5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学は金がかかる

1 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 21:38:53
一冊5千円もするのかな!

2 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/12/19(月) 21:43:41
金くれ。
多重債務者になってもうた。

3 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/12/19(月) 21:49:14
ホームレスになったら金持ちになれるんじゃなかったのかよ。

4 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 22:27:58
英語で読めばいい。
日本語で読むより簡単なことが多いし、
古典は大概ネットで無料で読めるから。

5 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 22:58:41
>>4
いい話を聞いた。
純粋理性批判などもぐぐって探してみるわ。
thx。

6 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:13:23
古典で満足できるやつはいいよな。
読みたい新刊が多くて困るよ。

7 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:14:44
古典を読み込むってやつは結局金がないだけだろう。

8 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:15:25
>>7
!!!!

9 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:21:31
哲学は貧乏人がやれる道楽ではない。

10 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:24:12
5万円/月以上本代にかけられないやつは哲学をやってはいけない。

11 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:26:29
それは「金のないやつは哲学研究者になるな」と道義ではないだろうか。
貧乏人に哲学研究者になる力がなくても、哲学者たる人物がいてもおかしくはないが。

12 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:27:54
親の金でのうのうと哲学をできるのならばそれでよい。
それも一つの才能であろう。

だが、おのおのの学究の徒にも道は開かれているはずである。

13 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 23:53:18
>>12
>はずである。
それは何の根拠もない単なる甘えである。
学問なんてものは金のある奴の道楽である。
実際、哲学で名を残す奴には金持ちの子息が多い。
そもそもギリシャで哲学が生まれたのは、奴隷制のおかげで市民は
働く必要がなかったからだ。

14 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 00:12:09
そもそも日本は社会主義的である。
古代ギリシャから続いた階級社会はこの国には当てはまらないだろう。

15 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 00:12:27
どっかのスレに無料の英語文献の一覧を網羅してたと思うんだが

16 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 01:26:59
時は金なり
貧乏暇なし

17 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 02:02:02
>>13
君が知らないだけじゃないか?
広中なんて裕福じゃなかったぞ

18 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 02:44:21
医学書はもっと高いぞ

19 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:13:31
_ ―
◎ ◎
 し
 ■   <ワォ

20 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:14:55
法律や税務関係も
頻繁に改訂されるから大変だぞ。

21 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:20:14
医学書や法律書はたいがいその購入費用より大きな収益をもたらす。
哲学書の場合はほとんど収益をもたらすことはない。

よって哲学書のほうが高価である。

22 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:38:32
1万円の根もつけられないだろ!

23 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 03:41:32
哲学書から得られる効用がないのならば、
税務の本によって収益を得ようとすら思わないであろう。

法律はそれ自体で面白いこともあるけど。

24 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 04:30:07
経験的力学だが一万円のラ**

25 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 04:33:14
ライプニッツ?

26 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 04:42:24
一万円の本探しにいって来る。ライスニッツ。

27 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 04:50:16
美術書関係が一番値が張る。
美学の美術史は金持ちのボンボンにしかできんわ

28 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 04:50:38
哲学みたいに言葉のニュアンスが非常に重要になる学問で
和訳された本なんか読んでも役に立たないだろ
和訳した奴の解釈も絶対多少は入ってくるわけだし

29 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/20(火) 09:43:07
哲学をしたいがために、近場のコンビニまで買出しに行く。
哲学書は一冊1万円もするのか。こりゃあ辞書より高い。金がかかってしかたがないな。
彼に対して「図書館いけよ」は、あたりまえの返答である。
そこで哲学書をあさるよりまえに、シェイクスピアをすべて読む事をすればいいです。

ところで>>28は、著者の解釈が書かれた本なので和訳も英訳も結局関係ないのではないか。
寧ろ、誰かの和訳や、解釈が入っていなければ、アルファベットの羅列を、
本来のようにではなくローマ字の様にしか読む事が出来ないので、もっと役に立たない本になってしまう。

最も、本を読むに当たって、それは日本語で書かれているはずがなく、
日本語と中国語の入り混じった様な文章を、最後には自分で翻訳しながら読むつもりでなければ、
どんな文章を読んでも役に立たないのです。

30 :クロス:2005/12/20(火) 14:11:18
ん?図書館を利用すれば良いんじゃないか?



31 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 14:13:34
図書館の本だとメモを書き込んだり
長期間手元に置いておくわけにはいかない。

図書館の本だけで哲学やろうとしているうちは
本格的な研究はできないよね。

32 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/20(火) 16:15:06
コピーしたりノートに取れば十分でしょうが。
何のためのメモ帳なの。PC使ってるんでしょ。
活用しなさいよ! 活・用!

33 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 16:29:20
>>32
>コピーしたりノートに取れば十分でしょうが。

ガキだな。一本長い論文でもかいてみれば
何十冊もの文献を長期間手元において
自由に読める状態にしておかないと
まともな研究はできないということが分かるよ。

34 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 20:33:02
金がなければ哲学するな。

35 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 20:40:45
哲学は金ではなく頭脳だ。


36 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 21:28:21
どうすれば金をかけずに哲学を行うことができるのかと考える。
勉強をせずに頭がよくなる方法を考える。
ステキやん。

37 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 22:12:38
> 何十冊もの文献を長期間手元において
> 自由に読める状態にしておかないと

確かに、論文とか本を書くのは、容易でない。

しかし、書く以前の段階においても、
自問自答(ある意味で哲学)なら、幾らでも出来る。

ただ、書くことで自分の考えをマトメ、公表することで批判を請い、
自身の考えの妥当性を検証できるとも言える。

故に、研究書の場合は、公表することに意味がある。

38 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 22:18:25
図書館などで一度読んで完璧に理解して
丸暗記に近いくらい覚えることのできる人間以外の
頭の悪い人は哲学なんかに金かけてまで読書しなくていいよ

39 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 22:27:24
と天才の38が申しております

40 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 22:32:12
確かに頭はいいほうだが
頭の悪い貧乏人が哲学に金使うことないよ
単なる暇つぶしに金持ちがページ捲るなら分かるけど
何かしろの見返りを求めるのなら頭の悪い人には無駄な行動だから

41 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 00:05:21
本を出版してもらえないような若手の学者が
ネット上で共同翻訳してフリーで公開して大御所に対抗すればいいのに

42 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 00:15:34
学者になれれば大学側から出版費用出してもらえるんじゃなかったっけ?
法政大出版とか東大出版とかいうあれ

43 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 00:34:24
>>41
>ネット上で共同翻訳してフリーで公開

古い本以外は翻訳の著作権があってダメです。

44 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 07:52:48
>>40
無駄と分かっているから思索は楽しいのではないかと逆説的な問いをしてみる

45 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 07:54:57
あと2ちゃんで頭がよいなどと自認している奴は大概ただの勘違いクンか
親のすねかじりであることが多い

46 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 09:15:35
本を書くのは頭が悪い証拠

47 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 10:16:52
>>46
詳しく

48 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 14:02:23
この間の新聞か雑誌の記事によると、
たしかドイツでは研究論文などを、
ネット上で公表する運動があるとか。

書籍として出版するより安上がりだし、
公表も迅速でPCへの保存も簡単だから、
その方向へ向かうものと思われる。

しかもメールBBSブログでの議論も可能。

49 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 14:04:56
>>48
学術雑誌の電子化・オンライン化の試みは日本でもとっくになされているよ。
http://reo.nii.ac.jp/journal/HtmlIndicate/html/index.html

50 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 16:46:53
ドイツの、それは、発表から論文の審査まで、
すべて、ネット上で行おうとする運動だと、
聞いている。記憶違いなら御免。

