5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太平記スレッド

1 :日本@名無史さん:2001/05/25(金) 23:39
作ってみた・・・
カキコよろしく

2 :名無しさん@1周年:2001/05/26(土) 02:11
小島法師って誰?

3 :名無しさん@1周年:2001/05/26(土) 03:01
平家なり 太平記には月も見ず
って、何だっけ?

4 :名無しさん@1周年:2001/05/26(土) 03:56
誰だったっけ?
江戸時代の俳人の句だよね?
それもかなりの大物の。
俺は実は平家よりもこっちの方が好きだが。

5 :名無しさん@1周年:2001/05/27(日) 00:56
小山秀朝の最後ってどうなったか知らない?

6 :名無しさん@1周年:2001/05/28(月) 01:00
太平記ってどこが太平なの?

7 :樂声:2001/05/28(月) 20:21
K文庫、第2巻まで出してその後どうなってるの?
中断してから、もう10年以上経ってると思うんだが。

8 :名無しさん@1周年:2001/05/28(月) 22:29
平家と比べてどう?

9 :名無しさん@1周年:2001/05/28(月) 23:10
その句、基角じゃなかったっけ?
それにしても質問で構成されてるスレだなぁ。
1以外みんな?ついてるよ。かくいう自分も。

10 :>7:2001/05/29(火) 01:31
中絶

11 :名無しさん@1周年 :2001/05/29(火) 08:47
>>7
校注者のO大先生が三途の川を渡っておしまいになったのだよ。

12 :樂声:2001/05/29(火) 13:36
>10,11さん。
どうも有難うございました。
そうですか、本文より校注の方が頁数が多い本
なんて珍しいので続きを楽しみにしてたのですが。
誰か後を引き継ぐ方はいないんですかねえ。


13 :名無しさん@1周年:2001/05/30(水) 01:13
吉川英治はダメ?

14 :名無しさん@1周年:2001/05/30(水) 02:34
勾当内侍萌え

15 :名無しさん@1周年 :2001/05/30(水) 10:38
>>12
まあいないだろうね。
O氏は関西きっての変人だったようだから。
C京大のH氏あたりがやればいいんだろうけど、O氏ほどの博覧でもない。
その上、O氏の息子は親父の残した古典籍を勤務校の紀要に翻刻して、辛うじて研究者として生きながらえているドキュソ講師だ。

16 :名無しさん@1周年:2001/05/31(木) 00:33
『研究する人生』裏研「地味に逝こうぜ、国文学者」スレッド
http://green.jbbs.net/study/bbs/read.cgi?BBS=230&KEY=991235538


17 :名無しさん@1周年:2001/06/26(火) 14:03
age

18 :名無氏物語:2001/08/09(木) 03:12
山崎正和の訳ってどれくらい忠実ですか?

19 :名無氏物語:2001/08/09(木) 13:31
宮沢りえ、かわいかったよね。

20 :名無氏物語:02/11/19 01:25
太平記では高師直はエロじじいだと書いてあるのでしょうか。

21 :名無氏物語:02/11/19 16:33
>>20

エロじじいという単語自体は出てこないけどね。

22 :名無氏物語:02/11/19 23:42
塩冶高貞のかみさんに手をだしたと言うのも

23 :名無氏物語:02/11/20 03:31
20は具体的に何が聞きたかったのだろう

24 :名無氏物語:02/11/20 23:25
忠臣蔵の背景に使われているんで、本当かと思って。

25 :名無氏物語:02/12/12 21:59
現代語訳がホスイ

26 :名無氏物語:02/12/13 11:37
楠木正成&正行がスキです。
侍が川にお金を落とすハナシなかったっけ?(青砥なんとか?)

27 :山崎渉:03/01/11 09:33
(^^)

28 :名無氏物語:03/02/16 03:23
太平記は、俺にとって現代語訳ではなく、原文のままで最後まで読みきれた唯
一の作品。平家物語は退屈、源氏物語はわけわからん、てな低レベルな俺が、
なぜか、最後まで読めてしまった。
でも、完成度としては、かなりひどいものだと思う。
まず、ラストがいただけない。いきなり、終わってしまう。なんか、もう、書
くことなくなったから、やーめた、みたいな終わり方。
それから、古典などの引用の部分が不必要に長すぎる。
でも、面白かった。なんでだろう?

