5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

働くということを哲学する

1 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 02:26:35
NEET フリーター 無職 終身雇用崩壊 完全失業率 
年収300万円時代  リストラ 金 生きがい 職歴無し
働きたくても働けない 働きたくないから働かない      働くって何?

2 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 02:31:55
サマージャンボ宝くじ一等賞当たったら一生を遊んで暮らすぞ!

3 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 02:38:31
こばまいつろう?

4 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 05:29:30
いいよー、このスレはのびるよー。

5 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 05:40:09
>>2
家を売っても宝くじみたいなアフォがたくさんいれば、税金上げなくて済むかも。

6 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 11:14:47
宝くじを買うというのも、煎じ詰めれば労働の一種

7 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 11:44:10
>>3
ありゃクソ本だよ

8 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 12:35:10
価値感は人それぞれ。
どう思うかも人それぞれ。

9 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 12:40:17
私は自分が味わうことのできるものの
土台的なことを金で生み出すし、
良いことも悪いことも社会的に経験を積める
いい場所だと思っている。

まぁ今が幸せなんだろうな・・・たぶん。

10 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 12:54:26
労働なんざ貧乏人のヒマ潰し

金があるやつはいいよな

500億ぐらいどこかに

おっこちてねーかな!

11 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 12:56:33
日銀にはあるぜ、落ちてはいないがな。

12 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 13:56:38
金も仕事も事実として認識される
事実とは客体として知覚される事象であり
主体的存在ではない。
つまり独我的には融合し得ない事象であるが
融合しなければ生きてゆけない又は生きてる実感が必要という妄想が
意識の根底にある客体を当てはめるべき空白域を埋めるために
次々と生み出される。
この妄想を構造的概念として社会的に共有される為に金と労働が発生した。


13 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 14:19:05
 世の中、自分ひとり「生きるぞー」と言ってもだめなわけで、
何かに「働きかけ」なくてはいけない。ね。で、自分ではないも
のに対して働きかければ何か「もらえる」というシステムを作る
ことで「確かに生きてるぞーっ」という実感が得られるようにな
った、と。労働と金とは、そういうことなわけ。
(中学生向けに意訳)

14 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 14:22:10
帰れよ

15 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 15:17:04
アレントのいう「仕事」と「労働」の違いって何?

16 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:23:53
働かないことの言い訳に哲学を持ち出すよりは健全か

17 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 01:54:34
哲学は労働なのですでに働いている


18 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 02:29:19
ラスコーリニコフが言えば説得力があるんだが

19 :考える名無しさん:2005/07/18(月) 02:47:40
??グスコーブドリ?

20 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 18:39:24
労働が生きるための現実であり良い悪いは別として実践的な生の営みであり
又哲学もそうであるならこの手のスレは活発であっただろう。
俺もこのスレを見て少し驚いたしそれよりも他に働くこと、労働・勤労についてのスレがひとつも無いことにより驚かされた。
少なくともこの板に於いては労働と哲学は相容れないものであるか又は残念ながら
非実践的な言葉遊びに過ぎないということかも知れない。

21 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 23:07:07
ニートとヒッキーしかいない板で無理言うなよ

22 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 09:09:16
もし宝くじで1億円を手にしたら・・・?
俺は勿論、遊ぶ。絶対に働かない。

でも、実際に大金を手にした人間の中には、それを元手に投資をし、
さらに大きなカネを手にいれようとする香具師もいる。
欲望がそのような行動をとらせるわけだ。

しかも、その欲望は自発的なものではなく、外部からイメージを植えつけられた
結果、生じたものなんだよね。
ハリウッド映画でさりげなくタバコを吸う俳優の演技。
「かっこいい」と思い、自分もタバコを吸う。

クルマも、家も、家庭もナニモカモ…本来は必要無いはずだ。

23 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 09:19:13
もし一億当たったらソープに行きまくる。働かない。ソープに行きまくる。働かない。ソープに行きまくる。




一億を元手にどうたらこうたらも絶対にしない。ソープに行きまくる。

24 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 19:10:36
ソープに行きまくることが、あなたにとっての労働。

25 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 19:15:08
ソープにいって快楽を覚えるのも労働

26 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 19:50:50
前立腺はどうですか?

27 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 21:14:15
こういう人がいます。
1千万、とりあえずお金を貯めました。
その1千万には決して手をつけず、
税金を支払わなくて済むだけの(つまり低年収額の)労働をしています。
すごく精神的に安定し、つつましくも幸せそうです。
私も1千万の貯金があれば、そうしたいと思います。
それだけの貯金がないので、どうしても無駄使いをしてしまい、
労働意欲がいい加減になってしまうのです。

1千万あれば・・・。
私はそれを拠り所にして、つつましく暮らしていけるのに・・・。


28 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 21:27:43
>>27
3億はないと慎ましくは暮らせない。

29 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 22:41:46
ちょっとだけ進化した、アリやハチみたいなもんだよ。

30 :考える名無しさん:2005/07/22(金) 23:21:23
てか、アリとキリギリスの話だべ。
まじめにコツコツと、あくせく労働してるアリ。
気ままにニートをエンジョイしてるキリギリス。
冬になった時おのずと結果は出る。

そんなことよか↑上の方の書き込み読んでたらひさしぶりにソープに行きたくなったのは漏れだけですか?

31 :考える名無しさん :2005/07/23(土) 12:25:34
誰にでも天職がある

32 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 13:15:36
ヴェイユは労働すると思想することを忘れてしまうと言っていたが、そんなことはない。

33 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 13:34:40
>>30
全然違うw
人間なんて、社会性昆虫に毛が生えた程度の存在。

34 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 15:29:54
シモーヌの場合は、労働すると持病の強度の頭痛で
思考どころじゃなかったんだろ。
あの丸眼鏡の強度が適わなかったんかな?

