5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

古代豪族の氏姓と同じ苗字の現代人

1 :天之御名無主:2006/12/10(日) 22:41:11
古代豪族の氏姓と現代人の姓についてかつての大和朝廷で与えられた氏姓(ウジカバネ)と同じ苗字の現代人を上げるスレです。
基本的に現代人の苗字は明治初期の地名が元になるものが大半だそうで、
例えば『藤原』さんという苗字の人が『藤原氏』の末裔かというとそうでもないそうです。
むしろ同じだとまず間違いなく無関係なのだとか…
ただし、『一条』さんや『冷泉』さんは、充分可能性がメチャ高です。

まあ、それはともあれ、身近ななんちゃって豪族みたいな名前について語りましょう。

ちなみにウチの学校には、在原先生がいますが、惜しいことに読みはアリハラです。



2 :そういえば:2006/12/10(日) 22:51:06
物部、中臣、橘、大伴(伴)、京極なんちゅう名前の人にもあったことがないなぁ。

3 :天之御名無主:2006/12/10(日) 23:52:54
橘や京極はよくいる

4 :天之御名無主:2006/12/11(月) 01:15:50
予備校の先生が言ってた話しだが大学時代に
同じクラスに藤原北家○○という苗字のやつがいたそうな。

あとスケート選手にもいる『村主』って苗字は奈良時代の、詳細はわかってないが渡来系の役職の名前だと思う。

5 :天之御名無主:2006/12/11(月) 13:00:58
小・中の時、物部ってやついたなぁ。社会の授業の時先生につっこまれてた

6 :天之御名無主:2006/12/11(月) 18:29:53
今だに選挙でてんのって
古代氏族多いよなあ
明治維新は古代氏族復権なんだとつくづく思う

7 :天之御名無主:2006/12/12(火) 22:02:13
司馬遼太郎の義経の話に、猫間中納言って出てきて、可愛い名前だとオモタ

8 :天之御名無主:2006/12/13(水) 23:40:18
物部氏の本宗家がいたといわれる大阪府の八尾には今でも物部さんという苗字の人がいる
「もののべ」でもはく「ものべ」と読むらしいけど。

9 :天之御名無主:2006/12/13(水) 23:41:26
×でもはく
○でもなく

10 :天之御名無主:2006/12/15(金) 03:53:40
漢字は違うけど読み方同じ、ってのは何人か知ってる。
蘇我→曽我
橘→立花
大伴→大友
秦→羽田、畑
京極→京極(京極夏彦とかは本名?)

11 :天之御名無主:2006/12/16(土) 15:16:13
社内名簿見ていたら、射馬給令という苗字の人がいたんだが、なんて読むんだろう?
しゃばきゅうれい??

12 :天之御名無主:2006/12/16(土) 15:56:45
「いまくれ」「いまきいれ」「いまきゅうり」etcあたりかな?
「今給黎」さんの文字違いだと思う。鹿児島あたりにある姓ですが。

13 :天之御名無主:2006/12/16(土) 17:09:31
>>12
なるほど!ありがとうございます!
京都のお公家さんかと思ったけど、鹿児島なら違うっぽいですね。

14 :天之御名無主:2006/12/16(土) 17:37:21
ところで「古代豪族」とありますが、
スレ主さまは、どこまで古代にするおつもりですか?
橘は県犬飼三千代が特別に奈良時代に賜ったもので、奈良時代は古代に入るので良しとしても
一条(平安時代も後)のようなものや、
京極のような(そもそも佐々木から分かれた比較的新しいもの)まで並べてありますよね

どこかで「古代」は何時までと区切った方が面白いのではないでしょうか

15 ::2006/12/16(土) 23:06:48
深く考えてませんでしたが、応仁の乱くらいまでとしときましょうか。

でも話の流れによってはそれにこだわらずという事で。

ちゃんとした歴史の区分では『古代』てことは飛鳥時代とかなのかもしれないけど。。。

16 :天之御名無主:2006/12/17(日) 04:49:35
百済って苗字の知人がいる

17 :天之御名無主:2006/12/17(日) 21:41:00
普通は古代は「奈良時代」までと思う。
新撰姓氏録に書かれている姓が古代の姓氏と思う。

苗字が変化するのは「藤原」の「ナントカ」「源」の「ナントカ」から
「の」が抜けてくる時代よね。
藤原氏でも源氏でも住んでいる土地にちなんだ名前が新たに出てきて
それが「一条」とか「足利」とか。
その変化は平安末期から鎌倉あたり。
そこから日本の苗字は激変というかたくさん出てくるでしょう。
「応仁の乱」で区切るのはどんな意味があるのか。
下剋上で新興勢力が表に出てくるから? それ以前ということ?
でもスレタイとはあまりに離れすぎてるよ

