5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

生きるとは何なのか

1 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/08/27(土) 20:59:14
そもそも生きるってなんだろう。

これがわかれば、 死=生ではないもの もわかるのに。

永遠に解けぬ謎だとしても、人は考え続ける。

2 :柳世:2005/08/27(土) 21:01:26
未だ生を知らず、いずくんぞ死を知らん

3 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:13:26
心臓が動いていること

4 :凡人:2005/08/27(土) 21:19:29
無数の確立を潜り抜け得る事のできた己の命と関連を持つ他の全てに対する感謝の心が思いやりを育て生きる目的を指し示す。
僅か、この一行が大きな愛を育て全てを知りうる事のできる智に望む者を導びきます。
これが愛智の真意です。
地球を大切に扱い未来に受け渡す事が生まれた時に受けた全ての人間の使命です。

5 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:21:50
>無数の確立を潜り抜け得る事のできた己の命

もうこの前提が間違えてるしなw

6 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:23:36
>>1
そんなこと考えてると神経症になるよ。むしろ神経症かプギャー。

7 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 21:51:20
ただの本能
特に意味はない

生まれたものはしかたがない、本能に従うしかない
もちろん逆らって死んでもいい、大して意味はない

8 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 22:17:23
>>1
うるせえバカ

9 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 22:19:10
>>7
お前の人生を一般化するな

かわいそうな奴だな

10 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 22:21:39
生物学的な意味での生なのか
主観的、哲学的、宗教的な意味での生なのか

そこをまずはっきりさせろよ

当然、おそらく後者だと思うが、それなら共通解があるわけがない
よってこのスレは不毛

ーーーーーーーーーーーーーーーー終了ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

11 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:01:10
ああ。共通解がある訳がないというソフィストに、
人はよく生きるべきだとしたソクラテスや善について共通の理解をすることが
可能だと主張したプラトンが、哲学を創造したのに。マイ哲学は哲学以前に
後退してしまうからダメだよ。


12 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:02:31
>>11
だから、それもおまえのマイ哲学に過ぎないことに気付けよアホwwwwwww

13 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:09:27
>>12ヴぃP板に逝ってしまえ

14 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:29:55
>>1
宿題やって、早く寝ろ!

生きる=愛を知ること=正解→終了
死=愛を放棄すること=正解→終了
生きているけど死んでいる人=2チャンネラー→終了



15 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:37:54
>生きる=愛を知ること=正解→終了
>死=愛を放棄すること=正解→終了

ずいぶん幼稚な人生観だなw
アホキリスト教信者によくいそうなタイプww

16 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:38:40
そんなこといちいち語らなくてもいいだろ。しかも不特定多数のすとれんじゃーに。自分で考えろまいせるふ。

17 :モソ:2005/08/27(土) 23:42:53
人間は何のために生きているのですか?
これを考えると夜も(今日も)眠れません教えてください

18 :考える名無しさん:2005/08/27(土) 23:49:13
こんなテクノロジーの発達した世の中では
なんで生きるかを求めるのは、当たり前のことかもしれませんね。
自然にかえってみるといいですよ。たぶん。

19 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 01:35:40
自分の幸せのため。

20 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 02:57:09
>>15
批判してるあなたもたぶん同レベルですよ。傲慢さがにじみ出てますから。

21 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:04:42
こういう問題にどう答えるかで
その人間の哲学レベルがわかるな

22 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:06:37
生きるとは生きることである。とーとろじぃ

23 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:06:47
>>17
よりよく生きるため、他の人とよいこと共有するためでしょ。よいことの基準は快感や幸福感があるということでいいでしょうよ。


24 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:26:39
>>7
に賛成する。特に意味はないと思う。

>>9
別に一般化するために書き込んだのではなく、>>1に答えるために書き込んだだけかと。

25 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 10:34:57
意味、あるってば。

ヒトの機能として存在してんだから、
自分の体を維持管理するのが意味でしょう。

それ以上の意味を求めるなら、
まあ、自分で勝手に探せば良いだけで。

26 :考える名無しさん:2005/08/28(日) 17:58:16
なんつーか、人間そのものに意味はないような気がする。
人間の持つ機能とかそういうものにはあるかもしれんけど。

27 :他スレ260 1/3:2005/08/28(日) 22:03:38
     ‘生きる’についての私的考察

‘生きる’とは、血を残すか、名を残すか、である。

  なぜなら‘生きる’ことの証明は出来ないが、‘生きた’ことの証明は出来るからである。

「生きる」は、現在から未来に渡る言葉です。
  未来を断定すること、未来に確証を持つことは、出来ません。
「生きた」は、過去についての言葉です。
  過去は、不変であると信じます。証明は出来ると考えます。


‘生きる’者自身が、自分の‘生きた’ことすべてを証明することは出来ません。
 だからこそ、‘生きる’者が考えるべきことは‘生きた’後のこと。つまり

  「死んでから」どう‘ありたいか’が、「生きる」の意味では、と考えます。それは

 生きていた時間より、死んでからの時間のほうが、長いことにも関係してきます。


28 :他260 2/3:2005/08/28(日) 22:05:03
結論である「血を残すか、名を残すか」は、
‘「死んでから」どうありたいか’の答え、考えの終着点となります。

‘死んでから’も‘生きていた’と伝える、伝わる、には、
  どうするかの単純な答えとなります。

  でも、誰が伝える、誰が知る、誰が想う。
  いったい誰が‘生きていた’者のことを伝えたい。
  いったい誰が‘生きていた’者のことを知りたい。
  いったい誰が‘生きていた’者のことを想うのだろう。

    いったい誰が...。


「生きた証」「存在証明」それがあったとして、出来たとして、
 それを必要とする人は、人達は、いるのだろうか。

そして、‘生きた’者はその人を、人達を、必要とするのだろうか。
  必要だから、その為に‘生きる’のだろうか。


29 :他260 3/3:2005/08/28(日) 22:07:06
私が生きる目的は、「血を残すか、名を残すか」のどちらでもありません。
 名を残すに近いですが、物(又は、考え)を残したいです。
 多くの人達が、必要としても、誰が作ったかは知らない、そういう物を残したいです。
 必要としなくても、いっ時、楽しめるような物、残したいなぁ。

  えんぴつのような、ルービックキューブのような、テトリスのような...。

 まぁ現状では無理でしょう、血を残したくも、相手がいないし...。なんてね。

では、最後に、


『あなたは‘いかに’生きますか、なにが‘のこり’ますか』

『あなたの‘生きた’ことは、証明できますか。
  誰が、証明しますか。誰が、認めますか。誰が、信じるのですか。誰が、想うのですか。
   あなたが‘生きた’ことを、誰が想うのでしょう...。』


