5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【元駿台講師】入不二基義【時間論】

1 :考える名無しさん:05/01/06 13:40:41
主に時間論・相対主義論を素材とする入不二氏のスレです。
今年から山口大を離れて青山学院大心理学科で勤務なされてるよう。

2 :考える名無しさん:05/01/06 15:32:09
へぇ。
=============>終了<===============

3 :考える名無しさん:05/01/14 10:49:56
あげ

4 :考える名無しさん:05/01/15 08:25:58
    。
  屁

5 :考える名無しさん:05/01/22 16:19:56
pu

6 :考える名無しさん:05/01/22 16:31:31
無姦計の姦計

7 :考える名無しさん:05/01/22 17:06:40
1が何か始めろ。

8 :考える名無しさん:05/01/22 17:35:06
この人ずいぶん昔に一度本出してるようだね。

大学デビューのための哲学 

著者名
: 入不二 基義

出版社名
: はるか書房(星雲社)

出版年月
: 1992年 01月 出版

サイズ
: 171 A5

発行形態
: 単行本

ISBNコード
: 4795240647

税込価格
: ¥1470

https://market.bookservice.co.jp/emp-bin/eh_writer.exe/top/main/detail.html?668665

9 :考える名無しさん:05/01/22 17:52:50
(´◕ฺω◕ฺ`) うるうる

10 :人間のゆず ◆qkm082/miE :05/01/31 08:07:24
青学か、入不二先生盗聴しに逝きます

11 :考える名無しさん:05/01/31 13:51:18

■即決■ 大学デビューのための哲学 
http://page7.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/g24807789

12 :考える名無しさん:05/02/02 10:14:20
今度、NHK出版の『シリーズ・哲学のエッセンス』(第2期)で
ウィトゲンシュタインの本を出す予定があるようだ。

13 :考える名無しさん:05/02/12 00:54:52
age

14 :立て看板:05/02/25 22:25:26
坐禅と見性 第十四章
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1108144172/
一粒の芥子、よく須弥山(しゅみせん)を隠す。
一掬(きく)の水の中に人魚たちが心ゆくまで踊る。
私は終日汝に相対していて、劫初以来会った事がない。
看よ、東山全嶺が水上を歩いている。
エックハルトの乞食の挨拶 「[朝な朝な好(よ)き朝です」。 雲門 「日々是好日」
扇を扇と呼ぶな、鋤(すき)を鋤と呼ぶな。
昨日は痛かったが、今日は痛くない。 さっきは泣きわめいたが、今は笑っている。
腹が減れば食い、疲れれば眠る。
雪がすべての山を白く覆うている時、なにゆえにあるひとつの山は覆われずにあるのか。
清浄の行者、涅槃に入らず、破戒の比丘、地獄に堕ちず。
我の知っている事を汝は知らず、汝の知っている事を我はことごとく知る。
大力の人がどうして彼の両脚を挙げることができないのか。
柱が毎日動き回っているのに、どうして私は動かないのか。
わたしは釈迦の出現以前からさとりの状態にある。 光あれと命ずる以前の神と共にあれ。

15 :考える名無しさん:05/02/28 21:12:35
『祖対主義の極北』『時間は実在するか』てか。

16 :考える名無しさん:05/02/28 21:13:38
痛たた。『相対主義…』やった。

17 :考える名無しさん:05/02/28 21:59:14
A系列の時間が実在する。
時間の流れは変えられない。

18 :考える名無しさん:05/03/18 20:59:55
・・・2003 2004 2005 2006 2007・・・
相対的関係として、04を基準にすれば03は過去、05は未来。
05を基準にすれば04は過去、06は未来。過去現在未来は相対的。
絶対的関係として、…03・04・05・06・07…という順序は
絶対的で相対的ではない。

19 :考える名無しさん:05/03/18 22:50:56
時間を直線のイメージで語れば>18のようになるのは当たり前。
さらに、03 04 05 と続くから(すなわち)05 06 07と続くとする根拠が示されてない。


20 :18:05/03/19 16:56:41
>>19
あの本を読んでればすぐ分かると思うが、…03・04・05・06・07…というのは、
相対的関係のA系列と絶対的関係のB系列の説明の為の「例」。

21 :考える名無しさん:2005/04/11(月) 11:30:48
駿台では、何の科目を教えてたの?

