5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今日思い付いた考えを書くスレ

1 :考える名無しさん:04/06/25 17:03
このスレではつっこみは禁止。
まともな考えも、異常で矛盾で偏見で稚拙な考えも
どしどし書いちゃってくだちゃい。

2 :考える名無しさん:04/06/25 17:07
俺はさ、ラーメンは麺よりスープだと思う。

3 :考える名無しさん:04/06/25 17:10
オマイラにはロマンがあるかい?

4 :考える名無しさん:04/06/25 19:07
論理的ループは経験世界と無縁。

5 :考える名無しさん:04/07/16 21:45
まいにち

おんなじ 

すれが 

あがってるのは

かなり やばいと

おもいまつた。

6 :考える名無しさん:04/07/16 21:48
夫馬厨追放キャンペーン

7 :考える名無しさん:04/07/16 21:57
かみ という

だいめい の

すれ が 

こんなに

おおいのに わ

あきれました。

8 :考える名無しさん:04/07/16 22:01
だすれ に

かぎって

まいにち

あがってる よぉうな

きが しまちた。

9 :考える名無しさん:04/07/16 22:04
ちょうふく

なぃよう の

すれ が

こんなに

いっぱーい いっぱーい

あるのに わ

ほとほと あきれまちた。

10 :考える名無しさん:04/07/16 22:05



11 :考える名無しさん:04/07/16 22:08
潰したいサイトがある。

12 :考える名無しさん:04/07/16 22:21
今、ふと組織について考えたんだけど人間は何で組織(グループ)
作るのに一生懸命なんだろ?そら一人で人間はいきられないから
組織作るんだけど、組織の中の自分ってストレスたまりまくりだw

13 :考える名無しさん:04/07/16 22:26
神が最初に創ったのは悪だ。

14 :考える名無しさん:04/07/16 22:40
無常の世界。
科学技術は我々に絶対的な命をあたえるだろうか?
否。
しかし、それではあまりにもむなしい。
希望がない。
せめて希望を”持つ”ことだけは。
信じることだけは。
宗教の必要性。
事実でない、でも人はそれを求める。
事実は無常の世界。
知らぬが仏、かな。

15 :考える名無しさん:04/07/25 17:05
なきごと お いうのは

きらいです 

じぶんへの ぷらいど が

あるから

16 :考える名無しさん:04/07/25 17:11
たにんに みせる

ぷらいど なんか いらない。

じぶん への ぷらいど

の ほぉう が ずっと

たいせつ ね

17 :考える名無しさん:04/07/25 19:16
ホント、馬鹿ばっか、だな。

18 :考える名無しさん:04/08/19 01:30
>>17
ぷっ

19 :考える名無しさん:04/08/19 01:32
>>18
けっ

20 :考える名無しさん:04/08/19 01:33
あの精神科医もその文芸評論家も
ここ見てるんだろ。
ネタ探してるんだろ。

21 :考える名無しさん:04/08/19 01:36
ウンチマンは存在します

22 :Tar ◆SQIDAUQYpc :04/08/19 01:37
人間は互いが牽制しあうことで誤解が生まれすれ違う。
高まっていく気持ちはほんの些細なきっかけであふれ出し神の一手となる。

23 :Tar ◆SQIDAUQYpc :04/08/19 02:43
試合は難なく終わるように思われた。
だがあまりにも内容がなさ過ぎる。
本来の力など微塵も感じないのである
そしてやってきた第2セットの序盤。
恐れていた通りに形勢は逆転していた。
このままでは間違いなく負ける。
そう思えてならなかった。
たまらずタイムアウトをかける柳本監督。
しかしあいかわらずムードはよくない。
やがて時が過ぎコートへと戻る選手たち。
次の瞬間の映像に私は目を奪われた。
監督が選手の肩をつかみ引き止めているのである。
つれない素振りの高橋選手へと突き出された右手。
それはまさしく神の一手であった。

24 :考える名無しさん:04/08/19 10:51
ぱんつー まる みえ

25 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:26
今日はウンコの色について考えさせられた。

というのも、数日前から自分のウンコが妙に白いのだ。

白いといっても真っ白ではない。なんとなく、茶色が薄いのである。

恐らく、最近、肉を食さないことが原因だろう。

26 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:28
あと、今日はウンコがおいしいのかどうかについても考えさせられた。

まず、結論から言っておくが、ウンコはおいしくない。

だから、諸君は真似しない方がいい。

27 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:34
あと、哲学板に書き込みをしているような奴は、みんな馬鹿だということが判明した。
これは実は意外であった。というのも、天才・チンポ太郎自身が書き込んでいるのだから、
チンポ太郎も馬鹿ということになってしまうから。

今日はこの矛盾を解くのに三時間を費やした。
結論から言っておくが、私は自分で書き込んだ記憶がない。
つまり、チンポ太郎は決して書き込みなんてしていない。
ただ、自分の肛門からニョキニョキと蔓が延びてきて、
自分のパソのキーボードを叩くことがまれにある。

それを一度つぶさに観察して見たのだが、なんと、この書き込みを
行っているではないか! 自分は驚愕して、すぐさま、冷蔵庫から
ネギを一束取ってきて、おもむろにケツにつっこんだ。

しかしネギが抜けるとまた書き出すのだ。
誰かこの肛門の悪癖を止める方法を尻ませんか? プ

28 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:36
いかんな、もうすっかりネタもさびついた。

そろそろ引退の時期かも知れない。

29 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:39
ネットが普及し始めたのがもう五年くらいまえだから、
今、ここの板にいる連中の年齢層は、25-30と見る。
新しい世代はもっと楽しい使い方を知っているから、いくら大学で哲学を
やっていてもここには来ない。

よって、君達の大半は労働者であろう?
どうだ、労働は厳しいか?
厳しいよなあ。

でもな、厳しいのはこれからです。

30 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:44
自分の仕事は一人で静かにやれるものだからいいが、諸君はどうだ。
嫌な奴が周りにいるよな? ムカつくよな?
それでウサ晴らしをここでやったりするんだが、実はそれはいかん。
そんな仕方でウサを晴らしていたら、ますますストレスが溜まる。

一番いいのは、「脳内再インストール」だ。
君は人生上の出来事を、まるでパソコンの中のファイルを扱うように
扱って構わない。で、失敗したらごみ箱に入れればいい。
大失敗したら再インストールすればいい。

だから、殺しったってかまわん。好きなようにせよ。


31 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:46
今日はもうエロ動画を落としすぎた。

なので帰る。

余談だが、俺はモテない女より、モテない男の方が好きだ。


32 :チンポ太郎 ◆zh1F2ePgb2 :04/08/19 14:48
それから、腹が減った。

給料を上げてほしい。本が買えない。食費優先。

図書館で本を借りるが、いいのがない。


33 :(-_-)さん:04/08/19 18:33
ひきこもりだけどいきている いきているのだろう



だろうか

34 :考える名無しさん:04/08/22 04:59
今日気が付いた事
人が死んでも魂が残るとかんがえるなら死は身体にのみ関係した概念である
と言う事になる。と言う事は脳死は人の死ではなくなる。

35 :考える名無しさん:04/08/22 05:14
どうでもいいのだから、どうでもいいことすらどうでもいいのだ。

36 :考える名無しさん:04/10/19 01:22:29
毎日だらだらと非生産的な日常を送って貴重な人生の残り時間を潰してます

37 :考える名無しさん:04/10/19 01:25:13
哲学は単純に考えすぎるので、カバーできないものが多すぎる。
ミクロ哲学はないのだろうか。

38 :考える名無しさん:04/10/19 04:43:06
教師ってのは何処行っても、
屑ヤロウばかりだな。

39 :考える名無しさん:04/10/19 04:53:49
人生とは、死ぬまでの暇つぶしだな

40 :考える名無しさん:04/10/19 05:38:51
>>39
他人の暇つぶしにも、少しは貢献してください。

41 :考える名無しさん:04/10/19 05:42:21
>>34
身体=臓器が死んだら、脳は死にます。

42 :考える名無しさん:04/10/20 02:29:19
台風ヤバイで誰か新スレたてて。

43 :考える名無しさん:04/10/20 03:27:19
直撃して死亡!

44 :考える名無しさん:04/11/05 16:19:16
香田ヤバイで誰か新スレたてて。

45 :考える名無しさん:04/11/09 23:29:39
やめろボケ。

46 :考える名無しさん:04/11/16 21:06:55
もうすご今年も終わりですよ藻前ら。

47 :考える名無しさん:04/11/29 18:05:27
ボランティア活動は立派な事だ。
しかし、ボランティアさん個人をみると、
人を利用するだけの人とか仲間をイジメる人までいる。
人間は個人単位では非常にわがままだと実感。

48 :考える名無しさん:04/11/29 19:44:32
哲学は前菜だ。

49 :Tar ◆SQIDAUQYpc :04/11/30 11:58:25
2ちゃんねるに於ける殺伐とは黙して教えあうことである。
対して一般社会に於けるそれはなすり付けあうことである。

50 :考える名無しさん :04/11/30 14:08:45
掲示板の向こうにいる人たちとの一体感は俺の思い過ごしのようだ。

51 :考える名無しさん:04/11/30 17:42:52
自分の書き込みにレスがつくのはものすごくうざい。
だから最近あまり書かない。このスレなら大丈夫そうだな。


52 :考える名無しさん:04/11/30 20:36:33
2ちゃむねるやってて一つ気づいた事なんだけど
ことばとか、文章って一見単純そうに見えても
実はもの凄い情報が圧縮されてるんだなー、と思った(逆もまた然り)


53 :考える名無しさん:04/11/30 20:43:43
筆の傷は永遠に残るよ。
言葉を選んで。

54 :考える名無しさん:04/12/01 01:18:18
不平等が平等に与えられてるから、人類皆平等

55 :考える名無しさん:04/12/01 01:38:37

全員ダメー
おめーら全然ダメだす

56 :考える名無しさん:04/12/01 01:39:47
はらへったぞ、空腹中枢にインパルスが!

57 :考える名無しさん:04/12/01 01:42:28

やっぱキチガイだし

58 :考える名無しさん:04/12/01 01:44:02
こっちもあるでつよププププw

とか書いてるのはキチガイ

59 :考える名無しさん:04/12/01 01:45:12
mattakumottepupupudetuyo

とか書いてるのもキチガイ

60 :考える名無しさん:04/12/01 01:46:51
なにを考えても気違いです。
なにも考えなくても気違いです。
なにをやっても気違いです。
なにもしなくても気違いです。
つまり、
なんでも気違いです。
わかりますか?