51 :考える名無しさん:2005/12/21(水) 23:05:30
哲学する時間を労働に回せ

52 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 07:05:16
                  ./    \
        ,.-――      | ^   ^ |      __
       /´      /;;;;;ヽ;;;;.| .>ノ(、_, )ヽ、.|ヽ‐'、      `丶
     . li_     _  <;;;;;;;;;;;ヽノ.! ! -=ニ=- ノ 〉/:::::::ヽ      ヽ
      ヾ,.。、 '゙,。、`. ',;;;;;;;;;;;l.:;:;\`ニニ´/;:;.l::::::::::::/  .,、,._  ,.. il
       i`フ  ''´   l;;;;;;/,i:;:_:;:_:;:_;:;_:;:l:;_;:_:;:_:;:ヽ::::::::ィ ´,. 。、' ゙ ,。、'
      ..i ゝ ,、)     l;;/ィ/_____|___ゝヽ:::::i  `"´ 〈 `´i
      ', iニニヽ    `三|  _     _   |ヾ::i      ,、' i
       ',ヽ三ノ,'  .;三|  三シ   ヾ三  |三、 、  ,ィニニi ./ <あまり私を怒らせない方がいい
        lヾ;.ニ, ' ノ |三′  .._     _,,..  i三`、ヽ, ヾ三ソ,'
        .|;;',;,   }  ト、ニ| <でiンヽ  ;'i"ィでiン |三.|`' 、,_,. '
        i;',,   / ', iヽ!  、 ‐' /  !、 ーシ |シ,イ 丶,,';';i
        i;,';  /  i,ヽリ    ,' :  !.     |f ノ   i ,;',i
       /  / i  /;ヾ!    i ,、,..、ヽ   lノ ヽ  |  \
      ヽヽヽヾ丿 /;;;,, |      _ _    イ l ;;;;;;ヽ {////
       ````  /;;,',';;. l    ,ィチ‐-‐ヽ  i / ',;;::',',゙i ´´´
            /.,',',';;" ゙i、   ゝ、二フ′ ノ/\ ',',',;;,'i
            i 、  ./ \  ー一 / /   ヽ ',;::'、
           |   〈    \     /    ヽ''  |
           ト,   i       ̄=''"      | 、 i


53 :考える名無しさん:2005/12/22(木) 11:32:42
まかり間違えば高価な屁理屈。凝ってしまうと人生の代償付き。

54 :凡人:2005/12/28(水) 18:19:52
>>1番さん
高価な書物を買い求め、そこに己の望む答えを見いだそうとする行為に間違いが有ります。
世の疑問を己の良心と対話を交わし正当な答えを見いだす、行為が哲学だと思います。
他者の思いを覚えて吹聴すれば誰それが、こう言いましたと言う宗教と同じレベルに成りませんか?
余暇をみて自問、自答を繰り返し正当な答えを見いだす、一切の資料を必要としないのが哲学ですね。





55 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/28(水) 19:00:54
>>54
宗教をどう考えてんだよ。
それこそが最大の誤りだろ。悪いように差別するんじゃない。
お前の発言で宗教に入ってる人はバカにしてもいいんだって言う考え方が世の中に広がったらどうするつもりなんだ。
哲学にいくら金をかけようが夢中になろうがかまわんけど、
自分のやってる哲学が何よりもレベルの高いものだと言う言い方には関心しないな。

56 :凡人:2005/12/30(金) 17:50:12
>>55番さん
宗教が平和の使者で有るなら人類はとっくに自由と平等を重んじる平和な社会を築いているでしょう。
争いは宗教が持つ思想の違いを巧みに利用して起こされ多くの犠牲者を伴います。
幸い日本の宗教人口は25‰と世界の比率を遙かに下回る信者数です。
その為に宗教が絡む諍いも少なくて済んでいます。
それでも日本だけで12500件の非課税の宗教団体が登録されて居り、世界では80万団体が有ります。
しかるに騙されるとも知れない他人の思いに頼らず己の良心と対話を繰り返し真理を見いだす事をお奨めします。
いずれ、近未来に人々が知能を育て智恵を産みだせば宗教に頼る者は居なくなり自然消滅しアインシュタインの
預言通りに日本から世界に平和な社会が訪れます。
宗教は力を崇拝する蒙昧社会を維持する為に必要な運営者、従業員、信者と言うお客さんで賄われる非課税企業です。
誰もが生まれながらに備え持ち、誰もが自由に使う事のできる素晴らしい潜在知能を宗教や自我に囚われ封印し
潜在知能を新品のまま捨て去るも自由、使うも自由ですが、できれば皆さんに、お使い戴いて自然と融合して全ての
人々が生き甲斐の有る新しい人類史を築き上げて戴きたいと願って居ります。
貴方の仰るように差別とか他人様をバカにするとか虚栄心などの持ち合わせは有りませんが事実を有りの儘、申し
上げていますので誤解を為さらないで下さい。



57 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/30(金) 20:12:42
>宗教が平和の使者であるなら
何が平和の使者だって? エロゲーのやりすぎなんじゃないのか。

>争いは宗教が持つ思想の違いを匠に利用して起こされ・・・
お前が今言ったとおりの事をお前がやってんだよ。
しかも、正当な理由なしにだ。
自分の行う哲学は極めてよろしいものだけど、他の誰かがやるような宗教レベルでは駄目だと。

それ以下のことについて(それ以上のことについても)は、人それぞれの勝手だろ。
1人の人がそのように振舞えば、ほかに何人同じ事をしてることになるんだよ。
宗教に入ってるみんながみんな>>56に書かれた通りで、お前の哲学以上のものは持ち合わせずに、
お前の哲学と同等かそれ以上の物を持ち合わせているものについては、>>56に書かれた事に似ている事は一切していないと言うんだな。
そんな馬鹿げた妄想があるのかよ。
お前みたいな意見の展開が、戦争を引き起こしてるんだよ。まじで。

差別してんじゃないよまじで。たんなる差別だよそれは。
誤解があったかなかったは別にしても

>>54 >他者の思いを覚えて吹聴すれば誰それが、こう言いましたと言う宗教と同じレベルに成りませんか?」
この書き方はおかしいだろ。

>>55 > >>54 宗教をどう考えてんだよ。 」

その答えがお前の書いた>>56なんじゃないのか。

58 :凡人:2005/12/31(土) 13:13:08
>>57番さん
宗教の教えを信じている者は己の良心との対話ができず敵対心を露わにする。
宗教者は論理に基づく話し合いができない。
そこに、触らぬ神に祟りなし、と言う格言が生まれました。
イラクでも互いが神の名のもとで聖戦として戦わせ、そこにどんな正義が有りますか?
貴方の記述の中に他人をお前、お前と憎しみを露わにする表現が多々含まれますが、
思想の違いを敵対する宗教者の性質をよく表していますね。
宗教に何らかの正当性を貴方が見いだして要るので有れば、その事を書き込んで下さい。
それに付いて大いに論議しましょうでは有りませんか。
人それぞれの勝手だろう。自由で有ると主張しているのですか?
自由とは他の全てに痛みを伴わぬ思想および行動。です。
人類に不幸を撒き散らす思想は身勝手な思いより生まれる自由で有り真の自由とは全く
の別ものです。
頭は飾りに着いて要るのでは有りませんので生きているうちに使いましょうね。
死んだら使う事ができませんので死後の事は考えないが宜しいかと思います。
無いものを思わせ己の利に繋げる、事は取り込み詐欺に成りますよ。





59 :考える名無しさん:2005/12/31(土) 14:36:36
憎しみを隠すために言葉遣いの厚化粧をしても尚、反感を買う凡人


60 :凡人:2005/12/31(土) 16:14:08
>>59番さん
残念ですね。憎む、など貧素な次元で物事を思惟して居りません。
物事の是非、善悪を常識に囚われず明確に弁別する心を育てる事が肝要と思われます。
そりゃあ、宗教に己の人生と言う命を差し出している者達には反感を買いますが真実を述べるには恐るる足りませんよ。
世間を騒がした新興宗教の本部にでむいて、その教えの不当性を説いた事も有りますので、、、、
命と交換に教えを押し付け広めてきた大宗教も過去を辿れば中味は新興宗教と同じですよ。
世界80万種のそれぞれが我こそ正当で有ると主張を繰り返し収集の付かない社会にしています。
その被害者で有り大切な人生と言う命を利用されている信者の方達に憎しみを抱いて何とするのですか?
それでも頭が無いと不格好だから飾りに付いてるとお思いならば何も申し上げる事は御座いません。
信仰とは、その教えを仰ぎ尊び決して疑わず信者は無知蒙昧で有れ、考えるな、頭を使うなと言う事です。

61 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/12/31(土) 17:37:21
>>58
やはりそれは差別ですね。そのことに関して敵対心をあらわにしますよ。おかしいですかね。
あなたが宗教を差別したんですからね。

>宗教者は論理に基づく話し合いができない。
これが理論的だと言うんですか?

