5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

九鬼周造

1 :  :04/04/11 01:22
「いき」とは何ぞや。

2 :考える名無しさん:04/04/11 01:23
「粋」てのは「野生」+「洗練」だよ。

3 :考える名無しさん:04/04/11 01:24
渋味+甘味

4 :考える名無しさん:04/04/11 01:27
苦味+色艶

5 :考える名無しさん:04/04/11 01:41
野暮と知りつつ一歩踏み出す。いんじゃないかい?

6 :考える名無しさん:04/04/11 02:12


7 :考える名無しさん:04/04/11 02:21
すい

8 :考える名無しさん:04/04/11 02:26
「やせ我慢」も隠し味かな。

9 :考える名無しさん:04/04/11 02:28
九鬼の思想に現代性はありますか?

10 :考える名無しさん:04/04/11 02:30
現代つーか、昔も今もって感じはあります。ただ、「粋」という言葉が
死語になっちゃあ駄目でしょうが。

11 :考える名無しさん:04/04/11 02:33
面白い九鬼論ってありますか?
坂部恵のはイマイチでした。

12 :考える名無しさん:04/04/11 02:37
最近はやっているとは聞きましたが。
御真影を初めて拝見しました。
ttp://www.bun.kyoto-u.ac.jp/nittetsu/guidance/philosophers/kuki_guidance.html

13 :考える名無しさん:04/04/11 02:47
>>11
「論」以前に「粋」といえる事例が必要でしょうね。

14 :考える名無しさん:04/04/11 02:59
今、「粋」らしく見える(実像は知らないけど)のは演歌の氷川きよしかな。

15 :考える名無しさん:04/04/11 22:35


16 :考える名無しさん:04/04/11 23:04
哲学史稿は最強

17 :考える名無しさん:04/04/12 14:14
いきな芸能人と言えば、誰とかが当てはまる?

18 :考える名無しさん:04/04/12 14:23
田中マルクス

19 :考える名無しさん:04/04/12 14:47
教育者としても優れた人だったみたいだけど、早世したのが惜しまれるなぁ。

20 : :04/04/14 00:50
 

21 :考える名無しさん:04/04/21 14:49
『「いき」の構造』しか省みられてないのがかわいそうな感じもする。
この人の『人間と実存』は入門としてもいいらしい。

とりあえず関連スレの過去ログ。

九鬼周造
http://mentai.2ch.net/philo/kako/997/997335434.html
九鬼周造について。
http://mentai.2ch.net/philo/kako/1011/10117/1011716390.html
■■■九鬼周造其三■■■
http://academy.2ch.net/philo/kako/1016/10161/1016183259.html
日本の哲学者
http://academy.2ch.net/philo/kako/1030/10304/1030465448.html

22 :考える名無しさん:04/04/21 14:57
サルトルがハイデガーを「誤読」した理由に、
九鬼も一枚噛んでると聞いたのですが、本当ですか?

23 :考える名無しさん:04/04/21 15:22
九鬼周造といえば、母・初子をめぐる父・九鬼隆一と岡倉天心との三角関係。
http://www.nogami.gr.jp/rekisi/sandanorekisi/28_kukiryuichi/kukiryuichi.html

このサイトの下のほうに周造のことも書いてある。
フランス留学時代、サルトルが九鬼の家庭教師をしていたそうで、
相互に影響を受けあっていたらしい。

24 :考える名無しさん:04/04/21 15:45
サルトルが語学、九鬼が哲学を教えたんだろ?


25 :考える名無しさん:04/04/24 17:05
この人、意外にもダジャレが好きだったらしい。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000065/files/4402_12069.html


26 :考える名無しさん:04/04/24 17:16
>>25
ワラタ
見た目によらずお茶目な人なのね。

27 :考える名無しさん:04/05/11 01:36
男爵あげ

28 :& ◆hHSnp/xvQw :04/05/11 02:06
構造。

29 :考える名無しさん:04/05/20 00:18
『京都学派の思想』(人文書院)が最近出た。
なかなか面白いんだが、九鬼についてはほとんど記述がなかった…ショボーン(´・ω・`)

30 :考える名無しさん:04/06/08 05:35
.

