5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

哲学するときは言葉や記号は定義して使えよ

1 :考える名無しさん:04/08/01 18:11
おまえらの思索はくだらない思い込み、思いつきの列挙でしかないよ

2 :考える名無しさん:04/08/01 18:34
禿同2げっと

3 :Tar ◆SQIDAUQYpc :04/08/01 18:37
分かりやすい>>1=>>2ですね。

4 :&rlo;すで才天 &lro;私は:04/08/01 18:40

クソ。おもしれーじゃねーか。
お笑いなんなら許してやる。
全てネタでいけ。
馬鹿にしやがって。そのまま逝け
クソ

5 :考える名無しさん:04/08/01 18:41
>>1
そのとおり!

6 :考える名無しさん:04/08/01 18:44
哲学ほど方法論がめたらやったらある学問も少ないのは確か。

7 :考える名無しさん:04/08/01 19:05
what is fuma ?


8 :2:04/08/01 19:15
ちょっと待って下さい。1じゃないです。
証明しろと言われても証明できませんけど・・・。
1が現れたら間接的に証明出来るかも。

9 ::04/08/01 21:36
折れは位置だが荷じゃないよ。ばーか>Tar

10 :考える名無しさん:04/08/01 21:48
虚数珍ポも定義するのか?

11 :THE グル:04/08/28 01:20
>>6
いいですか、
おっしゃっていることが無茶苦茶ですね。
どうかしましたか?


12 :考える名無しさん:04/08/28 07:32
そうかね?

13 :考える名無しさん:04/09/02 12:51
なーるへそ。

14 :考える名無しさん:04/09/02 12:52
なーるへそ とは どういう意味ですか!

15 :考える名無しさん:04/09/02 13:00
「xが無駄である」を次のように再起的に定義する。
「任意の目的yについて、もしxがyを達成するのに必要ならば、yは無駄である」
このスレは無駄ですね。

16 :考える名無しさん:04/09/02 14:00
この(スレの存在)は無駄である。
目的(発言>>15を真たらしめること)について
この(スレの存在)が(発言>>15を真たらしめること)に必要ならば
(発言>>15を真たらしめること)は無駄である。

17 :考える名無しさん:04/09/02 14:25
778 名前:考える名無しさん :04/08/30 18:25
>1
バカだなあ、糞コテも
糞スレを立てる糞名無しも、例外なく淋しい構ってクンなんだよ、
そんなバカ共に 構ってやるなんて…、バカが泣いて喜ぶだけだ。

  ただ  無視  すれば いいんだよ

ヤシらが何を書こうと何をしようと
完全に無視して、ヤシらのスレもレスも全然無いのと同じに 完全スルー。
そうすれば、ジエンで哀しく書き続けるあほらしさに、バカも気付く。

無視ほど イタい 罰 はない




18 :考える名無しさん:04/09/02 16:55
マルチコピペもうざい

19 :考える名無しさん:04/09/03 08:44
つか
なんでこの板に
スレスト居る訳ぇ??

スレスト独裁とは断固闘う!

20 :考える名無しさん:04/09/03 09:40
ぴかぁ〜が消えればスレストも消えるよ

21 :考える名無しさん:04/09/03 13:26
test

22 :考える名無しさん:04/10/29 02:47:44
意味もわからずに難しい言葉使うなアホども

23 :考える名無しさん:04/11/06 12:07:57
うん。

24 :考える名無しさん:04/11/16 15:50:21
そんな電波を正当化する理由は何か?
単に哲学思想と同一視できないことでは不十分。

25 :考える名無しさん:04/11/26 12:15:04
定義しつくせない人生もある。

26 :考える名無しさん:04/12/17 04:59:56
人生定義は結果論だな。

27 :考える名無しさん:05/02/15 17:22:06
記号は定義すべきだ。でも言葉を定義してしまったら何を議論するの?

28 :考える名無しさん:05/02/15 19:30:13
>1さんはソシュール等を学んでから出直した方がいいですね。

29 :考える名無しさん:05/02/16 02:21:29
>28さんこそ、学びなおした方が良いですね。

30 :考える名無しさん:05/02/16 03:15:20
と言ってたウィトゲンシュタインは、晩年には生活言語に関心を移したのであった。

31 :考える名無しさん:05/02/16 04:00:01
1とは馬鹿のことである。
馬鹿はアホである。
アホは馬鹿である。
よって1は馬鹿である。

32 :考える名無しさん:05/02/16 04:35:55
>>31
1よりあぶないな。

33 :考える名無しさん:05/02/16 04:52:44
>1は
自分が議論に負けそうな時、
「定義は?定義は?」とわめきながら、
議論を定義の泥沼に落としこみうやむやにしようとする
いわゆる『定義厨』と定義する事が可能である。

34 :考える名無しさん:05/02/16 07:13:45
でも、定義厨、根拠厨が多いのは哲学の必然である。

35 :考える名無しさん:05/02/16 13:40:24
定義とは、言葉を殺して標本にすることである。

36 :考える名無しさん:05/02/16 13:41:40
哲学の場合「定義されたら負けだと思っている」みたいなとこあるし。

37 :考える名無しさん:05/02/17 08:40:38
定義があって言葉は生きる。

38 :考える名無しさん:05/02/17 08:56:27
定義は言葉の意味を定めることである。

意味とは定義である。

よって定義は言葉の定義を定めることである。

39 :考える名無しさん:05/02/17 11:06:42
スピノザのエチカを見習え。

40 :考える名無しさん:05/02/17 12:29:57
> よって定義は言葉の定義を定めることである。

落馬とは馬から落ちて落馬することである。w

41 :考える名無しさん:05/02/17 13:29:15
定義は言葉の使用法を定めることである、ではだめか。

42 :考える名無しさん:05/02/17 17:52:37
言葉の使用法なら文法になる。
定義は構文論ではなく意味論に属する。

43 :考える名無しさん:05/02/17 18:06:57
ヘンなねらーキター

44 :考える名無しさん:05/02/17 20:36:58
オレ流セマンティックスw

45 :考える名無しさん:05/02/17 20:45:39
おめーら Socratic fallacy て氏ラねーの?

