5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ポパーの反証主義

1 :ローカルルール審議中:2005/04/05(火) 23:28:20
http://www.law.keio.ac.jp/~popper/

2 :我  無 ◆GTMIKVL50s :2005/04/05(火) 23:31:34
今晩は。

3 :ローカルルール審議中:2005/04/07(木) 00:40:12
3げと(プ

4 :ローカルルール審議中:2005/04/07(木) 01:03:01
ところでなんで慶応なの?

5 :4月バカ:2005/04/07(木) 01:08:15
>>4
ポパー研究会の窓口役をやってる先生が慶応大学に勤めてるから


6 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 16:14:06
カール・R・ポパーについてのスレ
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/sociology/974108933/


7 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 04:34:22
ポパースレは本来哲学板だと思います
社会学でポパーってのは関係ない

8 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 04:37:05
社会学方法論をめぐってハーバマス派とポパー派の論争ってなかったっけ?
論理実証主義だったっけ?

9 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 05:19:30
>>8
ハーバマス/ルーマン論争のことじゃないの?

10 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 05:44:43
>>8
アドルノとポパーもやってますね

11 :ローカルルール審議中:2005/04/22(金) 20:12:34
科学社会学だよ

12 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 00:41:20
哲学じゃないの?

13 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 14:46:06
なぜ伸びないの?

14 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 04:38:14
のびろ〜〜〜

15 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 05:20:03
日本の科哲の連中は、
社会科学ネタに近寄らないからだな。
もったいない、というか覇気が低い。

16 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 07:34:35
じゃ、伊勢田先生は偉いね

17 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 08:50:13
哲屋の科学嫌いは、自然科学に限らないってことかw

18 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 13:50:17
伊勢田は偉いよ。


19 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 18:23:40
http://www.google.co.jp/search?q=%88%C9%90%A8%93c&ie=Shift_JIS&hl=ja&btnG=Google+%8C%9F%8D%F5&lr=lang_ja

どれだよ?

20 :考える名無しさん:2005/06/25(土) 20:37:26
のびないねw

21 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 12:06:51
>>19
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4815804893/
この本では社会学について論じてる。

なんかさあ、哲学者はみんな科学の「敵」だと思ってない? それ凄い誤解だよ。
歴史的にはむしろ科学の合理性とかを擁護しようとした哲学者の方が主流なんじゃない?
三中さんとことかみて。伊勢田さんや戸田山さんを好意的に評してるから。

22 :考える名無しさん:2005/07/09(土) 08:00:07
岸田先生からお葉書をいただきました。ポパーという名前は聞いたことがあるが興味はないし、精神分析が科学かどうかにも興味はないそうです。

6: 「精神分析が科学かどうかにも興味はないそう」だとしても、フロイドの著作には興味あると、岸田秀さんは、書いていますね。
 飛躍しますが、もしかしたら、根拠がなくとも、フロイドを読まざるを得ないという「脅迫神経症」の方なのかも知れませんね。

7: いやあ、『諸君!』7月号で、日本には「物語」が必要で、その物語は天皇だ、って書いていたけど、葉書には、天皇はあってもなくてもいいと思っています、って書いているから、単なる嘘つき秀ちゃんなのでは。学歴詐称もしてたし。

23 :考える名無しさん:2005/08/08(月) 12:22:31
ポパーは科学者じゃないでしょ

24 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 20:15:38
>>15
近寄っても駄目だけどな。

25 :考える名無しさん:2005/08/10(水) 22:24:38
ポパー対クーン
ポパー対ウィトゲンシュタイン

ポパーの勝ち!!
ウィトはなんか火鉢かなんか持ったんだよね。かっこわるいよ!
世間ではウィトのほうが有名だけど
本当はポパーのほうが頭いいんだよ
みんな気づけよ

26 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 21:24:40
>>25
頭いいかどうかはどうでもいいが、実質的に科学的研究を支えているのは反証主義。

27 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 21:36:02
>>26
「科学者は反証可能性なんて考えてない」という批判は
よくあるし、実際にそうだろう。盲目的信仰の方が研究を
促進することもある。

とはいえ、これは科哲全般に当て嵌まることだが。

28 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 21:56:51
>>25
火かき棒だよ。火鉢って……。