   以上 ‘生きる’についての私的考察 でした。    じゃ、Romに戻ります。



30 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/08/28(日) 23:30:59
>>6
そうかな。 そうならないように考えていこ。

>>10
-学的とか-的とか付く以前の、生きるそのもの
逆にいうと、-学的とか-的とか付けることのできる生そのもの。

>>16
スレ立ってから思った。 こういうのは掲示板では合わないのではないかと。
でも、立った以上うまくいったらいいなと思う。

>>17
ここはそもそも、その生きるとは何なのかを考えるスレです。

>>27
でも、こういうレスを見ると立ててよかったと思う。

>いったい誰が‘生きていた’者のことを伝えたい。
  いったい誰が‘生きていた’者のことを知りたい。
  いったい誰が‘生きていた’者のことを想うのだろう。

この文章を読んで、ふと、誰がの部分に自分という言葉を連想しました。

>あなたの‘生きた’ことは、証明できますか。

私は自分の生きていることに証明がいると思ったことはありません。
生きていることは確かにありありと感じることができるのですから。

でも、その生きるってなんだろう。

31 :とことん考える名無しさん:2005/08/28(日) 23:40:43
 言葉に依る思考とは、人間固有のものであり、当然
人間以外の動物は思考を持たない。
 つまり、生きる意味を問う事もまた人間固有のもの
で有るわけで、生きる意味を問う事は人間の生存を賭
けた重要な事だと思う。
 しかし、また生きる意味をこのような形で問える私
達は、幸福である。何故なら、衣食住足りて礼節を為
すように物理的危機に陥った人間に、この問いをする
余裕は無いだろうから。

32 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 01:48:40
暇つぶしだよ

33 :。oΟo〇◊ψ&rlo;♦&rle; ◆OvOoxo.wDQ :2005/08/29(月) 01:52:21
          _(◔ิд◔ิ)__
        / ( ( つ┳つノ   \
       /     ̄ ̄ ̄ ̄      ヽ
       |   /         \  |
       |     ●     ●   | 雑談スレはのんびりと雑談を楽しむ場所です。
       |                | ‮http://‫参照 議論は議論スレで。コテ叩きは最悪板で。
       ヽ      (_人_)   ノ http://おいしいとこどりしかしない件について
〜〜〜〜  ◎――――――――◎
http://wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

34 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 03:12:34
生きるとは、
死ねないこと。死にたいのに…。

35 :考える名無しさん :2005/08/29(月) 11:44:13
生きるとは死ぬことでしょ?

36 :考える名無しさん:2005/09/03(土) 23:35:35
生きることは動くことでしょ。人間もアメーバも一緒。
ただ違うのは、人間には思考することができる脳みそがあるってことかなあ。



37 :考える名無しさん:2005/09/03(土) 23:42:31
生きることは合理化することです。

これが正しいとするならば、哲学者は幸せなんじゃないだろうか。
合理化に成功した場合のみ、だけどね。哲学者は得意じゃん。

38 :考える名無しさん:2005/09/03(土) 23:57:41
>>36
宇宙も生きているのかな。
ビッグバン以降、膨張し続けているって言うし。

39 :考える名無しさん:2005/09/03(土) 23:59:51
だとしたら面白いね。

40 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 00:03:19
>>1
そんな事言ってたら暇人引き篭りだという事がバレますよ

41 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 10:07:39
全てのものはとどまることなく動き続けている。
でも、それらが寄り集まって、なぜ、
人間やアメーバーをかたち作るんだろう。

42 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 12:16:28
多種多様なものが組み合わされ自然の中で試され
生き残れたものが生きている
滅んだ有機体は莫大にあるのだろう

43 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 12:21:47
答えられるか?

3人で一泊3万円の部屋に泊まることになった。
前払いで3万円を払ったが、後で主人が2万5千円の部屋に
案内してしまったことに気づいた。そこでバイトに5千円を
持たせて返してくるように言いつけた。ところがこのバイト、
2千円を自分のポケットに入れて、3千円をお釣りとして
返してしまった。
3千円のお釣りが帰ってきたので、払った宿代は27000円
バイトが盗んだお金は2000円
合計すると27000円+2000円=29000円

最初に払ったお金は3万円なのだが、足りない1千円は
どこに消えてしまったのでしょう?




44 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 12:46:53
一泊3万2千円の部屋に泊まることになった。
前払いで3万2千円を払ったが、後で主人が1千円の部屋に
案内してしまったことに気づいた。そこでバイトに3万1千円を
持たせて返してくるように言いつけた。ところがこのバイト、
3万円を自分のポケットに入れて、千円をお釣りとして
返してしまった。
千円のお釣りが帰ってきたので、払った宿代は31000円
バイトが盗んだお金は30000円
合計すると31000円+30000円=61000円



45 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 13:09:14
払った宿代が27000円で、そこからバイトが盗んだのが2000円
だから、27000円−2000円=25000円
が宿屋に渡った金だろ。何の不思議があんだよ。

46 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 13:11:30
>>45
払った金 + ぱくった金 = 合計金額

ではないのか???

47 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 13:14:51
払った宿代(主人とバイトに渡った金) + 戻った金 = 3万円

48 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 13:22:42
>>46
「合計金額」って、何の合計金額だよ。日本の予算か?
「最初に宿屋に渡した金」を出したいなら

「もらったお釣り(3000円)」+「宿屋に払った金(25000円)」
+バイトに払った(盗まれた)金(2000円)」
=「最初に宿屋に渡した金(30000円)」

だろ。何か問題あるか。どっちにしろ、スレタイと関係ないけど。

49 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/09/04(日) 13:23:43
生きると言うことは一般的には能動的だと捉えられているが
実は受動的ではないのだろうか?
我々は自分(自我)で生まれてきて育ったのではないのだから。

50 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 16:47:02
考えること

51 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 16:51:23
最終的に結論を出すこと
そのために今まで137億年もかけてきた

52 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 16:57:29
なんでもないこと
それに納得できない人間が無い物ねだりをしてるだけ

53 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 17:05:21
生きるとは壮大なるオナニーです。

54 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 17:31:15
生きる に辞書に載っている以上の意味や、見解を求めるならば、ジャンルは宗教か倫理だ。

55 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 17:33:53
生きる に“生きる” 以上の言葉による説明が必要なのか?

56 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 19:17:54
>>53が真理を出した!!

