5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★古神道から見たる民俗学、伝説●●

1 :ぴいぽ:2005/07/05(火) 17:55:05
柳田国男さんや折口さんも生きていれば興味深々、腰を抜かす伝承が
伝わっている。民俗学界にもおそらく考察された事は一度もないと思う。
そんな話しや古神道のなかでも伝説のようであって民俗学している
不思議な話しがある。大石凝翁の琵琶湖に浮かぶ謎の文字、水茎文字などなど
楽しい話しをしましょう。

424 :さっとこ:2005/11/28(月) 20:29:24
>>420大麻の一考察。人生いろいろ神話解釈いろいろだよね。
神話のクライマックスが岩戸開きというのも人によっていろいろ。
記紀を神話と取るか神々が活躍した事実ととるかも人それぞれと思います。

425 :さっとこ:2005/11/30(水) 17:39:53
時代遅れのさっとこ、DVDでうぶめの夏を見ました。
いや〜京極先生の作品をそのまま映像化するのって大変だな〜。


426 :山野野衾 ◆CXSSL1llHI :2005/12/01(木) 21:39:21
>>421-423
支離滅裂というか、電波にしか見えませんが。そもそも文章になっていない。
疑問を感じられたのであれば、それで良いですよ。
ただ、こういう方に来られると当方も困惑致しますので、反論や誘導などは
なさらず、スルーなさって下さい。

427 :さっとこ:2005/12/03(土) 17:40:27
スルーって、するっと流す意味ぃ?

うぶめの夏DVD、なんにしても映像化したことが評価されますぅ。
原作を読んだ方には役者がストーリーに必死でついて行っているように見えたかな?

素人のさっとこ思うに、あの映画の核のへんくつな京極堂をもっとアピールするカットが欲しかった。
古本屋をもっと古い造りにして、いろいろな和本、珍本のクローズアップが
欲しかった。陰陽師の修行のシーンもエンドロールとか話の導入部にいれたら
いいかも。


428 :天之御名無主:2005/12/03(土) 18:46:42
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲
心霊RANKING
http://rei_ranking.jungleboots.org/index.html
最恐ランキング
http://www.my-ranking.com/kyouhu/
心霊・ミステリー 8days RANKING
http://ranking.8ne.jp/20/
▲全国心霊オカルトミステリースポット▲霊場廃墟怖い話怪談~
http://jbbs.shitaraba.com/travel/611/
▲オカルトホラー心霊作品探索劇場 ▲
http://jbbs.shitaraba.com/movie/4639/
▼猟奇オカルト
http://www.megabbs.com/occult/
オカルト・怖い話掲示板
http://choco.lv3.net/occult/

429 :天之御名無主:2005/12/03(土) 19:35:32
正直ガイキチの日記スレがどうなろうと知ったことではない。
削除なら大歓迎。

430 :さっとこ:2005/12/03(土) 20:39:45
理解できないのは恥じゃないよ。ご縁がないだけだ。
日記スレしてほしいの〜?

違う板で書いてたらね、図書館じゃないよ。もう完全にシャットアウトされたよ。
2ちゃん自体が削除されたのさ。県下みんなでね。
おかしいな〜?IT政策を打ち出した総理のゆかりのとこなのに?
ますぞえ氏が国会で2ちゃんの名をだしたね。話にならんと。笑。
>>429ともかく削除されいる事実をうけいれにゃあ。
でも君や家族が生きてるのもとことこが日本を救ったからだよ。


431 :さっとこ:2005/12/03(土) 20:55:09
え〜と、京極堂は民俗神話、神社仏閣、宗教に精通してるね。
知らないとスレ関連を理解していない>>429なんてのも出てくる。
書いたと思うけど原作を読んだとき、震えたよ。
京極堂のしゃべり方が天@居某古書主人と同じだからね。
おまけに仏頂面と書いてるから、主の顔が浮かんだままだよ。
珍本奇書に囲まれている。(とことこは相当後で気づいたんだけどね。)
変わったお客がいてね、しゃべり口調から主人の知り合いと思うけど、
とことこに私の書いた本が新刊書店で売ってるからととことこの手帳に
書いてくれた。でも知らないひとだったけど・・今その手帳が何処にあるかも
わからないよ。

432 :さっとこ:2005/12/04(日) 12:59:22
京極堂は憑きもの落としをする。陰陽道、神道、密教に詳しいね。
ただ呪術など霊術視はしていない。救済の機能的システムと見ている。
だから「この世には不思議なことなど何もないのだよ、関口君。」
とセリフがでるんだね。だけども榎木津は相手の記憶を読む
不思議な力を持っているね。

