5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【内在性】ミシェル・アンリ【キリスト教】

1 :1:2005/05/30(月) 00:10:34
ミシェル・アンリについて語れる人いる?

2 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 03:07:07
氏ね

3 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 08:49:24
生「!

4 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 02:45:38
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏
哲学クロニクル 第291号
(2002年7月12日)
ミシェル・アンリ追悼
┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏┏

http://www.melma.com/mag/58/m00026258/a00000289.html

5 :考える名無しさん:2005/06/12(日) 11:15:41
Michel HENRY
ミシェル・アンリ
共産主義から資本主義へ 〜 破局の理論
法政大学出版局 ,2001.0226 →→『Du communisme au capitalisme, theorie d'une catastrophe』


6 :考える名無しさん:2005/06/24(金) 21:04:07
6月28日発売
定価6930円(本体6600円+税)四六判ミシェル・アンリ著/北村 晋・阿部 文彦 訳
《叢書ウニベルシタス813》現出の本質(上)ISBN4-588-00813-7 C1310
現代フランスの現象学を代表するミシェル・アンリの主著、待望の完訳。ハイデガー
による形而上学批判の影響のもとに新たな現象学的存在論を展開し、古代ギリシアか
らハイデガーに至る西洋哲学を「存在論的一元論」として批判的に捉え直すとともに、
アンリ独自の「内在」概念の内に根源的な現出の本質を見出し、その具体的な啓示を
「情感性」として規定する試み。アンリ思想の独創性を示す大著。上巻は原著の第1
節‐43節まで、および索引などを収める。
〔哲学・現象学〕

6月28日発売定価36930円(本体6600円+税)四六判
ミシェル・アンリ著/北村 晋・阿部 文彦 訳《叢書ウニベルシタス814》
現出の本質(下)SBN4-588-00814-5 C1310
サルトルの『存在と無』(1943)、メルロ=ポンティの『知覚の現象学』(1945)、
レヴィナスの『全体性と無限』(1961)などに比肩するフランス現象学の偉大な
成果の一つとされる書。「遅れて正当な評価」を得たレヴィナス思想と同様に、
「いぜんとして知られざる傑作」(ティエット)、「長きにわたって孤立無援」
(ジャニコー)の書として評されてきた、現象学の現出論的展開の古典的名著。
下巻には原著の第44節‐77節(了)、索引および訳者あとがきを収める。
〔哲学・現象学〕

7 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 07:25:44
体現の本質がついにでるんだねぇ

8 :考える名無しさん:2005/06/28(火) 01:38:32
庭田はカス

9 :考える名無しさん:2005/06/28(火) 09:27:41

実質的現象学 〜 時間・方法・他者
法政大学出版局 , 2000.0630→→『Phenomenologie materielle』

身体の哲学と現象学 〜 ビラン存在論についての試論
法政大学出版局 ,2000.0325 →→『Philosophie et phenomenologie du corps : essai sur l'ontologie biranienne』

見えないものを見る 〜 カンディンスキー論
法政大学出版局 , 1999.0701 →→『Voir l'invisible, sur Kandinsky』

精神分析の系譜 〜 失われた始源
法政大学出版局 ,1993.0427 →→『Genealogie de la psychanalyse』

マルクス 〜 人間的現実の哲学
法政大学出版局 ,1991.0417 →→『MARX, une philosophie de la realite, une philosophie de l'economie』

野蛮 〜 科学主義の独裁と文化の危機
法政大学出版局 ,1990.0620 →→『La barbarie』

10 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 11:23:54
http://d.hatena.ne.jp/faa/20050622

2005-06-22
■ [本]あの分厚いのが 20:20
アンリのEssence de la manifestationの邦訳が今月出るらしい.

ミシェル・アンリ 『現出の本質』,上・下,北村晋・阿部文彦訳,法政大学出版局,2005.
今までは『顕現の本質』っていうタイトルがあてられることが多かったけど,「現出」なのか."apparence"とどうやって訳し分けるんだろうか."Erscheinung"の訳語はこっちなのに.

