5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

不思議な弥勒信仰

1 :天之御名無主 :02/01/20 19:10
昔の弥勒信仰から変遷した弥勒信仰まで、
どんどん書きましょう。

2 :天之御名無主:02/01/20 19:11
どんどん書かねーよボケ

3 :天之御名無主:02/01/20 19:14
江戸時代になると、弥勒信仰ってユートピアとして考えられる
ようになったんでしょう、確か。

4 :ようしらんけど:02/01/20 21:22
白蓮教って弥勒信仰と関係あるんだっけ。
明を建国した朱元章って白蓮教徒の親玉だったらしい。
タイやラオス・北ベトナムで
よく「救世主教」っていうのがはやって、
政府役人を殺したり集団自殺したりしてる。
どうも来世に期待させる宗教はヒトデナシが多いようだ。
弥勒信仰逝ってよし!

5 :天之御名無主:02/01/21 16:10
五十六億七千万年
……っていつから数えてんの? 今何年目?

6 :天之御名無主:02/02/10 04:05
>>4
親玉ではないよ。幹部ではあったけど。
>>5
釈迦入寂から数えて56億7千万年です。確か。

7 :万子:02/02/10 10:10
>>6
下生する地球がないよ。

8 :天之御名無主:02/02/10 10:20
>>5
しかしすごいよなその数字…
何か子供が適当に決めたみたいだ。

弥勒下生まであと約56億6999万7500年くらいか…
いや〜、果てしないな。

9 :天之御名無主:02/02/10 16:45
56億7千万年待ちきれないせっかちさんは、阿弥陀仏にすがりなされ。

10 :天之御名無主 :02/02/11 07:56
昨年末のNHKスペシャルで宇宙のことをやっていたのいだけれど、
これから先、生まれる星よりも消滅する星のほうが増え、
遠い将来宇宙空間には星が無くなってしまうのだそうな。
それが60億年弱先だって聞いたときには妙に納得してしまった。

11 :天之御名無主:02/02/11 08:26
仏ゾーンで
年は念と読み
人口が56億を越えたとかって言ってたけど
穴勝ち嘘でもなさそうのような。

それとも地球が滅亡して又新しく
歴史繰り返す時
丁度釈迦ぐらいの時代が回ってきたらって話?

12 :天之御名無主:02/02/11 10:46
見当つけて言い切った者勝ちか・・・
・・まるでそれでは「グル・高橋」ではないですか・・・

dでも理論も時間をかければありがたみが出てくるという
・・そゆことかも。

13 :天之御名無主:02/02/11 13:13
>>9
お釈迦さんが死んでから弥勒が出てくるまではお地蔵さんの担当ですよ。

14 :天之御名無主:02/10/12 20:06
>5
ビッグバンから数え初めて
もうそろそろ五十六億七千万年たちます

15 :天之御名無主:02/10/30 23:31
布袋和尚=弥勒菩薩 についての考察を汁!

16 :山崎渉:03/01/11 03:20
(^^)

17 :山崎渉:03/03/13 13:31
(^^)

18 :天之御名無主:03/03/15 08:09
>>16
しね

19 :天之御名無主:03/03/15 17:57
弥勒菩薩は
サンスクリット名のマイトレーヤ(慈悲もしくは慈愛)から慈尊とも呼ばれる慈悲深き菩薩さま。

一説によれば
マイトレーヤはキリスト教に多大な影響を与えた古代ローマのミトラ教の主神ミトラと同じとされる。

日本に空海がもたらした秘神マダラ神の奇祭はたしか名前に「牛」が付いてた(牛追い祭?)が
牛頭大王(スサノオと同体とされる)との関係はいかに?

大本の神話ではスサノオがミロク大神と同体となってるらしいけど。



20 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

21 :天之御名無主:03/06/25 16:36
ミトラ→ミノタウロス
 ↓
マイトレーヤ
 ↓
弥勒、牛王、摩多羅神

あと、ミトラはインドで「友愛の神」とされたため、今でもインドでは牛(友愛の神の使い)は聖獣。
リグ・ベーダなどにその名残が残ってるね。

22 :天之御名無主:03/06/25 19:21
ミノス→ミノタウロスだろ、普通。

23 :天之御名無主:03/06/26 13:30
摩多羅神は空海がもたらしたのではないよ。
最澄の弟子、円珍(慈覚)だよ。


24 :天之御名無主:03/06/27 17:05
いつも不思議に思うのだけどいろんな如来とか菩薩って釈迦が生きてた時は
何処で何をしてた事になってるの?

