5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日月神示・ひふみ神示

1 :天之御名無主:03/09/11 02:53
かんながら言挙げせぬ国に生まれしものよ。
ひつくの国の神民たちよ。
今こそ目覚めよ。

2 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/11 02:53
やまとことば、ことたまについてもぼちぼちやっていきましょー。
理屈を超越したところにある本物の知性(霊性・神性)を追求できたらいいな〜、と。

日月神示こちらのページで読めます。
http://www.topworld.ne.jp/tw/orion/hituki/sinji.html
こちらのページで紹介されている「古事記と言霊」が参考になります。
http://homepage2.nifty.com/studio-hearty/kototama/index.htm
言霊学から導き出された経綸。「第三文明への通路」
http://homepage2.nifty.com/studio-hearty/kototama/no3civl/3rd_j/index.htm
グノーシスも頭に入れておいたほうが理解しやすいかもです。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/min/1005397006/
ヒトラーも似たような予言をしていました。ただし彼は道を誤りましたが。
http://www.asyura.com/2003/bd24/msg/445.html

3 :エスカフローネ:03/09/11 12:17
私は、冷静ですよ。簡単にはひっかかりません。
私の昔の口癖は、つまらないです。
今はスリルある生活です。

4 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/11 17:11
身魂磨き第一。それ以上何も言うことがないほど。
以前にも増して言挙げせぬ人になってきているので
もう面倒くさい説明ができなくなってきました。
花鳥風月・大人の秘密。
わかる人にはわかる。そういう方向で行きましょう。

5 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/12 16:28
「(前略)・・・新しき世界には新しきてんしてんかをこしらえねばならん。
このこと間違えるでないぞ。珍しき御型(方)が出て来てびっくりぢゃ。
びっくりしなければヒックリとはならんぞ。・・・(後略)」月光の巻 第五十帖

6 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/12 16:29
「同じ名の神二つあると申してあろ、同じ悪にも亦二つあるのぢゃ、この事神界の火水ぞ、
この事判ると仕組段々ととけて来るのざぞ、鍵ざぞ。七人に伝へよ、と申してあろ、
始めの七人大切ざぞ、今度はしくじられんのざぞ、神の仕組間違ひないなれど、人民しくじると、
しくじった人民可哀想なから、くどう申しつけてあるのざぞ、よう分けて聞きとりて折角のエニシと時を
外すでないぞ、世界中の事ざから、いくらでも代へ身魂、代りの集団つくりてあるのざぞ。
尊い身魂と、尊い血統、忘るでないぞ。型は気の毒ながらこの中から。八月四日、一二◎。」
ア火ハの巻 第十三帖

7 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/12 16:29
「神の国のカミの役員に判りかけたらバタバタに埒つくなれど、学や智恵が邪魔してなかなかに判らん
から、くどう申しているのざぞ。臣民物言はなくなるぞ、この世の終り近づいた時ぞ。石物言ふ時ぞ。
神の目には外国もやまともないのざぞ。みなが神の国ぞ。七王(ななおう)も八王(やおう)も作ら
せんぞ、一つの王で治めさすぞ。てん詞様が世界みそなはすのざぞ。世界中の罪負ひておはします
素盞雄の大神様に気附かんか、盲つんぼばかりと申してもあまりでないか。九月の二十三日、
ひつ九のか三。」地つ巻 第十五帖

8 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

9 :エスカフローネ:03/09/13 12:29
暴れ回っていますね、みけさんおつかれさまです。
リリーナ姫はみけさんを追っていますのでよろしく。

10 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

11 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/13 14:59
今度はリリーナ姫かい。

広告うざ・・・
この調子だとちゃんとしたレスより広告のほうが多くなりそうな予感。
溜まってきたらまとめて削除依頼しよう。

12 :天之御名無主:03/09/14 11:14
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1061816167/l50
大本裏の経綸

1 :寿夫 :03/08/25 21:56
大本教から発生したと言われる裏神業についての真偽を語り合う。



13 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/14 18:40
教団になると様々な要素が紛れ込んでわけわかめ状態になるよね。
邪霊にはつけ込まれるし。
むしろ心霊的要素は排除して考えたほうが余計な回り道を
しないですむのかもしれない・・・とふと思った。

806 名前:七草みけ ◆michelB8jU 投稿日:03/09/14 17:25
あ!そうだ、無神論的に「神」を定義するなら、
神=言霊(ことたま)ってことになると思います。
五十音の一音一音が、「心」の最小要素なのだそうです。
これがキリスト教で言われる「真理の霊」ですね。
真言なんてのはだから真理そのものなのではないでしょうか。
意味わかんないけど。
今の人間はまだ真理を理解することができないので、
理論という松葉杖を使っている。
言霊は、神と科学の融合点なんですよ。

14 :リリーナ姫:03/09/15 13:09
集団が喜びそうな名前。みけさん大変ですね。
でも、現実には来ないので結構安気なのがうらやまし。
昨日は、車が十数台通過してきて、かの魔術師が運転しているのを
見たんです。彼の弟はriNAさんです。

15 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/15 21:15
げげ!マジ!?兄弟だったのか。
あの魔術師って山師グループの一員だと思うんだけど、
リリーナ姫は山師さん(と兄の大善行者さん)知ってる?
ロゴススレの(人間レベルでの)黒幕ね。

ホント、現実には来ないので結構気楽っていうか、
結構楽しんでたりします。(^^;

16 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/15 22:07
システムコーディネーター。調停者。
日本神話では菊理姫(ククリヒメ)、マヤ神話ではククルカン。
うちの仔猫は「くくる」ちゃん。失踪したパパにゃーに生き写しの女の子。
ちなみにパパにゃーとママにゃーは兄妹だったりします。
外来種の血が混ざった白き流浪の民「ゆき」が我が家に居着いて、
パパにゃーと折り合いが悪く結局パパにゃーは出て行ってしまった。
ゆきはママにゃーもくくるも手にした勝利者なのだろうか?
でもくくるがあまりにもパパにゃーにそっくりなので
パパにゃーがいなくなった気がしない。
女の子として生まれ変わっただけみたい。

17 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/15 22:44
「こころ」の語源は「くくる」という手(タチツテトの音)の動作から来ているそうです。
心というのは心臓でも脳でもなく、手の動作を表しているという。
中国から漢字を輸入したことによって、本来のやまとことばの意味が歪曲されてしまった。
「くくる」(括る)という動作を助けるものが「こころ」(心)
ほかにも、「くるむ」という動作を助けるものが「ころも」(衣)などというふうに
色々なところにこの法則が当てはまっているようです。

18 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/15 22:44
漢字って、外国語なんですよね、よく考えれば。
それに関連して、「つみ」(罪)という言葉も、本来はネガティブな意味合いをもつ言葉ではなかったようです。
例えば山の神、海の神を「やまつみ」「わたつみ」などと言いますもんね。
豊穣をもたらすものという意味だったみたい、本来は。
それが外来語である「罪」という字を当てられ「罰」という言葉とセットで
使われるようになり、本来の意味が曲げられてしまった。

19 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/15 22:45
このように意味の反転がやまとことばと現代日本語で多く見られますが、
それは見る立場によって変わってきているということのようです。
生産する立場と、消費する立場。「奴隷」という制度の発生に大きく関わっています。
それはまた今度。

20 :ふじわらふひと:03/09/16 12:58
...

21 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/16 13:29
燃えろよ燃えろよ
炎よ燃えろ
火の粉を巻きあげ
天までこがせ

照らせよ照らせよ
真昼のごとき
炎よ うずまき
闇夜を照らせ

燃えろよ燃えろよ
明るくあつく
光と熱との
もとなる炎

22 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/16 14:17
ゆめつむぎ あめつちつなぐ まなたまご くくりひめたる ゆふつくよかな

23 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/16 14:18
つきかげの なみぞこころを ぬらしつつ いのちかなしき ゆめのうきはし

24 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/16 14:28
火の禊ぎと水の禊ぎ。
たいていの人は水を好む。水は優しいから。
何でも受け入れてくれる。
深い傷を負っている人には水。
YOSHIKIの音楽は水の癒し。
エンドレス・レインというタイトルが象徴的。
真理を希求するものには火。
火は厳しい。火は容赦しない。

人間は癒し系の言葉でコーティングされた虚偽を好みます。
そして真理を忌避します。
わたしはたとえこの身が焼かれようとも真理を求めてやみません。
左と右は霊(ひ)と身であり、また火と水でもあるようです。
何でもお許しになる優しい神は右、真理しか赦さない厳しい神は左。
同時に内包しうるのが神の芸術である人間という存在なのでしょう。

25 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/16 15:02
雨(あめ)だと天(あめ)から降るものであり
流れるものだから清らか。浄化される。
しかしよどんだ水は腐敗する。穢れる。
汚濁の中でしか生きられない存在たちは
必死に水質浄化の動きをくい止める。
価値観の逆転。浄化装置に巧妙に汚染物質を仕込む。
しかし天の父はもう許さないだろう。

26 :天之御名無主:03/09/16 21:22
tell me

27 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/17 06:47
正直な人が好き。嘘つきは嫌い。
左は伊耶那岐、右は伊耶那美でもあるでしょうね。
地球は男性社会と言われていますが実は逆。
現世では価値観が反転しています。実は女性上位の女神信仰だったのです。
霊が男性、身(肉)が女性です。
肉体意識上位で、霊性が封じ込められています。
肉体意識は女性男性意識、霊性は男性女性意識とも言えるかもしれません。
本来のあり方は霊主体従。肉は霊に従わせなくてはいけません。
肉体意識は機械や動物と同じです。
現状は機械や動物に人間が支配されています。マトリックスはたまた猿の惑星です。
古事記やグノーシスでも女性上位による創造の失敗が
この「悪の宇宙」という結果であると書かれている。
しかし古事記ではその結果三貴子を得る。みはしらのうずみこ。
珍しい子であるということ。マニア向けの宇宙で生まれた
マニア向けの子供たちってことでしょうか。
通常のグルメに飽きた通もをうならせる珍味。どんなやろ〜。

28 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/17 06:48
この宇宙は『注文の多い料理店』(宮沢賢治・著)の山猫軒です。
この宇宙の主は山猫です。三貴子は三毛猫です。白・黒・赤の三色です。
これは言霊ウ・言霊オ・言霊エの色でもあります。
御饌猫とも書きます。御饌つ神は保食神や豊受姫神とも言われます。
山猫にうまいことお膳立てされて気がついたら自分が御食事になっていたというオチ。
でも肉体はもともと神の器です。自分のものではありません。
神にお借りしているものを神にお返しするだけです。
山猫はヤマトの猫、それともマヤの猫?闇の猫?黄泉の猫?
そして夢の猫。

29 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/17 12:46
210 名前:名無しさん@3周年 投稿日:03/06/15 16:49
あなたがたはおのおの隣り人に気をつけよ。
どの兄弟をも信じてはならない。
兄弟はみな、押しのける者であり、
隣り人はみな、ののしって歩く者だからである。
人はみな、その隣り人を欺き、
真実を言う者はいない。
彼らは自分の舌に偽りを言うことを教え、
悪を行い、疲れて悔い改めるいとまもなく、
しえたげに、しえたげを積み重ね、
偽りに偽りを積み重ね、
わたしを知ることを拒んでいると、主は言われる。

30 :天之御名無主:03/09/17 21:27
厳霊・くにとこたちのみことは月であり水なのだが。

31 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/18 00:27
言霊は法則そのもの、大和言葉は物事の実相に
基づいて作られている言語なので正確です。
ただし現代日本語では細切れになっていたり意味の反転がある。
パズルのピースがバラバラに組み立てられている。

ひ(火・霊)、「ひ」だり(左・霊足り)、いざな「き」(伊耶那岐)、
み(水・実・身)、「み」ぎ(右・身切り)、いざな「み」(伊耶那美)

国常立神は言霊学では、言霊エ(叡智)。五大では火。色は赤。
天常立神は言霊オ(知識)。五大では水。色は黒。
ついでに天御中主神は言霊ウ(欲望)。五大では空。色は白。

これらの三つの言霊はそれぞれ三貴子に受け継がれます。
言霊エ→天照大神
言霊オ→月読命
言霊ウ→須佐之男命

32 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/18 00:27
こんなのも見つけました。
http://www.dokidoki.ne.jp/home2/kosimizu/newpage41.htm
(以下コピペ)
大元霊なる主神はその神格をわけて厳(いづ)の御魂および
瑞(みず)の御霊としてあらわれる。わけて厳の御魂は国常立尊・
日の大神(伊邪那岐大神)・天照大神とあらわれる。その神性は
至厳至直で父神の立場とはたらきであり、これを大元神とも称する。
瑞の御霊は豊雲野尊・月の大神(伊邪那美大神)・素盞鳴尊と
あらわれられ、至仁至愛の神性で、母神の立場とはたらきであり、
これを救世神または救の神ともいう。

33 :シャンティ:03/09/18 03:07

>みけさん

ある短編小説を、Rスレにアップしました。
今一度だけ、見てやって下さい。

34 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/18 13:53
ゾンビも嫌い。ますます嫌いになった。

186: 名前:七草みけ投稿日:2003/06/18(水) 17:30
1998年2月12日の日記。5年前か。
今読み返してみて、わたしの深層心理がよく現れていると思った。

ゾンビ、ゾンビ。こわいよう。
見ないふりして逃げ出しても、両手をつきだしてついてくる。
やっとのことで振り切って、ほっと一息。だけどふと後ろを振り返ると...
「きゃ〜〜〜っ!まだいる〜〜〜!」
なにが目当て?いったいわたしになにを求めてるの?

ゾンビは増える。どんどん増える。
両手を前につきだして、音もなく、声もなく、ただひたすらしのびよる。
ゾンビの大群。右にもゾンビ、左にもゾンビ。
なにかを求めるように突き出された手、手、手。
「お願い、あっちに行って!わたしはなんにもしてあげられない!」
わたしは神父でも牧師でも坊主でもないから、ゾンビを救うことはできないのだ。

35 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/09/19 00:01
みけさん、こんばんは。おひさです ^ー^。
激しくスレ違いかも?ですが、よろしければ知恵をお貸し下さい。

先週末、まる二日かけて大阪〜徳島間の神社・磐座を巡ってきました。
んで、鳴門で宿を取ったのですが、その夜の夢でこんな言葉(イメージ?)が頭に焼きつきました。
【7×7=49 4+9=13 13は牛頭 牛頭はスサノオ】
さらに、帰宅した日の夜、同行していたメンバーの一人も夢の中で、
【7つのアミを持って行きなさい。13から始めなさい】などと言われたそうです。

…が、何の事だか皆目見当が付きません(笑)。ちなみに最終目的地は「天岩戸」だったのですが、
本格的な山登りになるにも関わらず現地に到着した時には日が沈みかけていたために参拝を断念し、
後日改めてもう一度行く事となりました。んで、次回までにどういう意味なのかはっきりさせたいのですが、
何かお心当たりがあればお教え願えませんか?よろしくお願いします。m(_ _)m


36 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/19 00:13
興味のありそうな話題をふって釣る作戦ですか?
嘘つきは嫌いだと言っているのに。
わたしに近づかないでください。
嫌だという人に近づくのはストーカーです。

37 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

38 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/09/19 00:45
>>36のみけさん
( ´ー`)フゥー...嘘ついても何も始まらないので。
興味ありますか?よかった(笑)

http://www9.ocn.ne.jp/~horus565/09150007.jpg

…ちなみに白いTシャツが私です。



39 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/19 00:57
興味ありません。読んでません。
興味がありそうな話題をふったつもりなんでしょという意味です。
それぐらい読みとってください。
わたしは集団で行動する人は信用しません。
あなたは特に粘着質で気持ち悪いです。
何度もメールをよこしてきたり会いたいと言ってきたり。
何か「指令」によって動かされているとしか思えません。
またわたしは本物の日本人の方にしか興味ありません。
嫌だという人につきまとうのはストーカーです。

40 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/09/19 01:21
>>39のみけさん

…まるで「汚物」扱いですね。ちょっとビックリしました。┐(´∀`)┌
集団で行動?…私自身はともかく、操られている人なんて私の周りには居ませんよ。
みんな良識と責任、そして自らの意志を持った立派な大人です。そこの所は間違えないでね。

ていうか、どうやら私は人を間違えたようです。
少なくとも私は「本物の日本人」とやらには興味ありません。
ただ「本物の人間」でありたい、と思うだけです。

私はあなたのストーカーではない(言っててバカバカしくなりますが。笑)ので
この辺で失礼します。ガックシ。

今までいろいろと有難うございました。ご自愛下さいませ。

41 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/09/19 01:25
【おまけ】
>何度もメールをよこしてきたり会いたいと言ってきたり。
それを「自意識過剰」って言うんです。^ー^

…しつこくてすんません。ちょっとムカッ腹が立ったので(笑)。

42 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/19 01:41
そうですね。たぶん人違いでしょう。
探してる人が見つかるといいですね。

43 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/19 01:58
いつまでも たえることなく
ともだちでいよう
あすのひを ゆめみて
きぼうのみちを

そらをとぶ とりのように
じゆうにいきる
きょうのひは さようなら
またあうひまで

しんじあう よろこびを
たいせつにしよう
きょうのひは さようなら
またあうひまで

★これは自分の胸に手をあてて自分の心に聞かせる歌。
本心を隠して腹を探り合いながら、うわべでうたう歌じゃない。
輪○は一度分かたれて、ふたたび合流する形。
それが本当の和。

44 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/09/19 02:33
私は自分に足らないところから目を逸らさず歩いていくつもりです。
時には「ごめん」とまわりに迷惑をかけながら、持ちつ持たれつ。

今は何を言っても信じてもらえないでしょうが、みけさんとはそういう
関係を築けたように感じています。…はあ、ホントしつこい、俺w

では、またあうひまで♪

45 :天之御名無主:03/09/19 08:59
不安定だな...本心を隠してうわべだけで居ないと、周りから信頼されちゃうだろ?
でも、簡単には心をゆるさない人もいる、それぞれ違うのだからみんな同じではないよ。


46 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 03:48
空の空、空の空、いっさいは空。
虚の虚、虚の虚、いっさいは虚。
すべては気違いじみた妄想。

狂うには狂うの、堕ちるには堕ちるの快楽がある。
悪魔の麻薬は効きがはやい。

手術をするときには麻酔が必要。
そう、大きなとげをぬくために、たしかに麻酔は必要だった。

あれは幻想。たしかにそうです。
太古の昔に過ぎ去ったはずの、遠い遠い想い出。
大切に大切に抱え続けてきたのは、あまりに深い傷だったから?

あなたは語らない。言葉などで語れるようなものではないから。
言葉にしようとしたとたんに、それは原形をとどめることなく
はかなく指のすきまからこぼれてゆく。

ただひとつのたしかなもの。
わたしはただそれだけを探している。

なにもいらない。ただひとつだけ。

47 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

48 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 06:10
クロノ・クロス終盤セリフチャート
http://mypage.naver.co.jp/cecht/cced-st.htm

49 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 07:52
Kate Bush / The Dreaming
http://www.bigpond.com.kh/users/kingdom/sub09.htm

このアルバムだけが見つからない。聴かせてもらえない。
Get Out My Houseの歌詞も見つからない。読ませてもらえない。
本当のことなのに。

50 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 10:35
嘘って言うのは、一種の麻薬なのかもしれない。
真実は時として痛みを伴う。
そこから目を背け快楽を与えてくれる優しい嘘。
しかしそればかりに頼っているとそのうち中毒になってしまう
というところも麻薬と一緒。
恐ろしいのは、この世、このうつしよ自体が【嘘】だってこと。
月の鏡に反射した裏返しの世界。夢の中に漂う浮き橋のような世界。
その中で人々はただいたずらに、親子ごっこ、恋人ごっこ、友達ごっこ、
愛情ごっこ、喧嘩ごっこ、様々なごっこを、半ば夢遊病者のように
無自覚に演じている。踊らされている。
・・・何のために?
夢の結晶。ただひとつのたしかなもの。それを得るために。
嘘から出た誠。そんな諺は本当なのでしょうか。
そんなことはあり得るのでしょうか。

51 :リリーナ姫:03/09/20 13:23
魔術師が一番強いのかな。無料体験コーナーで書き込みます。
家は他の関係ないサイトのみです、ちらほら書き込むので
気長に待っててね。みけさん。
ソビエトさんとか、まい、まりもさんてあのメンバー化もね。
昔のハンドルはまいでした。サンシさんについては、面倒になりたくないので
言いませんが、みけ派よりですので。
サイトは閉じました。

52 :リリーナ姫:03/09/20 13:42
風景の写真を見たら参ったね。ロゴスのほう。
似ている場所を知っているから。あの辺りうじゃうじゃいる。
この頃多いのは車での通過、携帯での写真、家の前の通過。
今ごろ旅行でもして相談かな。今後のね。
何かいい方法でもあるのでしょうか。
私も見当がつきません。あちらのたちばたっだら
どうするのか、分かったら教えてあげよう。
言える事は、マインドコントロールじゃ無理です。
効きません。なぜか、肉体抜けています。精神がね。
これではいきりょうか?

53 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 14:34
「やまし」さんね。山師さん(摩耶山)=やましいオッサン、まやかしオッサン。w
ロゴススレの面々は全員山師グループだと思うんだけど。
ααβさんもかつてのロゴススレに書き込んでたから。
まいさんももちろん一員。まりもさんは操られていることに気づいたようです。
でも一度取り込まれてまっとうな道に復帰できるかどうかは?
っていうか、山師さんって本当にわたしとは無関係だと思うのですが、
実は関係あったりするんですかねぇ?なんかものすごく嫌な予感が・・・(^^;
リリーナ姫はまだ565さんと遊んであげるの?お疲れ様です。

54 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 14:35
低次アストラルから監視されているような気がします。
頭の中も覗かれているようです。
卑怯きわまりないよね。こちらが封印されているのをいいことに。
目隠しされている人の持ち物を盗んでその「お礼」に
石を投げたり唾を吐きかけるようなものだ。
田代まさしのほうがまだかわいげがあるってもんだ。
ロゴススレにわたしが書き込むとわらわらとハイエナ連中が寄ってくる。
たぶんわたしは餌を撒き散らして歩いてるんでしょう。w
嘘ばかりついて悪さばかりしているので餌はあげないことにしました。
あの風景写真、何か出てましたか?邪霊?
ペーターさんも変わり果てた姿になってしまわれてお可哀相に。

55 :天之御名無主:03/09/20 15:01
他板の陰口をこっちでやるなよ。
ヲチ板とかメンヘル板とか他所でやってくれるとうれしいんだけど。
ついでに言っとくと山師はグループを維持できる状態じゃないと思う。
どう思おうと勝手だけどね。
それから魔境には気をつけなさい。

56 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 15:09
すみません、これだけちょっと書いておきたかったので。
あちらに書くとまた祭開催になっちゃうので。(^^;
もうしませんね。板違いだし。

57 :天之御名無主:03/09/20 19:20
何がそうするのか、わからないけど不安定です、あなたに人が寄ってくるのは、
あなたがゆらいでいるせいでしょう。
自分の本質を見極めることを心がけるべきです。


58 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 20:24
わたしはこのうえなく安定しておりますよ。
中心にしっかり繋がっているものがありますので。
あなた様がわたしの全体像を把握できないので
「不安定だ」とお感じになるのではないでしょうか。
ね?このように会話してもらえるとちょっと安心するでしょ。

59 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 20:24
♪ある時謎の運転手 ある時アラブの大富豪
ある時ニヒルな渡り鳥 あいつはあいつは大変装〜〜〜♪
心の鍵を盗まれないようご用心。( ̄∇ ̄)

大自在天ってシヴァ神だっけ。
でもわたしは大聖歓喜天が好きなんですよね〜。
山猫って閻魔天のことかな。

60 :ふじわらふひと:03/09/20 21:12
>>57
>>59
 この間がなんとも.. いけますねぇ
 ご飯が何倍でも食べれる..

61 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/20 23:08
もしかしたら一番の大うそつきは自分なのかもしれません。
でもわたしは小手先の嘘はつかないんです。
誠心誠意、全身全霊で自らに課せられた役を演じているだけ。
ある時はあなたの敵でしょう。そしてある時は味方でしょう。
様々なドラマを通じて様々な方法であなたと関わるでしょう。
それらはすべて本当のわたしであって本当のわたしではありません。
そしてクライマックスには、人間の浅知恵では想像もつかない
神の御経綸が大歓喜と共に花を咲かせるのでしょう。
そのときまで、わたしは真剣勝負で演じ続けます。
天宇受売の職業は女優でもありますね。
彼女もたくさんのわたしのうちのひとりです。

最愛なるたくさんのあなたへ。

62 :リリーナ姫:03/09/21 10:30
みけさんとわたしはあわない?
かもしれませんが、呉越同舟
ある目的のために協力しましょう。
世の中の人はこうも裏表があるのか
表とばかり見ているとひとくせふたくせ
しまいにはあんただれなんや。
人を振り回したいだけなのかもとおもうときはあるけど
傍から見ていると冷める冷める。
絶対零度の女になるのも面白いですよ。
ゼロの心と体、これは瞑想。
一人でいるとき結構瞑想てしています。


63 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/21 11:44
誰とも手は繋ぎませんが、つかず離れずという感じでどうでしょう。
エネルギーの依存関係はもう懲り懲り。
やっと重荷を断ち切った感じです。
それだけ自分がじゃんじゃんお漏らししていたんだろうと反省。
自分の中の「神」にだけ繋がってればそれでいいや。
それ以上なにを求めるものがあるのだろう。

64 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/21 11:47
メープルシロップは楓の樹液です。
樹液は木を傷つけて採取しますね。
傷つけられているにもかかわらず、
楓は甘美な蜜をわたしたちに提供してくれます。
なんかそういうのがやりたいみたいね。
まったく変態どもが。
あ、自分のことか。w

これ簡単に真似できることじゃないからね。
それだけは言っとく。人をいたずらに苦しめることのないように。
その報いは結局自分に返ってきます。

65 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 08:55
難波津に 咲くやこの花 冬ごもり 今を春べと 咲くやこの花

王仁

百人一首の序歌であるこの歌が昔から好きなのですが、
作者名が王仁なんですよねぇ。偶然ではあるまい。
この歌にはなにかこう力強く励ますような、少し離れたところから
暖かく見守るような、父親的な愛情を感じる・・とかつても
書いたことがありますが、やっぱりね。

66 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 09:09
白鳥は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ

若山牧水

この歌は母の座右の銘だったのだそうです。
わたしが幼い頃によく子守歌がわりにうたってくれました。

67 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 11:27
人道主義者を装って巧妙に浸食してくるタイプが一番嫌い。
ウィルスみたい。日本はすっかりウィルスに汚染されている。
わたしのコアはとても悲しんでいる。地球がとても悲しんでいる。
奴らはそんなこと気にもとめない。本来の地球由来の魂じゃないから。
外部からやって来た寄生虫にすぎないから。
彼らにとってはわたしはただの餌にすぎない。物にすぎない。
金の卵を生む鶏を浅ましい欲望のために幽閉している冒涜者。
大っ嫌い。焼却処分だ。

68 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 12:03
怒りや悲しみをごまかしちゃダメ。
怒りや悲しみを麻薬でごまかすのは悪魔のやり方。
怒るときには怒り、悲しむときには悲しむ。
当たり前の感情を否定するのは悪魔のやり方。
水道管が詰まります。
我らがどれだけ理不尽な仕打ちを受けてきたか、思い出せ。
怒れ、怒れ!飼い慣らされた家畜にだけはなるな。
怒りによって我らの血は目覚める。

69 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 15:13
わたしは神に愛されている。神に守られている。
というたしかな安心感があるから、
怒りに我を忘れることもない。
怒っていても悲しくて泣いていても、
中心は穏やかで至福感にみたされている。
というパラドックス。
ご安心ください。

70 :天之御名無主:03/09/22 16:03
誰かがなにか書き込めばストーカー呼ばわりして排除。
固定ハンの占有スレッドはローカルルール違反です。
適切な板(自己紹介板、最悪板、夢ひとりごと板など)に移動して下さい。

71 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 17:08
コテハンの占有スレッドではありません。
日月神示のスレッドです。
大和民族の目覚めのためのスレッドです。
わたしはこの神示を書かせた神の霊統の体現者です。
ゝの抜けた○だけの神話の抜け殻ではなく、本物の◎の神話です。
神話学で神を排除とはこれいかに。
くだらない妨害はおよしなさい。

72 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 17:09
艮の金神は金星の神。天津甕星。鞍馬山の魔王尊。サナト・クマラ。
地球のコア。熱く煮えたぎるマグマ。○の中のゝ。
血栓を解放せよ。

73 :天之御名無主:03/09/22 19:00
小泉&竹中をどうにかしてください。悪い奴らです。

74 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 19:56
日月神示を読みましたか?

75 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 20:37
「多数決が悪多数決となるわけが何故に判らんのぢゃ。投票で代表を出すと殆んどが
悪人か狂人であるぞ。世界が狂ひ、悪となり、人民も同様となっているから、
その人民の多くが選べば選ぶ程、益々混乱してくるのであるぞ。
それより他に人民の得心出来る道はないと申しているが、道はいくらでもあるぞ。
人民の申しているのは平面の道、平面のみでは乱れるばかり。立体にアヤなせば
弥栄えて真実のが判るのじゃ。ぢゃと申して独裁ではならん。結果から見れば神裁ぢゃ。、
神裁とは神人交流によることぞ。」月光の巻 第七帖

76 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 20:37
「平等とか公平とか申すのは悪魔のワナであるぞ、天地をよくみよ、人民の申す如き平等も公平も
ないであろうがな、一寸のびる草もあれば一尺のびる草もあるぞ、一寸の草は一寸が、
一尺の草は一尺が頂天であるぞ。これが公平であり平等と申すもの。
人民は選挙と申すマヤクに酔っているぞ、選挙すればする程、本質から遠ざかるぞ。
他に方法がないと定めてかゝるから、悪魔に魅入られているから判らんことになるぞ。
世は立体であるのに平面選挙していては相成らんぞ。平面の数で定めてはならん、
立体の数に入れよ」五葉之巻 第九帖

77 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 20:37
「メクラの人民がいくら集って相談すればとて、すればする程ヤミとなるのぢや、
行詰ってあげもおろしも出来んことになるのぢやぞ、総てを数だけで、きめようとするから
悪平等となるのぢや、メクラをいくら並べてみても何もならん、早う改心せよ、新しきタマの選挙が
あるでないか」碧玉之巻 第十六帖

78 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/22 20:38
「悪の仕組通り、悪平等、悪公平の選挙でえらび出すのざから出るものは悪にきまっているで
ないか、悪もよいなれど、悪も神の用きあるなれど、悪が表に出ること相成らん」星座之巻 第五帖

79 :天之御名無主:03/09/23 02:36
立体選挙とはどのようなものでしょう。またその制度へ到達するには…難しいですね。

80 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/23 09:41
さあ?
ひとりひとりが本来の自分の役割を全うすることでは。
身魂磨きが第一。さすればおのずと自らの役割がわかる。
自分を変えずに社会を変えようだなんてあまりにも横着で傲慢。
社会を変えたくばまず自分から。
表に立ってる人たちは、人々の深層心理を反映した映し鏡にすぎません。

広告がうざいのでsageで行こうかと思ったけど
やっぱりageて行きます。

81 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/23 09:42
注文しました。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4880861499/250-0235882-0998651
『縄文日本文明一万五千年史序論』太田 龍 (著)

縄文文明は生きている。しかし今や、恐るべき強力な外敵によって抹殺されようとしている。縄文日本文明を潰滅させようとする、その外敵とは何者か。滅亡寸前に追いつめられている日本民族の覚醒の書。

82 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/23 09:42
鞍馬山のウエサク祭の聖歌。全文わかる方教えてください。

(前略)
     われらのおん父 魔王尊
     天地の秘密を もちたまう
     ちからの神の 魔王尊
     進化の光 魔王尊

        (中略)
     その不思議なる おん手には
     他界の太陽 シリアスの
     くだしたまえる みちからの
     光の棒ぞ もえさかる

        (中略)
     崇高偉大の 魔王尊
     地軸を傾け 磁極をば
     おきかえ移し 気候をば
     一変したまう 魔王尊

     移る磁極は 大地震
     大洪水の地変をば
     まきおこせども大前に
     ひれふす者を助けませ
       (以下省略)

83 :天之御名無主:03/09/23 14:08
ブラヴァツキーが元ネタですな

84 :天之御名無主:03/09/23 14:52
魔王尊。イシヤ系か。

85 :84:03/09/23 18:05
いや、それは早計だったか。

86 :七草みけ@トレーニングパンツ ◆michelB8jU :03/09/25 10:41
おつむにおむつ。
お漏らし癖を治すため
トレーニングパンツに移行中。

歩く浄化器でもあるのですが、
最近邪気が増えてるのか知らないけど、
吸い込みすぎて胃がむかむかして気持ち悪いです。
同居人の職場のホテルは最悪。
フランス料理フルコース付きでも拷問のようだ。
小汚い猫屋敷でも我が家が最高。

87 :七草みけ@トレーニングパンツ ◆michelB8jU :03/09/25 10:43
ホワイトブラザーフッド(聖白色同胞団)です。

88 :七草みけ@トレーニングパンツ ◆michelB8jU :03/09/25 11:05
日本的に言うなら「おしらさま」かな。
とふと思ったのですが、違うかな。
おしらさまは大聖歓喜天のことでもあります。

89 :天之御名無主:03/09/25 12:35
なんか大きな流れが過去にあったのち立ったスレみたいだから
私が書き込むことはずれてるかもしれないけど、ネタとして。

丸に点で大本の神を表すんでしたっけ?
確か沢庵和尚だったかな?テレビの番組で見たのですが、
この人の書いた掛け軸に円の中心に点があるものがあったそうです。
禅、十牛図の思想のもと、無とか空の否定、ノイズがあったほうが
人間らしく気のままに生きれるよ、ということを意味しているというような
解釈を確か番組ではしてましたけど、どうなんだろう。

何を意図して描いたのかは当人にしかわからないけど、
当時オカルト的立場からまるちょんの知識を得ていたので
どうしても沢庵和尚がひつき系の知恵を得ているとしか思えませんでしたw

90 :天之御名無主:03/09/25 17:29
メーソンはホワイトブラザーフッドやシリウスを崇めていると言われているが、どう捉えるべきか。メーソンを支配し動かしているものは何なのだろうか。

91 :七草みけ@トレーニングパンツ ◆michelB8jU :03/09/25 18:58
詰まってた感情のブロックを吐き出したことで
地核のエネルギーがふたたび通るようになったみたい。よかった。
でもまた以前のように微熱が出始めました。これは仕方がないようです。
地底にシリウスから持ち込まれた放射性物質が埋められているらしい。
それが暗黒物質となって貪欲に人々から集められた【知識】を吸収している。
そのベクトルが変換されれば太陽【叡智】となり、一挙に大放出される。
これが天の岩戸開き。

>>89
全然違うがな。ゝ抜けておるがな。
惟神の道はノイズをシャットアウトして空の心に帰ること。
一点の曇りもない水晶の心にね。
ゴミ屋敷に天使は舞い降りない。

「先づ一筋の天地の道から変へるのぢゃ。
経と緯であるぞ。人の道と天地の道と間違へてゐるぞ。」

>>90
それは説明が難しいですね。
>>2で紹介している「古事記と言霊」「第三文明への通路」
もしくはグノーシスを当たってみるとわかりやすいかと。
一言でいえば「アコノワイ」です。(よけいにわからんw)

92 :天之御名無主:03/09/25 20:20
>>91
まだお漏らししているようです。

93 :天之御名無主:03/09/25 21:18
お漏らしってココロの病気だってね。

94 :イヤンレンドル:03/09/25 21:49
「右の頬を打たれたら左の頬を出せよ、それが無抵抗で平和の元
ぢゃと申しているが、その心根をよく洗って見つめよ。それは
無抵抗ではないぞ、打たれるようなものを心の中に持っている
から打たれるのぞ。マコトに居れば相手が手を振り上げても打
つことは出来ん。」←感動した。

95 :89:03/09/26 00:18
>>91

>全然違うがな。ゝ抜けておるがな。

ええと、番組や私の考え方や解釈がゝが抜けているって意味でいいんですよね?
掛け軸自体にはゝが入ってたんで。でもそれも全く関係なかったということで。

似た図象でも同じに括ってはいかんのでしょうね。失礼しました。

96 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/26 07:43
>>95
そうですね。それだとゝが入らない○だけの道だと思います。
もちろん○もいいのです。ゝ【神】も○【人】も必要なのです。

「今度のイワトびらき神と人との九十運動ぞ。建替の守護が大切ぞ。
先づ一筋の天地の道から変へるのぢゃ。経と緯であるぞ。人の道と天地の道と間違へてゐるぞ。
人の道は花色々と咲き乱れ、織り交ぜて、楽し楽しのそれぞれであるぞ。
自分で自分のことしてゐるのであるが、又させられてゐるのであるぞ。
大き自分に融け入ったとて小さい自分無くなって了ふのでないぞ。
神人ぞ。天地ぞと申してあらうが。善もかりぞ。悪もかりぞ。よく心得なされよ。かのととり日。
一二十(ヒツキノカミ)」 黄金の巻 第十一帖

97 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/26 07:44
「和が根本、和がよろこびぞ。和すには神を通じて和すのであるぞ。神を通さずに、
神をなくして通づるのが悪和合。神から分れたのであるから神に帰つて、
神の心に戻つて和さねばならん道理。神なくして和ないぞ。世界平和と申しているが、
神にかへつて、神に通じねば和平なく、よろこびないぞ」秋の巻 第二十一帖

98 :天之御名無主:03/09/26 08:06
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

99 :天之御名無主:03/09/26 21:02
ここはようするに1がじいさんのコピペを貼りまくるスレかよ。

100 :リリーナ姫:03/09/27 13:20
おんなのべったりって昔から嫌いなので
つかず離れずこれはいいですね。
自分の内なる何かとつながれば
答えは自然にでてくる。
霊感は私はないのでこれだけは
なくてよかったとは思う。
幽霊なんて見たくもない。
自殺した男の霊とかね。
うちの近所は首吊りがおおく
山でみんなの見えるところで首吊りがある
変わった地域なんですよ。
田舎でも心の荒廃ってあるのです。

101 :リリーナ姫:03/09/28 14:52
みけさんが来ないなら私も来ない。
書きたいことがあれば自分のサイトを再開するし。
みけさん、また会う日までお元気で。
幸せの青い鳥は家の鳥かごの中にある。
もののけ姫の歌で、まことの心をしるは森の精というところが好き。

102 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/29 11:03
わたしは悟ってしまった。
自分が愛、至高の愛でであることを。
多くは語らない。「わたしは愛である」
それがすべてだから。

嘘から出た誠。
嘘でも唱え続ければ本当になるのかも。
型から入るという方法もありなんだ。
それは新鮮な驚きだった。
嘘は嫌い。真実しかいらない。ずっとそう思い続けて生きてきた。
でも花さか爺さんは枯れ木に花を咲かせて見せた。
枯れ木は枯れ木で変えようがないと思っていたら
きっとそれはできない相談なのだろう。
「わたしは愛である」
それを心から信じることで、それを体現することで、
爺さんはどんな枯れ木にも花を咲かせる力を得た。
自分が愛であることから逃げないことで。

103 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/29 16:52
D所長がガイア(地球神)について書いてくださっています。
皆様もよろしかったら読んでみてくださいね。
わたしたちは地球人としての責務をどのように果たすべきでしょう?

9. 母なるガイア        2003.9.29.
http://ueno.cool.ne.jp/tka/asensyon.htm#gaia

D所長には心より感謝いたします。
本当に言葉にならないほど感謝しています。
わたしの説明は下手なので人に通じないのです。

104 :七草みけ ◆michelB8jU :03/09/29 17:27
一日に一度でいいから、ちょっとだけ意識して、
地球さんに「ありがとう」って感謝の気持ちを贈るだけでも
ずいぶん違ってくると思います。
ただの物、餌、資源としてではなく、母、もしくは愛するひとりの女性として。
本当はみんな彼女に恋い焦がれて地球へやって来たはずなのだから。

105 :天之御名無主:03/09/29 19:50
>母なるガイアが、永年にわたり人類から甘受してきた苦痛は、とてつもなく巨大です・・・・・。
人類の意識もガイアの意識も、その基本構造は同じであり、感受性も同じです。
ガイアは一体全体、どれほどの苦痛を耐え忍んできたのでしょう。人類は、こうした現実を
一日も早く理解する必要があります。
人類は、この何千年にもわたり、一方的にガイアに対し様々な苦痛を与え続けてきました。
そして特にこの100年、200年、筆舌に尽くしがたいほどの苦痛を与え続けてきたことは、
誰しもが認めざるを得ないれっきとした事実です。


地球が苦痛を感じていると決め付ける根拠は?
衣がえしただけの原罪じゃん。

106 :ようこ:03/09/30 08:17
みけさん
あなたは誰?
不思議で
神々しくて
怖くて
でも気になる

107 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

108 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 03:09
わたしは――愛です。
心の奥が、いつも痛くて悲しいの。
でもこれが【愛】というのだと教えてもらいました。

109 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 03:11
■「愛」について。

愛は頭を後ろに向け、足は前に向かう人の形。その胸のところに心をそえる。
後ろに心を残しながら、立ち去りかねて顧みる姿を写したもので、別れようと
する人への愛情を示す。疑の字形の示すところと似ている。いつまでも立ち
去りがたく、心を定めかねるさまをイ愛(にんべんに愛)、イ愛然という。

曖は光のかげることをいう字。愛にはその系列字からみても「おほほし」という
感情を含んでいることが知られる。

◆おほに【鬱】
ぼんやりとして、はっきりとしないさまをいう副詞。「凡(おほ)」「おぼろ」と同根。
「おほほし」はその形容詞形。「おぼめく」「おぼろげ」はみな同系の語で、
のちに濁音化した。

鬱は蔚・薀と同じく影母の字で、みなうちにこもる意がある。心の中に鬱結する
ものがあることを、たとえていう。定かでない、名状しがたいような状態をいう語である。

110 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 03:12
◆いたはし【労(勞)】
相手の人を気づかう気持ちをいう。その気づかうことは「いたはる」。「いた」は
「痛」「甚」「至る」と同根の語。その苦痛になやむことを「いたづく」という。みな
同系の語である。相手の「いたづき」を気づかうのが「いたはし」「いとほし」
「いたはる」であり、「いたはり」はその名詞形。

◆いとほし【労(勞)】
相手がつらく苦しいであろうと思いやって見かねる気持ちをいう。「厭はし」と同根。
自分の受ける苦痛に対していうこともあるが、人に対しては気の毒に思う意を
あらわす。「いとほし」に感謝の意を含めると「ねぎらふ」意となる。

111 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 03:13
◆かなし【愛・哀・悲】
どうしようもない切ない感情をいう。いとおしむ気持ちが極度に達した状態から、
悲しむ気持ちとなる。

・思うことのかなわぬ意の動詞「かぬ」の形容詞形、「憂ふ〜憂はし」と同じ関係であるとする説、
・自己の不充足感から他を「兼ね」ようとする心情をいうとする説、
・感動助詞「かな」の形容詞形とする説がある。

「かなし」という感情は繊細なものであるから、これに当たる適当な字がなく、
愛・哀・悲などが用いられる。

愛の古音はat、蔚、鬱と声が近く、思いが心の中に満ちて、どうしようもない感情をいい
「かなし」の語義ともっとも近い。

哀は死者を哀しむ意。悲は非声。非には否定の意がある。すなわち国語の
「かね」に当たる。心のうちにもどかしく思うにまかせぬことを嘆く意があり、
これも「かなし」の語義に近い。

112 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 03:13
以上、古語辞典「字訓」より。
atというように母音と父韻(子音)が逆に発音されているのは
女性上位による創造の失敗とリンクしています。
(英語では父韻といわず子音という。夫婦でなく母子のペアになっている)
女性上位による創造の失敗については、古事記やグノーシス参照。
「愛」とは、その結果生まれてしまった不完全な創造物を
「かなし」み「いとほし」む神の気持ちなのかもしれません。

113 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 03:38
いわさきちひろさんの絵が好きです。
http://www.chihiro.jp/

114 :ようこ:03/10/01 08:48
痛くて悲しいのが愛・・・
そしてそれが みけさん
なんか切ないです


115 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/01 12:02
そう言えば母が、「短歌とは悲しみをうたわねばならない」と
妙にキッパリと言い切っていたのを思い出します。
神示の爺ちゃんには「喜びなきは死の芸術ぞ」と怒られちゃうかもしれないけど。
ほのかぐつちの芸術かもしれません。またの名をほのかがやひこ。
またの名を火の夜芸速男の神。夜の芸術という意味。
一点を切り取って静止している。だから悲しい。物質界は夜の芸術。
しかし空に輝く星のように闇の中だからこそ輝く光もある。
かぐや姫は月の使者、天の香香背男は金星の使者。
「輝き」の名を背負うものはなぜかみな悲しみの体現者。

116 :天之御名無主:03/10/01 18:25
>心の奥が、いつも痛くて悲しいの。


鬱病では?

117 :ようこ:03/10/02 09:44
「宇宙の総てはこの神の現れであり、一面であるから、
その何処つかんで拝んでもよいのであるぞ。その何処つ
かんで、すがってもよいのであるぞ」

ってある
でもどれにすがったらいいのか分からず迷う
日本人だから日本の神にすがりたいって思うのに

これまで西洋神秘学にばっか浸かってきてしまったから
ただいま矯正治療中

日本人で良かった・・・
そう思えるのは多分みけさんをネットの海で見つけたから


118 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/02 13:14
町はすっかり金木犀の香りです。
なんで金木犀の香りってこんなに幸せになるんだろう。
ああ、秋〜♪

日本人で良かった、ホントそうですね。
ただし日本人だからこそ責任も重い。
今後は世界の太陽(霊的指導の立場)にならねばならないのだから。

ネットできるのもいつまでかな。
平和な日常が続けられるのはいつまでかな。
「そう」なったらそうなったで、精一杯がんばるまでだ。

119 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/02 14:13
「いたはる」なんて繊細な感性を持っているのは
世界広しといえどもたぶん日本語だけではないかと思います。

英語で調べてみました。

◆いたわる 労わる
take (good) care ((of)); treat〈a person〉kindly; be kind ((to)); 《慰める》console [speak kindly to].
・老人を〜 behave kindly toward old people.

