5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◇◇ ジャン=ジャック・ルソー ◇◇

1 :考える名無しさん:04/06/11 15:17
政治思想ではいうまでもなく有名なこの人。それのみならず、
作家として『告白』『孤独な散歩者の夢想』などの名文の作品を残しロマン主義文学の先駆となり、
生んだ子供5人を孤児院送りにしながら教育論の古典『エミール』を書き、
音楽家として音楽作品や『言語起源論』『音楽辞典』などの著作を書くかたわら時の大作曲家ラモーに論争を挑み、
ヴォルテール・ディドロ・ダランベール、ヒュームらと交友をしつつも結局みなと仲違いをし、…etc.

ラッセルの『西洋哲学史』では、「ヒトラーはルソーの所産」と言われつつも、彼に一章を割いたりもしている。
そんな一筋縄ではいかない多彩な面をもち後世に大きな影響を与えた思想家/哲学者、
ジャン=ジャック・ルソーについて語るスレ。

2 :考える名無しさん:04/06/11 15:18
過去スレ

ルソー 
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1005/10058/1005868253.html

3 :考える名無しさん:04/06/11 15:36
カッシーラー『ジャン=ジャック・ルソー問題』『啓蒙主義の哲学』は面白かったよ。

4 :考える名無しさん:04/06/11 20:00
くそスレアーメン1

5 : ◆b5.0SF1OyQ :04/06/11 22:19
♪むーすーんーで ひーらーいーて  の作曲者ですね。

6 :考える名無しさん:04/06/11 23:07
ルソーといい、ショーペンハウアーといい、ニーチェといい、
音楽をものした思想家って、個性の強い人が多いな。

7 :考える名無しさん:04/06/12 01:18
強姦age

8 :考える名無しさん:04/06/12 01:19
ルソーって強姦されたの? したの?

9 :考える名無しさん:04/06/12 02:04
「カフカ、セリーヌ、ポンジュの先駆者、ジャン=ジャック・ルソー」

10 :10:04/06/12 04:54
ノI"


11 :考える名無しさん:04/06/20 21:28
なんだかんだ言って、ルソーに言及してる哲学者は多いな。

12 :考える名無しさん:04/06/27 00:51
>>5
まだ結論は出てないんじゃないの?
一応、幕間劇「村の占い師」中のパントミムの部分が原曲ではないかと言われてますが。

13 :考える名無しさん:04/06/27 02:56
イエスは分っていて畑の麦を引っこ抜いたが、ルソーは分らずにそうしようとする。

14 :考える名無しさん:04/06/30 13:34
>>8
強姦未遂では?

15 :考える名無しさん:04/07/01 08:29
>>9
ドゥルーズ『無人島とその他のテクスト』に入ってた、ルソーに関する小論ですね。

16 :考える名無しさん:04/07/01 09:29
ポル・ポトも心酔

17 :考える名無しさん:04/07/23 13:04
久々にague

18 :考える名無しさん:04/07/23 13:09
なぜか?

19 :考える名無しさん:04/07/24 01:19

 i ̄ ̄ ̄)━━━━━|━|||||
 |  i/ ̄ ̄ ̄)━━━|||━||
 |   '/ ̄ ̄)    ||||||||
 \ ''  /T''     |||||||   /\___/ヽ   +
   ヽ    )     ||||||| /''''''   '''''':::::::\    +
    )   /      ||||| .|(●),   、(●)、.:|
   /|   |       ||||| |   ,,ノ(、_, )ヽ、,, .::::|    +トドロフのルソー本もよかった
   / i    ノ       |||| .|   ´トェェェイ` .:::::::| + 
  / \/ |       ||| -\  `ニニ´  .:::::/       
  /      | _____/'''"" |||    ヾ;;;;;;;;;  / ̄"''''ヽ
 |      )''''      ‖    ヽ\  ノ       ヽ
 |         v    ||      |/|        ヾ
 |     ノノ   i   ‖     ソ ̄       /  i
 ヾ     ノ       ‖             /   ヾ
  \  ソ   _三------||----=ゞ二\     /    i
   ゝ__ ("-''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''''")  /     |
        ヾ\ ゑ ゑ ゑ ゑ ゑ ゑ  / \ '''''""""ヾ
           \           /    ) """""")


20 :考える名無しさん:04/07/24 18:45
教えてちゃんですみません。
ルソーの書いた教育論てどの著書ですか?