31 :考える名無しさん:04/06/12 04:27
w

32 :考える名無しさん:04/07/09 18:29
pp

33 :考える名無しさん:04/07/09 18:35
このスレ3ヶ月で30レスってすごいなあ。
そういや、ちょい前に『偶然性の問題』読みました。

34 :考える名無しさん:04/07/11 00:21
あげ

35 :考える名無しさん:04/07/11 00:26
今の日本人自体が「いき」じゃないな。自己中の
ヘタレばかり。まあ俺もそうなのだが。

36 :考える名無しさん:04/07/14 00:28
世間とか身分といふ壁があって、「所詮」という諦観がある。
つまり社会関係への醒めた認識とあきらめがある。
「粋」とは、「所詮」を踏まえた行動の美学である。
世間の壁はいはば「定型」的な制約なので美学が成り立ちうるのである。


37 :考える名無しさん:04/07/14 00:38
青空文庫に7冊あるよ
http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person65.html

38 :考える名無しさん:04/08/13 22:37
くっきー♪

39 :考える名無しさん:04/08/13 22:38
江戸の心の粋?
呼吸の息?

40 :考える名無しさん:04/08/14 01:47
>>25
和辻哲郎を君づけかよ…。西田に天野、すごい面子だな。おい。

41 :考える名無しさん:04/08/26 11:23
>>16
いいね。
廉価版が無いのが惜しいが。

42 :考える名無しさん:04/09/02 03:10
粋に死にたい

43 :考える名無しさん:04/09/02 22:09
全集に収められてる、
ハイデガーやベルクソンなんかを扱った演習のノートの巻を借りて見た。
なかなか興味深い。

44 :考える名無しさん:04/09/02 23:07
ナチスのせいで教職追放されて困窮していたカール・レーヴィットを
日本で教職に就けるよう取り計らってくれたのが九鬼だったのね。

45 :コピペ-勿体無いので貼っとくでち。:04/09/26 22:51:38
185 名前:ちくわぶ ◆EEJUMPmqc2 投稿日:04/09/21 00:02:18
前にほかのスレに貼ったものでちが、
九鬼周造がつくった感情の系図ってのがあるので貼っていい?
って聞いといて承諾得る前に貼っちゃうけど。
               (可笑) (美) (厳)
                  \  | /
                   <驚>
                      (怪) 
                     |
                     (疑)
                     (惑)
          ____<  欲  >_____
         /           |  < 寂 >   \
     (満足)           |       |     (不満)
      /             |      |        \
     /            (不安)    |          \
    /          (希望)┴(心配) |            \
   /           (安心)×(失望) |              \
(楽)――<嬉>(喜)             | (歎)<悲>――――――(苦)
        |                  | /    |
        |    ┌――――――――(哀)      |
 (懐)    |   (憐)               (蔑)  |    (悔)
    \   |     \(畏)―――――(諦)/     |   /
      \ |  /      (誇)  (恥)     \ | /
(親)――<愛>――――――┤ × ├――――<憎>――(厭)
      / \      (妬)(羨)  (好気味)  /   \
     /    \                 (怨)      \
 <恋>      (恩)             <怒>       <恐>

(九鬼周造『情緒の系図』)


46 :考える名無しさん:04/09/26 22:53:25
>>45
誰か立体模型にして。
できれば雑誌の付録にするようキボン。

47 :考える名無しさん:04/10/14 04:51:44
いきの構造ってネーミングは、周造と構造をかけたらしい

48 :考える名無しさん:04/10/14 08:06:26
いきだね

49 :考える名無しさん:04/10/14 10:09:55
おまいら、『偶然性の問題』や『文藝論』、『人間と実存』についても語れよ。

50 :考える名無しさん:04/10/14 10:51:01
「萌え」の構造

51 :考える名無しさん:04/10/14 11:24:11
>>49
文庫で出版されてないから読者の裾野は狭いだろう。
やれやれ。

52 :考える名無しさん:04/10/15 10:09:02
語れるほどじゃないけど、偶然性の問題は
概念整理の書として読めたよオレは。

読んでると、頭の中がクリアーになってく感じ。
日本古典文学からの引用がすごくおもしろい。
「かきつばた」の句とかね。

53 :考える名無しさん:04/10/29 04:42:06
背が高いって写真見る度に思う

54 :考える名無しさん:04/11/01 00:01:01
ふむ

55 :考える名無しさん:04/11/03 01:32:34
九鬼を扱った論文で面白いのを知らないですか?
田中さんも含めて概説っぽいのが多いね。

56 :考える名無しさん:04/11/03 01:37:58
AV界のKUKIとは親類?