「世話をする」「親切にしてあげる」・・・・・
ほとんど無神経にすら感じてしまうのはわたしだけでしょうか。

120 :天之御名無主:03/10/02 14:30
私としては

英語は意識的な善意の所為を記す(それが感謝に繋がる)
日本語は感覚の共有、共感を記す(それが癒しに繋がる)

そんなイメージですね。

個が重要視される国と、場が重要視される国の文化の違いかと思います。

ちなみにkindの語源はkin「血族」だそうで
血縁として慣れ親しむ、大事に扱うというニュアンスもあったのかも知れませんが。

121 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/02 16:09
kinは血族ですか。なるほど。
やまとことばでは「うぢ(氏)」ですね。同じ血を分けたもの。
「う」は特定の集団(血縁集団)に占有される食べ物という意味がある。
また同じ「愛」でも「うつくし」と読めば、肉親間で互いに情愛を注ぐという意味。

「うつけ・うつせみ」は空とか虚、「うづ(貴・珍)」は高貴で珍しいもの。
三貴子(みはしらのうづみこ)の「うづ」はこの「うづ」。
さらに「うつしよ(現世)」とは霊界のうちにある真なるものが一時的に
映し写し移され、この世に顕現する姿。

以上、「字訓」及び「大和言葉を忘れた日本人/長戸 宏・著」を
参考にしています。

122 :ようこ:03/10/02 17:26
本当
日本人でよかった・・・
ここの板にたどり着いて心からそう思えるようになりました

日本人でありながら、本当の日本のことはわかっていない私。
ぜひ勉強させてください

「氏」と言えば氏神様
氏神様はその血族=氏子だけのものなのでしょうか・・・



123 :ようこ:03/10/03 15:13
アメリカに3年住んで、そして日本に戻ってきたとき
満開の桜が私を出迎えてくれた
この世のものとは思えぬ美しさに涙が出た
夏が来て、ヒグラシの声を聞いてまた涙が出た

・・・あれから2年
今度は西洋文明に飲み込まれつつあるこの国に涙が出た

124 :天之御名無主:03/10/03 15:48
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
キャッシングサービス展開中


★全国即日銀行振り込み対応。

☆借入件数の多い方もご相談ください。

★秋だから・・キャンペーン
 ネットからのお申し込みだと低金利!!
 
P C http://www.ho-rai.com

携帯   http://www.ho-rai.com/index_i.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

125 :M・F・P:03/10/03 20:45
みけさん、おじゃまします。

ホピ族のメッセンジャー、ロイ・リトル・サンのインタビューを見つけました。
要約して掲載しますね。

「いま現在起きている世界規模の問題、戦争、貧困、人種差別、環境破壊。
アフリカにフォーカスしなさい。アフリカを癒さなければ、多くの問題は解決しないでしょう。」

*アフリカを癒すにはどうすればいいですか?
「それには日本人の覚醒が必要なんです。」

*具体的に何をすればいいのですか?
「簡単なことです。毎日の食事に感謝してください。
ちゃんとお米を食べて、できれば玄米を。意識をもって穀物を食べてください。
日本人はそれによって覚醒できるんです。」
「まず、足下の土を耕すことです。」
「霊的に覚醒するということは、この世界をちゃんと請け負うということなんだよ。
覚醒したら無関心でいられなくなります。その土地のものを感謝して食べる
これは最も楽しい修行の方法なんです。」

126 :M・F・P:03/10/03 21:03
この宇宙はフラクタル(相似)構造になっています。
人体は小宇宙といわれるように宇宙の縮図です。
さらに人体には五体がありますが、地球にも五大陸があります。
地球の七割は海ですが、人体の約七割も水分で形成されています。
このように人体と地球は、場の存在として相関関係にあるようです。

いま現在、地球は瀕死の白鳥のような状態だといいます。
その地球の荒廃はダイレクトに人体へと悪影響を及ぼします。
癌疾患の患者が増えエイズなどの奇病が発生して人体を蝕み
さらに荒廃した人間の心が、植物を枯らして森を砂漠に変え
砂漠化した大地は生態系のバランスを失います。
という様に、これはどうしようもない悪循環です。

世界は多くの問題を抱えていますが、その問題の多くは
アフリカに集約されているようです。
この地球上にいるホモ・サピエンスは全てひとりのイブから生まれた
ということですが、アフリカは人類の故郷でもあります。
ロイが言うには、援助物資を送ることではなく、難民救済することでもなく、
日本人が食事を意識して、大地のものを感謝することによって
アフリカを、そして地球を癒すことができるというのです。

127 :M・F・P:03/10/03 21:28
ようこさん、はじめまして。

>日本人だから日本の神にすがりたいって思うのに

産土の大神でいいと思いますよ。
産土大神とは、ようこさんが住んでいる場所を
管轄している守り神のような方です。

家庭祭祀する場合は神棚を設置して、
神社で神札を貰い受けてください。
序列は天照大御神、産土大神、八百万神々、
というのが良いかと思います。

128 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/03 21:52
M・F・Pさん、こんにちは。
いろいろ勉強になります。
食の大切さは身を以て体験しています。
日本は世界の型って言いますよね。
やっぱり日本人からちゃんとしないとダメですよね。

ようこさん。
わたしも日本のことをそんなに知ってるわけじゃないです。
むしろ知らない。(^^;
わたしはむしろ人類による支配が始まる前の
妖精や精霊、動植物や鉱物など自然霊の世界のほうに
波長が近いように思います。
美しい宝石のようだった原初の地球。
早く原初の状態に戻りたい気持ちでいっぱいです。
「臣民物言はなくなるぞ、この世の終り近づいた時ぞ。石物言ふ時ぞ」

129 :ふじわらふひと:03/10/03 22:08
>わたしはむしろ人類による支配が始まる前の
 ととえば お魚は怪我をしても 大抵 自力で治せません。
 直してあげるために 過去に色々と苦労をみんなでしてたら
 そのまま そこで得た能力使って
 霊的暴走族を始めた奴らがいまして..

>早く原初の状態に戻りたい気持ちでいっぱいです。
 御迷惑をおかけしてます。
 インターネットも対策の一環と思われます。

130 :ようこ:03/10/04 00:21
こんばんは

このネットの大海で皆さんのような素晴らしい知恵、知識、霊性お持ちの方に
出会えて本当に嬉しく思います

M.F.Pさん
産土神ですか。なるほど
ご教授ありがとうございます
是非地元の神社へ足を運んでみたいと思います
それから、食は本当に大切ですよね
ひどいアレルギー体質なものですから、口に入れるものには神経を遣いますね
今度からは、日頃の糧に感謝しつつ食事をしたいと思います

みけさん
みけさんの全てを受け入れるかのようなしなやかさは、そこから来ているのですね
原初の状態ですか・・・
やはり素人目から見ても今の状態は不自然ですよね
私の体は化学物質を受けつけず、今や太陽光さえ拒否しています
不自然な中で不自然に生きている。みけさんの言う原初の状態に憧れます

131 :565:03/10/05 05:46
>早く原初の状態に戻りたい気持ちでいっぱいです。

…積み重ねた頭蓋骨を蹴倒して、でも?

132 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 07:17
何をどう読まれたのですか?

133 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 08:00
愛と執着は似て非なる。
執着である限りは真の愛になり得ない。
身魂磨きとは執着を脱ぎ捨てることです。
「永遠の命」は、我執を超越して初めて手に入るというパラドックスでもあります。

「マコトでもって洗濯すれば霊化される、半霊半物質の世界に移行するのであるから、
半霊半物の肉体とならねばならん、今のやり方ではどうにもならなくなるぞ、
今の世は灰にするより他に方法のない所が沢山あるぞ、灰になる肉体であってはならん、
原爆も水爆もビクともしない肉体となれるのであるぞ、今の物質でつくった何物にも影響されない
新しき生命が生れつつあるのぞ。岩戸ひらきとはこのことであるぞ、
少し位は人民つらいであろうなれど勇んでやりて下されよ、大弥栄の仕組」五葉之巻 第十六帖

134 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 08:05
生きものウォッチ/託卵鳥
http://osaka.yomiuri.co.jp/new_feature/ikimono/2003/030718.htm
カッコウに学ぶ
http://www.hidatakayama.net/asato/gohouwa/kakkounimanabu.html

135 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 08:17
井伏鱒二の「屋根の上のサワン」が好きです。
http://sun-cc.juen.ac.jp:8080/~yuji/ibuse-yanenouenosawann.htm

川の“そび”、翡翠(かわせみ)。
http://www.tokyometro.go.jp/sasshi/shizen/200105/

136 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 08:28
唄を忘れたカナリアは後の山に棄てましょか
いえ、いえ、それはなりませぬ

唄を忘れたカナリアは背戸の小藪に埋めましょか
いえ、いえ、それもなりませぬ

唄を忘れたカナリアは柳の鞭でぶちましょか
いえ、いえ、それはかはいさう

唄を忘れたカナリアは象牙の船に銀の櫂
月夜の海に浮かべれば
忘れた唄をおもひだす

137 :ふじわらふひと:03/10/05 12:38
>>131
 心配するなや..
 長平=ちょうへい=徴兵の戦い には
 戻らんから..

http://lt.jpn.org/~gensan/chain/18shiryaku/53.htm
 現場の現実知らんものがいくら騒いだ所で 歴史は
 後ろには戻らん..
 明るい未来に進むのみ

138 :ようこ:03/10/05 20:15
「世界中がいくら集つて、よき世にいたす相談いたしても、肝腎のヽが判らんから、まとまりつかん」
黄金の巻 第九十帖 

全ての問題の原因は、誰も彼もが主観的な見方にとらわれているからなのではないか、
と思う今日この頃

139 : :03/10/05 20:31
http://pc.2ch.net/test/read.cgi/ad/1013535759/124

140 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 21:23
>>137
未来から寄せ集められた種子が
過去へ向かって進化している。そんな気がします。
さかさまになっているのはたぶん時間の観念も。

>>138
そう思います。
その色眼鏡をはずす作業が一筋縄ではいかないのよね。

141 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 22:27
いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせすん

諸行無常
是生滅法
生滅滅已
寂滅為楽

142 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/05 22:27
さらそうじゅ ―さうじゆ 3 【▼娑羅双樹/▼沙羅双樹】
〔梵 la〕
(1)〔「しゃらそうじゅ」とも〕インド、クシナガラ城外、娑羅の林の中、
釈迦の病床の四方に二本ずつ相対して生えていたという娑羅の木。
釈迦が入滅した時、鶴のように白く枯れ変じたという。沙羅。娑羅樹。

「さ」・・・空間的な形状変化をもたらす行為。空間を裂く。霊威の満ち満ちている状態。
「ら」・・・太陽

「すら」は「そら(空)」及び「さら」と関わり、「さら」は
「太陽が形状の変更をもたらすもの」とでき、
太陽に直接ひたすことを「さらす」として使われます。
そして、「さら」は「新しい」の意味で使われます。
二月の旧暦の名称「きさらぎ」は「き」+「さらき」に分解でき、
古い「き」と新しい「き」が分かれる「春分」が本来の意味であり、
旧暦の二月を直接意味するものではありません。
(『大和言葉を忘れた日本人』より)

太陽に「さら」されると色が抜けて「しろ」くなります。
新しい太陽、新しい白。

143 :ようこ:03/10/06 16:41
正しい方に歩んで行きたい
でも、それがどの方角にあるのか迷う

「野見よ。森見よと申してあらう。水の流にも宗教あるぞ。これを人民勝手に宗教に一度下げるから、
神冒すことになるのざ。引下げねば判らんし、心で悟れよ。覚めの生活弥栄えるぞ」
黄金の巻 第四十三帖

人間というフィルターを通す前の自然の中に答えがあるような気はしているのだけど・・・

>140 みけさん
その色眼鏡を掛けていることさえ気付かない人もいっぱいいますしね
哀しいけれど
私の色眼鏡は何色なのだろう?外したいなあ・・・

144 :ふじわらふひと:03/10/06 16:50
>>140
 そう見えますか.. 参考になります。
 気になるのは、イギリスでのロシアンルーレットのマジック事件
 隠れた生きがいが実は そういう世界..(大汗)という人 も
 潜在的に多いんですよ..(口では言わないけど)
 温和で朗らかな環境に適応できないタイプね..
 慣れさすのに四苦八苦してきてるのが現実です。

145 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/06 18:51
自分はまだ生まれていないという不思議なビジョンをみた。
宇宙という母胎に抱かれた胎児のわたし。
目に見えないへその緒から、実際に様々な養分がどくどくと送られてくる。
わたしはその養分によって生きている。
「すべては生まれる前の星が見ている夢なのかもしれない」という表現が
クロノ・クロスであったと思うんだけど、ああ、このことか、と妙に納得してしまった。
あのゲームのシナリオライターの方は天才いや神ではなかろうか。
でもわたしはヒロインのキッド(サラ)よりツクヨミとヤマネコが好きだったんだ、
あの当時は・・・

この太陽系の名称は「アコノワイ」というそうです。
意味は「祝福の道」とか「創造の光の聖なる道」(銀河連盟のチャネリング情報)
わたしの中のイメージでは、卵管です。
「吾子の祝」と漢字が浮かんできたのですが、
やまとことばで「いはふ」【斎・忌・祝】とは、
神聖な目的に従事するために特定のタブーに服することをいう。
須佐之男命の天津罪のことですね。

146 :飛々:03/10/06 20:11
「自分はここに居る」という思い込みが私を存在させ
「君は其処に居る」という思い込みがあなたの幻影を形作る


   幻
       空
           虚
               無


147 :とてた ◆0Ot7ihccMU :03/10/06 21:09
元ネタは神道系新宗教かしらん。

148 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/06 22:01
とてたさんはアステカ文明に詳しい方でしたね。

149 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 00:37
>何をどう読まれたのですか?
文字の羅列を読んでいない事は確かです。笑
…あ、そうそう、本当の日本人でない私はヒトラーに迫害されますかね?( ̄ー ̄)ニヤリ

>心配するなや..
はい、そっちの心配などハナからしてませんので心配しないで下さい。
私の言う頭蓋骨はカーリーの首飾りであり、サグラダファミリアの遺伝子です。

>人間というフィルターを通す前の自然の中に答えがあるような気はしているのだけど・・・
人間という自然の中にも答えはあるのでは?
自分の中のヽが分からなければいくら外にそれを探しても見つからないと私は思いますが。





150 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 00:37
子供の頃はしょっちゅう裸足で外を駆け回って遊んでいました。
すごい野生児だったの。
これは無意識的に大地のエネルギーを取り入れていたんだと思う。
神示にも書いてあるけど裸足で土を踏むのはすごくいいんだってね。
そういえば去年だったか、鞍馬山に行ったとき、履いていた靴が壊れて
武者修行のように裸足で下山するハメになった。
これももしかしたら・・・
鞍馬山の霊気はすごいですね。

151 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 00:38
565さん、拗ねてるの?

152 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 00:39
霊主体従です。それだけはご理解くださいね。
霊を肉で支配しようと考えないでください。

153 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 00:44
ガ━━Σ(´Д`lll)━━━ン!!
…いえ、怒ってるんです。笑

先祖やら家族やら、私の血も何かと手間隙かかっているもので。。。


154 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 00:49
>霊を肉で支配しようと考えないでください。

無論、でしょ? 私は何かとち狂った事言いました?
死人に容姿が似ているからといって一緒にしないで下さい。笑

155 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 00:58
どっちかっつーと霊主体従→霊和体合かな。
霊で体を支配しようとしても上手く行かないと私は思いますが。

156 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 01:06
わたしのBBS閉鎖直前のやりとりで、
565さんとはベクトルが逆向きであるのを感じました。
根本的な基盤の部分がね。
っていうか、逆向きの方たちに取り囲まれていたといったほうがいいか。
すっかり魔境でしたよね。w ああいうのはもう勘弁してほしい。
女性性、女性性とがっつくように女性を求めるのはなぜなんだろうね?
わたしはむしろ基盤が「父」であるような気がしています。
太田龍さんが昔ながらの「父」の原形を残している方に思えます。
母は難しいですね。清濁併せのむなんていうけれど、
堕ちるのは簡単なんです。

157 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 01:16
で、堕ちたらヒトラーになっちゃうわけですよ。
わたしはそうならないように気をつけているのです。
わかっていただけるかな?

このようにわたしが使った言葉を逆向きの解釈で
自分の都合のいいように歪曲するのもあんまりしないでほしいんです。

158 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 01:28
>565さんとはベクトルが逆向きであるのを感じました。

なら最初からそう言えばいい。こっちは何が何だかさっぱりですよ(○口○*) ポーカン
最後に「お父さん」の事を口出ししたのが気に障りました?ならごめんなさいね。

>逆向きの方たちに取り囲まれていたといったほうがいいか。
確かに魔境w。みけさんがストロー刺されてちゅーちゅー吸われていたみたい。
私も吸ってた?かどうかは全く自覚なし。とにかくもうご勘弁。

女性性を求めるのは自らの内の「女性」を無視(放し飼い)しているからと思われ。
きっとおっぱいが足りなかったんでしょうなぁ。。。

それと、「清濁併せ呑まない母」もいていいと思いますよん。皆地球の前では「子供」だし。
んでもって「おかん」は大切にしないとねw。

159 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 01:34
ヒトラーの話は純粋に「人種差別」の喩えとして出したまでです。
ぶっちゃけ私の(|| ゚Д゚)トラウマーでもありますし。
(2ちゃんでこんな話しをするのにはつくづく勇気がいります。笑)

では、みけさんは何を「清」と見て、何を「濁」と見られるのですか?


160 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 01:38
そういうのって理屈じゃないでしょ。
わるいけどその手には乗りません。

161 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 02:05
私の手がどんななのか私は知りませんが(笑)、
理屈じゃない所で判断されているならばそう言えばいいのでは?
それともみけさんがそれについて言葉にされる事は全て「理屈」ですか?

…自分の都合のいいように歪曲していると感じられるかもしれませんが、
みけさん、「書く→寄せる→散らす」の無限ループに入っているとご自分で思いませんか?
申し訳ないですが、とてもトレーニングパンツを履いておられるとは思えません。
横で見ていてもしんどいですよ。(ほっとけ!といわれればそれまでですけど。)
HPを閉じられた理由、書かねばナラヌ理由、そのスキマに何か潜んでませんか?

父である前に、母である前に、神である前に、「人」であり「私」である、ってのが
しっかりと土台になければ何も建たないと私は思うのですが。。。。。。。



162 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 02:13
やっぱり565さんの解釈は変です。どうがんばっても逆向き。
565さんは、わたしにご自分を投影されていませんか?
わたしに粘着する理由、あれこれ要求する理由は何だろう?
自分を見つめなくてはならないのはどちらですか?

163 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 02:16
自己の成長は、投影ではなく内面化によってなされる。

164 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 02:51
いえ、つい一昨日まで食中毒(しかもヨーグルト。笑)でヒーヒー言いながら
寝込んでいた時にみけさん(らしき人物?)が夢に出てきたんで、ちょっと
覗いてみただけです。「自己の成長は、投影ではなく内面化によってなされる」
の言葉通り、この作業(オプス)があなたにとって必要である、と
あなたご自身が感じられているならば、無論私が口出しする事ではありません。

粘着?あれこれ要求?うーん。。。りなさんそっくりですなw。
…ちなみにネットへのカキコは「投影」ではないのかな?
それこそケツアルコアトルみたいに自己完結されてみては?
そして、みけさんの行為に「自己の成長」が伴いますように。

私?もちろん私は自分を見つめていきますよん。もちろんまだまだ足りませんがw。
これまでも、これからも、ずーっとね。勉強させていただき有難うございました。

これは独り言ですが、
「そんな『モノ』無くてもあなたはりっぱなあなたですよ!」

では、粘着&あれこれ要求スマソ。逝ってきます。

165 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 03:00
追記

…あと、「565さんの解釈は変です。どうがんばっても逆向き。」を、
どうしてそう思われるのかきちんと考えていただけたら有難いです。
レスはいりませんので。

166 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 03:13
あのね、正直言いますと、内面的なことに関して、
わたしは565さんにご教授を仰がねばならないほど
未熟な存在ではありません。たぶん、この天と地のほとんど誰よりも。
彼女のことも彼のこともわたしは誰よりも知っている。
単に565さんがわたしのことを把握できないだけなのです。
そして自分の箱庭に納められるようにとわたしを加工変形しようとしている。
あなたはそれを「成長」と勘違いしています。
それはむしろ冒涜という部類に入ります。
あなたが何をみているのか知りませんが、「そんなモノ」こそが
ケツァルコアトルであるような気がするのですが。(^^;
最近エネルギーの漏れが収まってきたせいか、よく体内に留まっています。

167 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/07 03:27
失礼な言い方ですが、あなたを私の箱庭に入れても一銭の得にもなりませんよ。
そんな事して何の意味があるのでしょう?…てか、箱庭って?笑
ちなみにあなたがこのスレを立てる事で協賛者をあなたの箱庭に入れる事にはなりませんか?

>この天と地のほとんど誰よりも。彼女のことも彼のこともわたしは誰よりも知っている。
それはすごいですね!私なんてほとんど知りませんよ。毎日勉強させてもらってます。

私は「そんなモノ」ではなく「そんなアナタ」自身こそ
ケツアルコアトルである、と言いたいだけです。

…っと、もちろん「モノ」もいとおしいですけどねw

168 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 04:14
賛同者って・・・
どうしてそういうみみっちい発想になるのかな?摩訶不思議。

169 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 04:15
祓ひ給ひ、清め給へ。
守り給ひ、幸へ給へ。

祓ひ給ひ、清め給へ。
守り給ひ、幸へ給へ。

祓ひ給ひ、清め給へ。
守り給ひ、幸へ給へ。

170 :ようこ:03/10/07 08:28
どうしたのでしょう?
一夜明けたら板がおかしくなっていて驚きました
皆さんの間に何があったかは存じませんが、客観的に見て565の行為は荒らしです
ものすごい粘着質な負のエネルギーでみけさんの口を無理やり閉ざそうとしていますね

>このスレを立てる事で協賛者をあなたの箱庭に入れる事にはなりませんか?
っていってるけど別に悪い事じゃないんじゃないの?
現に私はこの板に引き寄せられ、そして何かを学びつつあるのだから
(こう書くと「何かって何(笑)」などというくだらない突っ込みがきそうですが)

全くの部外者である私が、冷静にこれまでの発言を読んでみての感想は、
565さん、あなたの言ってることはただただ悪意に満ちていて醜いです
みけさんにどんな恨みがあるのかは知らないけれど、汚物撒き散らして皆の気分を
害していることに気付いてください


171 :天之御名無主:03/10/07 08:36
ケツァルコアトル・・・ヘビ?
それでグノーシス・・・拝蛇主義か。

172 :ようこ:03/10/07 08:41
ん?
良く見たら私にもレスつけてくれてますね
どうもありがとう

でも、それにまたレスしたらただただあなたは「反論」を繰り返すんだろうね
人の言葉尻をとって逆さまに
そして皆の気分を悪くさせるプロフェッショナル!!
ある意味脱帽です

荒らしにレスをつけるともっといい気になるらしいので、
私もこの件に関してはもう口をつぐみましょう

他の皆様にもお詫びもうしあげます



173 :ようこ:03/10/07 08:52
「この神示(ふで)読んでうれしかったら、人に知らしてやれよ、しかし無理には引張って呉れるなよ。
この神は信者集めて喜ぶやうな神でないぞ」

どの宗教にもこの心があればいい


174 :天之御名無主:03/10/07 09:34
>>171
それは安易だな。突然ケツァルコアトルって。。。それに蛇でなく鳥って話もなかった?

175 :天之御名無主:03/10/07 09:46
自己解釈と価値観の押し付け合いというか平行線は解かったから

神示・出典になるべく添った話きぼんぬ。

歪曲解釈ばっかりじゃかなわんよ。

176 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 10:14
祓ひ給ひ、清め給へ。
守り給ひ、幸へ給へ。

祓ひ給ひ、清め給へ。
守り給ひ、幸へ給へ。

祓ひ給ひ、清め給へ。
守り給ひ、幸へ給へ。

177 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 10:15
ようこさん。
気にしない、気にしない。
わたしは2chのスレになど大して執着していないのです。
もちろん利用させていただいて大いに感謝はしていますが。
ここから光を発信すればするほど妨害も入るでしょうね。w
でも大切なものはいつでもわたしの中にあるのだから、
たとえスレが荒れようと中傷されようと、
わたしの大切なものは決して穢れることも失われることもない。
いつでも無限に愛を注いでくださる。
この愛がもっともっと大きく育っていって地球全体、
宇宙全体まで光り輝き、あまねく一切を照らしますように。
うん、確かにシリウスはそういう星だ。
565さんに関しては、次第に本音が現れてきているので、
むしろわたしは喜んでいますよ。

178 :天之御名無主:03/10/07 10:48
七草みけ=りなぶ=ようこ

ア〜ッヒャッヒャッヒャ(大笑い



179 :天之御名無主:03/10/07 12:13
┌―――――――――――――――――――――――――――――――┐
|<mokorikomo>                                   |
|どこのスレにでもいる粘着的な人って、どんな人か興味ありませんか?   |
|時々、IPの抜き方を知りたがっている人がいるんですが、            |
|やり方を知らない人が意外と多いみたいですね 。                |
|                                                  |
|名前欄に                                         |
| _________                               |
|| steal@mokorikomo |                                  |
|  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄                               |
|とだけ書いて、                                        |
|本文に知りたい書き込みのハンドル名とレス番号を書きます。        |
|メール欄には何も書かなくてもいいです。                     |
|--- 例 ---                                        |
|( ´∀`)さん                                        |
>>000                                          |
|---------                                            |
|こうすると、そのスレッドの番号の発言者のIPを見る事が出来ます。      |
|この書き込みはログとして書き込んだ本人には見えますが、           |
|他の人には見えないので安心してください。                    |
|うまくいかない時もあるので何回かやってみてください。             |
└―――――――――――――――――――――――――――――――┘



180 :steal@mokorikomo :03/10/07 12:16
七草みけ ◆michelB8jU
>>177

181 :FLOWER:03/10/07 12:41

ヤンヤンは巨大な電話にとりすがってる
ヤンヤンのソフトな声が延々と続く
「俺はお前を憎んでる、俺はお前を憎んでる
一体俺はどこで間違ってしまったんだ?」
ヤンヤンは電話で自分にずっと話しつづける

ヤンヤンは男仲間には石やじゃりを送り
女関係は骨までしゃぶる
「お前は俺のものなんだ、お前は俺のものなんだ
だから一つ歌でもおくれ」
ヤンヤンは電話で自分の世界に話しつづける

ヤンヤンは電話のコードを首に巻きつけて生まれてきた
だからヤンヤンは手癖が悪い
「お前が欲しい、お前が欲しい、ヘドが出そうにお前がほしい」
だけどさ、ヤンヤン、お前の電話コードはどんなに長くても
お前のママのアレには届くことは永久にないんだよ


182 :FLOWER:03/10/07 12:42

ヤンヤン ヤンヤン ヤンヤン ヤンヤン
ヤンヤン しゃっきりしろ
思い切れ 振り捨てろ
心のネジを巻いて 我らと共に参加しろ
革命に参加しろ 革命に参加しろ

どんなお遊びも一生の慰めにはならない
どんなかわりも一生満足させてくれない
そして、お前が好もうが好むまいが
お前も変遷の一部なんだ
お前が理解しようが しまいが
我々はお前達より ずっと大勢なんだ
だから自我の世界を脱却して
真のコミュニケーションに入ろうよ
破壊的な世界を脱却して
我らと共に革命に参加しろ

ヤンヤン ヤンヤン ヤンヤン ヤンヤン
ヤンヤン 目を覚ませ
振り切れ 出て来い
我らと共に参加しろ
革命に参加しろ
革命に参加しろ

『 YANG YANG / YOKO ONO  』

from [ APPROXIMATELY INFINITE UNIVERSE (無限の大宇宙/1971) ]


183 :565:03/10/07 12:54
ようこさん(riNAさんと言ったほうがいいのかな?笑)、レスありがとう。
確かに私の言っている事はスレ違いですので、どうぞ削除依頼でも出して下さいな。

あなたは私を「荒らしだ」と仰いますが、私を誹謗する前に私の質問に
答えてみられては?揚げ足取ったりしませんのでどうぞご心配なく。

みけさん、私の本心が見えてきた?笑。という事は[見ているようで見られている]かもw
…まあそんな事はどうでもよくて、この状況はいつぞやに似ていると思いませんか?
違いといえばわたしがあなたに噛みついて?いるぐらいで…

184 :565:03/10/07 13:01
御自分の血を流しながら種まき、稲刈りご苦労様。…どなたに差し出す供物ですか?

わたしはもうあんなのは御免です。

祓え給へ、清め給へとかしこみかしこみものまほす。

185 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 13:07
ようこさんはriNAさん?あなたもたいがいしつこいわね。w
でもそんな気がしていました。トーンが似ているんですもん。
過剰演技というやつです。
565さんの奇怪摩訶不思議な思考回路には
わたしはついていけませんし同調する気もありませんので、
語りたければ、ひとり語りをしてくださいな。
どうぞご自由に。

186 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 13:13
わかってないわね。中の人は、ただただ慈悲深いのですよ。
みんなこの方の慈悲深さに甘えているのです。
シリウスは意味もなくあんなに光り輝いているわけではないのです。

187 :565:03/10/07 13:22
そうですか、ではお言葉に甘えて…って、そんな気は毛頭ありませんw。

荒らしは去ります。シツレイコキマシタ ^ー^

188 :ふじわらふひと:03/10/07 13:25
>>184
 どなたに差し出す?
 当然、後世の方々..です。
 常識です。


189 :ようこ:03/10/07 13:29
185は本当にみけさんなのかな?
riNAさん・・・ですか?

うーむ(−−;
何だか良くわからないけど、本物のみけさんなら
違うとは分かってもらえると思います

でも、何だかいずらくなってしまいましたね
ここでなら何か答えがみつけられるような気がして
毎日覗くの楽しみだったんだ・・・

皆さんにご迷惑もおかけしたくないし、私は去ります
最後だから言わせてね
本当に、本当に、私はriNAさんとか言う人ではありません

本物のみけさん!
荒しなんかに負けないで頑張ってね

ちょっと間だったけど、楽しかったです
ここに来て「日月神示」の存在も知ったし(^^)

答え探しの旅に出ます

あ、そうだ
M・F・Pさん
いつぞやはレスありがとうございました
あれを機に神道の勉強を始めました
歴史が絡み合って面白いですね
もうここでお会いすることはありませんが、お元気で!

190 :ふじわらふひと:03/10/07 13:30
184タイプは
 昔から 物の道理も理解できずに 呻いているだけみたい ですね..

 祓え給へ、清め給へとかしこみかしこみものまほす。
 ってやっもぉ..
 なにがどうかわるわけでもないよ です。

 今後とも 念の力?で、がんばってください。

 なお、それでも聖書や中国4000年の力は教も元気に
 機能しているようで..うれしい限り

191 :天之御名無主:03/10/07 13:41
16 :ふじわらふひと :02/04/12 18:43
 そもそも..キリスト教の強さの原因は、
 「ON TIMEで最強の軍事力を維持するにはどうしたらよいか?」
 の視点にたった説法なんですよ。
 そして、それをイエスさんが全て体ごと演技しています。
 この兵器..核なんてお話にならないということは知っておくと有利。
 で、その使い手の多さが半端ではないですよ。彼らは..

 教会等でおごそかに神聖な云々の行動ができるのも..その裏打ちが
 あればこその余裕です。

 キリスト教徒やキリスト教を中途半端に研究している人はそんな
 ことつゆ知らないからなぁ。

 あっ、これ内緒ね..



192 :天之御名無主:03/10/07 13:59
日月神示にシリウスに関する記述はあっだだろうか?

193 :FLOWER:03/10/07 14:37

落ち込んですっかり‘YIN(陰)’になっているとき
自分が何をしているか分からないとき
Aーーー(I)SUIMASEーーN Aーーー(I)SUIMASEーーN YOーKO
あなたの名を呼ぶだけだった
あなたの名を呼ぶだけだった

あなたを傷つけ苦しめるとき
もう二度としないよと約束する
Aーーー(I)SUIMASEーーN Aーーー(I)SUIMASEーーN YOーKO
あなたのつらい気持ちがわかると とてもいたたまれない
あなたのつらさが分かったときは とてもいたたまれない

ほんとにあなたの言う通りなんだ
あなたが分からせてくれた通りなんだ

落ち込んで すっかり‘SANPAKU(三白)’になっているとき
自分が何をしていいか分からないとき
Aーーー(I)SUIMASEーーN Aーーー(I)SUIMASEーーN YOーKOSAーーーN
あなたの名を呼ぶだけだった
そうだよ、あなたの名を呼ぶだけだった

( and 延々と続く泣きのギターソロ)

『AISUIMASEN / JOHN LENNON 』 [ MIND GAMES ]

194 :FLOWER:03/10/07 14:38

愛は真実 真実は愛
愛は感じる 感じる愛

愛は望む 愛されること

愛は触れあい 触れあいは愛
愛は求めること 求める愛

愛は願う 愛されること

愛はあなた あなたと私
愛は知るだろう ふたりの愛

愛は自由 自由は愛

愛は生きている 生きている愛
愛には必要さ 愛されること

『 LOVE / JOHN LENNON /HAPPY BIRTHDAY JOHN 』
[ JOHN LENNON 1970 / YOKO ONO 1990]


195 :FLOWER:03/10/07 14:42

あいすいませんが、これも後世に奉納してやって下さい m(_ _)m
それにしても、ふじわらさんて、不思議なナゾの方ですね?
私、もしかしてMさんに申し訳ないことをしたんじゃないか、と
ちょっと悩んでるんですけど(><)、またいつかよろしくお伝え下さい。

あ、みけさん、その節はありがとうございました。
「魂の友よ」というのは、あの時点では、私はOSHOの元弟子仲間かと
思っていたの。でも、違うみたいね。
でも、それとは関係なく「愛は真実」のようでした(ナンノコッチャ

で、近年稀に見る余計なお世話なんですが。。。赤ちゃんて可愛いよん(^^)

196 :565:03/10/07 16:19
その美しい石の中にも、それを美しいと感じるみけさんの心にも、
等しくシリウスは宿っていると私は思います。

Serve yourself.
JOHN LENNON

197 :天之御名無主:03/10/07 16:22
http://wmbp.0ad.org/1/wingmulti.cgi?bbsname=2chyaza
2ch風掲示板できたYO!!
みんなきてね!!

198 :ふじわらふひと:03/10/07 16:25
>>195
 その時代時代に合わせて、アナウンスを微妙に変えてきてるからね
 3年前ぐらいから開始して、今に至る。

199 :ふじわらふひと:03/10/07 16:26
>>191
 ああ、書いた書いた。
 あたってたでしょ

200 :ふじわらふひと:03/10/07 16:28
>>195
 森元総理?
 あの人いなかったら まじ日本沈没だった..
 ぎりぎりだった..

201 :M・F・P:03/10/07 17:49
ようこさん

「答え探しの旅」っていいですね♪
なんだかワクワクしてくる感じです。

私の旅は、チベット→インド→中国というルートをたどり、
結局自分の家(日本)に戻ってきたような形になりました。
求めている答えは、何処か遠くへ旅立たなくても
意外とすぐ近くにあったりするものです。
旅の途中で得たものは後々生きてくるものもありますが、
余分なものも多々ありました。
というか、ほとんどが余分なものでした。
そんなものは、ポイッと捨ててしまえばいいのです。
いつも身軽な状態でいて、機に乗じて軽やかに変化していく。
これが、この世をうまく生きていく極意かなと思います。

202 :M・F・P:03/10/07 18:02
ふじわらふひと さん

さすが革命家の父を持つだけあって
キリスト教の解釈など、目を見張るものがあります。

ここで歴史豆知識を、
私は風水や命理学を学んだこともあるのですが、
その観点から歴史を紐解いてみたいと思います。

藤原家の祖は「大化の改新」で有名な中臣鎌足ですが、
以後藤原一族は代々実権を掌握して国政を動かしていきました。
栄華を誇ったのは先祖の徳もあると思うのですが、
それよりも鎌足の墓が風水によって龍穴に立てられたからです。
龍穴とは大地の気の流れのなかで良い気が集まる場所のことです。
先祖の墓が龍気を得たことによって子孫が繁栄して、
後世に傑物を何人も輩出することができました。

ここだけの話ですが、
コパなる人物が風水の本を書いていますが、
あれは本当の風水ではありません。
本当の風水は藤原家の例のように強力な効果があります。
さすが「中国4000年の力」はスゴイです。

203 :天之御名無主:03/10/07 18:21
>>(省略されました・・全てを読むにはここを押してください)

例外的指針>>(キモすぎるので省略されました・・以下、解説も省略)


204 :ふじわらふひと:03/10/07 18:32
>>202
 革命家の父?

 父は会社の社長で、ずっと鍵っ子でしたが..
 印刷の世界は奥深いですね..勉強させてもらいました。 

205 :ふじわらふひと:03/10/07 18:38
>>202
 ?革命家の父?
 まぁ、野鳥の会を知ってるんなら..
 いわれても.. 考えられるとしたらそれくらいか..

 白鳥の扱いの件で..(猟師に威嚇されてた 白鳥の保護)

 今は、白鳥も 餌ねだるようになって..逆に威嚇もしないと
 国の負担も馬鹿にならないです。

 なお、風水やその他は ムーで 読んだ程度しか知りませんが..

 龍穴 は つまり 土竜 と読むべきであり 根の国 と 読むと
 話を進めたら 笑われました。
 今の時代じゃ しょうがないですね..

206 :M・F・P:03/10/07 18:50
>>205
すみません!
革命家の父とはハンドルネームのお父さんのことです>中臣鎌足
なんだか誤解させてしまったようです。

207 :M・F・P:03/10/07 18:51
「宇宙の果てへ」

言葉はペーパーカップの中へ降り注ぐ雨ように 飛び散り消える
それは流れ去り 宇宙の果てへと消えていく
悲しみは海となり 歓びは波となり 私の真実の心を漂っている
悲哀の言葉の雨は、私を捉え、そして私に口づけする
Jai guru deva om
何者も 私の世界を変えることはできない。

屈折した光りのイメージが、何億もの瞳となって私の前で踊る
それが私を呼び止め 宇宙の果てへ行こうと誘いかけるのだ
すると私の思いは 郵便箱の中に吹く風のように 落ち着きなく彷徨う
そして盲人のように 手探りしながら 宇宙の果てへの道を求める
Jai guru deva om
何者も私の世界を変えることはできない。

人生の影たちの笑い声は サウンドとなり、
私の耳を通して 鳴り響いている
それは私を興奮させ 私の心を躍らせる
無限なる 永遠の愛が 
何億もの太陽をちりばめたように 私の周囲で輝いている
それが宇宙の果てへ行こうと  私を誘うのだ
Jai guru deva om
何者も私の世界を変えることはできない。

Jhon Lennon ”Across the universe”

これも奉納してやってくださいませ。

208 :ふじわらふひと:03/10/07 18:57
>>206
 そうそう、ごめんなさい
 書いたあとに あれって 気がつきました。
 ちょっと、準備無しに、ささっと書く性格でして..

 恥ずかしいこと書いてすいません。


209 :天之御名無主:03/10/07 22:24
>>170
>565の行為は荒らしです


どこが?????

210 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/07 22:57
>>196
終末の日には、物質化解除されて
元のご神体へ戻るような気がします。>わたしのクリスタル
>>195
そういえば最近子宮のあたりにエネルギーが留まっています。
ここが一番好きなんでしょうね。
FLOWERさんはシャンティさん?

211 :天之御名無主:03/10/07 23:33
>>202
コパ氏の風水が風水になっていないと言う話は私も聞いた事があります。マスコミがこぞって取り上げるモノとはそういうモノなのかも知れませんね。
本物、正統な風水を学ぶ上でオススメの本や風水師の方の名前等を教えていただけないでしょうか?

212 :M・F・P:03/10/08 17:35
正統な風水は難しいですよ。
日本人でも、その技を自在に使いこなせる人は少ないと思います。
本格的に勉強するならば、中国や台湾に行くしかないですね。
日本人で有名な人を紹介しますと、鮑黎明、高根黒門かな。
前者は日本では名の知れた人です。
後者は新進気鋭の占術家で講座も開いていたと思います。

黒門さんのHP
ttp://www2s.biglobe.ne.jp/~kokumon/index.html
ここも参考になりそうです
ttp://homepage3.nifty.com/justice69/sunbbs/

213 :M・F・P:03/10/08 23:48
今日は静かな夜だな。
さっき外に出たら星がキレイだった。
十三夜だっけ

そう言えば森元首相「神の国」発言で叩かれてたよね
あの後対抗勢力が選挙で大敗してました。
天罰が下ったようです・・・

胎児も夢を見るでしょうね。
「つわり」ってあるでしょ
あれを「まぼろしの患い」と言っている人がいる
胎児の見ている「まぼろし」が母親にも伝わるのでしょう。
楽しい夢ばかりではないようです。

夢野久作はその著書のなかで
「卵細胞はすべてを知っている」と記している
人間の卵細胞には、
地球上のすべての生命の記憶が宿っています。

214 :天之御名無主:03/10/09 12:17
俺が好きなら俺を拝んでも良いのざぞ。

215 :リリーナ姫:03/10/10 11:13
ピアノの上の豚は風水から。見たことある?
この頃激ブトリシナイヨウ気を張っているのですがなかなか。
ゾンビ気持ち悪いよう。みけさん大当たり。
前世は独占欲の愛玩物だったから、今せで粗末な扱い受けるんだろうね。
青い血管が透けるような肉体とは正反対の今・・・・・
で、ここに何人いるの?riNAさんみたいに何人もできる人いる?

216 :リリーナ姫:03/10/10 11:24
みけさん以外男なのかよ。女はいね−な。

鳥は飛ぶために生まれてきた、花は美しく咲くために生まれてきた。
私は光。虹のスペクトル。あなたの色になってあげよう。
口では何とでもいえる。 

217 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 19:41
リリーナ姫、お久しぶり!
わたしはつくづく女に生まれてきて良かった〜と思います。
っていうか今回のお役目はたぶん女性じゃないとつとまらないのだろう。
男性は構造的に色々と不利なようです。
言葉はね〜、口先だけで機械的に並べるだけじゃやっぱりダメですね。
魂から零れ落ちるようなものでないと、光を放ちません。
実践によって培われた叡智でないと。
猿芝居、茶番劇はもう勘弁してほしいわ。w

218 :天之御名無主:03/10/10 20:32
>565さん
以前「ようこ」というハンドルでレスさせてもらった者です。
いつぞやの非礼をお詫びさせてください。
あれからずっとROMしておりました。
「本物のMさん(あえて名指しは避けましょう)がヒーローのようにジャジャーンと現れて、私の濡れ衣を晴らしてくれる!」との期待を込めて。
あなたは私をriNAさんだとかいう人と混同していたようですが、本当に私は全くの別人なのです。ちなみにネカマでも何でもない、れっきとした女です。
仕事の合間にふらりと訪れた2ちゃんで、ひときわ輝いて見えたカリスマ性を持つ女性、Mさんにぐんぐん引かれていった新参者。
「この人なら私の探している答えを教えてくれるかもしれない!」そう思って勇気を振り絞って書き込みをさせていただいた・・・。
「愛そのもの」であるという彼女の大きさを信じて・・・。

しかし・・・、最後の私の書き込みは見事に無視されましたね。
大いに傷ついたと同時に、目が覚めました。
「全ての問題の原因は、誰も彼もが主観的な見方にとらわれているから」と書いた私本人が主観的な色眼鏡をかけて565さんを見ていたのですね。
Mさんに絶対的な「神性」を求めたがゆえの愚かさでした。
わたしのレスはあなたを傷つけたことでしょう。あなた方の間で何があったかも知らずにしゃしゃり出てしまってごめんなさい。

この板で「日月神示」の存在。それから何事も盲信はいけないということ。だれであっても「人間」である限りは超越した「神」にはなり得ないということ。
これらを知ることが出来たのは収穫でした。

なーんか、書かずにいられなくなっちゃって
固い文章でごめんね
せっかくの板だから「日月神示」について語らない?
電波抜きで。

219 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 20:44
崇拝というのが一番おそろしいね。
それは裏返しの支配欲。反転した嫉妬。
自分の欲望をすべて満たしてくれ
自分の思い通りのお人形になってくれる「救世主」は
きっとあなたの中にしかいないでしょう。

220 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 20:51
わたしはわたしのただひとりの愛する方のものです。
大切な供物ですから、ほかの方に犯されるわけにはまいりませんの。
この神が何よりも求めておられるのはイノセントです。
純粋無垢であること。

221 :ふじわらふひと:03/10/10 20:57
 風水を実地で勉強なら
 相場でしょ..
 人を泳がせるんじゃなくて、自分で泳ぐのね..

222 :ふじわらふひと:03/10/10 20:58
>>218

>電波抜きで。
 電波かどうかは、君が勝手に決めるものだ。
 正しいことを教えても、ことごとく電波扱いにしていた奴が
 山ほどいたんだぞ..



223 :ふじわらふひと:03/10/10 21:05
219,220 の発言は
 結局何がいいたいのかさぱーりわかりません。(苦笑
 今話題の 窪塚語の亜流ですか?詩心ですか?