57 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/09/04(日) 22:26:41
>>41
存在が存在し、それが動いている。存在が全て止まっているというのも想像出来ない。
どうなってんだ。

>>49
確かに、そんな気もする。腹が減ったと思い食事をする。食べ物が爪や血液に変わる。
止まったら酸素を体中に運べなくなる心臓が動いている。自分が動かしているという感触はない。
目の前のノートをとろうとするのは意識的だが、腕や手が腕や手であることは、
私が決めたことではない。しかし腕と手を使ってノートをとることができる。
年経てば、老いる。私が決めたことじゃない。

先の>41 のことと考え合わせると、何かの意思みたいなものを感じる。
人間が人間であり、アメーバーがアメーバーであるような。
しかしここで神を出して、終わりにしたくない。いや、終わりにならない。
神が意思するとはどういうことだ。
神ならば、神を神たらしめているものがある。それはなんだ。
宇宙の法則。ならば、何故その法則はあるのだ。

>>51
存在が存在を考えるために進化してきたというのなら面白い。

>>52
生きているものにとってはそうかも知れないし、そうじゃないかも知れない。

>>54と55
意味や見解や説明なんて要らない。
意味や見解や説明を貼り付けることのできる「生きる」そのもの。
生きている。なんだこれ。

58 :考える名無しさん:2005/09/05(月) 23:23:10
人が生きる意味ってなんだろう       (朝生)
http://qa.2ch.net/test/read.cgi/argue/1110376835/l50

おまえら!生きていく理由って何?    (創作文芸)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/bun/1100500391/l50

生きる事の意味、あなたはどう考える? (詩板) 
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1031240604/l50

人間はなぜ生きるのですか?       (詩板) 
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1050166630/l50

自分が生きる理由。             (詩板)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1072041271/l50

生きる為に                  (詩板)
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/poem/1020944222/l50

_____お前等はなぜ生きる___ (オカルト) 
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1123702278/l50

人は何のために生きているの part2   (哲板)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1111817641/l50

この世の生あるものの命を奪ってまで生きる意味   (哲板)
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1122992762/l50

人生失敗したと思う奴集合         (メンヘル)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1118880268/l50

@@@なぜ生まれてきたのか@@@   (メンヘル)
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/utu/1125184702/l50

59 :MORALITY ◆oMyMORALjQ :2005/09/05(月) 23:33:56
参照
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1125197548/822-

60 :考える名無しさん:2005/09/05(月) 23:41:09 ?
自己の本質を認識すれば、存在理由は明らか。
無常、無我を悟るべし。

61 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/09/05(月) 23:45:14
>>60
存在理由などいらない。
生きるとは何か。

62 :考える名無しさん:2005/09/06(火) 13:07:35
質問が抽象的過ぎて良く判らんが…
端的に言えばメカニズム
微生物を見てみろ
活動を維持するための活動を続けている

63 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/09/07(水) 18:13:05
>>62
メカニズムであるところの生きるとは何か。

64 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 01:09:33
生きるとは感じること。

65 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 01:13:25
生きるとは、在ること??

66 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 01:27:11
>>65
何が在ること?


67 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 04:30:15
生きること=自分が生きてると思ってること
死ぬこと=自分が死んでると思ってること、または自分が生きてるとは
思ってないこと。(他人が自分の自分のことを生きてると思ってようが、
自分が、絶対に死んでると思ってる限り死んでいる。逆に本気で自分を死んでると
思ってる人にとって自分は死んでいる。)

68 :似非哲学者:2005/09/18(日) 04:43:52
生きるとは、”どうでもいいや”の真反対の語。

生きるというこの語句には、信念、高い志が含まれるのであろう。
要するに、生きるの前にはある語句が隠れている。
それが、信念、高い志なのである。

即ち、人が”生きる”という言葉を使うとき、それは暗黙的に
信念を持って生きる、高い志を持って生きる、を意味していると思うのだが・・・


69 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 05:05:33
自分としては「存在を証明する合言葉」に過ぎん気がするな。
まず、「人間」つう観点が人間特有である事実を前に、人が操る言の全てが人の価値観に類するモノでしか無い。
ぶっちゃければ考えるだけ無駄な事な訳だ。

んー。要約すると、たぶん、言葉遊びだと思う。
このスレの誰かが言ってたネ「暇つぶし」だって。
物事の本質は真実、単純だと思う。人間がそれを複雑化させてるだけだと。

以上、低学歴な若造の意見。

70 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 21:57:04
自分以外の生物や他者の死を経験しなければ、
おそらく死という観念はおろか、生の観念すら構成されないかな。
とにかく、生と死は観念として相互補完的。
「生とは死んでないこと、死とは生きてないこと」として、
互いに否定的な関係なわけですよね。
これ以上に何かありますか。

71 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 22:56:59
生=死んでいないこと

死=生きていないこと

でいいのかな。

72 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 01:15:23
40億年前は生物はいなかった。魂もなかった。では魂なるものはどの瞬間から
突然やってきたのか?どこからが魂のある生物なのか?ゾウリムシ?
100億年前の生物なんか存在してなかった時期の宇宙の中にある素粒子と
人間を構成する素粒子は同じものですから、「物」と「生命」の違いは
パーツの組み合わせ方の違いと考えるのが自然になりますねえ・・・。

73 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 01:35:29
>>72
人間には魂がある、という前提はいかがなものでしょう。

74 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 01:37:29
哲学的な生きるでしょ? こうありたい自分への挑戦かな

75 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 02:56:01
哲学的じゃないよお

76 :考える名無しさん:2005/09/19(月) 05:17:56
むかし国語で「生きる」ってタイトルの詩を読んだことがあったような。

77 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 02:43:52
人生の目的

http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html

78 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 02:48:15
真夜中に、ふと目が覚めたんだ。
何気なく、窓辺に行って
ぼーっとしていたら、向こうの方から何かが飛んできた。
目を凝らしたら、ピーターパンがそこにいて
僕に問いかける
どうして君たちはそんなにあくせく働くの?
僕は答えた
そりゃあ、食っていくためさ
彼は首を傾げた後、どこかへ行ってしまった

探した。探して探して探しまくったんだ。
でも見つからない。
なあ、神様。どうして隠すんだよ。
今からだって遅くないさ。
こっそり教えてくれないか?
僕が生まれてきたその理由を。


79 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 02:57:48

真夜中に、ふと目が覚めたんだ。
気になって、窓辺に行った
今日もかと思ってたら、向こうの方から何かが飛んできた。
目を凝らしたら、サンタさんがそこにいて
僕にこう言った
君が死ぬまでの食べ物をプレゼントしてあげよう
僕は問いかけた
どうしてそんな良くしてくれるの?
彼は微笑んだだけで、どこかへ行ってしまった

探した。探して探して探しまくったんだ。
でも見つからない。
なあ、神様。どうして隠すんだよ。
今からだって遅くないさ。
こっそり教えてくれないか?
僕が生まれてきたその理由を。


80 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 23:18:02
宇宙進化説のように実証されていないものを,事実であるかのように踏まえると,“事実のような絵空事”を描いて見せるだけになり,哲学の性格から逸れていってしまうのではないかな.
哲学は,事実を踏まえることが基礎であるように思いますが.
むしろ「他に考え方が無くても,宇宙進化は一つの説であり,しかしそれ故に,この説に基づいて考えてみると」というような形で踏まえる.それも大切なように思われますが・・.

