5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武士道なんていっても忠義を尽くさせるための洗脳

1 :天之御名無主:2006/12/27(水) 11:40:16
結局戦闘部隊として扱いやすいからかっこつけて武士道なんて呼んでるだけ。
今のテロリストと同じだ。
その割りに酒や女におぼれていたらしいじゃないか昔の武士は。
都合いいねw
俺は絶対認めないよ武士道なんかw
ぜんぜんカッコよくない、むしろアホかと

2 :天之御名無主:2006/12/27(水) 12:00:58
2Get!!!
とかする奴いるけど、どんな意味があるんだろう?

3 :天之御名無主:2006/12/27(水) 12:44:54
>>1ポカ( ゚Д゚ )ーン

4 :名無し募集中。。。:2006/12/27(水) 18:40:38
そういや今年赤穂浪士なかったよな?

5 :天之御名無主:2006/12/27(水) 18:54:38
>>4
名古屋ではドラマをやってた。
年明けにはSPをやる予定。

6 :天之御名無主:2006/12/28(木) 00:07:55
 別に、組織への忠誠心をあおる為のものじゃない。
欧米の文化・哲学を学んだ新渡戸稲造が、
「欧米なら紳士道。では日本では?」
と考え、書いたのが武士道なのさ。
韓国なら「ソンビ精神」だしムスリムなら「フェダーイン」になる。
だが言葉は違っても、人から尊敬され信頼される人物に求められる基準
は何処の国であろうと同じ。ただそれだけのこと。

”生者の為に施しを 死者の為には花束を

 正義の為に剣を持ち 悪漢共には死の制裁を

 サンタ・マリアの名に誓い 全ての不義に鉄槌を”

唱える神の名は違っても、戦士が求めるもの守るべきものは同じだよ。

7 :天之御名無主:2006/12/28(木) 20:49:24
1はちょっと言い過ぎだけど、現在の武士道は江戸や明治時代に
主君に忠義をもって仕えるために作られたものという性格は否めないな。

戦国時代までは仕える大名を時勢により変える武士なんてざらだし、
剣道も、礼節よりも戦場で如何に相手の急所を狙い倒すかが目的の戦国時代までは
生き延びるための実践的な物だった。
それが江戸時代に平和になると藩の武士(役人)になり、一生、藩主に
忠誠を尽くすようになり、剣の使い道も実際の殺人目的から心身鍛練の道へと変わった。
明治で武士階級が廃れると精神論としての武士道が平民へ広がった。

8 :天之御名無主:2006/12/28(木) 22:23:10
廃刀令出たのに平民に武士道広めた新渡戸とかアホや。
忠義・礼節の大切さを説くといっても、
そりゃ剣術という人殺しの技術を修めた上での話だろと。

9 :殺人の上手:2006/12/29(金) 05:14:28
所詮「さぶらう者」=サーバントの自己正当化だったろうけど、
それはそれで今や立派な「精神」ではないか?

自己の都合よりも「おおやけ」を大切にすると言う。

10 :ロベルタ萌え:2006/12/29(金) 10:40:40
>>8

江戸時代、太平の世の中で百姓・町人も剣術をやっていた。
明治以降に広まったんじゃない。
勝海舟の祖先は金貸しだし、坂本竜馬の先祖は酒造業もやってた事業家
で、武家の株を買って身分を手に入れている。
逆に武士の身分を捨てて劇作家になった人物もいるし、「士農工商」な
んて言われてるけど当時の身分制度は割りと緩やかだったんだよ。
そうなった一番の要因は、江戸時代になって商業・手工業の発達により、
武士の下だった町人等の市民階級が経済力を獲得し文化の中心になった
事にある。
 そして1915年以降、「人殺しの技術」だった剣術は肉体と精神を
鍛え向上させる「スポーツ」としての剣道に生まれ変わった。
(韓国は「コムド」と呼び、半島起源だと歴史を捏造しているが)

人は如何に生きるべきか。その答えとして、
キリスト教文化を土台にして生まれたのが「ジェントルマン・スピリッツ」
儒教(特に陽明学)と仏教(特に禅宗)を土台にしたのが「サムライ・スピリッツ」
イスラム教を土台にしたのが「フェダーイン・スピリッツ」
だよ。名前は違っても、求めるものは同じなのさ。
人を身分で縛り社会秩序を守る事こそが人の幸福につながる、とするガ
チガチの儒教思想の教育を受けた朝鮮半島の人間には、理解できない事
かも知れないが。