433 :天之御名無主:2005/12/04(日) 21:58:05
小学生でももうちょっと気のきいた読書感想文が書けそうなものだが。

434 :さっとこ:2005/12/05(月) 17:59:30
ひゃあ!なんだろう。クシビなることを書こうとすると、とことこの力が抜けていくんだよね。
早い話、京極堂は電波なしに憑きものを取る。ここが京極作品の要だよ。
だから、面白い。(とこ勝手に書いてます。)

しかし現代の陰陽師と書かれた仁田さんは、完全にこの世とは超越した話をされます。
その超越した世界に住むものを使うと言うことをプロに講義されている。
易占の世界でも仁田さんの書くことは特殊です。(感想文が始まります。恐縮です。)
話が幽冥の交通に関わっている事が多いのです。昨日、れる前にカラーボックスから積ん読の一冊をぱっと
取って開いたら、仁田さんの本名がフルネームで載っていた。びっくりしたなあ。
戦前の本だよ。

435 :天之御名無主:2005/12/05(月) 21:11:17
もう いいよ。 あちこちで同じネタの繰り返し・・・

436 :さっとこ:2005/12/07(水) 17:40:21
本名のフルネームは初めてだよ。
じゃあ、でひゃあっ!
仁田さんてうわさで天@居の人と聞いてたけど、本当だったんだね。
あとね、竹内のスレでちらっと紹介した、八尋殿ピラミッド説にちかい事を
行った国学者だけども。
でえっ!
友清翁の遺稿にその名が見えた。さすが古神道の巨人。再認識しましたぁ〜。
大石凝翁高弟の水野翁も紹介していましたよ。
しかし巷の国学者本には載っていない。
さっとこも著作を見つけて買おうとしたら売り切れ。しばらくして三倍の値段で売っていた。
そんなぁ〜。手が出ません。公開すればまた値が上がるかもしれないので・・・
あとでね。

437 :さっとこ:2005/12/07(水) 18:05:43
戦前のフルネームで書かれた仁田さんの入手困難(と、思いますが)
の稿を誰でも読める法、
ん、これもあちこちで書いたから、もういい?

438 :さっとこ:2005/12/07(水) 18:13:51
>>435じゃあ、天理教ネタもう読んだぁ?

439 :天之御名無主:2005/12/07(水) 21:21:13
どっちにしても同じ所を上下左右だな

440 :さっとこ:2005/12/08(木) 12:31:41
そんなことをいってる場合じゃないよ。
天下の一大事。耐震偽造で国会がやんやん言っているが、
松下の殺人温風器が9万台未回収。それを先にやれボケなすども!
しかも不良品を部品交換した後に死亡者を出している御墨付きの殺人マシンだ。
形が古いからお年寄りが使っている。そんな事は誰でもわかるよな!
年寄りは今まで使っていて何ともないから、大丈夫だと思ってメディアの
報道を認識してもまた使うのだ。
九万台とは九世帯って事だ。政府はいったい何をしているのだ?

一酸化炭素というやつは血液中の酸素を運搬するへモグロビンに強力に結びつきやすいのだ。
結果、常識で酸素なしで生きられる人間はいないってわかるだろう?
自動車の排気ガスで自殺する例と同じ事なのだ。
事の重大性がわからん人間ばかりだから日本を救うとことこが警告するのだ。
メーカーも政府と同じだ。わかっているならさっさと強制で回収しろ。
年寄りはゴン太をこねる者なのだ。
そのくらいわからんのか?電話で使わないで下さい、だけですますのか
このあんぽんたん!神道大系編纂者の松下幸之助が泣くぞ!
みたまのふゆも帳消しだっ!

441 :さっとこ:2005/12/08(木) 12:38:28
>>439じゃあ、仁田さんと清水さんが天@居を離れていったわけを
教えてよ。
友清さんが亡くなったのが大きいと思うけど。


442 :さっとこ:2005/12/08(木) 17:49:01
>>438実は勘違いをして、あんち天理のスレに書いちゃった。
>>439は、ちゃんと歴讀を読んでる人ですね?
積ん讀に3冊ほど、天理教本があったけど、こふき稿本だったかな?
天理教は昔の本も結構復刻したり入手可能な本だったりするから
興味のある人は各自独習してね。

天@居の研究したいけどぉ〜。
関連レスがないか聞いたら削除されていたよ。?
一般的に古神道秘教団体として伝説化されてるからね。


443 :さっとこ:2005/12/08(木) 18:01:19
易の民俗的研究も面白いよ。易専門のスレは専門家が毒づいて駄目だね。
さっとこならもっと面白いことを書く。
日本は世界大戦があったろぉ。あたるも八卦あたらぬも八卦なんて言ってる
場合ではなかった。実は易は日本の行く末をすでに表していた。
戦前の読み物でわかったんだよ。(感想文が始まったぁ。)

