5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【印度】インド哲学【サンスクリット・梵】

1 :考える名無しさん:04/03/05 01:55
あるよで無かったインド哲学スレ
仏教哲学に限らず、ジャイナ教やウパニシャッド、ヴェーダ哲学なども含めて、
様々な観点から論じることが主眼です

【関連スレッド】
哲学としての仏教
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1074699315/l50
神様!仏様!キリスト様〜〜!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1050921306/l50
神様!仏様!キリスト様〜〜!
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1050921306/l50
仏教哲学を語ろう
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1034422567/l50
サンスクリット語で
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gengo/993291580/l50
心と宗教
http://etc.2ch.net/psy/

2 :考える名無しさん:04/03/05 02:03
だいじにつかってね(^_^)
なかよくつかってね(^_^)

3 :考える名無しさん:04/03/05 02:06
>>1
ヴェーダ哲学はヴェーダンタ哲学では?

4 :考える名無しさん:04/03/05 02:12
>>3
ヴェーダ哲学はヴェーダンタ哲学では?ではなく
ヴェーダ哲学ではなくヴェーダンタ哲学では?では?

5 :考える名無しさん:04/03/05 20:23
竜樹を最近研究中なんだが、イマイチよくわかんね・・・

6 :考える名無しさん:04/03/05 20:55
ナーガルージュナの専門家にわからないことは素人には余計わからん。
素人なりの理解とか書き込んでも、よくて論争になるか「そのレベルじゃ分かってる」と返されておしまい。

ここで書き込むより同業者の所にいけ

7 :考える名無しさん:04/03/05 21:01
多様な解釈を聞いてみたいんで、このスレでいいですわ。

8 :考える名無しさん:04/03/05 21:10
梵我一如が根源だよね。
つまり、宇宙の意志であるブラフマン(梵天)と
自分の意志であるアートマン(自我)は同じであると。
つまり、自分の意志は宇宙の意志でもあるのである。

9 :考える名無しさん:04/03/05 21:13
>>8
ナーガルージュナってそんなこといってたのか?
ちょっとびっくり。

10 :考える名無しさん:04/03/05 21:15
>>9
・・・ナーガルージュナって何です?

11 :考える名無しさん:04/03/05 21:17
>>10
あれ?綴り間違ってたか?

12 :考える名無しさん:04/03/05 21:25
>>10
龍樹のこと。

13 :考える名無しさん:04/03/05 21:27
>>8
インド思想の一部だな。
全体ではないでしょ。

14 :考える名無しさん:04/03/05 21:27
>>11,12
すみません。何も知らないんです。

15 :考える名無しさん:04/03/05 21:27
世界史ではナーガールジュナって習った。でもナーガルージュナでも平気では?
ナーガールジュナ=竜樹 ですョ。

16 :考える名無しさん:04/03/05 21:30
某大学インド哲学科に進学予定です。
っつっても日本にインド哲学科おいてる大学二つしかないけど。
このスレにはお世話になる筈〜

17 :考える名無しさん:04/03/05 21:30
竜樹って何?
bibleみたいなもの?

18 :考える名無しさん:04/03/05 21:31
>>16
どこ大?

19 :考える名無しさん:04/03/05 21:35
>>17
ナーガ(蛇神、=竜)ルジュナ(木)という名前の人、仏教哲学の大物で中論の著者

20 :考える名無しさん:04/03/05 21:37
印哲ある大学って東大、京大くらいか?
あれ、東大あったっけ。梵語学梵文学課程ってのはあったはずだが・・・確かあったはず。

>>9
8は竜樹っていうより、ずっと時代を遡ってヴェーダンタ哲学あたりの、
バラモン教の根底にある考え方みたいなもんじゃなかったか。

21 :考える名無しさん:04/03/05 21:45
>>20
流れ的にそういうことかと思った。
インド哲学でも梵我一如以外の立場もあるわけだし。

あと、ヴェーダンタ哲学の成立って龍樹よりあとじゃなかったっけ?
と思ってぐぐって見たら、成立自体は龍樹より古いんだね。勉強になった。

22 :考える名無しさん:04/03/05 22:09
宮元啓一がインド哲学というと神秘主義ばっか紹介されて
イメージが歪んで困るゆーて怒ってた。

23 :考える名無しさん:04/03/05 22:20
http://home.hiroshima-u.ac.jp/gavaya/

24 :考える名無しさん:04/03/05 22:58
知ったか馬鹿のせいでスレがとまった。


25 :考える名無しさん:04/03/06 02:06
>>22
ソース

26 :考える名無しさん:04/03/06 02:15
>>25
そこら中で書いてないか?

27 :考える名無しさん:04/03/06 02:35
>>26
一例きぼん。

28 :25:04/03/06 02:40
手元に本がないからあげられない。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062117150/
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062582554/

29 :考える名無しさん:04/03/06 19:55
>>19
もともとは、ナーガ(龍)+アルジュナ(マハーバーラータに出てくる英雄)
じゃなかったけ、ちなみにもう一人ナーガルジュナがいてそっちは龍猛と訳されている筈。

ナーガルジュナについて知りたい人は、とりあえず講談社学術文庫の「龍樹」を読め。
偉大な中村元先生の名著だ。


30 :考える名無しさん:04/03/06 19:55
http://www.bekkoame.ne.jp/ro/saisi-mami/av/mami_interview.html




31 :考える名無しさん:04/03/06 21:04
つまらん指摘だが、龍樹じゃなくて竜樹じゃないのかな。

ところでサンスクリットに詳しい人に聞きたいのだが、
ルジュナって「木」って意味なの?

32 :考える名無しさん:04/03/06 21:10
>>15>>19>>29
Naga + Arjuna
龍  +  樹
この名前、今でもインドではそんなに珍しくないそうです。

Arjunaはマハーバーラタに出てくるアルジュナ王子と同じですが、
こういう↓薬用植物の名前でもあります。
http://www.hort.purdue.edu/newcrop/CropFactSheets/terminalia.html

ちなみにナーガは印度の神話に出てくる架空の動物でして
絵などで見る限りでは龍と言うよりも「人面の蛇」なんですが、
水と雲を司る者であり、知恵の象徴でもあるといったところから、
中国人がこの名前を漢訳するとき、彼等の大好きな龍を持ち出したんでしょうね。
おっと、勝手な憶測で済みません(^^ゞ

>とりあえず講談社学術文庫の「龍樹」を読め。
禿同♪

>>1
スレ立て有難う。
以後、たのしみにROMらせて頂きます。

33 :考える名無しさん:04/03/06 22:40
京大にもインド哲学科あるんですか?知らなかったー。
自分は関東の者です。まだ印哲知識かはほっとんどないけど。。

34 :考える名無しさん:04/03/07 00:53
ヒンドゥー教はバガバットギーターが基本


35 :考える名無しさん:04/03/07 01:46
そういや、今宗教学ではヒンドゥー教って概念が問題になってるらしいな。

36 :考える名無しさん:04/03/07 11:19
>>34
岩波文庫の「バガヴァッド・ギーター」持ってるけど、訳はどうなの?
積ん読状態でまだ読んでいないのでインプレきぼんぬ。

37 :29:04/03/07 19:08
印哲って東洋大にもなかった?

