5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

♪カントの『判断力批判』を語りましょうよ♪

1 :考える名無しさん:05/01/06 23:55:21
それではGO!!

2 :考える名無しさん:05/01/07 00:00:27
「判断力批判」を読むと、快楽や芸術に進化や発展はない、全ては組み合わせだよ、
と言われてるようでなんとなく鬱になる。

3 :考える名無しさん:05/01/07 00:13:54
>>2
>全ては組み合わせだよ

こういう考えがどうして『判断力批判』から出てくるのかわからないなぁ。もう少し詳しくお願い。

4 :考える名無しさん:05/01/07 01:17:22
ちゃんと読んでない
かじっただけ

5 :考える名無しさん:05/01/07 01:18:56
「判断力批判」によれば、美とは快楽の享受なんだよね。

6 :考える名無しさん:05/01/07 14:40:20
『判断力批判』の邦訳だが、
岩波文庫の篠田訳は糞

7 :考える名無しさん:05/01/07 17:39:24
さいな、糞疫の糞厄でんな。

8 :考える名無しさん:05/01/07 18:02:59
今更、死のだの糞訳なんぞ、もう古いです。
当の昔から糞訳って評価は決定的なんです。

9 :考える名無しさん:05/01/07 18:05:14
じゃ、誰の訳で読めばいいの?

10 :考える名無しさん:05/01/07 18:08:09
原書が無理なら英訳にしとけ

11 :考える名無しさん:05/01/07 18:08:25
俺の訳

12 :考える名無しさん:05/01/07 19:23:20
こういったスレって、1が率先してやらないとたちまちdat落ちするぞ

13 :考える名無しさん:05/01/07 19:38:22
目的なき合目的性&無関心性でキメッ

14 :考える名無しさん:05/01/07 19:45:38
今、カントの判断力批判を読む意義ってどういうとこにあると思います?

15 :考える名無しさん:05/01/07 19:49:01
美学やる人は基本文献だし、価値感の相対性について
考えるときとか、各自の勝手な読みかでいろいろ引き出せるかな、と。

16 :考える名無しさん:05/01/07 19:50:23
古典など歴史的興味以外に読む価値などないと思うが

17 :考える名無しさん:05/01/07 19:54:11
ポストモダンやポスト構造主義から読みなおすとどうなるのか

18 :考える名無しさん:05/01/07 20:06:04
んじゃ、なにを読むんだ?

19 :考える名無しさん:05/01/07 20:06:27
ポストモダンから読みなおすの意味を小一時間(ry

20 :考える名無しさん:05/01/07 20:10:04
ポスト構造主義の連中なんて古典の研究者ばっかじゃん。


21 :考える名無しさん:05/01/07 21:17:57
>>20
「ポスト構造主義」は馬鹿が使う言葉

22 :考える名無しさん:05/01/07 21:47:23
ポストモダンのほうが馬鹿かな

23 :考える名無しさん:05/01/08 11:04:54
>>9
岩波のカント全集8、9巻の牧野英二訳が吉。
高いけど、本気で読む気があるなら、これ+原書で
じっくり取り組もう。

24 :考える名無しさん:05/01/08 13:48:38
牧野英二ってカント研究者の中では日本で一番ですか?
この人の本買おうか迷ってました。

25 :考える名無しさん:05/01/08 14:23:25
何で今カントなのか?悟性の形式によって、ポスト・構造主義によって
失われた主体の復活を図るためだろうか。再度定立する基盤を探している。
あるいはヘーゲル的に差異を内在させ、それを統合する主体を復活させる為
だろうか。

26 :考える名無しさん:05/01/08 14:44:17
もってるのは世界の大思想のだ
古本だけど実理もついててお買い得だった

27 :考える名無しさん:05/01/08 14:50:52
>>25
カントについての一般的な質問は総合スレで。

【Immanuel】 カントだよ全員集合!3 【Kant】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102664061/