81 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 23:33:19
なに(;´Д`)!?
つまり生きるってことは実証されていない故、仮に私が生きていると言う説に基づいてみると、って感じ?
こりゃまた大変!!

82 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 23:44:24
生きる理由?宇宙自体が生命体とすると宇宙の中の地球の寄生虫だな。寄生虫にもいい奴と悪い奴がいて人類はどっちにもなれる影響力の大きな寄生虫。死んだら栄養分になり、まわりまわってまた生まれの繰り返し。だから、地球にやさしく!ひとにやさしく!

83 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 23:45:02
“生きる”ってことは,様々な理解や知恵を踏まえて考えているのであり,その踏まえている内容や,事柄について,適切に踏まえると言うことですが・・.

84 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 23:59:43
ただ生きるだけなら、動物でもできるが、人間は過去から未来へと知恵を繋いできたわけさ。誰にでもできる後世への最大遺物は真面目に精一杯生き抜くこと。

85 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 00:18:41
後世への最大遺物は何なんだろうかと考えています.それが,私にとって,現在,大切なテーマだというができます.

86 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 00:30:53
内村鑑三の後世への最大遺物を読んだ?人にはそれぞれ向き不向きがあるけど、誰もが使命を持って生まれてくるわけさ。それを見つけるまでが大変だが…ガンガレ!

87 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 00:32:13
飯田史彦著(福島大経営学)「生きがいの創造」を読んで,“生きる”について,生まれてから死ぬまでの期間で括弧して考えていなかったかと,問われてしまいました.
この本は,生まれる以前以後の生を肯定的に仮説することが,科学的に優位であると言っています.そうすると“生きる”について考える視座が,この人生の外にあることになってしまうのでは.

88 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 00:36:10
有難うございます. 内村鑑三ですか?まだ,読んだことがありません.読んでみたいと思います.

89 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 00:45:57
どういたしまして。俺も友達に薦められて読んだけどよかったよ。なんか考えさせられました。

90 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 01:12:08
>>85
遺物があなたにとって何の意味がありますか

91 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 01:41:10
大仰に書いてしまったと思います.最大遺物と言うほどではありません.
けれでも私にとって大切なテーマです.
私が,生きるとは何と考えている今,既に,人との関わりの中にいるのです.
そして,周囲の人との間で互いに影響しあっています.
それで,ささやかですが私が影響してしまうなら,どの様な影響を残すべきか,残すべきでないのかを考えているのです.






92 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :2005/09/26(月) 01:58:47
なるほどね。
生前の、身体を伴って生きている人生は、動物としての生命と一緒のもので、
身体の死後、動物としての生命から剥き出しになって独り立ちして、
生きていくものなのかもしれん、人間という生命は。
…とか考えたこともある。

93 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 08:36:33
飯田さんのその本,隠れたベストセラーとか.HPでも全文がpdfで掲載になっていて横書き.
読みやすい.検索すると出てくる.


94 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 09:35:29
<70 相補間的なものじゃないかなぁ

95 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 23:17:28
<70 死について,臨床心理学者のE・キューブラー・ロスさんが,人生の終末を迎えていらっしゃる方のカウンセリングをまとめて書いた,「死ぬ瞬間」と言う本があります.
副題は“死とその過程”.
その中で,末期患者が「人間らしく生きる手助けをすることによって,人間らしく死ぬ手助けをすることが出来る」と言っていました.
“生きる”と“死ぬ”は一つの事柄の二つの面であるよう言っていると思われましたが・・.

96 :サイレント:2005/09/26(月) 23:53:47
単純に生き物としての生きるということは、生命を維持しようとすることでしょうね。
人としての生きるということは、自分の存在(自己)を自覚すること、それに伴い、知能を持ち、
価値を創造することでは、とおもいました。

97 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 00:05:33
処刑の日や末期癌を悟れば、「死を生きる」ことになる。
「死が生の主題になる」ということであるが、ここで「信仰」や
「永遠」、「世界と私」などがあらためて問い直される。
カミュにとっては早くからこのテーマがあったと言える。

98 :70:2005/09/27(火) 05:41:00
>>95
あなたと僕とではちょっと論点がずれているように思います。
あなたはどうして僕にレスをくれたのかな?
生と死は互いに否定的な関係ではなく、ひとつの事柄だということ?
正直よく分からないよ。

死んだことがあるのは誰ですか?他人でしょう。あなた以外の生きものでしょう。
生と死の観念の構成はここから出発するように思われます。
その経験をもとに、自分を実在世界の中に客観視して、
「他者同様、自分にも死が待ち受けている」
ということを理解する。死の観念を自分にも適用するんです。
(厳密に考えれば、ほんとうに自分に死が訪れるのかは分かりませんが)
そして、死んでいない状態、死ぬまでの過程を生と解釈する。

「生きるとは何か」と問われて僕が連想するのは、おおまか以上のようなことだけど、
そもそもその問いの回答として不適切なのでしょうか。

99 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 15:37:04
生きていることってゆうのは、電池に例えれば簡単に意味がわかるよ
電池を体、電流を魂とか命に例えてみてさ
電流が流れている→生きている状態
電流が流れていない→死んでいる状態

じゃあ何のために生きるのかってゆーと、死ぬために生きてんの
死ねばまた命が生まれるだろ?輪廻転生じゃなくて
人は子を産み親は死に、バランス良く人間が生命活動を行えるようにインプットされてんだよ
ある意味食物連鎖がうまく機能してるんだよ
高校かよって大学いって就職して子供を生んで歳を取って死ぬ
みんな一緒でしょ 進んでいる方向も全くおなじ
只道が違うだけで、進んでいる先はみんな同じ



100 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 23:50:31
>>82
亀レスだがそれ寄生獣だろ?

