5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

非言語思考域と語りえるもの

1 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/20(日) 17:46:42
誰もが自分の宗教を主張し、狡猾に世界にすべりこませる
その経典に何が書いてあろうと、自身の宗教に囚われる事には違いが無い
教祖はそのうちに虚しくなるだろう。
信者が信じているのは実は、自分の宗教では無く、その信者の打ち上げたその信者のための宗教だからである


2 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/20(日) 17:57:37
まず非言語的な思考を言語によって捉えることができるだろうか

非言語思考域と言語の関係によって、非言語思考域を捉えることが出来るかもしれない

あらゆるものの間には違いがあり、違いがあるものがあらゆるものだ
その違いは私のさじ加減で変わる 
認識は創造である 存在は創造である

3 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/20(日) 18:04:58
イメージと言葉は同質のものなのだろうか
思い描く記憶の中のものには本当に細部が無いのだろうか
言葉で何かを例えることができるのだろうか
違いの無いものをで思考しているのだろうか

4 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/20(日) 18:18:00
「認識は創造であり、存在は創造である」
しかし半ば自動的な創造である 
「一つの決定から連鎖的に創造される…かもしれない」

5 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/20(日) 18:37:11
・意味不明とは、「意味不明である」においてのみ、意味不明だ 「意味不明である」にはその点以上の連鎖は無い
決定はすべて等しい

・「我思う故に我あり」は、「我思う」においてのみ、「我あり」である。「我思う」にはその点以上の連鎖は無い
鏡は存在しない

6 :考える名無しさん:2005/11/21(月) 00:52:29
ロンリーなのかね?

7 :考える名無しさん:2005/11/21(月) 07:21:55
言語化できないが存在する物ってあるね
その場の空気とか雰囲気と呼ばれる物
これとどう向き合うかってのが俺の最近の関心事
なんかうまくコントロールできればなァ

8 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/24(木) 22:22:48
私たちは別に辞書を読みながら生活しているわけではない

9 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/24(木) 22:39:30
「文脈」
文脈はそれまでの全てである
「全て」は文脈の断片である
現在、「言語」と示すことができるものは、文脈の断片である
文脈はコンテクストではない

10 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 22:53:54
非言語思考域とは「違い」が無い状態ではあるが、「違い」を見いだすための何か
を想定しているような状態なのだろうか

11 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/24(木) 23:14:38
「物」とは、仮定と仮定の関係である
「その場の空気とか雰囲気と呼ばれる物が言語化できない」とは、それらが他人に伝える事ができないという理由からでしょうか

12 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/27(日) 02:28:37
非言語思考域 <-> 文脈

文脈は 文脈の断片と仮定とそれらの関係の総合である
認識可能な文脈の側から非言語思考域の内部を対象化する事は出来ない

13 :考える名無しさん:2005/11/27(日) 09:46:12
マティスですね

14 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/11/30(水) 00:04:03
文脈とは文脈の断片である
現代は文脈の断片性が広い範囲で暴露されている

マティスって?

15 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/12/01(木) 02:14:45
曖昧ってなんだろう?

16 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/12/05(月) 23:49:30
存在とは仮定された点である
なぜ私は在るのか そういう設定だから

17 :究極の個人 ◆Y0BwZOEQGw :2005/12/11(日) 13:33:19
コミュニケーションとは、すでに知っている事を伝える事

18 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 13:51:04
世界を言うためには、まずなんらかの判断をしなければならないので、
その意味で全ては主観であり、伝達は不可能であり、判断と理解しか無い

そういった判断の拠り所自体を明らかにするには判断しなければならないので、自分がどのような基準で物事を判断しているのかを知ることは不可能である

19 :考える名無しさん:2005/12/11(日) 13:59:00
それゆえ判断による類推内における仮定によって他の仮定を位置づけられたもの
それが仮想世界であり、現実である

20 :考える名無しさん:2005/12/26(月) 21:36:12
文脈とは実際の出来事の抽象化したもの そして実際の出来事の観測は文脈に依存する
だから、認識され用いられる文脈の情報量は想定される実際の出来事(これも文脈なのだが)に比べて少ない
文脈を恣意的に操作しない場合は、文脈は断片的に見える

21 :考える名無しさん:2005/12/26(月) 21:42:27
そうかな?

22 :考える名無しさん:2005/12/26(月) 21:49:38
実際には文脈は総合なので、ある広がりを持っている
この広がりが、特定の文脈を断片的に見せている
文脈を数えることが出来るように抽象化するならば、文脈は多重の系列を持つことになる。
そういった系列によって形成された特定の想定の範囲を文脈空間と呼ぶ
「『文脈が断片的である』と言う時、文脈空間が存在する」

23 :考える名無しさん:2005/12/29(木) 01:20:41
もちろん文脈の中に非言語思考域を取り入れることはできる
しかし対象にすることは出来ない。表面をとらえることは出来る
表面は文字である

24 :考える名無しさん:2006/03/17(金) 19:12:08
ウィトゲンステイン乙

25 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 01:51:19


26 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 17:46:47
スタートレックの話に、会話がすべて「比喩」でしかできない言語をもつ
宇宙人がいたな。

27 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:04:32
その回のストーリーは日本人を皮肉ってんだよww
日常会話も比喩と婉曲・省略ばっかだから

スタートレックってあのでかい宇宙船そのものが「アメリカ」なの。
で、あらゆる星の住人を仲間にしながら(アメリカは多国籍の国)
宇宙を旅していく(開拓精神・フロンティア)。

28 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:15:15
日本語はLast Verve、低音、低速、のお経言語である。

日本語は世界で死んでいる、ことに対して異論がある者はいるか?

29 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:25:07
この国では男がかしこまった場や、物事を説明する際に
低いトーンで感情を抑えて話すことはなぜか非難の対象となる。
元気よく、ハキハキと大きな声で。

「先生、よく聞こえませーん」

30 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:49:07
いいたいことは判るがこのスレの住人には意味不明かな>1

ヴィトゲンシュタインの理論では、哲学は言葉の濫用、なのだから・・・

31 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 17:59:00
>30
語りえないものは存在しない、だね。

32 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 18:43:27
>>27
その話を見たが、27の比喩とは全然違うものだと思うが。


33 :究極の個人 ◇Y0BwZOEQGw :2006/08/13(日) 23:35:42
俺って偽者

34 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 02:03:34
意識の根源には非言語域がある。

35 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 05:48:43
悟性だろ

36 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 19:01:03
非言語域の意味がわからんよ。

7 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)