28 :考える名無しさん:05/01/15 11:18:03
>>23
以文社の宇都宮芳明訳も「判断力批判」の訳としては定評がある。こちらでもいいね。

29 :考える名無しさん:05/01/21 01:12:29
『判断力批判』については
日本人の研究者で優れているのは
神戸大の長野順子さんかなと思います。

30 :考える名無しさん:05/01/21 01:35:07
ドゥルーズもデリダも結局この本に立ち戻る

31 :考える名無しさん:05/01/21 09:41:32
『判断力批判』については
日本人の研究者で優れているのは
神戸大の長野順子さんではないと思います。

32 :考える名無しさん:05/01/21 10:46:28
>>31
では、誰が優れてると思うのか?

33 :考える名無しさん:05/01/29 15:42:57
age

34 :考える名無しさん:05/01/29 19:53:13


35 :考える名無しさん:05/02/06 21:36:27
プププ

36 :考える名無しさん:05/02/06 21:42:13
カント『判断力批判』と現代
―― 目的論の新たな可能性を求めて ――
佐藤 康邦

■体裁=A5判・上製・カバー・380頁
■定価 6,510円(本体 6,200円 + 税5%)(未刊)
■2005年2月25日
■ISBN4-00-022444-1 C3010

-------------------------------------------------------------
-------------------
哲学における〈目的論〉概念を今日に生かすべく,『判断力批判』を考究
する研究書.ときに内在的な読解を越え,現代の哲学や科学との接点をと
らえることで,一層重要性を増しつつある同書の新しい読み込み地点を示
す.


37 :考える名無しさん:05/02/06 22:37:36
これもおすすめ!

『判断力批判』を読み直す
 渡辺淳一

■体裁=A5判・上製・カバー・560頁
■定価 3500円(税込)
■2005年2月25日
■ISBN4-00-022444-1 D990

-------------------------------------------------------------
-------------------
齢71にして新境地を開くなべじゅん初の哲学書.「無関心」としての「美」を女体盛りに
てんこ盛り.バイアグラはもういらない.

38 :考える名無しさん:05/02/06 22:43:21
↓読んだ方いませんか?感想&批評など聞かせてください。

◆カントを読む―ポストモダニズム以降の批判哲学―◆
                   牧野英二
    岩波セミナーブックス87

39 :考える名無しさん:05/02/06 23:19:13
自己の総合観を相手に伝えるにはどうすればいいのか。
これはこの総合である、この総合に、これは入るのか、入らないのか、という事か。
お前のしている事はこの総合では無い。
我々は、意識において直観から次にどのように概念とそれ以前をかかわらせているのか。

40 :考える名無しさん:05/02/11 18:17:19
関連スレ:

【新刊】カント『判断力批判』と現代:佐藤康邦著[2/25]
http://etc3.2ch.net/test/read.cgi/ticketplus/1108053287/

41 :考える名無しさん:05/02/19 18:04:30
関連スレッド:
「純粋理性批判」精読スレッド
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1108778530/l50

42 :考える名無しさん:05/02/21 12:25:02
ごめんなさい、私です
これから買って読みます

43 :考える名無しさん:05/03/05 13:15:07
>>40の本買った人いる?

44 :考える名無しさん:05/03/12 22:56:57
やっぱカントは『判断力批判』で頂点だな。

45 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 22:02:46
原著で読み出したのですが、ドイツ語が難くて序言から躓いてます。
この先が思いやられます…。

46 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 04:23:43
カントのドイツ語はいろんな意味でやばすぎw

47 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 02:49:39
カントのドイツ語はムズいよね。。。