38 :考える名無しさん:04/03/07 23:20
坂口安吾が東洋の印哲出だった微かな記憶

39 :考える名無しさん:04/03/07 23:22
サンクリってサンスクリット語の祭りがあるらしいね

40 :考える名無しさん:04/03/07 23:34
>37-38
正解。

41 :考える名無しさん:04/03/11 20:13
age

42 :考える名無しさん:04/03/11 21:09
印哲は
印度帰りのおじさんの話の方が面白いよ


43 :考える名無しさん:04/03/11 21:23
バガヴァッド・ギーターってヒンズー教での聖書みたいなかんじなんでしょ?
このあたりの文献だかヴェーダだかの一部がよろっぱで紹介されたとき
ドイツロマン派への影響いちじるしく、ショーペンハウアー(だったか)が
これ読めたので生きてて良かった、と言ったとかなんとか。
あの厭世家をしてですよ。w
バガヴァッド・ギーターは最高にすてきだよ。岩波文庫の翻訳ってどうなんでつか?
(長めでごめん)

44 :考える名無しさん:04/03/11 21:33
>バガヴァッド・ギーターは最高にすてきだよ。岩波文庫の翻訳ってどうなんでつか?
これは岩波以外の翻訳で読んだってことだよな?原書で読んだのなら読み比べればいいだけだし。

まさか、読んでないで最高に素敵とか言ってるってことは…


45 :考える名無しさん:04/03/11 23:08
サンスクリット知らないし、他の訳と照らし合わせて比較したわけではないので
正確な訳なのかどうか分かりませんが、筑摩書房のインド古典叢書に入っている
辻直四郎訳のギーターは(解説も併せ)最高だと思います。
43氏ではないけれど「これ読めたので生きてて良かった」と感じられる読み物ですよ。
しかしハレークリシュナ教団の信者に言わせると「辻訳は糞」なんだそうな。

46 :考える名無しさん:04/03/11 23:10
>>42
ワロタ
君は正しい♪

47 :考える名無しさん:04/03/18 00:20
誰だい

48 :考える名無しさん:04/03/18 12:59
印哲必読文献ベスト10はなに?
できれば翻訳のあるもので。


49 :考える名無しさん:04/03/18 13:10
バガガットギーター


50 :考える名無しさん:04/03/18 14:41
バガヴァッドギーターな。

>>48
印哲のどの分野?

51 :考える名無しさん:04/03/18 22:43
あの すみません
印哲についての具体的な話聞かせてください

52 :考える名無しさん:04/03/18 22:49
ねぇ哲学って何?具体的に。私は、人生をよりよく生きる
手段もしくは考えって思ってるんだけど、違うの?

53 :考える名無しさん:04/03/18 23:15
>>52
スレ違い。
ここはインド哲学のスレッドなので他行って下さい。

54 :29:04/03/19 13:42
>>48
新書や文庫で関連本を読むのがいいかと。

そこで、紹介されている文献にあたってみては、
ただ最近は絶版になっていたりするので、
手に入りにくいかも。

>>52、53
別にこのスレでもいいんじゃないかな。


55 :考える名無しさん:04/03/27 15:45
創造と破壊という概念には参った。

56 :考える名無しさん:04/03/27 16:00
創造の神、ブラフマン。
維持の神、ビシュヌ。
破壊の神、シヴァ。

世は創造、維持、破壊を繰り返すことから、
ヒンドゥー教ではこの三神が最高神であるそうだ。


57 :考える名無しさん:04/03/27 16:02
ちなみにこの繰り返しは有形無形すべてのものに当てはまり、
むろん思想にも当てはまる。

58 :考える名無しさん:04/03/27 16:38
>>56
弁証法的ですね。

59 :考える名無しさん:04/03/27 18:15
ガネーシャが好きだ。
ガネーシャにまつわる物語なんてのは蛭子さんのマンガのようだ。

60 :考える名無しさん:04/03/27 19:31
>>56
実際には、きれいに役割分担されてるわけではないけどね。

61 :考える名無しさん:04/04/06 19:31
保守

62 :考える名無しさん:04/05/01 19:15
大学で印哲やろうと思ってるんですけど、
語学とか相当難しいですか?イトコ(東大理系)の話によると、
「髪の毛が白くなるような呪文の数々」
だそうですけど。

63 :考える名無しさん:04/05/02 16:51
>>62
語学についてはここらへんを覗いてみたら。

サンスクリット語について
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/992178165/
■梵語■
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/gogaku/993006509/

64 :考える名無しさん:04/05/03 02:23
========================
================================================
創価学会員が奇妙な「哲学」を披瀝しています。
硯学の皆さん、この男の曲学を正してあげてください……。
                ↓
大切な想いをあなたに伝えたい/創価・公明@2ちゃんねる
http://society.2ch.net/test/read.cgi/koumei/1083426009/

>名前:希水 ◆O5iHeCraTI 投稿日:04/05/02 01:36 ???
>現在の私たちには「知識」と「知恵」の調和こそ急務です。
>その知恵の源泉こそ妙法であり、この情報化社会という
>荒海も信心という無量無辺の知恵の舵で……

>第一に大切な点は「全体性」もしくは「連関性」です。

>深層心理学や生態学の成果が明らかにしているように
>人間と人間、人間と自然・宇宙との関係を追っていけば
>つながりは無限に広がってゆくでしょう。
>小宇宙(ミクロ・コスモス)と大宇宙(マクロ・コスモス)とは……
========================
================================================

65 :考える名無しさん:04/05/31 18:32
サンスクリットは言語としては日本語より遥かに完成してるから学ぶのは簡単

66 :考える名無しさん:04/06/01 22:52
保守

67 :考える名無しさん:04/06/02 01:31
サンスクリット語は、形式言語学的にいうと、完全性が欠如してるね。

68 :考える名無しさん:04/06/02 01:52
欠如してない自然言語を教えてくれ。

69 :考える名無しさん:04/06/02 07:56
>>67 その根拠おしえて。

70 :考える名無しさん:04/06/08 23:59
>>62
英語やサンスクリットは必須で、
専攻によってチベット語やパーリ語、
研究書を読むためにドイツ語などを
習得しないといけないから大変は大変かもね。

71 :考える名無しさん:04/06/12 06:58
  

72 :考える名無しさん:04/06/13 04:36
   

73 :考える名無しさん:04/06/14 10:47
sage、sageのカラレス二連発が入ってるスレが多いような?


74 :考える名無しさん:04/06/14 12:55
すみません。どなたかこの分野に詳しいかたがおられたら。
初心者が読むべき必読文献のリストを挙げていただけると、
たいへんありがたいのですが。

75 :考える名無しさん:04/06/14 13:12
>>74

小室直樹著『日本資本主義崩壊の論理』がいいですよ。

仏教の根本的な論理が見事に抽出され、それがどんな歴史・社会・経済
を展開したかまで解明されいます。
興味深いのは、それがキリスト教との対比で仏教の真髄がより鮮明に明
らかにされているところです。

76 :考える名無しさん:04/06/14 15:33
>>74
やや古くなったかもしれませんが、概観を得るためにはこれがお勧め。
その巻末の文献表をみれば必読文献が一望できます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4130120158/

それで物足りないと思う方には、
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4831300454/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393312287/
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4393312295/

さらに一歩踏み出す人は、
S.N. Dasgupta, History of Indian Philosophy (5 Vols.)
をこちらで購入されることをお勧めします。
http://www.mlbd.com/

77 :考える名無しさん:04/06/14 15:50
仏教のお経は何が最高なんですか?