29 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 22:50:09
ジョージソロスの投資理論はポパーの科学哲学に基づいている。

30 :考える名無しさん:2005/08/14(日) 23:30:55
>>27
優れた科学哲学や数学基礎論は一流の自然科学者や
数学者によって構築されている。

要は餅は餅屋ってこと。

つーてもその科学哲学や数学基礎論は、実際の研究に
影響を及ぼしていない場合がほとんどだけどね。

31 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 03:07:18
フロイトの精神分析やマルクスの歴史観を、
「科学にあらず」と哲学的に的確に批判できたのは
ポパーだけだと思う。
精神分析(精神力動)の流れに与する臨床心理家や
いまだにマルクス主義の正当性に拘るいわゆる
「新」左翼党派の中で、ポパーの反証主義に対し
明確な再批判をおこなった理論を目にしたことがない。

32 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 03:23:01
>>31
お前のその説自体が信仰だからw

33 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 10:38:52
むしろ物理学なんかは「世界は物理的説明に還元できる。
還元できない事例があるならば、それは理論が不十分で
あるか、観測方法がおかしい。」という前提で邁進してる。

34 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:39:35
「反証可能なリスクを負うものが科学である」 ポパー

ポパーは、だからといって 「科学理論は反証によって作られるべきだ」
と考えたわけじゃない。

ポパーは、「反証可能性を持つものが、科学であり、
逆に、反証可能性を持たないものはウソ科学である」とはっきり定義したのである。

しかしこのことの最大の問題は、「実験を行って、理論と異なる結果が得られたからといって、
理論が間違っているのか?たくさんある前提条件のうち、どれかが満たされていないだけなのか? まったく区別がつかない。」

人類にとって、反証すら確かな検証方法ではない

ポパーが賢かったのは、このような問題点にちゃんと気付いていたところだった。
ポパーは、「結局、このような疑いを乗り越えて、何らかの科学理論を構築するためには、
どこかで疑いを止める地点を<決断>しなくてはならない」と述べた。

35 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:40:25
デリダは、「純粋の暴力」を発動させる瞬間=A
つまり「法/不法」の境界線を措定して「正義」を呼び込む「決定」の瞬間≠ノは、
どうしても「割り切れない」「決定不可能なもの」が亡霊のように取り憑いてくるが、
それにもかかわらず、「決定=判決 decision」はなされねばならず、
実際になされている、という立場を取っている。

36 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:47:24
ウソ科学というのはちょっとニュアンスが違うと思う。
それだと理論自体が誤りであるかのように見えてしまう。
しかし反証可能性を持たない理論は、誤りなのではなくて、
誤りなのか分からないという点が強調される。

「擬似科学」という従来の訳語でいいのでは?

37 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 18:56:29
>>36
しかし反証されたものも「誤り」なのではない。
「誤りと看做される」ということ。これがポパーの言う決断でしょう。
マトリックス的世界観について考えれば分かる。
これは社会科学ではウケがいいけど哲学ではウケが悪い(というか
やってる人が少ない)理由でもある。

38 :37:2005/08/15(月) 19:03:28
ただ俺が気になるのはウィトゲンシュタイの「沈黙云々」や
デリダの>>35みたいな発言は受け入れられるのに、ポパー
はあんまり流行らないんだよね。
懐疑をどこかで止める、あるいは、それを(懐疑は消滅しない
のに決断はあるということを)指摘するという点で一緒だと
思うんだが。

39 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:04:26
>>34はコピペ。ご存知だったらスマヌ。

猿でもわかる哲学史
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/saruTetuFrame.html

>>35も多分コピペと思うけどどこからかわからん。




40 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:06:36
>>39
コピペなのか。

41 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:08:32
別に流行らなくてもいいと思うが。

42 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:10:51
ってか懐疑主義は従来からあり、それに対抗する理論も
どんどん作られていった。デカルトなんかはその最たる
例でしょう。ただ、現代になると実証科学という新たな
着眼点ができたからそれを用いている。

43 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:20:44
>>38
ポパーについては彼の反証可能性の考えが特別ポパーの名を冠せられることなく
その有用性から広く用いられてる。
一方、「決断」については文脈主義みたいな形で定着しつつあると思う。
俺は個人名と一緒になって流行るよりはこっちの方が健全だし望ましいと思うけどね。