22 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 11:53:49
>>12
煎り富士山が書くの?日本語のウィト入門書は、飯田、鬼界、永井等がすでに書いてるからな。
この人で妥当かも。

>>21
古本屋で煎り富士山の書いた英文解釈の参考書をみたことがある。…使いにくそうな参考書だったな

23 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 13:22:18
>>22
「思考する英文読解」だっけ?なんかプレミアがついてるらしいぞ。

24 :22:2005/04/11(月) 23:59:09
>>23
まじで?!せこい話だが高く売れるかな(千円くらいで買えるし)

25 :ローカルルール審議中:2005/04/12(火) 11:09:11
絶版になってだいぶ経つから本屋で入手するのは無理。
四年ぐらい前に買ったけど読んでないが。

26 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 23:00:20
safe

27 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 12:09:33
あげ

28 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 11:09:53
ほす

29 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 18:13:24
保守

30 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 23:33:34
age

31 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 00:06:40
『思想』の最新号に過去論出て種

32 :考える名無しさん :2005/06/08(水) 09:16:49
「過去の過去性」だね。

33 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 11:06:05
読んだらなんでも感想ください。

34 :元前理3α-A組:2005/07/01(金) 12:03:49
おお、こんなスレがあるとは!なつかしいなぁw


35 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 02:26:14
マクタガートage

36 :考える名無しさん:2005/07/03(日) 16:42:14
しぶとく生き残ってるなこのスレ

37 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 21:00:42
元駿台生が多いんだろうな

38 :考える名無しさん:2005/07/08(金) 21:33:54
駆け落ちの話おもしろかったな

39 :考える名無しさん:2005/07/11(月) 15:43:54
どんな話なんですか?

40 :考える名無しさん:2005/08/15(月) 15:47:12
sage

41 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 00:31:43
また駿台で教えるのかな?

42 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 00:35:51
>>24
> まじで?!せこい話だが高く売れるかな(千円くらいで買えるし)

オクなら3000〜5000円で売れる。
あれは名著だ。

43 :アチュットジ:2005/08/18(木) 04:08:14
(´◕ฺω◕ฺ`)

44 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 12:21:55
青学の友人に聞いたところによると
授業はかなりおもしろいらしい。

45 :考える名無しさん:2005/08/18(木) 13:38:20
そりゃ元予備校人気講師の授業だからおもしろいだろう。

46 :考える名無しさん:2005/08/19(金) 21:08:05
本の書き方にも
予備校で教えていた経験が生かされているのではないか。

47 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 22:12:13
このあいだ現代文の霜と入不二が,談笑しながら
おちゃのみずを歩いてた.とても楽しそうだった.
いまでも友だちなんだな.

48 :考える名無しさん:2005/09/01(木) 16:05:27
なぜ心理学科勤務なんだろうね
哲学科でも非常勤で教えてるようだけど

49 :考える名無しさん:2005/09/01(木) 16:16:24
(´◕ฺω◕ฺ`)


50 :考える名無しさん:2005/09/01(木) 21:41:34
>>48
よくある話だお

51 :考える名無しさん:2005/09/02(金) 05:46:46
山口大でも教育学部だったしねえ。

52 :sage:2005/09/02(金) 09:28:48
駿台でも英語科だったしねえ。

53 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 22:13:14
(=゚ω゚)ノぃょぅ

54 :考える名無しさん :2005/09/30(金) 23:19:16
NHKからの「ウィトゲンシュタイン」はまだ?

55 :考える名無しさん:2005/10/03(月) 22:11:41
あげ


56 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 19:08:30
なつかしー。
駿台の授業むちゃくちゃ面白かったよ。
哲学やさんとしてどうなのか知らないけど。


57 :考える名無しさん:2005/10/14(金) 23:43:35
>>54
06年春出版予定。

58 :考える名無しさん:2005/10/15(土) 21:21:31
>>57 情報ありがとう
はやく読みたい !

