:2006/06/08(木) 17:32:42
>>84
夢と現実の区別の仕方については>>48で書いた。
夢と現実が相対的というのは存在論的な話だ。

「ここ」と「そこ」が相対的というのと同じ意味で「相対的」。
そこから見ればここは「そこ」。

87 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:07:49
そうだな。
醒めていて見る夢というものもある。

88 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 22:18:55
閉じている世界なのが脳内で捏造された現実。
開いている世界なのが脳内で捏造された夢。
どっちにしろ、捏造されている。すべてを脳に反映していると勘違いしている
オマイラは神か?

89 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 01:40:53
>>88
変な話を捏造しないで下さい。

90 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 02:03:47
85

マトリックスとかは?
現実は 実は現実ではなくて 意識により操作されてる感覚にすぎない
みたいな解釈で自分は観てたんだけど 最初の奴だけね

91 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 03:02:39
因果関係捏造装置君=89


92 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 04:00:55
他人と共有出来るのが現実、自分だけのものが夢なの
ひとりぼっちは半分眠っているの

93 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 19:50:29
92は眠っているの。
他人を他人と夢見ているの。

94 :59:2006/06/12(月) 05:26:16
>>86
存在論的に相対的!
そんなばかな。

>>72 の問を繰り返します。
夢と現実が相対的とおっしゃいますが、
Bが今夢を見ているとします。その夢は何と相対的なのですか?



95 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 07:21:59
相対も存在論も糞も合ったもんじゃない
人生とは醒めない夢 そう思考すれば理屈を捏ねる必要がなくなる


96 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 09:09:50
>>95
>人生とは醒めない夢

それがすでに理屈を捏ねてるよ。素朴な感覚ではない。

97 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 09:55:42
死を覚悟した時、人は初めて夢から醒めようとする。

98 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 13:57:09
似非格言は要らんて。

99 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 16:00:43
死ねば人生という夢は終る。これは客観的な事実だ。まさに夢そのものといっていい。

100 :一言居士:2006/06/12(月) 19:43:59
夢と現実は別々のもの。夢の中で火事がおこっても実際には火事はない。
夢と現実が「どのように」違うのかはわからないが、夢と現実はその2つの間に隔絶が存在するものである。
結論:夢とは、現実と異質のもの。現実とは、夢と異質のもの。夢と現実の関係は、絶対的ではないにせよ隔絶が存在する。

101 :考える名無しさん:2006/06/12(月) 19:58:58
夢とは、記憶の形をとる。その点で現実の過去と夢を区別することは難しい。ただ、現在との区別はこの点で可能だと思う。
夢の中でこれが夢だと認識した場合、その時点で現実になる。「夢の中で何かをしてる」から「現実の中で何かをしてる夢を見ている」状態に移行する。それはすでに夢の中じゃない。自分の意思で覚めることはできるし、状況を自在に変えることもできる。


102 :86:2006/06/12(月) 21:50:49
>そんなばかな。
の一言ですまされても困るよ。
なんか書いてくれよ。

>Bが今夢を見ているとします。その夢は何と相対的なのですか?
Bとは他人なわけですね。だから正確には、私は知らない、Bに訊いてくれ、
ということになる。
私は、夢と現実は相対的なものだと悟った。だから、それは「自我」という形式に成り立つ
普遍的なことと考える。だから、他人の体験も、私の理解する「自我」という形式で理解する。

103 :59:2006/06/13(火) 09:11:17
>>102
>Bとは他人なわけですね。だから正確には、私は知らない、Bに訊いてくれ、
ということになる。

予想通りの答えが返ってきた。
やはり認識論と存在論の区別ができていないようだな。
あなたの言う「相対的」は「夢と現実はどちらが本来的なものか
知り得ない」という意味だろう。どこが「存在論的に相対的」なんだ?
まさに「認識論的な相対性」だろう?

「そんなばかな」は「あなたはそのような立場をとってはいないはずだ」
という意味だ。

104 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 10:22:47
280 :ゴンロク実はVIPPER ◆zRMZeyPuLs :2006/06/13(火) 06:07:53 ID:OECucQIP0
ハッキリ言って試合内容では完敗でしょう。
前半はライン上げることなく押されっぱなしで、幸運な1点が転がり込んでからもますます押されてました。
この時間帯耐えぬけた理由は柳沢の異常なキープ力と中村、中田の運動量、そして確変川口でしたが・・・・。

後半、最初のうちはラインを上げて日本らしいワーワーサッカーに持ち込みましたが
QLを利用して日本のラインを下げてから放り込みを続ける濠。
実はこの攻め方、かつてイングランドが得意としていた方法なんですよね。
ひたすらハイボールを上げる、これをやられると体格的に不利な方はジワジワ体力を削られるんです。

そして頼みの柳沢はスタミナ切れで動けない状態。中村も確実にキレがなくなってきていました。
しかし、これは仕方ありません。前半あれだけ動きまわればそうなるものです。カウンターで走る体力なんて残ってないでしょう。
異常なスタミナを持つ中田は置いといてw

ここで中村→小野、柳沢→大黒と選手交代をしていくのが定石でしょうが、誤算は放り込みの多さでした。
放り込みを跳ね返し続けたCBの三人、特に坪井と中澤の疲労は、ハーフタイムの時点で相当なものだったでしょう。
この二人が同時に動けなくなった場合、残る交代要員は一人しかありません。
あそこで柳沢→小野という交代は、本当に苦肉の策だったのでしょうね。


105 :86:2006/06/13(火) 17:28:42
>「夢と現実はどちらが本来的なものか知り得ない」
「本来的な世界がある」と考えるそのことが、「存在論的に相対的ではない」
というそのことでしょう?
夢という概念の本質はなんでしょうかね。私はそれを>>48で書きましたが、
次のように考えることもできる。「夢とは眠っているときに見るものであって、
眠るためには身体が必要である」。このように考えれば、身体が存在する世界が
必然的に「本来的」なのだから夢と現実は認識論的には相対的なのかもしれないが
存在論的には相対的ではないということになる。
私はこのように考えない。あの夢も、あの夢も、あの夢も、「ある」。見たのだから
「ある」。私は、今、この夢を見ている。この夢を定義的に「現実」と呼ぶ。
これって、存在論的に相対的ってことなんじゃないでしょうか。