11 :天之御名無主:2006/12/29(金) 12:17:40
>>1
思想とか教義ってのはそういう意図を含むもの。
そんな事今更提言してどうする。寧ろそれが無い世界など
文化的荒野と言っても良いんじゃないか。

 その時代や大衆に受け入れられるかどうか、それだけの話。

12 :天之御名無主:2006/12/29(金) 14:52:54
?       ?.
      ??     ??
    ????   ????
   ??????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
  ???????????????
    ????????????
  ???????????????
 ?????????????????
 ?????????????????
 これを見ると来年の受験に落ちます。
これを今から1時間以内に3回他スレにコピペすれば100%、受かります。
貼らないと
落  ち  ま  す

13 :天之御名無主:2006/12/29(金) 17:42:12
>>10
>儒教(特に陽明学)と仏教(特に禅宗)を土台にしたのが「サムライ・スピリッツ」

>人を身分で縛り社会秩序を守る事こそが人の幸福につながる、とするガ
>チガチの儒教思想の教育を受けた朝鮮半島の人間には、理解できない事
>かも知れないが。
武士道が儒教の影響を受けてる事を指摘しながら、の下半分は矛盾してないか?

何故、武士が儒教の影響を受けたかと言うと儒教は戦争時代にできた思想で、
同じく戦争が多かった戦国時代にぴったりの思想だったから。
同じく戦争が多かった明治時代は儒教と神道が結びつき儒教神道があらわれ、
同時に儒教の影響を受けた武士道も庶民に広まった。

確かに武士株を買えるほどの金持ちは剣術を習っていたかも知れないが、
刀狩りから武士以外の平民は帯刀は禁止されていた。
少数のお金持ちの中には武士と付き合いもあるだろうから、武士道の
たしなみを持ったものもいただろうが、貧しい町民や農民のほとんどは
仏教徒で、武術のたしなみを身に着けられる程、金も暇もなかった。

14 :天之御名無主:2006/12/29(金) 18:35:56
>>13
儒教の流行って江戸時代に入ってからじゃないのか??

武士道は戦国の血みどろの歴史を経て醸成された思想。
下克上の時代に儒教がぴったり?ご冗談を。
日本の場合は経験の理論付けの道具として儒教を借りてきただけだよ。
結局国学がそれをも克服していくけど。

仏教徒だと剣術が出来ないと言うのもおかしな話だなあ。
あの当時は皆仏教徒だろ?確か戸籍かなんかの管理の関係で。
同時に氏神社の氏子でもあったろうが。

15 :天之御名無主:2006/12/29(金) 20:33:45
>>13

新撰組の局長だった近藤勇は農家の三男坊だよ。
天然理心流の道場で剣術を学び、その実力を認められて道場主だった近
藤家の養子となる。
また、「地侍」と言って身分は武士だったけど農家と同様に年貢を納め
ていた人達もいた。この人達も苗字帯刀が認められていた。
(ちなみにウチの先祖がそうだった)
それから一般の町民でも旅行をする時は「道中差し」と呼ばれる護身用
(脇差ぐらいの大きさ)の刀を携帯する事が認められていた。

 あと一つ。江戸時代後期の政治家の水野忠邦が町民が剣術を学ぶ事を
禁止した為に生徒が激減し、道場主である武士たちの現金収入も減って
しまい困窮した、との記録もある。
江戸時代は町民が剣術を習う自由と経済的な余裕があった。

マルクス主義の階級史観に囚われ過ぎじゃない?


16 : ◆H.hxAl4YDY :2006/12/29(金) 23:46:28
>>1
禿同

17 :天之御名無主:2006/12/30(土) 00:25:57
>>14
>武士道は戦国の血みどろの歴史を経て醸成された思想。
>下克上の時代に儒教がぴったり?ご冗談を。

江戸時代よりも前に日本に儒教は入ってきてたよ。
儒教って礼節とか徳とかだけのものだと勘違いしていないか?
儒教は中国の春秋戦国時代に発展してきた思想。
戦争のために兵士が必要だから、兵士になるために男の子がたくさん必要で男子を尊ぶ
男尊女卑、男が戦争で死んでしまうから一夫多妻推奨、戦時の上下関係の確立のために
長男が全てを相続し次男三男は配下になる相続など、武士にとって受け入れやすい素地があった。
また、儒教は中国が春秋戦国時代の血みどろの時代を経て、身分制と秩序の再編と政治の安定
をはかるために発展してきた背景があるので、ちょうど戦国時代が終わり平安の世の中
になる江戸時代に広めやすかったんだろうな。

18 :天之御名無主:2006/12/30(土) 01:58:48
サタンの洗脳です。

19 :天之御名無主:2006/12/30(土) 08:27:10
武士なんてサタンの遣わした悪魔の尖兵ですよ?