101 :考える名無しさん:2005/09/28(水) 21:24:56
生きる目的なんて、各個人それぞれで見つけるしかない。それが自由主義ってもんだ。
万人共通の生きる目的なんて無いしね(それこそ共産主義になっちまうよ)。

102 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 22:24:40
>>98 それは,その通りだと思います.今回のレスで,分かりました.
70レスで,“生と死は,互いに否定的な関係”と聞いたと聞いたときに,
それは論理的な意味での否定のように感じてしまいました.
けれども,生と死そのものは,論理的なものではなく,現実にあるものなので,
論理的に整理するだけでは,捕らえきれないように感じさせられてしまったのです.

103 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 22:29:18
>102 それは,その通りだと思います.というのは,不適切ではないと思いますと言う意味です.
98レスで,仰っているとおりだと思いますと言うことです.

104 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 23:02:42
ttp://www.wakagaeri.com/life_span/index.php

105 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 08:10:56
自分が主役を演じるため。

106 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 17:46:41
生きるとはこの世界に干渉するということ



107 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 00:36:14
キモ

108 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 00:39:16
ガンバ

109 :ライフ:2005/10/03(月) 09:55:23
レスを読ませていただき,書き込ませていただきます.
生きることは,死ぬことと重なるようですね.
確かに,生きることは,25歳過ぎると加齢現象として細胞が減っていくのだから,
死ぬことを伴っていくのかも・・,と考えてしまいました.

110 :のら猫:2005/10/03(月) 19:56:35
生きることは芸術的な事。
生まれてくるときに周囲に感動を与え。
成長するとともに周囲に影響を与える。
そして、死ぬ最後のときに多くの人に悲しみという感動(心動かされること)を与える。
生死は芸術的な作品なんだとおもう。

111 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 05:49:07
あまり哲学的ではないね

112 :のら猫:2005/10/04(火) 11:26:53
111さん
勉強不足なのですみませんm(__)m
極端にまとめてみたんですがやはりだめですか?(T_T)/~


113 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 16:12:42
おまえら、ハエを観察しなさい。
それがおまえです。

114 :roro:2005/10/04(火) 18:03:29
どうして生きているということにだけ意味を求めるのか?
時計の秒針が動くことに意味があるのか?それと同じだ。僕らはただ壊れるまで動いているだけなんだ。
意味っていう言葉の意味すら分からない。

115 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 18:36:50
子供の頃や疲れてない時は意味など求めない。疲れてるんだよ。
失敗ばかりなら精神的に疲れる。休息を取ってよく笑い成功すれば
疲れも取れる。疲れが取れるものや考え方が人生の意味と言えるだろう。
その対象や考え方は個人個人で違うだろうな。

116 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 19:02:09
生きる?知らんな。
それがルールだろ。

117 :オイラ:2005/10/04(火) 20:13:22
はじめまして

生きる…そもそも産まれたことが奇跡に近い偶然、地球すら偶然、ゆえに、生きることは自分を満足させるためにあるきがする…

一言で言えば…

「生きることは
  自己満足である」

ではないかな?

118 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 20:25:18
生物とエロビデオって似てるな。
良いビデオほどダビングされて情報が(DNA)増殖する。
とオナニーしながら考えたんだ。

119 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 20:27:57
ではブスが絶滅しないのは何故?

120 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 23:06:14
死ぬまでの暇つぶし

よく言われることだし、一見茶化しているようだけど、
限りなく正しいですよね。

121 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 23:08:06
>>119
ブスも美人も生む子供の数は変わらないが、むしろブスの方が
多かったりするので。しかしアフリカなどではブスは人生の早い
うちに結婚をあきらめて売春婦になる決断をするのだそうで、
全体としてはブスが減っていく傾向というのがあるのでしょう。


122 :ライフ:2005/10/05(水) 10:41:20
繰り返しになりますが,やはり,生きるとは,目的を持っていて,それを目指して,活動していることではないでしょうか.
鼻で息して,食事を食べて,ただ存在していく.それも,大変なことですし,ベースだと思いますが・・.

123 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 10:51:15
もし今突然、美人だらけでブスがめずらしくなったらどうなる?
次第にブスが美人とされるに到るかもしれない。
やはり稀少性が価値なんじゃないか?

124 :オイラ:2005/10/05(水) 13:13:10
哲学に全員一致の解答なんてあるのかい?

125 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 13:17:54
真理が人によって異なるというのでは都合が悪かろう。


126 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 07:17:45
これは哲学的な問題ではないね
そう思いませんか

127 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 09:06:41
美人の定義はその時代の人間の平均値らしいよ?
地球上に多くはびこっている=繁殖力が強い
本能がそう判断してるのかも。

128 :衣食住が整ってるからコレを考えれる と・・:2005/10/14(金) 08:20:53
さっきどっかのスレで見たんだけどやっぱ人とゆう生き物は生きててよかったと
思う瞬間の為に生きるんだと思う!欲望、快楽、よりよく生きる生き物だし。
ってことは自分が死んだ時、心から悲しんでくれる人を増やす行為が一番
人間らしい姿では と・・・戦いが終わらない限り本当の平和はないしそれは
ありえないから、人として、自分の中で、何と、誰と戦うべきか考えて行動すれば
その人の周りだけでも平和は創られていくと思う。気付きによって自分の世界が
創られていきます 全ては 気付き にあるんです。

129 :非哲学家:2005/10/15(土) 12:07:13
>>128
最もらしいとゆうか人間らしい発想だなw自分が死んだ時に悲しんで
くれる人がいれば最後の瞬間、生きててよかったと思えるだろうねw
そう、人間には欲望や快楽を求めるとゆうどうしようもない本能が備わって
しまっており、他の生物と違いよりよく、うまく生きるとゆう能力をもってる生き物。
だから結果、損をしたくないとゆう想いから戦うとゆう選択手段を時に選ばなければならない。
全ては気付きにあるかぁw確かにww

130 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/11/12(土) 21:52:19
ありがとうございます。
生きるとは「合理化」「考えること」「感じること」「在ること」「世界に干渉すること」「芸術的なこと」
他にも私が思いも付かなかった言葉をたくさん聞くことができました。

私は、畑で農家の方が共同で作業をしているのを見て、ふとこれが生きることだと思いました。
どういうことかというと、うまく言葉で表せませんが、確かにそう思いました。
お前の意見が一番哲学的でないと言われれば、その通りかも知れません。
しかし、そのなんともいえない感情を持つからこそ、人は考えるのだと思います。
「生きる」とは何なのかと。


>>31
実はその考えを読んで、確かに全ては言葉の問題ではないかと思いました。
「生きる」という言葉があるから人は考えるのではないか。
言葉を持たない動物は、そんな事考えず十全に生きているようです。