106 :59:2006/06/14(水) 08:46:46
>>105
「見たのだから」というところに「ある」の根拠を持ってくるのが
まさに認識論的なんだってば。

107 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 17:26:24
夢が「ある」とはすなわち「見られた」ということでしかないというのは、
認識論的というより、論理的なことだろ。

しかし、あからさまに独り言でしかないところにわざわざそんなレスをつける
ということに、君が寝ぼけているということがよく示されているよ。
私の夢を君が見られるはずないだろ。

108 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 18:39:28
夢が「ある」とはすなわち「見られた」ということでしかないというのは、
認識論的というより、論理的なことだろ。

しかし、あからさまに独り言でしかないところにわざわざそんなレスをつける
ということに、君が寝ぼけているということがよく示されているよ。
私の夢を君が見られるはずないだろ。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

   ワナワナ         プルプル   
       彡川三三三ミ    
      川 ∪ \,) ,,/|〜 アギギギキィ〜!
     ‖川‖ ◎---◎ |〜 
     川出‖ /// 3///ヽ〜 プーン
     出川 ∪  ∴)д(∴)〜 
     川出  ∪    U /〜           ___
    川出川‖    U  /川〜 ピュッピュッ    |  |   |\_
    / 川川    _/ ;|\〜 ρ       |  |   | |  |\ 
   (    (;;  ・     ・;) ρ         |  |   | |  |::::|
    \   \    亠 ρ);;   ̄ ̄\    |  |   | |  |::::|
   /:  \   \   C)) ;) ̄ ̄\っ))))〜〜|  |   | |  |::::|
  /:::   \   ̄つ/ / ;)  | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 /:::      \  (__/  _;)   ̄ ̄ ̄.| _________. |
 (::::       ;;\__/  ;)  シコシコ  | | カタカタ      ..|.|
 \:::      (;;; );; )  \       .| |     

109 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 20:10:27
夢の表象には対応する実在がないから、真偽を問うことはできないが、
現実は実在する(少なくともそう考えられている)ものだから、その表象
の真偽を問えるというところに、存在論的な区別があると思います。

認識論的には、多分区別がつかないと思います。

110 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:05:58
夢は現実の事象を元に構成される。
しかし現実は構成される材料を持たない。これは区別になりますか?


111 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:29:43
これは哲学の問題ではない。
夢と現実の違いは論理ではなく感覚で区別している。その感覚の違いは脳
で区別しているので科学的な問題。

112 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:35:55
>>105
「見たのだからある」ということは認めてもよいが、だからといって、
「夢と現実が相対的である」ということにはならないでしょう。
「見た」ということは、「今、見たと思っている」ということでしょう?
それなら、「夢」とは現実の内部現象であって、相対的だということではない。

113 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 00:37:30
夢か現実
の2つに絞る考えで良いのかな…

114 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 01:22:58
>>110
つまり、イデアの世界が現実ということだな。w

115 :短パン:2006/06/17(土) 20:35:49
>>1「夢と現実の境目」ですか。
良い、論点すよねぇ〜。。。

時に、いきなりなんですが、今ここに居る私達総てが、
実は、夢と現実の狭間に、(なぁ〜んでか。)挟まっちゃった人達す・・・・。
どうしちゃったんでしょうね・・・いや。本当に・・・・。
(きっと、脳細胞が壊死したせいで、多くの事を認識出来なくなったのかもしれませんよ?ふふふ・・・。)
ま。そんな感じでしゅ。

したらば。ノシ

116 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 21:44:23
>>115
・・・

いつか良いことあるよ。がんばれ。

117 :考える名無しさん:2006/06/17(土) 22:32:49
>>12
>この考えを知り合いに話したときはそれは屁理屈だって言われてしまったし…
まぁ確かに屁理屈でもあるけどね… ガンバ

118 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 18:45:38
夢は見られなければないが、現実は見られなくてもある。
なぜ夢と現実が区別できるのかというと、なぜかできるとしか言いようがない。
多分、夢見の時の脳の働きと、現実の知覚のときの脳の働きが違っているからだろう。

119 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 19:11:15
ならば、独我論者は、現実で夢みてる、ってことだ。

120 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 22:58:51
>>119
その状態から”目が覚めた”ら現実から目覚めた事になっちゃうのか?

……そうか、悟りってもしや(゚∀゚)!

121 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 13:13:55
>>118
反駁。

見られても見られなくても、現実が「ある」ように夢が「ある」ことはないだろう。

区別できるかできないかの話だが、区別(=識別)できていないとしか言いようがない時がある。

122 : ◆EUWetoJOkI :2006/06/21(水) 16:46:06
流れを無視して悪い。
夢は知覚だが、現実には知覚に先立つものが必要じゃないか?
他者然り、肉体然り。
また、他者の存在に着眼すれば、主体が散在する点に於いて二つの世界は決定的に異なると言える。

123 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 16:52:17
>>122
他者や肉体も結局知覚に還元されるよ。

124 : ◆EUWetoJOkI :2006/06/21(水) 17:21:54
>>123
こちらが受動的存在に成り得るという事から、完全には還元されない。
夢には自分を疎外した因果関係がない。

125 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 18:04:58
>>124
それって要するに夢は主観、現実は客観ってことでしょ?

126 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 18:50:00
>>123
夢の世界は現実の世界の構成要員である人間の知覚の一様態であって
それにつきる(先立つものはない、還元できる)
と言いたいんでしょう?

夢が二次的なものであるのに対して現実が一次的なものだ、
っていう主張を先取していると思うよ。

後半の主体の散在の話は、夢の世界での登場人物を主体と認めれば、
構造上の現実との区別はつかなくなる。と言えば簡単に崩れるんじゃない?