61 :考える名無しさん:04/12/01 01:47:34

わかるわけねーだろ
キチガイ

62 :考える名無しさん:04/12/01 04:19:15
基地外の巣窟とは即ち(ry

63 :考える名無しさん :04/12/01 16:41:46
分かったと思い込んでしまう錯覚があるのなら、
分からないと思い込んでしまう錯覚もあるはず。
分かっているのか分かっていないのかが分からない。
どうしよう。

64 :考える名無しさん:04/12/01 16:57:01
山賊と海賊はどっちのほうがつよいんだろうか

65 :考える名無しさん:04/12/01 19:50:34
芸術家の観点から言わせてもらえば
精神分析は確かに
素材を破壊しちゃうんです・・
でも時には必要にもなるんですよ
わかんない

66 :考える名無しさん:04/12/02 05:34:58
トイレに行く、風呂に入る、ひたすら歩くなどの
日常的な行動に束縛されてる時のほうが
ひたすら悩んだりしている時よりもいいアイデアがひらめきやすい気がする。

67 :考える名無しさん :04/12/03 23:15:44
生きていることを実感した時に、恐怖を感じた。
奇妙な感覚だった。

68 :考える名無しさん :04/12/14 06:33:57
僕が意思したから僕の右手が上がったのか、
僕の右手が上がったから僕が意思したのか、
先生が命令したから僕の右手が上がったのか、

69 :考える名無しさん :04/12/14 06:53:01
静かな場所で目を閉じ座禅を組む、
雑念が発生する、
この雑念はなぜ発生したのか、
慣性の法則では説明できない、
外部からの刺激がない、
他から力が加わらない、
座禅をしているのにぃ、
意識はどうして芽生えるの、
無から意識が生まれるの、


70 :考える名無しさん :04/12/14 07:17:59
いつの日か、
コンピューターも、
今の僕と同じように、
自分の意識について、
考える時が来るのかな?

71 :考える名無しさん:05/01/02 21:25:57
年々、正月の風情が失われていくことはじつに淋しいことである。

72 :考える名無しさん:05/01/31 13:34:14
考えごとにはBTRON

73 :考える名無しさん:05/01/31 13:51:35
人類の歴史は左傾化の歴史なのに
右翼が力を持つ事実
誰かが、すごい力で人類を左に引っ張っている
たぶん、理化研の人だと思う
それぞれの時代、場所で、産業のドンが世の中を牛耳っているように見えても
実はその人達は、その時代で生きる事しか出来ない
時代を創る事は出来ないんだ
人は楽したい、楽は物質文明が産む、物質文明は理化研が産む
理化研という名の大きな恒星の周りを、産業という名の巨大惑星が回っている
その周りに労働者という名の小さな衛星が

74 :考える名無しさん:05/01/31 13:54:11
↑真性デムパなのか? 唐突な「理化研」の登場が怖い。

75 :考える名無しさん:05/01/31 14:07:03
理化研を何と見るか
ヨーロッパの理化研、原始時代の理化研、
猿が立ったときに、理化研は創設されたんだよ

76 :考える名無しさん:05/01/31 14:14:30
人類を動かしているのは
理化研と奥田顕とマルクスとメッテルニッヒ
そして客席の観衆
奥田顕が世界を取り仕切り、マルクスとメッテルニッヒはピーピーとさえずり
それを観衆が眺めている
監督、脚本は理化研

77 :考える名無しさん:05/01/31 14:18:10
試験が終わったんで暴走中の電波があちこちに出没中??

78 :考える名無しさん:05/01/31 14:21:48
理化研を牛耳っているのは誰なんだ?

79 :考える名無しさん:05/01/31 14:27:11
産業や政治を牛耳っているのはエリートであり、奥田顕だ
理化研を牛耳っているのは誰だと思う
アインシュタインだよ

80 :考える名無しさん:05/01/31 14:29:11
産業の力や政治思想で世の中が動いてるのではなく
理化研の創った世界で、政治や産業が動かされているのだ

81 :考える名無しさん:05/01/31 14:31:06
地震、雷、火事、理化研
一に理化研、ニに理化研、三四が無くて、五に産業

82 :考える名無しさん:05/01/31 14:49:02
スフィア(球体)を、全方向から同じ力で内側に引っ張り込むと、どういう形になる?

絵に描くこともできない
人間には想像することさえも出来ないね

83 :考える名無しさん:05/01/31 15:00:27
球がどこも同質なら球だろ。

84 :考える名無しさん:05/01/31 15:50:59
内側に”引っ張り込む”んだよ
小さくするんじゃないよ

85 :考える名無しさん:05/01/31 16:15:34
だから球でしょ?

86 :考える名無しさん:05/01/31 16:17:19
ツッコミは禁止でつよ!

87 :考える名無しさん:05/01/31 16:18:29
>全方向から同じ力で内側に引っ張り込む
力は、球面上のどの点に作用してるんだい?


88 :考える名無しさん:05/01/31 17:34:30
球体じゃなくても内側に引っ張り込まれた形なんて想像できるわきゃないよ

89 :考える名無しさん:05/01/31 21:17:03
考えごとにはBTRON

90 :考える名無しさん:05/01/31 22:19:31
いつも思う事なのだがなぜ俺は他者の目を気にするのか?

俺だけか?いや、決してそんなはずはない。現に今日目が合った女の子は
はっと目をそらしたじゃないか!

俺は物を見るときそれを無意識に対象化する。その際その事について何の気にも留めない。
しかし他者を見るときだけは違う、なぜなら他者は唯一俺自身を対象化するからだ!
他者による自分の対象化が怖いのだ、自分に自信がないからだろうか?
それもあるだろうが、もっと精神の深い部分の理由があると思う。
どうして俺はこんなに他者の目が気になるのだろうか?

91 :考える名無しさん:05/02/08 19:34:12
頭の中は真っ白。腹の中は真っ黒。
善行は裏目に出る。悪行は表沙汰になる。orz


92 :考える名無しさん:05/02/09 23:00:56
最初に、全ての可能性の重ね合わせの状態があった。
それは混沌であり、全ての可能性を考慮可能な究極の知性であり、すなわちそれは神であった。
神は、あらゆる可能性の中から最も素晴らしい一つを選んだ。
かくして「光」が定義されたのである。

93 :考える名無しさん:05/02/09 23:04:12
それは初めから最高のものがそれ以外に用意されてるから、周囲は幸せになっても、
本人は屈辱を感じてお終いでしょう。まあ、その時というのは大事だわな。

94 :考える名無しさん:05/02/10 03:25:31
精神とは一体何か
物理的な脳が構成した通常目に見えぬ量子単位の電子の活動とも
生物に等しく存在する崇高な非物質とも云われる
その定義は人それぞれであるが科学的には前者だろう

もし非物質であるのならそれは存在しえない
なぜなら世界にある全ての事象に物質は存在するからだ
それが通常目に見えないだけであって量子単位で物質は存在している
空気も何もない宇宙空間でさえ宇宙線と呼ばれる物が存在し構成している

だが、精神が人に、生物に科学的に存在するとするならば
それは全ての物質に言える事である。それが物質として存在する限り
世界そのものに流れとも言える運動、が起きてエネルギーが発生している以上
それは宇宙という大きな存在を構成する物質であり地球、果ては宇宙そのものが
膨大な質量とエネルギーを持つ生命体である、という事を示している

我々が普段考えている精神活動とは個々の持つ意志であると同時に
宇宙という存在の数多ある意志の一つであり、宇宙の記憶の欠片である

95 :考える名無しさん:05/02/10 03:34:21
ソーレ パーイパイパイオパーイパイパイパイポイ パイポイポパイ
パーイパイポイパーイ パイポイハイポイパイポイ パーヤパーヤパイポイ

今日講義中思い付いた。

96 :↓この文章の出所を教えて:05/02/10 03:46:44
 死は生存の終りであり、地上における生の中断である。死後生についての意識が
現実逃避的に見えるのは、その生が、生存への執着を限界付けられる程の強度を
伴っていないからである。地上における生に逃避的ではないことが、必ずしも死後
生を否定すべき理由にはならない。世の人が死後生を否定したがるのは、むしろ、
それが生存に対する盲目的な要求に安住するのに妨げとなるからである。地上の時を
強い精神性において生きた者は、死後生を考えるについても同じ態度を取る。その
ような人物にとって、来世についての知識が地上世界に関するそれに比べて著しく
乏しいように見えることは、死後生を信じることにおいて決定的な障害にはならない。
地上世界に関する我々の持つ緒々の知識は、我々の地上における生の不確実さに対して、
考えられる程には貢献しない。むしろ、人は知恵が多ければ悩みが多く、知識を増す
者は憂いを増すからである(伝導之書)。人間性の根幹に関わる問題は、相変わら
ず実証主義的な確実性の埒外にある。これは石器時代から少しも変わらない人間の
真実である。
 世界とは、「その場」において過去から未来に渡って起きることの全てである。
あることが事実であるということは、それを我々が事実であると確かめることが
できるか否かとは関係がないし、何らかの事実として我々がそれを知り得るか
どうかにすら関係がない。目は見ることに飽きることがなく、耳は聞くことに
満足することがない。世の人々の知ることに対する欲望は飽きることがなく、
知らないことに対する不安は眠ることがない。しかし、全能なる神の天上と
地上における一切を知ることを知る者には全てを知る必要はない。
 敵を愛し、迫害する者らのために祈れ。たとえそれが敵であっても、他人の
不幸を喜んだり笑ったりしてはいけない。敵対勢力との間に生じる緊張関係に
依存した連帯意識によって成立する社会は、敵を滅ぼし平和を手にした瞬間に
崩壊が始まる。

97 :考える名無しさん:05/02/10 06:22:22
1足す1は3か?はたまた・・・7か?
うーーーん2か?

2?
そうか2だ!!!!




凄い発見だ!!!!!

98 :考える名無しさん:05/02/10 19:31:28
今日思いついたこと。
それは

どんな偉大な考えも
『どーでもいい』の一言で
空虚になる、ということ。

99 :考える名無しさん :05/02/10 22:54:11
いまだ知を知らず。いずくんぞ忘を知らん。

100 :考える名無しさん:05/02/11 00:09:45
お前が孤独を嫌うのなら、私は孤独を愛そう!お前が闇を嫌うのなら、私は闇を愛そう!私はその様に生まれてきたのだ!

101 :考える名無しさん:05/02/11 00:31:37
神は死んだ

102 :考える名無しさん:05/02/11 00:37:19
神・リターン

103 :考える名無しさん:05/02/11 00:43:14
ゴット! 神がブッタ! ム・ムハメンド・ドウスルツモリダ!
ご飯粒つくも髪はホットケ、一遍情人へ伝るからな。

104 :考える名無しさん:05/02/11 00:45:45
生ハム煮たらハム煮だ

105 :考える名無しさん:05/02/11 00:53:08
音楽散漫なら皿はわったんか

106 :考える名無しさん:05/02/11 01:03:02
童が守る、童を守る、という事がこの語の結合から引出す事が出来る。
或る意味、車に引かれそうな子供を助けると、童貞である、という事と
重なる部分は否定できない。

107 :考える名無しさん:05/02/11 05:16:53
世界の一切を網羅し、自分以外の誰にも知り得ないようなことを会得できる境地に行きたいと思う反面、
誰からも理解されなくなることを恐れるパラドックス

108 :考える名無しさん:05/02/11 06:10:13
大金を違法に、安全に手に入れる方法を思い付いたが
それに対し違法と思われない様税金をどう納めるかの方が難しい事に気付いた
隠し通す事が無理な事にも、一つ言っておくと実践はしていない

109 :考える名無しさん:05/02/12 14:59:40
拙者、TRON侍じゃ……。


♪私、トロ吉です。B〜TRONをお薦めします。
♪実身/仮身で小メモを貯めて、
KJ法で文章構成サクッと決めて、
サクサク文章作〜れますから超便利♪
ハイパーテキスト、コンパウンド・ドキュメント、
これが未来の、理想の環境「思考のための道具」です……

  …………、って言うじゃな〜い。

でもアンタ。普通の人は長い文書書いたりしませんから〜〜〜

 残 念 !

