5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【アウラ】ヴァルター・ベンヤミン【メシア】

1 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 14:58
来たるべき哲学のプログラム・・・
ヴァルター・ベンヤミンについて語れ。

【過去の関連スレ】
ヴァルター・ベンヤミン
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1076824577/

ベンヤミンの言語論について  読書会スレッド
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1012/10126/1012667548.html

『暴力批判論』
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1002/10020/1002037155.html

ベンヤミン
http://mentai.2ch.net/philo/kako/989/989672610.html

ハイデッガー/ユンガー対アドルノ/ベンヤミン
http://mentai.2ch.net/philo/kako/968/968368343.html


2 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:02
  , v、ヘM 'リ"ノンミ/ソMv、
   ソVvミヘ/Wv彡vV/ ミ∠ミ::
  ミミ         _   ミ:::
  ミ    二__, --、r'"___、 ヾ ト、::ヽ
  ミレ'"~,-,、 !  ! ' '" ̄ .ノ \ヾ:、
  K/ー'~^~_/  ヽミ:ー‐‐'"   ヽ i.   >>1笑えばいいと思うよ
 !〉 ー―'"( o ⊂! ' ヽ       Y_
 i     ,.:::二二ニ:::.、.       l i   
 .!     :r'エ┴┴'ーダ       !Kl      
 .i、  .   ヾ=、__./        ト= 
  ヽ. :、   ゙ -―-    ,;    ,! 
  \.  :.         .:    ノ
   ヽ  ヽ.       .    .イ
.    `i、  、::..     ...:::ノ ,∧


3 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:09
初心者は何から入門すべきですか?
ベンヤミンの本、解説書も含めて教えて!

4 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:10
  , v、ヘM 'リ"ノンミ/ソMv、
   ソVvミヘ/Wv彡vV/ ミ∠ミ::
  ミミ         _   ミ:::
  ミ    二__, --、r'"___、 ヾ ト、::ヽ
  ミレ'"~,-,、 !  ! ' '" ̄ .ノ \ヾ:、
  K/ー'~^~_/  ヽミ:ー‐‐'"   ヽ i.   >>3笑えばいいと思うよ
 !〉 ー―'"( o ⊂! ' ヽ       Y_
 i     ,.:::二二ニ:::.、.       l i   
 .!     :r'エ┴┴'ーダ       !Kl      
 .i、  .   ヾ=、__./        ト= 
  ヽ. :、   ゙ -―-    ,;    ,! 
  \.  :.         .:    ノ
   ヽ  ヽ.       .    .イ
.    `i、  、::..     ...:::ノ ,∧


5 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 15:18
    、ヾ:;:::::::::::::::::::::':::::::-、
   、ミ::::::';:::::::::::::::::;';:::::::::::::::::ヾ、
  i':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ミ:::::::::::::::::;:;;::::::r -‐'''"'ヽ::::::::::!;!
   ミ::;r--‐'  `ヾ     ミ::::::::::i
   .l::!           ;.:ミ、:::;::::l,r‐、
   ヾ         _,......::::/'ヾ:::: ;.!
     !      .::'r t.j;、:::/:::: ::' ' !
     i.llir_,=:ll!,.- :l:. ::::'::',!:::::::; ...!-'!:ヽ
      _! ``´' l! ' ,`−´ .::::: ::::::::l:::::::`:::
      ヾ ‐ '´;  ,ィ:.,    .::::::::::::l:::::::::::::
       ヽ  ,r';';":;:::";';;! ..:::::::::::/:::::::::::::
     ,r::::::::ヽ ''-''.二-‐'"..:::::::::;:::::::::::::::::::
    /::::::::::::::::::::ヽ、 __,...::::::::::;:::::::::::::::::::::::
    l:::::::::::::::::::::::::! /::::!:::::. /::::::::::::::::::::::::
_   /:::::::::::::::::::::::::l ./::::::::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::

6 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:04/07/11 18:04
ベンヤミンってあんまり読まれてないのかな

7 :考える名無しさん:04/07/11 23:06
即死回避

8 :考える名無しさん:04/07/11 23:09
複製時代の芸術作品って
すごく昔のテクノロジーに乗っかった哲学だよね
もうイラネ

9 :考える名無しさん:04/07/12 08:36
>>3
そもそもベンヤミンのテクストをどう解釈するかで研究者ごとに意見が分かれ、
解説書すらままならないってのが現状じゃないかな。
そういう意味では、ニーチェと似たような状態かもしれない。
野村修『ベンヤミンの生涯』(平凡社)はベンヤミンの遍歴を伝記的に描いた本で
初心者にも入りやすいかもしれないけれど、もちろんこれとて一つの解釈なわけで。

結局、当たり前すぎる言葉だけど、
ベンヤミンのテクストに直に触れるのが一番なんだろうな。

>>5
カコイイ

10 :考える名無しさん:04/07/12 11:46
>>3
ベンヤミンの主要著作はいまは文庫本で読めるので
気に入ったものから適当に読み進めればいいのではないかと思う。
なによりまず、ちくま学芸文庫の浅井訳をそろえること。
『ベンヤミン・コレクション』1・2・3
『ドイツ悲劇の根源』上・下
(この下巻には「暴力批判論」や「運命と性格」等が併録されていてお得)
『ドイツ・ロマン主義における芸術批評の概念』
(「来たるべき哲学のプログラムについて」やヘルダーリン論が併録)

解説書としては>>9も言うように野村修の本か、
三島憲一『現代思想の冒険者たち・ベンヤミン』講談社
もなかなかよい。


11 :考える名無しさん:04/07/12 14:27
>>3
『パサージュ論』は最初に読まないほうがいい、と同時にモースの『見ることの弁証法』も最初に読まないほうが良い

12 :考える名無しさん:04/07/12 15:04
ここ10年間に出た日本人によるベンヤミン論を並べてみました。
結構ありますね。

1.痕跡の光学―ヴァルター・ベンヤミンの「視覚的無意識」について
前川 修 (著) 単行本 (2004/02) 晃洋書房

2.ベンヤミンと女たち
三原 弟平 (著) 単行本 (2003/10) 青土社

3.ベンヤミンのアレゴリー的思考
山口 裕之 (著) 単行本 (2003/03) 人文書院

4.ベンヤミン「歴史哲学テーゼ」精読岩波現代文庫
今村 仁司 (著) 文庫 (2000/11) 岩波書店

5.ベンヤミン「複製技術時代の芸術作品」精読岩波現代文庫
多木 浩二 (著) 文庫 (2000/06) 岩波書店

13 :続き:04/07/12 15:04
6.遊歩者の視線―ベンヤミンを読むNHKブックス
好村 冨士彦 (著) 単行本(ソフトカバー) (2000/05) 日本放送出版協会

7.思想家たちの友情―アドルノとベンヤミン
三原 弟平 (著) 単行本 (2000/05) 白水社

8.ベンヤミン解読
道籏 泰三 (著) 単行本 (1997/12) 白水社

9.ベンヤミンの使命
三原 弟平 (著) 単行本 (1995/04) 河出書房新社

10.ベンヤミンの〈問い〉―「目覚め」の歴史哲学講談社選書メチエ (37)
今村 仁司 (著) 単行本(ソフトカバー) (1995/02) 講談社


14 :考える名無しさん:04/07/15 10:01
メニングハウス著(伊藤秀一翻訳)『敷居学』(現代思潮社)の書評
http://homepage2.nifty.com/karl_k/html/cri-01.html

15 :考える名無しさん:04/07/19 15:36
メニングハウスは『無限の二重化』(法政大学出版局)の
ドイツ・ロマン主義の解読も素晴らしいよね。
メニングハウスの著作はもっと訳されないかなあと思う。


16 :考える名無しさん:04/08/01 02:56
最初に読むべきベンヤミンの著作は何でつか?

17 :考える名無しさん:04/08/01 03:08
>>16 --> >>10 これじゃ駄目なのかい?

