5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★★★★★孔子を読む奴はバカ★★★★★

1 :東大文V2年:02/10/22 20:43
定説だよな?

受験時代から大量に読んだが、出てくる教訓みたいなのは当たり前すぎるか、
極端だし、孔子の行動はバカ麦価だし。

もうヨンでもいみないことが良くわかった。

最低のくそ文学だ。



2 :名無氏物語:02/10/22 20:45
釣りはヨソでやれ。

3 :名無氏物語:02/10/22 20:46
文学?

4 :低学歴A:02/10/22 20:49
俺に古文このすれでおしえてくれ

5 :低学歴B:02/10/22 22:21
孔子って誰?

6 :あまご:02/10/22 22:23
1=低学歴A=低学歴B

7 :聖人君子:02/10/22 22:38
孔子の思想はいつの時代にも、どんな国の人間にで通用する立派な
行動規範である。それを理解できない人間は、生きてる価値すらない
人間であると敢えて断定してもよい。孔子の行動の奥に存在する「心」
たるものの本質を見抜け!それを理解できぬは、完全なる馬鹿だと言い
切れる。何事も「敏」たる心構えでいなければ、事の本質は見抜けない
のだ。

薄っぺらな人生に終わりを遂げたければ、まず『論語』を読むことだ。
特に1のような大馬鹿者は、一度自殺でもして生まれ変わってから、
幼児期より再度勉強しなおすべきだ。大学生になってまで、このような
幼稚なことを抜かす奴は、幼児教育からやり直さなければ、もはや大人
として駄目だろう。

馬鹿者を自覚するものは、真の「学問」とは何ぞや?との問いかけから
始めるしかなかろう。


8 :名無氏物語:02/10/22 22:45
儒教は孔子の仕官できない怨恨から生じたと宗教であるという本が出た。
だからしみったれた精神に納得できない奴は読む必要が無いと思う。

9 :名無氏物語:02/10/22 22:51
>7
>薄っぺらな人生に終わりを遂げたければ、
「終わりを告げたければ」だよ。
>大学生になってまで、このような 幼稚なことを抜かす奴は、
>幼児教育からやり直さなければ、もはや大人として駄目だろう。
…何かもう、かわいそうになってくるな。この文体。

10 :季孫の家宰:02/10/22 23:17
>>1は正しい。
論語は自分がバカだということを自覚できていない人が読んでも
その真の価値を理解することはできない。
論語ではバカとして扱われている仲由と孔子の対話の生き生きとした
やりとりを感じ取ることはできないだろう。


11 :聖人君子:02/10/22 23:35
>>9
予の文体にケチを付ける暇があったら、己の心根の狭さにケチを付けたら
どうか?まずは貴殿がじっくりそれを自覚すべきだろう。また、人のちょっと
した誤りを指摘して、鬼の首を取ったように喜ぶのは、大馬鹿者である。
誠に幼稚極まりない。本当に非道いものである。

河井継之助はその生き様を以て司馬遼太郎をして人間の芸術品とまで言わ
しめているが、1や9などの精神劣悪なる人種を見ていると、反対に人間
としての欠陥品と言っても過言ではないように思う。残念ながら、ここに
来る誰もがそう思っているあろう。ごく少数の者を除いて。

とりわけ9等の幼稚なる精神の体現者をみていると馬鹿がひたすら馬鹿を
産む、大量生産時代に突入した感がある。いやはや、我が国はとんでも無い
時代になったものである。日本は戦後教育を完全に誤ったと反省せざるを
得ない。
今後はこのような精神劣悪なる人種をどのように駆除し、その影響力を如何
に最小限にくい止められるのか、その方法論を真剣に論じなければならない
時期に来ているように思う。皆様いかがであろう。


12 :名無氏物語:02/10/22 23:47
どーしてだれも「麦価」につっこんでやらないんだよう!

13 :名無氏物語:02/10/23 00:01
>>12
それを言ったら、>>1の文章はツッコミどころ満載だよう。
孔子を読むって……『孔子』なんて書物はどこにもないじゃん。
仮に『論語』の事だとしたら、「大量に読む」ほどテキストの量があった?
そして何より、論語を文学だと思ってるのがイタすぎる。

14 :名無氏物語:02/10/23 00:28
1は「孔子を大量に読んだ」んだから、『論語』だけじゃなくて
『礼記』とか『家語』とか全部読破したのかも。
その上で、「もうヨンでもいみないことが良くわかった。」なら、
それはそれで傾聴に値する意見ではないか?

15 :名無氏物語:02/10/23 01:28
>全部読んでみて、もう読んでも意味がないことがよくわかった
偉いというか、可哀想というか、、、

16 :名無氏物語:02/10/23 02:14
寝台、白布、これを父母に受く。
あえて起床せざるは幸のはじめなり!

17 :名無氏物語:02/10/23 02:29
東洋の停滞の元凶なり。

18 :名無氏物語:02/10/23 12:12
>>13
「『孔子』を読む」ならバカだが、
「孔子を読む」ならいいんでないの?14の意味になるよな。
「司馬遼太郎を読む」とか言うし。
こう言ったら、「司馬遼太郎の書物及び
(司馬遼太郎以外の誰かが起こした)司馬遼太郎の講演集を読む」になるよな。
で、呉智英の活動なんかはどうなの?

19 :名無氏物語:02/10/23 12:29
>>2->>18
お前ら全部魚にされたんじゃないのか?

20 :名無氏物語:02/10/24 00:41
すべての偉大な思想は、300年後には受容されて月並みなものになる。
偉大なほど、そうだ。

21 :名無氏物語:02/10/24 12:56
安心しろ。
何千年も前のギリシャ人や中国人のレベルにすら達してない連中も
二十一世紀になっても山ほどいるわけだから。
月並みどころか(笑

22 :名無氏物語:02/10/25 11:36
孔子の子孫は偉そうにしているから嫌い。

23 :季孫の家宰:02/10/25 14:33
>>22
だって偉いんだもんあんたより

24 :1:02/10/25 18:14
>>23
しねや

25 :名無氏物語:02/10/25 18:49
孔子の子孫ってだけでは偉くないな。
マジの子孫かどうかも分からんし、子孫とか称してる連中は極めてうさんくさい。

26 :名無氏物語 :02/10/25 21:37
どなどなどーなー どーなー
孔子をのーせーてー

27 :名無氏物語:02/10/25 21:44
天、徳を予れに生せり。>1其れ予れを如何にせん。

28 :名無的発言者:02/10/25 22:41
>>27
講師って地震箇条だよね。ハァ?あんたまじで言ってるの?言われた天の方がおどろいたと思うよ。

29 :名無氏物語:02/10/25 22:43
敬して遠ざけるから、驚かれても全然OK。

30 :名無的発言者:02/10/25 22:52
>>29
天これを厭たん、天これを厭たん。これ言った時にはすでに見捨ててたけどね。見てもなかった。

31 :名無氏物語:02/10/25 22:59
>>28
「天の未だ斯の文を喪さざるや、匡人其れ予れを如何せん」から考えるに
>>27の「徳」は孔子一個人の「徳」ではないんじゃない?
「天が認めた、社会全体のモラル」のことだよ。たまたまそれが孔子の
中に生きていた、と。

32 :名無氏物語:02/10/26 17:13
この人の主張に「ハァ?}なところがあるから
韓非子(法家)荘子(道家)などのさまざまな思想がアンチテーゼ
として出てきたわけで・・ある意味諸子百家の基本と言えるのかも。

デムパですまん。

33 :季孫の家宰:02/10/26 19:49
>>24
国の税金無駄に使って大学いってるくせにそんな程度の返ししかできないのですか?
まあ日本最大の犯罪者大学の学生だからしょうがないか。
あなたも先輩の真似しちゃだめですよ。日本だってそんなに寄生虫飼っとく余裕ないんだから。
でもおれん時より毎年学生の質が下がってんなあ。

34 :名無氏物語:02/10/26 22:18
このスレが盛り上がる(?)あたり、
やっぱり孔子様はみんなの心の中に生きてるなあ、


と言ってみるテスト

35 :名無氏物語:02/10/26 22:43
儒教って、漢の武帝が国教と定めたことで、官吏の必修科目として
発展したんでしょ?
その思想自体が他と較べて圧倒的に優れていたから、というよりは
「封建主義体制を維持する上で都合が良いから」という理由で。

(民間レベルでは道教が神仙思想と結びついて現在に至るまで流行
しているし、皇帝や官僚だって儒教の理想とした徳治主義だけじゃ
なく、法家の説を容れた法治主義をも取り入れて政治を行ったしね)

さらに宋代になって朱子が現れ、訓詁解釈を中心としていた儒教を
いっそう哲学的で説教臭いものにしてしまったわけで……この辺が
>1のような儒教嫌いを生む原因なのかも。
つまり>1のような儒教嫌いが生まれるのは、必ずしも孔子の責任
ではないのでは……と言ってみるテスト。
素人考えでスマソ。

36 :18:02/10/26 23:05
しつこくてすんまそん。
呉智英の以費塾ってどんなようなもの?
ttp://ich.jp.vu/
自分、地方在住だし、覗きに行くほどの元気もない。
呉智英は割と好きなんだけど、
絡んでる浅羽があんまり好きじゃない。
何か、新しい事が出てきてんのかなあ。

37 :名無氏物語:02/10/26 23:13
加地伸行『儒教とは何か』中公新書を
読んでから言ってくれ。これはもう論語を語る上で
必読文献。まあ、浅野裕一氏の専門書も
読まないと語れないとおもうけど。

38 :名無氏物語:02/10/27 18:07
浅野裕一のアレと加地伸行とを同列に語ってほしくないような気が…

39 :名無氏物語:02/10/27 19:30
漏れは好きだぞ(好きなだけだが)。
浅野先生のアレ。

40 :名無氏物語:02/10/27 20:52
>38
漏れの言は浅野先生の専門書の方です。PHPではないですが。
アレって何。

41 : :02/10/27 22:13
http://hentai.s1.x-beat.com/

42 :名無氏物語:02/10/27 22:17
例の『神話』だろ。

43 :名無氏物語:02/10/27 23:08
>40
PHPから何か出てんの?


44 :名無氏物語:02/10/27 23:20
岩波文庫の売上ベストテン
1. 漱石詩注 吉川 幸次郎 2

2. 西欧紀行 祖国を顧みて 河上 肇 4

3. 清沢洌評論集 山本 義彦 編 1

4. デイヴィッド・コパフィールド(二) ディケンズ 3

5. 武士道 新渡戸 稲造 5

6. 暗黒日記 清沢 洌 8

7. 君たちはどう生きるか 吉野 源三郎 38

8. ロダン リルケ 13

9. モーパッサン短篇選 高山 鉄男 編訳 11

10. 論語 金谷 治 訳注 15



45 :季孫の家宰:02/10/28 22:53
>>32
荘子の方がわけわからん罠

46 :名無氏物語:02/10/28 23:39
>>44
つまり、『論語』は岩波の売上に大きく貢献していると。

47 :名無氏物語:02/10/29 01:02
論語を読んでると孔子が説教臭いというより実に人間臭いから面白い。

48 :名無氏物語:02/10/29 08:05
>>47
孔子を聖人臭くしたのは弟子のせいでしょう。

49 :名無氏物語:02/10/29 08:06
>>44
デイヴィッド・コパフィールドが4位に入ってるのが謎だ。
そんなに面白いのか?しかも第二巻。

50 :名無氏物語:02/10/30 02:23
>>1

あなたみたいな人を、孔子はちゃんとお見通しです。
「小人は天命を知らずして恐れず。大人に狎れ、聖人の言を侮る。」


51 :名無氏物語:02/10/30 03:55
孔子=巫女の娘

52 :名無氏物語:02/10/30 05:03
×娘→○息子

53 :1:02/10/30 17:01
>>50

説明してみろよ。おまえは怒涛の突っ込みで袋だたき。

54 :名無氏物語:02/10/30 19:20
>>53

「小人は、天命を知らずして恐れず。大人に狎れ、聖人の教えを侮る。」
(意味:小人は、天命の厳粛さに対して無自覚である。大人(同時代の高徳な人)に対してはなれなれしくする。聖人(先人のこと)の教えは軽蔑する。)



55 :名無的発言者:02/10/30 19:55
>>54
既に言われてたからと言う理由で1は小人になったのか?
それに、お前の言葉でいけば、孔子は同時代の小人からさえ相手されなかった人間となる。
お前才能ないから研究やめろよ。お前みたいなのは必要ないんだよ。

56 :名無的発言者:02/10/30 20:00
言い過ぎた。悪い。

57 :名無氏物語:02/10/30 21:37
言い過ぎるも何も、答えが
的を得ていないので、気にするにも値しない。

58 :名無氏物語:02/10/30 22:24
『的を得る』はあながち間違いともいえないと思うのだがどうか。

59 :名無氏物語:02/10/31 17:16
>小人は、天命の厳粛さに対して無自覚である。
人口の99%は受験でしか漢文を読みません。ということは孔子は日本人は99%は漢文も読まない(天命の厳粛さに無自覚)
と判断していますね。
そんな国が、世界一の経済大国になっていいんでしょうか?あいつの文をまじめに呼んでいる国のほうが、
発展しないんじゃないの?

>大人(同時代の高徳な人)に対してはなれなれしくする。
いやなやつでも先輩とか実力者に好かれることや、気に入られることは、
日本での出世、成功には欠かせない要素です。そのテクニックを悔しい気持ちをこらえて、
実行できないと日本の会社や会社間の交渉は乗り切れません。
 大人(同時代の高徳な人)に対してはなれなれしくする。 ことは
日本で出世するため、または人間関係を円滑にするための高等技術。


>聖人(先人のこと)の教えは軽蔑する。)
先人の中から自分で選ぶ権利があります。尊敬する人として先祖や父親などを尊敬しています。
孔子を本気で尊敬してるやつはいるのか?









60 :季孫の家宰:02/11/01 00:46
>>59にマジレスしていいもんだか悪いんだか59さんネタだったらごめんね
>人口の99%は受験でしか漢文を読みません。ということは孔子は日本人は99%は漢文も読まない(天命の厳粛さに無自覚)
>と判断していますね。
>そんな国が、世界一の経済大国になっていいんでしょうか?あいつの文をまじめに呼んでいる国のほうが、
>発展しないんじゃないの?
その世界一の経済大国の未来に全く明るい兆しがないのはなぜなんでしょうね?

>いやなやつでも先輩とか実力者に好かれることや、気に入られることは、
>日本での出世、成功には欠かせない要素です。そのテクニックを悔しい気持ちをこらえて、
>実行できないと日本の会社や会社間の交渉は乗り切れません。
>大人(同時代の高徳な人)に対してはなれなれしくする。 ことは
>日本で出世するため、または人間関係を円滑にするための高等技術。
オレの言葉の認識がまちがってるのかもしれんが、普通なれなれしい奴って
上司に嫌われると思うぞ。親しみやすいのとなれなれしいのとは違うと思うのだが?

>先人の中から自分で選ぶ権利があります。尊敬する人として先祖や父親などを尊敬しています。
>孔子を本気で尊敬してるやつはいるのか?
ごめん。少なくともオレは孔子を尊敬している。あの人が当時では敗北者だったってことは
充分に認識しているし、論語の中にも人間として許せない発言をしているのも
知っているが、それでもなお尊敬せずにはいられない人だと思う。
最後に父親や先祖を尊敬しているそうだがその人達のなにがあなたに尊敬の念をいだかせるのか
ちょっと気になりました。




61 :名無氏物語:02/11/01 01:36
>>59
発展、か、、、
なれなれしくする、か、、、、、
あなたが孔子を尊敬しないのはわかる気がする、、、、、、、
明治の富国強兵殖産興業、昭和の高度経済成長のニオイがするのが
やや気にはなるが

ただ、「発展」した10年後20年後がこのテイタラクで
「発展しなかった」国がいまや日の出の勢いだということについては
もう少し知っておいていいとは思う

62 :名無氏物語:02/11/01 02:06
>「発展しなかった」国がいまや日の出の勢いだということについては
そりゃ日本に何兆円規模でタカってりゃ嫌でもそうなるだろうな。
むこうに莫大な金と技術をやってるのは日本だよ。いうならば日本が育ててんの。
ちなみに俺は>>59ではないし、孔子も嫌いではない。

63 :名無氏物語:02/11/01 04:01
>>62 ソッカァァ
カネダケモッテルヴアカッツウノモナンダカナァ
カネアルッツッテモダイタスウノコクミンハソンナニヨユウナイシ
コクミンヲダシニシテデカイトコガスイアゲテイルダケッショ
ドコゾノワケノワカラナイクニニオクルコメガアッタラコクミンニタダデクバレッテノ
テイウカオレニクレクレ

64 :名無氏物語:02/11/01 11:38
孔子の本当の教えは隠されているとみていいのではないのでしょうか。

65 :59:02/11/01 16:31
>>60

>その世界一の経済大国の未来に全く明るい兆しがないのはなぜなんでしょうね?