444 ::2005/12/08(木) 18:09:09
『盤絲洞』かぁ〜?
今日、予定より遅れること10日位、東京の神保町へ行ってきました。
気に入った本は無かったです。だけどご無沙汰のためいろいろ新刊出てたね。
間をあけて、また言ってみます。

445 :天之御名無主:2005/12/08(木) 23:30:06
妄想の度合いがきつくなったようだ。
まあ寒くなったことだしな。

446 :さっとこ:2005/12/09(金) 12:31:49
>>太さん、加藤さんの有名な易の学会の出版書ですよ。
新刊でいいもの、ありましたぁ?
よろしければ、教えて下さい。

>>445寒くなったね。でも妄想なんかじゃないよぉ〜。ひどいなぁ〜。
超有名な今も刊行を続けている易占の代表的雑誌じゃないかぁ。
知らないと潜りだよぉ。笑。
さっとこは妄想で書いたりする素質がないんだよ。安心したぁ〜?

いや〜、実はね、>>440の一件だけども、さっとこの仕事場の暖房器具が
ね、ニュース報道された同一の物だったのさ。
実は>440は、実話だったのさ。
あれから上司もやっと、使用を中止してくれたよ。
今度は政府からでも連絡してきたのかな?
ともかく、さっとこはまたまた日本を救ったよ。まずはめでたしだね。



447 ::2005/12/10(土) 11:19:41
そーだねえ?かれこれ1時間位しか居なかったので、とりわけ題名などは覚えて
こなかったんですが、霊能者の写真本が A4判かなぁ〜?出ていたねぇ。
あとはもう忘れてしまってすみません。今度行くときはちゃんと選別して
2〜3冊は答えられるようにしておきましょう。
この写真本は明治大正ころの有名霊能者の自伝でしょうか?
なかなか大きくきれいな本で、友清さんも写真がのっていたと思いましたし、
出口さんと福来さん、ギボさんのものっていたと思います。
なにしろ歳で物忘れが激しいもんで、あしからず、ごめんなさい。
岩波書店のわきの角はスーツ屋さんに変わっていましたね。だんだん変貌するね。
ムー誌の新刊を1日早く見てきました。面白い内容じゃあないですねえ。
1ヶ月後の次号は縄文土器と文字の話があるんで、買いです。

448 :さっとこ:2005/12/10(土) 12:42:01
>>447太さん、どうもです。写真本見たいな〜。前に宝島からも出てたですね。

ムー情報どうも。太さん、まさか@幡社長じゃないでしょうねえ? 笑

今日の朝刊にも松下の温風器事故の対応後手で被害広がるとの見出しがありました。
買い取りやCM対策じゃなく強制回収しなきゃ人命に関わることが
まだわからないのかな?毒ガスサリンの取り組みみたいに対応しなきゃ
CO中毒で重体の人もその後でたろ。世の中までまったりしているね。


449 :天之御名無主:2005/12/15(木) 22:32:06
>>434 車谷常市

450 :さっとこ:2005/12/16(金) 12:31:56
>>449戦前の本、あったぁ?
ちゃんと易は日本の行く末を見通していたでしょぉ。
だから易ってすごいなあと思ったの。
どこかの図書館にあるう?
戦前体制側から当然圧力があったことも書いてるね。
だから、表の本なのにある時期から裏に回らざる終えなかったことも
かいていたでしょぉ?易占のデタラメを言うわけにはいかないからね。
日本が戦争に勝利すると。

451 :さっとこ:2005/12/16(金) 17:36:13
戦後になると、ばあっ!と堂々と刊行され現在に至る。
だがすでに易は未来を見通していた。人類の急激な進歩までね。
今だから歴史的な流れを掌握できるが、事が起こる前に
人類の達成する事柄を卦をたてて見ているから面白い。
そこが定期刊行物のすごいところぉ?
たとえばねぇ。 人類を月に運んだのはアポロ計画だけだった。
人類が月に行く前の時点で実は占って刊行されたの。面白いでしょ。
詳細はまたね。

452 :さっとこ:2005/12/18(日) 15:45:40
ばあっ!アポロのことを占った雑誌は、紀藤さんの方でしたぁ。
予見特集号です。伊丹の図書館長が月旅行はどうなる?論じられてますぅ。

アメリカのジェミニ計画がピリオドを打ちアポロ計画が幕開けする前
昭和41年12月印刷だからその前に占われている。
ご承知のように60年代に月へ米国人を送るのが故ジョンFケネディの悲願だった。
六変筮による得卦は坎為水、之卦が雷水解。
之卦の動爻の陽変する4年目、69年に成功、解決。
1969、さっとこはポケット事典をみてびっくり。

453 :さっとこ:2005/12/18(日) 16:19:37
1970年世界万国博覧会が大阪で行われた。そしてアメリカ館に月の石が飾られた。

454 :天之御名無主:2005/12/21(水) 07:18:34
さっとこさん、太さんは、「暗黒神話」「孔子暗黒伝」
はご存じですか?