44 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:22:14
流行る流行らないというか、科学性の問題は、

当の自然科学から見れば「俺達が範になってるの?フーン」
法学や文芸から見れば「へー。でも俺達は科学じゃなくても無くならないし」

で、結局社会学なんかが一番真剣になるんだよね。

45 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:24:58
>>43
経済学や社会学が「俺達科学に近付かないとダメなんじゃね?」
ってことで、そのための一手法になってるのは認める。

46 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:28:42
>>44>>45
科学性の議論はそもそもそのための議論みたいなもんだからいいんだよ。
別に裁判官的な断罪機能ははなからない。
非科学の領域が無意味であるというわけでもない。
あと、心理学も忘れずに。

47 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:38:03
>>45
いや、そういうつもりで書いた訳では全然ないんだけど。。。

なんかかなり鬱屈した想いを溜め込んでそうだねw
どれ、お兄さんに何でも話してごらんw

48 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 19:38:53
社会学って「俺達科学に近付かないとダメなんじゃね?」 なんて思ってるのかね?
なんか科学の現場における適当さを強調することで「社会学は努力しなくていい」って風潮があるように見える


49 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:01:41
ちゃんと研究してる人はちゃんとしてるんじゃないの?
確かに現場をちょっとうろうろしただけで実証されたと
思ってるような話が多いけど。

50 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:07:16
既出だけど一番科学性を気にしたのは心理学でしょ。

51 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:08:37
>>49
例えばジェンダーは実証可能?反証可能?

52 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:10:12
>>51
そりゃジェンダー理論の中身にも寄ると思うが。

53 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:13:05
社会学は政治(政治学ではない)や生活と近すぎるから実証主義を
貫徹するのはほとんど無理なんじゃない?

54 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:18:17
>>51>>52
ジェンダー理論を本当に実証的に研究しようとしたら社会学じゃ
無くて医学か脳科学になると思う。

55 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:22:44
>>54
つーか人間の行動を扱う問題は全部そうなると思うんだが。
社会学が実証主義を名乗るのって、

「自然科学に吸収されるのを待つ問題群の集まり」

ってことでしか希ガス。

56 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:24:23
>>55
それは言い過ぎでしょ。
心理学は最後脳科学に還元されるというのと同じ。

57 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 20:52:17
カールシュミット決断主義

58 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:28:21
ポパーはマルクス主義とフロイトのことは、明らかに断罪しようと試みたと思う。

はっきりいってそのせいで、
せっかくのアイディアがちょっとイデオロギー色に染まったな
「知識人の阿片」とか幼稚なキャッチフレーズ使ったし
それさえなければもっとまともな考えだったと思う。
なぜならポパーを論敵叩きに「のみ」使う香具師が続出したから。

59 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 22:31:06
ポパーに哲学的野心があったという本がおもしろかったよ。

ポパーとウィトゲンシュタインとのあいだで交わされた世上名高い一〇分間の大激論の謎
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480847154/qid=1124112632/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-4141619-1370726


60 :考える名無しさん:2005/09/07(水) 17:15:01
読んでないけどウィト嫌いなのでポパーage

61 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 09:03:10


62 :練馬哲人 :2005/12/03(土) 11:57:54
>>61 おいおい、なんでage たんだよw

63 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 15:43:02
すこしはまともすれもあがってないとね

64 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 19:52:58
反証主義って道徳にも適用できますか?
例えば「普遍的な善などない」とするような相対主義は「無い」ことを主張するので
悪魔の証明に当たるから反証可能性がなく、道徳とは呼べないとみなす、とか。

65 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 20:01:20
訂正
「〜相対主義は」以降を、
積極的に主張できず「いや善はある」という反証を出すためのたたき台とみなす。に変えてください。


66 :考える名無しさん:2006/01/07(土) 11:27:58
ポパーの指摘では
われわれは自らの誤りを認めるために真理理念の存在を必要とする

ならば正義もまた
われわれは自らの行いを反省するために正義理念の存在を必要とするのだろう
普遍的な真理が得られないことと同様に、普遍的な善が得られないことに関しては相対主義も反証主義も同じく認めるだろう
相対主義は、普遍的な善の理念を放棄することにより、自らが善であるという独裁的態度に陥ってしまう