まず日本より将来が明るい国をあげてください。
日本の将来が疑問視されているのは知っていますが、
結局そんな貴方も日本に住んでるんでしょう? 
貧困に苦しむ国は将来の暗示などするゆとりもありません。アフリカの将来は日本より安定ですか?
人口の増加などで地球自体にものすごい問題だらけなんです。
自分の国の将来について考えるゆとりのある先進国は今の地球ではかなり安定している国です。
でもアフリカ人が孔子を読んでるかどうかは知らないけどね。
結局孔子を読んでその教訓や教えに従うと、いい方向にことが進むことはないのでは?
そんなに日本の将来が危ないと騒ぐなら海外に引っ越せば良いでしょう。
でも日本より素晴らしい国がなくて困り果てる貴方の姿が見える。

>オレの言葉の認識がまちがってるのかもしれんが、普通なれなれしい奴って
上司に嫌われると思うぞ。親しみやすいのとなれなれしいのとは違うと思うのだが?

あなたのなれなれしくする方法が下手か、タイミングを間違えているだけ。
あるいはあなたは容姿の面での才能がない。

>最後に父親や先祖を尊敬しているそうだがその人達のなにがあなたに尊敬の念をいだかせるのか
ちょっと気になりました。

自分自信を心をこめて汗水流して育ててくれたから。



66 :季孫の家宰:02/11/01 18:51
59さんお返事ありがとうございます。どうやらあなたは本気で孔子の価値が
わからない人どということが>>65の回答でわかりました。
僭越ながらあなたの迷妄を取り除いてあげましょう!
>>まず日本より将来が明るい国をあげてください。
格付け投資情報センター(R&I)(http://www.r-i.co.jp/jpn/)によると
米、独、仏、英は日本より先があると思われてますね。あと月並みだけど中国の勢いも
侮れないでしょう。ところで、私が先にあなたの書いたのはネタかなって思ったのは
>>アフリカの将来は日本より安定ですか?
孔子のことを議論しているのになぜ関係なさそうなアフリカを出してくるのか
理解できない。こういう場合は儒教精神が今だに根強く残ってる北朝鮮や韓国には
未来があるのかって?いうのが筋じゃないの。特に韓国は極最近金融危機迎えたわけだし。
違いますか?何で儒教が根付かないアメリカが世界の盟主なんでしょうかね?って
いえないんだろ。
ちょっと長すぎたんで一旦切って改めて続きを書きます。

67 :59:02/11/01 18:56
>>66

はやくしてね

68 :59:02/11/01 19:04
>米、独、仏、英は日本より先があると思われてますね。あと月並みだけど中国の勢いも
侮れないでしょう。

米、独、仏、英が日本人よりも孔子をよく読んでいるせいで評価が高いんですか?
四国の将来性と孔子の因果関係を証明してください。

アフリカは適当にだした例だよ。ようは孔子の教えや教訓なんて国や個人の発展、栄華に
少しも影響を与えないんだよ。
アフリカに孔子の教えを広めたらアフリカには将来性が出てくるんですか?

それにしても99%は受験でしか孔子を読まない日本は世界で5位ですか?
200も国があるのにねー。






69 :59:02/11/01 19:05
>何で儒教が根付かないアメリカが世界の盟主なんでしょうかね?って
いえないんだろ。

おまえがこの疑問を投げかけないで答えを欠けよ。


それと逃げるなよ。

70 :59:02/11/01 19:09
まだ?

もう帰るよ

71 :59:02/11/01 19:09
逃げたか。>>66は弱すぎる。

72 :59:02/11/01 19:11
帰ります

73 :名無氏物語:02/11/01 19:37
「論語読みの論語知らず」という言葉もありますわな。

74 :季孫の家宰:02/11/01 19:55
66の続き。バブル経済の繁栄を謳歌していた80年代、孔子を本気で相手にする
人なんかほとんどいなかった。しかしバブルがはじけ将来への不安がにわかに高くなると
再び孔子の再評価が始まった。こういうことも>>59にいわせると孔子なんかを
評価しているからいつまでも不況から脱け出せないんだっていうだろうが、
現在の孔子の再評価という1部の動きはただ金儲けだけ追い求めていてはだめ!
何事にもきちんと礼節をもってあたるべきだという孔子の思想が必要だということに
やっと気付いたからであろう。
>あなたのなれなれしくする方法が下手か、タイミングを間違えているだけ。
>あるいはあなたは容姿の面での才能がない。
どういう辞書を普段使っているのかしれないが「なれなれしい」という言葉を
美点として使用する言葉使いは、初めてみた。いやはやカルチャーショック。
昔から営々として先人が築き上げてきた言葉というものに対する敬意はないのだろうか?

私が先に書いた>最後に父親や先祖を尊敬しているそうだがその人達のなにがあなたに尊敬の念を
いだかせるのかちょっと気になりました。<
これはあなたのお父さんやご先祖さまがあなたに尊敬の念を抱かせる存在になった背景に
孔子的なものがあったとはいえないのかねという意味で.書いたのですよ。
まわりくどくてもうしわけないですね。



75 :季孫の家宰:02/11/01 20:05
66の続きを書いているうちに随分時間が経ってしまったようですね。
やっぱり仕事の片手間に書くと時間かかるな。
>おまえがこの疑問を投げかけないで答えを欠けよ。
2chでこんなこと書くのも大人げないが「答えを欠けよっ」て
答えを出すなってこと?あなたよく上の人にもっとキチンと確認してから
動けよって怒られてない?大丈夫?
ところであなたは孔子を否定することしか言ってないけど、じゃあ
あなたはなにがいいと思うわけ?
>69の答えは74に書いてあるのでそちらをご覧下さい。どうせまだいるんでしょ。


76 :季孫の家宰:02/11/01 20:06
66の続きを書いているうちに随分時間が経ってしまったようですね。
やっぱり仕事の片手間に書くと時間かかるな。
>おまえがこの疑問を投げかけないで答えを欠けよ。
2chでこんなこと書くのも大人げないが「答えを欠けよっ」て
答えを出すなってこと?あなたよく上の人にもっとキチンと確認してから
動けよって怒られてない?大丈夫?
ところであなたは孔子を否定することしか言ってないけど、じゃあ
あなたはなにがいいと思うわけ?
>69の答えは74に書いてあるのでそちらをご覧下さい。どうせまだいるんでしょ。



77 :名無氏物語:02/11/01 20:08
孔子=怪しい宗教

かもな・・・やってることは麻原と変わらん。金をとらないだけ。

78 :名無氏物語:02/11/01 20:23
なれなれし・い 【馴れ馴れしい】

(形)シク なれなれ・し

(1)失礼に感じられるほどに、親しそうにふるまう様子。遠慮がなさすぎる。「初対面なのに―・い男」
(2)なれて親しいさまである。心安い。



79 :59:02/11/01 20:35
学校から帰ってきてまで2CHをする予定はないのに来てやるよ。

>しかしバブルがはじけ将来への不安がにわかに高くなると
再び孔子の再評価が始まった。

宗教色が強いですね。将来や経済面や金銭面で不安が生じると人は宗教に走ります。
宗教は自分が救われるような錯覚を信者に与えるからです。
しかし豊になって余裕ができると判断力が研ぎ澄まされ宗教の愚かさも見えてきます。
日本人が無宗教者が多いのは、豊なのが一番の理由です。
孔子はその場しのぎの、理論だけは立派で実行不可能な典型的宗教ですね。

>こういうことも>>59にいわせると孔子なんかを
評価しているからいつまでも不況から脱け出せないんだっていうだろうが、

意味不明。誰が言うの?誰が孔子を評価してそれにもとずいて不況対策をしてるの?

>何事にもきちんと礼節をもってあたるべきだという孔子の思想が必要だということに
やっと気付いたからであろう。

だからだれが?あなただけ?

>昔から営々として先人が築き上げてきた言葉というものに対する敬意はないのだろうか?

辞書は出版されたその日から改良の作業が始まる。言葉は常に流動しているからである。
よって皆さんに指示された辞書も必然的に改帳をせまられる。
↑研究社の辞書の冒頭より抜粋






80 :59:02/11/01 20:37
>私が先に書いた>最後に父親や先祖を尊敬しているそうだがその人達のなにがあなたに尊敬の念を
いだかせるのかちょっと気になりました。<
これはあなたのお父さんやご先祖さまがあなたに尊敬の念を抱かせる存在になった背景に
孔子的なものがあったとはいえないのかねという意味で.書いたのですよ。
まわりくどくてもうしわけないですね。

私の父は某国立大の英文科ですが、やはり受験でしか漢文を読んでいません。



81 :59:02/11/01 20:45
>おまえがこの疑問を投げかけないで答えを欠けよ。
2chでこんなこと書くのも大人げないが「答えを欠けよっ」て
答えを出すなってこと?あなたよく上の人にもっとキチンと確認してから
動けよって怒られてない?大丈夫?


まだ学生だよ。応えられないからって話そらして逃げないでね。

今日これから飲み会だからまたね。





82 :59:02/11/01 20:46
そうそう>>76は早く四国の発展や将来性と、孔子の因果関係を証明してね。



83 : :02/11/01 20:54
http://www2a.kagoya.net/~adults-toybox/sample1.wmv
http://www2a.kagoya.net/~adults-toybox/sample2.wmv
http://www2a.kagoya.net/~adults-toybox/

84 :名無氏物語:02/11/01 21:13
「たみはよらしむべししらしむべからず」ってどういう意味?
 漢字だけだとどう書くのでしょうか?
 で、これを言った人って孔子さんというのは?本当のところが知りたいです。
 どなたかわかる方、ご教授を!


85 :名無氏物語:02/11/01 22:25
>>84
論語って本はわかりますか?


それを読めばわかるだろ。
岩波文庫の論語には索引もあるんだから。、
本当の所が知りたい人は『論語』を読んでから聞いてね。

86 :名無氏物語:02/11/02 01:22
一部に駄目なところがあるから全部捨てるってのもなぁ、、、
(孔子は駄目って言う人の論法はそうなんでしょ?)
孔子は駄目って言う人は何をよしとするのか尋ねてみたい
なんでもかんでも駄目って言う人なのかもしれないが(w
このテの人には、大抵自我が肥大していて大言壮語癖があり
かつては K.M. なんぞにイカレていた批判屋さんが多い

87 :名無氏物語:02/11/03 17:36
「論語を読む奴はバカ」なのか、それとも「論語を読まない奴がバカ」なのかは知らない。
確実なのは、「論語を読めないバカ」が増えているということ。

読むか読まないかは個々人の自由だけど、読む能力がないのは(略

88 :YAHOOO情報:02/11/03 18:02
http://cg.iclub.to/link/eroerojs/

89 :名無氏物語:02/11/04 05:48
とりあえず、アフリカなんて国は無いと言っておこう。
で、議論をしているオフタリサンに言いたいのだが、
論語のどの部分がくだらないとか、素晴らしいとか、具体例を挙げなければ説得力がない。
……次からのカキコには是非、論語の一節を挙げて、それを自分がどう解釈し、どう評価しているのかを
説明してくれ。

90 :名無氏物語:02/11/04 15:26
まぁ>>1は孔子の本当の魅力をしらないんだろうね。
儒教といえば中国や朝鮮の近代化をさまたげた、封建的な
朱子学みたいな純粋でなくなった儒教を想像しているんだろう。
本当の孔子が唱えていた儒学は>>1の考えているようなものではない。
朱子は荀子の性悪説を「異端」と称したが、孔子の儒学には
荀子の考えていた性悪説もちゃんと含んである。
本来の儒学は社会の規律を守る法と礼儀をごちゃ混ぜにした「礼」
というもので国家を統制しようとする学問だ。
それが時代が下っていくにつれ、支配者たちにいいように捏造された。
だから日本では古学派が起こった。
まぁいまさらいってもどうしようもないけど、一度中島敦の「弟子」
でも読んでみな。そしたら孔子が少しは好きになるかもしれない。

91 :名無氏物語:02/11/04 16:06
白川静の書いた孔子伝も良いですね。

92 :わたしはダリ?名無しさん?:02/11/04 16:35
論語の素晴らしいところ=差別的なところ。
現在の日本社会がなくしつつあるものを再認識させて腐る。

93 :名無氏物語:02/11/04 19:55
「させて腐る」の意味を教えて下さい。

94 :名無氏物語:02/11/04 20:07
論語は孔子の弟子達が書いたんだから
論語=孔子の思想ではなく
論語=弟子から見た孔子の思想に過ぎない。
いったい弟子達がどこまで師の教えを理解していたのだろうか。
少なくとも論語を読んで孔子を否定するのは筋が違う。
孔子の編纂した五経を読んで否定するならまだ分かるが。

95 :名無氏物語:02/11/04 20:09
>>1こと子豚よ・・・いい加減にしたらどうだ(WWWW
お前は今までずっとそうやって生きてきたな(WWW自分にとって都合のいい話しか聞かない豚野郎(WW
不快になる、反論される話は全く聞く耳を持たないんだろ(WW豚きわめりだな(WW
なぜ自分の卑小さを省みず、常にそんな傲慢な態度をふるえるんだ(WW
お前のような豚は、常に自分の精神状態を気持ちよくする事しか考えてないからだろ(WW
この世を自分中心…豚中心(WW豚世界(WWお前が人間と会話する時は、論議するとか、
意味のある話をしようとか、そういうのがまったくない。ただアフォ豚が気持ちよくなれればそれでいい
自己豚満足しか頭に無い、典型的オナニー豚(WWW
まさに幼児豚がする会話。幼稚豚の典型(Wお前の話は、ゴミだよ豚ちゃん(WWW
イカレ豚のオナニーその最もたるは、お前が書いてきたレスだよ。そして自演ことバレ豚芝居(WWW
なぜあんなレスをしかできない?あんなサトラレ豚芝居をする?自分ではわからないだろうな(W
それは、ただ自分が気持ち良くなりたいという豚望の結果ですよ(WWW
真正面から否定する文は、オナニー豚には通用しまい(Wお前は誰にも論破できない(WW
論破できないというよりは、議論自体できない訳ですが(WWW
豚は豚を不快にする文を受け入れられるような理論的人間じゃないからだ。
つまりオマエが豚だからだよ豚野郎(WWW話の通じない狂豚。狂気豚見参(WWW
ハナから戯言と決めつけることによって、どんなことをいわれても豚の精神状態を
安定させようとする。豚に都合の悪い事は見えません、豚目、豚耳、豚口(WWW
豚のお前にしてみれば、豚が不快になる文は、「バカじゃん」「ただのキチガイ」「で?」で済まされてしまうだろう(WWWそんな事をしていては、他人と論ずる事などできる訳がない(WWW論ずる事など元からアフォ豚にはできませんが(WWできる事はコピペと豚芝居(WWW
とどのつまり、豚ちゃんはハナから他人と論ずるだけの脳味噌を持っていないってこと。
そして、そのレスはすべて何の価値も持たないゴミだということだ。
オマエには何にもできないよ豚ちゃん。ネタ職人などと都合の良い冠が欲しいのか?(WWW


96 :名無氏物語:02/11/04 20:12
>>94
>孔子の編纂した五経を読んで否定するならまだ分かるが

おいおい。そっちの方が怪しいだろ(w

97 :季孫の家宰:02/11/04 22:03
久し振りに来てみたらまともなレスがついてた。
89さんの>>論語のどの部分がくだらないとか、素晴らしいとか、具体例を挙げなければ説得力がない。
……次からのカキコには是非、論語の一節を挙げて、それを自分がどう解釈し、どう評価しているのかを
説明してくれ。
いやおっしゃるとおりです。申し訳ありませんでした。
私が孔子に対して尊敬というか憧憬の念を禁じえないのは、>>90さんの話にも出てくる
中嶋敦「弟子」に見られるような孔子と仲由とのやりとりです。
はっきりいって仲由と他の弟子とでは孔子像の描かれ方に雲泥の差がある。
例えば「由、汝にこれ知るを教えんか、これ知るをこれ知るとなし、これ知らぬをこれ知らぬとなせ。
これ知るなり。」私も知ったかぶりをして格好つけたいという衝動をもつし
事実よくやって時には恥も掻くのだが、そういう時こそ先ほどの孔子の言葉の
重さが身にしみます。どう仲由と孔子の対話が他人事に見えない。
もちろん私は仲由ほど立派な人間ではないですが。
>>81には改めて答えます。

98 :季孫の家宰:02/11/04 22:29
>>81へ どうやら81=1ということのようだが最高学府に通っている割には知性の感じられない
言葉使いだ。 あなたやっぱりちゃんと論語読んだ方がいいいですよ。現代語訳だってあるんだし。
漢文で読まないとわからないってわけじゃないでしょ。読めるにこしたことはないが。
>>そうそう>>76は早く四国の発展や将来性と、孔子の因果関係を証明してね
さて上のようにいわれているので、一応こたえましょう。
はっきりいって欧米が経済大国になったのに、孔子も儒学も儒教も全く関係ありません。
というかかのマックス・ヴェーバーも中国に資本主義が誕生しなかった理由に儒教を上げてるし。
彼らが発展した最も大きな理由はまず「銃の力」と「節操のなさ」と「歪んだユダヤ選民思想的プロテスタンティズム」です。
まあ多分彼らの思考では、倫理的には悪事でも成功している限りでは、それは神も認めた行為だ
とでも思っていたのでしょう。しかし今その節操の無い競争によっていろいろなところに弊害が
現れているのであるから、「君、君たり、臣、臣たり」と各々の職分を守り節操をもつことを主張した
孔子思想はあながち現在の欧米に不必要とはいえないんじゃないんでしょうか?
もちろんバブル期の己の職分を超えて本業そっちのけで不動産投資やダメダメ株に手を
出して不良債権作りまくった国にも言えると思うが。
そういえば>>1の学校の卒業生なんかその辺は大いにやらかしてるんじゃないの?
そういう先輩たちに対してはどう思いますか?
ちなみに私は中卒です。



99 :名無氏物語:02/11/05 12:43
>>94がいいこと言った。

100 :名無氏物語:02/11/05 13:27
>>98

中卒の人って,漢文読めるんですか?