18 :考える名無しさん:04/08/01 03:12
>>17
沢山ありすぎてどれから手をつけたらよいか。。。
これだけは読んどけみたいな、特におすすめのものを教えてくださると嬉しいでつ。


19 :考える名無しさん:04/08/01 15:06
>>18
何に興味があるのかによるけど、
「複製技術時代の芸術」と「暴力批判論」はおすすめですかもね。
「ドイツ悲劇の根源」とかはめっちゃ意味ワカラン。

20 :考える名無しさん:04/08/02 04:31
>>19
レスドウモでした。さっそく探して読んでみまつ。

21 :考える名無しさん:04/08/31 23:48
今日アマゾンから複製技術時代の芸術が届いたのでボチボチ読んでいきます。
ざっと目を通した感じ読みやすそうで助かった。あと買う時に何故かアマゾンが
薦めてきた椹木 野衣のシミュレーショニズムも届いた。こっちは読みにくい。

22 :考える名無しさん:04/09/02 01:50
sage

23 :考える名無しさん:04/09/03 23:11
The Walter Benjamin Research Syndicate
http://www.wbenjamin.org/walterbenjamin.html

24 :考える名無しさん:04/09/14 21:46:09
ダンディー。惚れちまいそう…

25 :考える名無しさん:04/09/14 23:48:03
Walter Benjamin

    、ヾ:;:::::::::::::::::::::':::::::-、
   、ミ::::::';:::::::::::::::::;';:::::::::::::::::ヾ、
  i':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ミ:::::::::::::::::;:;;::::::r -‐'''"'ヽ::::::::::!;!
   ミ::;r--‐'  `ヾ     ミ::::::::::i
   .l::!           ;.:ミ、:::;::::l,r‐、
   ヾ         _,......::::/'ヾ:::: ;.!
     !      .::'r t.j;、:::/:::: ::' ' !
     i.llir_,=:ll!,.- :l:. ::::'::',!:::::::; ...!-'!:ヽ
      _! ``´' l! ' ,`−´ .::::: ::::::::l:::::::`:::
      ヾ ‐ '´;  ,ィ:.,    .::::::::::::l:::::::::::::
       ヽ  ,r';';":;:::";';;! ..:::::::::::/:::::::::::::
     ,r::::::::ヽ ''-''.二-‐'"..:::::::::;:::::::::::::::::::
    /::::::::::::::::::::ヽ、 __,...::::::::::;:::::::::::::::::::::::
    l:::::::::::::::::::::::::! /::::!:::::. /::::::::::::::::::::::::
_   /:::::::::::::::::::::::::l ./::::::::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::

26 :考える名無しさん:04/10/20 17:33:19
http://d.hatena.ne.jp/izakanazanbi/20041017#p2
「フランクリン学派」ってご存知でしょうか?

フランクフルト学派なら知ってるんですけれども・・・

27 :考える名無しさん:04/10/24 18:57:50
>26
間違いじゃないか?

28 :考える名無しさん:04/11/01 09:31:18
ベニヤミン            
 

29 :考える名無しさん:04/11/01 15:13:38
バンジャマン

30 :考える名無しさん:04/11/01 19:24:13
ベンジャミン

31 :考える名無しさん:04/11/09 15:05:58
ベンヤミンコレクションあげ

32 :考える名無しさん:04/11/09 15:08:34
>>11
なんでよ?
あんた初期原理主義者か?


33 :考える名無しさん:04/11/09 21:45:50
岩波書店は『パサージュ論』をCD-ROM版で出すべきだ。
ハードカバーの五冊本は使いにくくてカナワン。

34 :考える名無しさん:04/11/10 00:04:49
>>33
文庫の五冊本もあるでよ

35 :考える名無しさん:04/11/11 23:32:13
なぜにここまでもりあがらんのか

36 :考える名無しさん:04/11/12 03:41:38
言われるほど読まれてないし。

37 :考える名無しさん:04/11/12 13:04:10
ヽ(`Д´)ノ メシアゲ

38 :考える名無しさん:04/11/14 06:26:26
すみませんが教えてください。
「歴史哲学テーゼ」についてなのですが、
岩波文庫版とちくま学芸文庫版で翻訳はだいぶ違っているのでしょうか?
手元に「ボードレール他5編」岩波文庫しかなく、
ちくま学芸文庫の方は入手困難な状況にいます。
特に第8テーゼについて教えていただければ幸いです。
よろしくお願いします。

39 :考える名無しさん:04/11/14 07:47:11
>>26
馬鹿の癖して偉そうなこと書いてるな(w

40 :考える名無しさん:04/11/14 10:18:36
ベンヤミン「歴史の概念について」[歴史哲学テーゼ](ちくま学芸文庫版)

[
 抑圧された者たちの伝統は、私たちが生きている〈非常事態〉が実は通常の状態なのだと、
私たちに教えている。この教えに適った歴史の概念を、私たちは手に入れなければならない。
それを手にしたときにこそ、私たちの課題として、真の非常事態を出現させるということが、
私たちの念頭にありありと浮かんでいるだろう。そしてそれによって、反ファシズム闘争に
おける私たちの立場は改善されるだろう。ファシズムに敵対する者たちが進歩を歴史の規範と
見なし、この進歩の名においてファシズムに対抗していることに、とりわけこのことに、
ファシズムにとってのチャンスがあるからだ。――私たちがいま体験しつつあるもろもろが
二十世紀においても〈まだ〉可能なのか、といった驚きは哲学的な驚きではない。そうした
驚きは認識の発端となるものではないのだ。もっともこの驚きが、その本にある歴史観その
ものにそもそも根拠がない、という認識の発端になりでもするのなら、また話は別だが。


41 :考える名無しさん:04/11/14 10:25:07
注記
*「この教えに適った……」の「適」に「かな」のルビ。
*「……といった驚きは哲学的な驚きではない」の「ない」に傍点アリ。
*「……この驚きが、その本にある歴史観……」の「本」に「もと」のルビ。
*掲載頁はp.652です。

ちくま学芸文庫は1995年6月7日第一刷発行。
編訳者:浅井健二郎。訳者:久保哲司

42 :考える名無しさん:04/11/14 10:49:31
>>40-41
GJ!

43 :38:04/11/14 20:23:17
>>40-41
うわぁ〜〜感謝感激です!
ほんとに助かります。
ありがとうございました!!

44 :考える名無しさん:04/11/15 18:35:26
なんだか盛り上がらないね。

ベンヤミンの本ってのは、それ自体を真面目に研究するよりも、
「思考の道具箱」として使ったほうがいいと思う。
というか、自分の問題意識にぐいっと引き付けないと
ベンヤミンの本は読むのがシンドイ。
港千尋さんや市村弘正さんは、その意味で、上手く使っている気がする。

45 :考える名無しさん:04/11/15 20:37:47
ちくまのコレクションで買うほうが岩波よりいい?

46 :考える名無しさん:04/11/15 21:50:02
わたしはちくま版と岩波版の両方を持っています。
主にちくま版を読み、時に応じて岩波版を参照します。
いろんな人の書いた文章を見ても、引用元はちくま版のほうが多い気がします。
晶文社版は書簡集だけ持ってます。

47 :考える名無しさん:04/11/16 01:53:26
アメリカだと広範に盛り上がっているんだけどな。
世俗的ユダヤ人が多いからか?

48 :考える名無しさん:04/11/16 21:34:49
>46
ありがとー。ちくまにしときます。

49 :考える名無しさん:04/11/17 00:17:15
やっぱベンヤミンコレクションを一冊しか置いてないウチの図書館は(´∀`)ダメ

50 :考える名無しさん:04/11/21 11:01:55
盛り上がり期待age

51 :考える名無しさん:04/11/28 18:41:23
応援保守sage

52 :オススメ:04/11/28 20:10:07
Walter Benjamin : theoretical questions / edited by David S. Ferris ;
[contributors, Alexander Garcia Duttmann ... et al.].
Stanford University Press, 1996

53 :こちらもオススメ:04/11/28 20:16:30

Cambridge Companion to Walter Benjamin (Cambridge Companions to Literature)
ed. David S. Ferris

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0521797241/

54 :考える名無しさん:04/11/28 20:37:07
ベンヤミンてただひたすらかっこいいし、読んでも意味もなく面白いので、
つい、ベンヤミンについてナニか言って見たくなるのだが、
結局、彼がナニいいたいのかは実はさっぱりわからんので、
スレも盛り上らないんだと思う。

55 :考える名無しさん:04/12/05 00:20:30
日本語の解説本もいいのがないような気がする。

56 :考える名無しさん:04/12/05 01:23:57
メニングハウスの『敷居学』が良い入門書。

57 :考える名無しさん:04/12/05 01:32:27
メニングハウスといえば「ベンヤミンの言語魔術論」が重要。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/3518287680/
残念ながら邦訳は出てない。


58 :考える名無しさん:04/12/06 02:03:00
とりあえず今村本は終わっている

59 :考える名無しさん:04/12/16 00:15:48
「鴎たち」(『都市の肖像』)

夕方、心は鉛のように重く、息苦しさに胸を詰まらせ、甲板の上で。
もう長いあいだ私は、鴎たちが戯れるように飛び交う様を目で追っている。
いつも一羽の鴎がいちばん高いマストに止まり、マストの先がひと揺れ、
またひと揺れ空に描いている振り子運動を一緒になってやっている。
けれども、同じ鴎が長く止まり続けることは、決してない。
他の一羽がやってきては二度羽ばたき、その所作で−−私には判断し
かねるのだが−−先の鴎に懇願しているのか、それとも先の鴎を
追い払っているのか、そのつど入れ替わるのである。
そんな風だったのが、突然、マストの先から鴎の姿が消えている。
しかし、鴎たちが船を追うことをやめたわけではなかった。
いつものように見渡しがたく、鴎たちは輪を描いている。
いま鴎たちのうちに秩序をもたらしているのは、先ほどまでとは違う、
何か別のものだ。太陽はもうとっくに沈み、東の空はすっかり闇に包まれた。
船は南へ進んでいる。西の空にわずかな明るみが残っていた。
あの鳥たちにいま起こったこと−−それとも私に?−−、
それは私のいる場所の力によって起きたのだ。憂鬱な思いをかかえ、
眺望と孤独を求めて、後部甲板の中央に選んだ、この場所の。