46 :考える名無しさん:05/02/17 23:19:58
で?

47 :考える名無しさん:05/02/18 11:11:27
>>46
>で?

「で?」を定義してから使え。

48 :考える名無しさん:05/02/18 11:34:57
定義を定義シレ!



49 :考える名無しさん:05/02/18 11:52:03
「辞書」というのはすべて「自己言及のパラドックス」なのか?

50 :考える名無しさん:05/02/18 12:00:05
とりあえず、「定義」の定義。

ていぎ【定義】
概念の内容や用語の意味を正確に限定すること。


51 :考える名無しさん:05/02/18 12:02:35
じしょ【辞書】
1 ことばや文字をある観点から整理して配列し、その読み方、
 意味などを記した書物。/国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988

52 :考える名無しさん:05/02/18 12:08:18
>>49
自己言及のパラドックスというのは意味(あっ意味だ)違うだろ?
「トートロジーなのか」ならわかるが。

53 :考える名無しさん:05/02/18 12:11:25
1は何で哲学、言葉、記号を定義しないの?

54 :考える名無しさん:05/02/18 13:55:09
無意味な音素まで落さないと完全な定義とは言えまい?

55 :考える名無しさん:05/02/19 02:05:11
そうかな?

56 :考える名無しさん:05/02/19 02:36:21
ここにクソスレとなることを運命づけられた哀れなスレが存在する。
手をつくせばつくすほどクソスレになってゆくのだ。
なんと哀れな事だろう。

57 :考える名無しさん:05/02/19 04:34:29
はたしてそうかな?

58 :考える名無しさん:2005/03/29(火) 03:40:59
定義から始めなければ成らない

59 :考える名無しさん:2005/03/29(火) 16:23:40
定義とは何か。その概念は人によって考え方が違う。

ゆえに万人が認める定義を定めることは不可能。

60 :考える名無しさん:2005/03/29(火) 16:53:05
>>1

 日常的に使われているが曖昧な言い回しについて
 気になったり気に入ったり疑問に思ったりする
  ↓
 それについてスレを立てる or スレに書き込む


という使われ方をしているからしょーがないんじゃない?
特定の学者さんの著述に関するスレとかはわりときちんと進んでるんじゃないの?
見てないけど。

61 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 00:32:17

ベクトルは、太字で書くべし。


62 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 01:41:10
前期と後期では、主張が異なっています。念のため。

63 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 00:15:03
念とはなにか?

64 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 12:40:31
ねえねえ「愛」と「恋」ってどう違うのぉ?

65 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 12:56:46
哲学は定義だけでよい。
論理展開は不要。
21世紀の哲学は一問一答哲学だ。

66 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 13:20:18
>>65
ソシュールも知らん馬鹿以前のゴミ虫は哲板に来るな。

67 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 13:58:37
>>64
まず、愛を定義せよ。
次に、恋を定義せよ。
最後に、両者を比較せよ。

68 :考える名無しさん:2005/03/31(木) 16:31:13
両者の統一をせよ。


69 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 01:34:54
>>67
馬鹿だね
それを聞いてるんだろう?


70 : ◆FV29Dovtg2 :皇紀2665/04/01(金) 12:32:07
じゃとりあえず定義を定義してみるか

71 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 14:02:36
ほれ、定義の定義
***
ていぎ【定義】
概念の内容や用語の意味を正確に限定すること。
***/国語大辞典(新装版)ゥ小学館 1988

72 :ローカルルール審議中:皇紀2665/04/01(金) 14:11:44
>>65
>21世紀の哲学は一問一答哲学だ。

ソクラテスに回帰するのか。

73 : ◆FV29Dovtg2 :2005/04/02(土) 10:29:41
やっべ前のレス読んでなかったらかぶってた。
>>71
それは暗黙のうちに「辞書に載っていることを定義とする」って定義してる
んじゃないか?っ自分も定義って言葉使って反論してよいものかどうか。
無限退行の予感

74 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 10:51:57
>>73
「定義」っていうとかならず同語反復や循環論法
に陥る、と思ってないか?
定義とは言葉だけでするものだ、なんて限定されていない。
実物や実例で定義することもあるし、その言葉の使用例で
定義することもできる。

75 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 10:54:21
再帰的定義

76 : ◆FV29Dovtg2 :2005/04/02(土) 11:36:01
>>74
何かの言葉を定義する際には確かにいろいろな定義の方法があるだろうけど
(定義)って言葉自体を定義する時にはもうすでにある程度定義の意味について
受け入れていなければならないじゃん71でいえばどこかで
「(正確に)限定」されていない所から始めなければならない。
つまり最初に定義って言葉を使うときには「定義」は定義されていないんじゃないかってこと

77 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/04/02(土) 11:41:49
>>1
結局言葉も一つ一つ定義しなおさなければいけないとか?

