5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

中世思想

1 :考える名無しさん:04/10/31 01:20:45
この時代、神学のほかもあるんですか?

2 :しろうと ◆AUSirOutoE :04/10/31 01:29:16
2

3 :考える名無しさん:04/10/31 01:52:35
>>2
なんかよく2ゲットしているけど
こんな過疎スレで2ゲットしてうれしいかしろうとさんよ

4 :電波おやじくん ◆B5j0Fhef0w :04/10/31 01:55:28
■卍■西洋古典学統一スレ■卍■
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1077012529/l50

 スコラ学に、自然科学の準備をしたという側面もあるというのは、
今や常識かもしれない。

(オレーム、マートン学派、ブラッドウォーディン
 などで検索してみると良いと思われる。)

 中世の注解という著述のスタイルにも関わらず、中世哲学に、
近世の「個性的」な著述家よりも際立った個性を見る方も多いようだ。
(例えば、坂部恵氏など。)

 中世が暗いのではなく、
我々の中世についての知識が暗いのだ、というフレーズを吐いた
歴史家もいる。

 (とか言う前に、まずはアリストテレスについて熟知しなければ……。)

5 :考える名無しさん:04/10/31 02:08:06
>>1
神学にかこつけて、ギリシャ哲学をやってたようだ。だから、
例の「針の上に天使が何人乗れるか」という設問も読み替えなければならない。可能なら。

6 :考える名無しさん:04/10/31 02:56:38

馬鹿は知らなくてもよい

7 :考える名無しさん:04/10/31 03:13:04
しかし、見ず知らずのバカにバカと言われる筋合いはないんだがな。

8 :考える名無しさん:04/10/31 03:18:46
針の上に天使が何人乗れるかは誰が言ったのですか?
>>7
>6は自分は馬鹿だから、自分はそんなことは知らなくてよい。とご自分のことを卑下しておられるようです。


9 :考える名無しさん:04/10/31 03:20:45
天使は形相はもつが質料はどうなってるの?
針の上に止まれるなら、質料があるのかな。
神は純粋形相だが、純粋形相は純粋質料と同じことだから、
質料に宿ることもできるんだっけ。
しかし、天使は純粋形相ではないね。

10 :考える名無しさん:04/10/31 03:26:51
ググった。寝る。

 中世のスコラ神学者は、主の使いに関する聖書の教え、天球層spahaeraおよび天体の運動の原因としての
精神的・知的実体に関するプラトン、アリストテレス依頼の宇宙論的・天文学的理論、および人間よりも上位の
純粋に精神的な存在に関する形而上学的思弁などの源泉から、天使(およびその堕落した集団=堕天使とし
ての悪霊ないし悪魔)に関する神学的・哲学的理論を展開した。

その中でもっとも体系的かつ包括的な天使論を構築したのはトマス・アクイナスである。彼の天使論は《神学大
全》のかなりの部分および《定期討論―精神的被造物について》《分離的実体についての論考》において展開さ
れ、天使は純粋形相であって質料を含まない、と主張したことによって保守的神学者と対立した。なお、詳細を
きわめる彼の天使論においては、針の先端に何人の天使が立つことができるかという問題(スコラ哲学を揶揄
するのによく用いられる例)は論じられていない。

11 ::04/10/31 03:28:51
なんで?

所でヨーロッパに限らずやると良いね。

12 :考える名無しさん:04/10/31 03:30:46
なるほど、トマスではないんですね。
いったい針の先はだれが言い出したのか・・・
そういえば、トマスの天使論が中世原典資料集成にあったなあ。
神学大全にもあるのか・・・

「天使は純粋形相であって質料を含まない、と主張したことによって保守的神学者と対立した」
それはそうでしょうね。でないと、天使=神になってしまう。


13 :考える名無しさん:04/10/31 03:31:27
>>11
ビザンチン、イスラム、ユダヤも?

14 :考える名無しさん:04/10/31 03:32:44
わだすは、グノーシス、です。神様は、天使です。

15 :異端審問官:04/10/31 03:35:01
聖霊=天使=神ですか?

16 :考える名無しさん:04/10/31 03:45:26
キリスト様は、天使です。わだす達も地上の天使なのだと、仰いました。

17 :異端審問官:04/10/31 03:46:32
それは流出論をもとにしたお考えですか? ビザンチン派は異端です。

18 :考える名無しさん:04/10/31 15:40:13

中性脂肪


19 :考える名無しさん:04/10/31 23:45:44
ふむ

20 :しろうと ◆AUSirOutoE :04/11/01 20:16:32
「針の上に天使が何人…」は後世のでっち上げじゃないですか


21 :考える名無しさん:04/11/01 21:21:30
走査型電子顕微鏡のプローブの先端に、何人の天使がぶら下がれるか?