78 :考える名無しさん:04/06/14 16:01
論理学に限定されますが、明解で読みやすくしかも最新の成果が
盛り込まれているという名著を付け加えておきます。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4121014421/

79 :考える名無しさん:04/06/14 16:07
>>77
多分法華経だと思うな。

80 :考える名無しさん:04/06/14 16:14
>>77
そうゆう問いは、およそ仏教的ではありません。
その人にあったものがその人にとって最高のお経であり、
だからこそ沢山の教えが説かれたと説かれます。

そうは言っても高い見解と低い見解というものはあり、
顕教では『華厳経』であることは間違いないと思います。


81 :考える名無しさん:04/06/14 16:31
>>80
>そうゆう問いは、およそ仏教的ではありません。
ここは哲学板でしょ?

82 :考える名無しさん:04/06/14 18:16
>>77
良い質問だ。
蘇悉地経、コレに決まってる。

83 :考える名無しさん:04/06/14 18:27
>>73
その時間にこのスレが消えそうになっていたということ。

84 :考える名無しさん:04/06/14 20:09
>>75、76
情報ありがとうございます。

85 :考える名無しさん:04/06/14 21:16

算数クリックすると →  インド哲学サイトに飛ばされる


86 :考える名無しさん:04/07/05 05:32
>>74
ここが参考になりそう。
(インド哲学を学ぶのに)必要な科目
ttp://www1.u-netsurf.ne.jp/~hourei/indology/osusume.html

87 :考える名無しさん:04/07/17 00:02
実はインド哲学は簡単なんですよ。
そんなにえらそうな事は言いませんよ。
だからイイ!層化なんてわかっちゃいません!
邪道です。サンスクリットも知らないで偉そうに!
馬鹿丸出し!所詮日本古来の拝み教。
なんでもホトケ。アハハ。



88 :考える名無しさん:04/07/17 00:09
追伸
層化の奴にアーナンダのことを聞いたら、
答えはそうなんだと!
ガハハ・・・・無知そのもの!精々公明の利権で食ってくれ!
ブッタおこるだろうな。現世利権!

89 :考える名無しさん:04/07/17 00:32
まったくもってプププな仏は何佛なのでしょうか?

90 :考える名無しさん:04/07/17 08:25
>>87
じゃバルトリハリとウダヤナの思想特性を簡単明瞭に教えてよ。
アビナヴァもきぼんぬ。


91 :梵梵:04/08/30 16:10
はりくすぃなー

92 :考える名無しさん:04/09/23 23:16:33
あげるぜ

93 :考える名無しさん:04/10/02 03:32:06
いったい「インド哲学」って何だろう?
それはインド思想を西洋の視点からつまみぐいしたものなのか?
少なくともインド思想には到底哲学とは言えないものがたくさんある。
宗教しかり、神学しかり、科学しかり…
だいたい哲学という切り口自体が西洋的で違和感がある。日本思想は
あるのに日本哲学はごく最近のものだろう? 中国哲学というのもあ
るけれど…。

94 :考える名無しさん:04/10/02 03:43:05
>5
ヴィタンダーヴァーディン(反論だけして自分の主張を立てない論者)の3人のひとり、
と先生が言っていた。

1.ナーガールジュナ(仏教・『中論』)
2.ジャヤラーシ(順世派・『タットヴォーパプラヴァシンハ』)
3.シュリーハルシャ(ヴェーダーンタ学派・『カンダナカンダカーディヤ』)

95 :考える名無しさん:04/10/02 11:48:29
>93
西洋からの視点じゃなくて哲学からの視点でつまみ食いと言ってみる。
西洋哲学史も西洋思想史からのつまみ食いなわけだし。
哲学とは何か、はこの際考える必要はないとして。

96 :考える名無しさん:04/10/02 12:28:17
>95
いや……西洋哲学は、自他ともに認める哲学者が担ってきたものでしょう?
でも「インド哲学」で取り上げられる人は、哲学者というよりも聖典解釈者。
彼らは西洋的な意味での哲学をしようとしていた感じがしないのだよ。


97 :考える名無しさん:04/10/02 14:31:45
>>96
だから、西洋でもアウグスティヌスとか聖典解釈者もたくさん哲学史の重要人物に数えられてるわけじゃん。
ニヤーヤ派やヴァイシェーシカ派のテクストを翻訳で読む限り、プラトンやアリストテレスといった古代の哲学者に通じる問題意識を感じるが。
いや、通じるってだけなら現代の哲学に通じる部分も多いと思う。

98 :考える名無しさん:04/10/03 03:11:03
西洋哲学で聖典解釈者に分けたほうがよさそうな人はそんなにいない。
しかしインドでは聖典解釈者しかいないとさえ、言うことができる。
この違いは大きいんだが。

ヴァイシェーシカはギリシャ哲学の影響を受けているのでそれは確かだが、
読む我々がどこに通じる部分を見つけるかよりも、彼ら自身の著作態度の
問題。

99 :考える名無しさん:04/10/03 17:05:04
>西洋哲学で聖典解釈者に分けたほうがよさそうな人はそんなにいない。
中世ではほとんどそうじゃん。
必ずしも聖書の解釈に徹してるわけではないが、六派哲学や文法学派だってヴェーダなり何なりの解釈に徹してるには程遠い。

聖典解釈ってどういう意味で言ってるのかはっきりさせよう。宗教的文脈で議論を行ってりゃそうなのか。
聖典から引用して自己の主張を補強してればそうなのか。聖典のテキストの解釈が主な仕事でなければならないのか。

100 :考える名無しさん:04/10/04 02:08:08
六派哲学はそれぞれのスートラ、文法学派はパーニニが聖典。

聖典解釈とは他学派からの批判に対して、聖典が無謬であることを正当化すること。
自分自身の主張はないか、あったとしても控えめに語られる。なぜなら、学派の創始
者に反対すれば異端になってしまうから。たとえ言葉が違っても根本聖典と同工異曲
でなければならない。

彼らの著作を読んで我々が自由に哲学することはできる。しかしそのことは彼らが哲
学者であったことを意味しない。彼らはただ、その道のアーチャーリヤだというだけ
だ。

中世の西洋がほとんど解釈学だったとしたら、同じ理由で哲学の暗黒時代だったと言
えるのではないだろうか。

101 :考える名無しさん:04/10/10 19:07:07
すいません。
すっごい初心者なんですが、インド哲学の入門書としては何がいいでしょう?

102 :考える名無しさん:04/10/10 22:41:47
>101
はじめてのインド哲学 講談社現代新書 (1123)
立川 武蔵 (著)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4061491237/
76も良書だが、それよりも易しい。

103 :考える名無しさん:04/10/10 22:45:36
>>102
>>76にも似たような質問に対する回答があったんですね。
よく確認していなくてすみませんでした。
さっそく購入してみようと思います。

ありがとうございました。

104 :考える名無しさん:04/10/10 23:17:21
宮元啓一もいいぞ。易しいだけじゃなくて、思想の背後にある論理を伝えようとしてる。

105 :考える名無しさん:04/10/13 22:34:12
インド哲学って難しいよ。
講義聞いててもわからない言葉の乱舞だから知識がつくとか以前の問題なんだよな。
今、大学の1年生だけどこれから不安だ・・。OTZ

106 :考える名無しさん:04/10/15 11:36:31
先生誰?

