5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

「苦しみ」の哲学

1 :考える名無しさん:04/09/05 06:52
苦しみとは一体、何か?

2 :考える名無しさん:04/09/05 07:02
2

3 :考える名無しさん:04/09/05 09:51
       _,. -‐ '' " ",. ̄'' ̄` ''‐、
      ,.-'      ,r''  _,,.. - 、  ` 、
    ,.r'/// /   ,.-'      `' 、. \
   /       ,r'  ,r'       ,rfn、 \ '、
  / /////  ,'   ,'  ,rffn.   '"     ヽ ',
  i     ,.ァ   .i  '"     ,riiニヽ.   ',. ',
 |  ,.r '"  |.   {  ,riiニヽ      _.    ', ',  ヨコハマタイヤ様が素敵な笑顔で3GET!!
 | .,.r'    |   !   ,..  _,,.. -‐' _,..r'  i .i   轢き殺されたくなかったら道をあけろ!!
 |,'      ',   ',   '、., __ ,.. -‐''"゙  }  | .|
  |       ',    `、  ヽ        !   } .}
  ',         ',    '、  ヽ      ./   ! .|    >>4 タッチの差だな。タイヤ交換しろ!
   '、       `、   \  `ヽ==='゙    ,' !   >>5 おせーよバカ 教習所からやり直せ(プ
    `、        '、     ' 、        / .,'   >>6 クルマ乗る前にオンナに乗れよ(ゲラ
      '、'-..,,_____ ___`、    `''‐- ..,, ,,.. r'  /   >>7 ペーパードライバーって素人童貞のことだろ(ワラ
      \ ヾヾヾヾヾ \          /    >>8 毎晩シフトレバー磨いてんじゃねーぞ(爆
       ` 、  、、、、、、、、 ` - ..,,, _ _,.r'゙      >>9 おめーの人生転がりっぱなしだな(ギャハ
         `' - .,,_       _,. - ''"       >>10 ガキの頃俺の顔見て泣いてたの知ってるぞ(クス
             `"'' '' '' ""           >>11-1000 ちゃんと空気圧チェックしろよ!


4 :考える名無しさん:04/09/05 09:52
面白さと同時に裏に必ず居るもの。

5 :考える名無しさん:04/09/05 10:53
         | ‖    ‖  |
         |  ‖   ‖  /
        ヽ ‖   ‖ /
         ヽ ‖  ‖ /
         ┴┴─┴┴ - 、
       /             ヽ
      |     MM  MM   . |
      |     (゜ ) (。)   │    ‥‥。
    三三/⌒    ⊂⊃   ⌒三ミ
      \____人_______ノ
      |       \|/      |
      //,',';;  ノ´ ̄ ̄!, ',',;;::',',゙i
     ./,',',';;" //     \ ',',',;;,'i
     .i 、  /       ヽ ',;::'、|
     .|   〈         ヽ''  {
     .ト,   i          | 、 i
     .|',',;;  }          ! ',',;;i
     .|,','、 /          ヽ',',','|
     .!;;', /            !,',;,;'|
     .゙i',';;;;i            |:::;;;i
      !'' {            }'' !
    /  i,             } ヽ、
   彡、,,,-‐┘           └ュュュュ


