5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長寿祈願〜〜ミッシェル・セール

1 :白髭:04/12/10 10:06:32
みなさんで最後の生き残りミッシェル・セールさまの
長寿をお祈りいたしましょう!!


2 :白髭:04/12/10 10:14:01
初心者におすすめなのは「生成」だな。


3 :白髭:04/12/10 10:18:42
「アトラス」は買ってないが、いかにもセールらしい命名では
ないか。


4 :白髭:04/12/10 10:20:25
セールは船、航海が大好きらしい。アウトドア・タイプの哲学者だな。


5 :白髭:04/12/10 10:27:13
いちばん、理系に強そうな哲学者でもある・・。


6 :白髭:04/12/10 10:34:33
どうも、ヨーロッパ(パリ)中心主義みたいなところは
あるが、だからって何さ!


7 :白髭:04/12/10 10:52:11
このスレは、俺専用なので他人が書きこまぬよう釘をさしておく。


8 :白髭:04/12/10 10:55:03
松浦寿輝くんだけには、特別に入室を許す・・・。
君の散文はすばらしかったよ!


9 :白髭:04/12/10 11:03:25
松浦くんのことをフランスかぶれだなんて言う椰子はどこの
独逸だ!!!


・・・違う、断じて違う。


松浦くんは「エッフェル塔に恋した漢」なのだ!!!


10 :白髭:04/12/10 11:08:55
セール的に言うと、構造主義の震源地はニコラ・ブルバキにある。


11 :白髭:04/12/10 11:10:48
今日はこのへんで、さようなら、だ。


12 :白髭:04/12/10 11:17:54
セールの亡くなり方だが「ひとりで航海にでて失踪」というのが
ふさわしいと思われる。霧のたちこめる海に消えてほしい。



13 :白髪:04/12/10 14:15:33
衒ってる感は否めない

14 :考える名無しさん:04/12/10 14:18:43
セールの著作のなかでセール入門として
一番よい本をお教え下さい。

それから白髪さんの一番好きなセールの著作は何ですか?

15 :考える名無しさん:04/12/10 15:48:29
私でいいの?白髭さんにききたいんじゃないの?

入門なら『解明 Mセールの世界』でいいんじゃない。
『天使の伝説』は原書だと図版が多数収録されてるのに、訳本だと全然収録されてないからダメだね。

16 :白髭:04/12/12 09:15:52
13は偽者だな。14よ・・・、無粋なことは聞かないでくれ。
俺専用というのは冗談だから、どんどん書き込んでくれ。ルクレティウス
の原子のように落ちる一方じゃあないか・・・。俺はただのシッタカ
なのだ。そんなに読んでるわけじゃないんだ。これから読むつもり。
それにしてもセールの訳されかたは際立ってるよな。出版社のなかに
かなり熱烈なファンがいる証拠だね・・・。




17 :白髪:04/12/12 12:55:04
13かつ15ですが、偽物じゃないよ。名前が違うじゃん。
>>10
個人的にはヒルベルトだと思ったりする。
ヒルベルトはユークリッドが点と直線の定義に依拠しないで、
点と直線との関係からユークリッド幾何学を見出したことに気付いたわけだから。
耳学問ですから、気にしないでください。

18 :白髭:04/12/13 08:56:21
>>17 なるほど。
>>14 一冊、通読というより部分的にななめ読みする方なので。
最近、読んでるのは「第三の知恵」の212頁以降。セールは乗りに乗って
いる。混合体、多数、としての私をセールが即興演奏する。書くことの
快楽に風のようにとり憑かれて。幸福なセール。



19 :考える名無しさん:04/12/13 09:47:30



20 :白髭:04/12/13 10:02:09
セールの「自然契約」はまだ見ていないんだが、気になる題名だ。


21 :考える名無しさん:04/12/13 10:22:39



22 :考える名無しさん:04/12/23 10:44:52


23 :考える名無しさん:04/12/23 15:41:33
ま た 守 永 か ! !

24 :考える名無しさん:04/12/25 18:05:40
『アトラス』はセールの旧作のエッセンスがつまった、手引き書的な本だよね。
ネット社会論でもあるし。

25 :考える名無しさん:04/12/25 20:59:40
幾何学の起源








26 :白髭:04/12/28 13:24:05
「アトラス」買おうかなぁ〜〜


27 :考える名無しさん:04/12/28 13:25:05
ライプニッツ論の全訳だせよ

28 :考える名無しさん:04/12/28 13:52:35
ソーカル読んでセールもかって思ったぞ。なんだ、科学哲学って
いってもそんなのかって思ってがっかりしたよ。

29 :白髭:04/12/28 14:01:02
セールは科学哲学を名乗っていないよ。科学と同時代文化の横断性
について語っている。ファイヤーベントやラカトシュ、ローダンら
の仕事とは違う。
(ま、私はソーカルなんて読んでいないが)