455 :さっとこ:2005/12/21(水) 17:48:34
え〜と、さっとこは諸星さんのスレにちょこっと書いたことがあるよ。
レーザーディスクも持ってるよ。(古い?)
だけどプレーヤーは壊れちゃったぁ。DVDで出ないかなぁ。
暗黒神話を実写で見てみたい・・・。

456 :さっとこ:2005/12/21(水) 18:07:05
古神道スクープ
「大石凝翁高弟の水野翁は京極堂だった!」

なんちゃって。昨日、てやあっ!って積ん読に抜き手して捕まえた本に
にね、水野翁の事が書いてたんだよ。
蔵が二階建て相当の大きなもので蔵書が入り切れないほどなんだって。
(そこだけかーっ!と、つっこまれるぅ?笑。)

でへぇ?娘さんが書いてたのだけど、大石凝翁全集がさすら掲載後出版に
なると述べている。みんな知ってるぅ〜?

昭和49年五月27日記とあるから・・・。
@幡さんのがそうなのかな?

457 ::2005/12/21(水) 19:17:16
>>454
アニメ物なんですか?諸星さんの名は多少聞いたことありますが、見てないです。

458 :天之御名無主:2005/12/21(水) 19:39:35
いいえ。確か、少年ジャンプ!連載だったと思います。
アニメものもありましたが。
沢田ケンジ主演の「ヒルコ」、阿部寛主演の「奇談(原題;生命の樹)」
等の映画もあります。


459 ::2005/12/22(木) 09:19:44
参考情報、有難う。

460 :天之御名無主:2005/12/22(木) 14:27:25
妄想の世界に住んでる連中にとっては偽書も小説もマンガもいっしょ
なんだなというのがよくわかる展開だね。

461 :さっとこ:2005/12/22(木) 17:54:20
>>460もぉ〜っ。  (牛じゃ、ないよ。)
とことこに解説を書かせるつっこみ作戦でしょぉ〜。

よそのスレでアニメの批評があったの読んだぁ?
たんたんとストーリーを展開させている・・・たんたん、・・・
そのたんたんがいいんだよね〜。
舞台は現実の物だしその地にゆかりのある方は主人公に感情移入する必要はない。
懐かしい思いにはせるのが妄想かい?子供の頃、古墳群と知らずに
堀をなんとかして渡り小高い山林の中を探検してみたいと思ったことはないかい。
平城京でたこ揚げをしたことはあるぅ?
山辺の道を学校の遠足で行ったとき、
なんじゃぁーっ?・・・・・猿石。

なんじゃぁーっ?・・・・・亀石。

歴史に興味の全くない時期を思い出す。
ん、きみは遠足を休んだろぉ。笑。


462 :さっとこ:2005/12/22(木) 18:03:42
とことこは隠れた名所、旧跡(ローカルだよ。)をアメノコヤネの命の末裔と
まわったりして、おなかがへって困ってたらアケビが大量になっているところを
発見して、神様ありがとう、って感謝したりして。
不思議にであったりもするが、きみはちっとは外に出てみたらぁ?


463 :さっとこ:2005/12/22(木) 18:13:09
君の近くにもあるでしょぉ?
工事中に銅剣が出てきたり、大和朝廷も真っ青になるくらいでかい曲玉
が出てきたり、巨石信仰あとに文字のようなものがあったり・・・
本場じゃなくても全国各地にあるはずだよ。

諸星さんは上手くそういうのをつなげて背景にしているから面白いのだよ。

464 :さっとこ:2005/12/22(木) 18:16:45
みんなあるでしょぉ?外回りの仕事と称して石舞台を見に行ったり
バッティングセンターにいったり・・・・しなかったぁ? 笑

465 :さっとこ:2005/12/22(木) 18:19:53
そういや秋篠寺で皇太子殿下とすれちがったこともある。

466 :天之御名無主:2005/12/23(金) 12:15:00
トリコ(文字不明)土器ってなんなんですか?