25 :天之御名無主:03/06/30 04:15
突っ込んでよいのかな?
>60億年弱先だって聞いたときには妙に納得してしまった
「弱」がどの程度の年月を指すかは知らんが、3億年の誤差は、神仏はともかく人には長すぎ(^^;
>年は念と読み、人口が56億を越えた
無理。サンスクリットでの、年と念(心とか魂、思念かな?)の読み方が違いすぎ。
弥勒信仰の成立年代と、原典の言語。そして発音の詳細が比較されないと所詮はトンデモ論。
日本の新興宗教なら飛び付きそうな理屈だが、理屈が日本語限定ってのは、馬鹿すぎw

26 :天之御名無主:03/06/30 11:11
>>24
釈迦入滅後、釈迦以前にも悟りを開いた前人がいる筈だと考え、
釈迦の説く世界観を元に創り出されたのが如来や菩薩。
因みに如来は悟りを得た者、菩薩は悟りを得るために修行中の者。
宇宙の中心には大日如来が鎮座しているが、その大日如来が
人間界に教えを広める為に釈迦の姿となって
この世に下生したと考えられている。


27 :天之御名無主:03/07/01 10:24
釈迦ってもし実在の人ならもっと素朴な人で当時はありふれた修行者の一人に
過ぎないと思う。後の世で勝手に大日如来の化身とかにされてるのを知れば
当惑するんじゃないかなとか考えてしまう。

28 :天之御名無主:03/07/01 13:57
>>27
それは古の教祖すべてに言えることだと思う。キリストも例外じゃない。
「私はユダヤの律法を破るためではなく、成就するために来た」
とあるように、キリストはユダヤ教を否定していたわけじゃないし、
ましてや新たな宗教を作る意志なんてさらさらなかった。
「私は神の子である」という発言も、自分が特別な存在だという意味ではなく
人間は神によって創造されたのであり、全ての人は神の子であるという
意味であったらしい。
キリストの死後、教団が成立し、その意味が変わってしまった。
キリストが今のキリスト教を見たらマジで腰抜かすと思うよ。

29 :山崎 渉:03/07/15 12:32

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

30 :天之御名無主:03/07/25 01:00
>>10
今さらだがよ。
60億年そこらってのは、人や仏にとっちゃどうだか知らんが
宇宙にとっちゃさほどの時間でもないぜ。

天体が徹底的に崩壊するのは、「10の60乗」年後だ。
1兆×1兆×1兆×1兆×1兆年、塵劫記の単位で言えば1那由他年。

宇宙はデカイ。お釈迦様にも思いもよらないくらい広くて、長い。

31 :天之御名無主:03/09/09 01:34
それは古の教祖すべてに言えることだと思う。キリストも例外じゃない。
「私はユダヤの律法を破るためではなく、成就するために来た」
とあるように、キリストはユダヤ教を否定していたわけじゃないし、
ましてや新たな宗教を作る意志なんてさらさらなかった。
「私は神の子である」という発言も、自分が特別な存在だという意味ではなく
人間は神によって創造されたのであり、全ての人は神の子であるという
意味であったらしい。
キリストの死後、教団が成立し、その意味が変わってしまった。
キリストが今のキリスト教を見たらマジで腰抜かすと思うよ。