127 :126:2006/06/21(水) 18:54:04
追記

夢における主体の散在を認めないとするのなら、やっぱり
現実が一次的なもの(先立つもの)という主張を前提にしていることになる。
論点先取だよ。

128 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 21:35:09
>>126
夢の中の他の存在に主体性を見いだす事はできない。
夢の創造主は自分であるため、自分に出来ない事は夢の中の他者にもできないからだ。
自分の限界=夢の世界の限界。
例えば、夢の世界に啓蒙はない。

129 : ◆EUWetoJOkI :2006/06/21(水) 21:36:59
名前を忘れてた。
>>128は私だ。

130 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 22:16:24
現実でありえて夢の中ではありえないことを挙げられれば>>127が正しくそうでなければ>>126が正しいと。

では、

つ「バンジージャンプ」

現実で全くバンジージャンプを体験していない人の夢にはバンジージャンプは出てこない。
夢は現実を材料にして構成される別の知覚上の世界である。

131 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 22:47:00
異常な状況を設定して夢と現実の区別をややこしく考える必要はないです。
ほとんど全ての人間は夢と現実の区別がついています。
寝ている間に見るのが夢で、それは脳の働きの結果です。
確かに夢をみている間はそれを夢だと気づきませんが、実際には寝ているという事実があるのだから違いは明白です。

現実こそが夢だとか言ってる人は現実を見てください!!
それってこのりんごは皮をむいてみると梨かもしれないと言っているとさほど変わりません。
可能性はほぼゼロです。
程度問題です。
です口調に統一しましたです。

132 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 23:07:25
権威に頼るのは不本意だが、>>131には哲学的態度すら見受けられないので「斉物論」の一読を奨めるに留める。

133 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 23:33:04
現実とは「現実物語」であって、一種のフィクション。
多数の人間によって、そのフィクションをつくり上げる。

「夢」とは必然的にひとりだけのものなので、
そのフィクションから排除される。

134 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 01:26:59
>>130
私は、水面の上を歩くということを体験したことはありませんが、
そういう夢を見たことははあります。

135 :一言居士:2006/06/22(木) 01:31:43
よく考えると、夢から現実の世界に戻ると「目覚めた」と言う感覚がするが、
夢を見ている間は「これは夢だ」と知覚することはあっても、「さっきの寝るまでは夢だったんだ」という感覚なんて今まで聞いた事がない。

136 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 01:36:09
>>135
私はそういう経験がありますよ。

137 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 02:00:43
「今、私は夢を見ている」ということは普通無い。いつでも過去形なのだ。

138 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 04:02:43
>>132
じゃあとりあえずその哲学的態度がどういうものか説明して下さい。
上記のように考えるのが哲学的でないというのなら確かにそうかもしれませんが、だからといって意見する価値すらないような書き方をするのは驕りでは?



139 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 04:43:32
>>137
夢の中で、ここは夢の中の世界なのか?
確認するために自分のほっぺたを叩く夢を見たことあるす

140 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 05:13:47
>>139
その話も過去形。

141 :126:2006/06/22(木) 09:29:45
>>128
>>127を読んでください。
あなたはただ現実の世界の先行性を言っているだけだ。

あなたは、「夢と現実に区別や先行関係はあるのか」「夢と現実は識別できるのか」
という問に対して、「夢と現実は違う」と繰り返しているだけなんだよ。
説明になっていない。

142 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 11:29:05
夢には論理形式がない
出来事(名詞)の連鎖だけ

143 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 12:08:29
>>142
そんなのは現実だって同じだ。
論理形式って言ってるけど、因果法則のことでしょ?

144 :一言居士:2006/06/22(木) 12:48:05
>>136
うーむ・・・体験者がいるのか・・・考え直さないと。
>>137
夢の中で、これは夢だとわかることがあります。また夢は過去形であると言うようですが、
現在形だったら、この2chに書き込みなんかできません。もしできたら、夢遊病かなんかでしょう。

145 :超越論的観念現象論教父哲学最高指導者 ◆bDGs3TNdU6 :2006/06/22(木) 15:05:43
私は小学生のこと面白い夢見たことあるよ。
夢の中で「おやすみ」といって就寝する夢。
だけど、その直後に朝が来て叩き起こされた。
起きた私はまだ寝たばっかりだと思っていた。

146 :イマヌエル・ガンド:2006/06/22(木) 15:25:31
夢は認識であり現実は経験である。
先天的なカテゴリーを用いて経験という材料を組み立てたものが認識である。

147 : ◆EUWetoJOkI :2006/06/22(木) 22:42:36
>>138>>141
申し訳ない、最近忙しくて時間が取れない。
しっかり考えてから返信したいので、一週間程待ってくれ。

148 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 00:02:32
>>146
ということは認識は経験に還元されるということで、
結局夢は現実と区別できないということですか?

149 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 00:17:18
夢を見ているときに、これは夢だという気づく事があった。
現実と夢の差をどこでつけたかというと、自分が見たいものを
目の前に出せるというのと、浮き上がって空中を浮遊できる所。
そこで、あこれは夢だなと気がつく。

150 :tar:2006/06/23(金) 01:00:01
束の間である現在が保たれる現実。

151 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 04:10:06
現実で飯食わないと死ぬだろ

152 :126:2006/06/23(金) 10:59:55
>>130
>現実でありえて夢の中ではありえないことを挙げられれば>>127が正しくそうでなければ>>126が正しいと。

違います。主体(世界の中心、開示性)の話です。>>126>>127はそういう関係にはありません。
違いますが、お答えします。あなたもまた論点先取をしています。

現実でありえて夢の中でありえないという認識は、そもそもどちらかの世界の先行を
前提にしないければ持てない。
現実の先行性を前提せずに、「現実のバンジージャンプの方が夢のバンジージャンプを元に
構成されているものである」という認識を間違ったものであるとは言えない。
現実のバンジージャンプに先だって実は夢の中でバンジージャンプを経験しているのに、
それを忘れているだけかもしれないのだから。
認識による夢と現実の区別は、夢が曖昧であるからこそ困難なものであると思う。
というより、はっきり言うと、あまり有効ではない。

153 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 20:59:57
そもそも、夢と現実は対概念なのだろうか。

いわゆる「現実」であっても、すぐに忘れてしまうこと、どうでもいいことは夢の一種であって、
いわゆる「夢」であっても。重大な夢であったら、それは現実といえる。

「現実世界」では物理法則が成り立っているといえるが、それは考え中。

154 :考える名無しさん:2006/06/24(土) 10:26:43
>>153
どのような点において夢の一種なのか、どのような点において現実と言えるのか
を考えなよ。存在論的になのか認識論的になのか、ね。

155 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 19:53:35
夢の中には2chが無い。現実世界には2chがある。これで区別してる。

156 ::2006/06/27(火) 01:14:34
夢と現と、裏も表も、
区別できずににこのまま暮らしていって、
さぁいよいよ「終わり」を迎えるその時に、
僕らはどっちの世界に居るんだろう?