60 :考える名無しさん:04/12/16 00:20:39
と、いきなり、二つの鴎の群があった。
ひとつは東の群れ、ひとつは西の群れ、左と右。
それら二つの群れは互いにまったく異なっていて、鴎という名が
彼らから剥がれ落ちた。左の鳥たちは、死に果てた空を背景に、
まだなにがしか自らの明るさを保持しており、身を翻して方向を
転じる度に上へ下へきらりと光り、ひとつに集まったかと思えば、
また互いに避け合って拡がりながら、私の前に、跡切れることのない、
次に来るものの予測がつかない一連の表徴を描き出すことを、
言いようもなく変わりやすい、現れてはすぐに消え去る、
ひとまとまりの見事な羽ばたきの編み細工−−しかし読解可能な
模様細工−−を編むことを、いつまでも続けていそうな様子だった。
もっとも、その間にも私は、目を滑らせては、繰り返しもうひとつの
群れにも視線を戻していた。こちらの方では、もはや何も私の迫って
きはせず、私に語りかけてくるものは何もなかった。

61 :考える名無しさん:04/12/16 00:24:30
私が再び東の群れに目を転じ、その鳥たちが最後の薄明に向かって
飛翔しながら、真っ黒のシルエットになって二度三度と鋭く羽ばたき、
彼方に姿を消してはまた戻ってくるさまを追いはじめたとき−−
そのとき私には、鳥たちの動きを言葉で言い表そうとしても、
それはすでにもはやできなかったことだろう。鳥たちの動きが
あまりにも深く私を捉えたために、私はその衝撃に黒々と染まり、
私自身が音もなく飛ぶ群れとなって、彼方から私自身へと戻ってきたのだった。
左方では、一切のものがまだこれから解読されねばならず、
どんな些細なこと(ヴィンク)でも、私の運命をどうにでもできた。
右方では、一切がすでに過去に起こってしまったものであり、
唯一無二の静かな指示(ヴィンケン)だった。
この両者の抗争は長く続き、ついには、私自身はわずかに一本の境目、
その上の空を名づけえぬ使者たちが黒く白く行き交う境目と化していた。

『ベンヤミン・コレクションIII』
浅井健二郎編訳、久保哲司訳、
ちくま学芸文庫、261-262頁

62 :考える名無しさん:04/12/25 20:51:49



63 :考える名無しさん:05/01/03 00:32:09



64 :考える名無しさん:05/01/08 10:00:43
岩波現代文庫のパサージュ論は良訳ですか?
孫に知的良書を買ってやるのが趣味のウチのおじーちゃんに
全巻ねだろうと思ってるんですけど。

岩波のボードレールと暴力批判論はワクワクしながら読みました。

65 :考える名無しさん:05/01/11 14:52:03
買っとけ

66 :考える名無しさん:05/01/16 19:29:14
>>64
それより、ちくま学芸文庫のベンヤミン・コレクションを揃えるのが先だ

67 :考える名無しさん:05/01/23 16:04:46
保守

68 :考える名無しさん:05/01/31 01:03:43
http://d.hatena.ne.jp/Arisan/20050118

69 :考える名無しさん:05/02/03 03:55:04
初心者なのですが、ベンヤミンというより
フランクフルト学派全体についての入門書で良いものはないでしょうか。
「フランクフルト学派の展開」という本も買ったのですが、
いまいち自分に合わなかったので・・・。
どなたかご存知の方お願いします。

70 :考える名無しさん:05/02/03 12:49:54
>>69
フランクフルト学派全体についての解説本ならマーティン・ジェイの古典的な著作があります。
入門書というほど薄い本ではないですが、明快な記述なので見た目ほど難しい本ではありません。
一度チェックしてみてください。

弁証法的想像力―フランクフルト学派と社会研究所の歴史1923‐1950
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4622019477/

71 :69:05/02/03 13:38:50
>>70
ちょっと高めな本ですね・・・orz
最近本での出費が多くて生活苦。
しかし勉強するのに本代ケチるとロクな事がないので、
やはりがんがって買います。

即レスサンクスでした

72 :考える名無しさん:05/02/03 14:14:53
>>71
確かに高いね。
ちょっと調べたんだが「日本の古本屋」だったら¥3,500〜ある。参考まで。
http://www.kosho.or.jp/

73 :考える名無しさん:05/02/04 04:10:48
アマゾン見たら岩波の暴力批判論が売上一位なんだね。
ちくまのコレクションでも三番目のものが一番売れてるのが
ちょっと不思議。
あとパッサージュ論がよく売れてるなぁ。


74 :考える名無しさん:05/02/04 05:04:13
松岡正剛の千夜千冊で取り上げられてるからだったりして

75 :考える名無しさん:05/02/04 13:18:50
関西のフランクフルト学派研究の人でベンヤミンやってる人っているの?

76 :考える名無しさん:05/02/04 13:41:21
パサージュとかはよく勉強で使うしね。

77 :考える名無しさん:05/03/02 04:07:44
救済の解釈学 
ベンヤミン、ショーレム、レヴィナス
《叢書ウニベルシタス812》

スーザン・A. ハンデルマン著/合田 正人・田中 亜美 訳

2月3日発売
定価7875円(本体7500円+税)四六判
ISBN4-588-00812-9 C1310

ユダヤ的世界と近代世界を架橋した三人の偉大なユダヤ人思想家ベンヤミン、
ショーレム、レヴィナス。現代思想に、あるいは文芸批評から宗教研究にいた
る多様な分野の解釈に並外れた影響を及ぼしたこれら「三賢人」の言語、救済、
メシアニズム、政治、歴史等についての思考を織り交ぜ、相互に照明させつつ
読み解き、ポストモダン文化におけるユダヤ人の知的遺産を明確に示す。
〔現代思想・文芸批評〕


78 :考える名無しさん:05/03/10 00:14:50
あげときます

79 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 11:22:14
http://d.hatena.ne.jp/taq01/20041215

80 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 12:06:21
>>79
ちょっと幼稚すぎるね

81 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 11:48:36
アウラってつまりはオカルトなのに、複製技術の話になると、
真面目な顔して引用してる人多いよな。

82 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 14:22:10
>>81
半分以上の香具師はわかっているよ

83 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 14:32:38
オカルトだからこそじゃないか

84 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 14:36:01
日本だと、
社会学のメディア論の連中は、
くそまじめに捉えているかもしれない。

85 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 18:17:43
アウラのアウラか

86 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 01:28:43
be

87 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 20:03:36
保守

88 :考える名無しさん:2005/05/11(水) 03:02:49
min

89 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 00:39:05
保全

90 :考える名無しさん:2005/05/31(火) 23:41:24
age

91 :考える名無しさん:2005/07/01(金) 12:02:48
sage

92 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 12:09:52
http://b.hatena.ne.jp/entry/http://d.hatena.ne.jp/ishmael/20050707%23p3

93 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 16:24:19
テロルを考える
イスラム主義と批判理論

スーザン・バック=モース
村山敏勝 訳 四六判・190頁  定価2625円(本体2500円)
ISBN4-622-07147-9  2005.07.15
THINKING PAST TERROR Islamism and Critical Theory on the Left
by Susan Buck-Morss
「この本は、あらかじめ計画されたものではない。政治言説としてのイスラム主義に身を投じて批判の武器
とし、グローバルな文化実践を問いただし、グローバルな公共圏において左翼を再考する−−
こうしたテーマは、2001年9月11日以前には、わたしの課題ではなかった。
(…)政治的なできごとに無関係に仕事を続けるのは、もう不可能だった。」

アメリカにおけるベンヤミン、アドルノ研究の第一人者の、初の邦訳となる本書は、
9・11同時多発テロの衝撃を直接の契機として書かれた。

本書が語りかける「イスラム主義」とは、宗教的原理主義でも反米ナショナリズムでもなく、
グローバルな民主主義の実践へ向けて、左翼の批判理論とも連帯できる政治言説であり、
西洋の政治的規範のヘゲモニーに異議を唱える批判的言説である。 「テロリストとテロリスト対策、
どちらの暴力も否定するグローバルな公衆として、この事態に働きかけるために、過去のテロルを
思考すること。」

アメリカ安全保障国家による対テロリズム戦争に対抗するために、多様で、複数の中心をもち、
異質な者どうしの議論に開かれたグローバルな公共圏に呼びかける、批判理論の最前線。
スーザン・バック=モース(Susan Buck-Morss)

コーネル大学政治学部政治哲学/社会理論教授、映像学主任。専門は批判理論(フェミニズム、
フランクフルト学派、マルクス主義、ポストコロニアリズム、ポストモダニズム、精神分析)、
文学および視覚文化理論。

94 :考える名無しさん:2005/08/04(木) 03:49:51
まさにアウラバトラー

95 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 11:03:25
アウラロードが開かれた

96 :考える名無しさん:2005/09/05(月) 15:47:18
ベンヤミンを読もう!
http://www8.plala.or.jp/SCCS/benjamin.htm

97 :考える名無しさん:2005/09/07(水) 08:49:10
清水書院の人と思想シリーズのベンヤミンはどう?