11 :考える名無しさん:2005/07/17(日) 13:34:13
新刊age

12 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 01:42:53
マイナーだな

13 :唯一ネ申:2005/09/04(日) 09:19:11

       ,r-'''"" ̄ ̄"'-,_
    _,.-'^γ´          `i,
   ,r' ,.r'"ヽヽ、( ( ソノノ彡、 i
  ,i' {     "'''''''''''''   ミ  .i [ ̄二. ̄| [二⌒二]    / ̄7 [二 ̄二]  [二二 ̄|
  i  i             ミ  i \\/ /  [二__二]   /   l´     | |      //
  |  i   二 二 二 二   ミ  i..  > く.  ┌──┐ く,/!  !     | |     / く
  .i   i      ハ      ミ  i. ∠/\> l_二二_」    |_|   [二__二] ∠/\_>
  |  ノ {{|iiiiiiilll;ノ,,,,,ヽ;liiiiiiii||}} ゝヾ
   | .ミ >='^◎≫,i'^'i,≪◎'=、< ミヘ
  ,ヘ ミ ~こ二ヲ i i; .'ミ二こ、 ミ }
   { レ   ノ  i i;  ヽ、_, ';,ノ ノ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   Li,;'ゝ    ,イ  ト、  ';, i'~  |  唯   一   神   又   吉   イ   エ   ス   !
    i, i ._,ノ^-0し0-ヘ,_  }|   | 腐った日本を救えるのはネ申しかいない。9月11日は又吉イエスに投票すべきだ! 
     ゝ,イ'<ー--ニ---ー>|ノソ  <  投票しない者は!唯一神・又吉イエスが地獄の火のなかに投げ込むものである!!
      ゝ.i  `'ー-'´  i,イ     \_______________
       |..ヾ、 ,.......、,i'.,ソ |   
      ,|. ヾヽ_____レ'ソ .|、  

世界経済共同体党 †
http://www.matayoshi.org/index.html


14 :考える名無しさん:2005/10/31(月) 01:16:35
アンカルナシオン

15 :考える名無しさん:2005/10/31(月) 21:40:19
山形頼洋はなぜか同志社にいる。



16 :考える名無しさん:2005/11/01(火) 18:49:44
庭田という人も同志社。

17 :考える名無しさん:2005/11/01(火) 18:52:02
>>16
山形さんのエピゴーネンだろ

18 :考える名無しさん:2005/11/02(水) 03:13:11
庭田の本は読むに値しない。あとがきにて山形先生をよいしょしててきしょい。

19 :考える名無しさん:2005/11/05(土) 00:18:50
庭田茂吉によるミシェル・アンリ『現出の本質』書評より
(『図書新聞』10月22日号)。

この著作は、哲学的な思考の仕方そのものを教えてくれる作
品である。したがって、これは哲学の演習のテクストに適し
ているように思われる。その意味では、日本語で上下合わせ
て一〇五二頁という分量は決して多すぎるということはない。
最初から最後まで読み進めることで哲学的な思考の仕方がそ
のものが身につくとしたら、これは大変有り難いことではな
いだろうか。ただし、すぐれたテクストの読解には、長い歩
行や山登りのような精神と身体の運動が求められる。山があ
って、谷があって、時折、水の流れやお花畑が現れ、時が流
れる。もしかしたら、お城が見えるかもしれない。要は、長
い時間の経過、苦労、忍耐、努力が必要だということである。

20 :考える名無しさん:2005/11/06(日) 12:55:55
>>19
完全に痴呆症の文章ですね。読書を山登りに例えるメタファー
は陳腐そのもの。アンリの本に何の関係もない駄弁。
おそらくこの人の脳内には時々お花が咲いたりお城が見えたり
しているのでしょう。

21 :もしかしたら、お城が見えるかもしれない。:2005/11/21(月) 02:45:01


小恥ずかしい

22 :考える名無しさん:2005/11/23(水) 01:39:44
>>19
小学生なみだな。この庭田とかいう人、学者じゃないよな?