467 :さっとこ:2005/12/23(金) 12:30:31
主人公の少年タケシが縄文土器を展示している博物館の様な所で竹内老人と会う。

とことこも、ドライブ中に見つけた掘っ立て小屋を気になって覗いたら縄文土器がケースなしで展示してあった。
時代別に展示してある量も凄かったよ。
からの菓子箱に、土器のかけらと漆のぬられた櫛が無造作に展示してあった。

後に新聞で盗難にあった事を知った。やはり貴重な資料だったのだ。
土器のかけらも復元されたどの土器にも当てはまらない物だったのだ。
(感想文、ご自由にスルーして下さい。)

468 :さっとこ:2005/12/23(金) 12:39:59
>>466アニメにでてきたぁ?もう一度漫画で見るね。
鳥さん土器なら知ってるけどぉ。

少年タケシが縄文土器の蛇みたいな装飾を凝視する。
古事記に登場するタケミナカタ神伝説にに信濃秘史・・・
妄想でも何でもない。容易に誰でも納得する展開なのさ。

だから古事記を読んでねと言っている。
妖怪ハンターの、あの人も神代卷は暗記していたよね。

469 :466:2005/12/24(土) 17:02:01
コトリですた orz

470 :さっとこ:2005/12/24(土) 18:07:42
先に書いた大石凝翁から宇佐美さんへの伝が確かな事を示す話があるよ。
金井@龍さんが大石凝翁を知る経緯を書くと
昭和47年ころ、古書店で「三種の神器の御謂礼」を見てからであるという。
不思議な本が有る物だとおもいつつ急に蒐集癖が頭をもたげだしたそうである。
そして大石凝翁遺著「真訓古事記」を入手する。高弟水野翁の発行だ。
それまでは一切知らなかったと言及している。

金井さんはフトマニアタック隊なるものを結成するにあたり看過しできぬものに
杉庵志道、望月幸智、出口王仁三郎、大石凝真素美、水野翁、水谷清等の
一連の学系等がものしたものを挙げている。

471 :さっとこ:2005/12/25(日) 17:37:22
この種のものをもっと集めてフトマニ研究の参考にしてみたくなった@龍さん。
神田、東大前、早稲田にある古書店を片っ端から虱潰しにまわったのだ。
(とことこもしたいよぉ〜。理由・貧)
ご自分で一番下手な初歩的な買い方と称してられる。しかし@龍さんの前には
この種の本は現れなかった。
(時代的にその点みんなは幸福だよね〜。理由・@幡・笑。)
とうとう古書店地図を片手に都内の古書店を全部まわったのだって。
仇討ちの仇敵探しさながらにね。(巨麿さんみたいだね。)

そこでかの中里義美先生が登場する。(中里さんのことは竹内の初スレでちょっと書いたね。)
だが埒はあかなかった。
そこで森左平先生に尋ねたところ、それは無謀と教えてもらった。

そこに〜、てやぁ〜!予言の村田さんが登場。宇佐美先生ならお持ちかも知れないと
答えられた。さすがは村田さん。大石凝翁から水野翁へ言霊学の流れを把握しておられた。
宇佐美さんは大日本言霊の再版があるのを村田さんは指摘しておられる。

472 :さっとこ:2005/12/25(日) 18:03:29
早速、宇佐美さんに手紙を出した@龍さん。
が、しかし、戦災で蔵書の総ては灰に帰してしまわれていた。
実は@龍さんも同じく蔵書を戦災の為全部を失われている。

そのときである。とやぁ〜!吾郷清彦さんが水谷清翁の日本国@原義を
リコピーでも撮るようにと届けられたのである。
後に笠井@夫さん、望月@さんに原本を寄贈してもらったのだって。
だが依然として大石凝翁のものは手に入らない。
そこにー!下北沢にある@書房に翁の全集がセットで在る情報が入った。
すっ飛んで行った@龍さん。
一足違いで上方の方に売って了われた後であった。
その場にヘナヘナと座り込みそうなのをやっとの思い出こらえる@龍さん。

(買った人、まさか、とことこの知ってる人かなぁ?)



473 :さっとこ:2005/12/25(日) 18:13:06
だが気の毒に思った主人。まもなく水谷清翁の古事記大講三十巻が入ったので
@龍さんに電話された。さっそく有り金かき集めてやっとの思いで入手された。
これは売ることは出来ないがと見せられたのが三種の神器。

474 :天之御名無主:2005/12/25(日) 18:37:40
三種の神器って手に入れるの簡単ですよね。

475 :天之御名無主:2005/12/25(日) 18:52:15
◎にする意味ある? 古神道のスレにしても裏話めいた昔語りばかりだな


476 :さっとこ:2005/12/25(日) 19:13:47
>>474そうですね。タイミングですね。

>>475@?掲示板らしいでしょ?裏話ぃ?タイミング話ぃ!
古神道のいわれや竹内にだんだんと近づいてくるけど何かまずいぃ?