98 :考える名無しさん:2005/09/07(水) 11:54:44
>>97
これですか。

ベンヤミン (Century books 人と思想)
村上 隆夫著

税込価格 : ¥571 (本体 : ¥544)
出版 : 清水書院
サイズ : B6判 / 207p
ISBN : 4-389-41088-1
発行年月 : 1990.7
http://www.bk1.co.jp/product/685845

この人同じシリーズでハーバーマスやメルロ=ポンティについても書いている人みたいだね。
特にベンヤミンの専門家でもない人が書いた単なるまとめ本なので
そんなにおすすめは出来ない。

99 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 04:11:25
>>5
ワロタwAA職人って何でこんな上手く作れるんだ?w

100 :考える名無しさん:2005/10/19(水) 19:43:22
よーし、ベンヤミン全部読んだ

101 :考える名無しさん:2005/11/02(水) 10:42:32
暴力批判論とボードレール他を買ってちょっと読んだ。あまり面白く無さそう。こりゃ日本で人気無いわけだ。

102 :考える名無しさん:2005/11/02(水) 10:50:33
ベンヤミンは昔から日本で人気あるよ。
日本語訳が出たのも世界的にかなり早いし、ベンヤミン論もたくさん出てる。

103 :考える名無しさん:2005/11/02(水) 23:11:55
それでもスレが伸びないって事は現代になって人気落ちたのか?

104 :考える名無しさん:2005/11/03(木) 00:52:18
>>103
2chのスレが伸びるかどうかはベンヤミンが実際に読まれているかどうかと直接は関係ないだろバカ

105 :考える名無しさん:2005/11/08(火) 00:35:31
五年くらい前に比べれば、読まれてはいないだろうな……
あの時のバブルは異常すぎたが

106 :考える名無しさん:2005/11/20(日) 01:51:22
>>104
普通は比例するだろうがバカ

107 :考える名無しさん:2005/11/20(日) 06:35:24
>>106
2ch=世間=現実とでもおもってんの?

108 :考える名無しさん:2005/12/14(水) 14:30:53
age

109 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 20:48:43
age


110 :考える名無しさん:2006/02/27(月) 13:15:58
松岡正剛の千夜千冊『パサージュ論』ヴァルター・ベンヤミン
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0908.html

111 :考える名無しさん:2006/03/23(木) 04:23:14
Ausdifferenzierungの訳は
「分化」「分立化」「分出」?
どれが正しいのだろうか?
論争中

二クラス・ルーマンさん und 酒井泰斗さん
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1116819755/


112 :考える名無しさん:2006/04/16(日) 16:20:46

ベンヤミン研究者のblog
http://nob-kakigi.cocolog-nifty.com/vermischtes/

113 :考える名無しさん:2006/05/06(土) 23:59:03
    、ヾ:;:::::::::::::::::::::':::::::-、
     、ミ::::::';:::::::::::::::::;';:::::::::::::::::ヾ、
    i':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
    ミ:::::::::::::::::;:;;::::::r -‐'''"'ヽ::::::::::!;!
     ミ::;r--‐'  `ヾ     ミ::::::::::i
     .l::!           ;.:ミ、:::;::::l,r‐、
     ヾ         _,......::::/'ヾ:::: ;.!
       !      .::'r t.j;、:::/:::: ::' ' !
       i.llir_,=:ll!,.- :l:. ::::'::',!:::::::; ...!-'!:ヽ
        _! ``´' l! ' ,`−´ .::::: ::::::::l:::::::`:::
        ヾ ‐ '´;  ,ィ:.,    .::::::::::::l:::::::::::::
         ヽ  ,r';';":;:::";';;! ..:::::::::::/:::::::::::::
       ,r::::::::ヽ ''-''.二-‐'"..:::::::::;:::::::::::::::::::
      /::::::::::::::::::::ヽ、 __,...::::::::::;:::::::::::::::::::::::
      l:::::::::::::::::::::::::! /::::!:::::. /::::::::::::::::::::::::
     /:::::::::::::::::::::::::l ./::::::::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::

         クワシク [S. Kwhask]
          (1940〜 ロシア)


114 :考える名無しさん:2006/06/09(金) 22:48:32
陶酔論、パサージュ論などは日本で言うところオタク論。

115 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 17:43:53
age

116 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 10:09:54
age

117 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 10:49:32
ベンヤミン
救済とアクチュアリティ

河出書房新社
発行年月 2006年6月
価格(税込)1,575円
ISBNコード 4-309-74012-X
シリーズ名 KAWADE道の手帖

118 :考える名無しさん:2006/06/25(日) 21:11:50
河出のそのシリーズ、率直に言って必要ない。

119 :考える名無しさん:2006/07/03(月) 16:00:39
禿同。河出のそのシリーズ、ゴミ。

120 :考える名無しさん:2006/07/04(火) 13:23:10
このシリーズの他書は知らないけど、たしかに今回のこれはカス。

ベンヤミンってカフカ論でバブルなんだろ??

121 :考える名無しさん:2006/07/04(火) 15:49:16
『救済のアクチュアリティ』のなかでも浅井健次郎は手堅い仕事してると思うけど。
毎度のことながら。

122 :考える名無しさん:2006/07/04(火) 16:27:16
>>118-120
今回のベンヤミンの巻はそこそこ充実しているとは言えないだろうか。
どういう点が「ゴミ」や「カス」と映ったのか。
具体的に指摘してくれ。


123 :考える名無しさん:2006/07/04(火) 17:54:31
>>122 ヒント:カフカ

124 :考える名無しさん:2006/07/21(金) 18:53:45
カフカがどうした?

125 :考える名無しさん:2006/08/02(水) 10:43:08
『ゲーテの「親和力」』だけを筑摩で改めて文庫化しないかなあ。『写真小史』
みたく。浅井でもいいしその愉快な仲間たちのだれかでもいいから。活字大きく
して、訳注も充実させて、参考資料(グンドルフとかジムメルとか)も多数添えて。
需要・・・ないか

126 :考える名無しさん:2006/08/10(木) 00:47:10
ベンヤミンコレクションの註の位置が気に食わない
なんであんな位置にいれたのだろうか

127 :考える名無しさん:2006/08/11(金) 03:02:14
>>126 本当ですね。読みにくい。そもそも、これくらい高密度で複雑な論理
展開の文章がちっさい文字でぎっしりつまってるベンコレはきついです。
『ドイツ悲劇〜』とか『〜芸術批評の概念』くらいの印刷がいいです><
suhrkamp taschenbuchの全集とかもうね。゜(゚´Д`゚)゜。

ただ、ベンコレに関しては2巻の「解説」にもあるように、全3巻予定で重要
な著作を網羅的に、しかもそれぞれの巻に適切な編集理念をもたせて、高水準
の翻訳を実行する、てのは見事なんだよなあ。ベンヤミン自身が文章の構成
や翻訳を問題としていることもあって、ベンコレ編纂が緊張感に貫かれた書物
になっている。ぬるい仕事はできませんよね。個人的には2巻が大好きで、『蔵
書の荷解きをする』から始まってゆるやかに分光される「批評のスペクトル」に
魅了されてます。

このスレが賑わって、この場にふさわしい型破りな議論できたらいいなあ、
過疎ひどいですけど。


128 :考える名無しさん:2006/08/13(日) 00:47:36
>>過疎ひどいですけど。
ねー

ドイツ悲劇の根源は講談社文芸文庫とちくま学芸文庫とどっちがいいんだろ?
(どっちも高いときたもんだ・・・とほほ)

129 :考える名無しさん:2006/08/23(水) 22:52:50
ベンヤミン読むやつなんて馬鹿か田舎者。

130 :考える名無しさん:2006/08/24(木) 10:25:59
>>128 講談社版は目を通してないので比較できませんが、筑摩版は参考資料が
とても充実していて、かつその資料を横断するかたちで訳注が付けられている
のでとても勉強になると感じています。また、注の内容も上品で役者の考えを
押し付けるようなところがなく、「馬鹿」で「田舎者」な自分でも立体的にベンヤミン
の思考の軌跡を再構築してみようと思わせるようなところがあります。



131 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 02:06:03
>>130は田舎者

132 :考える名無しさん:2006/08/29(火) 15:26:32
郷愁オタだもん。ベンヤミンって。生前はまちがいなく浮いてただろうね。

133 :考える名無しさん:2006/08/30(水) 04:58:15
>>132 それはベンヤミンの一つの側面でしかない。そこだけ見るなら、「浮いて
いた」どころか、当時の文明批判の手の込んだ一ヴァージョンでしかないよ。
『経験と貧困』や『破壊的性格』等、まったく(弁証法的に)対立する傾向を強調
することもできるよ。この点に関する指摘を抜いとく。

[…]救出は二つの方向に向かっている。ひとつには、古い形式に保存されている
〈経験の伝達可能性〉の救出[…]、いまひとつは、経験が貧困化した状況を新たな
「創造的零点」[…]の可能性として捉え直そうとする視点である。[…]そのように、
経験が貧困化した状況を新たな創造的零点の可能性として捉えようとするとき、
この展望のなかに、古い形式に保存されている〈経験の伝達可能性〉の救出という
希望はいかなる棲まい方をするのか、という問いがもちろんあるだろう。ベンヤミンが
書きつける言葉はこの問いにこそ向けられている。

ベンヤミン・コレクション2 解説 654項 より




134 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 17:07:27
アエラ的なもの。

135 :考える名無しさん:2006/10/30(月) 15:37:24
ブレヒト著作集刊行age

ブレヒトの政治・社会論
ベルトルト・ブレヒト 著
石黒 英男 責任編集
五十嵐 敏夫 訳
野村 修 訳

定価4,200円(本体4,000円)
ISBN 4-309-70631-2
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/4309706312

136 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 14:17:25
浅井健二郎は、キチガイ。

137 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 14:21:52
>>136
なぜですか?