57 :考える名無しさん:04/11/03 22:47:54
『「野暮」の構造』すなわち増田達哉

58 :考える名無しさん:04/11/24 21:22:07
この人、カトリックだったのね。

59 :考える名無しさん:04/12/03 09:41:56


60 :考える名無しさん:04/12/19 21:25:32


61 :考える名無しさん:04/12/20 13:35:03


62 :考える名無しさん:04/12/20 13:35:24
>>58
それは岩下壮一じゃないのか?

63 :考える名無しさん:04/12/20 14:57:25
>>62
九鬼も受洗してたって聞いたことあるんだが。

64 :考える名無しさん:04/12/20 21:20:37
若いときはかなり熱心

65 :考える名無しさん:04/12/26 02:54:00
ほしゅ

66 :鬼六:04/12/26 05:27:11
        ピシッ!      '´ixi=ヽヽ    。 
      w  人 .///       i.  /))\\
ハウッ! (゚Д゚; <  > | |  (゚⊆ ゚。!l__!/    | | |
.    (=====)V \\  (⌒|二つ    //
   __ (⌒(⌒ )@.  ==-  )__|
 /\ ̄ ̄し' ̄ ̄ ̄\  (\,,イ
  ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄ ̄ ̄ ̄  /_/ |_|
         | |  ピシッ!  /._/ |__|
       / \    ∠/|  |ヽ_>

67 :考える名無しさん:05/01/08 11:05:33
fo

68 :考える名無しさん:05/01/15 02:37:16


69 :考える名無しさん:05/01/22 14:01:54
きーーーーーーーー

70 :考える名無しさん:05/02/23 03:12:13



71 :考える名無しさん:05/03/07 10:53:08
カランバ

72 :考える名無しさん:05/03/20 21:07:02
『偶然の問題』は用語がヘーゲルと似ていて、はっきり言って、極めて読みづらい。
西田の「絶対矛盾的自己同一」という用語の無理さと類似。

73 :考える名無しさん:2005/03/22(火) 13:49:46
私は西田はちんぷんかんぷんですが、
西田に比べて九鬼はずっと理解しやすいと思いますよ。
単に自分との相性の問題でしょうか。

でも、誰某が言うに〜〜とか、哲学の専門用語が多いのは確かに。
きっとすごい知識量だったのでしょうね。


74 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 03:15:33
オレも『偶然性〜』は読みやすかったと思うけど。丁寧だし。
旧かな漢字が読みづらいというオチですか。

75 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 03:31:13
分析哲学やっている人じゃないの?
なんでもヘーゲリアンに見える人っているし。

76 :ローカルルール審議中:2005/04/17(日) 12:51:36


77 :考える名無しさん:2005/05/04(水) 01:55:31
いい加減にage

78 :考える名無しさん:2005/05/19(木) 12:50:41
松岡正剛の千夜千冊

九鬼周造『「いき」の構造』
1930 岩波書店
http://www.isis.ne.jp/mnn/senya/senya0689.html

79 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 20:50:39
ho

80 :考える名無しさん:2005/07/05(火) 20:35:14
ほう

81 :考える名無しさん:2005/07/24(日) 15:52:52
h

82 :考える名無しさん:2005/07/28(木) 07:36:15
偶然スレは活気あるのに、ここは寂れすぎですね

83 :考える名無しさん:2005/08/29(月) 12:45:34
>>82
盛り上げてくれ

84 :考える名無しさん:2005/09/14(水) 23:30:50
保全

85 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 03:57:14
ほし

86 :考える名無しさん:2005/09/29(木) 03:59:56
キタワァ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(n‘∀‘)η゚・*:.。..。.:*・゜゚・* !!!!!

