5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

カバラ〜生命の木〜

1 :天之御名無主:2006/02/20(月) 16:59:34
カバラの謎にせまる

2 :天之御名無主:2006/02/20(月) 17:18:22
カバラは別に謎でもない。単なる神秘主義。

3 :天之御名無主:2006/02/20(月) 23:56:28
謎のない神秘主義なんて無い。
カバラーを「単なる」で済ませる>>2は、相当の思想家か?

4 :天之御名無主:2006/02/21(火) 00:02:34
カバラって何?

5 :天之御名無主:2006/02/21(火) 13:40:30
逆カバラもあるとか

6 :天之御名無主:2006/02/21(火) 14:48:04
ユダヤ教の神秘主義の筈なのにキリスト教的カバラとかある。
オカルト的カバラは正統派からは馬鹿にされている。

7 :天之御名無主:2006/02/21(火) 15:41:36
いったい何なのさカバラって
詳しく教えて

8 :名無し募集中。。。:2006/02/22(水) 08:38:31
菅原道真の”カンバラ”ってこの「カバラ」から来てるの?

9 :天之御名無主:2006/02/22(水) 14:55:48
>>6
>オカルト的カバラは正統派からは馬鹿にされている。

中世の錬金術はそのようなオカルトから発展してるし、
化学をそのような錬金術が発展させたんだよ。オカルト視してるのは
あなたのような偏見を持ってる人が、オカルト=バカと判断してるだけ。
正統派の知識も世間一般からオカルト=隠された知であるには違いないから。

10 :天之御名無主:2006/02/22(水) 14:59:41
つまりカバラは寓意、アナグラム、暗号が多様されてるということ。
キリスト教的カバラとは神秘結社などを含めた流れ。
日本の菅原≒カンバラ=漢波羅もユダヤ系(秦氏)結社、氏族名らしい。

11 :天之御名無主:2006/02/22(水) 16:08:42
>>5
クリフォトのことやね。ベルセルクでも名前が使われてた。
>>10
怨霊記という小説に「河童」の名はカバラから来てる
という記述があった。

12 :天之御名無主:2006/02/22(水) 17:56:29
河童って外国にもいるの?

13 :天之御名無主:2006/02/22(水) 20:39:29
西遊記の沙悟浄は河童ではなく ヨウスコウカワイルカ の妖怪

14 :天之御名無主:2006/02/22(水) 20:54:54
イルカなの?

15 :天之御名無主:2006/02/22(水) 20:59:36
>>8

菅原道真は"スガワラノミチザネ"と読みマス!!
ドゥーユーアンダースタン?
リピート!!

"スガワラノミチザネ"("スガワラノミチザネ")

"スガワラノミチザネ"("スガワラノミチザネ")

オゥー グッ!!
          NHK俗基礎国語単元3

16 :天之御名無主:2006/02/22(水) 23:33:39
オウム真理教はカバラを上ろうとしてたとか

17 :天之御名無主:2006/02/22(水) 23:35:14
>>15
外国人の方にはわかりにくい思考でしょうが、
日本人は大国主(おおくにぬし)の大国をダイコクと読んで
外来の大黒天と習合させてしまうような民族ですから。

察してあげてください。

18 :天之御名無主:2006/02/23(木) 21:44:57
「くわばら、くわばら」ってのは、カバラからきてんじゃないかって、
漏れは思ってるんだが・・。

19 :天之御名無主:2006/02/23(木) 21:56:46
チュパカブラって、カバラ由来なんだろ?

20 :ぴる来る ◆cRinn.D6KE :2006/02/24(金) 13:03:33
その流れで行くと、やはり金原次郎も南原コネクションもカバラ由来ということになってしまうが・・・( ̄▽ ̄;

21 :天之御名無主:2006/02/24(金) 14:02:42
>>18
くわばら=桑原=道真公の生誕地が桑原で桑原には落雷などの祟りがなかったから
そう唱えると災厄がないオマジナイとなったらしい。


22 :天之御名無主:2006/02/24(金) 22:24:35
そろそろセフィロートとかの話をしようよ。

23 :天之御名無主:2006/02/25(土) 12:58:51
京都に
「カバラ町」ってあるえ?

>そろそろセフィロートとかの

日産セフィロート?
みなさんお元気ですか〜!

24 :天之御名無主:2006/02/26(日) 20:21:03
カバラーはヘブライ語が出来ないと、語るのは難しいよ。

25 :天之御名無主:2006/02/26(日) 22:01:14
アラム語も

26 :天之御名無主:2006/02/27(月) 12:24:59
ネタスレあげ

27 :天之御名無主:2006/02/27(月) 17:26:09
ヘブライ語ってどこの国の人がしゃべってんの

28 :天之御名無主:2006/02/27(月) 18:28:46
場所:嘆きの壁と死海があるところ
国旗:△と▽を組み合せてみましょう

29 :天之御名無主:2006/02/27(月) 18:50:51
六ぼう星(なぜか変換できない)ってどういう意味がこめられてたっけ。

30 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:46:17
1ケテル
2コクマー
3ビナー
4ケセド
5ゲブラー
6ティファレト
7ネツアク
8ホド
9イエソド
10マルクト