>>52
生まれたら、生きて死ぬだけ。これはなんでもないことなのか、生きて死ぬ我等に知るすべはない。

>>68
生きるという語句に信念、高い志を含ませているのはあなたです。それをあなたは生きている。

>>72
「魂」や「生きる」という言葉を所有した人類に驚く。

131 :ぎこ ◆IYlA3rlDYc :2005/11/15(火) 00:02:19
>>84
我々は「生きる」という言葉を正しく使えるのに、その「生きる」とは何かを問うと分からなくなるのはなぜだろう。

>>96
価値の創造。我々は「価値」という言葉を所持している。
どうも私自身、言葉の問題に関心がいってるようです。

>>112
そんな事ありません。何度読んでもきれいな言葉です。あなたが考えたというのが分かります。

>>113
その通りですね。生きるとはそこにしかない。それでしかありえない。では、「生きる」とは何か。

>>117
私は生まれたことが偶然なのかどうなのかは分かりません。
生きるって、一生オナニーすることなのか。
低俗とは思わない。低俗も高尚も全てひっくるめてあるって感じがするな。

>>126
人は生まれて生きて死ぬだけ。それが何なのかを考える。まさに哲学。
ただし掲示板には似合わなかったなという思いは >>30 で述べた通り。
何かを喧々諤々と話し合うスレではないですね。

132 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 22:02:05
「ばら」                    (小学一年生)

なぜ ばらになったの きかせて。
なぜ ばらになったの おしえて。
なぜ いきているのに
しゃべらないの
しんでるの。



俺はこの詩ほど生きることの不思議を率直に歌った詩を知らない。
この子にはかなわないと思った。勝つとか負けるとか思っている時点でダメなんだろうけど。

133 :魅上:2005/12/05(月) 22:20:29
123の人への返信です…。
顔が悪い人間が減少すると稀少価値が高く成り、美人と称されるかも知れない
と言っていましたが其れは、略有り得ないでしょう…。
顔が良いとは人間脳にとって形が良いと感ずる物なのです。過去からのテーマが
其処で崩れる。有り得ません。

134 :考える名無しさん:2005/12/05(月) 22:34:26
生きるとは何かっていう問いを、どういう意味で言ってるの?
定義を問うているのなら、哲学ではないと思う。
生きる意味を知りたいのか、価値をしりたいのか、なんなのか

135 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 15:42:19
人生の目的

http://www.geocities.jp/bluewhitered34/index.html

136 :考える名無しさん:2005/12/06(火) 16:31:27
134は生きる価値なし

137 :考える名無しさん:2006/02/08(水) 02:15:32
偶然生まれたからには、一生懸命生きないと。
犬や虫だってそうしてるし。


138 :考える名無しさん:2006/02/17(金) 17:11:27
生きるってことは生きてるって感じることだと思います。
生きる意味は、俺が考える限り人間全体共通の答えは無いと思います。だから個人個人で生きる意味があればいいんではないですか。

139 :考える名無しさん:2006/02/17(金) 18:55:30
>>137
偶然生まれることがなぜ一生懸命生きることに繋がるか説明を。
犬や虫が生きることを放棄してるのを見たことが無いので、一生
懸命であることの証明を。またはその根拠を。おねがい教えて。

140 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 03:42:07

教えてクン、うざい

141 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 09:29:12
答えてやれよオレも知りたい

142 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 14:38:13
あんまりいじめたんなよ。137いい人そうじゃん。ただ、
>偶然生まれたからには、
は、生まれるべくして生まれたからには(必然)にしないと
一生懸命の強制力はないかな

143 :考える名無しさん:2006/03/11(土) 16:27:35
生きる楽しみや夢が一つとして無くなってしまったとき
人は生きる意味を無くしてしまうんだよ

144 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 22:26:50
生に意味があるのではなく、生で何をするかに意味があるのだ
誰だっけな…

145 :考える名無しさん:2006/05/04(木) 23:48:44
辛いこと、苦しいことがあっても、とにかく一生懸命にジタバタしてみること。

146 :考える名無しさん:2006/05/05(金) 07:27:14
生きるとは何なのか生きる意味とは何なのか
生きる意味とか運命というのは元々あるものではなく
生まれてから各自が自ら築き上げていくものではないかと思う
そしてそれを築き上げていくために生きるのだと思う

生きるために生きる理由を築き 生きる理由を築くために生きる
だが永遠に、その明確な理由や意味を築くことはできない
理由は完結しないのに生きるということだけが先行していく

だが理由が先行してしまってはつまらない
生まれた時に次の結末が決まっていてはつまらないし意味が無い
生きることに明確な意味は無い 強いて言うなら意味を築くことが意味だと思う

147 :考える名無しさん:2006/07/27(木) 07:13:25
>>146
生きることに意味が無いのに、意味を築くことが意味があるとはどういうことでしょうか?

148 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 12:54:23
(~o~)
生きると言うことは時(時代)を過去から受け取り(誕生)未来に受け渡す(死)期間の事です。


149 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 13:59:48
意味をもって生きることだけが生きるなら
意味を考えず、誰にも考えられず存在する人は
生きるとは言わないのか。
それは違うと思う。生存していること自体が生きること。
そしてその存在している(生きる)ことの意味を考えるのが人間で、
その意味はそれぞれだと思う。
・・・って考えはどうなのかな・・・・

150 :考える名無しさん:2006/08/01(火) 14:09:07
象は母親が死んで白骨化した亡骸の下へ何度も足を運ぶ
そうだよ。母猿がミイラ化した子猿をいつまでも抱いて
いることもあるそうだよ。動物ももはや動かなくなった
物体にそれまでと同様の愛着を持ち続けるという事実が
確認されている。人は生への愛着を持つと同時に死の観念
を持つゆえ、命のはかなさや虚しさを問題にする。
この世界に愛や慈悲という理想が存在するならば、それ
を具現化することに僕が生きる意味を見出している。
たとえそれが個人の思い込みや自己満足だとしても、夢
や希望を実現させるために命を削る。その行為が正しい
か間違っているかは他人がそれぞれに判断すればよい事。
自分の懸命に生きた証が残ってくれたらという願いで、
己の命を燃やす。後世に何も善きものを残してやること
ができずに人々から忘れられるのだとしても、自分の信念
に従って目標に向かって突っ走る。これは孤独な生き方
かもしれないけれど、そうでもしないと今生きているこの
命が虚無の深淵に飲み込まれてしまいそうだ。
あえて不確かな未来に可能性と希望を見出すこと。
これが明日に向かって今を生きる命に価値や意味を与えて
くれるという、自己欺瞞的な僕の思想。