67 :哲学者 ◆PIln4q9LJc :2006/02/20(月) 12:06:48
神聖化age

68 :考える名無しさん:2006/02/23(木) 04:51:19
fosyu

69 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 02:19:08
反証可能で、数理論理学のような厳密性を持つ理論体系こそが真の科学であり、
それ以外の理論体系は科学から埋葬されるべきである、というのがポパーの主張。

つまりポパーに言わせると、フロイトやマルクスはそこらへんの小説と同じで、
ただの一般教養レベルの価値しか無いということ。

70 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 02:24:50
×反証可能で
○反証可能性と

71 :考える名無しさん:2006/03/31(金) 08:12:51
>そこらへんの小説と同じでただの一般教養レベルの価値しか無いということ。
哲学もそうなのに...

72 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 17:31:30
>>69
ポパーは科学性だけに価値を認める科学主義者だったのか。

73 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 17:57:51
>>72
少なくとも1950年代以降のポパーは科学や哲学における
形而上学の積極的役割を認めている。最近訳された
ポストスクリプト三部作を見てみるとよい。
非決定論の宇宙観は反証不能だが戦後ポパー哲学の中心となっている。
進化論も「反証不能だが役に立つ」という肯定的な評価をされている
(これはのちに撤回されて「進化論も反証可能」に態度変更)。

ポパーが否定したのは、普通に反証可能な仮説を立てられる領域の
研究をしているにもかかわらずそういう仮説を立てようとしない
(あるいはアドホックな抜け道で事実上反証を不可能にしてしまう)
人たちの営みで、マルクス主義もフロイト主義もこのカテゴリーに入る。


74 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 18:39:20
そんにゃのポストスクリプト見るまでもないだろ。
ポパに言わせれば推測は幾らでも大胆であって構わないんだから。

75 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 18:57:19
>>73
ポパー爺さんも、自分が認めたいものは肯定され、
自分が認めたくないものは否定されるような基準を
求めて大奮闘のご様子。お疲れ様です。

76 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 18:59:14
いっちょまえの口利く前にまともな日本語覚えろよw

77 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 19:09:22
>>76
>>75の日本語のどこが変だっておまいは思うんだ?

78 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 20:02:35
人に訊く前に自分で考えろよwww

79 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 21:43:13
心の片隅に>>75みたいな観点を持つことは重要だよな。

80 :考える名無しさん:2006/04/05(水) 01:52:26
片隅ならな

81 :考える名無しさん:2006/04/05(水) 13:37:11

 ば か や ろ う



82 :考える名無しさん:2006/04/06(木) 04:08:50
ポパイはほうれん草が好きだったな。

83 :考える名無しさん:2006/04/06(木) 11:58:25
>>82 それ俺が言おうとしたのに何で先に言うんだよ!バカ!

84 :考える名無しさん:2006/04/15(土) 22:44:06
ポパーの言ってることなんて科学者から見たら常識

この程度の奴をマンセーするようでは哲学の適性が無い

85 :イムレ・ラカ蔵:2006/04/15(土) 23:04:55
>>84
2chの適性があるのは分かったからとっとと氏ね

86 :考える名無しさん:2006/04/18(火) 05:35:11
>>84
常識でもなんだかついポパーを非難したくなる気持ちがうずうず沸いてきて、
いろいろ欠陥はあってもウィトなんかをどうも擁護したくなるくらいでないと、
哲学の適性は確かに無いといえるなwww

87 :考える名無しさん:2006/04/26(水) 14:32:42
>>84
>ポパーの言ってることなんて科学者から見たら常識

科学者にとっては帰納的推論をしないのが常識?
不利な証拠が出たらどんな仮説もぽいぽい捨てるのが常識?
むしろカールはかなり非常識なことを言っていたような気がするのだが。


88 :考える名無しさん:2006/04/27(木) 10:59:42
ポパーなんて何か言ってるようで何も言ってないんだよな。
飲めない水は飲料水ではない、みたいな。

89 :考える名無しさん:2006/05/01(月) 23:26:23
>89
そのくせ、ちょっと目を離すと
いつのまにか夢みたいな世界を作り始めてるしな

90 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:37:55
文芸の高尚さが理解できないようだね?