157 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 21:11:12
age

158 :きんぴら:2006/08/17(木) 21:16:08
現実は疑いようがない。
現実かどうか疑うのは、深層心理がそもそも現実でないことを見抜いているのじゃ。

現実を疑うのは、神経症と薬中のみなりけり。


159 :きんぴら:2006/08/17(木) 21:29:37
故に、疑わないのが現実で、疑うのが夢。


160 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 21:31:20
夢は睡眠という現実の一部であるというだけでしょう。

161 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 21:34:15
>>159
私は現実でも疑うし、疑わない夢はよく見ます。
私は神経症なのでしょうか。

162 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 16:54:17
彼の言葉を疑ったほうがいいぞw

そんな作り話に合わせる必要などないよ。
自分ですごしやすいように決めればいいのさ。

神経症の人って、他人に影響されて自分の内面がこんがらがっちゃうんだと思う。
なら他人より自分の意見をとにかく大事にして、神経を守ってほしいと思いますね。

163 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 01:06:16
夢は視覚と聴覚しかはたらかないよん。

164 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 01:13:53
疑うという言葉は疑えない。
言葉は根源的なところで疑えない。

165 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 16:14:03
<これ>が夢だとして何か困ることがあるのか?

166 :一言居士:2006/08/19(土) 18:54:37
>>158
それは偏見じゃないのかね。薬中と一緒にして・・・
現に俺は神経症だぞ。

167 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 19:35:58
現実が夢だということは夢から覚めるまでわからない


168 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 05:37:47
夢も嘘も存在する全ての情報は現実であり、また幻である。
by GHOST IN THE SHELL

169 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 08:13:36
すべて幻ってことか

170 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 08:23:53
目に見えるものが本当に存在してるかなんて分からない
全ては脳が「そこにある」と認識してるだけ
夢でも、脳が現実だと判断すれば現実だ
そしてそれが本当なのか確かめる方法は無い

171 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 11:34:41
 夢と現実の区別
 私が夢をみており、現実にあなたが行為しており、
私が夢をみようとしても、夢をみきれないものがある。
あなたが現に行為しているので、私が夢をみせられてい
るとすると、精密な映像でしかない。しかし、あなたが
用意したカット以外のものがあるとすると、あなたの用
意したものとばかりは言い得ない。すると、あなたが映
像を用意して、私が夢に酔いしれる一幕の劇のようであ
る。それ故に、夢とは、私が観客であり、現実とは、あ
なたが劇団員なのである。しかし、私は夢に対価を支払
っている訳でもないし、私は楽しみに劇を見に着たので
はない、私の意志がなければならないから、劇とばかり
は言い得ない。あなたは夢心地の人に劇をみせていると
しても、彼は感動しないだろう。大掛かりな模倣を運搬
する作業員だ。仕事なだけなら、お金がもうからなけれ
ばならない。
 私は彼を設けさせようということを一身に考える人で
ある。私は彼を富ませる夢をみて、彼は現に儲けている
のである。これが夢と現実の区別です。

172 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 23:31:07
>>54
荘子では現実と夢に区別がない
が結論ではないだろ


173 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 01:39:19
>>172
では、どういう結論なのですか

174 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:51:07
>>19
SMOKE GRENADE

175 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:57:49
「度」の問題で、現実度、夢度がある。といってよい。
どんな醒めた思想も幾分かは「夢」に冒されているのだろう。


176 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:51:09
独我論者には夢と現実の区別はない。

177 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:55:32
私が実際にやったことがある確認方法。
夢を見ている時に、これは夢だと気づいたら@空中に浮かんで静止
してみるA見たい物を目の前に出現させる。夢だと、この@Aが出来る。
最近は全く見ないが覚醒夢といわれるものを見ていた時期があった。
夢の中で覚醒夢だと分かって壁の前に立って、壁に寄りかかると
向こうの空間に出るということもあった。自分の場合は心臓が
ドキドキすると目が覚めてしまうので、夢の中であまり自由に動けな
かった。19時ごろの早い時間にベッドに入ると見る事が多い。

178 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:59:39
>>1は、>>177で言っているようなことを全て夢ではないかと疑っている
のだと思うのだが。

179 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 21:51:07
疑っているという態度こそ哲学なわけだが、この議題に関して言えば、夢と現実を区別する必要はないし、区別はないな。区別する必要と書いたのは、俺が疑っているから

180 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 22:17:52
 私は朝起きると豚になっていた。鼻の先からめくれ上がり、飼育員の
言うことだけをきけると心に誓った。何故なら、飼育員はエサをくれる
から、みんなが集まって仲良くできる。エサをくれるご恩を無にして、
みんなの集まりをぶち壊して、飼育員の言うことを聞かない奴は罪であ
ると考えた。飼育員の為ならおどけることも厭わないし、なるべく軽薄
な人柄になろうと考えるに至った。
 私は晴れた日が好きだ。太陽が照り、体が温まってくる感じからして
浮き浮きしてくる。雨の日には体温が下がって足がもつれるので嫌いだ。
雨の日でも利点はある、湿気でて来るとキノコが生えてきて、それをこ
っそり食べることができる、キノコが生える場所には詳しくしているん
だ、こんな豚な僕だけども、キノコ狩りが得意なんだぜ。

181 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/12/14(木) 22:22:44
夢に語りかけるのが現実。

182 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 22:55:50
 私は養豚場を誇りに思っている。大抵の人は豚小屋が窮屈で汚いと
思っているだろう。だが、そんなものじゃないのは私が保証しよう。
下には藁を一本一本まで吟味した布団で敷き詰めてあり、中空を貫く
頑丈な柱、ここが狭いというならさもあらん、だが、何も一日中いる
のでなくて、お外で遊ばせてもらい、たまに水遊びまでしていいのだ
。従って、反論の余地が無いと判っていただけるだろうね。

 しかし、春が過ぎ秋が過ぎ、それが二回と半分もここで過ごしたで
あろう。冬がやってきた。曇りがちな天気であり、太陽に照らされて
も空気からして冷え込んでいる。
 飼育員は私達の住居に仕切りを立てるようになった。食事も大量に
与えられず、ミネラルの豊富な雑穀や芋を出される。飼育員の変化に
みなどこか深刻であった。
 私は豚だ、養豚場は出荷の工程なのである。逃れるべくもない養豚
場の仕事である。ところで、飼育員が縦線と数字の入ったスタンプを
我々の耳に押していた。特に痛みは無いので皆は安心して数字入りの
豚になったものである。そうだ、養豚場に飼育員の数字が表れるよう
になった。飼育員は私達を作り変えようとしているようであり、隣の
外国産の豚の腹の締りがいいことみても一目瞭然である。