それにKJ法なんて一般人は 知 り ま せ ん か ら 切腹!


110 :考える名無しさん:05/02/12 21:24:51
なつかしいな
フィールドワーク
かわきたじろう

111 :111:05/02/12 22:07:37
川〜


112 :名無しさんの主張 :05/02/14 10:59:45
●立正大学文学部(哲学学科、史学科、社会学科、文学科)
統一試験〈2月・後期〉(一般入試)

本日願書出願締切日です。*当日消印有効
試験日:2/21(月) 合格発表:3/1(火)

113 :考える名無しさん:05/02/15 16:46:02
私は何も分かってない。
むしろ、分かろうとすらしていない。
だ が そ れ が い い

114 :考える名無しさん:05/02/16 22:25:55
現代は情報の時代とも言われている。
さまざまな情報がメディアを通して洪水の様に流され続けている。
情報を記録したはいいが、なんのためにその情報を集めたのかを忘れる事もあるほどである。
また、コンピュータの発達も目覚ましく一般の人にも広く使われるようにはなった。
だが依然として使えない人も多い。
迷路のようなインターフェースで目的と手段が入れ替わる本末転倒な結果もある。
流れる情報をリアルタイムに思考といっしょに記憶としてをまとめたいと思う人は少なくないだろう。
一部の人の中にはコンピュータが使えるのにも関わらず紙でアイデアをまとめる人がいる。
既存のインターフェースは余りにもコンピュータ寄りで思考を呪縛される窮屈さを感じるからだと思われる。
情報を集める目的は多々あるだろうが、自分の周りの世界をどうとらえるかを映す事にあると思う。
日常やネットに溢れる情報を記録して抽象化し関連する情報と一緒にリンクしする。
更に多面的な視点で再構築して複数の世界観を浮かび上がらせる。
情報を紙感覚でデッサンする事のできるインターフェースこそが
これからの時代に求められているのではないだろうか?
紙の特徴を分析して、さらに紙に無いハイパーリンクやコンピュータの特徴をうまく融合させる。
それがBTRONの実身仮身モデルである。
このポストイットの様なファイルシステムは三種の基本機能である文章、図形、表計算によって構成され
可能な範囲で操作性が統一されている。
それらのシンプルで自由度の高い特徴の組み合わせによって
直感的な操作で多様な表現や機能を可能にしている。
BTRONの操作はまさにハサミと糊感覚と言ってもよい。
データをハサミと糊感覚で使い回す事こそBTRONの醍醐味である。

115 :115 ◆pqpS78nrA6 :05/02/23 13:30:44
バカが多いと反面教師で哲学は発展する。→中国の諸子百家

頭がイイ人間が多いと哲学は観念論が発達する。→古代ギリシャ、ヨーロッパ
でも頭がイイ人間が多いので工業や技術も発達するのでバランスが取れる。

116 :魔OS-BT:05/02/26 17:55:54
>>115
長所は短所
弱点は強み

117 :考える名無しさん:05/03/06 17:54:35
「カント」は何処かで「キリスト教」といものが「脅威的な宗教」であると言っている。
それは、「プラトン」、「アリストテレス」、「エピクロス」、「ストア派」を
乗り越えたものとして高く評価している。
それは「人間の救済」の「保障」、「約束」として「希望」を持っていいというものである。
「フッサール」の「現象学」では、こういうものは出て来ない。
「カント」は何処かで「神が存在しないと言い切れる人」をからかっている。
「カント」にとって、「神」は「証明出来ない」から「実在しないかもしれない」し、
「実在するかもしれない」ものとしている。
「ヘーゲル」にしても「フッサール」にしても、こういう「緊張感」は消え失せてしまう。
こういう哲学者達を「カント」が知ったら、きっと「カント」は「失笑」するに違い無い。
「カント」こそ「哲学」を終わらせる道を開き、その意味では「ニーチェ」、「マルクス」、
「ヴィトゲンシュタイン」、「フロイト」と同じ地平に存在している。
「ヘーゲル」は「フィヒテ」の「カント批判」と「シェリング」とに影響され、
「別の観点」から「カント」を乗り越えた。
その「路線」から「マルクス」、「キルケゴール」、「ニーチェ」、
「フッサール」、「ハイデガー」などの「批判」が出てくる。
しかし、それは「カント」に「戻る」事ではなかった。
「カント」なら「自由の相互承認」等は勿論「否定」しないだろう。
そんなことは、言うまでもないことだから言わなかっただけだ。
それを認めた上で、「カント」は「我々人間を超越する存在」が我々の意志に、あるときは答えたり、
答えなかったり、あるときは全く非合理としか思えない事を与えたりしている可能性を捨てなかった。
それは、彼が「オカルト」だったからでは決してない。
「誰もがその可能性を捨てられようがない」ということを哲学的にぎりぎりな形で突きつけたのである。

118 :考える名無しさん:05/03/07 04:34:21
今思いついた事を書く

嗜好品を製造するために生物を犠牲にする事は
どうあっても正当化できないように思う
生物を殺さない事は所謂、不完全義務にあたるであろうが
不完全義務であるがゆえに必ずしも遵守する必要があるとは認められない
とはいうものの人類が完全を求めるものであるならば不完全義務も遵守されるべきである
嗜好品はその製造を避けようと思えば避けられるもの
現在嗜好品の製造を職業にしている人を特例として
以後の嗜好品製造のために生物を殺す事を禁ずれば
現在の労働者の職を保ったまま将来の生物達の無駄な犠牲を削減することができる。
人々は財布や靴は牛革の方がありがたいといった概念を捨て
そんなものナイロン製でいーじゃんという新たな価値観をもたねばならない

119 :考える名無しさん:05/03/07 09:36:02
↑人間は嗜好品によってのみ生きているということに気づいてない↑


120 :考える名無しさん:05/03/07 13:41:08
ナイロンを作るにあたって必要な石油採掘も、
微生物や小さな虫を殺すきっかけになっている。
牛を殺せば、牛に食われる草が多く生き延びられる。
命を奪うこと自体が避けるべき事態ではなく、
客観的価値に著しく欠ける生殺与奪が、反道徳的と見なされるのだ。

121 :考える名無しさん:05/03/07 14:19:49




糞を我慢してたら少しパンツを汚しました

今日も女の子に会うことはないから、平気です。。。




.

122 :考える名無しさん:05/03/07 15:06:14

全能だ全能!{誤爆

123 :爆発アロハシャツ:05/03/07 23:29:15
人間の思考は、ある程度高くなると自滅するような方向に進む仕組みがあるような気がする。
科学は深みを増し、複雑になってゆく。確実にほとんどの分野において哲学的問題があがっている。
医学はいち早く、自滅の前兆である大規模なモラルハザードを引き起こすと想う。


124 :芸術学生:05/03/07 23:35:43
>>123川端康成や芥川龍之介など、崇高な思考をする文豪が自殺するのは
発狂して自滅したからかもね。「嗚呼、この世は哀れなりぃぃぃ!」みたいに

125 :117:05/03/10 19:36:36
>>117(自己批判)
嘘くさっ!!
少なくとも「失笑」は訂正。
俺の方が失笑。

126 :爆発アロハシャツ:2005/03/21(月) 21:06:26
>>124
「崇高な思考をする文豪が自殺するのは」
個人の問題ではなく、人類規模の話です。

127 :考える名無しさん:2005/03/26(土) 18:50:45
単純に睡眠薬の副作用の鬱だと思う。

128 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 01:13:47
>>27
自分は驚愕して、すぐさま、冷蔵庫から
ネギを一束取ってきて、おもむろにケツにつっこんだ。

「すぐさま」「おもむろ」....「おもむろ」の意味しらねえな、こいつ。



129 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 04:40:56
睡眠薬で副作用に鬱があるのってあったっけ??

130 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 09:40:47
無いな。
バルビツールなら副作用の依存症とボケで書けなくなって鬱という可能性はある。

131 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 11:37:12
思うに最近の「漏れは鬱っぽい」と思ってるライトな鬱モドキのワカモノとかは
単に
夜遅くまで起きてて生活のリズム乱れまくりで昼間きっつい
ってのが多いと思うんだよねー。
それが癖になると当然普通の時間に寝ようと思っても寝つき悪いしね。
睡眠って気分よく生活するには大切だと思うよん。

(生活のリズムの狂いの場合は睡眠薬はあんまり効果ないけどね。)

132 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 11:38:56
ちなみに俺が知ってる限りで一つ副作用に鬱がある薬があるが
その薬は精神科の薬ではない。体の病気に使う薬。

133 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 13:19:51
ステロイドだろ

134 :考える名無しさん:2005/03/27(日) 20:23:21
べつの

135 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 21:27:23
なんで牛乳2gも飲んだんだよ?

136 :ローカルルール審議中:2005/04/13(水) 22:30:54
メンヘル板から1段はい上がってここに来た。
去年の12月から4ヵ月。長かった。ようやく自分と向き合う覚悟ができたよ。

哲学を究めようとまでは思わない。
だけどエロイ人の考えを知ることは悪いことではないと思う。
あんまりいいレス書けないだろうけど、よろしく。しばらくいるよ。

137 :ローカルルール審議中:2005/04/14(木) 11:08:13
漏れは、2チャンを1つの勉強の場と考えている。ニュース議論板等で、議論する。
実社会で失敗すると痛い目に合い、立ち直れなく可能性が有るが、2チャンでは直ぐに失敗を修正できる。
それと最近思うのだが、マスコミ関係者とか世の中の動向を仕事としてる人は
参考の為、2チャンを見てると思う。割と2チャンは世の中の最先端を行ってる様な気がしてる。

138 :ローカルルール審議中:2005/04/19(火) 09:49:33
>>137
あふぉ
もっと視野を拡げなさい、ぼっちゃん。

139 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 02:55:26
すべての生命に与えられた使命(生きる意味)は宇宙を無にかえすことなんじゃないだろうか?
生命の最終的な目標は宇宙を無に還すことなんじゃないだろうか?

140 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 03:03:07
あらゆる生命に宇宙を無にかえす力はない。

141 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 03:48:29
>139
それはいきすぎてるな。ついていけない。


142 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 14:42:10
生命の目的は宇宙を無に還す訳では無く
宇宙の記憶が無に還って
行くだけではないだろうか?

143 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 15:46:57
>>141
いや、>>139はわりといいとこ突いてると思う。
宇宙は膨張と収縮を繰り返すって説がたしか学界では強いらしいけど、
あとはこれとどうフィットさせるかだよね。

144 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 16:50:15
耳の治療って他の部位に比べて、遅れてるよな。

145 :ローカルルール審議中:2005/04/24(日) 16:58:12
バイトしなかったらヒマなだけでは?