30 :考える名無しさん:04/12/28 14:06:48
なのってないけど、物理や数学よりの知識でものを書いてる
のも事実。オイラはわりと好きだったけど、ソーカル読んで
がっかりしたんだよ。そんな浅薄な知識なんだってね。
せいぜい学部の一二年くらいでいいから数学は勉強しなおし
てからものを書いてほしいって思ったよ。
ま、オイラは、別にソーカル厨じゃないけどね。

31 :考える名無しさん:04/12/28 14:10:43
ソーカルが駄目なんだと思うぞ
セールは着地点を科学に置いていない。
そういう研究を科学者の基準で見たら、そりゃトンデモだろうよ。

けど、厳密にソーカル的に考えると、
詩学と科学の接点を探る仕事は無意味になるし、
ソーカルが「メタファー」と言っているものの貧しさも放置される。

でもセールはまさにメタファー論を豊かにしたじゃないか。
ヴェルヌやゾラについて、
あんなアプローチは絶対に文学研究者にはできなかった。

32 :白髭:04/12/28 14:10:54
ほお・・。では、ソーカル読んでみますかな。これだけ話題に
なっている人物でもあるし・・・。セールの科学知識の浅薄さ
が指摘されてる訳ね? 


33 :白髭:04/12/28 14:12:20
>>31
賛成ですね。


34 :考える名無しさん:04/12/28 14:14:57
厳密に、科学者の基準でみたら、トンデモではあるんだ・・。やっぱ・・。

メタファーってなんでもありのオールマイティな概念なのね・・。
いいわけっぽいな、なんか。

35 :考える名無しさん:04/12/28 14:16:34
>>33

ソーカル読んでも、たぶん、基礎知識がないと
ソーカルの言ってる事がわからないかもよ。

36 :白髭:04/12/28 14:18:33
まあまあ、一応読んでみないとなんとも答えられないね。
数学の基礎知識くらいならあるつもりだが。



37 :考える名無しさん:04/12/28 14:19:43
>>36
どこらへんまで、あるの数学の基礎知識?ちゃかしてるわけじゃ
ないよ。ちゃんと、聞いてみたいのよ。

38 :白髭:04/12/28 14:23:44
そうね。ルベグ積分は理解できていないな。位相空間論も
コンパクト性の理解は怪しいものだ。ガロア理論も理解している
とはいい難い。まあ、生半可な知識ですね。


39 :考える名無しさん:04/12/28 14:25:00
>>34
逆。ソーカルが勝手に「何でもあり」にしているんだよ。
科学者がこういう学者を叩くときは、
必ず「概念じゃなくてメタファーだ」と騒ぐ。

しかし、実際には、
そういう批判をする香具師自身のメタファーに対するイメージが貧しい。

メタファーは実際には人間の認知活動において不可欠だ。
レイコフの認知意味論を見てくれ。
(邦訳が渡辺昇一によって『レトリックと人生』なのは噴飯ものだが)

セールによる、十九世紀小説と熱力学の関連を探る仕事は、
むしろ作家が駆使するメタファーに、一定の規則性を見いだすものであって、
けっしていい加減な妄想の屑籠なんかではない。

40 :考える名無しさん:04/12/28 14:55:53
>>38
ルベーグ速度等が分からないとカオス理論は分からないと思うよ。
ま、オイラ的には貴方がわからなくてもいいけどね。
19世紀まではなんとか理解できるんだったらドゥルーズとかも
そうだけど、彼らの使ってる数学はその程度だからソーカルの
言ってることもわかると思うよ。

数学等の概念をメタファーでセール等は使ってるように読めるけど。

41 :考える名無しさん:04/12/28 14:58:35
たとえば、リーマン空間とか。セール等がつかってるのは
メタファーとしてでしょ。なんとなく、非ユークリッド幾何
ってこんな感じって言うときのあれって感じで話している
ように思えるけど・・。

42 :考える名無しさん:04/12/28 22:59:17
 ソーカル、セールについてはこわごわセールが褒めたドゥブレを叩いただけじゃん。
 彼の無際限の肯定性につけ込んで、一応触れとかないとまずいんで批判するふりを
してみましたって程度だったよね。

 

43 :考える名無しさん:04/12/28 23:02:18
 セールは徹底的に哲学として考えないと駄目だよ。その上で、彼の表現を
楽しむんでないと。

44 :白髭:05/01/05 08:23:57
どっちにせよ、ゲーデルの定理なんて本当に数学について
何か言ってるのか、怪しいもんだと思うね、漏れは。
どういう風に数学の役に立っているのかね、ゲーデルは。


45 :白髭:05/01/05 08:56:19
なんかのまやかしのように思えてならんのよ。
ほんとうに喧伝されているような「偉大な定理」なんだろうか?