101 :中立:02/11/05 13:55
孔子より吉野家コピペのほうがどう見てもニーズが高い

102 :名無氏物語:02/11/05 20:47
吉野家コピペ>>>>>孔子>>>>>クソスレ

103 :祝・論語出版:02/11/05 21:24
ああっ、もうダメッ!
ぁあ…孔子出るっ、孔子出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ロッ、ロンッ、論語ォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!論語ッ!!ロッ、ロンッ、論語ッッ!!!論語見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっ
っ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱい孔子出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…孔子出るっ、孔子出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ロッ、ロンッ、論語ォォォッッ!!!
ムリムリイッッ!!ブチュブチュッッ、ミチミチミチィィッッ!!!
おおっ!論語ッ!!ロッ、ロンッ、論語ッッ!!!論語見てぇっ ああっ、もうダメッ!!はうあああーーーーっっ
っ!!!
ブリイッ!ブボッ!ブリブリブリィィィィッッッッ!!!!
いやぁぁっ!あたし、こんなにいっぱい孔子出してるゥゥッ!
ぶびびびびびびびぃぃぃぃぃぃぃっっっっ!!!!ボトボトボトォォッッ!!!
ぁあ…孔子出るっ、孔子出ますうっ!!
ビッ、ブリュッ、ブリュブリュブリュゥゥゥーーーーーッッッ!!!
いやああああっっっ!!見ないで、お願いぃぃぃっっっ!!!
ブジュッ!ジャアアアアーーーーーーッッッ…ブシャッ!
ブババババババアアアアアアッッッッ!!!!
んはああーーーーっっっ!!!ロッ、ロンッ、論語ォォォッッ!

104 :季孫の家宰:02/11/06 08:09
>>100多少は読めます。
大概の本は原文+書き下し分+現代語訳で構成されているから
何度も読んでりゃ読めるようになるでしょ。

105 :名無氏物語:02/11/06 12:03
>>104

お前漢文の読み方知らないんだよ。帰りナ。

106 :名無氏物語:02/11/06 12:18
帰りナ、とまで言うのは言い過ぎと思われ

でも、104の考え方が甘っとろいのも事実
そんな程度の努力で「読める」ようになるなら苦労せんわ

107 :季孫の家宰:02/11/06 23:24
>>106さま
どのような努力をすればあなたのいわれる漢文の読める人になるのか
お手数とは思いますが後学のために是非お教えください。

108 :106:02/11/07 13:49
どうすれば読める人になるのか?
原文に接する
自分の読みを真剣に叩いてくれる師匠や仲間を持つ
結局はそれに尽きるかな
訳本を見るのは無駄だと言ってるわけじゃない
優先順位から言えばもっと力を入れるべきことがあるよ
と言いたいわけ

その原文に出てくるその言葉その文字が他の文章ではどういう
使われ方をしているのか、辞書を引くなどして用例を色々と
当たって意味を汲み取る
引用があればその出典先を典故があればその大もとを確認する
先人の注釈があれば参照検証してみる
そして書いた当人が何を言わんとしたかを察する

こういう地道な「読む」作業を自分の手で積み上げないと
少なくとも「読める」と自称できるレベルには届かない
板さんの包丁さばきを見るだけで腕が上がるだろうか?
自分が練習しなければ上手くはならないでしょ?
そういう事ですわ
こんな所でいいかね、家宰さん

109 :名無氏物語:02/11/07 14:59
季孫の家宰 は行って良し

110 :名無氏物語:02/11/07 18:33
まあ、孔子学なんぞやったところで、仕事は限定されるよな。
せいぜい良いとこ、説教士ぐらいじゃないかな?

111 :名無氏物語:02/11/08 00:45
読むやつはバカかもしれないが
読まないやつはもっとバカだ

112 :名無氏物語:02/11/08 08:15
>>111
読めない奴は輪をかけてバカってことだな。
じゃあ、みんなでバカ宣言しようぜ!

113 :名無氏物語:02/11/08 10:48
>>110
学問に対するそーゆー見方が、いまの悲惨な教育現場を生むわけですね。

114 :名無氏物語:02/11/09 10:40
孔子と子牛ってどっちがえらいんですか?

115 :名無氏物語:02/11/10 13:59
つーか儒教なんてなんかの間違いで権力を握っちゃったってだけで、
論じる価値も本来無いでしょ。

ただ過去の人間が信じていたからやむを得ず抑えておかないといけないだけで、
今から見たら、ガラクタのピラミッドだな。

116 :名無氏物語:02/11/10 18:46
>>115
もし本気で言ってるなら、なぜ我々は「何かの間違い」を二千年も大事に抱え続けて、
価値もないガラクタを捨てようとしなかったのか、納得のいく理由を説明してくれ。


……って感じのことを、どっかにウヨ雑誌に阪大の名誉教授が書いてたな。

117 :名無氏物語:02/11/10 21:04
>>115
儒教関係の本なにも読んだこと無いだろ(w


118 :名無氏物語:02/11/11 11:07
>>116
間違いを正そうとした人たちを体制派が粛清し続けたからです。終わり。
>>117
死ね。ゼミで読めば読むほど下らない思想体系だと確信できました。

119 :名無氏物語:02/11/11 11:10
理想を過去の歴史に設定した点が一番馬鹿だな。発展を永久に封じ込めた。
それでも多少は発展したが、限界があったのは儒教のせいだろう。

120 :名無氏物語:02/11/11 11:15
>>118
なぜ、あなたのいう「体制派」とやらは、「論じる価値も本来無い」ような
「ガラクタのピラミッド」を大事にして、「間違いを正そうとした人」を
「粛正」したのか、説明してみてください。
あと「間違いを正そうとした人たちを体制派が粛清し続けた」とゆー
具体例をいくつか挙げてくれれば嬉しいです。

中国では二千年の間に何回も政権交代とかが起きて「体制派」が変わってますが、
新しく政権をとった「体制派」は、以前に自分たちを抑圧していた古い「体制派」と
同様に「ガラクタ」を大事にしました。
なぜなのか説明してください。

121 :名無氏物語:02/11/11 11:18
>>118続き
あなたは、儒教の「体系」まで理解できるほど、
ゼミでいったい何を読み込んだのかということ、
それから、それら文献群のうちどのあたりを
「くだらない」と思ったのか、ということを
示さないままで>>118のような事を決めつけても、
あなた以外の他人には何らの説得力もありませんよ、
念のため。

122 :bloom:02/11/11 12:14

http://homepage.mac.com/bloombloom/

123 :名無氏物語:02/11/13 11:11
>>120
>なぜ、あなたのいう「体制派」とやらは、「論じる価値も本来無い」ような
>「ガラクタのピラミッド」を大事にして、「間違いを正そうとした人」を
>「粛正」したのか、説明してみてください
体制派である事はそれ自体が利益です。その質問は
なぜ共産党は粛清を繰り返すのか?と聞いているようなものです。
オウムの信者はなぜ今でも麻原を信仰するのか、合理的な理由がある?
儒教の信者は同様のカルト集団だから「ガラクタ」を「ガラクタ」と認識せず
正しい人々を排斥したというだけのことです。

>あと「間違いを正そうとした人たちを体制派が粛清し続けた」とゆー
>具体例をいくつか挙げてくれれば嬉しいです。
「李卓吾」
・・・・・・・・まあ、彼の場合は内ゲバですが。
儒法闘争史観みたいになるので嫌なんですが、儒家に排斥された人々は
たくさんいます。則天武后なんかもそうですね。

>中国では二千年の間に何回も政権交代とかが起きて「体制派」が変わってますが、
>新しく政権をとった「体制派」は、以前に自分たちを抑圧していた古い「体制派」と
>同様に「ガラクタ」を大事にしました。
>なぜなのか説明してください。
官僚が全て信者だから彼等を保護するのが便利だからです。
「ガラクタ」でない西洋教育があらわれたら即座に
儒教は一気に主流派から転落しましたよね。

124 :名無氏物語:02/11/13 11:15
あと、あまりに長期間の支配による徹底的な刷り込み、悪く言えば洗脳
も長く続いた理由かと。長く続けば、長く続いた事それ自体が優秀性の証
みたいになってさらに長く続く。圧倒的な力を持った他者(イギリス)が
あらわれるまでそれでよかったんですよね。

125 :名無氏物語:02/11/13 11:21
>>121
狭い業界なのでお断りします。
また、儒教の専門的に学ばないと儒教批判はできないという意見には賛同しかねます。
レーニン全集を全巻読んでないものが共産主義を批判するな、みたいな主張は独善的です。
まあ四書ぐらいは目を通したけど、細かい語句の議論には応じませんよ。


126 :名無氏物語:02/11/13 11:21
一部文章がおかしいですね。ごめんなさい。

127 :名無氏物語:02/11/13 18:36
>>123
あんたの言うことに客観的な根拠がまるでないということは、よくわかった。

128 :名無氏物語:02/11/14 15:45
天喪予!

129 :☆☆☆☆☆:02/11/14 15:46
http://alink3.uic.to/user/ranran2.html

130 :名無氏物語:02/11/14 16:18
>>1こと子豚よ・・・いい加減にしたらどうだ(WWWW
お前は今までずっとそうやって生きてきたな(WWW自分にとって都合のいい話しか聞かない豚野郎(WW
不快になる、反論される話は全く聞く耳を持たないんだろ(WW豚きわめりだな(WW
なぜ自分の卑小さを省みず、常にそんな傲慢な態度をふるえるんだ(WW
お前のような豚は、常に自分の精神状態を気持ちよくする事しか考えてないからだろ(WW
この世を自分中心…豚中心(WW豚世界(WWお前が人間と会話する時は、論議するとか、
意味のある話をしようとか、そういうのがまったくない。ただアフォ豚が気持ちよくなれればそれでいい
自己豚満足しか頭に無い、典型的オナニー豚(WWW
まさに幼児豚がする会話。幼稚豚の典型(Wお前の話は、ゴミだよ豚ちゃん(WWW
イカレ豚のオナニーその最もたるは、お前が書いてきたレスだよ。そして自演ことバレ豚芝居(WWW
なぜあんなレスをしかできない?あんなサトラレ豚芝居をする?自分ではわからないだろうな(W
それは、ただ自分が気持ち良くなりたいという豚望の結果ですよ(WWW
真正面から否定する文は、オナニー豚には通用しまい(Wお前は誰にも論破できない(WW
論破できないというよりは、議論自体できない訳ですが(WWW
豚は豚を不快にする文を受け入れられるような理論的人間じゃないからだ。
つまりオマエが豚だからだよ豚野郎(WWW話の通じない狂豚。狂気豚見参(WWW
ハナから戯言と決めつけることによって、どんなことをいわれても豚の精神状態を
安定させようとする。豚に都合の悪い事は見えません、豚目、豚耳、豚口(WWW
豚のお前にしてみれば、豚が不快になる文は、「バカじゃん」「ただのキチガイ」「で?」で済まされてしまうだろう(WWWそんな事をしていては、他人と論ずる事などできる訳がない(WWW論ずる事など元からアフォ豚にはできませんが(WWできる事はコピペと豚芝居(WWW
とどのつまり、豚ちゃんはハナから他人と論ずるだけの脳味噌を持っていないってこと。
そして、そのレスはすべて何の価値も持たないゴミだということだ。
オマエには何にもできないよ豚ちゃん。ネタ職人などと都合の良い冠が欲しいのか?(WWW


131 :名無氏物語:02/11/14 16:18
儒教って面白くないですよね?

132 :名無氏物語:02/11/14 16:20
     ∧_∧ オドルアホウニ
   ∩´∀`∩)
    \    )
     ( ( /
     ((_)


     ∧_∧  ミルアホウ
    (∩´∀`∩
     |    /
     (  (  /
     (_(_)



133 :名無氏物語:02/11/15 09:18
>>131
「物理っておもしろくないですよね?」と同じくらい
無意味な発言だな。

134 :名無氏物語:02/11/15 13:19
>>127
儒教が素晴らしいという客観的な根拠は?

135 :スレ通して読んだ:02/11/15 13:30
俺は1じゃないが7、10、11、50、54、60、64とか読むと儒教徒は馬鹿としか思えない。
37みたいな奴は何批判されても「お前は○○を読んでから物言ってるのか」、
と繰り返す事しかいえない無能に見えるし。

86が言ってる事はわからんでもない。だが、
>孔子は駄目って言う人は何をよしとするのか尋ねてみたい
>なんでもかんでも駄目って言う人なのかもしれないが(w
少なくとも孔子はダメ、と確認できただけでいいと思うが。
選択肢はまだまだ無限にあるのだから。

90が言ってるのは日本共産党のいいわけみたいだ。
>まぁ>>1は孔子の本当の魅力をしらないんだろうね。
>儒教といえば中国や朝鮮の近代化をさまたげた、封建的な
>朱子学みたいな純粋でなくなった儒教を想像しているんだろう。
>本当の孔子が唱えていた儒学は>>1の考えているようなものではない。
孔子をマルクスに、儒教を社会主義に、朱子学をスターリニズムに、
置き換えたら日共の言い方そのまんまだ。

136 :127:02/11/15 13:44
>>134
俺は別に、「儒教がすばらしい」と主張しているワケじゃないよ。
単に、儒教をガラクタだと決めつけているあんたの論法に
根拠がないって言ってるだけだ。
「自分に味方しない者はぜんぶ敵だ」って考えは改めたほうが
いいんじゃないか?

137 :名無氏物語:02/11/15 14:10
孔子がすばらしいと言ってるやつはつまるところ差別主義者。
人種差別・男女差別・階級差別・職業差別。パーフェクト差別主義者。

孔子が偉大な人物ならホームレスの炊き出ししてるNGOの釜をひっくりかえして
こいよ。それは公権力の仕事で、おまえの分際を超えていると言って。
孔子がやったのと同じことだろう。

138 :134:02/11/15 14:13
>>136
失礼しました。では儒教がすばらしい理由、ではなく儒教がガラクタでない理由を
客観的に示してくださいよ。

139 :127:02/11/15 14:29
もう一度言いますよ。私は、

>単に、儒教をガラクタだと決めつけているあんたの論法に
>根拠がないって言ってるだけだ。

誤解を恐れずに言えば、私は、「儒教がガラクタでない」とさえ
言ってません。

儒教を「論じる価値も本来無い」「ガラクタのピラミッド」だと
決めつけたのはあなたの方ですし、ならばなぜ、そんなガラクタを
中国人は何千年もの間、しかも、その間に何度も体制は変わってて
儒教を棄てる機会もあったのに、棄てることをしなかったのか、
ということを あなたは説明する必要があるでしょう。

それをせずに、ただ「儒教の信者はカルト集団だ」とか、

140 :127:02/11/15 14:29
「オウムの信者はなぜ今でも麻原を信仰するのか、
合理的な理由がある?」としか言えないあなたの主張は、
客観的なものではない、すくなくとも「なぜ?」という
疑問に答えることの出来ないものだ、と言っているのです。

141 :YOSHIKI:02/11/15 20:01
どうやらお前たちも、■コーヒー浣腸■をして
リフレッシュしたほうがいいな! そうしたら、すっきりするぜ!
http://www12.brinkster.com/uhikaru/a&w.htm

気持ちがよかったらオレに知らせろよ!
http://music.2ch.net/test/read.cgi/classical/1034769515/l50

142 :名無氏物語:02/11/15 20:45
>誤解を恐れずに言えば、私は、「儒教がガラクタでない」とさえ
>言ってません
ならばあなたは儒教に対しどう思ってるのか客観的に語って下さい。

>中国人は何千年もの間、しかも、その間に何度も体制は変わってて
>儒教を棄てる機会もあったのに、棄てることをしなかったのか
体制が変わった?帝政以外の体制がありましたか?
儒教を捨てる機会があった?それはあなたの勝手な考えです。
儒教を捨てるチャンスがあったことを「客観的」に説明して下さい。

143 :134:02/11/15 20:49
>すくなくとも「なぜ?」という
>疑問に答えることの出来ないものだ、と言っているのです。
「なぜ?」という質問に答などあるはず無いでしょう。
歴史にIFを持ち出す行為は所詮主観でしかないのですから。
それをあなたは「客観的」に語れといった。
ならばあなたにはできるはずだ。逆に「なぜ?」続いたのかを。
この場合IFは必要ないのだから、より楽でしょう。

繰り返すが、「捨てるチャンスがあった」などというのはあなたの主観に過ぎない。
客観的にお願いします。


144 :134:02/11/15 20:54
先回りしようか?
「逆に「なぜ?」続いたのか」
これにどんな答を出してもそれは主観的なものでしかない。
思想の素晴らしさを持ち出すこともできる。
階級の問題に転化することもできる。異民族の問題にもできる。

まさか、「客観的な歴史」なるものがあると思ってるのですか?