35 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 19:34:14
金が欲しくて働いて〜♪眠るだけ〜








by忌野清志郎

36 :考える名無しさん:2005/07/23(土) 19:57:36
>>33激しく同意

ある意味では人間よりも昆虫の方が遥かに優れている。たとえば蜘蛛は生まれた時から生き抜く術をプログラミングされている。
蜘蛛の巣の中心でジッと獲物がかかるのを待ってる姿を観察していると究極の生態系に思えてくる。

37 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 06:26:21
>>27
余裕で3倍歩けど・・・
とてもそんな気にはなれない

38 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 15:05:45
一生遊んで暮らせる金があったら俺は働かないな。
それが無いから働く。
で、どーせ働くのなら自分が楽しいと感じられる仕事をする。
毎日つまんない思いをしたくないから。
勿論、仕事によって収入は違うけど、
長く働くにはやっぱり辛いと感じる職業は適さないと思う。
じゃあ一つの職業を長く続けるメリットっていうと、
経験や信頼による収入アップに繋がるんじゃないかと思う。
だから自分が楽しく感じられる仕事は、
気分と収入の両方を満たしてくれるのではないかと思う。

39 :鳳凰 ◆p6g92X0u.o :2005/08/30(火) 19:48:25



40 :考える名無しさん:2005/08/30(火) 20:08:24
鳳凰になったら、このように飛ぶ事が許されている

41 :TAR:2005/08/30(火) 23:45:13
なにに作用してるんだろうね。

42 :考える名無しさん :2005/09/09(金) 00:51:49
現実的理想主義

43 :考える名無しさん:2005/09/22(木) 20:53:39
この国は何でもあるが、希望だけがない。

44 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 02:01:00
希望がないのはおまえだけ

45 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 02:07:56
「信長の希望」なんてゲームは売れないだろ。

46 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 02:10:20
ねえねえ、どうして?

47 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 02:15:29
はたらくって何?おしえて

48 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 02:15:40
希望の希は「お願い」という意味だから。

49 :考える名無しさん :2005/09/23(金) 03:11:01
はたらくおじさん

50 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 03:22:25
はたらかないことが哲学なのだよ?

51 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 03:54:34
おまいら、蟻を見ろ。働かない蟻は

52 :考える名無しさん:2005/09/23(金) 04:10:11
ただのアリだ。

53 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/09/23(金) 09:24:47


54 :金太郎:2005/09/24(土) 02:07:54
「働く」とは生活の手段であると同時に、
理念を実現していく過程である。

「働く」を軽視する者は、理念を持たない者。
その多くは、デカダンスにやられちゃってる人たちか、
アメリカの大衆文化・快楽主義に頭をやられてる人たちである。

以上




55 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 05:19:39
しかしそもそも日本に哲学者がいないのはどうしたことか?




56 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 11:10:26
中島義道。

57 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 13:58:48
働くのは現代の奴隷。理念の放棄そのものである。

58 :考える葦さん:2005/09/29(木) 14:11:26
自分の目的のために働くものだろ。奴隷なんてよく言えたもんだね。

59 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 00:13:02
はたらかないから哲学を極められるんだよ

60 :金太郎:2005/09/30(金) 00:24:50
>>59
浅薄だね。

61 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 00:41:03
>>60
と思ってしまうあたりがよほど浅薄なのだよw

62 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 00:50:53
http://crstl.gh9.com/dohtei.php?m1=%CC%B5%BF%A6&m2=%B1%A1%C2%B4&d=d.jpg

63 :金太郎:2005/09/30(金) 00:52:23
>>61
wをつける人と議論は無理そうだね。
西洋の哲学者はほとんど働きながら哲学している。
カルリクレスがソクラテスに言ったように、働かない人間は、
社会の気まぐれによって、いつでも抹殺されちゃう弱者だと思うよ。


64 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 00:52:25
>>62
山口さやかじゃん!

65 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 00:52:57
>>63
(正統)自然科学に合致するのが『「機械的唯物論」(真理)』なのです。
ちなみに「真理」は「唯一性」「(時間的)普遍性」を両立します。


66 :金太郎:2005/09/30(金) 01:06:34
>>65
「機械的唯物論」が宗教と同じ信仰だと分かっていて
書いているなら否定しませんが。
私は「機械的唯物論」にまったく共感しませんけどね。
あ、スレ違いですね。

67 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 02:41:17
奴隷は奴隷。他人から命令され、それがおかしいと思っても反対することも許されず、文句を言えば給料を減らされる。

これが奴隷でなくでなんなんだ。そして、その労働自体も、安い製品を高く売り、消費者を搾取する。理念実現とは程遠い。まさに理念とは反対のことをやっている。


68 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :2005/09/30(金) 02:49:18
>>67
で、他人を奴隷と呼ぶことで、君の問題は片付くのか?

69 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 06:35:24
>>66
「自然『科学』」至上主義が「信仰」に分類されるのですか?
それは「信仰」という胃重要概念と「科学」という重要概念の
「拡大解釈」「縮小解釈」による「我田引水解釈」だと思います。

「あなた」の「世界観」を知りたいですね?「あなた」が「世界」に
「対峙」する勇気があるかどうか・・・それにかかっていると思いますが・・・


70 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 02:17:56
>>55
どうしてったってしょうがない

71 :金太郎:2005/10/01(土) 03:45:39
>>67
さっぱり分からないなぁ?
あなたが会社を服従の場所だと考えているのだとしたら、
あなたの能力が低くて、あなたの選択肢が狭いからだと
思いますよ。
タレスのような経済的強者を目指せばいいだけでは?
働くことによる経済的な自立と、哲学が両立しないという
発想が分からない。それは社会的な能力の低いあなただけ
の問題では?