48 :ローカルルール審議中:2005/04/20(水) 01:29:11
カントのドイツ語にはガムがついています。

49 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 00:29:05
保全

50 :考える名無しさん:2005/05/18(水) 03:25:20
カント
       _,.r::'::::::::::::::-.、
     r::::_;:---、、;;::-'ー、ヽ
    /':::i'         ヾi
  ,,.r、:::::::i        .: ll
  rr;i:::,r:::::!  _,,,__,  _,,,..._ .l:i
 ヾ:r::;:-、:r  i'tテ;:. i:'tテ:r i::ヽ
  `ヾ::rt'    ´  '  l::. ´ !r'
      ヾ.ィ     -、ノ:.  l
      ./!、   ー-‐;':. /
      / ヾ ヽ、   '  /
    ∧   ヽ ` 7‐r_'/ヽ
   ,r  ヽ、   ` <ニrヽ 〉
 ,r'        -、     ヾ il l、
r            ̄ t- ヾi: lヽ


51 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 18:32:14
うまいなあ。

52 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 16:47:19
『判断力批判』で日本一は誰?って言っても、美感的判断力を中心にしてる研究者
と目的論的判断力を中心にしている研究者とでは比較のしようがないよ。
後者であれば牧野さんなんじゃないかな。それにしても>>50上手すぎ。

53 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 23:37:32
モーツアルトにも似てねえか?

54 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 01:49:57
たしかに。

55 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 01:43:08
美形のカント

56 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 19:21:32

佐藤さんの『判断力批判』と現代を読んだ方っています?
感想など教えてもらえると、ありがたいです。



57 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 12:36:07

私も知りたいなあ。

58 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 14:18:03
誰も読んでません

59 :考える名無しさん:2005/07/31(日) 13:30:13
>>1
重複につき誘導

【Immanuel】 カントだよ全員集合!3 【Kant】
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1102664061/

60 :考える名無しさん:2005/07/31(日) 13:35:46
>>59
カントはもっともメジャーな哲学者の一人なので
主著ごとにスレはあってよい。
カント研究者のなかでも認識論・倫理学・美学等で
専門が分かれるという事情もある。

61 :考える名無しさん:2005/07/31(日) 14:20:21
美学スレのウダウダした連中をこっちに誘導して欲しい


62 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 12:31:03
『判断力批判』は美学の本なのかなあ?
目的論は自然哲学みたいなものだし。

63 :考える名無しさん:2005/09/05(月) 20:56:44
美学的に読むにしろ自然哲学的に読むにしろそれは切り口の違いなんだからきにしないでいい。
いろんな方面から読まれるってのが名著の証だよ。
第三批判は共通感覚論から政治哲学として読む向きもあるし。

64 :考える名無しさん:2005/09/14(水) 20:03:12
あんまり美学の本と考えすぎるのもどうか、

少なくとも芸術の本ではないでしょ。



65 :考える名無しさん:2005/09/14(水) 23:55:55
>>64
『判断力批判』でも、技術/芸術/美術の話はありますよ(43節以下)。芸術の本ではない、と断言するのは言い杉。


66 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 00:59:57
美学に反感でもあるんじゃねーの

67 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 13:27:37
>>65 そんなことは知っている。何年もこの本につきあっているから。

 俺がいいたいのは、判断力批判の中心は「芸術」ではない
 ということ。
 それと、あまりにも「判断力批判」=美学 という考えが強すぎるの
 ではないかということ。

 カント自身、もともといわゆる造形芸術に広い関心をもっていた
 ひとではないし、限られた芸術体験を自己の学説に役立てた、という
ことに過ぎないわけで。(挿絵とかそんなのばかり見ていたからね)

ただし、美学=芸術理論 と考えるか 美学=感性学 と考えるか
美学=芸術の哲学 と考えるか(などなど)
という基本的な美学の認識によっても評価は変わってくるだろうと
思う。

>あんまり美学の本と考えすぎるのもどうか
という微妙ないいかたを理解してほしい。

68 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 13:29:57
フリードリヒの詩が崇高とかいって追従するような香具師だしな

69 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 09:53:26
>>65
でもカントは芸術音痴っぽいよ

70 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 10:48:23
>>69
哲学者なんだから作品に対して目利きである必要はないと思う。
芸術音痴なのに概念の力で後世に残るような芸術論や美学をあそこまで展開したことこそが哲学者たる所以だろう。

