5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学って何のためにあるの?

1 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:28:44
哲学って何のためにあるの?だってこんなの役にたたないじゃん
偉い哲学者だって、哲学は世の中の役にたたないし、むしろ世の中を悪くするって言ってるしさ
じゃあ、何のために大学に哲学科なんてあるの?
とりあえず、哲学やってるやつだっせー


2 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:33:15
またなの

3 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:33:42
おまた

4 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:35:06


  「何のため?」 君がスレ立てた 今日は哲学記念日

5 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:39:50
工学だって、法学だって世の中をよくするためにあるんじゃん
理学だって、世の中を悪くするわけじゃないじゃん
なのに、哲学は世の中を悪くするんでしょ?
だったら何故哲学なんてあるの?しかも大学に?
なんで国が金だして、哲学教育しなきゃならないの?おかしいじゃん

6 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:41:25
>>5
まず「哲学は世の中を悪くする」というのを照明してくれ。

7 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:41:46
証明

8 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:44:27
■スレッド立てるまでもない質問6@哲学板■
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1117313063/l50

資源は有効に使おう!
>1 削除依頼しといてね

なんのためにあるのか?そこに世界があるからだよ
理由と言うより欲望だな。謎があるように見えるからさ

9 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:49:24
>>6
偉い先生がそういってる

10 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:55:58
>5
だいたい
>工学だって、法学だって世の中をよくするためにあるんじゃん
>理学だって、世の中を悪くするわけじゃないじゃん
この前提がわからない

11 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 08:20:21
あのな・・・物事を良く改善するには
まず悪い処を見定めなければならないからだよ・・・
反省は失敗とか何かしらの悪い事がないとできないだろう?

12 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 10:48:33
むかしむかし哲学は神を証明するためにあったんじゃないの?

13 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 11:15:56
全ては人間が考えなければならないのだよ

14 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 11:24:58
>>12
それはそれで知の先端だったんだろう。


15 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 11:29:30
「哲学思考トレーニング」って本で見たけどだめんずうぉーかーて漫画の1コマがあって
「哲学って実社会に役に立たない」みたいな認識が一般的なんだね

16 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 11:53:45
そりゃそうだ。儲けるためには必要ないよ
哲学は登り切って捨て去る「はしご」のようなもの、
何か交換価値を生み出すものではない

哲学で「食っていく」となったら、それなりにトレンド作って
人脈作って本が売れるようにしないといけない。
その時点で哲学とは関係なくなるし。

17 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 00:44:31
>>16
頭いいな

18 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 08:35:13
「実社会に役に立たない」と言う時の「実社会」てのがクセモノなんだよな。


19 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 19:10:37
よくする・悪くするっていうけど、世間の常識が世の中を悪くしてしまっている
ことは多いわけじゃん。その常識に文句つけたときに、「秩序を乱した」って言
われるわけじゃん。哲学かわいそー

20 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 21:45:23
>>1
ヒント;科学哲学

21 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 01:40:06
>>20
しかし、科学哲学を学ぶのは数学も物理もできない
アホな奴だけ、結局役に立たない

22 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 13:43:03
>>21
ヒント:科学の仮説=哲学

23 :考える名無しさん:2005/08/07(日) 06:10:36
ひまつぶし。

24 :考える名無しさん:2005/08/08(月) 04:04:01
ものごとの原理あるいは認識論的な部分は、
もはや他の学問分野の成果を整理したり言い直したりしてるだけのような気がする。
もちろん既成の成果に批判を加えることはあるが、よそ者のヤジでしかない。
ただ、そうやって現代の状況を把握した上で、
人間がそれにどう関わっていくかという問題、つまり倫理的な問題については、
まだ哲学がオリジナルな論を展開しているように思う。
でもそれも遠からず心理学や社会学の仕事になっていくような気がする。
哲学よさらば。

25 :考える名無しさん:2005/08/08(月) 04:20:10
個人個人の自己正当化のためにあります。

26 :凡人:2005/09/15(木) 14:30:28
哲学は
【物事の理を悟り、真の道徳、倫理観に依って産みだされる愛智を持って全てを成す】
事を目的とし直接、他の学問と関連は有りません。
哲学の目的を意識せずに哲学をおこなう、目を閉じて歩む、???ですよね。


27 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 14:40:35
すべての学問の集大成をつくるために哲学はある。
哲学者の原型は僧侶である。
哲学はすべてをつつみこんでしまおうとする恐るべき支配的感情が紡ぎだす
実際なにも支配していないが支配しているように思える錬金術です。

28 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 14:43:58
関係と質料の概念を混合させている人間が一人

29 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 23:25:38
>>3

http://people.freenet.de/richards001/xaxkylie_minogue_i_believe_in_you_cduk_short_4.jpg
「weblog sex, fun and musicvideos」っていうブログで見つけたものです。
カイリー・ミノーグのTVパフォーマンスだけど……オレの目がおかしくなければ、
カイリーはパンティをはいていないし、毛を剃っているためかワ○メが見えちゃっている……よね?
ユーズネットで落としたクリップから切り出したものだって。

http://www5.big.or.jp/~hellcat/news/0412/10pic.html



30 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 07:58:51
廃人のための学問
世に奉仕して金を回すことも嫌、遊びに夢中になるほど無知にもなりきれず、
世の中を疎んで疎んで堪えない人が行き着く死に場所。
心や身体を患った人もここに来る。それとともに、宗教関係者もやってくる。

31 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 08:01:36
>>30
よくある凡人の誤解。

>>29がかなり本質を突いている。

32 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 08:05:08
素朴な党派心や組織への帰属感、そこでの向上心などが人間にやすらぎを与える。
哲学はそれらに対するアンチテーゼだから、どうしてもはぐれ者を引き寄せやすい。
しかし哲学の立場から会社や政治団体や宗教団体を公平に眺め、そしてそこに
飛び込んでいけば人は再びしあわせになれるだろう。哲学はシェルター、避難場所なのだ。


33 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 08:13:36
組織や社会がシェルターなんだよ。
なんなら出てみな。


34 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 08:28:54
>>33
ぷっ
痔核のない奴隷か

35 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 08:38:50
自然は無慈悲だ。非情だ。だから嫌いだ。だが愛しく憧れる存在でもある。
それは美しくて、広大で強靭でその上繊細を極める。信頼できる存在だ。
だから敢えて自然の中に歩みでようというわけだ。社会生活でたるんだ心身をゆっくりと自然に慣らしていくのだ。


36 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 09:15:21
厳しい自然に身を晒してこそ、社会生活の価値がわかる。
社会生活の価値がわからん奴を社会の外に放り出すのは社会人の常識だ。
それに則りほっとけばいい。
社会の有難さがわかるまでな。

37 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 10:21:17
>>1
合目的主義あるいは教条主義の外部に位置できる、という点で役に立つ。
それから社会の眼が見ようとしない(隠蔽してる)事実を見い出すのにも、役に立つ。

一例を挙げれば、たとえば、陰湿ないじめ問題を
道徳や一般人の感情レベルの「よくない」「やめましょう」で済ますのでなく、
「ある状況下(組織構造の中)でいじめに走ってしまうのは
人間の生まれもっての精神性ではないだろうか」という角度から考察するのであれば
問題のより本質的部分を扱えていると言える。

38 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 10:21:35
文明のもたらした生活の価値がわからずくだらん言葉遊びにあけくれてる哲学徒なぞ、相手にするのはやめようね。
罵倒する価値もないよ。

39 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 10:30:36
文明のもたらした"(この私の)生活"の観点からすると
そこではすべてが一般化され、他の現実を忘却する。

だが現実には、地球の反対側では貧困問題が起こっており、
イラクではテロが続いている。

それから、そういう事例を自分とは関係ないと割り切ったとて、
他の類の不幸はいくらでもある。たとえばある日突然交通事故が起こり
何かを失って、喪失感にさい悩まされる、

何かのミスを犯して、その後悔に付きまとわれる、

ただ"はたちになった"という現実が自分に訪れただけで
「国民年金を納めてください」と手続きがせまられる、など。

結局、自分が生きている限り自分に現実は訪れるので、
現実が自分とは関係とは主張できないことになる。

40 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 10:34:38
現実に対して、忘却することは
一時的な心的平穏のためには有意義だが
忘却できないような現実が訪れたときに忘却することはできないし、
忘却によってなにか別の問題が起こる場合に
果たして忘却すべきか、という問いも残る。

忘却によらずに、現実を考察ないしは少なくとも観察することは
忘却することより多くの何かをもたらすだろう。その点において
哲学は生活より有意義な側面を持っている。

41 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 10:37:29
それから、論理的思考がなければ論理的思考を反駁することはできない。
>>38は「罵倒する価値もない」となどと言ってるが、
(罵倒は反駁ではないので)もとより論理的思考には何も影響しない。

42 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 11:21:06
何かの価値をある人に分からすには、その人をそれから切り離せばいい。

それでもその何かの価値がわからないならば、わかる必要性がその人にはないのだ。その人には無価値なのだ。

哲学が無価値だと思う人は、それを切り捨てて見ればよいのだ。
もし切り捨てきれないのなら幾らかは価値を認めていることになるのではないかと思う。

43 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 11:47:58
どんな社会的な問題も哲学的に考察することができる。
ものごとを最大限深く懐疑的に考えることが哲学なのであって、
>>1やらが思ってるほど高尚なものではない。
どんな思索よりも、ほんとうに地に足の着いた思索。
社会の問題を「解決」しようとするのではなく、
なぜそれが「問題」と呼ばれなければならないのか、その構造について、
動物を見る目で人間を観察し、考察する。
ものごとの本質を探ると言えば分かりやすいか。

哲学は役に立たないという言説、
哲学をやっている人間にはとても愚かしく聞こえるんじゃないかな。

44 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 18:01:57
>>38
ぷっ
痔核のない奴隷か


45 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 18:27:53
>>38
>文明のもたらした生活の価値<

何を言っているのか不明であるが、この人、「使い捨られ人」から、一生、抜け出ることはないでしょう。

46 :考える名無しさん:2005/09/20(火) 18:33:04
危険なく自然を楽しむには、別荘やキャンプ用品が欠かせない。
別荘を買えとは言わないが、キャンプ用品も調達できないほど
社会的に無能であっては、自然を楽しむというのにも限度がある。
哲学はキャンプ用品だ。あるいは所有権を共有するような大きな
貸し別荘もありうる。その事業に投資する可能性すらあるかも
知れない。つまり哲学といえど資本主義的に発達する事が可能だ
という事だ。



47 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 16:19:12
正しさとか、道徳をも含めての”最善”を再考するのが哲学的なのかなぁ
デフォルトを考えて定めようとするのが哲学の始まりなんじゃないか?
他人との差を理解して「普通でありたい」と思うから、差の原因はなにか?を追求しはじめる
そうすると、人間の心の問題 道徳の問題 行動原理の問題
あらゆる”要因”を探っていく事になる。それをさらに厳密に区切っていくと 言葉の意味の問題とか
つまり、哲学は さまざまなデフォルトさをはかるために比べて考える事 じゃない?

48 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 16:20:22
あげ

49 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 21:33:31
哲学は俺等のためにある

50 :sage:2005/09/24(土) 23:02:39
考える事って何のためにあるか?根本的には世界に順応して生きるためであり、
又寂しいと思う事と同じくらい、自然な事じゃない?