18 ::2006/12/17(日) 22:44:48
>17
おっしゃるとおりですね。
すみません、あまり考えずにスレ立てました。
応仁で区切ったのは、単に『戦前戦後』で分けやすかったからです。

さてそれじゃあ、そもそも古代豪族のうじかばね
と言えるのは何氏だろうかという所から考えてみましょうか。
万葉集に出てくるような代表的なものから、
えらい古代に滅亡してるような氏族まで、
いろいろあるとは思いますが。。。

蘇我、大伴、秦、物部、中臣、
源平藤橘、在原、山上、犬上、
坂上、菅原、山部、高市、

あとどんなんありましたっけ?

19 :天之御名無主:2006/12/17(日) 23:38:32
そうよね。ここはそもそも民俗・神話学なんだし
室町入れたらおかしいものね〜

息長氏 尾張氏 海部氏 多氏 子部氏 日下部氏 平群氏 紀氏
鴨氏 日置氏 佐伯氏 春日氏 伊福部 巨勢氏 土師氏 葛井氏

まだまだいっぱい  

20 :天之御名無主:2006/12/18(月) 11:44:39
【古代】 中世より前の時代
  【太古】 上古より前の時代
  【上古】 大和・奈良時代
  【中古】 平安時代
【中世】 鎌倉時代・室町時代 時として平安後期(平家政権以後)も含む。
  【近古】 鎌倉・室町時代
【近世】 江戸時代
【近代】 明治以後

こうじゃなかったっけ?

21 :天之御名無主:2006/12/18(月) 17:37:37
とても細かく言えばね
でも普通こうした場合は 奈良までよ

22 :天之御名無主:2006/12/18(月) 17:45:31
平安時代が長すぎるしね。
でもこのスレのスレ主さんは そんなに知らないで建てたそうだし
面白そうだから寄って 遊んでいるけど

なにしろ
「深く考えてませんでしたが、応仁の乱くらいまでとしときましょうか。」
とおっしゃるくらいですし。

ところで>>20 さんは 参加するならどこで区切ったらよいと思ってますの?
ご意見伺いたいです


23 :天之御名無主:2006/12/20(水) 01:26:56
駿台模試のランキングに「ミナモトノ ヨシフサ」
っていう名前があったけど、正式には「ノ」が入るのかな?

24 :天之御名無主:2006/12/20(水) 13:54:43
源氏でミナモトノなんて名字の奴はいないと思うが

25 :天之御名無主:2006/12/20(水) 17:21:17
>>24 さんのいうのは正しい。
しかし「の」は必要 
「ミナモト ノ ヨシフサ」
もしくは「ミナモトノヨシフサ」
でも>>23 みたいに「ミナモトノ ヨシフサ」とルビある場合多いかな〜

26 :天之御名無主:2006/12/20(水) 19:27:39
平氏の末裔とされる有名人

* 芹沢鴨(平光幹 たいら・の・みつもと)
* 横井小楠(平時存 たいら・の・ときあり)
* 東郷平八郎(平実良 たいら・の・さねよし)
* 大村益次郎(自称、平永敏 たいら・の・ながとし)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%B0%8F

27 :天之御名無主:2006/12/20(水) 20:42:57
>24
昔NHKで、八丈島に源さんという家があって、
源為朝の子孫にして、今の日本で唯一「みなもと」姓の世帯だと見た記憶があるが…
憶え違いだったらスマソ