>>69
自然『科学』至上主義は、認識できるものが、存在するもののすべて
であると考える一つの信仰ですよ。
他の宗教と同様に仮説なので、客観的には肯定も否定もできません。
信じるか、信じないか、ただそれだけです。

私は科学至上主義を信じませんが、それについて証明はできません。
科学至上主義を信じない理由は、認識できる世界は自分の絶対的な
根拠を示すことができないからです。
科学至上主義の矛盾を証明できない理由は、自由が認識の対象では
ないからです。
自由は認識できないが、存在する。西洋哲学的に言えば、物自体とか、
実存とか、超越とか呼ばれるものです。
まぁ、自由を信じない人と会話するのは、PC(機械)と会話するのと
同義なので、無益だとは思いますが。



72 :ニーチゅ:2005/10/01(土) 05:24:02
一社会のもとに生きる以上みなきまり事のもとに生きてるみな奴隷。
拡張すると我々の意思は生命の…

73 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 06:02:09
>>71
客観的wってpp
まさに信仰告白じゃん

74 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 06:22:12
NEETがアイデンティティ守ろうと必死なのが微笑ましいですね(^‐^)b
お金に軽蔑されて生きていくのを選んだあなたたち
ある意味清々しくて素敵ですよ

75 :考える名無しさん:2005/10/01(土) 12:06:41
働く人は尊いよ。
営業廻りリーマンとSE・PG以外はな。


76 :金太郎:2005/10/01(土) 23:17:51
「働くこと」否定派でもう少し論理的に語れる人はいないのかな?
wとかつけて勝ったつもりになるのが、哲学板の限界ですか?




77 :考える名無しさん:2005/10/02(日) 10:56:35
営業の連中は最悪。
あの体育会系の下品なノリは最低。
宴会ではセクハラしまくりだし。

78 :考える名無しさん :2005/10/02(日) 13:27:29
働くことを通して直接的、間接的に人のお役に立つ事ができる
それが生きがい
隠者のような生活はできない

79 :考える名無しさん:2005/10/04(火) 23:36:01
傍をラクにする......日本会社教が得意とするキャッチフレーズ。
そんなわけが無いだろっての !!

仕事は金銭を得る為にやる。これしか理由はないよ。
中には、結果的に世の役に立ってる場合もあるかもしれんがね。

ト○タがクルマを作れば、確実に誰かが死ぬ。年間1万人。
警察やマスコミはできるだけ悲惨な事件が起きる事を望んでいる。
医者や薬品メーカーは病人が増える事を望んでいる。
レコード会社は少年少女から小銭をまきあげる。

これが現代の貨幣経済だ。もう末期だね。

80 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 05:44:48
743 名前:絵里萬 :2005/10/04(火) 23:58:23

           ,r'^⌒⌒ヽ,r''⌒`ヽ、
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ´`´`ヽ;;;;;;;;;;;;i
         !;;;;;;;;;;;;イ::. /   \ ヽ;;;ノ
    ,-――、_   ノ    ,,,@,,,  ノ、  _,r―-、
   (        ⌒   ヾ、.::;;;;;;::.ノ  ⌒      )
    \         ヽ ミシミッ  ノ       /
      \   ヽ、   ヽ( i i )ノ   ,ノ  /
       \   l`ー-―' `∪´`ー-―'  /
         ゝ;;;;;;;|:::: (●) ,(●) |シ
         从从/: \  、_!  / ノ
          从从  i 'ー三-' i l   
           ノ从ヽ._!___!_/

はみ珍ぷらぷら


744 名前:考える名無しさん :2005/10/05(水) 00:19:15
現れたな
哲学神ミシミツ・・


81 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 07:21:16
>>79
目先の儲けだけ考えたら、そうなるが、企業ってのは、
1年2年儲けがでればそれでよし、ってもんじゃないしね。

世の中の役に立ってるから継続できてさらに儲かる。
世の中の役に立たないとしたら、金を出したり買ったりする人がいなくなる。
死ぬ人が増えたり、病人が増えたりしたら、金を出してくれる人が減る。

大体、企業活動によって社会が衰退したら、
貨幣の価値が低下して、儲けが増えても意味がなくなる。
社会が繁栄していてこその貨幣の価値だ。


82 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 08:07:00
詭弁じゃないか?

83 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 19:05:10
古代には企業はなかったが、人々はちゃんと生活していた。彼らが現代人より不幸だったとは必ずしも言えない。

古代より便利になった点も多いが失ったものも多い。

例えば戦争にしても昔は小さな殺し合いだったが、現代では高度な兵器を使って大量に殺す。

どっちが人道的とは必ずしもいえない。

現代の企業にしても奴隷労働者の犠牲の上に成り立ってるわけで、とても自慢できるようなシステムではない。

商品が豊富になった反面、人々は上司に命令されて奴隷のように働かなければならなくなったわけで、はたして昔の人より幸福なのか疑問だ。

すぐ企業を廃止しろとはいわないが改善すべき点はあまりにも多い。

84 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 19:38:54
>>83
とりあえず、奴隷については勉強しなおしたほうがいいと思う。

85 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 21:08:16
働く=人+動く

86 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 21:56:59
現代社会では、生産できたり、労働できたり、
コミュニケーションできたりというのが前提となっているが、
人類史上、この問題の本質的な部分は
求められる力・スキルのあり方が違うだけでなんら解決されていない。
生きているだけで十分であるような社会が到来することを切に願う。

87 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:04:15
つマトリックス

88 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:16:21
ベーシックインカムが保障される社会になってほしい

89 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:19:27
とりあえず「職場の教養」はどうにかならんのか?

90 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:42:30
労働やコミュニケーションが不必要で、生きているだけで充分ってな世界は「社会」ではない。


91 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:46:16
>>90
それは哲学では無い。

92 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:47:50
>>90
じゃあそういう世界でいいじゃん。
無理に社会を作る必要なんて無い。


93 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:53:27
現代の労働力や生産力中心の社会が崩れ、
ひいては人類史上切り離すことの出来なかった
「○○力中心社会」みたいな軸がどんどん相対化されたら
サイコー

94 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 22:59:04
消費社会へのシフトだと思う。
これこそ、哲学的構造改革。

95 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 23:48:59
生産あってこその消費だぞ。

96 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 23:51:35
消費あってこその生産だよ。


97 :考える名無しさん:2005/10/05(水) 23:56:06
お金あってこその消費だよ。
  安い仕入れがあってこその市場だよ。
原材料があってこその生産だよ。

98 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 00:01:21
消費が目的、生産は手段、お金は生産と消費を調整する手段、
原材料はその上での制約に過ぎないよ。消費が目的だからこそ
消費者民主主義なんて事が言われ、生産者もマーケティングに
四苦八苦する。