22 :考える名無しさん:04/11/17 03:30:33
age

23 :電波おやじくん ◆B5j0Fhef0w :04/11/20 22:08:20
 最近立て続けに本を出している八木雄二氏の
『中世哲学への招待 「ヨーロッパ的思考」のはじまりを知るために』平凡社新書
を、今さらながら読んでみた。
 いくつか疑問点を記してみる。
言うまでもないかもしれないが、内容を正しく把握できていない可能性が高い。


 かれ〔ヨハネス・ドゥンス・スコットゥス〕によれば、
人間の意志は、いつでも、「欲しない」ことができる状態のなかで「欲する」ことができる。
つまり意志は今「欲する」状態にあっても、その状態にあり続ける必然性はまったくなく、
「欲しない」という状態にいつでも変わることができる、と言う。(172頁)

【疑問】
 私には、上でいう意志は、余分な概念ではないかと思える。
端的に、欲求があったりなかったりするとしてはまずいのだろうか。


 意志の能力自体がもつ可能性(自身のはたらきに対して偶然的関係をもつ)が、
ヨハネスによって、自由の根拠とされた。(173頁)

【疑問】
 上でいう意志の偶然性からは、心的なものの非法則性が言えるのみであるように思える。
従って、意志の偶然性が自由の根拠とはならないように思える。

24 :考える名無しさん:04/12/02 23:51:18


25 :考える名無しさん:04/12/05 02:21:39
エックハルト読んでる人いる?

26 :考える名無しさん:05/01/01 03:02:37
トマス・アクィナスを研究している方、『スンマ』第3部の「婚姻の秘跡」
についての読み方の要点を教えていただければ幸いです。
当方ラテン語も多少は読めます。よろしく。

27 :考える名無しさん:05/01/01 03:10:17
エックハルトおもしろいね。
上智&平凡社や京大のお陰でかなり環境はよくなったね。

28 :考える名無しさん:05/01/01 06:12:56
分析哲学系では、論理・言語哲学者としてトマスを見る視点があるな。

29 :考える名無しさん:05/01/11 03:34:35
sage

30 :考える名無しさん:05/01/15 08:46:43
クザーヌスどう?

31 :考える名無しさん:05/01/22 18:13:41
はき

32 :考える名無しさん:05/01/22 21:08:29
?

33 :考える名無しさん:05/02/06 23:34:42
新プラトン主義について教えて下さい

34 :考える名無しさん:05/02/06 23:37:18
エンネアデス!

35 :考える名無しさん:05/02/06 23:48:47
ヤコブ・ベーメ!!

36 :考える名無しさん:05/02/07 05:01:19
思弁的語りを学ぶには誰がいいですか?

37 :考える名無しさん:05/02/17 20:38:26
ボナヴェントゥラ

38 :考える名無しさん:05/03/05 12:47:24
b

39 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 11:17:49
中世って人気無いの?

40 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 11:22:21
アウグスティヌスの、「悪は善の欠如である」という命題についてどうよ?
これじゃあ、悪魔は、堕天使に過ぎなくなっちゃう・・・

41 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 11:30:32
んじゃシェリングでも嫁
うぜーな

42 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 11:40:27
バカは知能の欠如

43 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 18:44:02
信者が心乱される遊行人一遍上人の踊り念仏をソウゾウしました。

44 :考える名無しさん:2005/03/24(木) 21:25:15

行政指導


45 :ローカルルール審議中:2005/04/09(土) 22:56:45
最近の神学者ってどんな人がいる?

46 :考える名無しさん:2005/05/02(月) 17:25:56
>>45 マクグラス

47 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 20:44:41
実念論について教えてください。

48 :考える名無しさん:2005/05/09(月) 21:23:16
やだ。

49 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 11:38:47
マイスター・エックハルト難しいけど(自分に神学的知識が全く無いので)
でも何か感動する。何もかもから自由になること
グザーヌスも文庫本で手にいれたので、読んでみよう。

50 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 09:05:16
ドイツ神秘主義

51 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 09:47:59
この世を作ったのは、善でも悪でもない神(盲目の神)なので、
「盲目の欠如が愛である」

52 :考える名無しさん:2005/06/01(水) 10:42:54
と言うよりか、この世を作ったのは悪魔なので、「悪の欠如が善である」
と言ったほうが分かりやすいかも。

53 :考える名無しさん:2005/06/05(日) 00:22:19
ドイツ神秘主義
http://book3.2ch.net/test/read.cgi/book/1117553711/

54 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 00:51:55



55 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 08:38:32
>>52
それは善悪二元論ですな。