71 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 14:43:55
>>70 逆にいうと、彼の芸術音痴を考慮したうえで、
 カントを読まなければならない、ということだと思う。

 諸芸術のうちで詩の優位とか、線描性がゆえに造形芸術内での
 絵画の優位とか、彼がその貧しい芸術経験から主観的に引き出した
 結論はとても鵜呑みにできないから。

72 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 14:53:37
>>71
>彼がその貧しい芸術経験から主観的に引き出した結論

いや「主観的」なんじゃなくて、カントの哲学体系の
強力な論理で、芸術論を展開しているから、
読むに値するんだろう。

カント哲学全体に照らして齟齬を来しているなら問題だが、
そうでないなら、 カント個人の芸術経験が貧しいかどうかは
さしあたり切り離して扱わなければならない。


73 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 14:55:18
カントについてちょっと知ってるけど、
芸術系はだめだと思う。でもファッションはおしゃれだったらしいよ。
金髪のカツラをかぶって、ステッキ持って。カントは体の見た目があんまりよくなかったらしいけど、
それを隠すために仕立て屋にいろいろかっこよく見える服を作ってもらってたらしい。
特に「音楽」は興味なかったみたい。演劇は人間関係が面白いから見てたみたいだけど、
そのあとの音楽は聴かずに帰っちゃったんだってさ。

74 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 15:01:54
カントは食にもこだわりがあったよな
体系における地位は低いんだけどさ
そしてコーヒー好き


75 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 15:10:02
芸術作品についての知識は怪しいが、社交性もあったし、
諸々の趣味には独身なりに色々なこだわりがあったみたいだね。

76 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 16:37:32
>>72 「主観」という言葉に反発したんだろうけれど、
 やはり芸術については「好み」としかいえないと思う。

 造形芸術についていえば、彼はミケランジェロとか
 レンブラントのような画家は生涯見ることはなくて、
 自分の周りの挿絵とか、建築とか装飾品とかばかりにせっしていた。

 その芸術経験と、彼自身の哲学体系とが結びついたうえで
 いくつかの結論を下したわけだから。厳密な体系のところどころ
で彼の「好み」が透けて見える。それが楽しいところ。

 もちろん、それだけに有意義なところもあるんだけど。
 俺はひとこともカントは無価値だとはいっていないよ。
 でも、美術史系の人なら捕らえ方は異なってくると思う。

77 :考える名無しさん:2005/11/04(金) 13:03:19
h

78 :考える名無しさん:2005/11/29(火) 11:45:48
>>76
>やはり芸術については「好み」としかいえない

「好み」で芸術を捉えるのは
カント的には美的判断ではないな

79 :考える名無しさん:2005/11/29(火) 11:48:42
「ではないな」で終わりにしないで、せっかくだからもっと語りましょうよ♪

80 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 00:36:24
もっと語りましょうよ♪


81 :考える名無しさん:2006/01/04(水) 07:28:02
age

82 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 01:55:28
カントはワイン大好き

83 :哲学者 ◆PIln4q9LJc :2006/02/20(月) 12:11:02
神聖化age

84 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:10:04
私もカントを知り始めた。でも全然読めない。理解不能。
判断力批判って、芸術美を考察しているって倫理の教科書に書いてあったけど
ちがうの?
でも文才はなかったらしね。芸術についてはショーペンハウアーに頼ったほうがよさそうだね。
でも図書館においてなかった。

85 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:17:59
でも美学イデオロギーなんかでも判断力批判を重視してるみたいだから
その辺りを調べるなら避けて通れないでしょ

86 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 02:35:02
美学じゃないけど、芸術ならハイデガーが一番鋭い
迷いながら書いてるよ、きっと。現代にも参考になると思う

87 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 03:27:12
芸術に対する目利きであればニーチェが最強であることは間違いない。
カントもヘーゲルも貧相な芸術経験しかないし、ハイデガーに至っては
ゴッホの贋作をゴッホの絵と見なして芸術論をぶっているし。
ベンヤミンにしてもガダマーにしても文学テクストに習熟しているだけで
絵や音楽が分かっていたわけではないし。