28 :天之御名無主:2006/12/20(水) 22:36:15
北海道の函館に源という方いましたよ 

29 :天之御名無主:2006/12/21(木) 12:57:29
>>27
なるほろ
源為朝の子孫というのは詐称くさいね
普通氏を名字にはしないから。公式文書に名を書くと
源(名字)源(氏)為朝(名) 
源源為朝となってしまう。変でしょ。
八丈島という地域性を鑑みると流された人の落胤の子孫とかが
源と名字をつけちゃった可能性もあるかな
あとは明治新姓とか。

30 :天之御名無主:2006/12/21(木) 17:12:33
>>29 為朝は、最期に八丈島で死んでいるからね 
子孫だという氏族がいて 明治維新後に「源」名乗ってもおかしくない

もっとも為朝の子孫は琉球王もそうだと名乗っていたり
あちこちにいるだろうけれど

31 :20:2006/12/22(金) 21:57:35
>>22
スレをざっと見たところで提案すると、区切りを設けるなら、平安前期くらいでは?

>>17 で挙がっているので乗っかりますけど、『新撰姓氏録』に記されている氏だけでも1000以上
あったはずですが、源平藤橘あたりまでは含めないと、発言者の枠を狭めてしまい、盛り上がらない
と思いますね。

『新撰姓氏録』が編纂され活用された背景を考えると、律令制が実体を失うころまでにしたほうが
無理がなさそうです。
地名由来のものなどは除きたいのでしょう?
奈良時代までで区切ったとして、区切りから漏れたレスを 22さんがひとつひとつ軌道修正してゆく
のも大変かと。
奈良時代までだと >>1で出ている在原氏も外れますしね。

>参加するなら
個人的には月にそう何度も覗きにくるほうではないので積極的な参加はできないと思います。
言葉足らずで申しわけありませんが、スレの健全な進行を祈ります。

32 :天之御名無主:2006/12/22(金) 23:58:38
>>31
22です。ご意見ありがとうございます。
そうですね。賛成。源ですこしスレも賑わいましたし、平安前期がいいですね
スレ主さんもそれでよいですか?
実は「豪族」というのもどのくらいが「豪」か、それも基準が難しいですから
古代の氏族というくらいのことにしましょう。

さて19の続き
葛城氏 和邇氏
で、葛城ユキという歌手いたけれど、芸名だったのかな〜

33 :天之御名無主:2006/12/23(土) 00:28:45
>>29

〇流刑 知能犯・上流階級で学もある武士
島の人々は学がある人が増えた。


〇拷問処刑 下級武士の下人々

34 ::2006/12/23(土) 12:01:51
>32
私は多くの人が楽しめるスレになれば
どんな定義でも構いませんです。

35 :天之御名無主:2006/12/23(土) 16:33:11
スレ主さん 
ではそのようなことで とにかく楽しくやりましょう!

36 :天之御名無主:2006/12/25(月) 23:09:35
豪族じゃないけど「羽柴」はいるのに「豊臣」いないのなんでだろ〜♪

37 :天之御名無主:2006/12/26(火) 00:20:54
木下は?

38 :天之御名無主:2006/12/26(火) 03:28:38
>>36
豊臣 約50人 天正14年に羽柴秀吉が豊臣姓を賜わる。以後家臣などへ賜姓多く、明治に復姓か?

39 :天之御名無主:2006/12/26(火) 07:17:26
萱堂ってのが居た。珍しいだけかな?そいつの家と親戚しか居ないって言ってた。

生天目は日本の元々の苗字かどうかが疑問。

40 :天之御名無主:2006/12/26(火) 17:24:34
7269 生天目 約1,200 生田目と通ず。下野発祥、紀氏。現在、茨城県から福島県にかけて多い。

41 :天之御名無主:2006/12/26(火) 17:49:05
>>39
順位苗字**世帯数フリガナ1
64200萱堂5カヤドウ

5世帯しかいないから彼のいうとおりだろうね

42 :天之御名無主:2006/12/26(火) 21:18:46
>>40-41
ありがとうございます。
実にスレ違いでしたね…

43 :天之御名無主:2006/12/27(水) 00:27:52
>>34
廬原国造にしか興味無いけど支援するよん。

廬原樹里ってグラビアアイドルがいるんだが廬原国造かな?
だとしたら、顔は好みじゃないけど自分は旧廬原国領地在住だからイメージプレイで逝ってみるかな。
そういや島根県に多いみたいだけど、井原って小字があるからもしかしてそれが由来かな?
PCが壊れてるとこういうのが調べられなくてキツイorz