21 :考える名無しさん:04/07/24 18:46
あああ・・・>>1に教育論の古典、とありましたね。
すみません逝きます

22 :考える名無しさん:04/07/30 00:04
質問してもいい?

23 :考える名無しさん:04/07/30 18:39
ルソーは猥褻物陳列しまくり、強姦しまくり、子供捨てまくり、盗みまくり、ひも生活しまくりの近代最大の思想家です。
彼の思想なくして現在の社会はありえない。

24 :考える名無しさん:04/08/25 15:59
ディドロもおもろいよ。

25 :考える名無しさん:04/08/26 01:45
世の中を怨んで駄文を書き散らしたらたまたま当たってたってだけ
エミールはもろデンパ

26 :考える名無しさん:04/08/26 11:14
だがそれがいい。

27 :考える名無しさん:04/08/26 11:19
ルソーほど痛快な思想家はいない。
一介の露出狂が世界史に残る思想家。


28 :考える名無しさん:04/08/26 14:13
社会契約論も元々は社会を恨んで書いたものだよね。
まあ、世の中には動機は不純でも的を射ているという言説は
結構あるから、即無効ということにはならんが。

ただ、エミールは本当に酷いな。これを教育に実践する
クソ教師がいるという点はさらに驚きだが。

29 :考える名無しさん:04/08/26 14:20
「人間不平等起源論」と「エミール」がルソーの本心だよ。
この内容を実際の政策にすると、ポルポトや文化大革命みたくなる。

30 :考える名無しさん:04/08/26 14:26
カントはルソーに惚れていた。


31 :考える名無しさん:04/08/26 14:53
そうだよw

32 :考える名無しさん:04/08/26 22:48
ルソーはみじめな生い立ちだったところがカッコよい。

33 :考える名無しさん:04/08/26 23:39

 沖雅也に似てるな。

34 :考える名無しさん:04/08/27 13:09
孤独な散歩者の夢精

35 :考える名無しさん:04/08/30 16:14
>>30
ヘーゲルもルソーに惚れていた。

36 :考える名無しさん:04/08/30 16:52
よく電波といわれるが、
社会契約論の緻密さは、カント以上だよ
カントはルソーの論理性に嫉妬した

37 :芦原:04/08/30 17:00

どれくらい電波なのか、該当発言を抽出して欲しいところ。

38 :考える名無しさん:04/08/30 17:01
>>37
ほとんど全部の本の前書き嫁
抽出も何も、怠け者ですね

39 :かな☆彡:04/08/30 17:58
はじめまして☆
この人ってヘンタイさんなんですか?

かな☆彡のスレにもあそびにきてね☆
http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/philo/1093851301/

40 :かな☆彡:04/08/30 18:01
ごめんね あげちゃった☆

41 :考える名無しさん:04/08/30 18:03
>>40
かなちゃん、僕とゆっくりお話しようよ

42 :かな☆彡:04/08/30 19:36
みなさんにおねがいです。
かな☆彡のにせものをやっつけるお手伝いしてください☆

43 :考える名無しさん:04/08/30 23:01
>>35
ヘーゲルは若いころルソーに惚れていたが、
晩年には低い評価をしていた。

44 :考える名無しさん:04/09/22 00:57:57
あげとくか。

45 :考える名無しさん:04/10/18 23:41:39
風紀が乱れてるね、今の日本は。
自然状態どこにある。

46 :考える名無しさん:04/10/24 00:00:14
あげとけ

47 :ぷぷっ:04/10/24 02:04:44
ルソーなんて緒戦は露出狂♪

なにが【一般意志】だ!ありえねぇ〜
社会契約説自体ありえねぇ〜

48 :考える名無しさん:04/10/24 02:30:35
一般意志=チンポ

49 :考える名無しさん:04/10/26 12:33:51
自然に帰れ=露出狂

50 :一尺八寸 尽 ◆287cUd/qCQ :04/10/30 01:49:46
マザコンルソー

51 :一尺八寸 尽 ◆287cUd/qCQ :04/10/30 01:53:56
ルソーと老子からは同じ臭いがするのですが

52 :考える名無しさん:04/10/30 02:52:57
>>16
>>29
ポル・ポトはマラルメ研究者では?

"Pol Pot was a professor at a French
lycee in Phnom Penh, known for his
subtle readings of Rimbaud and
Mallarme..." (Zizek)

ルソーも好きだった?