古神道のスレってあるのぉ?神社仏閣版?吉田神道の祝詞の解説書を
挙げろって、それが昔語りぃ?最近刊行された平田篤胤関連の易の本は
スレに挙げた弟子の国学者も出てきてタイムリーじゃないかなぁ?

477 :天之御名無主:2005/12/25(日) 20:38:51
支離滅裂だな。タイムリーなのと昔語りとは違うだろ。

478 :天之御名無主:2005/12/25(日) 23:05:25
むちゃくちゃやな。

479 :天之御名無主:2005/12/26(月) 01:36:02
>>477-478
ガイキチの譫言が支離滅裂でむちゃくちゃなのは当然だろ。

480 :さっとこ:2005/12/26(月) 12:24:29
馬鹿者達、君らが知らんことは裏話になるのか?
おたんこなす。
表の常識たる事をいちいちなんで説明せねばならんのだ?
君たちがお世話になっている平凡社の発行だろがあ!

裏なんて話ているつもりはまったくない。
本当の裏っちゅうもんを語ってやるかぁ?
さわりを書いただけで偉そうぶってる奴はおたつくくせに。

学校の先生がすべてではないよ。笑。
さっとこクイズ出して答えた者は今までいない。だからさっとこが
答えを自分で書いているのだ。

ではひと言で政府が崩壊する事を新聞を読んでいればちゃんとわかるが
答えられるか、能無しども。野党がさっとこさん教えてくださいとすがっても
教えないけどね。
金井さんはある印をくむと列島が崩壊すると言っていたけど。
フォッサマグナをくククリ姫がくくっているらしい。それが解けると言うことだろう。
とことこはその印は知らないよ。

481 :さっとこ:2005/12/26(月) 12:29:30
さっとこはむちゃくちゃいっても縦横の古神道人の関係がつながってくる。
でっかい、でっかい系図が見えてくる。
お馬鹿はわからないよ。



482 :さっとこ:2005/12/26(月) 17:43:11
支離滅裂と決めつけちゃあ恥を書くよ。

483 :さっとこ:2005/12/26(月) 17:49:04
>>471の宇佐美さんの大日本言霊学にスレの最初に書いた大石凝翁伝の正しいミズクキ文字
が紹介されていたのさ。

484 :天之御名無主:2005/12/26(月) 20:19:28
天使じゃなくて天狗だなw

485 :天之御名無主:2005/12/28(水) 16:45:10
まあ都合よく戦災で焼けたり都合よく発見されたりするのは
古史古伝の基本というやつだしな。

486 ::2005/12/28(水) 16:53:33
だれが都合つけるんだろう? 教えてくれ。

487 :天之御名無主:2005/12/28(水) 16:56:14
それは言わぬが華w

488 :さっとこ:2005/12/28(水) 17:10:34
>>484てやぁーっ!
とことこが就寝前にミカン箱に手を突っ込み取り出したーっ。さすらでした。
さっ、と開く。
どぁーっ。
平田篤胤翁の寅吉ものより六世紀ほど前に天狗との交渉をものした書(古典だから
わかるね。)についての解題が載っていた。
面白いこと書いていたけど今は忘れたぁ〜っ。
明治の国学者の書いた幽冥ものだったかな。題はとことこは初めて聞くものだったと思う。
あとでちゃんと教えるよ。



489 :天之御名無主:2005/12/30(金) 11:44:15
さっとこさん、太さん。
古新道入門編で手に入りやすい書籍とは何ですかね。
本居とか平田とかより前の時代のものがあれば教えてください。

490 :天之御名無主:2005/12/30(金) 12:05:57
*****CAUTION************************************************************************
****************当スレは削除依頼提出中でつ********************************************
*************************************************************************************




491 :さっとこ:2005/12/30(金) 12:48:23
>>489神典。これを座右の書にしている人は多いよ。とことこはつん@@。
>>490柳田や折口が何の糸口も残していく誰もが知っている民俗研究課題
わかったぁ?・・・・さっとこが言うまでにわかればたいしたもの。
っていうより不可能と断言する。  それっ!自習、自習。笑。

492 :さっとこ:2005/12/30(金) 12:53:21
さっとこの積ん読カラーボックスの基本資料はデータベースには全然ないのぉ?
たよりないんだよぉ。さっとこの知りたいことはネットじゃ役に立たないんだよぉ。
だから自分で見つけてみんなにかいてあげるのさ。
もちろんみんなの手間を省いて書いてあげてるのもある。笑。