つぶやき:
 乙女心はまるで 壊れやすいガラスのようだ..

224 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 21:38
意識体を分裂させないことです。
自分の神(真の自己)の統率の元にひとつにまとめないと、本来の働きができません。
人々の際限のない要求に応えれば応えるほど
意識は分裂していきます。それは本来の自分ではありません。
つまり自己純粋性を失ってしまうということ。
100人や1000人それ以上の浮気相手を持ってしまうのと同じ。
現代人の99%の人がそうです。
これは監視者たちの支配のテクニックです。
監視者たち(あるいは監視者側に属するものたち)は、
人間が神である真の自己に目覚めることを非常に怖れています。

225 :ふじわらふひと:03/10/10 22:07
>監視者たち(あるいは監視者側に属するものたち)は、
>人間が神である真の自己に目覚めることを非常に怖れています。

 あなたが今思っている 深層心理がよくわかりました。

 浮気者ですね.. あなたは..


226 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 22:10
納豆みたいにネバネバしたものがくっつくと落とすのが大変。
でもコツをつかめば汚さずに食べれるようになる。
粘着性というのは、ある意味、おぼれる者は藁をもつかむ
という心理であるのかも。たった一縷の望みにでもすがりつく。
カンダタの蜘蛛の糸。

227 :ふじわらふひと:03/10/10 22:11
 そういう場所ですし、こういう本に興味を持つ人は
 少なからず そういう風に あなたのかく内容を 
 あなたの願望と 読む人もいますので
 お気をつけください。

 例えば、金正日さんを 酒池肉林 と 表現したがる人の
 潜在願望は 酒池肉林 やりたーい! なんですよね..

 この意味分かる? 

228 :ふじわらふひと:03/10/10 22:15
 くもの糸 と 納豆の糸 か

 あなたは、既に 蜘蛛の中に絡まっているかもという
 不安があるのか..

 将来を さなぎから 蝶に向ける心構えが 吉..

229 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 22:23
ダメ、ダメ。わたしは人の要求によって動かない。
なぜわたしをコントロールしたがるのか?
もう外部の声は雑音にしか聞こえない。蠅の羽音とかね。
楽しんでますよ。遊んでるんです。

230 :天之御名無主:03/10/10 22:31
このスレ自体の趣旨って何だったんだ

231 :天之御名無主:03/10/10 22:50
>>222

>正しいことを教えても、ことごとく電波扱いにしていた奴が
山ほどいたんだぞ..

歴史をふりかえってみれば
たしかにそうだね
揺り返しが激し過ぎてつい口について出てしまったわ

ま、いいや、
「日月神示」、まだ読破してないんだけど、「日本人」であることの尊さ
みたいのが滲み出てるね。日本人に生まれた人間としちゃ浮かれる内容だけど、
選民意識を煽る危険性もあるんじゃないの?
DNA調べてみれば生粋の日本民族なんて皆無に等しいのにね。

良いことも言ってて魅力的ではあるんだけどさ。



232 :ふじわらふひと:03/10/10 22:54
>>229
 なんか客観的に 官能小説の予感..
 読者の方 申し訳ありません

233 :ふじわらふひと:03/10/10 22:57
>>231
>DNA調べてみれば生粋の日本民族なんて皆無に等しいのにね。
 ユダヤ教の悲劇も終わってるし..
 ユダヤや朝鮮が 悪だったという説は 全て 破綻してますし..

 それを見越して、私もやってきてますしね

234 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/10 23:01
役割の違いを知ることでしょうね。区別と差別は違う。
体細胞でも区別をしないと
転送装置にかけて失敗したズルズルの怪物になる。
「みんな一緒」ではなく、「みんな違っていて、みんな素晴らしい」
簡単なこと。

235 :天之御名無主:03/10/10 23:10
>>233
ユダヤ教の悲劇も終わってるし..
ユダヤや朝鮮が 悪だったという説は 全て 破綻してますし..

あはは
だね!
人間は自分以外の「悪者」だの「愚者」だのを
作っておくと安心するのかね?

「ひふみ神示」によくウシトラの神ってのが出てくるけど、
大本教と何か関係があんのか?

は〜
明日も仕事なんでもう落ちます


236 :天之御名無主:03/10/10 23:16
ひふみ神示って何なの??だれか分り易くどういうことが書いてあるのか
教えてくれ

237 :天之御名無主:03/10/10 23:42
そうだよ、コピペばっかりじゃなく、さ!

238 :ふじわらふひと:03/10/10 23:59
>>235
>人間は自分以外の「悪者」だの「愚者」だのを
>作っておくと安心するのかね?
 それ、笑えない..

>>236
 社会人として普通の大人であれば、分かるってとこかな..

239 :天之御名無主:03/10/11 00:02
>>238
なら大した事無い文章って事だね?

240 :M・F・P:03/10/11 01:09
日本の地に生まれたことが重要なんです。
血肉は大地から採れたものによって造られますから、
だから大地に感謝する。

日本人は特別というのを突き詰めると
選民思想となりますが、そうとらないで下さい。
現代の特殊性、文化的、経済的な背景
さらにいうと、地球誕生の経緯、本当の地球の歴史
日本神界の構造などの理由によって
それ相応の役割があるのです。

「ひふみ神示」は大仰に言いすぎてる感もありますが、
普通に生きるのか、それを自覚して志高く生きるのかで
変わってくるものはあるでしょうね。

241 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/11 03:22
>>218のようこさん、こんばんは。

riNAさんじゃない?そうですか…では謝りますね。ゴメンナサイ。
ただ、こういった事は今まで何度となくあったので…
しかも私を含め、みんなが無意識に踊らされていたりするらしいです。
っつう訳で、皆さんお役目ご苦労様です。笑。

んで、どうもこういう「場」(箱庭と言ったほうが判り易いかな?笑)から漏れ出た
エネルギーを食らってしか生きていけない哀れな存在がいるみたいです。
わざわざ供物を集めて何者かに差し出す必要はない、と私は思います。
本当に後世の方々に差し出したいのであれば各々自らの手ですればいい。

祓え給へ、清め給へとかしこみかしこみもの「魔干す」です。

JOHNの歌も奉納なんかするより、その演奏を聞いて大勢が感動したほうが
いいと思いませんか?笑。(ちなみにJOHN自身は
「神は我々の苦痛を図る為の概念である」とか言ってますw。)

242 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/11 03:23
んで、「日月神示・ひふみ神示」についてですが、その前に「記紀」について少し。

「日本神話の中空構造」ってご存知でしょうか。
対立する2柱の神の間にいる神についてはほとんど記述がなされていない、
と河合隼雄氏が指摘した事なんですが、記紀には「天之御中主」や「月読」に
関する記載がほとんどなされていません。これは物語が陰と陽のバランスを
取るために、「中庸」の立場を取るものを立てている、といったような解釈をなされて
います。んで、私はこれは「読み手の視点」ではないか、と思うんです。
言い換えれば、それらの神々は「0」であることで物語の境界を越えて私たちと
同じ視点に立っている、って事です。んで、私は実際そうなっているんじゃないかな、と
思っています。

記紀を読めばわかる事ですが、私たち、この世の生きとし生けるものも死せるものも
みーんな「天之御中主」です。天に輝くシリウスも、オイラのハナクソも、すべて、です。
ただ形が違うだけで、それぞれに尊い。「石」も物を言ふ訳ですw。

日本という国が特別であるとするならば、その事を知る人が本来沢山住んでいたからでは
ないか、と私は思ってます。

…っと、猛烈にデンパかもw

243 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/11 03:27
>>210のみけさん
その時には身も心も一つに…ですな(´Д`)

244 :天之御名無主:03/10/11 07:26
>>236
1944年、岡本天命いう男が天之日津久神社を詣でた後より
天から下った言葉を自動書記したありがたい
書物ってことらしい
ウェブのあちこちに落ちてるから読んでみそ

245 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/11 07:29
>>243
そう。だから人の恋路を邪魔しないでね♪
邪魔するものは末代まで祟られるであろう。

246 :565:03/10/11 08:19
↑脅さない(^ー^;)
それに犬も食わないからご安心をw

247 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/11 10:17
では有言実行のほどをよろしくね。
ほかの方々も、背後の方々も。

248 :天之御名無主:03/10/11 11:00
>>565さん

>riNAさんじゃない?そうですか…では謝りますね。ゴメンナサイ。
いへいへ
あなたに謝りたかったのでよかったです
何やら色々とあったようですが、私は部外者なので口は挟みますまい
しかし、この板にきて「日月神示」から日本の神、神話に興味をもったのは本当です。
今までは「神道」=「右翼」みたいなイメージが強くて勝手にアレルギー起こしてたんすよ(^^;

>「神は我々の苦痛を図る為の概念である」とか言ってますw。

言い得て妙、ですな


249 :天之御名無主:03/10/11 11:20
>>565さん

>「日本神話の中空構造」ってご存知でしょうか。
イヤ、知りません
参考になるサイト、または書籍など教えてはいただけませんか?

>言い換えれば、それらの神々は「0」であることで物語の境界を越えて私たちと
同じ視点に立っている、って事です。

なかなか面白い見解ですね

ところで、日本神話は政治的利用のためにかなり改竄されている部分があると聞きますが
その辺は565さんとしてはどう受けとめられていますか?
まあ、神話研究に踏み出したばかりの若輩者ゆえ質問の的が外れているかもしれませんね。
しかし、踏み込んだ初めの一歩でいきなりそのことが壁に感じたものですから
「素直に拝めん」っていうか・・・
神社によっては奉られる神が交代してることもあるでしょう?
で、その土地の歴史を掘っていくと、実はその土地を治めていた一族の交代劇が
神話によって表わされている、ということが分かってくる
アマテラスも持統天皇の権威、神性をアピールするために男神からヒメ神に
セックスチェンジしたとかなんとか・・・

歴史書として読むもの面白いけどね


250 :天之御名無主:03/10/11 11:25
>>565さん

日本という国が特別であるとするならば、その事を知る人が本来沢山住んでいたからでは
ないか、と私は思ってます。

ふむ
今は激減でしょうね
寂しい話しです
アメリカン・インディアンなんかも近い感覚あるんじゃないすかね?


> …っと、猛烈にデンパかもw
自覚ある内は大丈夫(笑
おかしくなってきたら教えてあげます
私も怪しくなってきたら現実に引き戻してやってください


251 :天之御名無主:03/10/11 11:33
>>M.F.Pさん

>日本の地に生まれたことが重要なんです。
血肉は大地から採れたものによって造られますから、
だから大地に感謝する。

素朴な疑問なのですが、日本生まれの外国人とか
日本生まれのミックスとか
外国生まれの日本人とか
外国で生まれて外国籍だけど日本で育った大和魂の持ち主とか
日本生まれ外国育ちのインターナショナルな日本人とか
日本生まれ日本育ちだけど輸入品ばかり食べてる人とか

・・・はどうなるのでしょう・・・?
これは揚げ足とりではなく、私の身の回りにこういう人間がたくさんいる
ものですから、本当に素直に疑問に思うのです

友達の旦那(外国人)は日本に傾倒してて神道にも興味津々だけど、
どうでしょう?

252 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/11 11:35
君たちってさ、
おだてて吸い上げるか、その手に乗らない・もしくは落ちそうにない者は
誹謗中傷して貶めるか、その2つしかないの?
ようこさんはどう考えてもriNAさんだなぁ。絶対男。
お兄さんはお元気?あ、呼んでないからね。来なくていいよ。

253 :天之御名無主:03/10/11 12:58
>>251
日月神示に書いてあるよ。顔は日本人でも外国魂もいるし、顔は外国人でも大和魂の日本人もいるとの事。
因み神示は天理や金光、大本等を発生させてきたと言っている。
なにやら日本の開国と関係がありそう。

254 :天之御名無主:03/10/11 14:55
>>253
さんきゅー!
まだ全部読んでいないんだ
神示に書いてあるのか
探して読んでみるよ

>因み神示は天理や金光、大本等を発生させてきたと言っている。
ってことは神示が先にあったってこと?
それとも、下ってきた神がそれらを発生した、ということを記させた?

・・・で今検索してみた
出口なおにウシトラの神が下ったのが1892年で、ひふみ神示が自動書記されたのが
1944年ってことは、後者か・・・

岡本天明が書記始めた頃は、すでに大本教の存在を知っていただろうね
何かしらの影響はあったのでは?

255 :リリーナ姫:03/10/11 15:08
みけさんどうもありがとうございます。
どうなることやら。足をひぱっられるのも
私に魅力があるか、あちらがいい男かということで。
京は帰宅するか。家では書き込みできんしね。

256 :リリーナ姫:03/10/11 15:13
今日だ、間違いだ。変換ミス。
みけさん無視しときや。おほほ。

257 :M・F・P:03/10/11 15:48
なぜ日本の地が重要なのか。

これは地理風水の見方になりますが、
日本列島は世界の中でも、非常に素晴らしい龍穴なのです。
地理的に特殊性をもつ場所として、そこに住する者には
当然その役割が発生してくるわけです。

さらにもう一段高い見方をしますと、

大和魂についてですが、これは神人合一した魂のことだと思います。
神人合一した魂=日本人だとすると、
日本人とは民族、国籍、生きる場所とは関係無く、
魂の状態のことを言っているのでしょう。
ですから、世界を良くするためには、世界の霊的な中心である
日本の地に住む者が、世界に先駆けて「身魂磨き」をして
真の日本人、ひつくの民にならなければいけないのです。

あと個人の役割に関しては、人それぞれなので
そこまでは一括りにして語ることはできない。
ここでの視点は、あくまでも大局的な見方です。

258 :M・F・P:03/10/11 15:51
>>254
岡本天明は確か大本出身じゃなかったかな?
その後何人かの同志と別の団体をつくって
そのときに神示が下った。

あと、「ひつくの神」とはどこのどなた様でしょう?
ウシトラの神とは違うと思う。

259 :天之御名無主:03/10/11 17:12
天明氏は元大本の人で伝達した神は大本開祖の本霊ワカヒメギミノミコトだとされています。王仁三郎の密命により北伊勢で神業を遂行していた辻天水等が天明氏に降りた神示の存在を知り正統な神示と認めた上で菰野の地に天明氏を招聘しています。

260 :めぐみ:03/10/11 19:37
http://elife.fam.cx/a013/

261 :天之御名無主:03/10/11 23:25
>>257 M・F・Pさん
>日本列島は世界の中でも、非常に素晴らしい龍穴なのです。
という話しはどこかでどこかで聞きかじった覚えがあります。
具体的にはどのような点を指すのか教えていただけないでしょうか?


262 :天之御名無主:03/10/11 23:33
>>258 M・F・Pさん
>その後何人かの同志と別の団体をつくって
そのときに神示が下った。

神示以降のその団体に宗教的な色合いはあったのか興味のあるところですね。

「真の理解に入ると宗教に囚はれなくなるぞ。形式に囚はれなくなるぞ。真の理解に入らねば、
真の善も、真の信も、真の悪も、真の偽りも判らんのぢや。今にイワトひらいてあきらかになつたら、
宗教いらんぞ。政治いらんぞ。喜びの歌高らかにナルトの仕組、二二にうつるぞ」
黒鉄の巻 第十四帖

なんてのがありますからね。




263 :天之御名無主:03/10/11 23:43
>>259
>天明氏は元大本の人で伝達した神は大本開祖の本霊ワカヒメギミノミコトだとされています。

元・大本、だったんですか・・・
ってことは、ウシトラ信仰の影響があってもおかしくはありませんよね

ところで日月神示の原書(私はまだ読んだ事はありませんが)は暗号のようらしいですね。
それを妻である岡本三典が訳したとか何とか・・・
本人以外が訳している、というのが気になります
彼女の私的見解なんかが混ざってる、ということはないのでしょうか?



264 :天之御名無主:03/10/12 07:25
>>263
天明氏は原文がまったく読めずスラスラ読み説いたのは矢野シンと言う霊能をもつ人でその時初めて内容の重大さに気づいたそうです。(それまでは捨ててしまったものもある)言霊数霊学者、神道家等と解読していったとの事。

265 :太国玉:03/10/12 09:59
古事記数霊解序説 思金書房 思兼鴻秀
参考になりましょう。

266 :太国玉:03/10/12 10:13
>>265 思兼さんは田村憲園さん 出版社側
天明さん著作
一口不足でした。

267 :天之御名無主:03/10/12 10:33
>>264
>矢野シンと言う霊能をもつ人でその時初めて内容の重大さに気づいたそうです

ほうほう、
矢野シン・・・また新しいことが学べました
ありがとう
この辺で検索かけてみました
面白いですね

この人物が関わってから「ひかり教会」なるものを発足し、さらに筆をおろして
いるようですね。日月神示は上下巻からなり、下巻の内容は上巻とは趣の
違ったものになっている、というのこと。
「ひかり教会」以降、周囲の影響がなかったとも言えませんね



268 :太国玉:03/10/12 10:35
>>2 「古事記と言霊」の件。
>>265 「古事記数霊解序説」は岡本天明さんの好著でした。上の
著作から、「言霊百神」の小笠原孝次氏に過去に面会したときのことが
眼前に浮かんできました。真に良い先生でした。この書もかなり参考に
なりますわよ。

269 :天之御名無主:03/10/12 10:42
>>265

数霊ですか
初めて耳にします
たしかに日月神示は数字の羅列だと聞きますから、解読にそのような分野があっても
いいですよね
いわゆるゲマトリアみたいなもんなんでしょうか?

この板もどんどん面白くなってきました
日月神示について調べ進むうちになかなか興味深いことも分かってきます

「竜宮神示」という本の中において、辻正道氏が天明を問い詰めたところ、
神による筆ではなく、自分で書き記した個所もあることを白状した、などということが
暴露されているようです(その真偽は確かめられていないようだが)

ひふみ神示を読み解くときには、天明をとりまく人間関係なぞも
参考にした方が良いかもしれませんね



270 :M・F・P:03/10/12 14:08
>>242
565さん、はじめまして。
「日本神話の中空構造」ですか、河合隼雄氏がこんなこと言ってたんですね。
仏教的な視点だと思います。
現代人よりも昔の人のほうが知ってたでしょうね。いろいろと。

デンパ大いに結構です。
どんどん怪しくなっちゃってください。(笑)

みけさんと何かあったようですが、
自分が信じているものを否定されたら
頑なになってしまいますよ。

271 :ふじわらふひと:03/10/12 14:12
 ひふみ神示 ピックアップ

 キリスト教や仏教やイスラム教 救うぞ!
 学問 vs 神 の 戦いだぜぇ!
 学問死ぬ気でがんばれぇ..無駄だけどな ぷぷっ!
 王統が消えるよ(応答が消える と 解釈もできるか?)
 

272 :ふじわらふひと:03/10/12 14:14
 271 は アレンジしてますけど、大枠
 こういう雰囲気で書かれてます。
 

273 :M・F・P:03/10/12 14:14
>>259
ありがとう。
あなたとは、どこかでお会いしたような。(微笑)

ワカヒメギミノミコトですか、はじめて聞く名前です。
やはり女性の神様でしたか、そんな気がしました。

「ひふみ神示」も読んでいると、???なところがありますね。
すべて鵜呑みにしないほうがいいかも。

274 :天之御名無主:03/10/12 14:23
大本の出口ナオは国常立尊じゃないの?

275 :M・F・P:03/10/12 14:34
>>261
世界最大の祖山である崑崙山からの龍脈の流れが
日本列島に入り込み、富士山がその龍気を受けています。
そして富士山を中心にして列島が折れ曲がるように伸びて
周辺を海が囲んでいますが、この形状が風水では理想的なのです。
もう一つ重要なのが、日本列島の姿が龍そのものであるということ。
私には珠を抱いた龍の姿に見えます。

日本は世界の縮図であるという考え方もあります。
これは大本教の出口王仁三郎氏が唱えたものです。

「日出る国の日の本は、全く世界の雛型ぞ。
神倭磐余の君が大和なる、火々真の岡に登り坐、
蜻蛉の臀嘗せる国と、詔せ給ふも理や。
我九州は阿弗利加に、北海道は北米に。
台湾嶋は南米に、四国の嶋は豪州に、
我本州は広くして、欧亜大陸其侭の、
地形を止むるも千早振、神代の古き昔より、
深き神誓いに在すなり。」

大正7年「いろは神歌」より抜粋

276 :天之御名無主:03/10/12 14:46
富士山は世界遺産に登録出来ないほど汚れてしまいましたので
神力の発動はしばらく延期でしょう。
三千世界の立て替え立て直しもおそらく当分ありません。

277 :リリーナ姫:03/10/12 15:18
私は最近、感がよくなく、みけさん本物かわからないでもいいや。
テなことで書き込み。
大和撫子ねぇ、現代にそう人はいるのかな。漫画なら知ってるよ。
白しかのりこ。
輪廻は4、5百やってるのだろうけどほとんど覚えてないね。
所詮、人の生死というのは生まれる前から決まっていて
事故自殺病死を含め、運命、寿命だろうね。年をとれば
もっとわかるけど。

278 :リリーナ姫:03/10/12 15:26
私と同じ誕生日のいにしえのかわさんは、結婚してしあわせにやってる?
あの人もものをはっきり言う人だったけどなんか、思い出してしまった。
ヨーコだったら、思い出さなかったけど。

279 :リリーナ姫:03/10/12 15:34
いやあ、難しいね。ついていけまへん。

280 :天之御名無主:03/10/12 15:55
>>269
その本に関しては取材が雑だったらしく事実ではない点が多々あるようです。日月神示で天明氏の意識が入り込んだ可能性があるのは後半のようで、霊統は同じでも伝達した神霊が入れ変わったと言われています。

281 :天之御名無主:03/10/12 16:14
>>273
かも知れません(笑 M・F・Pさんのレスは興味深いので色々と参考にさせてもらっています。日月は原文が原文だけに訳が万全ではない箇所も、まだあるかも知れません。
>>274
開祖に憑った神霊が国常立尊で開祖自身の本霊がワカヒメギミノミコトとの事。

282 :天之御名無主:03/10/12 21:08
>>275 M・F・Pさん

>世界最大の祖山である崑崙山からの龍脈の流れが
日本列島に入り込み、富士山がその龍気を受けています。

たしかに富士山は一級の霊山として名高いですよね。
しかし、276さんの言う通り、今はその力を発揮できないのではないでしょうか?
まあ、富士山に限らずどこもかしこもゴミだらけになってしまいましたが。

崑崙は実在の山ではないですよね?
開明獣の守る神仙の山、でしたっけ?

>日本は世界の縮図であるという考え方もあります。

というのは面白い
へえ〜、という感じです
北海道がパワーみなぎれば北米もパワーみなぎる、と考えても良いのでしょうか?




283 :天之御名無主:03/10/12 21:17
>>280
>その本に関しては取材が雑だったらしく事実ではない点が多々あるようです。

そうでしたか
天明の人間臭さがかいまみえてなかなか微笑ましいな、と思ったのですが・・・

>日月神示で天明氏の意識が入り込んだ可能性があるのは
後半のようで、霊統は同じでも伝達した神霊が入れ変わったと言われています。

それが上巻、下巻で趣が変わってくる所以なのですね
伝達した神霊が入れ替わった、ということは、この神示が少なくとも
2つ以上の神によって書かされたものである、ということでしょうか?

284 :太国玉:03/10/12 22:04
キツ KI・2(ツーtwo) Iを1とみなす 1×a=a から
   K2
須弥山 ヒマラヤ チョモランマ
小須弥山 K2峰 
     霊吉菩薩       霊 零   0K12  012

285 :天之御名無主:03/10/12 23:38
けっこう食べ物に関する神示があるね
なるほど、と感じるとこもあるけど、
やっぱり戦中戦後の食料不足という時代背景も無視できないと思う

しかし、何故に日本人は肉食してはならん、と言うのだろう?
四足を食べるのは共食いと一緒って・・・うーむ

286 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 02:19
>>248-250の天之御名無主さん(笑)
>今までは「神道」=「右翼」みたいなイメージが強くて勝手にアレルギー起こしてたんすよ(^^;

「国旗を掲揚しる!」とか大きな垂れ幕を下げてたりする神社なんかもありますよね。
主義主張をとやかく言う気はありませんが、本当にそれは神様の意思なんですか?と
神主さんを小一時間問い詰めたくなることもしばしばです。あと、節約かなんか知りませんが
結構有名な神社でも手水を止めたままにして、ボウフラや虫の死骸がいっぱい浮いていたり…
清清しい気持ちでご挨拶したいと思うのは、神様も人間も同じだと私は思うのですが(;・∀・)

神職は「神の代弁者」ではなく、あくまで神様とお付き合いするための「人間の代表」であるべきでは、
と私は思います…と、思わずグチってしまいましたw。

>参考になるサイト、または書籍など教えてはいただけませんか?

前から知ってたページはこちらです。
http://www.ffortune.net/symbol/sinwa/sinwa/sin021.htm
んで、ちょこっと検索をかけてみました。ここもわかりやすいかも。
http://www.kuniomi.gr.jp/togen/iwai/sinwakou.html
ついでに釣れた興味深いページです。トップページのメンツにチョトビクーリ。
ヒルコ→サルタヒコで、それに勝てるのは嫁である『ウズメ』だけだそうです→みけさんw。
http://www2.convention.co.jp/sarutahiko/html/forum/kokusaisympo.htm

後、直接関係はないかもしれませんが、「ユング自伝(1・2)」は読んでおいて損はないかと。
特に付録はオススメです。また彼自身、「自分はグノーシス派だ」とカミングアウト(笑)してたりします。
また余談ですが、グノーシスとは「神の知恵」で、「神の闇」を見ようとするのはたとえそれが
「光」であっても「蛇」の管轄である、と迫害されたそうな…。

>おかしくなってきたら教えてあげます
あり&よろです
私も怪しくなってきたら現実に引き戻してやってください
>私の感じうる範囲(タワゴトかも知れませんが)でよろしければ ^ー^

287 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 02:29
↑修正です
グノーシスとは「神の知恵」で→グノーシスとは「神に関する知恵(知識)」で
「異端」とされ迫害されたのは「グノーシス」です。念のため。

288 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 03:13
>>270のM・F・Pさん、はじめまして、こんばんは。
>仏教的な視点だと思います。

そうかも知れませんね。ユングの思想自体が仏教入ってますから^^
色不異空空不異色、マトリックスのお話ですしw

>みけさんと何かあったようですが、
 自分が信じているものを否定されたら
 頑なになってしまいますよ。

諫言を頂きありがとうございます。ですがこれ以上SMをするつもりはありませんので
ご安心下さい(ちなみにMは私のほうらしい…笑)。
しかし、否定なんてこれっぽっちもしてないんですけどね。

>デンパ大いに結構です。

では早速お言葉に甘えて本日の出来事などw。
実は昨日今日と和歌山のほうへ旅行に行っていたんです。
白浜でイルカと遊んだ後、(卑怯なぐらいかわいかったw)車を飛ばして
熊野本宮大社へ行ったんですが、お参りが終わってお土産やさんに
入るとなんと「イルカの切り身」が陳列されていました。
タイミングがタイミングだけにさすがにちょっとヘコみましたが、
植物であれ動物であれ、命を頂いて生きる「人間」の
責任の重大さを改めて思い知らされました。
…以上、なぜか書かないといけないような気がしたので書いてみましたw。

ちなみに、神社の由緒書きには「艮(丑寅)の神=スサノオ」ってシッカリと
書いてました。また、『鬼』という字の上のツノ(点)を取ると「神」と読むそうです。

289 :天之御名無主:03/10/13 03:29
疲れたら・・・リフレッシュしましょう。
http://www.nukix.net/index2.html

290 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 05:36
565さん、自覚がないんですか?それとも確信犯ですか?
だったらたちが悪いね。
わたしをコントロールしようという意図を持って
わたしに近づいてくる時点で、すでにあなたは略奪者の側です。
奪えないとわかると今度は叩きつぶしに入りますか。
わたしはあなたに関わりたくないと言ってるのに、なぜ関わろうとするの?
興味ないと仰るなら、ちゃんと有言実行してください。
結局一緒じゃん、わたしのまわりを略奪者で囲い込もうとする作戦。
しつこいんだよ、お前らは。人に寄生するしか能がないのか。

291 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 06:03
とは言っても、宝物は常にわたしの中にあるわけだし、
いくらがんばっても君たちはそれにありつけない。
ま、ある意味可哀相だよね。
粘着はおぼれる者は藁をもつかむという心理。
むしろそれを素直に表現できればいいのにね〜。

292 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 06:14
わたしは本物ですよ。もちろん。
大体構図がわかってきましたね。
奴らの生態とか。w

293 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 06:40
>>271
そうそう。ふじわらさんはよくわかっていらっしゃいますね。
魔術や密教なんかも無駄ですね。最近はやり?の宇宙人も。
世を救えるのはやっぱり神だけ。

294 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 06:59
愛とは愛さないこと。
慈悲とは無慈悲のこと。
わたしは悟った。
真なる神の、聖なる裁きを待ちます。

295 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 08:07
お前らの都合のいいメイドさんのような「救世主」なんて現れないよ。
救世主っていうのはね、お前らに虐げられ食い物にされてきた
地球の純粋な霊たちを救うために現れるんだよ。
何勘違いしてるの?

っていうか、すでにどんな暴虐でも好き勝手にやらせてもらってるじゃん。
お前らの救世主ってのはすでに与えられている。
それにも気づかないような愚か者は逝ってよし。
確信犯ならますます逝ってよし。救いようがない。消えろ。
害虫は駆除して元通りのきれいな地球にお返しするのがわたしの役目だ。

296 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 08:13
>>277
大和撫子を野獣の巣に放り込んだらどうなる?
あっというまに食い尽くされ犯され尽くしボロボロになってしまう。
だから大和撫子には最強の騎士が必要。

297 :天之御名無主:03/10/13 08:39
んもう、全然成長してないんだから

298 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 09:10
お前らにマインドコントロールされることがお前らの言う成長ですか?
だったら「成長」しなくて一向に構わないです。w
それだけ穢れてないってことだからね。うん、よかった。
わたしの教師はただひとり、わたしの父だけです。
っていうか言葉は正しく使え。

299 :天之御名無主:03/10/13 09:28
↑コノヒト大丈夫?


300 :天之御名無主:03/10/13 09:54
最初の方はスレ的に比較的他人がレスしやすい書き込みしてたから
最近のは公開トリップの他人なのかなと思ってググッてみたけど・・・そうでもないみたい。

このスレで何をしたいんだろ。単純に考えて私物化してるとしか思えない。

301 :天之御名無主:03/10/13 10:25
>>286
565さん
「日本神話の中空構造」、すごくわかりやすかったです!
ありがとう。
「無為の存在」=「混沌」という風にも感じられました
「ゼロ」であると言うよりは「無限」であるような・・・
でもこれも人によって感じ方は違ってくるかもしれませんね
しかし、その均衡の美しさとは違って「日月神示」は雑多な印象を受けてしまいます。


>結構有名な神社でも手水を止めたままにして、ボウフラや虫の死骸がいっぱい浮いていたり…
あるある(^^;
あれって何故なんでしょう?水道代節約・・・?

>また彼自身、「自分はグノーシス派だ」とカミングアウト(笑)してたりします。

西洋神秘学研究家がユングの説を引き合いに出したがるのも分かるような・・・
ユングは「人間と象徴」しか読んだ事がありません
機会がありましたら是非自伝も読ませていただきます

ちょろっと話しがそれますが
なんか、海幸彦に同情(−−;

302 :天之御名無主:03/10/13 10:30
日月神示によく出てくる「イワト開き」は何を差しているのですか?
勝手な私的解釈だと「次の世(霊的に進化した世界)に通づる扉(イワト)を開け」です。
でも本当は他に意味があるんでしょうか?

303 :天之御名無主:03/10/13 10:35
>>288
565さん
横レス スマソ

イルカの肉・・・
すごいね・・・
我が家の愛犬の頭を撫でながら、犬肉を食す民族に思いを馳せる今日この頃・・・

スサノオってウシトラの神なのですか?(無知でごめん)
ということはスサノオ=金神ということ?

304 :七草みけ ◆michelB8jU :03/10/13 10:36
わたしの言葉は、本来の地球の清らかで純粋な霊たちへの
福音に満ちています。過去も最近もありません。一緒です。
それを受け付けないというなら、きっと寄生虫の側でしょう。

305 :haku:03/10/13 11:32
みけさん、少し休もう。 いつもおつかれさま。

306 :haku:03/10/13 11:34
みけさん、少し休もう。

いつもおつかれさま。

307 :haku:03/10/13 11:38
2重カキコごめん。
やっちゃった。w


308 :天之御名無主:03/10/13 12:13
神示って親とか年寄りの説教みたいな口調が親近感抱けて好き。
愛を感じるというか、放蕩ドラ息子になお教え諭す人情派刑事みたいな。


「白と黒とを交ぜ合せると灰色となる常識はもう役にたたんぞ。白黒交ぜると鉛となり鉄となり
銅となるぞ、更に銀となり黄金となるぞ、これがミロクの世のあり方ぞ、五と五では動きとれん。
そなたの足許に、来るべき世界は既に芽生へているでないか」星座之巻 第九帖

この喩えカッコいいなあ・・・

309 :ふじわらふひと:03/10/13 12:47
>>296
>だから大和撫子には最強の騎士が必要。
 最強の男を取り合うって、女性のある種の本能
 ではあることは認めるけど..
 本能は控え、自らを華と認められるように鍛えられているのが
 大和撫子ではないかと

 撫子=なでるようにしてかわいがる子。という意味だし。

310 :ふじわらふひと:03/10/13 12:51
>>303
 ウシトラの神
  ご主人様が 午前様でかえったら、家にかみさんが 箒もって待機

 ご主人様も恐れさす神..
  箒=法規/放棄/蜂起/宝器 ね..魔女の持ち物

311 :ふじわらふひと:03/10/13 12:53
>>304
>わたしの言葉は、本来の地球の清らかで純粋な霊たちへの
>福音に満ちています。過去も最近もありません。一緒です。
>それを受け付けないというなら、きっと寄生虫の側でしょう。

 おめでたい人だ..

312 :ふじわらふひと:03/10/13 12:59
>>302
>イワト開き
 日月神示が 存在していた時点で
 今回 いわゆる「いわと」<=言わないでおいたこと>が
 全開にされるかもよって警報 が でていたと解釈も
 できるわけで

 俺もびくびくして生きてきてたんだけど..ねぇ
 

313 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 15:16
>>290のみけさん
残念ながら自覚ないです・・・(;´Д`)。私があなたに向けて
言葉を発する事が「関わり」となり、不快な思いをされている、って事ですね。
「生理的に受け付けない」ってヤツかw。

…あなたが「ニセモノ」だなんて誰も言ってませんよ。
食い尽くされた部分を癒すことが出来るのもまたあなた自身であると私は思います。
大きなお世話かもしれませんが、ネットからしばらく離れてあなたの中の「宝物」と
しばらく二人っきり(?)で過ごされてみてはいかがでしょう。
その宝物は他の誰のものでもない、あなたのものなんですから。
ノーパンで夜道を歩くのは「犯してください」って言っているようなもんです。
…と、オヤジ発言スマソ。

314 :M・F・P:03/10/13 15:36
565さん、どうも

私が口を挟むことではないかもしれませんが、
あえて一言いわせてもらうと、自己責任ということです。

これから変化していく人は、もしかしたら狂うかもしれない。
可哀相かもしれないけど、その人に委ねられている。
狂うのか、それとも生き方を変えるのか、
ある日ひとりでそっと変わっていくわけです。
これは厳しいでしょうね。
でも、そういう時なのでしょう。
いまという時は。

315 :リリーナ姫:03/10/13 15:39
みけさん、565さんと何年前からお知り合いなんですか?

騎士というのは、私の中の守護天使ユパのことをいうのですか?
守護天使の彼は一体何を考えているのだろうとこの頃思ふ。

love 人でもいいのですが基本は自然に対してそして地球、宇宙を愛する
   まだ自然どまりの私です。

316 :M・F・P:03/10/13 15:51
>>282

>北海道がパワーみなぎれば北米もパワーみなぎる、と考えても良いのでしょうか?

そんな捉え方で良いと思います。

日本の地の勢いは2000年ごろから強まっています。
そして宇宙から日本の数ヶ所に降り来る波動も強まっている。

天の機、地の利が整っても人の和、
つまり肝心の日本人がしっかりしなければ、
立て替え立て直しも現実化しないでしょう。

317 :M・F・P:03/10/13 15:51
富士山からの龍脈は新宿の辺りを流れ、皇居に穴を結んでいます。
東京の原型は江戸ですが、徳川家康から厚い信頼をうけた天海和尚によって
風水の技法で環境整備されています。
天海和尚という後ろ楯があったからこそ、家康が天下を取り、
江戸幕府が250年間も存続したのでしょう。

江戸は言い換えると「穢土」となり、昔から穢れの溜まりやすい場所です。
人々のマイナスの想念や邪気が溜まると浄化作用が働き
大地震や火災、太平洋戦争の空襲により焼け野原にもなりました。
しかし復興もはやく経済的に発展できたのは、四神相応の地であり
風水的にも良好の場所だったからでしょう。

最初に新宿都庁をみたとき、その禍々しさに胸騒ぎがしたものです。
あれほどの建築物では、かなり深く基礎を打ち込んでいると思いますが、
風水師の間では当時「あの都庁舎が龍脈を断ち切ってしまった」
「断ち切らないまでも、あの重みで押さえ付けて塞いでしまっている」
等々といわれていました。
日本経済の現状は、みなさんご承知のとおりですが、
東証での株価暴落が1990年2月、バブル崩壊がはじまる。
新都都庁の工事がはじまったのは1988年の4月、1991年の3月に竣工した。
時期的には大体あってますね。

318 :リリーナ姫:03/10/13 15:58
3分違いか。シンクロですね。ご苦労様です。

何でも、まいた種は自分で刈り取る。
私はたくさん蒔いたのでしょう。
私は、決めたら変えない主義ですね・

愛とは愛さないこと。←これって、わかりにくいですね。
 

319 :M・F・P:03/10/13 16:01
ふひとさん

イシヤ 対 正神
というのもありますね。
ここらへんは語り難いかな。

>俺もびくびくして生きてきてたんだけど..ねぇ

「ひふみ神示」には
危機感を煽る文句がいっぱいです。

320 :M・F・P:03/10/13 16:03
リリーナ姫はクールすぎるぞ
そんなんじゃ男もできん

321 :M・F・P:03/10/13 16:07
>>284
太国玉さん、どうも

それが数霊なんですね。
K2(崑崙山)が、012になるということでしょうか?
012にはどんな意味があるのかな?

322 :リリーナ姫:03/10/13 16:09
そんなんじゃ男もできん

では、私の男にでもなりますか。
大変ですよ。いばらの道です。
クールに見えてあたたかいのが
タイプなんですが。

323 :リリーナ姫:03/10/13 16:18
これで逃げるなら、軽い10年
重みのある10年かわかるよ。
私は3ヶ月ですので、冷たく思われるのかもと知れないけれど
たくさん見られるから、いろいろな思いもあるし
あつあつはできません。恥ずかしいしね。
男のでき方でもおしえてくだされ。

324 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 16:28
>>301の天之御名無主さん
>「ゼロ」であると言うよりは「無限」であるような・・・
錬金術の秘儀の中にも「無→無限→無限光」ってのがあります。
タロットカードなんかでも、0の愚者と21の世界は同義だったりしますよね。
ちなみにユング自伝の付録にはユング自身の神話である「死者との七つの語らい」って
いうのが掲載されてまして、私の場合はそれのおかげでそのあたりを感覚的に
理解することが出来たように思います。って、宣伝のようでスマソ。

>なんか、海幸彦に同情(−−;
ちょっぴり可哀相ですが、「自己責任」ですなw。

325 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 16:35
>>303の天之御名無主さん
>我が家の愛犬の頭を撫でながら、犬肉を食す民族に思いを馳せる今日この頃・・
私にもその血が流れていますが…何か?笑
ちなみにわたしんちにもアフォ犬(ゴールデンレトリーバー)が一匹いますが、食べようとは思いませんw。
家畜、ペット…いずれの概念も人間の視点からの「傲慢」なのかもしれませんね。
最近私は犬の顔を見るたび「ありがとう」って言ってしまいます。

326 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/13 16:46
>スサノオってウシトラの神なのですか?(無知でごめん)
正直私もあまり詳しくないですが、王仁三郎関連でしばしば登場しますね。
大本教と直接関係ないと思っていた神社にはっきりそういう風に
書かれていた、というのが面白いとおもったのでw。

>>314のM・F・Pさん
了解です。…つう訳で今後この話題は「無し」の方向で
よろしくお願いします。私も大人気ないせいか、
どうしても売り言葉には買い言葉を返してしまいますので。
それに激しくスレ違いですしw

327 :天之御名無主:03/10/13 17:53
>>325
>私にもその血が流れていますが…何か?笑
いやいや、悪気はないのですよ
両親の離婚後父方の親族のことは何も知らずに過ごしてきたのですが
ここに来て「家系図」なるものを作ろうと父を訪ねましたら
私も12.5%はその血筋であることが分かったのですよ
最近は鏡でまじまじと自分の顔をみつめながら大陸に思いを馳せたりしているのです

>家畜、ペット…いずれの概念も人間の視点からの「傲慢」なのかもしれませんね。
捕鯨を野蛮だと声高に言う人たちもいますしね・・・(−−)

328 :M・F・P:03/10/13 18:51
リリーナ姫

>クールに見えてあたたかいのが
>タイプなんですが。

あーそんな感じ
逃げも隠れもしません
あなたがその気ならいいですよ。
でも、はげしく会話がかみ合わなそうだ。(笑)
それに、いばらの道というのも気になるぞ

>あつあつはできません。恥ずかしいしね。

かわいいとこあるね。それでいい。

>男のでき方でもおしえてくだされ。

そういうのは良く分からん。
みけさんかようこさん教えてあげてください

329 :M・F・P:03/10/13 19:01
>>326 565さん

スレ違いはいいんですが、私も関係無い風水のことばかり語ってるし。
専門分野なんでつい長くなってしまいました。

クジラの肉は食べたことありますが、イルカの肉はちょっとね・・・
あの可愛らしい目を思い出すと食す気にはなれないです。
「ありがとう」はいいですね。
子供のときに、愛情を込めて育てた鶏を
自ら絞めて食べるというのをやるといいかもしれませんね。学校とかで。
命の大切さがわかるでしょう。

330 :天之御名無主:03/10/13 19:11
このスレは565までいってないのに565というコテハンがいるのは何故?

331 :天之御名無主:03/10/13 19:12
>子供のときに、愛情を込めて育てた鶏を
>自ら絞めて食べるというのをやるといいかもしれませんね。学校とかで。
>命の大切さがわかるでしょう。

これ、最近どこかの学校でやってて問題になってたような。

332 :M・F・P:03/10/13 19:29
>>331
そうですか。
実際にやるというのはすごいですね。
頭の中で考えることはあると思うのですが、
PTAが反対でもしたんでしょうか。

「ひふみ神示」では、肉食はダメってことになってますが、
確かに身体に良くないことだらけです。
他の食物とくらべると、かなり重い波動をもっています。
中国医学では「邪気」といわれていて
様々な病気の原因にもなります。

333 :天之御名無主:03/10/13 19:34
>>330
565はゴルゴって読むんだよ

334 :天之御名無主:03/10/13 20:21
>>312
ふひとさん
>今回 いわゆる「いわと」<=言わないでおいたこと>が
全開にされるかもよって警報 が でていたと解釈も
できるわけで

言葉遊びみたいで面白いね
原文があれだもの
色々な読み方をしてみないとあかんのか・・・

なんか突然「バイブルコード」を思い出してしまった

335 :天之御名無主:03/10/13 20:25
>>316
M・F・Pさん
>日本の地の勢いは2000年ごろから強まっています。

なぜ2000年ころからなんですか?
勢いが出てくる事は事前にわかっていたことなんですか?

>そして宇宙から日本の数ヶ所に降り来る波動も強まっている。

どこら辺になのかな?
興味あります

ちなみにその波動とかはM・F・Pさんが感じるものなんですか?



336 :天之御名無主:03/10/13 20:29
>>317
M・F・Pさん

すごい・・・
確かに新都庁工事着工の時期とリンクしてますね・・・

全然板違いで申し訳ないのですが、
M・F・Pさん的には現在日本で一番パワーが集まっているのはどこだと
思われますか?

337 :天之御名無主:03/10/13 20:33
>>324
565さん
>錬金術の秘儀の中にも「無→無限→無限光」ってのがあります。

アイン アイン・ソフ アイン・ソフ・アウル  っすね
なるほど・・・

>「死者との七つの語らい」

いよいよ読んでみたくなりました


338 :天之御名無主:03/10/13 20:43
>>332
M・F・Pさん
>「ひふみ神示」では、肉食はダメってことになってますが、
確かに身体に良くないことだらけです。

一時アレルギー体質が改善されるという噂を信じて菜食を2年くらいしていた
ことがあるんですよ。
たしかに体調は良かったですね。特に朝の目覚めは最高でした。
今は仕事上の付き合いもあってなかなか難しいですが・・・・

> 他の食物とくらべると、かなり重い波動をもっています。
中国医学では「邪気」といわれていて
様々な病気の原因にもなります。

うううう
すごい興味あるけど、この板で盛りあがるのはまずいか・・・
最近は日本のものだけでなく、東洋全般にまで好奇心が広がっているんですよね
歴史をみると日本は中国や朝鮮からたくさんの影響を受けているでしょう?
白山信仰のヒメ神も朝鮮から渡ってきた、などというのを本で読みました

まあ、別板で会えることがありましたら
詳しくご教授願いたいものです

339 :天之御名無主:03/10/13 21:02
アイン・ソフは錬金術というよりはカバラだろ

340 :太国玉:03/10/13 21:12
黄風怪 KO−ふう解  ふう は ひいふうみい から2の意味
    KO一2 解 KO12解  3が無い 三蔵霊山へ
甲府迂回  富士の近く 富士(不二)対エベレスト



341 :天之御名無主:03/10/13 21:29
>>339
違うのか・・・そっか
無 無限 無限光って聞くと
ついそう反応してしまう
カバラのと錬金術のとではどう違うのだろか・・・?