145 :134:02/11/15 21:02
すこし143の上半分が変な文章になってしまった。
142と144の質問だけでけっこうです。

「体制が変わった」と「捨てるチャンス」を客観的に。
事例を挙げてくださるとなおうれしい。

146 :143修正:02/11/15 21:29
>すくなくとも「なぜ?」という
>疑問に答えることの出来ないものだ、と言っているのです。
「なぜ?」という質問に答などあるはず無いでしょう。
歴史的事象に与えた説明は所詮主観でしかないのですから。
(ドラえもんの「タイムテレビ」があっても人の心が覗けない以上所詮は主観です)
それをあなたは「客観的」に語れといった。 ならばあなたにはできるはずだ。
儒教が2000年続いた理由を客観的に語って欲しい。

147 :127:02/11/15 21:39
おやおや。
たしかあなたは、「なぜ」儒教が続いたかという問いに対して
 > 間違いを正そうとした人たちを体制派が粛清し続けたからです。
 > 終わり。
だとか断言できる人だったはずですが。

他人の主張に対しては、「歴史にifはない」だとか、「なぜ?という
質問に答などあるはず無い」などとおっしゃるのですね。

自分は「儒教が権力を握ったのは『何かの間違い』だった」だとか
「儒教はカルト集団だから信じることに合理的な理由はない」とか
言っておいて、他人にそれは、フェアではないでしょう。(笑

148 :127:02/11/15 21:47
>「体制が変わった」と「捨てるチャンス」を客観的に。
>事例を挙げてくださるとなおうれしい。

たとえば、魏晋から唐まで続いた儒教の不振をいちいち通史的に
説明しろと?
それとも、儒教帝国が農民反乱でコケたケースを全部あげろと?

すくなくとも、明や順といった帝国は、既存の儒教帝国に対する
反乱、農民蜂起という形でスタートしましたよね?
でも、前の王朝を滅ぼしたあと、彼らはみずから儒教を採用して、
あらたな儒教帝国を開始することとなった。
なぜ彼らは、「論じるに足りないガラクタ」である儒教を
わざわざ自分の新帝国に採用したのでしょうか。

149 :簡単に言うと:02/11/15 21:57
孔子の素晴らしさ

状況によって正しい行動を取ること(孟子)
問題は今の状況において正しいのは何かという判断が難しいこと
孔子はコレが出来たらしい

150 :季孫の家宰:02/11/16 00:57
夜勤なのでひさしぶりにやってきました。相変わらずあんまり盛り上がって
ないですね。ものスゴク遅レスでもういないだろうが>>108さんどうも
ありがとうございました。
読む力というのは理解力と実行力とは関係ないということがあなたの文章で
よくわかりました。
こんなこと書くとインテリぶってる人にいい攻撃の種を与えるのかもしれませんが、
漢文の読解力をつけるためとか、そんな理由で論語読んでなんの意味があるのだろうか?
実生活に生かせなきゃだめでしょうに。昔からいうじゃないですか
「論語読みの論語知らず」って。
あと>>135さん
>>10で私が書いたことってなにか間違えてました?
バカ者ほど論語はひつようなのですよ。特に私とかにね。

151 :名無氏物語:02/11/16 04:47
論語読んで孔子がどうのなんていってんじゃねえよ、馬鹿ども!
孔子が後世でどれだけ影響力があったかそれが重要だから孔子も重要になってくるんだ。
あと、春秋とか他の著作の革新的な役割も知らないで、
馬鹿がうめいていたって、犬の遠吠えにもならん
前の人にいいたい>>150氏、
だいたい、役に立つ、役に立つってうるさいんだよ。
そんなんだったら、最初っから、英語でもPCでもやって、文庫版の教養書とか読んだほうがマシ
学問の美学がわかんねー馬鹿はこんなもの読む必要なし
まあ、陽明学とかやってみれば?
あくまでも、馬鹿と孔子は無縁、馬鹿は論語読んでも意味ねー


152 :134:02/11/16 10:43
>>147
とことん不誠実な答しかできない人のようですね。
>他人の主張に対しては、「歴史にifはない」だとか、「なぜ?という
>質問に答などあるはず無い」などとおっしゃるのですね。
当たり前です。私は自分の主張が主観的な意見だと自覚してますから。
はっきりいうとクソスレに気まぐれでつけた意見に対し、
あなたは客観的な事実だけで説明ができると言ってきたのだ。。
だからあなたにはとことん客観的な説明をする義務が有る。
誠実に議論する気があるなら。あなたは全くフェアじゃないね。

>>148
>たとえば、魏晋から唐まで続いた儒教の不振をいちいち通史的に
説明しろと?
>それとも、儒教帝国が農民反乱でコケたケースを全部あげろと?
それが「体制が変わった」と「捨てるチャンス」だというのはあなたの主観的な意見。
「六朝で儒教は不振だったが主流派やそれに準ずる位置だった。」
「農民反乱が反儒教の旗印を上げたことはあるのか?ないはず。」
こういう主観的な意見と同列の主観的な意見に過ぎない。
客観的に話せ!あんたは出来るって言ったはずだ!
>すくなくとも、明や順といった帝国は、既存の儒教帝国に対する
>反乱、農民蜂起という形でスタートしましたよね?
別に儒教に対する反乱ではない。単なる圧制への抵抗が権力闘争へ
転化しただけ。だいたい「農民蜂起」と「農民」いう言葉に主軸をおくのも
あんたの勝手な解釈。こんな主観的な意見はもういい。客観的に話せといってるんだ。
>でも、前の王朝を滅ぼしたあと、彼らはみずから儒教を採用して、
>あらたな儒教帝国を開始することとなった。
あんたがあげた順ならば李厳のような士大夫階級が入っていたのだから儒教が
採用されたのは当たり前だろう。また、明の官僚に出仕を促したのは知ってるよな?
儒教を排斥して儒教帝国の旧政権の官僚を取り込むんですか〜
>なぜ彼らは、「論じるに足りないガラクタ」である儒教を
>わざわざ自分の新帝国に採用したのでしょうか。
「論ずるに足りる価値ある思想」であるというあなたの意見が全然無いよ。

153 :134:02/11/16 10:47
ちなみに私は辛亥革命まで体制はまったく変わってないと思うし、
(制度はいろいろと変わったが)「捨てるチャンス」なんか一度もなかったと
思う。儒教が弱まった時期はあったが、代わりとなるべきものが弱かった。

あ、これは主観的な意見だから。あなたは客観的な証拠で語ってね。

154 :名無氏物語:02/11/16 10:54
>>149
>孔子の素晴らしさ
>状況によって正しい行動を取ること(孟子)
>問題は今の状況において正しいのは何かという判断が難しいこと
>孔子はコレが出来たらしい
できてたら就職できただろう。それともわざと就職に失敗するのが正しい行動なの?

155 :名無氏物語:02/11/16 10:57
>>150
>こんなこと書くとインテリぶってる人にいい攻撃の種を与えるのかもしれませんが、
>漢文の読解力をつけるためとか、そんな理由で論語読んでなんの意味があるのだろうか?
>実生活に生かせなきゃだめでしょうに。
実学至上主義には賛成できないなぁ。まわりに古文漢文はムダ、とかいう
スレがあるからそっちで議論してみたらいいんじゃない?
もちろん読解力が最終目標じゃなくて読解力を元にその先に行くためにみんな
読んでるんだよ。

156 :名無氏物語:02/11/16 11:00
>>151
>孔子が後世でどれだけ影響力があったかそれが重要だから孔子も重要になってくるんだ。
賛成!思想自体のに価値を認める認めないはさておき、影響力があった以上
仮にくだらねーとおもいつつも抑えておくのは大事だね。
>あと、春秋とか他の著作の革新的な役割も知らないで、
春秋は趙盾や趙鞅の記述とかで自分政治的信念で曲筆してるのがやだなぁ。
後で無理やり儒教信者によって正当化されているけどさ。

157 :季孫の家宰:02/11/16 12:07
151さま
>>馬鹿は論語読んでも意味ねー

よくわかる言葉遣いですね。


>>155さま
言葉足らずで誤解を与えたようですが、私は漢文(原文)の読解力を
軽視しているわけではありません。むしろ尊重しています。
実行力と読解力は車の両輪みたいなものでどちらが欠けても上手く
立ち行きません。
実行力だけでは後期墨家のようにテロ化するだけですし、読解力(経学至上主義)
だけでは、カカシにすぎません。
あと後世の平和な時代の形骸化した儒教は知りませんが、初期孔子の弟子達って
みんなほとんど何かしら孔子についていけばオイシイ目にあえるだろうっていう
輩ばっかりだったんじゃないんですか?
みんながみんな顔淵みたいについていったわけじゃないでしょ?
別にそれは悪いことじゃないし、まあ当然でしょ。

158 :季孫の家宰:02/11/16 12:15
>>154さまつまらないツッコミですが
 できてたら就職できただろう。それともわざと就職に失敗するのが正しい行動なの?

就職することが目的なのではなく、その職に就くことによって目的(周礼の復活)を
達成できるかどうかが大事だったんじゃないですか?
まあ孔子も仕官できなくて落ち込んでいたけど顔淵の「雇い主が目利きで雇われないのは、
恥だが、物の価値がわからない人間に否定されたって何を恥じ入ることがあるんですか?」
っていってるじゃないですか。あっ>>1のことか!



159 :道家の人:02/11/16 14:37
困ったもんだ。孔子否定派にせよ、孔子肯定派にせよ、
碌にわかりもしないで論じているなぁ。
これじゃあ孔丘も(敢えて名前で呼ぶよ)悲しかろうよ。
後、お前らおちつけ。口角泡を飛ばしているわりには
議論になっとらんよ。


>123殿
>則天武后

儒家の趙翼が弁護していることをしらんのか!

>孔子が偉大な人物ならホームレスの炊き出ししてるNGOの釜をひっくりかえして
こいよ。それは公権力の仕事で、おまえの分際を超えていると言って。
孔子がやったのと同じことだろう。

・・孔丘は仁を説いたから、炊き出しは美徳なんだけどね。
君は何もわからず、総会屋上がりの某評論家みたいに、
孔丘を差別主義者だと思って、なにもわからずに論じて居るんだな。
あわれきわまるひとだよな。

>134
>客観的に話せ!あんたは出来るって言ったはずだ!

あなたは儒家を以て任じておられるようだが、
直ぐにカッとなるのは、儒家の教えに反するはず。
孔丘が温厚であったと伝えられていることに思いを致して欲しい。

>李厳のような士大夫階級

蜀の李厳は士大夫というより、土豪劣紳じゃないのかなぁ。
彼に士大夫らしいところはないと思うけど。

160 :道家の人:02/11/16 14:51
>90殿

あなたの意見は大変正しいと思うが、その見方は少し荀学マンセーと違うか。
子思孟軻の徒については、どう考えてらっしゃるのか、ご意見を伺いたいのだが

>123殿

>なぜ共産党は粛清を繰り返すのか?と聞いているようなものです。
オウムの信者はなぜ今でも麻原を信仰するのか、合理的な理由がある?
儒教の信者は同様のカルト集団だから「ガラクタ」を「ガラクタ」と認識せず
正しい人々を排斥したというだけのことです。

儒教をカルトだと言うのなら、その理由をあげてみ?
反証ならいくらでもあるぜ。
1,孔丘はみずから教祖として崇められることを拒否した。
2,孔子周公ともに塵埃、などというふざけた漢詩を儒家が平気でこしらえている
3,儒教経典が偽作だと言い出したのはそもそも儒家の朱熹

カルトが自分たちの教祖を「ゴミ(塵埃)」とか、
経典なんぞネタですよ、などと言い出すのか?漏れには君の論理がわからん。

161 :道家の人:02/11/16 14:57
最後に総論として。
はっきり言って孔子を普通に理解するのであれば、漢文読解力の
ような専門的技能はいらんはずだ、本当はな。
まともな経典の訳書と、儒教の歴史書があれば十分な筈だ。
ただ正直、最も普及している岩波文庫の四書はペケであるのも
事実。悲しいかな儒教の歴史書もまともなものはねぇ。
だから、こういうスレもたつわけよ。
>>1が悪いのではない。漢学のみじめな状況が悪かったのだ。
漏れは今これを書きながらうちひしがれているよ。

162 :名無氏物語:02/11/16 17:33
>>160
大丈夫?

>蜀の李厳は士大夫というより、土豪劣紳じゃないのかなぁ。
>彼に士大夫らしいところはないと思うけど。
順の李厳です。蜀の李厳の話しなんかしてないんだけど。
>あなたは儒家を以て任じておられるようだが、
誰も儒家を任じてないよ。批判してるのだけど。

>・・孔丘は仁を説いたから、炊き出しは美徳なんだけどね。
>君は何もわからず、総会屋上がりの某評論家みたいに、
>孔丘を差別主義者だと思って、なにもわからずに論じて居るんだな。
>あわれきわまるひとだよな。
君、本気で知らないの?子路が労働者を哀れに思って炊き出しをしたら
孔子が鍋釜をひっくり返させて妨害したってエピソード、マジで知らないの?
よくそれで孔子について語れるなぁ。


163 :名無氏物語:02/11/16 17:35
オッとレス番号間違えたさ。>>160じゃなくて>>159だな。
あと、大丈夫?の前に「頭」の字が抜けてました。失礼。

164 :名無氏物語:02/11/16 17:45
127氏今日は来ないのかなぁ?俺も毎日これるわけじゃないから。
儒教が2000年続いた理由の「客観的な根拠」楽しみにしてるんだけど。
あと「変わるチャンス」と「体制が変わった」の「客観的な根拠」も。

「あんたの言うことに客観的な根拠がまるでないということは、よくわかった。 」
というのが今のままだとそっくりそのままあなたにも当てはまってて滑稽ですよ。

165 :名無氏物語:02/11/16 18:09
                   ,,-‐''""''ー--,_
                /    し   く   ||
:::::::::::::::::::::::::::         |  激       . ||
::::::::::::::::::::::::::::::::::       | +     者 + ||
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   | .   忍  ,ノ"" "||       :::::::::::::::::::::::::::::::::
  :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::: |   ,/"""     .!||   ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::   ::::::::::::::::::::::::::
:::::::::::::::::::::::::::::::::::       """"         .||        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
                          / )     :::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::     / /||
           ::::∩:::::::::::::::::::::::::::   / /
        \ \    | |          ( (
      (´∀` )././         . ヽ ヽ  / ̄ >
     /             .. ノノノノ \\|゚U゚ヽ|〜   . n   ...∩
             ♯♯    (*゚∋゚)  i  y   \  . ( E) .| .|
             (℃゚ )   /    _\ノ      ,,..ヽ_/../ .  | .|
      ( ヽ,  /    ヽ、/ , ......// ヽ,     ノ \__/     | .|  ≡≡
       \\/ ,ri     .ヘ,( (   ( \ノ i     i       .... ヽ\(‘台‘)
         ヽ_,ノ |    |  ヽ、ヽ..//ヽ、_ノ    /      .. ....  \     \
投票所
 http://live.2ch.net/test/read.cgi/vote/1037098689/l50
コード発行所
 http://www.vote.flets.org/code/2chaa/code.cgi


166 :亡霊:02/11/16 18:28
このページトップにいたのに
今日は馬鹿どもなりをひそめている
このページの乗っ取りに成功してるんじゃないですか

馬鹿がいない間、漢文について話しましょう!!!!<<<<<さんせい!!
漢文で一番面白かったというか文章に迫力があったのは頼山陽でした
外史、通義、正紀の和刻本までてにいれた=~_~=

167 :道家の人:02/11/16 18:30
おや早速レスがついたのぅ・・

>162
でぇじょうぶかっていいてえのはこっちの方だっつーの。
>順の李厳です。蜀の李厳の話しなんかしてないんだけど。
あー、それ字が違うぜ。順の李自成の軍師は李「巖」じゃ、
李「厳」ではない。厳の上に山がつくの!
あと、この人物は架空だって知ってた?
明末の小説がこしらえた人物で、正史『明史』が勘違いして
実在にしているんだよ・・


168 :道家の人:02/11/16 18:33
>162、指摘続き

で、このレスでお前は馬脚あらわしたな。
お前は厨房小説家の安能務の説(「中華列国志」)丸写しにしてたわけか。
今時李「巖」を実在として扱うのは、安能くらいだからよ。
で、孔子が炊き出し妨害した件てのも、安能の本からぱくったな?
まともな漢籍ではきいたこともねぇ説だよお前さん・・

で、安能だが。まともに漢文も読めないで文化大革命当時の
「批林批孔運動」を死ぬまで書いていた小説家だったな。
あやつなら、茨城大の先生が粉砕していたよ。
いづれにせよ、君はもう少しましな本よめな。

169 :道家の人:02/11/16 18:38
>166様
いいよ、別に漢文を語っても・・漏れは元より道家だから、
畑ちがいの孔丘の弁護なんか飽きたしな。

政記まで手に入れたとは・・あんた、通だね?
漏れも頼襄は好きだよ。なかなか文に力があらあね。
漏れが好きなのは、司馬光と韓愈・柳宗元かな。


170 :老師:02/11/16 18:49
>>168
東大だかなんだか知らないが、
あなたは口が頗る汚い、
自分の意見を聞いてもらいたかったら、
感情的にならぬこと、
孔子ぐらいで云々してるようではまだまだ
問題は自分の生様じゃ
今自分は満身に陥らず、念念知非にやっているかじゃ
目指すところは皆同じじゃ

171 :亡霊:02/11/16 18:59
>169さま
柳宗元いいですねー
あと、前にツガンコウモク少し戦国のあたり読んだのですが、
シジツガンと違うのですか?