99 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 00:39:28
むずいな...... むじぃなぁ...... 同じ穴のムジナ。
もう、お眠りなさい。

100 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 03:27:00
              _,......,,,_
               ,、:'":::::    ``:...、
           /::-=・=-:::::::::::-=・=-:\
       ,../ `ヽ;_   i   ;;;;;;;_ヽ   / 
        / ``'ー 、_\  !  ー=〓=-'`/   ハタラケヨ
    /ー 、_    `\:、_ ::    /    
   /     ``ヽ、   ヽ`'7‐--'゛
  /-=・=-  -=・=-`ヽ、 `/
    "ー=〓=-'`

101 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 04:19:57
ダンピングで労働環境はますます悪くなるでしょう

102 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 05:17:55
働くの語源=はた(自分の周り)の人を楽にさせる。で【はたらく】の意。
正しい使い方:家族を養うために働く。働かざる者食うべからず。ニートは動かざること山のごとし

103 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 08:24:09
働かざる者食うべからず
  ↓
働かざる者に食わすべからず

104 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 11:45:26
ニートの哲学者って恥ずかしいと思います。

寄生哲学っていやですよねー。

105 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 12:00:20
モーツァルトだって、宮廷の庇護が無ければ、ただの狂人で終わっていたよ。
哲学は、学者のそれは、「解釈哲学」。
本当の哲学者、思想家は、日本にはいない。

106 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 14:30:32
問題は人から必要とされるかどうかだ。
人の役にたてるのならば、本当の狂人だって神様扱い。

さて、ニートはなんの役にたつ?


107 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 15:01:43
ニートが自己肯定的なセルフイメージを持ち、かつニートであることに
病識を持つような、そんな枠組みはないだろうか。


108 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 15:08:29
>>107 ニートのための社会復帰施設
自己に肯定的になるには、自分に対する自信をつけるための
「前向きな努力」が必要。

109 :Neetbik:2005/10/06(木) 15:10:10
>104
ニートの哲学者って恥ずかしいと思います。

おいお〜い、ニートの定義(広義か狭義かは知らんが)に当てはまるものの

実際、生態や形態はネガなイメージに語りつくせんと思うのだが。
>105
本当の哲学者、思想家は、日本にはいない

言い切りよったなw 「日本をあきらめない」岡田がそう申しております。

>106
問題は人から必要とされるかどうかだ。←スンげーの守備範囲の広い発言だなw
人の役にたてるのならば、本当の狂人だって神様扱い。

さて、ニートはなんの役にたつ?

問題提起そのものとしてw

役立ってると、言ってくれ〜!

110 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 17:35:13
>>209
ニートは掘り出さぬ地球資源の如し。

・・・つまり、役立つ可能性は秘めているものの、そのままでは
全然役立ってはいないだろう・・・少なくとも社会的には・・。
家庭的にはどうかわからない。
愛玩犬だって飼い主の癒しとなって役にたっているのだから。
   

111 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 17:37:41
>209→>109

112 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 23:41:47
今夜はつまらん展開だな。
妻、乱れる。

113 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 23:42:32
哲学っつうか個性・・・

114 :考える名無しさん:2005/10/06(木) 23:51:21
ニートを題材にあげるあたり、哲学する資格無し。
そんな俗世間の評価を気にしていてどうする!
ニート・フリーターを容認しなければ話は始まらんよ。

115 :考える名無しさん:2005/10/07(金) 08:43:22
ニートとフリーターは全然違う。仕事に対する意識が問題だ。


116 :考える名無しさん:2005/10/07(金) 08:51:47
ヤスパースは、賃労働に従事する上で知恵は不可欠、と言っていた(気がする)。
だが、しょせん学者先生。知識労働しか思い浮かばんだろう。
倉庫でフォークリフトを運転するのが俺の仕事。
頭はまるで使わず、体力だけやたら消耗する。
不遇な人生だ。

117 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 02:02:11
働いてようが ニート無職ゴミハゲでぶちびジジ太郎 だろうが
やれるやつは やっている 

要は自己評価なんてゆう自罰的無意味な考察は、最初からそいつらには免除されている。

親に甘やかされてそだった 明るく快活な いい子ちゃんだからだ。

女はバカだから、そんなからくりも見抜けずに、自己評価の敏感な部分を安易にくすぐられると
簡単に股を開く。

今ではほぼ99%が例外なく、それが結婚の糧ともなっている。

そんなアフォな女の見分け方はね・・

経済的に問題が無いのに働きたがる(出会いがほしい)派遣など

中出しをさせてくれない(何でゴムつけないの?

何でこんないい女が 自分みたいな 腐れ男子と結婚したか 自問してみる。

以上だ。


118 :復活の呪文 ◆GUGENiOq0w :2005/10/08(土) 18:47:05
>>115
ニートは依存とかナマケモノでフリーターはニートな親とか「ぬえ」のしわざ

>>116
リフトは時々乗ると楽しいが最初は恐ろしくて乗ろうとしないからな特に電動逆ハソタイプは

119 :釣られてみるか・・:2005/10/08(土) 21:17:00
>>117
>アフォな女の見分け方はね・・
経済的に問題が無いのに働きたがる(出会いがほしい)派遣など
中出しをさせてくれない(何でゴムつけない

これは117が女から信用されていないんだけ。
そしてその理由も文章を読めばよくわかる・・w。

120 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:19:29
とりあえず哲学よりも、人の気持ちを大事にできる事の方が大事と
言ってみる^^。

121 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:22:49
賢い哲学者よりも馬鹿な心理学者。


122 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 21:29:07
アーそっちの方がぜってー儲かる、121正しい

123 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 22:21:22
哲学ではメシが食えない。

心理学は商売。
不安を煽ってゼニまきあげる。

124 :考える名無しさん:2005/10/08(土) 22:43:07
批評家ならメシは食える

125 :金太郎:2005/10/09(日) 00:42:47
今の年収があるのは90%以上、ヤスパースの
おかげだと思っています。
「哲学」は3回読みました。

126 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 09:44:11
お客様は神様だって?
神は死んだよ。
腹上死だったね。