107 :考える名無しさん:04/10/15 11:52:51
サンスクリットとか勉強しないのか?

108 :考える名無しさん:04/10/23 12:13:30
>>107
いや、サンスクリットとかそういう問題じゃないんだ。
例えば、初心者がパソコンを始めようと思ったとき
始めの頃は訳のわからない専門用語だらけで「わけがわからないだろ?
あれと同じような感覚

109 :考える名無しさん:04/10/26 22:49:30
保守

110 :考える名無しさん:04/10/27 00:58:05
>>105
印哲はどこの大学の哲学科の講義でも難しいから別に悩む必要はない。

ただ事前にインド史の書籍や宮元本あたりで興味や知識を涵養する必要はある。

サンスクリット語は院で印哲を専攻にしてるか古典語オタクを目指すのでもなければやらず
ともよい。とはいうものの勉強には相当時間を費やすのでやるなら時間的余裕がある大学
一・二年次にやっておいたほうがよい。

111 :考える名無しさん:04/11/01 00:11:11
ふむ

112 :考える名無しさん:04/11/06 23:36:24
アートマンとかブラフマンの「マン」って"man"なの?

113 :考える名無しさん:04/11/13 08:22:02
>>112
はいそうです。ローマ字サンスクリットでかけばそこは"man"です。

もっとも112さんはそういう意味で質問したんじゃなく、
「英語のmanなの」という意味で書いたっぽい。
それなら当然ちがいます。
"man"というのはサンスクリットによくある名詞語尾にすぎないし、
「人」という意味もありません。


114 :考える名無しさん:04/11/13 08:34:44
中村元の本なら、どこの図書館にもあるんじゃないかな。
日本人は仏教哲学関連からアプローチすれば入りやすい。

115 :112:04/11/13 14:09:54
私の質問は英語の"man"か? という意味でした。
回答ありがとうございました。


116 :考える名無しさん:04/11/13 14:41:29
マナスとマンは同語源だっけ?

117 :考える名無しさん:04/11/16 21:52:46
動詞語根√man(思う)からmanas(思考器官)が作られる。
ブラフマン(広がるもの)、アートマン(呼吸するもの)のmanは接尾辞manIN。

118 :116:04/11/16 23:45:59
マナスと英語のマンが

119 :考える名無しさん:04/11/17 17:36:15
1.考えるという語根に関係しているとする説

「またゴート manna, サンスクリット ma'nu(s.a)- は, 英語 man, ドイツ
Mann とともに, *men- 「考える」という語根に関係する形と推定される。」
(平凡社選書「ことばの生活誌」風間喜代三)
「man の語源は印欧語根の men-(考える) に由来します。」
(講談社現代新書「英語の語源」渡部昇一)

2.人は人だという説
「少なくとも、「手」を意味する語根 man- と結びつける説や、サンスクリッ
ト manu などとともに「人」を意味する語根 man- を想定する説があり、
「人」を意味する語根 man- とする説が有力なように思います。」

ttp://www.asahi-net.or.jp/~hi5k-stu/bbs/bbs0105.htm

両方あるみたいだね。

120 :考える名無しさん:04/12/05 10:25:49
ホシュ

121 :考える名無しさん:04/12/09 22:18:36
ケントデリカットの新刊71位
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/tg/detail/-/books/4796644024/contents/ref=cm_toc_more/250-2260522-4598652

122 :考える名無しさん:04/12/12 02:04:28
図書館で岩波のシャンカラの本を読んで魅せられてしまいました 早速購入しようと本屋やネットで探したんですけど、絶版なんですか?古本屋で探すしかないんでしょうか

123 :Hannibal ◆Lwtv9RqBLQ :04/12/12 02:13:30
どれのこと? これ?
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003326415/

124 :考える名無しさん:04/12/12 15:27:25
m(__)mまったくの初心者なんですが ブラフマスートラってなんですか? お経みたいなもんですか?

125 :考える名無しさん:04/12/12 23:50:39
ウパデーシャ・サーハスリーどこにも売ってねぇ 残念!

126 :アジューサ:05/01/20 01:07:35
坐禅と見性第12章☆審判の日の公正な秤(はかり)☆


http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1106063076/

127 :考える名無しさん:05/01/21 03:57:29
サンスクリット語やインド哲学を本格的に勉強する気なら、なるべく早めに
パーニニを読んだ方がいいよ、和訳も出ているし。
ちなみに俺がサンスクリット語の勉強をしたのは20歳のときだが、
ランマン+ホイットニー文法+辻文法+モニエル辞書で勉強した。
あと、先生につくのがいちばんいいが、品詞分解まで完璧にできて説明できる
先生を選ぶように。読本のグロッサリー程度の訳をそのまま信じている先生の
下では厳密に読めるようにはならない。
サンスクリット語を学ぶにあたって厳密さを追及する気がないなら、手を出さ
ない方がいい。

128 :考える名無しさん:05/01/21 04:39:43
アウトカーストのヒンドゥー教ほど悲しいものは無い。

129 :兎嗣:05/01/21 08:39:41
どーも。

すいません。寝てました。ていうかこのスレ最近agaりっぱなしな気がするのですが。

>>910

頑張ります。

>>912

休憩中などの二人きりの時のリアクションが好意的なのだから、僕に向けられてい
る、と思いますが、どうなんでしょう?
好意的に接してくれるから好きなのか、彼女が好きなのかは分かりません。
と言うか、正直彼女のどこが好きなのかもわかりません。でも、顔を見ると安心す
るというか、楽しくなると言うか、そんな感じです。

>>913

なんでもあり、だとは思いますが、出来ればスマートにいきたいですね。
それに、その言葉はなんか深そうなのでよく分かりません。



130 :兎嗣:05/01/21 08:40:42
すいません誤爆しました。
流してください。

131 :考える名無しさん:05/01/21 21:38:34
虐げられた人々ほど依怙地になりやすい。

132 :考える名無しさん:05/01/22 22:06:58
>>129-131
よく分からんが、ワロタ

133 :考える名無しさん:05/03/20 00:02:59
岩波文庫のサンカラの本が入手困難なんだが、だれか譲ってくれないかな。

134 :考える名無しさん:05/03/20 01:46:08
>>133
いまは売っていないのかぁ・・・

古本なら、山陽堂書店にあるとおもうけどなぁ・・・

BOOK TOWN 神田 山陽堂書店
http://www.book-kanda.or.jp/kosyo/1052/index.asp

135 :考える名無しさん:05/03/20 02:46:57
俺の印象では、印哲行く奴は馬鹿か天才かのどちらかだな。
俺はマルイ先生が苦手。チュウテツ まんせー

136 :十二使鳥:05/03/20 16:26:11
実は俺様は老子を引用したコピペをよく張るが
老子を参考にしたのは以後の話で、
以前に参考にしたのはインド哲学といってもいい、ある【絵】である。
こんな考え方や文献も何も残ってないだろうが
【インド哲学と老子の哲学は通づるもの】といっていいだろう。
 マイ哲学
http://bubble3.2ch.net/test/read.cgi/mukashi/1061081022/

137 :考える名無しさん:05/03/20 16:52:12
>>133
シャンカラ『ウパデーシャ・サハースリー』(青264-1)のこと?
俺が持っているのは1988年第1版発行で、その後再刷されているかどうかは分からないけれど、最近の本だから比較的入手しやすいんじゃない?
俺も地元の古本屋で買ったし。
多少値が張っても手っ取り早く入手したい、というのであれば>>134氏の紹介している山陽道書店(支店)に問い合わせるのが一番いいと思う。