6 :考える名無しさん:04/09/06 00:44
こういった肝AAの表情が、
作成者のかかえる複雑な苦悩を表現している
と言えよう。

7 :ちくわぶ:04/09/06 00:48
体内のどこかが何らかの危機的状態になってることを知らせる信号とおもう。

8 :考える名無しさん:04/09/06 00:48
                           ._________, _________
                            l ゜__,.-''''-.,____   ゜||ニニニニニニニニニニ
                         ,.- '" ̄   .,,.-― ''' ̄ヽ,  ||三三三三三三三三三
  これでもくらえ!            ,/      / ,, -―''' ̄,/ヽ||三三三三三三三三三
  三菱必殺脱輪攻撃!!     _,.-',      ,'-._ ----- ,---l ;;||三三三三三三三三三
                    _,,,/'二二二二二二' ,'二二二,  ̄ヽ;;||三三三三三三三三三
                   .l' | ._l二二| OT ̄| | r――ii | r-i |;;||三三三三三三三三三
                  .[;;].| (・∀・ ) .|;;;].| | |l     l| | | .| |;||三三三三三三三三三
                   | |._⊆⊇ ヽ .) |[;;]| | |l_,,--''l..|.t=l |;||三三三三三三三三三
                   ''|, ̄. FUSO ̄ ̄'ノ. | |l ̄ ̄|.ll| | ,,,,,,|;|三三三三三三三三三
 アーヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャッ!!!!!!   .|l. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l...| ''--'''''""_l.'--'l;;|三三三三三三三三三
         ≡=-       _[l_三三三三三_l]_||.=ヽ人人人/  |;|三三三三三三三三三
 >>3 ガッ ,:'⌒ヽ ≡=-  _ _|________     ≪ ,:'" ヽ;ヽ _ヽ____ヽ_
     ゚ ∀ ゚ 0 i ≡=- __________      ≪ii 0 i;;;|| l三||三三三||三
     =-- ゞ__ノ≡=-        .ゞ;三ノ    //WWWWゞ__ノ    ̄ ̄ ̄ ̄ゞ三ノ

9 :考える名無しさん:04/09/06 17:47
快楽の随伴的なもの

10 :考える名無しさん:04/09/08 17:43
たすけてくれぇ〜

11 :考える名無しさん:04/10/25 18:54:31
僕の母がまだ若い頃、幼い僕の手をひいて
坂を登るたびに、いつもため息をついていた。
「ため息をつけば、それで済む。後だけは
見ちゃだめよ」と言いながら。運がいいとか
悪いとか人は時々口にするけど、そういう
ことって確かにあると思う。

12 :考える名無しさん:04/10/25 21:52:53
略して苦学。

13 :考える名無しさん:04/10/25 22:15:57
楽しいよ〜〜〜〜〜〜〜。
楽しいよ〜〜〜〜〜〜〜。
楽しいよ〜〜〜〜〜〜〜。
楽しいよ〜〜〜〜〜〜〜。


14 :考える名無しさん:04/10/25 22:17:27
略して哲楽。

15 :考える名無しさん:04/10/26 02:22:26
好きな趣味も、職業にすると
楽しくなくなる、苦しくなるのはなぜ?

16 :考える名無しさん:04/10/26 02:26:15
略してカルチャー職苦。

17 :考える名無しさん:04/10/26 03:39:15
>>16
うまいなお前。座布団一枚だ。

18 :考える名無しさん:04/10/26 05:09:59
風車をつけた乳母車を押してゆく母がいた。庭の生垣直している父の姿があった。
私はまだ5歳になったばかり。母の後を追いかける。駅までの道は麦が実り、乳母車には眠る弟。
黄金色の風が麦畑を越えていった。黄金色の風が母の髪を揺らした。
買い物帰りには歌を歌った。母は少し低い声で。エプロンにつかまり私もまた「仲良し子馬」の歌を歌った。
黄金色の風が風車を廻していた。黄金色の風が遠い日々を歌った。

19 :考える名無しさん:04/10/26 05:21:52
>>18は声に出して読みたい日本語認定。

20 :考える名無しさん:04/10/29 04:12:09
楽哲なんて楽天みたいで嫌だ。

21 :考える名無しさん:04/10/29 04:14:52
音楽哲学、下から読むと、学哲楽音。

22 :考える名無しさん:04/11/06 06:36:47
楽天プィロソファーズにしてもらおうよ。
読売巨人軍ならぬ
楽天哲人軍。

23 :考える名無しさん:04/11/10 23:57:44

お前の青臭い道徳では無理だ。諦めろ。

24 :Sora ◆H1tA9nehDo :04/11/22 00:48:15
>>1
随分、重いテーマですね。偶にはこういうスレッドに書き込むのもいいのかと。☆
・・・この世界にはあらゆるタイプの苦悩がある訳ですが、そこにもひとつの
哲学的な洞察が得られるような気がします。つまり、あることで苦しんでいるのは
『決して自分ひとりだけじゃない』という真実です。必ず似たような状況を経験している
人たちがこの地球上のどこかにはいます。ただ、都市的に孤立し疎外された環境では
そうした事実を肌で体感することが難しく、『自分ひとりだけがこうなんだ!』という
錯覚や錯乱、または自棄や絶望感を起こし易くなったりする場合もあるのでしょう。
でも人間には、みんな想像力がある。そこに星辰の光のようなものがあると思います。