46 :考える名無しさん:05/01/05 11:42:21
安心してください
セールについてならブーヴレスが言及してるハズです

47 :考える名無しさん:05/01/05 11:46:07
『アナロジーの罠』?

48 :考える名無しさん:05/01/05 11:55:22
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588003348/qid=1104893619/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7487903-8604309
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4772004661/qid=1104893619/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7487903-8604309
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4588007858/qid=1104893619/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/249-7487903-8604309

さらに
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4326153784/qid=1104893679/sr=1-4/ref=sr_1_10_4/249-7487903-8604309
も有益

49 :考える名無しさん:05/01/05 11:56:33
ブーヴレスの仕事は絶対に死後残らんよ。賭けてもいい。
十八世紀にも十九世紀にもこういう講壇哲学者は多数いた。

セールの方が、後々読める本を書いている。

50 :考える名無しさん:05/01/05 11:58:00
それはやがて歴史が証明してくれることだろう。
まあ あわてず結果を待ちましょうや

ではでは。

51 :考える名無しさん:05/01/05 20:39:51
 ブーヴレスってフランスではほとんど相手にされてないみたいだよね。
『アナロジーの罠』も愚痴っぽかった。

 関係ない分野をアナロジーで結ぶのがけしからんというだけの主張なんだけど、
セールのライプニッツ主義が最初から全然分かっていないだけの話。

 そのアナロジーの根拠を自然科学だけに求めたら、そんな根拠見つかるわけがない。

 それはそうと、フランソワ・ドッスの『意味の支配』読みましたか?



52 :考える名無しさん:05/01/05 20:47:08
読んでねえよ

53 :考える名無しさん:05/01/05 23:02:33
ブーヴレスもそうだがセールもフランスではそれほど有名ではないよ。

54 :考える名無しさん:05/01/05 23:56:55
 『自然との契約』がベストセラー一位になったこともあるし、一般の人も
わりあい知ってるよ。

 まぁ、有名でないといえばデリダだって有名ではない。

55 :考える名無しさん:05/01/06 00:33:48
Systeme de Leibnizなんて仏人でも何人読了したことか

56 :考える名無しさん:05/01/06 00:36:26
ソーカルがセールを見逃したのは、もう影響力ないからでしょ

57 :考える名無しさん:05/01/06 01:39:42
見逃すどころか、こわごわ二ページ一生懸命批判しようとしてるよ(w。

 いまだにソーカルなんて言ってるの、この板のやつくらいじゃないの?
あいつらが批判したフランスのポストモダンの相対主義っていうのは、バシュラールの
認識論的切断の思想にも通じる相対論だろ?そもそもそういうものをセールは批判するところ
から始まっているんだよ。そこを一緒に考えるのが馬鹿だよね。

 それに諸学の相互交流と対話の思想は、ライプニッツの衣鉢を継ぐセール哲学の根幹だよ、
それをアナロジーを使っていて気にいらんとか言って批判するのは、的外れもいいところだ。

 要するに、自分でお勉強した英米思想しか分からなくなっている椰子が悔し紛れに批判にも
ならん批判をしているだけ。英米人はフランス人が書いたものやドイツ人が書いたものが抽象的で
分からないらしいね。ハバーマスですら分からないと言うじゃないか。言語的にちょっと、
複雑なことが分からないんだろう。一種のピジン語で思考しているわけだからな。

 その劣等感を露わにして、よくもまぁ釣り師みたいな卑しいマネができたものだ。
人間として軽蔑しこそしれ、そんなものに哲学を語る資格など認めようもないね。

58 :考える名無しさん:05/01/06 01:42:11
まあ法体系見ても、アングロサクソンなんか蛮族でしかないよな

59 :考える名無しさん:05/01/06 01:54:15
>>57
>諸学の相互交流と対話の思想
という大義名分を掲げていいたい放題、アナロジーなら
なんでも許す、という放恣な態度への批判は、
アングロサクソンの偏狭などという硬直した反批判とは
無関係に意義がある。
ソーカルの指摘を正面から受け止めた上で大陸的な
いい加減さを改めなければ、セールをはじめ、20世紀の
ヨーロッパ系哲学をまともに継承することはできないよ。

60 :考える名無しさん:05/01/06 02:06:23
おれはセールもライプニッツも読むが、
57の一方的な決め付けは説得力ないな。
そこまでヒステリックになる必要はないしね。
59の言いたいことはわかるよ。
ソーカルが哲学に貢献した点はまったくないと思うが、
ポモ連中のあいまいさへの批判はいずれだれかがやる必要はあった
だろうな。