これがセフィロト

31 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:49:05
カバラと「秀真政伝」にある八軍八陣って似てるんだけど。


32 :天之御名無主:2006/02/27(月) 19:54:41
六芒星は、すごく古くからあるようだよ。
ケルトにもこれを使った教えがある。


33 :天之御名無主:2006/02/27(月) 21:23:56
二つの三角形を組み合わせる。
誰もが思いつきそうな図案ではある。
その意味づけが共通していたら面白い。

34 :天之御名無主:2006/02/27(月) 21:37:21
実はユダヤ教のシンボルになったのは近代になってからというオチがある

35 :天之御名無主:2006/02/27(月) 22:12:03
セフィロトでは至高の三角形といわれるから
三角形の組み合せはイスラエル(ユダヤ教徒)にとって重要
なものなのでは?

36 :天之御名無主:2006/02/27(月) 22:25:50
>>30
それはセフィーラー

37 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:04:22
セフィロート、セフィロト、セフィーラー、
日本語表記にするといろんな書き方があるんだろうな。

38 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:07:39
10の玉(セフィロト)を定位置に配して、
それをつなぐ22の径がカバラ。
この22はタロットの大アルカナのカードで表される。

39 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:08:10
セフィロトのAAを誰か貼ってくだされよ。

なんとなく。

40 :天之御名無主:2006/02/27(月) 23:13:13
「径」は「パス」だったような。

41 :天之御名無主:2006/02/28(火) 20:30:13
セフィーラは単数、セフィロトは複数形だ。

42 :天之御名無主:2006/02/28(火) 20:37:14
ウインドウズのフォルダ階層ってこのカバラの影響受けてるって気がしないでもない。
最高層の階層があって下位構造のフォルダがあってそれぞれプログラム(神の意思)が書き込まれてる。
そしてそれぞれフォルダが影響しあってる。

模擬世界なのかもしれない。OSの構造やWINの構造って。

43 :天之御名無主:2006/02/28(火) 21:48:43
>>42
前に薬で吹っ飛んだ時に似たようなこと考えた、というか幻覚で見た。

44 :天之御名無主:2006/02/28(火) 23:11:46
>>35
実はキリスト教の三位一体を図示したものであることは定説

45 :天之御名無主:2006/03/01(水) 10:04:34
>>44
誰にとっての定説ですか?
その説を唱えた人物の名を教えてください。

46 :天之御名無主:2006/03/01(水) 18:42:12
>>43
ごめん、気持悪いから42の文章は取り消すね。

47 :天之御名無主:2006/03/01(水) 22:06:14
なかなかカバラ〜生命の木〜の話題にならないなぁ

48 :天之御名無主:2006/03/01(水) 22:28:52
>>45
きみ以外のみんな

49 :天之御名無主:2006/03/02(木) 03:01:19
>>44
三位一体とはキリスト教での解釈だからね。セフィロトと
カバラを考えるならユダヤ教(旧誓約書)の概念が重要

50 :天之御名無主:2006/03/02(木) 10:50:16
カバラって古いの?

51 :天之御名無主:2006/03/02(木) 11:07:20
カバラの歴史
http://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/kabbara2.htm
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd600.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%90%E3%83%A9
http://hiki.kataribe.jp/reference/?Kabbalah

52 :天之御名無主:2006/03/02(木) 12:21:27
太陽と月の位置がなんでこうなるのかわからない。
下から上に順番に上っていくんなら逆の方がよくない??
それに月は女性的だから右側より左側の方が向いてる気がする。

53 :天之御名無主:2006/03/02(木) 15:19:35
>>46
気持ち悪くないよ。「フーコーの振り子」でも同じような事書いてあった。

54 :天之御名無主:2006/03/02(木) 16:54:10
>>49
「旧誓約書」っつー言い方もキモイけど、カバラは、中世西欧の
(特にイベリア半島)のユダヤ人学者たちのなかで大成した思想
であって、キリスト教の影響のみならず、イスラム教の影響も受けて
いる。アラビア文学専攻の友人なんか、カバラってスーフィズム
をパクりまくってる、って言ってるし。「流出」なんつーのも、新プラ
トン主義とかグノーシスから採られてる。だから、旧約なんかを読み
返したところで、カバラなんか全然知ることは出来ないのだよ。
セフィロトの思想の多神教的傾向は、恐らくキリスト教の三位一体
に由来する。

55 :天之御名無主:2006/03/02(木) 18:07:59
旧約はカバラの骨格ですから、その他の思想もそこから流出したもので
しかないのだ。

56 :天乃御名無主:2006/03/02(木) 18:42:21
グノーシス主義では神性の流出の過程と捉えられるが。

57 :天之御名無主:2006/03/02(木) 19:07:49
ユダヤ教徒はキリスト教を認めていないよな
やはりセフィロト(生命の樹)はユダヤ教徒の理念だよ


58 :天之御名無主:2006/03/02(木) 19:19:17
セフィロトに「木」というイメージが採用されたのはなぜだろう?