51 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 23:46:01
人間は考える葦である。哲学=深く考えることと理解してヨシ。

52 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 00:29:01
哲学ってバカがやるんでしょ

53 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 00:30:19
まさか。バカをバカと名指しするのが哲学。まあバカに乗っ取られている部分もあるが。


54 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 03:11:38
>>1
何故、あなたは
「哲学は何のためにあるの?」
と考えたのですか?
答えは出てませんか?

55 ::2005/09/25(日) 21:30:26
>>54
何で?

56 :ぬえ:2005/09/25(日) 21:54:51
みんな幸福になりたいんだよ。安定がほしいんだよ。
だからやってんじゃない?
現実はほとんど悪い方向に行くけど。
でもみんな少しながら期待を持ってやってんじゃないの?

57 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 22:28:41
哲学、思想、宗教には優劣があり悪いモノを実践すれば人生を台無しにすることもある。反面、何の為に生きるのかという使命を自覚した時、人は急速に成長する。

58 :考える名無しさん:2005/09/25(日) 23:22:44
数学や物理などの理系の学問の証明に使うんじゃない?
思考実験とかは推理の域を超えていないわけだし。そう言う時の考え方とかそういったもの。
なぜ? と問うたモノに関しての答えを探す意味もあると思うけどなぁ。

59 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 01:04:15
え!?そんなに狭いの(;´Д`)?

自分の人生の意義を個々人が考える為にあるんじゃないの?
自分について、自分と世界について考えるためさ。そうじゃなければ糞だ...。

60 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 01:14:50
とにかく,考えずにはいられない,また考えることを求めている,そんな自分がいる.私の場合それです.
なぜ,考えるのかと問われても,困るのですが.だから考えているのですとしか言いようがありません.

61 :考える名無しさん:2005/09/26(月) 01:59:27
俺は哲学をやめるよ
もう疲れたみたいで
さらに深い闇の中へ
沈んでしまうんでは
這上がっていくのが
無理だということが
わかってきたんだよ
哲学者のみなさんに
お別れを言うために
もう戻らないと誓い
颯爽と去りたいので
もう会わないと思う
永遠にさようならと
永遠にさようならと
年貢を納めるときが
来てしまったのです
ありがとうみなさん
とても面白かったよ
さようなら


62 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 20:55:34
根源学かな

63 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 20:58:23
自分のためにあるのだ。
どうせ生きるんだったらよりよく生きたいじゃない。

64 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 21:06:32
古の学ぶ者は己のためにし
今の学ぶ者は人のためにす

65 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 21:09:40
子曰く「古の学ぶ者は自らのために行った。現在の学ぶ者は人に知られたいがため
に行う」

66 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 23:56:38
>>1そこに山があるからだよ

67 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 06:46:35
          ___  o
         ( ;;;;;_;;;;; )/'''
       丶.-'~;;;;;;;;;;;;;;~'-、
      /~;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,ヽ、
     ,;';;_"-=・=-;;;;;;;_-=・=- ;;ヽ、
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }.
  |┴────゙||───||゙────┴|
  |   ̄ ̄ ̄ .||.  ̄ ̄ .||.  ̄ ̄ ̄  |
  |  -=・=-=・=--=・=-=・=-=・=-   |
  |_____      ,,ノ(、_, )ヽ、      _____|
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_





68 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 07:17:40
哲学やってるやつの哲学って興味が自分の悩みだけって感じ
外の世界(自然や社会)に対して心を閉ざしているっていうかさ


69 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 10:02:34
認識の限界を超える

70 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 10:12:39
パズルやクイズって何の為にあるの?

71 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 17:42:23
楽しむためにあるんだろ

72 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 18:24:39
〈…は〜のため有る〉という思考自体、有るものの用在化であり、退落を顕している。また、〈〜のため〉の最後は有が来る。現有は〈〜のため〉に企投するがその主体は有である。つまり〈〜のため〉という思考自体が問題だ。ハイデガーが言っていたように記憶してます。

73 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 19:03:22
相変わらず哲学と人生論の区別がついてない糞どもが徘徊してるな


74 :凡人:2005/10/23(日) 20:56:38
哲学は人類史の全てを支配してきた力を崇拝し人の知能の発育を妨げ弱肉強食の陰湿な蒙昧意識社会に
疑問を感ずる者達が真の人間の生き方を模索する事を指します。
従って哲学は蒙昧社会と己の蒙昧意識に真っ向うから取り組む真の勇気と純粋な心の持ち合わせが無け
れば人の知能を育てる「物事の理を悟る」と言う目的が達成できない仕組みに成っています。
知能を育て無ければ智恵が産まれず全ての問題を適切に処理する事はできません。
物事の理を悟らず知能が育たず智恵が無いにも関わらず智恵を持っていると思い込んで他者の話しに耳
を貸さず口角泡を飛ばすのが蒙昧意識に強く汚脳された者達の特徴です。

75 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 22:52:44
俺にとっての哲学は、目の前の問題を解った気になる為にある。
問題の全てを問題として頭の中に溜め込むのは、ストレスでしかないので。

76 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 22:56:08
哲学とは、
人間は、いかにしていくべきか
を問う学問であります。

77 :凡人:2005/10/26(水) 15:00:32
>>76番さん その通りです。
人類史の全てを支配し人の知能の発育を妨げ陰湿な支配社会を構築し意図的に人災をもたらし、そして力を
崇拝する蒙昧意識社会に矛盾を感じ真の人間としての生き方を模索する事が哲学です。
哲学の目的を知らず単に興味本意で哲学の道に進む事を目差しても無意味ですし逆に己の精神心の迷路に
閉じこめて危険に晒す場合が有ります。

78 :考える名無しさん:2005/10/26(水) 16:38:23
結論



79 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 18:09:06
哲学とは、
人間は、いかに(オナニ)していくべきか
を問う学問であります。

80 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 19:59:38

沈沈朱煮陀

81 :考える名無しさん:2005/11/19(土) 20:47:24
>>73
どう区別されるのかな?


82 :考える名無しさん:2006/01/15(日) 23:49:26

/ ̄ ̄ ̄ ̄ /
| / ̄ ̄ ̄ ヽ
| |   /  \|
| |    ´ ` |
(6   ιつ /
|   / /⌒⌒ヽ
|    \  ̄ ノ


83 :考える名無しさん:2006/01/15(日) 23:52:50
着想の集まり

84 :考える名無しさん:2006/01/16(月) 02:06:22
正しい答えなんて出ないのになぜ考える?

85 :考える名無しさん:2006/01/16(月) 02:11:35
やることないから。

86 : ◆0t.sPaCE.. :2006/01/16(月) 12:29:28
>>84
たぶん、美学だからです。

87 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 15:15:26
1>
聖書とか般若心経とか読んだ事ある?
もっと簡単に、今テレビでもやっている「西遊記」見ていたら分かるよ
三蔵法師が何故お経を求めたか、考えたら哲学に行き着くよ

88 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 17:21:27
宗教との関わりでは、歴史的にみても、哲学よりも政治の方が根深いな。
その実践的相互活用の度合いにおいて。

89 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 17:35:04
萌えてるんだ。

90 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 17:39:59
ブドウ糖を使うために考えてるアホはいい加減気付け。
考えるために食うんだよ。これ以上ない本末転倒だ。

91 :考える名無しさん:2006/01/17(火) 17:49:53
>>81
たぶんそのまんま、
「私は哲学でこんな人生が送れると信じてます」
っていう話は人生論。
陰鬱な人生の悩みに対して打ち立てた個人的な思想。

哲学は人生の意義については教えてくれない。
人生の意義が出たらもう彼は思想家。


>>73じゃないけどね

92 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 04:27:18

沈沈朱煮陀




93 :まずる:2006/01/19(木) 04:46:38
とりあえず深く考えて脳を鍛える。

94 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 05:35:12
何の為って?

あはは
そんなの決まってる
俺の為にあるんだよ!



95 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 07:38:56
言葉の魅力に浸る道具

96 :ぽっくん:2006/01/19(木) 11:17:40
哲学は誰でもやってるし人生に必要なものです。

ここで戯れている人たちは哲学を勘違いしている現代思想おたくです。

97 :ぽっくん:2006/01/19(木) 13:12:27
哲学板はバカの暇つぶしのためにあります。

これは真理です。

98 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 13:24:14
だったら、少しは暇つぶしになることを書いてくれよ。

99 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 15:34:46
>>96
>哲学は誰でもやってるし人生に必要なものです。
それは哲学ではなく文学じゃないの?

100 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 16:57:52
人生哲学は哲学じゃないよん。
それでいうところの哲学は
人生観とか世界観とかいう言葉で換言できちゃう
“考えること”の象徴的な意味合いでの「哲学」。

本当に哲学しようと思ったらほとんどの人はやめちゃうわ。

101 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 17:34:16
哲学の定義とか荒れる要因だっつーの

いいじゃん、哲学も政治や倫理、科学に貢献してきたし
そういう人たちもいる事でバランスがとれるんだよ。

102 :学生:2006/01/20(金) 00:08:22
>>1
>哲学って何のためにあるの?
ってこれ哲学してる。

103 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 06:07:50

沈沈朱煮陀
沈沈朱煮陀







104 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 06:24:42
人間だからさ


105 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 07:09:15

                  _________
                  | -==-∴-==-   .::|
                  |   `-=ニ=- ' .::::::::| ヘッヘッヘ
                     \  `ニニ´  .:::::/ ヘッヘッヘ オランウータンビーツ!
                   /.∴\___/
                  (∴∵∵∵∴∵∴ \
                    \∵ _∴ _ ∵∴ ヽ
                      ̄\  ̄ \\ ∴∵ヽ
                       ヽ∴∵) ヽ∴∵|
                       丿∴./  . ヽ∴ |
                      (∵/     |∵ノ


106 :ぽっくん:2006/01/20(金) 07:35:54
哲学がソクラテスのいうようにより善く生きるための知恵を探求する学問だとするなら
すべての学問の基礎になくてはならない重要な学問だよ。
倫理・道徳というか。
それがまず無ければ科学や医学が発展してもおかしな方向に行くのはわかるでしょ?
だから哲学は役に立つどころか最も重要なの。
でもここの板の大半の人は哲学学を好むようなので確かに1のいうようにあまり役にはたたないな。
僕はそういう哲学は現代思想として区別しているけどね。
言語がどうだとか、そんなのにはまったく興味ない。

107 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 11:29:13
この糞スレたてたのおまいだろ
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1126540000/

108 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 11:53:45
自己満足

109 :凡人:2006/01/22(日) 14:59:07
>>106番ぽっくん
善いこと言いますね。
本当に、その通りなんですが、その事を理解できる人は数、少ないですね。
哲学は人類に今までに無い新しい心の未来を探求する使命を持っています。
現代の科学や医学だけに及ばず工業や金融業、その他の全てが異常な方向に走っているのは人の知能を
育てる真の倫理観や真の道徳が目前の欲望を満たす為に、それを追い求め稀薄に成っている為です。
人類史の全てを支配してきた力を崇拝する蒙昧意識社会に於いて真の人間的生き方が明らかに成ると
弱肉強食を旨とする現社会は崩壊します。
その為に学ぶ事では決して開く事のできない心の探究を哲学と命名して人間の在り方を探求する者達
を心の闇に陥れる工夫が哲学と言う二文字に施されています。