138 :考える名無しさん:2005/03/23(水) 04:11:06
1回再販されて、また絶版になっている。山陽堂は文庫でも価値を知っていて値段を高くつけるから、
東京在住なら神保町めぐりをしてみたら?
すごくほしい、今すぐほしいならコピーするのも一手。

139 :考える名無しさん:2005/03/30(水) 21:29:46
教官名入りリンク集ハケーン
ttp://www1.u-netsurf.ne.jp/~hourei/indology/link.html

140 :ウキグリバの戦士:2005/04/03(日) 02:12:26
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/atopi/1077979290/l50

141 :ローカルルール審議中:2005/04/16(土) 10:32:51
>>133
亀レスでスマソ
ヤフオクに出てるよ。
ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/77028879

142 :考える名無しさん:2005/05/03(火) 09:20:12
『仏教・インド思想史辞典』はなかなかイイ。けど、とっくに絶版か。

143 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 00:37:42
学問に関係なくてスマソ。
先日、電車でサンスクリット語を読んでる輩に出会った。
急ブレーキで子供が倒れそうになった時、サッと自然に子供を支えようと
手を差し出した彼。
人間的なあたたかさを感じました。


144 :考える名無しさん:2005/05/05(木) 01:01:02
サンスクリット
サン・スクリタ
サン・すくいた
サン・救った
息子救った

ありがとう・・・


なにやってんだ俺・・・ orz

145 :考える名無しさん:2005/05/24(火) 12:39:46
シャンカラのピンク色の本を探しています
内容は「無」と「有」の否定だった気がします
ご存知の方いらっしゃいますか?


146 :考える名無しさん:2005/05/30(月) 12:40:54
岩波文庫でならウパデーシャサーハスリー、でもあれは青だったはず。
ピンクというとバガヴァットギーターかな? シャンカラ注はないけど。

まさかインド本じゃないよね?

147 :羽仁五郎:2005/06/03(金) 21:50:59
四句分別を、サンスクリットや英語ではなく、レンマというギリシャ語で説
明するのは何故なの?

148 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 09:08:49
マヌ法典ハァハァ

149 :考える名無しさん:2005/06/06(月) 20:16:29
1:『中論頌』については、どなたの邦訳が一番厳密でしょうか?

2:『中論頌』第二品の gata(已去) agata(未去) gamyamana(去時) 括弧内は漢訳です。
此等は其々単体では厳密にはどう読むべきでしょうか?

例えば gata の場合「すでに去られた」という受動的なのか、
「すでに去った」という能動的なのか、
すでに去られた/去った、“ところ”か“もの”か “こと”か
“状態”か“世路”か“是等ではない”のか。如何でしょうか?


150 :考える名無しさん:2005/06/08(水) 02:59:07
gataM na gamyate tAvad agataM naiva gamyate |
gatAgatavinirmuktaM gamyamAnaM na gamyate ||
gato na gacchatiではなくgataM na gamyateなので、
「(何であれ)すでに去られたものは去られない、まだ去られていないものはなおさら去られない、
すでに去られたものでもまだ去られていないものでもない、去られつつあるものは去られない」
というのが直訳ではないかと。日本語としてはもっとこなれていた方がいいですが。

151 :149:2005/06/09(木) 08:14:37
>>150
ありがとうございます。
「すでに去られたもの・まだ去られていないもの・去られつつあるもの」
というのは、25頌の「去られるべき処」なのでしょうか?
立川先生の『空の構造』p70には、そのようにあるのですが如何でしょう。


152 :考える名無しさん:2005/06/11(土) 12:28:25
tasmAd gatiz ca gantA ca gantavyaM ca na vidyate ||
だから去ること(行為)と去るもの(主体)と去られるもの(対象)は存在しない。
1と同じなのは去られるもの(対象)ということになるでしょうね。
行く√gamの対象になるのは場所(村とか)ですので「処」という訳はよいと思います。

153 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 04:53:36
ところで梵我一如に相当するサンスクリットってあるのでしょうか

154 :考える名無しさん:2005/06/13(月) 12:27:48
大文章と呼ばれるこれ↓に日本のインド哲学者が名前をつけたもの。brahma-Atma-ekatAなどという言葉はない。

   aham brahmo'smi(我はブラフマンである)

155 :考える名無しさん:2005/06/16(木) 21:20:49
evaM mayA SurtaM|

156 :149:2005/06/18(土) 21:35:31
>>152
ありがとうございます。質問ばかりですみません…。

第2頌等の gati と第3頌等の gamana は、
それぞれ、どう訳すべきでしょうか。
また、どのような関係にあるのでしょうか。
例えば、全く峻別されるべきことなのか、
それとも、同義異語という程度なのでしょうか。
ちなみに第18頌では、殆ど同義異語的に扱われているようなのですが。
ちなみに、三枝訳註『中論』レグルス文庫では、
前者が「去ること」後者が「去るはたらき」と訳されているようです。

157 :考える名無しさん:2005/06/19(日) 12:35:19
言葉が違う以上、別の言葉で訳したほうがいいのでしょうし、注釈によって別の解釈があるのかもしれませんが、
文法的にはどちらも去ること(行為)を表します。言葉遣いが変わるのは韻律を整えるためでしょう。

158 :149:2005/06/21(火) 16:05:48
ありがとうございます。
『国訳一切経 中観部一』の註を確認したのですが、
「去ること」は、『「去るはたらき」により、引き起こされた状態』、
ということが書かれていました。

また質問で申し訳ないのですが・・・。
今度は龍樹『根本中頌』ではなく、世親『中邊分別論』についてです。
第一章「相品」の「自相」を説く箇所で、
『義(アルタ)として、有情(サットヴァ)として、我として、了別として、顕現する識が生起する。
しかし、その(義・有情・我・了別の四つの)義は実在するものではない。
それが実在しないから、かれ(顕現する識)もまた存在しない。』
とあり、それらの義が実在しない理由の内、
『義と有情として顕現する(識)には、AkAraが無いから』とされています。
この訳は長尾先生の訳です。此処で二つお聞きしたいのですが、
@此処では、義と有情として顕現する識、なのか、義と有情としての所顕現、
つまり、顕現する識に行相が無いのか、顕現したところである義と有情に行相がないのか、
どちらでしょうか。長尾先生は、前者と解しているようです。
Aまた、此処でのアーカーラ・行相は如何なる意味なのでしょうか。
ちなみに長尾先生も邦訳の註でこの「行相」の語が難解だ、とされています。
また、安慧『中邊論疏』や護法『成唯識論』は行相を能縁として考えているようですが。

159 :考える名無しさん:2005/06/21(火) 16:11:49
a

160 :考える名無しさん:2005/06/23(木) 05:31:48
そこまで込み入ってくると、ちょっと2ちゃんねるでは手に負えないかも。
ガジン先生も難しいと言っておられるのなら、大学の先生にしたってさらり
と答えられるものではないでしょう。
唯識思想の体系や歴史的変遷、そして先行研究を踏まえて研究ください。
AkAraと言えばふつう、有相唯識、無相唯識などで用いられる認識の見え方で、
自分の認識内容を再び認識したときにわかるものです。仏教では、外界の
対象が認識に取り込まれるのではなく、認識自体が無始の薫習や種々の原因で
であるかたちを取り、それがあたかも外界にあるかのように錯覚させます。
そのかたちがAkAraであるというのが私の理解です。そしてこのかたちを媒介に
能縁と所縁は同じものになります。
ですから、AkAraが何のものかは2つが同じだというところでの話なのか、違うと
思われているときの話なのかによってちょっと話が変わってくるでしょう。