>イラクでも互いが神の名のもとで聖戦として戦わせ、そこにどんな正義が有りますか?
つまり全ての宗教家は、イラクのジハードのようにはちゃめちゃをやると思い、同時に僕もそうであり、
お前と似たような考えを持ち、お前以上の脳みその持ち主がいるとすれば、彼等は絶対に同じような事はしないと言ってるじゃないか。
これが差別以外の何者だと言うんだ。

行動事態は人それぞれ勝手で、どうがんばっても抑制できるものではないと言うのに、聞き入れず、何故か自由を持ち出し。
やはり、宗教家は自由だから頭を飾り物として考え、使っていないと考えているじゃないか。
差別じゃないの。

別に宗教が良い悪いで僕は怒ったり悲しんだりしているわけではないよ。
お前が宗教を差別したから悲しいんだ。こんなやつが2ちゃんねるにのさばっていると思うとね。
固定ハンドルで書き込み、メールアドレスをさらしているなんて思うと悲しいんだよ。

お前はお前と言う呼び方を否定しているが、僕の事を囚人のように呼んでいないかい?
番号だけを指されて、場所を示しているならまだしも、僕があたかも>>57番と言う名前のように、>>57番さんと呼んでいるじゃないか。

そうだね、まずお前は差別と言う点にはいっさい触れずに宗教を否定しているが、僕が一番語りたいものは差別についてなんだよ。
逃げずに差別していたかどうかを、考えて、その点について書き込み、差別していたなら謝罪してほしいね。
僕はそのことについて話しているんだよ。分からないかもしれないけどね。
「差別してませんよ」のような書き込みも見れないんでね。

62 :凡人:2006/01/02(月) 18:50:20
>>指し指さんと呼べば満足ですか?
宗教差別も敵対心も不要なもので有り全く、その心は有りません。
因習として受け継がれてきた人類史に於ける宗教の悪意性を唱えている、だけです。
歴史的争いには必ず宗教の思想の違いが使われていますね。
その宗教を擁護する貴方の真意とは何でしょうか?
物事の是非、善悪を明確に弁別する事を真実と言い差別とは申しません。
人類のみに在らず全ては自由と平等の権利を持って産まれてきますが他者に痛みを伴う思想を振り
まく宗教は人の意識の自由を阻害する行為です。
【自由とは全てに痛みを伴わぬ思想および行動】です。
他者に痛みを与える思想と行動を行う者達が真実に己の良心が痛みを感ずるのは当然な事です。
宗教に対してだけでは無く他の全てに差別意識と言う貧素な意識の持ち合わせは有りません。
”行動事態は人それぞれ勝手で、どうがんばっても抑制できるものではないと言うのに、聞き入れず”
他人様の行動を抑制しょう等の思いが、思い上がりも甚だしい他人様に対しての差別意識と考えます。
行動は意識から産みだされるものですので、その意識に触れるが肝要と思われます。
他人様の意識に触れる場合は、物事の理を悟り己の意識を高め他者の意識に触れるだけの智恵を得る
事が先決ですね。
指し指さん、ご質問有り難う御座いました。貴方も無限の可能性を秘めた人類の大切な一員です。
今年も頑張って下さいね。







63 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/03(火) 00:08:05
不要だといわれようがするしか仕方が無いのが差別なんでしょうね。
できるだけ控えるべきではないですか。
しかし、しなくてもいい場面でもしてしまうのが凡人だという事が分かりました。

男は働け
女は家にいろ
B型は自分勝手
宗教ごときだと

これらはすべて差別といえます。その考え方がいけない。あなたの言葉を何故か借りると理でないと言っているんです。
そも僕の質問に答えなかったところは認めたという事でいいんですかね。
差別をしたという事に対して、差別していないとしか答えられない。
自分の正当性を1パーセントでも伝えたつもりなんだでしょうかね。

64 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/03(火) 00:09:19
また、宗教を擁護しているというし、僕が馬鹿だと思われるような意見も出す。
何についてもあたかも、何かよりも何かが出来ていないような書き込みをしますね。
それは悪い差別だと言えませんかね。
誰かのことを馬鹿にしなければ自分のことを評価してもらえないと思っているのか知らないが
その方法が醜い事だと言うのが、真意と伝わりませんでしたようでもう一度説明します。
自分が誰かを馬鹿にしている自分を他人に見られる事によって、優劣をつけ、判断を他人に任せてしまおうという姿勢です。
それが凡人の哲学でしょうか。あるもので済ませるような。
周りの誰かがその言葉だけを鵜呑みにしたところで今ある真実に何か変化はあるんでしょうかね。
ただ、自分の意見は何か根拠がなくても正解だと周囲に思い込ませる事が出来て哲学だと。

何もないと言うなら、
>因習として受け継がれてきた人類史に於ける宗教の悪意性を唱えている、だけです。
と書かれているよう悪意性を唱える必要があったのか。という事です。
これは擁護でもなんでもなく、”差別”と何度も言葉を使うように、何かを悪い対象にして語るなと言ってるんです。
誰か1人がそのとおりであるならば、他に何人そうなんだと言っています。答えられますか?
また、僕が何かの時に何かすれば、いつもそのとおりなのか。
そういう固定観念を持たせるような差別はいけないと何度も言っているんですが。

何度も同じ事をかかせないでくださいね。

宗教をうまく活用できない人がいるかも知れませんが、宗教自体は何でも無い事だという事に
なんで気が付かずにいるんですかね。
戦争のおこる理由はそこにもあるんだと僕は思いますよ。
どうもありがとう。

65 :りくーつ・こねりー:2006/01/03(火) 00:46:30
> 宗教をうまく活用できない人がいるかも知れませんが、宗教自体は何でも無い

人を救うことを目的とした説明原理が宗教で
そうでないものは宗教でもなんでもない

そして、信仰することで救われる
と思ってたんだけど、そういうもんでもないのか

信仰したこともないから、よくわからんが

66 :凡人:2006/01/03(火) 18:11:11
>>指し指さん
宗教は大切な人の人生と言う命を、その団体の為、無駄なく有効的に利用する組織です。
貴方が宗教を有効活用するので有れば信者と言うお客では無く、それを利用する経営者に成らなくてはいけません。
他人様の大切な命を宗教団体の為に差し出させる事が貴方はできますか?
その、ご自分の大切な人生を他者に預けず貴方の為に、お使いに成られたが宜しいのではとお伝えしています。
【人に潜在している知能の使い方が明らかにされた時、宗教の全ては、その役目を終え自然消滅するであろう】
西暦2007年水瓶座から始まる、この貯言をヨハネパウロ2世が知り卒倒したが、後に別の理由を付けて発表されました。
人に潜在する知能(バンドラの中味)の使い方が明らかにされた時、全ての支配社会が崩壊し(ハルマゲドン)人類は未来永劫、
自由と平等を重んじる平和な社会を手にするであろう。
全ての人類が待ち望み、喜ぶべきハルマゲドンを宗教は己の消滅を恐れて社会不安を招く解釈をし、信者の獲得に利用しましたね。
平和よりも陰湿な蒙昧意識が支配する社会の持続が宗教界の望みでは有りませんか?
人は生まれた時に美しい地球を未来に受け渡す命の使い方(使命)を持って生まれてきます。
集団的エゴイズムに人々の心を取り込み蒙昧社会持続の立役者の役目を担ってきた宗教界の悪意性を知らしめて宗教離れを促す
事も争いのない良い未来を構築する使命の一環で差別とは申せません。
宗教と言う人の心を利用する怪物を貴方は取り込まれずに、それを利用するだけの智恵と根拠をお持ちですか?