20 :天之御名無主:2007/01/01(月) 00:27:22
 金正日に忠誠を尽くさせる為の洗脳である、主体思想よりはマシだぜ。
俺はあんなキチガイの奴隷にはなりたくない。

21 :ニコライ:2007/02/16(金) 16:52:49
武士道なんて嫌だ。武士なんて暇があったらすぐ芸者遊びするし。剣は振回すし、すぐ試し切りなんだもん。もう勝手すぎ!

22 :天之御名無主:2007/02/16(金) 19:52:14
北朝鮮の金豚や両班とサムライを一緒にしないでくれ。迷惑だぜ。

23 :天之御名無主:2007/02/16(金) 20:19:53
>>17
儒教というより朱子学だろ
武士道に影響与えたの

多くの日本人には鎌倉仏教のほうが影響でかいと思うよ
親鸞日蓮のほうが

24 :天之御名無主:2007/02/17(土) 02:13:31
通説で悪いけど、武士道なんて平和な時代に成立した道徳ですよ

25 :天之御名無主:2007/02/17(土) 13:32:17
日本国民全体に武士道を押し付けようとするバカには困ったもんだ。

26 :天之御名無主:2007/02/17(土) 18:32:41
「戦場の精神史」って本はガイシュツですか?
武士道武士道と騒ぐ人は是非読んで下さい。

27 :天之御名無主:2007/02/17(土) 18:56:24
西洋でも騎士道とか言われているけど、実際の昔の戦争では
略奪強姦当たり前、捕虜や戦争で負けた国の人々は奴隷として
売り飛ばされていたからな。
紳士同盟とかできて、略奪や強姦の禁止、捕虜の人権が保護
されるようになったけど、逆にいえば、紳士同盟を結ばなけれ
ばならないほど、戦時下では上記の行為が一般的だった。
日本の戦国時代も一兵卒は家の名誉や誇りなんてないから、
似たような状況だったらしい。

28 :天之御名無主:2007/02/18(日) 00:05:42
ていうか、武士はいわゆる戦国時代でも日本人全体のの5%くらいしか
いなかったというのが通説。たった5%の人間の慣習が「日本人の心」か?

それよりも、原始共産社会を営み、異物を排除する村意識を持ち、
お上にはひたすらへつらい、よほどのことがなければ反乱を起こすこともできず
代々にわたり粛々と被支配層に甘んじるという、その他95%の人の共通感覚こそ
「日本人の心」と呼ぶにふさわしいんじゃね?

武士道=日本人の心というのはあきらかに捏造。
日本人の心は被支配層に甘んじる奴隷精神というべき。

29 :天之御名無主:2007/02/18(日) 01:23:12
己の良心を主君のきまぐれや酔狂、思いつきなどの犠牲にする者に対しては武士道の評価はきわめて厳しかった。
そのような者は「佞臣」「寵臣」として軽蔑された。主君と意見が分かれるとき、家臣のとるべき忠節の道は、あくまで
主君のいうところが非であることを説くことであった。もしそのことが容れられないときは、サムライは自己の血をもって
自分の言説の誠であることを示し、その主君の叡智と良心に対して最後の訴えをすることはごく普通のことであった。
http://drhnakai.hp.infoseek.co.jp/sub1-3.html

30 :天之御名無主:2007/02/18(日) 19:59:46
>>27
傭兵の二千年史とかランツクネヒトの文化史か?
世界史板の範囲だな

31 :天之御名無主:2007/02/18(日) 20:04:04
>>28
被支配っていうけど日本人は大人しくないほうだよ
本願寺の一向宗とか自治都市の堺みたいに武士雇って武装したり

司馬遼太郎が日本人はなんとなく支配されてるのを好むっていってたな

>>23
それは宗教板か日本史板の範疇だな
まあ鎌倉仏教が大きな影響与えたのは否定しないがねえ

32 :天之御名無主:2007/02/19(月) 02:15:12
>>31
一向宗は宗教が背景にあるし、堺が自治都市たり得たのは
信長のような先進的思想を持った例外的存在があったからでしょ。
日本人は全然おとなしい。被支配であることに甘んじる民族性だよ。