もちろん除去できるような苦しみやトラブルには迅速に現実的に対処すべきでしょう。
でも、どうにもならないような苦しみに耐える場合は、その何かに苦しんでいるのは
『決して、この世界で自分ひとりだけではない・・』ということに気付いて、
それを常に自分に言い聞かせてあげることだと思います。
それによって、自分の苦しみの位相とレベルが少しずつ変容し、相対化され、だんだんと
無化されていくというか、実存としても力強く純化されていくような気がするのです。




25 :考える名無しさん:04/11/22 00:51:26
OK


26 :折口 学:04/11/22 00:52:46

「 苦しみ ( 精神的 ) 」とは、「 思いあがり 」 である。



27 :考える名無しさん:04/11/22 01:56:50
思い上がりか。思いやりか。

28 :考える名無しさん:04/11/22 02:22:22
正確には「思いあがった」が正しい表現で、過去形であり究極の結果をあらわしています。
人間が苦しむのは失われつつある本能の奪還とそれを許さない現実とのギャップです。
文明によって与えられた人間としての価値観だけで生きる姿勢が本来もつ個人の可能性を殺しているのです。
人は思いあがったものの心を平等に分配されているのですから何があっても自由なのです。私以外は、、、



29 :考える名無しさん:04/11/22 06:10:53
>>28
本能の奪還〜。っていうところで読んでないんだけど(プーでプププだから
28 名前: 考える名無しさん 投稿日: 04/11/22 02:22:22←2が並んでいるぜ!

30 :考える名無しさん:04/11/22 07:10:15
02年の2月だったらもっと良かったね

31 :あすか:04/11/22 23:23:12
生きて行くための道しるべじゃないですか?

苦しい事をどんどん突き進むと死ぬ場合が多いですよね。
だから苦しませてこれ以上行かないようにしている。

32 :考える名無しさん:04/11/24 22:35:47

「3」は難しい数字
一人が話すのに対して相手が二人もいるから
どちらかに偏ってしまう
狭い廊下では三人では話せない

私はずっと「3」に苦しめられている


33 :考える名無しさん:04/11/25 11:17:59
苦しみというのは、何かが満たされないこと
何かが満たされないというのは、何かが欠けているということ
何かが欠けているということは、不完全であること
自分自身に不完全である部分を見つけたときに生まれるものが苦しみ

34 :考える名無しさん:04/11/25 11:49:56
肉体的苦しみと精神的苦しみは分けた方がいいだろうな。

肉体的苦しみを本人の努力でなくすのは難しいが、精神的なものはそれなりに考え方次第で克服するのは可能。


35 :考える名無しさん:04/11/25 12:00:37
否、肉体的苦しみと精神的苦しみを分けることはできない、というのは誰的?

36 :考える名無しさん:04/11/25 12:02:33
肉体的苦しみというのを認識するのは精神とはいえないか?

37 :考える名無しさん:04/11/25 12:06:29
>>36
いや、言語活動だ

38 :考える名無しさん:04/11/25 12:15:31
何故そこで「言語活動」が出てくるのかがよく分からないな。

39 :考える名無しさん:04/11/25 12:46:06
現実を変えないとずっと苦しいよ。


40 :考える名無しさん:05/03/11 22:21:50
現実を変えるのは難しい。
ならば、自分を変えるべきである。

41 :考える名無しさん:05/03/11 22:44:35
自分を変えることができれば現実も変わっていく。

42 :考える名無しさん:05/03/11 22:50:40
苦しみとは生きているという事
苦んだことの無い人なんかいるはずが無い。

43 :考える名無しさん:05/03/11 23:00:19
苦しみがあるから
僅かでも他人のことを思いやることができると思う。
そして、苦しむというのは生きるということじゃないかな。