67 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/03(火) 18:47:21
>>66
いや番号で呼んでくれてもいいっすよ・・。
それよりもうずっとわけのわからないレスが帰って来てるんだけど、なんなのその宗教は。
僕が何度も言ってるのは、宗教に対する誤解についてでもあるんだけど、ぶっとんでるよ。

>宗教は大切な人の人生と言う命を、その団体の為、無駄なく有効的に利用する組織です。
これは宗教に言えたことなのかって事でもあるし・・・。やっぱり差別的でもある。
誰も有効活用してるしてないが問題だと言ってるのでもない。凡人が悪質だと言うから、その説明の対として出したんだろう。
人生を預ける場所が宗教だと言うのでもない。
凡人は、本やインターネットから知識を得られるだろう、つまり視覚から。ほとんどの人が聴覚からも得られるね。それと同じ事じゃないか。
しかし、宗教だけは駄目だと言う。

>宗教と言う人の心を利用する怪物を貴方は取り込まれずに、それを利用するだけの智恵と根拠をお持ちですか?
僕が宗教に入っている事だけが、凡人と違う運命であったら、文句はないのかって事なんだけど。
しかし、宗教に入っている人には有り得なく、それ以下だと言う。
だから差別なんじゃないかと。

何度も言ってるからね・・・。いい加減答えて欲しいんだけど・・。

68 :まきな ◆I2rWVFDN2M :2006/01/03(火) 19:02:20
宗教はていの良い思考停止でしかないでしょう。

69 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/03(火) 19:08:01
それも差別でしかありませんね。

70 :りくーつ・こねりー:2006/01/03(火) 19:16:50
いいじゃん、それで人が救われるんだったらさ
救われないんだったら問題なんだろうけど
思考しているつもりの何の役にも立たん哲学よりマシだと思うよ

でも、俺は哲学のほうが好きだ

71 :凡人:2006/01/04(水) 16:28:54
>>指し指さん
>>54番で申しましたが、他者の思いを覚えて、吹聴すれば誰それが、こう言いましたと宗教レベルに成りませんか?
この言葉の意味を理を持って解する事ができますか?
心は他者より学ぶものでは無く、自分で見いだしなさい、とお伝えしています。
>>54番、余暇をみて自問、自答を繰り返し正当な答えをみいだす、一切の資料を必要としないのが哲学ですね。
誰もが持っている心の事を知るのに覚えよう、等と怠けずに自分で見いだしなさい。とお伝えしています。
宗教は人の心に二重、三重のタガを架けて、集団的エゴイズムに取り込み人間性を消滅させるので、その危険性を指摘
しているのが差別ですか。(事実と差別を混同しない様に)
異教徒の命をゴミクズの如く扱う、宗教の正当性を理に叶った説明をして下さい。










72 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/05(木) 18:28:52
>>71
僕の書き込み見てる?
宗教を差別してまで書き込む必要があったのか。
>心は他者より学ぶものでは無く、自分で見いだしなさい、とお伝えしています。
これはだから、宗教では出来ない事のかと。なんど言ったら分かるんだよ。
凡人が仮に宗教に入っていたら、このことが出来ていなかったのかと何回も聞いてるよね。
宗教レベルって事は全く無縁なんじゃないかって、何度も。
>>57でも>>61でも>>63でも>>64でも言ってる
”何回”でぐぐってよ。このスレがトップに来るか>>67でも言ってるよ。

>余暇をみて自問、自答を繰り返し正当な答えをみいだす、一切の資料を必要としないのが哲学ですね。
分かってるじゃん。でも、凡人は差別するように宗教を資料として使ったよね。
差別って最悪の資料だよね。
「お前、それって口が利けない人と同レベルじゃん」

宗教の正当性を説明する必要はないから。
凡人が宗教が嫌いなのは分かったから、差別するなって言ってるんだよ。
ほんとうに何度も言ってるんだこれは・・・・なんで読んでくれないの。答えてくれないのよ。

55 名前: 指し指 ◆6wmx.B3qBE [あん☆] 投稿日: 2005/12/28(水) 19:00:54
  >>54
  宗教をどう考えてんだよ。
  それこそが最大の誤りだろ。悪いように差別するんじゃない。
  お前の発言で宗教に入ってる人はバカにしてもいいんだって言う考え方が世の中に広がったらどうするつもりなんだ。
  哲学にいくら金をかけようが夢中になろうがかまわんけど、
  自分のやってる哲学が何よりもレベルの高いものだと言う言い方には関心しないな。

もともとこれだけど、反論するってことは、結局差別してたって事なんだよチミは。

73 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 20:28:42
きもい。きもすぎますよ。このスレ。きゃーたすけてー!(><)

74 :凡人:2006/01/06(金) 16:51:27
>>指し指さん
人類史の争いに於いて宗教が深く関わりを持ってきたのは事実では有りませんか?
貴方は宗教が平和の使者だとも思って居るのですか?
事実を訴えるのに差別と言う、事実=差別と言う心の中は事実を曲げても差別にしたい宗教擁護の気持ちが
有るからでしょう。
ガリレオが地球は丸いと言う説を唱え、それに宗教界は異を唱え300数十年を経た近年に成って宗教界の
誤りを認めましたね。
宗教と言う古き、悪き因習を良い習わしとして唱えれば嘘を付く事に成りませんか?
信仰とは、その教えを仰ぎ尊び、決して疑わぬ事ですよ。
物事の理に叶わず、物事の是非、善悪も弁別する事を許さない信仰とは人を賢くする教えでは無いでしょう。
個人の好き嫌いで物事を判断してはいません。事実を有りの儘にお伝えしています。
宗教的見解から事実を差別と捕らえるのは自由ですが世界平和を使命とする者に曖昧な妥協などと言う蒙昧
意識は毛頭、持ち合わせが有りませんので、その旨、心してお話し下さい。
極、近未来に人々が潜在している知能を使い始めれば宗教は自然消滅します。
時が来て宗教はどうすれば、の問いなら良いが貴方の書き込みは論外です。
事実を差別と混同せずに大切な一度限りの人生を宗教に預け放置せず自分で考え自分の為に使いなさい。
それに他人様をお前と呼べば己の人間性の貧しさを露呈しますので、以後、一切、お止めなさい。





75 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/06(金) 18:45:27
何でこんな話し聞けない子がコテやってるの・・・。いや別にこれは差別じゃあないけど?
話し聞けない子もコテやっていいからね。
ただ、ひょっとしたら相手にするべきではなかったんじゃないのと思えてきたし。
コテだから間違いないと思ってせっかく話ししようと思ったのに・・・。

>>74
お前の事をお前と呼ぶことでなにも事実は変わりないよ。
何かあら捜しをしなくてはならないほど追い詰められていると言うわけでもないんだろう? なら言っても意味無いことを言うなよ。
お前がお前であることで、お前の意見が正しくなったりしないだろ。

>貴方は宗教が平和の使者だとも思って居るのですか?
何なのこの勘違いは? しかも、答えたし・・・。
文章読んでる?

>ガリレオが地球は丸いと言う説を唱え、それに宗教界は異を唱え300数十年を経た近年に成って宗教界の
>誤りを認めましたね。

まじでなんかいも言うよ?
みんなそうなのか? と。また、この僕がそうなのかと。
自分がそうでないと言えるのか? ”宗教レベル”発言は差別だという事を否定し続けているじゃないか。
しかも、差別には変わりないんだから。謝罪しろといってるんだよ。
本当にね・・・。なんで訳の分からない超論ぶっぱなしてるだけなの君は。会話する気あんのかよ。
そんなんが会話だと思ってるのかしらん。
質問には答えてくださいね。

言い習わしを答える必要も、悪い慣わしを答える必要も、なかったと言ってるんだよ。だからそれは差別だと。
なんで急に良い方向に行ったの?

>>55 には目を通したのか。そしてそれ以降の指し指には目を通したのかよ。
まぁ文章読んでる? って言われている部分を読まれてないんじゃあどうしようもないけど・・・・。


76 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/06(金) 19:10:01
正しくはないが、仮に、凡人の言う宗教欠陥論が正しいとしても、今ここで宗教の話をするべきではなかったと言ってるんだよ。
分かるかな。何か誰かが、宗教の良い部分ばかり並べて、宗教に入れといわれたのなら別だけどね。
思う存分自分なりの宗教欠陥論を説いてくれたまえよ。
凡人は何もないところからいきなり宗教を批判しだしたんだ。宗教レベルだと言ってね。
僕は「差別だ」と言う。
しかしそれなら「宗教の正当性を説け」と返って来た。

宗教が悪いと言う事は間違いだと言っているのに、なぜ正当性を説明しなきゃならない。
>>67 >僕と凡人の差が、宗教に入っているかいないかだけなら、文句はないのか。
これ以前にもこれ以後にも、同じような事を何度も言っているのに、読まずにレスもない。
「宗教レベル」と言うのは差別なんだけどね紛れもなく。

又また、仮にこの議論に僕が勝ったとして
次以降は「凡人は宗教に関心がないから頭が悪い」と言われ相手にしてもらえなくなったらどうする?
一度は「関係ない」と言うだろう。差別されたと思うはずだよ。

55 名前: 指し指 ◆6wmx.B3qBE [あん☆] 投稿日: 2005/12/28(水) 19:00:54
  >>54
  宗教をどう考えてんだよ。
  それこそが最大の誤りだろ。悪いように差別するんじゃない。
  お前の発言で宗教に入ってる人はバカにしてもいいんだって言う考え方が世の中に広がったらどうするつもりなんだ。
  哲学にいくら金をかけようが夢中になろうがかまわんけど、
  自分のやってる哲学が何よりもレベルの高いものだと言う言い方には関心しないな。


77 :考える名無しさん:2006/01/06(金) 22:03:20
哲学する金も稼げない無能が宗教そのものを叩いて己の無知をさらけだしているスレはここですか?