88 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 04:47:33
確かに、道具存在からいきなりゴッホの「靴」だもん!
ベンヤミンも今の芸術には射程が足りない、
礼拝的価値と展示的価値に割り切っちゃったり・・・
カントに戻ってあげた方がいいね。

89 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 04:59:53
もっと云えば、ニーチェは哲学者ではないしね。
皆は知っているだろうが、改めて
「神は死んだ」
実はこの続きが色っぽいのだよな。
「そして、神は死んだままだ」

90 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 05:10:35
フランスに5年間住んでました。
ヨーロッパの人間は結構、宗教のもろさを意識していて
ニーチェコンプレックスだよね。
カントに戻ってあげよう
確かにニーチェは魅力的だけどさー

91 :鉄額ロン:2006/03/07(火) 05:34:04

デカシタはどうした!

92 :考える名無しさん:2006/03/07(火) 14:37:30
ドゥルーズだろ!芸術に理解あったのは。
音楽に限ればジャンケレビッチとアドルノ

93 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 21:14:19
おれがカントだったらもっとわかりやすく文章を書いたな。
まあ、地方の駅弁大の中クラスでもわかるように。
まあ、本は10倍くらい膨れ上がったかもしれないがね。

94 :考える名無しさん:2006/04/02(日) 22:24:18
さぞかし、魚眼レンズから逆さまに覗き込むような世界なんでしょうね

95 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 04:22:56
>>91
記憶に無い

96 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 12:43:34
判断力って美学なの?

97 :考える名無しさん:2006/06/14(水) 20:28:52
カントの判断力批判には美学に関する記述もあることは確かなんだけど。
美学と同義にはできないな

98 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 11:43:35
長野順子さんのこともっと教えてください

99 :考える名無しさん:2006/08/09(水) 01:40:05
誰も知らない



100 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 22:26:38
順子さん

101 :考える名無しさん:2006/09/03(日) 19:52:05
>>87
 ハイデガーはハンマーフェチ、靴フェチだからね
 

102 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 12:15:14
んなこたない

103 :考える名無しさん:2006/10/12(木) 14:40:43
今、私が簡潔に言えることは、理性(リーズン、reason) と合理(ラチオ、ratio )の思想が、その一番残酷な性質である
強欲と拝金の思想としてユダヤ教(ユダヤ思想 Judaism)の中心に横たわっていることが、遂に、副島隆彦の研究
によって、日本人にも分かってきたので、このユダヤ思想の「理性と合理の思想」の強さが、キリスト教の愛の思想
(「人間を人間らしく扱え。動物のように扱うな」という思想)と正面からぶつかるようになって、それで、2千年がたつ、
といことです。そして、今も激しくぶつかっている。
今は、イスラム教もこの闘いの当事者になってきた。キリスト教の方は、ボンクラ知識人が多くなって、ただの信仰
(宗教)となって、ユダヤ思想の「理性と合理の思想」に相当敗北して、アメリカ合衆国内のレリジャス・ライト
(宗教右派)のように低脳で反インテリの、土俗的な新興宗教団体であるために、「旧約聖書」への劣等感から
ジュディオウ・クリスチャニティ(ユダヤ=キリスト教主義 Judeo-Christianity )で、ユダヤ思想に屈服している者
たちが多い。「自分たちアメリカ国民に、ご飯さえ食べさせてくれるなら、ユダヤ人のいうことを聞く。9.11は
権力犯罪(捏造)であることも薄々知っているが、そういうことも皆でしゃべらない。自分たちの生活が第一だから」
という醜(みにく)い態度に出て、居直っている。