32 :太国玉:03/09/21 21:55
后天袋 それ弥勒の佛宝 


33 :天之御名無主:03/11/30 23:08
          /""`'・.,
         ,/'   ..::::\.,__,,,.....,,,__
        ,i'    ...::::::::"""    `''・-、.,_   _,,......,,,_
         i'  ...::::"           ":::`・'"~   :|
        /"                 " ::::  ...::,l
       ./'                     "::::::/
      .i'                       ::"i,
       i'         ノ             .::::::|
       .i'           ノ         \  .:::::::|   
      i;           ノ  i、.,    ,.    ..::::::::|
       '、          ノ  |  `"~'人      ::::::::ノ
        \        ノ   l,    /     .:::::::/  
         `/(     ノ     i.,_,/     ...:::::ノ' カモの次は比内鶏でもかまわんで。
      ,.-'"~ ~"ー-.,,__          .....:::::::ノ').,
     ./=ー'"~"`ー-.,_~"\-.,_  ,...,_ "";.-、::/ノ::: 'i,
    / ̄    :::::〜`i.():::\`""| `(^);;;;;|;;/;:::::::: 'i,
  . /         ::::::`i |:::::):;;;;;i、,/人_ノ;;;;'i,::::::::::: i
   |         .:::::::|/::::└ー-,;;;\;i;;;;|/;:::::::::::: i
   i.,_,.人      ..::::::/ :::::::::::::/;;;;;;;'i,'i;;;;|\;:::::::::::: i
      `;      .::...:::::/  :::::::::::`- .,_;;;;i,ノ;|;;;/;:::::::::::: /
      `、.,..:::::::::::::::::/   :::::::::::::::;;;;;;\,i ,/;;;;;:::::::::::|/
        `i"`-.,_,.ノ   ::::::::::::::::;;;;;;;;;;;\|;;;;::::::::::::|
        |       :::::::::::::::::::;;;;;;;();;||;;;::::::::: .ノ

34 :モンキー ◆mYzOu8DPqk :04/01/05 13:58
test

35 :天之御名無主:04/07/27 14:24
キリスト教のメシアも同系列、ユダヤ教の最高天使メダトロンも同系統
つまり今の文明社会の救世主は全て弥勒(マイトレーヤ)といえる

36 :天之御名無主:04/07/28 07:56
俺は困ってたらすぐに来てくれる観音様の方がいいや。

37 :天之御名無主:04/07/28 08:07
ラエル氏の『マイトレーヤ』なる書の宣伝が、今日の読売に載ってた。

38 :万年救護大本尊の朴蓮:04/07/29 18:25
観音も弥勒もどうせ同じ架空の人物だろ!

そう言えば日蓮和尚の直筆にはどれも弥勒は書かれているけど観音は書かれていなかったような気がする。

法華経には観音も弥勒も
出てくるのにね(¨;)??

39 :天之御名無主:04/07/29 20:25
>>38
本当かい? 御書に載っていないわけなの?

40 :天之御名無主:04/07/29 23:28
大乗四菩薩のうち、実在していると言われているのが、文殊・弥勒、
非実在説なのが観音・普賢

41 :天之御名無主:04/07/30 01:49
マイトレーヤ=メタトロンなんて話も・・・

42 :天之御名無主:04/07/30 02:17
オマエの唯一神中心主義やめろ。
宗教臭いんだよ

43 :天之御名無主:04/07/30 02:46
三拝の一二三

44 :天之御名無主:04/07/30 02:57
>>37
ベンジャミン・クレームの言う「マイトレーヤ」とは別なの?

45 :35:04/07/31 11:19
>>42
おまえが私を指しているなら、それは違います。
私は弥勒信者(ミロク教徒)ではありません。
ただ、ユーラシアの信仰に共通して弥勒がいるのも事実。
ゾロアスター教、恐るべし

46 :天之御名無主:04/07/31 12:46
マイトレーヤ=上祐なんて話も・・・

47 :天之御名無主 :04/08/01 02:26
>>45
ゾロアスター教と弥勒とどう関係するの?
東條真人のバカ本の話なら願い下げだが
その辺りの話はたしかに面白そうだな。
もうチョイ語っておくんなまし。


48 :天之御名無主:04/08/01 05:35
MTRの原初は何処からきたんだろうね?
アーリア民族とやらの元郷と同じなのかね?

49 :天之御名無主 :04/08/01 11:06
>>48
MTRって? 無知で申し訳ないけど解説してくらはい。

50 :天之御名無主:04/08/01 11:46
MiThRaだと思われ

51 :天之御名無主 :04/08/01 12:49
フン。なにやらブラバツキー流の解釈がでてきそうな気配だな。



52 :35:04/08/01 17:45
>>47
ゾロアスター教と言うよりもイラン(ペルシア)神話と言った方が良いかも
契約神ミスラとググれば見つかるよ。
ヴェーダ(インド神話)にもミトラの名前で出てくるよ

53 :天之御名無主:04/08/01 21:40
>>40
地蔵はどうなんだろう?