78 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 17:10:41
>>77
>言葉も一つ一つ定義しなおさなければいけないとか?

定義されていない言葉はない。定義を明らかにするだけでいい。

79 :ローカルルール審議中:2005/04/02(土) 19:40:23

いままでのレスしたやつらを、アホ とする。



80 :ローカルルール審議中:2005/04/03(日) 18:57:45
定義、限定、確定、はく離、範囲化のどれでもいいぜ。
お好みしだいよ。

81 :愚禿深海 ◆2WR8XSMJLQ :2005/04/04(月) 07:56:06
>>78
言葉は生き物ですよ。

82 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 08:48:24
>>81
>言葉は生き物ですよ。

これが「言葉」の定義の事例です。
でも、これは言葉の整合性を保障しない。
「生き物とは生物である」という定義をするなら
 言葉は生物と同じではない。
 正しくは、「言葉は生き物のようなものである」であろう。
 たんなる、比喩的表現の例である。
 「用語」の定義はその「用語」の指示する内容の本質
 を示す定義がすぐれている。

83 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 09:40:25
ソシュールが哲厨にここまで影響を与えているのが不思議。
おまえソシュールって言いたいだけちゃうかと

84 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 18:02:11
>>83
「哲厨」とは何と読み、どんな意味でしょう。
世の辞書にないが・・・。

85 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 21:02:21
理学系の板でよく使われる哲学屋の呼び名。


86 :ローカルルール審議中:2005/04/04(月) 22:29:38
どうでもいいが>>82
>「生き物とは生物である」という定義をするなら
> 言葉は生物と同じではない。

定義が循環している。

87 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 17:22:21
>>66
おやおや。石器時代の生き残りか。

88 :考える名無しさん:2005/05/08(日) 16:53:54
定義すら疑い
なんでも包括してしまう。
これこそが哲学なのだよ。

89 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 18:29:00
        __
        /:::::\
      /:::::::::\
     (    ト‐=‐ァ' ,)
      彡、  `ニニ´ 、`\ 
     / __  ヽノ /´>  )
     (___)   / (_/
      |       /


90 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 19:26:40
>>88
ださ

91 :考える名無しさん:2005/05/14(土) 22:58:30
>>90

ぷっ

92 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 00:15:21
定義には言語が使用される。そこでまず言語を定義しなければならない。しかし、言語の定義には言語が使用される。

そして最初に定義される言語はまだ定義されていない言語によって定義されることになる。つまり、完全な定義は不可能である。


93 :考える名無しさん:2005/05/15(日) 01:09:07
言葉なんて間に合わせの網みたいなもんでね。
物を覆う事は出来ても物自体にはなれんですよ。

94 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 09:35:21
物自体の価値を疑うのが哲学なんだよ

95 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 09:37:56
阿呆か

96 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 13:40:41
悟りを大衆化する試み、学門としての哲学は根っこを欠くので、科学のように道具として悪用される。


97 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 03:40:20
トロッコとは解釈者に世界の間接的認識を可能にする道具である。トロッコは解釈者に世界の間接的認識を可能にする道具である。

トロッコの積荷とは解釈者の身体、いま・ここ、から当面は認識できないという意味での不在の領域のどこかに場所をとる「指示対象」を
代理、再現するもの、その不在の対象の心的表象者である。

トロッコの積荷は解釈者の身体いまここから当面は認識できないという意味で不在の領域のどこかの場所にある「指示対象」を代理再現
する不在の対象の心的表像者である。

パロールはラングを局所化時間化し個人の意味志向、意図を身体化し、個人の主観を相互主観化し、個人と個人の出会いの場を提供する。


98 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 08:02:11
>>97
芥川龍之介

99 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 09:52:52
>>92
>最初に定義される言語はまだ定義されていない言語によって定義されることになる。

言葉の定義はその言葉の指示する意味・内容をはっきりさせることで
あって、必ず言葉で定義しなければならないわけではない。
物の名前であれば現物を指し示してその名前の定義をすることができる。
赤ちゃんが「にゃんにゃん」「わんわん」を覚えるときのやり方です。
ある程度言葉が増えてきたら言葉と言葉の関係を指し示すことによりその言葉の
定義をすることもできる。

>つまり、完全な定義は不可能である

つまらない。
この文脈で「完全」ということが言葉だけで
言葉の定義ができるという意味ならたしかに
そうです。
でも、定義の手段を現物提示や関係性示唆まで広げれば
言語の定義はいつでも可能となる。
当面、意味もわからずその言葉を丸暗記しておくことも
将来その言語の定義を知ることにつながる。

100 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 14:43:46
それは不完全な定義だな。完全な定義ではない。

つまり完全な定義は不可能だ。だから「まず言葉を定義してから使え」という論理は成り立たない。

お前がいってるような「よりより理解をめざす」だけなら、別に言葉を定義しなくても、いきなり議論しても問題ない。


101 :考える名無しさん:2005/07/14(木) 15:24:41
数学のように定義しない言葉は「無定義」や「公理」と
明示したほうがよい。

102 :考える名無しさん:2005/07/15(金) 01:00:07
定義しないでこねまわすからこそ哲学なんだろ

103 :考える名無しさん:2005/08/25(木) 05:17:56
小泉のごとし

104 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

105 :考える名無しさん:2005/12/18(日) 05:42:45

「法学も論理学も知らない」の対偶は?