44 :考える名無しさん:05/03/12 23:02:44
一体今までどんな人生を食らってきたんだ。
生きるってのは悦びよ。
そいつを得とく出来てないヤツは逝っていいぜ。

45 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 23:58:28
>>44
甘いな

46 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 23:59:57
ペロッ

47 :考える名無しさん:2005/03/28(月) 12:49:06
こんなスレがあったのですね…

すべての苦しみには意味がある、と以前、聞いたことがあります。

今のわたしが抱えている苦しみに意味づけをするとしたら、
この瞬間には無理です。
なぜなら、時間と意識にズレが生じているからです。

もっともっと時が流れて、わたしの苦しみも少しずつ癒されて初めて
わたしは、かつての苦しみに意味づけすることができるのでしょう。

あの時、あの苦しみにはこんな意味があったのか…、
そうこころから思えた時、わたしはかつての苦しみに感謝し、
過去と和解できるのです。

今は、まだ、無理です……





48 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 04:10:30
哲学の苦しみ、じゃね?


49 :考える名無しさん:2005/04/19(火) 04:17:59
世の中、いろんな奴がいるからな。仕事上の人間関係って本当に苦しいよな。
いい奴とだけ付き合える世界にいつまでも居たいのだが。

50 :たま:2005/04/21(木) 19:52:30
痛いところを仮想現実が表現しようとしているが
なかなか痛いところがうまく表現できないから

苦しい

51 :ローカルルール審議中:2005/04/21(木) 20:28:38
黒田アーサーめ、おれのゆみちゃんを

52 :ローカルルール審議中:2005/04/21(木) 22:50:01
無意識の苦って感じたことない?
矛盾してるけど、明らかに身体は苦の反応を示してるのに、
意識がそれに気付かない。(身体だって嬉しい時や悲しい時かある。苦しい時も勿論。)



ああ、苦しい。その状態を思い返す度、倍の勢いで苦しくなる。

53 :たま:2005/04/22(金) 22:24:30
無意識の苦は 波のようなものかな?
頭の中で漂っている

でも無意識の快の 波で打ち消されて なかなか感じ取れない
普通はね

それを感じ取れる ということは
サドマゾsmsmsmsmsmsmsmsmsm なみなみなみ***

あたらしい せかいの とびらが あくかも

54 :考える名無しさん:2005/04/22(金) 22:27:44
苦しみか〜
先の見えない頑張りみたいなのがそうかなぁ。

55 :ローカルルール審議中:2005/04/23(土) 18:20:19
苦しみを哲学的に定義することは可能でしょうか?

苦しみそのものに意味を見出そうとすると、やはり最終的には
宗教のほうにより近くなってしまうような気がするのですが…

56 :たま:2005/04/24(日) 12:56:43
すりこみ スリコミ 刷り込み 摺りこみ 擦りこみ 摩り込み 擂りこみ

快苦快苦快苦快苦快苦

打ち消し 打ち消し 打ち消し 打ち消し

神神神神神神

仏仏仏仏仏仏

宗教宗教宗教宗教宗教

57 :考える名無しさん:2005/07/04(月) 05:38:48
苦しみがあるから幸せを感じられるのでは

58 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 11:57:29
苦しみは誰にとっても歓迎されないでしょう
にも拘わらず、なぜわたしたちは苦しまなければならないのでしょう?

人間はどんなに恵まれた境遇にあっても「しあわせ一杯花一杯」という精神状態
にはついぞなれないのではないでしょうか

もしかして、わたしたちは無意識のうちに苦しみを求めているのかもしれません
哲学も、文学も、宗教も、芸術も、そこから生まれました
しあわせなひとは、それらの学問や芸術が深い悲哀から生まれることを
はたして想像できるでしょうか?