146 :考える名無しさん:2005/05/10(火) 08:39:15
        _____
    「` ̄_ageてやる ``¬
   <ー{ 「 , '´  ヾー- 、  ,{
   r三r'l ,′ .  l_   !   l !
   r'ニ-' {| (・)7r(・)ヒ}  h  ' !
      `'、 〈ノ ,イ′ // / i
        ':Tオ/ l_// / /
        _,. -|`T゛ レ'/ //ノ}
 r一'ニ二_´`==r'´   { l l,ィ′
 L| r' ,´L`ー 、 !  oノ//i′
  Y| l |フlo ̄´_ノ__ ///リ′
  レヘK、_`ニ´   ―一'/
     ト、 〉r::、_`こブ′
     { | l::/ __|  /
     j 「∪  | イ
    _{ 「`T 7´ j′
/ヽヘ|`ー- 、_´_ト、
     ̄`ヽr‐--一'7
       ヽ=== {
        \ ∠

147 :考える名無しさん:2005/05/10(火) 08:49:59
結局哲学とはまじでなんでもではないだろうか?

148 :考える名無しさん :2005/05/16(月) 22:44:05
理屈じゃないのよ人生わ

149 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 00:24:20
少しは日光浴びろよ貴様等

150 :考える名無しさん :2005/05/17(火) 01:05:03
他人とは、自己から類推された第二の自我にすぎない


151 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2005/05/17(火) 06:06:07
めくりはくぐってアッパー昇竜

152 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 08:22:36
神様以外は作り物


153 :考える名無しさん:2005/05/17(火) 22:40:38
神の慶次

154 :考える名無しさん :2005/05/18(水) 15:17:14
僕の頭の中でおきる出来事が現実になる

155 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 22:37:08
からっぽ



156 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 23:41:11
「意識の有毒性」が世界を変える

157 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 00:00:55
労働する人間は他人を労働させないために働いている。

158 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 00:16:30
人の行動は全てその人の中にある欲求に基づくものであり、それゆえ究極的には人は皆利己的である。
人と人とがうまくいくというのは双方の利害が幸福にも一致したということであり、
うまくいかないということは不幸にも一致しなかったということである。

159 :考える名無しさん:2005/05/20(金) 00:18:44
人は絶対に信じられるものを欲する。

160 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 11:26:10
テレビでそのスジの専門家らしき人がしゃべる内容というのが
アメリカ人評論家が雑誌や新聞で最近吐いたばかりの意見
ということがよくある。
つまり日本では専門家と素人の違いは
英語が読めるか読めないかのちがいにすぎないことが
まれならずある。


161 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 12:15:25
あらゆる矛盾した命題を、とりあえず矛盾したまま推論していくことは、有用である。
私の存在を疑っている間、私の行動について思考できないということはない。
運命の存在を肯定している間、創造が無意味となるということはない。なぜなら、
根本となる前提の不確かさは末梢にまで波及し、矛盾する結論は重ね合わせの
状態のまま、厳然と有意義に利用できるからである。あらゆる常識と信仰についても
またそのように考えるのであれば、世界が半透明の実体の重なりであることが
理解できるだろう。


162 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 12:41:07
    __      _____  r―‐┐┌――┐         _     厂|       __厂|__
  / ∠___,  |______ | /_/7 /  7 厂| | く\     ||      | |       |__  __|
  l   ___  |         | | _/ 〈_ L/ [_|   ヽ」┌─┘└─┐  | |    _ |__  __|
  | |___| | ____| | | 口 口 | /Z_冂_ 〈\.└─┐┌┐│  | ヽ__/ | /┌┐ _ \
  l   ___  | |         | | 口 口 l〈_,r┐┌┘ \/__| L_」 |_ \__/ ヽ、二__ノ  ヽ/
  | |___| | | | ̄ ̄ ̄ ̄ |┌ー┐|┌ ┘└┐   |__  ___|  厂|      _厂|__
  l   ___  | | |         ||   ||└ ┐┌┘  / 〉   / \      | |    └┐┌─┘
  | |___| | | ヽ____/| ||   ||   | |   / /  //\ \__  | |_,ノ|    | | l二二l
  l______| ヽ_____ノ |.」   [__|   |_.」  く_/ く_/   \_ノ  ヽ__/   ∠_/ l二二

163 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 12:54:25
社会とは力への意思のバランス感覚から成り立つ

164 :考える名無しさん:2005/05/21(土) 19:02:27
何も思いつかねえ

165 :考える名無しさん:2005/05/27(金) 23:12:34
先手:突き指

・・・・・「参りました」

166 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 02:59:58
べき論がうざい。なーんでお前如きに主義を押し付けられなきゃなんねーんだよと思っちゃう。

167 :考える名無しさん :2005/05/28(土) 03:10:29
ベッキーちゃんを応援するべき!

168 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 03:17:13
>>167はクソしてコイてねるべき

169 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 07:58:29
ちょっと声をかければ抱かせてくれそうな女が周りにたくさんいるというのに
ぜんぜん手を出さない俺は天使だろうか

170 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 08:36:23
フランケンが屁をふった
もうふらんけん

171 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 19:19:24
人生はゲーム
死んだらゲームオバー
やりなおしたかったら
あかんぼから顔の設定を始める
ゲームスタート

172 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 20:49:50
テレビが下らない、特に民放各局。フジを筆頭に
くだらなんさ差過ぎる。だれか、あのテレビ局を
消去してくれ、頼む。


173 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 20:55:18
民放見なけりゃいいんよ
ケーブルテレビで好きな番組だけ見てりゃいいんよ

174 :172:2005/05/28(土) 21:07:58
>>173
多分今後はそうなるな。ウザイCMもないしな。


175 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 21:14:03
CMなんて三巡くらいで終わるでしょ

176 :考える名無しさん:2005/05/28(土) 21:19:23
1Qサブリだけは残してくれ

177 :考える名無しさん :2005/05/28(土) 22:27:45
「人生は一度切りだから」を誤って解釈している人が意外と多いことに気がついた

178 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 00:50:28
>>172
ホント。下らん番組ばっかり。

179 :考える名無しさん :2005/05/29(日) 00:56:13
>>178
テレビ見杉

180 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 01:28:58
>>179
NHKはいいね。今放映してるコメディードラマイイ。

181 :考える名無しさん :2005/05/29(日) 02:07:40
NHKの「プロジェクトX」にはがっかりしました

182 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 07:45:22
野球と相撲ばかりNHKBSをなんとかして

183 :考える名無しさん :2005/05/29(日) 10:56:47
思い付きで言うんじゃないけど
僕の経験上、心と体は別物と考えていいと思います

184 :考える名無しさん:2005/05/29(日) 23:05:11
下半身は正直である?

185 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 15:50:49
>心と体は別物
それはちがう
心と体はひとつのものだ

心ときみが別物なのだ

きみはきみの心をどうすることもできない

186 :考える名無しさん :2005/06/05(日) 20:50:25
「あいつは俺のことを理解してくれていない」
「あの人が何を考えているのか分からない」
・・・・などと言ってる人は、
人と人は理解し合えないという基本原則を
忘れているんじゃないだろうか。

187 :マジかよ!?:2005/06/10(金) 18:38:49
228 :本当にあった怖い名無し :2005/06/08(水) 23:02:25 ID:WmR8+v7V0
広島県って凄いな。

「ひな祭りの禁止=ひな壇が身分制度の表れ、女の子に過剰な日本的美意識を強制」
「節分豆まきの禁止=太平洋戦争、鬼畜米兵を思わせる。鬼にも人権がある」
「クリスマスの禁止=特定宗教を祝うのはおかしい」
「徒競走の禁止=1,2番は良いが後方の子供の心に痛み」
「リレーの禁止=選手になりたくてもなれない子供の痛みを考えて」
「すいか割りの禁止=「盲人差別に繋がる」
「ピノキオ=障害者への差別的イメージ」
「おおかみと七匹の子やぎ=オオカミのお腹に石を詰めるのはオオカミがかわいそう。みんな仲良くという教育目標に外れている」
「物持ちの子供=お前の親はブルジョアだ」・・と先生が批判。

出典元…『広島の公教育はなぜ崩壊したか』




188 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 19:05:42
本当に楽しい人生を送ろうとしているなら、筋肉の強化は不可欠だ。


189 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 19:25:41
筋肉の強化は自己自身の強化であり
主体性の強化を目指す心の現われと言える
これは自身の心を自身で支えるリベラルへの憧れでもある。

190 :考える名無しさん:2005/06/10(金) 22:23:00
「俺達はまだやりたいんだ!!!」
彼らは確かにそう言った。
「いや、駄目だ。お前達はもう解散せねばならない」


191 :考える名無しさん:2005/06/22(水) 09:06:24
>>185
いいレスだ。

ただ、
>きみはきみの心をどうすることもできない
は、
きみはきみの心のすべてをきみのおもうとおりにできない

の方が妥当ではないかな?

192 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 00:23:55
今日思ったこと。
ネガティヴな思考・感情は、次から次へと好ましくない現実を引き寄せる。(証明はできない)
まず、Aという人間とBという人間が初めて出会ったとする。
AもBも「この人はこうだ」という決め付けはまだ起きていない。
Aは比較的社交的だが、Bは自閉的であるとする。
徐々にAはBが自閉的であることが判ってゆく。BはそのAの様子を見て
「やばい、どうしよう」などと思う。
Aはしばらくは、自閉と知りつつも寛容であるが、そのうち、そうとううんざりし、
それが、見た目からも判るようになる。Bはその変化を見て「いよいよ、やばい、どうしよう」
などと思う。
一つ目の考えられる原因:Aの外見上の、振る舞いに特に変わった点がないのに、
            Bが「Aはいずれ知るだろう」などと考え鬱に。
二つ目の考えられる原因:予期とは関係なく、トラウマによって鬱に。
三つ目の考えられる原因:Aの外見上の、振る舞いをBが見てBが鬱に。
四つ目の考えられる原因:Bのマイナス思考がAの精神に遠隔的に作用を及ぼし、Aの考え、感情が、
            A独自のものでは実はなく、遠隔的にBがAに、ある程度そのように考えさせ、感じさせている。
            逆に、Aの思考が、Bの精神に遠隔的に作用を及ぼし、Bの考え、感情が、
            B独自のものでは実はなく、遠隔的にAがBに、ある程度そのように考えさせ、感じさせている。
            マイナス思考の場合、その集中力は甚大なものであるため、「これが私である」「それがあなたである」という
            「固定」のイメージは強力なものになる。この時、それが当たり前であるかのような「現実」までが引き寄せられる
            ということはないか。

193 :考える名無しさん :2005/07/06(水) 13:25:32
変わるものは何もない。ただ現象が変わるだけ。

194 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 22:45:41
検索サイトで何万件とHITしたら最後のページまで行くのは大変だから
最後のページをいきなり見れるボタンがあれば良くないですか!?