61 :考える名無しさん:05/01/06 02:19:31
ミッシェルはけしからん!おれの女に手を出しやがって。
許せん。

62 :考える名無しさん:05/01/06 14:25:38
>>59
 アナロジーならなんでも許す、などというほどいいかげんなことをセールは
やっているわけではないし、ソーカルもセールが完全にナンセンスなことを
言っているとは書いていないよね。ただ、ドゥブレなんかを誉めたのが度し難い、
と言ってその一点だけを批判していた。

 ブーブレスもドゥブレを誉めるとは何事か、というようなことばかり書いていた。
まぁ、確かにフランスの連中が曖昧なふざけたものの書き方をするという側面はある。
それをたしなめると言うことは意味があることかもしれない。
 しかしソーカルが批判したラカンにせよドゥルーズにしろ、あんな批判で覆るとは到底思われないね。

 そもそもフランス人の書くものが理解できないので、詐欺のようにデタラメを書いていると
言いたいわけでしょう?それは率直に言って妄想です。

 そういう妄想にまで入りこんでいる限り、彼らの批判にはあまり説得性がないんだよね。

 ラカンが自説をふざけた表現で説明しているからといって、またそれをソーカルが
批判したからと言って、例えばジジェクが「そうか!詐欺だったのか!俺は騙されていた!」
なんて思ったりすると思いますか?


63 :考える名無しさん:05/01/06 14:28:05
数学と論理学以外は糞だろ

64 :考える名無しさん:05/01/06 15:07:41
ドゥブレは極左だから叩かれたんだろ
シラク政権下での左派排除の一環なんだよな
フランスって常に政治関係で生臭い争いばかりだ


65 :考える名無しさん:05/01/06 15:16:52
セールはサヨ

66 :考える名無しさん:05/01/06 15:23:48
極左とサヨは折り合い悪いよ
ソーカルだって中道左派だ
日本で言うなら岩波文化人
ドゥブレはタイーホされてたし

67 :考える名無しさん:05/01/06 15:55:15
 セールは例外的にサヨじゃないフランスの大物知識人だよ。
左翼だったら、もっとはるかに日本での扱いがよかったろう(w。

68 :考える名無しさん:05/01/06 16:32:54
>>62
フランス系の文章はわかりやすいくらいだよ。
しかし、ソーカルの指摘は的を射ている。
すくなくとも、数学、物理にはね。だって、あんな指摘
は、初等的な内容のことを指摘してるだけだからね。

でも、それさえクリアーできてないのはいただけないな。
ま、ホワイトヘッドもヘーゲルの数学についての文書を読んであまりに
でたらめすぎてページがすすまなかったっていってるしね。
でも、哲学ではヘーゲルを高く評価してたよ。
ま、そんな感じだよ。

69 :考える名無しさん:05/01/06 16:35:52
英米哲学ではホワイトヘッドが一番面白いんだけどな
なぜか神学としてしか生きのこっていない

70 :考える名無しさん:05/01/06 16:39:42
やっぱし白頭いいこというな。

71 :考える名無しさん:05/01/06 16:48:36
科学的にでたらめ→でも哲学としては面白い

こういうバランス感覚もった人は貴重
科学者にはほとんどいない

72 :考える名無しさん:05/01/06 16:48:38
セールって ラカン?クリステヴァ?昔はよく読んだものです。一回読んで笑い転げれば
それで十分でしたがね。
って言ったやつだっけ?

めっちゃええやつやんw

73 :考える名無しさん:05/01/06 16:50:58
科学的にデタラメだったら現実社会に適用することは危険だと思います。
閉じられ隔離されたカルト教団内部で秘教の儀式を続ける分にはかまいませんが
お願いだから現実世界に得意げに出てこないでください。
マジでお願いします。この通りです。平に平にご容赦ください。

74 :考える名無しさん:05/01/06 16:53:37
>>69>>70
君らみないなのにも、気分で哲学読むんだったらフランス系をおすすめするよ♪
カッコウ良いこと言って人を煙にまいたり、高慢でうぬぼれた自意識を
なぐさめてくれるスノッブなキーワードに出会えると思うよ。



75 :考える名無しさん:05/01/06 16:55:09
>>74
ホワイトヘッドがトンデモ?
厨はどっかいけ

76 :考える名無しさん:05/01/06 16:55:17
セールの知の欺瞞にはうんざりだ。


77 :68・74:05/01/06 16:58:06
>>74
とんでもとはいってないけどな〜♪

78 :sage:05/01/06 17:00:01
>>77
ようするに莫迦はホワイトヘッドは読むなって言ってるのね。

79 :考える名無しさん:05/01/06 17:09:39
セールって科学と知恵(みたいなの)の融合みたいなDQNだろ。

80 :考える名無しさん:05/01/06 17:12:22
>>71
バランス感覚なんて陳腐なものじゃないだろう

81 :考える名無しさん:05/01/06 17:16:07
>>80
いや、小説や芸術作品だと科学や常識とずれてても許容されるだろ。
それと同じに扱えばいいんだよ。
芸術作品がそれ自体としては政策決定の場や学問的真理決定の際に何ら影響をおよぼさないように
彼らにも慎んでいただければ良いのではないでしょうか?