苦悩のなかで仰いだ夜空の星の見事さを、泪のうちに見た夕焼けの美しさを
わたしは生涯、決して忘れることがないでしょう・・・
あの透徹した美は、わたしだけのものです

59 :ハル:2005/08/05(金) 02:14:36
おぞましい苦しみを味わった人の歪んだ発言の奥の真意を感じ取って、それを力にして普通の人は生きていくのだろう。

60 :考える名無しさん:2005/08/08(月) 19:52:00
>>59
被爆者の体験談とか?

61 :凡人:2005/09/09(金) 20:36:01
せめて世界の人為的苦しみは人間の使命として消滅しないといけませんよね。

62 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 08:52:31
無理だ。
根本的に人は笑われるのを嫌い、泣かれるのを好むんだから。


63 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 08:55:52
ほら、そうやって無理を強いようとするのも人を泣かせることに繋がるし。

64 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 08:59:45
苦しみが糧になる。


65 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 09:10:15
残念ながら豊かで幸せな生活は人間を貧弱にし、いずれ毛のない猿にしてしまう。
なんてことなのかしらん!!(゜〇`)
この世には参った、無念無念

66 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 09:35:43
楽しむことが人を貧弱にすることで、自然と苦しむようになっている。それを糧にし強さを取り戻す。
もし狡猾にも楽しみ続けることができれば、目も当てられなくなるだろう。

67 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 10:04:03
生まれつき恵まれている奴程ストイックに生きねばならない。
恵まれてない程、平和や幸福を追求すべき。

68 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 11:00:05
苦しみとは欲求である。
欲求があるから、苦しむことになる。

69 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 12:51:57
生まれつきの恵みが大きい程、いわば不労所得が多いので、それに乗じれば急速に堕落することになる。

生まれつきとか関係ないか。
とにかく豊かさにあまり乗じてはいけない。
それは貧困への切符だから。

70 :考える名無しさん:2005/09/24(土) 14:31:19

情報通信技術の急速な普及に伴い、電子メールを始めとしてインターネットを利用したオークション、ショッピング、バンキング等の様々なサービスが提供されるようになり、私たちの生活を便利にしてくれています。
その一方、インターネット上では、不正アクセス行為やインターネットを利用した詐欺事案等をはじめとしたサイバー犯罪の脅威も急速に増加しています。

71 : ◆KANGEN8FpQ :2005/10/18(火) 23:31:50
彼らは一体何に対して慌ててループしてしまうから苦しく

72 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 02:05:16
>>65
ほんとうにそうかな?

73 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 02:28:56
「苦しい」は辛いが、「苦しんだこと」は良いことでは無いだろうか。

74 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 02:31:52
人間にとって最も困難なのは「苦しみ」を犠牲にする事だそうだよ。
グルジェフさんによるとさ。


75 :不言 ◆ROOF1QOLmc :2005/11/10(木) 22:26:04



76 :考える名無しさん:2006/01/15(日) 03:22:01
「苦しみ」は青年を育てるが、老人を押しつぶす。
って誰か言わなかったっけ。

77 :考える名無しさん:2006/01/15(日) 03:51:24
人の世は『一切皆苦』。喜びや楽しみも絶望や苦しみがその裏に付き纏う。愛する者とは別離があるし、人は手にいれられないモノに苦しみ悶える。
ではその苦しみの原因とはなにか?それは欲である。かといって欲は人と切ってめ切り離せない。そこにジレンマがある。

78 :まずる:2006/01/15(日) 12:54:49
>>76
なんかキレイ事だよね。
実際苦しみで押しつぶされた若者は多いし。
老人の方が戦争行ったり精神力が半端じゃねーよなぁ。

79 :考える名無しさん:2006/01/16(月) 21:15:20
この国が戦争おっぱじめたら、刈りだされるのは老人ではないけどな・・・?

80 :まずる:2006/01/19(木) 04:32:08
この国で戦争がおっぱじまるなんて誰も思って無いし。

81 :考える名無しさん:2006/01/19(木) 17:59:29
本能による苦しみと集団的無意識から来る苦しみ

82 :考える名無しさん:2006/01/20(金) 01:39:19
が?