頼山陽を愛する有志で読みあってるんです

172 :127:02/11/16 19:18
とりあえず、俺の>>136>>139あたりを見直してくれ。
俺が何を言いたいのかは過不足なく書いたつもりだし、
その上で君が、
>あなたにはとことん客観的な説明をする義務が有る。(>>152
と思うのは勝手だ。が、俺にそんな義務はない。
俺は、あんたの意見に根拠があると勘違いしたから、それを示せと
お願いしただけだ。

あんたの意見、つまり、
儒教を「ガラクタ」だの「カルト集団」だのと言ってるのが
>主観的な意見だと自覚してます(>>152
と言うのなら、それ以上、俺の言うべきことは何もない。

「儒教はガラクタだ」と言っても、「134はバカだ」と言っても、
後から「あれは主観的な意見だ」と言えば、それでいいんだろ?

173 :127:02/11/16 19:19
少なくとも俺は、あなたから一方的に
>とことん不誠実な答しかできない人のようですね。
>あなたは全くフェアじゃないね。
って言われるような覚えはないね。

174 :亡霊:02/11/16 19:59
>173さま
あまり気になさらずに
違う株どうしでは根本のとこで
食い違います
孔子読むより他にいくらでもいい本があるって点では1に賛成
いろんな本に何の断りもなく孔子の言葉がでてくるし別に読んで害はない
から1に反対
すいません中道で

175 :季孫の家宰:02/11/16 21:07
>>168さま ご教授ありがとうございます。
私もこんなエピソード→孔子が炊き出し妨害した件

あの滅茶苦茶な荘子でさえみたことなかったのでなんのことかと
思ったのですが謎が解けました。


176 : :02/11/16 21:32
井上靖の小説で「孔子」ってタイトルのヤツなかった?
ガイシュツ?

177 :名無氏物語:02/11/17 00:40
>>176
ありました。


178 :名無氏物語:02/11/17 00:52
支那思想においては孔子は外せませんな。

179 :道家の人:02/11/17 02:11
>老師さま
口汚いですか・・以後は気を付けます。

>自分の意見を聞いてもらいたかったら、
感情的にならぬこと、

おっしゃるとおりですね。ご忠告ありがとうございます。
尚、私は東大とは関係ないです。いうほどの学歴はないです。

>亡霊さま
『資治通鑑』と『資治通鑑綱目』との関係ですが、
『資治通鑑綱目』は『資治通鑑』のダイジェストです。
ただのダイジェストではなく、朱子学的に色々加えたりもしています。

しかし頼山陽をみんなでよんでらっしゃるとはうらやましい。
当方は無骨の工学屋で、周りにそんな人は居ません。


180 :名無氏物語:02/11/17 02:17
↓ ここの占い超笑った
http://www5b.biglobe.ne.jp/~ryo-kyo/

181 :名無氏物語:02/11/17 12:26
 > 儒教関係の本なにも読んだこと無いだろ(w
 > お前は厨房小説家の安能務の説 丸写しにしてたわけか。
それは、あまりにも失礼でしょう。

仮にも134氏は、
 > ゼミで読めば読むほど下らない思想体系だと確信できました。
とか
 > 四書ぐらいは目を通した
と言っているのですよ!

182 :名無氏物語:02/11/17 21:28
>ゼミで読めば読むほど下らない思想体系だと確信できました。
どんな読み方したのかねぇ。
どんな思想体系が下らなくないのか
四書に目を通したといっている人に聞いてみたいもんだ。


183 :道家の人:02/11/18 02:44
>181殿
だって、炊き出し妨害の件は、
前のレスで書いたように四書どころか漢籍に見えない話だもの。
僕は道家ではあるけど、四書位はまあ一通り目を通しております。
今日も諸子百家関係を当たったが、出てないよ。
安能氏の創作と言うしかないんじゃないのかなぁ・・


184 :名無氏物語:02/11/18 10:04
まあ、本人(>>123=>>134=>>162)の弁明を待ちましょう。
もしかしたら、彼が演習で読み込んだいう「四書」には
孔子が炊き出しの釜をひっくり返したというエピソードが
載ってるかも知れないんだし。

185 :名無氏物語:02/11/18 13:01
莚、我々の知らないマイナーな漢籍に出典がある可能性が(略

186 :名無氏物語:02/11/18 23:36
「読めば読むほど」と言う割には、「四書くらいは」という謙虚な姿勢。
一体どっちなんだよ。

187 :名無氏物語:02/11/19 13:54
ただ上知と下愚とは移らず。

188 :亡霊:02/11/19 17:38
お久しぶりです
>道家の方
私思いますに、江戸明治の人々の奥深い思考、哲学というものは
荘子からたいてい出ているような気がします
この道家の思想には馬鹿な西洋人がようやくきずき始めたさまざまな考えの
上を行くものがあります。
芭蕉とかも本質的には道家の人です、禅もまた相互に関連していますね。
私の趣味は専ら、文章の面白み凄みにあるのですが、まあその点では
孔子より孟子の方がすきです。荘子の文章は、論理の展開のあざやかなこと、
意外な着眼点、奇異な文字、まったく読み応え十分ですね。斉物扁こないだ読みましたが
みんなああいうのを読めば、諤諤とせずにすむような気がします。


189 :名無氏物語:02/11/19 17:55
論理?
あぁ、
論理ねぇ……

190 :名無氏物語:02/11/19 19:39
荘子は凄い。
禅も凄い。
論語も同じぐらい凄いのだ。


191 :道家の人:02/11/19 22:51
>亡霊様

御説、読んでいてなるほどと思いました。

>江戸明治の人々の奥深い思考、哲学というものは
荘子からたいてい出ているような気がします

なるほど。そういえばそうですね。露伴なんか特にそれでしょうね。
最近露伴の努力論を読んだのですが、恐れ入るばかりです。

後おっしゃるとおり、『荘子』は凄いです。内篇の空前絶後たること、
今の未熟な僕には言葉で書くことすら出来ないです。
確かに斉物論は読むと議論のむなしさが分かりますね。
最近は禅語を読んでいますが、似たものを感じます。

192 :名無氏物語:02/11/20 00:11
思想は難しいのだ。

193 :季孫の家宰:02/11/20 07:59
荘子かあ。中学から高校の時はまったなあ。おかげで人格ゆがんだけど。
文学としてはおもしろいんだけれど思想書としては最低。
儒墨を一面しか見れない単純バカとして扱ってるけど、なんか先行する二学派に
対する負け惜しみにしかみえないとこが多いし。儒墨みたいに真剣さと真面目さを
きちんと身につけた人がやる分には荘子もバリエーションの一つとしてよいのだろうが
荘子色が強くなると大体人格破綻を起すんだよなあ。道教学会とかすごいらしいし。
まあでも唐代の李白とか杜甫とかの第一級のオナニー文学を生み出した功績は
評価できるでしょう皮肉じゃなしにね。

194 :名無氏物語:02/11/20 12:38
>オナニー文学

そんなこといったら文学はすべてオナニーです。

195 :名無氏物語:02/11/20 15:07
>>193
>荘子かあ。中学から高校の時はまったなあ。

どこかで自分は中卒って書いてなかったか?

196 :道家の人:02/11/21 06:17
>>193
どの解釈書で『荘子』を読まれたのかわかりませんが、
『荘子』の本質はそんな「儒墨を一面しか見れない単純バカとして扱ってる」
程度のモノではないです。『荘子』中でも孔丘の扱いは少し編によって
差がありますが、内編ではそれほど単純な扱いをしていないと思うけど・・
諸橋轍次・白川静が「『荘子』は儒家をよくわかっている」
と主張している(かなり古くからある説)のはご存じでしょうか。
白川氏によると、顔回系の儒が『荘子』になったらしいのですが・・

197 :道家の人:02/11/21 06:26
あ、>>196の白川説のソースは白川『孔子伝』(中公文庫)ね。
諸橋は『中国古典名言事典』(講談社学術文庫)。
以下諸橋引用
「荘子の学は、老子にもとづき、孔子を黜く<しりぞく>」
といわれている。しかし、実際には、荘子は詩書六芸に通じ、
孔子に学ぶところ、きわめて深いように思われる。」
(諸橋、講談社学術文庫338頁、1979)

198 :名無氏物語:02/11/21 09:19
顔回云々は他スレで外出。
http://mentai.2ch.net/philo/kako/980/980218749.html

199 :亡霊:02/11/21 09:34
>道家さま
露伴の努力論というのは面白いのですか?

荘子というのは、江戸明治の著作を読むと随所に影響が見られる
漱石は草枕の中で楚辞を引用したりして、実験していたが
文学というのは、ある共通の土台にたって、文章を構築していきたいものだとおもう
ただ、今は難しいが、いつか、中国が国際的に経済力、技術力、文化などで
優位になってきたら、漢文も日の目を見る日がくると思う


200 :200:02/11/21 14:58
>>199
まず日本語の勉強をしようね。

201 :名無氏物語:02/11/21 19:43
努力論に限らず幸田露伴の作品は面白いですが
努力論って後半の話がえらく難しくないですか?

202 :季孫の家宰:02/11/21 21:50
>>195さま
実は高校中退です。家庭の事情でやめました。

>>196さま
私がいいたかったの荘子の文章は儒墨をバカ(卑下)にする傾向が強い
といっているのであって、荘子学派が儒僕について無知だといっているのでは
ありません。実際荘子の中には論語の中の記述はもちろん、論語の中では
明確に語られていない子貢の呉越の争いを煽ったというエピソードなど非常に
興味深い記述が多く見られます。このことは単に当時の知識人にとって
論語に書かれているようなことが一般常識として身に付けておかなければ
ならなかっただけなのか、おっしゃるように顔淵の系譜に連なるものだったから
なのかは私には、わかりませんが荘子学派が孔子学派を貶めることに何の不都合が
あるのでしょうか?他学派である以上自分以外の学派を貶めるのは当然の行為ですから。
以前にある学説に対して異論があるからこそ別派を立てるわけでしょう?
少なくとも荘子学派としては、儒墨は物事の一面しかとらえておらず
自分達に較べると劣るものだという意識はあったはずです。
戦国時代に荘子学派なんていう定まった形はなかったとかいう突っ込みはされないと
思いますがそこは勘弁して下さい。

203 :名無氏物語:02/11/21 22:07
193での発言とえらく違いますね

204 :季孫の家宰:02/11/21 23:12
>>203さま
詳しく書いたらこうなりました。

205 :名無氏物語:02/11/22 13:07
>>1

>定説だよな?
>受験時代から大量に読んだが、出てくる教訓みたいなのは当たり前すぎるか、 極端だし、孔子の行動はバカ麦価だし。
当たり前すぎるってことは、あなたは無論、実践できているから当たり前なんでしょうね。

>もうヨンでもいみないことが良くわかった。
>最低のくそ文学だ。
適当に読んでること丸出しです。
「賢を見ては斉しからんことを思い、不賢を見ては内に自ら省みるなり。」
の意味がわかってますか?

206 :名無氏物語:02/11/27 02:01
>>1>>134も敗走したの?

207 : :02/11/27 19:33


208 :名無氏物語:02/11/28 00:12
sayounara

209 :季孫の家宰:02/11/28 10:12
そして誰もいなくなった…

------------------終了------------------

210 :名無氏物語:02/11/28 11:24
>>209
終了でageんなヴォケ。
かまって欲しいなら正直にそう言え。

211 :名無氏物語:02/11/28 16:35
>>201
努力論好き

212 :季孫の家宰 :02/11/29 03:13
>>210 スマン 下げ忘れた。

213 :名無氏物語:02/11/29 19:36
というか孔子なんて架空の人物なんですが。

214 :名無氏物語:02/11/29 19:55
『論語』の論の字は、現代でも二声(陽平)で読むけど、
どして?

215 :名無氏物語:02/11/29 22:47
辞書も引けないDQNは逝ってよし。

216 :名無氏物語:02/11/30 16:42
そんなこと言わずに教えてください。辞書を引いてもlun(2)は
論語のこと、と出てるだけです。

217 :名無氏物語:02/11/30 16:57
ごめんなさい、逆でした。lun(4)で去声です。
で、どうしてですか?

218 :名無氏物語:02/11/30 19:28
おいおい、しっかりしろ。
「論語」の時には、「廬昆の切」だろ? なんで
 > lun(4)で去声です。
なんだ?

219 :名無氏物語:02/11/30 20:41
いや、現代普通話で第四声を普通に去声ということです。

220 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

221 :名無氏物語:02/12/01 18:22
>>218
おいおいしっかりしろ。論語の時代には反切なんて概念はないよ。
『説文』が編纂された時代ですら反切は無かったんですから。

>>197
白川はそんなことより、孔子の革命者的な要素を「危険」だ、と
言って俗説を斥けたはず。孔子は思想家というよりむしろ革命者
であって、ために危険で過激な言行が多い。

222 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

223 :名無氏物語:02/12/01 18:27
>>221
おいおいしっかりしろ。誰もそんな話はしてないぞ。
中国語学史とかを云々する前に、>>214->>219を読み直して、
日本語の読解力を鍛え直せ。

224 :名無氏物語:02/12/01 19:11
>>223
はい、読み返しましたがそれが何か?
>>218の文章は「明らかに誤り」なので、指摘したまでです。
つまりコンテクストからの逸脱ね。古音とか、中古音とかを
云々する以前の話だよ、とはこっちのセリフ。

225 :名無氏物語:02/12/01 19:45
あのー、それで『論語』の論の字は結局どういう意味なんでしょう?
音が違えば義が違うと思うのですが。

226 :名無氏物語:02/12/01 22:26
>>225
梁の皇侃が『論語義疏』という注釈書で、
『論語』の論は倫理の倫であるといっているので、
論の字は「倫理」という意味ではないかと思いますが・・
倫は現代中国語で二声ですから、音義は一応一致します。
現代中国語で二声に読むわけは、これ以外に僕の見た範囲では見あたりません。


227 :名無氏物語:02/12/01 22:42
つまり「倫」の仮借ですね。成る程、成る程。ありがとうございます。

228 :季孫の家宰:02/12/14 11:34
この板は人いないねえ

229 :名無氏物語:02/12/22 23:15
@ニュー速

顔回のどこがいいのかわからない
http://live2.2ch.net/test/read.cgi/news/1040564612/l50

230 :名無氏物語:02/12/22 23:25
顔回は眼科医になればいい。

231 :名無氏物語:02/12/24 05:42
>>230
不覚にもワロタ...

232 :山崎渉:03/01/11 09:31
(^^)

233 :山崎渉:03/03/13 13:15
(^^)

234 :山崎渉:03/04/17 09:42
(^^)

235 :山崎渉:03/04/20 04:38
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

236 :名無氏物語:03/05/06 18:17
あげ 

237 :リバティ ◆RNYnqkKJag :03/05/06 20:42
ドナドナド〜ナ〜ド〜ナ〜 孔子を乗〜せ〜て〜

238 :名無氏物語:03/05/06 20:45
>>237
藁タw

239 :通行人:03/05/06 20:46
非常勤孔子?