29 :山崎渉:03/03/13 13:00
(^^)

30 :山崎渉:03/04/17 09:27
(^^)

31 :山崎渉:03/04/20 04:46
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

32 :山崎渉:03/05/28 15:29
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

33 :山崎 渉:03/07/15 12:37

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

34 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:40
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

35 :名無氏物語:03/08/04 01:11
age

36 :名無氏物語:03/08/04 02:07
>>28
起承転結が全てではないのさ。
説話文学的面白さと長篇文学としての面白さの融合とでもいうべきか。

37 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/04 15:02
>>36
正直なところ、中世以前の文学に向いてらっしゃらないような気が。

38 :名無氏物語:03/08/05 10:54
なんで?

39 :名無氏物語:03/08/05 11:38
>37
いろんな読み方・楽しみ方があっていいように思うが…
全ての中世文学の読者が、学者風の読み方をする必要はないだべ。

40 :名無氏物語:03/08/05 11:53
つーか学者でも時代によって読み方、解釈は全然違って来るわな。
本人が面白いと思えればそれは向いてるってこと。
興味を感じなければ向いてない。
好きか嫌いかだけが問題。

41 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/05 12:12
>>39
面白くない、ということが向いていないということになりませんか。あの今
の小説からすれば破綻していそうな展開に馴染めないようでは。

42 :名無氏物語:03/08/05 12:14
> 面白くない、ということが向いていないということになりませんか。
>>36は「面白い」と言っているように見えるのだが。
それとも、漏れには現代文は向いてないのだろうか(藁

43 :名無氏物語:03/08/05 16:30
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


44 :名無氏物語:03/08/05 17:43
>>41
今の小説だって破綻しているのはいっぱい有るだんべぇ
あなたのお好きな今昔なんかは逆にシャープずらぁ


45 :名無氏物語:03/08/05 18:30
今日はこれで。
http://homepage3.nifty.com/coco-nut/

46 :名無氏物語:03/08/05 20:12
>>42
俺も、>>36は「面白い」と言っているように見える。
それから、山野野衾の偉そうな物言いは結構ムカツク。
研究者かなあ?
俺の知ってるヤツだったらイヤだなあ。

47 :評論家:03/08/05 20:51
援交女をビデオに収録
当然モザイクなし!
ちゃんと確認できるよ
http://www.cappuchinko.com/


48 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/05 21:29
・・・37で28宛てにレスをつけたつもりが36宛てになってしまっていた
のが間違いのもとでした。

49 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/05 21:33
いや36では(28が)向いてらっしゃらないとお伝えしたつもりだったのでした。

50 :名無氏物語:03/08/05 21:48
昔NHK大河ドラマで「太平記」やってたけど、
北条高時も長崎円喜も北畠親房も佐々木道誉もみんな髪があった。
もっとも史実どおり全員坊主にしたらドラマにならなかったね。

51 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/05 21:50
>>50
懐かしいですね。流石に牛鬼伝説や怪鳥の話はありませんでしたが。
今度やるならもっと不条理(?)な展開で魅せて欲しい。もっとも再
来年は『平家物語』の劣化コピーが出そうですが・・・。

52 :名無氏物語:03/08/07 01:59
>山野野衾さん
>>28氏も太平記だけは無茶苦茶だと感じながらも
面白かったと言ってらっしゃるので、
他にも面白いと感じる作品があるかもしれませんよ?
もしかしたら源氏や平家は現代人のドライな感覚からすると、
感傷的に過ぎて受け付けない部分があるのかも。

53 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/07 12:11
>>52
価値観が違うということもあるのでしょうね。『太平記』のなにが他の作品
と違っていたのか、なにが魅力となっていたのかが気になるところです。
逆に言えば大好きな私が現代社会で浮いているのかも(いや浮いている)。

54 :名無氏物語:03/08/07 14:08
後太平記ってどっかから出版されてないの?