54 :天之御名無主:04/08/01 22:17
>>53
八大菩薩になると名前が出てきますが、四大菩薩では名前が出てきませんね
でも中国の四大霊山では文殊・普賢・観音・地藏です。
理由は弥勒は現世にはいないから(代わりに地藏が出るから)だそうです

55 :天之御名無主:04/08/01 22:30
>>54
地蔵は非実在説の菩薩ですか?

56 :天之御名無主:04/08/03 00:24
>>55
そうですね、虚空蔵に対する地藏ですから、非実在説が有力ですね。
中国に行けば会えるよ、多分・・・

57 :天之御名無主:04/08/03 09:00
>>56
虚空蔵と地蔵は対応関係なんでしょうか?
>>54
中国の「四菩薩の霊山」はわかりましたが、
弥勒は未来仏のために霊山がないわけですか?
『現世にいないから』霊山がないの意味でしょうか?


58 :天之御名無主:04/08/03 10:09
フダラク浄土信仰って弥勒信仰だったっけ?

59 :万里のお城:04/08/03 17:25
↑フダラクは観音の浄土ですよ!


60 :天之御名無主:04/08/03 22:46
南海フダラク山観世音菩薩

61 :天之御名無主:04/08/04 01:21
了解サンクス

62 :天之御名無主:04/08/04 23:21
>>57
地藏・虚空蔵とも出自が不詳ですが、京都広隆寺では阿弥陀の脇侍に
両尊が据えられています。
梵語でも相対するようになっているので、どちらかが先行して成立した
可能性はあります。
また中国の霊山についてはその通りです。

63 :天之御名無主:04/08/06 21:31
>>62
回答有難う。

64 :天之御名無主:04/09/05 10:09
>五十六億七千万年
「てめーら愚民が生きてる内には行かねぇから、テメーで努力しな」
という意味だと思ってた。
まあスレとは関係ないけどね。


65 :イナンナ:04/10/04 01:29:48
ミトラ・ミスラ・ミフル・マイトレーヤ・メッテヤ・マタラ神
メタトロン・スサノオと・・・たぶん中央アジアよりでた救世主信仰が
西はキリスト教 東は仏典の弥勒になったんだと思います。

ところで、弥勒とセットになって語られる転輪聖王が西洋に行った場合の
名前なんて 誰か心当たりありませんか?


66 :天之御名無主:04/10/04 08:08:11
ないよ。

67 :天之御名無主:04/10/04 23:02:15
>>65
スサノオとミトラがどの辺りで結びつくのでしょうか?
ソースをキボンヌ。

68 :天之御名無主:04/10/05 00:49:31
まさか牡牛崇拝の共通性に起源を求めてるあの電波説じゃねーだろな

69 :イナンナ:04/10/05 08:10:06
>牡牛崇拝の共通性に起源を求めてるあの電波説

えっ?そんなのがあんの?
キーワードを複数おしえてくれれば、すぐ調べるけど

70 :イナンナ:04/10/05 08:52:48
http://www.google.co.jp/search?q=cache:Ykh0uv0neS0J:www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/1496/haruka/diary/04067diary.html+%E7%89%A1%E7%89%9B%E5%B4%87%E6%8B%9D+%E3%83%9F%E3%83%88%E3%83%A9%E3%80%80%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%83%8E%E3%82%AA&hl=ja


こんなんあったけど、これじゃない

>じゃねーだろな
↑なんとなく この表現に気分害したから書くのヤメタ

ってか、ミトラ=スサノオ説は簡単に説明できない(不完全)なので
とりあえず無しにしておきます。
そのかわり、ミトラ=猿田彦を追加です!
凄くわかりやすいな根拠として、岩から生まれた光明の境の神などがあります。
(仏典の弥勒=猿田彦はむずかしい)

・・・誰も転輪聖王については知識ないの?