240 :名無氏物語:03/05/06 20:46
今だ!セクースしながら240ゲットォ!!      
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ


  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


241 :名無氏物語:03/05/06 20:47
>>239
藁タw                                        

242 :名無氏物語:03/05/07 00:37
孔子は封建主義者、反動主義者である!愚劣な体制の犬なのだ!
孔子なんぞを有難がるのは愚劣な体制に寄生しているダニである
証拠だ!
孔子打倒!
孔子崇拝=人権無視
孔子崇拝=現体制擁護・反動
孔子崇拝=男尊女卑

243 :名無氏物語:03/05/07 01:00
242は封建主義者、反動主義者である!愚劣な体制の犬なのだ!
242なんぞを有難がるのは愚劣な体制に寄生しているダニである証拠だ!
242打倒!
242=人権無視
242=現体制擁護・反動
242=男尊女卑

244 :壮士:03/05/07 02:42
俺に言わせれば、242も243も同レベルだね。
1も似たようなもんだが、ミンナも〜少し論語でも読んだら?
その前に大学から入ると分かりいいかも…。大孝論孟で読むべし。
それから文学小説も必要かな。

245 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

246 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

247 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

248 :名無氏物語:03/05/07 10:20
急に進みだしたなw
山崎が4連続している死んだスレだったのにw


249 :名無氏物語:03/05/07 11:41
佐藤君も非常勤孔子ですが・・・・・

250 :名無氏物語:03/05/07 11:44
今だ!セクースしながら250ゲットォ!!               
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ


  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


251 :名無氏物語:03/05/09 11:34
講師などより毛沢東語録の方が幾万倍も価値がある
みんな毛沢東語録を読んで理論武装しよう。そして
壮士を叩こう

252 :名無氏物語:03/05/09 12:06
251の言う「価値」とは何なのかを小一時間(略

253 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

254 :名無氏物語:03/05/12 08:48
小ブル資本反動反革命主義の走狗、244に市を!

255 :名無氏物語:03/05/12 08:48
254がいいことを言った!

256 :名無氏物語:03/05/12 08:50
244よ、恥を知れ!人民の為に汗を流して
その封建主義に毒された脳を清めろ!

257 :名無氏物語:03/05/12 08:50
賛成!244に自己総括を要求する!

258 :名無氏物語:03/05/12 08:51
244は考案の犬です。2ちゃんの情報を考案
に流していたのをキャッチしますた。

259 :名無氏物語:03/05/12 12:49
孔夫子を否定するやつは共産主義者
孔夫子を否定するやつは男女平等主義者
孔夫子を否定するやつは毛沢東主義者
孔夫子を否定するやつは中共の走狗
孔夫子を否定するやつは反天皇主義者

260 :名無氏物語:03/05/12 13:33
孔子を否定するやつは共産主義者
孔子を肯定するやつは反動主義者
否定も肯定もしないやつは日和見主義者

261 :名無氏物語:03/05/12 21:16
>259
つまり講師を否定するのが絶対正義ということですね
同志発見!

262 :名無氏物語:03/05/12 21:22
孔子は文学なの?本当に?????
一曰孔子之書即文学是以知其頭腐耳


263 :名無氏物語:03/05/13 17:18
削除依頼も良し悪しだなw
ログが詰まるとレスを再取得しなきゃならないし・・・・・
 

264 :名無氏物語:03/05/13 17:19
でも、このスレ、完全に死んでいたのに・・・・・削除依頼で広告を消す人がいたなんてw


265 :山崎渉:03/05/21 21:54
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

266 :山崎渉:03/05/22 00:00
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

267 :山崎渉:03/05/28 14:57
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

268 :名無氏物語:03/07/01 18:30
                                           

269 :名無氏物語:03/07/01 21:30
>定説だよな?
もちろん世界の定説です。
ですから安心して逝っちゃって下さい。(>>1

270 :名無氏物語:03/07/02 01:22
今だ!セクースしながら270ゲットォ!!   
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ


  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


271 :名無氏物語:03/07/02 10:18
当たり前のことを当たり前に実行するのがいかに難しいかを
>>1のおバカな低脳さんは知るべきですね
それに孔子に極端はないですよ。彼の説は中庸をモットーとしてて素晴らしい

272 :名無氏物語:03/07/02 13:28
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


273 :山崎 渉:03/07/15 12:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

274 :>>1はバカ:03/08/01 11:18
  定説だよな?

275 :ぼるじょあ ◆ySd1dMH5Gk :03/08/02 03:17
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

276 :季孫の家宰:03/08/02 23:39
久しぶりにアゲ

277 :季孫の家宰:03/08/10 01:09
孔子を扱ったものでは白川静「孔子伝」、中島淳「弟子」、酒見賢一「陋巷に在り」
がベスト3かね

278 :名無氏物語:03/08/10 01:11
>>277
アサノっちが入ってないよ。

279 :名無氏物語:03/08/10 01:35
1は一流の釣り師だな。

280 :名無氏物語:03/08/10 10:09
でもねえ、何事も押し付けられるから嫌なのよね。
バカ言ってらア、と思って読めば腹を抱えて笑えるんだけど

281 :子夏:03/08/11 01:37
孔子がもし人生相談をしたら・・・・・・

会社員「上司が私の業績を自分のものにしたり、悪口を言いふらしたりするんです」
孔子「上司に文句を言って、聞かなけりゃさっさと辞めちゃったほうがいい」

高校生「オレのオヤジはリストラにあってから、仕事を探そうともせず酒ばかり飲んで暴力を振るうんです。だけどみんな遠慮して何も言いません。」
孔子「それはちゃんと反抗しなさい。親が間違ってるのに懸命に反抗しないやつは人間じゃない。」

主婦「夫が私のことを理解してくれないんです。離婚を考えてます。」
孔子「そういうあなたはご主人を理解していると思ってるんですか?相手の理解だけを求めてもねえ。」

リーマン「一緒に仕事をしている上司と意見が対立してて険悪な仲になってるんですが、相手の言い分にあわせるべきでょうか。」
孔子「そんな必要はありません。意見が合わなくても仲良くやるのが大人というものです。」

受付嬢「今日の相談の受け付けは終わりました」
孔子「それでは、帰ろう、帰ろうっと」

282 :名無氏物語:03/08/11 12:50
>>281
よくできてるが、惜しいことに

>高校生「オレのオヤジはリストラにあってから、仕事を探そうともせず酒ばかり飲んで暴力を振るうんです。だけどみんな遠慮して何も言いません。」
>孔子「それはちゃんと反抗しなさい。親が間違ってるのに懸命に反抗しないやつは人間じゃない。」

は間違ってるね。

283 :子夏:03/08/12 01:23
>>282

どこが間違っているのか指摘してほしいが。
ちなみに元ネタは論語じゃなくて孝経。

ついでにもういくつか。

高校生(男)「俺って顔も悪いし口下手で女の子に声をかける自信ありません。どうすればモテるようになりますか。」
孔子「まあまあ、イケメンの口説き上手ってやつはたいしたもんじゃないよ。君なりに彼女をつくろうと頑張ればすぐできるんじゃない。」

若妻「最近夫が妙に冷たいんです。時々暴力も振われいます。しかし、私は毎日笑顔で接するようにつとめてますが、夫の態度は改まりません。」
孔子「あのですね、ひどいことをされてもいいことをしてあげて、相手がそれに感じ入ってくれるなんてことを期待しちゃいけません。ご主人がひどいことした正直に怒りなさい。優しくしてくれたらそれに報いてやればいいでしょう。」

学生「世の中見てると理不尽なことばっかで頭にきます。本当に正しいことってなんですか?本当にあるんですか?」
孔子「おいおい、そんなことが明日あさってでわかるもんだったら、わしゃ今日中に死んでもいいよ。心がけは立派だがバランス感覚と謙虚さだけは失わんように。」


284 :名無氏物語:03/08/22 08:45
100位のスレッドにカキコ!

285 :名無氏物語:03/09/06 15:57
age

286 :季孫の家宰:03/09/07 23:04
正直世界4大聖人(誰チョイス?)の中では

孔子>ソクラテス>キリスト>釈尊なわけだが

287 :  :03/11/07 09:15
本の読み方だってさ
http://www.maromaro.com/marocolumn.html#marocolumn2

288 :名無氏物語:03/11/24 19:51
200位のスレッドにカキコ!

289 :名無氏物語:04/01/08 16:43
こっちが本スレかな?

290 :名無氏物語:04/01/08 16:47
今だ!セクースしながら290ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


291 :名無氏物語:04/02/15 16:15
age

292 :名無氏物語:04/02/18 04:38
100位のスレッドにカキコ!

293 :名無氏物語:04/03/29 17:38
200位のスレッドにカキコ!

294 :名無氏物語:04/04/16 15:41
・孔子を読む奴はバカ
・>大量に読んだが

つまり>>1は自分がバカだと、そして
それは定説だと主張したかったわけだね。

295 :名無氏物語:04/05/05 15:16
書き込みが無いのにあがったのは何故?

296 :名無氏物語:04/05/06 20:04
講師

297 :名無氏物語:04/05/06 20:05
行使

298 :名無氏物語:04/05/06 20:06
公私

299 :名無氏物語:04/05/06 20:06
格子

300 :お約束w:04/05/06 20:06
今だ!セクースしながら300ゲットォ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄      
        ∧∧
       (゚Д゚ )           (´´
アアン !  ∧∧⊂  ヽ/       (´⌒(´
   ⊂(>o<*⌒ `つ つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
      し' ̄ ̄   (´⌒(´⌒;;
            ズザーーーーーッ

  ドッコイショ・・・・・・・・・
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄     (´´;;
     ∧∧∧∧        (´;;
  〃 (>_<*)Д-)
 〃 ⊂(。(。 つと| グィッ
   〃  > y ) /〜))
      .し'し' U


何見てんだゴルァ!!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄
  パ  ∧∧ ∧∧  パ
  ン (n。n*)゚Д゚)  ン
     (.ノ(し⊂ニノ ))
ミナイデェ > y ) /≡〜
     .し'し' U


301 :名無氏物語:04/05/06 20:07
厚志

302 :名無氏物語:04/05/06 20:08
子牛

303 :名無氏物語:04/05/06 20:09
公使

304 :名無氏物語:04/05/06 20:10
公司

305 :名無氏物語:04/05/06 20:10
嚆矢

306 :名無氏物語:04/05/06 20:12
公子

307 :名無氏物語:04/05/06 20:12
合志

308 :名無氏物語:04/05/06 20:13
後肢

309 :名無氏物語:04/05/06 20:15
仔牛

310 :名無氏物語:04/05/06 20:15
佐藤(310)

311 :名無氏物語:04/05/06 20:16
光子

312 :名無氏物語:04/05/06 20:16
後嗣

313 :名無氏物語:04/05/06 20:17
高士

314 :名無氏物語:04/05/06 20:19
皓歯

315 :名無氏物語:04/05/06 20:21
孝子

316 :名無氏物語:04/05/10 17:47
あげ  

317 :名無氏物語:04/05/10 18:50
>>1は孔子を大量に読んだが、
孔子を読む奴はバカ。
定説だよな?

318 :名無氏物語:04/06/20 18:02
200位のスレッドにカキコ!

319 :名無氏物語:04/08/15 09:39
300位のスレッドにカキコ!

320 :名無氏物語:04/08/15 09:39
&320ゲット!

321 :一尺八寸 尽 ◆287cUd/qCQ :04/08/22 18:43
孔子は人食いで2メ−トルの黒人。

322 :名無氏物語:04/08/23 00:52
マックス・ウェバー曰く
論語は、インディアン酋長のおしゃべりだ。。

323 :名無氏物語:04/08/23 01:04


 終

324 :名無氏物語:04/08/23 09:59
何で女は現実を見られないの?

1 :どちてん :04/04/17 10:38 ID:2V8fSdFU
現実を見ないで猿の話とかしだしちゃうのは何で?
猿が好きなの?
あと現実と全く違う嘘スレ立てちゃうのは何で?
嘘スレ保守してると現実を忘れられるの?
なんで?

http://love3.2ch.net/test/read.cgi/gender/1082165902/l50

325 :名無氏物語:04/08/23 19:14
         ∧_∧
       (■∀■)(^ヽ
 ‐=≡t─‐/ヽ、_つ) __s)
‐=≡(ニニ(  ) /\\-.\
 ‐=≡( (ニ:( /暴| (O)T
 ‐=≡ヽ、__,ノ ̄  ヽ、_,ノ

ぶんぶんブブブン!!立正!ぶんぶん!!



326 :名無氏物語:04/09/02 18:28 ID:vtB00BhJ
100位のスレッドにカキコ!   

327 :名無氏物語:04/09/12 23:32:04 ID:nq/t+lMa
>>286
単にあなたの好みでしょう。

328 :名無氏物語:04/09/20 17:16:07 ID:l8rPYYzK
100位のスレッドにカキコ! 

329 ::04/09/27 03:35:09 ID:cUspCZ8V
>>98
ヴェーバーは,形骸化し保守化した儒教の姿をみてそれを儒教の本質だと誤認したにすぎない.
あの碩学にしては,あまりにも軽卒すぎる誤認だね.

330 :名無氏物語:04/09/28 09:24:53 ID:M+1SVFAh
330

331 :名無氏物語:04/10/21 19:34:38 ID:iS1ZTgCq
200位のスレッドにカキコ! 

332 :名無氏物語:04/10/26 19:10:23 ID:3MXUe4Gm


333 :名無氏物語:04/10/26 19:22:35 ID:Wd5szCKW
333ゲット!

334 :名無氏物語:04/10/27 23:42:33 ID:CWzCLS8j

(大前提)
  孔子を読む奴はバカ。

(小前提)
  >>1は孔子を、受験時代から大量に読んだ。

(結論)
  >>1はバカ。

 

335 :名無氏物語:04/10/29 17:23:11 ID:PVpsMx1i
様するに>>1は孔子を読んでも理解できなかった
から怒ってるんだろ?違う?

336 :名無氏物語:04/10/29 21:38:01 ID:UIgp2Oeg
まぁ孔子を単なる文学としかとらえられんのもすごいが、、、
あさはかとしかいいようがない、、


337 :名無氏物語:05/01/10 05:43:25 ID:5Xlkqdpp
なんだこの糞スレは

338 :名無氏物語:05/01/10 16:15:24 ID:Ie7sQ4ba
300位のスレッドにカキコ! 

339 :名無氏物語:05/02/19 04:42:47 ID:lI0/BtK2
三胆

340 :名無氏物語:05/02/19 06:44:08 ID:vtvDkqRz
340

341 :名無氏物語:05/02/28 09:19:35 ID:/kzCNydG
100位のスレッドにカキコ! 

342 :名無氏物語:2005/03/31(木) 18:12:46 ID:L9w4gWWN
200位のスレッドにカキコ! 

343 :名無氏物語:2005/05/15(日) 02:38:56 ID:nwtG04qf
300位のスレッドにカキコ! 

344 :名無氏物語:2005/05/28(土) 01:20:50 ID:q5JHa5Rc
>>1のパリサイ人様

孔子の価値は、社会に出てある程度人生経験積まんとわからんYO。

345 :名無氏物語:2005/05/28(土) 03:00:22 ID:5ANqd2HG
最新の理論は、子貢(を現代化させたような)助教授から学べば良い。
しかし人間社会の根本は、孔子教授から学ぶしかないのでしょう。

346 :名無氏物語:2005/06/01(水) 10:35:47 ID:2V6wYeAA
100位のスレッドにカキコ!

347 :名無氏物語:2005/06/12(日) 21:08:59 ID:4+0xqYuv
 昔から論語は読んできたけれど、どこが良いのか一向にわからなかった。
 理解できないのは自分がバカだからなのではないかと思っていたこともある。
  でも、今は、論語はあまりにも建前論すぎて、人間社会の現実から遊離した
 綺麗ごとの羅列だと思う。孔子はしょせんは評論家にすぎない。中国朝鮮人が尊重した理由は厳しい
 外部からの規範がなければ、社会を維持できなかったからだろう。
  それほど陋劣な民族性の持ち主だよ、連中は。

348 :名無氏物語:2005/06/16(木) 17:38:41 ID:+2W5iM2K
100位のスレッドにカキコ!

349 :host-148-244-150-57.block.alestra.net.mx:2005/06/16(木) 21:31:50 ID:+4zq2hQV
679 :悠:2005/06/05(日) 17:18:14
今朝の10時〜12時30分迄、大阪府豊中市にある梅花高等学校で財務4級の試験を受けて来た。
この会場は今年3月6日(日)に受験した年金アドバイザー4級と同じでしかも教室迄全く同じだったのだ。
受験者の構成は男3対女7で年代は23〜47歳くらいの範囲で社会人中心の雰囲気だった。
雀(すずめ)が室内に入り込んでいたので室内を飛び回っていたが、何とか試験官が追い出した。
外では女子高生がテニスをしており、お前等変態共には羨ましい光景だった。

信託実務3級と同じ室内での受験だったが、信託実務3級は年齢22〜45歳程度と同じく社会人の多い構成だった。
試験開始後、信託実務3級を受験していた女が気分が悪いので途中退席をしたのだ。
お前等変態が犯しているから妊娠でもしていたのかもしれないな・・・・。

そして、午後からはレタリング検定4級の受験だ。
試験は13時20分から開始され、2級の受験者と同じ室内で開催された。
4級は15時30分で終わり、受験者の年代は双方とも17〜25歳の範囲が多く、やはり高校生中心の試験だった。
男3対女7くらいで財務4級と同じ程度だった。

レタリング検定は筆記試験を30分開始するが、早く終われば実技に入っても構わないのだ。
嫌!実技の時間が足りないくらいなので、即実技に入るべきだ!