106 :考える名無しさん:2005/12/19(月) 15:54:17
矛盾と対立は区別せよ

107 :考える名無しさん:2006/01/03(火) 05:09:22
物理を知らんようだね?

108 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 16:22:24
なあ、頭の悪い奴にかまうなよ。攻撃的になるのは単細胞で人の言うことを薄っぺらに
しか認識していない証拠だから。一言の解釈に迷って黙る人のほうが賢い。。。

ってか。

109 :考える名無しさん:2006/01/29(日) 16:24:25
みんなもちついた方がいい。冷静に。

110 :考える名無しさん:2006/02/01(水) 05:16:30
社会科学の用語では、教科書的に以下の3つを区別する。

orthodoxy (正統性)
伝統的な教義やスタイル、血筋の正しい継承。由緒正しさ。
justification (正当性)
ある政治支配の倫理的な正しさ。ないが信じられているのか、正しいと思われているのか、
という内容・事実的水準(What)における正しさ。
legitimacy (正統性)
マックス・ウェーバーの「正統性」概念。ウェーバーは、ある権力への服従する要因は、
合法的支配・伝統的支配・カリスマ的支配の三類型を提示
。なぜ(Why)その権力に人々が服従しているのか・受け入れられているのかという根拠としての正しさ。

111 :考える名無しさん:2006/02/04(土) 21:54:43
物理を知らんようだな

112 :考える名無しさん:2006/02/04(土) 21:58:35
文系:ソシュールすごーいてんさいだよな
理系:ソシュールっていい加減馬鹿だよな

このさだよ?

113 :考える名無しさん:2006/02/04(土) 22:02:09
>このさだよ?
とひらがなであらわすところが、文系?

114 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 00:35:44
――同じ年の松井選手にライバル心は

 全然ないですよ。僕は彼を別格だと思っているから。彼は彼の高いレベルがあるし、それに追いつきたいとは思っているけど、
ライバルだとは思ってない。ライバルというほど、僕が高いレベルにいないんで。彼ぐらい活躍できるぐらいになりたいとは思っていますけど。

――メジャーの選手は日本人をなめてると

それはありますよ。秀喜が行ってだいぶ変わりましたけど、やっぱり本塁打がないと思ったら、ピッチャーも大胆に攻めてくるんで。
イチローさんなんかそうですよね。「イチローの内野安打なんかどうでもいいよ、ホームランさえ打たれなければ」っていう感覚だから。

         ,,───────-、
       /            ヽ、
      /       S       ヽ   
     /   _--─ ─────ヽ、  i
     i   /   _===========ヽ、  |    
     i| i/  /          ヾ, |    
     i| i|. /_,,、       _,,、# ,, i i    
    !"''"';;イi "゛゛`''‐   ,.-''''゙゙゙゙''ヽ |"y''"i..  
    !丶_` |! '  《; ゚;》 i .i 《;。》'   {;iゞ  ,!  
    ヽ...\〔:      i  i        |!゙.../ /.  
     \....| ヽ   (,"、 ,゙",!   ノ l" /  
       \ ! ;  ,-‐ v ‐-、  ;  i/
         ヽ i  ィュエエェュ、 i  |r~   
         | | |     | |  |  
         |   |     | ! .|    いいいいぐううううううちいいいいいいいいい
         |! ヽLィニニニ 」/ /  
         \___ '_,,/ 



115 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 04:06:41
いぐちw

116 :考える名無しさん:2006/02/08(水) 01:15:08
パースを知らんようだな

117 :考える名無しさん:2006/03/11(土) 15:35:11
あいまいで無意義な語法や言語の誤用が長く学の秘義とされてきて、ほとんど、あるいはまったく無意味な、
難解もしくは不正な言葉が、長い慣行で深遠な学識・高邁な思索と間違えられる権利を得てしまったので、
そういう言葉を話す者にせよ聞く者にせよ、そうした人たちを説いて、それらの言葉が無知をおおい、
真の知識を妨げるものに過ぎないと承服させることは容易でないでしょう。

---ジョン・ロック



118 :考える名無しさん:2006/03/23(木) 20:59:44
定義は重要です。

119 :考える名無しさん:2006/03/23(木) 23:57:40
物理を知らんようだな


120 :考える名無しさん:2006/03/24(金) 22:37:50
定義しないところが哲学の深みなんじゃ

121 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 01:05:59
定義しないと「深淵な深み」というか、そーゆーのが感じられるかもね
思索が殆ど無意味になるし、穴だらけだろうケド

122 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 02:58:10
無意味を楽しめないようじゃ、哲学には向かないよ

123 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 05:42:44
文学的にアプローチしてもいいし記号的にアプローチしてもいいんじゃない?

124 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 07:04:31
定義しないと
自分と相手で言葉の意味が違うから、議論が噛み合わないし無意味なものになる
と思うんだけど、それを「楽しむ」のが哲学なの?

125 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 11:52:52
定義するまでが大変

126 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 12:05:41
まあ、だから、大概の哲学書は、前半の1/4〜1/2 ぐらいが定義じゃない?