183 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 23:29:11
 ヨークシャー種がいる。イギリス発祥の豚であり、中肉中背、これが
大きいと大ヨークシャー種といいのだが、彼は中ヨークシャー種である。
名前は、デターミンである。
 デターミン
 「最近、問題を起して養豚場から連れて行かれた豚がいたでしょ。養豚
場の規則を守れないなんて、どこか問題があるんでしょうね。こんなに暮
らして行けるところは他にありませんよ。大方、飼育員のやり方に逆らっ
て目を付けられたんでしょう。豚のくせに力が無いのだし、僕達以上の存
在なのに。」





184 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 23:54:47
 このヨークシャー種に話しかけられた豚は、ランドレース種である。
デンマーク発祥の豚であり、脂肪が少なく、ヨークシャーよりもいささ
か赤身がある。名前は、アウトランドである。異なる養豚場に住んでい
たのだが、飼育員がデンマーク出身の豚をデターミンの養豚場に移そう
と考えたのである。
 アウトランド
 「確かにあの豚には問題があったのかもしれない。冬を迎えて底冷え
してきたし、豚達に仕切りが立つようになった。飼育員は食事に気をつ
けているしね。彼は飼育員の方針と合わなかったんじゃないかな。
 しかし、秋も終わって、冬に突入するのだし、僕もそのせいでこ
こに運ばれて来たのだが、車が沢山出入りしているのも見たし、世
話係の人もなんだか増えているようだ。
 いつもの養豚場の世話じゃないみたいだから、彼も大人しくでき
なかったのだと思うのだ。」

185 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 01:22:12
 夕暮れ、太陽が西に傾き、月が東から出始めた頃である。養豚場では
飼育員は、柵に開けてあるエサ箱から豚のところへ飼料が与えられる。
豚達は、飼育員から豚のところへエサ箱が配給されたので、食事をする
ことにした。
 デターミン
 「我々、豚の人生は養豚場ですよ。どこよりも立派な養豚場で生きて
行くのが豚の心だと思うのです。大して大事にされない養豚場で過ごし
てごらんなさい、それこそ、豚の世話もできない人間もいるのです。知
らないでしょ、あいつらの穢さを、品性からして穢く、我々の名前に生
来野卑な品性を込めて豚というのです。知っているものには判るもので
す。」
 アウトランド
 「養豚場もそんなように考えるべきなのだろうか。僕は外養豚場から
来たけど、僕のいた養豚場と似たようなものだよ。みんなご飯食べてい
るから、僕も御飯を食べに行って習慣を覚えようと考えているんだ。豚
は何事もこういったものでしょ。他の養豚場の仕方でやるべきじゃない
し、みんながやってても僕は外国の豚だからね。」
 デターミン
 「豚は養豚場でただ暮らしていくだけなのだろうか。豚の生命は養豚
場の為にあると思うのです。養豚場の過ごし方を次の豚に伝えて、より
よい養豚場を目指す。好きなことをやることにより、豚の人生が生きて
くるのです。養豚場が無かったら、立派な豚を続けられないし、我々は
群れをなせなくなるでしょうね。」

186 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 02:29:20
 デターミン
 「養豚場の中で生きて、大事に育てられたのだ、養豚場は
豚そのものと言っていい、養豚場無くして豚は生きれないの
だから、豚は養豚場の為に死ぬと言っていい。
 養豚場の為に死ねない奴は、豚の人生を過ごしたとはいえ
ないのだし、いつでも養豚場を出て行って構わない、そんな
奴は立派な豚とは認めないね。それとも、野蛮や奴等じゃな
いとでも言うつもなのだろうね」
 君が汚辱に塗れて逃げ出した先に良いところがあるとでも
思っているかい。野蛮でないからには、それなりのものがあ
るが故だろうね。養豚所のような養食も無く非豚的な豚生を
過ごすことになるだろう。
 立派でないだけかもしれない、しかも、野蛮であり得る。
つまり、都合が悪いとなると、立派でもなく逃げ出した挙句
に、野卑な奴等の世界に後から参入していくのだろう。それ
こそ、奴等の世界でいうところの品性そのものだ。
 養豚所よりもいいところがあるというのだろうか。こんな
にも正直で管理の行き届いたところがあるとすると、そんな
ところは、やっぱり君が来たような他の養豚場だろうよ。こ
んないいところで上手くいかなかった君が他の養豚場でも上
手くいくと思うかね。それこそ、養豚場は他の養豚場と同じ
ようなことであり、君の好むことも君の嫌なことも同じよう
にあるだろうね。

187 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:02:55
あぁ小山死ねばいいのに

188 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:03:53
昼は林が、夜は中峰お山がうざい

消えてくれ

189 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:04:46
あいつら全員地獄に落ちろ!

貴様らを殺してやる

竹内もだ

190 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:05:41
消えろ消えろ クズやろうども

失せろ氏ね
悪魔はくたばれ

191 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:07:36
お山 いちゃもん つけんじゃねえぞ

落ちこぼれの最底辺クラスのくせに

どうせB大落ちたんだろ?ワラ

頭悪いし、やる気ねーからなぁ
つまんない奴だし

192 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:08:28
豚 が支配しているのはきわめて不愉快だ

奴に権威を感じる奴など誰もいない

193 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:09:54
悪魔たちの城 抵抗する天使

194 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 03:11:48
無気力ニート とへんたいはんざいしゃ予備軍大王

195 :龍宮:2006/12/15(金) 08:39:25
つゆとをち つゆときえにし 我がみかな 大阪のことも ゆめのまたゆめ(豊臣秀吉)

196 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:11:26


197 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:12:23


198 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:13:15
現実

199 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:14:32


200 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:16:44
区別

201 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:18:20
哲学

202 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:19:15
>>9



203 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:20:32
>>16

夢世界

204 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 12:24:06
かわいい女の子とセックスできるのが夢
朝起きてパンツがテカテカになっててorzになるのが現実

205 :龍宮:2006/12/15(金) 13:00:54
ゆめのまたゆめか…。人間の存在など一瞬のゆめのなかのできごとであり儚いものよ。人生など僅かに百年足らず。我が縁によって出来た円もただのつゆのごとし


206 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 16:58:29
今が現実 過去と未来が夢?