56 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 09:35:49
f

57 :考える名無しさん:2005/07/30(土) 12:15:53
知られるものは知る者の内に、
知る者のあり方にしたがって在る。

58 :考える名無しさん:2005/08/08(月) 20:29:55
情欲は、情欲の対象を望むように意志をそそのかす。
したがって、
情欲の効果は、あるものを自発的にさせることである。

59 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 23:29:25
恩寵は自然本性を廃棄せず、
むしろ予想し、完成する。

60 :考える名無しさん:2005/08/22(月) 20:41:45
中川純男・加藤雅人 編『中世哲学を学ぶ人のために』世界思想社

ttp://sekaishisosha.co.jp/cgi-bin/search.cgi?mode=display&style=full&isbn=1143-9
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4790711439/

61 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 19:56:17
山内志朗
『笑いと哲学の微妙な関係 25のコメディーと古典朗読つき哲学饗宴 魂の本性3』
哲学書房

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4886791522/

25分の2は中世哲学が主なネタになっている。
まずドゥンス・スコトゥス。
あと一つはうろおぼえだが、イブン・アラビーだったか?

ちなみに井筒俊彦『イスラーム思想史』中公文庫が
品切れって記されていた気がするけど、
増補されて復刊されてますね。

62 :137:2005/10/17(月) 18:19:17
80年代はなぜ中世が流行ったのですか?「季刊哲学」とかさ。

63 :考える名無しさん:2005/10/17(月) 21:49:43
age

64 :考える名無しさん:2005/12/08(木) 00:29:25



65 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 09:31:46


66 :考える名無しさん:2005/12/26(月) 22:17:14
pc

67 :考える名無しさん:2006/01/01(日) 16:58:58
ジョン・オブ・ソールズベリー著『ポリクラティクス』の日本語訳がない

68 :考える名無しさん:2006/01/27(金) 07:24:42
>>62
あの雑誌は売れなくて大変だったらしいよw

69 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 01:04:19
>>68
売れなさそうですね。確かに。
今必死で集めてますが(笑)

70 :考える名無しさん:2006/02/24(金) 17:43:57
sage

71 :考える名無しさん:2006/03/18(土) 02:13:47
あのーすいません
いわゆるスコラ哲学関係の話題ってこの板でいいんすよね?生きてるスレってありますか?

72 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 22:04:25
nai

73 :考える名無しさん:2006/03/19(日) 22:04:46
あなた方にこれから死ぬまで二度と気力が出なくなる呪いをかけました

解除方法はこのスレhttp://sports9.2ch.net/test/read.cgi/sumou/1140272559/に「柳川頑張れ!」と書き込めば解除できます

74 :考える名無しさん:2006/04/14(金) 19:28:26
sage

75 :考える名無しさん:2006/05/25(木) 00:45:45

         /|/|/|
         /| .//|
       /// / |
       ヽ-保全-/
        |゚ д ゚||]   ゴゴゴゴゴ


76 :考える名無しさん:2006/06/28(水) 02:20:56
ヾ(o゚ω゚o)ノ゙ プニプニ!プニプニ!

77 :考える名無しさん:2006/07/12(水) 13:16:05
やはり人気ないのでしょうか?
あげてみる

78 :考える名無しさん:2006/08/12(土) 12:17:23
sage

79 :考える名無しさん:2006/09/13(水) 05:01:22
アベラールは、
教え子の誘惑に実存を没入したことによって、
実存を喪失させられたと通説ではされている。

80 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 11:42:05
>>79
ちがうの?

81 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 03:54:54
sage

82 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 15:17:21
アベラルドゥス

83 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 20:13:42
剃刀

84 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 00:38:19
剃刀といえばオッカム

85 :考える名無しさん:2006/11/17(金) 00:53:37
剃刀と言えば剃毛

86 :考える名無しさん:2006/12/09(土) 04:46:49
なんでもっとボナヴェントゥラを研究しないの?日本人にはトマスよりなじみやすい
とおもうんだけど。研究にてきした部分がトマスよりすくないのかな。トマスとエックハルトがなんとなく有名だったりするけど
正統信仰のなかでななじみやすい神学を展開してくれたぼな様がすきだ。
トマスはあほなわたすにはむずかしすぎだし、そもそも翻訳もてにはいりずらい。
せめてだれかスンマの全体にわたる抄訳をつくってください。

87 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 00:25:16
>>86
神学者だから職業的文献哲学者の手が伸びにくいところではあると思う。
個人的には好きなんだが。

88 :考える名無しさん:2007/01/22(月) 18:31:34
トマスのヨハネ福音書注解の翻訳を古本屋でゲットした。うれしいので
記念に書き込む。読むのはいつになるか知れないけど。
ところでこの注解はトマスの思想全体のなかでどのような位置を占めているんだろう?


13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)