151 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 18:24:58
生きる=産まれてから死ぬまでの時間の全て、
生きる意味は別ですよ。


152 :500円:2006/08/10(木) 18:52:04

問題

光は何処から来たのか

153 :500円:2006/08/10(木) 18:56:53

ヒント・・・熱と色

154 :500円:2006/08/10(木) 18:58:01

速度

155 :500円:2006/08/10(木) 18:59:35

元素は光る

156 :500円:2006/08/10(木) 19:07:56

火・雷・蛍

157 :500円:2006/08/10(木) 19:11:42

闇の相対的産物

158 :500円:2006/08/10(木) 19:15:21

空間⇔無

闇⇔光

159 :500円:2006/08/10(木) 19:16:11

時間⇔無限

160 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 21:25:56

世の中はひとと人とのつながりでなりったってる。
お金の意味はなんだ?
考えたこともないだろうな。
生きるためのものだと言うことを。
親が働き子をそだてる。
秋田の事件で幼い子の命がうばわれた。
これをどう思う?

161 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 00:44:45
  \    `\ |:l;;/   , , , ,./ , ,  、 、 , 、 _   \ ノ  ,.-ニ--‐‐一
   `ー=一'"  >' /' '/ , ' ,/ ./   ヽヽ  ヽ. ` ' 、,i\ <,,_---‐‐一
  _,.-‐''/    / ./  ,./ .../ /|':;イ::' ' ' ' |' }、:::..ヽ , 、  ヽ ヽ   ヽ
    {    | /, ' ./ .::/ ム┤ム|:::    |:.|.ヾ:::. |::. 、` ,ヽ,ヽ   |
   ,;;ヽ  . |'"  ..:| :::/|:/_,,.!(.._!::: ..  /|/--ヽ:.|、|:. .|:. ..  N.|. .ノ
  __;;;;;;;;`=、;;;;;/ / ::::| :.:::| ,!'-==ミ、,ヾ;::::. ../,/,=~~=ミ、,!|::. |:: !:. L!|,=',,.... ----
  ニ=''=、''" ::| :| .::::||,:::::|//:`ー':゚:ヽ. ヾ;/ /:`ー':゜ヾ、|::: |:::,!:: .| |.}..`' >、ニ''''''
  ,.-'"Vミー-‐'|:|;| ::::::|ヘ;::ヾ.{::;:;;;;: 、::|     {::':;;;;:、:::ノ'!:::/!:/::::.,!. l' ;-ノ `ヾ、`……ねぇ、おにいちゃん、
  ;;;/;;;;;`>-┬|:|ヽ,:::::|{:.:ヾ;ヽヾ-一'''  ・   `ー--'/;ノノ//::;/t==''<     飛び降り自殺した人は、
  -;、:<';;;;;;;;;_|.ヾ >、:ヾ,、ミ t`.     ( ̄.)     'ソ-‐'ノ!;ノ|. \  `ヽ、   地面にぶつかる1ミリ前まで
  / `ー‐" _∠` .::`tゞ:::lフ`ヽ、     `"     .,.ィ'゙゙lフl゙ ''"|__|,,......\   `ヽ生きてるんだよね?
     _,.- 1 ::::~~゙゙゙`'ヾ、::::::ノ-`┐.,_   _,..,-=フ.|  _,!-'''"  .:::~/.\ 1秒前まで、生きてるって意味では
  _,.-'"  l,  ::::.     `>ヾ~7┴っニ冗,.i'〜7/,.┴i';;;;     :::.〈..  \  飛び降りてない人と同じ。
  "   ...::::::`! :::  ,,;;;;;;;;;;,L,;;;_`,  , (;,,;;;;)/:::'-'‐‐‐<;;_,.;;,,   :::ノ、、;::..  \ でも、違う。
   ..:::::::;.,-'"!,,_'::::.  -、;;;;;(、_ ....,<'"....:`ー'、,.>、 ,.、/;;;;;;;;;;;;;;;;__;;;,L;_;;ヾ、;:::::..  生きてるけど、もう確実に死んでるの。
  ::::::://,.-'".::: :`  , ,,,,,)'" `-!'"`=.!┐ヽl `'-'  \;;,,____,,,.   ::`!ヾ;\:::

162 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 01:04:05
こんなスレがあったのか。

生きることは可能性を繋ぐこと。
生命の連環に身を投じ、次世代へと紡いでゆくこと。
よりヒト的に言えば、功を成したり知を遺すのも生きることになるだろうな。
オレはこんな感じ。

163 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 09:34:12 ?2BP(0)
「生きている」と「生きる」は違う

前者は状態を表し、後者は前者に含めて、個人の意思を内在する

164 :考える名無しさん:2006/08/25(金) 03:56:07
「生きること=命のリレー、次世代へ命繋ぐこと」だとすれば、子供を作れない人は生きる意味はないの?そう考えると、「一代の生の中だけで生きる意味を考える」方がよい気がしてきた。

165 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 01:09:36
「生きるとは それは、日々を告白していくことだろう」

                            尾崎 豊

166 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 00:51:13
生きること=この世の限られた時間で生まれる前に決めてきたことを実践すること。
死ぬこと =この世でしか利用できない、肉体を捨ててあの世(むしろこっちが本当の世界)
      に帰ること。

167 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 13:12:40
エンタテイメントである
byクージョ

168 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 14:47:00
>1
『人生に意味はあるか』(講談社現代新書)を読め

169 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 12:35:43
俺は生きる意味は無いと思うが、
生きる理由は「与えられた本能を満たすため」だと思ってる。

170 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 13:22:27
生きる意味に対しては、動物的個我(本能)による
生物としての生と、人間としての理性で思慮する生
を分けて考えなければならない。
人間は動物的個我を極限まで抑えながら生きる
特殊な動物である。我々の生と動植物の生は
同一視できる部分とそうでない部分がある。
(トートロジー)

171 :考える名無しさん:2006/09/05(火) 19:18:31
>>150
現実の前に打ちひしがれる、またはそうなっているに1000ペリカ。
でも、同感だお(^ω^ )

172 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 01:39:18
生きている過程に意味を見出せたら、よい人生を送れると考えます。

しかし結局は人生に意味は無いと思う。

だが意味が決まっていたらそれはそれでつまらないと思うよ。
わからないから面白いんじゃないかな

173 :考える名無しさん:2006/09/25(月) 02:15:37
私は生きていますがなにか?

174 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 21:25:47
意識は自分自身
体は今まで体験してきた記憶を入れる器
生きると言うのは自分が今まで体験してきた事を蓄積することではないかと思う
自己の認識だって今まで生きてきた積み重ねから認識できる
意識と呼ばれる唯一の物は存在のみに限定されないか?