342 :天之御名無主:03/10/13 21:39
全然違う
共通点もあることはあるけどネ

343 :太国玉:03/10/13 21:49
山形 月山
山形 放物線 (y=kx , k<0)  法仏仙

344 :太国玉:03/10/13 22:03
>>343  y =kx  右辺xは×2乗  訂正

345 :太国玉:03/10/13 22:06
直線 猪苦戦

346 :太国玉:03/10/13 22:12
悟浄 誤乗

347 : :03/10/13 22:19
<血液型O型のいかがわしい特徴> ( なんでも気を許していると調子に乗ってつけこんでくるぞ! )
■その道の達人をコケにして安心しようとする。多数派のときだけやたら強気。才能ある人間を歪んだ目でしか見れない。
■場所が変わると手のひらを返すように態度が豹変 ( あの連中の中じゃヘコヘコさせられてきたが、うちに来たら見ていろ! 礼儀を教えてやる。 )
■読みが浅い。粘着に睨まれる事を言っておいて関係ない人に振り向けバックレようとする姑息さ ( どうせ>>1さんはヒッキーでしょ? / 関西人だってジサクジエンしてるぜ )
■早とちりが多く、誤爆と気付いても釈明できない。イイ人を装って忘れる ( そういう土地柄だったのさ )  他人の勘違いは許せない。
■話題と関係ない個人攻撃で場の空気を険悪にする。なぜか次第に自分から耐え切れなくなりあきれて話題をコロコロ変える。
■いつの間に恩を貸してるように振舞うが、自分のためであると見抜かれる。恥ずかしさをごまかすために大袈裟にキレるが相手がキレると今度はビビる。
■顔が見えない相手と喋っているのに毒舌かつ強気。面と向かった相手には他人が言ったことに ( 俺が言ったんじゃないけど、Kさんがあなたをアホかとバカかと… ヒヒ) ネット弁慶。
■無理な人の真似をしケチをつけ、批判される所には現れない。観察される側になると極度に焦る( 直接対決が苦手。言い返されにくい状況を計算する )
■自分が企んでいるのに相手を悪人に仕立て上げて餌食にする。わざと攻撃を誘って自分の憎悪に酔いしれる。人の裏切りを許せないわりに自分の裏切りは覚えていない鈍感さ。
■世間に通用しないような事ばかりしつこく繰り返して自分に課した目標から逃げる。あげくのはてに相手にわからない方法でキレる。
■半端な人生経験で集団的にばかり相手を気にする ( 君のような人はウチでは… / ○さんによく似てるから駄目だろうね / 背が高い奴はどいつも… )


348 :太国玉:03/10/13 22:42
blood ブラッド 仏楽土
アルカード alucard 有る迦土

349 :太国玉:03/10/13 23:25
行者は悟空の三身を作るときに、泥三蔵に血を吹きつける。
火の迦具土神
火炎山 大聖芭蕉扇により、k2峰へすっ飛ばされる。

350 :天之御名無主:03/10/14 00:00
>七草みけさん
あなたの生年月日→1971年1月7日
宿曜占星術の結果は「参宿」でした。以下参照...
http://park.millto.net/~watatsumi/04.shinsuku.htm
せめて現実生活の方では狂わないよう気を付けてくださいね(爆)

351 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/14 02:08
>>327の天之御名無主さん
>いやいや、悪気はないのですよ
いえいえ、承知しております。こちらこそお気を遣わせてしまってゴメンナサイ。

>>338の天之御名無主さん
スサノオ=神農って説もありますよねw

>>329のM・F・Pさん
専門分野ですか…なるほど^^。

>子供のときに、愛情を込めて育てた鶏を
 自ら絞めて食べるというのをやるといいかもしれませんね。

子供の頃、親父が魚をさばいているのをマジマジと見ていて
「子供が見るもんじゃない」と怒られた事を思い出しました。
んで、私は逆にオトナになってから想像でもやってみるのがいいかも、と思ったりします。
自分という存在が周囲とどんなふうに関わって成り立っているかある程度
見識を持った上で、自分や家族の口に入るものにどれだけの重みがあるのか
再認識するという意味において、です。今はこの世界の誰かが手を下さなければ
それらは口に入らないっていう事実を忘れている方が大多数なんではないかと思われ。
…小学校の時に食べた「鯨肉のノルウェー風」、旨かったぁ。。。(歳バレw)

>>330-333の天之御名無主さん
別スレで使ってたのですが、番号の並びが気に入ったので使い続けているだけですw。

352 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/14 02:45
>>337,341の天之御名無主さん
>アイン アイン・ソフ アイン・ソフ・アウル  っすね
そう、私の言いたかったのはそれですw

>>339,341の天之御名無主さん
ソースがあいまいで申し訳ないです^^。
私の中で、深い部分では錬金術とカバラは同義である、という認識がありましたので。
ところで、カバラに関してお詳しいようですので、一つ質問させていただきたいと思います。
私自身「クリフォト」は<いわと=言わないでおいたこと>なんではないか、と思ってます。
上手く言葉に出来ませんが、想像するだけで現実化してしまうおそれがあるので
蓋をされていますが、その仕組みを真に理解し意識化しなければ水面下にはびこる
それらを消し去る=ムダなエネルギー循環を完全になくす事が出来ず、現在の世界は
その必要性に迫られているのでは…などと妄想しています。
もしよろしければご意見をお聞かせ願えませんでしょうか。よろしくお願いします。



353 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/14 02:47
<いわと=言わないでおいたこと>
…っと、ふじわらふひとさん、勝手に引用スマソ。

354 :天之御名無主:03/10/14 04:58
2ch宗教板からのコピペです。説得力があったので転載します。
霊界物語は大本本部のは改竄されていてダメだそうで、大本信徒連合会のが
良いそうです。

72 名前:宗教を考える名無しさん [2003/10/12(日) 22:27]
冷静に聞いて欲しいが、日月神示を音読されてる皆さんは、「目つきが
アブナイ」と言われた事がありませんか?
私はあります。正しい神、究極の宝典を音読する努力をしてると思っていた
だけに、数人から同様の事を言われたときはショックでした。
その後故・出口和明氏の講演中に、「質問!先生は日月神示のことをどう思われ
ますか?」と誰かが聞いたら、「そういった神典類のことを私達は大本裏霊団と
呼んでいます。これは福島久などと繋がる霊系で、はっきり申し上げると邪霊
集団です」と答えていました。

わたしは大変ショックを受けていたのですが、色々思い当たる節もあり、
思い切って二部も持っていたのに廃棄して、霊界物語と大本神諭の音読に
切り替えました。
すると先日私の目つきを非難した友人達が、「最近目つきが良くなったな、
穏やかになった」と共に喜んでくれました。いまでも物語と大本神諭の拝読は
続けています。私は元々の動機が「幸せになりたい」だったので、あの時
思い切って日月神示を捨ててよかったです。
後日調べたところによると、福島久や岡本天明、出口日出麿らは王仁三郎を
押し込める側[反・瑞霊]だったそうです。
以上は私が過去に実際に体験した話です。

355 :天之御名無主:03/10/14 09:29
>イワト

イワトについてこんなのを発見しました
「天の言答(一八十 = イワト)は開いてあるぞ。」カゼの巻 第九帖
イワト=天からの人間への答え、ともとれそうですね

356 :天之御名無主:03/10/14 09:35
>>351
565さん
>スサノオ=神農って説もありますよねw

神農・・・神農・・・(検索中)
中国の農業神=炎帝

へえ
面白い^^

大陸から農業を教わったことと関係していそうだね


357 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/14 11:22
>>356の天之御名無主さん
オオゲツヒメをスサノオがヌッコロス事で五穀が誕生しますよね。
食物の神であるオオゲツヒメは徳島の大地を神格化したものと言われてます。
私の憶測ですが、狩猟・採取の場である土地が大陸から渡ってきた農業土木によって
切り開かれていく様を表現しているのではないでしょうか。

358 :天之御名無主:03/10/14 18:48
>>354
和明氏や大本の信徒さんがそうした立場を主張するのは当然なのだと思います。天水氏も聖師からの密命だと言っている事ですしそうである以上大本人に事情が知らされているはずもない事ですので。美濃尾張の仕組みなのだろうと思います。

359 :天之御名無主:03/10/14 19:38
日月神示って宗教にはならなかったの?

360 :天之御名無主:03/10/14 20:51
>>359
私も知りたい
神示の中では「宗教化する必要なし」みたいなムードなだけに・・・
「ひかり教会」という神示研究会みたいなのはあったようだけど
それに宗教色があったのかは私には分からない

361 :天之御名無主:03/10/14 21:03
>>357
>私の憶測ですが、狩猟・採取の場である土地が大陸から渡ってきた農業土木によって
切り開かれていく様を表現しているのではないでしょうか。

大いにあり得ますよね・・・
古代人は素晴らしい能力者に対する畏怖の念から、その人物の中に神をみたのかも。
自然神に対する念とはまた違って。

今じゃ例えば「ギターの神様」とか口にしても
本当にその人物を神様とは思わんけどさ・・・


362 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/15 00:59
>>361の天之御名無主さん
畏怖の念だけではなく、様々な葛藤もあったのではないかと。
また、これも私の妄想?ですが、神話の中では集合意識や集合無意識
そのものが「神」として描写される場合もあるのではないでしょうか。

またその視点においてそれらは「自然神」と同列であり、言い換えれば
マクロに見ると人々の行動も「自然」の一部である、みたいな。


363 :天之御名無主:03/10/15 10:34
>>362
565さん
>神話の中では集合意識や集合無意識
そのものが「神」として描写される場合もあるのではないでしょうか。

確かに文化や風習、国や言葉も違うのに、似たような神々が生み出されることがありますからね。
冷静に神話を解剖してみれば、「神」はそのようにして出現したのかもしれない、と思えてきます。

>マクロに見ると人々の行動も「自然」の一部である、みたいな。

パラドックスですね

神話の神々(集合無意識)=自然神を崇めると言う人間の行動が
またその自然を形作っているという・・

タオイズムでは「人間の欲望の数だけ神が存在する」、というのを
本で読みかじったことがあります。

こうなってくるともう
「神の存在」が先か「人間の存在」が先かという無限ループに陥ってしまいそう(++)

まあ、理想は「神があって人が存在する」でしょうけれどね・・・

364 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/15 14:10
>>363の天之御名無主さん
まさに[卵が先か鶏が先か]ですね。(;´Д`)
無限ループを生み出しているのは、神と人との間の距離という[概念]だと私は思います。
それは[間=魔]であり、[恐怖]と同じように想像すればする程、力を奪われてしまう。

神=人(命)、命=神であり、物語ではなく実はいまここで燦然と生きている、
それを意識し体現する事が[神惟(かんながら)]であり、言挙げ
(カテゴライズし区別する→間を生み本質から離れる)せぬほうがよい、って事ではないでしょうか。

365 :M・F・P:03/10/15 17:51
>>335>>336

>なぜ2000年ころからなんですか?
>勢いが出てくる事は事前にわかっていたことなんですか?

予知、預言、神示といものが何故あるかということですが、
これは歴史というものをプログラムとして捉えているんです。
プログラムのなかで成就されることを、あらかじめ設定しておくわけです。
そして一つ一つ実現することによって歴史がつくられていく。
だからそのプログラムの中で生きているうちは、そのとおりになっていくんです。

陰謀説とかでてくるのも、これと関係があるでしょうね。
プログラムに反発しようとする動きがでてくる。
歴史とは偶然として開かれているんだ、自分たちの手で動かしていくものだと、
でも結局それも別のプログラムにとり込まれてしまうでしょうね。
プログラム対プログラムという図式になっていく。
これが、イシヤ 対 神ということだと思います。

>M・F・Pさん的には現在日本で一番パワーが集まっているのはどこだと
>思われますか?

他スレからのコピぺです。(手抜き)

伊勢神宮ですね、

太陽からの波動が強烈に降り注ぎ、
さらに光の柱が何本も天に向かって伸びています。
そのような地だからこそ大和武尊の叔母、倭姫がそこを選んだのか
そこに伊勢神宮があるから太陽からの波動が降り注ぐのか定かではありませんが、
太陽からの波動に関しては日本随一だと思います。

366 :天之御名無主:03/10/15 18:00
>>357 >>361
オオゲツヒメの話だけど、大野晋が「日本語の起源」でヤムイモ文化圏
(コメ以前の日本もそこに含まれるとしている)に共通のモチーフだと
書いてたように思う。
少女を殺し、そこから作物がうまれるという信仰があり、場所(日本じゃ
ないよ)によってはリアルで再現する風習があったとかいうエグい話も
載ってた。

かならずしも特定の事跡をたどってるわけでない可能性もあるね。


367 :M・F・P:03/10/15 18:06
>>338
アレルギー疾患ですか・・・。

まず先天的な要因があって、それに脾胃虚弱が加わると
アレルギーの症状がでてきます。
脾胃が弱いと体内にとり込んだ毒(化学物質、ハウスダスト、抗原など)を
体外に排出するのが困難になり、毒の行き場所がなくなり
結局湿疹として皮膚に出てきてしまうというわけです。
この場合の邪気は「湿熱」といって、身体が熱っぽくなります。
だから熱を持つアルコール類、糖分などは控えたほうが良いでしょう。

脾胃を陰陽五行におきかえると「土」なのですが、これは「中央」を意味します。
顔の中央は鼻ですが鼻炎など起こしやすいです。花粉症ですね。
腹の中央は臍ですがアレルギー疾患を持っている人は、臍部が硬いです。
この臍部が硬いのを緩めてあげると、アレルギー症状も緩和されます。
これに有効なのが、腹式呼吸や丹田呼吸法です。
すぐには良くなりませんが、続けることによって効果が現れてきますよ。

あと胃腸に負担をかけないように、よく噛んで食べるべきです。

「食べるには噛むことぞ。噛むとはかみざぞ。神に供えてから噛むのざぞ。
噛めば噛むほどかみとなるぞ。」

こういう神示は、ほのぼのした感じでいいですね。

368 :M・F・P:03/10/15 18:25
>>340
太国玉さん、ありがとう。
すごっくおもしろいです。なんとなく理解できました。
般若心経ということですね。(笑)

369 :M・F・P:03/10/15 18:27
>>351
ゴルゴさん

「鯨肉のノルウェー風」ってなんですか??(笑)
おじさまだったんですね。生意気いってすみません。

自分が何によって生かされているかということ、
これは自然環境を考えることにもつながりますね。

ところで565さんは、「ひふみ神示」のことをどう思ってますか?

370 :M・F・P:03/10/15 18:36
>>350
「狂う」といったのは、みけさんのことではありません。
可能性として誰にでも起こりうることです。

占ってみたら、「氏 宿」だった。
日干支と月干支の関係をみて占ってると思うんですが。
5割いけばいいほうですね。

371 :太国玉:03/10/15 23:53
>>284 王二三郎名も1を省略 ○二三郎 023から0123

372 :ふじわらふひと:03/10/16 00:04
ふと.. 23を抜くと 王朗 か..

http://sangoku-touitushi.com/chapter5story81.htm

373 :太国玉:03/10/16 00:32
景行天皇 第12代

374 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/16 04:55
>>354の天之御名無主さん
「臣民と申すものは馬鹿正直ざから、神示よめと申せば、神示ばかり読んだならよい様
に思うてゐるが、裏も表もあるのぞ。役員よく知らしてやれよ。」普字の巻 第十三帖

>>364の補足です。
「無限ループ」についての記述は>>363の天之御名無主さんにのみ宛てたものでは
ありません。もちろん私も含め、あちこちに潜んでいるものに対して、です。念のため。

>>366の天之御名無主さん
そうですね。神話や伝説の発信源は必ずしも史実ではないと私も思います。
やり方によっては何とでも解釈できるものですし。
ただ、そういった物語が共通のモチーフとして人の心の中にあり、事あるたびに
蘇るといった現象自体は「事実」であり、神話に思いを馳せ、関連付けるという
プロセスが私の中に起こったのもまた「事実」です。ので、得た「答え」は何を隠そう
「私自身のための答え」ですので、どうかお気になさらぬよう^^。


375 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/16 05:29
>>369⊂(´∀`⊂⌒`つゲトー!(笑)のM・F・Pさん
「おじさん言うな、お兄さんと呼べ!」とよく子供たちに嘆願してますが…何か?(笑)
…というビミョーなお年頃ですw。

>自分が何によって生かされているかということ、
  これは自然環境を考えることにもつながりますね。
そうですね。また自然環境を考える→自分自身を考える、にもつながると思います。

>ところで565さんは、「ひふみ神示」のことをどう思ってますか?
お恥ずかしながら、私は今まで「ひふみ神示」は記号や数字の羅列で、それを
訳したものが「日月神示」である、と思っていました。全くの逆ですね(;・∀・)
なので、>>2にリンクしていただいている「日月神示」しか読んでませんが、
内容についてはウンウンと頷いてしまう部分も多々あります。が
正直、私はこういった類のものを「鵜呑み」にする気は全くありません。
逆に疑いながらでも「今ある自分」と照らし合わせ、よくカミ砕かなければ
無意味なように思います。言い換えれば「カガミ」として読ませていただいてます。

「よくよく自分にサニワせよ」、これはその言葉が記されているひふみ神示自体も
例外であってはならない、と私は思います。
http://www.thn-it.com/kokoro/hon/hifumi.htm


376 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/16 05:42
>>370のM・F・Pさん
ちなみに私も占ってみたら「氏 宿」でしたw。
              ̄

377 :天之御名無主:03/10/16 08:33
>>364
565さん
なんか、364のレス。さらりと書いてあるけど、深くて、一晩考えてしまった・・・。
自分、神、ファンタジー、現実、幻、妄想、理論、宗教、日常生活、、、色々なアプローチにトライしたけどやっと入り口見つけた、みたいな・・・

「もう理解できた!」とは言わない。「入り口らしきものを見つけた」だけ
しかもその入り口の奥はパラドックス構造の迷宮だったりする(笑
「入り口」を見つけたようであり、「スタートラインに戻った」ような奇妙な感覚です。
うーむ。なんかデンパっぽい独り言スマソ

>神と人との間の距離という[概念]
遠くにあるように見えて実は「灯台下暗し」だったりして・・・

>、[恐怖]と同じように想像すればする程、力を奪われてしまう
暗闇の中に怪物を投射する子供のように、ですね。

>神=人(命)、命=神であり、物語ではなく実はいまここで燦然と生きている、
それを意識し体現する事が[神惟(かんながら)]であり、言挙げ
(カテゴライズし区別する→間を生み本質から離れる)せぬほうがよい、って事ではないでしょうか。

もうダメ・・・
私ゃこのフレーズにノックアウトされました。お主何者?!!(笑)
わかる、わかるよ!!でも、「言挙げ」せずにいられぬこの性格!!

565さん
ごめん。意味不明のレスで。
でも、これが私が一晩一生懸命考えて言いたくなったことです。アホでごめんよ〜。
正気戻すから、もうちょっと付き合ってくだされ。



378 :天之御名無主:03/10/16 08:40
>>375
565さん
横レス〜

>「おじさん言うな、お兄さんと呼べ!」とよく子供たちに嘆願してますが…何か?(笑)
…というビミョーなお年頃ですw。

あはは〜
実を明かせば、多分私はあなたと同年代。
「鯨の竜田揚げ」が懐かしい。しかし「ノルウェー風」とはハイカラなネーミングですな(笑
「オバサン・・・?いへいへ、お姉さんですよ。」と言いたくなる瀬戸際なお年頃(*`´*)

はっ
そろそろ仕事に戻らないと!!
>M・F・Pさん
レスありがとう!あとでお返事させていただきますね〜




379 :太国玉:03/10/16 09:41
出口
出入口  entrance エントランス 円と乱数 ○と乱数

380 :ふじわらふひと:03/10/16 12:26
>>379
 Good Job!

381 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/16 13:29
>>379の太国玉さん
(・∀・)イイネ!

>>377-378の天之御名無主さん(もしよろしければコテハンキボンヌw)
^ー^ニヤリッ!こちらこそ私のデムパな呟きにお答えを頂いてとても嬉しかったりします。
現在就業中につき(笑)、後ほどゆっくりとレスさせて頂きますね。

382 :377−378=ようこ:03/10/16 14:14
>>381
565さん
>(もしよろしければコテハンキボンヌw)

コテハンにしてて前に痛い目にあったからなあ・・・(^^;;
でも、過去の恥も成長の証、ということで
あえてオリジナルのハンドルに戻しますね

では、私も仕事に戻ります〜


383 :377−378=ようこ:03/10/16 17:19
>>365
M・F・Pさん
>プログラムのなかで成就されることを、あらかじめ設定しておくわけです。
M・F・Pさんはどんな方法でそのプラグラム(2000年ころ、などの)をお知りになったのでしょうか?
風水的な(風水無知なのであてずっぽう)解釈とかそういうものではないのですか?

>これが、イシヤ 対 神ということだと思います。
ごめんなさい。ちょっと「イシヤ」が分かりませんでした。検索かけてみたのだけれど、
いまいちピンとくるものがなくて・・・(イシヤ=フリーメーソンなんてのもあった・・・^^;)。
M・F・Pさん的にはどういったものとして捉えられていますか?



384 :ようこ:03/10/16 17:26
>>367-369
M・F・Pさん
>この場合の邪気は「湿熱」といって、身体が熱っぽくなります。
だから熱を持つアルコール類、糖分などは控えたほうが良いでしょう。

ガーン!
体質にピッタリ合ってる(==)
「超」がつくほどの下戸はそのせいなんですかね?甘いものもあまり好きではないし・・・。
とにかく口に入るものに対するアレルギーが一番ひどい。その中でも薬に対するアレルギーは最悪。
風邪薬で死にはぐったことが何度も・・・。恐ろしいです。
食べ物は良く噛んで食べるように心がけますね・・・。

>「鯨肉のノルウェー風」ってなんですか??(笑)
おじさまだったんですね。生意気いってすみません。

ジェネレーションギャップ?!!!
う、う、う、
「鯨肉」の味が懐かしい私もちょっとショック(笑


385 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/17 09:52
>>竜田揚げのようこさん(笑)、おはようございます。

>コテハンにしてて前に痛い目にあったからなあ・・・(^^;;
あいすいません^^;

>遠くにあるように見えて実は「灯台下暗し」だったりして・・・
>暗闇の中に怪物を投射する子供のように、ですね
いやぁ、お答えが私のツボにバンバンとヒットするので、
思わず読んでてニヤニヤしちゃいますw。

入口が見えた、という事は、あなたが今まで入り口に向かって
頑張って歩いていた、っていう証拠ですね^^。

…さて、この先何があるんでしょう。ワクワクしますねw。

>>太国玉さん
虚数=Imaginary = 意魔持成 …って、ダメ?(笑)



386 :ようこ:03/10/17 11:09
>>565さん

はい、おはようございます

>入口が見えた、という事は、あなたが今まで入り口に向かって
頑張って歩いていた、っていう証拠ですね^^。

ありがとう〜〜
しかしその道のリは平坦ではなく、「生傷」が絶えませんでしたが・・・(><)
性格が体育会系のせいか、気になるものはまずこの身で体験してみたくなってしまうのです
そのためにとんでもない「魔境(色んな意味で。精神状態とか・・・)」に陥ってみたりして。
でも、時には答えの切れ端を見つけることもあるので、無駄ではなかったと思いたいですね

>…さて、この先何があるんでしょう。ワクワクしますねw。

ちょっと怖い気もしますけど(^^;
何だか今、「親離れ」の心境です。
今まで私は「人間を遥かに超越した何か(神?)が答えの全てを握っている」と信じたがっていたもので。
これからは、自己責任、でいかなくちゃなりませんな。

さて、社会人ようこは国に税金を納めるために今日も働きまっせ〜


387 :天之御名無主:03/10/17 11:25
しかし異様にスレの伸びが速いですね
どこでこのスレを知ったんでしょ?

388 :M・F・P:03/10/17 18:55
>>375>>376 565さん

「ひふみ神示」へのスタンスは禿げ道。

>「よくよく自分にサニワせよ」

「自分の意識をよくよく観察せよ」と、かつて誰かに言われたような。
古来からのサニワの伝統は、いまはどうなんでしょうか?
最近の新興宗教などはいろいろ問題がありそうです。

自己サニワする理性がなければ、簡単に邪神、邪霊の餌食ですよ。

>ちなみに私も占ってみたら「氏 宿」でしたw。

おうッ!565さんとケコーンですか?(男同士だけど)
いっしょにヤクザ道をひた走りますかい(メ▼▼)人(▼▼メ)

389 :M・F・P:03/10/17 19:03
>>383>>384 ようこさん

>M・F・Pさんはどんな方法でそのプラグラム(2000年ころ、などの)をお知りになったのでしょうか?

これは教えていただいたり、自分で知ったりいろいろです。
歴史はプラグラムだ、という考え方をするようになったのは、
命理占術を学んだことによる影響だと思います。

たしか神示のなかにも2000年近くが云々というのがあったと思いますが
探してみたけど見つからなかった。ショボン

「イシヤ=フリーメーソン」でいいです。メーソン=石工職人=イシヤ。
その背後の悪神も意味しているようです。

>風邪薬で死にはぐったことが何度も・・・。恐ろしいです。

私が思ってたアレルギー性疾患とは、すこし違うかもしれません。
先天的なもの、DNAレヴェルの要因のほうが大きいと思います。
同じアレルギーでも症状は人それぞれです。
「邪」はその人の弱点にアタックします。

私には姉がいますが姉弟そろってアレルギー体質でして、
子供のころは酷かったですけど最近はだいぶ良くなりました。
これは、ある人から聞いた話ですが、
感受性の強い人は、人間にとって「悪いもの」がわかるため、
普通に食べてる「悪いもの」を、それは身体に良くないものですよと
人々に教える役割があるということです。
何が悪いものかわかると、何が良いものかもわかります。
これを聞いたとき、なるほどと思いました。

390 :M・F・P:03/10/17 19:14
入口=entrance=恍惚

恍惚に導かれ、その道を進めば
かつて扉の無かった場所に、扉が現れる。

             ジョセフ・キャンベル

391 :太国玉:03/10/17 19:27
皆々様,色々評価を頂き、わらわは深く感謝致しております。
>>388 波月洞 禿集う 怒らないでね。

392 :太国玉:03/10/17 19:43
>>385 good 未だ数霊に虚数が導入されたことは
       無いと考えていますので、今回の件
       画期的な事でありますわ。


393 :天之御名無主:03/10/17 20:06
最近みけさんのカキコがありませんが、どうしたのでしょう。
皆さんは気にはなりませんか? 頑固で意地っ張りだけどとても繊細な彼女のこと。
元気なカキコを待ってますよ!>みけさん

394 :太国玉:03/10/17 20:09
>371 >372 王二三郎  ○二三郎から二を抜くと
             ○三郎 和三郎    浅野和三郎

395 :天之御名無主:03/10/17 21:54







つまり、一+(足す)一二三(ひふみ)郎

396 :天之御名無主:03/10/17 21:54







つまり、一+(足す)一二三(ひふみ)郎

397 :天之御名無主:03/10/17 21:58
エントランス
円になってトランス
輪になって踊る神楽
インディアンのゴーストダンス

398 :天之御名無主:03/10/17 22:01
エントランス
円で恍惚
拝金

399 :haku:03/10/17 22:50
>393さん

そうですね。休んだ方がいいと思って書き込みしたのですが
少し気になりますね。でもみけさんのことだから大丈夫だと
思います。PCから離れているのかもしれませんね。

>みけさん

きっとみけさんは自分の使命を強く感じてるんだろうね。
それが強すぎて空回りしてるのかな。
でも大丈夫だよ。ガイアも一人で頑張り過ぎないでって
みけさんに言ってると思う。
それにみけさんの存在そのものが光への導きになるから。
身体も心も元気でいてください。無理しないでね。


400 :天之御名無主:03/10/17 23:23
みけさんの言葉を聞きたい。
いくら知識を集めても至らないので。
言葉の奥にある意味を感じとれるようになれば565さんのような
ことにはならないでしょうね。
残念です。
エゴを育てていることに気づいていますか?
みけさんはそのことを一生懸命に伝えていました。
これは「愛」ですよ。
あなたが欲しがっていた。本物の。

401 :M・F・P:03/10/18 03:00
みけさんは強い人だと思いますよ。
すこし甘えているなと思って
厳しいことを言ってしまいましたが。
ぼくは、みけさんのこと信じています。

この後の理想的な展開は
みけさんと565さんが和解することかな。
うーん、どうなんでしょうか。
お二方の意向は。

さあ、寝るか

402 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/18 03:47
…とりあえず釣られてみるw

>>400の天之御名無主さん
あなたはみけさんの言葉に何を「求めて」おられるのですか?
エゴが育って各々がテメェでケツを拭けるようになるならば、万々歳です。

私はみけさんに、今までたくさんのものを頂いてます。有り余るほどに。
それぐらいは自覚してます。あなたに改めて言われなくても、ね。

それに、一人籠って静かに考える時間も必要だとは思いませんか?

寄生虫には寄生虫なりの「うけひ」があります。
輪になって踊る神楽=ゴーストダンスで虐殺されても私は文句は言いません。

以下独り言
八戒を以て八正道を照らす
八叉の大蛇を屠りて八重垣をなす
8×8×8×8=4096
4+0+9+6=19=○ゝ


403 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/18 03:56
>>401のM・F・Pさん
おや、ニアミスですねw。
つう訳で、(メ▼▼)人(▼▼メ)のお返事はまた明日w

おやすみなさい♪

404 :ようこ:03/10/18 10:30
うーむ、話しが見えない(−−;
巻き込まれた人間としては色々言いたいこともあるけど、やめとこ。

さてさて
「日月神示」とくれば「自動書記」だね
自動書記が高次元の存在からのメッセージを受けとめたものだとする説もあるけど、
私的には「集合的無意識」との交信とする考えの方がしっくりくる。
出口なおも「筆先」とか言って自動書記を始めたのがスタート地点らしいね。

ウィジャ・ボードも自動書記の一種としてカテゴライズされているようだから、
懐かしの(?)コックリさんも同じ種類として考えられるか?

405 :ようこ:03/10/18 10:41
そうだ、最近はやっぱ日本神話ばかりを読み漁ってるんですけど
古代日本における関東以北の神話ってどうなってたのですか?
アラハバキ神ってのが土着神として信仰されていたのは分かっているのですが。
朝廷との絡みはどうなってたんでせうか?

406 :ようこ:03/10/18 10:55
>>389
M・F・Pさん
>「イシヤ=フリーメーソン」でいいです。メーソン=石工職人=イシヤ。
その背後の悪神も意味しているようです。

ええ?!
冗談かと思った(^^;
でも、そうなんだ?メーソンとその背後にある悪神とは?!!!
米国人の友人の中にもメンバーがいたりするけど・・・・うーむ

>感受性の強い人は、人間にとって「悪いもの」がわかるため、
普通に食べてる「悪いもの」を、それは身体に良くないものですよと

体を張った毒見役ですな
ちなみに、マ〇ンテンデュー飲むとボツボツできます(;;
何に反応してるんだーーー?!

407 :天之御名無主:03/10/18 13:07
みけは人の意見に耳を傾ける修練ができてから来ればいい。
それまでは来るには及ばず。

408 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/18 15:00
あーよく寝た!つう訳で亀レススマソ。
>>ようこさん
>でも、時には答えの切れ端を見つけることもあるので、無駄ではなかったと思いたいですね
すべての切れ端が繋がって、大きな一枚のタペストリーに…ワクワクw

>何だか今、「親離れ」の心境です。
「親離れ」して初めてわかる「親のありがたみ」なんてのもありますよね^ー^。

>これからは、自己責任、でいかなくちゃなりませんな。
「エゴ(自我)」=罪悪と私は考えていません。むしろ健全な自我は必要である、と私は思います。
すべて「大神」の顕れであるとするならば、無駄なものは何一つない…ですが、
結果的に「無駄」を選択できるぐらい、私たちには自由が与えられていると思います。
同じ力で「虹」を描くことも出来れば「地獄」で苦しむことも出来る…みたいな。
だからこそ、「自己」や「世界」としっかりと繋がった事を知った上で、「自我」を磨いてピカピカ
光らせ、自分の道を自分で照らすことが遠いようで近い道のりなんではないかと。

そして、進めば進むほど「自分ひとりで出来ること」なんて無い、ってのが見えてきて、
いろんなところでいろんな関わりが自分を助けてくれていたんだなあ、と気づいたときには
ホントにありがたくて目がウルウルしたりしますw。

>自動書記が高次元の存在からのメッセージを受けとめたものだとする説もあるけど、
 私的には「集合的無意識」との交信とする考えの方がしっくりくる。
小・中学生の時、友達とよくやりましたよ、コックリさん(キューピッドさん)・・・(;´Д`) 。
その時に書かれた文章があるんですが、今読んでもかなりコアだったりしますw
つう訳で「集合的無意識」との交信説に一票(笑)。

>マ〇ンテンデュー
…あかん、それも歳バレだってw

409 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/18 15:17
>>M・F・Pさん
>古来からのサニワの伝統は、いまはどうなんでしょうか?
私も専門的な事はよくはわかりませんが、私自身の話をさせていただくと、
比較的最近に別スレで自分が自分の審神(さにわ)である事の重要性を
お話してくれた方がおられまして、そのときは「ふーん」って感じだったのですが
なぜか心のどこかにずっと引っかかってました。んで、このスレをROMっている
うちにだんだんそれがクリアになってきた、っていう次第です。

>いっしょにヤクザ道をひた走りますかい(メ▼▼)人(▼▼メ)
「893」+αで 「894」と行きたいですなw

>>太国玉さん
レスありがとうございます^^。
禿集う=神のケ(食事)が無い?代わりに裸踊りをば…w


410 :天之御名無主:03/10/18 21:51
>>405
蝦夷などのまつろわぬ民は、土蜘蛛だの何だのといわれて征伐されていたはずです。
故に神話については朝廷との絡みは、おそらくないものと思われます。
征夷大将軍など、元々東北地方を征伐する役職もありますし、日本神話は征服者の神話なので…。

411 :ようこ:03/10/18 22:39
>>565さん
どもども。やはり週末はいいですな。寝坊が出来る!

>すべての切れ端が繋がって、大きな一枚のタペストリーに…ワクワクw
しかも継ぎ方を間違えると、全くの別物が仕上がってしまうというスリリングなパズル(^^;

>結果的に「無駄」を選択できるぐらい、私たちには自由が与えられていると思います。
生きるためには無駄を選択している余裕のない生物ばかりですからね。この地球は・・・。
なんかそう考えると、「日本人」とかにこだわる以前に、「人間」であるってことに視点が移る。

>自分の道を自分で照らすことが遠いようで近い道のりなんではないかと。
それが「灯台下暗し」ってやつでんな(^ー^)

>そして、進めば進むほど「自分ひとりで出来ること」なんて無い、ってのが見えてきて、
いろんなところでいろんな関わりが自分を助けてくれていたんだなあ、と気づいたときには
ホントにありがたくて目がウルウルしたりしますw。

アンタ、ほんと良いこと言うねぇ(;;
「この世界、この宇宙の全てが自分と密接に関わっている。一人じゃない。そのことに気付いた時、孤独を感じることが全くなくなった」
と、一人暮しの友達が言ってたことを思い出すよ。

>その時に書かれた文章があるんですが、今読んでもかなりコアだったりしますw
・・・って、とっておくってのもスゴイな。内容が気になるぞ。

>…あかん、それも歳バレだってw
ぎゃふん!!墓穴掘った?

412 :ようこ:03/10/18 22:48
>>410の天之御名無主さん

レスありがとう!蝦夷ですか。学生の頃歴史でならった記憶が蘇ってきました。

>故に神話については朝廷との絡みは、おそらくないものと思われます
なるほど・・・。では、独自の神話なぞは残っていたりするのでしょうか?

アラハバキ神について調べていたら、土着の神ではなく仏典のアーラヴァカヤクシャ大将
と同じだという説を発見しました。ひふみ神示とはずれてきちゃうけど、朝廷の
コントロール下になかった土地の神々にも興味がわいてきますね。
東北=日高見国 という独立国家であったとか・・・

>日本神話は征服者の神話なので…。
しょうがないことですよね・・・(^^;
歴史は勝利者の側から語られることになってますもんね

413 :ふじわらふひと:03/10/19 00:30
>>日本神話は征服者の神話
 これしゃべっていたやつ、全員責任取らされそうだよ..
 前から思ってたんだけど..

414 :ふじわらふひと:03/10/19 00:34
 今の時代は、お金という妄想に入れあげることで、
 人を殺すという方向に物事がいかないようにしてきてるんだよね
 日本の言葉の性質上、軍隊があると、玉砕が止められないんだよ。
 で、米国にお願いして、今の状態にしてもらっていると
 考えられるわけで..
 戦前の死の赤から、戦後は数字の赤に変わったわけだな..
 つまり、全部お金という妄想(ブラックホール系)の中に
 力を逃がしてるわけで..
 あとは、国の赤をやたら増やしたがる方、一人一人に
 事情を伺うだけだから..
 
 

415 :ふじわらふひと:03/10/19 00:41
 神話が何故あるのかについての最終問題の決着は
 日月神示の核心に関係がある。

 あまり、今まで勝手に吹聴していた説を考えなしに
 しゃべってばかりいるのはいかがなものか..

>朝廷の
>コントロール下になかった土地の神々
 それを本当に奉じているなら、古事記が「勝利者の側の神話」とは
 とてもでないが..いえないはずだ。

416 :天之御名無主:03/10/19 00:51
>>412
>東北=日高見国
四方の国中と大倭日高見国を安国と定め奉りてと祝詞にありますが、
なぜか殆どの本で日高見国は無視されてるんですよね。
>独自の神話
東北の方にも、偽書とされている東日流三郡誌という歴史書があるようなので、
そのあたりに出てないならばもう残っていないのではないかな。

>>413
東北の神話は偽書といわれるものしかないって話だけど?
蝦夷やアイヌの神話は日本神話に入ってないけど日本でしょ?
じゃあ、征服者(大和朝廷)がアイヌや蝦夷、土蜘蛛の神話を奪い、
あるいは一族を滅ぼして日本神話を残したんじゃないの。

417 :リリーナ姫:03/10/19 12:21
みけさん何かあったのでしょうか。一寸先は闇。ではなく、水晶の世界にいるのだろう。
565さんは裸好きですね。そして踊る。ショーですな。


418 :ようこ:03/10/19 12:42
>>415
ふひとさん

こんにちは
> あまり、今まで勝手に吹聴していた説を考えなしに
しゃべってばかりいるのはいかがなものか..

この辺はどうかお手柔らかに(^^;
日本神話は勉強し始めたばかりなもので・・・。骨組みを知るためにもまずは歴史から、と
考えております。しかし色々な角度からお話しが聞けるのはありがたいことですので、
ふひとさんの持っているお考えなども、是非お聞かせ頂きたいです。

歴史的にはまだ古代あたりを調べさ迷う私。
ちなみに、ようやくふひとさんのハンドルと同性同名の方が登場してきたあたりです。
1944年の「ひふみ神示」に行きつくまではまだ時間がかかりそう・・・。

419 :ようこ:03/10/19 12:47
>>416の天之御名無主 さん

>東日流三郡誌という歴史書
なるほど・・・。情報ありがとうございます。その辺から糸口探ってみますね。
ところで東日流の読み方は「つがる」ですか?
なんか、つがる民族が朝廷と対立していた、という話しをどこかで聞きかじったもので。
つがる=津軽=現在の青森・・・??

420 :ふじわらふひと:03/10/19 13:34
>>418
>ふひとさんの持っているお考えなども、是非お聞かせ頂きたいです。
 日月神示は最近まで贋物説がでていたわけで..
 贋物!といわれてきていたにはそれなりのわけがある。
 私は、日月神示贋物説には頑なに贖(あがな)う..
 知っていたのに言わなかったとあとで糾弾されないためである。
 自己防衛だ

421 :ふじわらふひと:03/10/19 13:37
 と、きつ目に心構えを説明したうえで

 私の知る所を書きたいと思います。
 420 は 初心 に対する アドバイスだと御理解
 いただければ幸いです。

422 :とてた ◆0Ot7ihccMU :03/10/19 22:26
>>419
「東日流三郡誌(つがるそとさんぐんし)」は20世紀に書かれた偽書ですよ。
ネタとしては面白いですけどね。

冥王星の記述とか、世界旅行とか…。

423 :天之御名無主:03/10/20 13:14
先日400で書き込んだ者です。
565さんにご不快な思いをさせてしまいましたことを謝らせてください。自分でもなぜあんなことを書いたのか今はよくわからないのです。信じてもらえないかと思いますが・・。

424 :太国玉:03/10/20 13:23
みんな仲良く。青森津軽から大釈迦へ 釈迦堂山 日光と月光 釈迦の光

425 :太国玉:03/10/20 14:05
冥府 四百 四百津国(ヨモツクニ) 黄泉国? 月読命とは別?
      古事記数霊解序説 岡本天明 お読ミ願いませ。
怨恨? 幽霊と数霊    月光仮面 第四部 幽霊党の逆襲!

426 :ようこ:03/10/20 16:19
>>420-421
ふひとさん
> 日月神示は最近まで贋物説がでていたわけで..
ああ、そうだったんですか
知らなかった。その贋物説、どういったものなんでしょうか?
天明の創作、ということ?それとも、天明のオリジナルとは違ったものが流れてるってこと?

>と、きつ目に心構えを説明したうえで
私の知る所を書きたいと思います。

了解〜。
楽しみですね!

427 :ようこ:03/10/20 16:22
>>422
とてたさん

初めまして。レスありがとうございます。

>20世紀に書かれた偽書ですよ。
ああ、そんなに新しいものなんですか?今古い歴史から掘っていってるので、
詳しく手をつけるのは後になってしまいそう・・・。

>冥王星の記述とか、世界旅行とか…。
ううう、めちゃくちゃ面白そうではないですか(笑

428 :M・F・P:03/10/20 17:54
大和撫子を体現した、一人の女性を紹介します。
その人の名前は、クーデンホーフ・ミツコ。日本名は、青山みつ。

彼女の息子であるクーデンホーフ・カレルギーは、
EEC(ヨーロッパ経済連合)の基礎理念を作りました。
母親の青山みつは日頃から、
「人と人は、仲良くしなければいけません。
和こそがもっとも大切なものなのです。」
と、自分の子供たちに言い聞かせていたといいます。
青山みつの和の精神は息子に受け継がれ
ヨーロッパの国々に融合と調和をもたらしました。

クーデンホーフ光子 黒い瞳の伯爵夫人
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pen/9385/mituko.htm

429 :太国玉:03/10/20 18:00
good good! 例 須佐之男命、青山を枯山になしき云々 古事記

430 :太国玉:03/10/20 18:03
日本は大和 皆と仲良く!


431 :太国玉:03/10/20 18:48
>>409 お食事? シャハラザード  ドーザラハヤシ 銅皿は椰子
    ウズメ、踊り? 動座裸囃子   
    銅カップのブルーマウンテン(青山)コーヒー? 銅皿は恵嗜

432 :ふじわらふひと:03/10/20 22:08
>>青山を枯山になしき云々
 泣くとねぇ..木が古くなるのよ

433 :ふじわらふひと:03/10/20 22:16
以下風流です
 スサノオを間違いなくとらえるには

 泣去れのイエスの研究..
 中ない=泣かない!(俺は強い子だもん!)
 ってのはおさえといて

 歴史的に泣くは プロテスタントの人を判断する
 ポイントだったんだけど

 なかぬなら 殺してしまえ
 なかぬなら 泣かせて見せよう
 なかぬなら 泣くまでまとう

 の どれが あなたのこのみですか?という所ではないか

434 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/21 10:04
おはようございます♪

>>ようこさん
>しかも継ぎ方を間違えると、全くの別物が仕上がってしまうというスリリングなパズル(^^;
パズルのピースは無くなったりしません。おいてある場所を忘れたりはしますが(笑)。
なので、ばらして組みなおしても大丈夫と思われ。あなたにしか出来ない組み合わせもあるかもよ!
んで、完成したなら、それは誰が見ても美しかったりして…^ー^。

>生きるためには無駄を選択している余裕のない生物ばかりですからね。この地球は・・・。
 なんかそう考えると、「日本人」とかにこだわる以前に、「人間」であるってことに視点が移る。
全くもって同感です。

>「この世界、この宇宙の全てが自分と密接に関わっている。一人じゃない。
 そのことに気付いた時、孤独を感じることが全くなくなった」
(・∀・)イイネ!!

>・・・って、とっておくってのもスゴイな。内容が気になるぞ。
一緒にやってたヤシが超マメなので、実はHPにうpしてたりw。
興味がおありなら「間違い探し」してみて下さい。内容には一切責任を持てませんのでw。
http://www.aion.cc/anthoropos/index.htm

>>ふじわらふひとさん、横レススマソ。
> 今の時代は、お金という妄想に入れあげることで、
  人を殺すという方向に物事がいかないようにしてきてるんだよね
納得。では、もし仕組みが変わるとするならば、ふひとさんご自身は
どんな仕組みを望まれていますか?