195 :今日の一言:2005/08/13(土) 20:15:15
いかなる意味においても、人の一生ははかないものだがそれは君が悪いものだからではない。
どのように思い考えたとしても、それは常に勇ましい武人の重い一言に過ぎないから、汎用性は
ない。意味づけは如何様にでもできようが、問題はそんなところにあるわけではない。
路傍の石に座って、ひとり思い悩んだとしても、それは、それ以上でもそれ以下でもなく、君が
思い悩んだその像が君の目の前に立ち現れるだけだ。
ならば、諸君よ。この現実をどうするのだ?大事な事は不可知の彼方に自己を慮ってはいても
それは結局のところは、そういう現実を自分が作り出している張本人である事を一生かけて悟る事になるだけだ。
尤も気付く事ができればの話だが。
だから、どうするのだ?諸君。答えてみてくれたまえ。


196 :くろしろー ◆rJrN8dAq0M :2005/08/13(土) 20:21:14
俺ってダンボール会社辞めるかもしれない。案内いとこ無いのに。

197 :考える名無しさん :2005/08/13(土) 21:31:01
(どうやら)思考は現実化する(ようです)

198 :今日の一言:2005/08/13(土) 22:14:36
ナポレオンヒルの過ちは、目標を定める方法を軽視したことだ。
人生に哲学は必要ではないが、何ものかを見失う事もまた必要な事ではない。

199 :Limahl ◆SxAKrzWJr. :2005/08/14(日) 01:18:28
既出だったらでしゃばってスマソです。
全能の神が存在しないことの論理的証明ってあるみたいですね。

「神様! 絶対に動かない石を出してください」
神が動かない石を出す。
「神様! 次にこの石を動かしてください」
神…

でも、神が動かない石を除いた全空間を動かした場合はどうなるんでしょう?
「神様! 私は石を動かしてくださいと言ったんですよ」
どんな返事をするんでしょうねぇ???

200 :考える名無しさん:2005/08/31(水) 13:26:20
恋愛は売春だ
ただし、身体だけではなく心まで売買対象になる

201 :考える名無しさん:2005/09/12(月) 23:33:33
みなさんにお伺いしたいことがあります。

「甘い」「辛い」「すっぱい」「苦い」
などの感覚は何となくつかみどころがあるのですが、
「おいしい」「まずい」
は一体どこから来るのでしょうか?

「痛い」「かゆい」「つめたい」
などの感覚は分かる。
でも、「気持ちいい」って何なのでしょうか?

202 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 10:18:15
>>20
>「おいしい」「まずい」
阿藤快

>「気持ちいい」
北島康介

203 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 14:08:24
あるところに『物凄く運の悪い男』がいる。
本人もまわりもその人は『運が悪い』と思っている。
そして今日もその男は『ついてない一日』だった。


これは本当に『その男の運のなさ』に起因するのか。
それとも本人もまわりも『あの人は運が悪い』という思い込みをしているため『よいこと』をみえにくくしているのか。
はたまた『運が悪い』ということをどこかで保とうとして、無意識に『よいこと』を目からそらしたり気付かなかったりして悪いことを選んでしまっているのか。

204 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 14:52:21
対象を持たない考え方に慣らされると、自分が含まれないのだから、
望ましいことなんだとは判らないだろうね、そういう考え方の人達に
囲まれる人は運が悪くなるかもしれないね。

205 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 17:46:33
結論、腹が減ったから飯を食う。

206 :考える名無しさん:2005/09/13(火) 19:08:27
満腹中枢なんてはなしもある

207 :丸血:2005/09/15(木) 11:31:59
ヨーロッパでバカにされきっていたユダヤ人が
名誉回復のためにアメリカで必死になって映画を大量生産した。
アメリカ映画はユダヤ人の名誉回復運動である。
初期のアメリカ映画は、ヨーロッパでの暗い過去を
うらんでつくったウラミ節だといってもよい。
いまだに、スピルバーグというユダヤ人が映画界の頂点にいる。
ユダヤ系にありがちな顔の濃い男を二枚目として定着したのも
ユダヤ人のしわざである。
女については、金髪碧眼を美女としているのが笑える。
ユダヤ人がアメリカ映画を立ち上げたと言っても、
彼らが男であることは争えない。
アメリカ映画でドイツとドイツ兵があれほど
バカにされる理由もいまや明白であろう。

ユダヤ的な外貌をナチによってさんざんおとしめられたので、
ユダヤ人は、アメリカ大陸という新天地で、
ユダヤ的な男前の代表を大量に映画のスクリーンに
うつし出す必要性を感じていた。
つまり、ナチに殺された600万にのぼるユダヤ人の命を
アメリカ大陸で取り戻し、さらには取り戻す以上のことを
しようという作戦であった。
いまでは、男は黒髪がいいわというアメリカ女がたいへん多い。
ユダヤ人の陰謀は、ここでは大成功している。


208 :考える名無しさん:2005/09/15(木) 22:37:09
能天気刹那的近視眼的楽観非本質的無私被流社会之皮相無意識主義


209 :考える名無しさん:2005/09/16(金) 20:32:25
江戸時代の朝顔の飼育家らは
メンデルの法則を知っているとしかおもえない方法で
朝顔の交配をやっていた。メンデルよりもかなり早い時代に
メンデルの法則を知っていたことになる。
ダーウィンの進化論にしても、メンデルの法則にしても
頭のいいやつらはもうとっくの昔に気づいていたようである。
ただ黙っていただけだ。おまえらには教えてあげないといった態度。
どうせ馬鹿にはわからんだろう、という態度。
かくして、一流の人間は歴史に名を残さず、われわれに名を知られている
学者たちは、かえって、三流の人物たちであったりする。


210 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 11:42:26
人間は頭が良すぎる


211 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 13:21:52
>>209
個々のノウハウを文書(定式)化できなかっただけでひょ。
欧米の研究機関では、論文を書かないテクニシャンは明らかに格下に扱われるw

212 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 14:08:28
女が欲しい

213 :考える名無しさん:2005/09/27(火) 15:02:02
掲示板という仕組みは、
むかし、駅にあった伝言板を思い出させる

214 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 11:58:04
人間の行動のうち、99.9999%は無意味な行動である。
人間は、気分や思いつきで行動するが故に、無意味な行動をする。
行動理由を考えるために資料を集めると、無意味な資料でいっぱいになる。
よって、無意味な行動について、理由を考えるのは馬鹿げたことだ。
だが、無意味であると考えると、これまで理由を考えてきたことが無駄になる。
無意味ではなかったと、無理やり理由を付け、自分を慰めるのである。
それが哲学というものである。
あなたが、今現在している行動は、果たして意味があるのだろうか。
突き詰めれば、無意味に行き当たる。
だが、無意味を受け入れ難いがため、理由をこじつける。
人生、生きることが哲学なのである。

215 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 15:20:45
小泉総理の子どもの日の心の中にいる青春の幻影

216 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 03:17:40
会社の人事部の香具師らの精神論に飽き飽き。似非哲学を語るなての。
玉金

217 :考える名無しさん:2005/09/30(金) 04:17:41
   ∠゙⌒"フ
   / ‘(・・)
   / (@ν@)
  i(ノ   !つ
 〜゙、___ノ
   ∪∪


218 :考える名無しさん:2005/11/10(木) 21:17:40
人間の非力さについて

219 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 21:20:39
何故ばあちゃんの料理はうまいのか(´・ω・`)

220 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 22:01:40
やたら「欧米では」とか言うヤツって何なんだろう

221 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 22:03:59
人生は遊びのようなものである。
頼みもしないのに、自ら悲しみ、喜び、思案するからである。
ならば、人生は楽しみに他ならないのではないだろうか。

222 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 22:53:12
くるまの好みは人それぞれ

223 :考える名無しさん:2005/11/24(木) 23:28:02
近所の薬局に行ったら「日清 麺職人 鶏ガラしょうゆ味」がバカ売れしていた。昨日オンエアされたフジテレビ某ウンチク投稿番組の影響だろうと考えられる。公共の電波をナメてはならない。

224 :考える名無しさん :2005/11/24(木) 23:29:38
ナメナメクジクジ!ナメクジクジ!

225 :考える名無しさん:2005/11/25(金) 22:57:42
人って死んだらまた同じ人生の最初に戻って同じ人生繰り返すんじゃなかろうか。
もしそうだとしたら今のこの人生って何回目なんだろう。
これから先の全ての出来事って全部決まってることなんじゃないだろうか。


まぁいいやかっぱえびせん旨いし。

226 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 22:54:25
そうゆう話の展開好きよ

227 :考える名無しさん:2005/12/09(金) 19:09:10
どこかで人に甘えているから孤独を感じる

228 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:34:04
哲学を極めていくことでこの世の真理が示されるとすれば、
または文章で真理が表現され得るとするならば、コンピューターで
ランダムに文字を打たせておいておけば、何万年、何億年後には
答えが出ているのではないだろうか。

229 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:35:38
世界中の木が無くなる。
真理を書くので精々の木があるだけなんだ。

230 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/23(金) 17:39:10
お笑い芸人っていうのは例えて言うならシェフだね。
普段我々は家庭料理で満足しているわけよ。
これは友達との会話や日常におけるハプニングね。
それはそれで面白い。
ただし一流シェフの料理を味わってみたいのが人間。
それが我々がお笑い芸人の芸を求める理由だろうね。

231 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:50:15
2ちゃんねるは、どんな話でも聞いてくれるお母さんだと思うが、
どうよ? 2ちゃん依存症はお母さんへの甘えの代償じゃないか、どうよ?
お母さん!

232 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:54:36
今「生きてる」と思うと辛いけど「死んでる」と思うと楽。

233 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:58:25
232は普段から緊張しやすい交感神経興奮タイプ

234 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 17:59:01
そうかも

235 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/23(金) 18:42:06
2ちゃんねるは、匿名性のもとに発言をしたいという凡人の巣窟。

236 :考える名無しさん:2005/12/23(金) 23:53:01
いいかげん「もし〜ならば」はやめないか。
このせいで、いつも問題がややこしくなる。

もし、「もし〜ならば」がなかったとしたら、より直接的な
議論ができるであろう。

237 :ぽっくん ◆5m18GD4M5g :2005/12/24(土) 01:34:12
もし私が世界の王様ならば世界から戦争と貧困をなくすであろう

238 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 02:09:43
>>237
パックスぼかーな

239 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 02:11:41
パックスぼっくゎ〜な 発音近いと思うな

240 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 07:37:46
不満を抱えたまま生きていく必然性がわからない。
例えば、自分の満たされない性欲について考えた時、
究極的には自殺かレイプかの選択肢しかないように思う。

241 :考える名無しさん:2005/12/24(土) 08:02:37
30歳以上にもなれば、多くの人は哲学的な思考なんて嫌でも完了するよな。そんだけだろ。

242 :考える名無しさん:2006/01/02(月) 21:13:49
結果の見えているゲームを続行するのは苦痛だろうか?

では、

人生もそうなのだろうか?