207 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 17:32:25
かわいい女の子とセックスできるのが夢
朝起きてパンツがテカテカになっててorzになるのが現実
っていう夢をみたことがある

208 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 17:40:52
>207 どういうこっちゃ

209 :待宵:2006/12/15(金) 18:30:31
あかつきに 師走の風が 冷えいりて 夢わすれざれ 霜柱をや

210 :龍宮:2006/12/15(金) 18:48:36
かくちかし ちかしといえど いにしえに 迷い迷いて 過去にいたりぬ

211 :待宵:2006/12/15(金) 19:26:46
最上川 集めて行くと いわれども 此れゆえに着く 相沢の川

212 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 19:43:10
夢を見ながら寝て、そして朝起きる
そして、そのつど、徐々にヒートアップしながら現実を再認識する
それが現実
そして、この現実によって、人間の社会的生物としてのレゾンデートルが、そのつど担保される
この現実が可能世界ではないという唯一性は、テレビや日刊紙等が保障してくれる
だから、今現在の自分のアイデンティティも保たれる
しかし、この現実が、自分と世界との総体としての本当の世界であるという保障は、誰からも何ものかからも、何も与えられない

という幸せな世界に生きているのが、所謂、健康な一般市民



213 :龍宮:2006/12/15(金) 20:04:54
背を叩く 静や慟哭 小和瀬山 我が愚かさに 響きわずらふ

214 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 22:52:04
いいことなどあろうか?

215 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 23:12:13
行き違い2006

216 :りくーつ・こねりー:2006/12/15(金) 23:20:07
>>9 >>29 >>46 >>87
覚めない現実という夢から目を醒ます
これであなたがたも覚醒できます

217 :龍宮:2006/12/16(土) 18:35:32
東京よさらば

218 :待宵:2006/12/17(日) 04:15:56
良い鐘は 次の町まで 鳴り届く 目覚めの鐘は 我が町でなし

219 :龍宮:2006/12/17(日) 08:42:05
からっかぜ 受けては耐え 受けては耐えの身なれば 静や慟哭 遠州さんざん

220 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 10:06:01
面白い議論じゃないね。結局、感覚的に容易に区別できちゃうし。
作り話と本当の話、現実と妄想をどこで区別するかの方が哲学的だろう。

221 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 12:30:53
>>219
あんたらナニモン?

222 :待宵:2006/12/17(日) 22:37:28
落ち水は 冷えるに堅く 温まるもの 流れ出す 大雪のころ

223 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 10:42:27
ああ夢から醒めて現実

224 :龍宮:2006/12/18(月) 13:17:59
我が町に 馳るおもいは 儚くて 過ぎ去りし日の ただゆめのごときなり

225 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 13:22:30
字余りだろうがw
「ゆめのごとくに」か「ゆめのごときか」にでもしろよ。

226 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 19:29:55
眠りから覚めて、毎朝、徐々にヒートアップしながら現実を再認識する。
この現実が他社との共有を保障し、且つそこから逃れられないことを思い知らされる。
この現実からは逃避できない。
だから、この現実のことを考えざるをえない。
この現実はものすごく嫌いだけど。


227 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 19:32:17
>226
統計値は知らないが、おおかたの人は、この現実は嫌いだと思うよ。

228 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:14:51
現実が嫌いって、自己嫌悪ということ…?

229 :考える名無しさん:2006/12/18(月) 22:22:16
晃晃(こうこう)と…

230 :待宵:2006/12/19(火) 00:35:46
夢衣 あさいきごこち あらたまの 飾り年の緒 白入りの雲

231 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 05:37:49
いつも思うんだけど、↑who are you? たまに感心してしまうものもある。 晃晃と、という言葉は調べて、なるほどと思った。それって自己嫌悪というより、…

232 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 09:48:50
古事記(中)「あらたまの年が来経(ふ)れば、あらたまの月は来経(へ)ゆく」<季語 新年>

233 :龍宮:2006/12/20(水) 10:28:02
蝉しぐれ

234 :龍宮:2006/12/20(水) 22:13:06
天の川 鷹揚なる神 燦然と 別れの際にも 星となりけり

235 :龍宮:2006/12/20(水) 22:34:30
蝉しぐれ 別れの際にも 妙法と 忍び忍びて 佇みながら

236 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 09:53:14
雨降り

237 :待宵:2006/12/24(日) 05:00:44
鰯雲 上の空へと 盛り付けて 味酒を添え 三輪の寝枕

238 :短パン:2006/12/24(日) 05:12:46
夢と現実の区別
1 名前:考える名無しさん 2006/01/10(火) 18:03:28
夢(幻想)と現実を明確に区別する方法ってあるんでしょうか?

教えてください。

無い。
だから、自分で造らないとどうもならんw

じゃwノシ

239 :万葉集 第三七代斉明天皇15:2006/12/24(日) 12:13:42
わたつみの 豊旗雲に 入日さし 今宵の月夜 さやけくありこそ

240 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 12:25:01
自分を消してしまったほうがいいという深層心理。気づいてみればパーソナリティーに。学歴もグレイトマザーになりにけり

241 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 09:43:48
燃ゆる火も取りて包みて袋には入ると言はずや面智男雲(万2-160)

          持統天皇 2006年、やまとうた和歌のサイトより

242 :龍宮:2006/12/25(月) 10:52:00
花と散り 秋にいたりて 実を結ぶ 儚き時の 夢の恵みかな

243 :待宵:2006/12/25(月) 19:36:04
よふかしに あかりを投げる ひましの油 よるにこまらぬ 裏なりの年

244 :考える名無しさん:2006/12/25(月) 20:57:21
いいうたですね

245 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 21:34:21
毎日見る夢が現実

246 :りくーつ・こねりー:2006/12/27(水) 21:51:23
夢のような日々を送ってる、あなたが羨ましいよ

247 :龍宮:2006/12/29(金) 00:21:19
ひとつだけ本当に後悔していることがある。

248 :龍宮:2006/12/29(金) 08:18:55
大事にしなければいけない人たちに対して連絡が取れなくなってしまった良心的な人たちにいうべきことがある