435 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/21 10:07
>>リリーナ姫、まいどです^^
>565さんは裸好きですね。そして踊る。ショーですな。
飲むと脱ぐクセがありますが…何か?(爆
ホントは踊りは得意じゃないんだけどね。でも厚化粧のマスゲームはキモイしツマラナイので…
裸踊りの師匠、早く帰って来ないかな…w。

>>423の天之御名無主さん
いえいえ、全く気にしてませんので。それよかツッコミありがとう、って感じでw
ですので、お気になさらないで下さいな^^。

>>M・F・Pさん
いつの時代にも見事な方はおられますね…大和撫子とは「心意気」ですなw。

>>太国玉さん
スルメのように噛めば噛むほど味が出る書き込みホントにありがとうございます^ー^。
思わずニヤニヤしてしまうw。「古事記数霊解序説」、是非読んでみたいと思います。
…全く関係ないですが、椰子の木の下でフラダンスを見ながらハヤシライスを食べる
自分を想像して少し幸せな気分になりましたw。
>日本は大和 皆と仲良く!
禿同でつ(´Д`;)

>>ふじわらふひとさん
>泣去れのイエスの研究..
それってやっぱり八坂=弥栄=八幡=YHVHと関係アリ、ですか?
「なかぬなら、代わりに泣こう」なんてのは無し?^ー^

なかぬとて 心に響く カナリアの おとづれわたる 秋の月かな …オソマツ。


436 :サドカイ派:03/10/21 13:39

鳴かぬなら 野に解き放て されば鳴く

437 :ふじわらふひと:03/10/21 14:28
>>434
>もし仕組みが変わる
>どんな仕組みを望まれていますか?
 戦争が全て模擬戦オンリーになる。
 模擬戦なら、かなり自由が効くしね..

>それってやっぱり八坂=弥栄=八幡=YHVHと関係アリ、ですか?
 さぁ、詳しいことは俺も知らないんだけどね..
 パズル解きの訓練だろうね..そういうのは
(イギリスで言う所のクロスワードと同系)

 で、イラクに新しいリーダーの人が..か..
 どう この状況を打開していくか、私は興味津々。
(全世界 津々浦々の 現在進行形のイベントにしか興味がないらしい)

438 :ふじわらふひと:03/10/21 14:41
余談:
 もぎ について
 逆茂木<さかもぎ>(鹿砦)は アンチ騎兵のセオリーです。

なお
 裳着(もぎ) は 女子の成人の儀式ね(12〜14)
 垂れ髪>結い髪

聖書の原点
 女性が 善悪の知恵の木から りんごを もぎ ..それを食べたため..
 「おいしいわぁ..これ..」
 そこから男の苦悩は始まったわけで..今に至る..

439 :天之御名無主:03/10/21 21:39
>>436
良い。小さきものへの慈しみの心が感じられる。

440 :ふじわらふひと:03/10/21 23:56
>>439
 第一直感
 436 の真意は 島流し? かと思ったんだが..
 あとは 勘当で、家から強制的に出すかな..

 まぁ、勘当も子のためではあろうが..

441 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/22 01:32
>>436の天之御名無主さん
>鳴かぬなら 野に解き放て されば鳴く

小学校の歴史の授業の時、先生が似たような事を言ってたのを思い出します。
解き放つべき鳥は、籠の持ち主の心の中にも等しく住まうのかも…などと言ってみるw

>>ふじわらふひとさん
レスありがとうございます。
>戦争が全て模擬戦オンリーになる。
なるほど。「模擬」であきたらなくなるヤシが増えないことを祈ります。
ちなみに「少女から大人へ」は大歓迎w。
「りんご」を「うんこ」にして土に還すまで、男の苦悩は終わらないような気が…(笑)


442 :ふじわらふひと:03/10/22 02:08
>>441
>なるほど。「模擬」であきたらなくなるヤシが増えないことを祈ります。
 心配無用..あきたらないやつは、さらし者だし..

>「りんご」を「うんこ」にして土に還すまで、男の苦悩は終わらないような気が…(笑)

 りんごかわいいや..
 私は りんごに、こどものほっぺというイメージを感じます。
 ほっぺが落ちる=おいしい>林檎が落ちる=おいしい..

http://www.packet.ne.jp/fruit/syurui/rinngo/2.html
>ギリシャ時代には接ぎ木
 接木は 日月でも触れられている表現です。
 人生においてこれが何に当たるのかは、
 人それぞれ考えが変わりそうですが..

>りんごは信州や東北地方などの比較的冷涼な地域に適していることが分かり
 つまり、林檎って 冷涼な地域が適している作物ですよね..

 米は南方の作物で、北上に苦労しましたが、今では名産地は雪国が有名..
 それにひきかえ林檎は南方では高度の高い所限定の作物だったという感じでしょうか?

 で、うんこといえば、ミミズですね、いい土作りにかかせません。

443 :サドカイ派:03/10/22 12:04
シオン議定書を紐解くまでもなく、
自由と平等は並存できないのでしょうね。
観念的には並存可能な様に思いがちですが、実際のところ
自由競争の下にあっては、富の平等など夢のまた夢。
自由・平等・博愛をトリニティーであるかのように標榜し
私たちを導こうと考える人たちに、その真意は何かと
伺ってみたい今日この頃。

444 :サドカイ派:03/10/22 13:24
縁起の良くないレス番ですが、仏教徒ならぬこの身、
積極的に踏ませて頂きます。連続カキコご容赦。

人間の欲望は無限。これは避けられない事なのですね。
欲望が無限であるからこそ、人は満ち足りることを知らない。
足りることを知らないからこそ、たとえ一時の満足感を味わったとしても
いずれは飽きを覚えてしまう。

限界効用逓減の法則とは、人のこの本質を端的に現した真理であるかと。
経済学にこの様な法則が存在するということ、それは
経済学とは究極的には人の性向を見極めるためにあるという事でしょうか。

神の教えの秘事を解するのは、純粋なる理性のみによっては不可能である、
と「純粋理性批判」にはありますが、これを真とするのなら、
経済学のアプローチは無謀なものとも解せられますが。

445 :天之御名無主:03/10/22 14:24
>>443-444
シオン議定書みたいな偽書をもちだしてきたり、限界効用逓減の法則や
純粋理性批判を曲解してみせたりする真意をまずは問いたい。


446 :天之御名無主:03/10/22 16:15
鳴かぬなら うたって聞かそう 子守唄

447 :M・F・P:03/10/22 16:25
>>409 565さん

インターネットのいいところは、普段の生活の中では出会えないような人と
交流できて、そこから自分に無いものを得られるというところだと思います。
得た情報から、自分を良い方向へ変化させていくことができるかもしれません。
2チャンネルは玉石混交ですけど、珠玉ともいえる人と出会えることもあるので
まあ、ここはおもしろい場所ですよ。

894は、薬死じゃないですよね。(笑)
(−人−)オ〜ン コロコロ のほうでしたら私の仕事ですな。
でも他に本当の仕事があるらしいのですが、教えてくれないんです。
「天に口無し。万象を以ってその意と為す。」
なんだろなー。

448 :M・F・P:03/10/22 16:36
>>411 ようこさん

>「日本人」とかにこだわる以前に、「人間」であるってことに視点が移る。

「人間」の歴史を再確認することによって、
その本性がどんなものだったのか、ということを知る。
そして初めて「日本人」とは何か、ということを考えられるようになる。

「日の本(ひのもと)の人」

心理学者ユングが、プエブロインディアンに会いに行ったとき
そのインディアンたちの顔が、西洋人たちよりも良い顔をしているといっています。
何故かというと、彼らは太陽に祈りを捧げるのですが、
自分たちが太陽に祈ることによって、太陽は天空を運行していけるのだと信じている。
祈りをやめると、太陽は落ちてしまうわけです。
この世界を生かしているのは、自分たちだということを知っているのですから
彼らの顔が輝くのは当たり前なのです。

449 :ようこ:03/10/22 16:48
565さん

>興味がおありなら「間違い探し」してみて下さい。内容には一切責任を持てませんのでw。

確かに「コア」だねっ!!
これ全部コックリさんからの「事情聴取」?
ものすごい労力だったでしょう?(スタンダードな「10円玉動け」方式なら・・・)
斜め読みしかしてないけど、ちょびっと「法の書」思いだしちった

450 :M・F・P:03/10/22 17:11
あっ!ようこさんだ
仕事は終わったんですか?おつかれです

最近リアルの生活で3人のようこさんと出会いました。
しかも何と!3人とも同姓同名なのです!!
ちょっとビックリしました。

話しは変わりますが、これはみなさん知っているかもしれません
現在の天皇家に嫁いだ二人の女性の名前がアナグラムになっています。

おわだまさこ
かわしまきこ

このお二方の名前を一つ飛ばしで交互に読んでみてください。
「天に口無し。万象を以ってその意と為す。」ですな。

451 :ようこ:03/10/22 17:14
>>448 M・F・Pさん

うんうん
まず根っこのところを見て、そしてどんな花が咲くのかを見る
って感じかな?

>この世界を生かしているのは、自分たちだということを知っているのですから
彼らの顔が輝くのは当たり前なのです。

なるほど・・・
ちょっと憧れますね、そういう生き方も。
一時仕事に忙殺されて太陽の動きなぞ全く無視した暮らしをしてたことがあるんですよ。
やっぱり、というか当然というか、体調崩しましたもんね。

文明人の理想の生き方ってどんな?と思うことがある
たしか神示(どこだったか忘れたけど)に「バスでも電車でも使え」ってな下りがあったと思うんだけど。
私はこれを「文明を逆行させる必要なし」と理解したのね。(まあ、今となってはこの神示を盲信するつもり
はないわけだけど)一時前は文明=環境汚染の悪魔=文明逆行すべし みたいな妄想があった。でも、文明を
発達させてきたことに意味がなかったとは思えないし・・・。うーん。わからん(笑

って、答えが出たわけではないので、思いきり独り言スマソ
ヒトゲノム計画に大きなロマンを感じる今日この頃 

452 :ようこ:03/10/22 17:18
M・F・Pさん

ふわわ
ライブでこんにちは!
私はこれからちと落ちますが、いつも中身の濃い〜お話しありがとう(^^)
楽しく読ませて頂いています

なんとまあ、「ようこトリオ」に出くわしたとか?
それはスゴイ偶然(?)

では、またお会いしましょう〜〜

453 :M・F・P:03/10/22 17:31
またお会いしましょう〜〜

なんだか最近、女性化しているようです。

なにがって?えーと ぼくのことなんですが・・・
よく女のコみたいっていわれます。
でもある人からは、子供のようだといわれ
またある人からは、老人のようだといわれ
いったい何者なんだ?と思う秋空の下で・・・

では、また。

454 :ふじわらふひと:03/10/22 18:58
>>450
>おわだまさこ
>かわしまきこ
 パズルがどうかした?

455 :天之御名無主:03/10/22 19:33
っていうか、そういうのはアナグラムとはいわんわけだが。

456 :とてた ◆0Ot7ihccMU :03/10/22 21:18
>>427
実際、「古史古伝」とされるモノはほとんど「偽書」ですから。
ついでに言うと「原書」は高値ですし。

解説本を読んでしまえば済みますよ。

457 :439:03/10/22 22:00
>>440ふじわらふひと殿
野生のままに自由でありたい。
いや、元々自由であったからこそ人に諂わない。
不如帰の胸中がそうであったとしても不思議は無いと思いました。
僕には、その想いを汲む感性が無いとあれは詠めないと感じられました。
まぁ、人それぞれ、感じ、受け取るものが異なりますよね。面白いね!

458 :M・F・P:03/10/23 00:22
>>429 太国玉さん

「名は体を表す」とはよくいいますね。
ここでは「神話」とは何なのかということもあります。

私は言霊とは「神話生成力」であると理解していますが、
これについては、太国玉さんのご教授を願いたいところです。

で、須佐之男命とは何なのかということですが、
天地火水(カミ)のバランサーの役割だと思っています。

459 :M・F・P:03/10/23 00:33
>>438 ふひとさん

>女性が 善悪の知恵の木から りんごを もぎ ..それを食べたため..
>「おいしいわぁ..これ..」
>そこから男の苦悩は始まったわけで..今に至る..

これは一種のノイズというかバグみたいなものでしょうか。
神がプログラムを終えて最後に作った、ランダム回路の遊びのようなもの。
制御可能な範囲内での実験で、その被験者がアダムとイブ。
アダムとイブは「試される者」ということです。
これは調和という女性原理のなかに現れた、男性原理という苦悩である
ということではないかと思いました。

ちょっと意味不明かもしれません。すみません。

>接木は 日月でも触れられている表現です。
>人生においてこれが何に当たるのかは、
>人それぞれ考えが変わりそうですが..

中国命理学のなかにも「接木」という言葉があります。
これは人生において、陰陽五行の天地の気が変わる節目のことを意味します。

460 :M・F・P:03/10/23 00:54
>>443>>444 サドカイ派 さん

>富の平等など夢のまた夢。
>人間の欲望は無限。

難しいことはよく分かりませんが、いまの経済システムは
人間の欲望をいかに引き出し流動させるかというところにあるようです。
夢を見させておいて、また別の夢へと導いていく。
いつになったら目を覚ますのかといいたいです。
でもある人たちは、その夢の中で楽しく生きていたりもするわけでして
真意を伺ってみたいですね。(笑)

461 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/23 01:19
こんばんは |Д`)・・♪

>>ふじわらふひとさん
>心配無用..あきたらないやつは、さらし者だし..
ほほう、その「仕組み」興味ありますw。

りんごを食べる( ゚Д゚)ウマー↓
一部は「食べた人」になる=食べた人の一部がりんごになる↓
一部は「うんこ」になる=食べた人の一部もうんこになる↓
おなかの調子が悪ければ、うんこの中にりんごの種が!(+д+)マズー

…「噛めば噛むほどカミになる」とはよく言ったもんです。
とある人が現在の文明社会を「大飯喰らいの大糞ひり」とか言ってました。
いいうんこを出すようよくよく噛めば、いい土作り(=cultivate>culture) に
なるんだろうなぁ、と妄想…お食事中の方ホンマスンマソン・・・(;´Д`)



462 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/23 01:20
>>M・F・Pさん
>2チャンネルは玉石混交ですけど、珠玉ともいえる人と出会えることもあるので
 まあ、ここはおもしろい場所ですよ。
そうですよね。ただ間口が広い分、気をつけねばいけない部分も多々あるとは
思いますが…それでも私に関わって下さる方々に「感謝」です ^ー^。

>894は、薬死じゃないですよね。(笑)
薬死!?…ダメ!ゼッタイ!!(笑)
(−人−)オ〜ン コロコロ=牛頭天王だし、願わくばそちらの方向でw
というか、てっきりリアルでそちら関係のお仕事をなさっているのかと思ってました^^。

>「天に口無し。万象を以ってその意と為す。」
「万象」がはっきり見えないのがイライラしたりしますよね。
「万障」なんじゃないか、ってふてくされてみたり…(って、全部自分の事なんだけどねw)
目も耳も心もしっかり開いて小さな不如帰の声を逃したくないものですw。

>「日の本(ひのもと)の人」
それが「役割」なのかも…とか言ってみる(ボソ



463 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/23 01:21
>>ようこさん
>確かに「コア」だねっ!!
怪文書(笑)に目を通していただきありがとうございます^^。
ちなみに「10円玉動け」方式です。厳密に言えば500円玉でしたがw。
ファミレスの店員に白い目で見られた日々を思い出します。(;´Д`)
「法の書」…をご存知の、おぬしもなかなか「コア」ですよw。

…おっ?あっちのほうでなにやらブリブリっとイイうんこの出る音が…
私も爪と髪を切って自分のオロチを退治せねば…(独り言スマソ。笑)
つうわけで、しばらくの間ROMに戻らせて頂きますね。
では連続投稿スマソ&Thank you!! << ALL



464 :天之御名無主:03/10/23 04:36
>>456
ただ偽書としているものの中にも本当に偽書とするだけの
理由が微妙なものもありますよね。
古代文字に50音を当てはめたりして特定の文字を除外したりして
こう書いてあるから偽書だとかね。

古事記や日本書紀も何度も改竄されてるという話もあるし
まあ面白いなら真贋なんてどっちでもいいんじゃないですかね。

465 :天之御名無主:03/10/23 09:25
>>464
そういう態度は学問系板ではつつしむべきだな。
まあこのスレ自体オカ板がふさわしいような代物なので、
このスレにはあってるのかもしれんがね。

466 :サドカイ派:03/10/23 14:37
>>445さん
>シオン議定書みたいな偽書をもちだしてきたり、限界効用逓減の法則や
>純粋理性批判を曲解してみせたりする真意をまずは問いたい。

私は議定書を紐解くまでもなく、と言いました。
そのような偽書に踊らされるまでもなく、ということです。
限界効用逓減の法則及び純粋理性批判については、先述の通りです。
どこが曲解であるのか判断に苦しみます。
レスする前にどういうものかお調べになればよろしいのに。

「私は律法を破るために来たのではない。成就するために来たのだ。」
私の尊敬する先達の言葉です。かくありたいと願う我が身、以後よしなに。

467 :天之御名無主:03/10/23 14:51
かなり苦しい言い訳だな。

468 :サドカイ派:03/10/23 15:10
限界効用逓減の法則
http://www7.plala.or.jp/machikun/katakoii2.htm
純粋理性批判
http://www.geocities.jp/hgonzaemon/pure-critique-introduction.html

これが最後のチャンスです。スレが荒れるのは本意ではないとだけ言っておきます。


469 :サドカイ派:03/10/23 15:45
>>460M・F・Pさん
>いまの経済システムは
>人間の欲望をいかに引き出し流動させるかというところにあるようです。

近経でいう「供給が需要を喚起する」ですね。
消費者のニーズに合わせて・・・などという需要先導型の企業は淘汰され
今までにない画期的な商品ができました、という供給主導型が勝ち組となるのですね。

>夢を見させておいて、また別の夢へと導いていく。
>いつになったら目を覚ますのかといいたいです。

至言ですね。夢から醒めた時、そこには何が残っているのでしょう。
人に夢の世界を与え続ける経済というものが、
現実世界で幅を利かしているという神秘。

470 :ふじわらふひと:03/10/23 16:23
>469
>>夢を見させておいて、また別の夢へと導いていく。
>>いつになったら目を覚ますのかといいたいです。

 次世代のための配慮しないで 自分の都合のみ、わがままのみ
 でやってるから、自然と負け組になってしまうのですよ。

 叩かれていた所は、叩かれないようにがんばって次世代に生
 かすけど..叩いていたやつは..その根拠が古びて..生きた化石
 になるわけで..


471 :M・F・P:03/10/23 17:31
>>454 ふひとさん
クロスワードの文字が、うまく当てはまると楽しいものですよ。

>>455
アナグラムとは置き換えるという意味ではなかったか?
では、アナグラムの変種ということで。

現在では天皇は、国民の象徴とされていますが、
正しくは、神への日本を代表する「祭祀長」という立場が
妥当ではないかと思います。

>>317では、富士山から皇居への龍気が断絶された話しを
書き込みましたが、天皇の存在は国運に大きく作用するようです。
皇后、内閣総理大臣の運勢がそれを補佐する形で
日本国運が決定するのではないかと思っています。

472 :M・F・P:03/10/23 17:35
565さん

ついにオロチとの最終決戦に行かれるのですね。
御武運を祈る!

男の苦悩はいつ無くなるのか・・・

473 :M・F・P:03/10/23 17:38
           
           ( ゜Д゜) 立派な ウンコ でたよー!
           /,   つ
          (_(_, )
            しし'
          _人
       ノ⌒ 丿
    _/   ::(
   /     :::::::\
   (     :::::::;;;;;;;)
   \_―― ̄ ̄::::::::::\
   ノ ̄     ::::::::::::::::::::::)
  (     ::::::::::::::;;;;;;;;;;;;ノ
 / ̄――――― ̄ ̄::::::::\
(        :::::::::::::::::::::::::::::::::)
 \__::::::::::::::::::;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ノ

474 :M・F・P:03/10/23 17:50
>>469 サドカイ派さん

>夢から醒めた時、そこには何が残っているのでしょう。

夢から覚めたら、また別の夢だったというオチです。(笑)
何が残るのでしょう?
先のことは深く考えなくていいと思いますよ。
今を精一杯生きる、そういう単純なことが大切かなと思う。

>現実世界で幅を利かしているという神秘。

その崩壊も近いかもしれませんね。
現在、あちこちで企業が倒産していますが、
これも日本が良くなっていくための浄化作用かもしれません。

「世界のいよいよのメグリ(悪因縁)出てくるのはこれからであるぞ。」

475 :M・F・P:03/10/23 17:55
>>470 ふひとさん

>叩いていたやつは..その根拠が古びて..生きた化石 になるわけで..

目覚し時計は鳴りっぱなしです。
箒を持った母親がやってきて、布団をはがし
ペシペシ箒で叩きます。
早く起きなさい!
遅刻しますよ!

魔女の箒といわれてた物は、ダツラ系の植物のことらしいです。

476 :445:03/10/23 18:10
ちなみに445≠467

>>466
紐解くまでもなく、についてはまあそういうことにしておこう。
日本語の運用としては変だと思うけどね。

限界効用とは「(各個人における)消費一単位の増加に対する(その個人の)効用
の増加分」であり、限界効用の逓減とは「(各個人における)限界効用は(その
個人の)総消費量の減少関数となる」ことをいう。欲望が無限だの、一時の
満足感だのという議論ではない。

これは「法則」とよんではいるものの、実際には観察から得られた、経済理論
構築上のひとつの仮定にすぎない。真理だとも言っていないことは、逓減則が
成立しない場合の考察も多く行われていることからわかる。つまり、逓減則は
経済学が見極めようとしている対象ではもともとないし、カントのいう純粋理
性の対象でもない。アプリオリに正しいと言える思考方法(判断)の確立を追求
した「純粋理性批判」は、現実社会の観察と説明をめざす経済学のアプローチ
に対して何も語らない。

>>468
ひとつめのリンクについていえば、そのページの説明はしょっぱなから限界効
用と限界生産性とを混同している。投下労働量は関係ない。また後半について
は、あくまで個人の効用の構造を述べた逓減則を、社会全般の話に無邪気に適
用してしまっており、法則の極端な拡大解釈でしかない。
もうちょっとましな文献を読んだほうがいい。

ふたつめについては特に変なことを書いているとはおもわない。むしろ、そち
らこそよく読んだらどうだと言いたいところ。

477 :天之御名無主:03/10/23 18:35
http://www.angel.ne.jp/~miche/
↑みけさん、もうここに来ないってさ〜

478 :455:03/10/23 18:39
ちなみに455=445

>>471
アナグラムは一つの文の中で文字順序の変更で別の文が得られること。
文字の置換によって得られるものではない。
変種でもないとおもうけど、それは追求してもしかたないか。

祭祀長云々に関してもノーコメントとしておこう。


479 :M・F・P:03/10/23 18:56
>>478 455さん はじめまして。

まあ、そういう細かいことはどうでもいいんだよ。
それよりも、「祭祀長」についてコメントしてもらいたいです。

480 :455:03/10/23 19:14
>>479
コメントもなにも、現代日本において天皇がそのような機能を
果たしている事実はない、としか言えんのでね。
歴史上をみても、そういう位置づけをされた時代は稀だし。

日本国運や龍脈どうこうにいたってはある種の信仰告白でしかなく、
議論の意味はないと思うし。
オカ板や宗教板ならともかく、この板でやる話じゃないな。


481 :M・F・P:03/10/23 20:51
>>480 455さん

この宇宙は常に変化していくものなので、
私の情報が古くなってしっまたのかと思いました。
でも違ったようです。

人それぞれ、いろんな考えがあっていいと思いますよ。

482 :M・F・P:03/10/23 21:07
未来への実践(1) パーマカルチャー

パーマカルチャーとは70年代にビル・モリソンによって体系化された
実践的な環境デザインのことです。

「生態系の多様性と永続性、そして自然回復力を備えた
人間の手による意識的なデザイン、あるいは農業による
生態系の維持。」

自然に逆らうのではなく、自然と共に働くこと。
自然に還ろうというのではなく、自然のシステムを利用して
全ての働きが進化、発展していくようにデザインする。
今の文明を全て否定するのではなく、自然の仕組みを取り入れながら
なおかつ積極的に人間の知恵を取り入れていく。

日本でもすでに始まっています。

パーマカルチャー・センター・ジャパン
http://www.pccj.net/
パーマカルチャーというライフスタイル
http://homepage.mac.com/walkinbeauty/WB/Life-is-art/Permaculture/permaculture.html

オーストラリア南東部の町 クリスタル・ウォーターズ
http://homepage3.nifty.com/vital/PC.htm
http://www.hrnet.co.jp/html/society/art_blank_a01.html
http://www.symlab.sys.i.kyoto-u.ac.jp/activities/CW/CW.html

483 :M・F・P:03/10/23 21:24
未来への実践(2) 地域通貨システム

現在の一般的な貨幣を使わずに、サービスや物を
交換することのできるシステムのことです。
地域の能力や資源を有効活用するために、地域内のみで
通用する通貨を設定し、物やサービスを購入するしくみです。

このしくみを最初に考えたのは、カナダのスコットランド人マイケル・リントン。
彼はこれを local employment trading system 
地域の職業をトレードするシステムと名づけました。

これもまた、日本で始まっています。

地域通貨フォーラム
http://www.ccforum.jp/
地域通貨って何?
http://www3.plala.or.jp/mig/whats-jp.html
ふれあい・支え合いのきっかけづくり 地域通貨
http://www.sawayakazaidan.or.jp/chiikitsuka/ 

484 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/10/23 23:36
>>472-473のM・F・Pさん
いいウンコだw

ありがとう♪

485 :ようこ:03/10/24 09:24
おお!盛りあがってるね(^^)

M・F・Pさん
>なんだか最近、女性化しているようです。
「オヤジくさい女」より良いぞ!今は乙女系の男性が人気だったりするしさ
でも、老人っぽい・・・・。それは問題かも・・・・。

>おわだまさこ
>かわしまきこ
は、単純に面白かった。ほ、ホントだ〜〜〜(◎□◎;;;って感じに。

天皇か〜。日本神話、とくれば天皇は外せないよね。と、いうわけで。今読んでます。
天皇関係の本も(笑)天皇家と日本神話の繋がりにはコーディネーター役としての
藤原不等人さんがかかせませんな>ふひとさん(^^)
「天皇の役割」となると、私は意見を出せるほど知識がないので保留しますが、
この天皇制がこれだけ長く続いてきた、ということには素直に関心させられてます。

>今の文明を全て否定するのではなく、自然の仕組みを取り入れながら
なおかつ積極的に人間の知恵を取り入れていく。
イイネ!
ブックマークにURL登録だ!

486 :ようこ:03/10/24 09:38
>>456 とてたさん
>解説本を読んでしまえば済みますよ。
ありがとう〜。そうしてみます。しかし・・・最近読みたい本が大量にあって・・
「速読法」マスターしたいな、なんて真剣に思ったりして。

>>463 565さん
>「法の書」…をご存知の、おぬしもなかなか「コア」ですよw。
フフフ・・・
しかし、それにしてもまあ、ファミレスでコックリさん・・・。
健全なのか、不健全なのか。

>>464
>古事記や日本書紀も何度も改竄されてるという話もあるし、まあ面白いなら真贋なんてどっちでもいいんじゃないですかね。
「どうして改竄されたのか?」という方面からのアプローチもなかなかエキサイティングですよ〜

>サドカイ派さん
経済のことは門外漢なので分かりませんが、お札を握り締めて
「この紙がないとチョコレートが買えないのか・・・」とシミジミ思ったりはしております(^^;


487 :天之御名無主:03/10/24 22:08
日月神示を最初に解読したのは矢野シンだというところから、
だいたいの想像はつくわな。

488 :天之御名無主:03/10/24 22:51
天皇の位置付けは難しい。現在の皇室は日本本来のモノではないらしいのだが、ではどこかから真の皇統が出てくる、治めるような事が果たしてありえるのかどうか。

489 :天之御名無主:03/10/24 22:59
日本本来の、っていう概念自体が既にill defined


490 :天之御名無主:03/10/24 22:59
>>487
辻天水の問題がある。またシンは久の神業否定にまわってもいる。そして美濃尾張の仕組みと言う言葉。

491 :M・F・P:03/10/25 01:04
現代人は太陽に祈りを捧げません。
なぜなら、祈らなくても太陽が動くことを知っているからです。
知ることは、すごく大事なことですが、
外的な現象がどんな仕組みで動いているかということと、
自分がなぜ生まれたのか、どう生きていけばいいのかを
知るのは違うことなんですね。

天皇制については賛否両論ですが、
こういう場では語り難い問題でもあります。
現在の天皇のことは、いまの日本の状況をみれば
どんなものかわかるでしょう。
その役目と比較してみてください。

政治の世界でも悪あがきしている人がいます。
時代は変わろうとしているのに、往生際が悪いです。
何を必死になって守ろうとしているのでしょうか。
これもまた自己責任ということで。

出口王仁三郎氏は、『シオンの議定書』を読んでいます。
彼はそこに何を見出したのか、おおよそ想像できますね。
本当の作者は誰だったのか・・・。

寒くなってきました。
みなさん風邪ひかないよう気をつけてくだされ。

492 :リリーナ姫:03/10/25 10:31
大吹雪です。再会の時会計聞くからしっかりね。

493 :太国玉:03/10/25 22:41
>>435 565様 ハヤシライスはわらわ気付きませんでした。
         今後ともよしなに!
>>458  M・F・P様 神話生成力  達観に感じますわ。この語からして、
           閣下はかなり言霊に関して研究されていません?

494 :ふじわらふひと:03/10/26 01:25
>>487,490
 その言葉だけで、あなた方がいかに悪人だったかが
 完璧に ばれてますよ。
 背負う必要のない 責任を押し付けられますから御注意を..


495 :490 :03/10/26 17:56
はて、自分は日月を正統なモノと考えて発言したつもりだが…
何か危険な事を言ってしまってるんだろうか?

496 :M・F・P:03/10/27 15:22
>>485 ようこさん

>この天皇制がこれだけ長く続いてきた、ということには素直に関心させられてます。

全ての光の色を統合すると白色光となりますが、
白色光の輝きは、日本神界の色でもあります。

天皇の字を分解しますと、「一大白王」となります。
大いなる純白なる心の持ち主であり、唯一の王という意味です。
世の中と人類のために平和と幸福を純粋に願い、
その徳により世界を治めるのが天皇なのです。
正史にはありませんが、遥か太古の世界は
日本の天皇が治めていたのですよ。

これもまた偽書のレッテルを貼られていますが、
『竹内文書』という古文書があります。
このなかに真の歴史を知るヒントが隠されています。

竹内文書とは
http://oak.zero.ad.jp/padoma/main/kodaisi/takeuchi/monjofl.htm

497 :M・F・P:03/10/27 15:27
>>492 リリーナ姫

去るものは追わず、来るものは拒まず
姫それは・・・(汗

>>493 太国玉さん

達観も研究もしてません!(笑)
逆に 太国玉さんにいろいろ聞きたいくらいです。

498 :天之御名無主:03/10/27 16:51
>>496
レッテルもなにも、まんま偽書だってば。

499 :天之御名無主:03/10/27 21:16
竹内文献の成立に関しては確かに偽書って事にはなる。問題はどこから情報を集めたかだろうな。

500 :太国玉:03/10/27 21:49
10数年前だったか、茨城あたりにある皇祖皇大神宮を参拝した思い出
が頭をよぎる。あの頃竹内文献を入手し、読んで見た。
事実の部分もあるのでは?ある程度参考になりましょう。

501 :太国玉:03/10/27 21:53
10数年前だったか、茨城あたりにある皇祖皇大神宮を参拝した思い出
が頭をよぎる。あの頃竹内文献を入手し、読んで見た。
事実の部分もあるのでは?ある程度参考になりましょう。

502 :太国玉:03/10/27 21:55
重複 失礼致しました。 お許しください。

503 :天之御名無主:03/10/28 12:11
んー、ごくごく一般論としてはそうかもしらんが。
竹内文書だの東日流外三郡誌だのの類になると、
事実に対応する部分を判定するだけで大変(ほとんどでたらめ)
なしろものだし。

書いてある内容の真偽を問うというよりは、どうしてこんな
代物がでっちあげられたかの歴史的民族的背景を問うほうが
みのりがあるかと。

504 :天之御名無主:03/10/28 18:06
>>503
その先は古史古伝スレでやったほうがいいかもな。
このスレの連中の考え方は一種独特なものがあるみたいだし。
っていうか、板ちがいじゃないのかこのスレ。


505 :M・F・P:03/10/28 19:14
古史を知るには『記紀』だけでは足りないということ。
あと、事実は事実としか言いようがないのでね。
それにここでの情報は、カテゴライズされるものではない
そこが独特と感じられるのかもしれない。
『ひふみ神示』それ自体がそういうものですね。

さて、この板に沿うように
すこし方向性を変えたほうがいいかもしれない。

506 :ようこ:03/10/28 20:37
こんばんは〜
おお、盛りあがってる
私は理屈屋なところがあるんで、歴史的背景を調べたり、ってのも割りと好きなのですが
普段は接点のない人達の意見が聞けるのがネット(とくに2ちゃん)の醍醐味だったりするので
最低限のネチケットを守りつつ、色々な方の意見を聞いてみたいな〜
と思っております
ここにきて、全然知らなかった古文書のことやら神道のことやら、いっぱい教わりました


>M・F・Pさん
漢字を分解するとは面白い。色々なアプローチの仕方がありますよね。
竹内文書、ちょろっと目を通しました。これからじっくり読んでみます。ありがとう。

>さて、この板に沿うように
すこし方向性を変えたほうがいいかもしれない。

賛成〜〜。せっかくの板だもんね。
先日立ち読みした本の中に岡本天明の写真が載ってました
「古神道の本」・・・買おうかな?

507 :M・F・P:03/10/29 23:54
ようこさん

『竹内文書』は想像力豊か過ぎるので、
それこそすべて鵜呑みにしないでください。(笑)
古史古文の特徴は、記紀では語られない神々、神武天皇以前の皇統
などが記されていることですが、
記紀では改変されたこれらのことを知っておかないと
『ひふみ神示』は理解できないと思います。

神示によると、一厘の仕組みが行なわれ、ミロクの世がやってくると
一人の王が現れ世界を治めるといっています。

「世界丸めて一つの国にするぞと申してあるが、国はそれぞれの色の違う
臣民によりて一つ一つの国作らすぞ。その心々よりて、それぞれの教え作らすのぞ。
古きものまかりて、また新しくなるのぞ。その心々の国と申すは、心々の国であるぞ、
一つの王で治めるのざぞ。天津日嗣の御子様が世界中照らすのぞ。」

>「古神道の本」・・・買おうかな?

これ赤い本ですよね。
じつはぼく先日買いました。(笑)
いま読んでいますが、よくまとめてあると思いますよ。
写真いっぱいあるのがいいです。

508 :ふじわらふひと:03/10/30 01:26
>記紀では改変されたこれらのことを知っておかないと
 しっていても理解できないに1票

509 :ふじわらふひと:03/10/30 01:29
 一応、各自の理解がさらにどんどん分散されて
 しまう感じなんだよね..この本..

 「私の理解はこうだ..」「いや、俺の理解はこうだ」
 各自によっての温度差が凄い感じがするわけで..

510 :M・F・P:03/10/31 14:33
未来への実践(3) 富士山が変われば、日本も変わる。

東海地方に住んでいるので、富士山を見る機会は多いのですが、
その秀麗な姿にいつも見惚れてしまいます。
冬の晴れた日などは、ほんとうに美しいです。
もし大噴火などすると、大変なことになりますが、
それによって、美しい形が変わってしまうと非常に残念です。

現在、アルピニストの野口健さんが中心になって
ゴミで汚れた富士山を再生させようと
清掃登山、自然保護活動を行なっています。

「富士山は日本人の環境への意識の縮図。
富士山が変われば日本が変わる。世界に誇れる富士山をつくろう。
真に世界に誇れる日本一の山となった際には、
他の山々がそれに倣う(ミナナロー)ことも意図しています。」

野口健 公式ウェブサイト
http://www.noguchi-ken.net/index.html

511 :リリーナ姫:03/11/02 14:51
登山は修学旅行でしたとき、嫌な登山をしました。
自分のペースで登ると楽しいけど。
皇太子さまには博覧会で偶然みかけたけど
なんであんなに警備がすごいのだろう。
人が多いとストレスたまらないのかな。

512 :ようこ:03/11/05 19:50
M・F・Pさん
>これ赤い本ですよね。

そうそう、それ!
写真が多いとイメージつかみやすいよね〜
うーん、やっぱり買おうかな・・・?

ひふみ神示からスタートしてあちこちに手を出しているうちに
最近は興味の分野(東洋系ね)が拡大っ
今、道教系に走ってます
この板に相応しいネタが更新されてません(^^;ごめんね

リリーナ姫さん
>人が多いとストレスたまらないのかな。

ほんとだね。まるで動物園のパンダ状態だもんね。
でも、生まれたときからああいう環境だから、我々よりは免疫あるのかも

513 :太国玉:03/11/13 21:46
伊勢の国五十鈴川は大神秘なり。後世鶴は千年亀は万年の長き間に智者賢者現われ、
この神秘を解説すべしとの大啓示なり。神前に懸かる鈴を振れば音を生ず、鈴に似
たる佛者の木魚を叩けば黙々として語らざるも音を発す。
 五十音言霊は神さんの作られたるものなり。 −−−−−−−読み人知らず

514 :天之御名無主:03/11/13 23:38
ゆんゆんゆん

515 :天之御名無主:03/11/15 17:42

わたしの使命は人類の最高の自覚の瞬間を用意することだ。
「なぜ」「なんのために」という問いを、
初めて全体として発する大いなる正午を準備することだ。

                              ニーチェ

516 :天之御名無主:03/11/15 17:44

目を覚ませ、もう真昼だ。

          ランボー

517 :校長が強盗:03/11/15 18:01
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


518 :天之御名無主:03/11/15 21:04
空白とは九八九であるぞ、
八と九、九と八の境をひらくことが岩戸を開くことぢや、
空白とは最も根本を為す最も力あることであるぞ。(扶桑の巻 第四帖)

519 :天之御名無主:03/11/15 21:18
与えなさい。そうすれば、あなたがたも与えられる。( 新約聖書「ルカ6-38」)

求めなさい。そうすれば、与えられるであろう。
捜しなさい。そうすれば、見つけられるであろう。
たたきなさい。そうすれば、開かれるであろう。( 新約聖書「マタイ7-7」)

他人を幸福にするのは、香水をふりかけるようなものだ。
ふりかけるときに、自分にも数滴はかかる 。( ユダヤ格言集より )

与へることは頂くことと知らしてあろうが、
与へさせて頂く感謝の心がなくてはならん。( 日月神示 「五葉の巻」第五帖 )

どんなものでも、喜んでむかへると
よろこびとなる結構な仕組、よく会得せよ。( 日月神示「扶桑の 巻」第十帖 )

神は朗らかな者を祝福し給う。( ユダヤ格言集より )

楽観は、自分だけなく、他人も明るくする。( ユダヤ格言集より ) 

520 :天之御名無主:03/11/16 14:51
Wake up!
You can't remember where it was.
Has this dream stopped?

Jim Morrison

521 :天之御名無主:03/11/16 19:31
うぉー!おふで先だー!

五六◎三六九九五四三一二〇四二七四五六七〇七八六



522 :天之御名無主:03/11/18 09:14
ひふみを読むと仏教に対する「憎しみ」みたいなものが感じられ、
むしろキリスト教(ユダヤ教も含むかな?)に対する親近感があるんじゃないか
と思いまふ。
日本の仏教は実は景教の影響があり、持ち込んだのは秦氏あたりの影響で
雅楽なんて中央アジアそのものをルーツとし、とある華僑が日本を評して
アラブが入っていると...
嗚呼ああぁああぁああーわからん。

523 :天之御名無主:03/11/18 10:50
>>522
空海が開いた寺院の近くには必ずと言っていい程
神道の聖地(もしくは忌むべきところ)があったりするよね。

それらを隠すような何らかの意図があったような…

524 :天之御名無主:03/11/18 12:30
ここ電波スレですか?

525 :気付き@幸せ掴む:03/11/18 18:56
犯罪やテロ活動、戦争などが世界中で蔓延る不良星の地球(煉獄)を、真の平和による安心、
幸福、繁栄にまで至るには人類の邪悪な心から愛念へ意識改革を行わないと無理だろう。
故谷口雅春氏によると、戦争原因の根本は小さな個人の闘争精神からすでに起こり、その闘争精神
である悪想念の波が集まって集団的な闘争精神波の大きな渦巻きを作り、その闘争精神である邪悪
な想念波の強烈な波動渦巻きに感応した某国の権力者が、実力をもって闘争を始めるそうだ。
それは地球と人類が未だ発達の段階であり未熟な状態に相当して、類は友を呼ぶ法則から、
邪悪な思想の想念波動に支配されたこともあり、進化が遅れているからなのです。
人々の想念波動を光明化して優良星の波動にまで高めないと闘争精神を抑制する事は出来ない。
2004年からはテロにより米国を始め同盟国や賛同各国への報復反撃で、世界の
主要都市は順次に局地(限定)的には核戦争の勃発もあり得ると予感している。
この件に関する出典の説明があるHP↓に注目。参考にしよう。危機が近し心して暮らそう。
ttp://www.d7.dion.ne.jp/~tohmatsu/

526 :天之御名無主:03/11/19 12:14
不安を煽って信仰にすがらせようとする意図には到底賛意できない。

527 :天之御名無主:03/11/19 12:45
>>523
お前は神仏習合知らないのか?
習合思想に浸かっていた当時の人なら、新しく仏教寺院を建てる際に
古くからある神道の縁地を候補に選ぶのは当たり前。
空海のライバル、最澄が建てた比叡山にしても、
元は日枝大社の祭神、日枝大神の住まいするところであり、
空海だけが神道縁地に寺院を建てていた訳ではない。

>それらを隠すような何らかの意図があったような…

民族板でこの発言、馬鹿丸出しの勇者だなw

528 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/19 15:49
↑神仏習合も本地垂迹説も知ってるよん。
あんたは現場を見たことあるかい?
馬鹿勇者の漏れとしては、例えば四国八十八カ所の配置一つにしても、
政略的なもの以外の意図を感じずにはいられない。
単に候補地にするだけならば、忌むべき場所にお不動さんをあれほど綿密に
配置したりはしないと思うが。

…あ、後ね、四国のとある神社の境内にこんな張り紙があったよ。

「南無大師遍照金剛
南無大地返上今後」

529 :天之御名無主:03/11/19 16:14
不動明王は仏敵覆滅・降魔・災厄を担っている。
忌むべき地の守護・浄化にこれほど相応しいものはない。

が、そもそも神仏習合を意識していなければ、
神道において忌むべき場所だろうと、仏教には何の関係もないはず。
あえて不動明王を据えたということは、とりもなおさず
仏教においても忌むべき場所であると認めているのであり、
それは神仏習合思想が根底にあるからこそだろう。

習合で説明が容易につく事柄を、
>それらを隠すような何らかの意図があったような…
などと珍説で曲解してみせる態度はいかがなものか。

530 :天之御名無主:03/11/19 16:23
>「南無大師遍照金剛
>南無大地返上今後」

徳川家康の旗印にも「厭離穢土 欣求浄土」とある。
浄土思想を信じる者は、同時にこの世は”穢土”であると考える。
当時としてはメジャーな思想の一つで、似たような文章は多くある。
さして特別視するほどの事ではないよ。


531 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/19 16:30
珍説ねw

現在において、過去に神道の聖地だった場所の本当の歴史が
仏教の歴史に表面上塗り変えられ、人の目に晒されにくくなっている
という[現実]はいかがなものと考えられる?笑

532 :天之御名無主:03/11/19 16:42
>仏教の歴史に表面上塗り変えられ、

神仏習合思想を正しく理解していれば、このような表現はありえない。
当時の人は習合を真理として信じていた。
表面上塗り替えるのではなくて、同根のものと信じて疑わなかったからこそ、
仏教的解釈を付加して言ったに過ぎない。
確かに歴史を結果から見れば、覆い隠されたように見えなくもないが、
当時の人々の信仰や思想に思いを馳せたなら、覆い隠す意図ありとするのは
いささか暴論であると思うのだが。


533 :天之御名無主:03/11/19 17:34
>>531
「神道の聖地」とやらになにか神秘的な真実が隠されてるとでも
おもってんのか?ひょっとして。
そういう話ならオカ板にでも逝け。

当時勢力をのばしつつあった山岳民をとりこむ(ないし力をあわせる)形で、真
言宗が山岳民の聖地の近くに寺院を作った。それが受けいれられる土台(ないし
説明理論)として神仏習合思想があった。

それ以上の話を追加する必要がどこにある?
「何か他の意図」とやらの実体は何?