23 :考える名無しさん:2005/11/23(水) 15:05:03
本人は内田樹気取り

24 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 02:11:15
笑える

25 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 04:51:11
主観妄想乙

26 :考える名無しさん:2005/12/28(水) 01:27:14
アンリの哲学も根本から見ればスピリチュアルなものである。
つまり、神と人間とは根本的に同一であることを言おうとしている。
その意味では東洋哲学に近づいたと思う。ハイデガーではまだ、
自分と「それ」との分離感が残っていたようだ。読むたびに、
西田幾多郎との近さをはっきりと感ずる。

ここまでやってきて一つの結論としていえることは、
哲学から一つだけ何かを学ぶとしたらそれは何か、といえばそれは
「超越論的」な考え方だ、ということだ。これを簡単にいうことはむずかしいが、
一つのとらえ方としては、「私はこの世界に属してはいない」という自覚として
受け止めるのがわかりやすいかもしれない。
「私」とは、この「世界」に属しているけれども同時に、この世界を超えた場所にもいる、
ということだ。もちろん私の意識が脳によって生み出されているなどという考えは
妄想に近いものであり、
まともな哲学者でそんな妄言を信じている人は誰もいないだろう。


27 :考える名無しさん:2005/12/28(水) 01:28:48
超越論的な考え方というのはカント以来哲学の伝統としてあるものだが、
それがわかってしまえば、唯物論か唯脳論か知らないがそんなものは
カッパの屁にも等しいものである。
「私」が世界に属していないというのは、「私」という場において、
この世界を構成する作用自体が生起しているということである
(それは必ずしも今ここの「私」が世界を生み出している、ということとは
同じではないのだが)。
つまり「私」という場は、世界よりももっと本源的なある場所へ向かって
「開けている」のである。いや、むしろ、この「私」こそ、そのある本源的な
場所の「自己分与」として成立しているのではないか、というのがアンリの思想である。
アンリは要するに「人間は神の子である」という思想をひじょうにむずかしく
厳密に言おうとしているにすぎない(と、大胆にも断言しているが・・)。
存在の世界はすべて神であり、世界はすべて神が変身したものである、ということだ。
私が、「私は私である」という意識を持っているのも、つきつめれば私の本質が
神であることに由来している。というわけで単純化してみればアンリの思想は
神秘哲学の基本に忠実なのである。エックハルトの現代的形態ともいえよう
(ベーメの名もよく出てくる)。
アンリはそうした本源的な場の自己贈与として存在者の世界が成立すると考えているが、こ
れは西田哲学ときわめて近い発想法であることに気づく人は気づくだろう。
つまりアンリにおいて、ハイデガーが着手した西洋の形而上学的伝統の
転回は終局に達し、そこに新しい形而上学の成立を認めることができると思う。

28 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 14:08:06
http://reisei.way-nifty.com/spiritsoulbody/2005/12/index.html

29 :考える名無しさん:2006/01/28(土) 23:33:40
庭田茂吉はカス

30 :考える名無しさん:2006/02/17(金) 10:23:42
庭田って下条みつに似てる。あるいは木村建設の東京支店長。もしくは西田敏行と緒形拳を足して二で割った顔。

31 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 02:09:33
庭田って誰?

32 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 13:07:08
>>31
>>19の人でしょ。っていうかこの程度で書評なら、俺でも書けるよ。

33 :考える名無しさん:2006/03/22(水) 16:43:36
>っていうかこの程度で書評なら、俺でも書けるよ。

あんたじゃなくても、子供でも書ける。

34 :考える名無しさん:2006/03/23(木) 07:55:47
庭田の糞エッセー。あれはひどい。。。

35 :考える名無しさん:2006/04/16(日) 16:24:46


36 :考える名無しさん:2006/04/19(水) 05:32:45
アンリ関係の二次文献って、山形さんと庭田のやつだけ?