53 :考える名無しさん:04/10/31 23:51:31
ほう

54 :考える名無しさん:04/11/09 15:09:38
保守

55 :考える名無しさん:04/11/10 02:11:47
プラトンにつづく変態思想家

56 :考える名無しさん:04/11/10 02:27:42
スペルマ臭い

57 :考える名無しさん:04/11/22 23:18:01


58 :考える名無しさん:04/11/29 22:24:53


59 :考える名無しさん:04/11/30 06:36:01


60 :考える名無しさん:04/12/01 02:52:14


61 :考える名無しさん:04/12/01 11:50:49
そーきたかw

62 :考える名無しさん:04/12/10 16:27:49


63 :考える名無しさん:04/12/11 15:00:01


64 :考える名無しさん:04/12/11 15:39:09


65 :考える名無しさん:04/12/11 16:30:52


66 :考える名無しさん:04/12/11 16:42:31
>>28
ルソー自身も「これを実地で使っちゃいかん」って書いてたんだけどな(w

67 :考える名無しさん:04/12/11 16:48:07
アルチュセールが「<社会契約>について」という小論を書いてる。
邦訳では『マキャヴェリの孤独』(藤原書店)に収録されてる。

68 :考える名無しさん:04/12/22 15:08:55
よし

69 :考える名無しさん:05/01/06 00:22:46
ポストモダニスト、ルソー

70 :考える名無しさん:05/01/13 02:18:07
sa

71 :考える名無しさん:05/01/18 22:24:50
m

72 :考える名無しさん:05/01/26 17:01:29
保守

73 :考える名無しさん:05/02/07 21:22:51
.

74 :考える名無しさん:05/03/02 14:56:06
r

75 :考える名無しさん:05/03/09 00:19:13
るそ

76 :考える名無しさん:2005/03/21(月) 21:15:45
ルソーがんばりますよ。

77 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 08:56:54
ルソーはコテコテのプラトン主義者なんでしょ?
理想と現実は違うという当たり前のことが前提となってる。
スピノザやヘーゲルとは違うよね。

78 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 23:37:28

うルソーやつら★

だっちゃ


79 :ローカルルール審議中:2005/04/15(金) 09:19:51
R

80 :ローカルルール審議中:2005/04/25(月) 01:42:58
孤独な散歩者の夢精

81 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 12:44:26
ポール・ジョンソン著『インテレクチュアルズ』(2003年 講談社学術文庫)に
J・J・ルソーの私生活のことが載ってるんだけど、なんともムチャクチャだね。

この本には、サルトル、ラッセル、マルクスなんかの私生活についても書いてあるな。

82 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 12:53:00
>>81
どうムチャクチャだったの?

83 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 12:53:08
それはアメリカ人によくあるインテリ嫌い(=ヨーロッパ嫌い)の表明本。
「しょせんインテリぶっている香具師も下半身は云々」みたいな水準で、
穏健な保守への回帰を説く本だ。

ルソーの私生活を晒すのは無意味だろう。
なぜならルソーの場合、自分で晒しているんだから。


84 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 14:15:48
ルソー主義は説教臭くて嫌いだが
ルソーという人間の支離滅裂さは面白い

85 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 19:58:04
>>83
著者のポール・ジョンソン氏は、イギリス人のようですよ。
それから

> ルソーの私生活を晒すのは無意味だろう。
> なぜならルソーの場合、自分で晒しているんだから。

って書いておられますけど、同書によると、ルソーが『告白』で自分の私生活を
暴露したのにはワケがあったらしい。
それはどういうことかというと

(1) わざと自分に不利なことをいっぱい書く。
(2) たいていの人は、これを読んで「なんて正直な人なんだろう」と思って
    しまう。
(3) で、そう思った人は、ルソーの書いた「他人に対する批判」も真実だと
    思ってしまう。(でも、実際にはウソばかり)

結局ルソーは、自分のウソだらけの「他人に対する批判」を世間の人たちに信じ
させるために、捨て身の方法をとった、ということだったんだそうな。

さすが若いときから苦労をしただけあって、人間の心理というものをよく知って
たんだなぁと思わざるを得ないな。

『告白』っていうのは、そういう意図をもって書かれたものだから、まったく
信用できないんだそうだ。
研究者が調べてみると、事実とは異なる部分がゴロゴロ出てくるし、また、
同時代人のディドロなんかも、ルソーのこのやり方には憤慨してたんだそうな。