59 :考える名無しさん:2005/10/16(日) 16:55:59
ご本人のwikiで、進捗報告してるよね

60 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 20:54:01
(´◕ฺω◕ฺ`)

61 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 21:09:13
無関係という関係。

剥かんけ、という姦計。

無間、毛糸、言う環形。

62 :考える名無しさん:2005/11/14(月) 18:53:31
age

63 :考える名無しさん:2005/11/14(月) 18:59:36
12月4日 福岡大学
西日本哲学会 シンポジウム 時間論の諸相
提題1 出来事と時間 伊佐敷隆弘
提題2 運命論の亀裂 入不二基義
司会 上野修

64 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 17:00:35
age

65 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 22:05:30
相対主義の極北、まったく分かりません

66 :考える名無しさん:2006/01/22(日) 06:46:22
おなじく

67 :無姦計という姦計:2006/01/22(日) 12:33:53
無関係という関係

68 :考える名無しさん:2006/02/19(日) 22:31:03
高すぎるお(´・ω・`)
ttp://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b64898942
ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/86177839

69 :考える名無しさん:2006/03/18(土) 14:26:53
『ウィトゲンシュタイン 「私」は消去できるか』が5月発売に決まったようなので
よかったよかった。

NHK出版の担当編集者が、
東浩紀や大沢真幸、北田ナントカと同じ
ポモ本担当の人なのが
一抹の不安。

70 :考える名無しさん:2006/04/13(木) 09:23:33
うわ なにこのスレつまんね(^ω^;)

71 :考える名無しさん:2006/04/14(金) 09:46:43
入不二基義は へたれじゃないよ

72 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 01:15:29
ウィトゲンシュタインと「「私」は消去できるか」という副題は
どうつながるのか・・・わからん

73 :考える名無しさん:2006/05/20(土) 23:09:50
そろそろ、そろそろと
ttp://wiki.livedoor.jp/irifuji/d/FrontPage

74 :考える名無しさん:2006/06/06(火) 00:43:51
新刊の『ウィトゲンシュタイン 「私」は消去できるか』(NHK出版)は
なんだか面白いな。

75 :考える名無しさん:2006/07/24(月) 00:14:30
面白いね。語れる人いないかな?

76 :B:2006/07/26(水) 17:23:24
>>75
ちょっとならできるかも。
お題(テーマ)出して。

77 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 15:28:40
どうぞ

78 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 22:11:06
この人、ややこしいことをわかりやすく説明するのウマイね

79 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 22:47:55
そうかな 俺ならもっとわかりやすく説明できるけど

80 :考える名無しさん:2006/09/02(土) 10:33:43
私的言語は,可能でも不可能でもなく,
どちらでもないままが続く,という解釈だった.
ウィト解釈として正しいとは思わんが,
なかなかイイ.

81 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 01:38:53
副官どっと混むに極北入ったな オマイらの仕業か

82 :考える名無しさん:2006/09/04(月) 02:02:48
良い悪いが判断基準なんだね

83 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 11:37:53
何が?

84 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 00:56:13


85 :虚構世界内存在 ◆vWilh8Qklc :2006/11/16(木) 06:17:38
あったのか!

>>81
票を入れてくれないか?
新品のを読みたい。

86 :考える名無しさん:2006/11/16(木) 07:44:35
負け組板のコテ・・?

87 :虚構世界内存在 ◆vWilh8Qklc :2006/11/17(金) 04:04:07
いろいろな板にウェブログの宣伝のために行っていた。
特定の板の住人ではない。

88 :サッカク:2006/11/26(日) 11:21:49
:サッカク:2006/11/26(日) 01:05:07
 いま・Now の、長さについて総覧・鳥瞰すると、答えは?



:サッカク:2006/11/26(日) 01:26:37
 今・Nowの、長さの具体例。

 コンピュータは、命令読みこみ、速さが、今・Nowだろうか?
 それとも、
 一つの命令を実行する、時間が、今・Nowの長さだろうか?
 それとも、それとも、
 何らかの入力インプットにたいして、動作アウトプットするまでが、今・Nowだろうか?


89 :サッカク:2006/12/06(水) 00:49:15
 結局? いま、現在の、長さって?? 誰も考えたことがないのでしょうか?
 いまと、言う時間はゼロ0ではないですよね? >ALL

 頭のいい人たちがいっぱいいるんですから教えてください。よろしくお願いします


90 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 01:56:36
>>89
長さという概念で考えることは可能だとは思う。
けれどもそれによって「今とはxの長さである」という
仮定や推論を立てたとき、即座に反論や矛盾が生じる。
ひとつひとつ補正しながら尚、長さで考えることはできるかもしれない。

>コンピュータは、命令読みこみ、速さが、今・Nowだろうか?
>それとも、
>一つの命令を実行する、時間が、今・Nowの長さだろうか?
>それとも、それとも、
>何らかの入力インプットにたいして、動作アウトプットするまでが、>今・Nowだろうか?