変態の男子高校生が試験開始前に3級を受験していたそうで、こう話していた。
「時間足りないわ。フリーハンドの実技が3割くらいしか出来なかった」

確かに、4級を受けた俺から言わせて貰うと実技の時間は少ないな・・。
丁寧に間隔を測っていると即時間が経過している。
2時間10分の時間はあっと言う間に過ぎた感覚だ。
しかし、何とか規定時間内に仕上げたが、少々汚い出来だ。


350 :host-148-244-150-57.block.alestra.net.mx:2005/06/16(木) 21:32:02 ID:+4zq2hQV
679 :悠:2005/06/05(日) 17:18:14
今朝の10時〜12時30分迄、大阪府豊中市にある梅花高等学校で財務4級の試験を受けて来た。
この会場は今年3月6日(日)に受験した年金アドバイザー4級と同じでしかも教室迄全く同じだったのだ。
受験者の構成は男3対女7で年代は23〜47歳くらいの範囲で社会人中心の雰囲気だった。
雀(すずめ)が室内に入り込んでいたので室内を飛び回っていたが、何とか試験官が追い出した。
外では女子高生がテニスをしており、お前等変態共には羨ましい光景だった。

信託実務3級と同じ室内での受験だったが、信託実務3級は年齢22〜45歳程度と同じく社会人の多い構成だった。
試験開始後、信託実務3級を受験していた女が気分が悪いので途中退席をしたのだ。
お前等変態が犯しているから妊娠でもしていたのかもしれないな・・・・。

そして、午後からはレタリング検定4級の受験だ。
試験は13時20分から開始され、2級の受験者と同じ室内で開催された。
4級は15時30分で終わり、受験者の年代は双方とも17〜25歳の範囲が多く、やはり高校生中心の試験だった。
男3対女7くらいで財務4級と同じ程度だった。

レタリング検定は筆記試験を30分開始するが、早く終われば実技に入っても構わないのだ。
嫌!実技の時間が足りないくらいなので、即実技に入るべきだ!

変態の男子高校生が試験開始前に3級を受験していたそうで、こう話していた。
「時間足りないわ。フリーハンドの実技が3割くらいしか出来なかった」

確かに、4級を受けた俺から言わせて貰うと実技の時間は少ないな・・。
丁寧に間隔を測っていると即時間が経過している。
2時間10分の時間はあっと言う間に過ぎた感覚だ。
しかし、何とか規定時間内に仕上げたが、少々汚い出来だ。


351 :名無氏物語:2005/06/23(木) 12:24:16 ID:R+zALxY9
100位のスレッドにカキコ!      

352 :名無氏物語:2005/08/22(月) 15:56:15 ID:DkMUZ0WE
講師・・・

353 :名無氏物語:2005/08/22(月) 23:09:41 ID:pB+77WPG
論語はいいよ。

354 :エノキ ◆7PLHp5HPV2 :2005/10/02(日) 23:29:40 ID:zQV8FPdv
村松瑛の『儒教の毒』はひどい本だったな。

355 :名無氏物語:2005/11/02(水) 23:36:30 ID:vvcb3XpK
>>354
この村松って作者は後々後悔するんだろうねぇ。
馬鹿な本を書いたって・・・

356 :名無氏物語:2005/11/12(土) 16:55:55 ID:KdCsoLQF
●松って・・・

357 :名無氏物語 :2005/11/13(日) 19:17:06 ID:C1jTo4UV
結局、孔子がどのような状況で、どのような相手に論語の内容のような言葉をいったのかも今と成ってはわからないことが多い訳でしょう??
ギャグだって、場の空気次第ですごいうけたりすべったりするわけで。
言葉の使われ方自体、違ってただろうし。
後世の朱子とかがむしろ自分の都合のいいように、自分の考えを述べる為の道具として使ったりもしてるんでしょ?
だから、論語はむつかしいですよね。

個人的には、安岡篤氏だっけ? 論語の活学という本が面白かった。
これも孔子が、というより安岡氏の哲学なんだよね。

儒教のルサンチマン、先述されてるけどこれもよみましたよ。この本じゃ、麻原しょうこうみたいな人だったのかなと思わされますよね。

358 :松門の狂生 ◆bknIp0a9D. :2005/12/02(金) 16:41:48 ID:MspIiLop
そんなことはない! このスレタイは神聖にして気高い孔子様に対して
最低な侮言を放っている! 聖人君子を自称する私としては許しがたい!

儒教とは人間の道徳のきわみである。人間はみな道徳に生きていかねばなら
ない。それ以外の目的はみなチリに等しい。道とはシュユもはなれざるべき
ものである、そう孟子は言っている。人類すべからく論語を読むべきである


359 :名無氏物語:2005/12/03(土) 05:02:28 ID:0zPX5ieK
低能(ry

360 :名無氏物語:2005/12/06(火) 18:04:08 ID:FlRLGSce
六度目の還暦っていうことで・・・

361 :名無氏物語:2006/01/13(金) 05:35:55 ID:1+5j32em
孔子が礼節を説いたのは権力者のため、ひいては
それに気に入られようとする自分のためという側面が
少なからずあった筈。
少なくとも孔子は聖人君子ではない。むしろ政治家だ。


362 :松門の狂生◇Jo6.keN2Ug:2006/02/04(土) 00:10:33 ID:lv5VIOyd
孔子さまのウンコが食べたい!!!

ああああああああああああああああああああ
俺は就職に失敗したああああああああああああああああ!


(゚∀゚)アヒャヒャヒャヒャ

363 :名無氏物語:2006/02/05(日) 13:32:38 ID:4K0JLBpF
age

364 :名無氏物語:2006/02/06(月) 18:17:57 ID:B7eVaVI3
グロデブ○○はこのスレをどう見ているのだろうか。
たぶん部屋にこもって悶々と憎悪しているのであろう。
根暗キモスwwww

365 :名無氏物語:2006/02/07(火) 04:05:59 ID:gESezv64
星がたくさんついてるスレッドって阿呆みたいだねw

366 :名無氏物語:2006/02/08(水) 02:10:48 ID:xqTWG9pU
>>365
確かに・・・

367 :名無氏物語:2006/02/10(金) 19:37:41 ID:8Hi1dtMT
うちの大学では、儒教に凝り固まって異常者になった奴がいたけど、
結局、孔子なんて人間性をゆがめる極端な理想でしかないんだよな。

今の時代、論語読んでバイブルにしている奴がいたら、本物の間抜けだよ。

368 :名無氏物語:2006/02/10(金) 21:06:59 ID:knnBbPZX
って、age馬鹿が言っても説得力ゼロだね。

369 :名無氏物語:2006/02/11(土) 01:12:45 ID:RUK6YQPo
孔子が礼節を説いたのは

礼節の缺けた香具師が多かったから。

370 :名無氏物語:2006/02/19(日) 21:23:39 ID:EwFR0f1W
貝塚茂樹訳注で読んでみると、今までと全く違った視野が開けるよ。

371 :名無氏物語:2006/04/21(金) 01:26:55 ID:hTwqisSH
それ、読んだことないなあ。
貝塚の本は悪文が気になる。修飾の順序が滅茶苦茶。

372 :名無氏物語:2006/08/01(火) 16:06:16 ID:psueKJlx

(大前提)
  孔子を読む奴はバカ。

(小前提)
  >>1は孔子を、受験時代から大量に読んだ。

(結論)
  >>1はバカ。

 


373 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:11:53 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ

374 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:12:30 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ 

375 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:13:00 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ  

376 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:14:11 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ   

377 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:14:51 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ    

378 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:15:21 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ     

379 :名無氏物語:2006/08/03(木) 15:16:28 ID:Xn2lZrcb
>>1はバカ                             

380 :名無氏物語:2006/08/17(木) 04:01:38 ID:t1eJ23zN
論語は孔子が「こうだったらいいのにな」って願望を述べたもの。
つまり英語で言うと仮定法(非現実)。
当時からまともな政治家には相手にされてなかった。

漢文を勉強するなら、史記か戦国策がおすすめ。
現実の中国人をよく理解できるようになる。

381 :名無氏物語:2006/08/17(木) 10:18:43 ID:I2T15H5b
>論語は孔子が「こうだったらいいのにな」って願望を述べたもの。

孔子「はやく顔回が死ねばいいのになぁ・・・・・・」

382 :冬のオイラ(裴勇俊):2006/08/17(木) 17:25:08 ID:TODNu+ag


孔子の理想はただのきれいごと

383 :名無氏物語:2006/08/17(木) 22:35:52 ID:TODNu+ag
ある社会学教授の研究によれば、儒教に熱中する人間には、コンプレックス
を抱えているものが多いとのことだ。つまり何らかの劣等感があって、その
うえで論語などの理屈を勉強すると、たとえ身についていなくてもなにか
一般人より優越感をもった気持ちになるそうだ。つまり儒教好きっていう
のは劣等感の裏返しなのだと。韓国人がいまだ儒教を信奉しているのは、
日本に対する劣等感であるらしい。

384 :名無氏物語:2006/08/17(木) 23:31:21 ID:o+OEAolB
このスレの中で一体何人が論語を全部読んだんだろう


385 :名無氏物語:2006/08/18(金) 00:08:05 ID:urTo1hXg
ある社会学教授って誰?何て本に書かれている?

386 :名無氏物語:2006/08/18(金) 12:16:27 ID:UjDiEIQc
>>1はもう大学卒業したはずだよな
今どうしてるんだろ



387 :名無氏物語:2006/08/18(金) 18:30:14 ID:UrhG/Njy
松門の狂生 ◆Jo6.keN2Ugとは?

・近年稀に見る糞コテ
・童貞
・現在NEET
・年中休みなのに今夏休み中だと思われているのが腹立たしい
・古文研究をしているはずなのに現代の日本語すらわかっていない
・お金なくてまともな飯も食えてないから食べ物の話題を出すと怒る


388 :名無氏物語:2006/10/20(金) 10:08:38 ID:yyQgptl+
?(´・ω・`)

389 :名無氏物語:2006/11/07(火) 18:43:03 ID:0ES670xw
?(´・ω・`)       

390 :名無氏物語:2006/11/12(日) 17:10:57 ID:zvjn0hzR
孔子はすごい

391 :名無氏物語:2006/11/12(日) 18:22:29 ID:LZRaFdTV
【社会】 連続レイプ魔か? 女子大生を突き飛ばして強姦致傷、鬼畜男逮捕…埼玉
http://sports9.2ch.net/test/read.cgi/fish/1162985824/


392 :名無氏物語:2006/11/27(月) 11:53:24 ID:OXe8JAeL

(大前提)
  孔子を読む奴はバカ。

(小前提)
  >>1は孔子を、受験時代から大量に読んだ。

(結論)
  >>1はバカ。

 



393 :名無氏物語:2006/12/13(水) 14:45:32 ID:iFI9MrD8
>>1
”出てくる教訓みたいなのは当たり前”と感じて、何の捻りも感じない>>1は天才ですね

394 :名無氏物語:2006/12/20(水) 21:47:51 ID:rrbGq/72
まあ儒教に耽溺している馬鹿な奴はいるよね。
だいたいが独善家になる。
なんというか精神的不具者みたいなのがよく儒教にはまるよ。


395 :名無氏物語:2006/12/21(木) 20:13:06 ID:PdL7Otb0
>>1
当たり前すぎると言っておきながら、
ばかだのくそだのという言葉を使っているのでは、
たしかに何も得るものが無かったということです。

蓋しくも、深遠なことが書いてある書物を読んだって、
それじゃあ論語に書かれてある当たり前なことよりも実践できないでしょう。

396 :名無氏物語:2006/12/21(木) 20:20:01 ID:kJnyNH2C
>>1お前墨家じゃね?

397 :名無氏物語:2006/12/21(木) 20:36:18 ID:tw2uBjms
孔子は理想しかあたまにないお坊ちゃんなんだよ。
だから現実から足が浮いている。それで祖国を浮浪していた
ニートみたいなもの。働かせてくれないのを世の中が荒れている
せいにして、自分はきれいごとばかりいっていた。

まあ孔子というのはそんな奴さ、

398 :名無氏物語:2006/12/22(金) 13:09:03 ID:sXqoHZKr
http://ameblo.jp/masamune-rin/

399 :名無氏物語:2006/12/24(日) 00:46:09 ID:iYtQMECJ
>>397
思想ってのは、人はこう生きるべきだ、という理想的なものだから、
綺麗事と取れる部分は当然あるよ。
それを指摘するならば、孔子のみを批判するのは当たらない。
例えば、日蓮は他宗教を排斥してまで、法華経の信仰を勧めたのだから、
かなり無理がある。
それから、ニートは働く意志もなければ学校へも行かない人間を指す言葉。
孔子をニート扱いするのはかなり的外れ。
孔子は若い頃は有能な官吏で、後に大夫の身分に迄取り立てられた筈
だろ。弟子も持つ位の教育者であった訳で、仮に後世付け加えられた
虚飾を差し引いても、かなりの教養と能力を持った人物と見て良い。
君は孔子をお坊ちゃんと言うが、孔子はかなりの苦労人だし、
まだ子供の内に両親を亡くしている。
それなら、要するに理想を抱くことがお坊ちゃんたる所以だと
言いたい訳だよね?
じゃあ、君に聞きたいが、人間はだらしなくてかまわない、
世の中はどんなに乱れていてもかまわない、とシニカルに
構えて生きて行けるの?
君がどんな社会的な身分にいる人間か、僕は全く知らないが、
それなら、単に金を稼いで生きて行ければそれで良いのか?
理想のない生き方というのは、かなり貧困な生き方だと思うぞ。
それに、孔子の思想は後世に影響を与えた訳で、仮に孔子の
理想が実現不可能な政治や道徳だったとしても、それに共感
した人間は少なくなかったことになるよ。
君の理屈は単なるひがみにしか聞こえない。



400 :名無氏物語:2006/12/24(日) 02:13:14 ID:9GqeDC5t
400

401 :名無氏物語:2006/12/24(日) 08:18:51 ID:Zl7uhdU7
>>399はキモイな。なんでこんなに必死なんだか。

402 :名無氏物語:2006/12/24(日) 08:26:20 ID:Zl7uhdU7
そもそも孔子っていうのは野合(つまり出生の乱れた私生児)で、
自分が生まれに劣等感をもっているから世の中を恨んだ。
そして自分が就職できないのも世間のせいにして、当時からみれば
失笑者の理想主義を説いた。だいたい堯だの舜だのなんて何百年も
前の統治方法を現代にやろうとすることじたい異常。
孔子のやりかたをたとえるなら、今の日本で江戸時代の封建主義を
やろうとするようなもの。時代錯誤もいいところ。
そして自分は就職もできず浮浪者のように口先だけのきれい事を
いいつつ、弟子の子貢にその名の通り貢がせてもらって生きていた。
これがニートでなくてなんなのか。
まあまさに

 お 前 の よ う な 無 職 男 だ わ な

403 :名無氏物語:2006/12/24(日) 11:58:33 ID:iYtQMECJ
>>401>>402
そう言うお前も結構必死じゃん。
どうでも良いが、お前は何で俺を無職だと断定出来る
わけ?俺はアルバイトだが、週休二日で、結構、責任
のある仕事やってるんだよ。残業も結構あるし。



404 :名無氏物語:2006/12/24(日) 12:39:17 ID:Zl7uhdU7
>>403

ブッ たかがアルバイトでなにが責任だよ。
どうせコンビニで品物ならべてるぐらいだろ?
週休二日なんていまどき軽すぎ。フリーターだってもっとやってるわ。
どうせすぐ嫌になって「義の合せざるは去る」とかなんとかいって
辞めることになるんだよお前みたいなやつはなw

405 :名無氏物語:2006/12/24(日) 12:46:39 ID:iYtQMECJ
>>402
お前のおつむの構造のお粗末さには憐れみさえ覚えるよ。
孔子の生きた時代は百家争鳴の時代だから、儒家以外にも
思想家は幾らでもいた。農家なんかは、孟子に論破されて
いるし、小説家と呼ばれた取るに足らない説を説く輩もいた。
別に、孔子の主張がおかしいわけでなく、漢代になって国教
にされたくらいだから、一種の普遍性はあると考えた人達が
いたわけだ。孔子が世の中に劣等感を抱いていたというが、
現世に対してひたすらにポジティブな感情を抱ける人間ばかり
とは限らないし、当時は私生児なんて幾らでもいただろ。
そもそも、お前の例えの方が、孔子の理想より余程異常。
堯・舜・湯王・文王・武王・周公などの古の人物の政治を
孔子が理想としたの事実だが、その時代の差は、現代と
江戸時代の差程、甚だしくはない。江戸時代は封建制の時代
で、明治以後は、西洋文明が輸入され、人の考えも変われば、
立憲君主制の時代になり、民主主義で政治が行われている。
日本の幕末から現代までは、古代中国の夏・殷・周
の時代から、時代的な隔たりこそあるけれど、変化は緩やかだよ。





406 :名無氏物語:2006/12/24(日) 12:47:25 ID:iYtQMECJ
お前の言う「就職」と言うのも、なんだか現代的な感覚だな。
孔子は理想的政治を実現する為に十四年間に亘る遊説を
行ったのであり、それだって、魯に孔子が留まっていられない
という一種亡命的な要素があった。孔子は魯で一定の功績があった
から、それで魯が強国になる事を恐れた斉の策謀で、孔子は
魯にいずらくなり、他国で自己の志を実現する為に遊説亡命
の旅に出た。
それに経済的なスポンサーだったのは子貢だけではない。
それだけ、孔子は教育者としての権威もあれば、人徳も
あったのだろう。大体、「貢がせる」とお前は言うが、
子貢は孔子の弟子だよ。学問的な恩恵に報いたのだから、
一方的なものではない。北一輝が財閥を脅迫して大金を
受け取っていたのとは違う。ニートは親の脛をかじって
働かない人間だから、孔子とは全然違う。
お前の幼稚な牽強付会は笑止千万だ。


407 :名無氏物語:2006/12/24(日) 13:05:02 ID:iYtQMECJ
>>404
お前、本当にかなりの馬鹿だな。
今、正社員だって普通週休二日だよ。はっきり言って、
週休二日はないと辛いよ。大体、フリーターの概念を
お前は把握していない。フリーターの定義は
微妙に変わるが、広義には就労意欲がある無職から
アルバイト、契約社員、派遣社員まで、学生と正社員以外の
若年層の大半はフリーターになる筈だ。
大体、アルバイト=フリーターと考えるのが普通で、
それを分けて考える自体かなり無知。
勝手に、俺がコンビニ店員にされているみたいだから、
具体的に反論してやるが、俺は出版社のバイトだよ。
最初の研修一週間で、無断で逃げてしまった奴もいたよ。
繁忙期一週間は会社の手配したビジネスホテルに五泊
して、毎日、深夜まで残業だ。午前5時半迄、徹夜に
等しい残業した日もあったよ。休日出勤だってしなければ
ならない時もある。
労働の実態を知らないお前は、どうせ、親のスネカジリの
学生だろう。反論できるなら、お前がどんな過酷な労働を
した事があるか、反論してみろよ!
お前にはコンビニのアルバイト店員だって、批判する資格は
ないんだよ!