55 :_:03/08/07 14:11
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/hankaku09.html

56 :名無氏物語:03/08/07 14:23
太平記はメチャ面白いですよ。面白ければいいというわけにはいかないのが
学問の世界だから、太平記好きは困るんですよね。(ワタシは学者、研究者ではないです)

57 :_:03/08/07 14:24
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

58 :名無氏物語:03/08/07 16:14
確かに太平記のあの終わり方はないよなぁ。
あまりに呆気無い。
後代からでもせめて義満の南北朝統一くらいまでは書き足して欲しかった。
原太平記や欠巻の二十二巻がどこにも残ってないのというのも残念。

59 :名無氏物語:03/08/07 16:58
個人的には、太平記に出てくる侍達の
はちゃめちゃさが好き。
武士道もくそもなく、戦の優劣がわか
ると寝返り続出のところなど。

60 :名無氏物語:03/08/07 17:06
ブシドーて、武士が無用の長物になってから発明されたもんでしょ。

61 :山野野衾 ◆F6mxNHihgE :03/08/07 17:17
>60
それで逆に(美徳)を知った武士で・・・といった記述が『太平記』中に
出て来た時におやっと思ったのですが。どこだったか忘れてしまった。

62 :名無氏物語:03/08/07 17:58
平家も半分公家化してたせいか、武士道というか、どことなくおっとりと
してましたよね。それで武士道のカケラもない源氏に負けた。

63 :名無氏物語:03/08/08 00:43
そうは言っても楠正成なんかはやっぱり後世の武士道の理想像なんじゃない?

64 :名無氏物語:03/08/09 06:39
松尾剛次の太平記論についてどう思われますか?

65 :名無氏物語:03/08/11 21:48
夏休みの思い出に・・・
美人お姉さんのオマンコ〜!(*´Д`)ノ
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/idol_kora/


66 :名無氏物語:03/12/02 17:51
太平記の敬語についてのレポート書かなきゃいけないんだけど、何書いたらいいか思いつかん。
なんかネタくれ。

67 :名無氏物語:03/12/25 20:44
太平記読みたいんだが・・・
一般人の手に入りやすい太平記にはどういったものがあるの?

68 :名無氏物語:03/12/25 21:38
>>67
角川文庫がいいんじゃないか。

69 :名無氏物語:03/12/25 21:40
角川文庫は>>7-12の通りだし、旧大系や全集などということになるのかな。
図書館の利用をお勧めしまつ。

漏れの持ってるのは旧大系。三分冊デ訳ハナシ、本文ハてくすとニ忠実ナ
片仮名交ジリ文デ素人ニハオ勧メデキナイ。
「抑今如斯天下ノ亂ルゝ事ハ偏ニ先帝ノ宸襟ヨリ事興レリ。」のノリで
1200ページあるよ。元の文章は平易だから読めないことはないけど。

70 :名無氏物語:03/12/25 22:06
>>68
え、手に入るの?

71 :名無氏物語:04/07/28 11:21
太平洋

72 :名無氏物語:04/07/28 14:00
太平記は読みやすくて面白いから、あんなに長くさえなかったら古文の
入門書に勧めたいくらいだが・・・

73 :名無氏物語:04/07/28 14:02
NASA

74 :名無氏物語:05/01/04 11:20:44 ID:adbU3Qw7
400位のスレッドにカキコ!

75 :名無氏物語:05/02/05 14:16:05 ID:p/so7wSc
名護

76 :名無氏物語:05/02/14 16:14:08 ID:lbzCLSMs
 

77 :名無氏物語:05/02/14 16:28:24 ID:6LUG5tKJ
77ゲット

78 :名無氏物語:05/02/15 17:01:38 ID:mqJ5TKIj
那覇

79 :名無氏物語:2005/05/28(土) 08:40:41 ID:xddlmweh
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


80 :名無氏物語:2005/05/28(土) 08:40:54 ID:xddlmweh
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


81 :名無氏物語:2005/07/29(金) 15:47:16 ID:uAmKa+S9
あげ

82 :名無氏物語:2005/09/23(金) 18:07:05 ID:oXzsPsgQ
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2005092301003748
「太平記」の記述裏付けか 楠木城跡で焼けた壁土