127 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 12:23:25
このスレの香具師らって、数学の定義についての論理的分析も、
直示的定義に関するクワインの「指示の不確定性」の主張も、
ウィトゲンシュタインの「言語ゲーム」も知らないまま、
阿呆みたいなことをいって得意になっている厨房ばかり。
爆笑物。

128 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 12:37:30
>数学の定義についての論理的分析

また随分と曖昧な・・・

129 :考える名無しさん:2006/03/25(土) 14:16:09
定義は定義できない


130 :ヘイト ◆iyx/0deoUw :2006/03/25(土) 14:33:26
料理は料理できない

131 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 00:11:22
>>127
おまえ恥ずかしい奴だなあw

まあ自覚は出来ないんだろうけど、当分は

132 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 11:16:49
いや>>131のほうがバカっぽいけど

133 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 11:26:29
最初に馬鹿と言った奴が馬鹿

134 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 14:21:29
>>133
じゃあおまえが馬鹿だな

135 :考える名無しさん:2006/03/26(日) 14:47:19
わーいバーカバーカ

って小学生か

136 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 06:50:43


http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/philo/1118402426/283-293

137 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 08:17:13
いまさらクワイン、ウィトゲンシュタインかよ。w

138 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 08:18:55
子供の喧嘩になってきたな。

139 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 08:19:11
>>137

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、

140 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 08:33:10
私は例えば同じ構図でも、空間、その雰囲気ですね、
それから絵の具の盛り上げ方、材料、画質、全てにおいてですね、
私のオリジナリティをもって描いた作品です。


141 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 15:29:34
>>1
>哲学するときは言葉や記号は定義して使えよ
アンチ哲学スレですね。

定義するのは科学系の板でやることだろ。二度とクルナw

142 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 22:01:02
文学かね?

143 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 17:41:03
>>142
そんな単純なものではない。定義できないもの、してはいけないもの。

144 :一言居士:2006/06/02(金) 23:28:08
哲学って、ある概念をどう定義するかっていう要素があるのではないでしょうか?
それと、抽象的かつ主観的なものだから、定義するのも一苦労だと思いますが…多分、言葉の定義がすべて統一されるときは来ないでしょう。

145 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 23:36:07
>>143
決定不能なままにしておくのはそれが快楽だからですか?

146 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 00:21:47
きちんと定義せねばならんなら、多くの哲学は落第になるわな。


147 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 04:25:15
よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。


148 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 04:46:53
「空」は、「穴」と「エ」で出来ています。
そして・・・

149 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 05:56:05
たとえ定義しても、それに全員が同意することはありえない。

法律ならとりあえず多数決で決めることもありえるが、自由な議論ではそれも不可能だ。

自由に反対意見を交わすのが、自由な議論そのものだからな。


150 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 11:05:34
定義する=定義した意味が変わる、つまり定義できない。
自分の価値観で定義して勘違いを納得する香具師が陥る罠ですな。
そして定義したやつは思考停止に陥る罠。

151 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 17:12:03
堵虞慧螺かね?

152 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 17:24:50
あまいらは女アンドロイドを口説いて、断られる、
彼はこんな日が来ることを2006年に既に予想していました!
そして、未来の奴らはこういうことを伝えるだろう。

153 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 19:14:52
>>1

まずはおまいの「定義」の定義を書け。

話はソレカラダ。

154 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 14:14:47
151は、「堵虞慧螺」を知った振りをする建前だけの香具師。
何もしらない無知な自分をまず知るのが先だ。マヌケだな。
用語だけを過信しすぎるのはいいとして、それが何かを何も理解しようと
していない。

155 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:38:05
まず>>1に聞く
1.「言葉」の定義を述べよ
2.「記号」の定義を述べよ
3.「言葉を使う」の定義を述べよ
4.「記号を使う」の定義を述べよ
5.哲学するときに、なぜ「言葉」や「記号」を定義する必要があるのか述べよ
6.「言葉」や「記号」を定義するのに、なぜ哲学において使用する必要があるのか述べよ

156 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 18:25:54
>>154

痛すぎるwwwwwwwwwwwwwwwwww

堵虞慧螺ってなんだと思ってるんだよwwwwwwww




157 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 20:34:06
>>156
だからさ、堵虞慧螺ぐらいちゃんと分かっておけ。
しらないのに適当な嘘を言うな。


158 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 19:02:36
科学万能主義者があつまり、定義するスレはここですか?

159 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 17:50:19

> 堵虞慧螺ぐらいちゃんと分かっておけ

www

160 :考える名無しさん:2006/06/13(火) 19:28:24
哲学なんて言語の数学

161 :考える名無しさん:2006/06/20(火) 23:45:52
だからさ、堵虞慧螺ぐらいちゃんと分かっておけ。


162 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 06:40:21
轡豫侘汰羅堵匙怒笥が基本だよ?

163 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 06:42:53
歴史は繰り返す

164 :考える名無しさん:2006/06/21(水) 06:44:46

痛すぎるwwwwwwwwwwwwwwwwww

堵虞慧螺ってなんだと思ってるんだよwwwwwwww



165 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 01:03:51
説明できるのかね?