59 :天之御名無主:2006/03/02(木) 19:29:32
ほかにもいくつかあるけど、樹が一番スリムなモデルだったから

60 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:53:05
生命の木は一対のうちの一本で、
もう一本は例のアダムとイブが食べた知恵の木だ、
という話をどこかで読んだことがあるが、
どうなのだろう?

知恵の木は生命再生産である生殖の知識を与え、
生命の木は不老不死を実現する、
とかだったかな? うろ覚え。

61 :天之御名無主:2006/03/02(木) 21:55:18
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E5%91%BD%E3%81%AE%E6%A8%B9

何れがどのセフィラだかワカラナス
誰か教えて…
(´・ω・`)


62 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:13:29
>ユダヤ教徒はキリスト教を認めていないよな

これが難しいところ。キリスト教徒のユダヤ人は当時からいたし、イエス
はユダヤ教の改革者だからといって一概に言えないと思う。確かにユダヤ教
徒はキリスト教徒ではないが。だからといってユダヤ人もイエスのことは意識
するしそこから(新約)の解釈もいろいろおこなってるはず。

63 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:35:33
エデンの園の生命の木とセフィロトは違うでしょ?
セフィロトは、あくまで概念的なもののはず。

64 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:36:15
ダビデの盾って亀の形をしているとは思いませんか?

65 :天之御名無主:2006/03/02(木) 22:49:10
数秘術などがおおきいから学者=魔術師がこっていたのでなかろうか?
密教に該当するのではないだろうか?

66 :天之御名無主:2006/03/02(木) 23:00:06
それぞれの数に特定の意味がついていることや
配置が決まっていることなどが、
中国の五行に似ていると思う。
(木火土金水を五芒星(セーマン)に配置し、
それに基づいて自然界の原理を知る)

セフィロトをつなぐ道であるカバラが
どのセフィロト同士をつないでいるか、
というところが読み解くカギだと思うのだが。

67 :天之御名無主:2006/03/03(金) 12:17:32
>>59
それに動物をモチーフにすると「偶像崇拝」みたいになってしまう
という理由もありそう。動物を抽象化して神性の顕現とすると
それ自体が動物の姿をした神っぽくなってしまう。

旧約聖書でも神が動物の姿で現れることはなかったと記憶してる。

68 :天之御名無主:2006/03/03(金) 19:15:27
>67
生命の「木」を崇拝していたわけじゃないだろ?
数秘術と関連してるんだから、
偶像的なものではなく
何らかの法則を表す基礎なんじゃないのか?

69 :天之御名無主:2006/03/03(金) 20:07:19
>>63
>エデンの園の生命の木とセフィロトは違うでしょ?

ノンノン。セフィロトは神の計画の概念だけど、エデンの帰還を
意味してる、つまり流失から帰還という流れなんだよね。

70 :天之御名無主:2006/03/03(金) 20:39:56
説明になってないよ。

71 :天之御名無主:2006/03/03(金) 21:20:29
エデンの園のやつはケルビムが守っている訳だから、
帰還なんてしようとしたら門前払いされちゃうよ。

72 :天之御名無主:2006/03/03(金) 21:48:40
                  ケテル
             ビナー        コクマ
                     ,γ⌒ヽ-、
                 ∠_(‘ω‘*)_>
                   )  (
              ,-'ニニ二ティフィレト二ニニ`-、
              し゚      )   )      ゜J
          ゲブラー  //ー\\    ケセド
                 l l    l l
           ホド    l イェソド l    ネツァフ
                 \\ //
                   \X/
                   マルクト

73 :天之御名無主:2006/03/03(金) 23:43:56
>59
つまりエデンの園の生命の木と
セフィロトはどういう関係なんだ?
もっと詳しい解説キボン

74 :天之御名無主:2006/03/04(土) 15:39:28
>>71
だからその帰還の仕方をセフィロトが示してるんだよ。つまり、マルクトから
ケテルへどのように向かうか。エデンの園で生命の実を食べ流失が起こり(ユダヤ
人=つまり人間の分布か?)とりあえずセフィロトは解釈がかなりあるからどのアプローチ
をするかだな。ケルビムにしても至高、中、下とそれぞれの世界の支配者(人、鷲、ライオン、牛)
を表してるのか?解釈によるしょ。つまり、エデンの園が始まりでセフィロトは神からのヒント
エデンの園への戻り方の。

75 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:34:02
>>74
戻った人っているの?

76 :天之御名無主:2006/03/04(土) 16:52:49
ゾハールとか日本語訳されてねぇぜ。
まいったな・・・

77 :天乃御名無主:2006/03/04(土) 17:15:44
光輝の書か、ほしいな〜

78 :天之御名無主:2006/03/04(土) 19:55:51
>>74
で、その解釈はどのソースに基づくもの?