110 :考える名無しさん:2006/01/22(日) 16:55:28
凡人って色んな書き込みみるかぎり名前通り凡人だよな。

111 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 14:47:42
ある人がある議題、問題について考え、ある結論に到達したとする。
結論でなく考える過程に意味がある。私の場合、哲学を学ぶ前、学んだ後で
何が違うかと言えばそれは心である。心が健全・安定化した。このような心を常に持って
いれば世の中の役に立てるような気がする。

112 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 15:50:52
>>111
学会員乙

113 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 16:27:29
必要を感じないなら学ばなくてもいい。
学ばなくても生きていけます。
アリストテレスやニーチェ、デカルト、ラッセルなど知らなくても生きていける。

他の学問もそう。物理化学地学歴史地理知らなくても生きていける。日常生活で物理が役に立たない人なんていくらでもいるのと同じ。
興味があったから知りたいと思った。役に立つとかそんなことではない。
物理や化学が好きな人も然りだろう。
それに個人的に単に哲学って昔の偉人が言っていることを学ぶのではなく、自分の生き方に響くものだと思う。

114 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 20:35:18
哲学をしっかりやってる人って、時代の安易な流行や思潮に簡単には
流されなくなると思うけど。

115 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 21:36:12
>>113
同感ですね。哲学というのは「学ぶもの」ではないと思う。
自分のなかでどうしても折り合いをつけなければならないような問題について、
真摯に考えることが哲学だと思う(そのために先哲の書を読む)。
哲学者の書いたものを読むというだけなら、それは単なる知識にすぎない。

116 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 22:36:20
いやいや、奇弁術とは実践的なものなのだよ?

117 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 13:58:35
>>1
そんな君のためにある

118 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 14:11:10
>>116
では、実践してみていかがでしたか?
智に働けば角が立つといわれるように、
詭弁術は理屈のための理屈であり、実践的とはいえません。
(ただし、学術や法廷など理屈を争う場は別ですが)
理屈ではなく感情の機微や情に訴えて人を動かしてこそ実践的なのです。

119 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 22:26:42
>>118
詭弁術は説得術でもあるのでは?

120 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 22:29:28
下手糞な詭弁は腹が立つを通り越してあきれる。

121 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 22:35:33
「神は死んだ」を啓蒙主義的って言う奴?

122 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 23:27:32
>>119
そうです。でも説得と納得は違うよね。
理屈を理解できても、心情で従えないときがある。
現実の意見調整の場面(会議や政治など)では、
みなが一応に正しいことを言うので、それぞれに説得力があるのだけど、
そのうちのどれを選び、実行するかという点においては、
理知だけでなく情を動かす必要がある、ということです。
論理的な積み重ねは大事だけど、それがすべてではないというわけです。

123 :考える名無しさん:2006/02/07(火) 23:31:27
>>122
確かに説得と納得は違いますね。
説得されて納得するのですから。
詭弁は如何に情に訴えるか、という技術と言えませんか?
確かに正論だけを吐いているような人は人を惹きつけられないでしょう。
だからこそ、言葉の技術を用いて人を説得するのではないのですか?

124 :考える名無しさん:2006/03/03(金) 15:59:17
哲学は高度な学問です。
しろうと談義をいつまで続ける気ですか?
あなた方がここでいくら学問としての哲学を批判しても
こちらは大学の中にいる限りビクともしないわけです。
いい加減、無駄なことはやめて、
平穏な生活をエンジョイしたらどうですか。

餅は餅屋に、ね;-)

125 :ゆにこ:2006/03/04(土) 22:42:43
2チャンネルはまだ慣れてなくて 名無しさんばかりで当惑しております

どこに書いていいものかもよく分りませんが ヤフーの哲学のカテで
宣伝している ゆにこ 草馬由仁子(男)と言う者です

哲学の名前は存在性理論と申しまして下のHPにおおよそのことを書いています
大分前に書いたものなので ちょっと書き加えて読み難くなってるかも知れませんが
もしよかったら読んでみてください
多分批判されるのだろうと思いますが 今体調不良ですができる範囲で説明したいと思っています
どうかよえろしく

http://www2u.biglobe.ne.jp/~yuniko37/

であります

126 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 00:33:19
哲学の存在意義
次元を混同して
[大勢の人がある程度納得するために偉い人がつくった法則]
によって[[大勢の人]から漏れてしまった人]
が犠牲になるのを防ぐ

>>125 『慣れてない』というような低次元の言い訳に
寄っかかっている自分を正当化できるほどプライドが無い
orそれすら推察できないアフォに宣伝できれば良いのか
どちらにしろその類の香具師が哲学か('A`)

127 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 00:42:31
餅は餅屋に
駄作

128 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 00:45:43
餅屋とか批判する奴は嫉妬とか言ってる人間の脳構造がおかしいんだろ

129 :考える名無しさん:2006/03/05(日) 02:11:03
私は高度な天才です。
しろうと談義をいつまで続ける気ですか?
あなた方がここでいくら私が天才であることを否定しても
こちらは大学の中にいる限りビクともしないわけです。
いい加減、無駄なことはやめて、
平穏な生活をエンジョイしたらどうですか。


130 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2006/03/05(日) 02:17:34
中学の頃とか殴ろうが殴られようが治外法権だったなあ。

131 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 16:15:08
>>127 ネタじゃないから。

>>128 その前に文の構造がおかしいですよ。

>>129 駄作。

132 :abo-n:2006/03/06(月) 16:25:08
すいませんが、書き込みます。
哲学って僕の中では真理を知りたいから毎日取り組んでます。
考える内容は日によって違ったりしますが
だいたいは世界情勢とか、国家間で問題になってる問題とか
さまざまなんですが。
そこで大事なのは自分がどう思うべきなのか、行動すべきなのか。
考え、知ることは行動への第一歩だと思うんです。
・・・すいません、やっぱりうまく言えません。m(_)m

133 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 17:19:54
自分が自分であることがわからなくなった病人のためにある

134 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 18:22:58
哲学をすれば物の本質が分かり、
いかに人間が自分の事しか考えず、地球上で孤立しているかがわかる。

哲学的思考をもてば、人間の質が高まる。
それを社会にどう織り込むかは個人次第であり、表現方法も様々。

135 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 18:46:16
馬鹿だね
哲学というのは
言葉の組み合わせを変える操作にすぎず
本質的に新しいことは何も出てこないのだ


136 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 21:14:24
>>1
哲学の影響が見えにくいせいか何も生まないとか言う馬鹿を生むためにある

137 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 22:20:28
少しばかり哲学を学んだ人間よりも、工場現場で働く作業員の方が
本質を体得しているような気がする

138 :考える名無しさん:2006/03/06(月) 22:33:59
大人は日常的に運動しなければ食べる余裕が生まれないからな。
運動しないのに1日三食食べ続けるなら
どんどんあぼーんですから。
運動しないならせいぜい1日一食があぼーんしない限界のようだ。



139 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:24:17
134、135さんへ
哲学をしても事物の本質はわかりません。確かに書店に並んでいる解説書のは
ただの言語ゲームです。
純哲は一元論を目指しているだけの道のりに過ぎないのではないでしょうか。
ただ淡々と目指す
目的は多分、ありません。生の営みです。

140 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:35:03
>>139

哲学を知らんようだなw

141 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:38:13
そういうことを考えざるを得ない人のためにある

142 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:44:58
大学で言語学をしてました。
純哲畑は大嫌い

143 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 15:38:59
人間のオツムなんて、言葉に惑わされる程度のオツムだから、
難しい問題を解決しようとすると哲学になっちゃうんじゃない。
真理なんて言葉を創ったけどオツムがついて行かなくて、
リハビリが必要だったんじゃ。

144 :考える名無しさん:2006/03/08(水) 02:03:14
頭の弱い人が学問している気分に浸るための場を提供している。

145 :考える名無しさん:2006/03/08(水) 13:42:00
>>139
支離滅裂。>>140の言うように、哲学を理解しているのかも曖昧。

>純哲は一元論を目指しているだけの道のりに過ぎないのではないでしょうか。
>ただ淡々と目指す
目指す=目的 とは取れないだろうか?

146 :考える名無しさん:2006/03/14(火) 02:09:28
>>145


m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーめられたいのか?親親上京君w



147 :考える名無しさん:2006/03/15(水) 04:34:40
だから
       ________   
     /:.'`::::   :::::\   
    /::            \   
   /::.  ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' ::: ヽ  
   |:: ン(○),ン <、(○)<:|
蛙邊鍼憎魔璽夷羅子佐々屠嗣簾邊嗣

ってことだよ、哲学の最終結論は。


148 :サイコキラー:2006/03/16(木) 09:54:25
>>147
分かり易いヅラつけてんじゃねーよ、ハゲ。

149 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 01:48:37
就活で、面接の時に『哲学とうちの会社は何が役に立つと思いますか?』って聞かれたんだけど。
答えられなかった…orz
あんたの会社とは別もんだと思ってるから。
このような質問にはどうやって対応すべきでしょうか?

150 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 02:49:12
哲学の話はさて置き、この会社は何の役にもたってない。正直カスだ
一ヵ月、私がこの会社を一ヵ月で変えてみせます。
哲学の話はその後で、5時間程話してあげますよ?
みたいにかっこよく

151 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 02:54:01
よくわかんねーが
全体視点見につける為にあると思う
哲学オタは別格ただ知識増やしたいだけ

152 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 03:31:19
>>149
「何が役に立つかを確かめるために私を雇ってみませんか?」

153 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 03:36:57
>>1だっせ

154 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 05:12:18
>>149
「哲学は人格の養分です。
 人格は人間関係の材料です。
 人間関係は会社の力たり得ます。」
 

155 :サイコキラー:2006/03/19(日) 07:49:27
>>154
なかなかいいんじゃない?

156 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 12:36:27
いいけど、向こうにしてみたらこざかしいんじゃない?

157 :考える名無しさん:2006/03/24(金) 00:17:44
あげます

158 :考える名無しさん:2006/03/24(金) 00:44:10
       ________   
     /:.'`::::   :::::\   
    /::            \   
   /::.  ⌒''ヽ,,,)ii(,,,r'''''' ::: ヽ
   |:: ン -==-∴-==- < |
蛙邊鍼憎魔璽夷羅子佐々屠嗣簾邊嗣
   |:: ン -==-∴-==- < |
   |:: ン -==-∴-==- < |
  ,;';;;;;_-=・=-;;;;; -=・=-彡;;;;;ヽ、
 ./;;;;;;;;;;;;;;;;;"ー=〓=-'`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヘ
 l;;;;;;;;;;;;;'   ~''''''''''~    ';;;;;;;;;l



159 :考える名無しさん:2006/03/24(金) 01:15:50
哲学っていろんな分野に通じている。
と、全く無学の俺は考えた。
だが、今や人類はあらゆる疑問等を克服する為に、解決する為に、改善する為に、
その度にあらゆる学問を構築してきた。
もうそろそろ、哲学は要らない気がしてきた。
だって、問題提起をするまでは哲学って思えるけど、哲学ってその後は無力だし。(哲学オンリーじゃ無力過ぎて何の解決も見い出せないかと…)
それで、俺は考えた。(笑)
そろそろ、「哲学」なんて堅い名前はやめた方がいいんジャマイカ?と
原点回帰学とか、∞学とかに改名した方がいいんジャマイカ?