127 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 09:53:48
かわ

128 :考える名無しさん:2005/10/11(火) 23:38:22
中島義道の本ってどれも面白いな。
俺も4歳から哲学病患者。

129 :考える名無しさん:2005/10/12(水) 23:12:28
インモラル・カント。

130 :考える名無しさん:2005/10/13(木) 21:53:10

世界において厳密な対象は無く、
語られたことばが厳密性に基づくというのは
崇拝者の思い込みだからね。

まあこの見解ももちろん俺の思い込みにすぎない、
という君の考えが手に取るように解るわけだが、
これも思い込みにすぎないわけだよもちろん。
そしてこれだけが唯一、厳密な思考の結論なのだよ。
つまり哲学は学問の無意味さを証明したのだよ。
さらに知などというものはないことを示したのだよ。
まさに脱学問、脱知ということだよ。
その行き着く先が、まさに神聖なる哲学教という結末だな。
しかし人類はすべからくこの地点に到達すべきなのだ。


↑まさにニートの言い草だね

131 : ◆GUGENiOq0w :2005/10/13(木) 22:07:09
競争原理が働かない場合は保証とかなくなるから臨時同様かな

132 :考える名無しさん:2005/10/13(木) 23:02:45
ニートはニーチェである。

133 :考える名無しさん:2005/10/13(木) 23:03:21
または フリードリッヒ・ニート。

134 :考える名無しさん:2005/10/13(木) 23:27:07
    ((((     _ヾヾ
    /  ̄ ̄ ̄ ミミミミミヽ
   /         ミミミミミミヽ
   /         ミミミミミミヽ
  〈;;;;;;;;,,,,,,、    ミミミミミミミ)
   '7''''ヾ ' ヽ    ミミミミミミノ 
  /          ミ ))ミミミノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( _ヽ、        、ノミ彡  < ニートは死せり !
  jjjjjjiし          彡     \______
 `!!!!!!!´         ノ
   ヽーーー、__/ニーチェ(1900年没)

135 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 00:21:14
ニーチェは生きている間は全く...マッタク評価されなかった。
そのせいか、晩年は狂人になってしまった。

まさに、ニートの鏡である。恐るべし!

136 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 08:15:31
フリーターリッヒ・ニート。

137 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 17:25:11
ニーチェもニートだったんでしょ。

138 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 17:25:49
>>135
> そのせいか、晩年は狂人になってしまった。

梅毒による精神障害ね。


139 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 19:54:24
雇用は商品である。その商品を欲しがる人(職につきたい人)が多く、商品が少なければ(ポストが少ない、高度な技能が必要)値段が上がる。


140 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 22:55:57
超人・・・それは、ニーチェ哲学の中心概念。

超克さるべき存在としての人間が、その可能的極限にまで到達した存在である。
人間の理想的典型だ。

キリスト教的神にかわって人類を支配する者とされる。
そして、その具体像はツァラトゥストラとされる。

まさに、ニートの事ではないか!

141 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 22:59:42
>>139
ほほう、これはすばらしい。

一見当たり前のようにみえながら、斜めに語る事で、書込者の境遇を想像させる実に面白い趣向がこらされている。


142 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 02:58:14
>>138
    ((((     _ヾヾ
    /  ̄ ̄ ̄ ミミミミミヽ
   /         ミミミミミミヽ
   /         ミミミミミミヽ
  〈;;;;;;;;,,,,,,、    ミミミミミミミ)
   '7''''ヾ ' ヽ    ミミミミミミノ 
  /          ミ ))ミミミノ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( _ヽ、        、ノミ彡  < 寂しくてピンサロにいったら感染しますた・・・
  jjjjjjiし          彡     \____________
 `!!!!!!!´         ノ
   ヽーーー、__/ニーチェ(1900年没)

143 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 21:22:53
イチローは自分だけセコセコやってればいいのかもしれないけど
セコセコ打を真近で見せられて、チームメートがうんざりしてるんじゃないか?
案外低迷の原因はイチローにあったりして。

だってオリックスでもマリナーズでも何かおんなじ事になってんじゃん。
上手く言えないけどみんなは「野球」や「ベースボール」をやりたいのに
イチロー一人「ヒットボール」をやってるって感じ。
多分イチローと同じくチームメートもイチローに言いたい事あると思うよ。


144 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 21:29:44
せこせこも、どっか〜んも、痛い痛い、も、これら、みんな立派な野球だよ。
それを采配する監督の技も、これまた野球。
イチローだけ攻撃するなよ。
社会一般も同じ。

145 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 22:00:53
一郎くんは無理して哲学的な説教をかますから、
この板でいじられるんでしょう。

146 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 22:09:10
ええじゃないか ええじゃないか

147 :考える名無しさん :2005/10/16(日) 00:29:42
イチローはプロだよ

148 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 00:30:22
>>143-144
いいかげん誤爆に気づけ


149 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 00:54:38
いやいや、イチローさまの哲学講義に関することでんがな

150 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 06:37:02
働いたら哲学ではなくなるのだ

151 :考える名無しさん :2005/10/16(日) 07:09:54
あえてアウトサイダーにいないとね。

152 :ぽるけー:2005/10/16(日) 07:19:18
ヴィーユ、アーレント、コジェーブ、ホッファー
この内、労働について最も原理的な思考を提示しているのは、コジェーブかな。
自意識とは、奴隷の視線である、というヘーゲルに対する解釈。
我々、人間は労働というモーメントを介してのみ意識に到達するという解釈。

アーレントの解釈も面白い、しかし、アーレントの範とする社会はいつも古代ギリシャのポリスだ。
労働、仕事、政治的生活。この思考実験はアーレントが著作を出した当時、斯界から全く無視されていた。
アーレントの著作の内、今現在、最もアクチュアルな内容を含んでいるのは「人間の条件」じゃないだろうか。

あと日本では、宮沢賢治のメモの中に、ぽつりぽつりと呟きのように、、、労働に対する賛歌が、、

153 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 08:47:53
労働と哲学は対極の位置にある

154 :金太郎:2005/10/16(日) 10:33:00

ちゃんと根拠を書かないとね。
ニートの自己正当化としか見られないと思うよ。

155 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 13:35:28
働く人は尊いよ。
営業廻りリーマンとSE・PG以外はな。


156 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 18:08:32
>>155
職業に貴賎はあるのか?それともないのか?