たとえば「走る」という運動を考える場合でもよい。
走りを可能足らしめる要素はいくつあるだろうか。
いくつ挙げつらえば、今走っていると述べることができるだろうか。
我々は常に、意味のある単位でしか物事を切り分けることができない。
そうであるからこそ上記のような3つの断面を想定できる。
けれども「今」というものは切断によってあらわれる(付随する)性質
とは考えにくい。むしろその切断こそが「今」なのでは。
切ることによって具現化する長さでなく、切ることそのものを
可能にしていると言い換えることもできる。

91 :サッカク:2006/12/07(木) 00:29:43
>むしろその切断こそが「今」なのでは。
>切ることによって具現化する長さでなく、切ることそのものを
>可能にしていると言い換えることもできる。

 そうすると、切る前の「今」は、切ることのできる(意味を持つ)過去と未来ということになりますね。
 因果でしょうか? 原因結果が「今」ということなのかな? そういうのも興味、妙。

 ある種の、推論不可能、理論にありそうだけど、
 切ること、それに要する時間が、今そのものではなくなっているはず、
 コンピュータだったら、デバックモードになったら、過去未来、因果、の連続ではなくなっている。
 コンピュータの場合、
 インプット、アウトプット、がはっきり確認できるが、人間は、見ても理解ではないし、
 行動・意見はもうウソばっかりだ。
 したがって、人間の「今」は中断したら、変化してしまう。……でしょう。

 やはり、切ることで、「今」というのは、
  生体を調べて、命を理解するような、無理があるのでは?



92 :サッカク:2006/12/12(火) 11:33:53
 人間の意識は、今・現在、の時間単位で、過去を振り返るのではないでしょうか?

 なんのきっかけもなく、過去の記憶を探ってみる、思い出す? と、いうか振り返る。
 そのことによって、未来・現在が(必要ならば、)予測できる。

 今のコトだけにに意識があると、全体を見失ってしまう不安がありますよね。
 さて、もし、一定時間で過去をふりかえる、のが、人間の意識だとすると、
 どれくらいの時間で、……しょうか? 
 
 これは、統計や、実験ではなくて、人間の感覚・自照、自分を考える。だと思うので、
 哲学的な、思考でご意見お聞かせください。


93 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 03:02:19
>>92
もちっと言わんとしているところを明確にしてほしいんだけど。

過去について想起するための時間をxとする。
すると現在から想起し始めてx時間後の未来にふりかえりは終わると推測できる。
だがその場合、想起に要した時間xがx時間後には過去になっていることがわかる。
そこで急いで過去の時間を修正し、想起に要する時間をx'とする。
以後同様。

92の問いかけがこのような疑似パラドクスを睨んでいるのかはわからん。
けれど意識を働かせている時間そのものは、無自覚の無時間でなければ
想定となる対象(過去)をとらえることは不可能。

94 :サッカク:2006/12/13(水) 11:59:51
>>93 >もちっと言わんとしているところを明確にしてほしいんだけど。
 すまソ。何を言いたいのか自分でもわかってない。考えることでプラスになる。
 の、ではないだろうか? くらいの動機デス

>92の問いかけがこのような疑似パラドクスを睨んでいるのかはわからん。
 このパラドックスは面白いですね。

 そうすると、「人間の意識はつねに、未来のことばかり考えている。」ことになりますね。
 意識に入力する、身体感覚は、記憶としていつも過去のことなのでしょう。

>けれど意識を働かせている時間そのものは、無自覚の無時間でなければ
 「無自覚」というイメージは? また、
 「無時間」とは前後の順序がないというイメージでいいの? でしょうか?

 無〜〜 と書くと、無意識のイメージになってします。
   考えて(意識して)いる状態が「無自覚・無時間」とおっしゃるのですか?

>想定となる対象(過去)をとらえることは不可能。
 思い出す、振り返るのに、何か条件があるのでしょうか?

 何を思い出すか、……というのは、その前の状態・身体感覚次第かもしれません。…デスね。

 振り返りすぎると、優柔不断、保守的?
 振り返りが、少ないと、猪突猛進?  振り返る回数、頻度、なのかも…

 そうすると、コンピュータ並に、命令読みこみ時間が今の長さ。
 たしかに、命令を読みこんだり、出力する、時間長さは、命令処理(インプットアウトプット)から見ると
 0ゼロ時間、止まっているのと同じですね。
 無自覚・無時間とは、そういう(命令のIN、OUT)のイメージでしょうか?