79 :天之御名無主:2006/03/04(土) 20:55:45
おまえら本当に何も知らないんだな。
ゾハールはとっくに翻訳されてるぜ。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4336042500/qid=1141473235/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-3017189-3101914

80 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:14:20
>★☆☆☆☆これは正当な翻訳でしょうか?, 2002/12/13
>レビュアー: エヴァンジル - 自分が書き込んだレビューをすべて見る

>メイザースの英訳本を独自の解釈でさらに日本語に置き換えたものですね。
>カバラに関しての理解がないとこうなってしまうのかという翻訳が散見されます。
>しばらく改訳はされないでしょうから、カバラを研究し、実践的に捕らえようと思う人は、
>これを足がかりにして原点にあたるしかないですね。功罪相半ばするという感じでしょうか。
>買ってしまった人にはごめんなさい。

81 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:19:07
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4791758390/qid=1141474547/sr=1-37/ref=sr_1_2_37/249-4774010-2761959
この本には『創造の書』の全訳が含まれているっぽい。

・・・絶版だけど。

82 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:28:06
最新の校訂版(Pritzker Edition)英訳、全3巻がある。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0804747474/ (第1巻)

83 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:38:49
ゾハールじゃなくて、ゾーハルだお。それにしても、カバラを学ぼうとしてる
人間が、邦訳が出てないから「まいった」って・・ 最低限、英語・独語・仏語
のどれかが読めないようじゃ、話になりませんぜ。

84 :天之御名無主:2006/03/04(土) 21:51:03
全3巻じゃないや。まだ続く。

ちなみにここに、翻訳された分のアラム語テキストあり。
http://www.sup.org/zohar/

85 :天之御名無主:2006/03/05(日) 01:27:11
そういえばホリエモンがカバラ紐をつけてたね。

86 :名無し募集中。。。:2006/03/05(日) 14:27:14
エニアグラムの紋様が描かれた服を着ている経済人もいますよね

87 :天之御名無主:2006/03/05(日) 21:58:53
カバラ学ぶならヘブル語だろ

88 :天之御名無主:2006/03/05(日) 22:06:09
ゾハールだよ。ユダヤ人から直接聞いた。
そいつカバリストじゃないから責任持たんけど。

89 :天之御名無主:2006/03/05(日) 22:54:18
歴史的にはzoharのoが長母音。ただ現代ヘブライ語では区別しないし
ヨーロッパ語に入って長母音の位置がかわることはあるでしょ。

90 :天之御名無主:2006/03/06(月) 00:44:21
いや、それだとhに続かない。
zohaでゾハ、ゾーハとは言わない。普通

91 :天之御名無主:2006/03/06(月) 01:24:40
ヨーガにおけるチャクラの経路、タオの経脈を表している
性命双修の秘術を記したもの
という説は既出ですか?


92 :天之御名無主:2006/03/06(月) 02:03:36
生命の木が体内にあるとはおどろきだ

93 :天之御名無主:2006/03/06(月) 04:47:02
>>90
辞書引けばわかることじゃん。ゾーハルが正解。
http://www.sacrednamebible.com/kjvstrongs/STRHEB20.htm
89が言ってるように、「アーメーン」が、「アメーン」とか「アーメン」とか変わるのと
同じ理屈で、その土地によって発音のし易さがあるわけで、88のユダヤ人はそういう
西洋のどっかの地の出身というだけのことに過ぎない。

94 :ニャー:2006/03/07(火) 23:09:01
カバラって何教?

95 :天之御名無主:2006/03/08(水) 14:25:51
>91
アレスター・クロウリーの「生命の木」概念図は蛇が絡みついて
ヨガでいうクンダリーニそのままだよね。

96 :天之御名無主:2006/03/08(水) 16:47:29
ミクロコスモス∽マクロコスモスの相似でもある。

97 :ニャー:2006/03/08(水) 23:22:22
聞いた話によると門松も命の木をあらわしているんだとか

98 :天之御名無主:2006/03/09(木) 06:46:28
クローリーのはカドケスだろう

99 :天之御名無主:2006/03/09(木) 13:54:34
門松なら家にもあるよ

100 :天之御名無主:2006/03/09(木) 15:45:32
100か・・・やっとティファレトか・・

101 :天之御名無主:2006/03/10(金) 08:10:50
生命の樹には蛇がからむのがお約束。
つーか蛇が絡んでくれないとどれが生命の樹かわかりませんって。

102 :天之御名無主:2006/03/10(金) 11:52:24
はぁ?

103 :天之御名無主:2006/03/10(金) 15:11:48

旧約の青銅の蛇か・・イエスも蛇なんだよね。
イエスの磔は同時に他の2人の囚人と同時に行われ生命の木と同じ
3柱の形になっている。ゴルゴ蛇の丘

104 :天之御名無主:2006/03/10(金) 15:34:22
カバラにのぼるとどうなるの

105 :天之御名無主:2006/03/10(金) 17:19:48
バカラになる

106 :天之御名無主:2006/03/10(金) 23:30:53
^^w

107 :天之御名無主:2006/03/11(土) 13:58:09
>101
蛇が絡むのは「善悪の知恵の木」=禁断の果実を食べるようにエヴァに
そそのかしたことによる。

108 :天之御名無主:2006/03/11(土) 20:50:38
知恵の実っていつの間にリンゴになったの??