82 :考える名無しさん:05/01/06 17:25:48
科学、数学を比喩的に使って世界観を牧歌的に謳いあげる奴は許さねーよ。

83 :考える名無しさん:05/01/06 17:27:10
まあね 安易なロマン主義は俺も趣味じゃないな

84 :考える名無しさん:05/01/06 17:32:39
 べつにそんなに特殊な数学や物理の話でなくても、たとえばセールが
「猟で追いつめられた兎の独特の振るまい」だとか、「蠅の飛翔」とか、
そんなもののうちに、自分の哲学や世界観を比喩的に説明する格好の例を見出したとするじゃない。

 それに対して「蠅の飛翔には生物学的に見てそんな意味はないのだ!」とか、「ナンセンスだ!」
とか言うのはあまりにも野暮だよ。
 彼の哲学が分かっている人からすると、「うまいこと喩えたなぁ」と思うだけだし、
また比喩を入り口にして、少しでも分かったような気分になりたい読者層もたくさんいるわけだよ。

 蠅とネットワーク世界の問題を結びつけるな!というのと同じような次元で、
数学のこの問題と、関係ない問題を結びつけるな!といって批判するのは、ようするに
他人の表現方法や説明の方便に対して、ずれた批判をしているにすぎない。

 蠅について俺は詳しいから、彼の哲学は分からないけど、この文章は間違っていると
批判する権利があるのだ、と言い張っているようなものだね。
 

85 :考える名無しさん:05/01/06 17:39:07
それ以前に、セールはパリ大学で科学史をずっと教えていた歴とした科学者だよ。
感化を受けた弟子にも科学者がたくさんいる。

 ブリグモンなんか科学者としてもはるかに下の扱い。

86 :考える名無しさん:05/01/06 17:44:43
セールはバシュラールなんかの系譜の科学哲学者じゃないの?
現場の科学者としての業績があるの?

87 :考える名無しさん:05/01/06 17:53:54
>>84
ハエの飛翔というのがどういった文脈での発言かはわからないが、それが当たり障りのない
常識的範囲内(これも曖昧な言い方だけど)でのことであればレトリックとしては特に問題がないと思う。

でもそれが社会思想や学問的議論の場面など多かれ少なかれ我々の社会生活に影響を及ぼしかねない場面になると
やはりできるだけ細かな論証に耐えうるような発言を心がけるべきではないだろうか。

88 :考える名無しさん:05/01/06 17:56:10
>>84
ハゲ同。セールなんてその程度の影響力ゼロの単なる方便。

89 :考える名無しさん:05/01/06 18:00:59
方便だから知の欺瞞なんだろが
あほか

90 :考える名無しさん:05/01/06 18:17:23
 科学哲学者というより科学史家。

 ソーカルはドゥルーズやラカンに対してはかなり執拗に攻撃していたけど、
デリダとセールに関してはほとんど批判できなかったね。
 セールが基本的な科学的知識において誤っているなどという批判はしていない。
この点ははっきり区別しておく必要がある。

 ブーブレスにしても、たとえばセールが「社会学に関係する閉および開についての諸問題
にゲーデルの定理を応用することで、ドゥブレは易々と過去二百年の歴史と業績を
ひとまとめに括り、要約する。」と書いたことを批判していたりするだけだね。

 しかしこれはセールのいつもの書き方だよ。価値判断は抜きにして、その人がやったと称することを
抜き書きにする。たとえば

 「したがって前々日においては、二重否定によって実証主義との緊密な関係を再び
取り戻すためには、それ自体がコントと対立しているベルクソンの言説を転倒させれば
充分だったのだ。これがバシュラールのおこなった冒険なのだ。」(『北西航路』)

 ここだけ見ると、さもバシュラールを大肯定しているように見えるが、実は別に
そういうわけでもないw。全体の文脈を見ないと、彼の言いたいことははっきりしない。

 それはさておき、彼は肯定的な人だからね。コントの「人類教」ですら「発想が面白い!」
と言ってしまうw。そういうのにいちいち大まじめに文句をつけるのは、
みみっちいよね。

