5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

 朝鮮の白、源氏東日本の白!朝鮮文化排斥運動! 

1 :天之御名無主:2006/01/21(土) 12:54:19
日、四角、白、鳥、馬、天下り、天等々
朝鮮起源の文化を調査して
みんなで排斥運動をしましょう!!

日本という国号も止めましょう!
日は朝鮮の文化です!
倭の風習に立ち返りましょう!



2 :天之御名無主:2006/01/21(土) 13:13:02

ついでに倭の領土も 北九州・瀬戸内・近畿の一部にしとくれよ。
ほかは別の国で。

3 :天之御名無主:2006/01/21(土) 19:26:11
        r-──-.   __
     / ̄\|_D_,,|/  `ヽ   【呪いのパンダ】
    l r'~ヽ ゝ__.ノヽ/~ ヽ l
    | |  l ´・ ▲ ・` l   | |  コピペすると明日死にます 。
    ゝ::--ゝ,__∀_ノヽ--::ノ   コピペしなければ何も起きません。
        /:::::::::::::::::l          
       /::::::::::i:i:::::::i、
       l:::/::::::::i:i:::、:::ヽ
       l;;ノ:::::::::::::::l l;::;:!
        /::::::::::::::::l
       /:::::::;へ:::::::l
      /:::::/´  ヽ:::l
      .〔:::::l     l:::l
      ヽ;;;>     \;;>


4 :天之御名無主:2006/01/21(土) 20:15:26
>>1
まずは倭の風習をうp

5 :天之御名無主:2006/01/21(土) 20:36:29
いよいよ、さいたまが日本から独立するというのか!

6 :天之御名無主:2006/01/21(土) 23:47:45
倭の文化なんかしらないよ。
倭は日本(高麗人)に乗っ取られたんだから

7 :天之御名無主:2006/01/22(日) 00:10:58
さいたまの高麗神社、高麗川って・・・・

8 :天之御名無主:2006/01/22(日) 09:39:03
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/history/1137884195/l50
3 :日本@名無史さん :2006/01/22(日) 09:04:15
この少しあとに苗字制度が始まるのだが当時の人はまだ苗字がない。
http://www.loops.jp/~asukaclub/syoki.html
http://www.dai3gen.net/ems.htm
当時の日本人の名前の変化面白いよ。
名前は身分、生活様式、渡来か否かを顕す
九州の土蜘蛛の方々(足、手、耳垂、鼻垂)等体の名前がついてる。
倭人伝によると投馬国は彌彌那利、彌彌とおそらくミミ=耳で
土蜘蛛系だろう
初期の大王にも足がついてるのでやはり元は九州の土民の血が濃いのかも

筑紫国熊県の方は名前に熊がつく、熊襲国の人は鹿
動物の名前が好きみたいだ、狩猟民族の名残か
当時の大和政権の上層部は
彦(日子)、日、五十、鈴などを名前につけている。
特に出雲系に近い人は鈴、五十を好む。銅鐸、五十猛(スサノオの末裔だから)
ニギハヤヒも日だね。
九州の上層部の人は田という言葉が好きなようである。水田稲作
この少し後に近畿に白というトーテムが入る。

渡来アイテムは五十、鈴、日から白へと変わる。
東北に白という地名が多いのは新しい渡来人が入ったか、
新しい畿内文化が入ったかいずれか。

9 :天之御名無主:2006/01/22(日) 09:44:13
貴字と卑字の使い分けですね。中国でもありました。

10 :天之御名無主:2006/01/22(日) 11:12:48
かの東夷は狂暴で陵辱も恥じず、村に長もなく各境界を侵し争い、
山には邪心、野には姦鬼(かんき)がいて往来が防ぎ多くの人を
苦しめている。その東夷の中でも蝦夷は特に手強い。男女親子の
区別もなく、冬は穴に寝て夏は木に棲む。毛皮を着て血を飲み、
兄弟でも疑い合う。山に登るには飛ぶ鳥のようで、草原を走る様
は獣のようだという。恩は忘れるが恨みには必ず報いるという。
矢を髪を束ねた中に隠し、刀を衣の中に帯びているという。
あるいは仲間を集めて辺境を犯し、稔りの時をねらって作物をかすめ取る。
攻めれば草に隠れ、追えば山にはいる。それで昔から一度も皇命に従った
ことがない。