86 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 02:12:40
>>85
左翼インテリを叩くありがちな手法だから、
いずれにせよ俺はポール・ジョンソンなんか読まない方がいいと思うぜ。


87 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 19:27:51
>>86
(・∀・) ニヤニヤ

88 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 19:27:55
そういう人間心理の機微を感じ取りそれを巧みに利用したんだからやっぱり凄いものは凄いと思うな。
ロマン派を初めとするその後の近代文学に『告白』が与えた影響の巨大さは言うまでもないし。

89 :考える名無しさん:2005/05/06(金) 23:16:42
代わる代わる歩いてくる少女たちを待ち伏せ、
変質者よろしく、一体どんな変態行為をしたんだろう

ホモの自慰行為の仕草をマネてからかったの?

90 :考える名無しさん:2005/05/07(土) 01:05:57
チンコ見せびらかした。



ルソー論の傑作はやはり、
Paul de Manの
Allegories of readingだと思う。

91 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 11:09:19
>>90
邦訳はどこ?

92 :考える名無しさん:2005/05/25(水) 11:48:16
英語ぐらい読めよ

93 :倉庫行救済者:2005/06/19(日) 06:12:36
むすんでひらいて考


94 :考える名無しさん:2005/07/12(火) 12:24:56
>>92
ド・マンの英語って簡単なの?

95 :考える名無しさん:2005/07/19(火) 22:11:20
>>1>>1000
自然に帰れ!

96 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 01:04:30
ルソー自身の教育の資質というか教育像はどんなものとお考えですか?
教えてください(>□<)

97 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 01:32:02
レポートネタはカエレ

98 :考える名無しさん:2005/07/25(月) 09:02:22
>>96
岩波文庫で3分冊になってるね。
がんばってください。

99 :考える名無しさん:2005/07/26(火) 18:47:54
若い頃はルソー好きな時期もあったが、
「孤独な散歩者の夢想」読んでから冷めた

100 :ウッソー:2005/08/02(火) 02:54:26
社会が形成されていく過程で生じる過度な欲望が人間を堕落させ、その結果、人間同士の間に不平等な状況が生まれたという考え方は今も有効なのかしら?



101 :考える名無しさん:2005/08/02(火) 03:05:54
>>98
コインランドリーに置いてあったので三冊一気に読んだよ。
飛ばし読みで三冊を20分で読めたオレに驚いた!読みやすいよなアレ!教育について語る上巻、ソフィアとエミールの下世話な下巻、しか記憶に残らんかった。他人の引いた線てうざぁ〜と初めて気付いた。

102 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 03:38:37
告白で、楽譜も読めないのにでたらめな曲作曲して、
観客の前で楽団を指揮するとこ、声だして笑えた

103 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 03:53:24
読みやすいよ!

絵解き ルソーの哲学―社会を毒する呪詛の思想
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569623824/qid=1124736757/sr=1-18/ref=sr_1_2_18/250-4918748-2786607

104 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 04:01:45
>>103
それどうしようもない本だろ
ルソーをあらゆる「サヨ」の祖にする本。
しかもアングロサクソンの保守派のフランスに対する偏見混じりだから始末に負えない。

105 :考える名無しさん:2005/08/23(火) 23:12:49
アングロ・サクソンマンセー!

106 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 14:53:24
ルソー教入門書
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%90%B3%93%9D%82%CC%93%4E%8A%77

107 :考える名無しさん:2005/09/10(土) 15:49:55
中川厨は氏ね

108 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 07:36:39
あのーー書いていいんかな?、、、、、ルソーを研究してらっしゃる、某女流院生は、、
学部時代に、バイトでビニ本に出てみたい。。。人生エロエロやね〜〜〜

109 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 07:44:08
保守派なんてウンコしかいないじゃん。アホかと。

110 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 08:05:33
民主主義の発展の中で歴史的に抵抗権が確立されてきた。
しかし現在ではそれを自由権なるものに接木している。
この木に竹を接ぐような措置のせいで、人々は民主主義の
根底に抵抗権があるという事を忘れてしまった。
議会の反対勢力を「抵抗勢力」とレッテル張りする
政治家にも違和感を感じなくなった。自由権の行使以外は
法の支配に従えという人すらいる。自由権によって抵抗権は死んだ。
抵抗権の死は民主主義の死である。そこには多数派と権力者の
暴力と言う、むかしながらの支配だけが残った。


111 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 18:14:14
>>110
ひどい文章だな。誰かルソーの擁護をしてくれ!