249 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 16:28:35
精神分析で有名なジグムント・フロイトは、コカの「白い粉」に、うつ病や無気力を防ぐ「奇跡の物質」と
いう勲章を与え、婚約者のマルタ・ベルナイスに宛てた手紙に「君は、コカインを服用した男がどれほど
大きくたくましいかをしるだろう」書き送り、コカインが性的能力を高め、快楽と興奮をもたらすと、
友人たちにもしきりにすすめた。また、モルヒネ中毒に有効と信じ、モルヒネ中毒だった友人フライシェル
に常用させ、重度のコカイン中毒にさせた。





250 :考える名無しさん:2006/12/29(金) 18:00:19
全員へ愛していたぜ

251 :待宵:2006/12/30(土) 01:43:32
夜に寝ないでいると
灯りを使うようになります
ひましのあぶらは
裏作で沢山できましたから
夜に困っておりません

252 :龍宮:2006/12/30(土) 09:15:08
優しさをもって。互いを尊重することは素晴らしい。現代人はそれができない。許し合うということができない。誇張ではなく優しき心への感謝と羨望と

253 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 22:08:16
共通の敵を作らなければまとまれ無い交際、空しきかな
旧き友は誰も憎まず
汝は憎んでいるにもかかわらず
少しのエゴ抑制だけで、荒波はたたない、現にたたなかった
旧き友、敵対関係を望まず

254 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 03:07:26
あまつつみ 地上の時に ましまして 荒れ地の町に 降り注ぐ雨

255 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 03:25:46
町となり 地上の果てに 極まれり 社会となりて 吾百年の孤独かな

256 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 10:35:29
>>253
うぜぇぞ(笑) ここは詩スレだ

257 :龍宮:2007/01/01(月) 17:52:15
天の川 いにしえにありし 悠久の 時に入りし 吾が居場所かな

258 :龍宮:2007/01/01(月) 18:02:54
昔日本に皆が仲が良く何もかもがうまくいき争いのない悠久の時間があった。我が故郷。今まで会ってきた人にも今から会う人にもそのころの面影が宿る。多くの悠久の時間にいた橘の人を思うと寂しい

259 :考える名無しさん:2007/01/02(火) 15:22:05
好きな子に告白して振られ、
「私、2次元の男にしか興味ないから」
と言われる夢を見ました

これは現実にあの子が思っていることと関係があるのでしょうか

260 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 15:04:37
「明晰夢」って初めて知ったw
しかし、本当?
なんだか怪しげだなあ。

ちなみに幻覚は医学的にも認められている。

261 :260:2007/01/03(水) 15:06:04
ああ、>>1には「夢(幻想)」ってなってるんだね。

262 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 19:59:00
ひとことだけいいたい下ネタというものをこの世の中からなくしたい。何故ならそれがミサイルに匹敵するほどの破壊力をもって何かを壊す危険があるからだ

263 :龍宮:2007/01/12(金) 00:01:09
念仏者は無碍の一同なり

264 :龍宮:2007/01/12(金) 00:38:47
全体があって自分がいる。全体は自分の意思とは別に動いている。自分の思潮の流れは自然にある流れとは違っている。閉じられてある。しかし思潮は自然のものであり自然の流れがある。この流れを大事にすることが一心不乱に唱える念仏であり念仏は自由に通じている

265 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 20:56:15
人類が平和でありますようにあげ

266 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 22:10:32
東方をやれ。あれは宗教的同人作品。信仰心とは何なのかを示している。
と同時に、信仰心の発露。

267 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 22:23:50
君死にたもうことなかれ

268 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2007/01/13(土) 23:07:24
夢の中で見る夢は夢。

269 :龍宮:2007/01/14(日) 09:16:37
夏の夜の 古き夢の日 龍宮の 優しき人よ 永遠であれ

270 :考える名無しさん:2007/01/14(日) 21:36:39
現実は夢の中で見ている夢

271 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 19:39:15
夢と現実は心の奥底で理解出来てるはず。と言えば、話にならないかな。証明せよというならば別だけど。

272 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 19:51:27
     ./ ゙'''i;;;;!    ゙';, ノ;,.;;l;ノ;,,ヾ,,,.ブ;;' ,,.r.:,==、-、. ヽ
    /   j;;;!   i;,,.;;;;;;;;;;人;;;;;:. l; ;: ,;l.:.:.{ * .} );, ヽ
    /   l;;;;;!  ,.;;-'ニニヾ;;、:;ヽ;;  ヽ, ゙ヽ,:.:`--'.,..//゙  ゙、
   .!     ゙i;;;>'",..--、  ゙i;, l;;゙;::i:;)   ヽ`'ヽ`゙"゙ヽ;::゙i,    l,
   |     / /.:.{ * } ,./,. l;; :;《;.    ゙、 :;:;;;;,. ヾ;;;゙i,.  ゙i,
   |    i |::.:::.:`--'シノ,;'゙ :;l;;::,.      ヽ ゙'';;;;;;,.. ゙i;;;:!.  l
   |    l ;;:゙`-==' ,ィ" '゙  :;゙、;;;:;:,.,   ゙;,`ヽ ゙';;;;;;, l;;:゙i,  ゙!
   .!     `゙゙''''i;;;;:::|      :!;;:'゙;;:;,.   ;: ,ゾ゙''';;;;;;,.じ'゙.;: |
    |       ゙i;;;::|     ,;ri;;:,,,;;;;;;;:;:;:;:;;;/;;゙ ,.-、;;;; :;:;:;:;: .!
    .!:,:,: ;;;;:;,..   i;;;::|     .,/ ヾ:(⌒`-‐'" _,.-'",,._ ヽ,ヽ;:゙:. |
    l;';';';:;;;;;;:;:..   |;;:l,. ,. ,. ,:;/  _,,,..--‐''"´ _,..,へ ヾ-〉;!:,:,:.:.!
     ゙!;;;;::;;;;;;;;;:;:;::;;:;:l;;;:!;;:;:;:;:;/  / ,,;____,,...-''i"  l_,.-‐! ||;:;:;:;,'
      ゙、;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;:l;;:!;;;:::;/  / ,,;/`i  l  ゙!,..-'゙'iY゙i, ゙!;;;;;/
        ゙、;;;,. ゙'';;;;;;;;,. ゙、;;゙!;: l  ,' ;ノ、_ノー‐'^`''"  ,..ィ' l`'l .!;;/
         ヽ:,:,:,:;;;;;;;;;,. l;;;゙i |i_/∠i゙i'"゙i‐┬‐┬'''i"_,ノ"/ .//   夢だ夢
         ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;,,`'";ヽ`ヽ, `ヽlヽ〜-^ー'^,.-'" .//      君の総てがゆ〜め
         \;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ, ゙''ー-‐''"   //   試しに飯田橋のホームで
              ゙ヽ、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ、__,...-‐'",./      ジャンプしてごらん