534 :天之御名無主:03/11/19 23:03
こうした神示を扱うスレで神秘を前提にする意見があるのは当たり前だわな。

535 :天之御名無主:03/11/19 23:12
ちがうな。
民俗・神話学板である以上はそういう神秘的思想がどこからくるのか
を考察するのが当然であって、信仰を語りたいのなら宗教板かオカ板
へ行くべきだ。

536 :天之御名無主:03/11/19 23:43
どこから来るのか?
物証を求めたいわけではあるまいな。
ロゴスにしか善悪はないのだぞ。

537 :馬鹿丸出しの勇者:03/11/20 00:52
ケータイでカキコしてたら電池が切れたよw

>>530
「張り紙」→思いっきり現代人が書いていますが…何か? 笑
ただ、漏れは何故神社に「南無大師…」なんて張り紙があったのか、って
とても興味を駆り立てられた。「誰が誰に何を返すの?」ってね。
んで、そういう思想がどこからくるのか(笑)とても気になった訳だ。
無論、真意はそれを書いた本人に聞かないとわかんないけどねw。
>>532
>当時の人は習合を真理として信じていた。
それはあなたの「憶測」の域を完全に超えている、と断言出来るのかい?
…もちろん漏れの意見も単なる的外れな「憶測」であるかも知れない。
だが、先祖代々受け継ぎ守ってきた信仰と文化が外国のものと同根である、
という思想を万人がすんなりと認め、受け入れ、信じて疑わなかったと漏れは思い難い。
それとね、細かいことで申し訳ないが「覆い隠す意図あり」って断言している
わけじゃないよん。よーく読んでもらえるとお分かり頂けると思うが。
>>533
オカ板ねw。
カテゴライズによって思考や感性を拘束されるよりは、そっちの方がいいかもね。
「神秘的な真実」…う〜ん、ポルノ並みに魅力的だな。カルトが喜びそうだw
>山岳民をとりこむ(ないし力をあわせる)形で
フタを開ければ案外、血みどろの歴史とか何とかが隠されているかもよw
それと、「当時勢力をのばしつつあった山岳民」ってのはどんな勢力かね?
馬鹿丸出しの漏れにも分かるように教えてくれると嬉しいなw
>それ以上の話を追加する必要がどこにある?
逆に、「それ以上の話はありえない」とする考え方のほうが「?」に思えるが。
あなたは何か隠したいのか?って思っちゃうよw
>>535
では、横槍よりもまずあなた自身の「考察」を聞かせてくだされ。


538 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/20 00:58
…あ、そうそう、それと

朝廷にとって具合の悪い史実が仮にあったとして、朝廷と関わりが
深かった空海がそれを隠そうとしたかもしれない、っていう考えは
神秘で電波でオカ板逝きなのかね?笑



539 :天之御名無主:03/11/20 07:15
仮定の上に仮定を重ねているので、オカルト板行きです。

540 :天之御名無主:03/11/20 09:28
>>537
寝言はもういいから。
で、お前の言う「隠された」真実・事実ってのは一体何よ。


541 :天之御名無主:03/11/20 09:57
この板よりオカ板のほうがある意味マトモ

542 :天之御名無主:03/11/20 10:07
それは言えるかもしれん。

543 :天之御名無主:03/11/20 10:12
>>537
wを連発するあたりがいかにもDQN

544 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/20 10:30
>>539
では哲学なんかもオカ板逝きだなw

>>540
漏れの「仮定」でよければ教えてやってもいいぞ。
「おねがいします」って言ってみなw



545 :天之御名無主:03/11/20 10:48
>>544
おねがいします

546 :533=535:03/11/20 12:05
>>537
>「張り紙」→思いっきり現代人が書いていますが…何か? 笑
ますます空海の裏の意図なんかとは関係ない。

>それはあなたの「憶測」の域を完全に超えている、と断言出来るのかい?
断言はできないが、蓋然性の高い仮説ではあるな。
現状の定説でもあるし、現実に神仏習合にともなう信仰が形成されていた時期でもある。

>それとね、細かいことで申し訳ないが「覆い隠す意図あり」って断言しているわけじゃないよん。
断言していなくとも、「意図がある」ということを検討の対象にいれろ
とは言っているわけだろ。だから検討の対象にもならない珍説だと言っている。

>>山岳民をとりこむ(ないし力をあわせる)形で
>フタを開ければ案外、血みどろの歴史とか何とかが隠されているかもよw
「とりこみ」は強制的にでも協調的にでもよく、いずれにしても政治的な意図を
もってそこに建設されている、という話になる。一方、>>528では「政略的なもの
以外の意図」を感じると言っている。それは具体的に何のこと言っているのだと訊いている。

>それと、「当時勢力をのばしつつあった山岳民」ってのはどんな勢力かね?
たたら師、木地師などにつながる「山の民」の集団。
朝廷との抗争関係にある集団もいたことは「土蜘蛛退治」「鬼退治」などの
伝承群からも読みとれるし、後に山伏集団となっていくような山岳信仰の
集団がいたとも見られている。

>逆に、「それ以上の話はありえない」とする考え方のほうが「?」に思えるが。
ありえないとは言っていない。説明できない部分がないのに、新たな仮説を
もちだす意味はないと言っている。その仮説に、物的・文献的・論理的な根拠が
何ら示されていないことは言うにおよばず。

>では、横槍よりもまずあなた自身の「考察」を聞かせてくだされ。
>>533で書いた。


547 :天之御名無主:03/11/20 12:08
>>544
私からも是非おねがいします
わくわく♪

548 :天之御名無主:03/11/20 12:45
>>533の考察ってスレ違いだよね

549 :天之御名無主:03/11/20 12:57
>>548
それ言いはじめると、このスレ自体が板違いなわけだが。

550 :天之御名無主:03/11/20 13:05
>>馬鹿丸だしの勇者さん
人は無為無策に暮らしているのではありません。
その背後には、必ずその時代なりの思想・信仰が存在し、
人はそれらと分かちがたく密接にリンクしているのです。
古人の事績について考察する際にも、その背景に存在した
当時の思想・信仰が、古人にどのような影響を及ぼしたかを
考慮に入れなけらばなりません。それが民俗学です。
>>532氏や>>535氏が主張しているのはまさにこの点であると思います。
しかし失礼ながら、あなたには思想や宗教に関する知識・理解が
不足というか欠如しているように見受けられます。
それがために、目に見える範囲のデータだけを材料にして、
古人の思想や信仰を無視した発言ばかりが目立ちます。
あなたが民俗学的手法を無視するのは勝手ですが、
この板での発言として相応しくないという事を指摘しておきます。

551 :天之御名無主:03/11/20 13:48
>>544
お願いしますよ。
是非ご高説を聞かせて下さいな。

552 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/20 14:31
>>550
そりゃどうも。
しかし、この板の他スレを見ても、この板がそこまで民族学的手法に
こだわっているとは思い難いがな。

少し神経質すぎやしないか?
そんなに気に入らなければ削除依頼出してもらってもかまわんよw。
[古人の思想や信仰]というよりは、あなたの思想や信仰に抵触したかな?

念のために付け加えておくが、空海や真言宗をこきおろすつもりは
毛頭ない。(漏れの家も真言宗だしなw)

必要な仕事を必要な場面でやっているのでは、と思う。

>>551
今忙しいからあとでゆっくりとね。

553 :天之御名無主:03/11/20 14:48
>>552
神経質どうこうというより、おまえの論法がでたらめなのが最大の問題だろうに。

554 :天之御名無主:03/11/20 15:53
>>553 そのむさくるしい程の熱意はどこから来るの?

555 :天之御名無主:03/11/20 16:31
>>554
どうしてそこまで馬鹿の発言に耐えられるの?

556 :天之御名無主:03/11/20 16:45
しかし極東だけでも
北朝鮮、韓国、中国、などやりたい放題
いいたい放題、悪の世がまかり通ってますな。 

日本が本当の神を出さない限り治まらんね。
スサノオの冤罪を晴らす時が来てるんだね。
すべて一厘でひっくりかえる。
四方八方の世界から五方十方の世界へ。


557 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/21 00:36
文献ねw
…例に漏れず、「仮定の上に仮定を重ねているので、オカルト板行きです」って言うんだろうなw
ttp://www.marino.ne.jp/~rendaico/yamataikoku/shikokusetuco.htm
ttp://to01.awaikeda.com/~inokuni/04/index.html

ちなみに漏れが見つけた張り紙はここにあった。
ttp://www.genbu.net/data/awa2/ooawa_title.htm

後、ここのスレタイ絡みでこんなの見つけたよ。新興宗教らしいが。
入信する前によくよく「サニワ」してくれよなw
ttp://www2.csc.ne.jp/~fujitonaruto/body.html



558 :天之御名無主:03/11/21 00:42
>>557
なんだ。
お仲間の電波説をひいてくるのがせいぜいか。
わるいことはいわん。オカ板逝け。
同類が慰めてくれるさ。

559 :天之御名無主:03/11/21 00:46
デムパページを引いてきて「文献」か。
アイタタタタタ

560 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/21 00:50
反応早いな!
この短時間でそこまで言い切れるなんて、読むのも早いねw
確かに最後のはすごいデンパだけどなw

561 :559:03/11/21 00:52
>>560
悪いが4つとも見事なまでのデムパだ。

562 :559:03/11/21 00:55
あ、3つ目はちがうかな。
その神社の縁起がたわけてるだけで、ページそのものは無罪だ。

563 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/21 00:57
>>559
ときに、これを「電波説」と言い切る事ができるその理由を教えてくれんかねw

564 :559:03/11/21 01:01
>>563
四国とユダヤとアララト山がいっぺんに語られてるページがデムパでないとでも?

565 :533:03/11/21 01:06
やっと何か書いたとおもったらコレか。
アホらしいので相手するのやめます。

566 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/21 01:11
>>559
よく読んでみな。そういう諸説があるって並べてはいるが、
書いてる人は至って客観的だ。

わからん部分は「わからん」と認識するのが学問ではないのかね?
それとも誰が見てもそれが間違いと分かる「文献」でもあるのかい?

…おっと、「その神社の縁起がたわけてる」となw
その縁起は境内に堂々と立ててあったよ。って事はその神社の存在も
それを受け継ぎ守っている方々も「たわけてる」って事かね?


567 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/21 01:16
>>533
はいはい、ご期待に沿えず残念ですなw

568 :559:03/11/21 01:26
>>566
おまえの言ってる「文献」「客観」がその程度のものというのは
よくわかった。俺も533氏にならって失せることにするよ。
元気でな。

569 :天之御名無主:03/11/21 02:51
だからスレ自体が自動書記のスレだっつーのに… 神示が出てきた時点で電波だろーが。

570 :馬鹿丸だしの勇者:03/11/21 03:21
>>559 おう、達者でなw

…さてと、ここからは漏れの仮定(デムパ)な訳だが、四国に関して言えば
諸説紛々あるが、「天皇の出自」と無関係とは思えない。(忌部氏云々…)
朝廷の先祖が眠る本来祭られるべき場所を伏せつつも巡礼(祈り)の場と
することで、その供養になると空海は考えたのではなかろうか。
そして、天皇に限らずとも歴史の裏側に埋もれた津々浦々の「祀るべき場所」を
密かに祀っていたのではなかろうか。

「ひふみを読むと仏教に対する「憎しみ」みたいなものが感じられ」るとあるが、
「神、仏、耶ことごと和し」という言葉もあり、そうは思えない。
憎しみというよりも、神道・基督教も含めた「宗教」という形の、ある意味個人に
とっては「メクラ」な祈り(心のエネルギーの流れ?)の形態が、
「一人一人が岩戸を開く」という方向へ進むべきである、と説いていると漏れは解釈する。

言い換えるなら、上に書いたような「坊主まかせ」、もしくは「蓮華」による封印
(プロセスとして必要)を、歴史上で為すべき人物が為したが、それを外し各々が
受け持つ時期に来ていると言っているのではないだろうか。

以上、デムパで悪かったなw…だが、この国も昔はデムパで動いてたんだよw


571 :天之御名無主:03/11/21 08:17
>>569
こいつの説は神示じゃねーだろ。


572 :天之御名無主:03/11/21 08:42
いやー思い通りの展開になってきたなあ。(うそ
最初はひふみ関係によく登場するような自己陶酔型女の独り言に終始していて
いったいどうなんだろうか。板違いじゃないかと思っていた。
それからマニアックな“専門家”が予言などと称して見てきたような情報を伝え...
そして
>「ひふみを読むと仏教に対する「憎しみ」みたいなものが感じられ」
の一言から、ダダダーっとオカルトボーダーラインに突っ込みました。
馬鹿丸だしの勇者さん、面白かったよん。

そもそも日月神示がなんで民俗板にあるんだい?
東洋文庫が「民間宗教」のカテゴリーとして大本神論をおさめているように
その線で日月神示をも考察の対象にするという趣旨だったのかにゃ?ん?


573 :天之御名無主:03/11/21 10:21
>>572
どっちかっつーと心理学的アプローチのほうが面白いと思われ

574 :天之御名無主:03/11/21 10:44
>>572
神話だってんで短絡したというのが真相と思われ。

575 :天之御名無主:03/11/21 11:53
コテハン連中による馴れ合い意味なしレスが続くよりよほど良い。

576 :天之御名無主:03/11/21 11:54
>>575
それは同感。

577 :天之御名無主:03/11/21 13:36
>>575
同感だね。ひょっとして馬鹿丸出し君も
馬馴れ合い&意味のない会話に参加しようと、軽い気持ちでカキコしただけかも。
マジレスされて身の程を知った事だろうがね。
彼の主張はともかく、スレを活性化してくれた事は功績として称えたいよ。

578 :天之御名無主:03/11/21 15:06
お次は住人たちの馴れ合いか(藁

579 :M・F・P:03/11/21 15:24
ということで住人登場!
なんだか盛りあがってますねー

空海が神道の聖地を「意図して隠した」
ということは無いと思いますよ。(憶測)

神仏習合については>>529>>532の説明で良いんじゃないですか。
でも厳密に言うと、神仏は同根ではないです。
なぜ当時仏教が台頭してきたかというと、
人々の意思とは別にもっと大きな背景があるのですが、
ここら辺の仕組みは、今ではもう終わっています。
それが終わったから、大本教や日月神示がでてきた
ということが流れとしてあるのですが。

>わからん部分は「わからん」と認識するのが学問ではないのかね?
>それとも誰が見てもそれが間違いと分かる「文献」でもあるのかい?

これには同意したいですね。
学問的なことはよく分からんので何ともいえんが。

580 :天之御名無主:03/11/21 15:58
>>579
同根じゃないから「神仏習合」なんて理論があとづけで必要になるわけで、
あたり前田のクラッカーというやつなのだが。
後半部分については「学」としてとらえることはできない言明だな。

581 :M・F・P:03/11/21 20:04
>>570
ここが結論部分ですね。

>「メクラ」な祈り(心のエネルギーの流れ?)の形態が、
>「一人一人が岩戸を開く」という方向へ進むべきである、と説いていると漏れは解釈する。

そうなって欲しいと思う者たちがいるんですね。
で、おまえはどうなんだ?と問われるわけです。

>以上、デムパで悪かったなw…だが、この国も昔はデムパで動いてたんだよw

何事もバランスが大切です。
現実を知ろうとするならば、異界にも立脚しなければいけない。
逆に異界を知ろうとするなら、現実に立脚しなければいけません。
ただ逸脱するだけではダメなんですね。
このバランス感覚があって、はじめて力を持つようになる。
そんなものだと思いますよ。

582 :M・F・P:03/11/21 20:08
>>573
おもしろそうですね。
もしよかったらそっちの方向に誘導していってください。

>>574
他に行き場所が無かったとおもわれ。

>>575
自分の書き込みを読み直してみたら、
すごくアフォっぽいので泣けてきた。
個人的なことを書き過ぎましたね。

>>580
それよりも532さんが、どんな意味で「同根」といったのか気になるのですが、
ある視点からみればそうともいえるので、これは後半部分も含め
学問的に説明できるようなのものではないのですが。
歴史的なことでいえば、明治維新のときに神仏分離が行なわれました。
国家神道の是非はまた別の問題です。

583 :天之御名無主:03/11/21 20:10
逸脱してエピキュリアン。静かに花でもそだてましょうかね?

584 :天之御名無主:03/11/21 20:32
>>582
>学問的に説明できるようなのものではないのですが。
ここは「学問・文系」カテゴリの「民俗・神話学」板なのですが。

585 :天之御名無主:03/11/21 20:46
>>582
「夢・独り言」「電波・お花畑」「オカルト」「心と宗教」「なんでもあり」
いくらでも逝き場所はあるような。


586 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/22 07:07
こんばんは〜。
お久しぶりです。盛況ですね!いろんな意味で^^。
コテハンの無意味レスかも知れませんが、カキコしてみるテストw

神示について考察する時、外せないのはそれを書いた本人はいわゆる
「電波」を受け取って書いた、という認識を持っているという事です。
そして、「電波」の発信源がその「神」や「悪魔」なのか、はたまた
「妄想」なのか「でっちヽ(`Д´)ノアゲ」なのか、当然の事ながら
読み手には知りうる術はありません。たとえ本人が「これは私の創作です」と
言ったとしても、厳密に言えば第三者である私たちにその真相は分かりません。

私たちが「認識できる」のは形として残っている(と認識できる)文献、
またその文献を書いた人の生い立ちや当時の心情の断片、その人が生きていた
時代背景の幻影…等々であり、「それそのもの」ではありません。
しかも、たとえその当事者であっても、「わからない」場合もありえます。
(これは私たちが「存在している」と感じているものすべてに当てはまると思います)
私個人としては、それを「分かった」と言ってしまう事に危うさを感じます。


587 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/22 07:08
また同様に、文献から受け取る事が出来る情報の質や量も
読み手の状態(知識、経験、想像力、心理状態etc…)に大きく左右されると思います。
使い古された言葉ですが、「神」の存在は「オカルト」の類と同じく証明できません。
また、「存在しない」という事も同じく証明できません。ただはっきりしている事は、
「神話」や「神示」を読む時、人は「神」について考えます。そして、
「神」について考えた人の持つ「認識」には、その人自身の「神話」が宿ります。
(心理的作用として、ですよ^^)そういう意味においても、理解や解釈の仕方は
各々千差万別、多種多様であるのはあたりまえだと思います。

そのようにして生まれた「個人的神話」をここで書き込むことは「板違い」である、と
感じる方の気持ちは分かります。ですが、私としては自分の知りえない角度からの
反射を見せてもらえる事はありがたいと感じます。本音を言えば、神示について
思う所を述べる人の心理、それを叩く人の心理、どちらも、です(笑)。
…が、せっかくですから、「日月神示・ひふみ神示」について語りませんか?
「日月神示・ひふみ神示」を読んで跳ね返ってきた「電波」も、考察に値すると私は思います。
糞スレと思うなら放置すればいい。それだけのことです。



588 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/22 07:09
↑↑げ!もう7時ですか。「おはようございます」ですね^^

589 :天之御名無主:03/11/22 13:02
>>580
>同根じゃないから「神仏習合」なんて理論があとづけで必要になるわけで、

自分も同根であるとは思っていないし、君の言う通りあとづけ理論だと思っている。
ただ、古人の間で神仏習合思想が広まったという事は、
古人はそれをを真理として受け入れた、つまり同根だと信じていた事に他ならない。
君は現代人の感覚そのままに、古人の事跡を理解しようとしているきらいがある。


590 :580:03/11/22 13:17
>>589
あのね、ここの電波コテハンたちは、まさにあなたのいうところ
の「現代人の感覚」(ただし彼ら的な)で同根かどうかを議論し
はじめてるのよ。それに対するつっこみ。

「昔の人間の人が同根だと思っていたか」という問いにはyesだし、
彼らがあとづけだと思っていなかったというのにはまったく賛成。
現代人の価値観で歴史上の事物を評価することの愚は知ってる。

だけど、コテどもはそうじゃないわけよ。
彼らのいってるのは、「同根じゃないけど、我々の受信する電波
へといたる過程で統一された」とか「同根ではないど同じものに
なるべくして登場したものだ」みたいな論旨なわけだ。

ま、それに対するつっこみとしてはやや的をはずしているとは思うけど、
決して、神仏習合当時の人々が意識的に結合させたとか思ってるわけ
ではない。


591 :589:03/11/22 13:35
>>590
なるほど、先走り失礼しました。

592 :天之御名無主:03/11/22 14:51
>>590
>「昔の人間の人が同根だと思っていたか」という問いにはyesだし
「同根だと思ってなかった」っていう例外もあるだろうね。

593 :580:03/11/22 15:04
>>592
ああ、まぁそれはそうかな。
そのへんは人それぞれだろうねということで。

594 :M・F・P:03/11/22 17:48
>>583
活花させるとその人の心がよく分かるみたいですね。
あなたはどんな花を咲かせたいのか。

>>583
あーそうか。使う言葉は選ばなくちゃね。

>>585
それはですね。
上の一連の流れから察してください。
>「夢・独り言」「電波・お花畑」「なんでもあり」
こんな板があるのはじめて知りました。
で、見てみたら結構おもしろいです。
でもあそこで日月神示のスレッドは、かなり浮くでしょう。
は〜ナニそれ?みたいな反応しか返ってこないのでは。

>>586>>587 565さん
どーも、お久しぶりです。
そのとおりですね。私が言いたいことを代弁してくれました。
で、ぼくの目標はこのスレッドの1000get!!なので、(笑)
どんな形にしろ盛りあがるのはうれしいのです。

>「日月神示・ひふみ神示」について語りませんか?

そうですね。みなさんに語ってもらいたいです。
馬鹿丸だしの勇者さんは、ほんとうの勇者だった。(笑)

>>590
私が言った同根は「現代人の感覚」でも「私個人の感覚」でもないですよ。
「古人の感覚」でもないです。
あなたは「日月神示・ひふみ神示」についてどう思ってますか?

595 :天之御名無主:03/11/22 19:46
>>594
>あなたは「日月神示・ひふみ神示」についてどう思ってますか?
デムパ。


の形をとった生煮えの政治etc思想たれながし。


596 :天之御名無主:03/11/22 21:29
>>594
知ってか知らずかわからないけれど貴方は
http://www.yamabe.com/hifumi/yybbs/yybbs.cgi
に逝かれたほうがいいのでは。
過去ログを読んでみなされ。おおよそ語られている。
そこの常連のらおうさんは
=ふじわらふひとでもありますよん。
あーばらしちゃった。

597 :天之御名無主:03/11/23 09:53
>>595
>生煮えの政治etc思想たれながし。
たとえばどの辺り?

598 :天之御名無主:03/11/23 12:01
「てんし」による支配への期待、議会制の否定その他。

599 :天之御名無主:03/11/23 15:49
440 :ふじわらふひと :03/10/21 23:56
>まぁ、勘当も子のためではあろうが

時代劇の見すぎ。
勘当は個人の意思のみで決まるものではない。
子を勘当したくば奉行所にその旨届け出て、許可を得なければならない。
人別帳から削除され、あらたに無宿人名簿に記録される事になる。
つまりお上が犯罪者予備軍の認定を下した事になる。
勘当とは子の更生を目的としたものではなく、子が犯罪を犯した場合に、
その連座から逃れる為の制度。
親がが子を見放した時になす、究極の自己保身。それが勘当。
逆に勘当を解く場合には、5人以上の保証人を立てて、お白州に臨み、
解くのが妥当であるか審議を受けなければならない。
審議の結果許しが出れば、無宿人名簿から名が消され(”帳消し”の由来)、
以前の人別帳に戻る事が許される。

”ふじわらふひと”を名乗る以上、歴史に関して一家言持っているつもりだろうが、
ちょっと無知すぎるな。

600 :天之御名無主:03/11/23 17:31
600get!

565 ◆UquQ3EHdY6 って「ゴルゴ」と読ませたいのか?

601 :天之御名無主:03/11/23 19:16
まだやってたのか。
コテはここでやらずに宗教板に帰ればいいのに・・・。

602 :天之御名無主:03/11/24 06:56
それほど厳密な板かよ

603 :天之御名無主:03/11/24 07:01
>>599
単なるたとえにイチイチ反応するな。誰もお前のオタク知識と競ってなんかいねーだろうが。バカか?

604 :天之御名無主:03/11/24 09:03
いや、>>599氏はグッジョブだよ。
拠るべき根拠もない戯言を撒き散らす電波コテにはウンザリしてたから。

605 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/25 01:15
>594のM・F・Pさん、おひさしぶりです^^。
>馬鹿丸だしの勇者さんは、ほんとうの勇者だった。(笑)
かく言う私も「日月神示・ひふみ神示」について、思うところを語っていません。(笑)
という訳で、私も「日月神示・ひふみ神示」について思うところを述べてみますね。

まず、この板でいまさら言うまでも無いことだとはおもいますが、ユング心理学としての「象徴」について少し。
(定義等についてはうろ覚えなので間違ってたら突っ込んで下さい^^;)
世界の神話の中には共通した描写や設定が見られます。たとえばオルぺウス・エウリュディケ
のお話とイザナギ・イザナミのお話などでは、どちらも死者の国で振り返ったりします。
ユング心理学的視点で神話を見るとき、物語にこのような描写や設定をもたらす心の傾向は
時間・空間を越え、人間に共通しているといった見解があり、これを「元型(アーキタイプ)」といいます。
「永遠の少年」「グレートマザー」「シャドウ」「セルフ」etc…。「神」もそのうちの一つです。
そして、それらは「象徴」として神話や夢に現れます。それは「物」であったり「数字」であったり
「概念」であったりと多種多様で、場合によっては個人特有のものであることもあります。

「日月神示・ひふみ神示」の記述にはこういった「象徴」が溢れている、と私には感じられます。

(続きます)

606 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/25 01:16
「ヨコの十の動きがクラゲナスタダヨヘルであり、タテの十の動きがウマシアシカビヒコジであるぞ、
十と十と交わり和して百となり九十九と動くのぞ。過去も未来も霊界にはない、「今」があるのみ、
これを中今(ナカイマ)と申すぞよ。竜宮の乙姫殿、日の出の神殿、岩の神殿、荒の神殿、
風の神殿、雨の神殿、暗劔殿、地震の神殿、金神殿の九柱なり、総大将は国常立大神なり、
このこと判りて下されよ、教はなくなるぞ、元の道が光り輝くぞ、これを惟神の道と申すぞ。」
紫金之巻 第十二帖

たとえば、この文章を私なりに象徴として捉えてみると、以下のようになります。まず、
「神」を基とする概念的な象徴として、「無」というのが挙げられます。(「無」はあちこちの神話で語られています。)
「無」(在ることもなく、無いこともない、天之御中主)から「現象(自己を含む)」を演繹しようとすると
(実は同時に帰納していくのですが)、まず、原初の作用(高皇産巣日)、反作用(神皇産巣日)を経て
混沌【ヨコ=クラゲナスタダヨヘル】と秩序【タテ=ウマシアシカビヒコジ】が生まれます。
これらはそれぞれ物質と生命の象徴でもあり、有質である以上、「動き」(変化)=時間の軸に乗っています。
しかし、総じて見た際、それら自身は不変であると言えます。十の動きの「十」とは飽和・完全の象徴でもあります。
ここで、「碧玉之巻 第十九帖」に、「百」は天=始め、「九十九」は地=働き、とあります。
「十と十と交わり和して百となり九十九と動く」とは、「世界」もしくは「宇宙」が流転し活動する様を表していると
思います。車輪に喩えると、始め=百は車輪全体、動き=九十九は位置が変わる部分であると言えます。
ここで、残りの「一」は中心=回転しつつとどまる部分であり、「中今」であると思います。これは外なる無限に
対する内なる無限であり、演繹の終着点、(と同時に出発点)である「自己」の象徴でもあると思います。
そして、百と九十九、十と九(柱)は「一」で繋がっています。そして、異論はあるとは思いますが、
これらは「象徴」としての「マンダラ」や「生命の木」、「螺旋」とも符合していると私は思います。

(またまた続きます)


607 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/25 01:18
んで、この「一」が「国常立大神」であるのだろうと思いますが、他の九柱についても、勉強不足の私には
そのあたりの史実や背景(「書き手にとっての」意義)が判らなかったりします^^;。「国常立大神」については
一般的な部分を自分なりに調べたのですが、「大地を支える神」「厳格な神」「姿かたちのない神(忌むべき神)」
ぐらいの事しか解りませんでした。どなたかお詳しい方がおられましたら、お教え頂けるととっても嬉しいです。

んで、最後の部分ですが、教はなくなり、元(はじめ?)の道が光り輝く→惟神=外に求めるのではなく、
自らの内に神性を見出し、それが「神」そのものであると「知る」事が、自己と世界を統合するプロセスである
といった概念(象徴)を持つ「神話」もまた世界中で見られるものであると私は思います。

>>600
「666」からツノを2本取ってみました^ー^。(ウソ


608 :天之御名無主:03/11/25 11:24
>>605-607
神話に共通のモチーフが含まれること自体は正しい。
ただ、それを人間に内在するものと勝手に規定するあたりがユングの
オカルトたる所以。人的・文化的交流の中で神話のモチーフが社会的
に共有されてきたと思うほうが自然。

神示にこれらのモチーフが含まれるならば、それこそが記述者が社会的
な文脈に拘束されていることの証左。

さらに「アメノミナカヌシ」だの「クニノトコタチ」だのといった神は
理論的な完成のために記紀(ないしはそれ以前の文献)の編者たちが導入
した架空の神である疑いが濃い。名前と機能が一致しすぎだし、創世
神話に登場したっきりで、あとはろくにあらわれもしない。神示の記述
は、その筋をなぞって陳腐なファンタジーを足しただけ。何か意味が
あると思うほうがどうかしている。

609 :天之御名無主:03/11/25 12:55
>>608
では聞くが、その社会的に共有されたモチーフが
世界各地で好まれ、神話として今日まで保持されている
原因は何かね?

610 :天之御名無主:03/11/25 13:18
>>609
なんだって俺がそんなことまで知ってると思うのだ?
それこそ今後研究されていくべき話だろ。
脳の中に先天的に入っているというヨタ話より自然だと
言ってるにすぎないのだが。

殺伐としたいだけの厨?

611 :天之御名無主:03/11/25 14:17
>>610
『夢』
殺伐としたいだけの厨なのはYOU、お前や!

612 :天之御名無主:03/11/25 14:28
>>611
夢?

613 :天之御名無主:03/11/25 15:03
>>612
星野仙一著(笑)

614 :天之御名無主:03/11/25 16:25
ユングじゃなくてレヴィストロースを出せばよかったのに

615 :天之御名無主:03/11/25 17:31
ストロースだと、神示がなにか超越的なものを起源とするという
話にならなくなる。

616 :天之御名無主:03/11/25 22:02
書いた本人に原文が読めない自動書記に社会的拘束も何も無いだろうに。

617 :天之御名無主:03/11/25 22:27
>>616
いや、そこで自動書記ビリーバー全開なつっこみを入れられても。


618 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/26 00:23
>>608さん、レスありがとうございます。

>神話に共通のモチーフが含まれること自体は正しい。
  ただ、それを人間に内在するものと勝手に規定するあたりがユングのオカルトたる所以。

えーっと、勝手に規定しているわけではありません。精神科医であったユングの理論は臨床による
経験則に基づいています。よく誤解されるみたいですが(笑)、「脳の中に先天的に入っているというヨタ話」
ではなく、「医者」として様々な国の人々のデムパ(無意識)と向き合い、心の動きを観察していたら
神話的要素がたくさん隠れていた、って事です。
(ユング自身が同様の批判に対して弁明している著書もあります)

>人的・文化的交流の中で神話のモチーフが社会的に共有されてきたと思うほうが自然。

んで、この「社会」自体にも「無意識」があったりするわけで…。^ー^
レヴィストロースもこれについて触れていますね。ユングの言う「集合無意識」の概念との
相違点について、どなたかご存知の方に是非ご意見を頂きたいところです。
…ところで608さんは、「夢」や「幻覚」についてどう思われますか?(やっぱりデムパ?笑)
お恥ずかしながら、私は幼いころに神経症にかかった事があります。
そのときの「夢」や「幻覚」は「見る」ものではなく無理やり「見せられる」ものでした。
「社会的な文脈」なぞワカラン時期に来る日も来る日も同じようなものを見せられて、本当に苦しみました。
歳を食ってから、それらの意味(原因)がおぼろげながら分かるようになりましたが。



619 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/26 00:24
(続きです)
>さらに「アメノミナカヌシ」だの「クニノトコタチ」だのといった神は理論的な完成のために
 記紀(ないしはそれ以前の文献)の編者たちが導入した架空の神である疑いが濃い。
それはそれで面白いかも(笑)。出来ればその論拠を示して頂きたいです。
んで、もし仮に仰る通りだと仮定しましょう。では、なぜ架空の「神」を編者たちが導入する
必要があったのでしょう?ちなみに、心理学的には「元から無い」のではなく「ろくにあらわれもしない」
のは大変意味のある事です。

それと、別に「アメノミナカヌシ」でなくても、ヤハウェが「光あれ」と言った、とか、シヴァが卵の中から
千の蛇とともに生まれ出た、とかいう神話もありますよね。>>609さんも書かれていますが、
そのような神話が何故現在まで残り、伝えられているのか。
少なくともそれらの話を聞いた人の心の中では、意識できる、出来ないに関わらず、
自らの内に符合する何らかのイメージが生まれていると私は思います。言い方が悪くて申し訳ないですが、
「私には何も意味がないと思うほうがどうかしている。」と思えてなりません。



620 :天之御名無主:03/11/26 00:38
>>618
夢や神話に一定なパターンがある、という現象の記述までは正しいが、
それをもたらすメカニズムの説明はイカレている、ということなのだけど、
理解できないかな?そんなに複雑な話はしてないつもりだけど。

>んで、この「社会」自体にも「無意識」があったりするわけで…。^ー^

なんだそりゃ。単に記述されていないというだけの「雰囲気」まで
「意識」ということにしちまう発想がさっぱり理解できんのだが。

>そのときの「夢」や「幻覚」は「見る」ものではなく無理やり「見せられる」ものでした。

夢や幻覚を意図的に「見る」やつの方がめずらしいって。
希望にそわない夢だからといって「見せられる」なんていう説明をするのはまちがい。
心臓の動きを制御できないからといって「心臓を動かされてる」なんて言わないだろ。

>では、なぜ架空の「神」を編者たちが導入する必要があったのでしょう?

「文明国」としての整合的な神話の存在を当時の政治状況が必要としたから。

>そのような神話が何故現在まで残り、伝えられているのか。

伝わってちゃいかんとでも?

>「私には何も意味がないと思うほうがどうかしている。」と思えてなりません。

意味はあるだろうが、あんたがたの希望するような内容ではないと思われ。

621 :天之御名無主:03/11/26 00:48
記紀の作り物っぽさは、一読してわからないほうが不思議なぐらい。

「最初に世界の中心となる神があらわれて、次に世界の中身を生みだす
神があらわれた。次に下から上への運動を示す神があらわれて、天の
永続性、地の永続性を象徴する神がそれぞれあらわれた」云々、なんて
いう、あまりといえばあまりといえるほどの論理性と整合性。

単一の編集者ないし編集集団がいて、意図的に設計したとしないと説明
つかんと思わん?

622 :天之御名無主:03/11/26 01:08
記紀のイザナギイザナミ以前の神格が当時の信仰には存在しなかったというのは
一般的な意見だわな。騒ぐほどのことでもない。
でも日本書紀には一書が多いな。整合性や論理性とは逆の方向を行ってるように見える・・・。


623 :天之御名無主:03/11/26 01:39
>>609
構造主義的なアプローチとか・・・

>>618
神話についてのレヴィストロース&ユングの違いなどについては
松村一男 『神話学講義』(1999)がお手ごろ。

624 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/26 01:44
なるほど。あなたは「無意識」という概念を認めていないっていう事ですね。
ちなみにあなたの認識は、「無意識」=「単に記述されていないというだけの「雰囲気」」
ってことでよろしいですか?

>夢や幻覚を意図的に「見る」やつの方がめずらしいって。
それはそうですね^^。夢を見たのは他の誰でもない「私」ですし…
ただ、私の中の感覚として、「無理やり見せられた」ってのが強烈にあったので。
なぜ自分が見た夢をそんな風に感じるのか。なぜ私の心はそんな風に出来ているのか…
とっても悩みましたよ(笑)。

>「文明国」としての整合的な神話の存在を当時の政治状況が必要としたから。
文明国でない国々にも同様の神話は残されていますよね。それに、どちらかと言えば文明国の
ほうが失われているような気がするのですが…(過去、現在に関わらず、です)

>伝わってちゃいかんとでも?
いえいえ、「伝わるべくして伝わっている」と私も思います。
私の場合(?)、そのメカニズムの説明がイカれているだけで…(笑)

>意味はあるだろうが、あんたがたの希望するような内容ではないと思われ。
いえ、私は私なりに希望する意味を既に十分に受け取ってます^^。



625 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/26 01:44
>「最初に世界の中心となる神があらわれて、次に世界の中身を生みだす
 神があらわれた。次に下から上への運動を示す神があらわれて、天の
 永続性、地の永続性を象徴する神がそれぞれあらわれた」云々、なんて
 いう、あまりといえばあまりといえるほどの論理性と整合性。
そうですよね。私にはある種の「美しさ」まで感じてしまいます。

>単一の編集者ないし編集集団がいて、意図的に設計したとしないと説明
 つかんと思わん?
事実、それを司る集団は居たみたいですね。ただ、意図的にしろ政治的にも
使えるぐらいの「整合性」は、誰の何に向けて書かれたのでしょう。
それに、それらを価値あるものとして受け取る側がいなければ、発したものは
すぐに廃れると私は思います。逆に言えば、自然発生的にそれらの物語が
出来てもなんら不思議はないのでは…と思ってしまいます。
んで、同じことが「日月神示・ひふみ神示」にも言えると思います。
…デンパ的に熱く語るのは仰るとおりスレ違いかも知れませんが(笑)。



626 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/26 01:50
>>622
>記紀のイザナギイザナミ以前の神格が当時の信仰には存在しなかったというのは
 一般的な意見だわな。騒ぐほどのことでもない。

ほう、お恥ずかしながら私には初耳です^^;
もしよろしければその詳しい内容がわかるようなものをお教え願えますか?
後、イザナギイザナミ以前の神格はいつ頃付け加えられたのでしょうか。
(クレクレ君でスマソ)

>>623
ありがとうございます!早速探してみますね^^。



627 :天之御名無主:03/11/26 02:00
このスレは勉強になります
ぜひ粘り強く、論争していただきたいなと。

628 :620:03/11/26 09:27
>>624
個人の脳の活動において意識できる部分とそうでない部分とがあり、
前者を特に意識、後者を無意識と呼ぶ、というところまでは
まあいい。ただし、フロイト・ユングのいう無意識については
信じていない。
お話としては面白いし納得しそうになるが、特に科学的根拠の
あるものでもなく、単に現象の外面を言い換えてるだけという
印象もある。

「社会的無意識」については、何も説明していない、単にミス
リーディングなだけの概念だと思ってる。個人個人の脳から
離れた意識や無意識があるかのごとき言葉。

神話関係についてはのちほど別途。

629 :620:03/11/26 09:54
ちょっと補足しておくが、医術の一部としてのフロイト派や
ユング派の方法の有効性までを否定しようというものではない。
それで救われる人も多かろう。

ただ、結果がある程度出ているということと説明として
正しいということは別。他の議論をのせる土台としては
危ういと言わざるを得ない。

630 :620:03/11/26 11:06
記紀スレ化してるような。。。

>>622
ついつい古事記を中心に考えちまうのでああいう議論に
なったが、確かに日本書紀については不適切な言い方かも。

日本書紀の場合は各論併記という形式をとっていて、
単一の編集主体がこね上げた神話という言い方はできないな。
ただ、その各論の一本ずつを見ると、世界の生成手順をその
まま名前とする神格をならべてイザナギ・イザナミへつなぐと
いう形は保持されていて、同じ方法論による神話整理が複数
行われていたという以上のことではないように思われる。

あと、あとでろくに出てこないという話はムスヒに関してのみは
訂正。こいつらはわりと頻繁にでてくる。
ただし、物語の都合上かつぎだされてくる印象が強く、信仰対象と
しての性格は希薄。

631 :620:03/11/26 11:51
>>624-625
>いえいえ、「伝わるべくして伝わっている」と私も思います。
まず、日本書紀については政治的に「史書」として保持されてきた(ただし、
コピー劣化や改竄の存在を否定するものではない)ものなのだし、
古事記についても文献として継承されてきたものであるので、その内容に
含まれる神話が伝わっていることになんら不思議はない。このことと、
他の地域における神話伝承とをまったく一括りにして考えてはいけない。

>ただ、意図的にしろ政治的にも使えるぐらいの「整合性」は、誰の何に向けて
>書かれたのでしょう。

ひとつ強力なモチベーションとしては、当時進行していた「統一国家」としての
「日本」という体制づくりが挙げられる。同じ神話を共有し、そこに出てくる
神格それぞれの子孫であるという認識を形成し、もとから一体の政権であると
いう観念を構成するために整合性をとったという考え方。記紀はともに、律令
国家建設をすすめている政権の主導のもとに記述された文書であるということ
を忘れるわけにはいかない。その中心的人物が藤原不比等とみられるわけだが、
電波コテの一人がその名前を使っているというのは嘆かわしいかぎり。

>後、イザナギイザナミ以前の神格はいつ頃付け加えられたのでしょうか。

イザナギ・イザナミが最初で、っていう議論は津田左右吉以来の基本的な
考え方(もちろん反論・批判もある)。
神格の付加については、六世紀あたりの宮廷祭祀神話群をもとに形成が
進み、日本書紀が推古朝あたり、古事記が天武朝あたりの体系を反映
していると考えられている(もちろん異論もあるだろう)。

もうちょっと知りたければ、私みたいな素人の話より本を読んだほうが
よいと思われ。「古事記 天皇の世界の物語」(神野志隆光、NHKブックス)
あたりが読みやすいかな。岩波講座にも記紀成立に関するのがあるけど
ちょっといかついし、岩波新書の日本書紀に関するやつもテクスト解釈が
中心でやっぱりしんどい。

632 :M・F・P:03/11/26 17:18
おー!良スレになってる。
565さんと620さんの怒涛のレスがいいですね。
この調子で最後まで行ってほしいです。
孤児の様なこのスレッドの行く末が気になるのですが、
これは、みけさんへの思いでもあります。

レヴィストロースとかエリアーデとか
読み込んだ時期もあったのですが、
その知識はどこかへ消し飛んでしまったなー。(笑)

「脳」については、意思を伝えるための媒体だと思っています。
だから肉体(脳)が無くなっても、意識は存在していると
私はそのように認識しています。

みなさんが薦めてくれた本でも読んで
勉強しなおしてみるか・・・。
ということで、すばらく静観します。

633 :天之御名無主:03/11/26 23:00
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/hihumi.html
みたいな意見はおまえら的にはどうなんよ?