プ

78 :りくーつ・こねりー:2006/01/07(土) 05:51:06
>>77

>>66
> 人を救うことを目的とした説明原理が宗教で
> そうでないものは宗教でもなんでもない
>
> そして、信仰することで救われる

もオカシイ?俺は道具論のように扱ってるわけだけど
ためしに、ちょっと細かく書いてみる(「目的」を持った「道具」としてだけど)

説明原理である宗教そのものが何かをするわけではない
その辺は、科学も同じ、科学が何をするわけではない
使わなければ、何もしない

仮にカナヅチがあったとしよう
カナズチは釘を打つことを「目的」とする「道具」なわけだけど、使わなければ何もしない
釘を打ってはじめてカナズチがカナズチたる意味を持つ
カナズチが人を殴る「目的」の「道具」ではないことは確かだ
人を傷つけるという結果について、カナズチが悪いのか人が悪いのか?
カナズチ自体が悪いわけではない、使わなければ何もしない

  宗教も人を救うという「目的」に従って使うか、使わないかが問題であって
  宗教自体が悪いわけではない

問題は「カナズチがある」から人を殴るような結果になる可能性があるのは確かなわけで、
それが悪いか悪くないかという自分の価値観に基づいて議論しても水掛け論になる

  「宗教がある」から問題が発生する、とかいう議論がこれに該当すると考えられる

79 :凡人:2006/01/07(土) 10:39:34
>>指し指さん
54番の書き込みをよく見て下さい。
覚える事の危険性を指摘しています。
人は覚える事で、それが正しいと思い込み論議の引き合いに使います。
宗教家はブッダは、こう申されました、聖書の第何章に、こう記されて有ります、と
話す内容に己の心は微塵も有りません。
これでは哲学の目的とする物事の理を悟り真の道徳、倫理観に依って産みだされ
る愛智を持って諸学の源とする、等は叶うはずが有りません。
何故なら、記憶する事では道徳や倫理観は育たず物事の理を悟る事はできません。
貴方が宗教に人生を委ねるのは結構ですが他人様の弱みに付け入り大切な人生を
取り込むのだけは罪ですから止めましょうね。

80 :考える名無しさん:2006/01/07(土) 11:05:39
俺哲学の為には別に1円もかかってないぞ
ノートとペンとパソコンとネット代は哲学のためだけに払ってるわけじゃないし

81 :凡人:2006/01/07(土) 21:16:39
>>80番さん
実際、哲学の目的を辿れば物事の理を悟り力を崇拝する蒙昧意識社会に於いて使われる
事の無かった潜在している知能(愛智)を引き出し活用することですね。
心の在り方を他人や書物から覚えて物事の理を悟る事は最初から無理な事ですよね。
当たり前の事ですが物事の理を悟れば理を以て全ての事象を解する事ができますよ。
全てとは人類史の生いたち、現社会の仕組み、過去預言、人の心、等々その他、全ての事がね。




82 :考える名無しさん:2006/01/08(日) 13:41:05
金がかかるかどうかはともかく哲学って余暇の産物ではあるな

83 :考える名無しさん:2006/01/08(日) 14:48:46
凡人さあ、
哲学しろうとの漏れが思うんだが、宗教批判ってきょうび誰でもできるんじゃないのか?
落ち目のモノを嬉々として批判して知識人ぶるのは勝手だけど、
目新しくもないし、興味感じないね。だってそこらの一般人と同じじゃん
哲学やってるなら人と違うこと言って見せたらどう?


84 :考える名無しさん:2006/01/08(日) 14:52:31
じゃあ、みせてみろ

85 :83:2006/01/08(日) 14:56:42
凡人さんへ
ごめん、ログ読んだら潜在知能とかの話か
哲学の人かと思ってたよ
自己啓発セミナー宣伝の邪魔して悪かった

86 :凡人:2006/01/08(日) 16:33:08
>>83番さん
そうですね。54番のスレから指し指さんの応答で宗教の話に脱線して申し訳ないです。
貴方が何を知りたいか教えて下さい。
哲学=愛智の意味は人の知能の97%を占める潜在知能を開く直訳の呼び名ですよ。
哲学と(愛智)潜在知能を切り離せば哲学とは申せません。
誰か一人でも同じ事を言っていますか?




87 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/09(月) 23:29:58
お願いだから目を通してください><

>>79
良く見るのはお前だよ
だから、凡人と指し指の差が、宗教に入ってるか入ってないかの差だけならどうするんだって。
これ何度も言ってるって言ってるのは見えてるの? じゃあ何度も言ってるって言うのは見えてる?
何を何度も言ってるのかは分かってる?
ホントそこだけでも答えてね・・・・。まさかその答えが>>79なのか。

覚える覚えないがなんの宗教に関係してるんだと言ってるだろ。まず上記に答えない事には話が進まないんだって。
小学校で何を習ったらこういう発想にたどり着くんだ・・・。

>これでは哲学の目的とする物事の理を悟り真の道徳、倫理観に依って産みだされ
>る愛智を持って諸学の源とする、等は叶うはずが有りません。
創設者はどうなるのよ。
創設者は適うのに、その教徒がが適わないと言うの?
だから差別だって言ってるのに・・・。

>貴方が宗教に人生を委ねるのは結構ですが他人様の弱みに付け入り大切な人生を
>取り込むのだけは罪ですから止めましょうね。
僕がいつこんなことをしたって?
していないんなら、差別だからやめましょうね^^

88 :凡人:2006/01/11(水) 16:36:13
>>指し指さん
宗教の創始者(創設者)と呼ばれる方々は宗教の創始者に成ろうと考えて心の探究を始めたのでは有りません。
ブッダのように自分の死後、祭らないでと宗教に利用される事を懸念して、そう言い残しましたが、その思いは叶
う事が有りませんでしたね。
キリストも十字架に架けられた後で、まさか宗教の神とされ陰湿な支配社会を維持する為に人の心を惑わす宗教
に利用されるとは思っても居なかったでしょう。
貴方の書き込みを見る限りではエホバの教えと同じですが違いますか?
宗教を信じていない人が物事の理を悟る為の障害は自己愛が産みだす自我だけですが宗教に囚われた方は、自己愛
よりも遙かに強い集団的自己愛に囚われてしまいます。
従って、自我も集団的自我と成って信仰の為には命を捨てる事さえも惜しまぬばかりか信仰の為なら他人の命も
奪う事が当たり前の精神状態に陥ります。
赤信号、みんなで渡れば怖くない、何故なら死んでも別世界が有るからね。
人は物事の理を悟らなければ智恵を産みだす知能が育たないのは御存じと思いますが、物事の理を悟る為には一度
かぎりの大切な命に対する感謝の気持ちが一番大切です。
次の世が有ると思えば一度限りの命を大切にする気持ちが薄れますよね。
食事でも次にもっと美味しい食事を用意して有るよ、って言われたら今の食事を粗末にするでしょう。
宗教に入っているか、入っていないか、の差は物事の理を悟れないか、悟れるか、の大きな違いが有ります。
宗教を信じる人は、どんなに苦行をしても悟りを開く事ができませんが、そうでない人が、その方法さえ知れば心がけ
次第で悟りを開く事が可能です。
人の頭は誰でも物事の理を悟れる仕組みに成っていますが、またそれを妨げる仕組みも有ります。
その心はマーフィが唱えた通り、宇宙の宝庫に繋ぐ心を持て人類が抱える全ての問題を直ぐに解決する程、素晴らし
い知能です。
貴方の人生を宗教に捧げてしまうのは勿体ないから、との思いからお話しして来ましたが、俺の人生、どう使おうと
自由だとお思いなら無駄ですので、もう書き込みを止めましょう。