毛皮着て悪さばっかりしてるキチガイが蝦夷
それは今でも変わらず、ろくな事しない

11 :天之御名無主:2006/01/22(日) 11:29:47
卑字じゃないと思うな。
高良大社の最高神は玉垂命だよ。
これって土蜘蛛の耳垂の垂に一致するし、
神武の母(水、海童=九州人)の玉依姫命の玉で一致するじゃん。
先住民はからだの名前を付けるのが習わしだったのさ。
ピカリや天孫信仰は近畿に移住した後だろう

12 :天之御名無主:2006/01/22(日) 12:53:25
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/01.htm
東日本は元々、国津神、島津神に変わる形で天孫系の氏族が
支配層に収まってるんだが、東にいた国津神、島津神も
ニニギの系統で高句麗系なんだよ。
一方、西日本は土蜘蛛や熊襲の非高句麗系の土着の一族が
支配していたんだ。
だから物部などの天孫氏姓は西では圧倒的に少ないの。

そして中世、宇都宮などの東人が西の支配層に収まるけど、
これは西に天孫系の支配者が殆どいなかったせいなんだ。

驚いただろ、東朝鮮人

13 :天之御名無主:2006/01/22(日) 21:01:13
>>11
一字じゃなんでもいえるぞ。
玉垂命には「玉」も「垂」もあるじゃないか。

14 :天之御名無主:2006/01/22(日) 23:41:06
字、言葉はその人、民族集団の風習を顕す大事な
キーワードだよ、ルーツを探るポイント

15 :名無し募集中。。。:2006/01/23(月) 02:40:09
>>8

伊手熊野神社蘇民祭
1月15日夜から16日未明にかけて行われた恒例の火祭り「伊手熊野神社蘇民祭」の様子です。
県内最大規模の火たき登りや男たちが激しくぶつかり合う蘇民袋争奪戦など、見どころ満載です!

●わいわいひろば● 交流コーナー
http://www.waiwai-net.ne.jp/hiroba/main_page/exchange/exchange_r_eizou.html

(WMPで動画が見れます)

16 :天之御名無主:2006/01/23(月) 07:30:47
平氏は赤旗だから
倭人伝で倭人が体に朱塗ってたので先住民だよ。
鹿児島の平氏は日本書紀によると、
葦原中津国(九州)の日向にニニギが畿内から天下りし
阿多隼人(海人)の妻を娶ってる、この妻の名は「阿平姫」だよ。
つまり、平は先住民の一つの立派なステータス。

平は「たいら」とは読まない、「ひら」とよむ、
この「ひら」は中国地方の方言で「端」という意味があるらしい、
なお、アイヌ語でも「ビラ」は崖、端という意味がある。
つまり平氏は先住民の末裔を標榜してたわけだよ。
源氏白旗はもちろん朝鮮人の白装束だ。

源氏は半島に帰ってね★

17 :天之御名無主:2006/01/23(月) 08:08:38
平氏(赤旗=先住民の色)はどこに拠点があった?
源氏(白旗=朝鮮人の色)はどこに拠点があった?
南朝はどこに拠点があった?北朝はどこに拠点があった?
水神と共に祀られる平氏、水神といえば西日本だよね。
平氏も貴族だから朝鮮の血は濃いよ、しかし先住民の
反乱だったんだ。あれは単なる権力闘争じゃないんだよ。
南朝しかりだ。よーく考えよう。
記紀、倭人伝、東夷伝、風土記をよーく読もう。
先住民はいま朝鮮人(源氏=東日本人)により根絶やしに
されようとしているのである。