71 :天之御名無主:04/10/05 09:11:09
はるかのところは薄っぺらい知識で自慰してるだけだから・・・

72 :イナンナ:04/10/05 09:16:42
なんか、その表現はトーテモ切ないですね (´Д`;)

73 :天之御名無主:04/10/05 17:06:16
>>72

イラン人のペルシア創世神話に「原初の牛」というのが記述されている。
ゾロアスター教の聖典「アベスター」では、この「原初の牛」を守護する神がミスラ(=ミトラ)になる。
なぜ守護神ミスラ(=ミトラ)が牡牛を屠殺するのか分からんが、諸説は色々あるらしい。

でこのミスラがバラモン教経由で漢時代の中国に入った時に、弥勒に姿を変えたと言われているんだが、
シルクロードその他のいろいろなルートその他で日本に入っている。だから日本神話にまったく
その影が見えないこともないのでは?と思った。


74 :天之御名無主:04/10/05 17:12:09
(補足)

ミトラ教の影響は中国の弥勒信仰だけでなく、さまざまな変容形態をとっている
ので漢時代だけに限定することはできない。

75 :天之御名無主:04/10/05 17:21:48
まじで東條の影響力は絶大だな
新紀元社の本の間違いがそのまま流布して一般常識になっているのと同じ状況だが、
こっちはまともに反論する人間がいないからよけい悪い。飛鳥昭雄より悪いかも。

ミトラ教という用語も、ローマ帝国の密儀宗教を意味するはずが、謎のアーリア人宗教を意味する言葉になってるし。

76 :天之御名無主:04/10/05 17:57:18
>>75
謎のアーリア人宗教ってこのことかな?

1907年に古代ヒッタイト帝国の書庫が発掘された際の粘土板文書を典拠にした。
この粘土板には世界最古の「ミトラ」の名が記されていて、
ミトラは「天界の主」(=ヴァルナ)とともに、ヒッタイト人とその隣国ミタンニ王国
との間に結ばれた条約文の保証人になっている。(推定ではBC1400年頃)
記憶が正確なら、この条約文にはミトラ・ヴァルナ、インドラ、ナーサティヤ双神の
三階層の神学が最古の形態で記述されていたと思う。
無論、ここで名前の見えるミトラ・ヴァルナとローマ帝国時代のミトラ教と同一ではない。

で、このミトラなんだけど、イラン語でMithra, 梵語でMaitreyaまたはMitra,大月氏ではMihira,Mihir,Mahira ,
ホータンではMitrak 語尾のK はイラン系の痕跡を示している。 そして漢語になっ
て弥勒菩薩と呼ばれるようになったというのは、東條の説とは関係ないんだけどね。


77 :天之御名無主:04/10/05 19:54:42
弥勒という名は、一般にサンスクリット語のマイトレーヤMaitreyaの訳語
とされていますが、直接にはインドのクシャン朝の貨幣に現れるミイロMiiroに由来すると思われます。
Miiroの最後に気音がついて、roh.が勒(ろく)で表されたと考えられます。

ミイロはイランの太陽神ミスラMithraの方言的発音です。
ミスラはインド古来の神ミトラMitraと起源を同じくし、Mitra(友)の派生語maitreya(情けある)を通じて、
「慈氏」菩薩へと転化します。ミイロが貨幣に現れる比率は多く、クシャン朝下のミイロ信仰の隆盛がうかがわれます。
ガンダーラで片岩で刻まれた水瓶(すいびよう)をもつ菩薩は弥勒と思われます。

78 :天之御名無主:04/10/05 20:09:36
別にこれらは既に常識的なことなんですが何か?

79 :イナンナ:04/10/05 21:01:36
みなさん ご苦労様です。既に公開されている知識ではありますが、たいへんまともなカキコとおもいます。
ただ、ローマにおけるミトラ教って「ミトラス教」って名称じゃなかったかなと思います。

ミトラ本といえば小川英雄訳のものが有名ですが、ミトラを知る上において
イランについて詳しい井本英一氏の書籍をお勧めします。
https://www.honya-town.co.jp/yurindo/index.html
ここで検索すれば目次とか見れます

アーリア人についても津田元一郎著の「ア−リアンとは何か」において
その存在自体を再考しなければいけないかと思います。
※マックス・ミューラーの説は白人の陰謀により信用性が無いです。

東條氏の本は持ってますが、私もあんまり読みたくない雰囲気がある・・・

>ガンダーラで片岩で刻まれた水瓶(すいびよう)をもつ菩薩は弥勒と思われます。
 それは観音(十一面観音)じゃないかな?
 よく、東條本でも弥勒と観音を一緒にしてしまってるフシがあるけど
 根拠が無い、ミトラ(契約神)にたいしてヴァルナ(司法神)は
 水神であるから弥勒と観音もセットではあるかもしれないが別個の存在と思う
 弥勒・転輪聖王においても、たぶん別個のそんざいでは・・・・(自信なし)