157 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 12:13:00
精神労働なんて娯楽のようなものだ。

158 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 12:15:50
>>153
> 労働と哲学は対極の位置にある

哲学はスコラー(余暇)から生まれたものだという意味でしょ?

159 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 12:16:54
古代ギリシアでは生産労働は奴隷だけがする卑俗なものだと考えられていたらしいからね。

160 :考える名無しさん:2005/10/18(火) 22:43:39
ションベンファイアー 『社畜哀史』

161 :考える名無しさん:2005/10/18(火) 23:10:23
だが
>wぷプワラワぷっwwぷっwwwwww
ここにお前の矛盾がある。


162 :考える名無しさん:2005/10/18(火) 23:19:23
アンビバレンツ

163 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 10:54:25
働くことは自由になること
ttp://www.toyamakiyohiko.com/media/archives/2005/01/post_211.html

偶然の一致か、アウシュビッツの門にも同じ文句の標語が刻まれていたらしい。
もちろんドイツ語。

Arbeit Macht Frei (Labor makes free)...... (以下参照)
ttp://mahoro.web.infoseek.co.jp/web/log/poland1.html#arbeit
ttp://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/260.html

164 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 11:57:26
もののあはれ

165 :考える名無しさん:2005/10/20(木) 00:05:21
いとをかし。

166 :考える名無しさん:2005/10/20(木) 10:35:22
幸福 ⇔ 哲学

167 :考える名無しさん:2005/10/20(木) 23:00:47
「理想」とは、idea(アイディア) の翻訳語。

考えられる最高の状態を指す。


168 :考える名無しさん:2005/10/21(金) 00:28:06
プ゚゚ププ゚゚プ゚゚フプ゚゚プ゚゚プ゚゚ ゚゚゚ ゚゚プ゚゚

169 :考える名無しさん:2005/10/21(金) 02:42:02
>>1
いいから働け
言い訳ばっか言ってんな

170 :考える名無しさん:2005/10/21(金) 09:22:18
弁証法的 射精批判

171 :考える名無しさん:2005/10/21(金) 23:09:52
さぁ、エピソード記憶でシコるか・・・

172 :考える名無しさん:2005/10/22(土) 23:10:05
オレはこれから“はたくる”よ。

注)はたくる・・・傍を苦しめること

173 :ラオウ ◆w/ADAMOUX2 :2005/10/22(土) 23:19:08
http://www.google.co.jp/search?q=%E2%97%86w/ADAMOUX2++-%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF+-%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88+-%22Message-ID%22&filter=0

174 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 00:43:49
狂人ですな

175 :Tar ◆SQIDAUQYpc :2005/10/23(日) 00:45:28
働くのいやだからのたれ死ぬ。

176 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 01:07:50
のたり マツタロー

177 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 12:11:04
離人症

178 :考える名無しさん:2005/10/23(日) 20:46:56
強迫神経症

179 :考える名無しさん:2005/10/24(月) 22:08:03
アァ〜
        マァ〜 
               ゾォォォ ォ ォ ォ ォ ォ
                             〜 ン

180 :考える名無しさん:2005/10/26(水) 22:39:46
どうせ、生き返ってしまう・・・

181 :考える名無しさん:2005/10/26(水) 23:41:08
ゾンビの哲学

182 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 01:20:22
           ,r'^⌒⌒ヽ,r''⌒`ヽ、
          /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;ゝ
         /;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノノ´`´`ヽ;;;;;;;;;;;;i
         !;;;;;;;;;;;;イ::. /   \ ヽ;;;ノ
    ,-――、_   ノ    ,,,@,,,  ノ、  _,r―-、
   (        ⌒   ヾ、.::;;;;;;::.ノ  ⌒      )
    \         ヽ ミシミッ  ノ       /
      \   ヽ、   ヽ( i i )ノ   ,ノ  /
       \   l`ー-―' `∪´`ー-―'  /
         ゝ;;;;;;;|:::: (●) ,(●) |シ
         从从/: \  、_!  / ノ
          从从  i 'ー三-' i l   
           ノ从ヽ._!___!_/

まさるの陰謀を阻止する哲学

183 :考える名無しさん:2005/10/27(木) 23:10:14
この世は思念の産物なんですよぉん。

184 :それはどうかな?:2005/10/28(金) 10:16:02
279 名前:処刑ライダー ◆.EDMOUBKE2 :2005/10/25(火) 01:05:26
・・・あ、今日、給料日だ♪


280 名前:考える名無しさん :2005/10/28(金) 06:07:25
弁弁論弁弁論者が矛盾についてるんですか?wwww
などとほざいてしまうとほくなよなほいてまう不思議論者が矛盾についてれるんです?wwww
者が矛盾についてるんですか?wwww
などいてまうほなよなとといてまういてれるんです?wwww


185 :考える名無しさん:2005/10/28(金) 23:16:02
愛知。

186 :考える名無しさん:2005/10/29(土) 20:56:01
3億あったら今の仕事を
続けてますか?