95 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:27:27
>>94
1:ある事柄Xについて太郎が考えることをAとする。
2:ある事柄Yについて太郎が考えることをBとする。

2の表現はAがYであるとき1を組み込むことができる。

3:ある事柄Xについて太郎が考えること、について太郎が考えることをBとする。

このとき時間とはどのような位置を占めることができるか。
1におけるAとは現実に為される行為として時間を問うことができる。
(それはすなはち、現実にこれこれの時間を要したと言える)
2も同様。
3において「ある事柄Xについて太郎が考えていること」とは
既に現実に為されている行為ではないことがわかる。
そこには時間(現在)がない。
1が為されているときに3を為すことはできない。
なぜならBがXであるとしたとき、1が矛盾するためである。

ある事柄の時間を問うということは、その事柄における行為の現在性を
奪うことであり、
同時に問う行為そのものの時間を問わない(無自覚・無時間)ことにより問う現在が保証される。
という意味。

96 :サッカク:2006/12/14(木) 11:13:24
>>95
 あれ? 自分のなかで、時間を考えるのと、他のことを考えるのは、同時にできない。
 と、いうことじゃぁないのでしょうか?

>ある事柄の時間を問うということは、その事柄における行為の現在性を 奪うことであり、



>同時に問う行為そのものの時間を問わない(無自覚・無時間)ことにより
>問う現在が保証される。
>という意味。

 保証されるという意味はどんなイメージなんでしょうか?
1,2の例では、外から見て、考えたら時間が経過している。ようですが、

 よくいわれていることですが、
 人間は、同時に二つの、違うことを考えることができない。という時にも、
 無意識は、働いてる。ということでしょうか?


97 :考える名無しさん:2006/12/15(金) 01:50:38
>>96
現在とは原理的に取り出すことができない。
自分が走りながら、自分は走っているということを意識したとしよう。
そのとき「いま自分は走っている」という言葉は真実に聞こえる。
そこで、その今はどの部分であるのかと探ってみる。
「いま自分が走っている」ことが真実であるのなら、きっとある
瞬間が「今」であるはずだ。腕を振り、肘をあげ、踵が地を蹴る。
どの部分でもよい。ある瞬間が「今」であるはずだ。
だが切り取られた「今」に「走っている」ことは存在しない。
写真に写る姿を思い浮かべればよい。そこには真に躍動を感じさせる
感は存在するが「走っている」ことは欠片も無い。
なぜなら「走る」という動詞は、走り始めてから走り終わるまでに
起こる多数の現象を複合的に合わせ持った運動を指すからだ。

「いま自分は走っている」という事柄から言えることは
走り始めた過去と走り終わるであろう(はずである)未来を有している
ということであり、ある現在という瞬間を走っているということではない。

ではなぜ、現在であるとか今という言葉で何かを表すことができるのか。
眠たいのでその辺はまた明日。96への回答も明日。

98 :考える名無しさん:2006/12/26(火) 02:08:05
>>96
そうか私は10日も眠っていたのか・・。
忙しくてすまんよ。なんか別スレ立てたみたいだね。
入不二さんとはズレていったからそれでいいのかもね。
ゼノンのパラドクスもいいけど、マクタガートも面白いですよ。

とりあえず尻切れトンボにならないように、>>96への
応答でここは閉めます。

>あれ? 自分のなかで、時間を考えるのと、他のことを考えるのは、
>同時にできない、ということじゃぁないのでしょうか?

その通りだけど、そういうことを言ってるんじゃない。
どのような運動であれ、思考であれ、その事柄について
問うということは無時間の項目になるという意味。
1時から2時までの映画鑑賞は確かに1時間の時間を要するでしょう。
けれども「1時から2時までの映画鑑賞」について考えるという事柄は
1時間を要しない、あるいは云々ということを示したいのではなく、
私たちが鑑賞で過ごす時間系やその現在性が剥離してしまった
ということを言っているのです。

では現在とは何を指し得るのか、です。
これは行為や現象の持続性、存在を対象化する際の指示の問題、
同一性の問題、色々考えたんですが、まとめる時間がないです。
・・眠い。別スレで機会があったら。

99 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 19:49:23
東大(駒場)での集中講義が始まったはずだけど
出ている人いますかね

100 :100の貴公子:2007/01/22(月) 21:05:10
もらっていくぜ。
あふぉども。

22 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)