91 :考える名無しさん:05/01/06 18:23:35
>>90
セールの哲学自体がコントだったんですね。
残念です。

92 :考える名無しさん:05/01/06 18:31:45
ウィトゲンシュタインの『青色本』だって喩え話の集積だよな。

 科学的知識の基礎が間違っているとか、そういう点についてフランスの
哲学者を批判したり、たしなめたりするのは正しい。

 しかしメタファー一般について文句を言うというのは見当違いだな。

 比喩や喩え抜きで思想が一般に表現できると思うのは、ものを書いたことや
教育をしたことがないひとじゃないかな。

 セールにしても、メタファーの多いものが嫌だというのなら、初期のライプニッツ論
みたいなものだけ読めばいいこった。

93 :考える名無しさん:05/01/06 18:34:14
>ウィトゲンシュタインの『青色本』だって喩え話の集積だよな。
お前のような馬鹿がセールを擁護するな。

94 :考える名無しさん:05/01/06 18:47:07
はじめまして 結婚して12年になる38歳のサラリーマンです。
長年の倹約の末、とうとう夢だったマイホーム購入を実現する日がやってまいりました。
私たち夫婦は意気揚々とモデルハウスをみてまわりました。
すでに郊外に狭いながらも宅地の目処はつけてあります。
さて、いよいよ不動産屋さんと契約の日、若い社員の方が対応してくださりました。
そして若い社員が持ってきたのはなんと、華麗にして難解かつ晦渋なレトリックに満ち満ちた
ぶ厚い契約書の束でした。
もちろん私たち夫婦は驚愕いたしました。そんなものにとても判などつけないからです。
しかし私たち夫婦の乏しい予算に見合うのはそこの不動産屋さんしかないのです。
さて、どうしたものでしょうか。ここ数日家内と真剣に相談しております。
知り合いの弁護士の先生に個人的にお尋ねしたところ、その不動産屋さんの社長殿は
某大学のフランス文学科の卒業生で、たまに同様な相談があるとのことでした。
なんでも曖昧な契約書をたてにうわなにをするふじこ

95 :考える名無しさん:05/01/06 18:57:31
>>94
GJ!

96 :考える名無しさん:05/01/06 19:11:22
ドゥルーズなんかにくらべると数式とかでてこないよな。

97 :考える名無しさん:05/01/06 19:14:04
数学に関していえば、ソーカルの指摘は常識程度の数学の範囲。
20世紀にもたどりついていないかもしれないくらいだ。
だから、そんなのさえ分からないやつは多めに見てあげるって
こともできるぞ。

98 :考える名無しさん:05/01/06 19:31:36
ようするに、フランス哲学がわからないばっかりにソーカル!ソーカル!と
ひたすら連呼している厨がいるってこった。

 ソーカルの、誰に対するどの批判のことを言っているのかはっきり書け。

99 :考える名無しさん:05/01/06 19:33:13
>>94

めっちゃワロタ GJ!


     詐 欺 師   age



100 :考える名無しさん:05/01/07 00:14:25
百 由美子^^

101 :考える名無しさん:05/01/07 04:20:11
m9(^Д^)プギャーーーッ


102 :考える名無しさん:05/01/07 07:25:48
例のやつ通しちゃったのはまずいです

103 :白髭:05/01/07 09:42:20
セールは、科学者のガチガチの啓蒙主義に対しては反対なんだよな。
つまり、科学が真理の最終審ではないよ、とセールは語ってるわけだ。
科学も群島のひとつである、と。

104 :考える名無しさん:05/01/08 15:47:05
>>94
許しがたいお話ですね。彼らの辞書には、反省、誠実、といった言葉はないのでしょうか?
そんなところと契約なさることはないと思います。あせらず他を探された方が賢明でしょう。
彼らはきっと文面の曖昧さを盾に後から何とでも言い逃れるつもりなのでしょうね。
社会的な信頼関係を損なう卑劣な行いと申せましょう。
ですが、そんな悪徳業者はやがて悪評が広まって誰からも相手にされなくなるでしょう。
社会的評価の市場原理ですね。一部の悪徳業者のおかげで顧客との信頼関係を大切にする
他の多くの不動産業者さんにも迷惑を及ぼす行為ですね。彼らは自分たちの行為が結局は
業界全体のニッチを減らすことになると考えないのでしょうか?

いやはや義憤に駆られて思わず熱く語ってしまいお恥ずかしい限りですが、私たちの
日常を見回してもあり得ることですので、騙されないように注意しないといけませんね。


105 :考える名無しさん:05/01/09 06:20:16
481 :465:04/10/15 07:44:45
FRENCE2局で書評番組(というか本の紹介をする番組)をやっていて、
少しだけどデリダの死去について触れていました。本当に簡単に
業績を紹介する程度で、映画「デリダ」の映像が使われていました。