273 :龍宮:2007/01/18(木) 02:05:07
あまつつみ 人と人とを 切り裂きつ 巡りて来る友 またの季節に

274 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 02:37:29
現実のオナニーは虚しいが幻想のセックスはもっと虚しい
そして最も虚しいのが一生を童貞で終わるという現実

275 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 02:47:35
我々は憎しみあっている

276 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 08:07:27
   |i   i/ リ!         ゙' ゙`ー' ゙'        i      ヾ,
   ゙i,     i lヽ         ,..、_,.. 、        ,.イi)      i |
  ( {    川iヽ,       く ー==‐ ゙ゝ     /iYiノノ     l/
   ゙Y     ヾi li|\     ヾ、;;...,シ´    / |シ'"/    /
    i!     ゙i! i!  \           /   i゙ /
   /        リ i|   ヽ,         /     | !l
         ,〃/l      ヽ、 _ _,,..-'"      ゙i| i,
        /il/ノ                   ヽヽ
        i! リ                      ゙iノ
                                  i!

                   ,.- 、
                  / : ゙!
                   | げ |
                   | る l
                     `ー‐'゙


277 :考える名無しさん:2007/01/24(水) 12:51:24
>>275
憎んでる人を何故憎んでいるのかと考えたことってある?

278 :哲学者最上位(´Д`)y─┛〜〜 :2007/01/25(木) 00:38:21
>>277
なんか勿体ぶったいいかたですね。
どうなの?

279 :考える名無しさん:2007/01/25(木) 19:47:24
私は彼を憎んでいるのか。
私の思いが裏切られたことが考えられる。私の所有だと思っていたことが、
彼の行為により崩壊させられた。それ故に、そのことを作る一人の人間とし
て許せない。
或は、私には秘めた思いがあった。彼の行為がその思いを踏みにじった。
踏みにじられた私の秘めた思いの反面故に彼が憎い。
そして、私が都合が悪いのは彼の持っている観念ゆえである。彼が持ってい
る世界ゆえに私が不都合なのだ。彼のもっている世界で罰してやりたいよう
な憎しみなのだ。
こういうことをせんがために憎いのだ。わかった?

280 :龍宮:2007/01/25(木) 21:48:10
背中合わせをしていて思ったことはやっぱり憎しみあっているんだなということ。憎しみはいにしえに続いているんだなあというイメージ。何故あのようなことをしたのかわからない。ただ憎しみに反して本当にいいたいことがあった。

281 :R1/dg0e:2007/01/25(木) 23:03:23
疑うこと: 思い込み; 悲劇^

ここが唯一の通路# 分裂性/ 時間制限| 桜と華=

シンメトリー% 流線形と鍵! ピリオド` 新しい風景{ 透明な雫} 変わらない88の予告」

映画館\ アイルランドの諺@ 裏切りと死刑囚? 薬と音楽* 波動方程式" 太陽のカード& 

ひまわり< 妄想の世界: ベトナムの炎/ あの駄菓子屋「 雪の墓場]


282 :考える名無しさん:2007/01/25(木) 23:58:52
やはり単に苦痛から逃れたいだけなんですね

283 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 08:38:26
何の会話をしてるのかわからん 喧嘩か?

284 :龍宮:2007/01/29(月) 01:21:42
どれだけ書いても交わることのないアールデコ調の幾何学模様を描く。

285 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 07:45:10
あー茶畑に朝日が昇る。日本の夜明けだ。

286 :考える名無しさん:2007/02/08(木) 12:25:51
夢と現実って分けてる時点で大丈夫だよ
夢も実際に見てるものだから仕方ない
ごっちゃになる時があるけど人間の脳がそういう造りになってるだけだから
気にしないでおK みんなそうっす 夢みるのも現実のだと
思っときな 夢でなんかいいヒントとか見つかるかもよ何かに集中してると


287 :光源氏:2007/02/08(木) 15:02:14
今日本と日本語の勉強し直してる。

288 :その1:2007/02/10(土) 09:31:34
気高き人よ。私がいいたいのはあなたは優しいということだ。人間の繋がりがある部分で保たれある部分で絶たれている現在に於いてあなたには誠意があった。あなたは優しかった。あの時の付き合いは短くも儚いものではあったが決して浅くはなかった。

289 :その2:2007/02/10(土) 09:32:55
無論繋がりは細く信頼性に乏しい友人関係だった。信頼性がなく深いものだった。深く気高いものだった。あの関係性において私はあなたに親切にした。あなたは私を信頼した。それが保たれるのは難しい。何故なら因縁のなかで私はあなたを憎んでいたからだ。

290 :その3:2007/02/10(土) 09:34:56
私は昔のことと私個人のことを結びつけてあなたの信頼に背を向けた。何故私があなたを今呼ぶのかといえばそれは私が深い川がある森のなかに入り込んでしまったからだ。わからなくなってしまった。

291 :その4:2007/02/10(土) 09:36:22
私はわからないままに森に取り残されてしまったからだ。私は森を把握しそこから脱出するためにあなたに今近づいているのだ。私達の間に愛はない。愛と呼びえるものはない。あるのは夢だけだ。

292 :その5:2007/02/10(土) 09:38:51
夢のなかにあるのは複雑になって道を失ってしまった森のみだ。気高き人よあなたは美しいかった。あなたは人間が抱えるすべてをみてもいない人間が私のなにを知っているのかというだろう。あるいはその胸のなかに怒りが引き起こされるかもしれない

293 :考える名無しさん:2007/02/15(木) 08:00:01
とりあえず
NRにSRのことを
彫ってるバカや、いまだに
ポンキッキーズトークを
してるヤツは死ぬべき


294 :考える名無しさん:2007/02/16(金) 19:13:27
今までありがとう(´;ω;`)ブワッ

70 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)