160 :考える名無しさん:2006/03/24(金) 02:17:56
杜玖椀学

161 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 11:24:29
151あたりが妥当かな

162 :考える名無しさん:2006/04/02(日) 08:15:53
>>135に一票

163 :考える名無しさん:2006/04/03(月) 01:34:27
鷲も同意。

164 :考える名無しさん:2006/04/27(木) 13:26:19
age

165 :考える名無しさん:2006/04/27(木) 23:25:48
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんプッ
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


166 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 13:50:49
>>1
お・な・に・−

167 :自己顕示欲 ◆P7qYv2J8CU :2006/04/30(日) 19:32:45
暇つぶしのためにあるべきだ

168 :考える名無しさん:2006/05/01(月) 20:50:12
基本的に社会生活には必要ないよね。
哲学なんかしないほうが幸せになれるし
哲学しなきゃ生きていけない人だけがすればいいとおもふ

169 :考える名無しさん:2006/05/01(月) 21:03:43

人類文明の指針として
哲学は必要ですがなにか?

サルのように暮らしたい方々には
哲学は無用かもしれませんが。


170 :& ◆QWv3R1XL8M :2006/05/01(月) 21:57:12
英語の「学」はScholarですがギリシア語のScholarの語源は「暇」。
学問は理系だろうが文系だろうが暇人(学者)の趣味でやるのが王道。
金になる研究は企業に、役に立つ研究は政府機関に任せておけばいい。
哲学が「おもしろい」で十分。

171 :国際プロレタリア大学有志:2006/05/02(火) 21:32:05
哲学は無意識に誰でもしている行為。
今の社会を作り上げて来たのも哲学。宗教も哲学。


172 :考える名無しさん:2006/05/02(火) 21:43:18
哲学=文明から脱落した人間の自己正当化のための最後の手段
だから哲学の仕事は理屈をこねて文明を批判することでしかない。
やれやれ。


173 :考える名無しさん:2006/05/02(火) 22:03:49
今時、自然に帰れなんて言ってる人はいないよ。

174 :考える名無しさん:2006/05/02(火) 23:38:08
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんプッ
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんプッ
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんプッ
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんプッ
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


175 :名無しクオリティ:2006/05/03(水) 03:52:30
哲学…その意義は物理学など一般の学問の意義とは少々違う

良い表現は見つからないが…彼らが具象を材として物を見れば、哲学の徒は抽象をさまよう


立つ位置が違う


様々な分野の研究者を尊敬している
まぁ、哲学の意義が理解されないのは、哲学の徒の怠慢であるがな

176 :考える名無しさん:2006/05/03(水) 04:24:12
人それぞれ考えが違うもんです。

その延長

177 :考える名無しさん:2006/05/05(金) 04:25:00
「諸学の根源は哲学にあり」と教えられました。
世界観・価値観等人間をアウフーベンしていくのが哲学です。
まずは哲学の入門書を読んだらいい。
俺は高校時代からホッベマやヤスパース・ニーチェ位はよんだ。勿論マルクスも。
否定する前に一度肯定する。そして再度否定してみる。そこからはじまるよ。
囲碁と同じようで奥が深い。知的好奇心がなければやめた方がいい。




178 :考える名無しさん:2006/05/06(土) 05:31:55
>>1
何のためかなんて関係ない。あえていえば「やりたいため」。
やりたい衝動に駆られてやるの。
とりあえず哲学は「哲学やりたい奴の気を済ませる」のに役立つといえる。

179 :考える名無しさん:2006/05/06(土) 16:53:24
>>1
ニートの言い訳のため。

180 :考える名無しさん:2006/05/08(月) 18:21:55
|_, )。ウ ,,。ャ .::|。。ツ遉テ、ニ、捨釈識
|屡。ュ 。。 .:::。ソ
|-。セ。セ。ス。ュ。タ
|_, )。ウ ,,。ャ .::|。。ツ遉テ、ニ、捨釈識
|屡。ュ 。。 .:::。ソ
|-。セ。セ。ス。ュ。タ
|_, )。ウ ,,。ャ .::|。。ツ遉テ、ニ、捨釈識
|屡。ュ 。。 .:::。ソ
|-。セ。セ。ス。ュ。タ
|_, )。ウ ,,。ャ .::|。。ツ遉テ、ニ、捨釈識
|屡。ュ 。。 .:::。ソ
|-。セ。セ。ス。ュ。タ


181 :考える名無しさん:2006/05/08(月) 20:46:41
科学の先端で哲学が行われる



182 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 00:49:41
結局なにがしたいかわからない

もう十分だろ

〜〜主義がどうたらとか〜〜論がどうたらとか
いちいち細分化する理由がわからない
〜〜主義が出来たところでどうなるわけ?
誰々は○○に該当するとかいってもあくまで傾向なわけでしょ

奴隷の時代は終わったから早く目を覚まして欲しいと思う

183 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 01:16:25
お前は森羅万象を説明できるのか?
日々の暮しの中で悩み苦しみを感じることはないのか?
己という一個の命と人生は果たしてどこに向かっていくのか知っているのか?

何も理解せぬまま感情の赴くままに堂々巡りをする愚行に目が覚めた徒が
哲学の道へと入るのだ
森羅万象の未知に挑戦し人生に克つために


184 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 01:49:52
堂々巡りをする愚行に目が覚めた徒が堂々巡りの愚考を繰り返す
それが森羅万象にいたるわけだw

思考だけが行く先じゃないと思う
科学の先に森羅万象が見つかったってこともあり得ますよね

そこに哲学が加わるかもしれないけどそれはあくまで科学的な証明であって
不毛な哲学とは次元が違うと思えたんですが

185 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 02:43:51
人の悩み苦しみが科学の力によって解明されなくなるとしたら
それは人の脳に手を加えるかのような科学の支配に他ならない
言葉は脆く移ろい易いものだがその言葉によって問いが立てられたという
現実を考えれば言葉にしか望みがない自ずと分かるもの
森羅万象や悩み苦しみが言葉である以上そこに到達できるのもまた言葉である

186 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 03:03:54
私自身言葉遊びは好きです、それを否定するつもりはありません
でもそれを他人に押し付ける勇気はありません

あなたの言う森羅万象や苦しみ悩みが言葉で解決するとして
それを体系化し一冊の本にしたとする
その本は貴方の言葉や思想の塊でありエゴあり他人には到底理解及ばない

先人の哲学者たちは哲学を医学や心理学の要素として使用してきただけで
それを真理めいた使い方はしてきてないと思います

脳内の出来事を真理と他人に語るのは私にはおこがましくて到底真似が出来ません



187 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 04:13:42
それなら黙っていたまえ

188 :考える名無しさん:2006/05/10(水) 05:07:50
哲学でメシを食う人以外は教養程度に歴史だけ勉強していけばいい
はず。科学や政治や芸術に対して上からものを言うような態度だから、
哲学って凄い偉いもんだと子供は錯覚してしまう。
しかし、ものごとを抽象化して見下ろすような態度が身に染み付いて
しまうと人格形成上まずい。

189 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 01:24:58
哲学 やっぱりつまらない
暇つぶし程度のもの

190 :名無しクオリティ:2006/05/12(金) 03:25:13
どれだけにできるかは自分次第

力量に比例する

191 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 08:01:42
>>188
錯覚するのは少数派だよ、とっくの昔から

192 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 10:02:58
気づいたら在ったの

193 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 10:21:31
この物質文明華やかなりし現代に
哲学なんぞに心惹かれるのは
頭のいいバカの証拠。

194 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 11:58:22
人は言い訳を求めるものなのかもしれず。

例外なく非効率な存在たちではあるが。

195 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 14:15:12
初めてこの哲学板に来たが、色んなスレ読んでたら頭痛くなってきた
自分には考えること向いてないわ

196 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 23:48:13
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんじゃねーぞこら
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


197 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 01:08:55
大ってるのか?

198 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 10:31:54
>>195
健康です。
もうこんな病棟に来ちゃだめだお。

199 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 16:13:26
今生きる事にたいして疑問をもてば考えてもいいが、今が充実していてこのような分野を考える必要がなければそれでよし。
人間はさまざまな事柄を取捨選択していくわけだから無理はよくないですよ。

200 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 16:49:11
自分の世界観・価値観を言語的に客観化する
もって吟味し自己批判を遂行する
そしてより良い世界観・価値観を得る
より良く「生きる」ために

201 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 01:21:45
なに言ってるかわかんねーんだよ

202 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 02:03:08
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんじゃねーぞこら
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


203 :P:2006/05/14(日) 11:06:03
>1

「哲学って何のためにあるの?」っていうようなものを「考え」とか、総称して「哲学」って
いうようになったんじゃないの? あなたの疑問が何のためあるか私も判らないけど、
疑問がある以上、哲学ってのは在り続けるかもしれませんね。
あと、社会が法律を必要とするのであれば、その基盤となってるのは哲学的な取り決めかも。

204 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 11:12:34
哲学がないと困る。ヒトのジレンマさ。
現代思想はもはやカオスとしてでも必要不可欠なのさ。
ソレはヒトのリミットを知るためでもある。

逆立ちしてもヒトが神様に慣れないように神様が決めたのさ。
神の不在によるアイロニーとしての人間的実践。これこそが思想と言うわけです。

205 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 16:42:55
読んでてものを考えたりするのが面白い。
けどやっぱ就職したらめちゃめちゃ哲学書の類には縁遠くなった。
あと普段はアホなふりしててアホギャル女にこういう本読んでる、と見せると
効果的な場合がある。キョトーン…てなる場合も多いけど。

本当の哲学プロパーとか哲学以外でも人文科学を真剣に学んでる人、
院生レベルの人がどういう感じなのかはよくわからん。

206 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 17:10:06
俺のためにある。


207 :考える名無しさん:2006/05/16(火) 00:32:29
でも結局いちばん良かったのはウッチー。
ますますいい具合に熟れてきたね。

いちばんギャグなのはTBSの関西漫才。相川翔とかに喋らせて、
よわっちい相手に合法的八百長、おまけに昔の女子プロまがいに歌まで歌って
馬鹿もほどほどにしろwwwwwwwwwwwwwwww



208 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 03:42:48
ucchi-

209 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 11:12:29
哲学する人って尊大な方々多いですね

      ○⌒\       
      ミ'""""'ミ.      
    /( ´・ω・)      おつ
   //\ ̄ ̄旦~     
  // ※ \___\   
 \\※ ※ ※ ※ ※ヽ  
   \`ー──────ヽ
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

210 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 15:57:55
http://vista.o0o0.jp/img/vi4767000833.jpg
この写真を語る時なんかは哲学抜きでは無理だと思う

211 :SFは楽しい哲学:2006/05/26(金) 00:29:51
とあるSF小説の中で知能を持ったコンピュータが突然神という概念をもったそうな。
つまり知能がある領域までいくと神という存在なしに自己存在を確立出来なくなっていく。
確かに神は便利な概念だ。いるいないは別にして。

212 :考える名無しさん:2006/05/26(金) 13:20:08
具体例なし

213 :考える名無しさん:2006/05/27(土) 08:43:01
哲学が何故あるか?