187 :考える名無しさん:2005/10/29(土) 20:59:06
続けます。
返すもん返して無借金経営を目指します。

188 :考える名無しさん :2005/10/29(土) 21:14:00
サラリーマンにも哲学の一つや二つはある。

189 :考える名無しさん:2005/10/29(土) 22:59:06
有利子負債・・・

臭いものにはフタをしろ

190 : ◆GUGENiOq0w :2005/10/31(月) 00:15:05
不良債権人間

191 :考える名無しさん:2005/11/09(水) 07:03:01
>>182
みしみつw

192 :考える名無しさん:2005/11/09(水) 07:16:47
異形の神 MISHIMITSU

193 :考える名無しさん:2005/11/13(日) 22:38:02
ニート主義
http://society3.2ch.net/test/read.cgi/soc/1131449611/

1 名前:名無しさんの主張[] 投稿日:2005/11/08(火) 20:33:31
フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニートは21世紀初頭
労働を否定し、勤勉道徳を人類の発展を妨げる有害価値と喝破した。


194 :考える名無しさん:2005/11/17(木) 19:42:44
お金を得る事が働く目的なのに、
職種や会社にこだわるのは何故だろう…

195 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 14:45:06



196 :考える名無しさん:2005/11/21(月) 22:00:36
230 名前:名無しさん@毎日が日曜日[sage] 投稿日:2005/09/06(火) 07:26:26 ID:/BynbRwX
「労働社会の終焉」雑感
ttp://www.ops.dti.ne.jp/~grapevin/union/union0004.html
> 若きマルクスは、労働の中に人間的自由・自立を求めて「労働の開放」(労働の疎外からの開放)を
> 唱えたが、「労働の開放」の主張は、人間的自由を実現するどころか、むしろ反対に非自由の「必然
> の王国」を出現させることに想到し、後期マルクスはこの構想を捨て、「労働からの開放」に転換した。

マルクス主義は労働価値説に全面的に依拠した労働力中心イデオロギーによる唯物論だと思っていた
ので、この部分を読んで目から鱗が落ちた。
ナチズムやスターリニズムが労働力=生産性中心のイデオロギーを掲げて暴走したことを思うと(アウシ
ュビッツの門には「労働は自由への道」と刻まれていたとか)、この点はとても重要な気がしてくる。

ボードリヤール、ハーバーマスらをはじめ、知識人らによって賃労働の拒否ないし労働社会の終焉が予言
されるようになって久しいが、日本でもいよいよ現実に、まだ無意識のレベルであるけれども、プロレタリアート
による賃労働社会(プロレタリアート化社会=資本主義社会)への抵抗闘争がはじまったのかもしれない。

その存在が賃労働社会(=資本主義社会)への脅威であるために、ニートは資本主義社会からバッシングの
標的にされているが、しかし同時にこれは資本主義社会における危機と結びついた構造的な問題でもあると
いうことが、マルクスも予言したように資本主義社会の皮肉(矛盾)でもあると思う。


197 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 11:49:51
スマン
も少しレベル下げて説明してくれる?
やっぱ、働く目的って金?

198 :考える名無しさん:2005/11/25(金) 15:55:46
働く事は助けあい
以上、共産主義からの主張でした


199 :考える名無しさん :2005/11/27(日) 13:48:25
仕事とをする上で、遠慮なんて一文の得にもならない

200 :考える名無しさん:2005/11/28(月) 12:27:37
>>198
それはマルクスのいう共産主義とはまるで別物だよ。
共産主義という同じ語を使っていてもその中身はまったく異なるという
そういう区別って一般についているのかなぁ?

201 :考える名無しさん:2005/11/28(月) 15:00:11
俺はついてないぞ!(なぜか威張る)

202 :考える名無しさん:2006/01/02(月) 04:15:48
プ゚゚ププ゚゚プ゚゚フプ゚゚プ゚゚プ゚゚ ゚゚゚ ゚゚プ゚゚

はたらいてるようじゃだめだよw

203 :考える名無しさん:2006/02/06(月) 11:57:43
>>202
働かなくても生きていける奴が羨ましいと思う半面、
氏ね!と思うのは何故だろう…?

204 :考える名無しさん:2006/02/12(日) 23:15:10
生きる必要がないから

205 :考える名無しさん:2006/02/17(金) 17:15:05
お前ら、10億円持ってたら働く?

206 :考える名無しさん:2006/02/17(金) 20:46:10
だが
>wぷプワラワぷっwwぷっwwwwww
ここにお前の矛盾がある。


207 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 01:45:56
働かなくても食っていかれるからといって、
働いてはいけない、というわけではない。

俺に10億あったら、
PERが低いとこで安定しちゃってる株(電力とか)買って、
インカムゲインを得ながら、コンビニでバイトする。

これが勝ち組の生き方。

つか、人間は生きてる限り、
なんか働くもんだ、日本人なら。
生きることは、働くこと。

子供が危なくないように見てるだけでも、
立派な仕事だし。

208 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 01:57:24
一般人よりはるかに束縛された状態で、皇室の権威なんてあるのかね?
大多数の国民に心配されるようではね。
(実態は憐れまれてるのでは?だって皇族になりたいやつなんてほとんどいないでしょ)

むしろ愛子様が北欧のイケメンと恋愛して
皇族にルックスのよくなる要素を加えるべきだね。
平沼とかいうじじいが最も血管ぶち切れになる事態だけど、俺はその方がいいと思うね。


209 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 04:35:16
・・・愛子様の子供は皇族にはならんけどな。

210 :考える名無しさん:2006/02/18(土) 04:48:13
もちろん、皇室典範を改正してそうすればいいという意味だろ?

211 :考える名無しさん :2006/03/03(金) 01:25:04
仕事は金ではない

212 :考える名無しさん:2006/03/04(土) 15:51:17
金が貰えないなら、上司や客の言うことなんか聞かない

213 :考える名無しさん :2006/03/05(日) 20:07:28
>>212
それは仕事ではなく労働と呼ぶ

214 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 18:00:50
>>213
どんな仕事だって、客の理不尽な要求を受け入れなきゃいけない時がある。
寧ろ、クリエイティブな仕事になればなるほど

215 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 21:29:07
阿諛追従の徒はクリエイティブではないな。

216 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 22:18:23
ここに労働の意味についてかなり興味深いことが書いてあるよ
とくに後半には、労働の苦痛を取り除くための解決の糸口が示されてある

http://www33.ocn.ne.jp/~homosignificans/play2.htm


 



217 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 22:19:03
業界最安値、激安特価のオトナのおもちゃ♪
ラブラブカップルに熟年夫婦、SM道具から勿論一人で楽しむアイテムまで大満足!
さらに女の子をオトせる必殺アイテムも多数あり☆(←これが超強力。悪用厳禁!!)

http://www.acport.com/index.cgi?id=1107601834

218 :考える名無しさん:2006/03/21(火) 10:46:23
勝手に働く意識への報酬は満足感

219 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 17:50:56
働くって難しいな…
金を稼ぐために精神的にズタズタになるのはもうごめんだ
神との対話って本には興味深い事が書かれているけどね
「生存のためだけに何故働かなくてはならないと思うのか」

まぁ現実には働かないと生きて行くのは難しいけどね

220 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 15:31:33
生きていく為に働いているのに、仕事の責任やストレスで、
身体を壊したり死んでしまったらホント意味ないな


221 :浅倉レナ ◆JkPB.PwJ72 :2006/03/30(木) 15:38:20
ニートって親が定年したら死ぬのかな?