18 :天之御名無主:2006/01/23(月) 08:58:19
先住民(倭人=西日本人)と東朝鮮人(東日本人?)
の争いは今に始まったことではないんだよ〜〜〜
おまえらにも読みやすいようにしてあるからよめよ〜〜!!
記紀、魏志倭人伝、東夷伝に全ての秘密が隠されているのだ。

魏志倭人伝訳文(ホームページ製作者訳)
http://inoues.net/wajindenx.html
文献は語る −中国正史・その4
http://inoues.net/yamahonpen4.html
日本神話(大和/出雲神話)系譜/天皇系譜
http://www.ax.sakura.ne.jp/~unauna/una/main/god/japan_k.html
三国志魏書 東夷伝
http://www.geocities.jp/thirdcenturyjapan/gisi-toi.html
私本日本書紀
http://www.loops.jp/~asukaclub/syoki.html
戦国武将の系譜
http://www2.harimaya.com/sengoku/bk_south.html
姓氏類別大観 
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/01.htm
歴代天皇一覧表
http://homepage1.nifty.com/kitabatake/tennouichiran.html

19 :天之御名無主:2006/01/23(月) 19:37:28
このスレ自体、工作員のにおいプンプン。


20 :天之御名無主:2006/01/24(火) 14:07:49
133 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 13:35:53
新羅は出雲人の国
http://makimo.to/2ch/mentai_whis/980/980828553.html

134 :日本@名無史さん :2006/01/24(火) 14:00:44
新羅人は出雲・丹波・但馬人(銅鐸=鈴、五十猛)かもしれないが。
出雲系が純粋な倭系とは思えない。

彼らは少なからずその前に高句麗の影響を受けている。
だから出雲系(出雲人、初期近畿人、関東東北人)は
当初は高句麗との混血であり、更に新羅からの渡来人と
混血したと考えられる。
だからあそこまで高句麗、新羅文化に拘りがあるのです。

21 :天之御名無主:2006/01/24(火) 21:11:05
工作員よ、おまえらが騒げば騒ぐほど、みじめになるぞ。
いい加減にやめよ。

22 :天之御名無主:2006/01/25(水) 03:28:18
邪馬台国は北部九州(宇佐八幡を中心か?)とした本州政権に対する
クーデター政権かもしれない。
元々伊都国、奴国、など筑前、豊前は本州政権の支配下にあったが
その臣民は南の狗奴国的な人達が多く、本州政権に対する
不満が高かった。そんな中、邪馬台国(宇佐?あるいは近畿の一部)
が主導的な立場に立ちこの地域を中心としたクーデター政権を
たてた、それが女王国邪馬台国ではないか?
そうすると、女王連合国家の首都は小城であっても、近畿であっても
小城の土蜘蛛征伐等の関係で否定材料とまでは言えないかもしれない。
(ちょっとわかりにくい文書いてしまった〜)

狗奴国とはその女王国とも本州政権とも連合を組まない
熊襲、熊民、隈民、蘇民、土民だったのである。
狗奴国の人達は頑なに火、水信仰(玉垂命)をもっていた。


23 :天之御名無主:2006/01/26(木) 04:40:53
>>22
火と水、というとヘルビガー主義が代表的ですね。

24 :天之御名無主:2006/01/27(金) 17:44:44
新羅国は倭人が創った(2)
実は「瓢公」が新羅の王になったことは、三国史記からは明確ではありません。その代り
4代目の脱解王が日本出身であったことは、明確に書かれています。この王は倭の都から
東北千里にある多婆那(丹波?)国で生まれたが、生まれた時大きな卵だったので、海に
流され、新羅で拾われたそうです。そして、「瓢公」の家で育ったそうです。
これで新羅国は倭人が創ったことがよりはっきりしました。