166 :考える名無しさん:2006/07/02(日) 21:28:10
     ミミ ヽヽヽヽリリノノノノ
    ミ   ,,、,、,、,、,、,、,、、 彡    
     l  i''"        i彡
    .| 」   ━' 、━   |  はぁーーーい   
    ,r-/    ー=・、-・   |      ぼく「ふじえもん」
    l        ノ( 、_) )  |     TURDな選曲でYouをくそまみれにさせちゃうぞw
    ー'     ノ、__!!、i  |      
     ∧     ヽニソ i   l      
   /\ヽ           /    
 /     ヽ.  `ー--一' ノ/ヽ    ノ7_,,, 、    ______
/   (⌒、"⌒ソ⌒ヽ─ '"   `、  ( ィ⌒ -'"",う/苦情 苦情/|
    ~''(_)(_)(_)(_)ソ       ヽノ   ,イ^_.|.≡≡|__|≡≡|彡|___________
    ヽ/`、_, ィ/           ヽ─/ ̄//|.≡≡|__|≡≡|/返品CD :/CD代請求書/|




167 :考える名無しさん:2006/07/05(水) 13:55:49
>>1
現代評論に言ってやれ

168 :考える名無しさん:2006/07/07(金) 13:07:29

778 :考える名無しさん :2006/06/23(金) 06:49:12
ぷぎゃおの首が時々小刻みに震えてるのが気になる。


779 :考える名無しさん :2006/06/23(金) 07:16:50
米国産の牛の食いすぎ



169 :考える名無しさん:2006/07/11(火) 13:40:19
>>155
こいつに哲学の研究は無理だな

170 :考える名無しさん:2006/07/11(火) 19:18:18
>>157
教えてください、先生

171 :考える名無しさん:2006/07/11(火) 22:31:55


582 名前:名無しチェケラッチョ♪ :2006/07/11(火) 19:24:43 ID:???
.        |  `-=ニ=- ' .:::::::|(((   ピエじゃよ?   
      彡\  `ニニ´ .:::::/ミミ
        /\    ./\  
.        |  `-=ニ=- ' .:::::::|(((   プエじゃよ?   
.        |  `-=ニ=- ' .:::::::|(((   ピエじゃよ?   
      彡\  `ニニ´ .:::::/ミミ
        /\    ./\  
.        |  `-=ニ=- ' .:::::::|(((   プエじゃよ?   



583 名前:機械タン :2006/07/11(火) 20:35:46 ID:???

           _||_
         / -  −\
       /        \          
       |-=・=-:',.:.-=・=-;::|リリ     
.        |  `-=ニ=- ' .:::::::|(((   おまんじゃよ?   
      彡\  `ニニ´ .:::::/ミミ
        /\    ./ ´\  
            ー‐‐'


584 名前:松浦亜矢 :2006/07/11(火) 20:56:08 ID:kMJofsRc
penpenしてねっ!


172 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 11:48:14

物理ができないから哲学なんかやってんだろ?




173 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 12:20:22
西洋哲学の主題はキリスト教だ。
キリスト教の信仰を持たない者が西洋哲学を学ぶのは、低レベルな喜劇に過ぎない。


174 :考える名無しさん:2006/07/30(日) 13:20:59
じゃあギリ哲も低レベルな喜劇だな。

175 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 02:39:39
はたしてそうかな?

176 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 09:23:03
定義するとはどういうこと?
どこまで定義したら、定義しきったことになるんだ?
使っていく過程で理解していく(理解されていく)もんだろ、言葉は。

177 :考える名無しさん:2006/07/31(月) 10:45:24
究極の定義しろって意味じゃないと思うけど
当面はその議論に必要な範囲でいいだろ

178 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 22:49:40
おまんとは何か?

179 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 02:15:37
日本では哲学の勉強は無理ですな。

180 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 09:35:52
アンチ宮台って、痴呆の田舎者だよね。俺と同じだ。東北地方出身で理工系を
専攻しがちで、東大や中央官庁や大手メーカー(例:日立やトヨタやパナホーム)
の一員になっただけで満足してしまう人。内在系の人も多いね。アホメディアを
受身で消費するだけの人とかさ。作り出すシステムに関与するよりも、作られた
システムに安住するのも多いな。ゆでガエルになりたいのかよw




181 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 10:30:09
>>179
あたりまえだろ。
この国では、知能が低い人間の溜まり場になってる。


182 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 11:08:03
>>181
A型社会ですな。

183 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 11:21:07
漁撈
.            /| ←竿
     ○  /  |
.    (Vヽ/    |
    <>     |
゙'゙":"''"''':'';;':,':;.:.,.,__|_________
             |
        イクラ→.§ >゚++< 〜

184 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 11:40:09
 根っから人間が賎しいんだな、いやみでわざとずらしていたんだけど、
おまえの根性は直らねえよ。民族も違う事だし、おまえはおまえの道を
行けな。大丈夫、きっと上手くさ。

185 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 22:24:59
うりならの90%はA型です。マジ。

186 :考える名無しさん:2006/08/14(月) 23:44:29
日本でも割合としては一番多いんでは?
世界全体だとO型が多い。

187 :高ぞう将軍 ◆HGbgI1jjhY :2006/08/15(火) 00:14:31
「定義」の問題について・・・
このような哲学的議論をする場で、定義が問題になるのは
二種類の目的があるだろう。
一つ目は議論を成立させるために各人の言明を整理する方法として
言葉の意味を明確にするという目的。
二つ目は議論に一般性をもたせるために言葉の意味を反省するという目的。

このスレの目的は一つ目であろう。
ここで二つの疑問点が生じる。
「そもそも哲学的議論をする上で言葉を厳密に定義することは可能か。」
「哲学的議論をする上で言葉を定義することが
どのような改善をもたらすのか。」
という二つである。