そりゃ、何の才覚も無く、面白味の欠片も無い、超利己的かつプライドが高い、
そりゃ他人から相手にされないわ人間が、自殺せずに生きていくには・・・哲学しか無いだろ。

*会社に派遣で入ってくる、哲学思考な香具師の特徴*

仕事は満足に出来ねー、性格悪い、実は頭悪い、自己中心的で嫌われる。
普段から言動が可笑しいw
忍耐力や集中力が無い。根性も体力も無い。未練がましく言い訳がましい。
しつこい。粘着系。ナルシスト。
キモイ外見に女の腐ったような性格。本当に情けない。
仕事に付いていけず辞めていく。何処に逝っても通用しない。

214 :213:2006/05/27(土) 08:46:35
言い忘れてた。

やっぱ彼女いねー。
でも既婚者は一人いたな。


215 :考える名無しさん:2006/05/27(土) 08:56:21
やたらとスケールのでかい現実離れした思考ばっかりしてるのって
なんかちょっと違うって気がするの
わかりもしない学問を都合良くもってきて正当化しようとするのも
なんかちょっと違うって気がするの


216 :考える名無しさん:2006/05/27(土) 08:58:04
神が君に対して予言のことばを与えられたことがあるとでもいうのかね。

217 :考える名無しさん:2006/05/27(土) 09:02:27
神ねえ。何を言っているんだろうね

218 :213:2006/05/27(土) 09:09:07
>>217
な?
言動可笑しいだろw

219 :考える名無しさん:2006/05/27(土) 09:11:46
>>218
主語は何よ

220 :考える名無しさん:2006/05/29(月) 09:40:04
ttp://powers-jk.ddo.jp/~powers/cgi-bin/cbbs/file/0505a.jpg

221 :考える名無しさん:2006/05/29(月) 13:14:31
世の中にバラバラに散らばっているものから自分なりの世界観を構築していくのは
それなりに楽しい作業ではある。

222 :考える名無しさん:2006/05/29(月) 16:33:41
>>213
まさしく俺だ
でも空手部だったので
体力はあった
乗り遅れて去っていったバスを
次の停留所まで走って追跡し無事乗れた経験もある
いまは、あのときほど体力ないから無理だけど

223 :考える名無しさん:2006/05/29(月) 17:12:41
「哲学って何のためにあるの?」…
「人がよりよく生きるのには、どうすればいいのか?」は現在では「倫理学」
と呼ばれています。昔は哲学者も扱っていましたが、現在では必ずしも哲学が
存在しなければいけない理由ではありません。
「人生に何の意味があるの?」は現在では「人生論」と呼ばれています。学問的に
これを研究している人や機関はほとんど無いでしょう。これも現在の哲学の存在理由では
ありません。

昔の哲学者たちが扱った問題で、現在でも未解決、もしくは議論の余地が
ありそうなものが、哲学って何のためにあるの?の答えだと思います。
幾つか挙げます。
・目の前に「机」があります。この机が「どのように成り立っているのかな?」
を究明するのが「科学」です。それとは別に、「机が「ある」ってどういうことなの?」
を究明するのが、哲学の仕事です。「存在論」と呼ばれています。
・人がものを、周りの世界を、この世界を「認識する」ってどういうメカニズムで
成り立ってるの?現在では脳科学などにその席を譲りつつあり、古めかしいですが
「認識論」と呼ばれる哲学です。これは科学的に解明できそうに見えますが、
次に挙げる点から、まだ哲学上の議論は残されてます。
(というか次の点に「変奏」されて現れます)
・同じ実験を1000回繰り返して、同じ結果が1000回得られたからといって、
それを「一般的法則」つまり「真理」と見なしていいの?1001回目には違う
結果が出ない、ってなぜ断言できるの?
合理的な推論規則に則って論理を展開し、整合性がとれている証明ならば
それを「真理」とみなしていいの?将来それを覆すデータが現れたりする
可能性はないとなんで言えるの?
これらは「科学的真理の基礎付け」に関わる問題です。これを扱うのも哲学の
仕事です。現在では、論理的に整合性のとれている仮説ならば、反証データ
が現れない限り、暫定的に真理とみなす、とか決着されてますが、まだ議論の
余地はありそうです。
乱暴ですみません。長くなったのでこれでやめます。とりあえず哲学は立派な
「学問」です。


224 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 01:21:06
訳の分からない気取りで、わざと難解そうな文章を書く人はどうせみんなから捨てられる。
このことは、肝に銘じておいたほうがよい。
日本の知識業界は、長く1920年代からの、昭和初期の新カント学派と呼ばれる、
「ドイツ哲学の学者達」の悪弊に始まって、やたらと難解な文章を書くことが、
偉い事だとだという巨大な思い違いをしている。この病気は今でもなかなか治らない。
本当は自分の頭が良く無いだけのくせに、やたらと、象徴語と、
ドイツ式観念語(本当は禅用語を無理やり当てはめただけ。観念とか本質とか根本とか意識とか。500語)
を使いたがる読んでいる方はいやになる。
こんな下手な誰も説得できないような文章を、苦しみながら書いてるとあとあと大変だろうな。
どうせ誰も読んで分かることは無いのだから。当たり前のことを、はっきりと書くことができない。
やたらとこねくり回してそれが「するどい批評になっていなければいけないと、勝手に思い込む。

http://www.soejima.to/ 副島隆彦の学問道場
http://geopoli.exblog.jp/地政学を英国で学ぶ
http://www.soejimatakahiko.net/nlm/ リバータリアニズム研究のサイトです。
http://www5.plala.or.jp/kabusiki/株式日記と経済展望
http://www.aynrand2001japan.com/index1.html アイン・ランド研究会

225 :考える名無しさん:2006/05/30(火) 01:32:21
何かイヤなことでもあったの?

226 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 04:24:37
>>225
なにかいやなことでもあったの?

227 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 05:14:48
立ちションについて学問的に議論するためらしいよ。

228 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:22:13
あたりまえだ

229 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 08:03:02
876 :考える名無しさん :2006/05/31(水) 03:19:41
女はトイレについていくまではできる。だが、立ちションができない。
もし敢行したとしても既に連れションでなくなっている。
決して、連れションができない女。
女が連れションしたきゃ、女同士が集まって座りション集会でもすればいい。
だが、女の集会はたいてい井戸端会議止まり。
苦情の言い合い、悩み相談、ゴシップ、誹謗中傷、罵り合い・・・程度。


230 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 14:22:04

141 :基地害フマさんこれが新ネタかい?(藁:2006/06/02(金) 14:07:43
名前:こんな奴になるよ(藁[] 投稿日:2006/06/02(金) 12:30:02
            _____
          ,r'"        `ヽ
         !" ______   `i
        .! .ノ/     ヽ:\   i
        |. |-(●)――(●)‐|  |
        ゝ|   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .:|  !
       .   |   `-=ニ=- ' .::::::l. i     プッ笑止
          \  `ニニ´  .:::::/‐'     総ての芸術は劣化コピーに過ぎないのだよ
        /:::\____/:::\    ねえしずちゃん
        //,',';;  ノ´ ̄ ̄ !, ',',;;::',',゙i
       ./,',',';;" //      \ ',',',;;,'i
       .i 、  /        ヽ ',;::'、|
       .|   〈          ヽ''  {


231 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 03:42:48
哲学って、恐怖を取り除く為にあるんでしょ?
物理的以外の恐怖は、未知から生まれる。原始時代には自然災害が恐怖だっように。
その未知の恐怖に、哲学的に答えを探し、未知ではなくす事で恐怖から開放される。
もし哲学的思考がなかったら、全ての人間が引きこもりになってしまう。

232 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 04:22:22
>>876は既知害だなw

233 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 04:36:11
>>231
それはどちらかと言えば「宗教」では?
哲学的思考がなくても動物は引きこもってない。

234 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 05:38:28
役にたつことが正しいかどうかという根本的な問題が抜け落ちてるな。

これをきちんとしないと役にたつことがいいとはいえなくなる。

例えば役にたつことが必ずしも正しいとはいえないとなると役にたつことはやめた方がいいということになる。

そしてこの世には役にたつことが必ずしも正しいとはいえないというようなことがたくさんある。

例えば戦争になると小銃より機関銃の方が役に立つ。しかし、機関銃でより多くの人間を殺すことがはたして正しいといえるのか。

このように役に立つということ自体はいつも正しいとはいえない。

そして、この役に立つとはどういうことなのか、正しいとはどういうことなのかを考えるのが哲学の仕事なのだ。


235 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:17:28
利益を心理効果と物理効果に分けて考えよう。

236 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 15:12:29
馬鹿が解決図ろうとしてはまるのが哲学

237 :考える名無しさん:2006/07/08(土) 13:14:27
>>233
どちらかといえばということは哲学にもその効果はあるというわけだ

238 :考える名無しさん:2006/07/08(土) 23:59:56
>>234
>15センチの線を引きたい。現在、私のところには10センチの定規と30センチの定規がある。
30センチの定規で引いた方が綺麗に書けるし、更には20センチや25センチの線まで書けてしまう。
確かに、10センチの定規でも書けないことはないが、きちんと綺麗に正確に書けない。
この場合、30センチの定規の方が役に立つ。


これ、どう思う?

239 :考える名無しさん:2006/07/17(月) 14:27:40
30mの巻き尺(智恵)を持てば大丈夫。

240 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 16:29:56
哲学は蒙昧意識に捕らわれ隠された人間の知能を復活させ、平和な人類社会を構築する為に有ります。
その方法は哲の文字が示す様に道理にあかるく成る事を心がければ良いのです。
多くの書物を読み知識を集めても智恵は産みだされません。
智恵を産みだす母体は知能ですので道理にあかるく成る事を心がけて真の哲学の道を極め人生に活用して下さい。
この事が事実で有るのか?確かめるには辞書で智恵を索引して下されば分かります。


241 :考える名無しさん:2006/07/18(火) 16:37:14
やー凡人さん>>240

242 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 08:42:13
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんじゃねーぞこら
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


243 :考える名無しさん:2006/08/05(土) 09:03:28
>1
科学を生み出すためにあるはずなんだけど。
でももう十分です。新しい科学を生み出すことは無いでしょう。

244 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 22:49:25
243-1
哲学は諸学の源と言われますが諸学とは学問のみ、では無く、人間性を確立する為に有ります。
ご覧の様に哲学の道を開かず人間性を見いだせぬ儘に、自我、自欲で発明や発見が成され進歩したのが貴方の心配している科学なのです。
ですから哲学は人の乱した社会を正しく導く為に、哲学の正しい道を見つけだす事が早急に必要なのです。




245 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 23:20:14
哲学は釣りだよ

246 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 01:59:03
|
|__/ヽ
|'''''':::::::: \
|_, )ヽ ,,゜ .::| 大ってんじゃねーぞこら
|ニ´   .:::/
|-‐‐―´\


247 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 19:07:12

↓こういう馬鹿を釣るためにあるのかな


656 名前:考える名無しさん :2006/08/09(水) 15:15:12
( ´,_ゝ`)DJ板とかなにそれwwwwwwww
どうでもいいがそこで厨房に絡んだものの見事に惨敗してどこかで憂さ晴らししたいだけの馬鹿は
ひょったら馬鹿の二の舞にならないことだねw
ここでも無様に負けて自殺なんてことになるからwwwwwwwww
夏は死体が腐るのも早いから大変だぁm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ




248 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 20:36:34
自分を見つめる為にあるのだと思う

249 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 20:51:35
みんな何となくは思っているがうまく表現できないような考えや疑問を
表現する言語を作る営みとしての哲学ってのもあると思うが。

250 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 20:54:57
媒介としての概念を、機能障害から倫理性にまで高めるためにあるんでない。
そのなかで他者と自己の機能を哲学として知る、というか

251 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 15:15:46
書いたスレがどっか行ちゃって トホホ なんか哲学とは森羅万象を考えるんですね。
後は、ひま潰しですね。

252 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 00:14:20
ぷぎゃおの観察

253 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 18:52:43
あくまで現在の話だが

頭が悪い奴が学問してる気分に浸るための道具

254 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 21:28:17
よく言われてる「自己を見つめる」とか「自分探し」
とかいう意味がサッパリわかりません。自分の事なのに、なんだか他人事みたいな言い方だし。

255 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 22:01:43
第一次反抗期のこと

普通の人は小学校入学前に済ませるから気にしなくてよい

256 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 23:43:18
>>1
「日本では、哲学というと、たいていの場合、とくに西洋哲学の諸思想の紹介や研究のことを指して言うことが多い。
けれども、哲学とは本来そうしたものではなく、現代を生きる私たちが、身近な現実の諸問題と向き合って、そこから、いかに人間的な生き方の道筋を立てていったらいいのかを、よく考え直すことになると言わなければならない。
そうしてこそ初めて、私たちは、生きた私たち自身の哲学を形成してゆくことが可能になるのである。
むろん、そのときには、伝承されてきた過去や現在の東西の哲学思想の有意義な視座や成果が、十分に生かし返されなければならない。
私たちは、豊かな歴史的伝承を継承発展させることのうちでこそ、私たち自身の哲学上の立場も本当に確立することができるからである。」
渡邊二郎・東京大学名誉教授・放送大学名誉教授 『現代人のための哲学』
http://www.bk1.co.jp/product/2587943

257 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 19:37:44
>>254
オレも同じことを思ってた。
30過ぎて、このことかと実感出来た。
それのどっちが偉いとかの話じゃない。

気付いてしまったからには求めるだろ、人は。
オレにとっては哲学とはそういうこと。

258 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 21:16:22
他人を卑下する武器として哲学は強力すぎる。
同時に役立たずの学問として常に非難される側にある。

だが少なくとも理論武装して自己の正当性を示すためのものではない。

259 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 23:40:16
我国では、頭が悪い人間の悪あがきの道具と化しています。

260 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 23:41:42
哲学ってのは疑問を発すること。

261 :考える名無しさん:2006/08/15(火) 23:58:05
ではあるが、適切な疑問を発するのは難しい。
日本ではそこをわきまえない低能がなぜか哲学に群がってしまう。


262 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 00:03:59
適切な疑問であるかどうかをも吟味するのが哲学。

263 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 00:08:02
そう。だが、日本では自分の意見だけは吟味の必要がないという不思議な意見の持ち主が多い。


264 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 00:10:33
吟味の必要がないということは自分の意見は大した問題提起ではないということを認めているようなもの。

265 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 00:41:07
なるほど。
でもそう思ってない御仁が多いですよ、我国の哲学業界では。

266 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 00:52:39
やっぱり、学生が自分の率直な意見や疑問を述べて議論しあう機会が
少な過ぎるんだと思う。そういう機会があれば、自分や他の学生の考えが
どの程度のものなのか分かってくるはず。自分の考えを表現する機会が
不十分だと、根拠なく自分がすごいことを考えているかのうような錯覚に
陥ってしまいやすい。

267 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 03:50:43
勢古ヲタ必死だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

268 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 03:57:20
安っぽいプライドを傷つけられて憤慨している思想オタクが何人かおりますね。
キモッ。

269 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 21:46:13
>>266
錯覚であるということが錯覚かもしれないと疑うのも哲学

270 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 21:51:20
 哲学を実世界に多少結びつけるための疑問
中国はもう昔のことであるのになぜ靖国問題を問題にしつづけるのだろうか

昔のいやな思い出を思い出すそれだけの理由であるだろうか

271 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 21:53:07
もうひとつ 世界のテロリストはなぜ米英にあれほど反抗するのだろうか


272 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 22:27:18
似非学問といわざるを得ない

273 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 23:03:41
>>270-271
哲学となんの関係が?

274 :考える名無しさん:2006/08/17(木) 03:52:22
>>273
わからないのかね?

275 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 01:07:41
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○
このレスをみたあなたは・・・3日から7日に
ラッキーなことが起きるでしょう。片思いの人と両思いになったり
成績や順位が上ったりetc...でもこのレスをコピペして別々のスレに
5個貼り付けてください。貼り付けなかったら今あなたが1番起きて
ほしくないことが起きてしまうでしょう。
コピペするかしないかはあなた次第...
○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○。・。○

276 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 03:31:22
学問をしている、という満足感を与える社会装置としての「哲学」

277 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 05:11:23
宗教的な言葉の安心感の為かな

278 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 05:47:52
科学の総まとめとしてかな。人生における宗教ではなく科学版宗教ってところか。

279 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 05:52:32
悩んでいる状態を他人から「怠け者め働け」、と言われないための砦が哲学

別に否定的な意図はない

280 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 06:54:25
・色んな視点・立場を探す・考える、考え方そのものを考えるため 学問の監視・整理・触媒機能も

・多様過ぎる「緒論・諸説」をとりあえず放り込んでおく器→哲学

・同意>>278


諸学と哲学(的思索)の血縁関係については「幸運な偶然」にも注意して観たいすね

281 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 18:22:53
普遍的な客観性とは、その言葉の定義から、
明らかに量子弁証法によってのみ追求可能なのである。

西洋思想が今いる場所は仏教・儒教が2000年前に通過した場所だ。
仏教・儒教の伝統を捨てて西洋思想に傾倒した軽佻浮薄な連中は
バカにされて当然。

日本の自然科学者の中には仏教・儒教などの東洋思想への造詣が
深い者が少なくない。また、欧米の哲学者・科学者が東洋思想に注目し始めて
既に100年以上たつというのに、未だに西洋思想の受け売りをする人は
学問の大きな流れを見る目が無い。東洋思想を学ぶ企業経営者は多いが、
西洋思想は完全に無視されている。東洋思想よりも格段に劣っていることが
素人の目にも明らかだからだ。

数学や理論物理は教科書を読めば誰だってロジックを理解できる。でも、直観が
働くレベルまでイメージを膨らませて理解するには、並外れた修練が必要だし、
そのレベルまで理解しないと研究を始められない。高校から大学、修士までは
大天才と呼ばれていても、研究レベルでは雑魚扱いされるし、その多くが
崩れ去っていくのが数学と理論物理。

量子弁証法は少なくともこれらを赤子の手をひねるように扱える人間だけが
正しく理解し運用できるもの。


282 :wisteria-1 ◆3MvUSsmnEU :2006/08/18(金) 18:26:20
「人間」という概念を措定できると仮定し、その領域とは何かを追求することが、哲学。

283 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 19:14:13
曖昧なこと言って延命したがるのも哲学

284 :考える名無しさん:2006/08/18(金) 19:15:55
そうかもしれないが、別にいいじゃないか。

285 :考える名無しさん:2006/08/20(日) 00:31:46
堵虞慧螺轡簸も読まずに哲学を語る奴は痛いなぁ

286 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 21:17:08
シッタ・カブール・ターメ

287 :考える名無しさん:2006/08/21(月) 21:25:56
堵虞慧螺轡簸も読まずに哲学を語る奴は痛いなぁ

とか言ってるやつは痛いなぁ。


288 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 09:31:18
↑この手のレスの面白さはどこにあるの?

289 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 09:34:57
人間存在の根源的意味を突き止めそこからの真の解放を目指す。それが哲学の存在理由である。

290 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 23:14:05
>>288
勢古ヲタ必死だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwww勢古ヲタ必死だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwww勢古ヲタ必死だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


291 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 06:04:23
どっちがw

292 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 06:16:34
あと30年しかもたんような組織と争う気はないが本当のことわかるな。知り合いに不信感を抱かせたり傷つけたりしたら殺すぞ

293 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 07:09:51
人間があらゆることに疑問を持つことが哲学なわけだから、
「何の為にある」ではなく、「必然」であり、
その存在理由云々ではない。
と思ってるのは俺だけなんだろうか。


294 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 07:13:54
疑問を持つだけなら赤ちゃんでもできるお!

295 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 07:39:43
赤ちゃんも哲学に近いことをしていると言う事だろう。
例え深くなくとも。

296 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 07:42:48
赤ちゃんも哲学者だったのか!?

哲学科の連中の幼児性を見事に説明した>>295に脱帽!!

297 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 15:33:36
これから哲学とは何かを考えようと思います。
その前に、生きる意味について考えようと思います。

298 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 17:34:32


299 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 17:56:09
死んでわびろ

300 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 18:30:45
哲学者っていう言葉の境は知らないけど、哲学に近いことはしている。とは思う。

301 :考える名無しさん:2006/08/28(月) 06:35:13
>>297
まさに哲学。

302 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 05:49:15
なにかのために存在しなきゃならないようじゃだめですよ

303 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 04:03:40
じゃあもう駄目かもね。

304 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 21:28:21
哲学が存在するのは結果であって別に何のためにも存在しない。
強いて言うなら哲学をする人達のために存在してる

305 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 22:15:58
危篤権益だなwww

306 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 22:21:30
哲学は、哲学っぽい文章を書いてお金をもらうためにあるんだよ。

307 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 00:03:07
>>306
言うは易し

だが実践できておるのは鷲を含めてそう多くはないぞな

308 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 13:33:39
はたしてそうかな?

309 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 19:19:24
哲学のことを知りたければ広辞苑で哲を索引すれば道理にあかるいこと、と記して有りますよ。
ですから哲学は道理にあかるく成ることで育つ知能が智恵を産みだし諸学の源とする、ことを指します。
頭の有効な使い方を指し示しているのが哲学です。
智恵は智の恵みですので智を索引すれば「ものごとを理解し、是非、善悪を弁別する心の作用」と記されています。
「 」の心を備えてない人は智の恵みの受けられない智恵のない人と言うことですね。
また「 」の心を会得せずに、哲学って何のためにあるの?なんて考えても答えはでませんよ。
そして「 」の心を会得してない人のことを無知蒙昧と言いますが皆さんは大丈夫ですか?