89 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/11(水) 17:57:51
>>88
的外れすぎる。
凡人と指し指の差が宗教に入っているか入っていないかの違いなら、>>88なわけ?
物事の理を語れれないか、語れるの理があると思っているなら、やはり差別していたと言うことになります。
>宗教を信じる人は、どんなに苦行をしても悟りを開く事ができませんが、そうでない人が、その方法さえ知れば心がけ
>次第で悟りを開く事が可能です。
頭悪いの? これも含め凡人の言ってる事は、そこだけ変えれば何とでもいえるよ・・・。
宗教に入ってる人と、入っていない人を変えれば。
根本的に話せよ。
宗教に入ってない奴は根本的ってことが理解できないんだよな・・・。今分かったけど。話しことに根拠がない。
お前がそうだから他のみんなもそうに違いない。な? そうだろ。だから馬鹿にしても構わないよな。
宗教に入ってる奴が全員
>赤信号、みんなでわたれば怖くない
と思っているなら、凡人は宗教に入ってないから、頭が悪く、話し合いが出来ず、文章も読めず、
訳の分からない奇声をあげ、奇声を文章に直し書き込んでいるに違いないんだよ。
>一度かぎりの大切な命に対する感謝の気持ちが一番大切です。
こんなこと、どこの宗教でも教えてる。お前の哲学かよワロタ
これがお前の哲学でもあるのに、なんで宗教に入ってる奴が同じように思うことは哲学以下なんだよ。

だいたい捧げるってなに? 捧げると勿体無いとは?
平和の使者の次は、捧げる? たのむから頭悪そうな事かかないでね。
僕まで頭が悪く見られてしまう、凡人が訳の分からない事を急に否定しだすのは、
僕が訳の分からない事を言っていると言う印象を回りに与えかねないからね・・・・・。
まぁいいんだけどね。この板でよかった。ここは凡人の頭の悪さだけを皆が理解してくれる板だからね。

何か知識を得て、鵜呑みにする事は哲学ではないと言うの?
凡人は何も学ばないまま、何かをひらめいているの?
人生を宗教にささげるのが、何故勿体無いの?
凡人は何かに人生を捧げているの?

お前が宗教から受けた悪印象を、そのまま別の人がその通りだと思い込み、口に出す事は、差別だと言えないかね。

90 :凡人:2006/01/11(水) 19:00:35
>>指し指さん
何を伝えても宗教の毒牙にガッチリと、くわえられてる人には無理だと言う事が良く分かりました。
吐き気を催すので貴方との話し合いを止めます。
これから後は有りもしない宗教の正当性をとなえ観客の居ない舞台で一生一人芝居をして下さい。
では、さようなら、、、

91 :考える名無しさん:2006/01/11(水) 22:21:51
スゲーな!
なんか指し指がまるで賢いみたいに見えるじゃんw

自分教信者の凡人は流石にすごいな!
規格外の文盲っぷりだw

92 :考える名無しさん:2006/01/11(水) 23:02:25
厳守
●スレッドが荒れる原因になるような挑発的な発言をしない。
●煽り合いをしない。
●意味のない連続投稿をしない。
●スレ潰しの荒らしが出現したら相手にせず削除依頼&荒らし報告。


93 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/01/12(木) 10:52:19
>>90
お前は捨てセリフまでに勘違いを持ち込むんだな。やれやれだよ・・・。
僕は宗教の正当性を唱えているんじゃあない。
お前が自分勝手に、僕が宗教の正当性を唱えていると思っているんだ。
これじゃあどっちが1人芝居をしていたのやらワロタ
それは何故か僕がお前の言葉を似たように返せば、お前が宗教に入っていないからなんだよ。この意味が分かるか?
わかんないだろうな。

まぁ、この書き込みも、全部今始めて話す事じゃあないからね。
ここまでの流れで全部話していたけど、お前はずっと読まなかった。結局最後までだ。
文章をまるで読まないのが哲学だからな。そうだろ? 間違いないよな。
見当違いの事を書き込むのが哲学だってんだから・・・・。
いや〜僕はなんてめぐまれているんだろうか。宗教に入っていたから凡人のようにならなくてすんだよ。
凡人のようになったら終わりだからね。
凡人って言う名前もやめた方がいいんじゃないの。
凡人に怒られるよ(やばw)

去り際も見事だよね〜・・さすがは”哲学”を知ってらっしゃる^^

94 :考える名無しさん:2006/01/12(木) 13:51:26
正直どっちもどっち
二人とも感情的すぎ

95 :考える名無しさん:2006/02/14(火) 16:19:04
本は古本で買えよ

96 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 01:31:08
同意

97 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 02:43:58
国際的には金的の故意連打で悶絶するやつ横目に買収されたレフリーがテンカウント、
そのままなぜかKO勝利で、協会からもまったく問題にされず、主要マスコミは映像に編集を加えて事実を隠蔽、
国民がみな亀田を国民的英雄としてマンセーしまくり熱狂の渦に・・・て感じだろうな。
北朝鮮と変わらんwwwwwwwwwwww




98 :韋駄天はふと考えた:2006/03/30(木) 03:28:37
>>61
国内や世界を問わずに宗教信者は差別されて当然。

なぜなら宗教信者ほど大ウソつきの集団は世界中どこを探してもいないからですよ。

宗教信者の最大の自慢とよりどころは「家庭の平和」「民族の平和」「世界の平和」ですが、
世界中どこの宗教団体を見ても「平和」を実現できた団体はいません。
それどころか、むしろ宗教信者による「家庭の崩壊」「民族内の対立」「違う民族同士の紛争と戦争」
と、平和の理念とは全く逆の行為が目立ちます。

なぜこういう現実になるのかを宗教信者や宗教団体は考えることができません。
それは、己の信じる宗教のみが絶対に正しいと思い込むからです。

もし己の信じている宗教のどこかに間違いがあるのでは?と素朴な疑問を持てる
ようになれれば、それはあなたたちがひとつ成長したことの証しです。
私は、早く宗教信者のみなさんがそういう考えを持てるように期待してます。

99 :韋駄天はふと考えた:2006/03/30(木) 03:45:56
>>93
私は普段外側から見ていた宗教団体がどういう所なのか興味があったので、ならばひとつ内側からも
見てみようと思って、国内最大のとある宗教団体に入信してみました。

しかし、入信して半年以内にやめました。
理由は外側から見ていた時と同じで、内側から見ても、「あーあ、やっぱりこういう組織だったか」
と、期待をはるかに下回る失望感が生まれたからです。

あなたのその言い分を見るようだと、多分どこかの現役信者でしょう。
自分の信じている宗教組織を、一度外側から見ることをお勧めします。

今のあなたは、はっきりいって井戸の中のカエルそのものです。
井戸の外側から見た世界がどうなっているのかさえ理解できてません。

あなたにとって、井戸の中(宗教団体の中)は快適かも知れませんが、
早いうちに外側の世界も体験しとかないと、時代の変化を感じることも
時代の流れにも追いつけなくなってしまいますよ。

100 :韋駄天はふと考えた:2006/03/30(木) 04:13:41
>>89
指し指さんへ
そこまで盲目的に宗教を立派な理念だと思い込むには、当然のごとく宗教の未来についても
考えているんでしょうね?