87 :考える名無しさん:2005/10/31(月) 19:55:20
11月22日に岩波文庫で『九鬼周造随筆集』重版。

88 :考える名無しさん:2005/11/26(土) 04:47:42
あげ

89 :micchan:2005/11/26(土) 10:50:29
あのー、九鬼周造って、名前ぐらいしか知らないんですけど、
どんな人なの?

90 :考える名無しさん:2005/11/26(土) 11:30:28
>>89
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B9%9D%E9%AC%BC%E5%91%A8%E9%80%A0

91 :考える名無しさん:2005/12/04(日) 07:35:52
九鬼周造随筆集買った。
いやぁ、いい文章書くねぇ、この人。

92 :考える名無しさん:2005/12/13(火) 09:54:15


93 :考える名無しさん:2006/02/02(木) 13:02:43
>>90
この逸話が面白いね

>彼は留学中、フランスで若きジャン・ポール・サルトルから個人的にフランス哲学・フランス語を教わっていた、という
逸話がある。一方でサルトルの方も、この時九鬼から現象学などの哲学についての影響を受けたのではないか、という説が
ある。
>彼が二度目に結婚した相手は祇園の芸妓であった。これには彼の生い立ちや独特の美意識というものが影響していたので
はないかと思われるが、周囲では「九鬼先生が講義にたびたび遅刻してくるのは、毎朝祇園から人力車で帝大に乗り付けて
こられるからだ」という噂がまことしやかに話されていたとのことである。



94 :考える名無しさん:2006/02/02(木) 14:26:37
「祇園から人力車で帝大に向かう漏れって粋だよな」
とか考えていたのかな、そいつ?


95 :考える名無しさん:2006/02/04(土) 01:35:40
ちくわぶは?

96 :考える名無しさん:2006/03/10(金) 13:11:15
omoroi

97 :考える名無しさん:2006/03/32(土) 14:03:27
いきだね

98 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 13:36:22
age

99 :考える名無しさん:2006/06/16(金) 02:35:37
KUKI

100 :考える名無しさん:2006/08/06(日) 02:54:58
豪快にage


101 :考える名無しさん:2006/08/08(火) 10:08:49
民族特有のものと書いてあったなぁ

粋ではないけど
国内企業に勤める年取った営業リーマンの活動は日本人特有
恩や情を含んだもの、なんかな…
CMでも米国みたいにライバル会社の商品を批判したりとか
ないなぁ。広告機構があるからかw

102 :考える名無しさん:2006/10/08(日) 15:43:14
∩( ・ω・)∩ばんじゃーい

103 :考える名無しさん:2006/11/04(土) 01:24:22
age

104 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 19:41:28
>>93
>毎朝祇園から人力車で帝大に乗り付けて

 粋を京都では「いき」ではなく「すい」という。

 したがって『「すい」の構造』が正しい。

 どーでもいいが、東大路を百万遍まで人力車で行くのは

 相当高くついたのではないか。

 俺も一度でいいから、やってみたい。

105 :考える名無しさん:2006/11/10(金) 22:27:57
>>104
まあ、貴族だからね。>お金
っていうか、貴族でもなきゃ10年近く海外に留学なんぞできるわけない。

106 :考える名無しさん:2006/12/17(日) 18:11:56
九鬼すげー

107 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 13:00:07
は九鬼

108 :考える名無しさん:2007/02/11(日) 15:30:45
ヘルス行きてえ

109 :南無:2007/02/11(日) 21:45:47
いきの構造は言葉から解釈学的に生に降りていくという意味でハイデッガー的ではあるが
いきはハイデッガーがそう思い込むような重要な概念でもなく、日本の思想、生活を規定しているものでもない
しかしこの本の二項対立の組み合わせで構成する方法は、構造主義をはるかに先駆けるものであり
一種の「モード」の構造分析としてバルトより先駆的。
あるいは、二項対立がけっして第三項によって揚棄されず、二項対立の緊張のまま留まり続ける所に「いき」があるとすれば
今日の弁証法批判を先取りしているかもしれない。

しかしいきの構造は文化のダイナミックな構造とは無縁
無力・欠如・怨恨を洗練にすりかえるような倒錯には何の共感も持てない
いきの構造の方法そのものは「いき」であるように思える・・・

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)