310 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 19:20:24
はいはい。。。

311 :wwwwwwwwww:2006/09/02(土) 06:29:01
安倍のブレーン
http://www.asahi.com/paper/politics.html

◆国家観、歴史観に関する安倍氏の人脈

●論壇
 伊藤哲夫(日本政策研究センター所長)
 中西輝政(京大教授)
 岡崎久彦(外交評論家)
 八木秀次(高崎経済大教授)
 古川薫(作家)

●日本の前途と歴史教育を考える議員の会
 中川昭一(農水相)
 下村博文(衆)
 古屋圭司(衆)
 山谷えり子(参)

●平和を願い真の国益を考え靖国参拝を支持する若手国会議員の会(平和靖国議連)
 高市早苗(衆)

●伝統と創造の会
 稲田朋美(衆)


プギョワロシwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


312 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 23:13:26
>310
返事は一度

313 :考える名無しさん:2006/09/18(月) 23:38:09
それが真理だから。

314 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 01:34:49
馬鹿な人間を釣るためにあるんだよ。

315 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 02:21:39
と、堵虞慧螺轡簸も読まずに哲学を語る奴は痛い人間がほざけるのも、哲学ならではの話さね




316 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 02:31:56
早速バカが釣れたようだなw

317 :考える名無しさん:2006/09/19(火) 08:08:45
>315
堵虞慧螺轡簸、これって宗教の呪文か?

318 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 01:37:37
>>290
>>316

安っぽいプライドを傷つけられて憤慨している思想オタクが何人かおりますね。
キモッ。


319 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 02:23:34
哲学って意味あるの?って馬鹿なスレだな。
資本主義も共産主義も元々は思想(特にキリスト教)つまり哲学から発生してんだろ。
テロも戦争も思想の問題。
哲学や宗教が関係無くて、作動しているシステムなんて、この世界にあんのか?
科学なんて元々、神の存在証明から要請されて生まれたんだぞ。


320 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 02:25:55
>319
現在の哲学の意味はほとんどないような気がする。

321 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 02:48:50
意味は無いとしても、影響はある、ってことだよ。
今の日本なんて、完全にポモ状態だろ。
価値が散乱し過ぎて、何やっても「人それぞれ」で片付けられて、誰にも認めて貰えず、皆、わかりやすくオタク化してんだろ。


322 :考える名無しさん:2006/09/20(水) 02:51:48
>資本主義も共産主義も元々は思想(特にキリスト教)つまり哲学から発生してんだろ。
実証困難、主義は思想であるとしても現象や制度は別問題

>テロも戦争も思想の問題。
単純化し過ぎ

>哲学や宗教が関係無くて、作動しているシステムなんて、この世界にあんのか?
現象としてのシステムの作動と哲学は無関係

>科学なんて元々、神の存在証明から要請されて生まれたんだぞ。
これも実証困難

323 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 08:41:15
ふっ

堵虞慧螺轡簸も読まずに哲学を語る奴は痛いな、やっぱり

324 :ぬえ:2006/09/21(木) 14:37:44
本とかに頼りすぎてる哲学徒もかなり痛いがな。

325 :ホットカルピス(;´Д`)ハアハア ◆PDG4DGZXd2 :2006/09/21(木) 16:28:26
↓ホッカルさん

     ∧_∧_     
    ( ;´Д`)  ̄"⌒ヽハァハァ      無知蒙昧なやつらに 人生の意味を説くためだ
   / ) ヽ' /    、 `、       
  γ  --‐ '      λ. ;   
  f   、   ヾ    /   )  
  !  ノヽ、._, '`"/  _,. '"   
  |   ̄`ー-`ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄/ 
 _!、__,,,, ニつ/  FMV  /
         \/____/




326 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 23:46:13
>325
>無知蒙昧なやつらに 人生の意味を説くためだ
それを言うなら、人々に知性を持たせ人類が蒙昧から離別するために哲学は有ります、と言って下さい。

327 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 06:08:11
いわゆる「ポストモダニズム」には、「体系」なるものが必然的に有してしまう権力性を
脱力/無化しようとする志向性が多かれ少なかれあるので、「体系」を構築するには至らない。
むしろ「体系」なるものが姿を現す前に意識的にそれを崩そうとする傾向がある。
すなわち必然的になんでも化してしまうのであり
最初から逃走ルートを確保してしてあるので
有象無象が戯言をかますのに適しているわけだな。

328 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

329 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 21:12:41
沈々

330 :シンカー♯:2006/09/23(土) 00:18:43
a

331 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 13:35:09
                 _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
              ,r'"           `ヽ.
             /" ::.    _ _      ヽ
             |  ::    \煤^      ゙)
             .l  ::   /;i   ∨    ∧    ,l
          /;;l  _;; /::::l       /::::',   .ヒ:::::`i
          l,:::::l "-ー:=ニ=-;::)   f';;_-=ニ=-ニ゙l:::::::::.|
           |:::::l"::::''  ',;/  .::;i,  i `''\/    r::::::::.|
          .゙l::::::l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,:::::::ノ
          ゙|_i"ヽ;:...:: :/ ゙'''=-='''´`ヽ.   /i:::::l
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|

332 :考える名無しさん:2006/09/26(火) 18:38:04
               _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
              ,r'"           `ヽ.
             /" ::.    _ _      ヽ
             |  ::    \煤^      ゙)
             .l  ::   /;i   ∨    ∧    ,l
          /;;l  _;; /::::l       /::::',   .ヒ:::::`i
   GGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGG
    l,:::::l "-ー:=ニ=-;::)   f';;_-=ニ=-ニ゙l:::::::::.|
           |:::::l"::::''  ',;/  .::;i,  i `''\/    r::::::::.|
          .゙l::::::l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,:::::::ノ
          ゙|_i"ヽ;:...:: :/ ゙'''=-='''´`ヽ.   /i:::::l
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|




333 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 01:11:08
       ____
     /⌒  ⌒\
   /( ●)  (●)\     (笑)をここ2ちゃんで使う奴いたんだなw
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ださすぎw
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
 


334 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 11:57:48
     ____
     /⌒  ⌒\
GGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGGG   /( ●)  (●)\     (笑)をここ2ちゃんで使う奴いたんだなw
  /::::::⌒(__人__)⌒::::: \   ださすぎw
  |     |r┬-|     |
  \      `ー'´     /
 



335 :考える名無しさん:2006/09/27(水) 12:06:55
>哲学って何のためにあるの?
道理にあかるいこと、を哲って言うんだよ。
だから哲学は道理にあかるく成ることが目的なんだよ。


336 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 13:02:46
いわゆる「ポストモダニズム」には、「体系」なるものが必然的に有してしまう権力性を
脱力/無化しようとする志向性が多かれ少なかれあるので、「体系」を構築するには至らない。
むしろ「体系」なるものが姿を現す前に意識的にそれを崩そうとする傾向がある。
すなわち必然的になんでも化してしまうのであり
最初から逃走ルートを確保してしてあるので
有象無象が戯言をかますのに適しているわけだな。


337 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 14:17:15
314 :考える名無しさん :2006/09/19(火) 01:34:49
馬鹿な人間を釣るためにあるんだよ。

確かにここはよく釣れると思う

338 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 16:09:38
337 :考える名無しさん :2006/09/30(土) 14:17:15
314 :考える名無しさん :2006/09/19(火) 01:34:49
>馬鹿な人間を釣るためにあるんだよ。

>確かにここはよく釣れると思う

同一人物

339 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 00:14:42
それがどうした?

340 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 12:11:44
それがどうした? ってか
話しの腰を折るだけが目的なら迷惑なんだよ


341 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 13:25:34
話しの腰を折るのが哲学の本質だろww

342 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 15:18:06
WWアホガニスタンWW

343 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 17:05:04
本来学問って趣味じゃなかったっけ

344 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 01:26:34
話しの腰を折るのが哲学の本質だろww


345 :↓この手の馬鹿をからかうため?:2006/11/03(金) 09:03:19
( ´,_ゝ`)自分でクソゴミになって資源の無駄となったわけだm9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
そして二つ下でまたもやクソゴミ投下wwwwww
自虐趣味でもあんのか?おまえw
しかも>>732-734なんておまえのレスだろwwwwwwwwwww

唐突に北朝鮮にあてつけがましいことほざいて
「まともななこと」でもほざいたつもりになっってんじゃねぇぞ?豚w
そういうのを「脳内転換反論」って言うんだよwwwwww
「相手が言ったこと」を脳内で捏造し、それに反論して言い勝ったつもりになる・・・
俗に言う「話のすり替え」ってやつだわwwwwwww
キチガイの脳内世界垂れ流しでも「話のすり替え」で済まされるネットの世界m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
キチガイのオナニープレイスですなぁw




346 :こだわっているようだなw:2006/11/18(土) 03:20:54

193 名前:考える名無しさん :2006/11/17(金) 23:35:18
知的ルサンチマンに苛まれている不貞腐れたバカボンパパみたいなルックスの
初老リーマンが書き殴った酔っぱらいの戯言のごとき「思想批判」を鵜呑みにして
哲学板でバカにされ発狂した人間が必死の思いで立てた「批判者ウォッチスレ」が
こともなげに削除されてるね。


347 :THE グル:2006/11/19(日) 00:24:21

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。



348 :考える名無しさん:2006/11/19(日) 02:30:48

安っぽいプライドを傷つけられて憤慨している思想オタクが何人かおりますね。
キモッ。



349 :凍てつく波動:2006/11/19(日) 02:40:36
論理的に整理してくれるってのはよくいうわな

350 :↓この手の馬鹿をからかうためだろ:2006/11/19(日) 16:29:47

330 名前:考える名無しさん :2006/11/19(日) 16:10:04
>>324
( ´,_ゝ`)どうしても自演とみとめたくないようだが、
プギャオが書き込んでいないのに救急隊員Aが名無しで大暴れしている件についてよく考えてみようw
つまり、このスレは、ぷぎゃお様以外には荒らせない「良スレ」だということだwwwwwww
m9。゚(゚^Д^゚)゚。プギャーーーッハッハーヒャヒャヒャヒャヒャヒャ



331 名前:考える名無しさん :2006/11/19(日) 16:22:36
必死に改変コピペしてその都度の抵抗にしているようだが、
>( ´,_ゝ`)どうしても自演とみとめたくないようだが、
>プギャオが書き込んでいないのに救急隊員Aが名無しで大暴れしている件についてよく考えてみようw
これが痛いwwwwwww意味わかって改変してるのかwwwwww
はいwwww自演と認めますwすべて救急隊員Aの自演ですwwwwwww
よく考えましたwwwwwww




351 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 05:35:49

                 _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
              ,r'"             `ヽ.
             /" ::.   _    _      ヽ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\    そうかな?
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|

352 :考える名無しさん:2006/11/20(月) 08:08:17
http://www.tokyo-doken.or.jp/

353 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 01:17:55
自己満足だろ。オナニーだ
たいして内容のない事を回りくどく言って難解にする。
そして自分は頭がいいんだと思い込む。
現実逃避のためにある。

354 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 01:22:46
http://www.apex-pacs.com/minkan.html#04

355 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 00:29:57
>>353
堵虞慧螺轡簸も読まずに哲学を語る奴は痛いなあ

356 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 02:09:26
そうそう分析哲学で食うためです。凡人にはマネできない


357 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 21:34:00
詐欺のテクニックを磨くこと

358 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 00:08:58

                 _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ ̄ `ヽ、
              ,r'"             `ヽ.
             /" ::.   _    _      ヽ
          /i:.:.:.:. : .       ,_    i    /
        /  ヘ:.:.:. : .  i   ハニエ!-!‐ヽ |    ,イゝ、__
      /|     ヘ:.: .  │〈.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ノ ノ    /   \:;:- 、 _
    /:;:;:;:;ヽ     ヽ   ! ヾエエEァ´     /      i:;:;:;:;:;:;:;\    そうかな?
  /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ      \  ゝ、:::::::::::  '   ノ       |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヘ
/:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ      \        /       /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;i
:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ヽ       ` ー--― '         /:;:;:;:;:;:;:;;:;:;:;:;:;:;:;:;ヽ
:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                    /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;;|
:;:;:;:;:;::;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\                 /:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|




359 :THE グル :2006/11/25(土) 21:20:54

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。

どうかしましたか?