83 :考える名無しさん:2006/03/14(火) 02:06:36
苦しさというのは端的には窒息感だよね。
ドゥルーズが飛び降り自殺した気持ちは喘息持ちじゃないとわからない。

84 :考える名無しさん:2006/04/13(木) 08:26:36
求めても求めても得られないこと。
という言説もある。

85 :考える名無しさん:2006/05/07(日) 23:15:42

 諸君達はいまこそゴータマ・ブッダを深く感じる必要がある。

苦しみをもたらす我執欲の奥にある生存欲=自己保存本能を

徹底的に観察・検討しつくし、捨て去ることを深く納得し、

実践に移すことだ。厳しい瞑想によるしかないだろう。

        常人でできることではない。

『そこで、わたしに、正しい道理にかなった思いが起こった。
患いであるという念いが現れた。世を厭う気持ちが定まった。
次いで、私の心が解脱した。』
 
ナーガサマーラ長老
『仏弟子の告白─テーラガータ─』(76ページ)中村元訳、岩波文庫

 尊いゴータマ・ブッダの解脱=ニルヴァーナの瞬間である。


86 :考える名無しさん:2006/05/08(月) 03:23:24
この世の根源。
余のものは苦しみから派生する第二義的なものであり、あえて言えばカスである。
苦しみだけが人を満たす。
苦しみがなければ人は亡霊のように生きるしかない。

87 :考える名無しさん:2006/05/09(火) 12:13:46
考えることが苦しみだと最近思う。

88 :考える名無しさん:2006/05/11(木) 00:58:21
苦しみとは息ができないことだおー

89 :考える名無しさん:2006/05/12(金) 00:46:46
南無阿弥陀仏

90 :考える名無しさん:2006/07/06(木) 22:31:36
十二縁起で「苦」の根本は諸行無常、諸法無我を
実感・体得しえない無明にあるとしたのは、
ゴータマブッダだ。天才的な独創性というほかない。
しかし無明のもっと奥には、有機的な生物としての
『自己保存本能』がある。これはあらゆる生物にも、
もちろん人間にも最も古い脳の最深部にDNAとして組み込まれている。
渇愛・執着の根源だ。生物としての『死』でしかこの滅失はありえない。
無常中の現在のありようは自己保存本能が厳存する。無常ゆえにいずれ滅失
するかもしれないが、十難無記。
例えば、所有欲を滅し、エゴイズムから脱却し、広大な慈悲心を持ちえても、
非常な快美感の性欲、飢餓的食欲(特に水への渇き)、吸い込まれるような
睡眠欲など生物的・肉体的・本能的『欲望』からの脱却は不可能だと思える。

だとすれば、『解脱』とは、中道とは何なのか?


91 :考える名無しさん:2006/07/06(木) 23:03:12
>>90
>だとすれば、『解脱』とは、中道とは何なのか?
概念だろw
それ以上でもそれ以下でもない。

92 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 12:10:06
本能に欲望はないよ、


93 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 14:27:15
「苦」という字を隔てて読めば「古い草」となる。
草は人間と同じように生きている物。だとすれば、必ずそこに死というものは存在する。
ということでいずれ苦しみは消える、と単純に結論付けることはできるだろう。
しかし、草にもまた人間と同じように生殖能力が備え付けられている。
苦しみは更に苦しみを産む。たとえ目の前に存在している苦しみが消えたとしても、
その次の苦しみが待ち受けている。それが消えてもまた待っていて・・・。

月並みな論調にはなるが、やはり苦しみは消えず、いつまでも人間に付きまとう物なのである。
でもどうしても、苦しみとは縁の無い生き方をしたい、というのであれば。
無理な論を述べれば、その「古い草」を生み出す根源自体を排除してしまえばいい。
つまり、人間を含めた全ての存在を苦しみのない世界へ放り出せば良いわけだ。勿論、あなたも含めて。

94 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 14:37:43
よくわからないが。理解するまでははやまるな。すべてに対してするべきことはあるのだ

95 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 15:01:24

問題が解けないと悩みに成り、悩みの持続が苦しみに成長する、、
自分でも思い当たるけど、解けない問題は自分の考え違いが原因だね。


96 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 15:09:29
まあ会えばよかろう。なにもないが。地下鉄と前に出ることによって翼が人間ではなく恐竜に渡ったのではないかという懸念と