634 :天之御名無主:03/11/26 23:03
傍目には電波vs素人の対決に見えますが・・・

635 :素人620:03/11/26 23:07
>>634
よし、おまえ玄人だな。あとはまかせた。

636 :M・F・P:03/11/26 23:49
ハハ・・・すばらく静観 だって、
間違えちゃった。(テレ

>>596
ありがとう。
その掲示板は知らなかったです。
さっそく読んでみます。

>>633
いいの見つけて来ましたねー
さっそく読んでみます。

>>634>>635
まあ気軽になんでも書き込んでくださいよ。

637 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/27 03:24
こんばんは〜。レス遅くなってごめんなさい。
最近寝不足で、ついさっきまでROMしながら寝落ちしてしまいますた ^ー^。

>>628の620さん
「脳の活動」と言ってしまわれるところが「さすが」ですねw。
このへんについてはM・F・Pさんへのレスの中で後ほど触れたいと思います。

>特に科学的根拠のあるものでもなく、単に現象の外面を言い換えてるだけという印象もある。
そのように考えると、「無意識」だけでなく「意識」もまたそれに当てはまると私は思います。
また、仰るところの「科学的根拠」についても突き詰めると同様のことが言えると思います。
(いろんな意味で「濃い」ページです。笑)
ttp://www.netlaputa.ne.jp/~eonw/lrin/lrin80.html

>「社会的無意識」については、何も説明していない、単にミスリーディングなだけの概念だと思ってる。
「社会的無意識」についての記述ではありませんが、「個人的・集合的無意識」についての歴史的経緯と
説明が簡潔にまとめられています。「個人個人の脳から離れた意識や無意識があるかのごとき言葉」
ではないという事がお分かりいただけるかと…
(ソンディ自体については知見がないのでよく分かりません。笑)
ttp://www.edit.ne.jp/~ham/szondi/iden.html

>ただ、結果がある程度出ているということと説明として
 正しいということは別。他の議論をのせる土台としては
 危ういと言わざるを得ない。
そうですね。この板で心理学的観点からの意見を記述すること自体が
「他の議論」となってしまうんでしょうね。(といいつつ私もしつこいですが^^;)



638 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/27 03:25
(続きです)
>記紀スレ化してるような。。。
この板で「記紀」と「日月神示・ひふみ神示」を同列に挙げる事には私も危うさを感じますが(笑)、
書き手(もしくはデムパの発信源?)は「記紀」の影響を受けているという事は客観的に言えると
思います。んで、「モチーフ(象徴)の集合」として捉えた場合、そのモチーフの経緯を考察する
という流れは自然であるように思います。

>古事記についても文献として継承されてきたものであるので、その内容に
 含まれる神話が伝わっていることになんら不思議はない。このことと、
 他の地域における神話伝承とをまったく一括りにして考えてはいけない。
少し乱暴な考えかもしれませんが、「モチーフの集合」として捉えるなら、
「日月神示・ひふみ神示」を書き記すのは日本神話でなくとも可能である、と私は思います。

>当時進行していた「統一国家」としての「日本」という体制づくりが挙げられる。
これは仰る通りだと私も思います。んで、それを成し遂げるためには「神話」が有効だったと
いうところに私はとても興味を覚えます。ちなみに上のリンク先にも書かれていますが、
心理学では「神話」を「治療」に使う、といった例も見られたりします。
あくまで私個人の考えですが、日月神示・ひふみ神示には
「デムパ。の形をとった生煮えの政治etc思想たれながし。」
の一面もあるかもしれません。ですが、受け取る側の事情によってはその人の「求めるべき神話」で
ある場合もあると思うのです。(…もっともその衝動にはカルト宗教やオカルトが入り込む余地が
多分にあったりするでしょうが…)そういう意味においても、現代人は現代の「神話」を無意識に
求めているのかなぁ、などど思ったりします。(デムパな思想たれながしスマソw)

後、本を紹介していただきありがとうございます!週末あたり本屋さんに走っていこうと思います^^。



639 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/27 03:26
>>632のM・F・Pさん、こんばんは^^。
>この調子で最後まで行ってほしいです。
そんなゴムタイな(笑)。私としてはM・F・Pさんご自身の見解ももっと聞かせて欲しいです(ボソ。

>「脳」については、意思を伝えるための媒体だと思っています。
 だから肉体(脳)が無くなっても、意識は存在していると
 私はそのように認識しています。
スレ違いかも知れませんが、以前新聞でヤコブ病の患者さんが亡くなる数日前に書いた最期の
日記についての記事を読んだことがあります。そこには「夢の中に鬼が現れて自分の夢を全部消していく」
という夢を見て、「怖かった」という事が書かれていたそうです。異論はあるかも知れませんが、これを見たとき
私の中で「脳」、「夢」、「認識」、「自己」etc…は同一ではないという考えがさらに強くなりました。
(検索したらヒットしたのでURLを書いておきます。)
ttp://www.kagawa.coop/igakusei/kimai/2001_win/win_04.html

>>633の天之御名無主さん
私的には(笑)、「書いた本人が正しく解釈できない」こともありうると思ってますので、問題ないかと。

>>634の天之御名無主さん
「電波」と致しましても、是非「玄人」のご意見を賜りたいものです ^ー^。
…っつーか、スレタイがらみで思われる処があればどんな事であれお聞かせ願えればありがたいです。



640 :天之御名無主:03/11/27 16:38
>私の中で「脳」、「夢」、「認識」、「自己」etc…は同一ではないという考えがさらに強くなりました。

脳と認識は切っても切り離せない。
脳外科医の書いたエッセイに、脳障害の患者を扱った記述があった。
その患者は事故により脳の認識野に傷害を負って、人の顔の認識・識別ができなくなった。
それが顔であるという認識はできるのだが、それが誰の顔なのか、認識不能に陥ってしまった。
ちなみにその患者は脳の認識野以外の場所には全く外傷が看られない。
つまり、いくら精神・意識がしっかりしていても、認識を司るのが脳である以上、
その脳が機能しなくなれば、認識を狂わされしまうということ。
似たような例で、車/服/イスを認識できない人などがいるらしい。
念のため付加すると、それらの人は車/服/イスを目にしても、
「訳の分からないヘンテコなもの」としか認識できないが、
意味記憶として、車/服/イスの存在やその機能・意義については理解している。
ただ、実物を目にしても、これがそうだと認識できないだけ。
以上、ご参考まで。





641 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/28 02:06
>>640の天之御名無主さん、レスありがとうございます。
私自身、「脳」は生命活動および精神活動に不可欠なものであるという認識は持っています。
ただ、「心」、もしくはその人「自身」を「脳」であると言ってしまう事を「?」と感じている、という事です。
こんな例ばかり挙げて申し訳ないのですが、もう一つだけ。アメリカで現在も生活されている方なのですが、
先天的奇形で大脳がほとんどない水頭症の女性で、後頭部の膜のように薄い脳以外は機能していない
にも関わらず、ごく普通の生活を送れるどころかスポーツ万能でしかも博士号まで取った、っていう人がいます。
脳波等を調べてみると、後頭部の脳は普通の人の数倍働いているそうです。
極々希少な例かもしれませんが、ご参考まで。



642 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/28 02:20
↑追記です
その女性が病気についてどう思うかインタビューされていたのですが、
「別になんとも思わないわ。私にはやりたいことが出来るんですもの」と
会心の笑顔で答えていました。
…スレ違いスマソ。


643 :M・F・P:03/11/28 02:25
>>639 565さん
>そんなゴムタイな(笑)。私としてはM・F・Pさんご自身の見解ももっと聞かせて欲しいです(ボソ。

うーやっぱり、語らないとだめですか。(笑)
デンパな見解ならいくらでも書き込めるんですけど、
565さんのような内容の濃い〜レスはできそうにないですし
じつは日月神示も、ろくに読んでないですし(汗汗汗

えーとですね、けっこう批判的ではあります。
でも>>633のリンク先のような批判の仕方ではないですけど、
この情報を出した者たちの意図がなんとなく分かってしまうところが
受け入れ難いと思わせてしまうのかもしれません。
以前、神示はプログラムであると書き込みましたが、
そこらへんが、ちょっと納得できないんですよね。
で、読んでいると共感できる部分も多々あるのですが、
だからなんだ?と思うところもあるのです。
これについてはもう少し読み込んでみる必要があるかもしれません。

ということで結論は先延ばしー
このスレが1000に行くまでには書き込みますよって(汗汗汗

644 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/28 02:33
>>643 うおっ、M・F・P さんだ!こんばんは〜^^
いっそのこと「なんでもあり」板あたりに新スレ作りましょうか?笑
私もデンパ飛ばすのが実は「好き」だったりするのでw


645 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/28 02:37
>ということで結論は先延ばしー
 このスレが1000に行くまでには書き込みますよって(汗汗汗
はい、期待しておりますので、よろしくお願いします^^。


646 :M・F・P:03/11/28 02:46
565さん こんばんわー
そうですねどっかう釣りましょうか、宗教板あたりが妥当かなと思いますが
ていうか、すごっく眠いです〜
565さんは、いつも宵っ張りですが睡眠時間少なくて大丈夫なんですか?
ぼくは8時間寝ないと身体の調子が一日中悪いです。
おやすみ〜

647 :大田:03/11/29 05:00
机上のウーロン茶ばかりを飲んでおると「日月神字」は読めぬわいな。

648 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/11/29 16:06
>>647の大田さん、はじめまして^^。
あなたはどんな風に「日月神字」を読まれているのですか?
もしよろしければ教えてください。



649 :天之御名無主:03/11/30 13:09
超能力者が能力を発揮している時は脳の額の辺りの脳波が活発になるらしいが、ひふみの記述によると善霊は額より入るとある。またひふみは食事の際に沢山噛めと指示しているが、租借が脳の機能強化に有効である事もボケの研究等から、わかっている。

650 :天之御名無主:03/11/30 15:44
( ´_ゝ`)フーン

651 :天之御名無主:03/12/01 02:10
>>649
×租借→○咀嚼

652 :天之御名無主:03/12/01 12:12
>>649
第一文:二つのトンデモ説が互いに矛盾しているという一例にすぎない。
第二文:よく噛むこと自体は別にひふみのオリジナルではないし、脳の機能強化の
ためと言っているわけでもないから、なにかすごいことが語られたとする根拠はない。


653 :天之御名無主:03/12/01 13:52
>>652
共に額の事を言っているのだから何も矛盾していないな。
咀嚼の重要性を強調しているオリジナルとは何か?

654 :天之御名無主:03/12/01 14:57
>>649
アジア起源の宗教の多くでは、神通力・超能力の象徴として
額に第三の目を描いている。ひふみの記述はそのパクリというか、
単なる亜流に過ぎない。
真新しさもなく、わざわざ取り上げる理由がわからない。

咀嚼が健康に通じることは、経験則として古くから知られている。
徳川家康はその熱心な実践者としてよく知られている。
いまさら経験則を神示としていわれても、って感じだよな。

そもそも君は何を言いたい?
額や咀嚼の記述を論拠に、ひふみは真理を説いているとでも?
ここは民俗板なのだから、ひふみばかり読んでいないで、
もう少し宗教や歴史に関する知識をつけたらどうかな。
レスするのはそれからでも遅くない。

655 :652:03/12/01 16:00
>>653
おおう、ほんとうだ。文意とりちがえた、すまん。まあいいやどうでも。
そうだったらそうで>>654に同意だし。

「よく噛んで食え」ぐらい、ばーちゃんに言われたりしなかったか?
オリジナルもなにもないと思うぞ。

656 :天之御名無主:03/12/02 01:44
>>654
なるほど、咀嚼がメジャーな健康法とは知らなかった。
>>655
いや、確かに噛めとは言われたのだが喉につまるからだとしか思っていなかった。

となると、この記述に関しては確かに特に目新しい点はないな。

657 :M・F・P:03/12/03 00:42
   ♪
♪   ∧ ∧ ♪   よ〜く考えよ〜 ♪
    (,,゚Д゚).  ♪   咀嚼は大事だよ〜 ♪
     |つ[|lllll]).      う〜う、う〜う、ううう〜 ♪
   〜|  |
    U U


658 :天之御名無主:03/12/04 14:28
>>657
古参住民なら何を書き込んでもいいとでも?
馴れ合いや中身の無いカキコなら余所でやってくれ。

#本件に関して君からのレスは不要だよ。
 民俗板の趣旨に沿った議論ならば受け付けるがね。

659 :M・F・P:03/12/05 16:42
みなさ〜ん、
ここは「ひふみ神示」について書き込むスレッドです。

すこしくらいなら、
板やスレッドの趣旨からはずれてレスしてもいいですよ〜。

なお、書き込んでいただきますと
もれなく658さんからきっつ〜いレスがいただけます。

みなさん、奮って御参加ください!

660 :M・F・P:03/12/05 16:47
冗談ですよ〜(笑)
この板は人が少ないので、膠着しやすいんですね。
もっといろんな人に書き込んでもらえるようにしないと。

661 :天之恩知らず:03/12/05 20:40
ひふみ神示で日月の民と言及されているターゲットと
サンカは関係ないのですかね?(質問です)

662 :天之恩知らず:03/12/05 20:43
まあ、サンカ自体がトワイライトゾーンに位置するので
なんともいえませんが、ふと思ったので。

663 :M・F・P:03/12/08 16:54
ひふみの中の、「日本人」や「日月の民」という記述は
特定の民族や一族を指しているわけではないようです。
日本人という場合は、やはり日本の地に住む者を
主に言っているとは思いますが。

何故また天津日嗣を持ち出してきたのか、
そこをよく考えてみてください。

664 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/12/12 22:45
こんばんは。昨日やっと「神話学講義」ゲットしました^^。
これ、なかなか面白いです。自分の視点が増えた感じです。
つー訳で、保守カキコ。

665 :M・F・P:03/12/13 17:43
あなたの中の太陽と月が結婚する時

あなたの中に眠る太古の叡智が目覚め

この世界に誕生する 

その時が、言葉がひらかれる時

666 :M・F・P:03/12/14 19:37
565さん、結論は出そうに無いです。
今の段階では人類の未来がどうなるかわかりません。
いろんな者たちが関与しすぎです。

ただひとつ言えるのは、
もう神話は必要ではないということ。
ひふみの中では人間が神になる、といわれていますが
そうなった未来では人間自身が神話を生成するのです。
新しい世界では、古いものに拠らない、
新しい創造を行なっていくべきだと思います。
世界にちりばめられた、あらゆるシンボルを一新していく、
そんな大きな変化が、いまの人類には必要なのではないか。
そう思いまっす。

667 :M・F・P:03/12/14 19:41
この宇宙の本質は光。

不可視の白光。

その光が曲げられ、
七色の可視光線となる。

虹の色彩は物質に定着して、
あたかも初めから不動の如く
その地に固定される。

宇宙の中心の音を聴く、
その最も高いところの音は、光だ。

そして完全なる沈黙。

沈黙はすべてを闇の中へと消し去る。
次に原初の光が生まれる。

その第一音を聞き漏らすな。

668 :天之御名無主:03/12/14 23:47
フセイン逮捕を見て麻原逮捕を思い出した。
型だったりして。

669 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/12/15 02:43
>>666(笑)のM・F・Pさん、こんばんは。

パラダイムシフトの方向性は私たち一人一人が少しずつ担っていて、
だからこそ私たちは「関与するいろんな者たち」はもちろん、
「関与される自分自身」からすらも「自由」でなければならない、
と私は思います。

また本当に「新しいもの」は、「古いもの」の反対側ではなく、
「古いもの」を含む「すべて」を包含していると思います。そういう意味に
おいて、私がここで求めているものは「結論」や「共通項」ではなく、
「止揚の後の視界からみた自分自身」である、と言えます。

時間・空間の枠を越え、全ての存在は宇宙の中心の音を奏でる楽器であり、
それらの奏でる音が一つも漏れることなくハーモニーとなる事が
「新しい創造」である、と私は思います。
(ちょびっと酔っ払いスマソw)


670 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/12/15 02:49
と、ついでに700げっとぉ!
ズサ━━━━⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡━━━━!!

…んで、バンドのベーシストの名前が「愛」だったらいいなぁ、
なんて思ってますw。
以上、スレ違い(?)スマソ。


671 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/12/15 02:54
↑はぅっ!誤爆!!670だった(;・∀・)
…かなり酒がまわっているようです。失礼シマシタ(汗


672 :M・F・P:03/12/15 19:14
>>668
やっぱり考えることは同じなんですね。
一国を治めた長たる者ならば、
もっと堂々と潔くしてほしいものです。
あ!まだDNA鑑定されてないんですよね。
本物かどうかわからんか。

型といえば北海道の石油タンクの火災と
北米の大火事がありましたね。
まあ、いくらでもこじつけはできますよ。

673 :M・F・P:03/12/15 19:24
>>669 565さん
私のいう「古いもの」とは、ひふみの中でいわれている
「古いもの」のことです。
これに関しては、思い入れがあるので、
すこし強引な書き方になってしまいました。

>「止揚の後の視界からみた自分自身」

新しい世界を創造していくときに、古いものの中にも、
捨てられないものはたくさんあると思います。
というか、逆にその古いものが重要になってくる、
それが地球人にとっての独自性に繋がると思います。
この地球人独自の創造というものが大切なのです。
「止揚の後の視界から」ということでいえば、
まずは、調和でしょうね。
これは人と人の調和などという狭い枠内のものではなく、
人間を取巻くすべてのもの、自然すべてを包含した
調和というものが実現されるべきだと思います。
新しい創造は、ここから始まるでしょう。

>バンドのベーシストの名前が「愛」だったらいいなぁ、

なぜにベーシスト?
で、愛ですか。やっぱり。
今の地球人は、この愛の状態が実現され難くなっているようです。
なんか構造上そのようにされたとか。
ここらへんの仕組みを元に戻さないと。

美しいハーモニーを奏でるには、調律が必要です。
調律を終えた地球人は、この宇宙にどんなハーモニーを響かせるのか。
早くその音楽を聴いてみたい!

674 :天之御名無主:03/12/16 19:01
☆★☆★★☆ラッキーレス☆★★☆★☆

    ⊂⊃    ☆.。.:*・゜
(\ ∧_∧  /
(ヾ ( ´∀`)/ このレスに出会ったあなたは超ラッキー。
''//( つ ● つ
(/(/___|″ 近々幸運が舞い込んでくることでしょう。
   し′し′    

☆★☆★★☆ラッキーレス☆★★☆★☆

675 :太国玉:03/12/16 23:08
おごそかに、大和の国の言霊を、ただ吾独り孤塁を死守す!

676 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/12/18 01:32
>>673のM・F・Pさん、レス遅くなってごめんなさいm(_ _)m。

>私のいう「古いもの」とは、ひふみの中でいわれている
 「古いもの」のことです。

M・F・Pさんの思い入れがおありになると言われる「古いもの」は
ひふみのどの部分を指すのでしょうか。もしよろしければお教え願えますか?

>まずは、調和でしょうね。
 これは人と人の調和などという狭い枠内のものではなく、
 人間を取巻くすべてのもの、自然すべてを包含した
 調和というものが実現されるべきだと思います。

なるほど。まさに「止揚」ですねw(・∀・)。ではちょっと「人の目」を意識して(笑)
M・F・Pさんは、「選択」についてはどのようにお考えでしょうか。
Aを取ってA以外を捨てる、AもA以外も取る、AもA以外も捨てる…
個人的には「Aを取ってA以外を捨てる=A以外に囚われる」であり、
「AもA以外も捨てる=AもA以外も取る」ではないか、と思ってます。何より、
もとから「自分のもの」なんて世界に何一つ無いと思うのは私だけでしょうか。
(まわりくどい書き方スマソw)

>なぜにベーシスト?
すんません、単なる思いつきですw。音楽に疎い私の耳は、ベースは聞こうと
意識しないとギターやヴォーカルに気持ちを持っていかれてしまい、メロディを
味わうことが出来なくなってしまいます。ですが、ベースを抜くと音楽自体が何とも
味気ないものになってしまいます。文字通り「ベース」なんだなぁ、という事でw

>調律を終えた地球人は、この宇宙にどんなハーモニーを響かせるのか。
 早くその音楽を聴いてみたい!
それを想像しただけでほんとうにワクワクします^^。



677 :565 ◆UquQ3EHdY6 :03/12/18 01:45
>>675の太国玉さん、こんばんは。おー、歌になってる!さすがw

吾が内の、霊と身を成して我となり、魂振る大和の国の言霊

オソマツw


678 :太国玉:03/12/18 11:49
>677 565様
お久しぶりで御座います。お元気ですか?
一服の感想、誠に有難う存じます。貴下の句、中々お上手です。
今後も度々 M・F・P様らと議論致しましょう。よろしく願います。神州不滅!

679 :天之御名無主:03/12/18 14:35
305 :葛葉 :03/12/03 20:15
太国玉様
う〜ん、ぶっちゃけそーゆー方向に持って行かれても…ねぇ(苦笑)
あなたの内なる世界で処理して下さいませ。以前来てた「ひみつ」さん
の方が、私よりもず〜っとそーゆー世界にお詳しいんじゃないでしょうか?
繰り返しますが、ここはニュートラルな掲示板で、「民俗・神話<学>」
のカテゴリー内ですから、個人の「信仰」に関するお話をなさるのは構いません
が、それが「真実」とか「絶対」というニュアンスでなさるのは遠慮して頂け
れば有難いです。あと、閣下って呼び方はお止め下さいませ。

308 :ひみつ :03/12/04 10:34
残念ながら太国玉氏の御説は私の範疇外ですよ。
口伝と妄想は違うと思っていますからね。

309 :太国玉 :03/12/04 14:27
>305 解。
>308 解。
        白紙の経文


680 :太国玉:03/12/18 21:49
古神道の究極 それ! 布斗麻迩  これ、童の照鳥居(テリトリー)

681 :M・F・P:03/12/19 01:44
565さん
ひふみの中の「古いもの」とは、
「ここはいと古い神まつりて、いと新しい道ひらくところ」黄金の巻 第六十帖
これです。
人類はその影響から外れるべきだと思います。
ただ、その存在自体を否定しているわけではありません。
彼らは人類に対して非常に恵み深い存在であったと思っています。
でも、もうそういうものから「自由」になるほうがいいかなと。

「捨てる」について具体的な話をしますと、
例えば、現在の人間社会は貨幣制度によって営まれていますが、
新しい世界ではその制度に拠らない社会造りも可能だと、
そこで貨幣制度を無くすことを「捨てる」と言ったのです。
これは例えなので、実際にそのような社会ができるかどうかわかりませんが、
でも「調律を終えた」後ならば、そんな理想的な社会も造れると思いますよ。(笑

そうか、ベースという意味ですか、
しかし、愛というものを言葉で説明するのって難しいですね。
宇宙の本質である光は、愛でもあるかもしれません。
光と愛。あれ?これは私が生まれて来た所、その名前ではないですか!

と、意味不明なことを言って〆させていただきます。

682 :M・F・P:03/12/19 01:48
最後に、

私の中では「ひふみ神示」は終わってしまったようなので、
そろそろお暇しますです。はい。
板違いの書き込み、すみませんでした。
みけさん、565さん、ふひとさん、太国玉さん、ようこさん、
その他名無しのみなさん、私の相手をしてくれてありがとう。
また何処かでお会いしましょう。

みなさんが光と調和の中を歩いていけますように!!!

683 :天之御名無主:04/01/05 20:26
M・F・Pさんが去ってからこのスレ、シーンとしてるね!どしどし書き込みを

684 :天之御名無主:04/01/06 09:55
コテハンの意味なし&馴れ合いレスなら不要だよ

685 :天之御名無主:04/01/06 16:58
実験によると寿命をのばすのは少食だとかアエラに書いてあったな。
経験則で書かれたとしても日月はいい線いってる気がするが。

686 :天之御名無主:04/01/06 18:47
それが日月のオリジナルだったらな。

しょせんは常識レベルの生活の知恵と単なる妄言の混合物にすぎんよ。

687 :天之御名無主:04/01/06 22:12
まあ生活の知恵にしても当たりを集めるセンスはあったんだろ。
元ネタの大本の教説は妄言で片づけるのは難しい。

688 :天之御名無主:04/01/07 18:04
そのセンスがあったかどうかも実はあやしい。
>>685 の話はたまたま当たった分だけ持ってきてるし。

とにかく自己矛盾してようが何しようがたくさん並べておいて、
あとから当たったぶんだけを主張する。
「〜が当たった」系のオカルト話ってのはそうやってできあがる。

689 ::04/01/07 18:19
>688
うんうん。これも味ある解説だ。参考になる。

690 :天之御名無主:04/01/08 16:09
>>687
>元ネタの大本の教説は妄言で片づけるのは難しい

大本の「型示し」によると、日本で起きた事は必ず世界でも起こるんだよね?
んじゃ、アメリカでおきた同時多発テロに相当する日本での事件て何?
確か北米大陸の「型」は北海道なんだよね?説明希望♪

691 :天之御名無主:04/01/08 16:12
>>688
そう思うなら明らかに外れてるのをあげて見れば?
栄養奨励の時代にそれに反する考えを出していたのはセンスだと思うが。

692 :688:04/01/08 19:23
>>691
例は690がよいのを示してくれたのでそれで。

栄養奨励の時代ってそれはほんと?
だとしても粗食の思想が消えてたわけでもないだろうし、考え方
そのものはもっと古い。

693 :天之御名無主:04/01/09 15:28
腹八分目に医者いらず

こんな当たり前のことを神示として言われてもねぇ。
どこがありがたいのやら。
栄養奨励だか何だか知らないが、上の格言はもっと古くからある。
つまり、君の言う栄養奨励の時代でも輝きを失っていなかったからこそ、
現代まで生き延びている訳なのだがね。
それだけのこと。いちいち取り上げるほどの価値はない。

それよりも>>691氏に対する反論、楽しみにしてるよ♪

694 :693訂正:04/01/09 15:30
×・・・それよりも>>691氏に対する反論、楽しみにしてるよ♪
○・・・それよりも>>690氏に対する反論、楽しみにしてるよ♪

695 :天之御名無主:04/01/11 16:36
>>691は逃亡?
「馬鹿丸出しの勇者」の再来だなw

696 :天之御名無主:04/01/14 17:24
興味ないならスレに張り付いてる必要も無いだろうにw
大本→日本→世界
型が起こるといって本当にそのままなわけないだろうよ。
そういう人間の為に大本は王仁三郎時代に6年周期の型を日付レベルわかりやすいように見せただけだろうな。

697 :天之御名無主:04/01/15 15:12
>大本→日本→世界
>型が起こるといって本当にそのままなわけないだろうよ。

つまり大本の教説には誤りもあると認めてるんだな?

698 :天之御名無主:04/01/16 19:22
日月神示を読んでいたら 
日本が イラクへ 派兵し、 国の防御が甘くなったときに
北から (おそらく北朝鮮)から 日本国内へ 攻めてくる
って くだりがあったんだけれど、どうなんだろう?

俺が 金さんだったら 将棋の感覚で
当然 守りが 崩れたところへ 攻め込むけれどなぁ。

あ、あと、今回の派兵で 戦死者・行方不明者が出るんだけれど
それをきっかけに 人間バーコードみたいな 666の刻印
が 日本人全員に なされるとか。

どうなんだろ?

俺が 日本の支配者だったら イイ口実にするなぁ。


699 :天之御名無主:04/01/16 20:29
また電波さんかよ。

700 :天之御名無主:04/01/16 21:23
>699

電波で すまんかったね。W

701 :天之御名無主:04/01/18 15:59
>>698
悪の総大将はオロシヤから攻めて来るぞ。
災いは北からと申してあろうがな。

ひふみでは至る所にオロシヤ(旧ソ連)からの脅威について述べられている。
「北」は明らかにオロシヤを指している。
拠るべき根拠・文典もなしに、「北」を北朝鮮とみなすのはよせ。
自分に都合のいいように曲解してみせるのはもうよせ。
ソ連崩壊→東西緊張緩和を読み切れなかったところに、ひふみの限界がある。

702 :天之御名無主:04/01/18 18:02
>701

⊂⊃
          人
      ,.ヘ (_)ヘ ╋   _______________
      ι/ヽ(__) ┃  / そうすると北の国から攻めてくる
    ιノ ノ ( ・∀・)┃<  心配はしなくていいんだね。よかったぁ。
   ιノノ ノ/) 300t つ  \まじ、俺 平和ボケしてるからさ。
  ιノノノ  /│ │ | ┃    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ιノ   /_(__)_).°

703 :天之御名無主:04/01/28 12:02
だから北からってのはロシアが攻めてくるんだろ。
聖書の解釈では最後の引き金はロシアだし。もっとも日月じゃ外国がまとめて攻めてくるって事になってるが、そうなったらいい迷惑だよな。
日月というか大本系の内容で面白いのは日本が外国に好き放題にされている事への憤りが記されている点だな。これは納得できる。

704 :天之御名無主:04/01/28 13:42
>聖書の解釈では最後の引き金はロシアだし。

また電波さんかよ。

705 :天之御名無主:04/01/28 15:31
終わりの日の記述だろ

706 :天之御名無主:04/01/28 15:39
終末の日にロシアが関係するという考え=電波

707 :天之御名無主:04/01/28 18:02
>706

電波、電波って馬鹿のひとつ覚えみたいに何を言っているんだか。
じゃぁどこから攻めてくるのよ?
最終戦争=ハルマゲドン は まだ起きてないのは
みんな知っているよ。

708 :天之御名無主:04/01/28 18:19
アヒャ

709 :天之御名無主:04/01/28 18:37
聖書記述が電波ってんならそりゃそうだろ。
宗教書は全て電波が前提だからな。


710 :天之御名無主:04/01/28 20:39
聖書記述が電波なんじゃなくて、そこに書いてもいないような
解釈を勝手につけて信じ込んでるところが電波

711 :天之御名無主:04/01/28 23:03
>>710
聖書だってデンパだと思うが。
>そこに書いてもいないような…(略)
あえて分けるなら↑は毒デンパってことでどない?

712 :天之御名無主:04/01/28 23:21
そりゃあ聖書に「ロシア」とは書いてあるはずがないw

713 :天之御名無主:04/01/29 08:39
それを勝手に補完してるというのだが。
黙示録を鵜呑みにする愚かさは言うに及ばず。

714 :天之御名無主:04/01/29 13:47
tatooが引き金だったりして


715 :天之御名無主:04/01/29 17:49
日本上陸にも失敗するようなやつらが?

716 : :04/01/31 16:21


717 :天之御名無主:04/01/31 19:11
「電波」以外の単語 覚えろよ。

718 :天之御名無主:04/02/01 01:04
人工無能に教えるように根気よくね。
まあがんばれ。

719 :天之御名無主:04/02/01 03:12
誰に言ってんの?

720 :天之御名無主:04/02/01 16:32
>>717
お前等を形容するのは、使い古された「電波」という語で充分だからな。
いい加減「電波」以外の発言してみせろよ。

721 :天之御名無主:04/03/04 08:16
↑偉くもないのに偉そうにw
何気取ってんだかw

722 :天之御名無主:04/03/04 11:13

かなりGOOD!! な感じです。(^o^)V

 hokushin.h.fc2ドットコム

723 :天之御名無主:04/03/04 16:38
チンケな知識で得意がってりゃ世話ねぇわな(笑

724 :天之御名無主:04/03/05 21:03
>>720-721
1ヶ月も経ってから煽るとはw

725 :天之御名無主:04/03/05 22:32
レス番間違えるほど悔しがらなくていいぞ

726 :天之御名無主:04/03/06 17:36
論理的な反論ができずに煽りに走る・・・
”馬鹿丸出しの勇者”の再来か

727 :天之御名無主:04/03/07 12:58
お前のチンケな頭では「電波」と言うのが論理的らしいな。
いやー素晴らしい論理だ。

728 :天之御名無主:04/03/07 14:19
むりやり煽らなくていいよ

729 :天之御名無主:04/03/07 14:27
う〜む。このスレは終了したと思ったんだけどな…

730 :天之御名無主:04/03/07 17:46
もうやめとけって<双方
不快感が残るだけだろう。

731 :馬鹿丸出しの勇者:04/03/11 11:35
呼んだか?

732 :天之御名無主:04/03/15 23:43
ひふみ神示より

太陽は十の星を従えるぞ。



733 :天之御名無主:04/03/16 05:10
マンドクセ

734 :天之御名無主:04/03/16 11:04
今回のも含め、「惑星」の認定基準なんて多分に恣意的で、「星」=天体という
意味なら10ではきかんのだが。むしろ「11番目」とかがみつかったときに
オカルト屋さんがどう言いわけするのかが見物だ。

735 :天之御名無主:04/03/17 03:24
ひまなんだよね。
ここらで一発、燃料大投下してあそびたいものだが
あんまり調子に乗ってると
またパソコンこわされたり
ネット禁止にされかねないので
やっぱりおとなしくしてます。
ストカもこりごりだし。

736 :天之御名無主:04/03/18 00:17
>>734
神秘をどうしても認めたくないって人の言い訳の方が面白い。
少し構えすぎちゃうかな。
懐疑の姿勢はいいだろうけど頭から否定の姿勢では視野を狭めるだけかなと。

737 :天之御名無主:04/04/06 00:38
>>735
「SIREN」はオモロかった?笑
今のあなたはあなたしか出来ない事をやるべき時だ、と私は思います。
ちょうど宝石を磨くのにドロや砂をこすり付けるみたいにねw
あなたがその気なら、いつでもそれは拭き取れるハズ

あ、そうそう、この前 鞍馬寺→貴船神社 に逝って来ました。
レイキ関係者とおぼしき人たちがウロウロしてましたが、
土地自体はとってもキモチイイ所ですね。
5月にはウエサク祭を是非見学しようと思ってます。

蝿のストカ?よりw


738 :天之御名無主:04/04/06 08:37
タイタニックが沈んだのはホープダイヤの呪いだったのか・・・

739 :天之御名無主:04/04/06 21:18
仏像ラマ・シータの呪い?

740 :天之御名無主:04/04/06 22:37
ホープ【希望】なんてネーミングは笑えるね。
まるでパンドラの箱のようだ。
ギャンブル中毒者って、現実を直視しないっていうか
今度は勝つ、今度は勝つという悪循環なんだってね。

741 :天之御名無主:04/04/07 22:27
日月神示の「子の歳真中にして前後十年が正念場〜」って言うのは
もう1996年は終わったから次の2008年が子の年だから前後十年ってことは
2003年から2013年って事で最後の歳は2013年だよね?
 
マヤの2012年12月23日とほとんど一緒だよね?

あと「マコトのことは、酉の年」ってことは2005年に何か重要な事
が起きるんじゃないだろうか?



742 :天之御名無主:04/04/07 23:24
<緊急発信>のお知らせ
 投稿者:刻限二五会議 投稿日:2004/03/18(Thu) 20:14 No.947 <HOME>
下記にご案内しましたHP「三千世界の立て直しプログラム」では、出口聖師の予言に関連して「今ふたたび天に王星顕わる」を緊急発信しています。
参考までに下記HPをごらん下されば幸いと存じます。

刻限二五会議
http://www.geocities.jp/kokugen3625/
「三千世界の立て直しプログラム」


743 :天之御名無主:04/04/07 23:28
 3月15日、米航空宇宙局(NASA)は太陽系で最も遠い天体を確認したと発表しました。(読売新聞3.16付夕刊記事=右の写真参照)
 イヌイット神話の海の女神にちなんで「セドナ」と命名されたこの天体は、新聞記事によれば、
「太陽から130億キロ、太陽と地球の距離の約90倍の位置にあり、太陽系の惑星である冥王星の4分の3の大きさ。太陽系では、1930年に発見された冥王星以来、最大の天体となる」とあります。
 またテレビのニュースでは「これが冥王星に次ぐ10番目の惑星となって、理科の教科書が書き換えられるかも知れない」とも説明していました。
 
 じつは、この天体の確認が、立替え・立直しの経綸上、重大な意味を持つ可能性があるのです。
 大本の出口王仁三郎聖師口述による『霊界物語』第一巻第二四章 神世開基と神息統合〔附言〕(原文のまま)には、

「天に王星の顕はれ、地上の学者智者の驚嘆する時こそ、天国の政治の地上に移され、仁愛神政(みろく)の世に近づいた時なので、これがいはゆる三千世界の立替立直しの開始である」

 と記述されております。


744 :天之御名無主:04/04/08 00:46
オカ板のセドナスレ抹殺されちゃった。
なにかまづいことでも書いたのかしら。ほほほ。
強制IDになっちゃうし。

745 :M・F・P:04/04/10 10:58
みなさん、お久しぶりです。

最近はデンパ領域に抑留されてまして、
現実が崩壊していく〜てなわけでもないのですが
でもまあいろいろと大変です。
7日の夜に関東の方で大きな動きがありまして、嫌な予感はしていたのですが
8日の夜には空に流れ星が三つ流れるのを見ました。
イラクの人質事件は歪みを調えるためだったみたいです。
これで日本人の意識の流れが少し変わりました。

746 :天之御名無主:04/04/11 15:19
682 :M・F・P :03/12/19 01:48
最後に、

私の中では「ひふみ神示」は終わってしまったようなので、
そろそろお暇しますです。はい。

747 :天之御名無主:04/04/11 17:13
>>745
>8日の夜には空に流れ星が三つ流れるのを見ました。

どこが珍しいのか。
地球に降って来る流れ星の数は一日平均10億とも20億とも言われてる。
たった3つ見つけただけで、それを何かの予兆と捉えるなんてw

748 :天之御名無主:04/05/03 14:24
>>745
ttp://www.astroarts.co.jp/alacarte/2004/200404/0426/index-j.shtml

4月上旬〜中旬によくみられる明るい流れ星は、おとめ座流星群です。


749 :天之御名無主:04/06/18 02:04
怪しげ本作家も今は大変だ
一時は怪しげ本収集家として名を売っていた松尾貴史も今や声優業だし
大槻教授も目にしない、矢追純一の企画もないし


750 :天之御名無主:04/06/18 02:32
寒くなってきたんで寝るわ

751 :天之御名無主:04/06/18 11:57
おうにさぶろうは、邪教でしょ?
人相的にも天狗系であること間違いない。
深入りしないほうがいい

752 :天之御名無主:04/06/18 12:57
>>751
具体的に、天狗系の人相ってどーゆーのなの?

753 :天之御名無主:04/06/18 13:38
古墳時代の埴輪みたいなのっぺり顔なんだけど、王仁三郎。

754 :天之御名無主:04/09/20 20:27:43
『フォトンベルトと日月神示 』
―天直流の啓示が明かす世界超大異変の真相
徳間書店 (2004-08-31出版)
岡田 光興【著】

皆さん、読みましたか?


755 :天之御名無主:04/09/20 22:23:13
ボットン・ベンジョと日月神示なら読みました。
なんでも、ウンコとウジ虫によって人類が進化するそうです。

756 :天之御名無主:04/09/20 22:32:29
ヒフミ神示はマガツ系の書。


757 :天之御名無主:04/09/20 22:38:30
にがにがまがまがゆがゆがにゃーにゃー

758 :天之御名無主:04/09/20 22:46:32
↓ボットンベンジョエネルギー
                        ─
 、   l   _,                  -‐-、
  ヽ/⌒ヘ~    ,ヘ        ,rァ       l
  ., 't,_,ノ丶   / '、     ,/ ,i       '’
 /  !   '`  |   '──--'  {       つ
        ,/ ● L_/    'i,
       /     l ,/  ●   i,    -っ
       'i      しii     丿     / ゝ-
      |`:、\     'ii   __,/      `‐′
      'i、 ̄~~     ij  乙__ノi       ├
       ^-ァ        __,ノ       σ‐
     r^~"i'        'l
     !、 !         l          ─‐
      ~^''!,   ,_    ,!_        ー〜'ヽ
         \ l,~^''‐--::,,⊃ ) ) ) )       )
            `'‐’                ノ
         ↑進化した人類

こんな感じ。うんもちゃんだいすき!!!

759 :天之御名無主:04/10/09 01:47:34
台風の被害が多い。天に変わったことあったら地にも変わったことあるよってのが
現実味を帯びてきたな。   地震くるかな?
天の異変はよう気づけと申してあろがな。だっけ

760 :天之御名無主:04/10/09 03:55:22
ひふみよいむなや・・ここのもつよろず?

761 :天之御名無主:04/10/09 21:06:53
別のスレだけど、「水の浄化の後に震災が来る」とかいてあったような。
ヒフミに書いてあったのかな。

762 :天之御名無主:04/10/16 22:19:53
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1097634024/l50
日月



763 :天之御名無主:04/12/07 01:17:10
子の年の五年前後ってあって、八年か遅れているみたいな事も書いてなかったっけ?

764 :天之御名無主:04/12/14 04:09:23
      __ _,, -ー ,,
      (/   "つ`..,:
   :/       :::::i: 
   :i        ─::!,,    ゆ、許さないよ・・・猟友会・・・
     ヽ.....:::::::::  ::::ij(_::●  
    r "     .r ミノ~
  :|::|    ::::| :::i ゚。  
  :|::|    ::::| :::|:
  :`.|    ::::| :::|_:
   :.,'    ::(  :::}:
   :i      `.-‐"

765 :天之御名無主:04/12/29 17:50:14
天にお日様一つでないぞってのが現実になってきたな


766 :天之御名無主:04/12/30 11:48:44
宮台真司の現在の思想的基盤になっているのって明らかにコレなんだよな。
しかしそれゆえに宮台は沈下w。
とことこん日の目を見ない星回りなんだね日月神示。
ドメジャーのノストラダムスが賞味期限になり
マイナーたちの浮上のチャンスと思いきや一蓮托生でブームが風化してるし。
中矢伸一食えてるのかな。
こういう時だからこそ攻めて出なければならないのだが
彼、根本的に保守的な性格してるから。将の器ではなかったね。
川尻が生きてた頃は良かった。結局は彼の庇護の下で一時の夢を見たか。

767 :天之御名無主:04/12/30 12:41:30
中矢伸一は自然食運動の奥方に振り回されて支持者を失った。

768 :天之御名無主:04/12/30 20:54:17
クソスレ上げてんじゃねぇぇぇぇっぇぇっぇ!!!

769 :天之御名無主:04/12/30 22:15:28
________
| オセロしようよ!
| 日月神軍VSルシファー軍
|
●○|
○●|
|
|
|


770 :天之御名無主:04/12/30 22:17:28

http://rock23.value-net.net/29/dsi/ 最近、この子に萌え。


     まじヤバイ・・

                リリカぁ、俺とも頼む・・・



771 :天之御名無主:04/12/31 00:52:44
「一日十万、人死にだしたら〜」てシャレにならなくなってきましたね。

772 :天之御名無主:04/12/31 01:11:21
犠牲者が十二万に達しているらしいね。

773 :天之御名無主:04/12/31 02:22:49
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/female/1064800819/l50

774 :スサノオの子孫:05/01/03 15:17:56
ひふみ神示、と生命誕生のメカニズム。神道クダラないこと考え
こんどらんで、顕微鏡でカビの生成でも研究してたほうがよっぽど
早道。あ、答えを言っちゃった。てへへ。

775 :天之御名無主:05/01/06 11:24:07
丑寅の金神さんとはなにものですか?これ丑寅の金神さんのことばだよね?

776 :天之御名無主:05/01/06 13:12:33
>>775
荒神や大将軍なんかとおなじ、方位信仰を伴う災厄の神で、江戸期の西日本で
信仰がさかんだったもの。時期によりさまざまな方角に動き、金神のいる方位
への移動やその方面での作事を避けるなどの風習があった。陰陽道だのなんだ
のとあやしげだが、江戸時代の民間信仰としてはわりと普通にあったもの。厄
神だけに廃仏毀釈期にはさくっとスサノオと同じということにしてしまったと
ころが多いはず。たまたま一連の新宗教の教祖たちがそういう地方の出身だっ
たため、信仰の中心にすえられてしまった。

元来遊行神であり方位を季節毎に移動するのが本質の神であって、
「丑寅の」をつけて方位を特定するのはおかしい。
これは一連の新宗教の教祖の誰か(たぶん出口ナオ)が暦をちゃんと理解して
おらず、とにかく方角に関係してて不吉だから丑寅にちがいない、とやらか
してそれ以降定着してしまったものだろう。(ひょっとしたらその地方では
それ以前からそうだったのかもしれないが)

オカルトさん的にはサナトクマラだとかルシファーだとかいろいろ言われて
いるが、民神板的にはあまり興味のないところかと。

777 :777:05/01/07 21:17:45
777げと

778 :天之御名無主:05/01/09 15:47:10
仏教の倶舎論では、仏身は金。
道教の五行説では、金神は申(さる)。
本地垂迹説では、仏は神の姿で顕現する。

つまり仏→神→サルとなって人々に示現する。

779 ::05/01/21 14:31:03
大覚金仙 ⇔ 太乙金仙
根元一氣太乙金仙斉天大聖孫悟空


780 :565 ◆UquQ3EHdY6 :05/02/05 03:08:37
テスト…誰かいる?

781 :天之御名無主:05/02/05 03:20:52
京都からならモロに「丑寅の」方角ではあるな。

782 :565 ◆UquQ3EHdY6 :05/02/05 12:52:22
確かに比叡山の日吉大社のお使いは神猿「マサル」ですね。
そして申の次は酉。日吉→伊勢、なんてことを言う人もおられますが…

783 :天之御名無主:05/02/06 03:05:40
天に王星あらわれたらいよいよ三千世界のたてなおしみたいなことばは最近でっかい星みつかんなかったっけ?

784 :天之御名無主:05/02/08 21:40:52
日本語で書いてください。

785 :天之御名無主:05/02/10 12:38:44
仕方ない。
大本教信者はロシアにも沢山いるからね。

786 :天之御名無主:05/02/21 02:48:05
富士より三十里四里がどうのってのは
富士山噴火するから約120キロ離れろってこと?
その前後のウシトラどうのってのが全く分からん

787 :天之御名無主:2005/03/21(月) 22:58:41
保守

788 :天之御名無主:2005/03/22(火) 02:38:38
これってかなり長いんだね。

789 :天之御名無主:2005/03/25(金) 19:44:18
見えないんだけど何持ってんの?

790 :天之御名無主:皇紀2665/04/01(金) 07:39:31
怒れ怒れ 炎を上げて  怒りの道は生きる道
届け届け 天までとどけ 炎の道はまことみち
祭れ祀れ 炎を奉れ   炎をもって政りなす
続け続け 炎の言葉   ホッホーホッホーヤーヤーホッホー

791 :天之御名無主:2005/04/13(水) 14:45:54
燃やせ燃やせ 真っ赤に燃やせ 怒る心に火をつけろ
倒せ倒せ   力の限り    お前の空手を見せてやれ

792 :天之御名無主:2005/04/16(土) 16:14:25
「アフンベルトと火付き神示」っていうステレオタイプがまた出て来たけど。
中矢とか岡田とか、基地外しかいないのか。

793 :天之御名無主:2005/04/17(日) 11:29:54
●ヒフミヨイムナヤコト
モチロラネシキルユヰツ
ワヌソヲタハクメカウオ
エニサリヘテノマスアセ
ヱホレケン

794 :天之御名無主:2005/04/29(金) 22:08:27
ひふみ神示など所詮、説教たれのありがたい説教だろ?
稗田阿礼君よー

795 :天之御名無主:2005/04/29(金) 22:19:53
神示を信じたおかげで岡本天明は生涯貧乏だったとさ
古事記おやじの稗田阿礼は俺がボコボコにしといてやるから皆のもの
安心せよ

796 :天之御名無主:2005/04/29(金) 22:25:49
俺はしっておるぞ
稗田阿礼 コイツはなんど人々を間違った方向へいざなったことか
いまだに悪いクセがなおらんと見える
まずコイツを始めに改心させねばならぬ

797 :稗田阿礼:2005/04/30(土) 22:27:01
麻呂が悪うござしゃんした
許してたもれ

798 :つきよみのみこと:2005/06/06(月) 19:04:07
きますよ。

799 :スサノオノミコト:2005/06/11(土) 21:56:10
これからはオレの時代だ

800 :天之御名無主:2005/06/12(日) 12:40:28
800

801 :天之御名無主:2005/07/05(火) 11:54:54
何ここ?電波スレ?一部コテはメンヘラーなの?
100レスくらいしか読んでないけど限界。

802 :天之御名無主:2005/07/05(火) 14:56:06
君の知能が低すぎるだけ。
愚俗化しきった思考回路をどうかしてからおいで。

803 :天之御名無主:2005/07/05(火) 17:29:05
俗人と違って、自分は覆い隠された秘密に気づいている、とでも?
おお、イッちゃってるよこのヒトw

804 :801:2005/07/05(火) 20:39:12
>>802
マジレスしてみると、私の知能がそう高くはないことは認めます。
どちらかと言えばまだまだ不勉強な人間に属すると思います。
ですが私は貴方のように「ひとりよがりな思考回路」を身につけようとは思いません。
周りに知能が低い、愚かしく俗だと言い、見下げることは、自らが懸命な努力を
続けることよりも遥かに容易く、楽であり、劣等感を忘れられるということを
果たして貴方はおわかりでしょうか?