80 :イナンナ:04/10/05 21:10:46
仏陀と転輪聖王も同時に二人存在できるか不明。

オカ板や宗教板のネタになってしまうが神智学ではキリスト・マイトレーヤという
ミトラを土台にした存在がある。
しかし、ミトラを利用したブラヴァッキー自体、晩年はヴァルナ得意の神罰 「水腫」によって
苦しんだという。

81 :洛諸仏:04/10/05 21:18:40
南無弥勒正仏 666也。 摩訶般若波羅蜜 

82 :天之御名無主:04/10/06 03:12:32
>>70
べつにミトラ=スサノオ説ぐらい遊んでも良いんじゃない?  
別に2Chは学会の準機関でもなんでもないんだし関係ない。
戯れで仮説を立ててみるくらいの知的な芸は欲しいよ。
だいたいIQ小僧みたいなのが、いちいちトンデモ云々なんて言うのがウザイ。
ネット時代なんだから既存の知識なんざ、馬鹿でも手にはいるんだよ。


83 :天之御名無主:04/10/06 05:42:20
>>76
それじゃなくて、「ミトラ単一神教」のことね。
「ミトラ 弥勒」でぐぐってみるとそればっかりでるからやばいと思っただけ。

>>79
英語圏だかドイツ語圏だかでミトラ教、別のところで(逆かも)ミトラス教といわれるけどどっちも同じだと
小川英雄の本にあった。

84 :天之御名無主:04/10/06 14:25:26
>>79
>ミトラ(契約神)にたいしてヴァルナ(司法神)は水神
それ知らなかった。ミトラ(契約神)は火神になるのかしらん。

あと>65にはマタラ神の名前も見えるけど、これは天台宗の円仁が唐から持ち帰った摩多羅神のことかな。
ここら辺りにミトラ・ヴァルナの影をみるのは悪いセンスではないと思う。
まあ転輪聖王について詳しくはないけど、ネタのふりかた次第ではのってもいいよん。
どのみち過疎化してたスレなんだし。

85 :天之御名無主:04/10/06 18:47:58
IQ小僧ってなんだ?

86 :イナンナ:04/10/06 20:18:25
>それ知らなかった。ミトラ(契約神)は火神になるのかしらん。
ミトラが光明神であるのは確かですね、ただ厳密に考えた場合
光明が、太陽をさすのか、金星をさすのか、火をさすのか限定は出来ません。
ミトラ誕生を冬至?冬至の翌日?という考えからは太陽神ですし
暁の天使に大いに関係あることを考慮すれば金星の光とも考えられます。
また、ミトラ神殿(洞窟)には必ず泉(湧き水)は必須ですし
ミトラ神はゾロアスター教からの派生、もしくは元の可能性もありますので
火神の可能性は大と思います。
現在のヤズディ教(旧ミトラ教)を信仰する一部クルド人が辻・境の民族であることは
不思議な運命を感じます。(日本のクルド難民がガソリンかぶろうとしたのには呆れたが)


※すんません、マタラ神もスサノオ同様に可能性は大ですが、消化不足のため
 説明に不備が山ほどあると思うので今回は無しにしておきます。
 ただ、関係があるのは99パーセント確かです。



87 :イナンナ:04/10/06 20:26:05
(日本のクルド難民がガソリンかぶろうとしたのには呆れたが)

火を神聖視してかどうかはワカランが、焼身直訴しようとした時はビックリしたよ。



88 :76:04/10/06 21:26:50
学術的な発表をするべきだとは誰も思ってませんよ(w
学者なら根拠のない説をしかるべき場で発表したなら、それなりに責任を問われますが
このスレで推論や仮説を述べてみるのは自由だと思う。

それが妄想的な思い込みかどうかは各自で検証してみれば良いだけの話だし
たとえ間違っていても、それを認めることができればお互い問題はないでしょう。
まあコテハンだと叩かれやすいので自己防衛的になるのは理解できますが...
もう少し自由な雰囲気が欲しいなぁ。




89 :天之御名無主:04/10/06 23:47:20
グダグダ言わずにまずはスレに沿ったレスをすれば?