私は仏教徒ですが仏教学者ではないので、これぐらいで。

161 :考える名無しさん:2005/06/27(月) 15:31:58
面倒なことをお聞きしてすみません。

あの箇所に拘らず単純にアーカーラというのは、
語学的には、どのような語根から派生した、
どのような意味の語なのでしょうか。

162 :考える名無しさん:2005/06/29(水) 03:50:08
A+√kR「近くにもってくる」が語根で、
AkAraの意味は「かたち」。
近くにもたらすもの=目に見えようにするものということ。

163 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 01:16:46
どなたか、梵字の濁音について教えてください。
ど、で、の梵字が知りたいのです。
スレ違いですが、スレッド検索すると、2つしかhitしなかったので・・・

164 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 13:55:10
梵字って日本の物でしょ
サンスクリットとは別

165 :考える名無しさん:2005/08/06(土) 23:12:26
知ってる方いないかなぁと

166 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 12:34:37
サンスクリット読めないのですが「ブラフマ・スートラ」を読みたいのですが何かお勧めなものはありますか?あとウパニシャドもお勧めの訳、注釈があったら教えてください。

167 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 12:46:10
語学板or言語板いけよ

168 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 12:54:03
>>164
>梵字って日本の物でしょ
>サンスクリットとは別
違うよ。ちゃんとインドの文字(の一つ)。
現在サンスクリットを表記する文字の主流であるデーヴァナーガリー文字と違うだけ。

169 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:33:26
まずこれが和訳です。
シャンカラの哲学 : ブラフマ・スートラ釈論の全訳 / 金倉円照 訳 ; 春秋社, 上. 1980.下. 1984.

以下、参考まで
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4003326415/qid%3D1124166447/250-7008597-3857860
ヴェーダーンタ・サーラ : 原文対訳 / サダーナンタ著 ; 中村元訳註. 平樂寺書店, 1962
および中村元全集のヴェータンタの研究
ヴェーダーンタの哲学 : シャンカラを中心として / 前田專學著. -- 平楽寺書店, 1980. -- (サーラ叢書 ; 24)
シャンカラ伝:
http://homepage2.nifty.com/niketan2/shankara1.htm
http://hpmboard2.nifty.com/cgi-bin/reply.cgi?user_id=UEG53356&rpy_no=12&msg_per_page=10&def=10

ウパニシャッド / 辻直四郎 [著]. -- 講談社, 1990. -- (講談社学術文庫 ;
ウパニシャッド / 佐保田鶴治著 ; 新装版. -- 平河出版社, 1983
ウパニシャット全書 / 高楠順次郎 [ほか] 譯 ; 世界文庫刊行會編、世界文庫刊行會, 1922.

ウパニシャット、ブラフマスートラ註の英訳:
http://www.sacred-texts.com/hin/index.htm

ウパニシャットの梵本:
http://www.sub.uni-goettingen.de/ebene_1/fiindolo/gret_ree.htm#Upan

ブラフマスートラ註の梵本:
http://www.sub.uni-goettingen.de/ebene_1/fiindolo/gret_ree.htm#Vedanta

170 :考える名無しさん:2005/08/16(火) 13:49:28
>169
ありがとうございます。探してみます。ブラフマスートラの主な内容はどのようなものですか?
あとサンキャ派とヨーガ派、ウ゛ェーダンタ派の決定的な違いは何でしょうか?

171 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 15:42:16
170
主な内容とか決定的な違いとか こういうとこで簡単に聞くな!
自分が何をしたくて何を知りたいのかもう一度よく考えてみろ。



172 :考える名無しさん:2005/08/17(水) 18:30:37
>171
失礼いたしました。

173 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 00:40:40
どなたか
三昧(サマーディ)と瑜伽(ヨーガ)と禅(ドフゥヤーナ)
の関係について(特に仏教において)を体系的に解説した書籍・論考をご存知の方、
これらの違いについてご存知の方、ご教示願います。

174 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 00:47:46
素人です。
丁寧にデッサンするのと、
手早くクロッキーするのと、
上手い絵を丁寧に模写するのと
どれに力を入れたらいいでしょうか

175 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 10:36:28
誤爆乙

176 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 13:01:12
>>174
糞ワラセ

177 :考える名無しさん:2005/08/21(日) 15:28:30
>>153 >>154
Ayam ātmā brahmā それから
aham brahmo'smiじゃなくてaham brahmāsmi

178 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2005/09/11(日) 20:19:49
中世インドの女性詩人、ミーラー・バーイーの詩集が出たらしい。
本の題名は「ミラバイ訳詩集」。ジュンク堂に売っていた。
訳者は、美莉亜とかいう人らしいが、今は、
プラーナの最高峰、「バーガヴァタ・プラーナ」を翻訳しているらしい。

179 :考える名無しさん:2005/10/09(日) 15:16:45
ダールマのこと?

180 :考える名無しさん:2005/10/21(金) 09:54:01
ジャイナ教は無いんでつね。

181 :考える名無しさん:2005/11/06(日) 23:48:30
>>178
買ったよ〜〜

ところでインド論理学(二ヤーヤと仏教)に関心があるのですが、
やはり記号論理学も勉強したほうがいいですよね?
文献学的な専門家になりたいというのではなく、
自分自身の思想的な関心として学んでみたいのですが・・・。

182 :考える名無しさん:2005/11/08(火) 00:16:02
>>181
君が俺と同じくらいの素人と仮定してレスするが

こういう意見もあるし、記号論理学によるインド論理学研究も多少あるらしい。
ttp://homepage1.nifty.com/manikana/buddhalogic/prologue.html
ただ、この人の記号論理学理解がものすごく初歩的なレベルで間違ってるので注意。
記号論理学の"if then"”ならば”ってのは理由であって、因果ではないのにごっちゃになってる。

183 :考える名無しさん:2005/11/08(火) 00:39:16
確か元北大の石飛さんですね。
『ブッダの論理学』でしたでしょうか・・・この本は。
まあ、私は論理学については>>182には及びもつかないど素人ですから、
恐らく現時点で石飛さんの著書を読んだとしても、
適切な批判はできないと思います。
ただ記号論理学から仏教思想にアプローチしていくというのも、
ひとつの可能性として面白いのかな、、、とは思いした。

ありがとうございました。


184 :考える名無しさん:2005/11/08(火) 01:12:12
去年の三月のレスに東大と京大しか印度哲学科はないとか言ってるけど、

これ以外にも、
北海道大、東北大、大阪大、広島大、九州大、
なんかで印度哲学は学べるはず。と超亀レスしてみる。まあ少ないわな。
哲学科自体存続の危機にあるし。

185 :考える名無しさん:2005/11/08(火) 01:15:34
あと金沢大学と信州大学でもね。
金沢なんかは島先生がいるので、ヴェーダーンタやるにはいいかも。

186 :考える名無しさん:2005/11/14(月) 12:13:43
サンスクリット語は仏教系の私立でも学べるが、肝心の印哲の講座が少なさ過ぎて。

187 :考える名無しさん:2005/11/14(月) 17:22:37
東洋大は印哲の講座あるんじゃないの?
早稲田の東哲はどうなんだろ?
あと大谷と龍谷でも印哲の講座はあったのでは・・・。

188 :考える名無しさん:2005/12/02(金) 17:07:18
あげ

189 :考える名無しさん:2005/12/03(土) 12:55:43
さげ

190 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 12:42:01
>>185
名古屋大がない…OTL
いちおう名古屋でも印度哲学は学べますよ。

191 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 16:07:14
東洋大は1年から印哲の講座みっちりありますよ。
サンスクリット、ヒンディー、パーリ、チベットなど語学講座もあります。
ゼミは仏教哲学〜ヒンドゥーバクティまで幅広く揃っておりました。

図書館は原典・洋書など充実。
先生と仲良くなれば秘蔵の書物も貸してくれます。

192 :考える名無しさん:2005/12/20(火) 16:52:29
名古屋は分析以外も強いの?

