5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

漢字研究の第一人者 白川静先生ご逝去

1 :名無氏物語:2006/11/01(水) 23:22:51 ID:G+1dEY14
<白川静さん死去>漢字研究の第一人者 「字統」を刊行

漢字の成り立ちを明らかにした辞書「字統」などを著した
漢字研究の第一人者で中国文学者の白川静立命館大名誉教授が、
先月30日午前3時45分、亡くなっていたことが分かった。96歳だった。
葬儀は1日、近親者のみで行われた。自宅、死因は公表されていない。
後日「お別れの会」が開かれる予定だが、日取り等は未定。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061101-00000125-mai-soci


謹んで、お悔やみ申し上げます

2 :名無氏物語:2006/11/01(水) 23:30:41 ID:93lN7eoH
。・゚・(ノД`)・゚・。

3 :名無氏物語:2006/11/01(水) 23:32:05 ID:a5tYuJWU
突然の訃報に接し,驚き哀しめり。

『漢字百話』を手に,今はなき聖哲の遺烈をば偲ぶ……。

先生の大業は忘れません。安らかに……。

4 :名無氏物語:2006/11/02(木) 00:55:41 ID:MXYa15xn
この板の背景を服喪用に替えるにはどうすればいいのでしょう?

5 :冬のオイラ:2006/11/02(木) 01:00:15 ID:WMMMp94R
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
 |                              |
 |..      仕方ないから自分でハゲる!     |
 |                              |
 |__________________|
                ||
             (#゚д゚).||
            / づΦ

6 :名無氏物語:2006/11/02(木) 01:05:44 ID:gAiQKLMD
黙祷!

7 :名無氏物語:2006/11/02(木) 01:40:37 ID:ihua7JKK
遂に巨匠堕ちたか

8 :名無氏物語:2006/11/02(木) 01:49:55 ID:6bt5B3vJ
>>1
気持ちはわからんでもないが・・・
既存のスレッドでお悔やみしたらどうでしょうか?
このスレッドが1000まで行くとは思えないし・・・
中途半端な放置スレになって>>5のようなアホの書き込みばかりになってしまいますよ・・・

9 :名無氏物語:2006/11/02(木) 02:53:59 ID:a6EhzAMY
他板で話題にあがって初めて知った。
白川先生安らかに…。

10 :名無氏物語:2006/11/02(木) 09:28:02 ID:4wgG9Hk0
さっそく放置スレに書き込みに来ますたwwwwwwww
(;´Д`)ハァハァ
ミニにタコ!!

11 :名無氏物語:2006/11/02(木) 09:44:49 ID:OW06alR4
今朝の新聞を見たら、白川先生逝去の記事を見ました。
その時が来たか、と思いました。
実は、明日より京都に行くのですが、
この機会に、ぜひ白川先生ゆかりの土地を訪ね、
個人的に弔いたいのですが、どこへ行くべきでしょうか。
立命館大学、もしくは東洋文字文化研究所でしょうか。
もちろん、単なる読者でしかないので、記帳等のことは望んでおりません。
せっかちな話ですが、本日夕方くらいまでで、
お詳しい方、ぜひアドバイスをお願いします。

12 :名無氏物語:2006/11/02(木) 10:08:37 ID:IbJ5bBM9
('A`)ダレ?

13 :名無氏物語:2006/11/02(木) 14:14:26 ID:2Zn9I4K6
120歳まで生きて欲しかった…・゚・(ノД`)・゚・
白川先生のご冥福をお祈りいたします。

14 :名無氏物語:2006/11/02(木) 14:49:16 ID:hQuy4ClJ
100歳まではガチと思ってたのに

15 :名無氏物語:2006/11/02(木) 19:22:54 ID:OW06alR4
なんにも書いてくれんので、桂離宮辺りに行ってみるか。
事前申し込みしないと離宮内に入れないので、行く予定はなかったのだが。

16 :よろずこ:2006/11/03(金) 00:13:28 ID:CdvLuadp
誰か、
詩か賛か語か録で、
先生をたたえるものはいないか?