ゲストのセール翁が司会者に促され、デリダについて簡単に語っていました。
デリダはフーコーと違ってドイツ哲学の影響下で活動していたとか、
彼はいろいろな国を旅したとか、誰でも知っているようなことを言っていただけですが。
そして司会者が「脱構築とは何でしょう?」と問うと、セ翁はいかにもわからんと
いう顔をし、そのなんともいえない切なそうな顔がアップになりました。
セ翁によるわかったようなわからないような解説。そのあとやはりゲストの
フィンケルクロートが解説を始めたものの…。
そのあと、事前に自宅と思しき場所で撮ったセ翁の映像が流れ、僕はそこで
見るのをやめました。そのあとは>>468の時と同様、スタジオで新著について
いろいろと語ったのでしょう。
ちなみにミシェル・セールは真っ赤なカーディガンを着ていました。


106 :考える名無しさん:05/01/09 14:55:25
 ハイデガーや現象学系、彼は全然シンパシーないからね。「笑い転げて」云々
というのは、ポンティの「知覚の現象学」についてというのが正解w。

 本音を言えば、デリダなんか大嫌い。ドゥルーズは自分の影響も受けているし、
割と好き。しかしベルクソン的なところとは一線を画したい、といったところじゃないの。

107 :考える名無しさん:05/01/09 15:05:52
ドイツに疎い

108 :考える名無しさん:05/01/09 16:07:58
PUFのフランス哲学古典シリーズの監修じゃん
あれいくつか訳して欲しいんだよな

109 :考える名無しさん:05/01/16 01:44:03
ho

110 :考える名無しさん:05/01/23 15:29:40
sage

111 :考える名無しさん:05/02/09 16:01:45
 そもそも不死の人(アカデミー会員)。スポーツも万能とか。

112 :考える名無しさん:05/02/11 01:10:51
ライプニッツのシステムは翻訳の計画あるのかな。
最近はフランス図書にも原著、見られなくなったね。

113 :考える名無しさん:05/02/12 00:16:53
セールさまage

114 :Balla ◆Wren/.091I :05/02/16 01:56:06
そういやセールの翻訳者が紹介本書いてたけど、
あれはどうなの?

貰ったけどまだ積ん読。

115 :考える名無しさん:05/02/25 19:03:41
 http://members.at.infoseek.co.jp/studia_humanitatis/newbooks2004.html

 これかな?すごく深い読み込みでなかなかいい。初期から最近の作品まで、大体
これを読んで分かるようになった。
ただ難を言えば、漏れの大好きなルクレティウス論やヴェルヌ論に一言も触れてないこと。
 繋がりがわからん!!

116 :考える名無しさん:05/03/08 02:32:51
M

117 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 10:03:52
unko

118 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 11:48:22
     ____
    /∵∴∵∴\
   /∵∴∵∴∵∴\                       (巛ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡ミ彡)ミ彡)
  /∵∴∴,(・)(・)∴|                    ,,从.ノ巛ミ    彡ミ彡)ミ彡ミ彡ミ彡)ミ彡)''"
  |∵∵/   ○ \|                 人ノ゙ ⌒ヽ         彡ミ彡)ミ彡)ミ彡)''"
  |∵ /.  ミ  | 彡 |           ,,..、;;:〜''"゙゙       )  从    ミ彡ミ彡)ミ彡,,)
  |∵.|  \___|_/| ___,,..、;;:〜-:''"゙⌒゙          彡 ,,     ⌒ヽ      彡
   \|   \__::::::;;;;;;;',゙     うるせ―馬鹿                '"゙ ミ彡)彡
     \___/  `゙⌒`゙"''〜-、:;;,_              )   彡,,ノ彡〜''
                       ゙⌒`゙"''〜-、,,,,彡⌒''〜''"     彡 ヽノ,,ミ

119 :ローカルルール審議中:2005/04/11(月) 21:01:17
M

120 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 22:42:05



121 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 00:43:24
あれてるな

122 :考える名無しさん:2005/06/07(火) 00:10:06
ヘルメス

123 :考える名無しさん:2005/06/26(日) 09:39:35
熱雑音


124 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 14:49:28
長寿浮上

125 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 08:21:42
セールが長寿なのは、アウトドア派だからじゃないかな?
やはり、書斎にこもりきりというのは健康によくないんだろう。
たくさんの本のある部屋というのは、通常以上のホコリが空中に充満してる
からな・・・。


126 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 08:24:19
もうすぐ死ぬよ

127 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 16:01:21
もともと長命、老賢者的なキャラクターを持っている人は実際に長生きする。

レヴィ=ストロースしかり、リクールしかり。日本で言うと白川静とか。

 対談なんかでいかにも「目から鼻に抜ける才人」風の人は、割と短命・・。

 デリダやドゥルーズは本人たちも薄命の才人でありたかったんだろうよ。

128 :考える名無しさん:2005/07/20(水) 18:14:53
オッサンだけどレヴィ・ストロースに老賢者的なイメージなんてないよ。
あれだけ流行したサルトルの思想をぶっ壊した張本人。
行動的で勢いのある新しい思想家というイメージかなぁ。

私のなかじゃレヴィ・ストロースが死ぬまでこのイメージのままだよ。
サルトルなんかも死ぬまであのイメージだった。

129 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 10:11:38
セール君、また本書いてるんだろうなあ。書くのが楽しくてたまらないって
感じのひとだよね。また、日本のサポーターも出版社にいてよく翻訳するから
ねぇ。出版社内部にサポーターを持つ椰子は強いね。


130 :考える名無しさん:2005/07/29(金) 10:22:14
>>128
レヴィ・ストロースがサルトルの思想をぶっ壊したというのはどういうこと?