44 :天之御名無主:2006/12/27(水) 03:11:05
>>43
順位  苗字 世帯数 フリガナ1 フリガナ2 フリガナ3
68700 廬原  4    イオハラ イハラ イオリハラ☆

45 :天之御名無主:2006/12/27(水) 12:56:47
>地名の由来について
>337 :天之御名無主 :2006/07/30(日) 00:23:47
>PC故障中なので「廬原」の由来を教えて下さい。

同じ人?早く修理に出しなさいよ。

46 :天之御名無主:2006/12/28(木) 03:21:38
大体それ本名なのか?

47 :天之御名無主:2006/12/28(木) 05:36:50
>>45
ボーナスが少なかったから買い換えを悩んでるんだよ…
正月になるとお年玉あげなきゃなんないし…orz
>>46
こんな可愛くもなくて難読なだけの芸名使うか?www


知り合いに紀野ってのがいるんだけどやはり紀朝臣かな?
そういえばこの間コンビニに行ったら店員の名札が紀だったからオッと思ったが、中国人だったw

48 :天之御名無主:2006/12/28(木) 20:34:14
なんで中国人ってわかったんだ?

49 :天之御名無主:2006/12/31(日) 13:41:44
物部さんは結構いるのに、蘇我さんは少ないね。

50 :天之御名無主:2006/12/31(日) 20:35:14
どっちも絶滅してても不思議じゃないのにね。
物部⇒蘇我氏によりあぼーん
蘇我⇒中臣氏によりあぼーん

51 :天之御名無主:2007/01/01(月) 00:02:51
ちょっと違うよ
蘇我氏にあぼーんされたのは本宗家のみ。
同じようにいわゆる大化の改新あぼーんされたのも蝦夷、入鹿の系統だけ。
だから、物部(これは日本全国に広がっていて謎もそれだけ多い)はたくさんいた
同じように蘇我もいた。蘇我赤兄あたりが最後の有力者だけど壬申の乱で負けたからね。
その後の蘇我氏は「石川」と名を変える。
万葉集に数人出てくる「石川郎女」はその蘇我から出て名前の変わった石川のお嬢さん。
物部も「石上」と名を変えたりしている。

52 :天之御名無主:2007/01/01(月) 00:08:46
物部天鈴っていうのもいるよね

53 :天之御名無主:2007/01/01(月) 00:10:17
物部で思い出した!
穂積も物部系の豪族だけど
穂積という名の芸能人いたな〜
穂積ぺぺ(古い)、積み木崩しのお父さんの穂積ナントカさん

タイガースの赤星選手、物部氏の祖神が天磐船に乗って来たときに
同乗していた中に、筑紫物部赤星とかいうのがいたはずだけど、
きっと赤星選手のご先祖よ


54 :天之御名無主:2007/01/01(月) 00:14:33
調べたわ。正確には
筑紫弦田物部(つくしつるたのもののべ)等の先祖の天津赤星(あまつあかぼし)

55 :天之御名無主:2007/01/07(日) 09:21:07
> 例えば『藤原』さんという苗字の人が『藤原氏』の末裔かというとそうでもないそうです。

何を根拠に言ってるのかねえ
末裔でもそうでなくても庶民の系譜なぞまともに解明できるわけがなかろうに

56 :天之御名無主:2007/01/07(日) 13:26:30
うんだ うんだ
このスレは 末裔を探すスレではないべ
古代豪族の氏姓と ただ同じ苗字の現代人ってことで楽しんでるんだから

藤原氏 ウンヌンは私のカキコでないけれど
私が赤星選手の先祖がどうのとカキコしたのはすれ違いで悪かった
謝る

57 :天之御名無主:2007/01/07(日) 22:46:53
15年ほど前、
「新撰姓氏録の研究」をようやく全巻手に入れて毎日読みふけっていた頃
ちまたではPLの清原と桑田が仲たがいした
進学すると公表していた桑田が陰で巨人とできていて清原を裏切ったというような
まあ、プロの世界だからいろいろあって当たり前だが
世間は二人の仲たがいをニュースにして騒いでいた
そんなときに読んだ新撰姓氏録の記述が私には面白くて記憶に残ってる
「清原真人 桑田真人同祖 百済親王之後也」というのだわ
清原も桑田も同じオヤ(百済親王とは敏達天皇の孫)から出たというんで