109 :天之御名無主:2006/03/11(土) 21:10:38
エヴァに実を食べるようそそのかした蛇は神の怒りにふれて
罰をうけた。だから、蛇は地面を這いつくばっているんだ

110 :天之御名無主:2006/03/12(日) 00:52:29
>>103
そりゃ、モーセの蛇。知恵の木の蛇とは全く関係なし。

111 :天之御名無主:2006/03/13(月) 13:44:26
>>108
多分、フランシスコ・ザビエルあたりが勝手にりんごだと日本に伝えたのでは

112 :天之御名無主:2006/03/13(月) 14:16:41
>>110
君は絶対に生命の木を登れないよ。

113 :天之御名無主:2006/03/13(月) 15:54:19
>>111
いくら何でも無知すぎ。Adam's apple って中学ぐらいで習わなかった?
すでに14世紀末の西欧の絵画でも、リンゴが描かれているから、もっと早い
時点からそういうことになっていた。

114 :天之御名無主:2006/03/13(月) 15:58:48
黄金のリンゴだったけ?これって北欧神話?

115 :天之御名無主:2006/03/13(月) 23:31:02
ギリシャ神話にもあったな。

116 :天之御名無主:2006/03/13(月) 23:51:13
ギリシャ神話で黄金の林檎を守護する竜の名前は「ラドン」です(本当)。

117 :天之御名無主:2006/03/14(火) 13:52:26
何で黄金なんだろう

118 :天之御名無主:2006/03/14(火) 19:37:47
ヨサゲだからじゃね?

119 :天之御名無主:2006/03/15(水) 04:09:11
オレンジのことをそう呼んだって話を聞いたことがあるが。

120 :天之御名無主:2006/03/15(水) 14:55:35
レモンも

121 :天之御名無主:2006/03/15(水) 16:51:07
オレンジとみかんってどう違うの?

122 :天之御名無主:2006/03/15(水) 23:18:41
ぜんぜん別物

123 :天之御名無主:2006/03/16(木) 23:41:17
カバラは瞑想によってのぼる

124 :天之御名無主:2006/03/17(金) 14:11:29
>119

歴史家ヘロドトスは「ギリシャの最古の住人はオレンジの実る床に住み、オレンジやデーツ
を主食にしてた人々は平均200歳生きた」

生命の木=長寿ももたらす果物のことかな。ざくろとか日本では桃かな

125 :天之御名無主:2006/03/17(金) 15:28:42
長寿をもたらす果実って・・ 
生命の樹は、オリエントの宗教の重要な概念であって、そんな卑近ものぢゃないよ・・
てか、それはそれで、カバラの生命の樹とは別もん。
カバラの生命の樹は、その宇宙論を図式化したものを比喩的に呼んだものであって、
創世記の生命の樹と相関が無いわけではないけど、まあ、全く別の概念と考えたほうがいい。

126 :天之御名無主:2006/03/17(金) 15:58:30
へー甘い・・・

127 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:07:18
最近の説では生命の木=二重螺旋DNAの構造のことといわれているし
生命の木の概念図は神の計画を現すものでつまり人間が神になる=不老長寿
を手にいれるという意味でもあるんだけど。

128 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:22:20
>>127
それはむしろカドゥケウスでわ?

129 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:27:01
カドゥケウスにしてもウロボロスにしても象徴や寓意なんだが。

130 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:37:44
木=蛇、これは木気の東洋思想だけでなく聖書にも書かれている。

131 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:40:14
>創世記の生命の樹と相関が無いわけではないけど、まあ、全く別の概念と考えたほうがいい。

でもオカルト学(神秘学)は聖書から解釈を導き出す基本が理解できない人がいると
話が進まない><


132 :天之御名無主:2006/03/17(金) 16:53:48
>>127-128
テレビであったなぁ。司会は食いタンの人だったっけ。

133 :天之御名無主:2006/03/17(金) 17:23:38
食いタン?

DNAの末にある分裂するたびに短くなるというテロメアのことだよね。
これをウロボロスの蛇のように一つの円環にすという説。

134 :天之御名無主:2006/03/17(金) 17:27:55
>>131
とりあえず、ソースを。

135 :天之御名無主:2006/03/17(金) 17:32:06
>>134
常識だからちょっと本でも読んでからにしてくり。スコラ学派なんかは
甲乙矛型といい旧約におこることは新約にもおこるとしてオカルト学の基本。


136 :天之御名無主:2006/03/17(金) 18:16:20
א ב ג ד ה ו ז ח ט

137 :天之御名無主:2006/03/17(金) 18:49:35
>>135
そういう意味じゃなくてさ。セフィロト=創世記の生命の木としているカバラ文献を教えてくれってこと。

138 :天之御名無主:2006/03/17(金) 18:55:56
あのさカバラ自体が「神の啓示の書旧約」を解釈するための学問だから・・


139 :天之御名無主:2006/03/17(金) 19:14:15
知らないんだね。ありがとう。

140 :天之御名無主:2006/03/18(土) 21:45:59
「神の啓示の書旧約」を解釈するための学問の本に
セフィロトと創世記の生命の木とを同一視している文献はありまつか?