とか思ったりする
こう思うのも自身という存在そのものではなく経験を糧にした記憶によって編み出されるのであるから、人間が考えうることは個人に限定されないな

長文スマソ( ´・ω・`)

175 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 07:25:29
主観的な生に気付いてしまったらもう生きるしかないな。
問題に直面したということは不安だということだ。
疑問に思ったことが不幸になるか幸福になるかは消化のさせ方次第だよ。


176 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 08:42:05
>生きるとは何なのか




  簡単な事よ・・「今から何をするか選ぶ」ってことさ







177 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 15:04:31
どうせいつかはおしまいなんだよなってところで
いっつも視野が狭められてそれ以上向こうに行けない。
脳を毎日ドーパミンで洗ってあげれば
それが理想的な生なんだろうか?って。

178 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 22:38:44
島崎敏樹「生きるとは何か」岩波新書1974年1月(翌年に急死した。)
精神医学者だった島崎氏は、エッセイ風の風景としての人間の生をス
ケッチした。
瑞々しく、ほんのりとして、暖かいまなざしで人間の生を描いた。
子供時代から青年、大人の精神の遍歴は「生きるとは何か」を断定す
るのでなく、えんぴつでのスケッチ風なのだ。子供は「流れている生」
だという。大人になっても子供のように「生きるとは何か」などと考え
るのでなく、本は読まず、仕事で、朝から遅くまで働きづめの「流れて
いる生」のほうが単純でいいかも。(おれはだめだが)

179 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 03:55:53
死の瞬間まで体が生物の機能を維持しようとすること。
「生きる」簡単に言えば二進法。生か死か。「生」は状態を表す言葉にすぎない。


180 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 10:24:12
死の瞬間とは?
ヒモ繋いでおけば呼吸も循環も続けている状態はどっち?

181 :考える名無しさん:2006/12/16(土) 14:13:22
状態を表す言葉と考えるのでヒモ外したときが死だと思う。

182 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 05:15:11
>>172
同意。
「人生=誰にも分からない何かで、一人一人ちがうもの。」が未熟ではあるが俺の定義。
人生の明確な定義なんかあるわけない、その定義と違った人生を歩んでる人が否定されるから。
誰にも、本人にもわからない、だからこそめちゃくちゃつらいものにもめちゃくちゃ楽しいものにもなりうるのが人生。
人生に答えがあるといってるやつは偽善者いがいいない

183 :短パン:2006/12/17(日) 06:28:37
>生きるとは何なのか

飯くったかーババンババンバンバン♪
歯、磨けよ?ーババンババンバンバン♪
宿題やったかーババンババンバンバン♪

また来週〜〜〜〜〜〜〜ノシ

184 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 14:51:21
自分が今生きているのは、自分の意志が生きるために死を避けるから。
自殺をせず、危険な行為を避け、健康に気をつける、等。
やはり頑張って生き続けることに意義があるような気がする。
この世に誕生したことはたぶんとても幸運なことだろう。
現代文明の中で生きられるのも恵まれている。
だから生きていられることを大事にしたい。
自分がこの世に生まれなくても、生まれて死んでも、命は溢れている。
たぶん自分は大きな命によって生かされている。

185 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 20:10:51
人は死ぬために生きている。あ、プラスの意味出だぞ

186 :考える名無しさん:2006/12/22(金) 16:09:41
生きるとは何か、を考えても自分にはよくわからない。
まずは精一杯生きることが大切じゃないだろうか。
生きることによって何が得られるのか、自分で見極めるべきだと思う。
愚者は経験から学び賢者は歴史から学ぶ、は一理あるけど、それは
社会生活的なことに当てはまるのであって、根源的な問題は他人から
教えられるものではないように思える。
やはりソクラテス的な実践が大切だろう。
彼のように神秘体験をすれば世界観、人生観は大きく変わるはずだ。
それは誰にでも十分可能だと思う。
今現実に人間としてこの世に生きて存在する、という奇跡を体験しているのだから。

187 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 22:02:06
>>182
別に心にも無いことを言っているわけじゃない。
偽善者というよりは独善者という表現だろう。

188 :◆NqifpZkP7Y :2007/01/10(水) 02:48:54
全ての人間は精神を安定させるために生きている
「生きるとは精神を安定させる」ということだ。
これ以外の答えは存在しない

逆に言えば精神を安定させようとしない人間はこの世に存在しない。
いや存在できないと行ったほうが良いか。

お前達一つ一つの行動が精神の安定に繋がるものだ


謎が解けたので終了

189 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 06:09:35
生きるとは
人生とは
それはただの言葉じゃよ

生を謳歌せずに生を謳歌する
憂いを抱える事に憂える
朝露の中にさえ理由を見つけたがる
数多の命の上に成り立っているおまえの命とは
そんなに小さなものなのかね

190 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 20:26:20
去年、同じ職場の30歳の男が、自殺した。中学のときのクラスメートが胆管癌で、3ヶ月の闘病で
急死した。
 わたしの生活は変わらぬままだ。生きるとは何かwを考えることは、この「どうせ死んでしまう」
ことを考えることだ。何かの原因で死ぬまで、わたしは生きていく。ごはんを3度食べ、トイレに行
って、風呂に入って、服を着て、仕事をして、給料もらって、食料買って、料理して...。これって?
結局、ハイデガーが言っているように、有限な現存在たるわれわれはこの「どうせ死んでしまう」
(先駆的決意・覚悟)を常に念頭に置いて、生き方を考えることが必要だ。

191 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 21:10:41
これから自分の為に生きて行きたい。


192 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 00:36:53
死は死なない。
それは前提であり答えじゃない。


193 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 00:49:13
坐禅と見性第50章 公案と見性B流れる水
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1167920142/

194 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 02:36:21
酔生夢死、生死は一朝の夢

195 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 02:48:44
>>189
前半は同感だ

しかし後半の『数多の命の上に…』が納得できない
というか、不愉快になる
命が命の上に立っているのは当たり前のこと
この当然の「生物である上に必要な事」を悲観的見ることは
生きていることを悲観的に考えているように俺は思える
だから不愉快に感じる


196 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 03:57:38
医学とは、
死と向き合う学問なのか?
それとも、
死を克服するための学問なのか?

197 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 14:30:50
>>195
悲観的ととらえたのは、そんなにも小さなものってところかな?
それがかかるのは数多の命の〜じゃなくて、
その前の三行にかかるから、当然のことである命の上に成り立つ命を悲観してるわけじゃないよ。

55 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)