222 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 15:42:05
ニートが勝ち組とでも?

223 :考える名無しさん:2006/04/27(木) 15:27:46
自分がもっている投資先の店で飯を食ったり物を買う。
これが勝ち組ニート。

224 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 23:30:27
          ______
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\ ←223
     /      ∵    3 丿   
    /\    U   ___ノ
  /   .\      ____ノ\
  |  -=・=-=・=--=・=-=・=-=・=-   |
  |_____      ,,ノ(、_, )ヽ、      _____|
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_


225 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 23:48:59
ニートこそ真の勝利者だ!
哲学徒たろうとするもの、
ニートたれ!

226 :考える名無しさん:2006/05/19(金) 23:59:19
たしかにニートでやってられるなら、勝利者になり得るね。
時間と金の使い方は、本人の知性によってどうにでもなる。

227 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 00:28:40

哲学を志すものは須らくニートたるべし!

寄生せよ!社会に,親に,兄弟に。

228 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 01:18:44
杜玖椀テクノロジーによって初めて杜玖椀構造そのものが、
いや、さらに、人間椀椀オランウータンビーツが、
いやそもそもオマイッチョオマンジャ外部問題が、
いやされに宇宙創生意味論運知が、
テクノロジーによって初めて規定されているということに
まだ気がつかないのかな?



229 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 05:14:24
親がいなくなっても遺産が入る。資本は自ら増殖する。

だから日本のような豊かな社会では働かない人間はどんどん増える。政府もそれを前提とした政策を取るべきだな。


230 :考える名無しさん:2006/05/22(月) 01:03:04
          ______
         /:::::::::::::::::::::\
       /::::::::::::::::::::::::::::::::\ ←229
     /      ∵    3 丿   
    /\    U   ___ノ
  /   .\      ____ノ\
  |  -=・=-=・=--=・=-=・=-=・=-   |
  |_____      ,,ノ(、_, )ヽ、      _____|
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_



231 :純─ ◆lDmUwFn1OI :2006/07/27(木) 02:55:41
>>224
マツダ タイタン

232 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 03:59:41
労働とはむき出しの暴力そのもの。力の肯定。誰か働きながらニーチェ熟読している人いないかなぁ。

233 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 12:17:08
勤労義務=スターリニズムつくる会前会長
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/sisou/1148997082/

234 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 07:19:08
わからん。

235 :THE グル :2006/11/25(土) 21:22:15

いいですか、

チンチンシュッシュッ チンシュッシュッ

これが断言できます。

定説なんです。

どうかしましたか?



236 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 22:13:14
「働」和語
「動」中国語


237 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 15:03:04
マジ金にが無いがバイトもしたくない
どうすりゃいいの俺!?
一応学生です

238 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 16:19:57
脱力系の人間ってどこにでもいるんだよな。友人でも何人もいたがまあ働いてみなよ。活気のあるとこが苦手ならカプセルホテルのベッドメイキングなんかすんごく楽。あとは清掃の仕事とか車代行の仕事とか

239 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 03:03:55
彼らは、現代日本においては、人間の評価が仕事によって決まることを知っている。
しかし誰もが仕事において勝者になれるわけではない。
社会に出ることが恐ろしい。
そこで、プライドを維持するために、彼らは不戦敗という道を選ぶ。
戦うと負けるかもしれないが、戦い自体を拒否してしまえば、致命傷は負わなくてすむ。
問題はここからである。戦いの拒否の仕方について、
彼らはまた壮大な夢幻空間をひねり出すのだ。

一つ、すべての仕事はよくよく考えればくだらない。
一つ、仕事の成功者はみんなずるい汚い奴ばかりだ。
一つ、仕事に現を抜かす奴らは「人生とは何か」を真剣に考えないアホばかりなんだ。
一つ、「人生とは何か」と言う問いに苦しめられている俺は、この根源的問いを発せずに
    ひたすら仕事に邁進している奴らより高級なんだ。

と、不健康な夢幻空間を膨らますうちに、一条の光が差してくる。
それは、文学や哲学や芸術という名の仕事である。
こうした青年たちの多くは、誰にでもできる簡単な仕事によってカネを得れば
満足するわけではないだろう。むしろ、仕事に多大なほどの期待をしている。
負け犬にはなりたくない。あくまでも勝ちたいが、魑魅魍魎のうごめく社会の
まっただ中に飛び込んで傷つきたくはない。
あくまでもその外側の安全地帯に留まり、しかも社会から抹殺されたくない。
とすると、彼らは人生それ自体を対象とする仕事を模索することになる。
作家とか漫画家とかゲームクリエイターとか哲学者とか芸術家とか……。
つまり、傲慢至極にも、社会を拒否する態度そのものによって社会から尊敬を
かち得ようとするんだ。おびただしい人人が芸術家に憧れるのは、
好きなことができるということのほかに、まさに社会を軽蔑しながら
その社会から尊敬されるという生き方を選べるからなんだ。
だがこれらの仕事は、残酷なことに、成功しない場合がほとんどである。
それは、文字通り背水の陣であるから、それに成功しないとき、もうあとはないんだ。
もはや言訳は通用しない。
誰でも知っているように、こうした領域こそ才能や偶然が支配する世界であり、
勝ち負けがはっきりする世界であり、それを承知で大きな賭けに身をゆだねたのだから。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)