141 :天之御名無主:2006/03/19(日) 01:44:01
セフィロトは生命の樹の中になる丸(次元)だお。

142 :天之御名無主:2006/03/19(日) 16:12:48
文献とか頼りにしてる使途は、いつまでも分らないよ。

143 :天之御名無主:2006/03/19(日) 17:15:40
ところで彼岸入りしたけど意味わかる?カバラ的に

144 :天之御名無主:2006/03/22(水) 21:40:45
カバラって占いじゃないの?

145 :天之御名無主:2006/03/22(水) 22:06:26
>>144
占いはレビ記で禁じられているのでありえない。
カバラ占いは本当のカバラとは関係ない。

146 :ぜーいるあんぴーん:2006/03/22(水) 23:22:42
カバラ=生命の樹じゃあ、ありませんよね。
カバラはトーラー(旧約聖書)を神秘的に解釈する方法であって、生命の樹は
カバラの一つの象徴に過ぎません。

147 :天之御名無主:2006/03/23(木) 00:06:13
トーラー(律法)は、モーセ五書のことでっせ。

148 :ぜーいるあんぴーん:2006/03/23(木) 00:11:04
うん、だから、五書って旧約聖書の創世記、出エジプト記、レビ記、民数記、申命記でしょ?

149 :天之御名無主:2006/03/23(木) 02:16:22
ヨシュア記も入れてモーセ六書と呼ぶこともある、と岩波版の創世記だかに
書いてあった。

150 :天之御名無主:2006/03/23(木) 15:54:53
やばいのは外伝らしい。

151 :天之御名無主:2006/03/24(金) 19:10:13
旧約と新約って何が違うの?

152 :天之御名無主:2006/03/24(金) 19:31:13
保湿度

153 :天之御名無主:2006/03/24(金) 21:48:52
旧約はモーゼを仲介者とする神とイスラエル民族との契約
新約はイエス・キリストを神と人との仲ほ者とする新しい契約

154 :天之御名無主:2006/03/25(土) 08:47:12
モーセと神の契約は、出エジプト〜申命記までじゃん。

155 :天之御名無主:2006/03/26(日) 20:48:38
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗羊┛─┃∴∴
∴∴┃─┏大┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳基╋盤┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

156 :天之御名無主:2006/03/26(日) 20:49:38
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗羊┛─┃∴∴
∴∴┃─┏大┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳-基盤-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

157 :天之御名無主:2006/03/26(日) 20:50:50
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-王冠-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗美┛─┃∴∴
∴∴┃─┏╋┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳-基盤-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴


158 :天之御名無主:2006/03/26(日) 21:02:22
業界最安値、激安特価のオトナのおもちゃ♪
ラブラブカップルに熟年夫婦、SM道具から勿論一人で楽しむアイテムまで大満足!
さらに女の子をオトせる必殺アイテムも多数あり☆(←これが超強力。悪用厳禁!!)

http://www.acport.com/index.cgi?id=1107601834


159 :天之御名無主:2006/03/26(日) 21:02:55
業界最安値、激安特価のオトナのおもちゃ♪
ラブラブカップルに熟年夫婦、SM道具から勿論一人で楽しむアイテムまで大満足!
さらに女の子をオトせる必殺アイテムも多数あり☆(←これが超強力。悪用厳禁!!)

http://www.acport.com/index.cgi?id=1107601834


160 :天之御名無主:2006/03/26(日) 23:23:31
>>156
エン・ソフは?
人間の意識を超えた領域?
つまり神?

161 :天之御名無主:2006/03/27(月) 22:12:05
カバラはキリスト教?

162 :天之御名無主:2006/03/31(金) 21:26:07
イエスは救世主だろう。

163 :天之御名無主:2006/03/32(土) 16:23:31
イエス!

164 :天之御名無主:2006/03/32(土) 19:24:36
>161
フリーメーソン

165 :天之御名無主:2006/04/02(日) 00:15:04
カバラはユダヤ教だろ?

166 :ぴる来る ◆cRinn.D6KE :2006/04/02(日) 11:57:44
カバラ朋美( ̄▽ ̄;

167 :天之御名無主:2006/04/03(月) 16:06:09
>>155 ツリー・オブ・ライフ?

168 :天之御名無主:2006/04/04(火) 17:29:08
カバラを利用して、ロト6とか予想する講座があったが
全然駄目だった…通信教育費約3万円、どぶに捨てたものでした。
板ちがいでスマソ。

169 ::2006/04/04(火) 20:41:05
ブッブッブーーww  (ムーに乗ってる奴でしょ?

170 :天之御名無主:2006/04/11(火) 15:10:57
>>168 ドンマイ

171 :天之御名無主:2006/04/14(金) 00:26:13
カバラって簡単に言うとなんなの?