193 :考える名無しさん:2006/01/22(日) 03:48:56
東洋の印哲に推薦で受かってしまった。
カリキュラムについて行けるか不安だorz
このスレにはこれからお世話になります。

194 :考える名無しさん:2006/01/22(日) 14:33:08
がんばって日本をインドに改造して下さい

195 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 18:56:08
「インド学」とは何ですか。

何度説明しても何となく変な顔をされます。
みなさん、何て説明してますか。

196 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 21:51:39
まえ印哲のガイダンスに行ったけどインド学っつうのをえらく強調してたな。
インド文化に関ることならなんでもありみたいな言い方だった。
やる気さえあれば(インド固有の)数学やってもいいとか言ってたな。

197 :考える名無しさん:2006/01/25(水) 22:26:59
エジプト学や女性学なんてのがあるのだから・・・おかしくはない。

198 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 00:09:21
サンスクリットには八つの格がありますが、
印欧祖語の格はもっと多かったのですか?

199 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 01:03:42
>>193
今のうちから、軽く勉強ししておくことお勧めします。
確か1年からサンスクリット等必修が多かった気が・・・
東洋、若干教授陣変わるらしいからわかりませんが。


200 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 20:05:38
>>195
「インドに関することなら何でも扱う学問、ただし近現代を除く」
というのが一番簡潔なのでは?


201 :考える名無しさん:2006/01/26(木) 20:10:09
>>182
おいおい。
material implicationなら「原因」でもなければ、「理由」ですらないぞ。
大丈夫か、インド?

202 :考える名無しさん:2006/01/27(金) 14:00:57
>>182
有に基づく論理学では因果関係を記述できないということが主眼ではないか?

>>201
ということであなたに質問ですが、現代論理学では因果関係は記述できるんですか?


203 :考える名無しさん:2006/01/27(金) 14:35:10
聞かれた椰子ではないが勝手に答えれば、
因果関係を論理的に記述しようとする試みとしては、
「仮定法条件文」(「もし・・・だったとしたら・・・だっただろう」)
の論理なんてのもある。様相論理の変種だけど。




204 :考える名無しさん:2006/03/20(月) 03:32:33
age

205 : ◆HQP5Ne.UoA :2006/04/08(土) 03:26:05
全くの素人なのですが、インド哲学、サンスクリット、梵字、お釈迦様、仏教等に興味あります。

宗教学全体にも…

趣味でやろうと思ってます。

本を読む場合、お勧めなどありますか?
独学でサンスクリットの勉強は難しいでしょうか…?



206 :考える名無しさん:2006/04/09(日) 17:26:17
以下をお勧めします。
水野弘元、仏教要語の基礎知識、春秋社
平川彰、インド仏教史、春秋社
原実他、インド思想史、東京大学出版会
http://lapc01.ippan.numazu-ct.ac.jp/b/bukkyou1.htm#ch1

サンスクリットの独習はラテン語かギリシャ語の素養のある人は大丈夫だと思いますが、
そうでない人は難しいと思います。なぜなら文法書がその知識を前提に書かれているからです。
http://www.manduuka.net/sanskrit/index.htm


207 :考える名無しさん:2006/04/21(金) 22:56:53
バラモン教とヒンドゥー教の境を知りたいです。

ヒンドゥー教はバラモン教+インドの土着信仰・風俗と理解しているのですが(間違っていたら訂正お願いします)
それ以前と以後で呼称が変わる決定的な出来事のようなものがあったのでしょうか?




208 :考える名無しさん:2006/04/22(土) 10:11:00
ない。
近代西洋人が勝手に分類しただけ。


209 :考える名無しさん:2006/04/27(木) 04:34:01
ねこぢる

210 :初心者:2006/04/27(木) 21:40:38
人間として生まれたからには仏教を知ろう、
それにはお釈迦さまからと
@「仏教入門」三枝 岩波新書
A「阿含経典による仏教の根本聖典」増谷 大蔵出版 を買った。

 隔靴掻痒というか、ちんぷんかんぷんというか・・・・
 

 

211 :初心者:2006/04/28(金) 00:00:58
カースト制度で差別を固定化しているヒンズー教に

偏見を持つおいらがいる。

教義がご立派でもやる事がクズだと教義がナンセンスなのだ。

212 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 11:06:11
>>210
お釈迦さん自身に興味があるなら、これらがお薦め。

「釈尊の生涯」 春秋社/水野弘元
「釈尊との対話」 NHKブックス/奈良康明
「仏教用語の基礎知識」 春秋社/水野弘元

213 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 13:19:32
大して興味もなかったのに大学でインド哲学の学科に入ってしまって死ぬほどキツい。
もう3年生になるのに下の学年の人の方が俺より知識あるし。
というかそもそも動機自体が安易だったんだよな・・・・。
今思うと大学生の思考とは思えないほど幼稚な動機だから誰にも言ったことがない・・・。

214 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 14:55:05
インド哲学や仏教は西洋哲学より学習しやすい。主要な古典には注釈があり、
主要な注釈には末注があるから。西洋では注釈学が発達しなかった。
梵文や漢文が読めることは最初から必要。そのレベルで勉強する人には
おそらく西洋哲学より学習しやすい。しかし教養の哲学のようなものは期待できない。

215 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 15:13:06
バガヴァッド・ギーター買いたいのですが、どこの出版社から出ているものがいいんですか?
>>1から読んだのですがちんぷんかんぷんで…。

216 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 16:28:24
>>215 上村勝彦訳、岩波文庫が圧倒的に優れている。
日本有数の文献学的能力に加え、女神の加持を受けているから。
読めば分かる。

217 :考える名無しさん:2006/04/28(金) 16:38:40
ギーターはインド教最大の古典だから幾つもサイトがある。
その中で次のが読みやすいとおもう。変化形の説明まではないが、逐語語釈あり。

ttp://bhagavadgitaasitis.com/en

218 :考える名無しさん:2006/04/30(日) 17:01:26
>>214 
 それ本当?注釈書ってあくまで注釈家の立場からの解釈だし、西洋哲学だっていろんな分野があるので学習しやすさは一概に言えないのでは。
ただインド哲学とかはあまり研究されていない文献がまだまだありそうなので、研究テーマには事欠かないかもしれないけど。

219 :考える名無しさん:2006/05/09(火) 11:10:32
>>216>>217
dクス!!!!