408 :名無氏物語:2006/12/24(日) 15:41:15 ID:KVfKpWT9
>>407
横レスで悪いが、繁忙期っていつ?

409 :名無氏物語:2006/12/24(日) 17:06:33 ID:Zl7uhdU7
しかしずいぶんと必死だなw
これだけ粘着なやつだとさぞかし友達にもキモがられて
いるだろうなw
アルバイトの分際でずいぶんと偉そうなやつだ。
身の丈わかってんのか?

410 :名無氏物語:2006/12/24(日) 19:01:19 ID:iYtQMECJ
>>408
具体的に会社の名前とか、雑誌の名前とか出したくないし、
出さない方が無難だから言わないけど、そこそこ
知られてる出版社とそこの雑誌の仕事です。
11月末から12月前半にかけての2、3週間位が物凄く忙しかった。

411 :名無氏物語:2006/12/24(日) 19:13:07 ID:iYtQMECJ
>>409
それじゃあ、少し本音を明かそうか。
10月にアルバイトの仕事始めてから、2ちゃんねるなんて
殆ど見てなかったのだが、今、やっと年末になって、
少し精神的余裕が生まれたから、俺は久しぶりに
2ちゃんねるの古文・漢文板を見てみた訳だ。
そうしたら、どこかで見た様な的外れな儒教批判・孔子批判
が書かれていたんだよ。俺は嘗て大学の後輩と色々揉めて、
2ちゃんねるを通して陰湿な誹謗中傷を受けた。
そいつがまだこんな所にのさばっているのか?、と思ったから、
お前に鎌をかけてみたわけだよ。そうしたら、どうやら、
お前は二松学舎大学の学生で32の青年と破雨亨一
(やぶさめきょういち・かなり無理な読みだな)とハンドルネーム
やペンネームを使っていた男である可能性がかなり濃厚なんだよね。


412 :論語大好きっ子:2006/12/24(日) 19:37:15 ID:KVfKpWT9
>>410
繁忙期のレス、ありがとう。

413 :名無氏物語:2006/12/24(日) 19:44:27 ID:iYtQMECJ
君が32の青年こと破雨亨一だとしたら、こんなに
おかしいことはないよね?
だって、青年君は、半年前に俺を挑発して来たのを
最後に、俺に対する挑発を辞めると誓い、大切な祖父
が癌だか何かの病気だとかで、その祖父の為に
パソコンを売って漢方薬を買うだとか、まぁ、本当であるならば、
なかなか殊勝なことも言っていたものね。要するに2ちゃんねる
の書き込みもしないと言っていたのだから。
俺はそんなに執念深く人を恨み続ける質ではないけれど、
32の青年の極めて陰険且つ卑怯な誹謗中傷は一生忘れない
と思う。本気で殺してやりたいとまで、何度か思ったくらいだよ。
因みに、32の青年は、自分の振る舞いも含めた2ちゃんねる
に於ける罵り合いを「陰湿」と認めた上で、「そんなことは
辞めよう。もし、お前が不満なら、殴り合いで蹴りをつけよう」
と迄言った。尚且つ、自分の過去の誹謗中傷を謝罪した上で、
それを二度と繰り返さないことを俺と彼が共に敬意を払う
御存在である「天皇陛下に誓う」と言う事も言っていた。
だとしたら、とんでもない背信行為だよね?
君が32の青年ならば。勿論、君に恥を知る心が
あるならば、ここで「俺は32の青年だ」なんて言えない
だろうから、白を切るだろうね。それで良いよ。
精々、沈黙を守って消えなさい。嘗て俺を
頑なな「孔子信奉者」と定義して、幼稚にして牽強付会
に終始した批判を行ったお前が、その余韻の漂う書き込み
をここに今もしている事を恥じろよ。
それにしても、君の大切なお爺さんの病気はどうなったのかな?
お爺さんはパソコン以下の価値しかない人なのかね?
それとも、その人の存在自体が君の得意な嘘か?
まぁ、どちらにしても、お前は下らない人間だよ。
俺が二十数年間で会った人間の中で、もっとも下劣な
人間だよ。

414 :名無氏物語:2006/12/24(日) 19:57:55 ID:iYtQMECJ
>>アルバイトの分際でずいぶんと偉そうなやつだ。
身の丈わかってんのか?

九割九分九厘の確率で断言できるが、お前は留年を繰り返している、
のび太君みたいな容貌の小柄でメガネをかけた虚弱な大学生だろ。
一ヶ月と社会の荒波にさらされたことのないお前が、
仮にも社会に労働力を提供している者をそしることなんて、
本来なら、恥ずかしくて出来ないはずだろ。
お前こそ、自分の身の程を知れ!お前は傲慢なんだよ。
自分の才能や教養を過信しているんだよ。
いい加減、目を覚ませよ。


415 :孔子:2006/12/24(日) 20:59:16 ID:Z6Ahtm0S
>>1
「孔子を読む奴はバカ」じゃと?
わしは本を一冊も書いておらんぞ!
「論語」は、わしの言葉を弟子たちがまとめた本じゃ。
本を書いておらぬわしの本を、どうやって読むのじゃ?

416 :名無氏物語:2006/12/24(日) 21:59:37 ID:Zl7uhdU7
>大学生だろ
俺はお前みたいな浮浪者とちがって普通の会社員だよ。
まあまともに働いて給料ももらっているから、お前にしてみれば
目の敵だろうな(笑)

>傲慢なんだよ。
それお前だろ。 俺のちょっとした言動でこれほど激高憤慨する
ということはお前、フリーターだってことに相当な劣等感を
抱いているようだな。
まあ所詮お前は「負け組」なんだよ。まあお前の人格破綻からして、
そのアルバイトもクビになって落伍者としていきるんだろうな(笑
しょうもない人生だが、せいぜい首吊るまで生きろや。死ね。

417 :名無氏物語:2006/12/25(月) 12:29:38 ID:SPAzsu+8
His judgement cometh and that right soon

男性諸君、結婚すると不幸になる。女の外面は綺麗で清潔で良い人、内面はずるくて汚いため、口も悪くなる
今の女は「どうやって男にたかるか」を必死に考えてる。騙されるな。家事は極めて軽労働になった
コンビニやPC、風俗関係も、「嫁いらず」に拍車をかける。今の女は「人生の不良債権」「北朝鮮」「金メッキを施したゴキブリ」
社会的に男女は対等で平等。男が女を養ったり守る必要はない「見切れ!見切り千両!私不幸なの?嘘!泣いてます?演技!情けは不要!つけこまれるぞ」
女は社会的優遇、過剰な法的保護、仕事と家庭の二束のわらじを得て、もはや女尊男卑〜結婚しようとするあなたを彼女は陰で小馬鹿にしている事でしょう〜

★☆★よほどの事が無い限り結婚は保留し、沢山の女性と自由に恋愛(sex)を楽しめ♪★☆★ 避妊(ピル等)は忘れずにねd(^−^
★☆★捨てた女は優しい真面目男が結婚(残飯処理)してくれるさw★☆★

それでも結婚する君へ究極の護身法→[夫婦財産契約登記]
夫婦財産契約により契約財産制となり、自分の稼いだ財産はすべて自分の物
離婚時に財産の半分を配偶者に取られない

・弱い者いじめは最低と言いつつ、赤ちゃんを殺す母親(そして無罪判決(笑
・狙撃は女子のほうが強い。男は、ノイローゼになってやめてしまうが
女は何人殺してもノイローゼにならない。そして、骨盤が安定しているため

・ナチスの拷問で、女の拷問の残虐非道さを見て、拷問をしていた男達もひいたという
拷問しながら楽しそうに笑みをうかべていたそうだ。罪悪感や引け目が無い

・有史以前が女尊男卑の時代だったことを指摘したのは、スイスの学者バッハオーフィン
アマゾン女族の女王は、法律を定め、女には従軍させ、男たちには卑しい奴隷の仕事を課した
男児が生まれたら、脚と腕を不自由にして、戦えなくした
・王位継承権が女性にだけあったという事実だけから考えて、古代エジプトでは女性権力が非常に大きかった
男女平等どころか、かなり女性上位の社会であった
・日本国でも卑弥呼が女王
・昆虫などにいたっては、オスカマキリはメスに食われてしまう

女は虐げられてきた?父系社会など人類の歴史から見ればほんのわずかな期間に過ぎない。むしろ・・・

418 :名無氏物語:2006/12/25(月) 18:00:41 ID:Fi38fZFL
とんでもなくレスが伸びてるから何事かと思ったよ。
どこ縦読みかと思った。
とりあえず職業云々は見苦しいからやめてけれ。板違い。
孔子について書かれてる内容も大した事じゃないし。
ていうか釣りにここまでしつこくなってる時点でどうかと思う。

本気で議論したいならいくらでも相手してあげるけど、しょうもない内容は勘弁。

419 :名無氏物語:2006/12/25(月) 21:20:08 ID:hWqDpMCo
吹けば飛ぶような 将棋の駒に
懸けた命を 笑わば笑え
生まれ浪花の 八百八橋
月も知ってる おいらの意気地

420 :名無氏物語:2006/12/27(水) 18:43:41 ID:AkTFf+AE
>>418
あなたは、それ相応の孔子や儒教に対する知識があって、
まともな議論をしたいならば、申し訳ない気もするけれど、
2ちゃんねる自体が見苦しい事態に往々にして陥る掲示板
だという事を覚悟しなければ、こんな所に書き込みは出来ない
と思いますよ。
私が、向きになって相手をしている奴は個人的に知っている奴
なのですよ。色々、揉めた過去がありまして、私は奴を憎んでいます。
だから、僕は、自分の愚行を認識した上で、確信犯として書き込みを
しています。まぁ、呆れても笑っても結構です。


421 :名無氏物語:2006/12/27(水) 19:06:38 ID:AkTFf+AE
>>416
>>俺はお前みたいな浮浪者とちがって普通の会社員だよ。

お前、アルバイトとフリーターと浮浪者の区別がつかないの?
本当にお粗末な頭脳だね。それから、雇用の待遇で言うならば、
お前が「会社員」と言ったのは、「正社員」と言うのだよ。
大体、会社員って、何の仕事だよ?言えるもんなら言ってみろ。
大体、今は人件費削減の為に、正社員は減らして、アルバイト・
パート・嘱託・派遣社員・契約社員に仕事を任せる場合が多い。
正社員になる自体が至難の業なんだよ。
そう言うご時勢だから、幾らでもフリーターなんている。
それでいて、正社員でない雇用でも、やっている事は
正社員と殆ど同じで、万一の場合には、簡単にクビに
出来る様になっているだけだ。
そう言う世間を知らないお前が、まともな就職活動を
経験して、優良企業に就職した、いわゆる「勝ち組」
であるわけがない。
仮に、お前が会社員だとしても、三流大学を中退して、
仕方なく親父が社長、正社員は母親だけなんて言う
完全な中小企業の中でも、一番小さいであろう企業
に就職しただけ。お前、前に親の七光りを自慢していた
もんな。なぁ、32の青年よ。君は自分が32の青年である事に
ついては完全に沈黙している辺り、暗にそれを認めてしまったね。


422 :名無氏物語:2006/12/27(水) 19:31:20 ID:AkTFf+AE
さて、>>416よ。俺はお前を32の青年と確信
しているから、誤爆の可能性はないとして、これから、
具体的には、お前にしか分からない筈の非難を浴びせかけて
やるよ。まぁ、君は32の青年ではない事になっているから、
とやかく反論するはずはないよね。俺の独り言みたいな
ものなんだから。
お前は、俺と会ったばかりの頃、自分の名前の一字は
さる高貴な方(お前のプライバシーの為に言わないで
おいてやる)のお名前から一字を頂いていると自慢して
いたよな。それって、昔なら、無断で偏諱を賜っている
事になり、要するに僭称なんだよ。
お前の名前を付けた父親か祖父が現代人的な無知で、
そんな名前を付けてしまったのは仕方ないが、
大学生にもなって、それを自慢するお前は完全な無知蒙昧
の馬鹿。そればかりか、その貴人を冒涜する様な悪辣な
手口で、散々、俺に対する人権侵害行為を断続的に繰り返した。
足利尊氏は、後醍醐天皇の偏諱を正式に賜っているが、逆賊
となった人物だ。
それに対して、お前は、俺に対して、殺人予告までした癖に、
実際には、正面から何か危害を加える程の勇気は微塵もない小悪党。
どうせ、悪人になるなら、もう少し大物になれば?

423 :418:2006/12/27(水) 23:20:21 ID:V3Wca9EX
>>422
スレにとって無関係な議論は慎んでください。
個人に対する誹謗中傷もまた、慎んだください。

とりあえず、2ちゃんねるガイドとか書き込む前にを読んでください。
そして、廻りのスレを読んで御覧なさい。自分のレスがどれだけ恥ずかしいか分かりますよ。

近日中にレスの削除依頼を出してください。
でなければ私にとって非常に面倒でこの上なく迷惑ですが私が出します。

ここが公共の場であることを思い出してください。
常識のある人はこのような事はしません。

個人的な怨みなんて、他所でやってください。

424 :名無氏物語:2007/01/27(土) 05:43:32 ID:SMHX1643
>>381 で吹いたww。

論語にしても老子にしても訳す人によって解釈が違う。
原文読んで、注釈読んで、日本語訳読んで、読めば読むほどわけわからん。

425 :名無氏物語:2007/01/30(火) 18:09:20 ID:CKR2DQIK
(=´∀`)    

426 :名無氏物語:2007/01/30(火) 18:10:00 ID:CKR2DQIK
(=´∀`)         

427 :名無氏物語:2007/02/20(火) 18:00:14 ID:7fGS+fWc
ttp://www.tokyo-np.co.jp/flash/2007022001000379.html
孔子の子孫180万人収録 70年ぶり家系図改訂

【北京20日共同】中国春秋時代の思想家、孔子(紀元前551−479年)の家系図の
大規模な改訂作業が約70年ぶりに進められ、最終的にこれまでの3倍に上る
約180万人の「孔」姓の子孫が収録される見通しとなった。新華社などが20日までに伝えた。

孔子は現在の山東省曲阜出身とされ、家系は約2500年にわたって継続。
1930年代の前回改訂では約56万人が収録されたが、今回は女性が初めて収められるほか、
少数民族や外国籍の子孫も含め、2009年に完成の予定。

改訂は第77代の子孫、孔徳☆氏が会長を務める「孔子世家譜続修工作協会」(同省済南市)が進めている。
大規模な改訂は60年ごとに行われることになっているが、
実際には明代に1回、清代に2回改訂された後、1937年が最後になっていた。

(注)☆印は土ヘンに庸

(2007年02月20日 17時37分)


132 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)