172 :天之御名無主:2006/04/14(金) 07:00:13
ユダヤ教神秘主義

173 :天之御名無主:2006/04/17(月) 18:35:58
えヴぁ

174 :天之御名無主:2006/04/17(月) 18:36:55
エヴァンゲリオン見ろ

175 :天之御名無主:2006/04/18(火) 01:08:54
> カバラって簡単に言う
辞書的な言い方をすると、
「現在のユダヤ教神秘主義思想の主流で、ユダヤ教の伝統に基づいた
 創造論、終末論、メシア論を伴う思潮」といった感じかね。

「12世紀後半にフランスのプロヴァンス地方ないしスペイン北部から出現し、
 やがて同じ時期にラインラント地方で出現したハシディズム運動と融合・吸収して
 14世紀には西欧、コンスタンティノープル、エジプト・シリア方面まで伝播。
 16世紀初頭にはユダヤ教文化の普遍的特徴にまで発展した」云々。

カッバーラー関係の根本典籍・代表的著作というと、
紀元後3〜5世紀に成立したとされる、『イェツィーラー(形成)の書』があるけど、
むしろ12世紀後半にラビ・メフニヤ・ベン・ハ=カーナーの著とされる『バーヒール(光明)の書』や、
1280年代前半にスペインのラビ・モーシェ・デ・レオンが著した『ゾーハル(光輝)の書』の方が
後世のカッバーラー思想の根本を形成したという点で重要だろう。

176 :天之御名無主:2006/04/18(火) 02:59:22
この時期にカッバーラー思想が出現した背景は、恐らく11世紀にファーティマ朝治下のエジプト・
シリア地域でのイスマーイール派護教運動のために興隆したアリストテレス哲学や新プラトン主義思想の
研究などが、12世紀後半になって十字軍やアイユーブ朝のサラーフッディーンによるイスマーイール派
文献の大量売却などでマグリブ地域にもギリシア哲学や東方におけるイスラム諸思想が大量に流入し、
アンダルスなどでもギリシア哲学やイスラム諸学が興隆していたことが大きく関係していたと思われる。

とくに12世紀後半は、スンナ派におけるタサウウフ(スーフィズム)理論の体系化を行った
シハーブッディーン・ウマル・スフラワルディーと、「照明学派の祖師(シャイフルイシュラーク)」
こと同じくシハーブッディーン・ヤフヤー・スフラワルディーの両スフラワルディーが現れたことで、
「神の光」と神学的な流出論たたが新たな展開を見せている。

さらに同じ時期にそのアンダルスでイブン・ルシュドが出現し、アリストテレスの著作のアラビア語版を
ほとんど全てに校訂・注解を施し、また東方のイブン・スィーナーやガザーリーの著作の評論を行っている。
ユダヤ教側でもサラーフッディーンの時代にエジプトへ移住したコルドバのマイモニデスことモーシェ・
ベン・マイモーン(ムーサー・ブン・マイムーン)がアリストテレス哲学を用いてユダヤ神学の研究を
行っている。

ユダヤ教徒たちは政権側の宗教に関わらず欧州やアンダルス、エジプト、シリア、ビザンツ帝国領内に
商業地区やコミュニティーを多く展開していたため、地中海周辺のイスラム教徒の思想動向に、これらの
地域のユダヤ教徒の思潮は大きく影響していたとみて間違いないだろう。

先述の『バーヒールの書』も『ゾーハルの書』も流出論の展開が重要な部位を占めているが、名前と言い
流出論の展開と言い、スフラワルディーの東方イスラム世界的な照明学派の流れを彷佛とさせる。

177 :天之御名無主:2006/04/20(木) 21:58:10
メルカーバ神秘主義の重要性には触れないのかね?

178 :天之御名無主:2006/04/24(月) 02:04:08
>>175-176はおそらく自分自身でも何を言ってるのか、判っていないだろう。

179 :天之御名無主:2006/04/24(月) 23:55:05
世界最古の宗教はユダヤ教?

180 :天之御名無主:2006/04/25(火) 23:15:38
宗教といえる最初のものはゾロアスター教

181 :天之御名無主:2006/04/28(金) 01:15:38
ゾロアスターは何を崇高?

182 :天之御名無主:2006/04/29(土) 23:20:24
カバラ本来の語義は「伝承」「口伝」。
書き記されたものが聖書なら、カバラはそこに隠された創造の秘密を
解き明かす鍵だと言える。
その具体的方法がピタゴラス以来の数秘術ゲマトリアと言語倒置法ノタリコンだ。
昨今のダビンチコードもこのバリエーション。

183 :天之御名無主:2006/04/30(日) 10:34:07
ゾロアスター教はスレッドがある。

184 :名無し募集中。。。:2006/05/04(木) 08:46:55
カバラがイスラムのスーフィズム丸々パクッてるって本当ですか?
日本の企業経営者の中にもエニアグラムを信奉している人たちっているし