112 :考える名無しさん:2005/09/18(日) 19:48:08
抵抗権なんて認めたら国家が死ぬ

113 :考える名無しさん:2005/11/03(木) 21:28:12
屁ゲール  ルンー  カソト  三ーチェ  下マスペイソ  マルクソ


114 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 12:02:06
社会契約論なくしてフランス革命はなかった。
この本のおかげでブルボン王朝は滅びたわけで。
で散歩者の夢想もフランス映画っぽく鬱でよいね。
孤独から達観から希望。
単なる理屈屋でおわらなかったところが非常に好感持てる罠。

115 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 12:10:45
>>114
商業の発達が原因でしょ。


116 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 13:26:49
>>115
マルクスと一緒で革命の理論的正当性が述べられている。
ま、マルクスはフランス革命も含めて階級闘争といったわけで、
フランス革命は貴族と庶民(ブルジョア)の戦い。
庶民は貴族に支配される必然性はないといったんですな。
人間は神や王様に支配されるのではなくて、
人間の理性により支配するというまさに人類史上革命的な書といえる。

117 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 13:30:02
どっちかというと、フランス革命はないほうが良かったような
気がしないでもない。

118 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 13:39:18
そんなわけねーよ
腐った世襲に対するカウンターがない世の中はヤバイ。


119 :考える名無しさん:2005/11/18(金) 14:11:39
>>118
そのカウンターとなる思想が無いのが20世紀なわけで。
団塊の世代は革命ごっごで時代をエンジョイしやがった。
漏れ思うにルソーから始まった人権思想の限界がみえてきてい
るのが現代の病のような希ガスが、どーなんだろ。

120 :考える名無しさん:2005/11/21(月) 18:32:54
ルソー自身は『社会契約論』の中で革命はダメダメっていってるけどな

121 :松山義人:2005/12/05(月) 17:59:57
「キャプテン翼VS.J.J.ルソー」  投稿者: 松山義人  投稿日:12月 4日(日)19時08分55秒

キャプテン翼をパロディ化して、パロディ作家の側の個性を主張するには
お洒落なフランス人を描くか、イエス・キリストの姿を描くか、どちらかである。
(それでも、フランスの権威も聖書の権威もアマチュアよりはプロ作家である高橋陽一氏のものであるのにはかわりはないのだが・・・・。)

松山義人も試しに「大空翼」を描いてみる・・・。


=ミニ小説「キャプテン翼VS.J.J.ルソー」======================

大空翼は引退して、地元の有名なサッカーチームの監督に就任した。

彼は常日頃、教職や聖職者等が向いている、と周囲から言われていたので
ルソーのエミールを読んでみた。
彼はルソーの著作に感激して、休暇でフランスのパリへ出かけた。

ルソーの歩いた町を大空翼は見てみたかったのだ。

岬太郎は大空翼に、「ルソーにはお前のような奴しか残っていないのかもしれないね
 みんな、彼を見捨てていく・・・・・」とルソーについて語ったのだ。

だが、そういう批判は大空翼は気にとめなかった。

翼くんはこの旅行で奥さん(大空早苗)に買うルイ・ヴィトンの限定品を
買わなければならないが、
彼は以前、イタリア旅行でニセ物を間違って買ってしまって奥さん(早苗)に怒られたことがある。
お金持ちになっても、彼は、女性の贅沢品などには無頓着だった。



122 :松山義人:2005/12/05(月) 18:02:22
「キャプテン翼VS.J.J.ルソー」  続き

大空翼はルソーが生前に住んでいた、という家に行った。
家につくと、みやげ品コーナーがあって、ルソー作曲の「村の占い師」のCDが
ある。

ルソーは音楽家である。

音楽家が画家よりも思想家であり、哲学者であるというのは、音楽の仕事の内容が「恋愛を称えること」であり、
それは、「世の中をあっさりとタテに分類する」ということからなのだ。
画家は堅気としては「科学者」の職業の立場であって、そういうわけでペラペラしゃべらないのだ。
多くの画家から親切にされた大空翼はそれはなんとなく知っているのだ。

大空翼は、ルソーの告白を読んで、「この人は僕みたいだな」と思ったのだ。

英雄ナポレオンもルソーの墓まいりに出かけたのだという。
大空翼は「僕だってそのナポレオンの仲間である、英雄なのだ」と思った。
元プロスポーツ選手である彼には誇りがあるのだ。
しかし、大空翼は、子供のころ、ナポレオンのことをパスタの「ナポリタン」と
勘違いしていた!