138 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 18:30:06
「浅井健二郎は基地外だ。大学院生が全員ブッ殺してやりたいと言ってている。
三島憲一と論争したら、コテンパンにやられる馬鹿の癖に。」と、
小宮正安が言った。

「浅井健二郎は基地外だ。いま頃、マルクス主義を信じてるなんて。」と、
松浦純が言った。

「松浦純は基地外だ。いま頃、キリスト教を信じているなんて。」と、
浅井健二郎が言った。

139 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 19:26:34
GoogleとYahoo!で、検索してね。

140 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 21:04:37
>>138
言ってている、じゃなくて、言っている、の間違いです。すみません。

141 :考える名無しさん:2006/11/05(日) 21:36:59
>>137さん
理解していただけたでしょうか?

142 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 08:29:40
「浅井先生て厳しいな。でも、弟さんよりやさしいな。
兄弟だけあって、顔とか、外見とか、人間性とか、思考法とかそっくりだもんな。」
「弟って誰?」
「確か、麻原彰晃っていう名前だったと、おもう。」
「??????」


143 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 09:29:40
>>137さん
返事ください。お願いします。

144 :137:2006/11/06(月) 11:37:59
>>143
『ベンヤミン・コレクション』やその他ベンヤミンの翻訳を出した浅井氏の方が
文句なしにそこらの凡庸な大学教員よりも偉いです。

浅井氏を基地外呼ばわりする方がどうかんがえても基地外です。

145 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 13:40:28
>>144さん
褒め言葉ありがとう。

146 :考える名無しさん:2006/11/06(月) 14:10:06
ペーター・ビュルガーのアヴァンギャルド論を、
浅井が翻訳者なのに解説で貶しまくってるのを見てちょっと引いた

147 :考える名無しさん:2006/11/08(水) 21:10:02
浅井健二郎=麻原彰晃

松浦純=村井秀夫

148 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 22:00:53
>>147
詳しく!

149 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 06:08:52
>>148
深い意味はない。

150 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 20:18:58
浅井健二郎・元東京大学狂授

151 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 21:22:23
何故浅井に粘着するんだ?

152 :考える名無しさん:2006/11/21(火) 21:49:54
>>151
個人的恨み

153 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 01:34:48
>>152
もう少し詳しく話を聞こうか。

154 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 05:01:32
>>153
誰だか、特定されかねん。

155 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 05:06:25
>>154の続き
東大独文科の人間関係に、メチャクチャ詳しいだろ。
これ以上、言わせないでくれ。

156 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 18:22:20
特定されないように書き方工夫すればいいじゃない。

157 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 19:00:50
講義中は厳しい人だからね^^;

158 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 19:57:13
>>156
まあ、特定されてもいいんだけど。
将来、真っ暗だし。
小宮正安ほど、上に媚びるの上手くないし。

159 :考える名無しさん:2006/11/22(水) 19:59:09
>>157
浅井のキチガイ、知っているの?

160 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 00:58:04
>>158
浅井に何をされたの?

161 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 06:01:30
>>160
まあ、いいじゃない。

>>157
どこの人、東京大学、九州大学どっち?
周りに、ここのことと教えるか、
このページを印刷して、コピーして、ばらまいてくれない。
私の冗談、まあまあ面白いと、思うんだが。

162 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 06:31:40
>>160
浅井のせいで、心療内科に、通っている。

163 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 09:37:25
研究室で2chの話題なんかだせるかよw

その辺でやめといたほうがいいね。貴方のためにもこの場所はよくない。

164 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 19:08:39
>>127に、面白いこと書いてあるぞ。
私は、この場にふさわしくない型破りな議論をしているんだ。
許してね。

165 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 22:30:37
そろそろ、ベンヤミンに戻ろうよ。

166 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 10:11:12
>>165
ベンヤミンに戻るのは、無理だと思う。

>>161
まあまあ面白い、とかいうレベルを越えている。

この際だから、このスレ、浅井健二郎先生を、
論じる場にしないか。

167 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 11:29:51
>>166
ネタ次第だな。とにかくネタ振ってみてくれ。

168 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 14:09:25
ちょと、纏めてみた。
三島憲一と、浅井健二郎、どっちが、優れれているか。

学問的業績
よく知らん。

著作
三島憲一は、「ニーチェ」「戦後ドイツ」「現代ドイツ」等々、いい本書いている。
浅井健二郎は、一冊だしたが、再販の予定無し。

ドイツ語力
三島憲一は、ハーバーマスの同時通訳ができる。
浅井健二郎は、知らん。

翻訳
三島憲一は、ハーバーマスを翻訳している。
ベンヤミンの翻訳については、どっちが、優れているんだろ?
ベンヤミン、読んでも理解できないので、わからん。

これで、いいと思うんだが、知らない部分付け加えてくれ。


169 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 14:19:05
三島憲一のどこに、褒める要素があるのかわからない。
ベンヤミン読者ならなおさら。

170 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 14:50:00
>>169
私は、昔、左翼で、ドイツ思想にかぶれていた。
三島憲一は、いまだに、左翼だ。
ベンヤミンについては、よく知らん。

ところで、あなた、上のほうで、浅井先生の翻訳を、絶賛していた人?
それとも、別人?
どっちだ?

171 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 18:51:06
別人。引いてた非関係者。
三島は左翼として脆弱だと思う。
ハーバーマスの悪い部分しか受け継いでいないし、
特にニーチェの射程を見誤りすぎている。


172 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 19:15:40
>>171
ニーチェの解釈って、人によって、バラバラだろ。
誰の解釈が、いいんだ。具体名を日本人で、挙げてくれ。
最近、ドイツ思想からは離れていたので、若手でもいい。

日本のフランクフルト学派の研究者で、
まともなの、徳永恂、三島憲一ぐらいじゃないか。
今村仁司は、論外だし。
若手でいるのか?具体名で頼む。

ハーバーマスの、いい部分を受け継いだのって誰だ?
まあ、ハーバーマスなんて「話せばわかる」の世界だからな。
そんな奴、いるのか?

長々とすまん。答えてくれると助かる。


173 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:22:07
>>172の、付けたし
ニーチェの解釈だれがいいんだ?

アドルフ・ヒトラー
マルティン・ハイデガー
ゴットフリート・べン

誰がいい。

174 :考える名無しさん:2006/11/26(日) 21:51:06
>>171
気になるので、さらに話を続ける。
脆弱じゃない左翼ってなんだ?
中核派
革マル派
日本共産党
この辺か?

大学にいる左翼なんて、基本的に、脆弱だろ。
アドルノなんか、女性の裸踊りで、精神的に病んだんだろ?

話が、錯綜してしまった。適当に返事してくれ。

175 :172です。:2006/11/26(日) 22:37:07
ベンヤミンも、浅井健二郎も、関係なくて、
三島憲一のスレに、なりそうだ。
誰か、話をもどしてくれ。

176 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 00:57:15
>アドルフ・ヒトラー
>マルティン・ハイデガー
>ゴットフリート・べン
……ハナからニーチェ揶揄するつもりじゃねーか
こういう人は哲学に向かないと思う

177 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 05:11:32
>>176
あなたも、かなりのドイツ思想マニアだな。
普通、ゴットフリート・ベンは、知らないぞ。

それと、三島憲一をそこまで馬鹿する理由を知りたい。
私は、左翼から足を洗ったが、三島憲一には、敬意を払っている。

私は、哲学マニアではなくて、思想マニアだった。
ベンヤミンも、哲学ではなくて、思想だろ。
フランクフルト学派自体、思想だし。

暇だったら、返事を頼む。


178 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 05:17:13
ここ読んでる人、理解できるんだろうか?
心配に、なってきた。

179 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 07:43:43
おもしろいよ、今の議論。
しぶとく続けてくれ。
左翼の脆弱性っての、もっとつっこんで議論してくれ。
ニーチェ絡みでいいから。

180 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 09:38:03
思想家の価値を外的な事情で裁こうとすること、だね

181 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 10:22:47
よくわからないな。
たとえばどんな思想家のどんな価値について
外的な事情でどう裁くわけ?