185 :天之御名無主:2006/05/04(木) 09:58:41
エニアグラムはスーフィーやカバラやその他の神秘主義とは無関係かつ
別に古くもない。

186 :天之御名無主:2006/05/04(木) 23:34:04
>>184
メルカーバー神秘主義みたいな5、6世紀頃に誕生した上昇志向型の天路遍歴プロセスのモデルとか、
ヘブライ文字の「文字」自体と「音価」と「数値」に神秘主義的な語義解釈を行うゲマトリア
(数値等価法)などは一応当時のユダヤ教神秘主義独自のもの。(似た物は同時代のシリア語や
 ギリシア語などにもあるようだけど、ユダヤ教のような明確な体系化までは行かなかったとか)

12世紀頃にはじまる『光輝の書』や『光明の書』のような流出論やそれに附随する精神修練法
みたいなものは、当時最先端のイスラム神学や哲学、アリストテレスや新プラトン主義研究、
さらにスーフィズムのような神秘主義など中東・イスラム世界の思想状況の影響がかなり
濃いものなんだとか。

ただ、メルカーバー神秘主義とかと流出論などを一体化させて、これらをセフィロート図のような
視覚的にモデル化などして学問レベルまで発展させたのは、これもやはり当時のユダヤ教思想界
独自のものなんだそうな。

エニアグラムってどちらかというと心理学の分野だったような・・・

187 :天之御名無主:2006/05/05(金) 01:45:52
メルカバは神秘主義だけどゲマトリアは神秘主義じゃねえべ。
ついでに、メルカバ風の神秘主義はインドにも似たようなのがある。影響関係は知らないけど。

188 :天之御名無主:2006/05/13(土) 23:44:05
ゲマトリアはノタリコン、テムラーと並ぶカバラの手法の一つだよ。
それ自体が「主義」ってもんじゃない。

189 :天之御名無主:2006/05/17(水) 23:33:07
ほんとうにアニメを見た程度の知識で書き込む輩がいるとは。

190 :天之御名無主:2006/08/03(木) 20:43:26
カバラ思想って、
明らかにグノーシス神学の宇宙観を受け継いでいるな。

つーか、グノーシス神学のユダヤ版だろう。




191 :天之御名無主:2006/08/04(金) 00:13:05
順序が逆だろ

192 :天之御名無主:2006/08/04(金) 00:36:44
>>81
これ近所の図書館にあったなあ
創造の書の部分だけパソコンに打ち込んだよ

193 :天之御名無主:2006/08/04(金) 16:38:10
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴-モナ-∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴理解┳━╋━┳知恵∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴力━╋╋╋━慈悲∴
∴∴┃─┗美┛─┃∴∴
∴∴┃─┏╋┓─┃∴∴
∴栄光━┻╋┻━勝利∴
∴∴┗┳-基盤-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-王国-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
番外ニダ


194 :天之御名無主:2006/08/06(日) 21:14:42
>>81
>>192
この訳、英訳からの重訳。
著者がヘブライ語読めないし、ユダヤ教はどころか、
宗教学の専門家でもないので(精神科医)、果たして写す価値はあるのか・・

195 :天之御名無主:2006/08/10(木) 01:23:04
サタンとミカエルどっちがつよいの?

196 :天之御名無主:2006/08/10(木) 02:45:27
英訳ってG・ショーレムのやつ?

197 :天之御名無主:2006/08/12(土) 17:30:30
クリフォトっていかにも後付で作られた図っぽいな
ミカエリスが作った悪魔の階級っぽい感じだ
出てくる悪魔の名前からしても

198 :天之御名無主:2006/08/12(土) 17:36:18
ところでカバラの教義として、神は信仰の対象ではなく「認知」の対象としてて
幻視に重きを置いてるようだけど、神が認知の対象ってどういう意味?
認識し理解できるものって思ってるってこと?


199 :天之御名無主:2006/09/17(日) 12:14:08
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴
∴∴∴∴キモス∴∴∴∴
∴∴┏━┛┃┗━┓∴∴
∴オタ┳━╋━┳ピザ∴
∴∴┃┗┓┃┏┛┃∴∴
∴∴鬱━╋╋╋━知障∴
∴∴┃─┗醜┛─┃∴∴
∴∴┃─┏╋┓─┃∴∴
∴芋引━┻╋┻━悪臭∴
∴∴┗┳-毒男-┳┛∴∴
∴∴∴┗┓┃┏┛∴∴∴
∴∴∴∴-喪男-∴∴∴∴
∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴∴

200 :天之御名無主:2006/09/26(火) 01:07:08
(^ω^)

201 :天之御名無主:2006/09/29(金) 14:05:00
絡み合って上昇する2匹の蛇

202 :天之御名無主:2006/11/01(水) 22:42:10
逆カバラはベルゼブブいたよな?何だっけ…傲慢みたいな感じだったような。混沌がサタン?
そういや少年ガンガンという漫画の雑誌に連載されているサタンという漫画は話の中によくカバラや逆カバラの図と話が出てきたが、子供が読むには難し過ぎると思った。
つかカバラと逆カバラの玉の位置、名前、それに携わる神の名前を全部言える奴いたら凄すぎ…

203 :天之御名無主:2007/01/17(水) 04:45:09
保守

37 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)