360 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 00:51:26
>>1
頭の悪い人間のための学問ゴッコの場が必要なんじゃ

361 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 05:47:07
例えば、デカルトが運動量の研究とかでニュートンにつながる古典物理学の基礎を
作ったのは有名だし、カントだって哲学のほかに物理学や数学を研究して
大学でそれらの講義をしてたのも有名でしょ?
だから、学問研究に理数系の知は(極端な話アリストテレス以来)必須であるのに、
特に前世紀、高等教育の大衆化に伴って、人文系で単なる言葉遊びの域を出ない
「研究」領域が捏造されてきたのが間違いだったんだよ。

今の人文系は前近代のカスをいじってるだけ。
哲学はというと、理科系の後追いばかりやってる。自然科学の具体的な実験の積み重ね
や数学的発展があった後で始めて、哲学の連中が騒ぎだす。
しかも勘違いやら憶測やらを交えて。
よって、人文系特に哲学科を税金で援助する利益も意味も皆無だから、少なくとも国公立
ではこれを全廃すべきだね。

>>360
現代の哲学科はそうなってるね

362 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 08:40:20
日本における高等教育の文系-理系という明確な区分けは、
文部官僚における分断統治政策の結果である。

文系は数学、論理学、生物学、物理学も学ぶべし。
理系は歴史、文学、心理学、芸術、社会学も学ぶべし。

こんなの欧米じゃ当たり前。
数学もできない哲学者、歴史も知らない科学者なんていない。

363 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 19:36:44
まさにそのとおり

364 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:47:41
>数学もできない哲学者

こまったもんだ

365 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:59:41
哲学は釣りだよ。魚を釣るんじゃない。人間を釣るんだ。

366 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 00:18:34
>>365
それはイエスキリストだろが
哲学と宗教の区別もつかないなんてどんな頭してんだ?

367 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 02:34:29
哲学は、入試問題に引用されるためにあります。はい。

368 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 03:28:28
暇つぶし

369 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 04:19:25
穀つぶし

370 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 04:43:11
分断統治政策って何?

371 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 04:45:14
厨房の妄想

372 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 12:41:58
>>367
あのゴミみたいな入試国語ね

373 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:38:40
役に立たないって言うとすぐ、「そんな批判はナンセンスだ」とかいって
かわそうとする人が多いけど、役に立たないって存在する意味がないってことでしょ?
個人でそんな信念もつのは勝手だけど、大学で費用をかけて研究することの説得性が
ないんじゃ、泥棒つまり犯罪者と同じだろうね

374 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 17:38:27
>>373
批判だけなら誰でもします。
そこで貴方が、どう行動するのか、が一番の問題ですね。

375 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 06:58:27
哲学で末期ガンの母親が助かりました。

376 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 11:49:35
>>373
何も分かってない>>374は放っておくとして、「役に立たない状態」と「意味のある状態」の捉え方によって、答えはいかようにも変わることを理解するべき。

377 :471:2006/12/05(火) 16:27:34
>>376
屁理屈、

378 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 16:33:10
しかし、現実の問題として「オーバー・ドクター問題」とかいうスレもあるし、
予算の削減とか哲学科廃止とかいう動きだって、ないわけじゃなかろう。
この種の問いに対しては、哲学をやっている人たちも真摯に答えたほうが
いいのではなかろうか。
これからは少子化も進むのだから、今までのような「青年の哲学」ばかり
でなくて「老人の哲学」みたいものの方が需要はあるかも。

379 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 22:40:25
>>377
きみは今までどれだけの理解できなかった理屈をそう呼んで自身を守ってきたのか

380 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:36:17
「役に立たない状態」と「意味のある状態」の別ものを並べて捉え方によって、答えはいかようにも変わることを理解するべき。
は可笑しいだろ、


381 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 23:40:36
哲学が本当に役立つなら世界はもっと平和になってるだろうな

382 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 07:57:55
>>380
なにがどうおかしいのか具体的に言ってみなw

383 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 17:17:54
学問を装った宗教。それが哲学。

384 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 00:47:29
>>383
自分も他人も救えない時点で、宗教でさえないと思う

385 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 01:02:28
チンチンシュッシュッ、まだらんよ!


386 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 02:09:08
>>381
>哲学が本当に役立つなら世界はもっと平和になってるだろうな
その通りです。
時代が進むに連れ、哲学は進む道を逆行して哲学を役に立たないものにしてしまったのです。
人類が逆行に気付けば哲学は、その道をオーバードライブで走り始めますよ。




387 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 02:33:37
>>384初めに大局を知って無駄道歩かずにすむだわぴ
論理の限界を知って冷静になれるだわぴ




388 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 03:30:17
馬鹿には必要無い。
以上。

389 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 03:46:48
というごまかしが通用するのも哲学ならでは。

390 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 03:55:37
趣味のため。将棋や囲碁と一緒

391 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 13:50:01
>>384
ほとんどの宗教というのは自分も他人も救えないものだよ。
そうやって宣伝はするが、実際にはむしろ人を不幸にする。
自分は救われていると思い込ませてしまう洗脳なのだよ。

392 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 20:59:31
哲学って世界や現象を自分なりに納得し理解するために生まれたんだと思う。まぁ自己満足と言えばそれまでだけど…。でも哲学によって「自分はこう生きよう」みたいな具体的な信条が生まれて充実した人生が送れるんじゃないかな。

393 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 23:19:07
馬鹿には必要ないとか言ってる人、自分で思ってるほど賢くないだろうにね
可哀想にって思う

394 :考える名無しさん:2006/12/08(金) 18:20:44
人は蒙昧に強く犯されると言葉の意味さえ疑い始めます。
哲学の哲と言う文字は道理にあかるいこと、を指し示していますが哲学とは道理にあかるく成ること
を目的とするもので有ることを忘れては成りませんね。

395 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 01:44:47
>392
理解するまでは案外簡単だった。じゃあ自分はこれからどうしたらいいか、
こいつが実に難問だ。何かをこれからやるということは、それ以外のことを
やらないということでもあって、いろんな可能性の一つ、あるいは複数を選んで、
他の可能性を捨てることに、未練があるというか。

世の中には興味深いことが多すぎていけない。

396 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 06:37:43
養老孟司センセの『唯脳論』にこんなのがありました

「現代社会では、理科の腕力が強い。何といっても実用性に勝るからである。
時代の動きに敏感な学生が、理科に進まないとすれば、多くの場合、数学が
できないからである。」

これが結論でしょう。さらに養老センセは、哲学者は死ねばいいのである、
とまで言っちゃってます!

397 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 07:36:11
「Gさん(七十歳の癌患者)
 私はこのまえの検診で癌に侵されていることがわかり、(中略)余命は一年程度であろ
うと勝手に思い込んでいます。いままで自分の好きなことは何もしてきませんでした。自
分の時間はすべて他人のために捧げてきました。結婚前は親に絶対服従し、そして結婚後
は夫そして子供のいいなりになっていました。私はそれでいいと思っていました。「幸福
だ」とさえ思っていたのです。でも、癌が私の体内に発見されたとき、このままで死んで
しまうのは厭だという強烈な思いが身体の底から立ちのぼってきました。(中略)はたし
て神はいるのか、魂は不滅なのか、絶対的真理はあるのか。(中略)私は死ぬ前にいろい
ろ真剣に考えてみたいのです。(中略)残された時間を彼(カントのことー引用者)と共
にじっくり真剣に考えてみたいのです。」(中島義道「カントの自我論」p329-330)
 私の中学の同級生がおととい癌で死んだ。このGさんよりはるかに若かった。2年前は全
く元気だった。若いので、癌の進行が早かったようだ。

398 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 07:38:06
人間はみな死ぬ。「どうせ死んでしまう」は中島せんせの口癖だが、自分の死を想像
すると、つまり、自分がこの世から消えてなくなることを想像すると、本当に怖くな
る。そして、この世の中で、すべての意味などないと身体の底から実感する。何をし
てもむなしい。なんでこんなに精神や身体を酷使して、疲れ果てなければならないんだ、
どうせ死んでしまうのに、と。
 ハイデッガーは自分が死ぬであろうことを見据え、Gさんのように思索を始めた人のこ
とを「先駆的覚悟を決めた人」と言った(と思う)。哲学はこの人たちのためにある。

399 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 07:39:18
なぜ死んだほうがいいの?
死ねばいい理由を教えて

400 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 13:39:05
>>399
遅かれ早かれ死んでしまうのに疲れ果てるまで頑張っても仕方がない、結果は同じだから。
どんなに莫大な富を築いたり名誉を得たとしても「死ぬ」に関しては乞食と一緒

401 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 13:57:37
なにそれ
乞食を馬鹿にしてんの?

402 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 14:02:04
乞食を馬鹿にしてることにも腹が立つが、
「どうせ死ぬ」し、やりたいこともないなら、早く自殺すればいいのに。

403 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 14:09:47
一瞬のキラメキが大切なんだよ

404 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 17:07:16
理数系が実用的なのが今の時代かもしれないが
人間的には文学でも研究して、人をおちょくる方がよっぽど面白い
哲学とそういうものだと私は思う、そうなると確かに死ねばいいかもしれないな。

405 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 18:03:06
自分の快楽が一番大事

406 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 00:10:41
ゴリラ図きいてちゃおしまいだわな

407 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 13:04:50
はたしてそうかな?

408 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 00:23:46
あたりまえだわな。

409 :法理学徒:2006/12/12(火) 03:15:48
秩序問題について語るスレはないんですか

410 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 03:17:44
つくりたまえ

411 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 03:25:25
『スピードの向こう側』も哲学ですか?

412 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 01:23:03
僕は哲学っていうと、ソクラテス、プラトン。
だから古代ギリシャ好き。

413 :たかひろ :2007/01/18(木) 01:43:24
やっぱりフランシス・ベーコンが 好きy
あこがれるしョ

414 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 04:50:39
ロックは面白い

415 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 08:33:07
結局のところ、日本には諸学問の共通基盤としての「哲学」が
根付かなかったんだよな。丸山眞男が指摘したように
日本の「哲学」はタコツボ化しちまってるから、諸学問の一つに
過ぎない。

416 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 13:17:37
社会を明るくするため。

417 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 13:37:54
俺は己を知るためだと思ってる。と言うかそのために哲学をやる。

418 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 14:39:15
未熟な自分が己を知ることができる?ある程度知識をつけた人だけが哲学をやるべきではないのでしょうか。

419 :考える名無しさん:2007/01/18(木) 14:40:53
418ですがバカな質問してすみませんm(__)m

420 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 22:28:16
道理にあかるいこと(哲)を目指す哲学に知識は一切関係有りませんよ。

421 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 14:07:59
>>1
哲学者を食べさすため。

422 :考える名無しさん:2007/02/04(日) 13:19:54
>>1
女にもてるため。

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)