90 :天之御名無主:04/10/08 00:50:45
というわけで、またしばらく過疎化だね(w バイバイ。

91 :天之御名無主:04/10/22 18:12:34
age

92 :天之御名無主:04/11/02 19:44:48
>>82
>ネット時代なんだから既存の知識なんざ、馬鹿でも手にはいるんだよ。

それで過疎スレ化してしまったのか? くだらん奴らw
もう知識の見せびらかししかできない連中なんて、ネット時代には過去の遺物だね



93 :イナンナ:04/11/06 01:03:09
>>82

じゃぁ あなたはこのスレで新説・仮説は出せるの?
出して あなたがくだらない人間でない事を証明してみて!

過疎スレを…過疎スレを・・・・いやぁぁぁあああああああ!!!!!謎

94 :イナンナ:04/11/06 01:04:24
あ・・・・まちがえたぁ 

92へじゃぁああ ヴォケェエ!

95 :天之御名無主:04/11/07 01:34:34
どうでもいいが、ちょっと気になったこと。

> ネット時代なんだから既存の知識なんざ、馬鹿でも手にはいるんだよ。

の、はずなのだが、誤った知識でカキコする人が減らないんだよね。
調べ方が甘いのか、それとも元ネタのサイト自体が間違ってるのか・・・。

「馬鹿でも手にはいる」 ものを間違える人は馬鹿以下ということでしょうかねえ?

96 :イナンナ:04/11/07 21:04:28
>それとも元ネタのサイト自体が間違ってるのか・・・。

サイト以前に書籍の段階での間違いが多いですね
情報は出来るだけ元ネタと最新ネタを集める事が肝要かとおもいます。
決して自分が最初に手に入れた情報を信用しきらないことも大切。。。

ふぇ〜

97 :イナンナ:04/11/07 21:06:53
× 元ネタと最新ネタ
○ 元情報と最新情報

98 :天之御名無主:04/11/08 05:01:56
学会に論文発表するんじゃないんだから神経質にならんでくれよ(w
スレタイ自体は面白いんだから、一行レスくらいから再開すればいいじゃない。
イラン語だとか、梵語なんて言ってたらきりがないぜ(w



99 :天之御名無主:04/11/08 05:10:06
>>93
仮説というより叩き台程度で良いのでは?

コミュニケーションができるようになれば詳しい奴がよってきて、
自分の知らない情報を教えてくれたりするんだし
仮説なんて、そのためのネタ振りでいいじゃない。

100 :天之御名無主:04/11/20 02:38:11
北神菩薩妙見様は絶に対する空の神様どこまでもどこまでも素晴らしい神様
天開弥勒様は慈愛の神様
アメノミナカヌシ様は姿の無い神様と言われる

人は絶の存在であるが妙見様は人間の敵にされることがある
(絶対空)という立場にあるため。
人間の中にも理解者がありそれは緋(糸に非ず)という

101 :天之御名無主:04/11/20 02:58:50
101<
仮説かな

102 :天之御名無主:04/11/20 03:02:18
>>101
ちなみに緋の色は人間には運が悪いです。しかし自分が好きとも言えるでしょうが・・・。

103 :天之御名無主:04/11/28 14:14:08
????

弥勒 常駐  


http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1101432265/l50

104 :天之御名無主:04/12/30 23:28:50
ヴァルナ・ミトラさんにハァハァしたりする(嘘)
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/study/5359/1103548938/l50

105 :天之御名無主:2005/07/28(木) 02:18:52
惑星開発委員会が関与している、

106 :天之御名無主:2006/07/06(木) 03:02:11
一年ぶりに発掘

107 :天之御名無主:2006/10/04(水) 01:43:10
マイトレイヤー

108 :天之御名無主:2007/01/04(木) 17:44:21
もう、弥勒様の時代が来たと言う事で、よろしいでしょうか?

109 :天之御名無主:2007/01/09(火) 21:10:28
唯識の祖は弥勒と呼ばれている。
唯識三十頌を著した世親(ヴァスバンドゥ)の兄無着(アサンガ)は
弥勒(マイトレーア)から唯識を学んだといわれる。
この弥勒とは弥勒菩薩そのものである。

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)