これを考えねば、安易に「定義を言わなければ議論にならない」とは
いえないだろう。

188 :高ぞう将軍 ◆HGbgI1jjhY :2006/08/15(火) 00:26:10
この板では時々
「私の言う○○の定義は××です。」
といって、「定義」を「言葉の意味を決め付けること」としている人が
いるがこれは間違っている。

定義といわれるものは、
言葉の本質的徴表を決定することを言うが、
それは言葉の概念が普段からそうして発生しているように、
ある言葉についての、分析、総合、比較、抽象、概括という操作を経て、
その中で客観性、一般性、論理性などの指標により、評価されて、
得られるものである。
このようなものを「定義」と一般的にいうはずである。
(私の経験から概括すれば)

また、このような意味での「定義」でなくては、
私たちが共通して、関心のある言葉(○○)について
議論することがなくなってしまうだろう。
それはむしろ、定義の違うものが同じ言葉でよばれることを許す、という形で
議論の混乱をひきおこすだけである。

189 :高ぞう将軍 ◆HGbgI1jjhY :2006/08/15(火) 00:54:16
>>188の注釈として・・・

一般的に違う意味で「定義」という場合がある。
それはまず、新しい概念を作るときである。
哲学によらず、科学や経済などのあらゆる場面で、
新しい概念を導入することで、客観的説明をより明確にすることができる。
このとき、新しい概念は既存の概念で意味が示されねばならない。
このような定義を名目的定義と一般的にいわれる。

また、現象のアブダクションより生じた理論(数学の公理)により、
構成される世界の中で、
既存の概念(集合論における「距離」)を位置づけるように、
あたかも既存の概念の意味を名目的定義のように決定するということがおこる。
しかし、この方法はそれだけでは、
ただ概念をとらえやすくするための、比喩表現法としての
「新しい概念の名前を同一にするということ」にすぎない。

それがまさしく本来の意味であるはずだ、
と考える野心的なものもいるが…。

190 :考える名無しさん:2006/08/16(水) 02:55:16
堵虞慧螺ぐらいちゃんと分かっておけ。


191 :考える名無しさん:2006/08/22(火) 06:46:53
>>1 確かに。

192 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 07:18:11

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、




193 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 00:29:36
151は、「堵虞慧螺」を知った振りをする建前だけの香具師。
何もしらない無知な自分をまず知るのが先だ。マヌケだな。
用語だけを過信しすぎるのはいいとして、それが何かを何も理解しようと
していない。


194 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 03:40:28

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、




195 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 22:32:09
>スレタイ

それができるなら哲学なんぞやらんだろ

196 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 22:47:52
>>195
たしかにそうだが、1がここで言っているのは
難解な言葉を振り回して簡単なことを難しく伝えようとするのは
やめろ、ということじゃないか?
それは知的詐欺の一種だと思う。
要はシニフィエに頼らずに頭の良さを発揮しろ、ということだと考えるが。



197 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 22:59:57
>>194
実に哲学的な説明だね

198 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:36:27
>簡単なことを難しく伝えようとする

これやめたら学問のふりができないじゃんw

199 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:50:09
>1

思いつきがあるなら、まだマシなんだよw

200 :考える名無しさん:2006/08/26(土) 23:55:41
できそこないの翻訳をこねくり回してるだけってのが多い。

201 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 02:11:04
我国においては、それこそが正当な哲学なのだよ。

202 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 05:38:56
>>199
たしかにもはや斬新な思いつきなんて出て競うにない

203 :考える名無しさん:2006/08/27(日) 23:12:11
>>196
その要求は日本の「哲学者」には厳しいなw

204 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 00:58:06
>>1

列挙とは何か?

205 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 03:59:14
>>198
おおっ

206 :考える名無しさん:2006/09/01(金) 06:49:37
おうおっ????

207 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 02:56:14
pu

208 :考える名無しさん:2006/09/14(木) 07:19:10

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、





209 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 01:40:36
4 :考える名無しさん :2006/09/14(木) 09:26:11
根拠の無い妄想を語ったり書いたりすることが哲学だと
勘違いした人が哲学にやってくる

↑こういう勘違い野郎が日本の哲学界に多い。
根拠のない妄想こそが哲学に残された唯一の領域なんだが。


210 :考える名無しさん:2006/09/15(金) 01:51:30
>>1
まずお前が定義しる

211 :考える名無しさん:2006/09/16(土) 01:41:44
>1

なぜその必要がある?

現在の哲学は学問じゃないんだよ?

212 :考える名無しさん:2006/09/17(日) 06:24:30
>>212
左様。芸術なのじゃよ。

213 :考える名無しさん:2006/09/21(木) 10:44:53
151は、「堵虞慧螺」を知った振りをする建前だけの香具師。
何もしらない無知な自分をまず知るのが先だ。マヌケだな。
用語だけを過信しすぎるのはいいとして、それが何かを何も理解しようと
していない。





214 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 06:13:34
いわゆる「ポストモダニズム」には、「体系」なるものが必然的に有してしまう権力性を
脱力/無化しようとする志向性が多かれ少なかれあるので、「体系」を構築するには至らない。
むしろ「体系」なるものが姿を現す前に意識的にそれを崩そうとする傾向がある。
すなわち必然的になんでも化してしまうのであり
最初から逃走ルートを確保してしてあるので、有象無象が戯言をかますのに適しているのである。


215 :考える名無しさん:2006/09/22(金) 06:26:44

でも、結局





















物理ができないから哲学なんかやってんだろ?