131 :考える名無しさん:2005/09/04(日) 13:29:05
h

132 :考える名無しさん:2005/11/02(水) 09:29:26

           ,:::-、       __
      ,,r::::::::::::〈:::::::::)    ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji
    |::::::::::::::::::、::::::::::::::( _●_)::::::,j:l  クマー!
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/     
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ
【ラッキーレス】
このレスを見た人はコピペでもいいので
10分以内に3つのスレへ貼り付けてください。
そうすれば14日後好きな人から告白されるわ宝くじは当たるわ
出世しまくるわ体の悪い所全部治るわでえらい事です

133 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

134 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 14:34:00
age

135 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 00:31:09
sage

136 :考える名無しさん:2006/03/12(日) 13:58:30
h

137 :考える名無しさん:2006/03/18(土) 02:42:27
age

138 :考える名無しさん:2006/03/18(土) 23:23:24
http://www.nichigai.co.jp/comesoon/bookplus/P010.html

セールの思想に取り組もうと思ったら、弟子のレヴィあたりから攻めるのも手だね。
翻訳が出ているらしい。この人分かりやすい。

139 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 00:15:32
           ,:::-、       __
      ,,r::::::::::::〈:::::::::)    ィ::::::ヽ
      〃::::::::::::;r‐''´:::::::::::::::::::::ヽ::ノ
    ,'::;'::::::::::::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::
     l::::::::::::::::::l::::::::::●::::::::::::::●:::::ji
    |::::::::::::::::::、::::::::::::::( _●_)::::::,j:l  クマー!
    }::::::::::::::::::::ゝ、::::::::::|∪|_ノ::;!
.    {::::::::::::::::::::::::::::`='=::ヽノ:::::/     
    ';::::::::::::ト、::::::::::::::i^i::::::::::::/
      `ー--' ヽ:::::::::::l l;;;;::::ノ

140 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 00:18:22
つきたいねぇ〜

141 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 19:18:21
セールの先生ってバシュラールなの?

142 :考える名無しさん:2006/04/15(土) 10:54:07
セールの先生ってバシュラールなの?


143 :考える名無しさん:2006/04/16(日) 15:10:13
知る佳世
まだ生きてるんだからメールして聴け

144 :考える名無しさん:2006/04/16(日) 21:06:12
バシュラールです。バシュラール=ルプネルは、もともとベルクソンと
ライプニッツの中間みたいな性格をもった科学認識論&詩学をやっていたんだけど、
それがまだ二元論を色濃く残存させているといって批判して、離れていきました。

 実質的には独学者で、数学とライプニッツからの影響が強いです。フーコーの
『言葉と物』の最後のあたりは、セールもかなり当時一緒に議論したりしていて影響を
与えていたそうです。


145 :考える名無しさん:2006/05/28(日) 19:28:03
良スレage

146 :考える名無しさん:2006/06/29(木) 11:42:16
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

147 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 01:24:37
8月4日発売
定価2835円(本体2700円+税)四六判

ミッシェル・セール 著/内藤 雅文 訳
《叢書・ウニベルシタス852》
小枝とフォーマット 更新と再生の思想
ISBN4-588-00852-8 C1310

生気を失った惑星、気候風土、生物種、科学と技術、グロー
バルな共同社会、倫理と政治、教育と健康……。今日の世界
の苦痛と危険が迫るなかで我々は生活に影響を及ぼすものの
総体と新たな関係を創出しなければならない。様々な情念・
観念・教義をフォーマット(初期化)し、幹から再生・進化
する小枝のように、命を蘇らせるような文化横断的な思想史
の読み直しを提起する哲学的省察。
〔哲学・思想〕


148 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 17:09:24
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

149 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 02:57:03
⊂二(^ω^ )ニ二⊃

150 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 13:13:20
>>144
フーコーがセールのことなんか書いたりしたものってある?

151 :150:2006/11/03(金) 23:07:38
自己解決しました

152 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 15:35:11
法政大学出版局 『人類再生 ヒト進化の未来像』 
ミシェル・セール/米山親能訳 11/予定

153 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 03:15:40
sage

36 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)