33 :天之御名無主:2007/02/19(月) 12:11:18
「被支配」と「屈服」は違うよ。

12世紀に、それまで天皇・貴族を中心とした中央集権制に対抗して、
関東の武士達を中心となって鎌倉幕府を設立し朝廷から自治権を勝ち
取った。これより日本は明治維新まで、地方分権型の連邦制に近い国
家だった。
国家であれ企業やスポーツのチームであれ、社会組織を構成・運営する
以上、組織の中には上下関係や秩序は必要になる。
「上」の者には「下」の者を動かす権限と、同時に責任が与えられる。
 だがこれは絶対的なものではない。チームの監督は選手に命令出来る
が、女性選手が男性の監督に自身の「体」を提供する義務が無いように、
組織の目的外や権力者個人の欲望の為に権力を行使する事は許されない
し、また権力の濫用に対しては「下」の者は、これを正すべきだ。

 では「公」と「私」の違いは何か。「正義」の基準は何か。正義を如何
に実行すべきか。これを儒教(朱子学+陽明学)と仏教思想を土台とし
てまとめたのが「武士道」だよ。
同時に江戸末期〜明治時代には商人・地主等の富裕層が学ぶべき哲学と
して「商人道」も研究されている。

 江戸時代〜明治の思想を語るとき、ホントはこの二つをまとめて考え
るのが良いんだけどね。


34 :天之御名無主:2007/02/19(月) 12:26:54
>武士道=日本人の心というのはあきらかに捏造。
>日本人の心は被支配層に甘んじる奴隷精神というべき。

 これは「武士道」じゃないな。

いま北朝鮮が国民に奴隷精神を植えつける為に使っている、「主体思想」のことだよ。
これと較べれば、「武士道」の方が優れている。

35 :天之御名無主:2007/02/20(火) 08:50:23
>>33
他人の発言をよく読んでからレスしような。
>ていうか、武士はいわゆる戦国時代でも日本人全体のの5%くらいしか
>いなかったというのが通説。たった5%の人間の慣習が「日本人の心」か?
といっているのに、

>関東の武士達を中心となって鎌倉幕府を設立し朝廷から自治権を勝ち

このレスでは意味がないよな?
それをやったのは本の一握りの「武士」だと自分でいっているんだから。
結局、日本人における圧倒的大多数の農民の意思でも行動でもない。

日本人の心はやはり隷属精神なんだよ。

36 :天之御名無主:2007/02/20(火) 08:51:45
>>34
>>武士道=日本人の心というのはあきらかに捏造。
>>日本人の心は被支配層に甘んじる奴隷精神というべき。

>これは「武士道」じゃないな。

「これ」がなにをさしてるのか不明。
というか論理的にレスとして成り立ってない。なにがいいたいんだ?

37 :天之御名無主:2007/02/20(火) 21:49:31
坂口安吾の堕落論に武士道についての記述があったね。

38 :天之御名無主:2007/02/21(水) 16:05:38
>>27
http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/whis/1169298073/

39 :天之御名無主:2007/02/21(水) 20:17:08
>>34

 そのまんまの意味さ。
「日本人は奴隷精神の塊」と思い込みたいようだけど、主体思想で固ま
った頭では武士道精神は理解出来ないよ、ホロン部さん♪

せいぜい日本文化の悪口を書いてれば?

40 :天之御名無主:2007/02/21(水) 21:46:16
>>34
適、不適はあっても、思想や文化に優れている、優れていないっていうのはないと思うけどな。
武士や武家の文化や思想一つとっても、戦国時代から平和な江戸時代、
武士が滅んだ後に理想化された明治時代まで、状況によってかなり形をかえ変遷してきてる。
当時の文化や政治に則した思想や文化が生き残り勢力を広げ、そうでない
文化や思想は勢力を狭めるだけだと思うね。

41 :天之御名無主:2007/02/21(水) 21:47:03
百姓町人の子孫がめちゃくくちゃいっておるスレはここでござるか

42 :天之御名無主:2007/02/22(木) 04:48:38
おだて上手な国は栄えるよね。
「プロジェクトX」と「アメリカはヒーローでぇす映画」は
根本的に一緒のモノだと思う。
おだててるんだよ国民を。

戦意高揚を上手に行なって「なんちゃってサムライ」を量産した
昔の日本の上層部はスゴイと思う。さすが我らが「電通」!