243 :考える名無しさん:2006/01/02(月) 22:49:03
この鉄板で、一番物知りって誰かなって思った。


244 :考える名無しさん:2006/01/02(月) 23:04:23
俺様だ

245 :考える名無しさん:2006/01/02(月) 23:23:16
生のゲンドウリョクは乾き。
満たされないから生きていける。
欲望があるから生きていける。
欲望が満たされてしまったら、何に向かって生きていけばよいのだろうか?
乾きは必要。不幸だから幸せ。

246 :考える名無しさん:2006/01/04(水) 22:36:23
今日で正月休み、おわりかぁ〜。
いつもながら、あっという間に終わってしまったねえ
明日からまた会社だよう〜ああ、はたらきたくねぇ
誰かかわりに、行ってチョンマゲ

247 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 01:31:35
近づくだけじゃ到達できない

248 :考える名無しさん:2006/01/05(木) 20:29:20
n次元の世界はn+1次元軸方向に移動することによって時
間を獲得する。2次元に生きるものにとっての時間とは、わ
れわれの世界に於ける縦、横、高さのどれかであり、同様
にわれわれが時間だと感じるものを4次元に生きるものは
空間的に認識できる。つまり時間とはひとつの世界の中で
起こる現象ではなく、世界がより高次元の方向を移動する
ことによって瞬間瞬間に獲得する現在の連続である。

249 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2006/01/05(木) 21:30:29
>>248
移動じゃなくて回転だね。
ボールペンの玉が回転して直線を作り、
そば打ちののし棒が回転して平面を作り、・・・


250 :NAS6 ◆o1AYEkZmQU :2006/01/05(木) 21:40:24
古典物理では時間軸は一次元だけど、現在といわれる時間は動いているのか?
現在という時間は固定されていて零次元のところで回転していて、
見た目一次元と錯覚しているのかも。

そうそう、一青窈のかざぐるまって曲には
ただ君が回る為通り過ぎただけ。というような一節があります。

251 :考える名無しさん:2006/01/07(土) 16:06:45
哲学で胃潰瘍が治るわけがない

252 :りくーつ・こねりー:2006/01/09(月) 07:39:25
ハイカラうどんに七味を入れて食べる時、
天カスについた七味にムセルことがよくあるので、
気をつけることにしよう

残った汁をかき混ぜて飲むと余計にムセルことがよくあるので、
残った汁はかき混ぜないでおくことにしよう


253 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 21:46:04
たとえば死ぬほど退屈なゲームがあったとする。
同じことの繰り返しでしかないゲームがあったとする。
自動化したいのに自動化できないゲームがあったとする。

二つの選択肢がある。

ゲームを楽しめるところまでバカになるか。
自分にぴったり合うゲームを見つけるか。

僕はバカになるのは嫌だった。
だから僕はいろんなゲームを探したんだ。
探すのは楽しかったよ。でもそれももう飽きた。

ねぇ、それはほんとうに酷いゲームなんだよ。
とてもとても広いのに、とてもとても長いのに、
吐き気がするほど退屈なんだ。

でも最近面白いミニゲームを見つけたよ。
人間を操るんだ。操って操って破滅させるんだ。
これ、ちょっとだけ面白いんだぜ。

254 :考える名無しさん:2006/01/09(月) 22:24:54

不器用で要領も頭も悪くて容姿も体力も人並み以下な私はもう「誠意」を胸に生きるしかない。

そ れ し か な い

なにも卑屈にならなくていいんだ。
私の中に見出だした、此の真実のこころ(真心)が活きてそこにありさえすれば、これからはきっと明るく笑って生きていける。


255 :考える名無しさん:2006/01/23(月) 09:27:32
人生はゲーム

256 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 05:11:05
なぜ人間は子孫を残していくことをやめないのだろう?
やれ温暖化を防ぐだの、
「未来の子供たちのために」だの、
そうやって将来のためにいまできることをして未然に防ぐ方法もあるけど、
人類の歴史を終わらせる、という選択肢はないのはなぜ?
人類の歴史を止めることは悪いと考えられたりするのか?

257 :Limahl:2006/01/27(金) 00:03:13
「人の心は金で買える」と言っていた某社長が逮捕されて、
世間が大騒ぎになっているこんにちであります。
この社長、強制捜査が入ったときや、いよいよ聴取を受けるというときに、
「ここで捜査員一人一人に賄賂を渡して、目をつぶってもらえることはできるだろうか」
とか、考えたでしょうか…。

そうなったら、ニュースが非常に面白くなったんですけどねぇ。
「六本木ヒルズが騒然となっています。○○社に強制捜査が入った模様です!」
「ああ! 捜査員が続々と去っていきます。なにやら一人一人の手に紙切れが握られているような…。
なんということでしょう! 小切手です!!
これは大変なことです! ご覧ください! この国の司法が、一企業の金に動かされている様を!!」

そして、どれほどに清廉の志を抱いた捜査員でも、
六本木ヒルズの38階に踏み込んでしばらくすると、紙切れを片手に時化た顔をして退場していくんです。
恐ろしい建物です。
それができたのなら、
「人の心は金で買える」という主張も、正しき主張として納得できるんですけどねぇ。
それから、若者がこの社長を支持する理由、「新しい時代の予感」というものも、
確かな実感に至るんですが。

…結論としては、人の真心(倫理に関するもの法に触れるもの)まで、
金で動かすのは無理なのではないか、ということです。

258 :考える名無しさん:2006/01/27(金) 00:23:52
>>256
大体の人はそうだと思うのだが、死にたくはないだろう?
なぜなのか?理由なんてないと思う。
ただ、「生きたい」とか単に死ぬ勇気がないとかな。
だけども「生」というものは常に「死」と一緒。
いつか死ぬ。だから死ぬ前に自分の子供(自分の意志みたいな)を残すじゃないだろうか。
おまいが死ぬと、おまいの歴史そこで終了。
だが、子孫を残すことにより「おまいのとなりに新たなページが作られる」

ごめん。なんか自分で言ってて混乱してきた
要するに「人類の歴史を終わらせる」という選択肢はあるが
その選択をする人はほんの一部である。

>人類の歴史を止めることは悪いと考えられたりするのか?

これは考え方で大きく変わる。地球の環境を考えると今すぐにでも人類は滅んだ方がいいだろう。



259 :考える名無しさん:2006/02/05(日) 12:13:46
ヒットラーの予言によれば、未来の人間は2つの種に分化していくのだという。

思考を放棄した無気力な奴隷と、

思考を進化させた活力ある神に。

社会の階層が2極化し、交配相手が限定的になり、種として分かれていくらしい。

260 :考える名無しさん :2006/02/08(水) 20:28:18
死ぬか生きるかが問題なのではない
いつ死ぬかが問題なんだ

261 :考える名無しさん:2006/02/21(火) 19:17:56
宗教は自己暗示だ

262 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 02:47:51
自分の体があるうちは、自分自身から自由になることが出来ない。

体と感情は連動し合っている。体があり、五感が何かを感じる。
時間の経過とそれに付随する体験に伴った『過去』、もしくは経験が私の自由を奪うのだ。

263 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 22:56:21
人間には何かを信じることが必要不可欠だ。
私は私である、という意識は必要不可欠だ。

日本には宗教が無い。皆宗教に傾倒するのを異端視するが、それもまた一つの宗教に他ならない。


264 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 23:00:16
物事というのはコインの表と裏のようなもの。
陰と陽、プラスとマイナス、善と悪。

一方ともう一方の存在はこの世界に必要だ。
悪という認識が無ければ、善という認識が分からなくなるからだ。

265 :考える名無しさん:2006/03/02(木) 23:04:39
人々は悪を排除したいのではない。彼らは常に悪を欲しているのだ。

自分の身に降りかかる不幸は御免だが、他人の波乱万丈の人生を見たり聞いたりするのは面白いからだ。

266 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 02:36:50
保守age

267 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 04:34:31
>>264
大昔の人も同じように考えて竹の板に書き込んだんだろうな

268 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 06:16:27
人間は進化論的にはサルの延長上の存在である。
ボス猿争いや、異性へのアピール。これらは当然人間の本能にも刻まれている。
自己顕示欲の存在を誰も否定できはしない。

多くの人間は自己顕示欲を実に不細工な手段で満たそうとする。
テレビカメラに向かってアピールしたり、自慢話をしたり。
自己顕示欲がこういった形で発露するのを見るのは耐え難いものである。

一方で自己顕示欲の存在を否定できない自分がいる。
自己顕示欲を否定することは性欲を否定することと同じなのかもしれない。
上記のような醜い形ではなく、スマートな手段を用いて自己顕示欲を満たさねばなるまい。

269 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 13:00:14
世界の北野いわく、振り子はぶら下がったところが0でプラスが増えればマイナスもまたその反動で同じだけ増えると。平和を願う人がふえるほどテロは増えていくということだと。逆もしかり

270 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 13:09:09
振り子を止めろ.

271 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 13:39:31
人がいる限り神の概念は消えない

272 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 14:03:59
加速及びブレーキ性能の優れたバイクで、フル加速又はフル減速すると、
それに慣れるまでは、「バイクと肉体」と「魂」がズレルと感じること
がありますが、なにか?

273 :考える名無しさん :2006/03/10(金) 17:28:56
感性の法則ですね

274 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 17:51:42
「空はどうして青いのか」という問いに対して最も有効な答えは
「青は青いから」である。

275 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 18:02:57
宅間はキチガイだった。
今は薬が発達しており、
自分のことをキチガイだと自覚できるキチガイが増えている。
自覚しているキチガイほど危ない生き物はめったにない。

メチャイケのような反社会的なテレビ番組をつくっているスタッフにも
この手のキチガイがいる。

自分がメンヘラだと知って、人生を投げてしまったやつこそ
もっとも恐るべき怪物である。


276 :考える名無しさん:2006/03/11(土) 14:40:28
魂 って 慣性の法則 働くの?

277 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 21:24:43
塊 は慣性の法則 働くよ。

278 :考える名無しさん:2006/03/27(月) 22:16:20
そこになおれ、についてどう考えていますか?

279 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 04:34:26
ありえない、なんてありえない。
さて、この時ありえないはありえるか?

280 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 04:51:56
それはきみが傷付いているからじゃないの?

281 :考える名無しさん:2006/03/28(火) 04:59:17
よそにはそうかもしれないけど、讒言で裏切ったからじゃないの?

282 :考える名無しさん:2006/03/29(水) 06:19:54
全ては、無価値の上で価値がある。

283 :考える名無しさん:2006/03/30(木) 16:15:58
エネルギーは光しか通さない、透明剛体の壁があったとする。
その向こうに左向きの矢印のネオンサインがあり、反対側から一人の人間が近づいてきた。
この人間はそのサインの前で立ち止まり、又左側へ歩き出した。
人間がサインから受け取ったエネルギーはごく少しの光エネルギーだけ。
なのに、この光エネルギーには数十sの物体のベクトルを変えるだけの力があると言えるのだろうか?