91 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:25:08
>>66
>相対主義は、普遍的な善の理念を放棄することにより、
>自らが善であるという独裁的態度に陥ってしまう

ってか、それほどまでに思想が行動に直結してるもんなんかな?
「相対主義者は全員独裁者か?」という問いを立てたらその答えはどうなるんだろ?

92 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 04:10:49
ってか、その引用文、前段と後段が連絡してないよね。

93 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:47:16
ってか、相対主義の人ってたいてい独り善がりだよね。

94 :考える名無しさん:2006/06/08(木) 18:59:34
>>93
反証テスト汁。

95 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 19:28:25
デュエム−クワイン・テーゼ

96 :飛べないカラス:2006/06/22(木) 11:10:29
「すべての言説は反証可能である」 カール・R・ポパー

97 :(((・∀・)))プルプル :2006/07/29(土) 10:58:50
とりあえず(((・∀・)))プルプル してみよう。

98 :考える名無しさん:2006/07/29(土) 18:30:03
正義(仮)

99 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 12:23:25
dプルさんがこんなところにも!

100 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 02:32:24
100

101 :考える名無しさん:2006/10/20(金) 00:03:32
ころころころがった糞を相手の顔面に投げる練習なくしては
哲学の入り口にすらたどり着かぬと心得よ。


102 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:09:30
よいしょ

103 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:18:46
誰か第3世界や反証可能について語ってくれ。

ウィトやゲーデルはもうそろそろ飽きた。

104 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:35:37
最近、批判的合理主義が一番ベストな主義だと思うんだけど、
みなさんどう?

105 :考える名無しさん:2006/10/21(土) 15:51:28
あれは ベストでマストだね

106 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 16:04:17
本当に沈んだ過去スレ


沈む?! ポパースレッド
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1017967653/

107 :考える名無しさん:2007/01/21(日) 02:14:23
再浮上!

108 :考える名無しさん:2007/01/29(月) 18:53:34
「反証可能性」はポパーが最初に考えたのですか?

それとも

一部では昔から言われていたことをポパーが大きな声で言ったということですか?

どうぞよろしく教えてください。


109 :考える名無しさん:2007/01/31(水) 13:00:27
「反証可能性」を科学性の基準として重要視したのがポパーって感じじゃないの。
論理実証主義の「検証可能性」だって、観察命題への還元云々なければ似たようなもんじゃん。


110 :考える名無しさん:2007/02/01(木) 07:52:53
ポパーの物理学の実力は、東大の物理学科教授より上か?

111 :考える名無しさん:2007/02/01(木) 22:12:51
ポパーは科学哲学者であって物理学者ではありません

112 :考える名無しさん:2007/02/02(金) 04:56:01

会社では、無能なのが出世したり(社長になったり)することが
多々ある。 というより、これが普通かもしれない。 そうは言っても、
よく考えてみると、ゴマスリ等の「後付の理由」はあるものだ。 
しかしながら、社外から見ると、「優秀だから社長になった」ということになる。

おれはこのことは、「オレの会社」だけのことでなく、すべての社会システム
において、日常的なことと思っている。

なにが言いたいかというと、
「ポパーとオレの会社の社長は似ている」
ということだ。

ポパーの社外評価でなく社内評価を知りたい。


113 :考える名無しさん:2007/02/05(月) 17:48:59
>>112
否定はしないが、ヘーゲルだって似たようなものだろう。
ヘーゲルと一緒にされるとポパーは怒るかな?

個人的評価としては「知と無知の源泉について」などで
「知の源泉」「無知の源泉」などをテーマとして扱ったということを評価している。
後期ポパーは新しい発想の芽があったと思う。
それを明確な形にはできていなかったっぽいが。


114 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 19:27:42
関係ないかもしれんがポール・ジョンソンがポパーの
『開かれた社会とその敵』『歴史主義の貧困』を賢い高校生
または大学一年生に読ませれば変な思想にかぶれないと言ってた

115 :考える名無しさん:2007/02/14(水) 04:44:21
>>114
ポパーにかぶれてしまいました。・・

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)