これから先、宗教団体は分裂を繰り返しながらさらに増え続けていきます。
はるか昔には、元々はひとつしかなかった宗教ですが、人の数が増えるにつれて
考え方も民族や組織ごとに少しづつ多様化していく中、宗教団体もまた数が増大していきました。

このままのペースでいけば、100年後や200年後の未来には、分裂と対立を繰り返して、
世界中で500万団体か、1000万団体の宗教組織が乱立するでしょう。
宗教団体の数が増えれば増えるほど、どこの宗教団体も新規信者の取り込みに必死となり
似たような教えをする宗教団体からの、信者の奪い合いが激化していきます。

もちろん信者を奪われる宗教団体も奪われまいとして、対立するか、奪おうとする相手の
落ち度やアラ探しをしては非難合戦を繰り返します。
そしてお互いが憎しみあって、収集がつかなくなり、最終的には暴力的(紛争と戦争)手段で
相手を潰して解決しようとします。

これは俗に言う「内ゲバ」ともいえるでしょう。
ほんの少しの解釈の違いによって分裂した宗教団体が、元々は似たような教義を
教えているために、相手を潰してより多くの信者を獲得しようと信者の取り合いが
始まるわけです。そして最終的には紛争や戦争によって解決の道を選ぶわけです。

宗教とは、元々が精神安定剤の薬から始まったわけなので、宗教という薬を乱用しすぎると
、薬物の副作用で精神が増大されて、発狂行為(戦争)へと発展するわけです。
宗教という薬を乱用すればするほど、そういう悲惨な運命が持っているわけです。

101 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 18:26:40
宗教と信仰とは異なる

102 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/04/02(日) 08:13:18
>>98
少なくとも宗教に入っても救われないと思うまでは救われます。

また、もう一度僕のレスを読み直してください、残念ながら検討違いなんです。
僕は宗教がいいものだとは言ってないんです。
これは凡人にも何回も言ったことなんですが、なかなか分かってもらえません。
僕は、誰かを馬鹿にして自分が這い上がる姿勢はあまり好まない訳です。そこで否定しているんですよ。
何より、凡人の場合、自分が宗教レベルを下回っているような意見を出しているにもかかわらず、
宗教ばかりは悪いものだと批判をされているのです。

自分より下のものを馬鹿にすると言う事は、もともと自分より下のものに乗っているに過ぎず、上昇しているわけではないのです。
自分より上のものに手をかけて、引っ張られ、引っ張る姿勢が正しいのです。

103 :考える名無しさん:2006/05/03(水) 19:20:44
金でもあげれば?

104 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 15:07:09
で、金はかかるのか?

105 :考える名無しさん:2006/06/26(月) 17:16:50
哲学は他人の考えを知ろうとした時から金もかかり哲学の道から逸れてしまいます。
同じように、その道を宗教に託した時からも哲学の道から外れてしまいます。


106 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 09:57:21
>>102
哲学の誕生と存在の理由は人類社会に哲の心の存在が稀薄で有ることが始まりです。
宗教の誕生は哲の心の探究者の思いを盗用し巧みに組み替え、人の大切な人生と言う命を、その団体に奉仕させ利を生みだす為に
作られたシステムです。
従って、その教えに毒されている者達は哲の道に立ち戻る事が難しく成ります。
何故か、と言えば哲とは道理にあかるいこと、で道理にあかるく成る為には全てを思いやる大きな人間愛が不可欠です。
しかし宗教団体は、その教えに従う者達の集団的自己愛に取り込む事を旨としますので哲を悟る為の人間愛を会得する事ができません。
>自分より上のものに手をかけて、引っ張られ、引っ張る姿勢が正しいのです。
万に一つのチャンスに巡り会え、己の目指す方向を見いだせたら引っ張られる依りも「謙虚」に自分で、その道を歩む事が必要です。
そうで無ければ、そのチャンスも貴方の側から離れてしまうでしょう。


107 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 10:19:04
一度も侵略されたことのない国など日本くらいだろう
その日本が選んでいるのが無宗教
つまり今のところそれが綺麗

よし、誰かうまくいじってくれ

108 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 11:02:56
本に頼らず自分で考えろ。

109 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 12:16:08
> 一度も侵略されたことのない国など日本くらいだろう

アメリカに侵略され、属国となっていますが?

110 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 12:27:22
>>109
それはあくまで比喩。

111 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 12:38:29
うちの近くにある米軍基地は比喩じゃないよ。
他国の軍隊に居座られ、そのうえみかじめ料まで取られている国を
属国といわずして何というのか?

112 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 12:40:02
>>110
戦後長年に亘る米軍の駐留は
他国による侵略以外の何ものでもないよ。




113 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 12:46:17
戦前も無宗教だったの?
それとも天皇崇拝?

114 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 14:53:06
哲学って閉じた世界のような気がしてきた。

115 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 09:56:00
>>113
戦前は仏教で天皇制ですよ。
それでは米国を支配する者達が経済で日本を支配できないから天皇制は悪の枢軸と唱えて経済制裁を日本に与えて今の資本主義が生まれたのです。
米国を支配する者達は、このワンパターンの陰湿な手法で世界支配を企てていますが、それに気づかぬ大衆の愚かさを食い止める仕事が哲学なのです。
米国はアフガンの麻薬生産を認めて、ある時期から突然、アフガンは麻薬を生産しテロの温床だと指摘して国を戦争に巻き込んだでしょう。
イラクの時も国の主権を奪うために大量破壊兵器を保有していると因縁を付けて多くの人々の命を奪い、米国に服従する指導者を立てれば目的が達成しますよね。
北朝鮮は国を奪う為の経済制裁では無くて、日本人の意識を米国に引き付けて日本を利用する為の政策です。
その他、皆さんが知らない世界の紛争も全て、米国を支配するユダヤ財閥の企みに依って起こされているのですよ。


116 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 10:15:00
>>114
哲学は井の中に有る人の心を広い大きな世界に解放(自由に)する為に有るのです。
そして哲学は誰にでも広い門戸を開いていますが、人類が過去、永遠と崇拝してきた蒙昧意識に依って見上げる空と同じ広さの哲学の入口を気づかないのです。
哲学の哲は道理にあかるいこと、ですので誰でも道理にあかるく成れば潜在している知能が育ち全てに痛みを与えぬ知恵と言う解決方法を産みだせます。
哲を悟るのに学歴も年齢も性別、人種も哲学書を読み覚える必要も無いほど哲学の世界は開いています。


117 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 12:08:28
>>116
君が言ってるのは宗教だ

118 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 12:15:55
マジメに学問をするということはお金がかかることです。



119 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 12:29:28
時間もかかるよ

120 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 15:15:33
蒙昧意識下に於ける人の心は全て思い込みに依る疑心暗鬼に捕らわれ、人は良かれ悪しかれ他人の言葉に耳を傾ける真摯な心が稀薄に成っています。
>117番さん、
道理にあかるいこと=物事の理を悟る=悟りを啓く、と同じですが人々が道理にあかるく成れば全ての宗教は自然消滅しますので哲学と宗教は同じでは有りません。
ですから宗教家が悟りを啓く為に苦行を積んでも誰も悟りを啓く事ができないのですよ。
宗教を信じる、と言うことは道理を否定する、と同じですよ。

121 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 15:40:33
なんなんだよ?「蒙昧意識」てえのはよ。誰か通訳してくれ。

122 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 23:23:48
蒙昧は知能が開けず、物事の道理に昧いことを言い、蒙昧主義は権威と結びついた既存の非合理的思想を擁護し、自由で合理的な思想に反対する態度を指します。
自分では蒙昧に捕らえられていないつもりだ思いながらも蒙昧から抜け出す事のできない意識を蒙昧意識と呼びます。
人類史の全てを支配してきた蒙昧意識は人々が理に通ずる道を塞ぐ為に人の知能が育たず知恵を産み出せない為に、現代に至っても人類は奪い合いと殺し合いの貧しい社会を作り上げているのです。
大衆は蒙昧意識に捕らえられ、体制は蒙昧主義を主として人類社会が構成されています。
人は如何に頑張っても道理にあかるいこと、の哲を悟らなければ知能が発育せず本当の知恵を産み出せないのですよ。
無知蒙昧と言う言葉を知っていると思いますが、現段階では人類の全ての人々が無知蒙昧なのです。



123 :考える名無しさん:2006/06/30(金) 23:36:00
ここまで悪化すると他者との意思疎通は無理だな
誰か入院先を世話してやれよ

124 :676:2006/07/01(土) 01:22:26
哲学が金がかかるなんて嘘。
本なんて自分の本棚に溜め込んで腐らすのはむだ。
いい本をじっくり読んでノートを取る。そのノートを積み上げるべき。
紹介書みたいなものしか読まないから流行を追いつづけることになる。


125 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 01:28:53
>>124
原典読んでノートつけても、独学では限界がある。
最新の解説書や研究書も読んでいかないと
理解が偏るおそれ大。

126 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 01:38:45
その研究作業の内容の割には、金がかかる。
原子核実験ならもっとかかる。それだけ。

すぐ金がかかるくせに実生活に役立たないことを「優雅さ」に結び付けて
指摘してるのみると何十年前の共産主義者かなと思い、指摘されショックを受けるよりは哀れみを感じる。

役に立たないからなんなの?
学問はみな役に立たない。それを「応用させる能力」とその能力を定式化した社会構造だけが、役に立つ。

127 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 02:40:41
>>126
非論理的な文章を書き続けると馬鹿になるよ

128 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 09:42:29
誰でも自分には知恵が有ると思い込んでいますが実際に知恵を検索して知恵にそぐう心を自分が備えているか、を調べて下さい。
恐らく、知恵と言う条件に誰も当てはまる心を備えていないでしょう。
その空っぽな頭の知能を育てるのが道理にあかるいこと、の哲なのです。
サイフの中が空っぽなのに沢山のお金が入っている、と思い込んでいるのが人類の精神状態なのです。
道理にあかるいこと、とは物事の理を悟る事ですが人は道理にあかるく成り、理に通ずる心を会得しないと全て非合理的な精神科から抜け出す事はできません。
物事の理を悟らないと非合理的精神から抜け出す事ができない、と言う論理が分かりますか?