私、副島隆彦が、今、もっとはっきりと簡潔に書くなら以下のようになります。 イマヌエル・カントは、この理性と
合理を追究して、自分も遂にはユダヤ思想に屈服した。それで、彼は、あの『純粋理性批判』という、何を書いてい
るのか、意味不明に近い、どうしようもない大著を書いた。 ’Kritik der reinen Vernunft , 1781'(クリティーク・
デア・ライネン・フェアヌンフト 『純粋理性批判』)を書いて、それで、グチャグチャと、「キリストの愛(グレイ
ス、恩寵)の思想も大事だけと、ヨーロッパ近代人は、それではもう生きてゆけないので、理性と合理の経済主義
(強欲、拝金のユダヤ思想)を受け容れるしかないのだ」と、書いているのだと、最近、読み直して、はっきり分
かってきました。

104 :考える名無しさん:2006/11/12(日) 16:06:13
コピペウザ

105 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 19:52:34
読みたいけれど、高くて手がでないなぁ

106 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 00:54:52
石川文康のカントはこう考えたは解りやすいな

107 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 01:15:13
石川のカント入門がいみわからん 助けて‥

108 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 01:21:43
「皿の並べ方」や「挨拶」の判断もできんようではダメだねということだ。

109 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 01:23:03
石川は合理論と経験論、懐疑論を完璧に理解してれば平気だよ

110 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 02:16:28
>>107
「カントはこう考えた」(筑摩書房)を併読すべし。
こっちの方が読みやすいかも。

111 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 03:27:39
読んでみます

ヒュームの因果律がどうとかあの辺からつまづいて先に進みません。トホー

112 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 19:08:25
カント入門を1200字で要約せよという課題なのですがこれって字数少なすぎません?
全体からまんべんなく要約できるようにって言ったって、中身がないような文にしかならないんだけどいいのだろうか

113 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 22:09:50
>>112
読みながら大事なところを箇条書き式に抜き取って、あとで読みやすく文章にすればいいんじゃない?
中身がない文章になったところで少ないんだから仕方ないじゃん。

114 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 02:26:04
>>112
その課題出した先公がバカ

115 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 03:31:40
レヴィナス関係で有名で、最近西洋哲学史出した熊野氏いわく、
カントの最高傑作は判断力批判なんだとさ。

本当は宇都宮訳の判断力批判欲しいけれど、高くて手が出無いから
当分はブックオフで買った岩波文庫から出てる判断力批判読んでみます。
その前に純理を読まなきゃいけないけど。

116 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:59:39
カントの考えについて自分はどぉ思うのかという課題がでたのですがみなさんの意見をきかせてください!

117 :超越論:2006/12/12(火) 22:24:03
>>116
それは大学の授業でですか?高校ですか?

大学生だったら、「嘘論文」を読んだら色々自分の意見が言えると
思うよ
高校生だったら、「定言命法が分かりません」と書こう。


118 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 03:15:56
>>116
・理性界-自然界という区分法のもと、動物一般をすべて自然界に帰し、
動物と人間を決定的に区別するのは違和感がある
→動物だって理性があるはず。ダーウィンの進化論による限り、
動物と人間は決定的に区別されるのではなく、両者の間は緩やかな段階がある
→だとすれば、理性にだって度合があるはず。
人間においても理性能力に優劣があると思う
→そう考えると、カントの思想は根底から瓦解するのではないか

・しかしカントの道徳論は画期的であると思う
→道徳の基礎を「憐れみ」といった感情におくのではなく、
理性によって基礎づけようとする試みは大切だと思う
→感情で善悪を判断してしまったら、善悪について一定の普遍的基準は得られない
→そう考えると、理性界−感性界という区分法にも共感できる

高校でも大学でも通用するレベル

119 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 19:03:08
117さん         嘘論文とはなんですか??大学なんですけど哲学がまったくわからなくて… 118さん         2000字で書けといわれてるのですが長くどぉいうのを書けばいいのですか?

120 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 08:38:01
宇都宮判断力批判 入手したあげ

121 :考える名無しさん:2006/12/19(火) 11:43:12
>>120
オメ!

122 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 13:02:15
嘘論文の嘘

24 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)