284 :考える名無しさん:2006/04/03(月) 12:19:36
ゲームは無駄か無駄ではないか。
否定的意見
・ゲームは何の役にも立たない
・社会に出ても使えない
・目が悪くなる
・時間の無駄
肯定的意見
・人との話題になる。単純に知識が増える。
・新しい物語を見たら、先の展開を考えたりいろいろで脳に良い
・楽しみが一つ増える。
・というか無駄と言うならすべての娯楽が無駄。

ということでゲームは無駄ではない。

285 :考える名無しさん:2006/04/03(月) 15:43:26

人はパンと水だけで生きていけるって思ってた
違う
人は希望がなかったら生きていけない
生きていればその内いいことがあると信じられるから生きていける

286 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/04/03(月) 23:26:01
パンと水と希望だけで何日生きれるか実験してみた。
1日目 この残酷な実験が終わると言う希望がなくなり死亡
何故か理論上では、人はパンと水と希望だけでは生きていけなかった。

287 :考える名無しさん:2006/04/03(月) 23:41:40
極めてナンセンス
パンといっても菓子パンや乾パンまで色々あるし、
水と言っても井戸水わき水蒸留水、「生命の水」ことウィスキー、
フランス人にとって水のようなワイン、桃の天然水もあるし。
「法を作れば必ずグレーゾーンが出来る」
「人生とは結局の所暇つぶしのようなものだ」

288 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 01:22:52
人間の狂気の現れ方は、暴力と芸術のほかにもあるのだろうか

289 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 01:40:07
正気の判定は、正気と判定された人間しか行えないものとする。
ならば、世界に正気と判定された人間が一人もいない場合、未来永劫出現することはない。

正気とは素数のようなものだ。極めて時間のかかる決定的判定法か、
割合短い時間で終わる確率的判定法しか存在しない。

君から見てその人間が狂っている場合、その人間から見た君も狂っているのだ。

「有り難いことに、私の狂気は君たちの神が保証してくれるわけだ。
 ならば、君たちの神の正気は一体どこの誰が保証してくれるのかね?」

290 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 05:04:36
>>289 それモトネタなんだっけ?

291 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 15:24:20
最後の行だけ、つまりカギ括弧でくくってある台詞は漫画HELLSINGに出てくる台詞。

292 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 15:36:06
「自分の中に他人はいない」「他人の中に自分はいない」と勘違いしている人がいるが、
物質的、精神的な面でどちらもあり得る。
まず、共生という概念。細胞とミトコンドリアの関係。自分の中の他者。
そして、統合失調症(病気だが)。自分の中の他者。
さて、他者の中に自分がいるように思える、それを何と呼ぶのか?
それが、「好き」ってことさ。

某スレをもの凄い勢いで消費させた某コテハンに送る。
哲学と言うよりもポエムになってしまった・・・。反省。

293 :考える名無しさん:2006/04/04(火) 15:45:01
この世界は別次元の生物の実験場である

294 :名無しさんの主張:2006/04/04(火) 22:09:23
僕にはまだインド哲学が残っていた。
よし!僕はまだやれるぞ!!

295 :考える名無しさん:2006/04/13(木) 14:50:03
脳がひとつで足りないなら、他の脳を借りることにしよう

296 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 00:23:32

人間同士に、理解など存在しない
理解できたとしても、それを完全に伝えることなどできはしない
お互い理解した振りをして、自分の知識の枠の中にあてはめていくしかない
理解を求めるからすれ違う
理解可能と思い込むから誤解する
盲目的な黄金律は、他人を傷つける
かといってそれが盲目的でないと誰が保証できよう?
かつて強制収容所に囚われた人々
一番彼らが多く死んだのが、希望にあふれるクリスマス
クリスマスくらい帰してくれるだろうと信じ込んでいたから
希望を裏切られ、絶望したから
そんな希望、最初から持たなければよかったのに

私はこの詩が大好きです

297 :考える名無しさん:2006/04/17(月) 16:50:54
「健康」
この言葉は人をひきつけてやまない。
体脂肪率は何パーセントが健康的だとか。太っているのは自己管理が甘い証拠だとか。痩せが美徳と掘り込まれた人々は懸命に自分を抉り取る。
痩せられた人は、そのことを幸福と思う。
痩せられない人は、不適格と嘆く。
ただその値の人間が一番多いだけに過ぎないのに、個体差を潰すことを要求する。
「純愛」
この言葉は人をひきつけてやまない。
人間の独占欲の象徴を、きれいな言葉で飾り立てたもの。
一人は一人を愛するのが理想とか。貞操を守りぬいたもの同士が結ばれるのが理想とか。
状況の推移も関係なく、一方的に押し付けられる理想。
幸せの形というのは、一人一人違うはず。
けれど、いつのまにか提示されたことを満たすのが幸せとなるようになってしまった。
「自分らしく生きる」
この言葉は人をひきつけてやまない。
だが、自分らしく生きることが背徳とされていたら?
死ぬしかない。
自分らしさとは、何?
一般に幸せといわれていることを選択し満たすこと?
現代は「自分らしさ」を求めると声高らかに叫びながら、自分らしく生きようとすれば爪弾きに遭う。
・・・初めからなかったのかもしれない。
幸せなんていうものは。
「家庭」
この言葉は人をひきつけてやまない。
家庭は帰る場所、絶対的にやすらげる場所。
なら、何故家庭内暴力はいまだに存在しつづけ、エスカレートするばかりなのか。
もし誰かが家庭を偉大と言うならば、それはその人が幸福な家庭に生まれたからに過ぎない。
家族に、絶対的やすらぎや居場所を求めるのは間違いだ。
しかし家族は崩壊したくともできないことが多い。
何故か?それは、家族であったほうが都合がいいから。家族にとっても、周囲にとっても。
囲う策は小さい方がいいからだ・・・。そこに依存することを否定はしない。
ただ、依存を強要することは間違いだと言い切れる。

298 :考える名無しさん:2006/04/20(木) 17:35:16
動物は、自分が知らないものは恐れない。
最初、人間の恐ろしさに知らずにひょいひょいと近付いてきたアホウドリ。
最初、鉄砲の恐ろしさを知らずに人間に立ち向かってきたクマ。
知らなければ、恐れる必要がない。
だから私たちが必要以上に物事に恐れるのは、私たちの記憶の中に刻み込まれている恐怖映画や小説が原因であるという可能性も否めない。
つまり、先入観であり、固定観念だ。

299 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 22:11:52
いったい恋愛をしておいて
ひとつの曲も、ひとつの小説もかけないとしたら
そいつに恋愛をする価値があったのだろうか。
キルケゴールという男は、一人の少女との思い出をネタにして
いくつも著作を残した。
恋愛には何かを生み出すパワーがある。
こどもを生むだけの結果になるのが凡人というものだ。


300 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 22:25:15
鼻から息を吸うと同時に口から息をはくって、どうやるんだろう?

301 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 22:27:05

デカイ本屋へ行き、圧倒的な数の著書を見て
この世界の中で、自分がいかに無知なのかを思い知らされた。


302 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 22:39:41
※1

悩む

哲学

※1

で、戻るわけだ
わざわざ疲れて

303 :考える名無しさん:2006/04/30(日) 18:57:25
一切は宇宙の自慰に過ぎない。

304 :考える名無しさん:2006/05/02(火) 14:50:57
自分を犬のように扱う男にしか
ついて行かない女がよくいる。
うまれついての犬である。
そういう人間の集団が大衆と呼ばれる。
大衆という人間集団の性質は、よくある女の性質を
思い浮かべれば多くの点で一致する。
馬鹿げた流行に追随する、論理が通じない、
DQNを尊敬するなどなど、数限りない一致。
大衆の中には真の男がいないのである。
これこそが大衆というものの本質だ。
大衆とは、一個の巨大な女だと言ってよいほどである。


305 :考える名無しさん:2006/05/02(火) 15:19:47
科学すら人間の暇潰しに過ぎない

306 :考える名無しさん:2006/05/03(水) 17:30:58
>>300
ヒント:循環呼吸

307 :考える名無しさん:2006/05/05(金) 20:19:18
猫にとっちゃ俺なんか都合のいい存在なんだろうな

308 :考える名無しさん:2006/05/21(日) 16:40:43
特撮における「合体→パワーアップ」という思想は、
日本人のSEXに対する価値観を反映したものである。

309 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 20:03:33
世の中には卑劣なやつが「かなりたくさん」いる。
しかしこいつらも暴力的な支配やカネによる支配には
素直に従うのが常である。こういう制限がはずれると
たちまち卑しい根性を剥き出しにしてまわりに迷惑を及ぼす生き物だ。
それが人類の3割は確実に占めている。おぞましい生き物だ。
暴力はいけないと言うけれど、世間には
暴力よりも悪いものがあるということを知らなければいけない。


310 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 20:06:33
哲学は科学を基礎づける役割を果たすべきではないか、
今日突然そう直観した。

311 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 20:55:07
>>310

お前面白すぎ。

312 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 22:23:15
死により無に帰り、無は全知にして空。
欲により死んでる事を忘れ、無知にして生。
無知で生まれ、思い出して知を養い 欲破れて死。

死んでいるのに生きていると思い成す事が生。

313 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 23:14:26


 自分や他人の気持ちが汲めないヤシが、もしかしたら分かるようになるかも、
 と期待してやるのが心狸ガクです。

 周囲の人は分かっている様子なのに自分は何がなんだか分からない、
 浮いてしまう、こんな人が心狸ガクトになるんです。




 よ〜く観察してみなさい。
 心狸ガクの教員って、他人の気持ちを理解していないでしょう。

 相手の表情の変化が読めていないでしょう。

 心狸ガクの教員=心狸の学生のうち、特に社会へ出る勇気が無かった
 引きこもりの成れの果てなんですから。


 http://academy4.2ch.net/psycho/subback.html







314 :考える名無しさん:2006/05/31(水) 23:52:51
なんか哲学がどうこういっている奴は考えることは素晴らしいなどと言っているが
俺はなんも考えないで生きてることの方が素晴らしいし、美しいと思うんだ。
芸術とか哲学なんて生きていくことに必要のないもの、ようするに脳みそのゴミだろ。
そんなゴミを感じないように生

315 :考える名無しさん:2006/06/01(木) 02:27:27
哲学したくなる人間は
女にもてない
これは、この世の真理なり。

316 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 08:14:04
プロパガンダすらまともに作れない無能な政府が無能な国民に建前を話すと、
その建前は亡霊のように社会を闊歩して、最も無能な国民に取り憑くことになる。
脳容量が足りないキチガイは思考停止を好むから、彼らは建前に生き甲斐を見いだすだろう。

プロパガンダ・コンプレックス。

太陽政策しかり、対テロ戦争しかり、戦争放棄しかり。
それは社会をのし歩く怪物。それは個人の意志を越えた言霊。それは実在する彷徨う亡霊。
なのに、生み出すばかりで誰も祓おうとしない。閉塞感の正体を知らぬものが、
閉塞感を打破できるわけがないというのに。韓国にある歪みは日本にもある。
決して他人事ではないよ……。



ほら、そこにも

317 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 20:51:44
数分にひとつのペースで種が絶滅している
手段をえらばない金儲けに走る資本家どもの被害者である。
生物界の多様性が、一部の異常者のために失われている。
金儲けのために非人間的な作業をしいられてウツ病になったり
自殺する人間はある程度まで自業自得としても、
自然界の生物たちまで資本家の犠牲にされているのは問題だ。
これは未来の人類にとっても、大きな損失である。
近い将来、自然界にいる動物といえば、人間と、それを生かすために
必要ないくつかの動物だけというようなみじめな状況になるかもしれない。


318 :考える名無しさん:2006/06/02(金) 21:17:21
神が作ったとしか思えない芸術であればあるほど、それだけ完成度が高い芸術であればあるほど宇宙をその最深部においてそして最濃度において讃えているのではないかと思えてくる。そしてそれが自分のために作られたのではないかとも。

319 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 00:15:45
>>1は馬鹿なんじゃなかろうか

320 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 00:44:59
どんなに哲学を学んでも、うんことしょんべんからは逃れることはできんなぁ。

321 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 12:08:36
思考を止めれば、矛盾は存在しない
仮定を行わなければ、矛盾は存在しない

322 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:12:49
生きるって、すばらしい!って一瞬思った自分がちょっとはずかしい。
って思うのは、よくないことなのかも?