南北朝時代の武将で、鎌倉幕府崩壊の立役者楠木正成が築いたとされる楠木城跡(大阪府千早赤阪村)で焼けた壁土などが見つかり、同村教委が23日発表した。
村教委は、一緒に出土した土器などから14世紀後半−16世紀のものと判断。
正成の息子・正儀が1360年に北朝方の攻撃を受け、城を放棄する際に自ら火を放ったとする軍記物語「太平記」の記述を裏付ける可能性があるという。
1934年に史跡指定されて以来、発掘調査されるのは初めて。
整備事業に伴い、主郭(本丸)の北部約19平方メートルを調査。壁土のほか、土師(はじ)器や青磁のわん、くぎなども発掘された。


83 :名無氏物語:2005/11/10(木) 09:46:40 ID:/c2L+D4o
かへらじとかねて思へば梓弓なき数にいる名をぞとどむる(太平記・楠木正行)

84 :名無氏物語:2005/11/20(日) 17:56:49 ID:st7YuhZh
太平洋

85 :名無氏物語:2005/11/27(日) 21:49:10 ID:Zt+o2J3d
契りあれば此山もみつ阿耨多羅三藐三菩提の種や植ゑけん(津守国夏[太平記])

86 :冬のオイラ( 「勇俊 ):2005/11/27(日) 22:32:34 ID:5x318u8h
           イ
            ヤ
             ァ
              ァ
              ァ
               ァ
               ァ
               ァ
              ァ
             ァ
             ァ
              ァ
              ァ
          ヽ\  //
              _, ,_ 。
           ゚  (`Д´)っ ゚
             (っノ
               `J

87 :名無氏物語:2005/11/28(月) 17:24:03 ID:g2H11HWv
ここにも二松の馬鹿が・・・

88 :名無氏物語:2005/12/21(水) 15:32:36 ID:JgJ1R4ML
契りあれば此山もみつ阿耨多羅三藐三菩提の種や植ゑけん(津守国夏[太平記]) 

89 :名無氏物語:2006/02/23(木) 10:26:28 ID:hBn/3hTJ
これ読んでいると、公家どもの馬鹿っぷりが目につくな
千種忠顕、坊門忠清ここら辺はよんでてイライラしてくる(必ずしも史実とは限らんと分かっていても)

90 :名無氏物語:2006/03/13(月) 18:02:27 ID:j9eZbpUt
age

91 :名無氏物語:2006/05/01(月) 23:58:04 ID:MVmKMgAD
小説だと、吉川英治・山岡荘八・森村誠一が書いてるけど
どれが一番おすすめですかね?

92 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:07:20 ID:DPTp7Bw7
test

93 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:08:11 ID:DPTp7Bw7
test 

94 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:08:44 ID:DPTp7Bw7
test  

95 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:09:26 ID:DPTp7Bw7
test                  

96 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:10:13 ID:DPTp7Bw7
test                                       

97 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:11:21 ID:DPTp7Bw7
test           

98 :名無氏物語:2006/06/15(木) 03:12:16 ID:DPTp7Bw7
test                            

99 :名無氏物語:2006/06/16(金) 02:20:21 ID:SW+Ki5wD
99

100 :名無氏物語:2006/06/16(金) 02:22:50 ID:sD3j0dvc
100

101 :名無氏物語:2006/06/22(木) 04:28:35 ID:vtHAldb6
俺は森村版かな。


102 :91:2006/08/29(火) 23:16:39 ID:lULNNzt5
>>101
結局三種類ともぜんぶ読んじゃったよw
どれもそれぞれに面白かった。

103 :名無氏物語:2006/10/23(月) 17:49:25 ID:0DNybQ/k
?(´・ω・`)   

104 :名無氏物語:2006/11/16(木) 16:37:03 ID:e58TA9Zy
(●`.ー´●)やっちありがとう                                

105 :名無氏物語:2006/12/19(火) 17:52:25 ID:dYj3ekv6
?(´・ω・`) 

106 :名無氏物語:2007/02/07(水) 11:49:13 ID:9BgTBWib
(o^∇^o)ノ  

17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)