129 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 10:20:32


ぼく大人になったら

ニートになる!



130 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 11:24:08
本当に心の底からお前はバカだと思う

お前哲学科に在籍経験すらないし文芸なんて全然崇高じゃないよ

131 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 11:58:57
>>125
論理学・認識論・形而上学。
哲学の基本は最新の流行を追う必要はない。
最新の学術論文が必要になるなんてうんと先の話。

132 :114:2006/07/01(土) 13:45:34
>>116
確かに哲学というもの自体は門戸を広く開いてるように思います。
ただ、あなたが例えていると思われる広い意味での人生哲学(独断気味ですが・・・)と、ここの掲示板のようにある程度の知識、思考方法を必要とする哲学に分かれているように感じられたました。

そしてオレが狭い世界と言ったのは後者の哲学です。ニーチェくらいしか読んだことの無い無知なオレだと、ここの掲示板では雑談はできても、議論することはできず知識の壁を感じられました。
そして、さらにこのスレをみていると情報更新するためにも結構な額のお金と時間が

133 :114:2006/07/01(土) 13:54:24
かかるようで、そういった点でこの掲示板で言う哲学は入口が狭い気がします。
知識が無い会話は、主婦の井戸端会議と変わらないでしょうから仕方ないと思いますけどね。

ただ、端から見ればガノタや萌ヲタとあまり変わらない狭い世界だとも思えます。理解できる人が少ない点で。


言いたかったことはこんな感じです。

134 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 14:09:24
>>133
ニーチェだけじゃなくどんどんいろんな知識を吸収していって、
自分なりに自分の思惟を哲学にまで高めようとする、思惟そのもの
が哲学だからね。
確かに金や時間はかかると思う。

>>116
の言ってるのは俺も宗教だと思うよ。
そして学問でなく生き方を決めたいのなら
宗教をやる方がいいと思う。
哲学は、あなたはどう生きるべきか?
については答えはださないからね。
生き方には哲学の他にキルケゴールのいうような信念が必要になるからね。

135 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 21:05:17
哲学は道理にあかるいこと、の哲を否定する反哲学徒の集いでは有りませんか?
今の学問は記憶力を駆使して知識を吸収しますが、それを哲学に用いても道理にあかるく成ること、物事の理を悟ることはできませんよ。
つまり、従来の哲学では知能が発育せず知恵を産み出せない為に哲学の真意を理解する事はできません。
あなたはどう生きるべきか?の答えは全ての人は過去から未来に時代を受け渡す使命を持って産まれてきます。
従って、少しでも良い未来を未来に受け渡す為に、道理にあかるく成り、良き知恵を産みだし未来を思いやる命の使い方を一人一人がするのです。
誰しも自分の知能で理解できない事は宗教として納めがちですが宗教と真理は相反する全く別ものなのです。



136 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 21:51:27
>>135
おっじゃあ哲学した結果、あなたのどう生きるべきか?
の結論は何だった?

137 :考える名無しさん:2006/07/01(土) 23:36:47
He does not throw dice 

138 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 00:56:29
>>136
無数の確率を潜り抜け得る事のできた己の命と関連の全てに深い感謝と思いやりの心を持ち、未来に争いの無い人類史を構築する礎と成る為に、
自分の人生と言う命を捧げ私は私の使命を果たします。
その為に過去、十数年の時を費やし物事の理を悟り、人の心の全てを知り学歴や年齢、人種の全てに関連を持たずして謙虚で純粋な心を持ち、
理を望む者達の全てが道理にあかるく成る(物事の理を悟る)仕組みを見いだして有ります。
この場の書き込みでは短文なので皆さんに納得のいく文章が書き込めませんので申し訳なく思っています。








139 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 00:59:54
ぽまいら現実を直視しろよ

握手会の1日の動員数(2005)
石川梨華5500人
ウエンツ 5000人
小池徹平5000人
蛙邊矧憎匙簾邊嗣3200人
長澤まさみ3000人
及川奈央2500人
堵虞慧螺のメンバーひとりあたり2000人
上戸彩2000人(うち8割が層化信者)
杜玖椀晶子 200人
三好絵梨香 100人
プギャオ先生 0人


140 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 16:42:24
>>138
>人の心の全てを知り

心理学でもやってんのか?
しかし心理学でもそんな事わかってないぞ。
しかも、俺は心理学は学問じゃないとまで思ってる。

141 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 16:49:03
娯楽とでも?

142 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 16:53:34
>>141
かなり娯楽臭いな。

143 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 21:25:20
何故、心理学が学問に分類されないか詳しく聞きたいです。
興味深い。

144 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 19:21:51
今日本屋に行ったら、文庫本で800円とかありましたよ

145 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 20:51:18
金は使い様
使い様は使う人様
人様は何様? 何様のつもり? 左様。何様のつもりである。
が、何様でもないんだ。本当は

146 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 20:58:39
人はつもりで在る。


147 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 21:03:01
ハイデガーの受け売りみたい

148 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 21:10:15
受け売りは勉強法としては良い。


149 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 21:31:39
ハイデガーはクズだろw

150 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 21:35:07
模倣から創造へ
その歩みは人類にとっては気楽な散歩である。
だが当のある人間にとっては艱難辛苦を道連れにした果てしなき旅である。

151 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 22:03:22
過酷な大地と海の鼓動に安らむ心かな


152 :考える名無しさん:2006/07/08(土) 21:26:12
永遠の旅人は次第に大地を反映し、風と共鳴するようになる。
生きながら自然に帰るのだ。


153 :考える名無しさん:2006/07/12(水) 11:33:38
力を崇拝する蒙昧社会に於いて、大いなる人間性を養う事を目指すのが哲なのです。
道理にあかるいこと、の哲を会得(理を悟る)すれば知能が育ち人類社会の全てを見透かし人類の抱える全ての問題を適切に処理する知恵が産まれます。
人は知恵を持たずして諸学に取り組んでも無意味な事ですので哲学は諸学の源とも言われます。
>138
哲を会得せず知恵を持たぬ者達の唱える心理学は価値あるものを産み出せません。
現社会に価値あるものを求めず、己の心の中に有る知恵袋の紐を解きなさい。

154 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 04:11:11
時間と気分もかかる。

155 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 18:27:59
哲学の道(真意)を外さなければお金は殆どかかりません。

156 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 03:06:00
自分で買わないと書き込みできないからな

157 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 18:09:25
金かかると思うよ
ある程度、新しい知識を吟味して自分の哲学と衝突させたり、吸収することも独りよがりの哲学にならない為には必要だお思う。





最近、考えると暗い方向に走り最終的に死が残ってしまう…。
なんか自殺した哲学者ぱくってるようで嫌だ

158 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 14:17:34
諸々応援age

159 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 14:25:54
哲学は金も時間も消耗するが
なによりも体力を消耗する。

160 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 15:09:23
本は図書館で借りれるし、金はかからない。逆に言うと金をかけたからといって哲学がわかるわけではない。


161 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 20:53:49
時間を金で買うのに かかってかかってしょうがないw
機会損失を含めたりすると・・・ガクブル

162 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 19:44:36
そうだね

163 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 22:20:19
哲学に得はあるの?

164 :考える名無しさん:2007/02/09(金) 22:59:57
得に哲学はあるの?

165 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 01:57:04


166 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 03:29:45
つばっち久しぶり。ここにいたのか。懐かしいな。
クラウドともまだ一緒にいるの?
物理学が大成するといいね。

167 :考える名無しさん:2007/02/10(土) 15:28:44
ニーチェの全集が強烈に欲しいんだけど金がない





あとバッハの全曲集も欲しい

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)