97 :考える名無しさん:2006/09/30(土) 15:11:02
まあ会えばよかろう。なにもないが。アンダーグラウンドと村上春樹。前に出ることによって翼が人間ではなく恐竜に渡ったのではないかという懸念と

98 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 14:50:53
人間の三大不幸

1.暑い、寒い
2.眠い
3.空腹

死にたくなったらどれか一つ解消しましょう(BY長坂)

99 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 14:59:03
苦しみとは自分の脳内に出来上がった世界の時空を歪められる事だ
喜びとは脳内の世界が現実と合致する部分が生まれる事だ
馬鹿とはこの世界が非常に緩く単純なつくりになっている人間を指す
愚者とは歪んだ世界を自力で再構築する能力に欠ける人間を指す



100 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 15:04:54
斜めから入るからだろ

101 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 15:07:15
>>99
じゃ、君は馬鹿なんだ。

102 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 15:09:50
>>101
斜め

103 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 21:45:03
持論を聞いてください。ってか教えてください。
快楽と苦痛は真理とも言えるような絶対的なことだと思うがなぜ人間は
快楽と苦痛をもっと深く考えないのか?

人間の取る行動は、快を感じる為と苦を避ける為の二つに分かれる。
人間ではなくても生物ならば全てそうだ。
なぜか、生物は快楽と苦痛という感覚に支配されてきた。

しかし、この飴と鞭のように表現され、意味合いでは
生物を繁殖させやすくとか生存の為とか言われる、この飴ではなく
自分たち個体にとっては嫌な事このうえない『鞭(苦)』について、なぜ
もっと深く考えないのか?

生物は快楽だけを感じる仕組みでも生存や繁殖はできたと思う。
仮に、苦痛があった方が生存に適するとしても、では、一体、誰が・何が
どういう理由でどのような意味でどのような方法で
自分たち生物にこの『苦痛』という鞭・感覚を与えたのか?
生物が苦痛を感じるようになってるのは、一体なにが原因なのか?
もしも、物理法則のように宇宙ができて物質が動くのと同じように
当然の、絶対的なことだと言うなら、なぜその絶対的なことは決まったのか?

なぜ宇宙が出来てから生命に快楽だけではなく苦痛の感覚までもが
生まれてしまったのか。
この苦痛こそ、人生やら社会の様々な問題の根源的なことだと思いますが、なぜ、
人はもっと深く考えないのでしょうか?

いや、脳科学で解明されてると言う人もいるかもしれないが
それは脳のどこがどう動くと苦痛が発生するというシステムだけであって
そもそもの苦痛を発生させる根源的な部分は分かってない。

これはどうやって研究すればいいだろうか?もしも苦痛を意識的に消せる方法が分かれば
革命的なことだと思うんです。電気や文字や農耕の発明以上に。

104 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 22:10:26
苦痛は至極の快楽でもある

105 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 22:45:37
>>103
伝説によれば釈迦の探求もそこから発しているようだが。

106 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:42:21
>>104
快楽と感じる苦痛と苦痛でしかない苦痛と二種類あると思います。
前者は存在して良いですが後者は消さないと苦しいだけです。

>>105
ちょっと考えたんですが
仮に釈迦も快楽と苦痛を根源として生き考えたならば
もしも仏教を広める事や悟りを話すのが
苦痛だったりあまり快楽ではなかったら
そこまで広めたりしないと思うんですよ。

だから、希望的な見解で、釈迦は本当に涅槃に行ったとか永遠に快楽だけを感じたと思って
「では何故、その方法を多くの人に話さないのか?」
という問いには
「答えは、面倒だから、話すのが少し苦痛で話すよりも他に快楽な事があったから」
という解でもあれば、その釈迦の探求・釈迦の話した言葉・原始仏教に
希望があると思ったんです。

悟っても必ずしも普及させようとする訳ではないから、他の人には一部しか伝わらず
あまり意味が無いように感じられてるだけ、といった具合に。

107 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:47:11
普通の人間でも、幸福なときには他の人も幸福にさせたくなるもの。
まして釈迦のように涅槃の境地に至れば、慈悲の心も生じてくるだろう、
とは思わんか?