しかも韓国の壇君伝説は卵から生まれた天孫が
熊と虎を人間にしようとしますが、熊だけが人間の女性になります。
そして壇君と熊女は結婚し子孫を儲けます。

新良貴の天日鉾(五十猛、五十鈴木、伊達、館の祖先)
が移住したのも但馬です。
高天原は近江・丹波・但馬ラインで確定です。

おめでとう、おめでとう



25 :天之御名無主:2006/01/29(日) 18:53:18
むしろ摂津源氏→河内源氏だから
源氏こそ弥生系の一族でない?
高棟王の系統だとは言え、将門ぐらいからは関東土着民=縄文系の血が色濃くなった平氏は、
血統的には縄文系の武装貴門だと思う。

26 :天之御名無主:2006/01/29(日) 20:42:22
また起源が適当に明らかにされている民族同士のいざこざか?
一番最初を探り出して世界の心を一つにまとめるのが民俗学の仕事じゃないんですか。

27 :天之御名無主:2006/02/02(木) 14:10:53
武家の源氏は、兵庫県の源満仲が宗家。

28 :天之御名無主:2006/02/03(金) 10:46:04
水神って、清盛の系列は伊勢平氏。
平氏の本拠は、関東だろ。

29 :天之御名無主:2006/11/13(月) 22:48:35
縄文とか弥生とかで単純に二分割できるのだろうか?
どなたたかマットウな日本史学者の方はおられませんか?
トンデモ注意報発令です。

30 :天之御名無主:2006/11/15(水) 12:54:10

何度言えばわかるんだ。朝鮮文化は中国文化のコピーでしかない。
長い間、中国の属国だったのだからな。それに、三韓時代と戦前の日本に併合された期間は日本の属国だ。
戦後もそのため言語や法律など日本の影響が濃厚だ。日本文化のコピーともいえる。





31 :天之御名無主:2006/11/15(水) 13:36:34
平氏は赤、
魏志倭人伝の九州倭人は体に朱を塗る
装飾模様の復活した春日市須玖土器も
真っ赤っか。
平氏はおそらく天皇族でありながら
古代倭の陣営に与した一族。


32 :天之御名無主:2006/11/15(水) 13:37:52
真っ赤っかで装飾のある須玖土器は
沖縄にも広がり
九州沖縄が一つの文化圏である証拠の一つとなっている。


33 :天之御名無主:2006/11/18(土) 14:54:58
赤く塗るのは道教由来
つまり中国の影響を強く受けているということ
中国大陸に近い九州が秦氏を中心とした大陸出身者により
もたらされた風習がかなり古くから入っていた
その頃東日本はほとんど縄文人の楽園で朱塗りや米作とは無縁の
世界だった。勿論、朝鮮と東日本は5世紀頃まで縁が薄かった。


34 :天之御名無主:2006/11/30(木) 00:57:50
中国では赤が尊ばれ朝鮮では白が尊ばれる

日本は良いとこどりってことですか?

35 :天之御名無主:2006/12/03(日) 22:33:12
かつて東アジアには中国を中心にする冊封体制という「華夷秩序」が存在した
その中で日本と朝鮮は中国との関係において同格の位置にあった
それを覆したのが豊臣秀吉の朝鮮侵略である
むろんそれは失敗しただけではなく日本国内でも秀吉自らの没落を招く結果となった

だから豊臣家から権力を奪った徳川家康は以後甚大な被害を与えた朝鮮との関係を
修復するための外交をせねばならなかった
それは中国との貿易を再開するためであり日本が東アジアの政治・経済システムに
復帰するために不可欠であったのである
徳川側(日本側)の「反省」は曖昧なものであったが李朝側(朝鮮側)はそれを受け入れた
東アジアの秩序の再建と平和を優先するための配慮であった

その結果朝鮮側から「通信使」を送るという慣例が成立した
これは単に外交儀礼の問題ではなかった
十二度にわたり毎回五百人に及ぶ朝鮮の一流の学者・医者・芸術家などが来日したからである
日本側も同じレベルの人たちが関与した
したがって江戸日本の儒学・医学・文学・美術その他を考えるには朝鮮通信使の研究が不可欠である