216 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 02:41:26
              「\       .「\
               〉 .>      〉 〉
               / /      / /
              /  |        /  |
              /  /      /  /
             (  〈 .    /  /.
              \ `\   |ヽ |
               \  \ /  |
                 ヽ  `´   ノ
                /      ノ
               / l`、  ノ  ノ
           ,...-‐''"  _.l::::`ー,=-'(
         /     ´ ,.!_;;;:r''..   ` 、
      ,...-‐'   _,....-‐'"  `'-、::    ` 、
     /..  ,....―'"        `ー、__  `l
    /_;::::-'"            /::::::::::::::::ノ
 ,.../._r'"               ヽ`''「 ̄ ̄
(__ノ'                 \_\

糞ウヨ必死だなw


217 :考える名無しさん:2006/09/23(土) 05:17:36
思想の価値は見える人にしか見えない。それに尽きる。
思想を理解するにはセンスが必要なのだ。
そしてそれは後天的に身に付くものではない。
持たざる者に何を言っても無駄。原理的に理解し合えない。
また持たざるものが持っているふりをしようとしてもみっともないだけなのだ。
がしかしそのみっともなさを理解できるのはセンスを持って生まれたものだけなのだ。
堵愚慧螺簸轡にも劣る低学歴が杜玖椀を誤読して恥じないのもそれを示している。
ことほどさように思想とは人を断絶させるものなのである。
そして現実に商売の種になる。
それを傍からとやかく言われても、痛くも痒くもないのだよ。
思想の恩恵に浸りきっているものは終生幸福なのだよ。


218 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 01:04:08
217は、「堵虞慧螺」を知った振りをする建前だけの香具師。
何もしらない無知な自分をまず知るのが先だ。マヌケだな。
用語だけを過信しすぎるのはいいとして、それが何かを何も理解しようと
していない。



219 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 01:12:31
実は、ウンコの味は苦かった!

220 :考える名無しさん:2006/10/01(日) 22:21:07

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、




221 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 01:04:19
よろしくない

222 :考える名無しさん:2006/10/04(水) 01:56:13
よろしい。

223 :考える名無しさん:2006/10/14(土) 03:32:02
よろしくなくない

224 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 01:59:56
ポモ厨で〜す。

もう本当にねえ、発狂で〜す。

もう本当にwwwwwwwwwww


225 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 22:43:48
似非学問に群がる連中はこれだから(ry

226 :考える名無しさん:2006/10/15(日) 23:05:31
でた!
ル・沙運知マン

227 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 03:46:01
いわゆる「ポストモダニズム」には、「体系」なるものが必然的に有してしまう権力性を
脱力/無化しようとする志向性が多かれ少なかれあるので、「体系」を構築するには至らない。
むしろ「体系」なるものが姿を現す前に意識的にそれを崩そうとする傾向がある。
すなわち必然的になんでも化してしまうのであり
最初から逃走ルートを確保してしてあるので、有象無象が戯言をかますのに適しているのである。


228 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 04:06:17

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、




229 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 17:26:31
意味を定義しないものは哲学ではない。始めに言葉を作れ!

230 :考える名無しさん:2006/10/18(水) 05:00:09
↑杜玖椀も知らないソカ厨wwwwwwwwwwまじ発狂wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww




231 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 08:43:18
ヤギの『国民の思想』とかいうスカスカの本。
思想なんてゼンゼン語られてなくて、
誰かが何処かで書いたようなことの寄せ集め。
こんな内容無しの本でも、つくる会の会長として出すと、
会が購読運動をしてくれるから、
ヤギちゃんとしては空前の印税収入だった。
この男、これで味をしめたんだな。
二流学者やってても、本なんて売れない(売れないのは詰まらない内容だからなんだけどね)。
でも、運動の団体を作ってそのシャッポにおさまれば、それなりに売れることが分かった。
中身無しで軽薄で女房の言いなりの男が、
西尾・藤岡に闘争を挑んだのは、しょせん、権益争いなんよ。
そのヤギに群がってる連中も、ニートが食っていくため。情けないねえー。



232 :考える名無しさん:2006/10/28(土) 10:40:14
一つ記号がされると、他の記号も関連しますから、それだけとも
言い切れません。

233 :考える名無しさん:2006/11/01(水) 23:51:37
217は、「堵虞慧螺」を知った振りをする建前だけの香具師。
何もしらない無知な自分をまず知るのが先だ。マヌケだな。
用語だけを過信しすぎるのはいいとして、それが何かを何も理解しようと
していない。


234 :考える名無しさん:2006/12/23(土) 23:59:26

よろしいですか空間とは「空」の「間」と書きます。
   空間、それからマチエル(絵の具の立体感)、色彩、それから材料ですね、



235 :考える名無しさん:2006/12/24(日) 01:26:12
今、実況板で解釈をめぐって祭りになったから哲学板諸君の英知で
以下の文を解読してくれ

87 :名無しでいいとも!:2006/12/24(日) 00:16:42.52 ID:kuP0+B5E
クリスマスと言えば、
前に友達のキモヲタが好きだった女の子が好きな男友達と仲良くして、
Hテクニックで男友達を彼氏にして、好きな女の子を泣かせたあとに彼氏も振ったことあるw
彼氏はそのあと、キモヲタのストーカーにw

46 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)