220 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 13:37:34
インドの珠玉の言葉スレで質問したけど答えて貰えなかったので教えてください。

晩年のガーンディーは裸体の若い女性たちとベッドを共にして
「自分がほんのわずかでも性欲を感じないか」を確かめようとしたという。

・・・とWikiにあったのですが、結局性欲は微塵も感じなかったのかな?
知ってる人いましたらお願いします。

あと何故禁欲を?
エゴ(悪魔)を極限まで抑え自己をブラフマンに近づけるためかな?

そして最後に創造の神=梵天(ブラフマン)、維持の神=ヴィシュヌ、破壊の神=シヴァで、
創造、維持、破壊の繰り返しとされているけど、絶対的なブラフマンが完璧なものを創造できないということは、
ブラフマンも我々と同じで成長段階なの?

スレ違いですができれば回答お願いします。

221 :考える名無しさん:2006/05/14(日) 17:49:02

サンスクリットを知らんようだなw

222 :考える名無しさん:2006/05/15(月) 18:41:39
インド哲学はデタラメ妄想思想に過ぎんことに早く気づけよ。

223 :考える名無しさん:2006/05/15(月) 20:23:32
汝が現実と信じるものこそ妄想と気づかれたし

224 :考える名無しさん:2006/05/15(月) 22:41:32
ヴェーダンダ哲学だけじゃなく、文法学派とかヴァイシェーシカ・ニヤーヤの論理学も勉強しろ。

と門外漢が言ってみる。

225 :考える名無しさん:2006/05/17(水) 01:51:42
>>221
じゃあ教えていただけませんか?

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :■霊感商法詐欺師☆阿部将英どりーむろっじフルフィルメント瞑想:2006/06/22(木) 14:46:38
http://www3.ezbbs.net/34/abemasahide/img/1150863025_1.jpg
★偽名で開設された嘘の銀行口座 みずほ銀行蒲田支店3160358アベマサヒデ
※街中でこいつの顔をみたら110番

228 :考える名無しさん:2006/06/22(木) 15:32:32
ゴンダの『インド思想史』ってどうですか?

229 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

230 :指し指 ◆6wmx.B3qBE :2006/06/23(金) 13:47:07
サイババをどう考えるかだな

231 :考える名無しさん:2006/06/23(金) 14:08:36
>>230
ウィキの記事によると、評判は良くないですな。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%90

232 :考える名無しさん:2006/07/05(水) 18:38:27
》228
J.ゴンダさんは、インド学のオーソリティであることは間違いないです。
しかし、岩波文庫『インド思想史』を必読書として紹介されたことがないので、読んでいません。
同じ『インド思想史』でしたら、東大出版から出てるのがおすすめ。
20年以上たっていますが、先生方の心意気が伝わってきます。

233 :考える名無しさん:2006/07/14(金) 02:08:49
誰かヒンドゥー文献の教科書譲ってくれるヒトぃなぃ〜(>_<)?

234 :考える名無しさん:2006/10/16(月) 02:10:16
どうやって受け渡しするんだよw

235 :考える名無しさん:2006/10/22(日) 07:47:22
東洋大学インド哲学ってどうですか?

236 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 22:48:41
インド古代史はインドで歴史書というものが書かれなかったため、思想書からの再構築したものの
類推ということになるとのことですが、これもインド学の一部門ということでいいのですか?

237 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 22:53:19
インド古代史は、古代のインドで歴史書というものが書かれなかったため、古代の思想書の内容に基づいて
類推したものから再構築したものになると思うのですが、これもインド学の一部門ということでいいのですか?

238 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 22:59:05
史学でも印哲でもどっちでもいいんじゃね。

239 :考える名無しさん:2006/10/24(火) 23:10:15
印哲という響きは、それだけで相手に一目置かせるよねw
さらに東大の印哲ともなれば・・・・

東洋大学だとどんな印象を与えるだろう・・?

240 :考える名無しさん:2006/10/25(水) 00:42:02
ガンジーは、生前ビンビンオヤジだったって告白してるよねw
禁Hだけは断食無しには絶対無理!だってさっwww
『私にとっての宗教』でも読んでみれば?

241 :フルフィルメント瞑想どりーむろっじ阿部.将英犯罪暴露 :2006/10/25(水) 14:22:39
フルフィルメント瞑想どりーむろっじ阿部.将英犯罪暴露
(内部告発の声)http://school5.2ch.net/test/read.cgi/lifework/1161676528/
(mixi ) ttp://mixi.jp/view_community.pl?id=1086069
■詐欺師どりーむろっじ阿部.将英の犯罪を暴露された2ちゃんねスレ
(覚せい剤取締法違反・公文書偽造横領罪)http://pc8.2ch.net/test/read.cgi/sns/1161212379/l50
フルフィルメント瞑想詐欺師 阿部.将英とは? http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/sns/1158794718/l50
■偽名偽造銀行口座 みずほ銀行蒲田支店3160358アベマサヒデ
■神奈川県大和市中央 4-14-24-806 (別サイトでは引越ししたと嘘を表記)
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E9%98%BF%E9%83%A8%E5%B0%86%E8%8B%B1&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=
※覚せい剤中毒者阿部.将英を見かけた人は即110番通報お願いします。

<阿部.将英★被害者の感想>94 :名無しさん@3周年:2006/07/27(木) 23:49:00 ID:dq2OV3yn
>阿部(将英)はフルフィルの古株だけど味噌っかすだから。
>ボブ・フィックスのフルフィルを正統に伝えているとは言い難い。
安倍(阿部.将英・どりーむろっじ)ってボブから日本のムーブメントをまとめてほしいって
依頼されたんだけど、他の講師陣から総スカンくらってハブにされてやんのw 
しかもそのことをうらめしそうに自分のメーリングリストに流して他講師を中傷してやがる 本当に屑
本人はディクシャだのチャネリングだのすぐ手を出しては飽きてはポイ で
中途半端に自分のとこの生徒に薦めたあとにそういうことやるもんだからあきれて人は離反する
ディクシャも自分で推奨して講師になりたいとまでいいながらディクシが
「瞑想は必要ない」といっているのを知ると自分の商売があがったりになるのを恐れて
突然ディクシャは黒魔術といいはじめた!最低な野郎だ



242 :考える名無しさん:2007/01/10(水) 12:22:11
唯識派とヴェーダーンタ学派の共通点と相違点を簡単に教えてください

243 :柴田 博康 :2007/01/11(木) 20:54:25
柴田 博康
SHIBATA    HIROYASU
http://www.e-office.gr.jp/albef/member/m-shibata.htm

平成5年公認会計士登録
登録番号 第11585号
出身校・学部  明治大学商学部

e-mail shibata.cpa@tkcnf.or.jp


244 :考える名無しさん:2007/01/12(金) 21:37:36
http://www.e-office.gr.jp/albef/member/m-shibata.htm


245 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 06:51:14
http://www.e-office.gr.jp/albef/member/m-shibata.htm


246 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 19:31:54
坐禅と見性第50章 公案と見性B流れる水
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1167920142/

247 :考える名無しさん:2007/01/13(土) 20:19:45
http://www.e-office.gr.jp/albef/member/m-shibata.htm


248 :考える名無しさん:2007/01/31(水) 04:24:46
シュリー・オーロビンド

249 :考える名無しさん:2007/02/12(月) 20:14:32
まことにこの一切はブラフマンである。
人は心を平静にして、そのブラフマンをジャラーンとして想念せよ。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)