182 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 10:32:29
ハーバーマスの最悪な部分って、
思想家の価値をもっぱら印象論で決める部分だろう。


183 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 11:00:51
ハイデガーは、ナチスに加担したが、偉い。
これ間違いだろう。
正しくは、
ハイデガーは、ナチスに加担したから、偉い。
これが、正解だろう。

ゴットフリート・ベンも、事情は似たようなもんだ。

184 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 19:52:02
>>183は、悪趣味な発言だった。
見なかった事に、してください。

185 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 20:13:28
京大はどうなの?ベンヤミン。

186 :考える名無しさん:2006/11/27(月) 21:22:49
そりゃ色々いますから

187 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:06:23
Routledge critical thinkersの邦訳版シリーズ(シリーズ現代思想ガイドブック)
が青土社から出てますが、ベンヤミンは翻訳されていませんね。

188 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 00:43:39
>>187
原著自体が存在しないようですよ
http://www.routledge.co.uk/literature/series_list.asp?series=6

189 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:23:44
>>179
左翼の脆弱性と、ニーチェを、どうやって、絡めればいいんだ?
わかりやすく、書いてくれ。

>>180,>>181
カール・マンハイムの「知識の存在被拘束性」について、
考えれば、簡単に解決する。
図書館か、インターネットで、十分だ。

>>185,>>186
念のため、聞いておくが、池田浩士とか、野村修じゃ、ないだろうな。

190 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 14:29:34
>>189
ベンヤミンを読む気ない人は常駐しないでほしい

191 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 19:01:16
>>190さん
まあ、そんな、固いこといわないでよ。
ベンヤミンと、フランクフルト学派の関係って、
かなり、重要じゃない。

192 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 19:13:51
>>191の続き
もちろん、ベンヤミン読もうとしたんですよ。
でも、ニーチェ以上に、解釈ばらばら、でしょ。
翻訳は、わけわからないし。
どこから、手をつければいいの。
わかりやすく教えてくれない。

193 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 19:20:04
浅井健二郎の翻訳は、恐ろしくて、
もう、読めない。

194 :考える名無しさん:2006/11/28(火) 21:27:49
>>188
なぜかRoutledgeのHPには載ってないんですが、アマゾンには載ってるんですよ。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/0415319544/
なんでかは分かりませんが。

195 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 00:36:38
>>192
だってあんたはドイツロマン主義=右翼で片付けそうなんだもの。
このスレでも言われていたメニングハウスの『敷居学』と、
初期の思弁的なテクスト群を読まないことには、先に進まないのでは?


196 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 08:56:16
>>189池田浩士とか、野村修

古い人でしょ??それって。

あくちゅあるなところでは?

197 :考える名無しさん:2006/11/29(水) 18:29:59
池田せんせはとっくに退官されましたが? いまは精華。

198 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 13:20:13
>>197
そうなんですか。来年京大の院に行くつもりなんですが。

199 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 22:34:01
浅井健二郎は基地外。

200 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:28:29
>>195さん
ありがとう。
ちょっと、検討してみます。
時間かかりそうだなあ。
難しそうだなあ。
私には、無理かもしれない。

201 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:33:26
>>198
それ、笑うとこ?

202 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:54:32
web-master@L.u-tokyo.ac.jp

203 :考える名無しさん:2006/11/30(木) 23:55:50
web-master@L.u-tokyo.ac.jp

204 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 00:00:37
shomu@L.u-tokyo.ac.jp <shomu@L.u-tokyo.ac.jp>

205 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 00:02:03
web-master@L.u-tokyo.ac.jp


206 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 17:33:39
京大でベンヤミンやってるやつなんていないよ。浅井先生マンセー。

207 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:33:03
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/german/form.htm

208 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:34:13
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/german/form.htm

209 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:34:56
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/german/form.htm

210 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:35:40
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/german/form.htm

211 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:43:46
>>206
http://www.h.kyoto-u.ac.jp/staff/221_mihara_o_0_j.html

212 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 18:46:00
>>206
http://www.h.kyoto-u.ac.jp/staff/211_michihata_t_0_j.html

213 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 22:09:36
貴重なベンヤミンスレを荒らさないで下さいね。

214 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 22:25:23
>>211 >>212
京大にも、一応いるんだな。
知らなかった。

215 :考える名無しさん:2006/12/01(金) 22:29:45
>>213
すでに、完全に荒れている。
ベンヤミンが、ここ見たら、喜ぶかもよ。

216 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 05:28:59
>>207.>>208.>>209.>>210
九州大学に、メールを出して、ここのこと教えてやった。
返事来るだろうか?

217 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 18:51:38
>>187,>>188,>>194
その青山社から、出ているシリーズの「ハイデガー」を、買ってきた。
中に挟んである、チラシを見たら、
「ニーチェ」の翻訳者に、三島憲一の名前が挙がっている。

「ベンヤミン」の翻訳、三島憲一でも、いいんじゃないか?
それとも、浅井健二郎じゃないと、だめなのか?

三島憲一と浅井健二郎の関係って、どうなんだろう?
名前知らないはずは、ないだろうしな。
誰か、詳しい人いない?



218 :考える名無しさん:2006/12/02(土) 21:10:04
三島憲一の、ベンヤミン解釈には、何か問題があるようだな。
三島憲一の人格の問題ではないようだが、それとも、
人格の問題なのか?
どのへんが、問題なんだ?
誰か、断片的な発言ではなく、普通の日本語で教えてくれないか。
気になって、仕方が無い。
お願いします。

219 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 00:04:52
初期ベンヤミンの情熱をわかろうとしないことだろうね
青年ニーチェ派とかいってフランス思想を嘲笑していたけど、
三島はそもそも文学が好きじゃないんだろう

220 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 15:04:31
>>195さん、>>219さん
本当にありがとう。
やっと、話が見えてきました。
私のドイツ語力は、三島憲一の足元にも、及びません。
でも、私も文学に、関心ほとんどありません。すみません。

厚かましい質問になるんですが、
日本人が書いた、ベンヤミンに関する、良い本て、ないでしょうか?
翻訳って、読むの難しいです。
ドイツ語を、原著で読むのは無理です。
答えてくれると、嬉しいんですが。

>>190さん
こういう話なら、いいでしょうか?
良かったら、返事くれると、嬉しいです。

221 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:01:37
浅井健二郎は基地外

222 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:02:29
浅井健二郎は基地外

223 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:03:20
浅井健二郎は基地外

224 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:03:58
浅井健二郎は基地外

225 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:11:42
ちょと、聞きたいんだが、
浅井健二郎の、ベンヤミン解釈の評価って、
どの程度なんだ。
知っている人いるだろ。
教えてくれないか。



226 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:19:28
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/cgi/german/ezy-mail/ezy-mail.cgi

227 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:20:39
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/cgi/german/ezy-mail/ezy-mail.cgi

228 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 22:21:41
http://www.lit.kyushu-u.ac.jp/cgi/german/ezy-mail/ezy-mail.cgi

229 :考える名無しさん:2006/12/03(日) 23:00:37
道籏先生なつかしい

230 :考える名無しさん:2006/12/04(月) 00:23:36
    、ヾ:;:::::::::::::::::::::':::::::-、
   、ミ::::::';:::::::::::::::::;';:::::::::::::::::ヾ、
  i':::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
  ミ:::::::::::::::::;:;;::::::r -‐'''"'ヽ::::::::::!;!
   ミ::;r--‐'  `ヾ     ミ::::::::::i
   .l::!           ;.:ミ、:::;::::l,r‐、
   ヾ         _,......::::/'ヾ:::: ;.!
     !      .::'r t.j;、:::/:::: ::' ' !
     i.llir_,=:ll!,.- :l:. ::::'::',!:::::::; ...!-'!:ヽ
      _! ``´' l! ' ,`−´ .::::: ::::::::l:::::::`:::
      ヾ ‐ '´;  ,ィ:.,    .::::::::::::l:::::::::::::
       ヽ  ,r';';":;:::";';;! ..:::::::::::/:::::::::::::  アウラですよ、アウラ。
     ,r::::::::ヽ ''-''.二-‐'"..:::::::::;:::::::::::::::::::
    /::::::::::::::::::::ヽ、 __,...::::::::::;:::::::::::::::::::::::
    l:::::::::::::::::::::::::! /::::!:::::. /::::::::::::::::::::::::
_   /:::::::::::::::::::::::::l ./::::::::ヽ /:::::::::::::::::::::::::::

231 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 15:46:38
土曜日京都で会ったけど、京大の教授
こんなルックスだったよ。

232 :考える名無しさん:2006/12/05(火) 22:34:05
>>190さん
返事くれませんか?