58 :1:2007/01/08(月) 00:47:01
>>55
うちの大学の先生のお話です。
地位格付としての「氏(うじ)・姓(かばね)」は、
現代人でいうとろろの「姓(せい)・苗字(みょうじ)」とは、
まったく区別して考えなければならないと。

59 :天之御名無主:2007/01/08(月) 11:09:33
>58

1さん、荒らしの相手をするのは、荒らしと同じです。放置してあげましょう。
55は荒らしでなかったとしても、真性の知ったかぶりくんですから、やはり放置してあげましょう。

60 :天之御名無主:2007/01/08(月) 14:59:18
知ったか でもいいじゃん 
そもそも民俗神話なんぞは そういう人の集まるところでしょ

1さん 先生の言われたとおりです
だから現代人の苗字との分かれ目(「の」が無くなるあたり)前に、ここでは古代ということで区切ろう
ということになったのよね。

古代のカバネってとても難しいもんだよ
例えば>>57 の清原真人桑田真人の「真人(まひと)」がカバネ
こういうカバネで身分が違う

でもでも今回のこのスレはそのカバネではなく「氏(うじ)」
つまり清原真人桑田真人の「清原」「桑田」と現在同じ苗字の人をカキコするのでしょ
だって「真人」も「宿禰」も「連」も「臣」も少なすぎるし、
氏が対象と思ってみんな今までカキコしていたんじゃない?

それから1さん、せっかく立てて下さったのだし
もうちょっとこのスレ伸びるように カキコきぼんぬ

61 :天之御名無主:2007/01/15(月) 22:57:16
凡河内氏 大河内奈々子(女優) 大河内昭爾(文芸評論家)

62 :天之御名無主:2007/01/20(土) 22:23:38
会社に額田(ぬかた)さんっている。
絶対関係ないだろうけど。w

あと菅原さんってのもいっぱいいるよなぁ

63 :天之御名無主:2007/01/21(日) 02:35:16
有名どころの姓で高橋(物部、安倍)

>>15
応仁の乱まで下ったら範囲広すぎだろw

64 :在原さん:2007/01/25(木) 23:15:09
千葉県出身の祖父が在原(ありはら)姓で、結構たくさんいるらしくて。
これって、賜姓とかとはやっぱり関係ないッスよね・・・

65 :天之御名無主:2007/01/26(金) 00:06:39
考古学者の伴先生の下で働いてたことがある
猪熊先生もかなり有名な血筋だったし、そもそも藤原家の四十何代目とかいう
子孫も考古学か史学の教授だったと思う
考古学者や史学者はけっこう豪族の血筋の人が自分の出身に興味をもって
はまっていく人もいるのかもしれない

あとは恵美という人がいたっけな
恵美押勝は南家の藤原仲麻呂か

66 :天之御名無主:2007/01/26(金) 16:10:16
伴先生は「とも」「ばん」どちらの読みでした?

67 :天之御名無主:2007/02/09(金) 12:23:33
私の知ってる某大学教授はバン先生だった

68 :天之御名無主:2007/02/20(火) 04:06:33
高向って苗字の学校の教師がいたなあ

69 :天之御名無主:2007/02/20(火) 17:03:17
遊部(あそべ)という名前の友人がいる

70 :天之御名無主:2007/02/20(火) 18:50:45
土師さんという知り合いがいるけど。

71 :天之御名無主:2007/02/20(火) 23:31:47
知り合いの山口県出身で大内さんは、大名の子孫らしい。ということは、多々良家の子孫で新羅の皇族になるはずですよね。

72 :天之御名無主:2007/02/22(木) 03:13:57
鳥取部さんなら中学のときにいたな。

73 :天之御名無主:2007/02/22(木) 16:42:43
>>72
トトリベと読んでいいのですか?
それとその中学はどのあたりだったのですか?
市町村名教えてください。興味あります

18 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)