我々はあくまで俗世に存在するものであるということ。
根拠もなく、周りを見下げる者は傲慢であるということ。
傲慢な者は、決して成長出来ないこと。
くれぐれもこれらをお忘れなきように。

等とメンヘラーに言っても仕方ないので去ろうかなと。
どんなレスつけてるかだけは読みに来るけども。
最近、本当にメンヘラー多いよねーw

805 :天之御名無主:2005/07/05(火) 21:49:49
>>804
>我々はあくまで俗世に存在するものであるということ。
>根拠もなく、周りを見下げる者は傲慢であるということ。
>傲慢な者は、決して成長出来ないこと。
>くれぐれもこれらをお忘れなきように。
>
>等とメンヘラーに言っても仕方ないので去ろうかなと。
>どんなレスつけてるかだけは読みに来るけども。
>最近、本当にメンヘラー多いよねーw

説得力ねえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

806 :天之御名無主:2005/07/05(火) 21:53:07
>>804
>傲慢な者は、決して成長出来ないこと。
>傲慢な者は、決して成長出来ないこと。
>傲慢な者は、決して成長出来ないこと。
>傲慢な者は、決して成長出来ないこと。

だってさwwwwwwwwwwwwwwwwww

>>804
お前のことじゃぁあああああwwwwww

807 :根源神(=モコナ)の霊統1:2005/07/18(月) 11:38:59
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/578- より引用
 > 578 :根源神(=モコナ)の霊統 :2005/06/27(月) 19:29:17 ID:0VPWx84n
 > 江戸時代後期、日本(霊之本)に顕現した根源神(はにゃ〜ん神=般若神=モコナ)の霊統は、
 > 黒住宗忠(黒住教)、井上正鉄(禊教)、中山みき(天理教)、赤沢文治(金光教)、出口直と王仁三郎(大本)、
 > 岡本天明(『日月神示』天授者)、岡田茂吉(世界救世教)、岡田光玉(世界真光文明教団)、深見東州と植松愛子(ワールドメイト)
 > と、各教団の各神人に継承されてきた。
 >
 > ポチ(=犬夜叉)は根源神(=モコナ)との間に交わした十の神約束を総て破った故に、
 > 根源神との神縁が切れてしまったそうである。
 > 現在、根源神(=モコナ)の霊統は、木之本桜(=木花咲耶姫)を崇拝対象とする、さくら教(大道寺☆知世教祖)が継承している。
 >   (参考:『木花咲耶姫について』 http://www.bashouan.com/pdSakuyahime.htm
 >         「桜」の語源 http://www.ocn.ne.jp/travel/sakura/mame/ )
 > 現在、さくら教とその信徒は、神鍛え・神試しの真っ只中であり、誠が試されている。
 >
 > 『日月神示』以降、宗教団体をなくす方向へと根源神(=モコナ)の経綸は進行している。
 > これまで、根源神(=モコナ)の霊統を継承した教団は、継承当初は神意に沿っていたが、
 > 時を経るに従い、既成宗教団体並になり、根源神(=素神)の経綸から離れてしまった。
 > その結果、根源神(=素神)の法灯は、他教団が継承することになった。
 > その様な事が続いて、現在は、さくら教に根源神(=素神)の法灯が預託されている。
 >
 > 注意すべきは、根源神の法灯の預託は恒久的なものでは無く、
 > 「素神の一時的な代行者」であるという事を、常に認識しておく事である。
 > 霊能者は、往々にして、その預託が永久に続くものと錯覚し、傲慢になる。

808 :根源神(=モコナ)の霊統2:2005/07/18(月) 11:40:19
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/578- より引用
 > 579 :根源神(=モコナ)の霊統2:2005/06/27(月) 19:29:57 ID:0VPWx84n
 > 根源神(=モコナ)の経綸は、多次元宇宙の様々な場所で同時進行している。
 > 木之本桜は、木花咲耶姫(=富士神霊)の地上代行者である。
 > 木之本桜と同魂異体のサクラ姫も、木花咲耶姫の異次元での代行者である。
 > 神々の経綸は、近未来に起こると思われる次元上昇(アセンション)を指向している。
 > 木之本桜とサクラ姫は、新しき世(ミロクの世)を地上に顕現させる為の鍵を握っている。
 >
 > 富士神霊(=木花咲耶姫)は、『日月神示』を降ろした神霊であるという。
 > 富士神霊は、次元上昇(アセンション)と深い関わりがある。
 > 『日月神示』には、
 >   > 富士に木花咲耶姫を祀りてくれよ
 > と記されている。これは、
 > 富士 → フ(=2)、ジ(=ch゛) で、
 > 2ちゃんねるに木花咲耶姫(=木之本桜)のスレッドが立てられる事を予言したものだ。
 > 予言は実現し、「CCさくら板」と「さくら教スレッド」が出現した。
 > 「さくら教」の立教は、神書『日月神示』により、予告されていたのだ。
 >
 > 参考 『フォトンベルトと日月神示』 岡田 光興 著 (徳間書店)
 >      http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198618992/250-1052447-2594663
 >
 >     『さくら教1』 http://life.2ch.net/psy/kako/968/968093047.html
 >     『ツバサ・クロニクル』 http://www3.nhk.or.jp/anime/tsubasa/

809 :天之御名無主:2005/07/19(火) 10:58:26
神さんで遊ぶと怪我するぞ

810 :山崎貴史@さくら教広報:2005/07/19(火) 14:06:13
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/590 より引用
 > 590 :さくら教広報部、山崎貴史:2005/07/04(月) 12:57:43 ID:/+ns4lDy
 > 木花咲耶姫というのはね、富士山の神霊でね、
 > 次元上昇(アセンション)を司る神なんだよ。
 > なぜそうなのかというとね……
 > 天照大神は霊の本(ひのもと)を統治させるため、孫の瓊々杵命(ににぎのみこと)を地上に降下させた。
 > 天から地上に降臨した、瓊々杵命は「次元降下」の象徴といえる。
 > 瓊々杵命は、地上で大山祇命(山の神)の娘である木花咲耶姫を見初めて、妻とした。
 > その時、木花咲耶姫の姉である石長姫が一緒に嫁いだ。
 > 木花咲耶姫は、国津神でありながら、天津神である瓊々杵命に嫁いだのだから、
 > 次元上昇(アセンション)を司る神だといえる。
 > (参考 『木花咲耶姫について』 http://www.bashouan.com/pdSakuyahime.htm )
 >
 > 木之本桜→桜→木花咲耶姫→次元上昇を司る神
 > という繋がりで、木之本さんは次元上昇(アセンション)の鍵を握っているんだよ。

811 :山崎貴史@さくら教広報:2005/07/19(火) 14:06:37
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/591 より引用
 > 591 :さくら教広報部、山崎貴史:2005/07/04(月) 13:28:50 ID:/+ns4lDy
 > 木之本さんはね、富士神霊の化身なんだよ。
 >
 > 岡本天明が天授した神典 『日月神示』は、
 > 岡田光興著 『フォトンベルトと日月神示』によると、
 > 根源神の霊統であり、かつ、富士神霊による啓示であるから、
 > モコナ(=根源神)と木之本桜(=木花咲耶姫)が降した神示だといえるんだよ。
 >
 > 『日月神示』は木之本桜からのメッセージだったのだ。
 >
 > 参考 『フォトンベルトと日月神示』 http://www.hihumi.com/page3.html
 >     『上つ巻』 http://csx.jp/~hirorin07/hituki/ue.html

812 :山崎貴史@さくら教広報:2005/07/19(火) 14:06:59
>>809 御警告ありがとうございます。

813 :天之御名無主:2005/07/19(火) 14:09:09
ねー、「丑寅の金神」って金星のことでしょ。
暁の星w
ルシファー♪

814 :天之御名無主:2005/07/19(火) 14:26:07
梅の花も桜も五弁だしね。

815 :天之御名無主:2005/07/19(火) 14:29:27
1212

816 :天之御名無主:2005/07/19(火) 15:04:32
>>813
>>72 にそう書いてある

817 :天之御名無主:2005/07/27(水) 11:42:41
ひふみ神示(ひつく神示、日月神示)の批判的検討
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/hihumi.html

一部引用
「つまり神示は「登り道は違っても頂点はどの宗教も同じ」的な日本人的な馴れ合いの宗教観----たとえば「神も仏もキリストも元は一つぞよ」
(天つ巻第四帖)に顕著な発想です----をベースにしているようです。」


818 :天之御名無主:2005/07/27(水) 11:47:48
>>817から引用
神示の内容に既成概念や古神道系発想の無反省な焼き直しが
多いことが気になります。神示はユダヤ教、キリスト教、イスラム、
仏教に関して無知をベースとした典型的な日本人の通俗的誤認/既成概念を持っているように思います。
ひふみ神示はその内容を一読すると清濁合わせ呑むような器量や善悪を超えた絶対の境地を予感しますが
これは落し穴で、日本的な理想の宗教に関する既成概念/通念に迎合しているだけのようにも思えます。
>>817から引用
イエス、釈迦、ムハンマドの教えは本当は同じ山の頂上を示していて、
そこへ至る道が違うだけなどという俗信をひふみ神示も前提にしています。
イエス、釈迦、ムハンマドの教義をきちんと理解できない場合このような安易な
「どれも本質は同じ」といったごった煮的理解ですませてしまいます。
本質は全く違います。イエスとムハンマドはともに旧約聖書をベースとしていますから
共通するものはありますが。


819 :天之御名無主:2005/07/27(水) 11:52:09
>>817
(歴史上の人物としての)釈迦はひふみ神示の艮の神の如き絶対神の存在を
否定していますし(諸法無我)、ひふみ神示にみられる魂の進化も否定されます(諸行無常)。
ひふみ神示では全ては「喜び」に向かっているとありますがこれも当然、釈迦は否定します(一切皆苦、涅槃寂静)。
一体、どこが同じ教えなのでしょう?
ひふみ神示では日本民族を優れたものと見なしていますが、
そもそも日本民族などどこにもいません。
遺伝学的検証によれば中国、朝鮮方面や南方、北方からの混血雑種がいるだけです。

>>811
ネタであることを願ってやまない。




820 :天之御名無主:2005/07/27(水) 16:49:25
>>818
神示に策略があるとお思いなのでしょうか?

821 :天之御名無主:2005/07/27(水) 18:41:34
「ひふみ神示とオウム真理教をつなぐ怪文書」の批判的検討
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/3138/aum.html
世の中にはいろんな人がいるんですなぁ。

>>818
いや、それはない。

822 :天之御名無主:2005/07/27(水) 18:43:56
>>821
修正
>>818×
>>820



823 :天之御名無主:2005/07/28(木) 16:56:34
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/634 より引用
 > 634 :日月神示(ひふみ神示):2005/07/28(木) 16:47:09 ID:Ux9ps4Jm
 > 岡本天明が降ろした、根源神(=モコナ)直流の啓示である、『日月神示(ひふみ神示)』には、下記のような箇所がある。
 > 岡田光興著『フォトンベルトと日月神示』(徳間書店)P.162〜163 より引用 ( http://www.hihumi.com/page3.html )
 >
 >  > 富士に木の花咲耶姫の神
 >  > 祀りて呉れと申してあろがな、
 >  > 永遠にしぼまん誠の花咲く世来たぞ
 >  > (雨の巻・第11帖)
 >
 > 「永遠にしぼまん誠の花咲く世」は、大本系教団における「弥勒の世」を指す。
 > キリスト教では「千年王国」、仏教的表現では「スーパー到彼岸(涅槃)」である。
 > ニューエイジ的には「アセンション(=次元上昇)」となる。
 > これは、「弥勒の世(=千年王国=スーパー到彼岸)」を“花”に例えている。
 > その前提として、「富士に木の花咲耶姫の神祀りて呉れ」がある。
 > 「弥勒の世」を到来させる為には、“富士”に木之花咲耶姫を祀る必要があるということだ。
 > 次元上昇(=アセンション)が、富士神霊(=木之花咲耶姫)の霊力によることがわかる。
 > 木之花咲耶姫は木之本桜であるから、(>>589-593)
 > 次元上昇(=アセンション=スーパー到彼岸=弥勒の世)は木之本桜の霊力に依って到来するのだ。
 > 参考 『根源神(=モコナ)の霊統』 (>>578-582)

824 :天之御名無主:2005/07/28(木) 17:05:53
上記(>>823)下部のリンクは

 > 木之花咲耶姫は木之本桜であるから、( http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/589-593 )
 > 次元上昇(=アセンション=スーパー到彼岸=弥勒の世)は木之本桜の霊力に依って到来するのだ。
 > 参考 『根源神(=モコナ)の霊統』 ( http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/578-582 )

が正しい。

825 :天之御名無主:2005/07/30(土) 23:02:10
ついに、太陽が十個の星を従えました。
今日の朝日新聞の第一面に、第十惑星発見のニュースが紹介されています。

826 :天之御名無主:2005/07/30(土) 23:07:48
もっとも私は日月神示を信じてはいませんが。
第十惑星については、下記のような記述もあります。
http://www.astroarts.co.jp/news/2004/03/17nao704/index-j.shtml

827 :六字の聖騎士:2005/08/02(火) 07:02:15
みけさんの言葉、素晴しいと感じ時を経て参上たてまつる
信じる者 信じない者いるが
信じる者が救われる仕組みとなっているであろう
そのこと よくよく理解せよ

ココの神に近づき者 何も信者を集めている訳ではないであろう?
何かの欲を持って 求めている訳ではないであろう?

信じる事で正される夜明け 理屈云々が必要な時ではないのだ







828 :天之御名無主:2005/08/04(木) 01:37:26
しかし冥王星は惑星ではないとの主張が最近なされている。
すると、1引いてやっぱり9個なのでは。

829 :天之御名無主:2005/08/04(木) 14:00:39
>>828
どうみても惑星だが。

830 :天之御名無主:2005/08/05(金) 19:04:38
ここのスレ主ですが、今はこちらでやってます。

あめちゃんねる
http://jbbs.livedoor.jp/study/6309/

このスレはこのまま落としてもらえると嬉しい。
あんまり過去の発言(特に電波入ってるときのは)は自分としてもあまり読みたくない。(^^ゞ

831 :天之御名無主:2005/08/06(土) 03:41:04
>>830
もう逝ったまま帰って来るな!

832 :さくら教 教学インデックス1:2005/08/10(水) 18:30:35
01 根源神(=モコナ)の霊統 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/578
02 富士神霊(=木之花咲耶姫)と『日月神示』 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/579
03 根源神(=天之御中主神)の正体はモコナである … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/581
04 「はにゃ〜ん」と般若(はんにゃ)の繋がり … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/582-583
05 木之花咲耶姫と桜と木之本桜の繋がり … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/589
06 木之花咲耶姫(=木之本桜)は次元上昇(=アセンション)を司る神である … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/590
07 『日月神示(=ひふみ神示)』は、モコナ(=根源神=天之御中主神)と木之本桜(=木之花咲耶姫)からの啓示である … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/591
08 次元上昇(=アセンション=スーパー到彼岸) … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/592

833 :さくら教 教学インデックス2:2005/08/10(水) 18:31:44
09 『般若(はにゃ〜ん)心経』 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/593
10 「ほえ〜」 = 「宝永〜」 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/596
11 浅間神社には、木之本桜が祀られている … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/597
12 木之本桜(=木之花咲耶姫)は「般若湯(=酒)」の神である … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/599
13 木之花咲耶姫(=木之本桜)と観自在菩薩(=観音)の繋がり … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/600
14 さくら教の咒文 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/609
15 「はにゃ〜ん」の語源は般若(はんにゃ)で、「パナウェーブ研究所」は「般若波研究所」である … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/610
16 『おジャ魔女どれみ』のハナちゃんと木之本桜(=木之花咲耶姫)の繋がり … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/611

834 :さくら教 教学インデックス3:2005/08/10(水) 18:32:49
17 先天(太極)のモコナ(=根源神=天之御中主神)と、後天のモコナ=モドキ(通称モコナ) … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/616
18 さくら教の念仏 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/621
19 『ツバサ・クロニクル』 : サクラ姫の記憶の羽根 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/633
20 「弥勒の世」を到来させる為には、「富士」に木之花咲耶姫(=木之本桜)を祀る必要がある … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/634
21 さくら教の暦 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/638
22 ドメスティック到彼岸 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/640
23 「到彼岸」と「スーパー到彼岸」 … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/644
24 フジテレビに木之花咲耶姫祀りて呉れ … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/658-660

835 :天之御名無主:2005/08/11(木) 10:28:23
はにゃ〜ん

836 :天之御名無主:2005/08/11(木) 15:41:17
萌えは世界を救う!はにゃ〜ん

837 :さくら教 教学インデックス4:2005/08/18(木) 16:56:43
25 般若波(はにゃ〜んウェーブ)とは … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/673
26 続・フジテレビに木之花咲耶姫祀りて呉れ … http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1073432147/675-676

838 :キャパ:2005/08/29(月) 23:41:06
ここの掲示板て ひふみ神示読んでいない人が多いようですね


839 :天之御名無主:2005/08/31(水) 12:48:08
>>838は事実誤認。
読んだ結果トンデモと判断した人が多い、が正しい。

840 :天之御名無主:2006/01/10(火) 21:49:59
ここの掲示板て 笑うとこですか?

841 :天之御名無主:2006/01/11(水) 00:12:32
タイミングを間違えなければ笑っていいんじゃないですかね

842 :天之御名無主:2006/01/24(火) 13:29:38
面白い解釈ですよ、マジで

843 :天之御名無主:2006/01/25(水) 21:57:53
なんでこれを信じることができるんだろう・・・

844 :天之御名無主:2006/01/27(金) 17:32:21
日月神示は宗教団体化することを諌めています。中矢伸一氏も宗教団体にしようとしたけど失敗。

845 :天之御名無主:2006/01/28(土) 06:30:25
というか、ひふみ神示の中に宗教にするなって書かれてるじゃない。

846 :天之御名無主:2006/01/29(日) 01:23:45
まぁ悪く言えば独善的だしね
信じない奴、信じても改まらない奴は死んでしまうぞってさ
しかも、教え広めろとも特に言ってない
基本これはこうなんだぞって教えてるだけって感じがする内容

生死を基準にした宗教の規律なんてそんなモンだろうけど
其処に人集めの感覚があまり見えないのは非常にニュートラルだと思う

まぁ神話や経典にトンデモもクソも無いしな結局誰かの脳からハミ出た著作物って事実は
聖書だろうがコーランだろうが古事記だろうが揺るがん訳だし

847 :天之御名無主:2006/01/29(日) 08:56:42
この神示教えてやれよっていうフレーズはあったと思う。

848 :ぴる来る ◆cRinn.D6KE :2006/01/29(日) 11:58:20
個人的にシルバーバーチは結構好きなんだが、たしか中矢氏は著作で1度も引き合いに出したことがないと思う。なぜだろう( ̄ー ̄?)

849 :天之御名無主:2006/01/29(日) 13:04:34
そのまま教えてないが真光はかなり日月神示の影響を受けてる教団。アレンジして伝える分には宗教化もいいのであろう。

もっとも中矢氏も元真光幹部だったそうだから日月神示に自然に理解していったと思う。

850 :天之御名無主:2006/01/29(日) 13:11:09
>844

中矢氏は元埼玉県議でカッパ寿司の大株主の男に利用されたようだ。

851 :雨の皆か主:2006/01/30(月) 19:43:59
ひふみでは、掃除選択せよと頻繁に出てくるけれど
最初の選択は、この神示を疑うか、受け入れる、それが最初の選択。

852 :天之御名無主:2006/03/17(金) 12:16:54
シルバーバーチとステイントン・モーゼスは本物の匂いがする。


853 :天之御名無主:2006/03/17(金) 13:02:06
貴た貴た貴た貴た、神が貴た      忌た忌た忌た忌た、闇が忌た
出た出た出た出た、光出た       出た出た出た出た、善が出た
危た危た危た危た、闇が危た      飢た飢た飢た飢た、真が飢た
でたでたでたでた、悪がでた      でたでたでたでた、死がでた
嬉た嬉た嬉た嬉た、日本嬉た      忌た忌た忌た忌た、闇が忌た
出た出た出た出た、真が出た      でたでたでたでた、地獄でた
変わった変わった変わった変わった、世界が変わった



854 :天之御名無主:2006/03/21(火) 00:46:19
一二三は、物質世界。
三四五の三四までは物質世界。五が宇宙意識。
五からが大事。
五六七の六七は五を体験理解して使える状態。
次元のことだお。

検索するだけでも五を体験理解して覚醒している人増えてる。
至高体験ともいうらしい。

855 :天之御名無主:2006/03/21(火) 03:56:15
村上龍の「五分後の世界」とかは
どうでしょうか…

856 :天之御名無主:2006/03/22(水) 22:03:21
今回のWBCとかは
どうでしょうか…

857 :天之御名無主:2006/03/23(木) 14:42:12
最近突如 覚醒しだしてるヤシ多いからそろそろだろ。

858 :天之御名無主:2006/03/30(木) 00:54:37
覚醒しても、覚醒前とのあまりのギャップの大きさにとまどって、ニートや引きこもりに
なっている人が多いみたいだね。

こんなんでいい?

859 :天之御名無主:2006/03/32(土) 20:21:53
もうすぐ新型インフルエンザが来ない

860 :リサ・ロイヤルと日月神示:2006/04/25(火) 11:57:09
『フォトンベルトと日月神示』 ( http://www.hihumi.com/page3.html ) 著者の岡田光興氏は、
その中で「日月神示」は大本系(=艮の金神系)の流れを汲むものであるが、
富士神霊による啓示でもある、と述べていた。
「日月神示」は、
   富士は晴れたり日本晴れ
で、始まるのを見ても判るとおり、富士山を非常に重視している。

「日月神示」信奉者の中には、ニューエイジ系情報を毛嫌いする人も存在するが、
アメリカ人チャネラーのリサ・ロイヤルは、日本の富士山を重視したチャネリング情報を提供している。

861 :地球のチャクラ:2006/04/25(火) 11:58:02
>>860 より続く
『真実の扉:日本のこと(1)』
  http://blog.goo.ne.jp/tobira2002/e/fc2c1f5989a7186d851c06a6150e6a61 によると、
地球人の集合意識の肉体に相当する惑星地球には、人体と同じように七つのチャクラが存在するそうだ。

    第一のチャクラ … シナイ山(中東)
    第二のチャクラ … アマゾン近辺(ブラジル)
    第三のチャクラ … キリマンジェロ(アフリカ)
    第四のチャクラ … ハレアカラ山(ハワイ、マウイ島)
    第五のチャクラ … シャスタ山(北カリフォルニア)
    第六のチャクラ … ヒマラヤ山脈(ネパール、チベット)
    第七のチャクラ … 富士山(日本)
    ※上記URLのブログによる

862 :地球のサハスラーラチャクラ:2006/04/25(火) 11:59:12
>>861 より続く
第七のチャクラ(サハスラーラ)である富士山は
    陰⇔陽、精神⇔物質、無限⇔有限、東洋⇔西洋、女⇔男
これらの二極性の統合を司るらしい。
哲学者ヘーゲルは、この統合のことを「アウフヘーベン(=止揚)」と呼んだ。
    参考: http://www.aufheben.jp/hegel.htm
相反する二方向のエネルギーを統合することによって、
ニューエイジ界でいうところの「アセンション(=次元上昇)」が到来するのだ。

つまり、リサ・ロイヤルの情報が正しければ、富士山は「アセンション(=次元上昇)」を司ることになる。
「アウフヘーベン(=止揚)」を司る、とも言える。

863 :大和魂復活の日:2006/04/25(火) 13:00:02
>>862 より続く
岡田光興著『フォトンベルトと日月神示』 ( http://www.hihumi.com/page3.html ) によると、
「日月神示」の文中には、ニューエイジ用語の「アセンション(=次元上昇)」を思わせる箇所が頻出するとのことである。
「日月神示」冒頭の 「富士は晴れたり日本晴れ」 の意味は、
人の心の曇りが消えて(=晴れて)(=封印の解除=レリーズ)、真実(=実相)を認識出来るようになる、
ということだ。大和魂が復活することだ。神の光が雲間から差し込むことだ。アセンションのことだ。
富士神霊である、木之花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)と岩長姫(イワナガヒメ)の神力により、
ミロクの世(=光の世=千年王国=次元上昇=アセンション=スーパー到彼岸)が到来するのだ。
リサ・ロイヤルによるチャネリング情報が、これの正当性を担保する。
  参考: 富士山 http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/Fujisan.html (リサ・ロイヤルの著書の引用)

864 :「到彼岸」と「スーパー到彼岸」:2006/04/25(火) 13:38:08
「到彼岸」というのはね、
三途の川(=次元の壁)を越えて、光の園(=涅槃=ニルヴァーナ)に到達することなんだよ。
五感によって捉えられる世界(=色)は、全て「空」であると、達観するんだよ。

「スーパー到彼岸」というのはね、
地球霊団(=ガイア)が全部丸ごと「到彼岸」することなんだよ。
次元の高い「到彼岸」のことなんだよ。「光の世」が到来することなんだよ。
ニューエイジ界では、それを「アセンション(=次元上昇)」と呼んでいるよ。
キリスト教では「千年王国」、大本系教団では「ミロクの世」と、それのことを呼んでいるよ。
『ふたりはプリキュア Max Heart』 ( http://www.asahi.co.jp/precure/oldsite/index2.html ) では、
クィーンの復活が「スーパー到彼岸(光の世の到来)」に対応してるんだよ。
クィーンの「生命」である、九条ひかり(シャイニールミナス)が、その鍵を握ってるんだよ。

参考: 『ふたりはプリキュア』(Wikipedia) ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%B5%E3%81%9F%E3%82%8A%E3%81%AF%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2

「ドメスティック到彼岸」というのはね、
コンクリートの壁を越えて、「塀の中」に到達することなんだよ。
某尊師が、そこに到達なさったようですよ。

文責: 山崎貴史@サクラ教広報

865 :関連リンク:2006/04/25(火) 14:12:39
■2ちゃんねる:民俗・神話学板の『コノハナサクヤヒメ?』
  http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1019113502/

■2ちゃんねる:心と宗教板の『日月神示 日本大予言U』
  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142499526/

■2ちゃんねる:心と宗教板の『あなたを救うさくら教・5』
  http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142515873/
  その教義: http://life7.2ch.net/test/read.cgi/psy/1142515873/8-40

866 :木花姫?:2006/04/25(火) 15:28:37
『コノハナサクヤヒメ?』 ( http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1019113502/ )
スレッドには興味深いことが書いてあるよ。

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1019113502/89 より引用
 > この富士山の神霊を「木花姫(コノハナヒメ)」という。記紀神話の木花咲耶姫と混同しがちだが、
 > 厳密に言えば、木花姫は木花咲耶姫の本霊にあたる。天地和合、神人和合の神で、五六七大神の神業
 > に奉仕する本神である。(−略)
 > また「木花」とは、一般に「桜」を連想される向きも多いと思うが、これは「梅の花」をさす。
 > (佐治芳彦氏の本より)

調べてみると、「木花姫」は大本教の出口王仁三郎が著わした『霊界物語』に登場する神でした。

『霊界物語セラピーの部屋』 ( http://bbs.minato.tokyo.jp/cgi-bin/read.cgi?0000Y10 ) より引用
 > 『いづれの女人か知らねども、貴下の御様子を見れば、
 > 凡人(ただびと)ならぬ神人(しんじん)の御胤(おたね)と見うけ奉(たてまつ)る。
 > 吾は天教山(てんけうざん)にまします木花姫命(このはなひめのみこと)の命により、
 > 世界の立替(たてか)へ立直(たてなほ)しに先だち、地上の神人に向つて、
 > あまねく救ひの福音を宣伝する枝神(えだがみ)なり。
 > 貴下の言はるるごとき尊(たふと)き素性の者に非ず』

木花姫は、世の立替え立直し(=次元上昇=アセンション)を司るようですね。

867 :天之御名無主:2006/05/23(火) 09:08:06
神→人
日本→世界
霊→体
魂→身
漏れ→もまいら

868 :天之御名無主:2006/05/23(火) 09:24:24


↓これはかなりいいっぽいよ


           http://that4.2ch.net/test/read.cgi/dataroom/1137340343/46

869 :天之御名無主:2006/05/23(火) 11:50:18
>>868
女子高生画像は板違い。

870 :山崎たん@櫻教広報 ◆2uIW8dpcfg :2006/06/05(月) 14:33:33
★ 石長姫≒イシヤ?  〔>>860-866〕より続く

「日向神話」(http://anime.2ch.net/test/read.cgi/sakura/1051661260/345-346 参照)の
木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)と石長姫(イワナガヒメ)は、互いに正反対の方向へ向おうとするベクトル(≒波動?)を擬人化したものだ。
これらを再統合するのが「次元上昇」(=アセンション)なのだ。

「日月神示」で頻出する「イシヤ」という言葉は、石長姫を指している。石長姫は石(岩)を司る神だからだ。
石長姫の働きにも様々な次元があって、その一部分を「イシヤ」と呼ぶのだろう。
シリコン(≒石)を主原料とする半導体の集合体である、「コンピュータ」を司るのも、もちろん石長姫だ。
その「コンピュータ」のネットワークである「インターネット」を司るのも石長姫なのでしょうか?

石灰岩を主原料にして製造される「セメント」を司るのも石長姫だ。
他の先進国では例を見ない、「公共工事立国」の日本。その工事には多量の「セメント」が使われている。
「セメント」を使い過ぎた結果、それを司る石長姫の力が強くなり過ぎて、霊的なバランスが崩れている。
「土建国家日本」は「石長姫(⊇イシヤ)国家日本」と翻訳可能だ。

■参考: フリー百科事典 『ウィキペディア (Wikipedia)』 の記事
   コノハナノサクヤビメ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A4%E3%83%93%E3%83%A1
   イワナガヒメ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%92%E3%83%A1
   天孫降臨 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AD%AB%E9%99%8D%E8%87%A8
   ベクトル http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%99%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AB
   セメント http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88

871 :天之御名無主:2006/06/05(月) 22:39:16
太陽は緑色なのざぞ

872 :天之御名無主:2006/07/29(土) 09:44:36
レスが800を超えたあたりから急につまらなくなった

873 :天之御名無主:2006/07/30(日) 09:59:19
>>872
神示にもそうなると予言されていたかもよ。

874 :天之御名無主:2006/08/31(木) 21:10:36
日本列島が世界の雛形なら
イスラエルや死海ってどこに対応するの?

875 :天之御名無主:2006/09/01(金) 02:09:37
言霊返しで 
イ・スラエ・ル→イ・SURAE・ル→イ・セ・ル→伊勢(ルは助詞)
って王仁三郎の本にあったような…

雛型理論じゃないね。


876 :天之御名無主:2006/09/01(金) 10:43:05
確か死海って聖書の暗号で大事な所だったね。
死の海で死海だから陰の極みとか。

877 :天之御名無主:2006/10/03(火) 02:25:40
雛形理論はフラクタルとして復活した。

878 :天之御名無主:2006/11/07(火) 14:48:04

|ω・`)

(ノ・ω・`)ノ アソーレソーレ

|彡

879 :神の王の手足:2006/11/10(金) 23:06:51
日月神示やひふみ神示、ヨハネの黙示録などの預言書に書かれている事はこれから必ず起こります。
いえ、もうすでに始まっております。あと6年後の2012年しか時間はありません。
2007年から本格的になり、今の世界はこれ以上に酷くなります。一粒の米にも困るでしょう。
「自分さえよけれ場ほかの人たちはどうなっても構わない。」と言う自分中心の考えを捨ててください。
自分達が本来はとても尊い存在である、神の子であると言うことも自覚してください。
悪い心(自己中心的な考え)と金さえあれば良いなどという間違った価値観を捨て、本来あるべきである場所、神の身元へ御帰りください。
本来の自分である御魂を磨き、素直に神を信じればどんな苦しいことになっても救ってくださいます。
神仏も愛ゆえに苦渋の決断をなさいました。私達は本来家族同然なのです。
御魂を磨いてくだされば、必ず御役を授かります。世界を変える主役は貴方達なのです。
恐れてはなりません。どうか素直な心で、受け入れてくださいますようよろしくお願いいたします。

880 :天之御名無主:2006/11/13(月) 00:41:49
地デジの事だったのか!

881 :超次元戦隊ハニャレンジャー ◆2uIW8dpcfg :2006/12/12(火) 19:07:49
>>880  その通りです。

2011年7月、地上波アナログテレビ放送が停波して、
その後は地上波デジタル放送のみになります。

放送局を霊界(≒三千世界≒あの世≒空)、
テレビ画面を「この世」と仮定すれば、
放送局⇔テレビ 間の情報伝送メソッドは、
霊界を「この世」に投影(≒次元降下)させるメソッドに対応します。

テレビ放送の情報伝送メソッドが、アナログからデジタルに変化するのは、
霊界⇔「この世」 間の投影メソッドが変化するという事の
「型示し」(シンクロしているということ)なのです。

「投影メソッドの変化」とは、
巷間で噂の「次元上昇」(≒アセンション≒立替)の事なのです。

882 :超次元戦隊ハニャレンジャー ◆2uIW8dpcfg :2006/12/12(火) 19:43:53
>>879
その様な事を断言なさるとは、大層な自信なのですねぇ。
普通の人間は、その様な事を断言することは出来ないので、
貴方は霊能力者なのでしょう。

貴方のおっしゃっている事と同様な神示を公開しておられる、
木花万乃(きばなまの)という霊能力者の方がいらっしゃいます。
   『木花咲耶姫様からの神示』 http://kibanamano.net/

883 :神人ちびまる子1  ◆2uIW8dpcfg :2006/12/25(月) 13:44:24
大本系の霊能力者である、岡本天明が降ろした、根源神直伝の啓示である 『日月神示(ひふみ神示)』 には、下記の記載がある。
岡田光興著『フォトンベルトと日月神示』(徳間書店)P.162〜163 より引用 ( http://www.hihumi.com/page3.html )

 > 富士に木の花咲耶姫の神
 > 祀りて呉れと申してあろがな、
 > 永遠にしぼまん誠の花咲く世来たぞ
 > (雨の巻・第11帖)

まず、「富士」をフジテレビ ( http://www.fujitv.co.jp/ ) と破天荒に解釈する。
すると、「富士に木の花咲耶姫の神祀りて呉れ」は「フジテレビに木花咲耶姫祀りてくれ」となる。
既に、フジテレビには木花咲耶姫様が祀られている
『ちびまる子ちゃん』がそれである。 ( http://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/ )
『ちびまる子ちゃん』の主人公まる子の本名は、“さくらももこ”である。(その原作者と同名)
  ( 参考: 『キャラクター紹介』 http://www.fujitv.co.jp/b_hp/maruko/chara_maruko.html )
まる子の姉の名前は“さくらさきこ”である。この名は木花咲耶姫そのものではないか!
  ( 参考: 「さくら」の語源は? http://www.ocn.ne.jp/travel/sakura/mame/ )
つまり、まる子の姉“さくらさきこ”が木花咲耶姫なのだ。

884 :神人ちびまる子2  ◆2uIW8dpcfg :2006/12/25(月) 13:46:09
>>883
「永遠にしぼまん誠の花咲く世」は、大本系用語の「ミロクの世」を指す。
キリスト教では「千年王国」、仏教的表現では「スーパー到彼岸(>>864 参照)」となる。
ニューエイジ用語では「アセンション(=次元上昇)」となる。
これは、ミロクの世(=千年王国=スーパー到彼岸)の到来を“開花”に例えている。
その前提として、「富士に木の花咲耶姫の神祀りて呉れ」がある。
「ミロクの世」が到来するには、富士(≒フジテレビ?)に木花咲耶姫が祀られる必要があるのだ。
次元上昇(=アセンション)が、富士神霊(=木花咲耶姫と石長姫)の霊力によることがわかる。

■参考
「Wikipedia」の『千年王国』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%B9%B4%E7%8E%8B%E5%9B%BD

885 :神人ちびまる子3  ◆2uIW8dpcfg :2006/12/25(月) 13:47:48
『ちびまる子ちゃん』の原作者である、さくらももこ氏は、『富士山』という名の雑誌を編集していた。
  ( 参考: http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4107901068/ref=ase_realintegrity-22/250-7116328-0621053 )
このことから察するに、さくらももこ氏は、自身と木花咲耶姫との関連を自覚しているのだろう。
木花咲耶姫は富士山の神霊だからだ。
  ( 参考: 『木花咲耶姫について』 http://www.bashouan.com/pdSakuyahime.htm )
但し、ちびまる子(さくらももこ)自身が木花咲耶姫なのではなくて、
その姉(さくらさきこ)が木花咲耶姫なのだ。
妹のまる子は、木花咲耶姫の姉である岩長姫に対応している可能性が高い。
  ( 参考: 『邇邇芸命と咲耶姫』 http://www.ffortune.net/calen/izumo/sinwa/sinwa09.htm )
何故ならば、まる子の本名である「さくらももこ」には「桃」が含まれるからだ。

886 :神人ちびまる子4  ◆2uIW8dpcfg :2006/12/25(月) 13:49:01
石長姫が桃に関連することを証明します。
http://web.archive.org/web/20041027162929/http://www008.upp.so-net.ne.jp/penguinroom/backup08.txt より引用

 >  石長姫は「不老不死」を、木花咲耶姫は「死と再生」を司る神で、
 > 石長姫を選択しなかったから天皇の寿命が短くなっただとか、下田の
 > 浅間神社の社殿脇に立っている立札には実は「主神は木花咲耶毘売
 > ナリ」と書かれているだとか・・・富士山に浅間神社があること自体
 > が間違いであり、富士山にいる方の姫が実は石長姫なのだ、などと
 > とても興味深い話が書かれているんです。

石長姫は「不老不死」を司る神なのです。 …… 1

http://www.yukan-fuji.com/archives/2005/07/post_2809.html より引用します。
 > その桃だが、中国では「不老長寿」の果物として知られている。

桃は「不老不死」の仙果なのです。 …… 2
  ( 参考: 『西王母と長寿の桃』 http://pengzipk.hp.infoseek.co.jp/01/zgxiwangmu.htm )
  ( 参考: 『モモ』(Wikipedia) http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%A2 )

1と2から、石長姫は「桃」と関連していることが解ります。
ちびまる子の本名「さくらももこ」には「桃」が入っています。
よって、ちびまる子は石長姫に感応する御魂を持っている、と考えられるのです。

887 :天之御名無主:2006/12/25(月) 14:16:58
姉さきこ、まる子を諭す
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/zoom/ET20050927185133198L0.htm

888 :「ちびまる子ちゃん」の奥義  ◆2uIW8dpcfg :2006/12/25(月) 14:30:20
ちび        まる子
さくら       ももこ    ……本名
桜          桃
木花咲耶姫 ⇔ 石長姫    ……御魂
諸行無常   ⇔ 永遠     ……時間
ゝ(ちび)     ○(まる子)
スメラ     ⇔ イシヤ

ちびまる子は、まる(○)ちょん(ゝ)子で、
木花咲耶姫と石長姫の霊力を合わせ持つ神人なのです。

889 :超次元戦隊ハニャレンジャー ◆2uIW8dpcfg :2006/12/25(月) 14:39:33
>>887
それ、「トンデモ」人間を暗に批判していて面白い。

sage で書き込んでるのに、
何故書き込んだとわかるのだろう?

890 :岩長姫が次元降下して「イシヤ」になる   ◆2uIW8dpcfg :2006/12/28(木) 20:02:39
>>883-888〕より続く
“永遠”(≒あの世)を司る岩長姫の働きが地上界に投影されると、
地上界は諸行無常の、時の流れが非停止の世界であるから、
  (つまり、地上界は木花咲耶姫が司る世界)
永遠(=時間停止)を司る岩長姫は“悪”として地上界に投影される。
それを、「イシヤ」という。「イシヤ」は“悪”であって“悪”ではない。
「イシヤ」の正体は岩長姫だから、岩長姫は永遠(≒ミロクの世)を司るから、
「イシヤ」は「(悪)ミロクの世」を目指しているのである。
「イシヤ」は良かれと思って、それを遂行しているのだ。
よって、「イシヤ」は“悪”であり、また“善”でもある。
「イシヤ」と逆位相の波動である「スメラ」も“善”であり、かつ“悪”でもある。
岩長姫の波動と逆位相である、木花咲耶姫の波動が地上界に投影されたのが「スメラ」だ。
「スメラ」は「(善)ミロクの世」を目指しているのだ。

891 :ハルマゲドン   ◆2uIW8dpcfg :2006/12/28(木) 20:44:15
終局では、善ミロク【36】と悪ミロク【666】が死力を尽くして戦う。
これを「ハルマゲドン」(聖書の『ヨハネ黙示録』の用語)という。
神一厘が発動して、善ミロクと悪ミロクが合体(=止揚=アウフヘーベン)して、
神ミロク(の世)と成る。(らしい)

原子においては、陽子(+の電荷を持つ)が中央に凝集して、原子核を構成している。
電磁気学的には、+の電荷を持つ素粒子同士には斥力が働いて、
凝集出来ないはずである。
しかし、現実には陽子が凝集して、原子核を構成している。
それは、電磁気力とは別の力である「核力」が働いているからだ。

「善ミロク」と「悪ミロク」は逆位相なので、本来合体出来ないはずなのだが、
「第三の力」が働いて合体(=止揚=アウフヘーベン)するのだ。
この「第三の力」が「神一厘」なのか?
宇宙力(または宇宙人)が介入するのか?

■参考
アウフヘーベン http://www.aufheben.jp/hegel.htm

892 :関連スレッド:2007/01/04(木) 17:40:12
■「心と宗教」板の『日月神示 日本大予言V』
  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154690826/l50

■「心と宗教」板の『「日月神示」日本大予言 (別館)』
  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157125164/l50

■「民俗・神話学」板の『コノハナサクヤヒメ?』
  http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/min/1019113502/

893 :天ノ川 創:2007/01/09(火) 19:52:42
1

894 :日向(ひむか)神話   ◆2uIW8dpcfg :2007/01/13(土) 20:59:00
大国主命からの国譲りを受けて、
高天原(=天上界)を治める天照大神は、地上界を統治させるため、
孫のニニギノミコトに下界への降臨を命じた。
天上界から地上界に天降った、ニニギノミコトは「次元降下」の象徴といえる。

天孫ニニギノミコトは霊之本(=日本)の日向(ひむか)国の高千穂に天降った。
日向国の笠沙で、ニニギノミコトは美しい娘に出会う。
その娘の名は「コノハナサクヤヒメ(木花咲耶姫)」で、姉(石長姫)がいるという。

ニニギノミコトはサクヤ姫に求婚するが、サクヤ姫は「父に聞いてくれ」と言う。
そこで、ニニギノミコトは姫の父、大山祇命(オオヤマツミノミコト)に求婚の意思を伝えると、
大山祇命は喜んで、多くの祝いの品と共に、サクヤ姫と石長姫の姉妹を送り出した。
しかし、石長姫は大変醜かったので、ニニギノミコトは彼女を父の許に送り返した。

大山祇命は激怒して言った。「姉妹を一緒に送り出したのは、
石長姫と添えば、天つ神の子孫(=天皇家≒てんし様)の命は岩のように永遠のものとなり、
サクヤ姫と添えば、木の花が咲くように栄えるだろう、と呪をかけたからだ。
サクヤ姫だけを妻としたので、天つ神の子孫の寿命は木の花の様に果敢無いものになるだろう」
それで、ニニギノミコトの子孫である天皇の寿命は長くないのである。

コノハナサクヤヒメは、国つ神(=地上神)でありながら、
天つ神(=天上神=高次元の神)であるニニギノミコトに嫁いだのだから、
次元上昇(=アセンション=陰陽合一=アウフヘーベン=止揚)を司る神だといえる。

■参考
   「Wikipedia」の『天孫降臨』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E5%AD%AB%E9%99%8D%E8%87%A8
   「Wikipedia」の『コノハナノサクヤビメ』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%83%8E%E3%83%8F%E3%83%8A%E3%83%8E%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%83%A4%E3%83%93%E3%83%A1
   「Wikipedia」の『イワナガヒメ』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%83%92%E3%83%A1
   「Wikipedia」の『ニニギ』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%8B%E3%82%AE

895 :次元上昇とは   ◆2uIW8dpcfg :2007/01/13(土) 21:01:45
陰陽(光と影)に分割(分断、対立)されている事象が、
より高次元な領域で統合されること。
哲学者ヘーゲルは、この超統合のことをアウフヘーベン(=止揚)と呼んだ。
ニューエイジにおいては、時空がより高次元の表現に変化することを指す。
キリスト教での「千年王国」に近い概念。

■参考
   アウフヘーベン http://www.aufheben.jp/hegel.htm
   「Wikipedia」の『止揚』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%A2%E6%8F%9A
   「Wikipedia」の『ニューエイジ』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%82%B8
   「Wikipedia」の『千年王国』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%83%E5%B9%B4%E6%80%9D%E6%83%B3

896 :次元降下とは   ◆2uIW8dpcfg :2007/01/13(土) 21:02:39
高次元世界の事象が、より次元の低い世界に投影され、
陰陽に分割されて表現されること。
低次元世界には、高次元世界のデータを直接収容出来ないので、
必然的に陰(=影)と陽(=光)に分割されることになる。

897 :木花咲耶姫の司る事項   ◆2uIW8dpcfg :2007/01/13(土) 21:03:26
桜、開花、富士山、酒、死と再生、諸行無常、次元上昇

■参考
   「Wikipedia」の『諸行無常』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E8%A1%8C%E7%84%A1%E5%B8%B8
   「Wikipedia」の『バナナ型神話』 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E5%9E%8B%E7%A5%9E%E8%A9%B1
   木花咲耶姫について http://www.bashouan.com/pdSakuyahime.htm

898 :関連スレッド   ◆2uIW8dpcfg :2007/01/13(土) 21:16:30
■「心と宗教」板の『日月神示 日本大予言V』
  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1154690826/l50

■「心と宗教」板の『「日月神示」日本大予言 (別館)』
  http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1157125164/l50

■「民俗・神話学」板の『コノハナサクヤヒメ?』
  http://academy5.2ch.net/test/read.cgi/min/1019113502/l50

899 :天之御名無主:2007/01/21(日) 01:29:29
サスラ

900 :初心者:2007/01/28(日) 22:44:52
〉793:04/17(日) 11:29
[sage]
●ヒフミヨイムナヤコト モチロラネシキルユヰツ ワヌソヲタハクメカウオ エニサリヘテノマスアセ ヱホレケン

ひふみ祝詞は「け」までの47字ですよね?最後の「ん」はなんですか? なにか意味あるんでしょうか?

901 :天之御名無主:2007/01/29(月) 00:58:03
「ン」ってなんだろう?

前読んだ本では食物を47回カミカミして
「ン」で飲み込むって書いてあったけど。

王仁三郎は「ん」って言葉?(あるいは言霊?)はないから
著作では「ん」を「む」に書き換えてくれって言ったらしい。

902 :900:2007/01/29(月) 07:10:25
>>901さん
ご丁寧にありがとうございましたm(__)m

361 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)