233 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 20:22:23
>>190さん
返事くれませんか?
書きたいこと、あるんですけど、
190さんの、許しを得ないと書きづらいです。
簡単な返事でいいです。
お願いします。

234 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 20:58:33
>>190さん
返事くれると、嬉しいんですけど、無理かもしれませんね。

返事くれたことにして、話を進めます。
>190さん、私は、あなたのように性格悪くて、嫌味な馬鹿、大嫌いです。
私が、ベンヤミンみたいな基地外、読む気あると思いますか?
ヒトラーがいたら、浅井健二郎と、あなたは、ガス室送りです。
ベンヤミンも、もう少しで、ガス室送りだったんですがね。
根性なくて、自殺してしまいましたね。

私の文章読んで、どうでしょうか?
穏やかな、気持ちになったら、嬉しいです。



235 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 21:51:46
池沼かよ…


236 :通りすがり:2006/12/06(水) 21:55:32
カラオケ置いてある飲み屋なんぞで、
持ち歌を先に唱われて、気分を害している年増女みたいなオッサンじゃね?

237 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 22:37:05
正論だったりして

238 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 22:39:40
ベンヤミン糞ってのが?
まさか

239 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 22:56:40
浅井健二郎→ガス室
これには、賛成。

240 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 22:57:33
三島憲一とハーバーマスの信者がそんなこと言ってていいのか?
という根本的疑問がのこりますが

241 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:01:15
>>239
浅井健二郎に、会ったことあります。

242 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:05:19
ゴットフリート・ベンの信者じゃないの?

243 :考える名無しさん:2006/12/06(水) 23:12:45
そうなの?
政治思想で思想家を裁く人なのに?

244 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 15:46:26
ベンヤミン読んでても、いいこと全然ないですよ。
大学に残ろうと思っても、ポストないですよ。
みんな、どうやって教授に取り入るか、以外考えてないですよ。
私は、途中で止めて、正解でした。

そもそも、左翼じたい崩壊しています。
その、普通の左翼を批判するアドルノとか、ベンヤミンなんか
読んでどうするつもりですか?、
その上、ドイツ思想の天才、三島憲一のベンヤミン解釈に、
問題あるなんて言い出すなんて、すごいですね。
そんなこと言ってたら、絶対、大学に残れません。

皆さん、大学生、それとも、大学院生、どっちですか?
早く、別の道をさがした方が、いいですよ。
皆さん、頭いいんでしょう。
他でも、十分やっていけます。
左翼思想にかぶれるのは、若いときだけで、十分です。

>>234
これ、面白いですね。
浅井健二郎って、どんな人なんですかね?
おおよそ、想像がつきますが。
社会にでたら、浅井の小型版、いっぱいいます。
まあ、こういうことって、若いとなかなか、分からないもんです。
私も、そうでした。
たまには、年上の馬鹿の言葉に、耳を傾けてください。
長々と、失礼しました。

245 :考える名無しさん:2006/12/10(日) 17:25:21
>>244
>左翼思想にかぶれるのは、若いときだけで、十分です。

では、現在のおまいの思想を聞かせて貰おうか(w

246 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 00:22:09
>>245さん
年齢を重ねれば、わかります。
奇麗事は、虚しくなるだけだです。
文章の最後に,wを付けてるうちは、理解できないでしょうね。
もちろん、そのまま、一生終えてもいいんですよ。
浅井健二郎って、おそらく、そういう人でしょう。
他人に、迷惑かけまくって、死ぬ。
そうゆう、人生もありです。

質問の答えですが、いまの私の思想は、リベラルです。
谷垣さんに、近いです。
谷垣さん、大変ですね。
自宅を抵当に入れて、借金一億円ですもんね。

それから、私、忙しい時が多いです。
質問に、答えられない時、多いと思います。
許してください。

247 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 01:07:00
>>246
>文章の最後に,wを付けてるうちは、理解できないでしょうね。

wを使用するとかしないではなく、中身で判断して答えろよw
一国でさえ資本主義国が存在すれば、社会主義社会を実現させることは
できない。資本主義一人勝ちの現状ではリベラルを支持せざるを得ないだろうなw
が、その思想に甘んじてよいのか?協同組合社会主義はまだまだ可能性
はある。

248 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 01:59:32
>>247さん
まだ、起きていました。
あなたの発言に驚きました。
レーニン、スターリン、毛沢東、ポルポト派、
これらが、何したか、知っていますよね?
ファシズムと、共産主義は、全体主義という点では、同類です。
共産主義が、世界を支配していたら、今、人類は、存在しません。
ソ連と、中国の間の、戦争の歴史を考えれば、明白です。

もしかして、あなたは、過激派ですか?
それなら、こんなところで、議論しても無駄です。
総理大臣の暗殺でも、計画してください。
議論の前提が、変です。
ベンヤミン読んで、大学教授めざす方ほうが、まともです。
あなたの質問への、答えは、これで最後にします。

私や、私の家族に危害を、加えることだけは、止めてください。
不可能だとは思いますが、あなたが、2ちゃんねる、の内部にいる可能性を、
捨て切れません。
過激派は、一般人に危害を加えない、はずですよね。
これだけは、守ってください。


249 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 02:09:00
もう、ここには、来ません。失礼します。

250 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 02:21:17
>>248
頭大丈夫か?
普通に日本国で生活してるのに、どうして俺が過激派になるんだ?(w
公安に目を付けられているわけでなしw
病院行って来いよww

251 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 20:23:29
>>250 ←単なるキチガイだな。
ここ、キチガイ多いな。

252 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 20:25:42
ベンヤミンって、キチガイを引きつける魔力があるんだな。

253 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 20:27:13
なんでだろ?

254 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 20:41:39
>>250
早く、出て来い。

255 :考える名無しさん:2006/12/11(月) 20:50:55
>>250です。
私は、頭の悪いキチガイです。

256 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:33:29
俺が本当のキチガイだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

257 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:38:08
お前は、誰だ
俺が、真正のキチガイだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

258 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:39:34
キチガイっていいよね


259 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:41:00
基地内
すなわち共同体に守られた人間なり

260 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:41:13
お前ら、誰だwww
俺が、本物のキチガイだwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

261 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 00:55:24
キチガイの定義は?

自罰的、かつ、他罰的行為(あるいは、無作為)に陥った者。

262 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 02:11:59
共同組合社会主義wwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

263 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 09:06:40
協同組合社会主義も知らんのか?(w
( ´,_ゝ`)プッ

264 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 09:09:38
まだ、起きていました。
あなたの発言に驚きました。
レーニン、スターリン、毛沢東、ポルポト派、
これらが、何したか、知っていますよね?
ファシズムと、共産主義は、全体主義という点では、同類です。
共産主義が、世界を支配していたら、今、人類は、存在しません。
ソ連と、中国の間の、戦争の歴史を考えれば、明白です。

もしかして、あなたは、過激派ですか?
それなら、こんなところで、議論しても無駄です。
総理大臣の暗殺でも、計画してください。
議論の前提が、変です。
ベンヤミン読んで、大学教授めざす方ほうが、まともです。
あなたの質問への、答えは、これで最後にします。

私や、私の家族に危害を、加えることだけは、止めてください。
不可能だとは思いますが、あなたが、2ちゃんねる、の内部にいる可能性を、
捨て切れません。
過激派は、一般人に危害を加えない、はずですよね。
これだけは、守ってください。


どう見ても、こいつが基地外だろww
短絡的な決め付けwww
小学生の作文www
俺が過激派である証拠を見せよwww

265 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 09:40:46
過激な人が好きなのわたし

266 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 20:38:37
>>264←完全な基地外

267 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 20:40:10
>>264←本物の基地外

268 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 20:40:59
>>264←真正の基地外

269 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 20:51:04
>>266-268
揃ってゴミ箱行きw

270 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:36:41
>>269
お前、障害何級だ?
1級か、2級か、どっちだ?

271 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:39:19
>>270
おまいは知能障害なwww

272 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:42:23
>>265さん
>>234は、過激だが、>>264(>>269)は、単なる基地外だ。

273 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:45:57
誰か、>>271を、精神病院に隔離してくれ。

274 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:48:45
じゃぁ〜、こいつの言ってる、俺が過激派であるとの証拠を示して
言えw
>>272-273は収容所送りwww

275 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:49:17
>>271の病名なんだ?
何処かに、精神科医いないか?

276 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:51:33
>>274
お前は、過激派でなくて、単なる基地外。

277 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:52:50
>>275は精神分裂秒分類不能型www

278 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 21:54:05
>>276
おまえは基地外二乗なww

279 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:06:10
人格障害じゃないか?
私は、精神科医ではないが。

280 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:08:12
基地外のふりをしている、のでは、ないようだ。
真正だろう。

281 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:10:30
wの付け方が、異様だ。

282 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:12:55
精神科医でも、対応できないだろう。
だれか、殺してやれ。

283 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:31:27
親いるだろ。
息子殺して、自殺しろ。

284 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:37:07
私なら、そうする。

285 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:51:11
皆さん、どう思います。
ここ見てる人、いるでしょう。
意見ありませんか?