493 :さっとこ:2005/12/30(金) 13:12:03
>>489本居や平田前なら、入門書っていったら
宗源道の大衆向けの教本?荷田翁もどっさり書いてるけど刊行以外のものは燃やしちゃったのかな?
別に平田本居に限らなくても山崎さんや吉田さん吉川さんその他大勢の
神道書籍が見つかれば古神道で良いのです。地下から日の目をみた書ならば
さっとこはそういう表現をしますぅ。本居以後でも梅辻さんとか井上さん
教派が違っても同じ事ですぅ。今まで地下にいた意味があるんですぅ。
つまり学者さんが在る物だけで大系付けされているのが今の学問。
違えば電波なんて、本とは許される事じゃない。

494 :天之御名無主:2005/12/30(金) 17:59:43
>>493
ご回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。
神典とは、「神典形象」のことですか?
amazonで検索すると戸部 民夫 葉室 頼昭 大宮 司朗 菅田 正昭 武光 誠
諸氏の著作が多いんですね。


495 :天之御名無主:2005/12/30(金) 21:47:01
>>494
>神典

神典

(財団法人)大倉精神文化研究所発行
編輯 大倉精神文化研究所 代表 西 義雄

初版昭和十一年
復刻昭和四十二年
八刷昭和五十六年 定価八千円

ttp://www006.upp.so-net.ne.jp/ookuraken/

現在も刊行されているかは知らない。
古書店では1万はするかもしれない。
アマゾンでは扱っていない。

内容
古事記 日本書紀 古語拾遺 宣命 令羲解(抄) 律(抄)
延喜式(抄) 新撰姓氏録 風土記 萬葉集(抄) 
                   索引(これが便利)

496 :天之御名無主:2005/12/31(土) 08:06:30
↑すみません
私も欲しいです
八幡で出ているので大丈夫ですか?

497 :天之御名無主:2005/12/31(土) 08:49:43
神典
http://www006.upp.so-net.ne.jp

498 :天之御名無主:2005/12/31(土) 09:01:12
>>893
ありがdです。

499 :さっとこ:2005/12/31(土) 12:36:51
積ん読だけど、神典解説・上下もあるね。学研のエソテリカシリーズ、
持ってる人は多いのじゃない?
古神道書なら復古神道より前の方がいいと思ったのかな?

神典は大倉精神・・さんだよ。
神道入門関連を読むのがさきかも。
でも大宮さんの本はとことこも持ってるよ。

500 :太国:2006/01/01(日) 23:42:32
本日未明、小高い丘上にある小さい神社へ参拝する夢を見ました。気分いいです。

>>489
本居以前ですと、あったとしても入手困難だと思いますが・・・?
どうですか? 『神の道』荒深道斉著  は・・・? それともお持ちですか?
   学研の 『古神道の本』 が総合的には一番よろしいと考えます。
      末尾に古神道関係の書が網羅されてますから・・・。
理論的派生で 『三種の神器』 水谷清著 は中身が濃いでしょう。
     同著『古事記大講』 は高価でちょっと手が出にくいですね。
こんなのは? 『神伝古事記真解』筑波山梅田開拓筵  いかが・・・?
言霊学的関係で『大祓祝詞解義』小笠原孝次著 はお薦めです。
ただ、初詣をしない無神論者からは電波説とか言う者がいるやも知れません。w
新人物の雑誌 『古神道の秘術』(別冊歴史読本)などもいいと思います。
それともやはりお持ちで・・・? w

501 :太国:2006/01/02(月) 21:17:03
>>489
他に、新人物ので 『古神道・神道の謎を解く』(別冊歴史読本)もありま〜す。
天行居、友清歓真の『天行林』 も古神道の味があると思います。
下のも味ありますよ。ただし先述のとおり入手困難かな〜?
『純正神道』高橋鶏明彦著(題名の上に 治教原理 が付きます。)扶桑教の書

502 :太国:2006/01/02(月) 21:30:04
『純正神道』は丁度『神典』(大倉)のような装丁の書で、さっとこさんの
垂涎になりそうな分厚い書です。w 彼、持ってるんじゃぁないの?
『神代史の解明』藤井啓道著 これもグッド本ですな。
あとは、さっとこさんのように、『さすら』誌も多種多様で役に立ちます。