123 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 10:00:00


124 :考える名無しさん:2005/12/15(木) 18:05:47
エミールのどの辺に

教育とは自然の性、すなわち天性に従う事でなければならない。

って書いてあったか覚えてる人いますか?
もし居られたら、ご教授お願いいたします

125 :考える名無しさん:2005/12/16(金) 13:13:30
はいはい宿題質問は帰ってね

126 :考える名無しさん:2006/02/08(水) 10:12:43
そして誰もいなくなった。

127 :哲学者 ◆PIln4q9LJc :2006/02/20(月) 12:08:26
神聖化age

128 :考える名無しさん:2006/03/24(金) 15:41:17
sage

129 :考える名無しさん:2006/04/16(日) 16:25:16
:: :..>ノ(、_, )

130 :考える名無しさん:2006/04/24(月) 20:46:55
*


131 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 08:40:18

 自分のことは平気で棚上げする

 一種の天才的な基地外ですな

132 :考える名無しさん:2006/04/25(火) 12:10:35
竹田青嗣・西研(著)『よみがえれ、哲学』では、ルソーを評価してたな。

オレは、ポール・ジョンソン(著)『インテレクチュアルズ』を読んで、ルソーの
実態について知ってるけど、それでも「オッ、そうなのか?」って思ったね。

133 :考える名無しさん:2006/06/05(月) 15:06:08
>>132
>ポール・ジョンソン(著)『インテレクチュアルズ』を読んで、ルソーの
>実態について知ってるけど

プププ


134 :考える名無しさん:2006/06/19(月) 10:06:58
竹田青嗣・西研でプププなら判るんだが、ポール・ジョンソンでプププは判らないな。

135 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 11:40:21
ルソーって作曲家?

136 :考える名無しさん:2006/08/31(木) 16:02:41
人間不平等起源論ムズィよー
このまえまでノホホンしていた大学生に
これはキビシイ。

137 :考える名無しさん:2006/10/02(月) 08:26:09
age

138 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 22:10:53
なにかかきこんでよ

139 :クウォンタム ◆sZMOg20d0E :2006/11/02(木) 22:16:52
社会契約論は好きですね

140 :考える名無しさん:2006/11/02(木) 22:26:29
レヴィ=ストロースは、ルソーが好きらしいね。

何でなんだろう?

141 :138:2006/11/02(木) 23:43:10
>>139-140
ありがとう

>>140
誰か忘れたけど、ルソー全集の解説の中で
レヴィ=ストロースはルソーの解釈が誤っているって。
だからじゃね?

142 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 01:25:34
マルクスもルソーが好きだろう。

143 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 01:42:46
沖雅也の遠い祖先だよね。

144 :140:2006/11/03(金) 07:59:39
>>141
レスありがとうございます。

レヴィ=ストロースのルソーの解釈が間違ってるんですか?

レヴィ=ストロースは、パリ大学で哲学と法律を学んだ優秀な人だし、当然のこと
ながらフランス語でルソーが読めるわけですけど、それでも間違えるんですかねぇ?

>>143
それは、どういう意味かな?
オレ判んない。

145 :考える名無しさん:2006/11/03(金) 13:05:33
>>140
レヴィ=ストロースが書いた『悲しき熱帯』にある
「一杯のラム」っていう章を読んでみるといいよ
中公クラシックスでは下巻の最後の方にあります

146 :140:2006/11/03(金) 16:44:09
>>145
おぉ、いろんな情報ありがとうございます。

147 :考える名無しさん:2006/11/09(木) 22:07:58
ルソーの肖像画だよ。
沖雅也をちょいと太らせたカンジ。

148 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 16:31:52
デリダ論のルソーは夢精するとはどういう意味ですかね?
根元の〜を読んでもよく分からなくて。

149 :考える名無しさん:2006/12/14(木) 03:51:15
∩( ・ω・)∩ばんじゃーい

150 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 03:25:20
sage

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)