323 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:46:04
絶対とは法則のみ

324 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:47:20
どんな低学歴な人でも疑問に思うことがたくさんあって、
それを自分の考え方で様々な視点から物事を捉えることができれば
誰でも哲学者になれるのではないだろうか

すなわち、何故?と疑問を持つことが何よりも重要なのだ

325 :考える名無しさん:2006/06/03(土) 23:48:32
>>324はすごく気持ちが悪い

326 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 00:23:24
なぜ?と思えることが哲学なのである。解答のある哲学は哲学とはいわない。

327 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 02:50:43
ニーチェ
キルケゴール

こいつらがもし仏教徒だったら…
ニーチェ…臨済宗
キルケゴール…浄土真宗

328 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 09:29:32
ヨハネとヤリテー


329 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 09:39:54
挿入ひてえええええええええええええええ

330 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 09:55:59
無我、昇華、解脱、無上そして、ヨハネイジメ。

331 :さるべ:2006/06/04(日) 10:03:49
最初の時はホント痛かった。
今度からもうちょっと力抜いてみようかな。
いや、筋トレをやめさせるっていう手もあるな。筋肉があたかも嫌いかのように
振舞って・・・。


332 :330 ◆tsGpSwX8mo :2006/06/04(日) 10:12:24
そんな事、無いよ。

「目には目を」って奴らがヌカシテるよ。



333 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 16:30:54
資本主義はいずれ廃絶しなければならない。
なぜなら、それは拝金主義の別名であり、
金儲けのために人間をやめることであるから。

自らを貴族と自覚して生きる者のために
世界を調整しなおす。
すべての価値を貴族の側から規定しなおす。
ふたたび貴族の時代を現出せしめる。すなわち
商売人を卑しい者として見下ろす時代をふたたび現出せしめること。


334 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:50:56
人生とは、生から死までの生活態度だ、と私は考えた。

335 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 17:59:38
道徳を復活させないと日本は滅びる

336 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 18:23:31
六月は一年でもっとも雨の日が多い月である。
先人たちがこの月を水無月と呼んだのは、
これが水が満々と溢れ出る月の名に相応しいからであろう。
無とは本当に奥深いものである。

337 :考える名無しさん:2006/06/04(日) 19:45:00
世の中には痛覚のない人間がいる。痛みを感じないために
こども時代から平気で体を傷つけるような運動を繰り返すので
20才になる頃には、からだがガタガタになってしまってるのが普通である。
また
男にどれほど可愛がられても快感を覚えない不感症の女もよくいる。
それと同様
うまれつきなんの羞恥心も持ち合わせない人間がいる。
それどころか、およそ人間的な感情をいっさい感じない人間が大勢いる。
ステージにたっても全然アガラズ堂々としているスターには、
そもそも人前で上がるということが何を意味するか
わからない人種がいる。これは、人間としての欠陥を
うまく利用しているわけである。
こういう情性欠如者は、しかし、人前で充分人間らしく振舞うことができる。
そのように演技することが社会生活をおくる上で有利だと知っているから。
これはもう、人間もどきの半ロボットみたいな生物である。


338 :考える名無しさん:2006/06/10(土) 10:20:29
ゴジラは核兵器と米軍の象徴。それは突如として現れて大都市を破壊する(広島・長崎の再現)。
しかし暴力の象徴としてのゴジラは、さらに恐るべき怪獣(ロシアや中国の隠喩)を
撃退する無敵の戦力としての役割を与えられ、日本人は結果的にゴジラを受け入れてしまう。
つまり、ゴジラは「米軍を受け入れることが最善の選択だ」というアメリカに都合の良い
プロパガンダを日本人の深層心理に浸透させるために作られた、軍国主義賛美のウヨク映画。
軍靴の足音が聞こえます。

339 : ◆o6D3VA.hlU :2006/06/10(土) 11:34:54
アインシュタインの相対性理論は間違っている。
"光は観測者によらず一定速度である。"
この大前提が間違っているからである。

そもそも観測者が運動体であった場合を想定しているわけだが、
光が運動場(うんどうじょうではないぞ)に乗っていて,その場の中で光が速度をもっていると考えるのが自然である。
運動場を無視してしまった相対論は間違いであり、
今後は運動場を考えていかなければならないのである。

340 :考える名無しさん:2006/06/11(日) 19:12:52
あれだよね。
死にたいのに死ねない。
これが死への憎悪を生み出すんだよね。
そしてこの死への憎悪がこの世の負の感情の元になってるわけさ。
だからね、死にたい時に死ねる人には負の感情がないわけ。
つまり、聖人だね。

341 :考える名無しさん:2006/08/03(木) 22:24:33
ギャフン

342 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 14:40:59
風俗女って税金払ってんの?

343 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 14:47:32
哲学板はなにを間違えたか

344 :考える名無しさん:2006/08/04(金) 17:00:28
クーラーの温度設定を24度以下にしてパソコンで2時間以上
2ちゃんねるしてるくせに、地球環境の心配してる俺って
哲学者だと思う。

345 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 16:55:36
スピノザ+ヤスパース≒大乗仏教

346 :考える名無しさん:2006/08/19(土) 18:07:44
     |     _____人__/
      i_,,,  r´_       _〉
     ((テヽ!´ _   _    /_  _j
      ゝ_i    ̄    |    ̄ i  冷やしタヌキは絶対にウドンだね。
      ゝ ヽ   (_、__j_)ヽ  ノ  四国のウドンなんか食えるかっつの
    , イ ヽ、       ii   /   乞食じゃねぇんだからよっ
  /   \ ヽ  =ニ= /
/      \ `ーj---‐i´i\
          \/    !j  \
      _ ,,,,_  /\         \ ,c、.c、
 ___/´ 、、ヽ/i  :|三三三三三三三\.ヽ.ヽ二l 
  // \ \/ .i /           ,.-、-、| |: |

347 :山本:2006/08/19(土) 18:18:41
              ,,;f::::::::::::::::::::::ヽ  それでいいのか?お? それでそれで??
              i::::::::/'" ̄ ̄ヾi   /ヽ    \_,  いいのか?社長?お?     
               |:::::::| '''''_  ''''''|  ( ィ j ミ  、 )'´  ,i  /
               |r-== ( o);( o)  / /  \ \    、,Jしイ
                ( ヽu :〃:__)〃}  / / \ \ / ヽ_ フ  ( _
          ,____/ヽ  ー== ;  / /ヾ 、 \ ( ィ j ´Y⌒` \
        r'"ヽ   t、   \___ ! ./ \ \   / / | ^     |
      / 、、i    ヽ__,,/    ./ /\    / /  (_,, )ヽ、. / | ウホォッ
      / ヽノ  j ,   j |ヽ   / \     / /     !ニ=- ノ  _!_

348 :考える名無しさん:2006/09/12(火) 21:26:17
自分の車が列の先頭だと、後ろの車の人が
「のろのろ走るな!!!」とイライラしていそうで、
申し訳なさすぎるので路肩に止めたり、追い越しやすくしたりする。
法定速度で走ってる自分が悪いはず無いのに、無性に申し訳ない。

349 :考える名無しさん:2006/10/17(火) 23:11:16
ここをmixiと合体させよう

350 :考える名無しさん:2006/11/15(水) 18:41:05
「人を見掛けで判断してはならぬ」とはよく聞く。
それは「人を外見でその人間性を決め付けてはならない」ということだろう。
だが、それは「じっくり話ししたり、付き合ってみても人間性というものを判断
してはならない」ということではないだろう。
だが、仮にその人の人間性というものを見抜いているとしても、「この人は確実に
こういう人だということが判明したから、かくかくしかじかだ」
と判断すべきでない場合がある。

たとえばA君とB君とはとても仲が良かったのだが、次の日には口も聞かず離れて座って、
明らかにケンカしているとする。二人ともそれに対して一切口にしないので、何が原因
なのかが周りの人間には判らない。そういうことが1ヶ月も続いているとしよう。その間に
周りの人間は二人の人間性を何となく判っていった。Aは面白い気の利いたことを
よくしゃべり、社交的。Bは嫌なムードを持ち、しゃべりずらい。他にも色々な要素が
判ったとする。しかし、肝心のケンカの原因が判っていないにもかかわらず、周りの人は、
も判った気になり、「Bがきっと悪いことをしたんだ」と勝手に独断してしまいがちでは
ないのか?又、「ケンカの原因」を問うていたのに「ケンカの原因=性格が原因」として、
最初からそういう問いだったと摩り替えてしまいがちにもなるのではないのか?
「書字スリップ」とは違うが、ちょっとした脳のスリップのようなものとして?
そして、こういうケンカという事態もなければ、そのBの欠点というものも見過ごされて
いたか、見えていてもそんなに気にならないものだったかもしれない。
そして、Aに加勢するかBに加勢するかということ自体がそれまでは存在して
いなかったにもかかわらず、それが最初から人間の思考様式としてあるものだと錯覚し、
しかもその錯覚していることにさえ気付かないということが起きるとするなら、
Bにとっては大いなる迷惑であろう。

それが、人間性が判明したからといってまだ、それだけでは判断できないというものの例。

351 :マサキ:2006/11/23(木) 21:51:59
俺は親にいい子だと思われる為に、いい子を演じている。

俺は先生に優秀な生徒だと思われる為に、優秀な生徒を演じている。

俺は他人にいい人だと思われる為に、いい人を演じている。










俺は生きるために、人間を演じている。



そんな自分が、ここにいる。

352 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 21:54:47
「演じる」を広義に使いすぎだと思うが。

353 :考える名無しさん:2006/11/23(木) 21:55:53
あ、ごめん。
このスレのルール読んでなかった。

354 :マサキ:2006/11/23(木) 21:56:40
このスレは突っ込み禁止ですよ。

355 :考える名無しさん:2006/11/24(金) 04:07:58
明日になったら、今日は終わる。

356 :考える名無しさん:2006/11/25(土) 18:54:40
西洋人は合理主義、東洋人は経験主義

357 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 01:43:55
理の男 家族が故に 侠に生

唯才が 娘の為に 衆に生 

君達は 可哀想だよ 本当に



358 :考える名無しさん:2007/01/17(水) 02:51:58
人間には限界がある。
傷つけば傷つくほど、人は強く成長するだろうが疲労は備蓄していく。
戦士にはいつか休息が必要だ。更なる戦いのための休息が。
だから、戦士の休息、そのための同情は許せよ、ニーチェ。

359 :357:2007/01/17(水) 23:03:46
君達は=哲学板の方達
 


360 :哲学者最上位(´Д`)y─┛〜〜 :2007/01/18(木) 01:51:03
休んでも疲労が癒えなかったら、何か新しいことを始めるか。

83 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)