5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★古神道から見たる民俗学、伝説●●

1 :ぴいぽ:2005/07/05(火) 17:55:05
柳田国男さんや折口さんも生きていれば興味深々、腰を抜かす伝承が
伝わっている。民俗学界にもおそらく考察された事は一度もないと思う。
そんな話しや古神道のなかでも伝説のようであって民俗学している
不思議な話しがある。大石凝翁の琵琶湖に浮かぶ謎の文字、水茎文字などなど
楽しい話しをしましょう。

362 :さっとこ:2005/10/23(日) 13:17:36
間違えた>>336じゃあなかった。336さん。ごめんね。いま攻撃を受けてます。

つづきね。兼倶さん以前から世に流布している真言、天台の密教本尊大日如来は
宇宙間の事物や真如、即ち万法と成す理の顕現に過ぎない。
これに反して兼倶さんの大元尊神は天地の成立に先立つ無の状態を持って万法の
根源となし、それより有の状態に移るとする。この無の状態に宗教生命を与え、
天地に先立つ神としたのが兼倶さんだね。
よって、本朝の古典に大元尊神を充てて国常立尊を以てなすと雖も
日本書紀にいえるこの神格よりは深さを余程増し、唯心的内容を具備する。
名は一にしても体は大分相違するものとなる。

363 :さっとこ:2005/10/23(日) 13:32:21
兼倶さんの根本思想は老子の哲学、道徳経に求めらることもできる。
これは度会神道が早く受け入れてていたが宗教的基礎を賢固にしたのは
兼倶さんだよ。



279 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)