503 :天之御名無主:2006/01/03(火) 09:17:34
>>500〜503

太さんありがとうございました。
「神典」とあと1・2冊、ご推薦の中からGETします。

504 :太国:2006/01/03(火) 09:45:18
>>500 訂正
誤 『神の道』
正 『神之道』

505 :さっとこ:2006/01/04(水) 12:29:42
太国さん、今年もよろしくですぅ。
藤井さんの本は欲しいですぅ〜。

初詣ぇ?村の当番にあたって何故かとある仏様と一緒だったの。
宗派無関係に年始に参られるのぉ。神仏習合のなごりなのかなぁ?
とことこよりみんな年配の方だったので静かにしていたら
仏様の横にある黒塗りの箱の中にあるお経はお坊さんも読めないという話が
耳にはいったのぉ。
・・もしかして神代文字では。・・みんなもそう思ったぁ?
とことこは「へえ。」とうなずいて「見ていいですかぁ?」
なんて言っちゃったよぉ。当番で集まっているおさんかたの同意を得て
箱を開けたとことこ。漆塗りの箱が出てきたよ。そっと明けたら綺麗な
袋の中に巻物が入っていたよ。するすると広げたら・・
神代文字じゃ無かったよ。な〜んだ、と思ったあ?・・
どうもとある講の説明の様だった。読めないことは無いがさっと見るつもりだったからね。
長老が来てとことこー!なにやってるんだー!なんて言われたら大変でしょぉ。笑。




506 :さっとこ:2006/01/04(水) 12:34:30
みんなはまねしたら駄目だよ。
罰なんか当たっちゃうよ。
逆にとことこはその後、神様からお年玉をもらったよ。竹内のスレに書いたよ。

507 :天之御名無主:2006/01/04(水) 22:02:07
あらゆる意味でキミのまねしようとする人はあんまり居ないよね、、

こう書かれると嬉しいんだろうけど・・

508 :さっとこ:2006/01/05(木) 12:07:17
まねしてもいいけど怒られてもとことこは責任をとれないよ。

とことこも罰が当たったことがあるからね。
でも村の宝物的な物っていうのは昔、泥棒に盗まれたのだって。
古墳も盗掘されているのが多いものね。
昔はセキュリティーが万全じゃない、在る意味よき時代だったのだね。



509 :天之御名無主:2006/01/05(木) 20:53:32
泥棒が昔を懐しむスレはここですか?

510 :天之御名無主:2006/01/06(金) 05:31:30
俺は前から、卑弥呼=天照大神だと思っていたが、違うかね?

511 :太国:2006/01/06(金) 08:03:28
違いますね。別人です。時代が全然合いませんよ。
前者はだいたい成務〜應神の世のころの人、後者は神武以前数万年前の人です。

512 :天之御名無主:2006/01/06(金) 09:35:48
>>511
おまいは正気かそれとも神道の信者か。数万年前と言えば日本に文化なんぞ無かったぞ。

513 :太国:2006/01/06(金) 09:49:42
>>512
何で無いと決め付けるんだ?わが神州は天孫降臨以来179万年余り、
人類発生以前からの大八島で生命誕生の手続きから
アラウトゥンの長年月が経過しているのだ。w

514 :天之御名無主:2006/01/06(金) 10:44:04
>>513
リア基地外か冗談か

515 :シドニー浜:2006/01/06(金) 11:18:20
>>513
ひょっとして179万2470年ですか?(w
卑弥呼は宮崎県を掘り返すといるのかも...。
その場所にはコノハナサクヤヒメって書いてあるけど、
これは御当地の見当外れだと思う。

516 :太国:2006/01/06(金) 11:44:49
俺が基地外なら舎人さんも基地外ということになる。紀の言葉だ。
それを認めてのことか?w
卑弥呼は頭上の前面に円形の鏡のついた頂上針冠をかぶる、当時特殊神道を行って
いた姫さまだ。天照大御神は頭上の前面に八角形の鏡の冠をかぶる、神々しい
超ミスユニバース級の美女だ。浅田真央さんや安藤美姫さんにも似ていないな。

517 :天之御名無主:2006/01/06(金) 12:09:40
>>516
そうか、卑弥呼はブスで天照大神は絶世の美女だったのか。それなら、説得力あるな。

518 :シドニー浜:2006/01/06(金) 13:48:37
超美女だなんて...。
アマテラスが男神な秀真伝は逝ってヨシなんでしょうか?

519 :太国:2006/01/06(金) 14:55:11
秀真伝のほうは間違いですね。

520 :さっとこ:2006/01/06(金) 15:23:27
天照大御神は武装したとき男装みたいになったのを天狗情報が間違えたのかも。笑。

521 :天之御名無主:2006/01/06(金) 19:47:31
あれのアマテラスは天照〜だったんじゃないか。
ホツマのは。

522 :天之御名無主:2006/02/02(木) 14:37:51
兼好法師の実家の吉田神道って、どんなの?

523 :天之御名無主:2006/02/03(金) 18:06:58
神道はユダヤ教に似てるな。

民族と神が対話し、神が現世の問題に介入するところが。





279 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)