286 :考える名無しさん:2006/12/12(火) 23:53:58
文学板のジュネのスレいま鎮静化したけど
あまりに殺伐としててここよりすごいぞ

287 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:04:14
>>286さん
今、見てきましたが、こっちのほうが、異常です。

288 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:10:36
ほんとですかwわざわざどうもお手数をかけました

289 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 00:33:32
ジュネって、渋沢竜彦レベルですね。
こっちのほうが、異常だ。

290 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 07:58:21
この基地外の呼び方を、統一する必要がある。
「w」←で、どうだ?

291 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:03:56
「w」は、真正の基地外だ。
こいつが、見ている限り、まともな議論は不可能だ。
徹底的に、やる必要がある。
なんで、こいつが、ベンヤミンを知っているんだ?
皆、意見あるだろ。書いてくれ。

292 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:11:01
それから、文章の最後にwは、つけるな。
混乱する。
付けていいのは、「w」だけだ。
なんで、wに、執着するんだろう。

293 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:11:05
要はその人が何を前提としているのか
前提としているものが違えば議論は平行線を辿るだけ
まずはそこをクリアにしないと全ては徒労になってしまう
僕がまず最初に言いたいのはそのことです

294 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:19:49
>>293さん
「w]の前提が、まったく見えない。
協同組合社会主義ってなんだ。
「w」の考え出した、特殊用語か?
「w」=浅井健二郎、ってことは、ないだろうな?

295 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 08:24:37
どうなって、いるんだ?
まったく、わからん。
基地外にも、二種類ある。
理解可能な基地外と、理解不可能な基地外だ。
「w」←理解不可能。

296 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 11:32:57
ナンセンスが気に入る年頃なんだろ

297 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:10:25
すごいな、このレベルの低さはwwww

298 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:12:16
ベンヤミンはフランクフルト学派の一員だったよね

299 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:16:05
ベンヤミンを哲学科で研究している人っていますか?
ベンヤミンを研究対象に選びたいのですが、
ドイツ文学科に行くほどドイツ文学やドイツの文化に興味がないので
どうすればよいか分かりません。

300 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:16:42
>>248
浅すぎる。東欧社会主義・西欧社会主義の存在も知らんとは。
転向したかどうか知らんが、こういう奴って不勉強な奴が多い。

301 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:22:37
しかも、ソ連×中国 東欧×ソ連の構図も知らないではないか?

302 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 12:53:05
>>299
哲学科でベンヤミンを研究している人は時々いるが、
かえって浅くなっていると思う
ドイツロマン主義の文学と一緒に研究すれば、
ほぼ観念論哲学同様の難易度のテクストに触れ続けることができると思うよ

303 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 14:15:19
>>299
やめたほうがいい。
今、大学教授になるのは、無理だ。
ベンヤミンは、独学が一番だ。
ベンヤミンだって、博士論文、通らなかった。


304 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 14:26:24
それより、>>297は、「w」だろうな。
みんな、「w」に、ついての、考えを書いてくれ。

305 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 16:18:09
>>304
2chやってるなら、wの多用位知ってるだろw
初心者ばっかしかwww

306 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 17:43:40
まず論文スタイルで書かないところが近代の二義性をしめしててそれがポイント。

エッセイの思想。
ベンヤミン、アドルノ、ブロッホ。
日本なら誰だろう。いわゆる批評家はみなエッセイスタイルの思想家かな。
花田清輝、小林秀雄、市村弘正

307 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 21:48:45
>>305さん
職業なに?
小学校の先生ですか?

308 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:25:48
やっと、わかりました。
「w」は、人を怒らせて、喜ぶ変質者ですね。
こういうのは、人格障害に当てはまるのでしょうか?
変なホームページ作っていた、小学校の先生がいましたが、
似たようなものでしょう。
「w」さん、この分析は、どうでしょうか?

309 :考える名無しさん:2006/12/13(水) 23:38:07
完全なはずれwww

310 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 00:50:33
>>309さん
結構、動揺しているんじゃありませんか?


ここ見てる、皆さん、私の分析どうでしょう。
意見を聞かせてください。


311 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 01:48:28
>>310
>結構、動揺しているんじゃありませんか?

はぁ?

312 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 07:16:48
>>311
wを使え。動揺してるようだな。

313 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 10:04:31
浅井健二郎のストーカーが来て以来、このスレ荒れてるな。

314 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 11:02:38
>>312
はぁ?

315 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 11:58:39
で、





浅井健次郎って誰?

316 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 12:21:28
あと三島憲一シンパもな。
この二人最悪

317 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 23:04:38
誰か、整理してくれない?
ベンヤミンの思想とは、矛盾するけど。

318 :考える名無しさん:2006/12/27(水) 08:06:27
浅井健二郎ストーカー
三島憲一シンパ
この二人のおかげで、多くのことが判明した。

浅井健二郎=人格に欠陥あり
三島憲一=ベンヤミン解釈に問題あり

って、ことでいいんだな。

話は変わるが、最初の方で浅井の翻訳を絶賛してた人、
どうなったんだろう?
ショックで、寝込んでなければ、いいんだが。


319 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 06:22:13
浅井健二郎のストーカー=粘着質
三島憲一のシンパ=人格障害(かな?)
「w」=変質者

こんな、感じでしょうか?
ベンヤミンより、こっちの方が、興味深いかもしれませんね。

皆さん、書きたいこと、たくさん、たまってるんじゃないですか?
どうして、こんなに、静かなんでしょうか?

320 :考える名無しさん:2006/12/28(木) 06:37:14
話は変わりますが、
東京大学と九州大学で、噂になっていませんか?
インターネットの、恐ろしさを考えれば、
十分ありえると、思いますが?

321 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 02:23:11
浅井健二郎の画像、どこかに、ありませんか?
麻原彰晃と、比べてみたいのですが。
検索してみましたが、見つかりません。

322 :考える名無しさん:2006/12/30(土) 17:27:11
>>319
>ベンヤミンより、こっちの方が、興味深いかもしれませんね。

頭、大丈夫か?(www

323 :考える名無しさん:2006/12/31(日) 00:11:21
        (゚д゚ )
ワロスwwwwノヽノ |
         < <
          (゚д゚ )
ワロスvvvvvvvvノヽノ |
           < <
               (゚д゚ )
ワロス〜〜〜〜〜〜〜ノヽノ |
                < <
                   ( ゚д゚ )
ワロス―――――――――ノヽノ |
                    < <

324 :考える名無しさん:2007/01/01(月) 06:52:43
本日、午後7時、NHK教育
「小宮正安」登場!

325 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:15:06
>>322さん
「w」さんですか?
お元気そうですね。
今年も、よろしくお願いします。

326 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:23:22
>>190です
ベンヤミンを読む気ない人は常駐しないでほしい

327 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:27:36
>>326
ベンヤミンを読む気ない人は常駐しないでほしい

328 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:28:29
>>327
ベンヤミンを読む気ない人は常駐しないでほしい

329 :考える名無しさん:2007/01/03(水) 00:31:05
>>190
ヒトラーがいたら、浅井健二郎と、あなたは、ガス室送りです。

330 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 07:15:36
>>190さん
あなたの、ベンヤミンの読み方を、教えてくれませんか。
できれば、ベンヤミンのような、晦渋な文体ではなくて、
普通の文体でお願いします。
こんな場所で、ベンヤミンの真似をしなくても、いいでしょう。

331 :考える名無しさん:2007/01/04(木) 20:46:52
>>322さん
私と、あなた、性格が似ていますね。
仲良くしましょうね。

332 :考える名無しさん:2007/01/05(金) 00:05:43
いやww

333 :考える名無しさん:2007/01/06(土) 00:25:38
「w」さんにも、嫌われましたか。
このスレを分析するのに、6時間程かかりました。疲れました。
つい、調子に乗って、メチャクチャ書いてしまいました。
>>190さん、そして、多くの皆さん、許してください。
議論を、ベンヤミンに戻してください。
私は、姿を消すことにします。
大変、失礼しました。

334 :考える名無しさん:2007/01/11(木) 23:45:27
普通に電波っぽい

335 :近刊予告:2007/01/26(金) 00:43:07
ベンヤミン・コレクション 4
批評の瞬間 ちくま学芸文庫
ヴァルター・ベンヤミン/著
浅井健二郎/編訳
出版社名 筑摩書房
発行年月 2007年3月
価格(税込)1,575円
ISBN 4-480-09025-8

336 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 02:25:49
>>335
情報ありがとうございます。
ベンヤミン・コレクションの第3巻は1997年刊なので
ずいぶん間が空いてますが、もし出るなら嬉しいですね。

337 :考える名無しさん:2007/01/26(金) 02:29:26
何が収録されるんだろう

77 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)