108 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:57:51
>>107
慈悲の心が生じたから、自分の苦痛を消し快楽のみにした方法を教えたのだと思いますが
100%全ての人が分かるように、といった事まではしなかったのだろう、と思います。
もちろん他の人にもそうしようという慈悲があるのは当然かもしれませんが
他の事へ新しい快楽へ目が向くのも当然だと思います。
で、釈迦も人間なので行動には物理的な限界があり全ては伝えられなかった、と。
だから仏教は哲学者独特の自分言葉のような難解な語句が多発して
今の人は理解できない、役に立たないように思ってるのではないかと思います。

いや、全くの自分の希望的な考えですが
こう考えると何で人を救う意図があった釈迦や仏教があんなに難解で
ちょっと聞いてすぐに楽になれる訳でもないのかっていうのが納得できるんですよ。

だから100%苦痛を消し快楽だけを永遠に感じる方法があると信じて
仏教を調べたりするのは意味があるんだと思います。ただ、現代の知恵にあふれる人や
自分独自の方法も必要なのではないか?と思うんです。

109 :考える名無しさん:2006/12/07(木) 01:19:43
苦痛がなきゃ生物は進化出来ないんじゃないかな。
快楽だけだと満たされた状態だから進化する必要ない
だけどそれは自然環境が許さない、刻一刻と環境は変化してるからね
苦痛があるからこそ苦痛を克服しようと、もがき苦しむからこそ人間も進化したんじゃね

110 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 15:50:50
人間にとって諸悪の根源である苦痛なのになぜ誰も考えようとしないのか?
仮に苦痛が消えたら食糧問題も苛め問題も労働問題も戦争も
苦しまないからさほど問題ではない、となると思う。

生物の進化の為と言うなら、無機物の変化のように別に意識が無くて変化しても
生物は生存や進化ができると思う。というか生物が進化と言うなら
何が、何の為にそうしたのか?宇宙そのものか?俗に言う神か?
それらはどんな意図で目的で行ったのか?

俺は苦痛というのは人類共通の最大の敵というか問題に思える。
なぜ、たかが脳で苦痛まで感じてしまうのか?なぜ生物は苦痛を感じないといけない運命なのか?
物質は自由にできなくてもせめて苦痛くらいは自由に消す事ができないか?

考えていくと苦痛は感じていても理解したりこれが苦痛だと意識的に分かっているのは
あまり無いと思う。だから研究が進まないのか?クオリアと同様に
物理的には存在せず、疲れ・熱さ・痛み・怒り・恐怖と様々な形を取るので
苦痛という存在を感じるのではなくその性質を理解するのは難しい。

111 :第三の波平 ◆V8RGN/F1uY :2006/12/17(日) 16:42:33
快楽/苦痛という二元論はまさに言語の差異の体系ですね。
すなわちなにか快楽で何が苦痛かなど、状況次第の曖昧なものということです。

>>110さんも、なにか悩みがあって、それに正面からぶつかるのを
下げるために、このような問いに考えて紛らわせているわけだろうし。

112 :短パン:2006/12/17(日) 16:48:17
>>107
たまたま立ち寄っただけなので、上手くここを取り込めていない。。。が、

あえて言おう。
「思わん」
っつか、てんで思わんのだが、この責任どぅ取ってくれるのか?

113 :短パン:2006/12/17(日) 16:50:28
ふむ。
仕方が無い、それじゃお前の体で支払って
        ↓

114 :考える名無しさん:2006/12/21(木) 22:24:35
楽しいことにもストレスは溜まるらしい。

115 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 00:46:20
苦痛に関してはエインズリーの『誘惑される意志』を読んで目鱗。

116 :考える名無しさん:2007/01/15(月) 23:16:50
ドストの地下室の手記に苦しみについて何か書かれてた気がする。
何だっけ・・苦しみも喜びなんだっけ

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)