詞や絶句・律詩でもいいや。

(>_<)

17 :よろずこ:2006/11/03(金) 00:19:30 ID:CdvLuadp
先生見甲骨





次誰かお願い

18 :名無氏物語:2006/11/03(金) 23:05:09 ID:CLtAU9cX
奥さんが先立たれなければまだまだお元気だったと思う。

19 :名無氏物語:2006/11/05(日) 19:45:32 ID:0WF/udS9
逝去自体も残念だが、漢籍の素養のある明治生まれが
どんどんいなくなるのが日本の知的水準をさげそうで怖い。

20 :名無氏物語:2006/11/05(日) 22:49:10 ID:qnCNeDdN
新聞・メディアの漢字削減政策は目に余るものがあるし、不安だね。

21 :名無氏物語:2006/11/05(日) 23:01:36 ID:P8g+WkEw
せめて百歳まで生きていてほしかったのですが・・・。
ご冥福をお祈りします。

22 :名無氏物語:2006/11/06(月) 02:22:11 ID:YB8a3tdY
紀伊国屋書店からでてるDVDを見た。
お元気な姿に涙。
大航海時代は読まれたのかなあ。安らかに。合掌。

23 :名無氏物語:2006/11/06(月) 07:05:35 ID:j28GMDm5
>>17
朝夕稽金文

どお?次はどなた?

24 :名無氏物語:2006/11/06(月) 22:21:44 ID:QgavWYP1
>18 おいらもそう思った

25 :名無氏物語:2006/11/07(火) 03:28:13 ID:V9YoCKG+
あまりスレが伸びてないのがさびしい。

逝去報以後
白川翁の挿話がかきこまれまくりかと
思ったのだが、たいしたことはなかったのだな。

26 :名無氏物語:2006/11/07(火) 13:14:53 ID:wPHm4+0F
宝というべきかたがおなくなりになり、残念です。

27 :名無氏物語:2006/11/11(土) 15:21:22 ID:LrLK8TZO
白川先生は何で吉川幸次郎先生に嫌われたのですか?

詳しい事情を知ってる人教えてください。

28 :名無氏物語:2006/12/06(水) 07:53:43 ID:JMbe/KhU
明日、お別れの会に行ってきます。

29 :名無氏物語:2006/12/06(水) 20:00:26 ID:dsQlbJY2
文字研究では長生きされた分だけ、影響力があったね。

30 :名無氏物語:2006/12/11(月) 20:35:45 ID:FR19YSIs
今月の文春で宮城谷とかいう作家が書いてるね。

31 :名無氏物語:2006/12/19(火) 19:19:48 ID:KVlJ4qNk


「白川静先生の遺志を継ぐ」

 【放送日時】
12月19日 21:00−22:00
「NHKニュースウォッチ9」(NHK総合・全国)

http://www.ritsumei.ac.jp/mng/gl/koho/headline/info/2006/12/sirakawa-tv.htm





32 :名無氏物語:2007/01/09(火) 23:54:47 ID:slB8bfIB
>>27
吉川信者の俺に言わせれば、
吉川先生は終生「文の徒」であったのに対し
白川氏は「字の奴」であったということやね。
吉川先生は著作のあちこちで漢字の語源に一々とらわれる輩、
また何時代の酒は何リットルで幾らだった云々を模索する輩を
軽蔑しておられるし、まあ自分自身「我是中国人」を標榜して止まない方だったから;
言ってみれば吉川先生は中国で漢文ソフトを骨の髄まで研究してきたパリパリの帰国子女、
対してその眼から見れば白川氏は日本でずっとハードばっかりいじくってきたもっさり技術屋、
って感じの構図になるんだと思う。

33 :名無氏物語:2007/01/10(水) 04:28:02 ID:fyJd6HBz
>>32 どうかな。吉川の「中国人」ていうのも士大夫に限るだろ。
つまり士大夫と最近の中国人を区別してるはず。
白川もその点では同じ考え方だし、文の徒だよね。
日本は硬件?で中国は軟件?とは言えないし。
ただ白川の語源学はほとんど根拠ないのが痛いところだ。

34 :名無氏物語:2007/01/11(木) 02:35:02 ID:OAxrNvyn
>吉川の「中国人」ていうのも士大夫に限るだろ
いや、要するにそれだけ「中国語」を自家薬籠中の物にしていたって事。
(ある証言によれば、さすがに30分も話すと化けの皮がはがれたというが(笑))
(初学時を除いて)一切字書は引かれなかったというし、また(時事的態度ではあったろうが)
大陸での簡体字化も奨励しておられた。
まあ結局、学問上の立場が違っていたとしか言えないのがお粗末な結論だが。
>日本は硬件?で中国は軟件?
これは俺も言いすぎた気がする。でも、結局甲骨文にせよ金文にせよ
「解字」するのは技術者、そしてそれを「解読」するのが学者だという気がする。
その「技術」はそれなりに尊ぶべきものではあるが、わざわざヒエログリフと対照させてまで
解説するような大事だろうか。その気になれば、「学者」だって骨を直接読むことはできるのだから。

35 :名無氏物語:2007/01/11(木) 02:53:02 ID:/Xjo0bFq
訂正:骨じゃなくて甲羅だけどな!ワハハ

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)