43 :天之御名無主:2007/02/22(木) 05:17:07
>>39
主体思想とホロン部ってなんだ?
おまえが何をいったいのかさっぱりわからねえわ。悪いけど。

それと悪口だと思ってるならおまえは学問を学ぶという姿勢じゃねえな。
最初から。

44 :天之御名無主:2007/02/22(木) 05:20:32
>>40
そりゃそうだろ。
で、今、日本の心=武士道とかいってるのは>>42がいってるように、
明治から昭和初期にかけての政府の「なんちゃってサムライ」作りの
成果。それが当時の政治に則したものだったからそうなった。
でも、日本人の真実は違うって話だ。

45 :天之御名無主:2007/02/22(木) 10:42:02
日本人が隷属趣味だとは思わんが
政治に興味が薄い風潮は、何となく支配されてるのが良いってのを
地で行ってるのかもね。

46 :天之御名無主:2007/02/22(木) 11:54:39
そりゃオマエ
ご恩と奉公 だろ
働いたら報酬を貰う

47 :天之御名無主:2007/02/22(木) 13:24:24
>>32
信長は堺の自治権奪ったんだが
鉄砲欲しさに

48 :天之御名無主:2007/02/22(木) 14:39:48
武士道ができたのって鎌倉期か・・
それって主従の領地的契約に近いと思うんだ。
>>39
>主体思想=武士道ってのは近いと思うよ。「いざ鎌倉!」ってのもわけのわからん
忠義(つまり武力で土地で強奪した略奪者へのていのいい言い訳)だと思う。そのかわり
鎌倉にこなかったらヤバイと・・これってかなり古い「スローガン」なんかな?
後の「主君のための死」という思想【洗脳】が美化されてるのもキモチ悪いね。


49 :天之御名無主:2007/02/22(木) 16:32:43
日本人の本質は「拘らない」という事じゃないの?
分家すれば苗字を変えたり、農村では夜這い文化が行われてたり、
外国から入ったものをアレンジして文化に取り込んでしまうし。
現代の日本人だって耶蘇でもないのに教会で式を挙げ、クリスマスを祝う。
そんな拘らない日本人を統制するのに武士道が必要だったんでしょ。
戦前の日本も武士道を利用した。

ただ戦後、特に近年の日本は敗戦の反動で個人主義が行き過ぎて、
度を越したフェミニストなんかもいて社会がおかしくなってきているから
多少は武士道を見直す必要があると思う。

50 :天之御名無主:2007/02/22(木) 20:12:15
>49
>ただ戦後、特に近年の日本は敗戦の反動で個人主義が行き過ぎて、
>度を越したフェミニストなんかもいて社会がおかしくなってきているから

古代の母系社会や、明治時代に女性から結婚の自由や財産などの権利を
奪う前の性的におおらかだった時代に比べると現在のフェミニズムなんて可愛いものだよ。
むしろ、明治の帝国主義の時代に家制度や男系社会を社会制度として
女性から結婚の自由や財産などの権利を奪ってしまった反動で、
現在、女性の権利が叫ばれるようになったのはフェミニズムといよりも、
本来女性に認められていた権利が復権し、より自然な近くなったといった
ほうが妥当だろう。

51 :天之御名無主:2007/02/22(木) 20:29:09
>>50
最近は逝き過ぎ女性専用車両なんて何様だよ
それも真ん中で乗りやすいところに…
痴漢冤罪多いし
はっきりいって女尊男卑になってるだろ

52 :天之御名無主:2007/02/22(木) 21:52:59
>>51
現実社会で働いた事ないのか?
就職や賃金等、いまだに女性のほうがはるかに不利だぞ。
痴漢に関しては冤罪は可哀想だが、痴漢する男(女も)がいなければ
痴漢犯罪そのものがないし、痴漢の冤罪も、痴漢避けの女性専用車両をつくる必要もない。
冤罪は司法の問題であって、犯罪被害者や犯罪対策にその責任を
問うのは責任転嫁も甚だしい。

武士道と直接、関係ないレスですまん。

53 :天之御名無主:2007/02/22(木) 23:33:00
>>28
人口の5%は江戸時代。戦国時代の武士の割合はもっと少ないと思われ。
足軽(雑兵)は武士扱いされてなかった。地侍を入れても2%がせいぜいかな。

54 :天之御名無主:2007/02/22(木) 23:47:32
で、具体的に武士道とはどのようなものなの?
箇条書きで良いから列挙してみれ。

20 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)