37 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 08:46:17
もしかしたら、お城が見えるかもしれない。

38 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 02:14:35
山形大先生の著作http://www3.kcn.ne.jp/〜kizasu-s/pages/kikanzenbu/kikansorezore/Koetounndouto.html

庭田(田舎者)の駄文http://www3.kcn.ne.jp/〜kizasu-s/pages/kikanzenbu/kikansorezore/Minimaphilosophia.html



39 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 02:24:39
アンリ・ミシェルかと思ったらミシェル・アンリだった。

40 :考える名無しさん:2006/05/13(土) 08:39:14
今閉鎖中の掲示板「研究する人生」でもバカにされていたよね、庭田のエッセーもどき。
もしかしたら、お城が見えるかもしれない。

41 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 19:03:12
『現出の本質』読み始めています。
この本ひょっとしたらスゴイと思っています。
『精神分析の系譜』より読みやすいですね。
訳者が良いんですかね。


42 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 11:43:46
もしかしたら、お城が見えるかもしれない。

43 :ゾンビ超特急 ◆f..iwwwwwg :2006/07/02(日) 03:26:05
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1151607265/00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000

44 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 16:40:35
www

45 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 13:48:23
あげ

46 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 12:19:51
お城スレ

47 :フルフィルメント瞑想詐欺師◇阿部.将英(どりーむろっじ) :2006/10/30(月) 14:08:39
■2ch従業員★どりーむろっじ阿部.将英の歌■
★覚せい剤中毒阿部.将英の住所 神奈川県大和市中央 4-14-24-806 
★ネット詐欺用架空銀行口座 みずほ銀行蒲田支店(普)3160358アベマサヒデ
http://d-lodge.com/dream-t.html
◆◆◆↓キン肉マンGO Fightのテーマソングで歌おう↓ ◆◆◆
http://chakumero.yahoo.co.jp/bin/search?kd=5&ca=1&id=8300
■2chで〜〜ニートをあつ〜め〜♪ 騙し〜の〜〜マントラで稼〜ぐ〜♪ 
インチ〜キ〜遠隔透視(霊視)♪2ちゃんの〜IP情報、つかってぇ〜〜〜♪
(※その秘密はここ)→ ttp://blog.mag2.com/m/log/0000056255
■★精神病人(呼〜び出し)★瞑想洗脳(オフ会) 霊能力、夢見させ〜〜♪
★薬物瞑想(ゲーンカク・幻覚) ★マントラ料金(ぼったくり) 
TM〜〜瞑想でぇ〜〜♪、騙されてる〜〜オタクが、カモ〜〜♪
おカネ〜〜を湯水のように〜〜〜使うから〜〜♪♪
阿部まーさひでー(将英)〜〜 (2ch)宗教板従業員〜〜♪
■<リピート>★インチキ(遠隔透視)  裏情報で(言い当て)超能力夢見させ〜〜♪
★マントラ料金(ボッタクリ)ローンも組ませて(破産宣告)
カネと〜〜〜、女に〜〜くるぅったボブフィックス、教祖♪
ヒトヅ〜〜マ(人妻)とマンコするのが〜〜♪ 趣味なのさ〜 阿部.まーさひでー(将英〜)♪ 
(2ch)宗教板運営〜〜♪ 顔写真 ttp://d-lodge.com/dream-pro-1.html
──────<どりーむろっじ阿部.将英への内部告発の声>───────────
94 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:49:00 ID:dq2OV3yn
阿部.将英って(フルフィルメント瞑想の)他の講師陣から総スカンくらってハブにされてやんのw 
しかもそのことをうらめしそうに自分のメーリングリストに流して他講師を中傷してやがる 本当に屑
ディクシャも自分で 推奨して講師になりたいとまでいいながら 「瞑想は必要ない」と いっているのを知ると
商売があがったりになるのを恐れ 突然ディクシャは黒魔術といいはじめた最低な豚野郎だ 。


48 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 21:25:52
            ●●●●●●●●
言うまでもないが、この点に関してはバチカンや米国が言っていることは
全て嘘である。彼らは宗教を装ったこのシステムで相当数の
地球民を殺してきている。そこには結局は支配欲しかない。愛ではない。
十字軍はじめ歴史上、この偽宗教が殺した数は地球人口の相当割合に及ぶ。

キリスト教の言う愛は愛ではない。偽愛である。
スケープゴート、生贄を前提とした偽宗教や社会システムなど
人類社会にとってはマイナス以外のなにものでもないであろう。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
人類、特にキリスト教圏は
この点、新たな精神革命が必要である。
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1162598313/



49 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 17:52:23
>>19
>>19
>>19

50 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 13:29:07
sage

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)