だが徳川幕府が朝鮮に対してとった政策は明治時代には秀吉の朝鮮侵略を「朝鮮征伐」として
礼賛する声によって否認された
その結果が昭和の第二次世界大戦まで続いた日本の東アジア諸国への帝国主義的侵略(植民地支配)であった

戦後の日本政府の政策がある意味で徳川の政策に似ているものとなったのはこのような歴史があったからである

36 :天之御名無主:2006/12/04(月) 20:05:49
日本の技術を学んで帰った通信使

室町時代前期の1429年、日本にきた朴端生は、次のように復命していた。
それによると「日本の農人水車の設けあり」として、
学生の金慎に「造車の法」を精査させて模型を作り、鍍銀(銀めっき)、
造紙(紙漉)、朱紅、軽粉等の製造法を報告している。
この時の復命では、日本の貨幣経済の実態や店舗商業の発展等にも及んだが、
その中で技術に言及していたのは、
渡航前に世宗から「倭紙堅靱、造作の法また宜しく伝習すべし」と、
日本の技術を導入するよう命じられていたからである。
だが残念なことに、それらの技術はいずれも朝鮮の風土に定着しなかった。
灌漑施設としての水車の優秀性は、その後も何度か提議されていたし、
造紙のほうも17世紀になり、柳馨遠が「倭楮の軽沢精緻に如かず」と、
日本の楮(こうぞ)である倭楮を使った紙の製造を提唱しているからだ。
これらの事実は、朝鮮側には日本の技術を受容し維持するだけの土壌が
整っていなかったことを示している。
これに対して日本では、朴端生が日本を訪れる百年以上も前に、
水車を利用して離宮に川の水を汲み上げた話が『徒然草』(第五十一段)に記されている。
その水車が農民たちの手で取り付けられていたことを考えると、
当時、日本と朝鮮の間には相当の技術格差があったことがわかる。
したがって、韓国の歴史教科書にあるように「技術を学ぶのに苦労していた」のは、
日本側ではなくむしろ朝鮮の方であったのである。
そして、この現実は後世、実学者と呼ばれた人々が日本や清との技術的格差を深刻に捉え、
その導入方法に苦慮していたことでも明らかなように、
近世に入っても変わりがなかったのである。

37 :天之御名無主:2006/12/04(月) 20:12:19
その時歴史が動いた「朝鮮通信使殺害事件(前編)」
ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=72538

その時歴史が動いた「朝鮮通信使殺害事件(後編)」
ttp://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=phistory&nid=72539

38 :天之御名無主:2006/12/04(月) 23:21:46
>>36
そもそも日本に鍍銀(銀めっき)、造紙(紙漉)、朱紅、軽粉等の製造法や
灌漑施設としての水車の技術を導入したりしたのは
5世紀〜7世紀にかけて朝鮮半島から渡来した百済・新羅・高句麗人なわけだがw

39 :天之御名無主:2006/12/05(火) 07:42:03
技術はいったりきたりですね
お互い学びあえばいいっじゃん

40 :天之御名無主:2006/12/05(火) 18:41:44
そもそも、中国の属邦の中でも朝鮮の地位は最も低く、
下国のなかの下国であった。

天朝の朝賀の席では、千官が赤色の礼服を着ていたのに対し、
朝鮮の使臣だけは異色の丸首の衣である。

また、琉球の使臣は籠に乗って宮廷に入るのに対し、
朝鮮の使臣は籠に乗ることを禁じられていたことが
「渓陰漫筆」に書かれている。

そして、李朝時代の臣民は琉球以下の扱いを受けたと嘆いている。

         (黄文雄『韓国は日本人が作った』徳間書店)

41 :天之御名無主:2006/12/09(土) 00:27:00
ここはどのスレも八切デンパが多くて困ったもんだ・・・
ちなみに>>36
オタクは古代より豊臣まで一貫して冊封体制に組み込まれていたのいう認識なの?


42 :天之御名無主:2006/12/09(土) 20:04:45
てか東日本が朝鮮人なら関西とかは華北人じゃないのか?


17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)